近藤 祥子

最終更新日時: 2021/08/21 15:27:16

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
近藤 祥子/コンドウ ヨシコ/Kondo, Yoshiko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/人間健康科学系専攻先端広域看護科学講座/講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4185
全学電子メールアドレス
kondo.yoshiko.5z @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本助産学会
日本母性衛生学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(バイオサイエンス) 奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology
博士(バイオサイエンス) 奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology バイオサイエンス研究科博士前期課程 Biological Science 修了
奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology バイオサイエンス研究科博士後期課程 Biological Science 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
神戸市看護大学 Kobe City College of Nursing 助産学専攻科 修了
京都大学 Kyoto University 農学部生物機能科学科 Faculty of Agriculture 卒業
公益社団法人神戸市民間病院協会神戸看護専門学校 卒業
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-1190-3243
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023136
研究テーマ
(日本語)
女性の社会進出や出産年齢の高齢化などにより周産期におけるケア対象の心身・社会状況は複雑化している。一方、助産ケアの多くは熟練者の経験に依拠しており、ケアの意義の解明は途上である。複雑化するケアに呼応するケア・ならびに熟練者の持つ暗黙知を明らかにしたい。周産期ケアと人の性・生殖をテーマとし、生殖補助医療・周産期のメンタルヘルスを中心に、医学生物学的観点・人文社会学観点を融合させた周産期における新しいケア展開の礎となる研究を目指す。
(英語)
Physical, mental, and social situation related to the perinatal period are becoming increasingly complex, partially du to work environment for women and accompanying aging of childbearing age. On the other hand, much of midwifery care relies on the experience of skilled workers, and the meaning of care is still in the process of being clarified. We would like to clarify the tacit knowledge that skilled people have as well as the care that responds to increasingly complexity of perinatal medicine. The theme of our team thus should include perinatal care, human sexuality, and reproduction, assisted reproductive medicine and perinatal mental health. We aims to conduct research that will serve as a foundation for the development of new care in the perinatal period by integrating medical biological and humanistic social perspectives.
研究概要
(日本語)
不妊治療で妊娠した女性の全般性不安について: 不妊治療で妊娠した女性は、助産師が感じる現場感覚として真面目に課題に取り組むタイプが多く、新生児期の育児困難感を有すると感じる場合が多い。このような妊産婦への将来的な介入を見据え、妊娠期・産褥期における全般性不安についてのコホート研究を行っている。 このほか、 月経前症候群を男性がどのように認識しているのか 子宮頸癌ワクチン接種における意思決定と科学リテラシー(あるいはナッジ)
(英語)
Generalized anxiety in women who became pregnant through infertility treatment:. Women who conceived during fertility treatment are more likely to be the type of women who are serious about their tasks as perceived by midwives, and often feel that they have a sense of difficulty in raising their newborns. We are conducting a cohort study of generalized anxiety during pregnancy and the postpartum period with a view to future interventions for these pregnant women. In addition to this How do men perceive premenstrual syndrome? Decision-making and scientific literacy (or nudge) in cervical cancer vaccination
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
助産学 Midwifery
看護学 Nursing
周産期医学 Perinatal Medicine
女性学 Women's Studies
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
乾沙帆, 新福洋子, 松本早織, 近藤祥子, 古田真里枝 乾沙帆, 新福洋子, 松本早織, 近藤祥子, 古田真里枝 帝王切開を経験した女性の出産に対する心情に関する質的研究 帝王切開を経験した女性の出産に対する心情に関する質的研究 京都母性衛生学会誌, 27, 1, 37-44 京都母性衛生学会誌, 27, 1, 37-44 , 27, 1, 37-44 2019/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
近藤 祥子, 藤井ひろみ 近藤 祥子, 藤井ひろみ 搬送先医療機関で助産所助産師の介助により分娩した事例 搬送先医療機関で助産所助産師の介助により分娩した事例 兵庫県母性衛生学会雑誌, 24, 21-24 兵庫県母性衛生学会雑誌, 24, 21-24 , 24, 21-24 2015 日本語 公開
Helene Chanut-Delalande, Yoshiko Hashimoto, Anne Pelissier-Monier, Rebecca Spokony, Azza Dib, Takefumi Kondo, Jerome Bohere, Kaori Niimi, Yvan Latapie, Sachi Inagaki, Laurence Dubois, Philippe Valenti, Cedric Polesello, Satoru Kobayashi, Bernard Moussian, Kevin P. White, Serge Plaza, Yuji Kageyama, Francois Payre Helene Chanut-Delalande, Yoshiko Hashimoto, Anne Pelissier-Monier, Rebecca Spokony, Azza Dib, Takefumi Kondo, Jerome Bohere, Kaori Niimi, Yvan Latapie, Sachi Inagaki, Laurence Dubois, Philippe Valenti, Cedric Polesello, Satoru Kobayashi, Bernard Moussian, Kevin P. White, Serge Plaza, Yuji Kageyama, Francois Payre Helene Chanut-Delalande, Yoshiko Hashimoto, Anne Pelissier-Monier, Rebecca Spokony, Azza Dib, Takefumi Kondo, Jerome Bohere, Kaori Niimi, Yvan Latapie, Sachi Inagaki, Laurence Dubois, Philippe Valenti, Cedric Polesello, Satoru Kobayashi, Bernard Moussian, Kevin