香田 啓貴

最終更新日時: 2018/07/11 14:20:42

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
香田 啓貴/コウダ ヒロキ/Koda, Hiroki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
霊長類研究所/認知科学研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 霊長類学講座 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒484-8506 愛知県犬山市官林41 Kanrin 41-2, Inuyama, 484-8506, Aichi
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本動物行動学会
日本霊長類学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
International Society of Primatology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
言語の起源やその進化史について,動物との比較を通じて研究を行っている.そのうえで,ヒトをふくむ霊長類のコミュニケーションがどのように進化してきたのかを研究している.実験室における実験心理学的な手法から東南アジアを中心とした海外調査地での野外調査まで幅広く推進している.海外との共同研究を通じた国際交流も積極的に展開している.
(英語)
My research goal is to reveal the evolution of language, and further to understand both convergence and divergence of animal minds and communications, especially in primate lineages. So far I have investigated the audio-visual communications in several nonhuman primates, i.e., Japanese macaques, long-tailed macaques, Campbell's monkeys, owl monkeys, and gibbons. I have adopted various research methods from the perspectives of classical ethology, comparative psychology, comparative cognitive science, bioacoustics, biogeography, and neuroethology, and behavioral ecology. I've experienced researches from the wild forest to laboratory.
個人ホームページ
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/sections/ninchi/?page_id=9
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0198586
研究テーマ
(日本語)
言語とコミュニケーションの進化
(英語)
Evolution of language and communication systems
研究概要
(日本語)
ヒトの言語によるコミュニケーションや言語に頼らない非言語コミュニケーションが成立するために、どのような進化過程が存在したかを探るために、ヒトに近縁な霊長類を対象として、視聴覚コミュニケーションの進化過程に関する研究を推進している。行動実験、野外観察、さらには生物地理学的な方法論も用いながら、包括的に種に特異的なコミュニケーション体系が進化してきた原因を解明することを目的としている。
(英語)
My research goal is to reveal the evolution of both convergence and divergence in animal communications, especially in primate lineages. So far I have investigated the audio-visual communications in several nonhuman primates, i.e., Japanese macaques, long-tailed macaques, Campbell's monkeys, owl monkeys, and gibbons. I have adopted various research methods from the perspectives of classical ethology, comparative psychology, comparative cognitive science, bioacoustics, biogeography, and neuroethology, and behavioral ecology. I've experienced researches from the wild forest to laboratory.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
霊長類 primates
コミュニケーション communications
進化 evolution
動物行動学 ethology
言語進化 language evolution
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Herbst CT, Koda H, Kunieda T, Suzuki J, Garcia M, Fitch WT, Nishimura T Herbst CT, Koda H, Kunieda T, Suzuki J, Garcia M, Fitch WT, Nishimura T Herbst CT, Koda H, Kunieda T, Suzuki J, Garcia M, Fitch WT, Nishimura T Japanese macaque phonatory physiology. Japanese macaque phonatory physiology. Japanese macaque phonatory physiology. The Journal of experimental biology, 221, Pt 12 The Journal of experimental biology, 221, Pt 12 The Journal of experimental biology, 221, Pt 12 2018/06 公開
Koda H, Murai T, Tuuga A, Goossens B, Nathan SKSS, Stark DJ, Ramirez DAR, Sha JCM, Osman I, Sipangkui R, Seino S, Matsuda I Koda H, Murai T, Tuuga A, Goossens B, Nathan SKSS, Stark DJ, Ramirez DAR, Sha JCM, Osman I, Sipangkui R, Seino S, Matsuda I Koda H, Murai T, Tuuga A, Goossens B, Nathan SKSS, Stark DJ, Ramirez DAR, Sha JCM, Osman I, Sipangkui R, Seino S, Matsuda I Nasalization by <i>Nasalis larvatus</i>: Larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys. Nasalization by <i>Nasalis larvatus</i>: Larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys. Nasalization by <i>Nasalis larvatus</i>: Larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys. Science advances, 4, 2, eaaq0250 Science advances, 4, 2, eaaq0250 Science advances, 4, 2, eaaq0250 2018/02 公開
Mayuko Iriguchi,Hiroki Koda,Nobuo Masataka Mayuko Iriguchi,Hiroki Koda,Nobuo Masataka Mayuko Iriguchi,Hiroki Koda,Nobuo Masataka Colour Perception Characteristics of Women in Menopause. Colour Perception Characteristics of Women in Menopause. Colour Perception Characteristics of Women in Menopause. Proceedings of the 2018 ACM Workshop on The Lifelog Search Challenge, LSC@ICMR 2018, Yokohama, Japan, June 11, 2018, 20-25 Proceedings of the 2018 ACM Workshop on The Lifelog Search Challenge, LSC@ICMR 2018, Yokohama, Japan, June 11, 2018, 20-25 Proceedings of the 2018 ACM Workshop on The Lifelog Search Challenge, LSC@ICMR 2018, Yokohama, Japan, June 11, 2018, 20-25 2018 公開
Hiroki Koda Hiroki Koda KODA Hiroki Search for Primate Origins of Phonological Uniqueness in Human Languages Search for Primate Origins of Phonological Uniqueness in Human Languages Search for Primate Origins of Phonological Uniqueness in Human Languages Journal of the Phonetic Society of Japan, 21, 16-22 Journal of the Phonetic Society of Japan, 21, 16-22 Journal of the Phonetic Society of Japan, 21, 16-22 2017/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Bouchet Helene, Koda Hiroki, Lemasson Alban Bouchet Helene, Koda Hiroki, Lemasson Alban Bouchet Helene, Koda Hiroki, Lemasson Alban Age-dependent change in attention paid to vocal exchange rules in Japanese macaques Age-dependent change in attention paid to vocal exchange rules in Japanese macaques Age-dependent change in attention paid to vocal exchange rules in Japanese macaques ANIMAL BEHAVIOUR, 129, 81-92 ANIMAL BEHAVIOUR, 129, 81-92 ANIMAL BEHAVIOUR, 129, 81-92 2017/07 公開
