島﨑 秀昭

最終更新日時:2017/09/01 23:46:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
島﨑 秀昭/シマザキ ヒデアキ/Hideaki Shimazaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/協調的知能共同研究講座/特定准教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経回路学会 Japanese Neural Network Society
日本神経科学会 Japanese Neuroscience Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(Neuroscience) ジョンズ・ホプキンス大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
ジョンズ・ホプキンス大学 大学院医学系研究科神経科学専攻 修了
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程物理学・宇宙物理学専攻 修了
プロフィール
(日本語)
京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻 特定准教授(2017- ) ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン シニアサイエンティスト(2016- ) 理化学研究所脳科学総合研究センター研究員(2011-2016) マサチューセッツ工科大学訪問研究員(2009-2010) 理化学研究所脳科学総合研究センター訪問研究員(2007-2010) 日本学術振興会特別研究員(2006-2008, 2008-2011) 京都大学理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士(理学)(2007) ジョンズ・ホプキンス大学医学部神経科学科修士(神経科学)(2003) 慶應義塾大学理工学部物理情報工学科学士(工学)(2000)
(英語)
Program-specific Associate Professor, Graduate School of Informatics, Kyoto University (2017- ) Senior Scientist, Honda Research Institute Japan (2016- ) Researcher, RIKEN Brain Science Institute (2011-2016) Visiting Researcher, Massachusettes Institute of Technology (2009-2010) Visiting Researcher, RIKEN Brain Science Institute (2007-2010) Research Fellow, Japan Society for the Promotion of Science (2006-2008, 2008-2011) Ph.D, Dept. of Physics, Kyoto University (2007) MA, Dept. of Neuroscience, Johns Hopkins University (2003) BE, Dept of Applied Physics and Physico-Informatics Keio University (2000)
個人ホームページ
URL
http://www.neuralengine.org
ORCID ID
orcid.org/0000-0001-7794-3064
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
MaBouDi H, Shimazaki H, Giurfa M, Chittka L Olfactory learning without the mushroom bodies: Spiking neural network models of the honeybee lateral antennal lobe tract reveal its capacities in odour memory tasks of varied complexities PLoS Computational Biology,13,6,e1005551 2017/06 英語
Donner C., Obermeyer K., Shimazaki H. Approximate Inference for Time-varying Interactions and Macroscopic Dynamics of Neural Populations PLoS Computational Biology,13,1,e1005309 2017/01 英語
Mochizuki Y, Onaga T, Shimazaki H, Shimokawa T, Tsubo Y, Kimura R, Saiki A, Sakai Y, Isomura Y, Fujisawa S, Shibata K, Hirai D, Furuta T, Kaneko T, Takahashi S, Nakazono T, Ishino S, Sakurai Y, Kitsukawa T, Lee JW, Lee H, Jung MW, Babul C, Maldonado PE, Takahashi K, Arce-McShane FI, Ross CF, Sessle BJ, Hatsopoulos NG, Brochier T, Riehle A, Chorley P, Grün S, Nishijo H, Ichihara-Takeda S, Funahashi S, Shima K, Mushiake H, Yamane Y, Tamura H, Fujita I, Inaba N, Kawano K, Kurkin S, Fukushima K, Kurata K, Taira M, Tsutsui K, Ogawa T, Komatsu H, Koida K, Toyama K, Richmond BJ, Shinomoto S Similarity in Neuronal Firing Regimes across Mammalian Species. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience,36,21,5736-5747 2016/05
Chou M.Y., Amo R., Kinoshita M., Cherng B.W., Shimazaki H., Agetsuma M., Shiraki T., Aoki T., Takahoko M., Yamazaki M., Higashijima S., and Okamoto H. Social conflict resolution regulated by two dorsal habenular subregions in zebrafish Science,352,6281,87-80 2016/04 英語
