飯山 将晃

最終更新日時:2015/09/04 12:29:22

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
飯山 将晃/イイヤマ マサアキ/Masaaki Iiyama
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
学術情報メディアセンター/ディジタルコンテンツ研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
情報学研究科 知能情報学専攻 メディア応用講座 准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8501 京都市左京区吉田本町 Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 6068501
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-9062
電子メールアドレス
メールアドレス
iiyama @ mm.media.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
情報処理学会 The Information Processing Society of Japan (IPSJ)
電子情報通信学会 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE)
人工知能学会 The Japan Society for Artificial Intelligence (JSAI)
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(情報学) M.A. in Informatics 京都大学 Kyoto University
博士(情報学) Ph.D. Informatics 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院情報学研究科博士後期課程知能情報学専攻 修了
京都大学 大学院情報学研究科修士課程知能情報学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 工学部情報工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
私立弘学館高等学校
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2003/04〜2006/04 2003年4月 京都大学 学術情報メディアセンター 助手 2003-2006: Research Associate, Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University 助手 Research Associate
2006/05〜2009/12/00 2006年5月 京都大学 経済学研究科 講師 2006-2009 : Assistant Professor, Graduate School of Economics, Kyoto University 講師 Assistant Professor
2010/01〜2015/03 2010年1月 京都大学 経済学研究科 准教授 2006-2009 : Associate Professor, Graduate School of Economics, Kyoto University 准教授 Associate Professor
個人ホームページ
URL
http://www.iiyama-lab.org/
研究テーマ
(日本語)
コンピュータビジョン,パターン認識
(英語)
Computer Vision, Pattern Recognition
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
コンピュータビジョン Computer vision
パターン認識 Pattern Recongnition
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
知覚情報処理・知能ロボティクス
知能情報学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tsutomu Sakuyama; Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Michihiko Minoh Diffraction-Compensating Coded Aperture for Inspection in Manufacturing IEEE Transactions on Industrial Informatics,11,3,782-789 2015/06 英語
小野 晃弘; 角所 考; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 岡留 剛 拡張現実環境における手の仮想手への置換に基づく仮想物体操作の位置ずれ補正 画像電子学会誌,44,1,106-112 2015/01 日本語
喜住 祐紀; 角所 考; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 岡留 剛 レベルセット法を用いたF陣形と個人空間の抽出によるオープンスペース内の偶発的対面インタラクションの参与者グループ認識 電子情報通信学会論文誌 A,96,10,705-720 2013/10 日本語
Y. Kizumi; K. Kakusho; T. Okadome; T. Funatomi; M. Iiyama Detection of social interaction from observation of daily living environments 1st International Conference on Future Generation Communication Technologies, FGCT 2012,162-167 2012/12 英語
角所考;喜住祐紀;加古千草;岡留剛;舩冨卓哉;飯山将晃 アンビエントインテリジェンスのためのオフィス環境内インタラクション状況の認識と選択的提示 システム/制御/情報,56,1,8-13 2012/01 日本語
飯山 将晃;坂口 尚樹;豊浦 正広;舩冨 卓哉;角所 考;美濃 導彦 複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存 電子情報通信学会論文誌 D,J93-A,8,1439-1449 2010/08 日本語
M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh Super-resolution texture mapping from multiple view images Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,1820-1823 2010/08 英語
Takuya Funatomi; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh Distortion Correction for 3D Scan of Trunk Swaying Human Body Segments Electronic Letters on Computer Vision and Image Analysis,Vol.7 No.4, pp.51-61,7,4,51-61 2009/04 英語
M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh Robust depth map acquisition against depth edges with silhouette consistency Systems and Computers in Japan,38,14,29-40 2007/12 英語
舩冨卓哉;飯山将晃;角所考;美濃導彦 光切断法による複数運動剛体の形状計測 電子情報通信学会論文誌 D,J90-D,8,1858-1867 2007/08 日本語
豊浦正広;飯山将晃;角所考;美濃導彦 ランダムパターン背景を用いた視体積交差法のためのシルエット欠損修復 電子情報通信学会論文誌 D,J89-D,11,2413-2424 2006/11 日本語
飯山 将晃; 角所 考; 美濃 導彦 複数シルエットからの制約を利用した奥行きエッジに起因する距離画像復元誤差の解消法 電子情報通信学会論文誌 D,J89-D,7,1546-1556 2006/07 日本語
