大河内 泰樹

最終更新日時: 2021/06/30 20:59:45

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大河内 泰樹/オオコウチ タイジュ/Okochi, Taiju
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/思想文化学専攻思想文化学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(社会学) 一橋大学
ボーフム博士(哲学) ルール大学
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5458-0069
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0165380
研究テーマ
(日本語)
ヘーゲルを中心とするドイツ観念論、批判理論、プラグマティズム
(英語)
German Idealism, especially Hegel. Critical Theory, Pragmatism
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
大河内泰樹 大河内泰樹 宥和の政治哲学——藤原保信『ヘーゲルの政治哲学(著作集第二巻)』への時期外れの書評 宥和の政治哲学——藤原保信『ヘーゲルの政治哲学(著作集第二巻)』への時期外れの書評 , 27, 67-77 , 27, 67-77 , 27, 67-77 2020/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内泰樹, Yining Wu(Tr 大河内泰樹, Yining Wu(Tr Taiju Okochi, Yining Wu(Transl.) 行动与伦理生活——第二自然与黑格尔对主体概念的根本性修正 行动与伦理生活——第二自然与黑格尔对主体概念的根本性修正 Action and Ethical Life: Second Nature and Hegel’s Radical Revision of Agency) Academia Ethica (伦理学术), 6, 76-88 Academia Ethica (伦理学术), 6, 76-88 , 6, 76-88 2019/04 中国語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内泰樹 大河内泰樹 Taiju Okochi 存在と反省——ガブリエルによるヘーゲル批判へのメタクリティーク 存在と反省——ガブリエルによるヘーゲル批判へのメタクリティーク Being and Reflection. Meta-criticism of Markus Gabriel's Hegel-Criticism 国際哲学研究 別冊, 11, 43-52 国際哲学研究 別冊, 11, 43-52 , 11, 43-52 2019/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内泰樹 大河内泰樹 誰がヘーゲルを恐れるのか 誰がヘーゲルを恐れるのか 法の理論, 37, 189-196 法の理論, 37, 189-196 , 37, 189-196 2019/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 多元的存在論の体系——ノン・スタンダード存在論としてのヘーゲル『エンチュクロペディ』 多元的存在論の体系——ノン・スタンダード存在論としてのヘーゲル『エンチュクロペディ』 思想, 1137, 6-20 思想, 1137, 6-20 , 1137, 6-20 2018/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 生命における概念と規範——観念論の範型としての生命認識—— 生命における概念と規範——観念論の範型としての生命認識—— ハイデガー・フォーラム, 12, 95-107 ハイデガー・フォーラム, 12, 95-107 , 12, 95-107 2018/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 規範と解釈——ブランダムと〈規則に従うこと〉のヘーゲル主義的モデル 規範と解釈——ブランダムと〈規則に従うこと〉のヘーゲル主義的モデル 法の理論, 36, 25-49 法の理論, 36, 25-49 , 36, 25-49 2018/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 プラグマティズム・自然主義・ヘーゲル プラグマティズム・自然主義・ヘーゲル 哲学の探求, 44, 193-207 哲学の探求, 44, 193-207 , 44, 193-207 2017/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 ユルゲン・ハーバーマス著「真理と正当化」 ユルゲン・ハーバーマス著「真理と正当化」 読書人, 3156, 4-4 読書人, 3156, 4-4 , 3156, 4-4 2016/09 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 アクセル・ホネットの承認論をめぐって(下) アクセル・ホネットの承認論をめぐって(下) 図書新聞, 3266, 5-5 図書新聞, 3266, 5-5 , 3266, 5-5 2016/08 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 アクセル・ホネットの承認論をめぐって(上) アクセル・ホネットの承認論をめぐって(上) 図書新聞, 3265, 3-3 図書新聞, 3265, 3-3 , 3265, 3-3 2016/07 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 認識批判と経験科学——ヘーゲル『大論理学』、概念論、「認識の理念」章の読解を通じて—— 認識批判と経験科学——ヘーゲル『大論理学』、概念論、「認識の理念」章の読解を通じて—— 情況, 5, 3, 254-272 情況, 5, 3, 254-272 , 5, 3, 254-272 2016/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
ミヒャエル・クヴァンテ, 大河内泰樹 ミヒャエル・クヴァンテ, 大河内泰樹 「行為は現実性である」―ヘーゲルの帰属主義的・プラグマティズム的現実性概念 「行為は現実性である」―ヘーゲルの帰属主義的・プラグマティズム的現実性概念 ヘーゲル哲学研究, 21, 22-38 ヘーゲル哲学研究, 21, 22-38 , 21, 22-38 2015/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 『ドイツ観念論』とはなにか?―あるいは「ドイツ観念論」はなぜそう呼ばれるべきではないのか? 『ドイツ観念論』とはなにか?―あるいは「ドイツ観念論」はなぜそう呼ばれるべきではないのか? ニュクス, 2, 8-24 ニュクス, 2, 8-24 , 2, 8-24 2015/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 ヘーゲルとプラグマティズム ヘーゲルとプラグマティズム 思想, 1100, 94-107 思想, 1100, 94-107 , 1100, 94-107 2015/12 日本語 公開
Taiju Okochi Taiju Okochi Hegels Konezept des Sozialstaates Hegels Konezept des Sozialstaates Hegel's concept of social state Der Sozialstaat: Gegenwart und Geschichte einer Hegelschen Idee, 37-47 Der Sozialstaat: Gegenwart und Geschichte einer Hegelschen Idee, 37-47 , 37-47 2015/08 ドイツ語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 真理と規範——カント的プラグマティズムからヘーゲル的プラグマティズムへ 真理と規範——カント的プラグマティズムからヘーゲル的プラグマティズムへ 現代思想, 43, 11, 208-223 現代思想, 43, 11, 208-223 , 43, 11, 208-223 2015/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 Taiju Okochi 政治としての発話行為 : 規範性の文脈化と脱文脈化 政治としての発話行為 : 規範性の文脈化と脱文脈化 Speech Acts as Politics: The Contextualization and De-contextualization of Normativity 一橋社会科学, 7, 別冊, 151-165 一橋社会科学, 7, 別冊, 151-165 , 7, 別冊, 151-165 2015/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 ガバナンスという名の従属 「学校教育法及び国立大学法人法改正」問題と大学の新自由主義的統治 ガバナンスという名の従属 「学校教育法及び国立大学法人法改正」問題と大学の新自由主義的統治 現代思想, 42, 10 現代思想, 42, 10 , 42, 10 2014/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 学校教育法・国立大学法人法「改正」問題と若手研究者の取り組み 学校教育法・国立大学法人法「改正」問題と若手研究者の取り組み 経済, 229, 131-137 経済, 229, 131-137 , 229, 131-137 2014/10 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 規範・欲望・承認—ピピン、マクダウェル、ブランダムによるヘーゲル『精神現象学』「自己意識章」の規範的解釈 規範・欲望・承認—ピピン、マクダウェル、ブランダムによるヘーゲル『精神現象学』「自己意識章」の規範的解釈 唯物論研究年誌, 19, 178-191 唯物論研究年誌, 19, 178-191 , 19, 178-191 2014/10 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 大学の社会的役割を破壊する学校教育法・国立大学法人法改正 大学の社会的役割を破壊する学校教育法・国立大学法人法改正 世界, 859 世界, 859 , 859 2014/08 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 形而上学批判としての形而上学—哲学史的コンテクストにおけるヘーゲル論理学 形而上学批判としての形而上学—哲学史的コンテクストにおけるヘーゲル論理学 ヘーゲル哲学研究, 19, 72-82 ヘーゲル哲学研究, 19, 72-82 , 19, 72-82 2013/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 ジャン=クレ・マルタン著、信友建志『哲学の犯罪計画—ヘーゲル『精神現象学を読む』 ジャン=クレ・マルタン著、信友建志『哲学の犯罪計画—ヘーゲル『精神現象学を読む』 図書新聞, 3127, 5-5 図書新聞, 3127, 5-5 , 3127, 5-5 2013/09 日本語 公開