HaDi MaBouDi, Hideaki Shimazaki, Shun-ichi Amari, Hamid Soltanian-Zadeh Representation of higher-order statistical structures in natural scenes via spatial phase distributions Vision Research,120,61-73 2016/03 英語
Hideaki Shimazaki Neurons as an Information-theoretic Engine arXiv,1512.07855 2015/12 英語
Hideaki Shimazaki, Kolia Sadeghi, Tomoe Ishikawa, Yuji Ikegaya, and Taro Toyoizumi Simultaneous silence organizes structured higher-order interactions in neural populations Scientfic Reports,5,9821 2015 英語
Shimazaki H Single-trial estimation of stimulus and spike-history effects on time-varying ensemble spiking activity of multiple neurons: a simulation study Journal of Physics: Conference Series,473,012009 2013/12
Shimazaki H, Amari S, Brown EN, Grün S State-space analysis of time-varying higher-order spike correlation for multiple neural spike train data. PLoS computational biology,8,e1002385 2012/03
島崎 秀昭 対数線形モデルによるマルチニューロンスパイクデータ解析 日本神経回路学会誌,8,4,194-203 2011/12 日本語
Shimazaki H, Shinomoto S Kernel bandwidth optimization in spike rate estimation. Journal of computational neuroscience,29,1-2,171-182 2010/08 英語
Shimazaki H, Shinomoto S A method for selecting the bin size of a time histogram. Neural computation,19,6,1503-1527 2007/06 英語
Shimazaki H, Niebur E Phase transitions in multiplicative competitive processes. Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics,72,1,Pt.1,011912 2005/07 英語
Tsukada M, Aihara T, Kobayashi Y, Shimazaki H Spatial analysis of spike-timing-dependent LTP and LTD in the CA1 area of hippocampal slices using optical imaging. Hippocampus,15,104-109 2005
小林祐喜, 島崎秀昭, 相良威, 塚田稔 海馬CA1野の入力と出力逆伝搬の時間タイミング依存症LTP/LTD 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,8,2,57-64 2001/06/05
Shimazaki H, Amari S, Brown EN, Gruen S State-space Analysis of Time-varying Higher-order Spike Correlation for Multiple Neural Spike Train Data PLoS Computational Biology,8,3,e1002385 2012/03 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Donner C and Shimazaki H Approximate inference method for dynamic interactions in larger neural populations Lecture Notes in Computer Science,9949,104-110 2016/09 英語
,3501-3504 2009 英語
Shimazaki H. and Shinomoto S. A recipe for optimizing a time-histogram Advances in Neural Information Processing Systems,19,1289-1296 2007 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Fukai T, Shimazaki F1000Prime Recommendation Optogenetic activation of an inhibitory network enhances feedforward functional connectivity in auditory cortex 2014/01
島崎 秀昭 神経細胞活動の統計モデルによる解析 生物物理,53,2,103-104 2013 日本語
島崎秀昭 離散力学系の競争モデルに見られる相転移 : 統計物理学の視点から(経済物理学II-社会・経済への物理学的アプローチ-,京都大学基礎物理学研究所2005年度後期研究会) 物性研究,86,4,534-535 2006/07/20
島崎秀昭 脳と心のメカニズム第六回冬のワークショップ参加報告 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks,13,2,84-85 2006/06/05
島崎秀昭 離散力学系の競争モデルに見られる相転移 : 統計物理学の視点から(経済物理学II-社会・経済への物理学的アプローチ-,京都大学基礎物理学研究所2005年度後期研究会) 素粒子論研究,113,2 2006/05/20
島崎秀昭 25pYF-4 離散力学系の競争モデルに見られる相転移と自然選択による転移点への接近(生物・生態系,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)) 日本物理学会講演概要集,60,1 2005/03/04
島崎秀昭, 小林祐喜, 大澤さや香, 森田稔, 溝口健二, 相原威, 塚田稔 LTP・LTDの発火タイミング特性曲線の同時 : 光計測法によるアプローチ 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,99,686,37-43 2000/03/15
小林祐喜, 島崎秀昭, 荻久保佳伸, 溝口健二, 相原威, 塚田稔 海馬CA1神経回路の入力と出力逆伝搬の時間タイミング依存性LTP・LTDの空間分布 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,99,686,31-36 2000/03/15
