多々納 裕一

最終更新日時:2017/05/02 11:25:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
多々納 裕一/タタノ ヒロカズ/Hirokazu Tatano
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
防災研究所/社会防災研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
情報学研究科 社会情報学専攻 地域・防災情報システム学 教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
学際融合教育研究推進センター   ユニット教員
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄 Gokasyo, Uji-shi, Kyoto 611-0011 Japan
全学電子メールアドレス
tatano.hirokazu.7s @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
土木学会 Japan Society of Civil Engineers
水文水資源学会 Japan Society of Hydrology and Water Resources
日本オペレーションズ・リサーチ学会 The Operation Research Society of Japan
日本応用地域学会 Applied Regional Science Conference (ARSC)
日本リスク研究学会 The Society for Risk Anaysis Japan
自然災害学会 Japan Society for Natural Disaster Science (JSNDS)
国際総合防災学会 International Society for Integrated Disaster Risk Management
日本都市計画学会 City Planning Institute of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
工学修士 京都大学
博士(工学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院工学研究科修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部土木工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1986/04/02〜1988/03/31 島根県土木部 Prefectural Government of Shimane,  技師 Engineer
1988/04/01〜1993/03/31 鳥取大学工学部 Tottori University、Faculty of Engineering 助手 Research Associate
1993/04/01〜1997/04/01 鳥取大学工学部 Tottori University, Faculty of Engineering 助教授 Associate Professor
1997/04/01〜2003/07/31 京都大学防災研究所 Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2003/08/01〜 京都大学防災研究所 Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
総合防災学の確立に向けて、災害の社会経済的影響評価と、災害リスクの軽減のための意思決定の方法論に関する研究を行っています。
研究テーマ
(日本語)
防災経済工学、災害リスク管理論、災害リスクガバナンス
(英語)
Disaster Economic Engineering, Disaster Risk Management, Disaster Risk Governance
研究概要
(日本語)
災害が社会経済システムに及ぼす影響の計量化方法に関する研究を進め、総合的な被害軽減方策の適正な計画・管理のための手法に関する意思決定に関して研究を進めています。災害の被害軽減に関する意思決定は、複数の主体の参加による複雑な意思決定となるため、そのガバナンスに関しても研究を進めています。
(英語)
Methods to estimate socio-economic impact of a disaster is investigated. Based on the knowledge on the economic impact studies, methodology
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
交通工学・国土計画
自然災害科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Subhajyoti Samaddar, Norio Okada, Junho Choi, Hirokazu Tatano What constitutes successful participatory disaster risk management? Insights from post-earthquake reconstruction work in rural Gujarat, India Natural Hazards,85,1,111-138 2017/01 英語
Lijiao Yang, Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano and Xinyu Jiang A methodology for estimating business interruption loss caused by flood disasters: insights from business surveys after Tokai Heavy Rain in Japan Natural Hazards, 84(1), 411-430,84,1,411-430 2016/11 英語
Yi-Ming Wei, Ke Wang, Hua Liao, Hirokazu Tatano Economics of climate change and risk of disasters in Asia–Pacific region Natural Hazards,84,1,1-5 2016/11 英語
Jiang X, Mori N, Tatano H, Yang L, Shibutani Y. Estimation of property loss and business interruption loss caused by storm surge inundation due to climate change: a case of Typhoon Vera revisit Natural Hazards,84,1,35-49 2016/11 英語
Toshio Fujimi, Masahide Watanabe, Ryuji Kakimoto,Hirokazu Tatano Perceived ambiguity about earthquake and house destruction risks Natural Hazards,80,2,1243-1256 2016/01 英語
Subhajyoti Samaddar, Junho Choi, Bijay Anand Misra, Hirokazu Tatano Insights on social learning and collaborative action plan development for disaster risk reduction: practicing Yonmenkaigi System Method (YSM) in flood-prone Mumbai Natural Hazards,75,2,1531-1554 2015/12 英語
YM Wei, K Wang, ZH Wang, H Tatano Vulnerability of infrastructure to natural hazards and climate change in China Natural Hazards,75,2 supplement,107-110 2015/02 英語
Lijiao Yang, Hirokazu Tatano, Yoshio Kajitani, and Xinyu Jiang A Case Study on Estimation of Business Interruption Losses to Industrial Sectors Due to Flood Disasters Journal of Disaster Research,10,5,981-990 2015 英語
Cruz A.M, Kajitani Y, Tatano H. Natech disaster risk reduction: Can integrated risk governance help? Risk Governance: The Articulation of Hazard, Politics and Ecology,441-462 2015
Nourjou R, Tatano H, Aghamohammadi H. Search algorithm for optimal execution of incident commander guidance in macro action planning International Journal of Intelligent Systems Technologies and Applications,14,3-4,354-384 2015
Subhajyoti SAMADDAR, Hirokazu TATANO Where do Individuals Seek Opinions for Evacuation? A Case Study from Landslide-prone Slum Communities in Mumbai Journal of Natural Disaster Science,36,1,13-24 2015 英語
S. Samaddar; R. Chatterjee; B. Misra; H. Tatano Outcome-expectancy and self-efficacy: Reasons or results of flood preparedness intention? International Journal of Disaster Risk Reduction,8,91-99 2014/06 英語
Y. Kajitani; H. Tatano ESTIMATION OF PRODUCTION CAPACITY LOSS RATE AFTER THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE AND TSUNAMI IN 2011 Economic Systems Research,26,1,13-38 2014 英語
Tamaki T, Tatano H. Evaluation method of restoration process for road networks after volcanic eruption Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,2014-January,January,2693-2698 2014
Hirokazu Tatano, Mamoru Yoshida Integrated Disaster Risk Management from the Perspective of Human Security Engineering ,111 2014
J.-L. Fan; Q.-M. Liang; X.-J. Liang; H. Tatano; Y. Kajitani; Y.-M. Wei National vulnerability to extreme climatic events: The cases of electricity disruption in China and Japan Natural Hazards,71,3,1937-1956 2014 英語
古橋 隆行, 多々納 裕一, 梶谷 義雄, 玉置 哲也, 奥村 誠 東日本大震災による産業部門への経済被害の推計方法に関する研究 土木学会論文集D3(土木計画学),70,5,I197-I210 2014 日本語
梶谷 義雄, 横松 宗太, 多々納 裕一, 安田 成夫 東日本大震災後の電力供給不足に対する産業部門のレジリエンスの分析 土木学会論文集D(土木計画学),69,5,I_181-I_188 2013/11 日本語
Xinyu JIANG, Hirokazu Tatano, Tomoharu Hori A Methodology for Spatial Flood Risk Assessment Taking Account of Spatial-Temporal Characteristics of Rainfall {IDRiM} Journal,74 2013/06
Taiki Nishimura, Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano Damage Assessment in Tourism Caused by an Earthquake Disaster {IDRiM} Journal,3,1,56 2013/06
酒井 久和, 奥村 誠, 塩飽 拓司, 香川 敬生, 長谷川 浩一, 澤田 純男, 多々納 裕一 地震時における斜面の簡易信頼性評価法に関する基礎的研究 土木学会論文集A1(構造・地震工学),69,4,I_142-I_147 2013/06 日本語
梶谷義雄;多々納裕一;吉村勇祐 大規模災害時における産業部門の生産能力の推計―東日本大震災を対象として 自然災害科学,31,4,283-304 2013/02/28 日本語
中野 一慶 梶谷 義雄 多々納 裕一 地震災害による産業部門の操業能力の低下を対象とした機能的フラジリティ曲線の推計 土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.69 ,No. 1 , pp. 57-68 2013 日本語
Y. Kajitani; S.E. Chang; H. Tatano Economic Impacts of the 2011 Tohoku-oki earthquake and tsunami Earthquake Spectra,29,SUPPL.1,S457-S478 2013 英語
Y. Kajitani; A.M. Cruz; H. Tatano; K. Nakano; J. Choi; N. Yasuda Economic impacts caused by the failure of a maritime global critical infrastructure-a case study of chemical facility explosion in the Straits of Malacca and Singapore Journal of Transportation Security,6,4,289-313 2013 英語
T. Fujimi; H. Tatano Promoting seismic retrofit implementation through "nudge": Using warranty as a driver Risk Analysis,33,10,1858-1883 2013 英語
J.-L. Fan; H. Liao; Q.-M. Liang; H. Tatano; C.-F. Liu; Y.-M. Wei Residential carbon emission evolutions in urban-rural divided China: An end-use and behavior analysis Applied Energy,101,323-332 2013 英語
西村泰紀, 梶谷義雄, 多々納裕一 大規模災害による宿泊業への影響分析-市町村宿泊旅行統計とアンケート調査に基づく東日本大震災のケーススタディ 土木学会論文集 D3 (土木計画学),69,5,I_217-I_227 2013 日本語
Subhajyoti Samaddar, Bijay Anand Misra, Hirokazu Tatano Flood risk awareness and preparedness: The role of trust in information sources 2012/10
Junho Choi, Hirokazu Tatano Scoping flood risk reduction issues with sharing concerns 2012 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC),3087-3092 2012/10
玉置 哲也 多々納 裕一 今井 瑛介 相互依存性を考慮した港湾における防災投資行動分析 土木学会論文集D3 (土木計画学), Vol.68 ,No. 5 , pp. I155-I166 2012 日本語
西村 泰紀 梶谷 義雄 多々納 裕一 震災が観光入込客数に与える影響に関する定量分析 土木学会論文集D3 (土木計画学), Vol.68 ,No. 5 , pp. I267-I276 2012 日本語
T. Fujimi; H. Tatano An econometric model based on the Maxmin Expected Utility model: An application to earthquake insurance Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems,658,89-106 2012 英語
T. Fujimi; H. Tatano Estimation of indirect economic loss caused by house destruction in a natural disaster Natural Hazards,61,3,1367-1388 2012 英語
Subhajyoti Samaddar, Bijay Anand Misra, Roshni Chatterjee, Hirokazu Tatano Understanding Community’s Evacuation Intention Development Process in a Flood Prone Micro-hotspot, Mumbai {IDRiM} Journal,2,2,89 2012
多々納 裕一 東日本大震災を踏まえた総合防災システムの構築 (特集 災害から学ぶこれからの交通工学 : 東日本大震災の教訓を踏まえて) 交通工学,46,5,14-18 2011/11 日本語
Reza Nourjou, Michinori Hatayama, Hirokazu Tatano Introduction to spatially distributed intelligent assistant agents for coordination of human-agent teams' actions 2011/11
Kazuyoshi Nakano, Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano Consistent measurement of economic losses of a natural disaster considering the effect of change in price 2011/10
湯川誠太郎;畑山満則;多々納裕一 ネットワーク均衡分析を用いた大規模水害避難計画代替案の評価方法に関する研究 土木学会論文集 D3(土木計画学)(Web),67,5,I_177-I_188 2011 日本語
船瀬悠太;多々納裕一;土屋哲 港湾の機能停止の国際経済への影響分析手法:空間的応用一般均衡アプローチ 土木学会論文集 D3(土木計画学)(Web),67,5,67.I.243-67.I.254 (J-STAGE) 2011 日本語
Okada Norio Ye tao Kajitani Yoshio Shi Peijun Tatano Hirokazu The 2011 eastern Japan great earthquake disaster: Overview and comments International Journal of Disaster Risk Science, Vol.2 ,No. 1 , pp. 34-42 , doi:10.1007/s13753-011-0004-9,2,1,34-42 2011 英語
Akemi T. Chatfield, Samuel Fosso Wamba, Hirokazu Tatano E-Government Challenge in Disaster Evacuation Response: The Role of RFID Technology in Building Safe and Secure Local Communities 2010
畑山満則 湯川誠太郎 枝廣篤 多々納裕一 エージェントベース広域避難シミュレーションシステムの開発-滋賀県姉川・高時川下流域を対象とした事例研究- 土木計画学研究・論文集, Vol.27 ,No. 2 , pp. 323-330 2010 日本語
藤見俊夫 多々納裕一 災害後の応急・復興住宅政策がもたらす便益フローの定量評価 土木学会論文集D,65,3,399-412 2009/11 日本語
M. Yoshida; H. Tatano Payment plan for the delegation of one or two inspection agencies Journal of Computers,4,10,997-1004 2009/10 英語
Kazuyoshi Nakano, Hirokazu Tatano Economic impacts of disasters taking into account the costs of substitution of intermediate goods 2009/10
藤見俊夫;多々納裕一 災害後の応急・復興住宅政策がもたらす便益フローの定量評価 土木学会論文集 D,65,3,399-412 2009/09 日本語
多々納裕一 矢守克也 河川敷利用実態調査に基づく2008年7月都賀川水難事故からの教訓 河川整備基金助成事業(助成番号20-1251-1)報告書「2008年7月28日突発的集中豪雨による都賀川水難事故に関する調査研究」 , pp. - 2009 日本語
Toshio FUJIMI, Hirokazu TATANO EVALUATION OF BENEFIT FLOW FROM EMERGENCY AND RECOVERY HOUSING POLICY Doboku Gakkai Ronbunshuu D,65,3,399 2009
Y. Kajitani; H. Tatano Estimation of lifeline resilience factors based on surveys of Japanese industries Earthquake Spectra,25,4,755-776 2009 英語
Yoshida M, Tatano H. Payment plan for the delegation of one or two inspection agencies Journal of Computers,4,10,997-1004 2009
藤見俊夫;多々納裕一 曖昧性回避が地震保険の加入選択に及ぼす影響の定量分析 日本リスク研究学会誌,18,2,47-58 2008/12/25 日本語
土屋哲 多々納裕一 岡田憲夫 地震災害時のライフライン途絶が及ぼす経済被害の計量化に関する研究 地域安全学会論文集 = Journal of social safety science,10,355-364 2008/11/01 日本語
土屋哲 多々納裕一 岡田憲夫 地震災害時のライフライン途絶が及ぼす経済被害の計量化に関する研究 地域安全学会論文集,10,355-364 2008/11 日本語
Mamoru Yoshida, Hirokazu Tatano Coalition-proof payment plan in delegation of design verification in public works 2008/10
Kazuyoshi Nakano, Hirokazu Tatano Economic restoration process after natural disasters under mutual relationships between industrial sectors 2008/10
梶谷義雄 中野一慶 多々納裕一 朱 佳慶 2007年新潟県中越沖地震による産業部門への経済的影響―企業の被害実態と災害対応効果 Economic Impacts on Industrial Sectors by the Niigata Chuetsu-oki Earthquake in 2007― Survey of Firms’ Damages and Responses 地域安全学会論文集(Journal of Social Safety Science) No.10, pp.161-168 2008 日本語
中野一慶 多々納裕一 産業間の相互依存性を考慮した自然災害による経済被害の整合的評価方法 土木計画学研究・論文集, Vol.25 ,No. 1 , pp. 255-266 2008 日本語
