元木 航

最終更新日時: 2021/06/30 10:58:57

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
元木 航/モトキ コウ/Motoki, Ko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学研究科附属農場/ /助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) Master of Agriculture 京都大学 Kyoto University
プロフィール
(日本語)
農学部/農学研究科に所属し、木津川市にある附属農場で研究・教育活動を行っています。
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
日本語 Japanese jpn
researchmap URL
https://researchmap.jp/motokoto
研究テーマ
(日本語)
開花制御・早期花成誘導技術・接ぎ木・フロリゲン・採種・アブラナ科作物・晩抽性育種
(英語)
control of flowering・rapid floral induction technique・grafting・florigen・seed production・Brassicaceae crops・late-bolting breeding
研究概要
(日本語)
アブラナ科作物の開花制御に関する研究を行っている。植物科学における古典的な手法である接ぎ木による花成誘導法を見直し、新しい育種・採種技術として発展させることを目指している。現在はアブラナ科植物の中でも、種や品種によって接ぎ木された植物を花成誘導する能力が異なることに着目し、その違いを生み出すメカニズムの解明に取り組んでいる。
(英語)
I'm conducting research on flowering control in Brassica crops. The aims of my research are to review the flowering induction technique by grafting, which is classical method in plant science, and to develop it as a new breeding and seed production technique. Currently, I'm focusing on the variation within different species and cultivars of Brassicaceae crops in abilities to induce flowering of grafted plants, and trying to elucidate the mechanisms that produce these differences.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
園芸科学 horticultural science
成長開花結実制御 control of development and flowering
種苗生産 seed and seedling production
品種開発 breeding
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yu Kinoshita, Ko Motoki, Munetaka Hosokawa Yu Kinoshita, Ko Motoki, Munetaka Hosokawa Yu Kinoshita, Ko Motoki, Munetaka Hosokawa Characterization of a Non-Flowering Cabbage Mutant Discovered 42 Years Ago Characterization of a Non-Flowering Cabbage Mutant Discovered 42 Years Ago Characterization of a Non-Flowering Cabbage Mutant Discovered 42 Years Ago The Horticulture Journal The Horticulture Journal 2021 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ko Motoki, Yu Kinoshita, Munetaka Hosokawa Ko Motoki, Yu Kinoshita, Munetaka Hosokawa Ko Motoki, Yu Kinoshita, Munetaka Hosokawa Non-vernalization Flowering and Seed Set of Cabbage Induced by Grafting Onto Radish Rootstocks Non-vernalization Flowering and Seed Set of Cabbage Induced by Grafting Onto Radish Rootstocks Non-vernalization Flowering and Seed Set of Cabbage Induced by Grafting Onto Radish Rootstocks Frontiers in Plant Science, 9 , 9 Frontiers in Plant Science, 9 2019/01/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Jing-Wei Li, Munetaka Hosokawa, Tomoyuki Nabeshima, Ko Motoki, Haruka Yamada, Qiao-Chun Wang Jing-Wei Li, Munetaka Hosokawa, Tomoyuki Nabeshima, Ko Motoki, Haruka Yamada, Qiao-Chun Wang Jing-Wei Li, Munetaka Hosokawa, Tomoyuki Nabeshima, Ko Motoki, Haruka Yamada, Qiao-Chun Wang Cryopreservation of viroid-infected chrysanthemum shoot tips Cryopreservation of viroid-infected chrysanthemum shoot tips Cryopreservation of viroid-infected chrysanthemum shoot tips Scientia Horticulturae, 244, 1-9 , 244, 1-9 Scientia Horticulturae, 244, 1-9 2019/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ko Motoki Ko Motoki Ko Motoki Farmer Research Groups: Institutionalizing participatory agricultural research in Ethiopia (Book review) Farmer Research Groups: Institutionalizing participatory agricultural research in Ethiopia (Book review) Farmer Research Groups: Institutionalizing participatory agricultural research in Ethiopia (Book review) Nilo-Ethiopian Studies, 2018, 23, 47-48 Nilo-Ethiopian Studies, 2018, 23, 47-48 Nilo-Ethiopian Studies, 2018, 23, 47-48 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
育種・採種のツールとして利用可能な”花成誘導台木”の開発 育種・採種のツールとして利用可能な”花成誘導台木”の開発 超分野植物科学研究会・第一回研究集会 超分野植物科学研究会・第一回研究集会 2021/06/04 日本語 ポスター発表 公開
ダイコンのFTタンパクを検出するペプチド抗体の開発 ダイコンのFTタンパクを検出するペプチド抗体の開発 園芸学会 令和 3 年度春季大会 園芸学会 令和 3 年度春季大会 2021/03/27 日本語 口頭発表(一般) 公開
“花成誘導台木”はキャベツ穂木の種類を問わず開花させることができるのだろうか? “花成誘導台木”はキャベツ穂木の種類を問わず開花させることができるのだろうか? 園芸学会 令和元年度秋季大会 園芸学会 令和元年度秋季大会 2019/09/15 日本語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 キャベツの強力な花成抑制機構を突破するダイコンの花成誘導因子の特定と採種への応用 Identification of floral induction factor of radish breaking the strong floral suppression of cabbage and its application to seed production system 2020/04/01〜2023/03/31
若手研究 代表 キャベツの強力な花成抑制機構を突破するダイコンの花成誘導因子の特定と採種への応用 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期集中 農学部 2020/04〜2021/03
栽培技術論と実習I(月曜コース) Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2020/04〜2021/03
栽培技術論と実習I(水曜コース) Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2020/04〜2021/03
植物生産管理学専攻実験1 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science1 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
植物生産管理学専攻実験2 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science2 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
植物生産管理学演習1 Plant Production Control Science Seminar1 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
植物生産管理学演習2 Plant Production Control Science Seminar2 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2020/04〜2021/03
グリーンエネルギーファーム論と実習 Green Energy Farm Theory and Culture Practice 前期集中 農学部 2020/04〜2021/03
栽培技術論と実習II Agricultural Technology and Farm Practice II 前期集中 農学部 2021/04〜2022/03
栽培技術論と実習I(月曜コース) Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2021/04〜2022/03
栽培技術論と実習I(水曜コース) Agricultural Technology and Farm Practice I 通年 農学部 2021/04〜2022/03
植物生産管理学専攻実験1 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science1 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
植物生産管理学専攻実験2 Special Laboratory Work in Plant Production Control Science2 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
植物生産管理学演習1 Plant Production Control Science Seminar1 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
植物生産管理学演習2 Plant Production Control Science Seminar2 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
生産管理科学演習 Seminar of Production Management Science 通年 農学部 2021/04〜2022/03
グリーンエネルギーファーム論と実習 Green Energy Farm Theory and Culture Practice 前期集中 農学部 2021/04〜2022/03
農業と農学の最前線 Forefront of Agriculture and Agricultural Science 通年集中 農学部 2021/04〜2022/03
食卓の栽培学と実習 Agricultural Technology and Farm Practice Related to the Dining Table 前期集中 農学部 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
農業交流ネットワーク 2020/08/01〜