Toyoda A, Maruhashi T, Malaivijitnond S, Koda H Toyoda A, Maruhashi T, Malaivijitnond S, Koda H Toyoda A, Maruhashi T, Malaivijitnond S, Koda H Speech-like orofacial oscillations in stump-tailed macaque (Macaca arctoides) facial and vocal signals. Speech-like orofacial oscillations in stump-tailed macaque (Macaca arctoides) facial and vocal signals. Speech-like orofacial oscillations in stump-tailed macaque (Macaca arctoides) facial and vocal signals. American journal of physical anthropology American journal of physical anthropology American journal of physical anthropology 2017/07 公開
Atsumi T, Koda H, Masataka N Atsumi T, Koda H, Masataka N Atsumi T, Koda H, Masataka N Goal attribution to inanimate moving objects by Japanese macaques (Macaca fuscata). Goal attribution to inanimate moving objects by Japanese macaques (Macaca fuscata). Goal attribution to inanimate moving objects by Japanese macaques (Macaca fuscata). Scientific reports, 7, 40033 Scientific reports, 7, 40033 Scientific reports, 7, 40033 2017/01 公開
Bernstein SK, Sheeran LK, Wagner RS, Li JH, Koda H Bernstein SK, Sheeran LK, Wagner RS, Li JH, Koda H Bernstein SK, Sheeran LK, Wagner RS, Li JH, Koda H The vocal repertoire of Tibetan macaques (Macaca thibetana): A quantitative classification. The vocal repertoire of Tibetan macaques (Macaca thibetana): A quantitative classification. The vocal repertoire of Tibetan macaques (Macaca thibetana): A quantitative classification. American journal of primatology, 78, 9, 937-949 American journal of primatology, 78, 9, 937-949 American journal of primatology, 78, 9, 937-949 2016/09 公開
Kawai N, Koda H Kawai N, Koda H Kawai N, Koda H Japanese monkeys (Macaca fuscata) quickly detect snakes but not spiders: Evolutionary origins of fear-relevant animals. Japanese monkeys (Macaca fuscata) quickly detect snakes but not spiders: Evolutionary origins of fear-relevant animals. Japanese monkeys (Macaca fuscata) quickly detect snakes but not spiders: Evolutionary origins of fear-relevant animals. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 130, 3, 299-303 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 130, 3, 299-303 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 130, 3, 299-303 2016/08 公開
香田 啓貴 香田 啓貴 KODA Hiroki テナガザルの歌と言語の進化 テナガザルの歌と言語の進化 Gibbon songs and language evolution Clinical Neuroscience, 33, 8, 885-888 Clinical Neuroscience, 33, 8, 885-888 Clinical Neuroscience, 33, 8, 885-888 2015/08 日本語 公開
香田 啓貴 香田 啓貴 香田 啓貴 霊長類の音声の運動基盤及び多様性とその進化的な背景 (小特集 生物音響学の最近の動向 : 発声,聴取機構における種の多様性) 霊長類の音声の運動基盤及び多様性とその進化的な背景 (小特集 生物音響学の最近の動向 : 発声,聴取機構における種の多様性) Production mechanisms, diversification and evolutionary backgrounds of primate vocalizations 日本音響学会誌, 71, 7, 334-341 日本音響学会誌, 71, 7, 334-341 日本音響学会誌, 71, 7, 334-341 2015/07 日本語 公開
Koda H, Tokuda IT, Wakita M, Ito T, Nishimura T Koda H, Tokuda IT, Wakita M, Ito T, Nishimura T Koda H, Tokuda IT, Wakita M, Ito T, Nishimura T The source-filter theory of whistle-like calls in marmosets: Acoustic analysis and simulation of helium-modulated voices. The source-filter theory of whistle-like calls in marmosets: Acoustic analysis and simulation of helium-modulated voices. The source-filter theory of whistle-like calls in marmosets: Acoustic analysis and simulation of helium-modulated voices. The Journal of the Acoustical Society of America, 137, 6, 3068-3076 The Journal of the Acoustical Society of America, 137, 6, 3068-3076 The Journal of the Acoustical Society of America, 137, 6, 3068-3076 2015/06 公開
Shibasaki M, Nagumo S, Koda H Shibasaki M, Nagumo S, Koda H Shibasaki M, Nagumo S, Koda H Japanese monkeys (Macaca fuscata) spontaneously associate alarm calls with snakes appearing in the left visual field. Japanese monkeys (Macaca fuscata) spontaneously associate alarm calls with snakes appearing in the left visual field. Japanese monkeys (Macaca fuscata) spontaneously associate alarm calls with snakes appearing in the left visual field. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 128, 3, 332-335 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 128, 3, 332-335 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 128, 3, 332-335 2014/08 公開
香田啓貴 香田啓貴 香田啓貴 霊長類の音声コミュニケーションの研究はヒトの言語進化の理解にこれからも貢献できるのか? 霊長類の音声コミュニケーションの研究はヒトの言語進化の理解にこれからも貢献できるのか? 霊長類の音声コミュニケーションの研究はヒトの言語進化の理解にこれからも貢献できるのか? 霊長類研究, 30, 1, 121-136 霊長類研究, 30, 1, 121-136 霊長類研究, 30, 1, 121-136 2014/06 日本語 公開
Koda H, Oyakawa C, Kato A, Shimizu D, Rizaldi, Koyama Y, Hasegawa S Koda H, Oyakawa C, Kato A, Shimizu D, Rizaldi, Koyama Y, Hasegawa S Koda H, Oyakawa C, Kato A, Shimizu D, Rizaldi, Koyama Y, Hasegawa S Immature male gibbons produce female-specific songs. Immature male gibbons produce female-specific songs. Immature male gibbons produce female-specific songs. Primates; journal of primatology, 55, 1, 13-17 Primates; journal of primatology, 55, 1, 13-17 Primates; journal of primatology, 55, 1, 13-17 2014/01 公開
