南條 毅

最終更新日時: 2021/06/06 13:11:52

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
南條 毅/ナンジョウ タケシ/Nanjo, Takeshi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
薬学研究科/薬科学専攻薬品創製化学講座/助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本薬学会
有機合成化学協会
日本化学会
日本ペプチド学会
日本プロセス化学会
ヨウ素学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(薬科学) 京都大学
博士(薬科学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院薬学研究科修士課程薬科学専攻 修了
京都大学 大学院薬学研究科博士後期課程薬科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 薬学部薬科学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
滋賀県立膳所高等学校 ぜぜこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2012/04/〜2015/03/ 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員 Research Fellow
2015/04/〜2017/03/ イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 University of Illinois at Urbana-Champaign 博士研究員 Research Fellow
2017/04/〜2018/03/ 京都大学大学院薬学研究科 Kyoto University 特定研究員 Research Fellow
2018/04/〜2019/10/ 京都大学大学院薬学研究科 Kyoto University 特定助教 Assistant Professor
2019/11/〜 京都大学大学院薬学研究科 Kyoto University 助教 Assistant Professor
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5679-6701
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023221
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Tomohiro Kurose, Chihiro Tsukano, Takeshi Nanjo, Yoshiji Takemoto Tomohiro Kurose, Chihiro Tsukano, Takeshi Nanjo, Yoshiji Takemoto Tomohiro Kurose, Chihiro Tsukano, Takeshi Nanjo, Yoshiji Takemoto Total Synthesis of Lyconesidine B, a Lycopodium Alkaloid with an Oxygenated, Amine-Type Fawcettimine Core Total Synthesis of Lyconesidine B, a Lycopodium Alkaloid with an Oxygenated, Amine-Type Fawcettimine Core Total Synthesis of Lyconesidine B, a Lycopodium Alkaloid with an Oxygenated, Amine-Type Fawcettimine Core ORGANIC LETTERS, 23, 3, 676-681 ORGANIC LETTERS, 23, 3, 676-681 ORGANIC LETTERS, 23, 3, 676-681 2021/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Masato Saito, Sho Murakami, Takeshi Nanjo, Yusuke Kobayashi, Yoshiji Takemoto Masato Saito, Sho Murakami, Takeshi Nanjo, Yusuke Kobayashi, Yoshiji Takemoto Masato Saito, Sho Murakami, Takeshi Nanjo, Yusuke Kobayashi, Yoshiji Takemoto Mild and Chemoselective Thioacylation of Amines Enabled by the Nucleophilic Activation of Elemental Sulfur Mild and Chemoselective Thioacylation of Amines Enabled by the Nucleophilic Activation of Elemental Sulfur Mild and Chemoselective Thioacylation of Amines Enabled by the Nucleophilic Activation of Elemental Sulfur Journal of the American Chemical Society, 142, 18, 8130-8135 Journal of the American Chemical Society, 142, 18, 8130-8135 Journal of the American Chemical Society, 142, 18, 8130-8135 2020/05/06 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Natsuki Kato, Xuan Zhang, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Natsuki Kato, Xuan Zhang, Yoshiji Takemoto A Hydroperoxide‐Mediated Decarboxylation of α‐Ketoacids Enables the Chemoselective Acylation of Amines A Hydroperoxide‐Mediated Decarboxylation of α‐Ketoacids Enables the Chemoselective Acylation of Amines A Hydroperoxide-Mediated Decarboxylation of α-Ketoacids Enables the Chemoselective Acylation of Amines Chemistry – A European Journal, 25, 68, 15504-15507 Chemistry – A European Journal, 25, 68, 15504-15507 Chemistry - A European Journal, 