藤田 宏明

最終更新日時: 2021/06/30 16:17:40

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
藤田 宏明/フジタ ヒロアキ/Fujita, Hiroaki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻生体制御医学講座細胞機能制御学/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 大阪大学
博士(理学) 大阪大学
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-1465-6425
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009531
研究テーマ
(日本語)
過剰鉄によるフェロトーシス制御因子の解明
研究概要
(日本語)
鉄は容易に電子を授受する性質から多くの酸化還元酵素の活性中心として機能する生体に必須の微量金属であるが、一方で過剰に存在すればフリーラジカルを発生し、毒性を発揮する。特に近年、鉄による脂質過酸化により惹起される新規細胞死フェロトーシスが報告され、鉄毒性に注目が集まっている。フェロトーシスはがんや虚血性疾患との関連から、精力的に解析されているが、そのメカニズム解析で進んでいるのはグルタチオン代謝系などのフェロトーシス抑制系であり、フェロ(鉄)+トーシス(死)という名称とは相反して鉄毒性の観点からのメカニズム解析は進んでいない。未開拓の分野である過剰鉄依存的フェロトーシスの全容を明らかにするため、上記システムを破壊し、鉄添加のみでフェロトーシス様の細胞死が惹起される細胞をCRISPR/Cas9技術により作成した。 さらに、作成した細胞で全遺伝子を対象としたCRISPRスクリーニングを行い、制御遺伝子の網羅的解析を行った。その結果、既知のフェロトーシス制御因子に加え多数の新規フェロトーシス促進・抑制因子を同定している。現在、それら因子の解析を通し、鉄の視点からフェロトーシス全容を理解するとともに、発がんを含めた生理的役割の解明を進めている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
フェロトーシス、鉄、細胞死 Ferroptosis, iron, cell death
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. Nature cell biology, 22, 6, 663-673 Nature cell biology, 22, 6, 663-673 Nature cell biology, 22, 6, 663-673 2020/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroaki Fujita, Akira Tokunaga, Satoshi Shimizu, Amanda L. Whiting, Francisco Aguilar-Alonso, Kenji Takagi, Erik Walinda, Yoshiteru Sasaki, Taketo Shimokawa, Tsunehiro Mizushima, Izuru Ohki, Mariko Ariyoshi, Hidehito Tochio, Federico Bernal, Masahiro Shirakawa, Kazuhiro Iwai Hiroaki Fujita, Akira Tokunaga, Satoshi Shimizu, Amanda L. Whiting, Francisco Aguilar-Alonso, Kenji Takagi, Erik Walinda, Yoshiteru Sasaki, Taketo Shimokawa, Tsunehiro Mizushima, Izuru Ohki, Mariko Ariyoshi, Hidehito Tochio, Federico Bernal, Masahiro Shirakawa, Kazuhiro Iwai Hiroaki Fujita, Akira Tokunaga, Satoshi Shimizu, Amanda L. Whiting, Francisco Aguilar-Alonso, Kenji Takagi, Erik Walinda, Yoshiteru Sasaki, Taketo Shimokawa, Tsunehiro Mizushima, Izuru Ohki, Mariko Ariyoshi, Hidehito Tochio, Federico Bernal, Masahiro Shirakawa, Kazuhiro Iwai Cooperative Domain Formation by Homologous Motifs in HOIL-1L and SHARPIN Plays A Crucial Role in LUBAC Stabilization Cooperative Domain Formation by Homologous Motifs in HOIL-1L and SHARPIN Plays A Crucial Role in LUBAC Stabilization Cooperative Domain Formation by Homologous Motifs in HOIL-1L and SHARPIN Plays A Crucial Role in LUBAC Stabilization Cell Reports, 23, 4, 1192-1204 Cell Reports, 23, 4, 1192-1204 Cell Reports, 23, 4, 1192-1204 2018/04/24 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Satoshi Shimizu, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Tatsuaki Tsuruyama, Kazuhiko Fukuda, Kazuhiro Iwai Satoshi Shimizu, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Tatsuaki Tsuruyama, Kazuhiko Fukuda, Kazuhiro Iwai Satoshi Shimizu, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Tatsuaki Tsuruyama, Kazuhiko Fukuda, Kazuhiro Iwai Differential Involvement of the Npl4 Zinc Finger Domains of SHARPIN and HOIL-1L in Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex-Mediated Cell Death Protection Differential Involvement of the Npl4 