多々納裕一 水害に強い地域形成のための舞台づくり 日本リスク研究学会誌Vol.18, No.1, pp.11-16 2008 日本語
Kazuyoshi Nakano, Hirokazu Tatano A Methodology for Consistent Measurement of Economic Losses Caused by Natural Hazards Taking Account of Mutual Relations between Industries INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,25,255 2008
H. Tatano; S. Tsuchiya A framework for economic loss estimation due to seismic transportation network disruption: A spatial computable general equilibrium approach Natural Hazards,44,2,253-265 2008 英語
Q.-M. Liang; S. Tsuchiya; H. Tatano; N. Okada; Y.-M. Wei An application of SCGE model to assess the labour and capital related economic loss in Nankai earthquake International Journal of Risk Assessment and Management,8,4,412-423 2008 英語
Qiao Mei Liang, Satoshi Tsuchiya, Hirokazu Tatano, Norio Okada, Yi Ming Wei An application of SCGE model to assess the labour and capital related economic loss in Nankai earthquake IJRAM,8,4,412 2008
Mamoru YOSHIDA, Hirokazu TATANO Payment Plan for Delegation of Design Inspection in public works INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,25,285 2008
Mamoru Yoshida, Hirokazu Tatano Post-inspection payment plan for building inspection 2007
中野一慶 多々納裕一 藤見俊夫 梶谷義雄 土屋 哲 2004年新潟県中越地震における産業部門の経済被害推計に関する研究 土木計画学研究・論文集, Vol.24 ,No. 2 , pp. 289-298 2007 日本語
吉田 護 橋本一正 多々納裕一 災害リスク情報開示が企業の減災行動に及ぼす影響に関する分析  土木計画学研究・論文集 No.24, pp.281-288 2007 日本語
梶谷義雄 多々納裕一 災害時の複数供給系ライフライン途絶による住民への経済影響の調査 土木計画学研究・論文集, Vol.24 , pp. 243-250 2007 日本語
吉田 護 多々納裕一 住宅品質の事後確認の困難性と性能照査型契約の役割  土木計画学研究・論文集 No.24, pp.273-280 2007 日本語
Mamoru YOSHIDA, Kazumasa HASHIMOTO, Hirokazu TATANO Corporate mitigation strategy due to disaster risk disclosure INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,24,281 2007
S. Tsuchiya; H. Tatano; N. Okada Economic loss assessment due to railroad and highway disruptions Economic Systems Research,19,2,147-162 2007 英語
Kazuyoshi NAKANO, Hirokazu TATANO, Toshio FUJIMI, Yoshio KAJITANI, Satoshi TSUCHIYA Estimation of the Economic Loss in Industrial Sectors Caused by the 2004 Mid-Niigata Earthquake INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,24,289 2007
Yoshio KAJITANI, Hirokazu TATANO Survey of Economic Impacts on Residents Caused by Multiple Lifeline Disruptions during a Disaster INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,24,243 2007
Mamoru YOSHIDA, Hirokazu TATANO The role of performance-based contract against ex-post unobservability of housing quality INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,24,273 2007
川嶌健一;多々納裕一;畑山満則 自律的避難のための水害リスクコミュニケーション支援システムの開発 土木計画学研究・論文集,23,2,309-318 2006/09/30 日本語
張 継 岡田 憲夫 多々納 裕一 総合自然災害風険管理-全面整合的模式与中国的戦略選択 自然災害学報, Vol.15 , pp. - 2006 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 新潟県中越地震による経済被害の計量化の枠組み 土木計画学研究・論文集 Vol.23, pp.365-372 2006 日本語
Kenichi KAWASHIMA, Hirokazu TATANO, Michinori HATAYAMA A Flood Risk Communication Support System to Promote Safe Autonomous Evacuation INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,23,309 2006
Satoshi TSUCHIYA, Hirokazu TATANO, Norio OKADA A Framework of Measuring Economic Losses from the Niigata-Chuetsu Earthquake INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,23,365 2006
梶谷義雄,多々納裕一,山野紀彦,朱牟田善治 非製造業を対象としたライフライン途絶抵抗係数の推計 自然災害科学,24,3,247-255 2005/11/30 日本語
松田曜子;多々納裕一;岡田憲夫 CVMを用いた自然災害リスクに対する家計のリスクプレミアムの計量化 土木計画学研究・論文集,22,2,325-334 2005/10/31 日本語
多々納 裕一 シンポジウム講演(2)災害リスクマネジメント分野の研究動向 (シンポジウム 2003年日本リスク研究学会第16回春期講演シンポジウム 大都市における総合的な災害リスクマネジメントを考える) 日本リスク研究学会誌,15,2,19-30 2005/07 日本語
梶谷義雄;多々納裕一;山野紀彦;朱牟田善治 製造業を対象としたライフライン途絶抵抗係数の推計 自然災害科学,23,4,553-564 2005/02/28 日本語
Yoshio Kajitani, Norio Okada, Hirokazu Tatano Measuring Quality of Human Community Life by Spatial-Temporal Age Group Distributions—Case Study of Recovery Process in a Disaster-Affected Region Natural Hazards Review,6,1,41 2005/02
Tanimoto K, Matsushita M, Tatano H. Lifecycle Cost Evaluation of Maintenance Policy-The Case of the Water Transmission System in Kobe Systems and Human Science - For Safety, Security and Dependability,147-158 2005
Y. Kajitani; N. Okada; H. Tatano Measuring quality of human community life by spatial-temporal age group distributions-case study of recovery process in a disaster-affected region Natural Hazards Review,6,1,41-47 2005 英語
Yoko MATSUDA, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Measuring risk premium and disaster risk preference of households in use of CVM INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,22,325 2005
Jiquan Zhang, Norio Okada, Hirokazu Tatano, Seiji Hayakawa Damage Evaluation of Agro-meteorological Hazards in the Maize-Growing Region of Songliao Plain, China: Case Study of Lishu County of Jilin Province Natural Hazards,31,1,209 2004/01
J. Zhang; N. Okada; H. Tatano; S. Hayakawa Damage evaluation of agro-meteorological hazards in the maize-growing region of Songliao Plain, China: Case study of Lishu County of Jilin Province Natural Hazards,31,1,209-232 2004 英語
Satoshi TSUCHIYA, Hirokazu TATANO PUBLIC MANAGEMENT ON TRANSPORT INFRASTRUCTURE AGAINST EARTHQUAKE RISK—BY SCGE MODEL SOCIOTECHNICA,2,228 2004
Hirokazu Tatano, Kentaro Yamaguchi, Norio Okada Risk Perception, Location Choice and Land-use Patterns under Disaster Risk: Long-term Consequences of Information Provision in a Spatial Economy ,163 2004
J. Zhang; W. Zhao; N. Okada; H. Tatano Theories, strategies and approaches for integrated natural disaster risk management Yingyong Jichu yu Gongcheng Kexue Xuebao/Journal of Basic Science and Engineering,SUPPL.,263-271 2004 英語
土屋哲,多々納裕一 SCGEモデルを用いた基幹交通網に関する地震リスクのパブリックマネジメント 社会技術研究論文集,2,228-237 2004 日本語
Tatano H, Kamiya H, Tsuchiya S. Knowledge Acquisition Cost and Anti-seismic Mitigation Investment by Individual Households Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,1,1044-1049 2004
土屋哲,多々納裕一,岡田憲夫 空間応用一般均衡アプローチによる東海地震の警戒宣言時の交通規制に伴う経済損失の評価 地域安全学会論文集,5,319-325 2003/11 日本語
多々納裕一 災害リスクの特徴とそのマネジメント戦略 社会技術研究論文集,1,141-148 2003 日本語
Nguyen Phuc Dinh, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Designing Natural Catastrophic Insurance Schemes under Constraints of Insurers' Sustainability INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,20,323 2003
Yoshio KAJITANI, Hitomi MOTOHISA, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Evaluation of Potential Loss Caused by a Large Scale Disaster Based on Spatial-Temporal Distribution of Human Activity INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,20,355 2003
真野明;深見和彦;渡辺康玄;多々納裕一;渡口正史 ヨーロッパの2000‐2001年冬期気候とフランスブルターニュ地方の水害特性 自然災害科学,21,3,245-258 2002/11/30 日本語
川除隆広;多々納裕一;岡田憲夫 個人旅行費用法を用いた木津川河川空間利用便益のリスク分析 土木計画学研究・論文集,19,2,283-289 2002/09/30 日本語
ZHANG J Q;早川誠而;山本晴彦;岡田憲夫;多々納裕一 1991年台風17号・19号と1999年台風18号による農業被害の比較 日本作物学会紀事,71,2,239-249 2002/06/05 日本語
多々納, 裕一 リスクプレミアムの測定方法に関する実証的考察 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,45,B,11-17 2002/04/01 日本語
H. Sakakibara; N. Okada; H. Tatano Modeling the role of a coordinator as a medium of communication in 2-player conflicts Group Decision and Negotiation,11,4,311-327 2002 英語
Takahiro KAWAYOKE, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Risk Analysis for Kizu River Recreation Benefit Based on Individual Travel Cost Method INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,19,283 2002
Yoshio KAJITANI, Norio OKADA, Hirokazu TATANO Spatial Temporal Analysis of Human Activity Distributions in Disaster Recovery Processes INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,19,305 2002
梶谷義雄,岡田憲夫,多々納裕一 災害復旧過程における人間活動の時空間分析に関する研究 土木計画学研究・論文集,No.19(2),pp.305-312 2002 日本語
榊原弘之;五十部渉;岡田憲夫;多々納裕一 A Study on the Coordination Mechanism for the Conflict on Project Selection with Incomplete Information. The Case for Two Players and Two Projects. 土木学会論文集,674,3-15 2001/04/20 日本語
Tatano H, Shoji Y, Okada N. A multi-regional general equilibrium analysis taking account of disaster risk Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3,1773-1778 2001
Yasuaki SHOJI, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Regional Spillover Effects of Disaster Mitigation Investment INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,18,287 2001
Takahiro KAWAYOKE, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Risk Analysis of Project Adoption based on Cost-Benefit Criteria INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,18,223 2001
Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano, Norio Okada Statistical Analysis of Post-Earthquake Disaster on the Activities of the Port Damaged by the Hyogo-ken Nanbu Earhquake INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,18,317 2001
庄司靖章 多々納裕一 岡田憲夫 2地域一般均衡モデルを用いた防災投資の地域的波及構造に関する分析 土木計画学研究・論文集 No.18, pp.287-296 2001 日本語
多々納裕一 東京都水道局金町浄水場常用発電PFIモデル事業日本発のPFI稼動  土木学会誌 No.4, Vol.85, pp.45-48 2001 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 費用便益分析指標を基にしたプロジェクト採択にリスク分析法  土木計画学研究・論文集 Vol.18, pp.223-230 2001 日本語
梶谷義雄 多々納裕一 岡田憲夫 兵庫県南部地震の湾岸活動への長期的影響に関する事後分析  土木計画学研究・論文集 No.18, pp.317-324 2001 日本語
山口健太郎;多々納裕一;岡田憲夫 リスク認知のバイアスが災害危険度情報の提供効果に与える影響に関する分析 土木計画学研究・論文集,17,327-336 2000/09/30 日本語
岡田憲夫 本橋直樹 多々納裕一 情報プロセスとしてみた災害時のコミュニケーション方式に関する実証的分析-鳥取県智頭町を対象として- 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,43,2,23-30 2000/04/01 日本語
Naruhisa Tanaka, Hirokazu Tatano A performance evaluation method of monitoring systems for inner-basin drainage under imperfect observation Hydrol. Process.,14,3,621 2000/02
Naruhisa Tanaka, Hirokazu Tatano A performance evaluation method of monitoring systems for inner‐basin drainage under imperfect observation Hydrological Processes,14,3,621 2000/02
Tanaka N, Tatano H. A performance evaluation method of monitoring systems for inner-basin drainage under imperfect observation Hydrological Processes,14,3,621-638 2000
Kentaro YAMAGUCHI, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Information Provision and Risk Perception on Fatal Disaster Risk in a Monocentric City INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,17,327 2000
Takahiro KAWAYOKE, Hirokazu TATANO, Norio OKADA Interval Estimation Methods for Recreation Benefits Based on a Discrete Choice Model INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,17,431 2000
Hiroyuki Sakakibara, Satoshi Tsuchiya, Norio Okada, Hirokazu Tatano Model Analysis of Decision Making Process on House Renewal with Uncertainty INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,17,401 2000
多々納裕一 災害リスクファイナンシング  交通工学 Vol.35, pp.46-47 2000 日本語
榊原弘之 土屋 哲 岡田憲夫 多々納裕一 不確実性を考慮した家屋の更新に関する意思決定過程のモデル分析  土木計画学研究・論文集 No.17, pp.401-410 2000 日本語
多々納裕一 社会基盤の費用便益分析  大阪市湾岸局業務論文集 pp.13-26 2000 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 離散選択モデルを用いたリクレーション便益に関する信頼区間推定法  土木計画学研究・論文集 No.17, pp.431-438 2000 日本語
Tanaka Naruhisa, Tatano Hirokazu, Okada Norio Optimal operation model of an urban drainage system under partial state observation Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5 1999
Kawayoke Takahiro, Tatano Hirokazu, Okada Norio Reliability analysis of contingent valuation surveys for measuring the benefit of environmental quality improvement - an empirical study on Lake Biwa area in Japan - Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5 1999
Tatano H. Risk perceptions and investment for disaster mitigation by individual households Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5 1999
Takahiro KAWAYOKE, Hirokazu TATANO, Norio OKADA An Interval Estimation Method for Contingent Valuation Surveys with heterogeneous variances of WTP INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,16,319 1999
