山口 賀章

最終更新日時: 2020/07/22 16:01:37

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
山口 賀章/ヤマグチ ヨシアキ/Yamaguchi, Yoshiaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
薬学研究科/医薬創成情報科学専攻医薬創成情報科学講座/講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
薬学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society
日本時間生物学会 Japanese Society for Chronobiology
日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
日本神経内分泌学会 Japan Neuroendocrine Society
日本内分泌学会 The Japan Endocrine Society
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Society for Neuroscience アメリカ
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(生命科学) Master 京都大学 Kyoto University
博士(生命科学) Doctor 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院生命科学研究科修士課程高次生命科学専攻 Biostudies Systemic Life Science 修了
京都大学 Kyoto University 大学院生命科学研究科博士後期課程高次生命科学専攻 Biostudies Systemic Life Science 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 Kyoto University 薬学部薬学科 Pharmaceutical Sciences 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪府立高津高等学校 おおさかふりつこうづこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2001/04/01〜2004/03/31 2001-2004 日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学生命科学研究科) 2001-2004 JSPS Research Fellowship for Young Scientists DC1 (Kyoto University)
2004/04/01〜2006/03/31 2004-2006 日本学術振興会海外特別研究員(米国ソーク研究所) 2004-2006 JSPS Postdoctral Fellowship for Research Abroad (Salk Institute, CA, USA)
2004/04/01〜2007/10/31 2006-2007 リサーチアソシエイト(米国ソーク研究所) 2006-2007 Research Associate (Salk Institute, CA, USA)
2007/11/01〜2018/07/31 2007-2018 京都大学大学院薬学研究科 助教 2007-2018 Assistant Professor (Kyoto University)
2018/08/01〜 2018-現在 京都大学大学院薬学研究科 講師 2018-present Assistant Professor (Kyoto University)
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語 English eng
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-4126-542X
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0069971
研究テーマ
(日本語)
概日リズム、時間生物学
(英語)
Circadian rhythm, Chronobiology
研究概要
(日本語)
遺伝子改変マウスを用いて、概日リズムの中枢である視交叉上核の分子神経シグナルとその概日リズム機能を解明する。
(英語)
My research aim is to elucidate the molecular and neuronal mechanism(s) in the suprachiasmatic nucleus, the master clock, and its physiological relevancy using genetically modified mice.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
分子神経生物学、 神経生理学 Molecular Neurobiology, Neurophysiology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Tianyu Wang, Shumpei Nakagawa, Takahito Miyake, Genzui Setsu, Sumihiro Kunisue, Kaoru Goto, Akira Hirasawa, Hitoshi Okamura, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi Tianyu Wang, Shumpei Nakagawa, Takahito Miyake, Genzui Setsu, Sumihiro Kunisue, Kaoru Goto, Akira Hirasawa, Hitoshi Okamura, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi Tianyu Wang, Shumpei Nakagawa, Takahito Miyake, Genzui Setsu, Sumihiro Kunisue, Kaoru Goto, Akira Hirasawa, Hitoshi Okamura, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi Identification and functional characterisation of N-linked glycosylation of the orphan G protein-coupled receptor Gpr176 Identification and functional characterisation of N-linked glycosylation of the orphan G protein-coupled receptor Gpr176 Identification and functional characterisation of N-linked glycosylation of the orphan G protein-coupled receptor Gpr176 Scientific Reports, 10, 4429 Scientific Reports, 10, 4429 Scientific Reports, 10, 4429 2020/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Masao Doi, Hiroyuki Shimatani, Yuta Atobe, Iori Murai, Hida Hayashi, Yukari Takahashi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Hiroshi Kiyonari, Nobuya Koike, Kazuhiro Yagita, Choogon Lee, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Hitoshi Okamura Masao Doi, Hiroyuki Shimatani, Yuta Atobe, Iori Murai, Hida Hayashi, Yukari Takahashi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Hiroshi Kiyonari, Nobuya Koike, Kazuhiro Yagita, Choogon Lee, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Hitoshi Okamura Masao Doi, Hiroyuki Shimatani, Yuta Atobe, Iori Murai, Hida Hayashi, Yukari Takahashi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Hiroshi Kiyonari, Nobuya Koike, Kazuhiro Yagita, Choogon Lee, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Hitoshi Okamura Non-coding cis-element of Period2 is essential for maintaining organismal circadian behaviour and body temperature rhythmicity. Non-coding cis-element of Period2 is essential for maintaining organismal circadian behaviour and body temperature rhythmicity. Non-coding cis-element of Period2 is essential for maintaining organismal circadian behaviour and body temperature rhythmicity. Nature communications, 10, 1, 2563-2563 Nature communications, 10, 1, 2563-2563 Nature communications, 10, 1, 2563-2563 2019/06/12 英語 公開
Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H Vasopressin Signal Inhibition in Aged Mice Decreases Mortality under Chronic Jet Lag. Vasopressin Signal Inhibition in Aged Mice Decreases Mortality under Chronic Jet Lag. Vasopressin Signal Inhibition in Aged Mice Decreases Mortality under Chronic Jet Lag. iScience, 5, 118-122 iScience, 5, 118-122 iScience, 5, 118-122 2018/07 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 生物系薬学 家族性睡眠相後退障害におけるヒト概日時計遺伝子CRY1の変異同定 生物系薬学 家族性睡眠相後退障害におけるヒト概日時計遺伝子CRY1の変異同定 生物系薬学 家族性睡眠相後退障害におけるヒト概日時計遺伝子CRY1の変異同定 ファルマシア, 54, 3, 255 ファルマシア, 54, 3, 255 ファルマシア, 54, 3, 255 2018 公開
Chen Y, Yamaguchi Y, Suzuki T, Doi M, Okamura H Chen Y, Yamaguchi Y, Suzuki T, Doi M, Okamura H Chen Y, Yamaguchi Y, Suzuki T, Doi M, Okamura H Effect of Daily Light on c-Fos Expression in the Suprachiasmatic Nucleus under Jet Lag Conditions Effect of Daily Light on c-Fos Expression in the Suprachiasmatic Nucleus under Jet Lag Conditions Effect of Daily Light on c-Fos Expression in the Suprachiasmatic Nucleus under Jet Lag Conditions Acta Histochem Cytochem, 51, 2, 73-80 Acta Histochem Cytochem, 51, 2, 73-80 Acta Histochem Cytochem, 51, 2, 73-80 2018 公開
Ito K, Yasuda M, Maeda Y, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Kono Y, Negoro H, Kanematsu A, Ogawa O, Doi M, Okamura H Ito K, Yasuda M, Maeda Y, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Kono Y, Negoro H, Kanematsu A, Ogawa O, Doi M, Okamura H Ito K, Yasuda M, Maeda Y, Fustin J. M, Yamaguchi Y, Kono Y, Negoro H, Kanematsu A, Ogawa O, Doi M, Okamura H Circadian rhythms of micturition during jet lag Circadian rhythms of micturition during jet lag Circadian rhythms of micturition during jet lag Biomed Res, 39, 2, 57-63 Biomed Res, 39, 2, 57-63 Biomed Res, 39, 2, 57-63 2018 公開
Yamaguchi Y Yamaguchi Y Yamaguchi Y Arginine vasopressin signaling in the suprachiasmatic nucleus on the resilience of circadian clock to jet lag Arginine vasopressin signaling in the suprachiasmatic nucleus on the resilience of circadian clock to jet lag Arginine vasopressin signaling in the suprachiasmatic nucleus on the resilience of circadian clock to jet lag Neuroscience Research, 129, 57-61 Neuroscience Research, 129, 57-61 Neuroscience Research, 129, 57-61 2018 公開