P. White, Serge Plaza, Yuji Kageyama, Francois Payre Pri peptides are mediators of ecdysone for the temporal control of development Pri peptides are mediators of ecdysone for the temporal control of development Pri peptides are mediators of ecdysone for the temporal control of development NATURE CELL BIOLOGY, 16, 11, 1035-+ NATURE CELL BIOLOGY, 16, 11, 1035-+ NATURE CELL BIOLOGY, 16, 11, 1035-+ 2014/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yuji Kageyama, Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto Yuji Kageyama, Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto Yuji Kageyama, Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto Coding vs non-coding: Translatability of short ORFs found in putative non-coding transcripts Coding vs non-coding: Translatability of short ORFs found in putative non-coding transcripts Coding vs non-coding: Translatability of short ORFs found in putative non-coding transcripts BIOCHIMIE, 93, 11, 1981-1986 BIOCHIMIE, 93, 11, 1981-1986 BIOCHIMIE, 93, 11, 1981-1986 2011/11 英語 公開
T. Kondo, S. Plaza, J. Zanet, E. Benrabah, P. Valenti, Y. Hashimoto, S. Kobayashi, F. Payre, Y. Kageyama T. Kondo, S. Plaza, J. Zanet, E. Benrabah, P. Valenti, Y. Hashimoto, S. Kobayashi, F. Payre, Y. Kageyama T. Kondo, S. Plaza, J. Zanet, E. Benrabah, P. Valenti, Y. Hashimoto, S. Kobayashi, F. Payre, Y. Kageyama Small Peptides Switch the Transcriptional Activity of Shavenbaby During Drosophila Embryogenesis Small Peptides Switch the Transcriptional Activity of Shavenbaby During Drosophila Embryogenesis Small Peptides Switch the Transcriptional Activity of Shavenbaby During Drosophila Embryogenesis SCIENCE, 329, 5989, 336-339 SCIENCE, 329, 5989, 336-339 SCIENCE, 329, 5989, 336-339 2010/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiko Hashimoto, Takefumi Kondo, Yuji Kageyama Yoshiko Hashimoto, Takefumi Kondo, Yuji Kageyama Yoshiko Hashimoto, Takefumi Kondo, Yuji Kageyama Lilliputians get into the limelight: Novel class of small peptide genes in morphogenesis Lilliputians get into the limelight: Novel class of small peptide genes in morphogenesis Lilliputians get into the limelight: Novel class of small peptide genes in morphogenesis DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 50, Suppl 1, S269-S276 DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 50, Suppl 1, S269-S276 DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 50, Suppl 1, S269-S276 2008/06 英語 公開
Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto, Kagayaki Kato, Sachi Inagaki, Shigeo Hayashi, Yuji Kageyama Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto, Kagayaki Kato, Sachi Inagaki, Shigeo Hayashi, Yuji Kageyama Takefumi Kondo, Yoshiko Hashimoto, Kagayaki Kato, Sachi Inagaki, Shigeo Hayashi, Yuji Kageyama Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA Small peptide regulators of actin-based cell morphogenesis encoded by a polycistronic mRNA NATURE CELL BIOLOGY, 9, 6, 660-U87 NATURE CELL BIOLOGY, 9, 6, 660-U87 NATURE CELL BIOLOGY, 9, 6, 660-U87 2007/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Hashimoto, H Suzuki, Y Kageyama, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, H Suzuki, Y Kageyama, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, H Suzuki, Y Kageyama, K Yasuda, K Inoue Bruno-like protein is localized to zebrafish germ plasm during the early cleavage stages Bruno-like protein is localized to zebrafish germ plasm during the early cleavage stages Bruno-like protein is localized to zebrafish germ plasm during the early cleavage stages GENE EXPRESSION PATTERNS, 6, 2, 201-205 GENE EXPRESSION PATTERNS, 6, 2, 201-205 GENE EXPRESSION PATTERNS, 6, 2, 201-205 2006/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Hashimoto, S Maegawa, T Nagai, E Yamaha, H Suzuki, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, S Maegawa, T Nagai, E Yamaha, H Suzuki, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, S Maegawa, T Nagai, E Yamaha, H Suzuki, K Yasuda, K Inoue Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 268, 1, 152-161 DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 268, 1, 152-161 DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 268, 1, 152-161 2004/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Y. Hashimoto, H. Suzuki, Y. Kageyama, K. Yasuda, K. Inoue Y. Hashimoto, H. Suzuki, Y. Kageyama, K. Yasuda, K. Inoue Y. Hashimoto, H. Suzuki, Y. Kageyama, K. Yasuda, K. Inoue Bruno-like protein is localized to germ plasm during early cleavage stages in zebrafish Bruno-like protein is localized to germ plasm during early cleavage stages in zebrafish Bruno-like protein is localized to germ plasm during early cleavage stages in zebrafish MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 122, S122-S122 MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 122, S122-S122 MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 122, S122-S122 2005/09 英語 研究発表ペーパー・要旨(国際会議) 公開