Kentaro YAMAGUCHI, Hirokazu TATANO, Naruhisa TANAKA, Norio OKADA Analyzing Effect of Information Provision on Catastrophic Disaster Risk in a Monocentric City INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,16,333 1999
Hiroyuki Sakakibara, Norio Okada, Hirokazu Tatano, Wataru Isobe Game Theoretic Analysis on Net Benefit Allocation Based on Self Revelation for Multi-Agent Infrastructure Project INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,16,101 1999
榊原弘之,岡田憲夫,多々納裕一,五十部渉 共同事業における自己表明に基づく純便益配分制度に関するゲーム論的考察 土木計画学研究・論文集,No.16,pp.101-111 1999 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 支払意思額の異質分散性を考慮した CVM による推計便益の信頼区間推定法  土木計画学研究・論文集 No.16, pp.77-84 1999 日本語
多々納裕一,小林潔司,馬場淳一 滞在時間分布を考慮した旅行費用法によるレクレーション便益の計測 土木学会論文集,No.625/IV-44,pp.113-124 1999 日本語
山口健太郎,多々納裕一,田中成尚,岡田憲夫 単一中心都市における甚大な災害リスクに関する情報の提供効果に関する分析 土木計画学研究・論文集,No.16,pp.333-340 1999 日本語
高野浩一;榊原弘之;岡田憲夫;多々納裕一 流域下水道整備事業の費用配分方法に関するゲーム論的考察 土木計画学研究・論文集,15,283-294 1998/09 日本語
Tatano H, Ruszczynski A. Distributed optimization model for designing integrated operation policies of a multi-reservoir system Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4848-4853 1998
Okada Norio, Takano Koichi, Sakakibara Hiroyuki, Tatano Hirokazu Efficiency and stability of self-organizing cooperation networks: Roles of a cost allocation scheme for regional joint water distribution systems Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4842-4847 1998
Sakakibara Hiroyuki, Okada Norio, Tatano Hirokazu, Isobe Wataru Modeling a joint project coordination scheme for renewal development of water resources under uncertainties Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4832-4837 1998
Hirokazu TATANO A Distributed Algorithm for Designing the Optimal Integrated Operation Rule of a Multi-Reservoir System INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,15,31 1998
Koichi TAKANO, Hiroyuki SAKAKIBARA, Norio OKADA, Hirokazu TATANO A Game Theoretic Approach to Cost Allocation Methods for the Development of a Basinwide Sewage System INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,15,283 1998
Hirokazu TATANO Project Evaluation under Uncertainty INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,15,19 1998
多々納裕一 開発留保の便益と開発戦略 応用地域学研究,3,21-32 1998 日本語
多々納裕一 貯水池システムの統合操作ルール設計のための分権的アルゴリズムの開発  土木計画学研究・論文集 No.15, pp.31-40 1998 日本語
多々納裕一 不確実性下のプロジェクト評価  土木計画学研究・論文集 No.15, pp.19-30 1998 日本語
多々納 裕一 不確実性下の便益評価指標に関する考察 京都大学防災研究所年報, No.41 B-2, pp.11-19 1998 日本語
多々納 裕一 産業連関体系の付加価値変動分析のための構造分解モデルに関する研究 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning,31,73-78 1996/11/01 日本語
多々納裕一;小林潔司;喜多秀行 A two-staged discrete choice model with risk preferences. 土木計画学研究・論文集,13,553-562 1996/08 日本語
小林潔司;喜多秀行;多々納裕一 送迎・相乗り行動のためのランダム・マッチングモデルに関する研究 土木学会論文集,536,49-58 1996/04 日本語
Hirokazu TATANO, Kiyoshi KOBAYASHI, Hideyuki KITA A TWO-STAGED DISCRETE CHOICE MODEL WITH RISK PREFERENCES INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,13,553 1996
Kiyoshi KOBAYASHI, Hirokazu TATANO Traffic Network Equilibria with Rational Expectations. Interdisciplinary Information Sciences,2,2,189 1996
小林潔司 文世一 多々納 裕一 交通情報による経路誘導システムの経済便益評価に関する研究 土木学会論文集,506,77-86 1995 日本語
多々納 裕一 ミネラルウォータの消費構造に関する基礎的考察 京都大学防災研究所.水資源研究センター報告, No.14,pp.121-136 1994 日本語
多々納 裕一 地方バス路線の利用実態調査-鳥取県東部地域を対象として 鳥取大学工学部研究報告,25/1,235-251 1994 日本語
岡田憲夫;若林拓史;多々納裕一 Risk analyses applied to planning and management of infrastructure. A state of the art survey on research related to water resources management and highway planning. 土木学会論文集,464,33-42 1993/04 日本語
Tatano Hirokazu Economic evaluation of drought risk reduction with anti drought measures Doboku Gakkai Rombun-Hokokushu/Proceedings of the Japan Society of Civil Engineers,464 pt 4-19,73-82 1993
Kiyoshi KOBAYASHI, Hirokazu TATANO, Atsushi FURUSHIMA THE ROLES OF SOCIAL LEISURES FOR VITALIZING DEPOPULATED COMMUNITIES INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,11,303 1993
小林潔司 多々納 裕一 古嶋篤 過疎地振興のための社会的レジャーの活性化に関する研究 土木計画学研究・論文集, No.11, pp.303-310 1993 日本語
多々納 裕一 渇水リスクの経済的評価に関する研究 -渇水対策プロジョクトに着目して- 土木学会論文集,No.464/IV-19,pp.73-82 1993 日本語
岡田憲夫 多々納 裕一 被害の評価法に関する考察--渇水を中心として 京都大学防災研究所年報,447-463 1992/04 日本語
Hirokazu TATANO Drought Duration and Frequency Constrained Model for Reservoir Operation Optimization INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,10,191 1992
H. Tatano; N. Okada; H. Kawai Optimal operation model of a single reservoir with drought duration explicitly concerned Stochastic Hydrology and Hydraulics,6,2,123-134 1992 英語
多々納 裕一 渇水に対する信頼性制約を考慮した貯水池操作ルールの設計・評価方法に関する考察 土木計画学研究・論文集,No.10, pp.191-198 1992 日本語
多々納 裕一 利水用貯留施設の最適操作ルールの性質に関する研究 鳥取大学工学部研究報告,23/1,235-242 1992 日本語
岡田憲夫 多々納 裕一 小林潔司 並河光夫 渇水時の水消費行動のモデル分析 京都大学防災研究所年報,127-144 1991/04 日本語
Hirokazu TATANO, Norio OKADA, Hajime KAWAI Model for Designing the Optimal Reservoir Operation with Drought Duration Considered INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,9,173 1991
多々納裕一 岡田憲夫 河合一 渇水の継続期間を明示的に組み込んだ貯水池運用計画モデル 土木計画学研究・論文集, No.9, pp.173-180 1991 日本語
多々納 裕一 利水用貯留施設整備の便益評価法に関する研究考察 鳥取大学工学部研究報告,22/1 1991 日本語
岡田 憲夫;多々納 裕一 地域水利用システムの信頼性評価 : 渇水に対する信頼性をどのようにモデル化するか(<特集>土木・建築のOR) オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,35,4,201-205 1990/04/01 日本語
岡田 憲夫;多々納 裕一 地域水利用システムの信頼性評価 : 渇水に対する信頼性をどのようにモデル化するか(<特集>土木・建築のOR) オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,35,4,201-205 1990/04/01 日本語
多々納裕一 岡田憲夫 小林潔司 給水制限が水消費行動に与える影響に関する研究 京都大学防災研究所水資源研究センター報告,10,pp.43-59 1990 日本語
Hirokazu TATANO, Norio OKADA, Hajime KAWAI Reliability Evaluation Model of the Water Supply Reservoir System with Discharges from Residual Basins Incorporated INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,7,99 1989
多々納裕一 岡田憲夫 河合 一 残流域流出量を考慮した利水用貯留システムの信頼性評価モデル 土木計画学研究・論文集,Vol.7,pp.99-106 1989 日本語
Kazuhiro YOSIKAWA, Mamoru HARUNA, Hirokazu TATANO Model Analysis on Planning Problem of River Disaster Prevention in Urbanized Area INFRASTRUCTURE} {PLANNING} {REVIEW,2,189 1985
吉川和広・春名攻・多々納裕一 都市化流域における治水施設整備問題のモデル分析 土木計画学研究・論文集, No.2 , pp.189-196 1985 日本語
Norio Okada, Hirokazu Tatano, Alkiyoshi Takagi Nagara River Estuary Barrage Conflict ,221
Xinyu JIANG, Hirokazu TATANO, Tomoharu HORI A Methodology for Spatial Flood Risk Assessment Taking Account of Spatial-Temporal Characteristics of Rainfall Journal of Integrated Disaster Risk Management,3,1 2013 英語
Taiki Nishimura, Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano Damage Assessment in Tourism Caused by an Earthquake Disaster Journal of Integrated Disaster Risk Management,3,1 2013 英語
Jing-Li Fan Hua Liao Qiao-Mei Liang Hirokazu Tatano Chun-Feng Liu Yi-Ming Wei Residential carbon emission evolutions in urban/rural divided China: An end-use and behavior analysis Applied Energy, Vol.101 , pp. 323-332 , http://dx.doi.org/10.1016/j.apenergy.2012.01.020 2012 英語
Tatano Hirokazu Tsuchiya Satoshi A Framework of Economic Seismic Loss Estimation for Transportation Network Disruption Natural Hazards, Vol.44 ,No. 2 , pp. 253-265 2008 英語
Tatano Hirokazu Nakano Kazuyoshi Assessing Economic Impacts of a Major Earthquake in Japan: Case Study of 2004 Niigata Chuetsu Earthquake Seventh IIASA-DPRI Forum on Integrated Disaster Risk Management, Coping with Disasters: Global Challenge for the 21st Century and Beyond, Stresa, Lago Maggiore, Italy 2007 英語
OKADA N;TATANO H;HAGIHARA Y;SUZUKI Y;HAYASHI Y;HATAYAMA M;HARTMAN J;NAGAE T;SHIMIZU H Integrated Research on Methodological Development of Urban Diagnosis for Disaster Risk and its Applications 京都大学防災研究所年報,47C,1-8 2004/03 英語
TATANO Hirokazu;HOMMA Toshitsura;OKADA Norio;TSUCHIYA Satoshi Economic Restoration after a Catastrophic Event: Heterogeneous Damage to Infrastructure and Capital and Its Effects on Economic Growth J Nat Disaster Sci,26,2,81-85 2004 英語
Zhang, Jiquan Hori, Tomoharu Tatano, Hirokazu Okada, Norio Zhng, Chao Matsumoto, Takuya GIS and Flood Inundation Model-based Flood Risk Assessment in Urbanized Floodplain GIS & RS in Hydrology, Water Resources and Environment pp.1-8 2003 英語
Hatayama M. Levy, J,K Kajitani,Y Hartmann, J Tatano H Okada N Social Resilience and the Tokai Flood of September 11-22, 2000 Water Resources Impact No.6, Vol.15, pp.18-21 2003 英語
Sakakibara, H; Okada, N; Nakase, D The application of robustness analysis to the conflict with incomplete information IEEE TRANSACTIONS ON SYSTEMS MAN AND CYBERNETICS PART C-APPLICATIONS AND REVIEWS,32,1,14-23 2002/02 英語
Zhang, Jiquan Okada, Norio Tatano, Hirokazu Hayakawa, Seiji Risk Assessment and Zoning of Flood Damage Caused by Heavy Rainfall in Yamaguchi Prefecture, Japan Flood Defense 2002”, Science Press pp.162-170 2002 英語
N. Tanaka; H. Tatano A performance evaluation method of monitoring systems for inner-basin drainage under imperfect observation Hydrological Processes,14,3,621-638 2000/02/28 英語
TANIMOTO K;OKADA N;TATANO H Project Risk Allocation through Contingent Cost Allocation. Proc IEEE Int Conf Syst Man Cybern,2000,Vol.1,512-517 2000 英語
Kajitani, Y. Okada, N. Tatano, H. Interpretation of Niche Analysis by Spatial Statistics and Its Application to Evalyation of Human Behavior Related Seismic Risk Proceeding of Second Joint Seminar on Urban Disaster Management, CBTDC, Beijing, China pp.47-49 2000 英語
SAKAKIBARA H;OKADA N;TATANO H A Game Theoretic Analysis of Coalition Formation Process for Reservoir Renewal Projects. Hydrol Water Resour Symp,25th,Vol.1,245-250 1999 英語
KAWAYOKE T;TATANO H;OKADA N Reliability analysis of contingent valuation surveys for measuring the benefit of environmental quality improvement. Hydrol Water Resour Symp,25th,Vol.2,767-772 1999 英語
多々納 裕一 Reliability analysis of contingent valuation surveys for measuring the benefit of environmental quality improvement with heterogeneous variances of WTP Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University,B-2/42,61-68 1999 英語
Sakakibara, H. Okada, N. Tatano, H Isibe, W. A study on Social Efficiency of Net Benefit Allocation Schemes for Reservoir Renewal Projects under Incomplete Information Risk Research and Management in Asian Perspective pp.24-33 1998 英語
Kiyoshi KOBAYASHI, Hirokazu TATANO Traffic Network Equilibria with Rational Expectations Interdisciplinary information sciences,2,189-198 1996/09 英語
Hirokazu Tatano Household's taste, technology and water consumption in drought periods, in L. Andersson and T. Blom ed. , The Medium-Sized City in L. Andersson and T. Blom ed. , "The Medium-Sized City", Research Report, University of Karlstad,92/3, 1992 英語
多々納 裕一 A behavior model of a household's water consumption in drought time Umea Economic Studies,250 1991 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tetsuya TAMAKI, Hirokazu TATANO Evaluation method of restoration process for road networks after volcanic eruption 2014 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC),2693-2698 2014/10 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Junlei Yu, Ana Maria Cruz, Eric Piatyszek, Michel Lesbats, Alicja Tardy, Akihiko Hokugo, Hirokazu Tatano A survey of impact on industrial parks caused by the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami Journal of Loss Prevention in the Process Industries 2016/06/20
S. Samaddar; B.A. Misra; H. Tatano Flood risk awareness and preparedness: The role of trust in information sources Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3099-3104 2012/12/01 英語
J. Choi; H. Tatano Scoping flood risk reduction issues with sharing concerns: Case study of a series of workshops conducted in Muraida community, Shiga prefecture, Japan Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3087-3092 2012/12/01 英語
