稲葉 穣

最終更新日時:2017/11/14 05:09:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
稲葉 穣/イナバ ミノル/Minoru Inaba
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
人文科学研究所/文化表象研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
文学研究科 共通 多元統合人文学 教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 グローバル地域研究専攻(協力教員)
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8501
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
東方学会 The Toho Gakkai
日本オリエント学会 The Society for Near Eastern Studies in Japan
史学研究会 The Society of Historical REsearch
東洋史研究会 The Society of Oriental Researchers
西南アジア研究会 The Society for Western and Southern Asiatic Studies
内陸アジア史学会 Society for Inner Asian Studies
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
文学修士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科修士課程東洋史学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部史学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1988/08/01〜1996/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 助手 Research Associate
1996/04/01〜2001/03/31 龍谷大学国際文化学部 Faculty of Intercultural Studies, Ryukoku University 助教授 Associate Professor
2001/04/01〜2008/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University. 助教授/准教授 Associate Professor
2009/04/01〜 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University. 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
中央アジア、特に歴史的アフガニスタンの古代・中世史を研究している。教育に関しては文学研究科およびアジア・アフリカ地域研究研究科において授業と学生指導を担当し、文獻研究とフィールドワークの有機的融合の方途をともにさぐっている。ヨーロッパ・アジア研究コンソーシアムとの学術提携の窓口として、人文科学国際研究センターの運営を行っている。
(英語)
I am specialized in the ancient and medieval history of Central Asia, especially of the historical Afghanistan. I give classes at the graduate school of literature and ASAFAS, trying to develop an effective combination of literary studies and field works. I am working for the International Research Center for Humanities, as a liaison with European Consortium for Asian Field Studies.
研究テーマ
(日本語)
中央アジア古代・中世史, 歴史的アフガニスタンにおける文化接触と変容
(英語)
History of ancient and medieval Central Asia, Cultural contact and interaction around the historical Afghanistan
研究概要
(日本語)
文明の十字路と呼ばれる、現在のアフガニスタン地域がどのようにして、文化接触と変容の場となってきたのかを大きなテーマとし、この地域にイスラーム教徒が到来する前後の時代(6〜12世紀)を主な時代枠として、イスラーム、仏教、ヒンドゥー教などの宗教接触や、それにともなう文化変容と、政治勢力の消長の関連を明らかにしようと研究している。
(英語)
The time frame of research is pre-modern history of 'historical' Afghanistan, especially the period from the 6th to 12th century, when the Muslims first appeared and subsequently established their rules. The purpose of the research is to elucidate the aspects of encounter of the religions (Islam, Buddhism, Hinduism, etc.), which, along with the rise and fall of various dynasties, should have caused the acculturation.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
歴史 history
宗教 religion
アフガニスタン Afghanistan
イスラーム Islam
仏教 Buddhism
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
東洋史
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
INABA Minoru Between Zābulistān and Gūzgān: A Study of the Early Islamic History of Afghanistan Journal of Inner Asian Art and Archaeology,7,209-225 2017/04 英語
INABA Minoru From Caojuzha to Ghazna/Ghaznīn: Early Medieval Chinese and Muslim Descriptions of Eastern Afghanistan Journal of Asian History,49,97-117 2015/11 英語