Hsu-Wen Chao, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Huatao Chen, Kimihiko Murase, Yuki Maeda, Hida Hayashi, Rina Tanaka, Maho Sugawa, Naoki Mizukuchi, Yoshiaki Yamaguchi, Jun-ichirou Yasunaga, Masao Matsuoka, Mashito Sakai, Michihiro Matsumoto, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Hsu-Wen Chao, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Huatao Chen, Kimihiko Murase, Yuki Maeda, Hida Hayashi, Rina Tanaka, Maho Sugawa, Naoki Mizukuchi, Yoshiaki Yamaguchi, Jun-ichirou Yasunaga, Masao Matsuoka, Mashito Sakai, Michihiro Matsumoto, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Hsu-Wen Chao, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Huatao Chen, Kimihiko Murase, Yuki Maeda, Hida Hayashi, Rina Tanaka, Maho Sugawa, Naoki Mizukuchi, Yoshiaki Yamaguchi, Jun-ichirou Yasunaga, Masao Matsuoka, Mashito Sakai, Michihiro Matsumoto, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Circadian clock regulates hepatic polyploidy by modulating Mkp1-Erk1/2 signaling pathway Circadian clock regulates hepatic polyploidy by modulating Mkp1-Erk1/2 signaling pathway Circadian clock regulates hepatic polyploidy by modulating Mkp1-Erk1/2 signaling pathway NATURE COMMUNICATIONS, 8, 1, 2238 NATURE COMMUNICATIONS, 8, 1, 2238 NATURE COMMUNICATIONS, 8, 1, 2238 2017/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kumiko Dojo, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hitoshi Okamura Kumiko Dojo, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hitoshi Okamura Kumiko Dojo, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hitoshi Okamura Carbachol Induces Phase-dependent Phase Shifts of Per1 Transcription Rhythms in Cultured Suprachiasmatic Nucleus Slices Carbachol Induces Phase-dependent Phase Shifts of Per1 Transcription Rhythms in Cultured Suprachiasmatic Nucleus Slices Carbachol Induces Phase-dependent Phase Shifts of Per1 Transcription Rhythms in Cultured Suprachiasmatic Nucleus Slices JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 32, 2, 101-108 JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 32, 2, 101-108 JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 32, 2, 101-108 2017/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroshi Kori, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura Hiroshi Kori, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura Hiroshi Kori, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura Accelerating recovery from jet lag: prediction from a multi-oscillator model and its experimental confirmation in model animals Accelerating recovery from jet lag: prediction from a multi-oscillator model and its experimental confirmation in model animals Accelerating recovery from jet lag: prediction from a multi-oscillator model and its experimental confirmation in model animals SCIENTIFIC REPORTS, 7, 46702 SCIENTIFIC REPORTS, 7, 46702 SCIENTIFIC REPORTS, 7, 46702 2017/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiaki Yamaguchi, Kazuki Okada, Takanobu Mizuno, Takumi Ota, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hajime Tei, Yasufumi Shigeyoshi, Hitoshi Okamura Yoshiaki Yamaguchi, Kazuki Okada, Takanobu Mizuno, Takumi Ota, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hajime Tei, Yasufumi Shigeyoshi, Hitoshi Okamura Yoshiaki Yamaguchi, Kazuki Okada, Takanobu Mizuno, Takumi Ota, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Masaki Kobayashi, Hajime Tei, Yasufumi Shigeyoshi, Hitoshi Okamura Real-Time Recording of Circadian Per1 and Per2 Expression in the Suprachiasmatic Nucleus of Freely Moving Rats Real-Time Recording of Circadian Per1 and Per2 Expression in the Suprachiasmatic Nucleus of Freely Moving Rats Real-Time Recording of Circadian Per1 and Per2 Expression in the Suprachiasmatic Nucleus of Freely Moving Rats JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 31, 1, 108-111 JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 31, 1, 108-111 JOURNAL OF BIOLOGICAL RHYTHMS, 31, 1, 108-111 2016/02 英語 公開
Suehiro K, Nakamura Y, Xu S, Uda Y, Matsumura T, Yamaguchi Y, Okamura H, Yamashita T, Takei Y Suehiro K, Nakamura Y, Xu S, Uda Y, Matsumura T, Yamaguchi Y, Okamura H, Yamashita T, Takei Y Suehiro K, Nakamura Y, Xu S, Uda Y, Matsumura T, Yamaguchi Y, Okamura H, Yamashita T, Takei Y Corrigendum: Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury. Corrigendum: Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury. Corrigendum: Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury. Scientific reports, 5, 11780 Scientific reports, 5, 11780 Scientific reports, 5, 11780 2015/07 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 2015 公開
岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 2015 公開
Kenji Suehiro, Yuka Nakamura, Shuai Xu, Youichi Uda, Takafumi Matsumura, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura, Toshihide Yamashita, Yoshinori Takei Kenji Suehiro, Yuka Nakamura, Shuai Xu, Youichi Uda, Takafumi Matsumura, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura, Toshihide Yamashita, Yoshinori Takei Kenji Suehiro, Yuka Nakamura, Shuai Xu, Youichi Uda, Takafumi Matsumura, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura, Toshihide Yamashita, Yoshinori Takei Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury Ecto-domain phosphorylation promotes functional recovery from spinal cord injury SCIENTIFIC REPORTS, 4, 4972 SCIENTIFIC REPORTS, 4, 4972 SCIENTIFIC REPORTS, 4, 4972 2014/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 2014 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 生化学, 86, 5, 687-692 生化学, 86, 5, 687-692 生化学, 86, 5, 687-692 2014 公開
岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 2014 公開
Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H [Vasopressin-mediated neuronal circuit in the suprachiasmatic nucleus and jet lag] [Vasopressin-mediated neuronal circuit in the suprachiasmatic nucleus and jet lag] [Vasopressin-mediated neuronal circuit in the suprachiasmatic nucleus and jet lag] Seikagaku. Journal of Japanese Biochemical Society, 86, 5, 687-92 Seikagaku. Journal of Japanese Biochemical Society, 86, 5, 687-92 Seikagaku. Journal of Japanese Biochemical Society, 86, 5, 687-92 2014 公開
Yoshiaki Yamaguchi, Toru Suzuki, Yasutaka Mizoro, Hiroshi Kori, Kazuki Okada, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Fumiyoshi Yamazaki, Naoki Mizuguchi, Jing Zhang, Xin Dong, Gozoh Tsujimoto, Yasushi Okuno, Masao Doi, Hitoshi Okamura Yoshiaki Yamaguchi, Toru Suzuki, Yasutaka Mizoro, Hiroshi Kori, Kazuki Okada, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Fumiyoshi Yamazaki, Naoki Mizuguchi, Jing Zhang, Xin Dong, Gozoh Tsujimoto, Yasushi Okuno, Masao Doi, Hitoshi Okamura Yoshiaki Yamaguchi, Toru Suzuki, Yasutaka Mizoro, Hiroshi Kori, Kazuki Okada, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Fumiyoshi Yamazaki, Naoki Mizuguchi, Jing Zhang, Xin Dong, Gozoh Tsujimoto, Yasushi Okuno, Masao Doi, Hitoshi Okamura Mice Genetically Deficient in Vasopressin V1a and V1b Receptors Are Resistant to Jet Lag Mice Genetically Deficient in Vasopressin V1a and V1b Receptors Are Resistant to Jet Lag Mice Genetically Deficient in Vasopressin V1a and V1b Receptors Are Resistant to Jet Lag SCIENCE, 342, 6154, 85-90 SCIENCE, 342, 6154, 85-90 SCIENCE, 342, 6154, 85-90 2013/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 2013 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 2013 公開