25, 68, 15504-15507 2019/12/05 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Xuan Zhang, Yusuke Tokuhiro, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Xuan Zhang, Yusuke Tokuhiro, Yoshiji Takemoto Divergent and Scalable Synthesis of α-Hydroxy/Keto-β-amino Acid Analogues by the Catalytic Enantioselective Addition of Glyoxylate Cyanohydrin to Imines Divergent and Scalable Synthesis of α-Hydroxy/Keto-β-amino Acid Analogues by the Catalytic Enantioselective Addition of Glyoxylate Cyanohydrin to Imines Divergent and scalable synthesis of α-hydroxy/keto-β-amino acid analogues by the catalytic enantioselective addition of glyoxylate cyanohydrin to imines ACS Catalysis, 9, 11, 10087-10092 ACS Catalysis, 9, 11, 10087-10092 ACS Catalysis, 9, 11, 10087-10092 2019/11/01 研究論文(学術雑誌) 公開
Chemoselective methylene oxidation in aromatic molecules Chemoselective methylene oxidation in aromatic molecules Chemoselective methylene oxidation in aromatic molecules Nature Chemistry Nature Chemistry Nature Chemistry 2019/03 公開
Synthesis of (<i>Z</i>)-Alkenes by Catalytic Photoisomerization Synthesis of (<i>Z</i>)-Alkenes by Catalytic Photoisomerization Synthesis of (<i>Z</i>)-Alkenes by Catalytic Photoisomerization Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan 2018/12 公開
Takeshi Nanjo, Natsuki Kato, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Natsuki Kato, Yoshiji Takemoto Oxidative Decarboxylation Enables Chemoselective, Racemization-Free Esterification: Coupling of α-Ketoacids and Alcohols Mediated by Hypervalent Iodine(III) Oxidative Decarboxylation Enables Chemoselective, Racemization-Free Esterification: Coupling of α-Ketoacids and Alcohols Mediated by Hypervalent Iodine(III) Oxidative Decarboxylation Enables Chemoselective, Racemization-Free Esterification: Coupling of α-Ketoacids and Alcohols Mediated by Hypervalent Iodine(III) Organic Letters, 20, 18, 5766-5769 Organic Letters, 20, 18, 5766-5769 Organic Letters, 20, 18, 5766-5769 2018/09/21 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Emilio C. de Lucca, M. Christina White Takeshi Nanjo, Emilio C. de Lucca, M. Christina White Remote, Late-Stage Oxidation of Aliphatic C–H Bonds in Amide-Containing Molecules Remote, Late-Stage Oxidation of Aliphatic C–H Bonds in Amide-Containing Molecules Remote, Late-Stage Oxidation of Aliphatic C-H Bonds in Amide-Containing Molecules Journal of the American Chemical Society, 139, 41, 14586-14591 Journal of the American Chemical Society, 139, 41, 14586-14591 JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 139, 41, 14586-14591 2017/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Palladium-Catalyzed Double C–H Functionalization of Arenes at the Positions <i>ortho</i> and <i>meta</i> to Their Directing Group: Concise Synthesis of Benzocyclobutenes Palladium-Catalyzed Double C–H Functionalization of Arenes at the Positions <i>ortho</i> and <i>meta</i> to Their Directing Group: Concise Synthesis of Benzocyclobutenes Palladium-Catalyzed Double C-H Functionalization of Arenes at the Positions ortho and meta to Their Directing Group: Concise Synthesis of Benzocyclobutenes Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 64, 9, 1384-1392 Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 64, 9, 1384-1392 CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64, 9, 1384-1392 2016/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Synthesis of 3,3-Disubstituted 2-Aminoindolenines by Palladium-Catalyzed Allylic Amidination with Isocyanide Synthesis of 3,3-Disubstituted 2-Aminoindolenines by Palladium-Catalyzed Allylic Amidination with Isocyanide Synthesis of 3,3-Disubstituted 2-Aminoindolenines by Palladium-Catalyzed Allylic Amidination with Isocyanide SYNLETT, 25, 10, 1473-1477 SYNLETT, 25, 10, 1473-1477 SYNLETT, 25, 10, 1473-1477 2014/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Sho Yamamoto, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Sho Yamamoto, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Sho Yamamoto, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Synthesis of 3-Acyl-2-arylindole via Palladium-catalyzed Isocyanide Insertion and Oxypalladation of Alkyne Synthesis of 3-Acyl-2-arylindole via Palladium-catalyzed Isocyanide Insertion and Oxypalladation of Alkyne Synthesis of 3-Acyl-2-arylindole via Palladium-catalyzed Isocyanide Insertion and Oxypalladation of Alkyne ORGANIC LETTERS, 15, 14, 3754-3757 ORGANIC LETTERS, 15, 14, 3754-3757 ORGANIC LETTERS, 15, 14, 3754-3757 2013/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Palladium-Catalyzed Cascade Process Consisting of Isocyanide Insertion and Benzylic C(sp3)–H Activation: Concise Synthesis of Indole Derivatives Palladium-Catalyzed Cascade Process Consisting of Isocyanide Insertion and Benzylic C(sp3)–H Activation: Concise Synthesis of Indole Derivatives Palladium-Catalyzed Cascade Process Consisting of Isocyanide Insertion and Benzylic C(sp(3))-H Activation: Concise Synthesis of Indole Derivatives Organic Letters, 14, 16, 4270-4273 Organic Letters, 14, 16, 4270-4273 ORGANIC LETTERS, 14, 16, 4270-4273 2012/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Domino Pd-Catalyzed Heck Cyclization and Bismuth-Catalyzed Hydroamination: Formal Synthesis of Elacomine and Isoelacomine Domino Pd-Catalyzed Heck Cyclization and Bismuth-Catalyzed Hydroamination: Formal Synthesis of Elacomine and Isoelacomine Domino Pd-Catalyzed Heck Cyclization and Bismuth-Catalyzed Hydroamination: Formal Synthesis of Elacomine and Isoelacomine Chemistry - A European Journal Chemistry - A European Journal Chemistry - A European Journal 2011/01/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
南條 毅, 張 旋, 徳弘 佑介, 竹本 佳司 南條 毅, 張 旋, 徳弘 佑介, 竹本 佳司 グリオキシル酸シアノヒドリンの不斉 Mannich 反応によるβ-アミノ酸誘導体の合成 グリオキシル酸シアノヒドリンの不斉 Mannich 反応によるβ-アミノ酸誘導体の合成 日本薬学会第139年会 日本薬学会第139年会 2019/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 加藤 夏己, 張 旋, 竹本 佳司 南條 毅, 加藤 夏己, 張 旋, 竹本 佳司 新規脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への適用 新規脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への適用 日本薬学会第139年会 日本薬学会第139年会 2019/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 張 旋, 加藤 夏己, 竹本 佳司 南條 毅, 張 旋, 加藤 夏己, 竹本 佳司 α-ケト酸の脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への応用 α-ケト酸の脱炭酸型アミド縮合法の開発とペプチド合成への応用 第68回 近畿支部総会・大会 第68回 近畿支部総会・大会 2018/10 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 加藤 夏己, 竹本 佳司 南條 毅, 加藤 夏己, 竹本 佳司 超原子価ヨウ素によるα-ケト酸の脱炭酸型エステル化法の開発 超原子価ヨウ素によるα-ケト酸の脱炭酸型エステル化法の開発 第21回 ヨウ素学会シンポジウム 第21回 ヨウ素学会シンポジウム 2018/09 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 張 旋, 