稲葉穣 前近代のカーブル:東部アフガニスタンにおける大都市の変遷 東方学報京都88冊 2013/12 日本語
稲葉穣 8-10世紀ヒンドゥークシュ山脈の南北 西南アジア研究79 2013/12 日本語
INABA, Minoru モンゴル時代以前の西トルキスタン—ソグディアナからガンダーラまで— 内陸アジア史研究 26号 pp.58-63 2011/05 日本語
稲葉, 穣 前近代史のなかのコンタクト・ゾーン : Finbarr B. Flood 著Objects of Translation をめぐって コンタクト・ゾーン = Contact zone,4,1-9 2011/03/24 日本語
稲葉穣 「ヘラートの「カーマ・スートラ」-中世アフガニスタンにおけるトランスカルチュレイション-」 田中雅一・稲葉穣編『コンタクト・ゾーンの人文学 II: Material Culture 物質文化』晃洋書房, pp.3-37. 2011 日本語
稲葉穣 8世紀前半のカーブルと中央アジア 東洋史研究,69,1,174-151 2010/06 日本語
稲葉穣 泥孰攷 東方学報,85,692-674 2010/03 日本語
稲葉穣 ヤカウラングとリバーテ・カルヴァーン--ハザーラジャート北部の歴史地理 オリエント,50,1,53-79 2007 日本語
稲葉穣 南インド・スリランカのイスラーム初伝伝説について 龍谷大学国際社会文化研究所紀要,6,165-172 2004/03/25 日本語
稲葉穣 アフガニスタンにおけるハラジュの王國 東方學報,76,313-382 2004/03/10 日本語
稲葉穣 ナーイ・カラ石窟開窟の歴史的背景について 西南アジア研究,58,83-96 2003 日本語
稲葉穣 安史の乱時に入唐したアラブ兵について 国際文化研究,5,16-33 2001/03/31 日本語
稲葉穣 ゴール朝と11-12世紀のアフガニスタン 西南アジア研究,16-42 1999/09 日本語
稲葉穣 「Tarikh-i Bayhaqi に見える王権観と国家観」 『東方学会創立五十周年記念東方学論集』東方学会 pp.1403-1414. 1997 日本語
稲葉穣 ガズナ朝のナディ-ム 東方学,118-104 1995/01 日本語
稲葉 穣 ガズナ朝の王都ガズナについて 東方学報,252-200 1994/03 日本語
稲葉穣 「七-八世紀ザーブリスターンの三人の王」 『西南アジア研究』35 pp.39-60. 1991 日本語
稲葉穣 「セルジューク朝と後期ガズナ朝 ―その国境地帯について―」 『東方学報』京都62冊 pp.637-673. 1990 日本語
稲葉穣 「ガズナ朝のハージブ」 『西南アジア研究』29 pp.18-37 1988 日本語
稲葉穣 「スルタン・マスウード時代のMaḥmūdiyānとMas‘ūdiyān」 『東洋史研究』 45-2 pp.130-165. 1986 日本語
INABA, Minoru Arab Soldiers in China at the Time of the An-Shi Rebellion Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, 68 pp.35-61. 2011 英語
INABA, Minoru Nezak in Chinese Sources. M. Alram et al.(eds.) Coins, Art and Chronology II, Vienna, pp.191-202. 2010 英語
INABA, Minoru From Kesar the Kābulšāh and Central Asia. M. Alram et al.(eds.) Coins, Art and Chronology II, Vienna, pp.443-455. 2010 英語
INABA Minoru The Identity of the Turkish Rulers to the South of Hindukush from the 7th to the 9th Centuries A.D. ZINBUN,38,1-19 2006 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Central Asia in the mid-8th century: Wukong's itinerary towards India [Invited] Moving Borders: Current Research on Afghanistan between Inner and South Asia Austrian Academy of Sciences/ Center for Interdisciplinary Research and Documentation of Inner and South Asian Cultural History 2016/01/26 英語
前近代アフガニスタン史の可能性と課題 [招待あり] アフガニスタン研究ネットワーク定期講演会 アフガニスタン研究ネットワーク 2007/12/15 日本語
ヤカウラングとリバーテ・カルヴァーン [招待あり] 第58回羽田記念館講演会 京都大学文学部附属ユーラシア文化研究センター 2007/06/23 日本語
玄奘の辿った道:7-8世紀アフガニスタン史の課題 [招待あり] 2004年度内陸アジア史学会大会 内陸アジア史学会 2004/11/13 日本語
Yakaulang and Ribat-e Karvan [Invited] Afghanistan on the Crossroad of Civlizatons-in Retrospect Korean Association of Central Asian Studies 2009/11/14 英語
Xuanzang, Huichao and Wukong: Records of Chinese Pilgrims on the Buddhist Kingdoms of Afghanistan [Invited] Special Lecture of the Center for the Buddhist Studies The Center for the Buddhist Studies, the Oriental University of Naples 2007/05/30 英語
Afghanistan and Northern India in the Early Islamic Period [Invited] Special Lecture on the history of Asia Department of Asian Studies, the Oriental University of Naples 2007/05/29 英語
Between East and West: Some Remarks on the Pre-Islamic History of Afghanistan [Invited] Special Lecture on the history of Orient The department of Oriental Studies, University of Rome 2007/05/24 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