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
島崎 秀昭 『留学』という選択 脳科学若手の会 2014/01/25 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Simultaneous silence explains structured higher-order interactions of neural populations [招待あり] 第16回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計 2015/03/25 日本語
神経細胞の集団活動の高次統計とメカニズム [招待あり] 第3回ヘテロ・ニューロ・アナリシス研究会 2015/03/18 日本語
State-space analysis of higher-order interactions in parallel event sequences 2014/03/20 英語
State-space analysis of time-varying higher-order interactions: its applications to neuroscience [Invited] ELC International Meeting on ''Inference, Computation, and Spin Glasses'' (ICSG2013) 2013/07/28 英語
Higher-order interactions in population activity of hippocampal CA3 neurons [Invited] Workshop on statistical analysis of neurophysiological and clinical data Kyoto University 2013/07/08 英語
Estimating time-varying higher-order neuronal interactions in awake behaving animals Modeling Neural Activity: Statistics, Dynamical Systems, and Networks 2013/06/26 英語
The simultaneous silence of neurons explains higher-order interactions in ensemble spiking activity [Invited] The 3rd Mathematical Neuroscience Workshop in School of Mathematics Institute for Research in Fundamental Sciences (IPM) 2013/03/14 英語
Estimating dynamic neural interactions in awake behaving animals [Invited] The 3rd Mathematical Neuroscience Workshop in School of Mathematics Institute for Research in Fundamental Sciences (IPM) 2013/03/13 英語
高次相関を伴う神経回路網の活動と情報コーディング 玉川大学脳科学若手の会 第88回談話会 玉川大学脳科学若手の会 2013/02/22 日本語
Joint inactivation statistics of population spiking activities [Invited] Workshop on statistical aspects of neural coding Kyoto University & Ritsumeikan University 2012/11/01 英語
Tracking dynamic neural interactions in awake behaving animals Workshop on neural information flow Kyoto University 2012/06/20 英語
ヒストグラム・カーネル密度推定の神経スパイクデータへの適用:理論と実践 第13回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計 2012/03/29 日本語
神経スパイク解析における状態空間モデル,GLMの応用 [招待あり] 統計科学と神経科学の対話2 統計数理研究所 2011/12/26 日本語
Analysis of dynamic neural spike data: from firing rate to spike correlation [Invited] Neurostatistics Working Group Seminar Dept. of Biostatistics, Harvard University 2010/12/01 英語
Detection of dynamic cell assemblies by the Bayes factor Workshop on spatio-temporal neuronal computation Kyoto University 2010/09/06 英語
State-space Analysis on Time-varying Correlations in Parallel Spike Sequences [Invited] ICASSP2009 Special Session on `Signal Processing for Neural Spike Trains' IEEE 2009/04/24 英語
State-space analysis on time-varying higher-order spike correlations NIPS2008 Workshop on `Statistical Analysis and Modeling of Response Dependencies in Neural Populations' 2008/12/13 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
神経活動データの時系列モデリング入門 [招待あり] 第8回脳科学若手の会合宿 脳科学若手の会 2017/03 日本語
Estimating dynamic functional networks of larger neural populations Society for Neuroscience 2016 2016/11/12 英語
Exact analysis of spike­timing and higher­order interactions of neurons at the threshold regime suggests network architecture underlying sparse population activity Society for Neuroscience 2016 2016/11/12 英語