竹本 佳司 南條 毅, 張 旋, 竹本 佳司 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用したアミド化法の開発 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用したアミド化法の開発 第38回 有機合成若手セミナー 第38回 有機合成若手セミナー 2018/08 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 加藤 夏己, 竹本 佳司 南條 毅, 加藤 夏己, 竹本 佳司 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した新規エステル化反応の開発 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した新規エステル化反応の開発 日本薬学会第138年会 日本薬学会第138年会 2018/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 竹本 佳司 南條 毅, 竹本 佳司 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した触媒的アミド化法の開発 α-ケト酸の酸化的脱炭酸を利用した触媒的アミド化法の開発 日本薬学会第138年会 日本薬学会第138年会 2018/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 竹本 佳司 南條 毅, 竹本 佳司 超原子価ヨウ素を用いたα-ケト酸の脱炭酸型縮合反応の開発 超原子価ヨウ素を用いたα-ケト酸の脱炭酸型縮合反応の開発 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 2017/11 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 ノルボルネンを用いた連続的C-H活性化によるベンゾシクロブテンの合成 ノルボルネンを用いた連続的C-H活性化によるベンゾシクロブテンの合成 日本薬学会第135年会 日本薬学会第135年会 2015/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
塚野千尋, 織田拓也, 南條 毅, 竹本佳司 塚野千尋, 織田拓也, 南條 毅, 竹本佳司 C-H官能基化の実践的合成への応用を指向した配向基の探索 C-H官能基化の実践的合成への応用を指向した配向基の探索 日本薬学会第135年会 日本薬学会第135年会 2015/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 ノルボルネンを用いた芳香環の連続的C-H活性化 ノルボルネンを用いた芳香環の連続的C-H活性化 第64回日本薬学会近畿支部大会 第64回日本薬学会近畿支部大会 2014/10 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
Takeshi Nanjo, Sho Yamamoto, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Sho Yamamoto, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Synthesis of Indole Derivatives by Palladium-Catalyzed Isocyanide Insertion Synthesis of Indole Derivatives by Palladium-Catalyzed Isocyanide Insertion Synthesis of Indole Derivatives by Palladium-Catalyzed Isocyanide Insertion ICOMC2014 ICOMC2014 ICOMC2014 2014/07 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 Pd触媒によるイソシアニドの挿入とアルキンのオキシパラデーションを利用した3-アシル-2-アリールインドール誘導体の合成 Pd触媒によるイソシアニドの挿入とアルキンのオキシパラデーションを利用した3-アシル-2-アリールインドール誘導体の合成 第63回日本薬学会近畿支部大会 第63回日本薬学会近畿支部大会 2013/10 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Takeshi Nanjo, Chihiro Tsukano, Yoshiji Takemoto Palladium-catalyzed indole synthesis using isocyanide insertion Palladium-catalyzed indole synthesis using isocyanide insertion Palladium-catalyzed indole synthesis using isocyanide insertion ISHHC-16 ISHHC-16 ISHHC-16 2013/08 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入を利用したインドール誘導体の合成 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入を利用したインドール誘導体の合成 第11回次世代を担う有機化学シンポジウム 第11回次世代を担う有機化学シンポジウム 2013/05 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 山本 翔, 塚野千尋, 竹本佳司 Pd触媒によるイソシアニド、アルキンの連続的な挿入を利用したインドール誘導体の合成 Pd触媒によるイソシアニド、アルキンの連続的な挿入を利用したインドール誘導体の合成 日本薬学会第133年会 日本薬学会第133年会 2013/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 π-アリルPd錯体に対するイソシアニドの挿入反応を利用した2位ヘテロ置換インドール誘導体の合成 π-アリルPd錯体に対するイソシアニドの挿入反応を利用した2位ヘテロ置換インドール誘導体の合成 日本薬学会第133年会 日本薬学会第133年会 2013/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入反応を利用したインドール合成法の開発 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入反応を利用したインドール合成法の開発 第42回複素環化学討論会 第42回複素環化学討論会 2012/10 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるイソシアニドへの挿入・C(sp3)–H活性化プロセスを利用したインドール誘導体の合成 パラジウム触媒によるイソシアニドへの挿入・C(sp3)–H活性化プロセスを利用したインドール誘導体の合成 第59回有機金属討論会 第59回有機金属討論会 2012/09 