Zinc Finger Domains of SHARPIN and HOIL-1L in Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex-Mediated Cell Death Protection Differential Involvement of the Npl4 Zinc Finger Domains of SHARPIN and HOIL-1L in Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex-Mediated Cell Death Protection MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 36, 10, 1569-1583 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 36, 10, 1569-1583 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 36, 10, 1569-1583 2016/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Daisuke Morita, Yukie Yamamoto, Tatsuaki Mizutani, Takeshi Ishikawa, Juri Suzuki, Tatsuhiko Igarashi, Naoki Mori, Takashi Shiina, Hidetoshi Inoko, Hiroaki Fujita, Kazuhiro Iwai, Yoshimasa Tanaka, Bunzo Mikami, Masahiko Sugita Daisuke Morita, Yukie Yamamoto, Tatsuaki Mizutani, Takeshi Ishikawa, Juri Suzuki, Tatsuhiko Igarashi, Naoki Mori, Takashi Shiina, Hidetoshi Inoko, Hiroaki Fujita, Kazuhiro Iwai, Yoshimasa Tanaka, Bunzo Mikami, Masahiko Sugita Daisuke Morita, Yukie Yamamoto, Tatsuaki Mizutani, Takeshi Ishikawa, Juri Suzuki, Tatsuhiko Igarashi, Naoki Mori, Takashi Shiina, Hidetoshi Inoko, Hiroaki Fujita, Kazuhiro Iwai, Yoshimasa Tanaka, Bunzo Mikami, Masahiko Sugita Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex NATURE COMMUNICATIONS, 7, 10356 NATURE COMMUNICATIONS, 7, 10356 NATURE COMMUNICATIONS, 7, 10356 2016/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sasaki Y, Fujita H, Nakai M, Iwai K Sasaki Y, Fujita H, Nakai M, Iwai K Sasaki Y, Fujita H, Nakai M, Iwai K Immunoblot analysis of linear polyubiquitination of NEMO. Immunoblot analysis of linear polyubiquitination of NEMO. Immunoblot analysis of linear polyubiquitination of NEMO. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1280, 297-309 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1280, 297-309 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1280, 297-309 2015 公開
Iwai K, Fujita H, Sasaki Y Iwai K, Fujita H, Sasaki Y Kazuhiro Iwai, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki Linear ubiquitin chains: NF-κB signalling, cell death and beyond. Linear ubiquitin chains: NF-κB signalling, cell death and beyond. Linear ubiquitin chains: NF-kappa B signalling, cell death and beyond Nature reviews. Molecular cell biology, 15, 8, 503-508 Nature reviews. Molecular cell biology, 15, 8, 503-508 NATURE REVIEWS MOLECULAR CELL BIOLOGY, 15, 8, 503-508 2014/08 英語 公開
Mary A. Rodgers, James W. Bowman, Hiroaki Fujita, Nicole Orazio, Mude Shi, Qiming Liang, Rina Amatya, Thomas J. Kelly, Kazuhiro Iwai, Jenny Ting, Jae U. Jung Mary A. Rodgers, James W. Bowman, Hiroaki Fujita, Nicole Orazio, Mude Shi, Qiming Liang, Rina Amatya, Thomas J. Kelly, Kazuhiro Iwai, Jenny Ting, Jae U. Jung Mary A. Rodgers, James W. Bowman, Hiroaki Fujita, Nicole Orazio, Mude Shi, Qiming Liang, Rina Amatya, Thomas J. Kelly, Kazuhiro Iwai, Jenny Ting, Jae U. Jung The linear ubiquitin assembly complex (LUBAC) is essential for NLRP3 inflammasome activation The linear ubiquitin assembly complex (LUBAC) is essential for NLRP3 inflammasome activation The linear ubiquitin assembly complex (LUBAC) is