Large-scale inference of time-varying neural interactions ICONIP2016 2016/10/16 英語
Modelling elemental learning of honeybees by spiking neural networks EURBEE 2016 2016/09/07 英語
Analytical study of correlation and Fisher information caused by common inputs the 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2016/07/22 英語
Exact spike-timing distribution and its usage in neural structure identification Statistical physics methods in biology and computer science (Satellite meeting of StatPhys 2016 2016/07/13 英語
Toward thermodynamic principles of consciousness [Invited] Seminar Christopher L Buckley 2016/07/07 英語
Higher-order interactions of neural populations Seminar at TNJC Mehdi Keramati 2016/07/05 英語
Population coding of neurons: Dynamics, higher-order interactions, and mechanisms [Invited] Seminar Lars Chittka 2016/07/04 英語
Exact spike-timing distribution reveals higher-order interactions CNS*2016 2016/07/02 英語
Simultaneous silence explains structured higher-order interactions of neural population MONA2 - Modelling Neural Activity 2016/06/22 英語
Toward thermodynamic principles of consciousness Consciousness club Ryota Kanai 2016/06/16 英語
神経ネットワークの情報コーディング:ダイナミクス・高次相関・メカニズム [招待あり] 第4回東工大若手物性セミナー 2016/02/18 日本語
動的イジングモデルを用いた神経回路網活動の解析 国際基督教大学 NSフォーラム 2016/02/02 日本語
Approximation methods for inferring time-varying interactions of a large neural population NIPS 2015 Workshop on `Statistical Methods for Understanding Neural Systems' 2015/12/11 英語
神経回路網の熱力学的考察 数理モデリング研究会 2015/11/28 日本語
Simultaneous silence explains structured higher-order interactions of neural populations [Invited] Juelich Research Center 2015/05/04 英語
Simultaneous silence explains structured higher-order interactions of neural populations [Invited] BCCN Berlin 2015/04/28 英語
State-space analysis of behaviour- and layer-dependent synchrony in motor cortex during volitional arm movement Society for Neuroscience 2014 2014/11/16 英語
Behaviour- and layer-dependent synchrony in motor cortex during volitional arm movement Neuro2014 2014/09/11 英語
Theoretical study on spike-timing probability in a pair of pre-post synaptic neurons Neuro2014 2014/09/11 英語
Behaviour- and layer-dependent synchrony in motor cortex during volitional arm movement [Invited] Workshop on data mining in neuroscience 2014/05/28 英語
Bimodal distributions of local phase variables in natural images 2014/05/18 英語
高次相関を伴う神経回路網活動:局所回路の計算原理を求めて 神経科学と脳科学の対話4 統計数理研究所 2014/03/17 日本語
Statistical inference for directed phase coupling in neural oscillators Computational and Systems Neuroscience (Cosyne) 2014 2014/02/27 英語
2014/01/08 英語
The simultaneous silence of neurons explains structured higher-order interactions in ensemble spiking activity Society for Neuroscience (SfN) 2013 2013/11/09 英語
The simultaneous silence of neurons explains higher-order interactions in ensemble spiking activity Neuro2013 2013/06/20 英語
The simultaneous silence of neurons explains structured higher-order interactions in spontaneous spiking activity 神経科学と統計科学の対話3 統計数理研究所 2013/02/18
The simultaneous silence of neurons explains higher-order interactions in ensemble spiking activity Computational and Systems Neuroscience (Cosyne) 2012 2012/02/23 英語
神経細胞の高次スパイク相関:状態空間モデルによる解析 京都大学理学部物理学第一教室 非線形セミナー 京都大学 2012/02/02 日本語