飯山将晃;角所考;美濃導彦 時系列視体積からの多関節物体の体節形状と姿勢の同時推定法 電子情報通信学会論文誌 D,J89-D,6,1379-1390 2006/06 日本語
S. Yamada; C. Uwabe; T. Nakatsu-Komatsu; Y. Minekura; M. Iwakura; T. Motoki; K. Nishimiya; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh; S. Mizuta; T. Matsuda; Y. Matsuda; T. Haishi; T. Kose; S. Fujii; K. Shiota Graphic and movie illustrations of human prenatal development and their application to embryological education based on the human embryo specimens in the kyoto collection Developmental Dynamics,235,2,468-477 2006/02 英語
豊浦正広;飯山将晃;角所考;美濃導彦 視体積交差法における時系列画像の統合による三次元復元形状の再現性の向上 電子情報通信学会論文誌 D-2,J88-D-2,8,1549-1563 2005/08 日本語
舩冨卓哉;飯山将晃;角所考;美濃導彦 身体動揺を考慮した人体部位の形状計測法 電子情報通信学会論文誌 D-2,J88-D-2,8,1530-1538 2005/08 日本語
飯山将晃;青木啓史;亀田能成;美濃導彦 未知光源環境での物体形状と反射特性のボクセル独立な再構成法 情報処理学会論文誌,42,12,3185-3193 2001/12 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Junki Nishikawa, Koh Kakusho , Masaaki Iiyama, Satoshi Nishiguchi, Masayuki Murakami Estimating Positions of Students in a Classroom from Camera Images Captured by the Lecturer’s PC HCI International 2015,518-526 2015/08 英語
Saori Kikutani, Koh Kakusho,Takeshi Okadome, Masaaki Iiyama, Satoshi Nishiguchi Measuring the Arrangement of Multiple Information Devices by Observing Their User's Face HCI International 2015,296-304 2015/08 英語
Francois Johannes Louw; Masaaki Iiyama; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh Pixel-Wise Radiometric Line Scanner Calibration IAPR MVA2015,218-221 2015/05 英語
Yuki Hirofuji; Masaaki Iiyama; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh 3D Reconstruction of Specular Objects with Occlusion: A Shape-from-Scattering Approach Asian Conference on Computer Vision (ACCV2014) 2014/11 英語
N.Yasuda; K.Kakusho; T.Okadome; T.Funatomi; M.Iiyama Recognizing Conversation Groups in an Open Space by Estimating Placement of Lower Bodies IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2014) 2014/10 英語
Masaaki Iiyama; Shohei Miki; Takuya Funatomi; Michihiko Minoh 3D Acquisition of Occluded Surfaces from Scattering in Participating Media International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014),2095-2100 2014/08 英語
A. Ono; K. Kakusho; T. Funatomi; M. Iiyama Replacing a human hand by a virtual hand and adjusting its posture to a virtual object for its manipulation in an AR environment 2013 International Conference on Cyberworlds, CW 2013,116-119 2013/10 英語
T. Funatomi; T. Yamane; H. Ouchida; M. Iiyama; M. Minoh Deriving motion constraints in finger joints of individualized hand model for manipulation by data glove Proceedings - 2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013,95-102 2013/07 英語
D. Evrenci; M. Iiyama; T. Funatomi; M. Minoh Shape and reflectance from scattering in participating media Proceedings - 2013 International Conference on 3D Vision, 3DV 2013,183-190 2013/07 英語
T. Funatomi; H. Akuzawa; M. Iiyama; M. Minoh Pinhole-to-projection pyramid subtraction for reconstructing non-rigid objects from range images Proceedings - 2nd Joint 3DIM/3DPVT Conference: 3D Imaging, Modeling, Processing, Visualization and Transmission, 3DIMPVT 2012,254-261 2012/10 英語
Rena Kamoda, Mayumi Ueda, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh Grocery Re-identificationusing Load Balance Feature on the Shelffor Monitoring Grocery Inventory ECAI-Workshop on Cooking with Computers 2012/08 英語
Y. Kizumi; K. Kakusho; T. Okadome; T. Funatomi; M. Iiyama Recognizing participants in interaction from observation of office environments 2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2011,358-363 2011/12 英語
M. Toyoura; M. Iiyama; T. Funatomi; K. Kakusho; M. Minoh 3D shape reconstruction from incomplete silhouettes in multiple frames Proceedings - International Conference on Pattern Recognition 2008/12 英語
