糸原 光太郎

最終更新日時: 2021/06/30 08:47:57

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
糸原 光太郎/イトハラ コウタロウ/Itohara, Kotaro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/薬剤部/助教
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
日本語 Japanese jpn
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-7982-7881
researchmap URL
https://researchmap.jp/kitohara
研究テーマ
(日本語)
ファーマコメトリクスを用いた薬剤の個別化投与設計法の構築
(英語)
Construction of personalized drug dosing design using pharmacometrics
研究概要
(日本語)
薬剤には有効濃度域が存在し、その範囲に血中濃度をコントロールすることで最大の治療効果が発揮されると考えられる。しかし、薬物によってはその大きな個体内変動、個体間変動のために有効域に収めることが難しく、個別の投与設計が求められる薬剤も存在する。本研究では、薬物動態学に基づいたコンパートメントモデルや生理学的薬物動態モデルなどの種々のモデルを用いて、薬剤の個別化投与設計法を構築し、臨床現場での治療最適化を目的としている。
(英語)
The drug has an effective concentration range, and it is considered that the maximum therapeutic effect is achieved by controlling the blood concentration in that range. However, it is difficult to keep the concentration in the effective range due to its large inter- and intra-individual variability in several drugs. Therefore, some drugs are required personalized dosage design. The purpose of this study is to construct the personalized drug dosing design using various models such as compartment model or physiologically based pharmacokinetic model, and to optimize treatment in clinical practice.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
薬物動態 Pharmacokinetics
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Keiko Ikuta, Shunsaku Nakagawa, Kenji Momo, Atsushi Yonezawa, Kotaro Itohara, Yuki Sato, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Keiko Ikuta, Shunsaku Nakagawa, Kenji Momo, Atsushi Yonezawa, Kotaro Itohara, Yuki Sato, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Keiko Ikuta, Shunsaku Nakagawa, Kenji Momo, Atsushi Yonezawa, Kotaro Itohara, Yuki Sato, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Association of proton pump inhibitors and concomitant drugs with risk of acute kidney injury: a nested case-control study. Association of proton pump inhibitors and concomitant drugs with risk of acute kidney injury: a nested case-control study. Association of proton pump inhibitors and concomitant drugs with risk of acute kidney injury: a nested case-control study. BMJ open, 11, 2, e041543 BMJ open, 11, 2, e041543 BMJ open, 11, 2, e041543 2021/02/15 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Congyun Jin, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Takashi Ogihara, Kotaro Itohara, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Takashi Ogihara, Kotaro Itohara, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Takashi Ogihara, Kotaro Itohara, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Complete Deletion of Slc52a2 Causes Embryonic Lethality in Mice. Complete Deletion of Slc52a2 Causes Embryonic Lethality in Mice. Complete Deletion of Slc52a2 Causes Embryonic Lethality in Mice. Biological & pharmaceutical bulletin, 44, 2, 283-286 Biological & pharmaceutical bulletin, 44, 2, 283-286 Biological & pharmaceutical bulletin, 44, 2, 283-286 2021 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice. Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice. Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice. Scientific reports, 10, 1, 18443-18443 Scientific reports, 10, 1, 18443-18443 Scientific reports, 10, 1, 18443-18443 2020/10/28 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 2020 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kotaro Itohara, Ikuko Yano, Tetsunori Tsuzuki, Miwa Uesugi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hideaki Okajima, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara Kotaro Itohara, Ikuko Yano, Tetsunori Tsuzuki, Miwa Uesugi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hideaki Okajima, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara Kotaro Itohara, Ikuko Yano, Tetsunori Tsuzuki, Miwa Uesugi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hideaki Okajima, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara A Minimal Physiologically-Based Pharmacokinetic Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives Related to Liver Regeneration and the cytochrome P450 3A5 (CYP3A5) Genotype. A Minimal Physiologically-Based Pharmacokinetic Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives Related to Liver Regeneration and the cytochrome P450 3A5 (CYP3A5) Genotype. A Minimal Physiologically-Based Pharmacokinetic Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives Related to Liver Regeneration and the cytochrome P450 3A5 (CYP3A5) Genotype. CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 2019/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
井上美帆, 佐藤博貴, 糸原光太郎, 加藤祐子, 石井祥代, 伊藤由起, 中平有紀, 那須民江, 上島通浩, 矢野育子, 松原和夫, 佐和貞治, 橋本悟 井上美帆, 佐藤博貴, 糸原光太郎, 加藤祐子, 石井祥代, 伊藤由起, 中平有紀, 那須民江, 上島通浩, 矢野育子, 松原和夫, 佐和貞治, 橋本悟 小児におけるトリクロホスの投与量の最適化 小児におけるトリクロホスの投与量の最適化 臨床薬理の進歩, 38, 38, 71-78 臨床薬理の進歩, 38, 38, 71-78 , 38, 38, 71-78 2017 公開
Haruka Onoue, Ikuko Yano, Atsuko Tanaka, Kotaro Itohara, Akiko Hanai, Hiroshi Ishiguro, Hideyuki Motohashi, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Haruka Onoue, Ikuko Yano, Atsuko Tanaka, Kotaro Itohara, Akiko Hanai, Hiroshi Ishiguro, Hideyuki Motohashi, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Haruka Onoue, Ikuko Yano, Atsuko Tanaka, Kotaro Itohara, Akiko Hanai, Hiroshi Ishiguro, Hideyuki Motohashi, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Significant effect of age on docetaxel pharmacokinetics in Japanese female breast cancer patients by using the population modeling approach. Significant effect of age on docetaxel pharmacokinetics in Japanese female breast cancer patients by using the population modeling approach. Significant effect of age on docetaxel pharmacokinetics in Japanese female breast cancer patients by using the population modeling approach. European journal of clinical pharmacology, 72, 6, 703-10 European journal of clinical pharmacology, 72, 6, 703-10 European journal of clinical pharmacology, 72, 6, 703-10 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