Koda H, Sato A, Kato A Koda H, Sato A, Kato A Koda H, Sato A, Kato A Is attentional prioritisation of infant faces unique in humans?: Comparative demonstrations by modified dot-probe task in monkeys. Is attentional prioritisation of infant faces unique in humans?: Comparative demonstrations by modified dot-probe task in monkeys. Is attentional prioritisation of infant faces unique in humans?: Comparative demonstrations by modified dot-probe task in monkeys. Behavioural processes, 98, 31-36 Behavioural processes, 98, 31-36 Behavioural processes, 98, 31-36 2013/09 公開
Koda H, Basile M, Olivier M, Remeuf K, Nagumo S, Blois-Heulin C, Lemasson A Koda H, Basile M, Olivier M, Remeuf K, Nagumo S, Blois-Heulin C, Lemasson A Koda H, Basile M, Olivier M, Remeuf K, Nagumo S, Blois-Heulin C, Lemasson A Validation of an auditory sensory reinforcement paradigm: Campbell's monkeys (Cercopithecus campbelli) do not prefer consonant over dissonant sounds. Validation of an auditory sensory reinforcement paradigm: Campbell's monkeys (Cercopithecus campbelli) do not prefer consonant over dissonant sounds. Validation of an auditory sensory reinforcement paradigm: Campbell's monkeys (Cercopithecus campbelli) do not prefer consonant over dissonant sounds. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 127, 3, 265-271 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 127, 3, 265-271 Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983), 127, 3, 265-271 2013/08 公開
Lemasson A, Guilloux M, Rizaldi, Barbu S, Lacroix A, Koda H Lemasson A, Guilloux M, Rizaldi, Barbu S, Lacroix A, Koda H Lemasson A, Guilloux M, Rizaldi, Barbu S, Lacroix A, Koda H Age- and sex-dependent contact call usage in Japanese macaques. Age- and sex-dependent contact call usage in Japanese macaques. Age- and sex-dependent contact call usage in Japanese macaques. Primates; journal of primatology, 54, 3, 283-291 Primates; journal of primatology, 54, 3, 283-291 Primates; journal of primatology, 54, 3, 283-291 2013/07 公開
Koda H, Lemasson A, Oyakawa C, Rizaldi, Pamungkas J, Masataka N Koda H, Lemasson A, Oyakawa C, Rizaldi, Pamungkas J, Masataka N Koda H, Lemasson A, Oyakawa C, Rizaldi, Pamungkas J, Masataka N Possible role of mother-daughter vocal interactions on the development of species-specific song in gibbons. Possible role of mother-daughter vocal interactions on the development of species-specific song in gibbons. Possible role of mother-daughter vocal interactions on the development of species-specific song in gibbons. PloS one, 8, 8 PloS one, 8, 8 PloS one, 8, 8 2013 公開
Koda H, Nishimura T, Tokuda IT, Oyakawa C, Nihonmatsu T, Masataka N Koda H, Nishimura T, Tokuda IT, Oyakawa C, Nihonmatsu T, Masataka N Koda H, Nishimura T, Tokuda IT, Oyakawa C, Nihonmatsu T, Masataka N Soprano singing in gibbons. Soprano singing in gibbons. Soprano singing in gibbons. American journal of physical anthropology, 149, 3, 347-355 American journal of physical anthropology, 149, 3, 347-355 American journal of physical anthropology, 149, 3, 347-355 2012/11 公開
Koda H, Oyakawa C, Nurulkamilah S, Rizaldi, Sugiura H, Bakar A, Masataka N Koda H, Oyakawa C, Nurulkamilah S, Rizaldi, Sugiura H, Bakar A, Masataka N Koda H, Oyakawa C, Nurulkamilah S, Rizaldi, Sugiura H, Bakar A, Masataka N Male replacement and stability of territorial boundary in a group of agile gibbons (Hylobates agilis agilis) in West Sumatra, Indonesia. Male replacement and stability of territorial boundary in a group of agile gibbons (Hylobates agilis agilis) in West Sumatra, Indonesia. Male replacement and stability of territorial boundary in a group of agile gibbons (Hylobates agilis agilis) in West Sumatra, Indonesia. Primates; journal of primatology, 53, 4, 327-332 Primates; journal of primatology, 53, 4, 327-332 Primates; journal of primatology, 53, 4, 327-332 2012/10 公開
Koda H Koda H Koda H Possible use of heterospecific food-associated calls of macaques by sika deer for foraging efficiency. Possible use of heterospecific food-associated calls of macaques by sika deer for foraging efficiency. Possible use of heterospecific food-associated calls of macaques by sika deer for foraging efficiency. Behavioural processes, 91, 1, 30-34 Behavioural processes, 91, 1, 30-34 Behavioural processes, 91, 1, 30-34 2012/09 公開
Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N Visual recognition of age class and preference for infantile features: implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates. Visual recognition of age class and preference for infantile features: implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates. Visual recognition of age class and preference for infantile features: implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates. PloS one, 7, 5 PloS one, 7, 5 PloS one, 7, 5 2012 公開
Koda H, Sugiura H. Koda H, Sugiura H. Koda H, Sugiura H. The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments In The Japanese Macaques (N. Nakagawa. et al. eds.) Springer, 167-189 In The Japanese Macaques (N. Nakagawa. et al. eds.) Springer, 167-189 In The Japanese Macaques (N. Nakagawa. et al. eds.) Springer, 167-189 2010/08 英語 公開
Lemasson A, Koda H, Kato A, Oyakawa C, Blois-Heulin C, Masataka N Lemasson A, Koda H, Kato A, Oyakawa C, Blois-Heulin C, Masataka N Lemasson A, Koda H, Kato A, Oyakawa C, Blois-Heulin C, Masataka N Influence of sound specificity and familiarity on Japanese macaques' (Macaca fuscata) auditory laterality. Influence of sound specificity and familiarity on Japanese macaques' (Macaca fuscata) auditory laterality. Influence of sound specificity and familiarity on Japanese macaques' (Macaca fuscata) auditory laterality. Behavioural brain research, 208, 1, 286-289 Behavioural brain research, 208, 1, 286-289 Behavioural brain research, 208, 1, 286-289 2010/03 公開