M. Iiyama; K. Hamada; K. Kakusho; M. Minoh Usage of needle maps and shadows to overcome depth edges in depth map reconstruction Proceedings - International Conference on Pattern Recognition 2008/12 英語
M. Toyoura; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh Silhouette extraction with random pattern backgrounds for the volume intersection method 3DIM 2007 - Proceedings 6th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling,225-232 2007/08 英語
T. Funatomi; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh Light stripe triangulation for multiple of moving rigid objects 3DIM 2007 - Proceedings 6th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling,133-140 2007/08 英語
M. Toyoura; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh Extraction of outcrop points from visual hulls for motion estimation 2006 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2006 - Proceedings,2006,217-220 2006/07 英語
T. Funatomi; M. Iiyama; K. Kakusho; M. Minoh 3D shape reconstruction of trunk swaying human body segments Articulated Motion and Deformable Objects: 4th International Conference (AMDO2006),4069,100-109 2006/07 英語
Masaaki Iiyama; Yoshinari Kameda; Michihiko Minoh 4pi Measurement System: A Complete Volume Reonstruction System for Freely-moving Objects IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI2003),119-124 2003/07 英語
M. Iiyama; Y. Kameda; M. Minor Estimation of the location of joint points of human body from successive volume data Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,15,3,695-698 2000/09 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masaaki Iiyama 3D Object Model Acquisition from Silhouettes Kyoto University 2006/07 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
山本 拓人, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 少数の制御点により直観的操作が可能な3次元顔形状変化モデルの構築 情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告,2014,16,1-8 2014/02/13 日本語
梅澤孝太郎, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 美濃導彦 距離画像から復元した様々な姿勢の手形状モデルにおける非剛体変形量の評価 情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告,2014,14,1-7 2014/02/13 日本語
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 動物体三次元形状計測システム : V4:Vision-based Versatile Volume Visualizer (特集 3Dプリンタと三次元化技術の紹介) 光アライアンス,24,12,19-23 2013/12 日本語
飯山 将晃 「システム情報技術と観光の接点」特集号を企画して(<特集>システム情報技術と観光の接点) システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌,57,8 2013/08/15 日本語
作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 産業用装置の位置合わせ機能に特化した符号化開口の最適化 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM),2013,50,1-8 2013/05/23 日本語
小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 拡張現実感における手による仮想物体操作の位置ずれの補正(力触覚の計算,手,一般) 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理,112,483,45-50 2013/03 日本語
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 オープンスペース内における複数人・物間の偶発的インタラクションの参与者グループ認識 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM),2013,8,1-6 2013/01/16 日本語
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 オープンスペース内における複数人・物間の偶発的インタラクションの参与者グループ認識(テーマセッション,実時間処理実空間センシングと環境理解) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,112,385,45-50 2013/01/16 日本語
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 オープンスペース内における複数人・物間の偶発的インタラクションの参与者グループ認識(テーマセッション,実時間処理実空間センシングと環境理解) 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,112,386,45-50 2013/01/16 日本語
飯山 将晃, 内海 ゆづ子, 清水 彰一, 寺林 賢司, 鳥居 秋彦, 満上 育久, 舩冨 卓哉 MIRU2012若手プログラム実施報告(持続可能な社会に貢献するパターン認識) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,112,357,61-68 2012/12/06 日本語
加茂田 玲奈, 上田 真由美, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 食材管理のための荷重特徴を用いた食材同定 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,111,479,181-186 2012/03/05 日本語
山根 卓也, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 データグローブのセンサデータに基づく各指節の位置・向きの推定手法の検討(一般セッション,実世界文字認識と理解) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,111,353,77-82 2011/12/08 日本語