金叢芸, 金叢芸, 米澤淳, 米澤淳, 吉松宏樹, 吉松宏樹, 今井哲司, 小柳円花, 小柳円花, 山西香里, 山西香里, 中川俊作, 糸原光太郎, 大村友博, 中川貴之, 永井純也, 松原和夫 金叢芸, 金叢芸, 米澤淳, 米澤淳, 吉松宏樹, 吉松宏樹, 今井哲司, 小柳円花, 小柳円花, 山西香里, 山西香里, 中川俊作, 糸原光太郎, 大村友博, 中川貴之, 永井純也, 松原和夫 Slc52a3遺伝子欠損がマウス大脳皮質の形成に及ぼす影響 Slc52a3遺伝子欠損がマウス大脳皮質の形成に及ぼす影響 トランスポーター研究会年会抄録集, 15th トランスポーター研究会年会抄録集, 15th , 15th 2020 公開
片田佳希, 片田佳希, 中川俊作, 山嶋仁実, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 松田裕也, 高橋悠, 糸原光太郎, 北田徳昭, 今井哲司, 深津祥央, 津田真弘, 米澤淳, 中川貴之, 山本正樹, 山本正樹, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 片田佳希, 片田佳希, 中川俊作, 山嶋仁実, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 松田裕也, 高橋悠, 糸原光太郎, 北田徳昭, 今井哲司, 深津祥央, 津田真弘, 米澤淳, 中川貴之, 山本正樹, 山本正樹, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 片田佳希, 片田佳希, 中川俊作, 山嶋仁実, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 松田裕也, 高橋悠, 糸原光太郎, 北田徳昭, 今井哲司, 深津祥央, 津田真弘, 米澤淳, 中川貴之, 山本正樹, 山本正樹, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 体重に応じたテイコプラニン初期投与設計の有効性と安全性に関する検討 体重に応じたテイコプラニン初期投与設計の有効性と安全性に関する検討 Efficacy and safety of the initial dose of teicoplanin adjusted for the body weight 日本化学療法学会雑誌, 68, 6, 608-618 日本化学療法学会雑誌, 68, 6, 608-618 日本化学療法学会雑誌, 68, 6, 608-618 2020 日本語 公開
糸原光太郎, 矢野育子, 矢野育子, 中川俊作, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 今井哲司, 小川修, 小林恭, 坂井薫, 松原和夫 糸原光太郎, 矢野育子, 矢野育子, 中川俊作, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 今井哲司, 小川修, 小林恭, 坂井薫, 松原和夫 腎移植患者におけるタクロリムスPBPKモデル構築と肝移植患者の薬物動態との比較 腎移植患者におけるタクロリムスPBPKモデル構築と肝移植患者の薬物動態との比較 臨床薬理, 51, Supplement, S293-S293 臨床薬理, 51, Supplement, S293-S293 , 51, Supplement, S293-S293 2020 日本語 公開
片田佳希, 片田佳希, 米澤淳, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 糸原光太郎, 中川俊作, 北田徳昭, 今井哲司, 池見泰明, 深津祥央, 中川貴之, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 片田佳希, 片田佳希, 米澤淳, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 糸原光太郎, 中川俊作, 北田徳昭, 今井哲司, 池見泰明, 深津祥央, 中川貴之, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 片田佳希, 片田佳希, 米澤淳, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 糸原光太郎, 中川俊作, 北田徳昭, 今井哲司, 池見泰明, 深津祥央, 中川貴之, 松村康史, 松村康史, 長尾美紀, 長尾美紀, 松原和夫 抗インフルエンザ薬の適正使用指針(フォーミュラリ)導入のアウトカム評価 抗インフルエンザ薬の適正使用指針(フォーミュラリ)導入のアウトカム評価 Outcomes Following Introduction of Hospital Formulary System in Antiviral Drugs for Influenza 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 10, 1155-1160 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 10, 1155-1160 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 10, 1155-1160 2020 日本語 公開
川田将義, 片田佳希, 糸原光太郎, 木全柾典, 吉田優子, 別所和久, 長尾美紀 川田将義, 片田佳希, 糸原光太郎, 木全柾典, 吉田優子, 別所和久, 長尾美紀 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 日本環境感染学会総会・学術集会(Web), 35th 日本環境感染学会総会・学術集会(Web), 35th , 35th 2020 公開
髙橋悠, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 吉田優子, 木全柾典, 糸原光太郎, 北田徳昭, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 髙橋悠, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 吉田優子, 木全柾典, 糸原光太郎, 北田徳昭, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 Liposomal amphotericin Bによる腎機能障害発現に関連する因子の探索 Liposomal amphotericin Bによる腎機能障害発現に関連する因子の探索 日本医療薬学会年会講演要旨集, 29th 日本医療薬学会年会講演要旨集, 29th , 29th 2019/11/04 公開