Fustin J. M, Doi M, Yamaguchi Y, Hida H, Nishimura S, Yoshida M, Isagawa T, Morioka M. S, Kakeya H, Manabe I, Okamura H Fustin J. M, Doi M, Yamaguchi Y, Hida H, Nishimura S, Yoshida M, Isagawa T, Morioka M. S, Kakeya H, Manabe I, Okamura H Fustin J. M, Doi M, Yamaguchi Y, Hida H, Nishimura S, Yoshida M, Isagawa T, Morioka M. S, Kakeya H, Manabe I, Okamura H RNA-methylation-dependent RNA processing controls the speed of the circadian clock RNA-methylation-dependent RNA processing controls the speed of the circadian clock RNA-methylation-dependent RNA processing controls the speed of the circadian clock Cell, 155, 4, 793-806 Cell, 155, 4, 793-806 Cell, 155, 4, 793-806 2013 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 2012 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 2012 公開
Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H Yamaguchi Y, Okamura H [Molecular oscillatory machinery of circadian rhythms] [Molecular oscillatory machinery of circadian rhythms] [Molecular oscillatory machinery of circadian rhythms] Nihon Rinsho, 70, 7, 1115-20 Nihon Rinsho, 70, 7, 1115-20 Nihon Rinsho, 70, 7, 1115-20 2012 公開
Rina Tanaka, Motomi Tainaka, Takumi Ota, Naoki Mizuguchi, Hiroyuki Kato, Shoichi Urabe, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Rina Tanaka, Motomi Tainaka, Takumi Ota, Naoki Mizuguchi, Hiroyuki Kato, Shoichi Urabe, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Rina Tanaka, Motomi Tainaka, Takumi Ota, Naoki Mizuguchi, Hiroyuki Kato, Shoichi Urabe, Yulin Chen, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masao Doi, Shinshichi Hamada, Hitoshi Okamura Accurate Determination of S-Phase Fraction in Proliferative Cells by Dual Fluorescence and Peroxidase Immunohistochemistry with 5-Bromo-2 '-Deoxyuridine (BrdU) and Ki67 Antibodies Accurate Determination of S-Phase Fraction in Proliferative Cells by Dual Fluorescence and Peroxidase Immunohistochemistry with 5-Bromo-2 '-Deoxyuridine (BrdU) and Ki67 Antibodies Accurate Determination of S-Phase Fraction in Proliferative Cells by Dual Fluorescence and Peroxidase Immunohistochemistry with 5-Bromo-2 '-Deoxyuridine (BrdU) and Ki67 Antibodies JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 59, 8, 791-798 JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 59, 8, 791-798 JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY, 59, 8, 791-798 2011/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miho Sato, Yasutaka Mizoro, Yuta Atobe, Yoshito Fujimoto, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Miho Sato, Yasutaka Mizoro, Yuta Atobe, Yoshito Fujimoto, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Miho Sato, Yasutaka Mizoro, Yuta Atobe, Yoshito Fujimoto, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Transportin 1 in the Mouse Brain: Appearance in Regions of Neurogenesis, Cerebrospinal Fluid Production/Sensing, and Circadian Clock Transportin 1 in the Mouse Brain: Appearance in Regions of Neurogenesis, Cerebrospinal Fluid Production/Sensing, and Circadian Clock Transportin 1 in the Mouse Brain: Appearance in Regions of Neurogenesis, Cerebrospinal Fluid Production/Sensing, and Circadian Clock JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 519, 9, 1770-1780 JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 519, 9, 1770-1780 JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY, 519, 9, 1770-1780 2011/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Masao Doi, Atsushi Ishida, Akiko Miyake, Miho Sato, Rie Komatsu, Fumiyoshi Yamazaki, Ikuo Kimura, Soken Tsuchiya, Hiroshi Kori, Kazuyuki Seo, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Rina Tanaka, Yasuko Santo, Hiroyuki Yamada, Yukari Takahashi, Michihiro Araki, Kazuki Nakao, Shinichi Aizawa, Masaki Kobayashi, Karl Obrietan, Gozoh Tsujimoto, Hitoshi Okamura Masao Doi, Atsushi Ishida, Akiko Miyake, Miho Sato, Rie Komatsu, Fumiyoshi Yamazaki, Ikuo Kimura, Soken Tsuchiya, Hiroshi Kori, Kazuyuki Seo, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Rina Tanaka, Yasuko Santo, Hiroyuki Yamada, Yukari Takahashi, Michihiro Araki, Kazuki Nakao, Shinichi Aizawa, Masaki Kobayashi, Karl Obrietan, Gozoh Tsujimoto, Hitoshi Okamura Masao Doi, Atsushi Ishida, Akiko Miyake, Miho Sato, Rie Komatsu, Fumiyoshi Yamazaki, Ikuo Kimura, Soken Tsuchiya, Hiroshi Kori, Kazuyuki Seo, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Rina Tanaka, Yasuko Santo, Hiroyuki Yamada, Yukari Takahashi, Michihiro Araki, Kazuki Nakao, Shinichi Aizawa, Masaki Kobayashi, Karl Obrietan, Gozoh Tsujimoto, Hitoshi Okamura Circadian regulation of intracellular G-protein signalling mediates intercellular synchrony and rhythmicity in the suprachiasmatic nucleus Circadian regulation of intracellular G-protein signalling mediates intercellular synchrony and rhythmicity in the suprachiasmatic nucleus Circadian regulation of intracellular G-protein signalling mediates intercellular synchrony and rhythmicity in the suprachiasmatic nucleus NATURE COMMUNICATIONS, 2, 327 NATURE COMMUNICATIONS, 2, 327 NATURE COMMUNICATIONS, 2, 327 2011/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hitoshi Okamura, Masao Doi, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin Hitoshi Okamura, Masao Doi, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin Hitoshi Okamura, Masao Doi, Yoshiaki Yamaguchi, Jean-Michel Fustin Hypertension Due to Loss of Clock: Novel Insight From the Molecular Analysis of Cry1/Cry2-Deleted Mice Hypertension Due to Loss of Clock: Novel Insight From the Molecular Analysis of Cry1/Cry2-Deleted Mice Hypertension Due to Loss of Clock: Novel Insight From the Molecular Analysis of Cry1/Cry2-Deleted Mice CURRENT HYPERTENSION REPORTS, 13, 2, 103-108 CURRENT HYPERTENSION REPORTS, 13, 2, 103-108 CURRENT HYPERTENSION REPORTS, 13, 2, 103-108 2011/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hitoshi Okamura, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo Hitoshi Okamura, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo Hitoshi Okamura, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo Mammalian circadian clock system: Molecular mechanisms for pharmaceutical and medical sciences Mammalian circadian clock system: Molecular mechanisms for pharmaceutical and medical sciences Mammalian circadian clock system: Molecular mechanisms for pharmaceutical and medical sciences ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 62, 9-10, 876-884 ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 62, 9-10, 876-884 ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS, 62, 9-10, 876-884 2010/07 英語 公開
Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Rena Kitazawa, Hiroyuki Yamada, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Rena Kitazawa, Hiroyuki Yamada, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Rena Kitazawa, Hiroyuki Yamada, Masahiro Matsuo, Jean-Michel Fustin, Masao Doi, Hitoshi Okamura Activation of AMPA Receptors in the Suprachiasmatic Nucleus Phase-Shifts the Mouse Circadian Clock In Vivo and In Vitro Activation of AMPA Receptors in the Suprachiasmatic Nucleus Phase-Shifts the Mouse Circadian Clock In Vivo and In Vitro Activation of AMPA Receptors in the Suprachiasmatic Nucleus Phase-Shifts the Mouse Circadian Clock In Vivo and In Vitro PLOS ONE, 5, 6, e10951 PLOS ONE, 5, 6, e10951 PLOS ONE, 5, 6, e10951 2010/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 2010 公開
Miki Tanioka, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Hideki Bando, Yoshiaki Yamaguchi, Chikako Nishigori, Hitoshi Okamura Miki Tanioka, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Hideki Bando, Yoshiaki Yamaguchi, Chikako Nishigori, Hitoshi Okamura Miki Tanioka, Hiroyuki Yamada, Masao Doi, Hideki Bando, Yoshiaki Yamaguchi, Chikako Nishigori, Hitoshi Okamura Molecular Clocks in Mouse Skin Molecular Clocks in Mouse Skin Molecular Clocks in Mouse Skin JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 129, 5, 1225-1231 JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 129, 5, 1225-1231 JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 129, 5, 1225-1231 2009/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiromi Nishinaga, Rie Komatsu, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Hiroyuki Yamada, Ryusuke Okura, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Noriaki Emoto, Hitoshi Okamura Hiromi Nishinaga, Rie Komatsu, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Hiroyuki Yamada, Ryusuke Okura, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Noriaki Emoto, Hitoshi Okamura Hiromi Nishinaga, Rie Komatsu, Masao Doi, Jean-Michel Fustin, Hiroyuki Yamada, Ryusuke Okura, Yoshiaki Yamaguchi, Masahiro Matsuo, Noriaki Emoto, Hitoshi Okamura Circadian expression of the Na+/H+ exchanger NHE3 in the mouse renal medulla Circadian expression of the Na+/H+ exchanger NHE3 in the mouse renal medulla Circadian expression of the Na+/H+ exchanger NHE3 in the mouse renal medulla BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 30, 2, 87-93 BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 30, 2, 87-93 BIOMEDICAL RESEARCH-TOKYO, 30, 2, 87-93 2009/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 2007 公開
Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor NEURON, 51, 2, 157-170 NEURON, 51, 2, 157-170 NEURON, 51, 2, 157-170 2006/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
F Yamazaki, H Katoh, Y Yamaguchi, M Negishi F Yamazaki, H Katoh, Y Yamaguchi, M Negishi F Yamazaki, H Katoh, Y Yamaguchi, M Negishi Two G(12) family G proteins, G alpha(12) and G alpha(13), show different subcellular localization Two G(12) family G proteins, G alpha(12) and G alpha(13), show different subcellular localization Two G(12) family G proteins, G alpha(12) and G alpha(13), show different subcellular localization BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 332, 3, 782-786 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 332, 3, 782-786 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 332, 3, 782-786 2005/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, M Negishi N-terminal short sequences of alpha subunits of the G(12) family determine selective coupling to receptors N-terminal short sequences of alpha subunits of the G(12) family determine selective coupling to receptors N-terminal short sequences of alpha subunits of the G(12) family determine selective coupling to receptors JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278, 17, 14936-14939 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278, 17, 14936-14939 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 278, 17, 14936-14939 2003/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, K Mori, M Negishi G alpha(12) and G alpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity G alpha(12) and G alpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity G alpha(12) and G alpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity CURRENT BIOLOGY, 12, 15, 1353-1358 CURRENT BIOLOGY, 12, 15, 1353-1358 CURRENT BIOLOGY, 12, 15, 1353-1358 2002/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, K Mori, M Negishi RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 22, 18977-18983 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 22, 18977-18983 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 22, 18977-18983 2001/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
H Yasui, H Katoh, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi H Yasui, H Katoh, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi H Yasui, H Katoh, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi Differential responses to nerve growth factor and epidermal growth factor in neurite outgrowth of PC12 cells are determined by Rac1 activation systems Differential responses to nerve growth factor and epidermal growth factor in neurite outgrowth of PC12 cells are determined by Rac1 activation systems Differential responses to nerve growth factor and epidermal growth factor in neurite outgrowth of PC12 cells are determined by Rac1 activation systems JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 18, 15298-15305 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 18, 15298-15305 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 18, 15298-15305 2001/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, J Aoki, H Fujita, K Mori, M Negishi Small GTPase RhoG is a key regulator for neurite outgrowth in PC12 cells Small GTPase RhoG is a key regulator for neurite outgrowth in PC12 cells Small GTPase RhoG is a key regulator for neurite outgrowth in PC12 cells MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 20, 19, 7378-7387 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 20, 19, 7378-7387 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 20, 19, 7378-7387 2000/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 2000/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
H Hasegawa, H Katoh, Y Yamaguchi, K Nakamura, S Futakawa, M Negishi H Hasegawa, H Katoh, Y Yamaguchi, K Nakamura, S Futakawa, M Negishi H Hasegawa, H Katoh, Y Yamaguchi, K Nakamura, S Futakawa, M Negishi Different membrane targeting of prostaglandin EP3 receptor isoforms dependent on their carboxy-terminal tail structures Different membrane targeting of prostaglandin EP3 receptor isoforms dependent on their carboxy-terminal tail structures Different membrane targeting of prostaglandin EP3 receptor isoforms dependent on their carboxy-terminal tail structures FEBS LETTERS, 473, 1, 76-80 FEBS LETTERS, 473, 1, 76-80 FEBS LETTERS, 473, 1, 76-80 2000/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