Masataka N, Koda H, Urasopon N, Watanabe K Masataka N, Koda H, Urasopon N, Watanabe K Masataka N, Koda H, Urasopon N, Watanabe K Free-ranging macaque mothers exaggerate tool-using behavior when observed by offspring. Free-ranging macaque mothers exaggerate tool-using behavior when observed by offspring. Free-ranging macaque mothers exaggerate tool-using behavior when observed by offspring. PloS one, 4, 3 PloS one, 4, 3 PloS one, 4, 3 2009 公開
Koda H, Shimooka Y, Sugiura H Koda H, Shimooka Y, Sugiura H Koda H, Shimooka Y, Sugiura H Effects of caller activity and habitat visibility on contact call rate of wild Japanese macaques (Macaca fuscata). Effects of caller activity and habitat visibility on contact call rate of wild Japanese macaques (Macaca fuscata). Effects of caller activity and habitat visibility on contact call rate of wild Japanese macaques (Macaca fuscata). American journal of primatology, 70, 11, 1055-1063 American journal of primatology, 70, 11, 1055-1063 American journal of primatology, 70, 11, 1055-1063 2008/11 公開
Koda H Koda H Koda H Short-term Acoustic Modifications during Dynamic Vocal Interactions in Nonhuman Primates-Implications for Origins of Motherese. (The orisings of language) Short-term Acoustic Modifications during Dynamic Vocal Interactions in Nonhuman Primates-Implications for Origins of Motherese. (The orisings of language) Short-term Acoustic Modifications during Dynamic Vocal Interactions in Nonhuman Primates-Implications for Origins of Motherese. (The orisings of language) (2008) (ed. Masataka N) p.59-73 Heidelberg: Springer., 59-73 (2008) (ed. Masataka N) p.59-73 Heidelberg: Springer., 59-73 (2008) (ed. Masataka N) p.59-73 Heidelberg: Springer., 59-73 2008 英語 公開
Oyakawa C, Koda H, Sugiura H Oyakawa C, Koda H, Sugiura H Oyakawa C, Koda H, Sugiura H Acoustic features contributing to the individuality of wild agile gibbon (Hylobates agilis agilis) songs. Acoustic features contributing to the individuality of wild agile gibbon (Hylobates agilis agilis) songs. Acoustic features contributing to the individuality of wild agile gibbon (Hylobates agilis agilis) songs. American journal of primatology, 69, 7, 777-790 American journal of primatology, 69, 7, 777-790 American journal of primatology, 69, 7, 777-790 2007/07 公開
H. Koda; C. Oyakawa; A. Kato; N. Masataka H. Koda; C. Oyakawa; A. Kato; N. Masataka H. Koda; C. Oyakawa; A. Kato; N. Masataka Experimental evidence for the volitional control of vocal production in an immature gibbon Experimental evidence for the volitional control of vocal production in an immature gibbon Experimental evidence for the volitional control of vocal production in an immature gibbon Behaviour, 144, 6, 681-692 Behaviour, 144, 6, 681-692 Behaviour, 144, 6, 681-692 2007/06 英語 公開
香田啓貴 香田啓貴 テナガザルペア型社会の再考とその周辺 テナガザルペア型社会の再考とその周辺 生物科学 59: 14-22 生物科学 59: 14-22 2007 日本語 公開
H. Koda H. Koda H. Koda Flexibility and context-sensitivity during the vocal exchange of coo calls in wild Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) Flexibility and context-sensitivity during the vocal exchange of coo calls in wild Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) Flexibility and context-sensitivity during the vocal exchange of coo calls in wild Japanese macaques (Macaca fuscata yakui) Behaviour, 141, 1279-1296 Behaviour, 141, 1279-1296 Behaviour, 141, 1279-1296 2004/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koda H, Masataka N Koda H, Masataka N Koda H, Masataka N A pattern of common acoustic modification by human mothers to gain attention of a child and by macaques of others in their group. A pattern of common acoustic modification by human mothers to gain attention of a child and by macaques of others in their group. A pattern of common acoustic modification by human mothers to gain attention of a child and by macaques of others in their group. Psychological reports, 91, 421-422 Psychological reports, 91, 421-422 Psychological reports, 91, 421-422 2002/10 公開
H. Koda; A. Lemasson; C. Oyakawa; Rizaldi; J. Pamungkas; N. Masataka H. Koda; A. Lemasson; C. Oyakawa; Rizaldi; J. Pamungkas; N. Masataka Possible Role of Mother-Daughter Vocal Interactions on the Development of Species-Specific Song in Gibbons Possible Role of Mother-Daughter Vocal Interactions on the Development of Species-Specific Song in Gibbons PLoS ONE, 8, 8 , 8, 8 PLoS ONE, 8, 8 2013 英語 公開
A. Sato; H. Koda; A. Lemasson; S. Nagumo; N. Masataka A. Sato; H. Koda; A. Lemasson; S. Nagumo; N. Masataka Visual recognition of age class and preference for infantile features: Implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates Visual recognition of age class and preference for infantile features: Implications for species-specific vs universal cognitive traits in primates PLoS ONE, 7, 5 , 7, 5 PLoS ONE, 7, 5 2012/05/31 英語 公開
A. Lemasson; L. Glas; S. Barbu; A. Lacroix; M. Guilloux; K. Remeuf; H. Koda A. Lemasson; L. Glas; S. Barbu; A. Lacroix; M. Guilloux; K. Remeuf; H. Koda Youngsters do not pay attention to conversational rules: Is this so for nonhuman primates? Youngsters do not pay attention to conversational rules: Is this so for nonhuman primates? Scientific Reports, 1 , 1 Scientific Reports, 1 2011 英語 公開