K. Nakano; Y. Kajitani; H. Tatano Consistent measurement of economic losses of a natural disaster considering the effect of change in price Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3489-3494 2011/12/23 英語
R. Nourjou; M. Hatayama; H. Tatano Introduction to spatially distributed intelligent assistant agents for coordination of human-agent teams\\' actions 9th IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2011,251-258 2011/12/01 英語
西村泰紀;梶谷義雄;多々納裕一 震災が観光入込客数に与える影響に関する定量分析 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),2011,ROMBUNNO.IV-7 2011/05/23 日本語
A. Chatfield; S.F. Wamba; H. Tatano E-government challenge in disaster evacuation response: The role of RFID technology in building safe and secure local communities Proceedings of the Annual Hawaii International Conference on System Sciences 2010/05/07 英語
K. Nakano; H. Tatano Economic impacts of disasters taking into account the costs of substitution of intermediate goods Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,1116-1121 2009/12/01 英語
吉田護 多々納裕一 設計照査の民間委託に伴う入札タイミングに関する研究 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,52,0,135-144 2009/06/01 日本語
K. Nakano; H. Tatano Economic restoration process after natural disasters under mutual relationships between industrial sectors Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,2895-2900 2008/12/01 英語
M. Yoshida; H. Tatano Coalition-proof payment plan in delegation of design verification in public works Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3274-3279 2008/12/01 英語
吉田護 多々納裕一 設計照査の民間委託に伴う入札タイミングに関する研究 京都大学防災研究所年報,52,135-144 2008 日本語
中野一慶 多々納裕一 中間財の代替可能性が災害復興過程に及ぼす影響 土木計画学研究・講演集, Vol.38(CD-ROM) 2008 日本語
M. Yoshida; H. Tatano Post-inspection payment plan for building inspection Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,1758-1763 2007/12/01 英語
畑山満則;川嶌健一;多々納裕一 住民参加型水害リスク・コミュニケーション支援システムの開発と有効性の検証 情報処理学会研究報告,2007,108(IS-102),37-44 2007/11/05 日本語
畑山満則;川嶌健一;多々納裕一 多重仮想時間軸を持つ時空間データベースを用いた水害リスクコミュニケーション支援ツールの開発 地理情報システム学会講演論文集,16,203-206 2007/10/20 日本語
M. Yoshida; H. Tatano Performance-based contract for aseismic retrofit of wooden buildings Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,6,5264-5269 2007/08/28 英語
多々納, 裕一 ライフラインの機能損傷が及ぼす経済被害の計量化に関する研究 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,50,B,143-154 2007/04/01 日本語
Norio OKADA Muneta YOKOMATSU Yoshiyuki SUZUKI, Yoshimi HAGIHARA, Hirokazu TATANO Michinori HATAYAMA Urban Diagnosis: A Methodology of Integrated Disaster Risk Management 京都大学防災研究所年報. C = Disaster Prevention Research Institute Annuals. C,50,0,1-7 2007/04/01 日本語
中野一慶 多々納裕一 企業の被災による経済被害の整合的評価方法に関する一考察:開放経済下の経済成長モデルを用いて  土木計画学研究・講演集 CDROM, Vol.35 2007 日本語
吉田 護 多々納裕一 建築確認検査機関によるモラルハザードと検査結果依存型支払いスキームに関する一考察 平成19年度土木学会全国大会第62回年次講演会 , pp. - , CD-ROM 2007 日本語
吉田 護 多々納裕一 建築確認検査機関の信頼性確保のための報酬スキームに関する一考察 土木計画学研究・講演集, Vol.36 , pp. - , CD-ROM 2007 日本語
梶谷義雄 多々納裕一 中野一慶 災害時における企業の減災行動のモデル化に関する基礎的研究 土木学会計画学研究・講演集, Vol.35 ,CD-ROM 2007 日本語
中野一慶 多々納裕一 梶谷義雄 土屋 哲 藤見俊夫 新潟県中越地震における産業部門の復興過程調査  平成19年度土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集 CDROM 2007 日本語
吉田 護 橋本一正 多々納裕一 訴訟リスクを考慮した経営者の情報開示及び防災投資行動に関する一考察 土木計画学研究講演集, Vol.35 , pp. - , CD-ROM 2007 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 地震時のライフライン途絶に対する地域レジリエンシーと被害評価  土木学会第35回土木計画学研究発表会(春大会) CDROM 2007 日本語
畑山, 満則 水害リスクコミュニケーションのための参加者個別ハザードマップ作成システムの開発 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute annuals. B,49,B,119-129 2006/04/01 日本語
多々納裕一 地震リスクマネジメントと被害管理 地震被害のリスク管理と危機管理,11-19 2006/03
土屋 哲,多々納裕一,岡田憲夫 新潟県中越地震による経済被害の計量化の枠組み 土木計画学研究・論文集,Vol.23,365-372 2006
Hirokazu Tatano and Satoshi Tsuchiya A Framework of Economic Seismic Loss Estimation for Transportation Network Disruption Journal of Natural Hazards 2006
梶谷義雄・多々納裕一 日本におけるライフライン途絶抵抗係数 第12回地震工学シンポジウム,CD-Rom(294) 2006
Hirokazu Tatano “Natural Catastrophe Risk Management Policy in Japan: Roles of Government to Promote Public Private Partnerships” Proceedings of the 6th Taiwan-Japan Joint Seminar on Natural Hazard Mitigation, Kyoto,CD-ROM 2006
川嶌健一 多々納裕一 畑山満則 地域コミュニティを対象とした水害リスクコミュニケーション支援システムの開発 第68回情報処理学会全国大会講演論文集 2006
多々納裕一 土屋 哲 梶谷義雄 ライフラインの機能損傷が及ぼす経済被害の計量化に関する研究 京都大学防災研究所年報,50,143-154 2006 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 ライフライン途絶抵抗係数を用いた地震時の企業生産における代替性とレジリエンシーに関する研究 第25回日本自然災害学会年次学術講演会概要集 , pp. 133-134 2006 日本語
橋本一正 吉田 護 多々納裕一 企業の災害リスク情報開示における株主訴訟の役割に関する一考察 土木計画学研究・講演集, Vol.34 ,No. CDROM 2006 日本語
岡田 憲夫 多々納 裕一 畑山 満則 竹内 裕希子 洪水リスクマネジメントに関する研究 CREST 水の循環系モデリングと利用システム 社会変動と水循環の相互作用評価モデルの構築 成果報告シンポジウム , pp. 34-39 2006 日本語
中野一慶 多々納裕一 藤見俊夫 梶谷義雄 土屋 哲 新潟県中越地震における県内事業所の経済被害推計  第25回日本自然災害学会学術講演会講演概要集 pp.131-132 2006 日本語
中野一慶 多々納裕一 藤見俊夫 畑山満則 新潟中越地震における産業被害推計に関する研究  平成18年度土木学会関西支部学術講演会講演概要集 CDROM 2006 日本語
吉田 護 多々納裕一 性建築確認検査機関のインセンティブ設計問題  第25回日本自然災害学会学術講演会 CDROM 2006 日本語
吉田 護 多々納裕一 性能照査を用いた耐震改修契約に関する理論的研究 平成18年度土木学会全国大会関西支部第61回年次学術講演会 , pp. - , CD-ROM 2006 日本語
多々納裕一 藤見俊夫 梶谷義雄 土屋 哲 中野一慶 総合的な災害リスク管理施策評価のための被害計量化の考え方 第1回 防災計画研究発表会 , pp. - 2006 日本語
吉田 護 多々納裕一 耐震改修を促進させるための性能照査型契約に関する基礎的研究  土木計画学研究・講演集 CDROM, Vol.33 2006 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 地震災害によるライフライン途絶の産業への影響に関する一考察  土木学会第34回土木計画学研究発表会(秋大会) CDROM 2006 日本語
多々納裕一 地震リスクマネジメントと被害管理  第7回土木学会地震災害マネジメントセミナー「地震災害のリスク管理と危機管理:ハザード評価からマネジメントの実践へ」 pp.11-19 2006 日本語
梶谷義雄,多々納裕一 日本におけるライフライン途絶抵抗係数 第12回日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM),論文番号0294 2006 日本語
多々納裕一 地震リスク評価に基づく道路橋の耐震設計に関する研究業務報告書 阪神高速道路公団、社団法人土木学会、 2005
多々納裕一・梶谷義雄・土屋 哲 新潟県中越地震の社会的影響 京都大学防災研究所年報,第48号A,191-201 2005 日本語
土屋 哲・多々納裕一・岡田憲夫 新潟県中越地震による経済変化の計量化 京都大学防災研究所年報,第48号B,117-124 2005 日本語
Hirokazu TATANO Some issues of Disaster Risk Governance: Focusing on Inter-Dependence of Infrastructures The General Meeting of International Risk Governance Council, Beijing, China,(招待講演) 2005
川嶌健一・松本卓也・多々納裕一・畑山満則 コミュニティレベルの水害リスクコミュニケーション支援システムの開発 第32回土木計画学研究発表会 2005
多々納裕一・土屋 哲 震災リスクを考慮した道路ネットワークの冗長性の効果:空間応用一般均衡アプローチ 第17回RAMPシンポジウム論文集, 日本OR学会,1-15 2005
Hirokazu TATANO A Framework for Estimating Transportation Network Disruption Losses Caused by an Earthquake A Paper presented at “the 52nd Annual North American Meetings of the Regional Science Association International”,1-7 2005
多々納裕一・高木朗義(編著) 防災の経済分析 勁草書房,370p 2005
亀田弘行(監修)・岡田憲夫・萩原良巳・多々納裕一(編著) 総合防災学への道 京都大学学術出版,590p 2005
多々納裕一 災害リスクマネジメント分野の研究動向 日本リスク研究学会誌,Vol.15,No.2,19-30 2005
多々納裕一 小さいながらも存在感のある町と人々  WALK Vol.19 2005 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 SCGEモデルによる地震災害の経済的影響評価に関する研究 土木学会第32回土木計画学研究発表会(秋大会) , pp. - , CD-ROM 2005 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 新潟中越地震による経済被害の計量化の枠組み  土木学会第31回土木計画学研究発表会(春大会) CDROM 2005 日本語
川嶌健一 多々納裕一 畑山満則 コミュニティレベルの水害リスクコミュニケーション支援システムの開発 土木計画学研究・講演集, Vol.32 , pp. - 2005 日本語
H. Tatano; H. Kamiya; S. Tsuchiya Knowledge Acquisition Cost and Anti-seismic Mitigation Investment by Individual Households Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,1,1044-1049 2004/12/01 英語
長江剛志;多々納裕一 災害による不連続的劣化を考慮した施設の最適点検・補修戦略問題 土木計画学研究・講演集(CD-ROM),30,III(162) 2004/11 日本語
梶谷義雄 多々納裕一 岡田憲夫 松田曜子 時空間統計モデルを用いた人口分布変動に基づく災害復興過程の分析 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE,772,143-151 2004/10/20 日本語
多々納 裕一 6.ライフサイクル費用とリスク工学(リスク工学と地盤工学) 土と基礎,52,8,35-42 2004/08/01 日本語
土屋, 哲 巨大地震災害時の交通施設の機能低下に起因する社会経済損失の計量化に関する研究 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,47,B,57-67 2004/04/01 日本語
T. Nagae, H. Tatano and N. Okada Optimal Maintenance of Infrastructures under Natural Disaster Risk, Annuals of the Disaster Prevention Research Institute Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University,No.47 C,299-304 2004
土屋哲・多々納裕一・岡田憲夫 交通ネットワークを考慮したSCGEモデルによる地震災害の被害計量化の枠組み 土木計画学研究・講演集,Vol.30, CD-ROM 2004
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 SCGEモデルによる巨大地震リスクに対する交通ネットワークの評価 第18回ARSC研究発表大会,PP.1-8? 2004
Hirokazu TATANO, Toshitsura HOMMA, Norio Okada and Satoshi TSUCHIYA ECONOMIC RESTORATION AFTER A CATASTROPHIC EVENT: Heterogeneous Damages in Infrastructure and Private Capital and Their Effects on Economic Growth A Paper presented at “the 51st Annual North American Meetings of the Regional Science Association International”,1-6 2004
Satoshi TSUCHIYA, Hirokazu TATANO and Norio OKADA A SCGE Framework of Economic Loss Assessment Caused by Transport Infrastructure Damage from Catastrophic Earthquakes A Paper presented at “the 51st Annual North American Meetings of the Regional Science Association International”,1-12 2004
Tatano, Hirokazu Okada, Norio A Japan's Challenge toward Anticipatory and Participatory Urban Disaster Risk Management: Case Study of Tonankai Earthquake Disaster Initiative Paper Submitted to IUPEA Conference, Louisville,USA, 2004
Hirokazu Tatano, Kentaro Yamaguchi and Norio Okada Risk Perception, Location Choice, and Land-use Patterns under Disaster Risk: Long-term Consequences of Information Provision in A Spatial Economy, Yasuhide Okuyama, Stephanie Chang(eds) ‘Modeling Spatial Economic Impacts of Disasters’, Springer-Verlag,163-180 2004
多々納裕一 ライフサイクル費用とリスク工学 土と基礎、地盤工学会誌,Vol.52,No.8Ser.No.559,35-42 2004
多々納裕一 自治体におけるリスクマネジメント 国際文化研修2004夏,Vol.44,18-21 2004
多々納裕一 社会技術としてのリスクマネジメントの確立に向けて JACIC情報74,Vol.19,No.2,p.1 2004
長江 剛志 多々納裕一 岡田 憲夫 自然災害リスク下での施設の最適補修戦略 京都大学防災研究所年報, Vol.C ,No. 47 , pp. 299-304 2004 日本語
梶谷義雄 山野紀彦 多々納裕一 2004年新潟中越地震による地域経済への影響と今後の課題  土木計画学研究・講演集 Vol.31, pp.182 2004 日本語
松田曜子 多々納裕一 岡田憲夫 CVMを用いた自然災害リスクに対する家計のリスクプレミアムの計量化に関する考察 土木計画学研究・講演集 CD-ROM , Vol.30, pp.XI(239) 2004 日本語
吉田 護 多々納裕一 健全度診断における最適供給条件と制度の役割 平成16年度土木学会全国大会関西支部第59回年次学術講演会 , pp. - 2004 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 都市間交通ネットワークの損傷に伴う経済損失計量化のための空間応用一般均衡モデル-東海地震の警戒宣言を例として  土木学会第30回土木計画学研究発表会(秋大会) CDROM 2004 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 交通ネットワークを考慮したSCGEモデルによる地震災害の被害計量化の枠組み  土木計画学研究・講演集 CD-ROM, Vol.30, XI(241) 2004 日本語
K. Tanimoto, M. Matsushita and H. Tatano Lifecycle Cost Evaluation of Maintenance Policy ? The case of water transmission system in Kobe Proc. of First International Symposium on System & Human Science ? For Safety, Security, and Dependability ?,147-152 2003/11
梶谷義雄,本久仁美,多々納裕一,岡田憲夫 人間活動時空間分布に着目した大規模災害時の被害ポテンシャル評価に関する研究 土木計画学研究・論文集,Vol.20,355-364 2003/09
K. Tanimoto, M. Matsushita and H. Tatano Developing Model to Estimate the Benefit by Upgrading Water Transmission System ? A Case Study in Kobe City? Presented at Third DPRI-IIASA Meeting on Integrated Disaster Risk Management 2003/07
グエン フク ディン・多々納 裕一・岡田 憲夫 存続可能性を制約条件とした自然災害保険システムの設計方法に関する研究 土木計画学研究・論文集,No.20 2003
Satoshi Tsuchiya, Hirokazu Tatano and Norio Okada Economic Losses Caused by Traffic Regulation with Tokai Earthquake Warning Declaration Proceedings of The 2003 Joint Seminar and Stakeholders Symposium on Urban Disaster Management and Implementation, CBTDC, Beijing, China,,132-139 2003
Yoshio Kajitani, Norio Okada, Hirokazu Tatano and Hitomi Motohisa Development of Search and Rescue Simulator Based Spatial-Temporal Information System Proceedings of The 2003 Joint Seminar and Stakeholders Symposium on Urban Disaster Management and Implementation, CBTDC, Beijing, China,155-160 2003
Hirokazu Tatano, Toshitsura Honma and Norio Okada Economic Restoration Path after a Large Catastrophic Event: Heterogeneous Damages and their Effects on Economic Growth Proceedings of The 2003 Joint Seminar and Stakeholders Symposium on Urban Disaster Management and Implementation, CBTDC, Beijing, China,,209-214 2003
Tsuchiya, S., Tatano, H. and Okada, N. Transport-related Impact Assessment of the Tokai Earthquake Warning Declaration Proc. of DPRI-IIASA, the 3rd International Symposium on Integrated Disaster Risk Management,CD-ROM 2003