TAIJU OKOCHI TAIJU OKOCHI TAIJU OKOCHI FREEDOM AND INSTITUTION: THEORY OF JUSTICE AS HEGELIAN "SITTLICHKEITSLEHRE" IN A. HONNETH'S DAS RECHT DER FREIHEIT FREEDOM AND INSTITUTION: THEORY OF JUSTICE AS HEGELIAN "SITTLICHKEITSLEHRE" IN A. HONNETH'S DAS RECHT DER FREIHEIT FREEDOM AND INSTITUTION: THEORY OF JUSTICE AS HEGELIAN "SITTLICHKEITSLEHRE" IN A. HONNETH'S DAS RECHT DER FREIHEIT Hitotsubashi journal of social studies, 44, 1, 9-19 Hitotsubashi journal of social studies, 44, 1, 9-19 Hitotsubashi journal of social studies, 44, 1, 9-19 2012/07 英語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 Taiju Okochi 合理性の階梯 ― R・ブランダムにおけるヘーゲル主義への一視角 合理性の階梯 ― R・ブランダムにおけるヘーゲル主義への一視角 The Stages of Reason: R. Brandom's Hegelianism and the Historical Conception of Rationality 一橋社会科学, 4, 1-12 一橋社会科学, 4, 1-12 Hitotsubashi Bulletin of Social Sciences, 4, 1-12 2012/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
Taiju Okochi Taiju Okochi Taiju Okochi The Dimensions of Hegel's Dialectic. The Dimensions of Hegel's Dialectic. The Dimensions of Hegel's Dialectic. HEGEL-STUDIEN, 46, 196-200 HEGEL-STUDIEN, 46, 196-200 HEGEL-STUDIEN, 46, 196-200 2012 ドイツ語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 Taiju Okochi 近代社会の病理とコミュニケーション的自由—A・ホネットのヘーゲル『法哲学』解釈 近代社会の病理とコミュニケーション的自由—A・ホネットのヘーゲル『法哲学』解釈 Pathology of the Modern Society and communicative Liberty. A. Honneth's Interpretaion of Hegel's Philosophy of Right ヘーゲル哲学研究, 17, 106-114 ヘーゲル哲学研究, 17, 106-114 Studien zu Hegels Philosophie, 17, 106-114 2011/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Taiju OKOCHI Taiju OKOCHI UNIVERSITÄT ALS ORT DES SÄKULARISIERTEN SONNTAGS : DIE BESTIMMUNG DER UNIVERSITÄT BEI HEGEL UNIVERSITÄT ALS ORT DES SÄKULARISIERTEN SONNTAGS : DIE BESTIMMUNG DER UNIVERSITÄT BEI HEGEL UNIVERSITÄT ALS ORT DES SÄKULARISIERTEN SONNTAGS : DIE BESTIMMUNG DER UNIVERSITÄT BEI HEGEL Hitotsubashi journal of social studies, 43, 1, 23-29 Hitotsubashi journal of social studies, 43, 1, 23-29 , 43, 1, 23-29 2011/07 ドイツ語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
Taiju Okochi Taiju Okochi Krieg und internationale Anerkennung. Hegel und Rawls zum Völkerrecht Krieg und internationale Anerkennung. Hegel und Rawls zum Völkerrecht Krieg und internationale Anerkennung. Hegel und Rawls zum Völkerrecht Hegel-Jahrbuch 2011 Geist? Zweiter Teil, 421-426 Hegel-Jahrbuch 2011 Geist? Zweiter Teil, 421-426 , 421-426 2011/04 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内泰樹 大河内泰樹 コミュニケーション・承認・労働—A・ホネットにおける批判的社会理論の准拠点 コミュニケーション・承認・労働—A・ホネットにおける批判的社会理論の准拠点 唯物論と現代, 45, 58-71 唯物論と現代, 45, 58-71 , 45, 58-71 2010/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内泰樹 大河内泰樹 労働と思想 アクセル・ホネットー承認・物象化・労働 労働と思想 アクセル・ホネットー承認・物象化・労働 POSSE, 9, 131-143 POSSE, 9, 131-143 , 9, 131-143 2010/12 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 岡本裕一朗『ヘーゲルと現代思想の臨界—ポストモダンのフクロウたち』 岡本裕一朗『ヘーゲルと現代思想の臨界—ポストモダンのフクロウたち』 図書新聞, 2925 図書新聞, 2925 , 2925 2009/07 日本語 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 Taiju Okochi 啓蒙への関心とその限界 : 初期ハーバーマスの認識論とドイツ観念論 啓蒙への関心とその限界 : 初期ハーバーマスの認識論とドイツ観念論 Das Interesse der Aufklärung und ihre Grenze. Die Erkenntnistheorie des frühen Habermas und der deutsche Idealismus 一橋社会科学, 4, 217-241 一橋社会科学, 4, 217-241 , 4, 217-241 2008/06 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 カントとヘーゲルの間 現代批判理論の位置規定をめぐって カントとヘーゲルの間 現代批判理論の位置規定をめぐって 情況, 8, 7, 120-133 情況, 8, 7, 120-133 , 8, 7, 120-133 2007/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 脱超越論化と相互主観性 ハーバーマスによる『精神現象学』批判のメタクリティーク 脱超越論化と相互主観性 ハーバーマスによる『精神現象学』批判のメタクリティーク 理想, 679, 106-118 理想, 679, 106-118 , 679, 106-118 2007/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 『精神現象学』における「キリスト教の脱構築」、あるいはナンシーにおける留保付きヘーゲル主義 『精神現象学』における「キリスト教の脱構築」、あるいはナンシーにおける留保付きヘーゲル主義 『現代思想』2007年7月臨時増刊 「総特集ヘーゲル 『精神現象学』200年の転回」, 35, 9, 285-299 『現代思想』2007年7月臨時増刊 「総特集ヘーゲル 『精神現象学』200年の転回」, 35, 9, 285-299 , 35, 9, 285-299 2007/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Die Logik des Gewissens. Im besonderen Hinblick auf die Kantische Lehre der moralischen