Koda H., Masataka N. Koda H., Masataka N. A pattern of acoustic modification that commonly exists when human mothers attempt to gain the attention of their infants and when macaques attempt to gain the attention of others in their group A pattern of acoustic modification that commonly exists when human mothers attempt to gain the attention of their infants and when macaques attempt to gain the attention of others in their group Psychological Reports 91: 421-422. Psychological Reports 91: 421-422. 2002 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
香田啓貴 香田啓貴 香田啓貴 ヒト以外の霊長類の歌を通じた母子のやりとり ヒト以外の霊長類の歌を通じた母子のやりとり ヒト以外の霊長類の歌を通じた母子のやりとり 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 17th, 41 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 17th, 41 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 17th, 41 2017/07/07 日本語 公開
香田啓貴, 豊田有, 丸橋珠樹, MALAIVIJITNOND Suchinda, MALAIVIJITNOND Suchinda 香田啓貴, 豊田有, 丸橋珠樹, MALAIVIJITNOND Suchinda, MALAIVIJITNOND Suchinda 香田啓貴, 豊田有, 丸橋珠樹, MALAIVIJITNOND Suchinda, MALAIVIJITNOND Suchinda ベニガオザルの表情に観察される発話相同な周期的運動 ベニガオザルの表情に観察される発話相同な周期的運動 ベニガオザルの表情に観察される発話相同な周期的運動 霊長類研究, 33, Supplement, 34‐35 霊長類研究, 33, Supplement, 34‐35 霊長類研究, 33, Supplement, 34‐35 2017/07/01 日本語 公開
杉浦秀樹, 揚妻直樹, 揚妻(柳原)芳美, 藤田志歩, 田中俊明, 鈴木真理子, 相場可奈, 香田啓貴, 原澤牧子, 室山泰之, 清水桃子, 川添達朗, 澤田晶子, 杉浦陽子, 浅井隆之, 早石周平, 久保律子, 五島渉 杉浦秀樹, 揚妻直樹, 揚妻(柳原)芳美, 藤田志歩, 田中俊明, 鈴木真理子, 相場可奈, 香田啓貴, 原澤牧子, 室山泰之, 清水桃子, 川添達朗, 澤田晶子, 杉浦陽子, 浅井隆之, 早石周平, 久保律子, 五島渉 杉浦秀樹, 揚妻直樹, 揚妻(柳原)芳美, 藤田志歩, 田中俊明, 鈴木真理子, 相場可奈, 香田啓貴, 原澤牧子, 室山泰之, 清水桃子, 川添達朗, 澤田晶子, 杉浦陽子, 浅井隆之, 早石周平, 久保律子, 五島渉 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察 霊長類研究, 33, Supplement, 50‐51 霊長類研究, 33, Supplement, 50‐51 霊長類研究, 33, Supplement, 50‐51 2017/07/01 日本語 公開
紺野弘毅, 齋藤香, 室山泰之, 香田啓貴, 河村功一, 小林秀司 紺野弘毅, 齋藤香, 室山泰之, 香田啓貴, 河村功一, 小林秀司 紺野弘毅, 齋藤香, 室山泰之, 香田啓貴, 河村功一, 小林秀司 飼育下ヌートリア(Myocastor coypus)の聴覚特性解明に向けた馴致試験 飼育下ヌートリア(Myocastor coypus)の聴覚特性解明に向けた馴致試験 飼育下ヌートリア(Myocastor coypus)の聴覚特性解明に向けた馴致試験 日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集, 2016, 154 日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集, 2016, 154 日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集, 2016, 154 2016/09/23 日本語 公開
香田啓貴, 森田尭, 小林智男, 宮川繁 香田啓貴, 森田尭, 小林智男, 宮川繁 香田啓貴, 森田尭, 小林智男, 宮川繁 テナガザルの歌は「歌」といえるか? テナガザルの歌は「歌」といえるか? テナガザルの歌は「歌」といえるか? 霊長類研究, 32, Supplement, 44 霊長類研究, 32, Supplement, 44 霊長類研究, 32, Supplement, 44 2016/06/20 日本語 公開
松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, STARK Danica, GOOSSENS Benoit, RAMIREZ Diana, 村井勅裕, 清野悟, 香田啓貴 松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, STARK Danica, GOOSSENS Benoit, RAMIREZ Diana, 村井勅裕, 清野悟, 香田啓貴 松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, STARK Danica, GOOSSENS Benoit, RAMIREZ Diana, 村井勅裕, 清野悟, 香田啓貴 大きな鼻をもつテングザルの雄はモテるのか? 大きな鼻をもつテングザルの雄はモテるのか? 大きな鼻をもつテングザルの雄はモテるのか? 霊長類研究, 32, Supplement, 37 霊長類研究, 32, Supplement, 37 霊長類研究, 32, Supplement, 37 2016/06/20 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 香田啓貴 ヒト以外の霊長類に歌は存在するか? ヒト以外の霊長類に歌は存在するか? ヒト以外の霊長類に歌は存在するか? 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 16th, 21 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 16th, 21 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集, 16th, 21 2016/05/20 日本語 公開
松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 香田啓貴 松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 香田啓貴 松田一希, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 香田啓貴 テングザルの鼻はなぜ長い? テングザルの鼻はなぜ長い? テングザルの鼻はなぜ長い? 日本生態学会大会講演要旨(Web), 63th, H2‐13 (WEB ONLY) 日本生態学会大会講演要旨(Web), 63th, H2‐13 (WEB ONLY) 日本生態学会大会講演要旨(Web), 63th, H2‐13 (WEB ONLY) 2016 日本語 公開
西村剛, 香田啓貴, 徳田功, 脇田真清, 伊藤毅 西村剛, 香田啓貴, 徳田功, 脇田真清, 伊藤毅 西村剛, 香田啓貴, 徳田功, 脇田真清, 伊藤毅 マーモセットの音声生成の生理学的メカニズム マーモセットの音声生成の生理学的メカニズム マーモセットの音声生成の生理学的メカニズム 霊長類研究, 31, Supplement, 50-51 霊長類研究, 31, Supplement, 50-51 霊長類研究, 31, Supplement, 50-51 2015/06/20 日本語 公開
香田啓貴, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 松田一希 香田啓貴, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 松田一希 香田啓貴, SHA John, OSMAN Ismon, NATHAN Sen, 清野悟, 松田一希 テングザル音声の鼻音化 テングザル音声の鼻音化 テングザル音声の鼻音化 霊長類研究, 31, Supplement, 50 霊長類研究, 31, Supplement, 50 霊長類研究, 31, Supplement, 50 2015/06/20 日本語 公開
寺島萌土, 香田啓貴, 二宮茂 寺島萌土, 香田啓貴, 二宮茂 寺島萌土, 香田啓貴, 二宮茂 要求度の測定によるウマにおける模擬グルーミングの評価 要求度の測定によるウマにおける模擬グルーミングの評価 要求度の測定によるウマにおける模擬グルーミングの評価 Anim Behav Manag, 50, 1, 37 Anim Behav Manag, 50, 1, 37 Anim Behav Manag, 50, 1, 37 2014/03/25 日本語 公開
香田啓貴, ZUBERBULER Klaus 香田啓貴, ZUBERBULER Klaus 香田啓貴, ZUBERBULER Klaus フサオマキザルの警戒音声の文脈転用 フサオマキザルの警戒音声の文脈転用 フサオマキザルの警戒音声の文脈転用 日本動物行動学会大会発表要旨集, 33rd, 79 日本動物行動学会大会発表要旨集, 33rd, 79 日本動物行動学会大会発表要旨集, 33rd, 79 2014 日本語 公開
清田雅史, 保尊脩, 奥田武弘, 中西希, 本田剛, 香田啓貴 清田雅史, 保尊脩, 奥田武弘, 中西希, 本田剛, 香田啓貴 KIYOTA MASASHI, HOSON OSAMU, OKUDA TAKEHIRO, NAKANISHI NOZOMI, HONDA TAKESHI, KODA HIROKI サンプリングデザインとデータ解析~多変量解析の応用可能性 サンプリングデザインとデータ解析~多変量解析の応用可能性 Sampling design and statistical analysis: application of multivariate analysis to mammal studies ほ乳類科学, 54, 1, 121-124 ほ乳類科学, 54, 1, 121-124 ほ乳類科学, 54, 1, 121-124 2014 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 香田啓貴 霊長類のコミュニケーションの進化 霊長類のコミュニケーションの進化 霊長類のコミュニケーションの進化 霊長類研究, 29, Supplement, 24 霊長類研究, 29, Supplement, 24 霊長類研究, 29, Supplement, 24 2013/09/06 日本語 公開