essential for NLRP3 inflammasome activation JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 211, 7, 1331-1345 JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 211, 7, 1331-1345 JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 211, 7, 1331-1345 2014/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Fujita H, Rahighi S, Akita M, Kato R, Sasaki Y, Wakatsuki S, Iwai K Fujita H, Rahighi S, Akita M, Kato R, Sasaki Y, Wakatsuki S, Iwai K Hiroaki Fujita, Simin Rahighi, Mariko Akita, Ryuichi Kato, Yoshiteru Sasaki, Soichi Wakatsuki, Kazuhiro Iwai Mechanism underlying IκB kinase activation mediated by the linear ubiquitin chain assembly complex. Mechanism underlying IκB kinase activation mediated by the linear ubiquitin chain assembly complex. Mechanism Underlying I kappa B Kinase Activation Mediated by the Linear Ubiquitin Chain Assembly Complex Molecular and cellular biology, 34, 7, 1322-1335 Molecular and cellular biology, 34, 7, 1322-1335 MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 34, 7, 1322-1335 2014/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tsuyoshi Takiuchi, Tomoko Nakagawa, Hironari Tamiya, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Yasushi Saeki, Hiroyuki Takeda, Tatsuya Sawasaki, Alexander Buchberger, Tadashi Kimura, Kazuhiro Iwai Tsuyoshi Takiuchi, Tomoko Nakagawa, Hironari Tamiya, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Yasushi Saeki, Hiroyuki Takeda, Tatsuya Sawasaki, Alexander Buchberger, Tadashi Kimura, Kazuhiro Iwai Tsuyoshi Takiuchi, Tomoko Nakagawa, Hironari Tamiya, Hiroaki Fujita, Yoshiteru Sasaki, Yasushi Saeki, Hiroyuki Takeda, Tatsuya Sawasaki, Alexander Buchberger, Tadashi Kimura, Kazuhiro Iwai Suppression of LUBAC-mediated linear ubiquitination by a specific interaction between LUBAC and the deubiquitinases CYLD and OTULIN Suppression of LUBAC-mediated linear ubiquitination by a specific interaction between LUBAC and the deubiquitinases CYLD and OTULIN Suppression of LUBAC-mediated linear ubiquitination by a specific interaction between LUBAC and the deubiquitinases CYLD and OTULIN GENES TO CELLS, 19, 3, 254-272 GENES TO CELLS, 19, 3, 254-272 GENES TO CELLS, 19, 3, 254-272 2014/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hirokazu Yagi, Kazuhiro Ishimoto, Takeshi Hiromoto, Hiroaki Fujita, Tsunehiro Mizushima, Yoshinori Uekusa, Maho Yagi-Utsumi, Eiji Kurimoto, Masanori Noda, Susumu Uchiyama, Fuminori Tokunaga, Kazuhiro Iwai, Koichi Kato Hirokazu Yagi, Kazuhiro Ishimoto, Takeshi Hiromoto, Hiroaki Fujita, Tsunehiro Mizushima, Yoshinori Uekusa, Maho Yagi-Utsumi, Eiji Kurimoto, Masanori Noda, Susumu Uchiyama, Fuminori Tokunaga, Kazuhiro Iwai, Koichi Kato Hirokazu Yagi, Kazuhiro Ishimoto, Takeshi Hiromoto, Hiroaki Fujita, Tsunehiro Mizushima, Yoshinori Uekusa, Maho Yagi-Utsumi, Eiji Kurimoto, Masanori Noda, Susumu Uchiyama, Fuminori Tokunaga, Kazuhiro Iwai, Koichi Kato A non-canonical UBA-UBL interaction forms the linear-ubiquitin-chain assembly complex. A non-canonical UBA-UBL interaction forms the linear-ubiquitin-chain assembly complex. A non-canonical UBA-UBL interaction forms the linear-ubiquitin-chain assembly complex. EMBO reports, 13, 5, 462-8 EMBO reports, 13, 5, 462-8 EMBO reports, 13, 5, 462-8 2012/05/01 英語 公開