アムダリヤからムルガーブへ--2007年中央アジア西部遺跡調査 [招待あり] 平成19年度西南アジア研究会総会 西南アジア研究会 2007/12/15 日本語
複数文化接触領域としてのアフガニスタン [招待あり] 複数文化接触領域の人文学のために 京都大学人文科学研究所附属人文学国際研究センター 2006/06/29 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
モンゴル征服以前の西トルキスタン [招待あり] 内陸アジア史学会2010年度大会 内陸アジア史学会 2010/11/13 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
The Islamic History of Bamiyan Buddhas [招待あり] 復旦大学映日講座 復旦大学中古中国共同研究班 2016/11/28 日本語
On the Muslim Descriptions of Bāmiyan Colossi [Invited] Buddhist and Muslim Encounters in Premodern South Asia Dep. of South Asian Language and Civilisations, University of Lausanne) 2015/10/13 英語
東部アフガニスタンにおけるハラジュの王国 [招待あり] 東洋史研究大会 東洋史研究会 2003/11/03 日本語
ゴール朝と11-12世紀のアフガニスタン [招待あり] 日本オリエント学会大会 日本オリエント学会 1998/10/18 日本語
ガズナ朝のナディーム [招待あり] 東洋史研究大会 東洋史研究会 1993/11/03 日本語
From Caojuzha to Ghazna: Early Medieval Chinese and Muslim Descriptions of Eastern Afghanistan [Invited] Chinese and Asian Geographical and Cartographical Views on Central Asia and its Adjacent Regions Department of Sinology, University of Bonn 2014/01/10 英語
The Frontier After the 'Abbasid Break-Up: The 10th Century East [Invited] Civilizational Formation: The Carolingian and 'Abbasid Eras Medieval Institute and Department of History, University of Notre Dame 2013/04/14 英語
Across the Hindukush of the Early Islamic Period [Invited] Eastern Iran and Transoxiana 750-1150: Persianate culture and Islamic Civilisation Institute of Iranian Studies, University of St. Andrews 2013/03/08 英語
Arab Soldiers in China at the Time of An-Shi Rebellion [Invited] Shifting Frontiers: Curernt Issues in the history of early Islamic Central Asia Institute for Aria Studies, Leiden University 2010/12/17 英語
Between Zabulistan and Guzgan: Some issues related to the historical geography of pre and early Islamic Afghanistan [Invited] Crossing Borders: Patterns of Exchange across Afghanistan, Pakistan, India, and Central Asia Cultural History of Western Himalaya research project, Institute of Art History, University of Vienna 2010/03/15 英語
Nezak in Chinese sources? [Invited] Iranian Huns and Western Turks: Archaeology, History, Art History, Numismatics Kunsthistorisches Museum, Austria 2008/11/18 英語
Kabulshah Fromo Kesaro and Central Asia Afghanistan Meeting 2008: Reconsidering Material and Literary Sources Institute for Research in Humanities, Kyoto University 2008/10/02 英語
Nāy Qa'la, the Xalaj and Ribat-e Karvan [Invited] Afghanistan Meeting 2006 Institute of Art History, University of Vienna 2006/03/24 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
INABA Minoru The 'Abbasid and Carolingian Empires: Comparative Studies in Civilizational Formation E. J. Brill 2017/10 英語
INABA Minoru The Encyclopaedia of Islam Three E. J. Brill 2016/03 英語
INABA Minoru Medieval Central Asia and the Persianate World I. B. Tauris 2015/09 英語
INABA Minoru Turko-Mongol Rulers, Cities, and City Life E. J. Brill 2013 英語
稲葉 穣 船山徹編『中国印度宗教史とくに仏教史における書物の流通伝播と人物移動の地域特性』 平成19年〜22年科学研究費補助金成果報告書 2012/03 日本語
INABA Minoru The Encyclopaedia Iranica Encyclopaedia Iranica Foundation 2011 英語