H Fujita, H Katoh, H Hasegawa, H Yasui, J Aoki, Y Yamaguchi, M Negishi H Fujita, H Katoh, H Hasegawa, H Yasui, J Aoki, Y Yamaguchi, M Negishi H Fujita, H Katoh, H Hasegawa, H Yasui, J Aoki, Y Yamaguchi, M Negishi Molecular decipherment of Rho effector pathways regulating tight-junction permeability Molecular decipherment of Rho effector pathways regulating tight-junction permeability Molecular decipherment of Rho effector pathways regulating tight-junction permeability BIOCHEMICAL JOURNAL, 346, 617-622 BIOCHEMICAL JOURNAL, 346, 617-622 BIOCHEMICAL JOURNAL, 346, 617-622 2000/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
J Aoki, H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, K Nakamura, H Hasegawa, A Ichikawa, M Negishi J Aoki, H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, K Nakamura, H Hasegawa, A Ichikawa, M Negishi J Aoki, H Katoh, H Yasui, Y Yamaguchi, K Nakamura, H Hasegawa, A Ichikawa, M Negishi Signal transduction pathway regulating prostaglandin EP3 receptor-induced neurite retraction: requirement for two different tyrosine kinases Signal transduction pathway regulating prostaglandin EP3 receptor-induced neurite retraction: requirement for two different tyrosine kinases Signal transduction pathway regulating prostaglandin EP3 receptor-induced neurite retraction: requirement for two different tyrosine kinases BIOCHEMICAL JOURNAL, 340, 365-369 BIOCHEMICAL JOURNAL, 340, 365-369 BIOCHEMICAL JOURNAL, 340, 365-369 1999/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
H Katoh, J Aoki, Y Yamaguchi, Y Kitano, A Ichikawa, M Negishi H Katoh, J Aoki, Y Yamaguchi, Y Kitano, A Ichikawa, M Negishi H Katoh, J Aoki, Y Yamaguchi, Y Kitano, A Ichikawa, M Negishi Constitutively active G alpha(12), G alpha(13), and G alpha(q) induce rho-dependent neurite retraction through different signaling pathways Constitutively active G alpha(12), G alpha(13), and G alpha(q) induce rho-dependent neurite retraction through different signaling pathways Constitutively active G alpha(12), G alpha(13), and G alpha(q) induce rho-dependent neurite retraction through different signaling pathways JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 273, 44, 28700-28707 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 273, 44, 28700-28707 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 273, 44, 28700-28707 1998/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 バソプレッシンシグナルの抑制は、慢性時差環境下での老齢マウスの死亡率を減少させる バソプレッシンシグナルの抑制は、慢性時差環境下での老齢マウスの死亡率を減少させる バソプレッシンシグナルの抑制は、慢性時差環境下での老齢マウスの死亡率を減少させる 日本内分泌学会雑誌, 94, 4, 1324-1324 日本内分泌学会雑誌, 94, 4, 1324-1324 日本内分泌学会雑誌, 94, 4, 1324-1324 2018/12 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 慢性時差環境下における老齢Va1V1bノックアウトマウスの生存率 慢性時差環境下における老齢Va1V1bノックアウトマウスの生存率 慢性時差環境下における老齢Va1V1bノックアウトマウスの生存率 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 91回, [1P-311] 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 91回, [1P-311] 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 91回, [1P-311] 2018/09 英語 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 【実臨床へ向けた時間医薬研究の新動向】 時差環境下における概日リズム障害の分子メカニズムと治療標的 【実臨床へ向けた時間医薬研究の新動向】 時差環境下における概日リズム障害の分子メカニズムと治療標的 【実臨床へ向けた時間医薬研究の新動向】 時差環境下における概日リズム障害の分子メカニズムと治療標的 医薬ジャーナル, 54, 6, 1433-1438 医薬ジャーナル, 54, 6, 1433-1438 医薬ジャーナル, 54, 6, 1433-1438 2018/06 日本語 公開
前川 洋太, 山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 前川 洋太, 山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 前川 洋太, 山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 概日リズム中枢・視交叉上核の時差再同調過程における数理モデル解析 概日リズム中枢・視交叉上核の時差再同調過程における数理モデル解析 概日リズム中枢・視交叉上核の時差再同調過程における数理モデル解析 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度, [2P-1181] 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度, [2P-1181] 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度, [2P-1181] 2017/12 英語 公開
山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 山口 賀章, 岡村 均, 郡 宏 数理モデルによる視交叉上核バソプレッシン細胞の時差再同調解析とその応用 数理モデルによる視交叉上核バソプレッシン細胞の時差再同調解析とその応用 数理モデルによる視交叉上核バソプレッシン細胞の時差再同調解析とその応用 日本内分泌学会雑誌, 93, 4, 1226-1226 日本内分泌学会雑誌, 93, 4, 1226-1226 日本内分泌学会雑誌, 93, 4, 1226-1226 2017/12 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 Circadian Regulation of Behavior, Physiology and Metabolism 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a、V1b受容体 Circadian Regulation of Behavior, Physiology and Metabolism 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a、V1b受容体 Circadian Regulation of Behavior, Physiology and Metabolism 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a、V1b受容体 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16回, 101-101 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16回, 101-101 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16回, 101-101 2016/06 日本語 公開
山口賀章, 山口賀章, 岡村均, 岡村均 山口賀章, 山口賀章, 岡村均, 岡村均 山口賀章, 山口賀章, 岡村均, 岡村均 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a,V1b受容体 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a,V1b受容体 時差を担う視交叉上核バソプレッシンV1a,V1b受容体 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16th, 101 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16th, 101 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 16th, 101 2016 日本語 公開
山口 賀章, 溝曽路 祥孝, 郡 宏, 岡村 均 山口 賀章, 溝曽路 祥孝, 郡 宏, 岡村 均 山口 賀章, 溝曽路 祥孝, 郡 宏, 岡村 均 視交叉上核バソプレッシン受容体の細胞概日振動における役割 視交叉上核バソプレッシン受容体の細胞概日振動における役割 視交叉上核バソプレッシン受容体の細胞概日振動における役割 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1T18-14(1P1299)] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1T18-14(1P1299)] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1T18-14(1P1299)] 2015/12 英語 公開
水野 貴暢, 鈴木 暢, 山口 賀章, 岡村 均 水野 貴暢, 鈴木 暢, 山口 賀章, 岡村 均 水野 貴暢, 鈴木 暢, 山口 賀章, 岡村 均 バソプレッシン受容体欠損マウスにおける時差環境下の摂食・飲水リズムは瞬時に再同調する バソプレッシン受容体欠損マウスにおける時差環境下の摂食・飲水リズムは瞬時に再同調する バソプレッシン受容体欠損マウスにおける時差環境下の摂食・飲水リズムは瞬時に再同調する 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1P1303]-[1P1303] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1P1303]-[1P1303] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1P1303]-[1P1303] 2015/12 英語 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 時差消失マウスの開発による概日リズムの頑強性を担う分子神経機構の解明 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 薬学雑誌, 135, 11, 1265-1272 2015/11 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 バソプレッシンV1a/V1b受容体による概日リズム形成 バソプレッシンV1a/V1b受容体による概日リズム形成 バソプレッシンV1a/V1b受容体による概日リズム形成 日本内分泌学会雑誌, 91, 2, 516-516 日本内分泌学会雑誌, 91, 2, 516-516 日本内分泌学会雑誌, 91, 2, 516-516 2015/09/20 日本語 公開
岡村均, 山口賀章 岡村均, 山口賀章 OKAMURA HITOSHI, YAMAGUCHI YOSHIAKI 内分泌 A.基礎分野での進歩 1.脳内バソプレッシンと時差 内分泌 A.基礎分野での進歩 1.脳内バソプレッシンと時差 内分泌 A.基礎分野での進歩 1.脳内バソプレッシンと時差 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 2015/01/30 日本語 公開
岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 内分泌 基礎分野での進歩 脳内バソプレッシンと時差 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌, 2015, 143-151 2015/01 日本語 公開
岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 脳内バソプレッシンと時差 (内分泌) -- (基礎分野での進歩) 脳内バソプレッシンと時差 (内分泌) -- (基礎分野での進歩) Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌, 143-151 Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌, 143-151 , 143-151 2015 日本語 公開