佐藤杏奈, 香田啓貴, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, 南雲純治, 正高信男 ニホンザルにおける乳児選好性の検討:顔・性・年齢・異種の効果 ニホンザルにおける乳児選好性の検討:顔・性・年齢・異種の効果 ニホンザルにおける乳児選好性の検討:顔・性・年齢・異種の効果 霊長類研究, 29, Supplement, 252 霊長類研究, 29, Supplement, 252 霊長類研究, 29, Supplement, 252 2013/09/06 日本語 公開
佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 ニホンザルにおける乳児への視覚的選好性:顔・性・年齢・異種の効果 ニホンザルにおける乳児への視覚的選好性:顔・性・年齢・異種の効果 ニホンザルにおける乳児への視覚的選好性:顔・性・年齢・異種の効果 日本動物心理学会大会プログラム, 73rd, 66 日本動物心理学会大会プログラム, 73rd, 66 日本動物心理学会大会プログラム, 73rd, 66 2013/08/20 日本語 公開
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 動物心理学研究, 62, 2, 233 動物心理学研究, 62, 2, 233 動物心理学研究, 62, 2, 233 2013/01/25 日本語 公開
佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, LEMASSON Alban, 南雲純治, 正高信男 霊長類における乳児画像への選好性の検討 霊長類における乳児画像への選好性の検討 霊長類における乳児画像への選好性の検討 霊長類研究, 28, Supplement, S.13 霊長類研究, 28, Supplement, S.13 霊長類研究, 28, Supplement, S.13 2012/07/01 日本語 公開
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 日本動物心理学会大会プログラム, 72nd, 70 日本動物心理学会大会プログラム, 72nd, 70 日本動物心理学会大会プログラム, 72nd, 70 2012/04/18 日本語 公開
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男 [要修正] サルは赤ちゃんが好き?~霊長類における乳児画像への選好性の検討~ [要修正] サルは赤ちゃんが好き?~霊長類における乳児画像への選好性の検討~ SAGA15 (2012/11/17, 札幌市). SAGA15 (2012/11/17, 札幌市). 2012 日本語 公開
柴崎全弘, 香田啓貴 柴崎全弘, 香田啓貴 ニホンザルにおける視聴覚間マッチング -警戒音はヘビに対する注視時間を増大させるか?- ニホンザルにおける視聴覚間マッチング -警戒音はヘビに対する注視時間を増大させるか?- 日本心理学会第 76 回大会 (2012/09/12, 川崎市) 日本心理学会第 76 回大会 (2012/09/12, 川崎市) 2012 日本語 公開
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 色が時間知覚に及ぼす効果 色が時間知覚に及ぼす効果 日本行動分析学会第 30 回大会 (2012/09/01, 高知市). 日本行動分析学会第 30 回大会 (2012/09/01, 高知市). 2012 日本語 公開
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男 佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男 霊長類における乳児画像への選好性の検討 霊長類における乳児画像への選好性の検討 第28回霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市). 第28回霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市). 2012 日本語 公開
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果 日本動物心理学会第 72 回大会 (2012/5/13, 西宮市) 日本動物心理学会第 72 回大会 (2012/5/13, 西宮市) 2012 日本語 公開
佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴 佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴 ニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意 ニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意 Animal 2011日本動物行動学会第30回大会 (2011/09/09-10, 東京) Animal 2011日本動物行動学会第30回大会 (2011/09/09-10, 東京) 2011 日本語 公開
佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴 佐藤杏奈,加藤朱美,香田啓貴 ニホンザルにおける幼児図式への選択的注意 ニホンザルにおける幼児図式への選択的注意 日本霊長類学会第27回学術大会 (2011/07/16-18, 愛知) 日本霊長類学会第27回学術大会 (2011/07/16-18, 愛知) 2011 日本語 公開
柴崎全弘,船橋新太郎,國枝匠,香田啓貴,正高信男 柴崎全弘,船橋新太郎,國枝匠,香田啓貴,正高信男 アカゲザルにおけるセルフコントロール課題の検討. アカゲザルにおけるセルフコントロール課題の検討. 日本行動分析学会第29回大会 (2011/09/18, 東京) 日本行動分析学会第29回大会 (2011/09/18, 東京) 2011 日本語 公開
柴崎全弘,香田啓貴,正高信男 柴崎全弘,香田啓貴,正高信男 音声プライム刺激がニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意 音声プライム刺激がニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意 日本動物心理学会第71回大会 (2011/09/09, 東京). 日本動物心理学会第71回大会 (2011/09/09, 東京). 2011 日本語 公開
柴崎全弘, 船橋新太郎, 國枝匠, 香田啓貴, 正高信男 柴崎全弘, 船橋新太郎, 國枝匠, 香田啓貴, 正高信男 ADHDモデルザルにおける時間知覚の検討 ADHDモデルザルにおける時間知覚の検討 日本動物心理学会第70回大会、2010年08月, 東京 日本動物心理学会第70回大会、2010年08月, 東京 2010 日本語 公開
西村剛, 香田啓貴, 加藤朱美 西村剛, 香田啓貴, 加藤朱美 ニホンザルの音声生成・操作に関する実験的研究 ニホンザルの音声生成・操作に関する実験的研究 第63回日本人類学会大会 (2009/10, 東京). 第63回日本人類学会大会 (2009/10, 東京). 2009 日本語 公開
親川千沙子, 香田啓貴, 田中俊明, Santi NK, Amisir B, 村井勅裕 親川千沙子, 香田啓貴, 田中俊明, Santi NK, Amisir B, 村井勅裕 野生アジルテナガザルの歌における地域差 野生アジルテナガザルの歌における地域差 第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京) 第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京) 2008 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 KODA HIROKI 60年目の霊長類学 テナガザルのペア型社会の見直しとその周辺 60年目の霊長類学 テナガザルのペア型社会の見直しとその周辺 60年目の霊長類学 テナガザルのペア型社会の見直しとその周辺 生物科学, 59, 1, 14-22 生物科学, 59, 1, 14-22 生物科学, 59, 1, 14-22 2007/09/01 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 [要修正] スマトラ島におけるアジルテナガザルの音声を手がかりとした野外調査 [要修正] スマトラ島におけるアジルテナガザルの音声を手がかりとした野外調査 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:アジア霊長類の生物多様性と進化 (2007年3月, 犬山) 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:アジア霊長類の生物多様性と進化 (2007年3月, 犬山) 2007 日本語 公開
親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹, 正高信男 親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹, 正高信男 [要修正] テナガザルにおける音声の変異性 [要修正] テナガザルにおける音声の変異性 霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」 (2007/03, 犬山) 霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」 (2007/03, 犬山) 2007 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 霊長類の音声とコミュニケーション 霊長類の音声とコミュニケーション 「霊長類進化の科学」 (霊長類研究所編編) p.175-189 京都大学学術出版会 「霊長類進化の科学」 (霊長類研究所編編) p.175-189 京都大学学術出版会 2007 日本語 公開
親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹 親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹 テナガザルの音声の変異性 テナガザルの音声の変異性 第143回日本動物心理学会例会 (2007年3月, 名古屋) 第143回日本動物心理学会例会 (2007年3月, 名古屋) 2007 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 テナガザル研究の展開とその可能性 テナガザル研究の展開とその可能性 SAGA10シンポジウム (2007/11/18, 東京) SAGA10シンポジウム (2007/11/18, 東京) 2007 日本語 公開
西村剛, 香田啓貴, 親川千紗子, 正高信男, 二本松俊邦 西村剛, 香田啓貴, 親川千紗子, 正高信男, 二本松俊邦 テナガザルの音声生成・操作に関する実験的研究. テナガザルの音声生成・操作に関する実験的研究. 第61回日本人類学会大会 (2007, 新潟) 第61回日本人類学会大会 (2007, 新潟) 2007 日本語 公開
香田啓貴, 親川千紗子 香田啓貴, 親川千紗子 KODA HIROTAKA, OYAKAWA CHISAKO インドネシア・スマトラ島におけるアジルテナガザルの生息実態調査―音声を手がかりとして インドネシア・スマトラ島におけるアジルテナガザルの生息実態調査―音声を手がかりとして インドネシア・スマトラ島におけるアジルテナガザルの生息実態調査―音声を手がかりとして 霊長類研究, 22, 2, 117-122 霊長類研究, 22, 2, 117-122 霊長類研究, 22, 2, 117-122 2006/12/20 日本語 公開