Realopposition (「ヘーゲル良心論の論理−カントによる善悪の実在的対立論を顧慮して」) Die Logik des Gewissens. Im besonderen Hinblick auf die Kantische Lehre der moralischen Realopposition (「ヘーゲル良心論の論理−カントによる善悪の実在的対立論を顧慮して」) Die Logik des Gewissens. Im besonderen Hinblick auf die Kantische Lehre der moralischen Realopposition Hegel-Jahrbuch 2007, Das Leben denken. Zweiter Teil, Berlin, 102-106 Hegel-Jahrbuch 2007, Das Leben denken. Zweiter Teil, Berlin, 102-106 , 102-106 2007/04 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 規範という暴力に対する倫理的な態度 バトラーにおける批判と倫理 規範という暴力に対する倫理的な態度 バトラーにおける批判と倫理 『現代思想』 2006年 10月臨時増刊「総特集ジュディス・バトラー 触発する思想」, 34, 12, 140-157 『現代思想』 2006年 10月臨時増刊「総特集ジュディス・バトラー 触発する思想」, 34, 12, 140-157 , 34, 12, 140-157 2006/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Objektivitat der Welt und Intersubjektivitat der Verstandigung. Habermas’ neuere Auseinandersetzung mit Hegel Objektivitat der Welt und Intersubjektivitat der Verstandigung. Habermas’ neuere Auseinandersetzung mit Hegel Objektivitat der Welt und Intersubjektivitat der Verstandigung. Habermas’ neuere Auseinandersetzung mit Hegel Hitotsubashi Journal of the Social Studies, 38, 1, 33-41 Hitotsubashi Journal of the Social Studies, 38, 1, 33-41 , 38, 1, 33-41 2006/07 ドイツ語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Reflexionsbegriffe und Reflexionsbestimmungen. Eine ideengeschichtliche, entwicklungsgeschichtliche und systematische Studie uber die Hauptbegriffe in Hegels Wesenslogik, in besonderem Ruckblick auf das Amphiboliekapitel der Kantischen Kritik der reinen V Reflexionsbegriffe und Reflexionsbestimmungen. Eine ideengeschichtliche, entwicklungsgeschichtliche und systematische Studie uber die Hauptbegriffe in Hegels Wesenslogik, in besonderem Ruckblick auf das Amphiboliekapitel der Kantischen Kritik der reinen V Reflexionsbegriffe und Reflexionsbestimmungen. Eine ideengeschichtliche, entwicklungsgeschichtliche und systematische Studie uber die Hauptbegriffe in Hegels Wesenslogik, in besonderem Ruckblick auf das Amphiboliekapitel der Kantischen Kritik der reinen V 博士学位論文 博士学位論文 2006/04 ドイツ語 研究論文(その他学術会議資料等) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie (「実体と力 二義性章におけるカントの単子論批判とライプニッツの力学的実体概念と質料概念」), 743-748 (「実体と力 二義性章におけるカントの単子論批判とライプニッツの力学的実体概念と質料概念」), 743-748 Herbert Berger, Jurgen Herbst und Sven Erdner (Hrsg.), VIII. Internationaler Leibniz-Kongress: Einheit in der Vielheit. Vortrage 2. Teil, Hannover, 2006, 743-748 2006/04 ドイツ語 研究論文(国際会議プロシーディングス) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 大河内 泰樹 Autonomy of Practical Reason and its Limit. Kant’s Theory of Practical Interest(「実践理性の自律とその限界竏茶Jントによる実践的関心の理論」) Autonomy of Practical Reason and its Limit. Kant’s Theory of Practical Interest(「実践理性の自律とその限界竏茶Jントによる実践的関心の理論」) Autonomy of Practical Reason and its Limit. Kant's Theory of Practical Interest Hitotsubashi Journal of the Social Studies, 37, 2, 63-71 Hitotsubashi Journal of the Social Studies, 37, 2, 63-71 Hitotsubashi Journal of the Social Studies, 37, 2, 63-71 2005/12 英語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Der transzendentale Idealismus und die Widerlegung des materialen Idealismus in den beiden Auflagen der Kritik der reinen Vernunft und den Prolegomena von Kant Der transzendentale Idealismus und die Widerlegung des materialen Idealismus in den beiden Auflagen der Kritik der reinen Vernunft und den Prolegomena von Kant Der transzendentale Idealismus und die Widerlegung des materialen Idealismus in den beiden Auflagen der Kritik der reinen Vernunft und den Prolegomena von Kant Hitosubashi Journal of the Social Studies, 37, 1, 33-51 Hitosubashi Journal of the Social Studies, 37, 1, 33-51 , 37, 1, 33-51 2005/07 ドイツ語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Logik der Identitat und der Verschiedenheit in Hegels Wissenschaft der Logik -Die Kritik der vergleichenden Reflexion und die Stellung zum Satz der Identitat des Nichtzuunterscheidenden Logik der Identitat und der Verschiedenheit in Hegels Wissenschaft der Logik -Die Kritik der vergleichenden Reflexion und die Stellung zum Satz der Identitat des Nichtzuunterscheidenden Logik der Identitat und der Verschiedenheit in Hegels Wissenschaft der Logik -Die Kritik der vergleichenden Reflexion und die Stellung zum Satz der Identitat des Nichtzuunterscheidenden ヘーゲル<論理学>研究, 9, 25-56 ヘーゲル<論理学>研究, 9, 25-56 Studies in Hegel's Logic, 9, 25-56 2003/04 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 「内的なもの」と「外的なもの」 カントとヘーゲルの実体概念をめぐって 「内的なもの」と「外的なもの」 カントとヘーゲルの実体概念をめぐって ヘーゲル研究会編 『ヘーゲル研究』, 6, 53-65 ヘーゲル研究会編 『ヘーゲル研究』, 6, 53-65 , 6, 53-65 2000/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 ヘーゲル『論理の学』におけるMaterie概念批判の検討 超越論的観念論から絶対的観念論への展開をめぐる一つの視座 ヘーゲル『論理の学』におけるMaterie概念批判の検討 超越論的観念論から絶対的観念論への展開をめぐる一つの視座 ヘーゲル論理学研究会編 『ヘーゲル論理学研究』, 5, 21-34 ヘーゲル論理学研究会編 『ヘーゲル論理学研究』, 5, 21-34 , 5, 21-34 1999/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 反省と形而上学ーヘーゲル『仮象』の論理の一解釈 反省と形而上学ーヘーゲル『仮象』の論理の一解釈 若手哲学者ゼミナール編 『哲学の探求 第25回全国若手哲学者ゼミナール報告・論文集』, 25, 77-95 若手哲学者ゼミナール編 『哲学の探求 第25回全国若手哲学者ゼミナール報告・論文集』, 25, 77-95 , 25, 77-95 1998/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