稲葉 穣 世界史史料2 南アジア・イスラーム世界・アフリカ:18世紀まで 岩波書店 2009/07 日本語
稲葉穣 『南アジア史2』(世界歴史大系) 山川出版社 2007 日本語
稲葉穣 『南西アジア地域へのイスラーム伝播ルートと初伝伝説の基礎的研究』 (平成16年度-平成17年度科学研究費補助金成果報告書) 2006 日本語
稲葉 穣 堀川徹編『中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究』 平成14年〜17年度科学研究費補助金成果報告書 2005/03 日本語
稲葉穣 『中央アジアの歴史・社会・文化』 放送大学教育振興会 2004 日本語
INABA Minoru Buddhist Caves of Jāghūrī and Qarabāgh-e Ghazni, Afghanistan IsIAO 2004 英語
稲葉 穣 桑山正進編『石窟寺院の成立と変容』 平成10年〜13年科学研究費補助金成果報告書 2002/03 日本語
稲葉穣 『アジアの歴史と文化8 西アジア史』 同朋舎出版 2000 日本語
稲葉穣 『岩波講座世界歴史6 南アジア世界・東南アジア世界の形成と展開 ―15世紀』 岩波書店 2000 日本語
稲葉 穣 東方学会創立五十周年記念東方学論集 東方学会 1997/05 日本語
稲葉穣 『世界に広がるイスラーム』(講座イスラーム世界の歴史3) 栄光教育文化研究所 1995 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
稲葉 穣 統治の書 岩波書店 2015/09 日本語
稲葉穣 『伝ウマル・ハイヤーム著 ノウルーズの書』(東方学資料叢刊19) 京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター 2011 日本語
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
稲葉穣 『コンタクト・ゾーンの人文学 II: Material Culture 物質文化』 晃洋書房 2011/03 日本語
Minoru Inaba Coins, Art and Chronology II: Indo-Iranian Borderlands in the First Millennium C.E. Austrian Academy of Science 2010/12 英語
稲葉穣 『慧超往五天竺国伝研究』 京都大学人文科学研究所 1992 日本語
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
東方学会賞 Toho Gakkai Award 東方学会 The Toho Gakkai 1995
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
Reconsidering Material and Literary Sources Afghanistan Meeting 2008: 2008/10/01
Between Sogdiana and Gandhara in the Pre-Islamic Period Afghanistan Meeting 2012: 2012/03/05
Exploring the Past and Envisioning the Future: Current Issues in the Ancient History of Afghanistan Kyoto Afghan Week 2013 2013/11/26
The History and Culture of Iran and Central Asia in the First Millennium CE University of Notre Dame and Kyoto University International Symposium 2017/06/25
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
国際学術研究 分担 精密測量によるガンダーラ仏寺構成の再検討 A detailed instrumental survey of Gandhara Buddhist temple 1994〜1996
基盤研究(A) 分担 トルコ・イスラム時代中央アジア文化の総合的研究 Comprehensive researches on Central Asian cultur in the Turco-Islamic period 1994〜1996
基盤研究(B) 分担 石窟寺院の成立と変容 Formation of the Buddhist cave temple 1998〜2001
基盤研究(A) 分担 中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究 Historical studies on formation and change of Muslim communities in Central Asia 2002〜2005
基盤研究(C) 代表 南西アジア地域へのイスラーム伝播ルートと初伝伝説の基礎的研究 A preliminary study on the routes of diffusion of Islam and its legens 2003〜2005
基盤研究(B) 代表 複数文化接触領域としての中央アジアにおける宗教史の再構築 Reconsidering the history of religion in Central Asia from the viewpoint of Multi-Cultural Contact 2006〜2009
基盤研究(B) 分担 中央ユーラシアにおけるイスラームの展開:初期の伝播から現在の再生まで Islam in Central Asia: from the first transmission to the revival in recent times 2006〜2009
基盤研究(B) 分担 中国印度宗教史とくに仏教史における書物の流通伝播と人物移動の地域特性 Regional Characteristics of text-disseminations and human relocations in the history of Chinese and Indian religions with special reference to Buddhism 2007〜2010
基盤研究(B) 分担 中国の初期仏教寺院とその源流にかんする考古学的研究 Archaeological research on the early Chinese Buddhist temples and their origin 2008〜2011
基盤研究(C) 代表 前近代アフガニスタンに関する歴史地理的研究と地名コーパスの作成 Study on the historical geography of pre-modern Afghanistan and the construction of the corpus of toponym 2009〜2012