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入・ベンジル位C(sp3)-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発 パラジウム触媒によるイソシアニドの挿入・ベンジル位C(sp3)-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発 第29回有機合成化学セミナー 第29回有機合成化学セミナー 2012/09 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒による挿入-C-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発 パラジウム触媒による挿入-C-H活性化プロセスを利用したインドール合成法の開発 日本薬学会第132年会 日本薬学会第132年会 2012/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるC(sp3)–H官能基化を利用した2-置換インドール合成法の開発 パラジウム触媒によるC(sp3)–H官能基化を利用した2-置換インドール合成法の開発 第31回有機合成若手セミナー 第31回有機合成若手セミナー 2011/11 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 南條 毅, 塚野千尋, 竹本佳司 パラジウム触媒によるC(sp3)-H官能基化を利用したインドール合成法の開発 パラジウム触媒によるC(sp3)-H官能基化を利用したインドール合成法の開発 第61回日本薬学会近畿支部大会 第61回日本薬学会近畿支部大会 2011/10 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
塚野千尋, 南條毅, 竹本佳司 塚野千尋, 南條毅, 竹本佳司 TSUKANO CHIHIRO, NANJO TAKESHI, TAKEMOTO YOSHIJI パラジウム触媒を用いたドミノ型環化反応によるジヒドロフロインドール骨格の新規合成法 パラジウム触媒を用いたドミノ型環化反応によるジヒドロフロインドール骨格の新規合成法 パラジウム触媒を用いたドミノ型環化反応によるジヒドロフロインドール骨格の新規合成法 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 125 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 125 日本薬学会年会要旨集, 131st, 2, 125 2011/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
南條毅, 上崎春陽, 塚野千尋, 竹本佳司 南條毅, 上崎春陽, 塚野千尋, 竹本佳司 NANJO TAKESHI, KAMIZAKI HARUAKI, TSUKANO CHIHIRO, TAKEMOTO YOSHIJI ジエンのアミド化を経由するエラコミン類の全合成研究 ジエンのアミド化を経由するエラコミン類の全合成研究 ジエンのアミド化を経由するエラコミン類の全合成研究 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 68 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 68 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 68 2010/03 日本語 研究発表パーパー要旨(全国大会、その他学術会議) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 複雑分子の効率的供給を目指した新規酸化的脱炭酸法の開発 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
若手研究 代表 非天然型ペプチド合成を目指した高化学選択的脱炭酸反応の開発 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
ILASセミナー:くすりと化学 ILAS Seminar :Organic Chemistry of Pharmaceuticals 前期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
創薬有機化学エクササイズ2 Organic Chemistry Exercise 2 前期 薬学部 2020/04〜2021/03
創薬有機化学演習【H30以降入学者用】 Organic Chemistry Seminar 前期 薬学部 2020/04〜2021/03
基盤薬品創製化学実習 Laboratory Practice in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
基盤薬品創製化学実験 Research in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
基盤薬品創製化学演習 Seminar in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
薬学専門実習II 【H30以降入学者用】 Pharmaceutical Laboratory II : Organic Chemistry 前期 薬学部 2020/04〜2021/03
薬学専門実習2 Pharmaceutical Laboratory 2 : Organic Chemistry 前期 薬学部 2020/04〜2021/03
創薬有機化学エクササイズ2 Organic Chemistry Exercise 2 前期 薬学部 2021/04〜2022/03
創薬有機化学演習【H30以降入学者用】 Organic Chemistry Seminar 前期 薬学部 2021/04〜2022/03
基盤薬品創製化学実習 Laboratory Practice in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
基盤薬品創製化学実験 Research in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
基盤薬品創製化学演習 Seminar in Basic Medicinal and Organic Chemistry 通年不定 薬学研究科 2021/04〜2022/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 後期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
薬学専門実習II 【H30以降入学者用】 Pharmaceutical Laboratory II : Organic Chemistry 前期 薬学部 2021/04〜2022/03
薬学専門実習2 Pharmaceutical Laboratory 2 : Organic Chemistry 前期 薬学部 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
NMR運営管理委員会 委員 2021/04/01〜2022/03/31
質量分析運営委員会 委員 2019/04/01〜2022/03/31