Hirokazu Tatano and Norio Okada Economic Impact of Catastrophic Event in a Regional Economy: Implication for Anti-Disaster Investment Policy Proceedings of the China-Japan Symposium on Policy and Methodology for Urban Earthquake Disaster Management, Xiamem, China,144-158 2003
池田俊介・嘉門雅史・川島一彦・林良嗣・磯部雅彦 編 分担執筆, 多々納裕一 7.6.2「金融リスクとプロジェクトマネジメント」pp.175-177, 7.6.3「災害リスクと社会資本」pp.177-179, 25.4.2「不確実性下の便益評価問題」pp.925-927 新領域土木工学ハンドブック 朝倉書店,pp.175-177,pp.177-179,pp.925-9 2003
長江 剛志 多々納裕一 岡田 憲夫 自然災害リスク下での施設の最適補修戦略 京都大学防災研究所年報,47,299-304 2003 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 東海地震の警戒宣言に伴う社会経済損失の推計とその軽減方策に関する研究  平成15年度関西支部年次学術講演会講演概要 2003 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 東海地震の警戒宣言下において交通規制を主原因とした社会経済損失の計量化  第58回土木学会年次講演会 IV-349, pp.697-698 2003 日本語
土屋 哲 多々納裕一 岡田憲夫 東海地震警戒宣言時の地域間交通機能損傷による経済被害に関する研究  第22回日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集 pp.237-238 2003 日本語
岡田, 憲夫 人間活動分布の時空間解析に関する研究-ニッチ分析による- 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,45,B,1-10 2002/04/01 日本語
多々納裕一 水害保険と危機管理 (財)河川環境管理財団・河川整備基金「フランスにおける水害調査等報告書」,39-58 2002
Jiquan Zhang, Norio Okada, Hirokazu Tatano, and Seiji Hayakawa Risk Assessment and Zoning of Flood Damage Caused by Heavy Rainfall in Yamaguchi Prefecture, Japan, in Wu. et. al., (eds.) “Flood Defense 2002”, Science Press, New York,162-170 2002
梶谷義雄・岡田憲夫・多々納裕一 災害復旧過程における人間活動の時空間分析に関する研究 土木計画学研究・論文集,No.19(2),305-312 2002
朱牟田善治・多々納裕一・山野紀彦 地震による電気事業者の営業損失の評価モデル 第11回地震工学シンポジウム,CD-Rom(C-4, 436) 2002
Hirokazu Tatano and Norio Okada A Simulation-Based Optimization Approach for Integrated Flood Risk Management Paper Presented at JSPS-VCC Seminar on Water Environmental Planning, International Islamic university,pp.7-1-7-11 2002
梶谷義雄・岡田憲夫・多々納裕一・本久仁美 時空間情報システムを用いた人間活動分布の潜在的危険度評価に関する研究 土木計画学研究・講演集,No. 26,CD-Rom 2002
一部執筆, 多々納裕一 「経済被害」p96, 「心理的被害」p.198 日本自然災害学会監修:防災事典, 築地書館,p96,p.198 2002
梶谷義雄 岡田憲夫 多々納裕一 本久仁美 時空間情報システムを用いた人間活動分布の潜在的危険度評価に関する研究  土木計画学研究・講演集 No.26, CD-ROM(329) 2002 日本語
朱牟田善治 多々納裕一 山野紀彦 地震による電気事業者の営業損失の評価モデル 第11回地震工学シンポジウム,CD-Rom(C-4, 436) 2002 日本語
H. Tatano; Y. Shoji; N. Okada A multi-regional general equilibrium analysis taking account of disaster risk Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,3,1773-1778 2001/12/01 英語
岡田憲夫;梶谷義雄;河野俊樹;角本繁;多々納裕一 計画論的に見た都市診断の役割とDiMSISの有効性に関する研究 京都大学防災研究所年報,44B-2,23-34 2001/04 日本語
梶谷義雄・多々納裕一・岡田憲夫 兵庫県南部地震の港湾活動への長期的影響に関する事後分析 土木計画学研究・論文集,No.18,317-324 2001
川除隆広・多々納裕一・岡田憲夫 費用便益分析指標を基にしたプロジェクト採択のリスク分析法 土木計画学研究・論文集 ,vol.18,223-230 2001
榊原弘之・五十部渉・岡田憲夫・多々納裕一 不完備情報下でのプロジェクト選択を巡るコンフリクトの調整メカニズムに関する研究 土木学会論文集,No.674/Ⅳ-51,3-16 2001
庄司靖章・多々納裕一・岡田憲夫 2地域一般均衡モデルを用いた防災投資の地域的波及構造に関する分析 土木計画学研究・論文集 ,No.18,287-296 2001
多々納裕一 東京都水道局金町浄水場常用発電PFIモデル事業 日本初のPFI稼動 土木学会誌,Vol.85.,No.4,45-48 2001
Hirokazu Tatano, Yasuaki Shoji and Norio Okada Long-Term Effect of Disaster Mitigation Investment upon Regional Economy: A Multi-Regional General Equilibrium Approach Proceedings of Japan-US Workshop on Disaster Risk Management for Urban Infrastructure Systems, Kyoto, Japan,,269-277 2001
Norio Okada, Hirokazu Tatano, Hiroaki Tsubokawa Innovation Loss Estimation Methods for Disaster Mitigative Urban Diagnosis -A Japanese Experience "World Bank Conference on Innovations in Managing Catastrophic Risks: How Can They Help the Poor?, Washington, D. C." 2001
多々納裕一・庄司靖章・岡田憲夫 災害リスク下の多地域一般均衡分析 京都大学防災研究所年報,第44号B-2,1-14 2001
川除隆広・多々納裕一・岡田憲夫 プロジェクト採択リスクの信頼性分析に関する基礎的研究 京都大学防災研究所年報,第44号B-2,15-22 2001
梶谷義雄・多々納裕一・岡田憲夫 時系列分析を用いた震災の港湾活動への長期的影響に関する実証分析 京都大学防災研究所年報,第44号B-2,45-54 2001
本間稔常・多々納裕一・岡田憲夫 資本間の被害の不均質性を考慮した災害後の復旧過程に関する分析 土木計画学研究・講演集,No. 24(1),705-708 2001
高木朗義・上田孝行・横松宗太・多々納裕一・榊原弘之 社会資本整備の投資タイミング 土木計画学研究・講演集,No. 24(1),733-740 2001
Yoshio Kajitani, Norio Okada and Hirokazu Tatano Spatial-Temporal Statistical Analysis of Human Behavior Related Risks by Use of DiMSIS Proceedings of Japan-US Workshop on Disaster Risk Management for Urban Infrastructure Systems, Kyoto, Japan,,319-324 2001
岡田憲夫 梶谷義雄 多々納裕一 人間活動分布の時空間解析に関する研究--ニッチ分析による 京都大学防災研究所年報,45,1-10 2001 日本語
梶谷義雄 岡田憲夫 多々納裕一 ニッチ分析を援用した災害復興過程に関する時空間解析  第56回年次学術講演会講演概要集 CD-ROM, Ⅳ-234 2001 日本語
本間稔常 多々納裕一 岡田憲夫 経済成長モデルを用いた災害後の復興過程に関する分析  平成13年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-72 2001 日本語
本間稔常 多々納裕一 岡田憲夫 災害による不均質な資本損傷を考慮した経済復興過程に関する分析  第56回年次学術講演会講演概要集 CD-ROM, Ⅳ-194 2001 日本語
梶谷義雄 岡田憲夫 多々納裕一 災害復興過程における人間活動分布の時空間分析に関する研究  土木計画学研究・講演集 No.24, pp.953-956 2001 日本語
梶谷義雄 岡田憲夫 多々納裕一 時系列分析を用いた災害の事後評価手法の提案~神戸港を対象として  平成13年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-74 2001 日本語
庄司靖章 多々納裕一 岡田憲夫 都市の産業構造の違いが防災投資の地域的波及にもたらす影響に関する分析  平成13年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-73 2001 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 個人旅行費用法を用いた木津川河川空間利用便益のリスク分析  土木計画学研究・講演集 No.24, pp.429-432 2001 日本語
本間稔常 多々納裕一 岡田憲夫 資本間の被害の不均質性を考慮した災害後の復旧過程に関する分析  土木計画学研究・講演集 Vol.24, pp.705-708 2001 日本語
高木朗義 上田孝行 横松宗太 多々納裕一 榊原弘之 社会資本整備の投資タイミング  土木計画学研究・講演集 No.24, pp.733-740 2001 日本語
河野俊樹;岡田憲夫;多々納裕一 時間管理型GISを用いた震災復興過程に関する類型分析  神戸市長田区を対象として 土木計画学研究・講演集,23,Pt.1,195-198 2000/11/20 日本語
梶谷義雄;多々納裕一;岡田憲夫 地震災害が港湾活動へ与える長期的影響に関する事後評価 土木計画学研究・講演集,23,Pt.2,533-536 2000/11/20 日本語
山口健太郎;多々納裕一;岡田憲夫 リスク認知のバイアスが最適土地利用状態の実現可能性に及ぼす影響に関する分析 土木学会年次学術講演会講演概要集 第4部,55th,386-387 2000/08/31 日本語
多々納裕一 災害リスクファイナンシング 交通工学,Vol.35,46-47 2000
川除隆広・多々納裕一・岡田憲夫 離散選択モデルを用いた旅行費用費用法に基づく推計便益の信頼区間推定法 京都大学防災研究所年報,第43号B-2,45-54 2000
田中成尚・多々納裕一 不完全情報下における内水排除施設運用に関する研究―観測系に水理学的特性を考慮したモデル 京都大学防災研究所年報,第43号B-2,55-61 2000
多々納裕一 社会基盤投資の費用便益分析-不確実性下の便益評価の問題を中心として- 大阪市港湾局業務論文集,13-26 2000
川添隆広 多々納裕一 岡田憲夫 プロジェクトの経済性評価の信頼分析に関する基礎的研究  土木計画学研究・講演集 No.23(1), pp.223-226 2000 日本語
本橋直樹 岡田憲夫 多々納裕一 リスクコミュニケーションとしてみた中山間地の災害情報伝達システムに関する実証的研究  平成12年度関西支部年次学術講演会講演概要集 Ⅳ-88 2000 日本語
庄司靖章 多々納裕一 岡田憲夫 災害による資本の損傷を考慮した2地域一般均衡モデル  土木計画学研究・講演集 No.23(2), pp.153-156 2000 日本語
五十部渉 多々納裕一 岡田憲夫 災害リスクが経済成長に与える影響と防災投資の効果に関する研究  土木計画学研究・講演集 No.23(2), pp.157-160 2000 日本語
五十部渉 多々納裕一 岡田憲夫 災害危険性が経済成長に及ぼす影響に関するモデル分析  平成12年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-93 2000 日本語
河野充保 多々納裕一 岡田憲夫 災害危険度情報が居住地選択に及ぼす影響に関する動的シュミレーション分析  平成12年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-90 2000 日本語
山口健太郎 多々納裕一 岡田憲夫 災害危険度情報に関する認知バイアスが居住地形成に及ぼす影響に関する分析  平成12年度関西支部年次学術講演会講演概要 Ⅳ-89 2000 日本語
多々納裕一 河野充保 五十部渉 山口健太郎 災害危険度情報の提供が居住地選択に及ぼす影響に関する動学シュミレーション分析  土木計画学研究・講演集 No.23(2), pp.145-145 2000 日本語
五十部渉 多々納裕一 岡田憲夫 水資源のコンフリクトにおける調停の有効性に関するゲーム論的分析  水文・水資源学会2000年度研究発表会,pp.166-167 2000 日本語
田中成尚 岡田憲夫 多々納裕一 部分観測下における内水排除施設制御ルールの設計方法に関する研究  水文・水資源学会2000年度研究発表会 2000 日本語
梶谷義雄 岡田憲夫 多々納裕一 兵庫県南部地震の港湾経済活動への長期的影響に関する統計分析  平成12年度関西支部年次学術講演会講演 Ⅳ-85 2000 日本語
多々納裕一 防災投資の費用便益分析、現状と課題  第2回リアルタイム地震防災シンポジウム論文集 pp.187-192 2000 日本語
五十部渉 多々納裕一 岡田憲夫 防災投資経済成長に及ぼす影響に関するモデル分析  第55回年次学術講演会講演概要集 CD-ROM, Ⅳ-91 2000 日本語
多々納 裕一 災害リスクファイナンスにおける最近の話題 土木計画学シンポジウム「災害リスク研究の最前線:社会への提言」,2000 2000 日本語
山口健太郎 多々納裕一 岡田憲夫 リスク認知のバイアスが最適土地利用状態の実現可能性に及ぼす影響に関する分析  第55回年次学術講演会講演概要集 CD-ROM, Ⅳ-192 2000 日本語
Naruhisa Tanaka; Hirokazu Tatano; Norio Okada Optimal operation model of an urban drainage system under partial state observation Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,V-967 - V-972 1999/12/01 英語
H. Tatano Risk perceptions and investment for disaster mitigation by individual households Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,V-1003 - V-1006 1999/12/01 英語
Takahiro Kawayoke; Hirokazu Tatano; Norio Okada Reliability analysis of contingent valuation surveys for measuring the benefit of environmental quality improvement - an empirical study on Lake Biwa area in Japan - Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,V-973 - V-978 1999/12/01 英語
岡田憲夫,梶谷義雄,榊原弘之,多々納裕一 直下型地震の発生を想定した都市圏道路網の分散・集中特性の性能評価モデルに関する研究 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE,632,93-104 1999/10/20 日本語
山口健太郎;多々納裕一;岡田憲夫 リスク認知のバイアスを考慮した災害危険度情報の提供効果に関する分析 土木計画学研究・講演集,22,Pt.1,155-158 1999/10/20 日本語
榊原弘之;土屋哲;岡田憲夫;多々納裕一 不確実性を考慮した家屋の更新に関する意思決定過程のモデル分析 土木計画学研究・講演集,22,Pt.2,765-768 1999/10/20 日本語
田中成尚;多々納裕一;岡田憲夫 不完全情報下における内水排除施設運用に関する研究  状態量の部分観測性に着目して 京都大学防災研究所年報,42B-2,81-90 1999/09/30 日本語
川除 隆広;多々納 裕一;岡田 憲夫 異質分散性を考慮したCVMによる環境質改善便益の信頼性分析 京都大学防災研究所年報,42,2,61-68 1999/04 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 離散選択モデルを用いたレクリエーション便益に関する信頼区間推定法  土木計画研究・講演集 No.22(2), pp.781-784 1999 日本語
多々納裕一 庄司靖章 岡田憲夫 災害時の資本損傷を考慮した2地域一般均衡モデル  土木学会第54回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.548-549 1999 日本語
中瀬大祐 岡田憲夫 多々納裕一 榊原弘之 水資源共同事業の計画プロセスにおけるコンフリクト調整システムに関するモデル分析  平成11年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1999 日本語
土屋 哲 榊原弘之 岡田憲夫 多々納裕一 耐震診断と質的外部効果を考慮した家屋の修繕誘因施策に関するゲーム論的分析  平成11年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1999 日本語
岡田憲夫 土屋 哲 榊原弘之 多々納裕一 耐震診断を考慮した労朽家屋の修繕に関する意思決定のモデル分析  土木学会第54回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.556-557 1999 日本語
榊原弘之 土屋 哲 岡田憲夫 多々納裕一 都市における木造老朽家屋の倒壊リスクに関する意思決定モデルの構築  日本リスク研究学会第12回研究発表会論文集 pp.130-135 1999 日本語
山口健太郎 多々納裕一 岡田憲夫 リスク認知のバイアスを考慮した災害危険度情報の提供効果に関する分析  土木計画研究・講演集 No.22(1), pp.155-156 1999 日本語
Hiroyuki Sakakibara; Norio Okada; Hirokazu Tatano; Wataru Isobe Modeling a joint project coordination scheme for renewal development of water resources under uncertainties Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4832-4837 1998/12/01 英語
H. Tatano; A. Ruszczynski Distributed optimization model for designing integrated operation policies of a multi-reservoir system Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4848-4853 1998/12/01 英語
Norio Okada; Koichi Takano; Hiroyuki Sakakibara; Hirokazu Tatano Efficiency and stability of self-organizing cooperation networks: Roles of a cost allocation scheme for regional joint water distribution systems Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,5,4842-4847 1998/12/01 英語
榊原弘之;五十部渉;多々納裕一;岡田憲夫 便益に関する情報の不完備性が純便益配分とプロジェクト実現に与える影響に関する基礎的考察 水文・水資源学会研究発表会要旨集,1998,134-135 1998/08 日本語
田中成尚;岡田憲夫;多々納裕一 内水排除施設モニタリングシステム効果評価方法に関する研究 水文・水資源学会研究発表会要旨集,1998,136-137 1998/08 日本語
馬場淳一;多々納裕一;小林潔司 滞在時間・目的地訪問同時選択モデルを用いた旅行費用法の開発 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要,1998,IV.34.1-IV.34.2 1998/05 日本語
高野浩一;岡田憲夫;多々納裕一 流域下水道整備事業の共同方式とその費用配分方法に関するゲーム理論的研究 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要,1998,IV.18.1-IV.18.2 1998/05 日本語
岡田, 憲夫 トポロジカルインデックスを用いた都市圏道路ネットワークのリダンダンシィ評価に関する研究 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,41,B-2,1-9 1998/04/01 日本語
榊原, 弘之 ダム再開発プロジェクトの成立過程に関するゲーム論的分析 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,41,B-2,21-32 1998/04/01 日本語
田中成尚;山口健太郎;多々納裕一;岡田憲夫 災害情報の提供が立地均衡に及ぼす影響に関する分析 京都大学防災研究所年報,41B-2(1997),33-43 1998/04 日本語
川除隆広 多々納裕一 岡田憲夫 CVM による推定便益の信頼区間推定法  土木計画研究・講演集 No.20(1), pp.13-16 1998 日本語
山口健太郎 多々納裕一 岡田憲夫 ハザードマップの提供が居住地形成に及ぼす影響に関するモデル分析  平成10年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1998 日本語
山口健太郎 多々納裕一 岡田憲夫 ハザードマップの提供が立地均衡に及ぼす影響に関する一考察  土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.124-125 1998 日本語
榊原弘之 岡田憲夫 多々納裕一 五十部渉 共同社会基盤整備における情報の自己表明に基づく純便益配分制度の適用に関するゲーム論的考察  土木計画研究・講演集 No.20(2), pp.53-56 1998 日本語
山口健太郎 田中成尚 多々納裕一 岡田憲夫 災害危険度情報の提供便益に関する研究  土木計画研究・講演集 No.20(1), pp.327-330 1998 日本語
榊原弘之 五十部渉 多々納裕一 岡田憲夫 水資源開発プロジェクトにおける不完備情報下での純便益配分法の社会的効率性に関する基礎的考察  平成10年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1998 日本語
本橋直樹 岡田憲夫 多々納裕一 都市震災時における緊急時のコミュニケーション行動のモデル化に関する基礎的研究-電話通信ライフラインシステムを対象として-  平成10年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1998 日本語
本橋直樹 岡田憲夫 多々納裕一 都市震災時の緊急時コミュニケーション行動と電話通信ライフラインシステムの相互作用に関するもです分析  土木学会第53回年次学術講演会講演概要集 第4部, pp.102-103 1998 日本語
五十部渉 榊原弘之 多々納裕一 岡田憲夫 不完備情報下での発電用ダム再開発における純便益配分法の提案  平成10年度土木学会関西支部年次学術講演概要 1998 日本語
多々納裕一 不確実性下のプロジェクト評価  課題と展望 土木計画学研究・講演集,20 Pt 2,19-30 1997/11 日本語
小林潔司 多々納 裕一 過疎コミュニティにおける活性化活動とリーダーシップ 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE,562,37-46 1997/04/15 日本語
多々納 裕一 岡田憲夫 災害危険度に対する情報提供下における立地行動に関するモデル分析 日本リスク研究学会研究発表会論文集,Vol.10,pp.88-93 1997 日本語