杉浦秀樹, 田中俊明, 揚妻直樹, 早川祥子, 香田啓貴, 柳原芳美, 半谷吾郎, 藤田志歩, 松原幹, 宇野壮春, 清野美恵子, 鈴木真理子, 西川真理, 室山泰之 杉浦秀樹, 田中俊明, 揚妻直樹, 早川祥子, 香田啓貴, 柳原芳美, 半谷吾郎, 藤田志歩, 松原幹, 宇野壮春, 清野美恵子, 鈴木真理子, 西川真理, 室山泰之 屋久島におけるニホンザルの個体数変動 屋久島におけるニホンザルの個体数変動 第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪) 霊長類研究 22 Suppl: S-17 第22回日本霊長類学会大会 (2006年7月, 大阪) 霊長類研究 22 Suppl: S-17 2006 日本語 公開
香田啓貴 香田啓貴 インドネシアにおける野生テナガザル調査への取り組み-テナガザル音声の多様性の解明に向けて インドネシアにおける野生テナガザル調査への取り組み-テナガザル音声の多様性の解明に向けて 第35回ホミニゼーション研究会「霊長類野外研究の将来」 (2006年3月, 犬山). 第35回ホミニゼーション研究会「霊長類野外研究の将来」 (2006年3月, 犬山). 2006 日本語 公開
親川千紗子, 香田啓貴, 田中俊明, 杉浦秀樹 親川千紗子, 香田啓貴, 田中俊明, 杉浦秀樹 [要修正] アジルテナガザルのデュエットにおける変異性 [要修正] アジルテナガザルのデュエットにおける変異性 21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷). 21回日本霊長類学会 (2005年7月, 倉敷). 2005 日本語 公開
香田啓貴, 下岡ゆき子, 杉浦秀樹 香田啓貴, 下岡ゆき子, 杉浦秀樹 野生ニホンザルにおける発声頻度の地域差 野生ニホンザルにおける発声頻度の地域差 京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」研究成果発表会 (2005年2月, 京都) 京都大学21世紀COEプログラム「生物多様性研究の統合のための拠点形成」研究成果発表会 (2005年2月, 京都) 2005 日本語 公開
香田啓貴, 竹元博幸, 山根明弘 香田啓貴, 竹元博幸, 山根明弘 [要修正] 自由集会記録:「信号と情報の伝達:個体から個体 [要修正] 自由集会記録:「信号と情報の伝達:個体から個体 世代から世代,種から種へ」. 哺乳類科学 43 (2): 153-154 世代から世代,種から種へ」. 哺乳類科学 43 (2): 153-154 2003 日本語 公開
杉浦秀樹, 田中俊明, 松原幹, 半谷吾郎, 早石周平, 早川祥子, 香田啓貴, 室山泰之, 揚妻直樹, 相場可奈, 小山陽子, 柳原芳美 杉浦秀樹, 田中俊明, 松原幹, 半谷吾郎, 早石周平, 早川祥子, 香田啓貴, 室山泰之, 揚妻直樹, 相場可奈, 小山陽子, 柳原芳美 屋久島における野生ニホンザルの個体数・出産率の変動 屋久島における野生ニホンザルの個体数・出産率の変動 日本哺乳類学会2002年度大会 (2002年10月, 富山) プログラム・講演要旨集 : 136. 日本哺乳類学会2002年度大会 (2002年10月, 富山) プログラム・講演要旨集 : 136. 2002 日本語 公開
Hadi I, Tanaka T, Koba R, Koda H, Watanabe K Hadi I, Tanaka T, Koba R, Koda H, Watanabe K Hot spring bathing of long-tailed macaques observed in the Pengkereman area of Mt. Rinjani National Park, Lombok, Indonesia Hot spring bathing of long-tailed macaques observed in the Pengkereman area of Mt. Rinjani National Park, Lombok, Indonesia Asian HOPE IPS Pre-Congress Symposium and Workshop (2010/09/06-10, Inuyama). Asian HOPE IPS Pre-Congress Symposium and Workshop (2010/09/06-10, Inuyama). 2010 英語 公開
Koda H, Hayakawa S, Oyakawa C, Mootnick A, Masataka N Koda H, Hayakawa S, Oyakawa C, Mootnick A, Masataka N Mother-offspring overlapping duetting in gibbons. Mother-offspring overlapping duetting in gibbons. 第31回国際動物行動学会会議 (2009/08/19, レンヌ, フランス). 第31回国際動物行動学会会議 (2009/08/19, レンヌ, フランス). 2009 英語 公開
Oyakawa C, Koda H, Tanaka T, Murai T, Nulukamilah S, Rizaldi, Bakar A, Masataka N Oyakawa C, Koda H, Tanaka T, Murai T, Nulukamilah S, Rizaldi, Bakar A, Masataka N Geographic variation of species-specific call in wild agile gibbons. Geographic variation of species-specific call in wild agile gibbons. The 2nd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project "from Genome to Ecosystem" (2008/11, Kyoto). The 2nd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project "from Genome to Ecosystem" (2008/11, Kyoto). 2008 英語 公開
Hayakawa S, Koda H, Mootnick A, Masataka N Hayakawa S, Koda H, Mootnick A, Masataka N Comparative research on singing behavior of four species of immature gibbons. Comparative research on singing behavior of four species of immature gibbons. The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto). The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto). 2008 英語 公開
Koda H Koda H Variability and flexibility in gibbon songs - field observations and experimental evidences Variability and flexibility in gibbon songs - field observations and experimental evidences HOPE International Symposium "Primate Origins of Human Evolution" (2007/11, Tokyo) (2007) HOPE International Symposium "Primate Origins of Human Evolution" (2007/11, Tokyo) (2007) 2007 英語 公開
. Oyakawa C., Tanaka T., Koda H. . Oyakawa C., Tanaka T., Koda H. Variability in the duet of wild agile gibbons. Variability in the duet of wild agile gibbons. (2004)21cCOE International Symposium (Mar. 2005, Inuyama, Japan). (2004)21cCOE International Symposium (Mar. 2005, Inuyama, Japan). 2004 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
香田啓貴 香田啓貴 霊長類のコミュニケーションとその進化 霊長類のコミュニケーションとその進化 新・霊長類学のすすめ(霊長類研究所編), 67-81, 丸善 新・霊長類学のすすめ(霊長類研究所編), 67-81, 丸善 2012 日本語 単著 公開
Koda H, Sugiura H Koda H, Sugiura H The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments. (The Japanese Macaques) The ecological design of the affiliative vocal communication style in wild Japanese macaques: behavioral adjustments to social contexts and environments. (The Japanese Macaques) (ed. Nakagawa N, Nakamich M, Sugiura H) p.165-190 Springer. (ed. Nakagawa N, Nakamich M, Sugiura H) p.165-190 Springer. 2010 英語 分担執筆 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
霊長類学会高島賞 Takashima Prize (Primatological Society of Japan) 日本霊長類学会 Primatological Society of Japan 2013/09/08
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 ニホンザルにおける音声応答の成立要因:ヒト音声言語との比較研究 2003〜2005
若手研究(B) 代表 小型類人猿における「音楽」知覚・認知の生物学的基盤 2007〜2009
若手研究(B) 代表 文化行動の生物学的起源:行動伝播の集団内実験による比較認知科学的検討 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C)(一般) 代表 音声の情動伝染:音声模倣の起源に関する実験的検討 2015/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B)(一般) 分担 恐怖の生得性に関する生理・進化的基盤に関する実験的研究 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B)(一般) 分担 ヒトとサルにおける行動伝染と模倣の起源に関する実験的研究 2010/04/01〜2014/03/31
基盤研究(B)(海外学術) 分担 テナガザル類の多様性と系統生物地理学 2009/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 代表 音声の情動伝染:音声模倣の起源に関する実験的検討 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 音声の情動伝染:音声模倣の起源に関する実験的検討 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 音声の情動伝染:音声模倣の起源に関する実験的検討 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 分担 言語の下位機能の生物学的実現 Biological implmentation of sub-faculties for language 2017/06/30〜2022/03/31