川本雄士, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 糸原光太郎, 山本由貴, 福井彩香, 松田裕也, 松村勝之, 大村友博, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 長尾美紀, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 川本雄士, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 糸原光太郎, 山本由貴, 福井彩香, 松田裕也, 松村勝之, 大村友博, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 長尾美紀, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 イトラコナゾールを併用した肺移植患者におけるタクロリムス体内動態の経時的変化 イトラコナゾールを併用した肺移植患者におけるタクロリムス体内動態の経時的変化 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 , 28 2018 公開
杉本充弘, 木全征典, 佐藤裕紀, 糸原光太郎, 佐藤夕紀, 中川俊作, 米澤淳, 中川貴之, 穴澤貴行, 伊藤孝司, 岡島英明, 海道利実, 上本伸二, 松原和夫 杉本充弘, 木全征典, 佐藤裕紀, 糸原光太郎, 佐藤夕紀, 中川俊作, 米澤淳, 中川貴之, 穴澤貴行, 伊藤孝司, 岡島英明, 海道利実, 上本伸二, 松原和夫 肝移植患者におけるミコフェノール酸の薬物動態に関する検討 肝移植患者におけるミコフェノール酸の薬物動態に関する検討 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 , 28 2018 公開
福井彩香, 中川俊作, 片田佳希, 糸原光太郎, 杉本充弘, 山本由貴, 石橋直哉, 傳田将也, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 長尾美紀, 野口実紗, 濱路政嗣, 青山晃博, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 福井彩香, 中川俊作, 片田佳希, 糸原光太郎, 杉本充弘, 山本由貴, 石橋直哉, 傳田将也, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 長尾美紀, 野口実紗, 濱路政嗣, 青山晃博, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 肺移植患者におけるイトラコナゾールおよびリファブチン併用下でのタクロリムス血中濃度管理 肺移植患者におけるイトラコナゾールおよびリファブチン併用下でのタクロリムス血中濃度管理 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 日本医療薬学会年会講演要旨集(Web), 28 , 28 2018 公開
片田佳希, 木全柾典, 福井彩香, 川本雄士, 糸原光太郎, 長尾美紀 片田佳希, 木全柾典, 福井彩香, 川本雄士, 糸原光太郎, 長尾美紀 片田 佳希, 木全 征典, 福井 彩香, 川本 雄士, 糸原 光太郎, 長尾 美紀, 中川 俊作, 松田 裕也, 杉本 充弘, 山本 由貴, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 陳 豊史, 伊達 洋至, 松原 和夫 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 日本感染症学会西日本地方会学術集会・日本感染症学会中日本地方会学術集会・日本化学療法学会西日本支部総会合同開催プログラム・抄録集, 88th-61st-66th, 2, 252-252 日本感染症学会西日本地方会学術集会・日本感染症学会中日本地方会学術集会・日本化学療法学会西日本支部総会合同開催プログラム・抄録集, 88th-61st-66th, 2, 252-252 日本化学療法学会雑誌, 88th-61st-66th, 2, 252-252 2018 日本語 公開
井上美帆, 糸原光太郎, 佐藤博貴, 加藤祐子, 石井祥代, 伊藤由起, 那須民江, 上島通浩, 矢野育子, 矢野育子, 松原和夫, 佐和貞治, 橋本悟 井上美帆, 糸原光太郎, 佐藤博貴, 加藤祐子, 石井祥代, 伊藤由起, 那須民江, 上島通浩, 矢野育子, 矢野育子, 松原和夫, 佐和貞治, 橋本悟 小児におけるトリクロロエタノールの薬物動態・薬力学の発達・成長に伴う変化の解析 小児におけるトリクロロエタノールの薬物動態・薬力学の発達・成長に伴う変化の解析 臨床薬理, 48, Supplement, S274-S274 臨床薬理, 48, Supplement, S274-S274 , 48, Supplement, S274-S274 2017 日本語 公開
糸原光太郎, 糸原光太郎, 矢野育子, 矢野育子, 井上美帆, 松原和夫 糸原光太郎, 糸原光太郎, 矢野育子, 矢野育子, 井上美帆, 松原和夫 トリクロロエタノール小児薬物動態試験のためのモデリング&シミュレーション トリクロロエタノール小児薬物動態試験のためのモデリング&シミュレーション TDM研究, 32, 2, 193-193 TDM研究, 32, 2, 193-193 , 32, 2, 193-193 2015 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤C 代表 ファーマコメトリクスを用いた免疫抑制剤の個別化投与設計法の構築 2021/04/01〜2024/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
病院薬学特論 Advanced Hospital Pharmacy 後期不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
臨床薬学実習II Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
臨床薬学実習I Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
臨床薬学演習III Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
臨床薬学演習II Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
臨床薬学演習I Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
薬剤・薬理学概論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2021/04〜2022/03
薬学研究実験III Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
薬学研究実験II Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
薬学研究実験I Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示