近田 藍

最終更新日時: 2021/02/14 15:34:19

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
近田 藍/チカダ アイ/Chikada, Ai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/人間健康科学系専攻先端基盤看護科学講座/助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(人間健康科学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科修士課程人間健康科学系専攻 修了
京都大学 大学院医学研究科博士後期課程人間健康科学系専攻 研究指導認定退学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部保健学科看護学専攻 卒業
researchmap URL
https://researchmap.jp/AC2020
研究テーマ
(日本語)
原発性脳腫瘍患者の意思決定支援、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)、End-of-Life Discussionに関する研究
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ai Chikada, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin Ai Chikada, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin Ai Chikada, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin A descriptive analysis of end-of-life discussions for high-grade glioma patients A descriptive analysis of end-of-life discussions for high-grade glioma patients A descriptive analysis of end-of-life discussions for high-grade glioma patients Neuro-Oncology Practice Neuro-Oncology Practice Neuro-Oncology Practice 2021/02/04 研究論文(学術雑誌) 公開
Ai Chikada, Asako Takekuma Katsumata, Mariko Asase, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin Ai Chikada, Asako Takekuma Katsumata, Mariko Asase, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin Ai Chikada, Asako Takekuma Katsumata, Mariko Asase, Sayaka Takenouchi, Yoshiki Arakawa, Kazuko Nin Lived experience in patients with recurrent glioblastoma in Japan: A narrative study Lived experience in patients with recurrent glioblastoma in Japan: A narrative study Lived experience in patients with recurrent glioblastoma in Japan: A narrative study Asian/Pacific Island Nursing Journal, 2, 4, 157-165 Asian/Pacific Island Nursing Journal, 2, 4, 157-165 Asian/Pacific Island Nursing Journal, 2, 4, 157-165 2017/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
近田 藍 近田 藍 【糖尿病があったら? 喫煙していたら? 超高齢者なら?看護過程 こんなときどうする?】(part 2)状況別に解決!こんなときどうする? 主疾患+家族背景 【糖尿病があったら? 喫煙していたら? 超高齢者なら?看護過程 こんなときどうする?】(part 2)状況別に解決!こんなときどうする? 主疾患+家族背景 プチナース, 29, 7, 38-38 プチナース, 29, 7, 38-38 , 29, 7, 38-38 2020/05 日本語 公開
近田 藍 近田 藍 【適切なアセスメントができる!患者さんに合ったケアにつながる!看護過程に活用できる看護理論】看護理論を活用した看護過程の展開のコツ ヴァージニア・ヘンダーソン 【適切なアセスメントができる!患者さんに合ったケアにつながる!看護過程に活用できる看護理論】看護理論を活用した看護過程の展開のコツ ヴァージニア・ヘンダーソン Nursing Canvas, 6, 7, 15-21 Nursing Canvas, 6, 7, 15-21 , 6, 7, 15-21 2018/06 日本語 公開
任 和子, 近田 藍 任 和子, 近田 藍 病期・発達段階の視点でみる 疾患別看護過程 脳梗塞 病期・発達段階の視点でみる 疾患別看護過程 脳梗塞 プチナース, 25, 4別冊, 2-19 プチナース, 25, 4別冊, 2-19 , 25, 4別冊, 2-19 2016/03 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
就労中2型糖尿病患者における食事調整の実際:質的記述的研究 就労中2型糖尿病患者における食事調整の実際:質的記述的研究 第57回日本糖尿病学会近畿地方会 第57回日本糖尿病学会近畿地方会 ポスター発表 公開
Recommended Cultural Considerations of Advance Care Planning in Japan: A Systematic Review Recommended Cultural Considerations of Advance Care Planning in Japan: A Systematic Review Recommended Cultural Considerations of Advance Care Planning in Japan: A Systematic Review 23rd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 23rd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 23rd East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS) 2020/01/11 英語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
任, 和子 任, 和子 病期・発達段階の視点でみる疾患別看護過程 病期・発達段階の視点でみる疾患別看護過程 照林社 照林社 2020/12 日本語 分担執筆 公開
任, 和子, 井川, 順子, 秋山, 智弥, 京都大学医学部附属病院看護部 任, 和子, 井川, 順子, 秋山, 智弥, 京都大学医学部附属病院看護部 根拠と事故防止からみた基礎・臨床看護技術 根拠と事故防止からみた基礎・臨床看護技術 医学書院 医学書院 2017/10 日本語 分担執筆 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
研究活動スタート支援 代表 悪性脳腫瘍患者が最期までその人らしく生きることを支えるACP看護支援モデルの検討 2020/09/11〜2022/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
公益財団法人 笹川保健財団 ホスピス緩和ケアに関する研究助成 近田 藍 悪性神経膠腫患者のEnd of Life Discussionの実態と終末期がん患者のQuality of lifeに関する遺族調査 2019/04/01〜2020/02/07
公益財団法人 SGH財団 第1回SGHがん看護研究助成 近田 藍 悪性神経膠腫患者のEnd of Life Discussionに対する遺族の認識と意向:質的記述的研究 2019/12/01〜2020/12/31
京都大学若手研究者スタートアップ研究費(第Ⅰ期) 近田 藍 悪性脳腫瘍患者が最期までその人らしく生きることを支えるACP看護支援モデルの検討 2020/04/01〜2020/09/30