小山亮,飯山将晃,舩冨卓哉,美濃導彦 “チンダル現象を用いた三次元形状及び反射特性推定” 第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011),No.IS3-29, 2011-07,2011,1050-1057 2011/07/20 日本語
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 A-16-14 一般オフィス空間内のカメラ映像に基づく多者間インタラクション状況の認識(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般セッション) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2011 2011/02/28 日本語
加古 千草, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 平面性制約に基づくカメラ画像からの注視対象領域抽出 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集,27,0,124-124 2011 日本語
喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 レベルセット法を用いたオフィス空間内での偶発的コミュニケーションの参与者グループ認識 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集,27,0,132-132 2011 日本語
小山 亮, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦 物体表面反射特性推定のためのチンダル現象を用いたレーザ光反射シミュレーション(テーマセッション,Computational Photography) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,110,296,73-77 2010/11/11 日本語
大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦 姿勢事例の獲得とその補完による手の計測形状の姿勢操作(テーマ関連,顔・人物・ジェスチャ・行動) 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理,109,471,465-470 2010/03/08 日本語
高橋 康輔, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦 バーチャルスタジオにおける仮想物体把持を支援する視聴覚情報の提示(テーマ関連,顔・人物・ジェスチャ・行動) 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理,109,471,531-536 2010/03/08 日本語
大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦 姿勢事例の獲得とその補完による手の計測形状の姿勢操作(テーマ関連,顔・人物・ジェスチャ・行動) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,109,470,465-470 2010/03/08 日本語
高橋 康輔, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦 バーチャルスタジオにおける仮想物体把持を支援する視聴覚情報の提示(テーマ関連,顔・人物・ジェスチャ・行動) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,109,470,531-536 2010/03/08 日本語
大内田裕胤,籔内智浩,舩冨卓哉,飯山将晃,椋木雅之,美濃導彦 “姿勢事例の獲得とその補完による手の 計測形状の姿勢操作” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010),2010-07. 2010 日本語
籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 バーチャルスタジオにおける現実物体を介した仮想物体操作 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,109,149,1-6 2009/07/16 日本語
飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 複数視点画像と事例画像を用いた超解像度テクスチャマッピング(一般セッション,実世界センシングとその応用) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,109,88,89-94 2009/06/11 日本語
小山 亮, テムニランラット ピッチャヤガン, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 D-12-100 チンダル現象を利用した物体表面の三次元位置及び法線推定(D-12.パターン認識・メディア理解B(コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス),一般セッション) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2009,2 2009/03/04 日本語
関 亜也加, 早瀬 直之, 籔内 智浩, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 A-16-5 バーチャルスタジオにおける現実物体を介した仮想液体操作(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般セッション) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2009 2009/03/04 日本語
飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 D-12-107 複数視点画像と事例画像を用いた超解像度テクスチャマッピング(D-12.パターン認識・メディア理解B(コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス),一般セッション) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2009,2 2009/03/04 日本語
早瀬直之, 藪内智浩, 角所考, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 美濃導彦 バーチャルスタジオにおげる再帰性反射材 を用いた演技支援情報の指向性表示 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会, 2009 2009 日本語
飯山 将晃, 坂口 尚樹, 豊浦 正広, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存(一般セッション1,移動カメラ画像処理におけるパターン認識とメディア理解) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,108,363,49-54 2008/12/11 日本語
豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃導彦 欠損および過抽出を含む時系列シルエットからの三次元形状獲得 情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM),2008,3,69-74 2008/01/17 日本語
豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 欠損および過抽出を含む時系列シルエットからの三次元形状獲得(一般セッション2,CV/PR技術のVRへの応用) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,107,427,69-74 2008/01/10 日本語
濱田 浩気, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 D-12-22 照度差ステレオと影を利用した奥行きエッジが存在する物体の形状計測手法(D-12.パターン認識・メディア理解,一般講演) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2007,2 2007/03/07 日本語