基盤研究(C) 代表 出土資料とくに貨幣資料に基づく古代アフガニスタン史の再検討 Reconsidering the ancient history of Afghanistan based on archaeological and numismatic materials 2012〜2015
基盤研究(C) 代表 フロンティアとして見た歴史的アフガニスタンの研究 On the Historical Afghanistan as a Historical Frontier 2015/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 出土資料とくに貨幣資料に基づく古代アフガニスタン史の再検討 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 フロンティアとして見た歴史的アフガニスタンの研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 フロンティアとして見た歴史的アフガニスタンの研究 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
近現代の中央アジア山岳高原部における宗教文化と政治に関する基礎的研究 タジキスタン共和国 イスラーム地域研究東大拠点公募研究によるフィールドワーク 2011/08/07〜2011/08/21
龍谷大学仏教遺跡調査(トルコ・イラン・トルクメニスタン) トルコ共和国、イラン・イスラム共和国、トルクメニスタン共和国 2009/09/27〜2009/10/24
龍谷大学アフガニスタン新発見仏教遺跡学術調査プロジェクト ウズベキスタン共和国、トルクメニスタン共和国、タジキスタン共和国 2007/09/26〜2007/10/19
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
・文学研究科西南アジア史学特殊講義 ・Special lecture for Western and South Asia, Graduate School of Letters
・アジア・アフリカ地域研究研究科インド洋世界論講義 ・Special lecture on the Indian Ocean World, Graduate School of Asian and African Area Studies
インド洋世界論 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2011/04〜2012/03
西南アジア史学(特殊講義) 通年 文学研究科 2011/04〜2012/03
西南アジア史学(特殊講義) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2012/04〜2013/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2012/04〜2013/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04〜2014/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2014/04〜2015/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04〜2015/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04〜2016/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04〜2017/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2016/04〜2017/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
インド洋世界論 Studies on the Indian Ocean World 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04〜2018/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 前期 文学研究科 2017/04〜2018/03
西南アジア史学(特殊講義) West Asian History (Special Lectures) 前期 文学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
東アジア人文情報学研究センター長 2016/04/01〜2017/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
人文科学研究所 副所長 2016/04/01〜2017/03/31
企画委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
安全衛生委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
共同利用・共同研究拠点運営委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
東アジア人文情報学研究センター運営委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
点検・評価委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
情報セキュリティ委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
人権委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
史学研究会 The Society of Historical REsearch 理事 member of the board of directors 2010/11/〜2012/10/
東洋史研究会 The Society of Oriental Researchers 評議員 councilor 2010/11/03〜2012/11/02
日本オリエント学会 The Society for Near Eastern Studies in Japan 理事 Board Member 2016/05/28〜2018/05/27
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本オリエント学会 The Society for Near Eastern Studies in Japan オリエント Bulletin of the Society of Near Eastern Studies in Japan 編集委員 2010/07/01〜2012/06/30
西南アジア研究会 The Society for Western and Southern Asiatic Studies 西南アジア研究 Bulletin of the Society for Western and Southern Asiatic Studies 編集委員 2011/12/〜2013/12/