岡村均, 山口賀章 岡村均, 山口賀章 OKAMURA HITOSHI, YAMAGUCHI YOSHIAKI 神経細胞内病態と脳内環境 6.時差の分子機構とその治療 神経細胞内病態と脳内環境 6.時差の分子機構とその治療 神経細胞内病態と脳内環境 6.時差の分子機構とその治療 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60,6-7 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60,6-7 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60,6-7 2014/11/25 日本語 公開
岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 岡村 均, 山口 賀章 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 【脳内環境-維持機構と破綻がもたらす疾患研究】 (第1章)神経細胞内病態と脳内環境 時差の分子機構とその治療 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 遺伝子医学MOOK, 26, 54-60 2014/11 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 時差をつかさどる視交叉上核のバソプレッシン神経回路 生化学, 86, 5, 687-692 生化学, 86, 5, 687-692 生化学, 86, 5, 687-692 2014/10/25 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 行動・睡眠リズムを支配する体内時計の分子機構とその創薬標的としての可能性 視交叉上核におけるバソプレッシンとその受容体であるV1a/V1bのシグナルによる細胞内情報伝達は時差ボケに重要な役割を果たす(Intercellular communication by vasopressin-V1a/V1b signaling in the suprachiasmatic nucleus has a key role in jet lag) 行動・睡眠リズムを支配する体内時計の分子機構とその創薬標的としての可能性 視交叉上核におけるバソプレッシンとその受容体であるV1a/V1bのシグナルによる細胞内情報伝達は時差ボケに重要な役割を果たす(Intercellular communication by vasopressin-V1a/V1b signaling in the suprachiasmatic nucleus has a key role in jet lag) 行動・睡眠リズムを支配する体内時計の分子機構とその創薬標的としての可能性 視交叉上核におけるバソプレッシンとその受容体であるV1a/V1bのシグナルによる細胞内情報伝達は時差ボケに重要な役割を果たす(Intercellular communication by vasopressin-V1a/V1b signaling in the suprachiasmatic nucleus has a key role in jet lag) 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回, [4S08a-6] 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回, [4S08a-6] 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 87回, [4S08a-6] 2014/10 英語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 2014/09/27 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a,V1b受容体の役割 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a,V1b受容体の役割 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a,V1b受容体の役割 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585 2014/09/20 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 神経内科学 脳内バゾプレシンは時差ボケの原因か 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 医学のあゆみ, 250, 13, 1195-1196 2014/09 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 体内時計と神経内分泌 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a、V1b受容体の役割 体内時計と神経内分泌 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a、V1b受容体の役割 体内時計と神経内分泌 概日リズム形成におけるバゾプレシンV1a、V1b受容体の役割 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585-585 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585-585 日本内分泌学会雑誌, 90, 2, 585-585 2014/09 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 代謝内分泌神経ネットワーク 4 生物時計と臓器ネットワーク:時差の体内機構 代謝内分泌神経ネットワーク 4 生物時計と臓器ネットワーク:時差の体内機構 代謝内分泌神経ネットワーク 4 生物時計と臓器ネットワーク:時差の体内機構 Bio Clin, 28, 14, 1319-1324 Bio Clin, 28, 14, 1319-1324 Bio Clin, 28, 14, 1319-1324 2013/12/31 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 【代謝内分泌神経ネットワーク】 生物時計と臓器ネットワーク 時差の体内機構 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 BIO Clinica, 28, 14, 1319-1324 2013/12 日本語 公開
山口賀章, 溝曽路祥孝, 郡宏, 鈴木暢, 岡村均 山口賀章, 溝曽路祥孝, 郡宏, 鈴木暢, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, MISOJI YOSHITAKA, KOORI HIROSHI, SUZUKI TOORU, OKAMURA HITOSHI 視交叉上核の外的撹乱因子に対する抵抗性と時差 視交叉上核の外的撹乱因子に対する抵抗性と時差 視交叉上核の外的撹乱因子に対する抵抗性と時差 時間生物学, 19, 2, 171 時間生物学, 19, 2, 171 時間生物学, 19, 2, 171 2013/10/30 日本語 公開
鈴木暢, 山口賀章, 岡村均 鈴木暢, 山口賀章, 岡村均 SUZUKI TOORU, YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 時差消失マウスの開発 時差消失マウスの開発 時差消失マウスの開発 時間生物学, 19, 2, 161 時間生物学, 19, 2, 161 時間生物学, 19, 2, 161 2013/10/30 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 時差消失マウスの分子機構の解明 時差消失マウスの分子機構の解明 時差消失マウスの分子機構の解明 時間生物学, 19, 2, 135 時間生物学, 19, 2, 135 時間生物学, 19, 2, 135 2013/10/30 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 日本臨床, 71, 705-710 日本臨床, 71, 705-710 日本臨床, 71, 705-710 2013/10/20 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 【最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床-】 特論 神経インパルスからホルモンへの時間変換機構 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 日本臨床, 71, 増刊5 最新臨床睡眠学, 705-710 2013/10 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】 時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 2012/07 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 睡眠と生活習慣病 II.時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 睡眠と生活習慣病 II.時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 睡眠と生活習慣病 II.時計遺伝子・概日リズム 概日リズム発振の遺伝子機構 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 日本臨床, 70, 7, 1115-1120 2012/07/01 日本語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI ナノバイオ技術と最新創薬応用研究 第1章 ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 4.概日リズムの分子機構と創薬 ナノバイオ技術と最新創薬応用研究 第1章 ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 4.概日リズムの分子機構と創薬 ナノバイオ技術と最新創薬応用研究 第1章 ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 4.概日リズムの分子機構と創薬 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 2012/01/31 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第1章)ナノバイオ創薬に向けたターゲットの探索と構造解析 概日リズムの分子機構と創薬 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 遺伝子医学MOOK, 20, 47-51 2012/01 日本語 公開
岡村 均, 山口 賀章, 田井中 元美 岡村 均, 山口 賀章, 田井中 元美 岡村 均, 山口 賀章, 田井中 元美 精神神経疾患と生体リズム 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 精神神経疾患と生体リズム 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 精神神経疾患と生体リズム 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21回・41回, 87-87 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21回・41回, 87-87 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21回・41回, 87-87 2011/10 日本語 公開
岡村均, 山口賀章, 田井中元美 岡村均, 山口賀章, 田井中元美 OKAMURA HITOSHI, YAMAGUCHI YOSHIAKI, TAINAKA MOTOMI 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 精神神経疾患モデルマウスと体内時計 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21st-41st, 87 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21st-41st, 87 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 21st-41st, 87 2011 日本語 公開
山口賀章 山口賀章 YAMAGUCHI YOSHIAKI 時差消失マウス(NJLマウス)による概日リズム異常の新規治療薬の開発 時差消失マウス(NJLマウス)による概日リズム異常の新規治療薬の開発 時差消失マウス(NJLマウス)による概日リズム異常の新規治療薬の開発 かなえ医薬振興財団研究業績集(Web), 40th, 31 (WEB ONLY) かなえ医薬振興財団研究業績集(Web), 40th, 31 (WEB ONLY) かなえ医薬振興財団研究業績集(Web), 40th, 31 (WEB ONLY) 2011 日本語 公開
溝曽路祥孝, 山口賀章, 岡村均 溝曽路祥孝, 山口賀章, 岡村均 MIZOSORO YOSHITAKA, YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 視交叉上核のAMPA受容体活性化は,マウス概日時計の位相変化を引き起こす 視交叉上核のAMPA受容体活性化は,マウス概日時計の位相変化を引き起こす 視交叉上核のAMPA受容体活性化は,マウス概日時計の位相変化を引き起こす 時間生物学, 16, 2, 89 時間生物学, 16, 2, 89 時間生物学, 16, 2, 89 2010/10/31 日本語 公開
溝曽路 祥孝, 山口 賀章, 岡村 均 溝曽路 祥孝, 山口 賀章, 岡村 均 溝曽路 祥孝, 山口 賀章, 岡村 均 視交叉上核におけるAMPA受容体の活性化は位相依存的に概日リズムの位相をシフトさせる(AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms) 視交叉上核におけるAMPA受容体の活性化は位相依存的に概日リズムの位相をシフトさせる(AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms) 視交叉上核におけるAMPA受容体の活性化は位相依存的に概日リズムの位相をシフトさせる(AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms) 神経化学, 49, 2-3, 568-568 神経化学, 49, 2-3, 568-568 神経化学, 49, 2-3, 568-568 2010/08 英語 公開
山口賀章, 岡村均 山口賀章, 岡村均 YAMAGUCHI YOSHIAKI, OKAMURA HITOSHI 季節変動と日内変動 Question 体内時計とは?体内時計について教えてください. 季節変動と日内変動 Question 体内時計とは?体内時計について教えてください. 季節変動と日内変動 Question 体内時計とは?体内時計について教えてください. 肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 2010/03/10 日本語 公開