HOU Shuhui, IIYAMA Masaaki, KAKUSHO Koh, MINOH Michihiko Watermarking 3D Mesh Models Using Affine Invariant Based on Local Shape Feature IPSJ SIG Notes,2006,119,7-12 2006/11/16 英語
飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 シルエットと法線マップに基づく物体形状計測(一般セッション(5),CVのためのパターン認識・学習理論の新展開) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,105,674,81-86 2006/03/10 日本語
岡田 尚基, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 A-16-11 運動法則に基づいた映像からの運動モデリング(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般講演) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2006 2006/03/08 日本語
大島 康介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 A-16-24 バーチャルスタジオにおける現実物体を用いた仮想物体の直接操作(A-16.マルチメディア・仮想環境基礎,一般講演) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2006 2006/03/08 日本語
ピッチャヤガン テムニランラット, 豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 D-12-55 物体形状に関する性質の利用による視体積交差法における線状部分の欠損の修復手法(D-12.パターン認識・メディア理解,一般講演) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2006,2 2006/03/08 日本語
大島康介, 舩冨卓哉, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦 バーチャルスタジオにおける現実物体を用いた仮想物体の直接操作 電子情報通信学会2006 年総合大会, 2006-3. 2006 日本語
テムニランラットピッチャヤガン, 豊浦正広, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦 物体形状に関する性 質の利用による視体積交差法における線状部分の欠損の修復手法 電子情報通信学会2006年総合大会, 2006-3. 2006 日本語
陳 蘇, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 形状記述の要求分解能に応じたカメラ配置の決定 システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,6,0,300-300 2006 その他外国語
侯 書会, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 D-11-10 クロッピングにロバストな3Dモデルに対する電子透かし埋め込み手法(D-11. 画像工学A(画像基礎・符号化), 情報・システム2) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2005,2 2005/03/07 日本語
豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 D-12-133 ランダムパターン背景を用いた視体積交差法のためのシルエット修復手法(D-12. パターン認識・メディア理解, 情報・システム2) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2005,2 2005/03/07 日本語
侯書会, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦 クロッピングにロバストな3 D モデルに対する電子透かし埋 め込み手法 電子情報通信学会2005 年総合大会 2005 日本語
飯山 将晃, 美濃 導彦 3次元人体モデル中心処理--画像に基づく3次元モデルの処理方法 画像ラボ,15,11,14-19 2004/11 日本語
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 K-008 ステレオ計測による身体動揺の解析(K.ヒューマンコミュニケーション&インタラクション) 情報科学技術フォーラム一般講演論文集,3,3,407-408 2004/08/20 日本語
飯山 将晃, 美濃 導彦 K-031 時系列視体積からの多関節剛体の形状と運動の同時獲得手法(K.ヒューマンコミュニケーション&インタラクション) 情報科学技術フォーラム一般講演論文集,3,3,465-466 2004/08/20 日本語
陳 蘇, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 A-16-20 物体領域と視体積の投影像との整合性を考慮した3次元形状獲得(A-16. マルチメディア・仮想環境基礎) 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2004 2004/03/08 日本語
豊浦正広, 飯山将晃, 角所考, 美濃導彦 時系列視体積の統合による3 次元復元形状の再現性の向上 画像の認識・理解シンポジウム2004, Vol.2, pp. 139-144 2004 日本語
舩冨 卓哉, 毛呂 功, 飯山 将晃, 美濃 導彦 クラスタリングを用いた人体点群データからの表面再構成(マルチメディア,仮想環境及び一般) 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,102,737,53-56 2003/03/11 日本語
丸谷 宜史, 飯山 将晃, 美濃 導彦 D-12-142 形状取得方式の違いによる形状データの差異の検討 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2003,2 2003/03/03 日本語
豊浦 正広, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 時系列視体積の統合による3次元復元形状の再現性の向上 画像電子学会年次大会予稿集,31,0,35-36 2003 その他外国語
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦 I-8 複数映像からの関節物体モデルの獲得(拡張現実感,I.画像認識・メディア理解) 情報科学技術フォーラム一般講演論文集,2002,3,15-16 2002/09/13 日本語
舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 水田 忍, 美濃 導彦 J-42 局所的自己交差を回避する3次元パッチモデルモーフィングの軌跡生成手法(アニメーション,J.グラフィクス・画像) 情報科学技術フォーラム一般講演論文集,2002,3,285-286 2002/09/13 日本語
松村 晋吾, 水田 忍, 飯山 将晃, 美濃 導彦 実計測データを使用した姿勢変化に対する肩関節の形状表現 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,101,653,41-46 2002/02/15 日本語
飯山 将晃, 青木 啓史, 亀田 能成, 美濃導彦 未知光源環境での物体形状と反射特性のボクセル独立な再構成法 情報処理学会論文誌,42,12,3185-3193 2001/12/15 日本語
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦 時系列ボリュームデータの領域追跡を用いた関節物体の体節への分割手法 (セッション2 3次元画像技術と応用) 研究会講演予稿,190,43-48 2001/11/22 日本語