Yusuke Sato, Hiroaki Fujita, Azusa Yoshikawa, Masami Yamashita, Atsushi Yamagata, Stephen E. Kaiser, Kazuhiro Iwai, Shuya Fukai Yusuke Sato, Hiroaki Fujita, Azusa Yoshikawa, Masami Yamashita, Atsushi Yamagata, Stephen E. Kaiser, Kazuhiro Iwai, Shuya Fukai Yusuke Sato, Hiroaki Fujita, Azusa Yoshikawa, Masami Yamashita, Atsushi Yamagata, Stephen E. Kaiser, Kazuhiro Iwai, Shuya Fukai Specific recognition of linear ubiquitin chains by the Npl4 zinc finger (NZF) domain of the HOIL-1L subunit of the linear ubiquitin chain assembly complex Specific recognition of linear ubiquitin chains by the Npl4 zinc finger (NZF) domain of the HOIL-1L subunit of the linear ubiquitin chain assembly complex Specific recognition of linear ubiquitin chains by the Npl4 zinc finger (NZF) domain of the HOIL-1L subunit of the linear ubiquitin chain assembly complex PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 108, 51, 20520-20525 PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 108, 51, 20520-20525 PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 108, 51, 20520-20525 2011/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
清水 覚司, 藤田 宏明, 岩井 一宏 清水 覚司, 藤田 宏明, 岩井 一宏 清水 覚司, 藤田 宏明, 岩井 一宏 ユビキチンシステムが切り開く新たな生命現象 LUBACアクセサリー分子SHARPINとHOIL-1Lがプログラム細胞死抑制において果たす機能的差異の解析 ユビキチンシステムが切り開く新たな生命現象 LUBACアクセサリー分子SHARPINとHOIL-1Lがプログラム細胞死抑制において果たす機能的差異の解析 ユビキチンシステムが切り開く新たな生命現象 LUBACアクセサリー分子SHARPINとHOIL-1Lがプログラム細胞死抑制において果たす機能的差異の解析 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1W11-p 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1W11-p 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [1W11-p 2015/12 日本語 公開
藤田 宏明, 清水 覚司, 徳永 暉, Walinda Erik, 高木 賢治, 水島 恒裕, 栃尾 豪人, 岩井 一宏 藤田 宏明, 清水 覚司, 徳永 暉, Walinda Erik, 高木 賢治, 水島 恒裕, 栃尾 豪人, 岩井 一宏 藤田 宏明, 清水 覚司, 徳永 暉, Walinda Erik, 高木 賢治, 水島 恒裕, 栃尾 豪人, 岩井 一宏 LUBACリガーゼ形成における相同性の高いHOIL-1L、SHARPINのUBLの機能的差異 LUBACリガーゼ形成における相同性の高いHOIL-1L、SHARPINのUBLの機能的差異 LUBACリガーゼ形成における相同性の高いHOIL-1L、SHARPINのUBLの機能的差異 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [2P0452]-[2P0452] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [2P0452]-[2P0452] 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回, [2P0452]-[2P0452] 2015/12 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
Mathematical modeling of biological systems that regulate cell survival and death Mathematical modeling of biological systems that regulate cell survival and death Mathematical modeling of biological systems that regulate cell survival and death 1. 数理シグナル 第一回国際シンポジウム 1. 数理シグナル 第一回国際シンポジウム 2019/02/02 英語 公開
LUBAC安定化機構の解明と応用 LUBAC安定化機構の解明と応用 医科研若手シンポジウム 医科研若手シンポジウム 2019/01/31 公開
Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization 第41回日本分子生物学会 第41回日本分子生物学会 2018/11/28 公開
Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization Cooperative domain formation by homologous motifs in HOIL-1L and SHARPIN plays crucial roles in LUBAC stabilization 第91回日本生化学会 第91回日本生化学会 2018/09/24 公開