脳の高次機能と動的高次スパイク相関:状態空間モデルによる解析 統計神経科学ミニワークショップ 統計数理研究所 2011/09/08
Constructing a joint time-series model of continuous and Bernoulli/Poisson processes using a copula Computational and Systems Neuroscience (Cosyne) 2011 2011/02/24 英語
Characterizing neuronal firing with the rate and the irregularity Neuro 2010 2010/09/02 英語
Analysis of subsets of higher-order correlated neurons based on marginal correlation coordinates Computational and Systems Neuroscience (Cosyne) 2010 2010/02/25
動的スパイク相関の状態空間モデル 日本神経回路学会 第19回全国大会 日本神経回路学会 2009/09/24 日本語
Bayes factor analysis for detection of time-dependent higher-order spike correlations CNS2009 2009/07/18 英語
Histogram binwidth and kernel bandwidth selection for the Spike-rate estimation CNS2009 2009/07/18 英語
State-space model of dynamic correlations in parallel spike sequences [招待あり] 京都大学理学研究科物理学第一教室 非線形動力学セミナー 2009/06/01 日本語
Estimating time-varying spike correlations from parallel spike sequences German-Japanese Workshop "Computational and Systems Neuroscience" 2009/05/25 英語
Detection of non-stationary higher-order spike correlation Computational and Systems Neuroscience (Cosyne) 2009 2009/02/26 英語
多細胞同時記録スパイク時系列データの状態空間モデル 第11回情報論的学習理論ワークショップ 2008/10/29 日本語
局所適応カーネル法によるスパイクレート推定 日本神経回路学会 第18回全国大会 日本神経回路学会 2008/09/24 日本語
Estimating time-dependent higher-order interactions in parallel spike trains Neuro2008 2008/07/09 英語
State-space Analysis on time-dependent correlation in parallel spike trains Statistical Analysis of Neuronal Data (SAND4) 2008/05/29 英語
Kernel width optimization in the spike-rate estimation Neural Coding 2007 2007/11/07 英語
Optimization of a histogram of spike data Neuro2007 2007/09/11 英語
ヒストグラムのビン幅の選択方法 -最適なPSTHの作り方 [招待あり] マルチニューロン研究会 2007/06/30 日本語
A recipe for optimizing a time histogram of spike data RIKEN BSI Forums RIKEN Brain Science Institute 2007/04/17
A recipe for constructing a peri-stimulus time histogram The Boadian Seminar at Mind/Brain Institute Johns Hopkins University 2007/03/01 英語
A recipe for optimizing a time-histogram with variable bin sizes 2007/02/22 英語
A recipe for optimizing a time-histogram Neural Information Processing Systems (NIPS) 2006 2006/12/04 英語
スパイク時系列の潜時を補正して時間ヒストグラムを最適化する方法 日本神経回路学会第16回全国大会 2006/09/21 日本語
Self-organized criticality by natural selection Frontiers in Dynamics: Physical and Biological Systems. 2006/05/22 英語
Recipes for constructing an optimal time histogram Statistical Analysis of Neuronal Data (SAND3) 2006/05/12 英語
スパイク時系列ヒストグラムのビン幅の選択方法 -最適なPSTHの作り方 脳と心のメカニズム 第6回冬のワークショップ 2006/01
乗法的競争モデルに見られる相転移 経済物理学 II -社会・経済への物理学的アプローチ- 2005/12/01 日本語
スパイク時系列のヒストグラム作成における最適区間幅決定のレシピ 日本神経回路学会第15回全国大会 2005/09 日本語
離散力学系の競争モデルに見られる相転移と自然選択による転移点への接近 日本物理学会第60回年次大会 2005/03
Bose-einstein condensation in competitive processes 日本物理学会第59回年次大会 2004/03 日本語
Statistical inference for directed phase coupling in neural oscillators. Computational and Systems Neuroscience Cosyne 2014, Salt Lake City, USA. 2014/02 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
金澤一郎 (監修), 宮下保司 (監修) カンデル神経科学 メディカルサイエンスインターナショナル 2014/04 日本語
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
日本神経回路学会時限研究会2017 脳の理論から身体・世界へ:行動と認識への再挑戦 日本神経回路学会 2017/08/25
協調的知能(CI)共同研究講座 開設記念シンポジウム 2017/08/04