飯山 将晃, 青木 啓史, 亀田 能成, 美濃 導彦 未知光源環境下での鏡面反射成分付き反射特性の並列計算可能な再構成法 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,100,360,17-22 2000/10/13 日本語
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦 D-12-71 時系列ボリュームデータからの関節物体の関節点位置推定 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,2000 2000/09/07 日本語
飯山 将晃, 亀田 能成, 美濃 導彦 パーツ間の可動領域干渉を考慮したボクセルデータからの人体姿勢推定 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,1998 1998/09/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
趙 詣; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦 漁獲量を二次元海象パターンから回帰するための二値特徴選択 2015年度電子情報通信学会総合大会 2015/03 日本語
薗頭 元春; 舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 美濃 導彦 変分ベイズ法による静止画像の電子的動きぶれ補正 情報処理学会第77回全国大会 2015/03 日本語
西川純貴; 角所 考; 飯山将晃; 西口敏司; 村上正行 カメラ画像に基づく講義室内の受講者位置推定 2015年度電子情報通信学会総合大会 2015/03 日本語
菊谷沙織; 角所 考; 飯山将晃; 西口敏司 ユーザの顔画像に基づくモバイルディスプレイの配置推定 2015年度電子情報通信学会総合大会 2015/03 日本語
岡田 真太郎; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦 視線追跡のための焦点ボケ角膜反射画像とシーン画像間での対応付け手法 2015年度電子情報通信学会総合大会 2015/03 日本語
舩冨 卓哉; 飯山 将晃; 美濃 導彦; 角所 考 二重四元数の線形回帰を用いた多関節モデルの姿勢操作 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) ,114,454,93-94 2015/02 日本語
廣藤 祐樹; 飯山 将晃; 舩冨 卓哉; 美濃 導彦 光散乱法による鏡面反射物体の三次元形状計測 第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014) 2014/07 日本語
安田 修幸, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 対面コミュニケーションにおける身体配置の円形性を利用した未観測の人物位置・方向推定 システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'14) 2014/05 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
飯山 将晃 使える!統計検定・機械学習(4)Random Forestsを用いたパターン認識 システム・制御・情報 = Systems, control and information : システム制御情報学会誌,59,2,71-76 2015/02 日本語
Masahiro Toyoura; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh 3D Shape Reconstruction with Random Pattern Backgrounds 第6 回京都大学学術情報メディアセンターシンポジウム 2008 年1 月10 日( 本) 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールIll 京都大学学術情報メディアセンター 口頭発表I 2008 英語
Masahiro Toyoura; Masaaki Iiyama; Koh Kakusho; Michihiko Minoh Reconstruction and Manipulation of 3D Shapes with Deliberate Textures The 6th International Symposium of the Academic Center for Computing and Media Studies in Cooperation with International Multimedia Modeling Conference (MMM) 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
R. Szeliski 著,玉木 徹,福嶋 慶繁,飯山 将晃,鳥居 秋彦,栗田 多喜夫,波部 斉,林 昌希,野田 雅文訳 コンピュータビジョン ―アルゴリズムと応用― 共立出版 2013/03 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
作山 努, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦, 飯山 将晃 開口パターンの設計方法、画像の復元方法および画像復元装置 特許公開 特開2014-216974 2014/11/17
豊浦 正広,飯山 将晃,舩冨 卓哉,角所 考,美濃 導彦 シルエット抽出装置及び該方法並びに3次元形状データ作成装置及び該方法 特許公開 特開2007-017364 2007/01/25
作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃,美濃 導彦 開口パターンの設計方法,画像の復元方法および画像復元装置 特許出願 特願2014-057916

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎研究会 MVE賞 電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎研究会 2013
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 大量カメラの観測情報の相互補完による高精度3次元形状復元 2004〜2004
若手研究(B) 代表 大量の事例画像を用いた三次元モデルの超解像度化 2008〜2009
基盤研究(B) 課題番号 23300311 分担 教員・受講生のビヘイビアを掲示する授業改善システム及び方法論の開発・実践 2011〜2012
基盤研究(B)  分担 受講ログの獲得と可視化による受講状況の振り返りが容易な学習支援システムの開発 2014〜
基盤研究(C) 代表 散乱現象を利用した物体計測手法の研究 2015〜
基盤研究(A) 分担 食材,道具,動作の認識を連携させた調理行動の認識 2015〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
情報処理入門(経済学部)
情報処理論1a(経済学部)
情報処理論2a(経済学部)
データベース構築論1(経済学研究科)
データベース構築論2(経済学研究科)
情報処理入門 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
情報処理論1a 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
情報処理論2a 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(4回生) 通年 経済学部 2011/04〜2012/03
2回生演習 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
2回生演習 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(3回生) 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(3回生) 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
卒業論文 通年 経済学部 2011/04〜2012/03
データベース構築論1 前期 経済学研究科 2011/04〜2012/03