橋本祥子 橋本祥子 はじめの第一歩 はじめの第一歩 RNA network newsletter, 4, 1, 53-55 RNA network newsletter, 4, 1, 53-55 , 4, 1, 53-55 2005 公開
Y Hashimoto, S Maegawa, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, S Maegawa, K Yasuda, K Inoue Y Hashimoto, S Maegawa, K Yasuda, K Inoue Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 259, 2, 479-479 DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 259, 2, 479-479 DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 259, 2, 479-479 2003/07 英語 研究発表ペーパー・要旨(国際会議) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
生殖補助医療によって妊娠した女性の不安の調査:文献検討 生殖補助医療によって妊娠した女性の不安の調査:文献検討 第29回 京都母性衛生学会学術集会 第29回 京都母性衛生学会学術集会 2021/07/24 日本語 口頭発表(一般) 公開
A needs assessment in antenatal education on caesarean birth in Japan – a cross-sectional study A needs assessment in antenatal education on caesarean birth in Japan – a cross-sectional study A needs assessment in antenatal education on caesarean birth in Japan – a cross-sectional study 32nd ICM Virtual Triennial Congress 32nd ICM Virtual Triennial Congress 32nd ICM Virtual Triennial Congress 2021/06/23 英語 口頭発表(一般) 公開
ランダム化比較試験による産後精神障害予防を目的とした帝王切開産前教育モデルの効果―研究プロトコルー ランダム化比較試験による産後精神障害予防を目的とした帝王切開産前教育モデルの効果―研究プロトコルー 第28回京都母性衛生学会学術集会 第28回京都母性衛生学会学術集会 2019/07/06 日本語 公開
1型糖尿病合併妊娠における分娩時血糖コントロールの比較:症例検討 1型糖尿病合併妊娠における分娩時血糖コントロールの比較:症例検討 第27 回京都母性衛生学会学術集会 第27 回京都母性衛生学会学術集会 2018/07/07 日本語 公開
搬送先医療機関で助産所助産師の介助により分娩した事例 搬送先医療機関で助産所助産師の介助により分娩した事例 2015/06/06 日本語 口頭発表(一般) 公開
A small peptide gene, polished rice, participates in Drosophila ecdysone signal pathway[招待あり] A small peptide gene, polished rice, participates in Drosophila ecdysone signal pathway [招待あり] A small peptide gene, polished rice, participates in Drosophila ecdysone signal pathway [招待あり] The 18th International Ecdysone Workshop The 18th International Ecdysone Workshop The 18th International Ecdysone Workshop 2010/07/23 英語 公開
polished rice functions in ecdysone signaling. polished rice functions in ecdysone signaling. polished rice functions in ecdysone signaling. 50th Annual Drosophila Research Conference, 50th Annual Drosophila Research Conference, 50th Annual Drosophila Research Conference, 2009/04 英語 公開
ショウジョウバエ変態期における細胞非自律的なpolished riceの機能 ショウジョウバエ変態期における細胞非自律的なpolished riceの機能 日本動物学会大会 日本動物学会大会 2008/08/20 公開
A short peptide gene, polished rice, controls Drosophila metamorphosis through intercellular communication. A short peptide gene, polished rice, controls Drosophila metamorphosis through intercellular communication. 第41回日本発生生物学会 第41回日本発生生物学会 2008/05/28 英語 口頭発表(一般) 公開
A short peptide gene, polished rice, regulate Drosophila imaginal development via cell-cell interaction. A short peptide gene, polished rice, regulate Drosophila imaginal development via cell-cell interaction. 第8回日本ショウジョウバエ研究集会 第8回日本ショウジョウバエ研究集会 2007/07/02 公開
ショウジョウバエ短鎖ペプチド遺伝子polished riceは細胞自律的に機能する ショウジョウバエ短鎖ペプチド遺伝子polished riceは細胞自律的に機能する 第40回 日本発生生物学会年会 第40回 日本発生生物学会年会 2007/05/29 公開
The role of a short peptide gene polished rice during imaginal development. The role of a short peptide gene polished rice during imaginal development. The role of a short peptide gene polished rice during imaginal development. 48th Annual Drosophila Research Conference 48th Annual Drosophila Research Conference 48th Annual Drosophila Research Conference 2007/03/07 英語 公開
Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation Localized maternal factors are required for zebrafish germ cell formation 15th Congress of the International Society of Developmental Biology 15th Congress of the International Society of Developmental Biology 15th Congress of the International Society of Developmental Biology 2005/09 英語 公開