Crystal structure of trimeric LUBAC reveals essential role of a novel HOIL-1L-SHARPIN interaction in LUBAC formation and function Crystal structure of trimeric LUBAC reveals essential role of a novel HOIL-1L-SHARPIN interaction in LUBAC formation and function Crystal structure of trimeric LUBAC reveals essential role of a novel HOIL-1L-SHARPIN interaction in LUBAC formation and function 第40回日本分子生物学会 シンポジウム 第40回日本分子生物学会 シンポジウム 2017/12/09 英語 公開
Crucial roles of unexpected interaction between subunits of LUBAC ubiquitin ligase in NF-kappaB and cell death Crucial roles of unexpected interaction between subunits of LUBAC ubiquitin ligase in NF-kappaB and cell death 第9回シグナルネットワーク 第9回シグナルネットワーク 2017/06/10 日本語 口頭発表(一般) 公開
Crucial roles of unexpected interaction between subunits of LUBAC ubiquitin ligase in NF-kappaB and cell death Crucial roles of unexpected interaction between subunits of LUBAC ubiquitin ligase in NF-kappaB and cell death Crucial roles of unexpected interaction between subunits of LUBAC ubiquitin ligase in NF-kappaB and cell death 第39回日本分子生物学会 シンポジウム 第39回日本分子生物学会 シンポジウム 2016/12/01 英語 口頭発表(一般) 公開
Novel insights into linear ubiquitin chain assembly complex formation Novel insights into linear ubiquitin chain assembly complex formation Novel insights into linear ubiquitin chain assembly complex formation 2. 2016 Keystone Symposia Conference X3: Ubiquitin Signaling 2. 2016 Keystone Symposia Conference X3: Ubiquitin Signaling 2. 2016 Keystone Symposia Conference X3: Ubiquitin Signaling 2016/03/14 英語 ポスター発表 公開
直鎖状ポリユビキチン鎖によるIKK複合体活性化メカニズムの解析 直鎖状ポリユビキチン鎖によるIKK複合体活性化メカニズムの解析 日本分子生物学会 日本分子生物学会 2014/11/26 日本語 口頭発表(一般) 公開
LUBACによるIKK複合体活性化メカニズムの解析 LUBACによるIKK複合体活性化メカニズムの解析 細胞生物学会 細胞生物学会 2014/06/11 日本語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
藤田 宏明 藤田 宏明 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞機能制御 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞機能制御 シグナリング研究2015(羊土社) シグナリング研究2015(羊土社) 2015/06 共著 公開
藤田 宏明 藤田 宏明 直鎖状ポリユビキチン鎖による免疫・炎症反応の制御 直鎖状ポリユビキチン鎖による免疫・炎症反応の制御 医学のあゆみ(医歯薬出版社) 医学のあゆみ(医歯薬出版社) 2012 共著 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
平成27年度 若手研究(B) 代表 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞死抑制メカニズムの解析 2015/04/01〜2017/03/31
平成29年度 新学術領域研究 (研究領域提案型) 代表 細胞の生存と死を決定する制御システムの数理モデル化 2017/04/01〜2019/03/31
平成29年度 若手研究(B) 代表 HOIL-1Lによる細胞死制御機構と生理意義の解明 2017/04/01〜2019/03/31
若手研究(B) 代表 HOIL-1Lによる細胞死制御機構と生理意義の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞の生存と死を決定する制御システムの数理モデル化 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 HOIL-1Lによる細胞死制御機構と生理意義の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞の生存と死を決定する制御システムの数理モデル化 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞の生存と死を決定する制御システムの数理モデル化 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究C 代表 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞生死の運命決定機構の解明 2019/04/01〜2021/03/31
基盤研究(C) 代表 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞生死の運命決定機構の解明 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
基盤研究(C) 代表 直鎖状ポリユビキチン鎖による細胞生死の運命決定機構の解明 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 鉄濃度依存的なフェリチンのオートファジー経路選択性の解析 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 過剰鉄によるフェロトーシス惹起メカニズムの解明 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
生理学実習 Physiology practical 後期 医学部 2015/04〜2022/03
生理学 Physiology 後期 医学部 2019/04〜2022/03