データベース構築論2 後期 経済学研究科 2011/04〜2012/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年 経済学部 2012/04〜2013/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
情報処理入門 Introduction to Information Processing 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
情報処理論1a Economic Data Processing 1a 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
情報処理論2a Economic Data Processing 2a 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
データベース構築論1(演習) Construction of Database Systems 1 (Seminar) 前期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
データベース構築論2(演習) Construction of Database Systems 2 (Seminar) 後期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2012/04〜2013/03
情報処理入門 Introduction to Information Processing 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
情報処理論1a Economic Data Processing 1a 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
情報処理論2a Economic Data Processing 2a 後期 経済学部 2013/04〜2014/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2013/04〜2014/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2013/04〜2014/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年 経済学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2013/04〜2014/03
データベース構築論1 Construction of Database Systems 1 前期 経済学研究科 2013/04〜2014/03
データベース構築論2 Construction of Database Systems 2 後期 経済学研究科 2013/04〜2014/03
情報処理入門 Introduction to Information Processing 前期 経済学部 2014/04〜2015/03
情報処理論1a Economic Data Processing 1a 前期 経済学部 2014/04〜2015/03
情報処理論2a Economic Data Processing 2a 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2014/04〜2015/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2014/04〜2015/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2014/04〜2015/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年 経済学部 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
データベース構築論1(演習) Construction of Database Systems 1 (Seminar) 前期 経済学研究科 2014/04〜2015/03
データベース構築論2(演習) Construction of Database Systems 2 (Seminar) 後期 経済学研究科 2014/04〜2015/03
マルチメディア Multimedia 後期 工学部 2015/04〜2016/03
ビジュアル・インタラクション Visual Interaction 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年 経済学部 2015/04〜2016/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2015/04〜2016/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
メディア応用特別セミナー Advanced Seminar on Application of Multimedia 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報処理入門 Introduction to Information Processing 前期 経済学部 2015/04〜2016/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2015/04〜2016/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2015/04〜2016/03
画像処理論 Image Processing 前期 工学部 2015/04〜2016/03
計算機科学実験及演習4 Computer Science Laboratory and Exercise 4 後期 工学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
メディア特論A 関西学院大学 社会学部 2011/04/01〜2012/09/19
メディア特論A 関西学院大学 社会学部 2012/04/01〜2012/09/19
メディア特論A 関西学院大学 社会学部 2013/04/01〜2013/09/19
全学運営(役職等)
役職名 期間
全学情報セキュリティ幹事会 幹事 (2006-) 2009/04/01〜2015/03/31
高等教育研究開発推進機構 情報教育専門委員会 委員 (2006-)
情報環境機構 教育用コンピュータシステム運用委員会 委員(2006-) 2009/04/01〜2013/05/31
情報環境機構 計算機環境専門委員会 委員(2006-) 2008/10/01〜2010/09/30
情報環境機構 メディア運用委員会委員(2007-)
情報環境整備委員会 計算機環境専門委員会委員(2007-)
情報教育専門委員会 委員 2008/04/01〜2010/03/31
学術情報メディアセンター全国共同利用運営委員会 2012/04/01〜2014/03/31
情報環境機構KUINS利用負担金検討委員会 2011/04/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
学生委員会 2012/04/01〜2013/03/31
経済学会委員会 2012/07/01〜2014/06/30
ハラスメント窓口相談員 2012/04/01〜2013/09/30
学部教育改善ワーキンググループ 2012/07/01〜2014/03/31
教務電算化ワーキンググルプ 2006/10/12〜
図書委員会 2010/04/01〜2012/03/31
経済資料センター運営委員会 2009/09/20〜2011/09/19
同窓会学内企画委員会 2013/04/01〜2014/03/31
情報セキュリテイ委員会(部局) 2006/05/01〜
部局情報セキュリティ技術責任者 2009/61/01〜
学部教育改善ワーキンググループ 2010/07/01〜2012/06/30
部局広報委員会 2010/12/09〜
教科委員会 2011/10/01〜2012/09/30
同窓会学内企画委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
コンテンツ作成共同研究企画委員会委員 2015/04/01〜
情報セキュリティ委員会委員 2015/04/01〜
将来構想委員会 委員 2015/04/01〜
基盤システム運用委員会 委員 2014/05/09〜

  • <<
  • >>
  • 表示