Ist Hegel ein Eurozentrist? Ja, aber gut so.[招待あり] Ist Hegel ein Eurozentrist? Ja, aber gut so. [招待あり] Ist Hegel ein Eurozentrist? Ja, aber gut so. [招待あり] Internationale Tagung. Das Beste von Hegel Internationale Tagung. Das Beste von Hegel Internationale Tagung. Das Beste von Hegel 2021/06/26 ドイツ語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
統治性の制度としてのポリツァイ[招待あり] 統治性の制度としてのポリツァイ [招待あり] Polizei als Institution der Gouvernementalität. Ein ideengeschichtlicher Kontext des Hegelschen Begriffs [招待あり] 第3回日中哲学会議「ヘーゲルとマルクス」 第3回日中哲学会議「ヘーゲルとマルクス」 黑格尔与马克思”——中日哲学论坛·第三期 2020/08/29 ドイツ語 口頭発表(招待・特別) 公開
多元的存在論・プラグマティズム・観念論 ガブリエルから(ブランダムを経由して)ヘーゲルの哲学体系の多元論的解釈へ[招待あり] 多元的存在論・プラグマティズム・観念論 ガブリエルから(ブランダムを経由して)ヘーゲルの哲学体系の多元論的解釈へ [招待あり] 哲学オンラインセミナー 哲学オンラインセミナー 2020/06/20 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
3. Taiju Okochi, „Natur im Begriff. Warum braucht Hegel die ‚Objektivität‘ für seine subjektive Logik?[招待あり] 3. Taiju Okochi, „Natur im Begriff. Warum braucht Hegel die ‚Objektivität‘ für seine subjektive Logik? [招待あり] 3. Taiju Okochi, „Natur im Begriff. Warum braucht Hegel die ‚Objektivität‘ für seine subjektive Logik? [招待あり] Heidelberger Hegel-Tagung. Grundprobleme der Wissenschaft der Logik Heidelberger Hegel-Tagung. Grundprobleme der Wissenschaft der Logik Heidelberger Hegel-Tagung. Grundprobleme der Wissenschaft der Logik 2019/07/30 ドイツ語 口頭発表(招待・特別) 公開
Wissen und Handlung. Zwei Formen der Subjektivität in der Idee[招待あり] Wissen und Handlung. Zwei Formen der Subjektivität in der Idee [招待あり] Wissen und Handlung. Zwei Formen der Subjektivität in der Idee [招待あり] Hegels Wissenschaft der Logik als Paradigma moderner Subjektivität Hegels Wissenschaft der Logik als Paradigma moderner Subjektivität Hegels Wissenschaft der Logik als Paradigma moderner Subjektivität 2019/06/28 ドイツ語 口頭発表(基調) 公開
The Retreat from the Natural. Deficiency of the Contemporary Critical Theory and Judith Butler’s Thesis that Sex is Gender.[招待あり] The Retreat from the Natural. Deficiency of the Contemporary Critical Theory and Judith Butler’s Thesis that Sex is Gender. [招待あり] The Retreat from the Natural. Deficiency of the Contemporary Critical Theory and Judith Butler’s Thesis that Sex is Gender. [招待あり] Fakultät 1, Fach Philosophie, Bergische Universität-Wuppertal Fakultät 1, Fach Philosophie, Bergische Universität-Wuppertal Fakultät 1, Fach Philosophie, Bergische Universität-Wuppertal 2019/06/04 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Following the Rule Without Interpreting It? Brandom’s Hermeneutic Concept of Social Norms Following the Rule Without Interpreting It? Brandom’s Hermeneutic Concept of Social Norms Following the Rule Without Interpreting It? Brandom’s Hermeneutic Concept of Social Norms The Social Institution of Norms. A Workshop with Robert Brandom, Department of Philosophy, Universität Wien The Social Institution of Norms. A Workshop with Robert Brandom, Department of Philosophy, Universität Wien The Social Institution of Norms. A Workshop with Robert Brandom, Department of Philosophy, Universität Wien 2019/04/08 英語 口頭発表(一般) 公開
Action and Ethical Life. Second Nature and Hegel’s Radical Revision of Agency.[招待あり] Action and Ethical Life. Second Nature and Hegel’s Radical Revision of Agency. [招待あり] Action and Ethical Life. Second Nature and Hegel’s Radical Revision of Agency. [招待あり] Internationale Tagung „Handlung und Gerechtigkeit in Hegels praktischer Philosophie/Action and Justice in Hegel’s Practical Philosophy Internationale Tagung „Handlung und Gerechtigkeit in Hegels praktischer Philosophie/Action and Justice in Hegel’s Practical Philosophy Internationale Tagung „Handlung und Gerechtigkeit in Hegels praktischer Philosophie/Action and Justice in Hegel’s Practical Philosophy 2018/12/20 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
多元的存在論・プラグマティズム・観念論 ガブリエルから(ブランダムを経由して)ヘーゲルの哲学体系の多元論的解釈へ[招待あり] 多元的存在論・プラグマティズム・観念論 ガブリエルから(ブランダムを経由して)ヘーゲルの哲学体系の多元論的解釈へ [招待あり] 東洋大学国際哲学研究センター国際シンポジウム「ドイツ古典哲学と現代」 東洋大学国際哲学研究センター国際シンポジウム「ドイツ古典哲学と現代」 2018/06/14 口頭発表(招待・特別) 公開
概念と自然——自然主義批判としての観念論[招待あり] 概念と自然——自然主義批判としての観念論 [招待あり] ハイデガーフォーラム第12回大会 ハイデガーフォーラム第12回大会 ハイデガーフォーラム ハイデガーフォーラム 2017/09/16 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