山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 山口 賀章, 岡村 均 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください 【季節変動と日内変動】 体内時計とは? 体内時計について教えてください Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 Q&Aでわかる肥満と糖尿病, 9, 2, 197-199 2010/03 日本語 公開
Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura Yasutaka Mizoro, Yoshiaki Yamaguchi, Hitoshi Okamura AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms AMPA receptor activation in the suprachiasmatic nucleus induces phase-dependent phase-shifts of the circadian rhythms NEUROSCIENCE RESEARCH, 68, E174-E174 NEUROSCIENCE RESEARCH, 68, E174-E174 NEUROSCIENCE RESEARCH, 68, E174-E174 2010 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 羊土社, 第7巻、第1号 羊土社, 第7巻、第1号 , 第7巻、第1号 2007 公開
山口 賀章 山口 賀章 山口 賀章 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 テクノ・トレンド 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 2007/01 日本語 公開
山口賀章 山口賀章 YAMAGUCHI YOSHIAKI 先端のバイオ技術を知る!テクノ・トレンド 1 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 先端のバイオ技術を知る!テクノ・トレンド 1 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 先端のバイオ技術を知る!テクノ・トレンド 1 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 バイオテクノロジージャーナル, 7, 1, 70-73 2007/01/01 日本語 公開
Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Selective and quickly reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor (共著) Selective and quickly reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor (共著) Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor Neuron, 51, 2, 157-170 Neuron, 51, 2, 157-170 NEURON, 51, 2, 157-170 2006/07 英語 公開
Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Elaine M. Tan, Yoshiaki Yamaguchi, Gregory D. Horwitz, Simon Gosgnach, Edward S. Lein, Martyn Goulding, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor Reversible inactivation of mammalian neurons in vivo using the Drosophila allatostatin receptor NEURON, 51, 2, 157-170 NEURON, 51, 2, 157-170 NEURON, 51, 2, 157-170 2006/07 英語 公開
Yoshiaki Yamaguchi, Elaine M. Tan, Gregory D. Horwitz, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Yoshiaki Yamaguchi, Elaine M. Tan, Gregory D. Horwitz, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway Yoshiaki Yamaguchi, Elaine M. Tan, Gregory D. Horwitz, Thomas D. Albright, Edward M. Callaway A novel genetic method for reversibly inactivating mammalian neurons in vivo A novel genetic method for reversibly inactivating mammalian neurons in vivo A novel genetic method for reversibly inactivating mammalian neurons in vivo NEUROSCIENCE RESEARCH, 55, S105-S105 NEUROSCIENCE RESEARCH, 55, S105-S105 NEUROSCIENCE RESEARCH, 55, S105-S105 2006 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
YAMAGUCHI Y, KATOH H, NEGISHI M YAMAGUCHI Y, KATOH H, NEGISHI M N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors (共著) N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors (共著) Journal of Biological Chemistry, 278, 17, 14936-14939 Journal of Biological Chemistry, 278, 17, 14936-14939 , 278, 17, 14936-14939 2003 公開
N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors (共著) N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors (共著) N-terminal short sequences of α subunits of the G12 family determine selective coupling to receptors (共著) Journal of Biological Chemistry, 278, 17, 14936-14939 Journal of Biological Chemistry, 278, 17, 14936-14939 Journal of Biological Chemistry, 278, 17, 14936-14939 2003 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI NORIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU G12ファミリーの新規エフェクター,セリン・スレオニンフォスファターゼ5の同定とその活性制御機構の解析 G12ファミリーの新規エフェクター,セリン・スレオニンフォスファターゼ5の同定とその活性制御機構の解析 G12ファミリーの新規エフェクター,セリン・スレオニンフォスファターゼ5の同定とその活性制御機構の解析 生化学, 74, 8, 1048-1048 生化学, 74, 8, 1048-1048 生化学, 74, 8, 1048-1048 2002/08/25 日本語 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, K Mori, M Negishi Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著) Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著) G alpha(12) and G alpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity Current Biology, 12, 15, 1353-1358 Current Biology, 12, 15, 1353-1358 CURRENT BIOLOGY, 12, 15, 1353-1358 2002/08 英語 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU セリン・スレオニンフォスファターゼ5はG12ファミリーの新規エフェクターである セリン・スレオニンフォスファターゼ5はG12ファミリーの新規エフェクターである セリン・スレオニンフォスファターゼ5はG12ファミリーの新規エフェクターである 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 25th, 136 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 25th, 136 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 25th, 136 2002/07/07 日本語 公開
Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著) Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著) Galpha(12) and Galpha(13) interact with Ser/Thr protein phosphatase type 5 and stimulate its phosphatase activity (共著) Current Biology, vol. 12 pp 1353-1358 Current Biology, vol. 12 pp 1353-1358 Current Biology, vol. 12 pp 1353-1358 2002 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 24th, 2-3, 254-310 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 24th, 2-3, 254-310 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 24th, 2-3, 254-310 2001/09/26 日本語 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 神経突起形成時のNGFによるRac1とRhoAの活性制御とそのクロストーク 神経化学, 40, 2/3, 310 神経化学, 40, 2/3, 310 神経化学, 40, 2/3, 310 2001/09/01 日本語 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU NGFによるRac1の活性化・神経突起形成に対するRhoA/Rhoキナーゼの抑制作用 NGFによるRac1の活性化・神経突起形成に対するRhoA/Rhoキナーゼの抑制作用 NGFによるRac1の活性化・神経突起形成に対するRhoA/Rhoキナーゼの抑制作用 生化学, 73, 8, 863-863 生化学, 73, 8, 863-863 生化学, 73, 8, 863-863 2001/08/25 日本語 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, K Mori, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, K Mori, M Negishi RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway Journal of Biological Chemistry, 276, 22, 18977-18983 Journal of Biological Chemistry, 276, 22, 18977-18983 JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 276, 22, 18977-18983 2001/06 英語 公開
根岸 学, 山口 賀章, 加藤 裕教 根岸 学, 山口 賀章, 加藤 裕教 根岸 学, 山口 賀章, 加藤 裕教 三量体G蛋白質から低分子量G蛋白質へのシグナル伝達 Rho-Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 三量体G蛋白質から低分子量G蛋白質へのシグナル伝達 Rho-Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 三量体G蛋白質から低分子量G蛋白質へのシグナル伝達 Rho-Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54回, 13-13 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54回, 13-13 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54回, 13-13 2001/05 日本語 公開
RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) RhoA inhibits the nerve growth factor-induced Rac1 activation through Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) Journal of Biological Chemistry, vol. 276 pp 18977-18983 Journal of Biological Chemistry, vol. 276 pp 18977-18983 Journal of Biological Chemistry, vol. 276 pp 18977-18983 2001 公開
根岸学, 山口賀章, 加藤裕教 根岸学, 山口賀章, 加藤裕教 NEGISHI MANABU, YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI Rho‐Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 Rho‐Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 Rho‐Rhoキナーゼを介したG12ファミリーの神経突起形成調節作用 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54th, 13 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54th, 13 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 54th, 13 2001 日本語 公開