榊原弘之 岡田憲夫 多々納裕一 ダム再開発プロジェクトの成立過程に関するゲーム論的分析 京都大学防災研究所年報,21-32 1997 日本語
Hirokazu Tatano Economic evaluation of drought risk reduction with anti drought measures Doboku Gakkai Rombun-Hokokushu/Proceedings of the Japan Society of Civil Engineers,464 pt 4-19,73-82 1993/04/01 英語
Norio Okada; Hiroshi Wakabayashi; Hirokazu Tatano Risk analyses applied to planning and management of infrastructure: A state of the art survey on research related to water resources management and highway planning Doboku Gakkai Rombun-Hokokushu/Proceedings of the Japan Society of Civil Engineers,464 pt 4-19,33-42 1993 日本語
小林潔司 多々納 裕一 宮地賢治 過疎コミュニティにおける活性化活動とリーダーシップ 土木計画学研究・講演集, No.16(1) , pp.715-722 1993 日本語
Jing-Li FAN Yi-Ming WEI Tatano Hirokazu Kajitani Yoshio Climate change vulnerability on electricity demand in China: evidence from the sectoral analysis International Conference on Disaster Management, The annual International Conference organized by the International Institute for Infrastructure, Renewal and Reconstruction (IIIRR), Vol.B4 ,No. 4 , pp. - 2012 英語
Junho CHOI Tatano Hirokazu Sharing Concerns Among Stakeholders as a Driver for Sustainable Risk Communication : Case study from a series of workshops in Muraida Community in Shiga Prefecture International Conference on Disaster Management, The annual International Conference organized by the International Institute for Infrastructure, Renewal and Reconstruction (IIIRR), Vol.A1 ,No. 2 , pp. - 2012 英語
Lijiao YANG Tatano Hirokazu Ruiqiu PANG Xinyu JIANG Study on the Locations Planning of Material Storehouses for Flood Relief Activities International Conference on Disaster Management, The annual International Conference organized by the International Institute for Infrastructure, Renewal and Reconstruction (IIIRR), Vol.B2 ,No. 5 , pp. - 2012 英語
Junho Choi Hirokazu Tatano Role of Sharing Concerns to Scope Flood Risk Reduction Issues Case study of a Series of Workshops conducted in Muraida Community, Shiga Prefecture, Japan IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC) , pp. - 2012 英語
Samaddar Suhbo Chatterjee Roshni Misra Bijay Anand Tatano Hirokazu Identifying Vulnerability Pattern in a Flood Prone Micro-Hotspot of Mumbai, India, 2011 2nd International Conference on Environmental Science and Development, IPCBEE, Vol.4 , pp. 104-109 2011 英語
Tatano Hirokazu Nakano Kazuyoshi Measuring Economic Impact of a Disaster without Double Counting Based on Multi-Sector Economic Growth Models Extended Abstracts in International Disaster and Risk Conference , pp. 25-29 2008 英語
Tatano Hirokazu Nakano Kazuyoshi Measuring Economic Impact of a Disaster without Double Counting: a Theoretical Analysis Proceedings of the 14th World Conference of Earthquake Engineering , pp. - 2008 英語
Tsuchiya Satoshi Tatano Hirokazu Okada Norio Economic Impact of Earthquakes: Damage of Lifeline Utilities and Industrial Resiliency 54th Annual North American Meetings of the Regional Science Association International pp.1-14 2007 英語
Kajitani Yoshio Tatano Hirokazu Economic Impacts on Industrial Sector by Lifeline System Failure Fifth Annual IIASA-DPRI Meeting on INTEGRATED DISASTER RISK MANAGEMENT(Istanbul) , pp. - 2006 英語
Tatano Hirokazu Fujimi Toshio Nakano Kazuyoshi Kajitani Yoshio Tsuchiya Satoshi How To Avoid Double Counting Economic Losses of Disaster? Sixth DPRI-IIASA Forum on Integrated Disaster Risk Management, Risk and Challenges for Business and Industry, Istanbul, Turkey , pp. - 2006 英語
Tatano Hirokazu Nakano Kazuyoshi Fujimi Toshio Tsuchiya Satoshi Measuring Economic Impact of a Disaster in Industrial Sectors: How to aggregate industrial losses across sectors in the regional economy? 53rd Annual North American Meetings of the Regional Science Association International, Tronto , pp. - 2006 英語
Yoshida Mamoru Tatano Hirokazu Performance-based Contract for Aseismic Retrofit of Wooden Buildings Proceedings of the 2006 IEEE Systems, Man, and Cybernetics Conference, Vol.CD , pp.1758 - 1763 2006 英語
Kajitani, Y. Tatano, H. Estimation of Willingness-to-pay to Avoid Lifeline Disruptions under a Disaster 52nd Annual Meeting of Regional Science Association International (Las Vegas), Working Paper 2005 英語
Yoko MATSUDA Hirokazu TATANO Norio OKADA MEASURING RISK PREMIUM AGAINST NATURAL DISASTER RISKS BY CONTINGENT VALUATION SURVEY International Joint Conference 『Risk Assessment and Management』 with SRA Japan & China/KOSET/SETAC A/P, November, 4-6th, 2004, Ewha Womans University Seoul, Korea, , pp. 55-56 2004 英語
Hori, Tomoharu Ji-Quan, Zhang Tatano, Hirokazu Okada, N Ikebuchi, S Micro-zonation-based Flood Risk Assessment in Urbanized Floodplain Second Annual IIASA-DPRI Meeting for Integrated Disaster Risk Management. 2002 英語
Kajitanai, Y Okada, Norio Tatano, Hirokazu Statistical Analysis of Spatial Temporal Distributions of Human Activities after an Earthquake Disaster Second Annual IIASA-DPRI Meting for Integrated Disaster Risk Management. pp.1-15 2002 英語
Tatano, H. Shoji, Y. Okada, N. Structure of Cities, Trade Patterns and Long-team Economic Impacts of Anti-Disaster Mitigation: A Multi-Regional General Equilibrium Analysis The first annual IIASA-DPRI Meeting on Integrated Disaster Risk Management, Reducing Socio-Economic Vulnerability, at IIASA Laxenburg Austria pp.13 2001 英語
Tatano, H. Shoji, Y. Okada, N. Long-Team Effect of Disaster Mitigation Investment upon Regional Economy: A Multi-Regional General Equilibrium Approach Proceeding of Japan-US Workshop on Disaster Risk Management for Urban Infrastructure Systems pp.269-277 2001 英語
Keishi Tanimoto; Norio Okada; Hirokazu Tatano Project risk allocation through contingent cost allocation Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,1,512-717 2000 英語
Tatano, H. Isobe, W Okada, N. Economic Evaluation of Seismic Risks Proc. of 2000 Joint Seminar on Urban Disaster Management, Beijing, China pp.36-39 2000 英語
Okada, N. Tatano, H. Kajitani, Y Evaluation of Human Behavior Related Seismic Disaster Risk by Niche Analysis Proc. of 2000 Joint Seminar on Urban Disaster Management, Beijing, China pp.26-27 2000 英語
Okada Norio Tatano Hirokazu Integrated Management for Earthquake Disaster Risk in Japan Proceedings of Workshop 2000 "Mitigation of Seismic Risk - Support to Recently Affected European Countries", Joint Research Center, European Union CD-ROM, CD-Rom 2000 英語
Tatano, H. Shoji, Y. Okada, N. Long-Team and Short-team Effects of Disaster Risk Upon Regional Economy:A Multi-Regional General Equilibrium Approach Talking Account of Capital Damages Caused by Natural Disaster Proceeding of Second Joint Seminar on Urban Disaster Management, CBTDC, Beijing, China pp.27-32 2000 英語
Kajitani, Y. Tatano, H. Okada, N. Long-term effects of the Hyogo Nanbu Earthquake on economic activities at the port of Kobe: Time series analysis Proceedings of the Second EuroConference on Global Change and Catastrophe Risk Management: Earthquake Risks in Europe 2000 英語
Tanimoto, K. Okada, N. Tatano, H. Mutual Risk Trade through Stochastic Cost Allocation in the Recovery Project from Disaster Proc. of Second EuroConference on Global Change and Catastrophe Risk Management 2000 英語
TATANO H Value of Decision Reservation: Toward the Cost-Benefit Analysis of an Irreversible Project. Hydrol Water Resour Symp,25th,Vol.2,1147-1153 1999 英語
Tanaka, N. Tatano, H. Okada, N. An Optimal Operation Model of Urban Drainage System under Partial State Observation Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems Man and Cybernetics, pp.967-972 1999 英語
Tatano,H. Okada, N. Tanaka, N Yamaguchi, K Public Information Provision on Disaster Risk and Equilibrium Land Use in a Mono-Centric City Risk Research and Management in Asian Perspective pp.470-477 1998 英語
Okada, N. Sakakibara, H. Kajitani, Y. Tatano,H. Risk Analysis of Metropolitan Highway Network Systems under A Near-Field Earthquake Disaster by Use of Topological Index Risk Research and Management in Asian Perspective: Proceedings of the First China-Japan Conference on Risk Assessment and Management, November 23-26, 1998, Beijing, China pp.470-477 1998 英語
Hirokazu Tatano A hybrid genetic algorithm for a single reservoir operation optimization model with multiple reliability constraints Proceedings of the International Conference on Water Resources and Environaent ResearchTowards the 2lst Century,2/,47-54 1996 英語
K. Tanimoto, N. Okada H. Tatano Cost allocation extended to multi-purpose reservoir development induding environmental purpose-a game theoretic analysis Proceedings of the International Conference on Water Resources and Enviranment Research Toward 2lst Century,No.2, pp.343-350 1996 英語
Hirokazu Tatano The benefits of reserving decisions : An implication for preserving nature in Kobayashi, K. and H. kita eds. 'Exploring Sustainability', proceedings of the International Symposium on the Future of Small Socie ty in a Dynamic Economy, pp.161-170 1996 英語
Kobayashi, K. Tatano H., Kurino, M. The Roles of Social Leisures for Vitalizating Depopulated Communities Kobayashi, K., Matsuo, Y., Tsutsumi, K. (eds.) "Local Knowledge and Innovation", MARG, pp.163-176 1993 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Okada, Norio, Tatano, Hirokazu, Hagihara, Yoshimi, Suzuki, Yoshiyuki, Hayashi, Yasuhiro, Hatayama, Michinori, Hartmann, Jens, Nagae, Takeshi 災害リスクに対する「都市診断」科学の構築とその応用に関する総合的研究 Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University,C,47 2004 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Economic Impact of Disasters: Lessons from the Past Earthquakes in Japan and Concerns for the Big Ones in the Future [Invited] International Symposium on “”Mega Disasters: Can we cope?” 2016/11/18 英語
Mainstreaming Flood Risk Reduction By Enhancing Better Risk Governance in Japan [Invited] 16th International Seminar for Disaster Prevention Cooperation 2016/11/16 英語
リスク情報に基づいた公共事業における意思決定論 [招待あり] 数学協働プログラム「甚大災害の外力想定に必要となる極値統計解析法の背景と活用」 統計数理研究所 数学協働プログラム 2014/12/08 日本語
Post-disaster business surveys in the area affected by the Great East Japan Earthquake : summary of the regional and sectoral impacts IDRiM2014 International Society for Integrated Disaster Risk Management 2014/10/30 英語
Sustainability as a factor of economic resiliency [Invited] Conference on Community Resilience University of Minho 2013/07/15 英語
東日本大震災による経済影響評価の試み 平成 24年度港湾講演会 社団法人 日本港湾協会 2013/01/23 日本語
災害に強い地域をつくるために今何をなすべきか-東日本大震災の教訓から- [招待あり] 平成24年度中国地方建設技術開発交流会-安全・安心社会の実現に向けて:大規模災害への備え・ 国土交通省中国地方整備局中国技術事務所 2012/10/23 日本語
The 2011 Great Eastern Japan Earthquake Disaster :Some implications for critical infrastructure [Invited] World Reconstruction Conference, Global Platform for Disaster Risk Reduction, United Nations Global Platform for Disaster Risk Reduction, United Nations 2011/05/11 英語
Economic Impact Assessment of Disruptions of Production Capital and Critical Infrastructure [Invited] The David Blockley Lectures Systems Centre,University of Bristol 2013/04/24 英語
ECONOMIC IMPACTS OF THE GREAT EASTERN JAPAN EARTHQUAKE [Invited] the 3rd Annual Insurance-Linked Securities Asia Summit International Quality & Productivity Center 2012/10/19 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Prescription for economic resilience for natural hazards [Invited] , The 1st International Workshop on Resilience 2016/09/20 英語
Sustainable Infrastructure and Disaster Risk Management [Invited] the second AWAM International Conference on Civil Engineering 2015 (eco-AICCE'15) School of Civil Engineering, Universiti Sains Malaysia 2015/09/10 英語