リベラリズム批判としてのヘーゲル承認論———フィヒテ承認概念の刷新とその意味[招待あり] リベラリズム批判としてのヘーゲル承認論———フィヒテ承認概念の刷新とその意味 [招待あり] ヘーゲルとマルクス ヘーゲルとマルクス 清華大学人文学院哲学部 清華大学人文学院哲学部 2017/03/12 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
近代的コーポラティズム国家?ヘーゲル「Korporation論」の再検討[招待あり] 近代的コーポラティズム国家?ヘーゲル「Korporation論」の再検討 [招待あり] 大河内泰樹教授講演会「近代的コーポラティズム国家?ヘーゲル「Korporation論」の再検討」 大河内泰樹教授講演会「近代的コーポラティズム国家?ヘーゲル「Korporation論」の再検討」 東北師範大学マルクス主義学部 東北師範大学マルクス主義学部 2016/10/31 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
習慣と制度:ヘーゲルにおける「第二の自然」概念をめぐる現代哲学の議論状況[招待あり] 習慣と制度:ヘーゲルにおける「第二の自然」概念をめぐる現代哲学の議論状況 [招待あり] 大河内泰樹教授講演会「習慣と制度:ヘーゲルにおける「第二の自然」概念をめぐる現代哲学の議論状況」 大河内泰樹教授講演会「習慣と制度:ヘーゲルにおける「第二の自然」概念をめぐる現代哲学の議論状況」 東北師範大学マルクス主義学部 東北師範大学マルクス主義学部 2016/10/31 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
なぜプラグマティズムにおいてヘーゲルが問題となるのか—— R・ブランダムのネオプグマティズとヘーゲル主義 ——[招待あり] なぜプラグマティズムにおいてヘーゲルが問題となるのか—— R・ブランダムのネオプグマティズとヘーゲル主義 —— [招待あり] 2016年度哲学若手研究者フォーラム・テーマレクチャー 2016年度哲学若手研究者フォーラム・テーマレクチャー 哲学若手研究者フォーラム 哲学若手研究者フォーラム 2016/07/16 日本語 口頭発表(一般) 公開
Trieb des Wahren. Hegels praktisches Konzept der Erkenntnis in seiner Ideenlehre der Wissenschaft der Logik[招待あり] Trieb des Wahren. Hegels praktisches Konzept der Erkenntnis in seiner Ideenlehre der Wissenschaft der Logik [招待あり] Trieb des Wahren. Hegels praktisches Konzept der Erkenntnis in seiner Ideenlehre der Wissenschaft der Logik [招待あり] Instituts für Philosophie, Friedrich-Schiller-Universität Jena Instituts für Philosophie, Friedrich-Schiller-Universität Jena Instituts für Philosophie, Friedrich-Schiller-Universität Jena 2016/05/24 ドイツ語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Was ist die Natur des Menschen? Die „zweite Natur“ zwischen Gewohnheit und Institution (人間の自然/本性とは何か?習慣と制度の間の「第二の自然」) Was ist die Natur des Menschen? Die „zweite Natur“ zwischen Gewohnheit und Institution (人間の自然/本性とは何か?習慣と制度の間の「第二の自然」) Was ist die Natur des Menschen? Die „zweite Natur“ zwischen Gewohnheit und Institution (人間の自然/本性とは何か?習慣と制度の間の「第二の自然」) 31. Internationaler Hegel-Kongress der Internationalen Hegel-Gesellschaft 31. Internationaler Hegel-Kongress der Internationalen Hegel-Gesellschaft 31. Internationaler Hegel-Kongress der Internationalen Hegel-Gesellschaft Internationale Hegel-Gesellschaft Internationale Hegel-Gesellschaft 2016/05/17 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
習慣と制度——ヘーゲルにおける「第二の自然」 習慣と制度——ヘーゲルにおける「第二の自然」 研究会議「ドイツ観念論と自然主義の再検討」 研究会議「ドイツ観念論と自然主義の再検討」 科研費基盤(C)「承認論の認識論への拡張によるヘーゲル観念論の自然化についての研究」 科研費基盤(C)「承認論の認識論への拡張によるヘーゲル観念論の自然化についての研究」 2016/03/19 日本語 口頭発表(一般) 公開
Hegels Konzept des Sozialstaates. Polizei und Korporation im Kontext der Gouvernementalitaet (ヘーゲルの社会国家概念——統治性の文脈におけるポリツァイとコルポラツィオン) Hegels Konzept des Sozialstaates. Polizei und Korporation im Kontext der Gouvernementalitaet (ヘーゲルの社会国家概念——統治性の文脈におけるポリツァイとコルポラツィオン) 2. Hegel-Kongress des ostasiatischen Hegel-Netzwerks, „Sozialstaat: Gegenwart und Geschichte einer Idee Hegels 2. Hegel-Kongress des ostasiatischen Hegel-Netzwerks, „Sozialstaat: Gegenwart und Geschichte einer Idee Hegels Das ostasiatisches Hegel-Netzwerk Das ostasiatisches Hegel-Netzwerk 2015/08/27 日本語 口頭発表(一般) 公開
Gibt es einen demokratischen korporativen Staat? Über die Aktualität der Lehre von der Korporation in Hegels Grundlinien der Philosophie des Rechts (「民主的なコーポラティズム国家は可能か?ヘーゲル『法哲学要綱』におけるコルポラツィオン論の現代性」) Gibt es einen demokratischen korporativen Staat? Über die Aktualität der Lehre von der Korporation in Hegels Grundlinien der Philosophie des Rechts (「民主的なコーポラティズム国家は可能か?ヘーゲル『法哲学要綱』におけるコルポラツィオン論の現代性」) The 5th Hitotsubashi Semianr on Philosophy and Social Thought. Dimensionen der Freiheit. Internationale Tagung über Hegels Rechtsphilosophie und Prof. Klaus Viewegs Das Denken der Freiheit The 5th Hitotsubashi Semianr on Philosophy and Social Thought. Dimensionen der Freiheit. Internationale Tagung über Hegels Rechtsphilosophie und Prof. Klaus Viewegs Das Denken der Freiheit 科研費基盤(C)「承認論の認識論への拡張によるヘーゲル観念論の自然化についての研究」 科研費基盤(C)「承認論の認識論への拡張によるヘーゲル観念論の自然化についての研究」 2015/03/15 日本語 口頭発表(一般) 公開
認識批判と経験科学―ヘーゲル『大論理学』概念論「認識の理念」章の読解を通じて― 認識批判と経験科学―ヘーゲル『大論理学』概念論「認識の理念」章の読解を通じて― 日本大学人文科学研究所・哲学ワークショップ第8回「ヘーゲル論理学の射程」 日本大学人文科学研究所・哲学ワークショップ第8回「ヘーゲル論理学の射程」 日本大学人文科学研究所 日本大学人文科学研究所 2015/03/10 日本語 口頭発表(一般) 公開
宥和の政治哲学—近代政治哲学の批判者としてのヘーゲル[招待あり] 宥和の政治哲学—近代政治哲学の批判者としてのヘーゲル [招待あり] 政治哲学は復権したのか?〜藤原政治哲学のポテンシャリティ〜『藤原保信著作集』刊行開始10年記念研究会・シンポジウム 政治哲学は復権したのか?〜藤原政治哲学のポテンシャリティ〜『藤原保信著作集』刊行開始10年記念研究会・シンポジウム 『藤原保信著作集』刊行10年記念シリーズ研究会実行委員会 『藤原保信著作集』刊行10年記念シリーズ研究会実行委員会 2014/11/29 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