Requirement of localized Maternal Factors for Zebrafish Germ Cell Formation Requirement of localized Maternal Factors for Zebrafish Germ Cell Formation Requirement of localized Maternal Factors for Zebrafish Germ Cell Formation 62nd Annual Meeting Jointly with the International Society of Developmental Biology 62nd Annual Meeting Jointly with the International Society of Developmental Biology 62nd Annual Meeting Jointly with the International Society of Developmental Biology 2003/07 公開
Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation Requirement of localized maternal factors for zebrafish germ cell formation 5th International Meeting of zebrafish Development and Genetics 5th International Meeting of zebrafish Development and Genetics 5th International Meeting of zebrafish Development and Genetics 2002/06 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 生殖補助医療を受けた妊産婦の周産期メンタルヘルスケアー不安を中心とした量的解析 Perinatal healthcare for women pregnant by ART - qualitative analysis for anxiety 2019/04/01〜2022/03/31
基盤研究(B) 分担 産後PTSDは「筆記表現法」で予防できるか?〜指針策定に向けて 2019/04/01〜2022/03/31
基盤研究(C) 代表 生殖補助医療を受けた妊産婦の周産期メンタルヘルスケアー不安を中心とした量的解析 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
平成30年度第Ⅰ期 京都大学若手研究者スタートアップ研究費 近藤祥子 双胎経膣分娩における出生時間間隔と第2児の身体状態に関する研究 2018/04/01〜2018/09/30
平成30年度第Ⅱ期 京都大学若手研究者スタートアップ研究費 近藤 祥子 高度生殖補助医療を受けた妊産婦の産後ヘルスケアー育児不安を中心とした量的解析 2018/10/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
助産学実習I Midwifery Practicum I 通年 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04〜2020/03
助産診断・技術学III Diagnostics and Technology in Midwifery III 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04〜2020/03
ウィメンズヘルス実習 Women's Health Practice 後期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04〜2020/03
高次助産診断・技術学演習 Advanced Diagnostics and Technology in Midwifery 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04〜2020/03
ウィメンズヘルス Women's Health 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
健康心理学II Health Psychology II 前期集中 全学共通科目 2020/04〜2021/03
健康心理学II Health Psychology II 後期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
助産学実習I Midwifery Practicum I 通年 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
助産学演習I Seminar on Midwifery I 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
助産学総合実習I Midwifery Comprehensive Clinical Practice I 通年 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
助産診断・技術学II Diagnostics and Technology in Midwifery II 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
助産診断・技術学III Diagnostics and Technology in Midwifery III 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
ウィメンズヘルス実習 Women's Health Practice 後期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
家族と社会 Family and Society 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
母性看護学実習 Maternal Nursing Practicum 後期 医学部(人間健康科学科) 2020/04〜2021/03
生殖科学II Reproductive Science II 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
生殖科学I Reproductive Science I 後期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
ヒューマン・セクシャリティ論 Human Sexuality 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
高次助産診断・技術学演習 Advanced Diagnostics and Technology in Midwifery 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04〜2021/03
健康心理学II Health Psychology II 前期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
健康心理学II Health Psychology II 後期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
助産学実習 Clinical Practice for Midwifery 通年 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03
助産学演習 Skills Lab for Midwifery 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03
助産学総合実習I Midwifery Comprehensive Clinical Practice I 通年 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03
助産診断・技術学II Diagnostics and Technology in Midwifery II 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03
家族看護学 Family Nursing 前期前半 医学部(人間健康科学科) 2021/04〜2022/03
母子保健行政・財政論 Maternal and Child Health Administration & Finance Theory 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03
母性看護学 Maternal Nursing 後期前半 医学部(人間健康科学科) 2021/04〜2022/03
高次助産診断・技術学演習 Advanced Diagnostics and Technology in Midwifery 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
Midwifery 2018/11/23〜
日本助産学会 日本助産学会誌 2019/52/0〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
京都母性衛生学会 理事 2020/04/1〜
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
第28回京都母性衛生学会学術集会 一般公演 座長 2019/07/06
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
京都母性衛生学会
日本看護シミュレーションラーニング学会
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
看護師目指す社会人増加 40歳以上、10年で2・4倍 会社員らの経験に期待 共同通信社 2018/07/23