井上 正宏

最終更新日時: 2020/07/29 12:24:59

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
井上 正宏/イノウエ マサヒロ/Inoue, Masahiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/クリニカルバイオリソース研究開発講座(産学共同)/特定教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 大阪大学
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-7315-026X
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0199497
研究テーマ
(日本語)
臨床検体由来の癌オルガノイド培養技術を用いた新規治療法の研究/スクリーニング技術の開発
(英語)
Development of novel therapeutic target using patient derived cancer organoid model Establishment of drug screening system for patient derived cancer organoids
研究概要
(日本語)
患者腫瘍由来の癌オルガノイドは、もとの腫瘍の性質を高度に維持した3次元培養システムであり、従来の2次元培養細胞株に代わる疾患モデルとして期待されている。我々が開発したCTOS(Cancer Tissue-Originated Spheroid)法によるオルガノイド培養により、新たな癌の性質の解明や治療ターゲットの開発を目指す。 さらに、癌オルガノイドは症例間の多様性を反映している。この特性を利用し、多数の症例から得られた癌オルガノイドパネルを作成しそれぞれの薬剤感受性を検討することで、治療感受性の予測や薬剤開発スクリーニングへの応用も行っている。
(英語)
Patient derived cancer organoid is a 3D cell culture system in which cancer cells retain the characteristics of original tumors, thus is a new disease model expected to overcome traditional 2D established cancer cell lines. Using our CTOS (cancer tissue-originated spheroid) method, we are working on elucidating novel nature of cancer cells, as well as developing new target for therapeutic treatment. In addition, patient derived cancer organoids reflect inter-patient heterogeneity of original tumors. Taking advantage of this, we also developing a system to evaluate drug sensitivity which is applicable both for clinical selection of the potentially effective drug for each patient and chemical compound screening during drug development.
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Jumpei Kondo, Tomoya Ekawa, Hiroko Endo, Kanami Yamazaki, Norio Tanaka, Yoji Kukita, Hiroaki Okuyama, Jiro Okami, Fumio Imamura, Masayuki Ohue, Kikuya Kato, Taisei Nomura, Arihiro Kohara, Seiichi Mori, Shingo Dan, Masahiro Inoue Jumpei Kondo, Tomoya Ekawa, Hiroko Endo, Kanami Yamazaki, Norio Tanaka, Yoji Kukita, Hiroaki Okuyama, Jiro Okami, Fumio Imamura, Masayuki Ohue, Kikuya Kato, Taisei Nomura, Arihiro Kohara, Seiichi Mori, Shingo Dan, Masahiro Inoue Jumpei Kondo, Tomoya Ekawa, Hiroko Endo, Kanami Yamazaki, Norio Tanaka, Yoji Kukita, Hiroaki Okuyama, Jiro Okami, Fumio Imamura, Masayuki Ohue, Kikuya Kato, Taisei Nomura, Arihiro Kohara, Seiichi Mori, Shingo Dan, Masahiro Inoue High-throughput screening in colorectal cancer tissue-originated spheroids High-throughput screening in colorectal cancer tissue-originated spheroids High-throughput screening in colorectal cancer tissue-originated spheroids Cancer Science, 110, 1, 345-355 Cancer Science, 110, 1, 345-355 Cancer Science, 110, 1, 345-355 2019/01 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshifumi Sato, Tomonori Tsuyama, Chinami Sato, Md. Fazlul Karim, Tatsuya Yoshizawa, Masahiro Inoue, Kazuya Yamagata Yoshifumi Sato, Tomonori Tsuyama, Chinami Sato, Md. Fazlul Karim, Tatsuya Yoshizawa, Masahiro Inoue, Kazuya Yamagata Yoshifumi Sato, Tomonori Tsuyama, Chinami Sato, Md. Fazlul Karim, Tatsuya Yoshizawa, Masahiro Inoue, Kazuya Yamagata Hypoxia reduces HNF4α/MODY1 protein expression in pancreatic β-cells by activating AMP-activated protein kinase Hypoxia reduces HNF4α/MODY1 protein expression in pancreatic β-cells by activating AMP-activated protein kinase Hypoxia reduces HNF4α/MODY1 protein expression in pancreatic β-cells by activating AMP-activated protein kinase Journal of Biological Chemistry, 292, 21, 8716-8728 Journal of Biological Chemistry, 292, 21, 8716-8728 Journal of Biological Chemistry, 292, 21, 8716-8728 2017/05/26 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
キナーゼ・増殖因子1 キナーゼ・増殖因子1 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 ワークショップ5 モデレーター 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 ワークショップ5 モデレーター 2019/06/13 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
浦野, 泰照 編 浦野, 泰照 編 がんの分子イメージング がんの分子イメージング 化学同人 化学同人 2015 日本語 分担執筆 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 がん転移における細胞集塊の細胞極性および極性転換の役割 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 腫瘍内低酸素応答を利用した癌悪性化制御法の開発 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 がん転移における細胞集塊の細胞極性および極性転換の役割 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31