認識批判と経験科学—『ヘーゲル大論理学』、概念論、「認識の理念」章の読解を通じて—[招待あり] 認識批判と経験科学—『ヘーゲル大論理学』、概念論、「認識の理念」章の読解を通じて— [招待あり] 京都ヘーゲル讀書會平成二十六年度夏期研究例會 京都ヘーゲル讀書會平成二十六年度夏期研究例會 京都ヘーゲル讀書会 京都ヘーゲル讀書会 2014/07/06 日本語 口頭発表(一般) 公開
Zur Rolle der Korporationen in Hegels Rechtsphilosophie[招待あり] Zur Rolle der Korporationen in Hegels Rechtsphilosophie [招待あり] On the Roll of Corporations in Hegel's Philosophy of Right [招待あり] Gastvortrag, Theologische Fakultät, Humboldt-Universität zu Berlin Gastvortrag, Theologische Fakultät, Humboldt-Universität zu Berlin Gastvortrag, Theologische Fakultät, Humboldt-Universität zu Berlin Theologische Fakultät, Humboldt-Universität zu Berlin Theologische Fakultät, Humboldt-Universität zu Berlin 2014/06/17 ドイツ語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
知識の社会性と科学批判—ブランダム、ハーバーマス、ヘーゲル 知識の社会性と科学批判—ブランダム、ハーバーマス、ヘーゲル 一橋哲学社会思想学会15回大会・シンポジウム「ネオ・プラグマティズムの現在」 一橋哲学社会思想学会15回大会・シンポジウム「ネオ・プラグマティズムの現在」 一橋哲学社会思想学会 一橋哲学社会思想学会 2014/06/07 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
TriebdesWahren,dieGegebenheitaufzuheben. Hegels Auseinandersetzung mit der Kantischen Erkenntnistheorie in der Ideenlehre der Wissenschaft der Logik TriebdesWahren,dieGegebenheitaufzuheben. Hegels Auseinandersetzung mit der Kantischen Erkenntnistheorie in der Ideenlehre der Wissenschaft der Logik TriebdesWahren,dieGegebenheitaufzuheben. Hegels Auseinandersetzung mit der Kantischen Erkenntnistheorie in der Ideenlehre der Wissenschaft der Logik XXX. Internationaler Hegel-Kongress "Hegels Antwort auf Kant" XXX. Internationaler Hegel-Kongress "Hegels Antwort auf Kant" 30th International Hegel Conference of the International Hegel-Society and the University of Vienna: "Hegel's Response to Kant" Internationale Hegel-Gesellschaft und Universität Wien Internationale Hegel-Gesellschaft und Universität Wien 2014/04/23 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
形而上学批判としての形而上学—哲学史的コンテクストにおけるヘーゲル論理学[招待あり] 形而上学批判としての形而上学—哲学史的コンテクストにおけるヘーゲル論理学 [招待あり] 日本ヘーゲル学会第十五回研究大会・シンポジウム「ヘーゲル大論理学出版200年を迎えて」 日本ヘーゲル学会第十五回研究大会・シンポジウム「ヘーゲル大論理学出版200年を迎えて」 日本ヘーゲル学会 日本ヘーゲル学会 2012/06/16 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
自由と制度 アクセル・ホネット『自由の権利』における承認論の展開[招待あり] 自由と制度 アクセル・ホネット『自由の権利』における承認論の展開 [招待あり] Liberty and Institution. Anerkennungstheorie in A. Honneth's Das Recht der Freiheit [招待あり] 第19回政治哲学研究会 第19回政治哲学研究会 2012/03/04 日本語 口頭発表(一般) 公開
合評会:高山 守:『因果論の超克――自由の成立にむけて』(東京大学出版会2010年)[招待あり] 合評会:高山 守:『因果論の超克――自由の成立にむけて』(東京大学出版会2010年) [招待あり] 日本ヘーゲル学会第14回研究大会 日本ヘーゲル学会第14回研究大会 2011/12/17 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
ポリツァイとコルポラツィオンの間で—大学という制度をめぐる統治の問題[招待あり] ポリツァイとコルポラツィオンの間で—大学という制度をめぐる統治の問題 [招待あり] Between Polizei and Korporation. University as Institution and Problems of the Gouvernumentalité [招待あり] シンポジウム 哲学と大学II シンポジウム 哲学と大学II 2011/12/08 日本語 口頭発表(一般) 公開
マルクスにおける労働と承認 —A・ホネットによる承認論の視点から[招待あり] マルクスにおける労働と承認 —A・ホネットによる承認論の視点から [招待あり] 21世紀の思想的課題―転換期の価値意識 /21世紀的思想課題―転型期的価値観 21世紀の思想的課題―転換期の価値意識 /21世紀的思想課題―転型期的価値観 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 北京大学哲学系 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 北京大学哲学系 2011/09/16 日本語 口頭発表(一般) 公開
シンポジウム 法哲学の現代的可能性「近代社会の病理とコミュニケーション的自由 ―A・ホネットのヘーゲル『法哲学』解釈―」[招待あり] シンポジウム 法哲学の現代的可能性「近代社会の病理とコミュニケーション的自由 ―A・ホネットのヘーゲル『法哲学』解釈―」 [招待あり] 日本ヘーゲル学会第11回研究大会 日本ヘーゲル学会第11回研究大会 2010/06/19 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
物象化論としての「価値形態論」—廣松渉の『資本論』解釈をめぐって[招待あり] 物象化論としての「価値形態論」—廣松渉の『資本論』解釈をめぐって [招待あり] 中日唯物史观和价值哲学学术讨论会/日中学術シンポジウム「唯物史観と価値哲学」 中日唯物史观和价值哲学学术讨论会/日中学術シンポジウム「唯物史観と価値哲学」 北京師範大学 北京師範大学 2009/08/24 日本語 口頭発表(一般) 公開
System und Syllogismus (体系と推理) System und Syllogismus (体系と推理) System and Syllogis 日本ヘーゲル学会主催 国際シンポジウム「ヘーゲル体系の見直し」 日本ヘーゲル学会主催 国際シンポジウム「ヘーゲル体系の見直し」 - 日本ヘーゲル学会 日本ヘーゲル学会 2009/03/03 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
「理性と宥和―ヘーゲル〈歴史哲学〉の意図していたもの」[招待あり] 「理性と宥和―ヘーゲル〈歴史哲学〉の意図していたもの」 [招待あり] 日本ヘルダー学会二〇〇八年秋季研究発表会 シンポジウム「歴史哲学の諸相」 日本ヘルダー学会二〇〇八年秋季研究発表会 シンポジウム「歴史哲学の諸相」 2008/11/01 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
「『精神現象学』における『否定的なもの』とキリスト教 J.- L. ナンシーを参照しながら」[招待あり] 「『精神現象学』における『否定的なもの』とキリスト教 J.- L. ナンシーを参照しながら」 [招待あり] 日本ヘーゲル学会第5回研究大会『精神現象学』200年記念シンポジウム「精神現象学における否定的なもの」 日本ヘーゲル学会第5回研究大会『精神現象学』200年記念シンポジウム「精神現象学における否定的なもの」 日本ヘーゲル学会 日本ヘーゲル学会 2007/06/16 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Krieg und Anerkennung unter Staaten. Hegels Lehre der internationalen Relation in seiner Rechtsphilosophie (「戦争と国家間の承認 ヘーゲル法哲学における国際関係論」) Krieg und Anerkennung unter Staaten. Hegels Lehre der internationalen Relation in seiner Rechtsphilosophie (「戦争と国家間の承認 ヘーゲル法哲学における国際関係論」) Krieg und Anerkennung unter Staaten. Hegels Lehre der internationalen Relation in seiner Rechtsphilosophie XXVI. INTERNATIONALER HEGEL-KONGRESS Poznan, 19.