Lessons Learnt from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami:Focusing on Emergency Management [Invited] 2013 Conference On Disaster Prevention And Protection, National Fire Agency, Ministry of Interior, Taiwan 2013/11/18 英語
明日へ備える!東日本大震災の経験から学ぶこと [招待あり] アジア航測 テクノフォーラム2011 アジア航測 2011/07/05 日本語
Lessons Learnt from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami: Focusing on Emergency Management and Information Systems [Invited] ISCRAM2013 The Information Systems for Crisis Response and Management (ISCRAM) Community 2013/05/14 英語
The Great Earstern Japan Earthquake and Tsunami: Implications for Infrastructure Planning and Management [Invited] UBC Workshop: Reconstruction after Japan’s Triple Disaster: Lessons for British Columbia University of British Columbia 2012/03/15 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
グローカル(GLOCAL)な視点で見直そう、土木分野におけるNPO・NGO活動を!・「NPOと土木計画学」 平成26年度土木学会全国大会研究討論会 2014/09/10 日本語
パネルディスカッション「流域治水政策をどう進めていくか」 [招待あり] 第7回 流域治水シンポジウム 2013/12/23 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Business Resilience against Earthquake Disasters: Observations from Past Japanese Earthquake Disasters The 1st International Workshop on Resilience 2016/09/21 英語
Measuring Production Capacity Loss Due to the 2011 Tohoku-oki Earthquake and Tsunami the 3rd ICEEDM 2016 2016/08/02 英語
Investigation on CGE Models for Disaster Impact Analysis: Implications form the Case Study of the 2011 Great East Japan Earthquake 23rd International Input-Output Association (IIOA) Conference 2016/07/08 英語
Measuring business interruption losses based on post disaster surveys after the 2011 Great East Japan Earthquake 第8回 日本-台湾共同防災科学セミナー 2015/12/08 英語
京滋エリアにおける大地震・大災害リスクの考察 [招待あり] 京滋エリアの大災害セミナー 損保ジャパン日本興亜京都支店 2015/07/09 日本語
風水害と対策「近年の風水害被害と地域における風水害対策」 [招待あり] 平成26年度 大津市防災士養成講座 2014/10/18 日本語
Mainstreaming Flood Risk Reduction By Enhancing Better Risk Governance in Japan XVIII ISA World Congress of Sociology 2014/07/15 英語
大規模災害の経済影響分析の技術と課題 [招待あり] 三重大学 さきもり塾 三重大学 2013/10/26 日本語
災害を知り、災害に備える ー京都の災害リスクと対処のための処方箋ー [招待あり] 京都駅前防災ネットワーク協議会 京都駅前防災ネットワーク協議会 2012/03/15 日本語
防災の経済分析:現状と課題 [招待あり] 電力中央研究所 社会・経済セミナー 社会・経済コース(H23年度) 電力中央研究所  2011/11/06 日本語
災害と企業活動 [招待あり] 三重大学 さきもり塾 三重大学  2010/12/10 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
多々納 裕一 土木計画学ハンドブック コロナ社 2017/03 日本語
Ana Maria Cruz, Yoshio Kajitani, Hirokazu Tatano Natech Disaster Risk Reduction: Can Integrated Risk Governance Help? Risk Governance, pp 441-462, Springer 2014/09
Hirokazu Tatano, Mamoru Yoshida Integrated Disaster Risk Management from the Perspective of Human Security Engineering Challenges for Human Security Engineering: Environmental Science and Engineering, pp 111-142, Springer 2014/03
多々納 裕一 気候変動の下での適応策としての災害リスク管理  西岡秀三、植田和弘、森杉壽芳監修、損害保険ジャパン、損害保険ジャパン環境財団、損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント編著、「気候変動リスクとどう向き合うか:企業・行政・市民の賢い適応」、金融財政事情研究会 2014
多々納 裕一 水害リスク軽減方策のコーディネーション―安全・安心科学技術プロジェクト(2)  堀井 秀之、奈良 由美子編著「安全・安心と地域マネジメント」放送大学教育振興会 2014
多々納 裕一 大規模災害と防災計画―総合防災学の挑戦  堀井 秀之、奈良 由美子編著「安全・安心と地域マネジメント」放送大学教育振興会 2014
多々納 裕一 人間安全保障工学の視点からの総合的災害リスク管理 松岡 譲・吉田 護 編「人間安全保障工学」、京都大学学術出版会 2013
Fujimi Toshio , Tatano Hirokazu An Econometric Model Based on the Maxmin Expected Utility Model: An Application to Earthquake Insurance Managing Safety of Heterogeneous Systems Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems Volume 658,pp.89-106, Springer 2011/10 英語
亀田弘行,岡田憲夫,萩原良巳,多々納裕一 総合防災学への道 京都大学学術出版会 2006 日本語
多々納裕一,高木朗義 防災の経済分析 勁草書房,370p 2005 日本語
Tatano Hirokazu 金融リスクとプロジェクトマネジメント  新領域土木工学ハンドブック pp.175-177 2003 日本語
多々納裕一 新領域土木工学ハンドブック 朝倉書店,7.6.2「金融リスクとプロジェクトマネジメント」, 7.6.3「災害リスクと社会資本」, 25.4.2「不確実性下の便益評価問題」,pp.175-177,pp.177-179,pp.925-927 2003 日本語
Tatano Hirokazu 災害リスクと社会資本  新領域土木工学ハンドブック pp.177-179 2003 日本語
Tatano Hirokazu 不確実性下の便益評価問題  新領域土木工学ハンドブック pp.925-927 2003 日本語
Tatano Hirokazu 心理的被害  防災事典 築地書館 pp.198-198 2002 日本語
多々納裕一 防災事典 築地書館,「経済被害」, 「心理的被害」,p96,p.198 2002 日本語
Tatano Hirokazu 経済被害  防災事典 築地書館 pp.96-96 2002 日本語
岡田憲夫 多々納裕一 防災学ハンドブック  朝倉書店 2001 日本語
多々納 裕一 防災学ハンドブック 京都大学防災研究所編朝倉書店, 2001 日本語
多々納裕一 防災学ハンドブック 朝倉書店,2.5「保険システムとしてみた都市災害リスクマネジメント」,pp.622-628 2001 日本語
多々納裕一 社会公共政策研究会・三菱総合研究所 編、社会公共政策への提言  日本工業新聞社 2000 日本語
多々納 裕一 社会的背景の下での渇水被害、リスク研究学会編「リスク学事典」 TBSブリタニカ,/,118-119 2000 日本語
岡田憲夫 多々納裕一 「リスク学事典」、”自然災害のリスクマネジメント”  TBSブリタニカ 2000 日本語
多々納裕一 リスク学事典 TBSブリタニカ,第3章6.「社会的背景の下での渇水被害」,pp.118-119 2000 日本語
多々納 裕一 土木用語大辞典(共著) 技報堂出版, 1999 日本語
多々納裕一 土木用語大辞典 技報堂出版 1999 日本語
多々納 裕一 Social viability of public medical care centers in sparsely populated areas (共著) Sustainability and Development : On the Future of Small Society in a Dynamic Economy,/,150-163 1998 日本語
多々納 裕一 21世紀の都市と計画パラダイム(分担執筆・第3章) 吉川和宏編著、丸善, 1995 日本語
多々納 裕一 地域水利用システムの信頼性評価 モンテカルロシミュレーション コロナ社,/,72-87 1994 日本語
Norio Okada Hirokazu Tatano Alkiyoshi Takagi Nagara River Estuary Barrage Conflict Global Risk Governance: Concept and Practice Using the IRGC Framework, Springer pp.221-230 2008 英語
Tanimoto Keishi Matsushita M. Tatano Hirokazu Lifecycle Cost Evaluation of Maintenance Policy ? The case of the water transmission system in Kobe Elsevier Science Ltd (Eds.: T. Arai, S. Yamamoto, K. Makino) in Systems and Human Science -For Safety, Security, and Dependability- 2005 英語
Tatano, Hirokazu Yamaguchi, Kentaro Okada, Norio Risk Perception, Location Choice, and Land-use Patterns under Disaster Risk: Long-term Consequences of Information Provision in A Spatial Economy Springer-Verlag pp.163-180 2004 英語
多々納 裕一 Information and Rational Expectations in Modeling Driver Information Systems : A Welfare Measurement, in Emmerink, R. and P. Ni jkamp (eds. ) "Behavioral and Network Impacts of Driver Information Systems". Ashgate Publishing Co.,/,69-94 2000 英語
多々納 裕一 The Role of Social Leisure for Vitalizing Depopulated Communities, in Kobayashi, K. , Matsuo, Y. and Tsutsumi, K. (eds. ) "Local Knowledge and Innovation" MARG,/,163-177 1999 英語
Kobayashi, K. Tatano, H. Information and Rational Expectations in Modeling Driver Information Systems:A Welfare Measurement in Emmer ink, Rand P. Nijkamp (eds.) Behavioral and Network Impacts of Driver Information Systems Ashgate Publishing Co., pp.69-94 1999 英語
Kobayashi, K. Tatano, H. Kurino, M. The Role of Social Leisure for Vitalizing Depopulated Communities, in Kobayashi, Y. and Tsutsumi,K.(eds.) Local Knowledge and Innovation MARG, pp.163-177 1999 英語
Kobayashi, K., Tatano, H., Kurino, M. The Role of Social Leisure for Vitalizing Depopulated Communities 1999 英語
Tatano, H. Kobayashi, K. Social Viability of Public Medical Care Centers in Sparsely Populated Areas,in L.Andersson and T.Blom eds. Sustainability and Development On the Future of Small Society in Dynamic Economy University of Karl tad, pp.150-163 1998 英語
多々納 裕一 A Frequency and Duration Constrained Model for the Optimization of a Single Reservoir Operation, in Hipel K. W. and L. Fang (eds. ) Stochastic and Statistical Methods in Hydrology and Environmental Engineering KLUWER ACADEMIC PUBLISHERS,4/,375-388 1994 英語
多々納 裕一 Reliability analysis and evaluation of river-basin systems with reference to safety against droughts Water Resource Systems Application, Univ. of Manitoba, 1990 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
土木学会論文奨励賞 1997
学会賞 日本自然災害学会 2013/09/25
Hazards2000国際賞 International Award of Hazards 2000 日本自然災害学会 Japan society of Natural Disaster Science 2016/09/21
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
萌芽研究 代表 ナイト流不確実性下の耐震改修政策に関するゲーム分析  2006/04/01〜2009/03/31
基盤研究(A) 代表 国際重要インフラの災害リスクガバナンス戦略 Risk Governance Strategy for Global Critical Infrastructure under Threat of Natural Disasters 2008〜2012
挑戦的萌芽研究 代表 風評被害軽減のためのパラメトリック保険の設計に関する研究 2011〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 風評被害軽減のためのパラメトリック保険の設計に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(A) 分担 交通ネットワークのリスクマネジメントのための動的行動・交通流解析理論の構築 2013/04/01〜2017/03/31
基盤研究(A) 分担 移動体シミュレーションと連動した災害時交通ネットワークの信頼性評価 Theoretical system incorporating with mobile observation and simulation for evaluating risks of transport networks in hazardous situation 2009/04/01〜2014/03/31
突発災害調査 分担 2007年新潟県中越沖地震に関する総合調査 Integrated Research for 2007 Niigata-Ken Chuetsu-Oki Earthquake 2007〜2009/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
気候変動リスク情報創生プログラム:課題対応型の精密な影響評価 中北英一 気候変動リスクの社会・経済影響と適応策の評価手法の構築 2012/04/01〜2017/03/31
京都大学グローバルCOEプログラム「アジア・メガシティの人間安全保障工学拠点」 松岡譲 災害リスク管理 Disaster Risk Management 2008/10/01〜2013/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
防災経済学 前期 地球環境学舎 2011/04〜2012/03
災害リスク管理論 前期 工学研究科 2011/04〜2012/03
社会情報学特殊研究1 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
社会情報学特殊研究2 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
防災情報学セミナー1 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
防災情報特論 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
地域・防災情報システム学特別セミナー 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
社会情報学特別セミナー 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
公共経済学 前期 工学部 2011/04〜2012/03
計画システム分析及び演習 後期 工学部 2011/04〜2012/03
Disaster and Information 1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
公共経済学 Public Economics 前期 工学部 2012/04〜2013/03
地域・防災情報システム学特別セミナー Advanced Seminar on Regional Disaster Prevention Information Systems 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
災害リスク管理論 Disaster Risk Management 前期 工学研究科 2012/04〜2013/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2012/04〜2013/03
防災情報学セミナー1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
防災情報特論 Disaster Information 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
防災経済学 Economic Analysis of Disaster Risk Management 前期 地球環境学舎 2012/04〜2013/03
公共経済学 Public Economics 前期 工学部 2013/04〜2014/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2013/04〜2014/03
災害リスク管理論 Disaster Risk Management 前期 工学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
防災情報学セミナー1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
防災情報特論 Disaster Information 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
地域・防災情報システム学特別セミナー Advanced Seminar on Regional Disaster Prevention Information Systems 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
防災経済学 Economic Analysis of Disaster Risk Management 前期 地球環境学舎 2013/04〜2014/03
公共経済学 Public Economics 前期 工学部 2014/04〜2015/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2014/04〜2015/03
Public Economics Public Economics 前期 工学部 2014/04〜2015/03
災害リスク管理論 Disaster Risk Management 前期 工学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
防災情報学セミナー1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
防災情報特論 Disaster Information 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
地域・防災情報システム学特別セミナー Advanced Seminar on Regional Disaster Prevention Information Systems 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
防災経済学 Economic Analysis of Disaster Risk Management 前期 地球環境学舎 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Disaster and Information 1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 前期集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Disaster and Information 1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Public Economics Public Economics 前期 工学部 2015/04〜2016/03
公共経済学 Public Economics 前期 工学部 2015/04〜2016/03
地域・防災情報システム学特別セミナー Advanced Seminar on Regional Disaster Prevention Information Systems 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
災害リスク管理論 Disaster Risk Management 前期 工学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2015/04〜2016/03
防災情報学セミナー1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
防災情報特論 Disaster Information 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