基盤研究(B)(一般) 代表 ヒト発話コミュニケーションの進化と成立:前駆体能力に関する実験的研究 2018/04/01〜2022/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本学術振興会頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム 平井啓久 人間らしさの霊長類的起源を探る戦略的国際共同研究 2010/04/01〜2013/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(JST/CREST)「人間と情 報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開」 京都大学 協力研究者 2018/09/01〜2023/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生物科学特別講義1 Special Lecture on Biological Sciences 1 後期集中 理学部 2014/04〜2015/03
霊長類心理学特論 Advanced Primate Psychology 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
心理学実習 Practice on Psychology 後期集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類心理学ゼミナールIA Seminar on Primate Psychology IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類心理学ゼミナールIB Seminar on Primate Psychology IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類心理学ゼミナールIIA Seminar on Primate Psychology IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類心理学ゼミナールIIB Seminar on Primate Psychology IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類心理学・認知科学基礎論 Fundamental Primate Psychology and Cognitive Science 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生物科学特殊講義12 Special Lecture on Biological Science 12 通年集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
心理学実習 Practical on Psychology 後期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物科学特別講義2 Special Lecture on Biological Sciences 2 後期集中 理学部 2015/04〜2016/03
生物科学特殊講義13 Special Lecture on Biological Science 13 通年集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学ゼミナールIA Seminar on Primate Psychology IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学ゼミナールIB Seminar on Primate Psychology IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学ゼミナールIIA Seminar on Primate Psychology IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学ゼミナールIIB Seminar on Primate Psychology IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学特論 Advanced Primate Psychology 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類心理学・認知科学基礎論 Fundamental Primate Psychology and Cognitive Science 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
心理学実習 Practical on Psychology 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物科学特別講義2 Special Lecture on Biological Sciences 2 前期集中 理学部 2016/04〜2017/03
生物科学特殊講義13 Special Lecture on Biological Science 13 通年集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知学習ゼミナールA Seminar on Primate Cognition and Learning A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知学習ゼミナールB Seminar on Primate Cognition and Learning B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知学習ゼミナールC Seminar on Primate Cognition and Learning C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知学習ゼミナールD Seminar on Primate Cognition and Learning D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知学習特論 Advanced Lectures in Primate Cognition and Learning 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類認知科学基礎論 Fundamental Primate Cognitive Science 前期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
心理学実習 Practical on Psychology 後期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物科学特別講義2 Special Lecture on Biological Sciences 2 前期集中 理学部 2017/04〜2018/03
生物科学特殊講義13 Special Lecture on Biological Science 13 通年集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知学習ゼミナールA Seminar on Primate Cognition and Learning A 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知学習ゼミナールB Seminar on Primate Cognition and Learning B 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知学習ゼミナールC Seminar on Primate Cognition and Learning C 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知学習ゼミナールD Seminar on Primate Cognition and Learning D 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知学習特論 Advanced Lectures in Primate Cognition and Learning 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
霊長類認知科学基礎論 Fundamental Primate Cognitive Science 前期集中 理学研究科 2017/04〜2018/03
心理学実習 Practical on Psychology 後期集中 理学研究科 2018/04〜2019/03
生物科学特別講義2 Special Lecture on Biological Sciences 2 前期集中 理学部 2018/04〜2019/03
霊長類認知学習ゼミナールA Seminar on Primate Cognition and Learning A 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
霊長類認知学習ゼミナールB Seminar on Primate Cognition and Learning B 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
霊長類認知学習ゼミナールC Seminar on Primate Cognition and Learning C 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
霊長類認知学習ゼミナールD Seminar on Primate Cognition and Learning D 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
霊長類認知学習特論 Advanced Lectures in Primate Cognition and Learning 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
霊長類認知科学基礎論 Fundamental Primate Cognitive Science 前期集中 理学研究科 2018/04〜2019/03

  • <<
  • >>
  • 表示
国際的機関での活動
活動内容(日本語) 活動内容(英語) 活動機関名 期間
言語進化にかかわる国際共同研究 University of St Andrews, UK 2012/03/12〜2013/03/24
言語進化にかかわる国際共同研究 University of Neuchatel, Switzerland 2013/03/01〜2013/03/24
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
University of St Andrews School of Psychology and Neuroscience 言語進化とコミュニケーション進化 UK 2012/03/12〜2012/03/01
University of Neuchatel Institute of Biology 言語進化とコミュニケーション進化 Switzerland 2013/03/01〜2013/03/24