-23. September 2006 Thema: Hegels politische Philosophie (国際ヘーゲル学会 第26回大会「ヘーゲルの政治哲学」 XXVI. INTERNATIONALER HEGEL-KONGRESS Poznan, 19.-23. September 2006 Thema: Hegels politische Philosophie (国際ヘーゲル学会 第26回大会「ヘーゲルの政治哲学」 XXVI. INTERNATIONALER HEGEL-KONGRESS Poznan, 19.-23. September 2006 Thema: Hegels politische Philosophie 2006/09/19 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie (「実体と力 反省概念の二義性章におけるカントのモナド論批判とライプニッツによる実体と物質の力学的概念」) Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz’ dynamisches Konzept der Substanz und Materie (「実体と力 反省概念の二義性章におけるカントのモナド論批判とライプニッツによる実体と物質の力学的概念」) Substanz und Kraft. Kants Monadologiekritik im Amphiboliekapitel und Leibniz' dynamisches Konzept der Substanz und Materie VIII. Internationaler Leibniz-Kongress “Einheit in der Vielheit" 24. bis 29. Juli 2006, Universität Hannover (国際ライプニッツ学会第8回大会「多性における統一性」 VIII. Internationaler Leibniz-Kongress “Einheit in der Vielheit" 24. bis 29. Juli 2006, Universität Hannover (国際ライプニッツ学会第8回大会「多性における統一性」 VIII. Internationaler Leibniz-Kongress "Einheit in der Vielheit" 24. bis 29. Juli 2006, Universität Hannover Gottfried-Wilhelm-Leibniz-Gesellschaft Gottfried-Wilhelm-Leibniz-Gesellschaft 2006/07/24 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
Objektivität der Welt und Intersubjektivität der Verständigung 大河内泰樹「世界の客観性と了解の相互主観性―ハーバーマスの『精神現象学』解釈と批判」 Objektivität der Welt und Intersubjektivität der Verständigung 大河内泰樹「世界の客観性と了解の相互主観性―ハーバーマスの『精神現象学』解釈と批判」 Objektivität der Welt und Intersubjektivität der Verständigung 日本ヘーゲル学会主催「フンボルト・コレーク 日独哲学シンポジウム・東京プログラム」 日本ヘーゲル学会主催「フンボルト・コレーク 日独哲学シンポジウム・東京プログラム」 - 2006/03/25 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開
「実践理性の自律とその限界−カント関心論の射程」 「実践理性の自律とその限界−カント関心論の射程」 日本哲学会第64回大会 日本哲学会第64回大会 2005/05/21 日本語 口頭発表(一般) 公開
「関心と理性の限界−初期ハーバーマス認識論の哲学史的コンテクスト」 「関心と理性の限界−初期ハーバーマス認識論の哲学史的コンテクスト」 社会思想史学会第29回大会 社会思想史学会第29回大会 2004/10/10 日本語 口頭発表(一般) 公開
Das Gewissen und die Realopposition des Guten und Bösen. Eine Anwendung der Logik des Gegensatzes und des Widerspruchs auf die Moralphilosophie. (「良心と善悪の実在的対立−ヘーゲルによる対立と矛盾の論理の道徳哲学への応用」) Das Gewissen und die Realopposition des Guten und Bösen. Eine Anwendung der Logik des Gegensatzes und des Widerspruchs auf die Moralphilosophie. (「良心と善悪の実在的対立−ヘーゲルによる対立と矛盾の論理の道徳哲学への応用」) Das Gewissen und die Realopposition des Guten und Bösen. Eine Anwendung der Logik des Gegensatzes und des Widerspruchs auf die Moralphilosophie. XXV. Internationaler Hegel-Kongrß der Internationalen Hegel-Gesellschaft e.V. in Toulouse (France), „Das Leben denken“, Sep. 22.- Sep. 26. 2004. (国際ヘーゲル学会第25回大会、「生を思惟する」) XXV. Internationaler Hegel-Kongrß der Internationalen Hegel-Gesellschaft e.V. in Toulouse (France), „Das Leben denken“, Sep. 22.- Sep. 26. 2004. (国際ヘーゲル学会第25回大会、「生を思惟する」) XXV. Internationaler Hegel-Kongrß der Internationalen Hegel-Gesellschaft e.V. in Toulouse (France), "Das Leben denken", Sep. 22.- Sep. 26. 2004. 2004/09/22 ドイツ語 口頭発表(一般) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
大河内泰樹, 岡崎佑香, 岡崎龍, 野尻英一 大河内泰樹, 岡崎佑香, 岡崎龍, 野尻英一 欲望の主体——ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義 欲望の主体——ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義 Subjects of Desire. Hegelian Reflections in Twentieth-century France 堀之内出版 堀之内出版 2019/06 共訳 公開
田畑真一, 玉手 慎太郎, 山本圭編, 田村哲樹, 寺尾範野, 市川秀之, 生澤繁樹, 柿並良佑, 大河内泰樹 田畑真一, 玉手 慎太郎, 山本圭編, 田村哲樹, 寺尾範野, 市川秀之, 生澤繁樹, 柿並良佑, 大河内泰樹 政治において正しいとはどういうことか: ポスト基礎付け主義と規範の行方 政治において正しいとはどういうことか: ポスト基礎付け主義と規範の行方 勁草書房 勁草書房 2019/04 分担執筆 公開
ミヒャエル・クヴァンテ, 大河内泰樹, 瀬川真吾, 明石英人, 菊地賢 ミヒャエル・クヴァンテ, 大河内泰樹, 瀬川真吾, 明石英人, 菊地賢 カール・マルクスの哲学 カール・マルクスの哲学 リベルタス出版 リベルタス出版 2019/01 日本語 共訳 公開
井川ちとせ, 中山徹 井川ちとせ, 中山徹 個人的なことと政治的なこと——ジェンダーとアイデンティティの力学 個人的なことと政治的なこと——ジェンダーとアイデンティティの力学 彩流社 彩流社 2017/04 日本語 共著 公開
大河内 泰樹, 寄川条路, 赤石憲昭, 真田美沙, 大河内泰樹, 池松辰男, 鈴木亮三, 岡崎龍, 中畑邦夫, 瀧本有香, 片山善博, 小島優子, 小井沼広嗣, 三重野清顯 大河内 泰樹, 寄川条路, 赤石憲昭, 真田美沙, 大河内泰樹, 池松辰男, 鈴木亮三, 岡崎龍, 中畑邦夫, 瀧本有香, 片山善博, 小島優子, 小井沼広嗣, 三重野清顯 ヘーゲル講義録入門 ヘーゲル講義録入門 法政大学出版局 法政大学出版局 2016/09 日本語 共著 公開
田中拓道, 大河内泰樹, 岡崎龍, 後藤玲子, 加藤泰史, 日暮雅夫。ティートゥス・シュタール, 徳地真弥, 山田哲也, 神代健彦, 中澤篤史, 鈴木直文, 井 上睦, 森千香子, 村上一基, 湯川やよい 田中拓道, 大河内泰樹, 岡崎龍, 後藤玲子, 加藤泰史, 日暮雅夫。ティートゥス・シュタール, 徳地真弥, 山田哲也, 神代健彦, 中澤篤史, 鈴木直文, 井 上睦, 森千香子, 村上一基, 湯川やよい 承認——社会哲学と社会政策の対話 承認——社会哲学と社会政策の対話 法政大学出版会 法政大学出版会 2016/03 日本語 単著 公開
平子友長, 橋本直人, 佐山圭司, 鈴木宗徳, 景井充, 筒井淳也, 磯直樹, 前田泰樹, 大河内泰樹, 村田憲郎, 南孝典, 菊谷和宏, 杉本隆司, 田中秀生, 上杉敬子, 小谷英生, 中村美智太郎, 高安啓介, 白井亜希子, 福島知己, 荒川敏彦, 佐々木隆治, 阿部里加, 水野邦彦, 名和賢美, 赤石憲昭 平子友長, 橋本直人, 佐山圭司, 鈴木宗徳, 景井充, 筒井淳也, 磯直樹, 前田泰樹, 大河内泰樹, 村田憲郎, 南孝典, 菊谷和宏, 杉本隆司, 田中秀生, 上杉敬子, 小谷英生, 中村美智太郎, 高安啓介, 白井亜希子, 福島知己, 荒川敏彦, 佐々木隆治, 阿部里加, 水野邦彦, 名和賢美, 赤石憲昭 危機に対峙する思考 危機に対峙する思考 梓出版 梓出版 2016/01 日本語 共著 公開