防災経済学 Economic Analysis of Disaster Risk Management 前期 地球環境学舎 2015/04〜2016/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Disaster and Information 1 Disaster and Information 1 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
地域・防災情報システム学特別セミナー Advanced Seminar on Regional Disaster Prevention Information Systems 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
災害リスク管理論 Disaster Risk Management 前期 工学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会システム計画論 Planning and Management of Social Systems 前期 工学部 2016/04〜2017/03
計画システム分析及び演習 Systems Analysis and Exercise for Planning and Management 後期 工学部 2016/04〜2017/03
防災情報特論 Disaster Information 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
防災経済学 Economic Analysis of Disaster Risk Management 前期 地球環境学舎 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
BAJEK, ROBERT PAWEL Development of Evaluation Methods for Community-based Participatory Risk Management-with a Focus on Social Earthquake Resilience(震災に対する社会の復元力に注目したコミュニティにおける参加型地震リスクマネジメントの評価法の開発) 副査 2007/09/25
Sensarma R.Suman Modeling and Analysis of the Process of Resolving Regional Conflicts under Disaster and Development Risks: Case Studies from Japan and India(災害と開発のリスクの下での地域コンフリクト解消プロセスのモデル化と分析:日本とインドを事例として) 副査 2007/09/25
XU, WEI Development of a Methodology for Participatory Evacuation Planning and Management: Case Study of Nagata, Kobe(参加型避難計画・管理のための方法論の開発―神戸市長田区を対象として) 副査 2007/09/25
奥村 与志弘 津波の地域性を考慮した防災戦略 副査 2008/03/24
吉田 護 地震リスク下における構造物の品質確保のための検査制度に関する研究 主査 2008/11/25
中島 悠 Outdoor Evacuation Experiment Augmented by Massively Multiagent Simulation(大規模マルチエージェントシミュレーションによる屋外避難実験の拡張) 副査 2009/03/23
YU, WEIBIN Disaster Risk Management in Agricultural Sectors of China with Focus on Complementarity between Revised Institutions and Traditional Functions(中国農村地域における新しい制度と伝統的機能の補完性に着目した災害リスクマネジメントに関する研究) 副査 2008/11/25
SAMADDAR, SUBHAJYOTI Modelling and Managing the Social Implementation Process for Rainwater Harvesting Technology Dissemination - Case Studies from Bangladesh and Japan(雨水利用技術普及を目的とした実装化プロセスのモデル化とマネジメント-バングラデッシュと日本のケーススタディ) 副査 2009/01/23
SAGALA, SAUT Systems Analysis of Social Resilience against Volcanic Risks: Case Studies of Mt. Merapi, Indonesia and Mt. Sakurajima, Japan(火山リスクに対する社会的柔軟性に関するシステム分析:インドネシア・メラピ火山と日本国桜島のケーススタディ) 副査 2009/11/24
YE, TAO Inter-sectoral and Inter-temporal Diversification of Agricultural Disaster Risk: Equilibrium Analysis of Risk Sharing Puzzle and Role of Government(農業災害リスクの部門間・異時点間分散:リスクシェアリング・パズルと政府の役割の均衡分析) 副査 2009/11/24
LIU YULING Multi-Agent Based Modeling and Simulation of Flood Evacuation Decision-Making Considering Dynamics of Urban Life(都市生活の動態性を考慮した洪水避難意思決定に関するマルチエージェントによるモデル化とシミュレーション) 副査 2010/03/23
阪本 真由美 被災者の生活再建に対する国際協力に関する研究 副査 2010/03/23
羅 貞一 Adaptation and Implementation of the Yonmenkaigi System Method for Disaster Reduction-oriented Collaborative Action Plan Development at the Community Level : Case Studies from Japan and Indonesia(コミュニティレベルの減災を目指した協働的行動計画形成のための四面会議システム技法の改善と実践的適用:日本とインドネシアのケーススタディ) 副査 2011/03/23
中野 一慶 Economic Impact Assessment of a Natural Disaster to Industrial Sectors (自然災害による産業部門への経済的影響の評価に関する方法論的研究) 主査 2011/03/23
土屋 哲 地震リスク管理のための経済被害の計量化に関する方法論的研究 副査 2007/09/25
湧川 勝己 治水経済便益の評価手法の高度化に関する研究 ―流動性被害と精神的被害に着目して― 副査 2007/11/26
近藤 誠司 災害報道をめぐるリアリティの共同構築 副査 2013/09/24
CHOI JUNHO Flood Risk Governance Process for Participatory Disaster Risk Reducation(参加型洪水リスク軽減のためのリスクガバナンスプロセス) 主査 2014/03/24
REZA NOURJOU GIS-based Intelligent Assistant Agent for Supporting Decisions of Incident Commander in Disaster Response(災害対応時における現場指揮官の判断支援のためのGISを基盤とした知的エージェントに関する研究) 主査 2014/03/24
孫 英英 Action Research to Promote Tsunami Risk Reduction: Ethnographic Approaches to Disaster Education and Tsunami Evacuation(津波防災のためのアクションリサーチ: 防災教育と津波避難対策の充実化を目指した研究) 副査 2014/09/24
蒋 新宇 A Methodology for Assessment of Spatial Distribution of Flood Risk(洪水災害リスクの空間分布の評価に関する方法論的研究) 主査 2014/09/24
竹之内 健介 地域気象情報を通じた災害リスクコミュニケーション 副査 2015/03/23
玉置 哲也 交通機能損傷を考慮した総合的災害リスク管理に関する研究 主査 2015/03/23
LEE FU-HSING 災害復興過程における被災地住民主体のコミュニケーションに関する研究 ―日本と台湾の事例を通じて― 副査 2015/03/23
楊 麗嬌 A Methodology for Estimating Business Interruption Losses to Industrial Sectors due to Flood Disasters(洪水災害による産業部門の操業停止損失計量化に関する方法論的研究) 主査 2015/09/24
MUSLIM LHAKSMANA Multiagent Systems for Robust IoT Services(頑健なIoTサービスのためのマルチエージェントシステム) 副査 2016/09/23

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
大学間協定小委員会 委員 2009/07/01〜2011/03/31
国際交流委員会 委員 2009/07/01〜2011/03/31
国際交流委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
広報委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
国際交流委員会 委員 2009/07/01〜2011/06/30
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
防災研究所DPRIシリーズ出版編集専門委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所DPRIシリーズ出版編集専門委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所研究・教育委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所財務委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所情報セキュリティ委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所対外広報委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所副所長 2013/04/01〜2015/03/31
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
論文奨励賞 土木学会 1997/05/01
学会賞 日本自然災害学会 2013/09/25
Best Service Award International Society for Integrated Disaster Risk Management 2014/10/29
International Award of Harzards 2000 Japan Society for Natural Disaster Science 2016/09/21
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 0000/00/00〜0000/00/00
港湾の費用便益マニュアル 委員 (財)運輸経済研究機構 1997/01/01〜1999/12/31
都市整備懇談会 委員 (財)大阪府都市整備センター 1997/09/01〜1999/03/31
「運輸関係公共事業における総合的・体系的評価に関する調査」海岸ワーキンググループ 委員 (財)運輸経済研究センター 1997/10/01〜1998/03/31
海岸事業における事業評価手法に関する調査委員会 委員 (財)運輸経済研究機構 1998/05/01〜1999/03/31
岩盤・斜面崩壊のリスク評価・マネジメント技術検討委員会 委員 (財)道路保全技術センター 企画部 1999/11/01〜2001/03/31
琵琶湖総合保全学術委員会小委員会 委員 滋賀県 水政課 2001/01/01〜2003/03/31
地震防災研究グループ 研究員 日本原子力研究所 2001/11/01〜2003/03/31
宇治市都市計画審議会 都市マスタープラン検討部会 委員 宇治市 都市計画課 2002/01/01〜2004/03/31
道路施設の災害リスクファイナンスに関する研究会 委員 財団法人 道路経済研究所 2002/06/01〜2005/03/31
地震防災研究グループ研究員及びリスクマネジメントグループ研究 委員 科学技術振興事業団及び科学技術振興機構 2003/04/01〜2006/03/31
PIに関する研究委員会学識委員 委員 社団法人 建設コンサルタンツ協会 2003/06/01〜2009/03/31
印南町いきいきまちおこし塾委員  委員 財団法人 関西情報・産業活性化センター 2003/07/01〜2004/03/31
印南町地域振興策定調査委員会委員 委員 財団法人 関西情報・産業活性化センター 2003/08/01〜2004/03/31
マザーレイク21計画・評価システム推進調査 委員 滋賀県 2003/10/01〜2004/03/31
PIに関する研究委員会 学識委員 社団法人建設コンサルタンツ協会 2005/04/01〜2006/03/31
ミッションプログラムⅠ 地震防災研究グループ 研究員 独立行政法人科学技術振興機構 2005/04/01〜2006/03/31
大阪府自然災害総合防災対策検討委員会 委員 大阪府 2005/05/01〜2006/09/03
大阪府自然災害総合防災対策検討委員会 委員 大阪府 2005/05/16〜2006/03/31
滋賀県国土利用計画審議会 委員 滋賀県 2005/07/15〜2008/07/14
PIに関する研究委員会 学識委員 社団法人 建設コンサルタンツ協会 2006/04/01〜2009/03/31
大阪府自然災害総合防災対策検討事業被害想定部会 部会長 大阪府 2006/06/09〜2006/09/30
琵琶湖湖南流域 水害に強い地域づくり協議会 委員 国土交通省 近畿地方整備局琵琶湖河川事務所 2006/07/14〜2007/07/13
(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構安全安心社会研究所研究会 委員 財団法人 ひょうご震災記念21世紀研究機構 2006/09/15〜2008/03/31
大阪府自然災害総合防災対策検討委員会 委員 大阪府 2006/10/11〜2006/12/31
科学技術振興機構科学技術振興調整費審査ワーキンググループ 委員 独立行政法人科学技術振興機構 2007/04/02〜2007/07/31
湖北圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2007/11/01〜2010/03/31
大阪府国土利用計画審議会 委員 大阪府 2008/01/20〜2011/01/29
安全・安心科学技術プロジェクト審査委員会 委員 文部科学省科学技術・学術政策局 2008/02/29〜2009/03/31
平成20年度「安全・安心科学技術プロジェクト」審査委員会 委員 文部科学省 科学技術・学術政策局 2008/02/29〜2009/03/31
科学技術振興調整費審査作業部会 委員 科学技術振興機構 2008/03/03〜2008/07/31
流域治水検討委員会(住民会議) アドバイザー 滋賀県 2008/03/09〜2009/03/31
財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2008/04/01〜2009/03/31
財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2008/04/01〜2009/03/31
研究調査本部研究会 委員 財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 2008/06/10〜2009/03/31
宇治市都市計画審議会 専門委員 宇治市 2008/07/01〜2009/06/30
滋賀県国土利用計画審議会 委員 滋賀県 2008/07/15〜2011/07/14
琵琶湖湖南流域水害に強い地域づくり協議会 委員 国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所 2008/07/28〜2009/07/27
安全・安心科学技術プロジェクト(地域社会)推進委員会 委員 独立行政法人科学技術振興機構 2008/09/01〜2009/03/31
大学院経営管理教育部 大学院授業担当 2008/10/01〜2009/03/31
公共事業評価手法研究委員会分科会 委員 国土交通省大臣官房技術調査課 2008/10/06〜2009/10/05
東近江圏城水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2008/11/05〜2009/11/04
河川事業の評価手法に関する研究会 委員 国土交通省河川局 2008/12/01〜2009/03/31
水害リスク評価手法検討ワーキンググループ 委員 国土交通省河川局 2008/12/11〜2009/06/30
近畿地方整備局 大阪湾における湾岸活動BCP検討委員会 委員 国土交通省 2009/01/22〜2009/03/25
集中豪雨の都市型水害における消防関係機関対応モデルマニュアル策定委員会 委員 富山県 2009/02/13〜2009/12/31
安全・安心科学技術プロジェクト(地域社会)推進委員会 委員 独立行政法人科学技術振興機構 2009/04/01〜2010/03/31
財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2009/04/01〜2010/03/31
京都大学工学部 非常勤講師 2009/04/01〜2010/03/31
河川事業の評価手法に関する研究会 委員 国土交通省河川局 2009/04/22〜2010/03/31
大阪府建設事業評価委員会 委員 大阪府 2009/06/15〜2010/03/31
京都大学大学院経営管理教育部 大学院授業担当 2009/10/01〜2010/03/31
地震保険研究事業用会員 委員 損害保険料率算出機構 2009/11/05〜2010/03/31
地球温暖化に伴う大規模水害対策検討会 委員 近畿地方整備局 2009/12/25〜2011/03/31
第三回大阪湾における港湾活動BCP検討委員会 委員 国土交通省近畿地方整備局港湾空港部 2010/01/06〜2010/03/31
大阪府河川整備委員会「今後の治水対策の進め方」検討部会 委員 2010/02/16〜2011/01/31
地震保険研究事業評価委員 委員 損害保険料率算出機構 2010/04/01〜2011/03/31
安全・安心科学技術プロジェクト(地域社会)推進委員会 委員 独立行政法人科学技術振興機構 2010/04/01〜2011/03/31
東近江圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2010/04/01〜2011/03/31
滋賀県流域治水検討委員会(総合部会) 委員 滋賀県 2010/04/01〜2010/06/30
独立行政法人防災研究協会 非常勤研究員 2010/04/01〜2011/03/31
大阪府河川整備委員会 委員 大阪府 2010/04/30〜2011/03/31
京都市開発審査会 委員 京都市 2010/05/01〜2012/04/30
大阪府建設事業再評価監視委員会 委員 大阪府 2010/07/01〜2012/03/31
都治川・三隅川治水対策検討委員会 委員 島根県 2010/10/01〜2011/03/25
京都大学大学院経営管理教育部 大学院授業担当 2010/10/01〜2011/03/31
大阪湾における港湾活動BCP検討委員会緊急物資輸送等検討部会 委員 社団法人日本港湾協会 2010/10/26〜2011/03/25
高規格堤防の見直しに関する検討会 委員 国土交通省河川局 2011/02/01〜2011/07/31
地震保険研究事業評価 委員 損害保険料算出機構 2011/04/01〜2012/03/31
京都大学工学部 非常勤講師 2011/04/01〜2012/03/31
財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2011/04/01〜2012/03/31
湖北圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2011/04/01〜2012/03/31
東近江圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2011/04/01〜2012/03/31
環境問題研究会 委員 財団法人損保ジャパン環境財団 2011/04/01〜2012/03/31
大阪府河川整備委員会 委員 大阪府 2011/05/02〜2012/03/31
大阪府国土利用計画審議会 委員 大阪府 2011/05/20〜2013/05/19
大阪府河川整備委員会治水専門部会 委員 大阪府 2011/05/24〜2012/03/31
宇治市都市計画審議会 専門員 京都府宇治市役所 2011/06/08〜2013/03/31
京都府防災会議集中豪雨総合対策推進部会 委員 京都府 2011/07/06〜2012/03/31
高規格堤防の見直しに関する検討会 委員 国土交通省水管理・国土保全局 2011/07/29〜2011/08/31
平成23年度大阪湾港湾機能継続計画推進協議会 委員 国土交通省近畿地方整備局港湾空港部 2011/08/12〜2012/03/31
防災まちづくりWG 委員 国土交通省都市局 2011/09/09〜2012/03/02
都治川・三隅川治水対策検討委員会 委員 島根県 2011/10/20〜2013/10/19
高規格堤防の見直しに関する検討会 委員 国土交通省水管理・国土保全局 2011/11/29〜2012/03/31
琵琶湖湖南水害に強い地域づくり協議会 委員 国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所 2012/02/06〜2013/02/05
一般財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2012/04/01〜2013/03/31
京都大学工学部 非常勤講師 2012/04/01〜2013/03/31
地震保険研究事業評価委員 委員 損害保険料率算出機構 2012/04/01〜2013/03/31
京都府防災会議専門部会 委員 京都府 2012/04/01〜2013/03/31
東近江圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2012/04/01〜2013/03/31
湖北圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2012/04/01〜2013/03/31
大阪府河川整備委員会 委員 大阪府 2012/04/19〜2013/03/31
復興・再生戦略協議会 委員 内閣府総合科学技術会議 2012/04/24〜2013/03/31
京都市開発審査会 委員 京都市 2012/05/01〜2014/04/30
大阪府建設事業再評価監視委員会 委員 大阪府 2012/06/01〜2014/03/31
大阪府河川整備委員会治水専門部会 委員 大阪府 2012/06/21〜2013/03/31
都市計画公園・緑地(市町村公園)見直し検討委員会 委員 大阪府 2012/07/02〜2013/03/31
河川事業の評価手法に関する研究会 委員 国土交通省水管理・国土保全局 2012/10/04〜2013/03/31
平成24年度大阪湾港湾機能継続計画推進協議会 委員 国土交通省近畿地方整備局 2012/10/05〜2013/03/31
防災まちづくりWG 委員 国土交通省都市局 2012/10/12〜2013/03/08
大阪府河川整備審議会 委員 大阪府 2012/11/05〜2014/11/04
大阪府建設事業評価審議会 委員 大阪府 2012/11/21〜2014/03/31
復興・再生戦略懇談会 委員 内閣府総合科学技術会議 2013/01/11〜2013/03/31
一般財団法人防災研究協会 非常勤研究員 2013/04/01〜2014/03/31
京都大学工学部 非常勤講師 2013/04/01〜2014/03/31
河川事業の評価手法に関する研究会 委員 国土交通省水管理・国土保全局 2013/04/01〜2014/03/31
東近江圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会委員 委員 滋賀県 2013/04/01〜2014/03/31
損害保険料算出機構 地震保険研究事業評価委員 2013/04/01〜2014/03/31
湖北圏域水害・土砂災害に強い地域づくり協議会 委員 滋賀県 2013/04/01〜2014/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示