根岸学, 山口賀章, 加藤裕教 根岸学, 山口賀章, 加藤裕教 NEGISHI MANABU, YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIROTAKA G12ファミリーのRho活性化経路を介した神経機能 G12ファミリーのRho活性化経路を介した神経機能 G12ファミリーのRho活性化経路を介した神経機能 生化学, 72, 8, 670 生化学, 72, 8, 670 生化学, 72, 8, 670 2000/08/25 日本語 公開
山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 山口賀章, 加藤裕教, 根岸学 YAMAGUCHI YOSHIAKI, KATO HIRONORI, NEGISHI MANABU Gα12/13によるRho/Rhoキナーゼを介した神経伝達物質の遊離抑制作用 Gα12/13によるRho/Rhoキナーゼを介した神経伝達物質の遊離抑制作用 Gα12/13によるRho/Rhoキナーゼを介した神経伝達物質の遊離抑制作用 生化学, 72, 8, 910-910 生化学, 72, 8, 910-910 生化学, 72, 8, 910-910 2000/08/25 日本語 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Galpha(12) and galpha(13) inhibit Ca(2+)-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) Galpha(12) and galpha(13) inhibit Ca(2+)-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway (共著) G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway Journal of Neurochemistry, 75, 2, 708-717 Journal of Neurochemistry, 75, 2, 708-717 JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 2000/08 英語 公開
Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi Y Yamaguchi, H Katoh, H Yasui, J Aoki, K Nakamura, M Negishi G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway G alpha(12) and G alpha(13) inhibit Ca2+-dependent exocytosis through Rho/Rho-associated kinase-dependent pathway JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 75, 2, 708-717 2000/08 英語 公開
青木 純子, 加藤 裕教, 山口 賀章, 根岸 学 青木 純子, 加藤 裕教, 山口 賀章, 根岸 学 青木 純子, 加藤 裕教, 山口 賀章, 根岸 学 プロスタグランジンEP3受容体によるRhoを介した神経突起の退縮を調節するシグナル伝達経路 プロスタグランジンEP3受容体によるRhoを介した神経突起の退縮を調節するシグナル伝達経路 プロスタグランジンEP3受容体によるRhoを介した神経突起の退縮を調節するシグナル伝達経路 生化学, 71, 8, 1062-1062 生化学, 71, 8, 1062-1062 生化学, 71, 8, 1062-1062 1999/08 日本語 公開
加藤裕教, 青木純子, 山口賀章, 安井秀一, 根岸学 加藤裕教, 青木純子, 山口賀章, 安井秀一, 根岸学 KATO HIRONORI, AOKI JUNKO, YAMAGUCHI YOSHIAKI, YASUI SHUICHI, NEGISHI MANABU 三量体G蛋白質G<sub>12</sub>,G<sub>13</sub>,G<sub>q</sub>によるRhoを介した神経突起の退縮 三量体G蛋白質G<sub>12</sub>,G<sub>13</sub>,G<sub>q</sub>によるRhoを介した神経突起の退縮 三量体G蛋白質G<sub>12</sub>,G<sub>13</sub>,G<sub>q</sub>によるRhoを介した神経突起の退縮 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 22nd, 289 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 22nd, 289 日本神経科学大会プログラム・抄録集, 22nd, 289 1999/07/06 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
山口 賀章 山口 賀章 バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 バイオテクノロジージャーナル 生きた動物で使える迅速で可逆的なAlstR/AL神経細胞不活性化法の開発 羊土社 羊土社 2007/01 日本語 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
平成26年度日本神経科学学会奨励賞 Japan Neuroscience Society Young Investigator Award 日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society 2014/09/12
平成26年度日本薬学会近畿支部奨励賞 The Pharmaceutical Society of Japan Kinki Branch 日本薬学会近畿支部 2015/01/09
平成29年度日本生化学会近畿支部奨励賞受賞 The Japanese Biochemical Society, Kinki Branch 日本生化学会近畿支部 2017/05/27
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(スタートアップ) 代表 体内時計の同調機能と発振機能を担う視交叉上核内神経回路の動物個体レベルでの解明 2008/04/01〜2009/03/31
若手研究(B) 代表 視交叉上核内局所神経回路の体内時計機能における生理的役割の解明 2009/04/01〜2011/03/31
基盤研究(C) 代表 新規時計機能欠損マウスを用いた生物時計の階層性とリズム調整薬の探求 2011/04/01〜2014/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 時差消失マウスを用いた慢性時差環境下での生活習慣病の発症機構の解明と治療法の開発 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 時差時における脳内時間環境の恒常性を担う神経分子メカニズムの解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 時差時における脳内時間環境の恒常性を担う神経分子メカニズムの解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(A) 代表 概日時計システムの頑強性と時差の分子神経機構の体系的理解と時差病態治療への応用 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 自由行動下動物のSCN細胞における概日リズム変動のリアルタイム計測 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 食塩感受性高血圧における視床下部のアルドステロン合成酵素の機能探索 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(A) 代表 概日時計システムの頑強性と時差の分子神経機構の体系的理解と時差病態治療への応用 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(A) 代表 概日時計システムの頑強性と時差の分子神経機構の体系的理解と時差病態治療への応用 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(A) 代表 概日時計システムの頑強性と時差の分子神経機構の体系的理解と時差病態治療への応用 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
寄付金 公益財団法人 細胞科学研究財団 理事長 公益財団法人 細胞科学研究財団(加齢による時差症状亢進の分子・細胞機構の解明とその治療薬の開発)山口 賀章 2014/04/21〜2014/04/21
寄付金 公益信託 成茂神経科学研究助成基金 受託者 三菱信託銀行株式会社 リテール受託業務部長 公益信託成茂神経科学研究助成基金(新規時差消失マウスを用いた時差の神経分子メカニズムの解明)山口賀章 2014/07/28〜2014/07/28
寄付金 公益財団法人 武田科学振興財団 理事長 公益財団法人武田科学振興財団(時差を担う分子・細胞の神経メカニズムの解明による時差治療薬の開発)山口賀章 2014/07/30〜2014/07/30
寄付金 山口 賀章(伊藤忠兵衛) 一般財団法人伊藤忠兵衛基金(時差の神経分子機構の解明)山口賀章 2014/08/29〜2014/08/29
寄付金 山口 賀章(公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団) 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団(時差消失マウスを用いたシフトワーカーの精神疾患・身体疾患への創薬研究)山口賀章 2014/11/14〜2014/11/14
寄付金 公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団 理事長 公益財団法人持田記念医学薬学振興財団 (新規の臓器・組織特異的時差シグナル欠損マウスを用いた体系的時刻制御機構の解明と時差症候群治療薬の開発) 山口賀章 2014/12/05〜2014/12/05
寄付金 公益財団法人 精神・神経科学振興財団 理事長 公益財団法人精神・神経科学振興財団 (時差消失マウスを用いた睡眠覚醒リズムと精神神経症状の分子解析に基づく創薬) 山口賀章 2014/12/16〜2014/12/16
寄附金 かなえ医薬振興財団 時差消失マウス(NJL マウス)による概日リズム異常の新規治療薬の開発 2012〜2012
寄附金 財団法人上尾竹圓会 SCN 局所神経回路の体内時計機能における生理的役割の解明 2011〜2011
寄附金 武田科学振興財団(薬学系研究奨励金) SCN 局所神経回路の体内時計機能における生理的役割の解明 2010〜2010
寄附金 かなえ医薬振興財団 研究助成金 体内時計の同調機能及び発振機能を司る視交叉上核内神経回路の生理的役割の解明 2009〜2009

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
薬学専門実習IV 後期 薬学部 2011/04〜2012/03
薬学専門実習3 後期 薬学部 2011/04〜2012/03
薬つくりにおける生命科学の役割 The Role of Life Science in Drug Discovery 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
薬学専門実習III Pharmaceutical Laboratory III: Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2012/04〜2013/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2012/04〜2013/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2013/04〜2014/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2014/04〜2015/03
多細胞体ネットワーク特論 Advanced Course in Multicellular Network 前期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
生理学I(基礎生理学) Physiology I (Basic Physiology) 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
生理学I(基礎生理学) Physiology I (Basic Physiology) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
ILASセミナー:薬つくりにおける生命科学の役割 ILAS Seminar :The Role of Life Science in Drug Discovery 前期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作(秋入学用) Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作(秋入学用) Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 後期不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
生理学I(基礎生理学)【H30以降入学者用】 Physiology I (Basic Physiology) 後期 薬学部 2020/04〜2021/03
生理学1(解剖生理学)【H29以前入学者用】 Physiology I (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2020/04〜2021/03
薬学専門実習III 【H30以降入学者用】 Pharmaceutical Laboratory III : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2020/04〜2021/03
薬学専門実習3 Pharmaceutical Laboratory 3 : Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2020/04〜2021/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会 委員 2011/04/01〜
環境・安全衛生委員会 委員 2011/04/01〜
衛生管理者 2011/07/06〜2012/03/31
衛生管理者 2013/08/01〜2014/09/30
情報システム委員会 委員 2011/04/01〜
RI管理委員会 委員 2013/04/01〜
実験動物管理委員会委員