大河内泰樹, 斎藤幸平, 飯泉佑介, 池松辰男, 岡崎佑香, 岡崎龍 大河内泰樹, 斎藤幸平, 飯泉佑介, 池松辰男, 岡崎佑香, 岡崎龍 神話・狂気・哄笑―ドイツ観念論の主体性 神話・狂気・哄笑―ドイツ観念論の主体性 堀之内出版 堀之内出版 2015/12 日本語 単著 公開
寄川条路, 赤石憲昭, 池松辰男, 岡崎龍, 小川真人, 小井沼広嗣, 片山善博, 小島優子, 佐山圭司, 瀧本有香, 竹島あゆみ, 竹島尚仁, 野尻英一, 三重野清顕 寄川条路, 赤石憲昭, 池松辰男, 岡崎龍, 小川真人, 小井沼広嗣, 片山善博, 小島優子, 佐山圭司, 瀧本有香, 竹島あゆみ, 竹島尚仁, 野尻英一, 三重野清顕 ヘーゲル講義録研究 ヘーゲル講義録研究 法政大学出版局 法政大学出版局 2015/11 日本語 共訳 公開
市野川容孝, 渋谷望 市野川容孝, 渋谷望 労働と思想 労働と思想 堀之内出版 堀之内出版 2014/12 日本語 共著 公開
Siichi Yamaguchi, Taiju Okochi Siichi Yamaguchi, Taiju Okochi Die japanischsprachige Hegel-Rezeption von 1878 bis 2001. Eine Bibliographie Die japanischsprachige Hegel-Rezeption von 1878 bis 2001. Eine Bibliographie Die japanischsprachige Hegel-Rezeption von 1878 bis 2001. Eine Bibliographie Peter Lang Edition Peter Lang Edition 2013/10 ドイツ語 共編者 公開
岩佐茂, 金泰明 岩佐茂, 金泰明 二一世紀の思想的課題 転換期の価値意識 二一世紀の思想的課題 転換期の価値意識 国際書院 国際書院 2013/10 日本語 共著 公開
西山雄二他 西山雄二他 人文学と制度 人文学と制度 未來社 未來社 2013/03 日本語 共著 公開
三崎和志, 水野邦彦, 大河内 泰樹 三崎和志, 水野邦彦, 大河内 泰樹 西洋哲学の軌跡 : デカルトからネグリまで 西洋哲学の軌跡 : デカルトからネグリまで 晃洋書房 晃洋書房 2012/04 日本語 共著 公開
Christoph Jamme, Yoichi Kubo Christoph Jamme, Yoichi Kubo Logik und Realität. Wie systematisch ist Hegels System? Logik und Realität. Wie systematisch ist Hegels System? Logik und Realität. Wie systematisch ist Hegels System? Wilhelm Fink Verlag Wilhelm Fink Verlag 2012/03 ドイツ語 共著 公開
ハインリッヒ・マイアー ハインリッヒ・マイアー レオ・シュトラウスと神学−政治問題 (共訳) レオ・シュトラウスと神学−政治問題 (共訳) 晃洋書房 晃洋書房 2010/10 日本語 共訳 公開
木村博編 木村博編 『フィヒテ 「全知識学の基礎」と政治的なもの』 『フィヒテ 「全知識学の基礎」と政治的なもの』 創風社 創風社 2010/08 日本語 共著 公開
久保陽一編 久保陽一編 ヘーゲル体系の見直し ヘーゲル体系の見直し 理想社 理想社 2010/06 日本語 共著 公開
岩佐茂編著 岩佐茂編著 『マルクスの構想力 疎外論の射程』 『マルクスの構想力 疎外論の射程』 社会評論社 社会評論社 2010/04 日本語 共著 公開
西山雄二他 西山雄二他 『哲学と大学』 『哲学と大学』 未來社 未來社 2009/04 日本語 共著 公開
豊泉周治, 佐藤和夫, 高山智樹 豊泉周治, 佐藤和夫, 高山智樹 『哲学から未来を開く2 生きる意味と生活を問い直す─非暴力を生きる哲学』 『哲学から未来を開く2 生きる意味と生活を問い直す─非暴力を生きる哲学』 Rethinking the Meaning of Our Lives: Philosophy of Anti-Violent Culture 青木書店 青木書店 AOKI-SHOTEN 2009/04 日本語 共著 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 『境界線の哲学』 『境界線の哲学』 DTP出版 DTP出版 2008/05 日本語 共著 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 『ヘーゲル 現代思想の起点』 『ヘーゲル 現代思想の起点』 社会評論社 社会評論社 2008/04 日本語 共著 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 OKOCHI Taiju Ontologie und Reflexionsbestimmungen. Zur Genealogie der Wesenslogik Hegels Ontologie und Reflexionsbestimmungen. Zur Genealogie der Wesenslogik Hegels Ontologie und Reflexionsbestimmungen. Zur Genealogie der Wesenslogik Hegels Konigshausen & Neumann, Wurzburg Konigshausen & Neumann, Wurzburg Konigshausen & Neumann, Wurzburg 2008/04 ドイツ語 単著 公開
ジャン=リュック・ナンシー ジャン=リュック・ナンシー ヘーゲル—否定的なものの不安 (共訳) ヘーゲル—否定的なものの不安 (共訳) 現代企画室 現代企画室 2003/04 日本語 共訳 公開
大河内 泰樹 大河内 泰樹 『精神の哲学者ヘーゲル』 『精神の哲学者ヘーゲル』 創風社 創風社 2003/04 日本語 共著 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 生命認識における概念の役割と規範--ヘーゲル自然哲学への科学史からのアプローチ (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
基盤研究(C) 代表 生命認識における概念の役割と規範--ヘーゲル自然哲学への科学史からのアプローチ (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
修士論文(西洋近世哲学史) Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2020/04〜2021/03
卒業論文(西洋近世哲学史) Graduation Thesis 通年集中 文学部 2020/04〜2021/03
哲学・西洋哲学史(卒論演習) Philosophy/History of Western Philosophy (Seminars) 後期不定 文学部 2020/04〜2021/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
系共通科目(西洋近世哲学史)(講義) History of Western Philosophy Lectures 後期 文学部 2020/04〜2021/03
系共通科目(西洋近世哲学史)(講義) History of Western Philosopy Lectures 前期 文学部 2020/04〜2021/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2020/04〜2021/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2020/04〜2021/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2020/04〜2021/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2020/04〜2021/03
修士論文(西洋近世哲学史) Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2021/04〜2022/03
卒業論文(西洋近世哲学史) Graduation Thesis 通年集中 文学部 2021/04〜2022/03
哲学I Philosophy I 前期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
哲学・西洋哲学史(卒論演習) Philosophy/History of Western Philosophy (Seminars) 後期不定 文学部 2021/04〜2022/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy(Special Lectures) 前期 文学研究科 2021/04〜2022/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2021/04〜2022/03
系共通科目(西洋近世哲学史)(講義) History of Western Philosophy Lectures 後期 文学部 2021/04〜2022/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2021/04〜2022/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2021/04〜2022/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2021/04〜2022/03
西洋哲学史(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2021/04〜2022/03
西洋哲学史〔近世〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
学生支援委員会委員 2020/04/01〜2022/03/31
国際交流委員会委員 2020/04/01〜
専修主任 2020/04/01〜2022/03/31
学生支援委員会委員 2021/04/01〜2023/03/31