藤田 尚志

最終更新日時: 2018/08/01 13:53:07

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
藤田 尚志/フジタ タカシ/Fujita, Takashi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/ウイルス感染研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
生命科学研究科 統合生命科学専攻 細胞情報動態学 教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町53 53 Shogion Kawaharacho, Sakyo-Ku,kyoto 606-8507, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4031
電子メールアドレス
メールアドレス
tfujita @ virus.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本免疫学会 Japanese Society of Immunology
日本インターフェロン・サイトカイン学会 The Japanese Society for Interferon and Cytokine Research
日本ウイルス学会 The Japanese Society for Virology
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The International Society for Interferon and Cytokine Research USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学博士 早稲田大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
早稲田大学 大学院理工学研究科博士前期課程 修了
早稲田大学 大学院理工学研究科博士後期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
早稲田大学 教育学部理学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
東京都 早稲田大学高等学院 わせだだいがくこうとうがくいん
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1982/07/〜1984/03/ (財)癌研究会癌研究所 Cancer Institute 嘱託研究員 Postdoctoral fellow
1984/04/〜1990/03/ 大阪大学細胞工学センター Institute for Molecular and Cellular Biology, Osaka University 助手 Assistant Professor
1990/07/〜1991/06/ ホワイトヘッド研究所(米国、マサチューセッツ州) Whitehead Institute for Biomedical Science ポスドク Postdoctoral fellow
1991/07/〜1993/03/ ロックフェラー大学(米国、ニューヨーク) The Rockefeller University ポスドク Postdoctoral Fellow
1993/04/〜2005/08/ 東京都臨床医学総合研究所 Tokyo Metropolitan Institute for Medical Sciences 室長 Chief
プロフィール
(日本語)
細胞内で増殖するウイルスの作り出す非自己RNAは自然免疫応答を引き起こすが、そのメカニズムの研究を行っている。この基礎研究の成果はウイルス感染症の診断、治療法への道へ繋がると考えている。また、免疫応答の異常によって引き起こされる自己免疫疾患の解析も併せて行なっている。
(英語)
Intracellular non-self RNA generated by replicating viruses triggers antiviral innate immunity. My main focus is to elucidate the mechanism of this antiviral immunity and to develop novel diagnostic and therapeutic means against viral infection. Excess Immune responses often result in pathology. My research also involves autoimmunity caused by unregulated immune responses.
使用言語
言語名
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0160693
研究テーマ
(日本語)
ウイルス感染に対抗する免疫反応のうち、ウイルスの増殖を感知する機構はすべての細胞に備わっており「抗ウイルス自然免疫」として捉えられるようになった。ウイルスの感知、そのシグナルの伝達から免疫反応に関与する遺伝子の活性化について研究を行っている。この研究成果はウイルス感染症の診断、治療への応用が期待される。
(英語)
Almost every cell type in our body is equipped to detect viral infection and initiate antiviral responses. We study the mechanism of viral detection, signal transduction and gene activation. The out come of the study will provide novel diagnostic and therapeutic strategies against viral infections.
研究概要
(日本語)
すべてのウイルスは細胞内でその機能を乗っ取ることで増殖を行なうため、その異物としての認識機構は長い間謎であった。近年、ウイルスは特殊な構造を有するRNAを作り出し、それを細胞が異物として認識する機構がある事が明らかとなった。我々は、ウイルスRNAのセンサーであるRIG-Iおよびそれに類似する蛋白質を発見した。これまでに細胞内でどのようにしてウイルスのRNAが感知され、シグナルが伝達されて新たな抗ウイルス遺伝子の活性化が行なわれるのかについて明らかにしてきた。
(英語)
All viruses replicate by hijacking cellular machinery, therefore it was a mystery how cells detect viral infection. Recently, it was revealed that viral RNA conforms specific structure, known as non-self RNA pattern. We discovered cellular sensors,collectively termed as RIG-I-Like Receptors, for detecting replicating viral RNA. Our study revealed that once viral RNA is sensed by these sensors, signal is transmitted to other adaptor proteins and results in selective activation of target antiviral genes.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
免疫学 immunology
ウイルス学 virology
細胞生物学 cell biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Narita R, Takahasi K, Murakami E, Hirano E, Yamamoto SP, Yoneyama M, Kato H, Fujita T A novel function of human Pumilio proteins in cytoplasmic sensing of viral infection. A novel function of human Pumilio proteins in cytoplasmic sensing of viral infection. A novel function of human Pumilio proteins in cytoplasmic sensing of viral infection. PLoS Pathogens, 10, 10 PLoS Pathogens, 10, 10 PLoS Pathogens, 10, 10 2014/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Oda, H., Nakagawa, K., Abe, J., Awaya, T., Funabiki, M., Hijikata, A., Nishikomori, R., Funatsuka, M., Ohshima, Y., Sugawara, Y., Yasumi, T., Kato, H., Shirai, T., Ohara, O., Fujita, T., Heike, T. Aicardi-Goutières syndrome is caused by IFIH1 mutations. Aicardi-Goutières syndrome is caused by IFIH1 mutations. Aicardi-Goutières syndrome is caused by IFIH1 mutations. American Journal of Human Genetics, 95, 1, 121-125 American Journal of Human Genetics, 95, 1, 121-125 American Journal of Human Genetics, 95, 1, 121-125 2014/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Yoo JS, Kato H, Fujita T. Sensing viral invasion by RIG-I like receptors Sensing viral invasion by RIG-I like receptors Sensing viral invasion by RIG-I like receptors Current Opinion in Microbiology, 20, 131-138 Current Opinion in Microbiology, 20, 131-138 Current Opinion in Microbiology, 20, 131-138 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Onomoto K, Yoneyama M, Fung G, Kato H, Fujita T. Antiviral innate immunity and stress granule responses Antiviral innate immunity and stress granule responses Antiviral innate immunity and stress granule responses Trends in Immunology, 35, 9, 420-428 Trends in Immunology, 35, 9, 420-428 Trends in Immunology, 35, 9, 420-428 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Kato H, Fujita T Autoimmunity caused by constitutive activation of cytoplasmic viral RNA sensors Autoimmunity caused by constitutive activation of cytoplasmic viral RNA sensors Autoimmunity caused by constitutive activation of cytoplasmic viral RNA sensors Cytokine & Growth Factor Reviews, 25, 6, 739-743 Cytokine & Growth Factor Reviews, 25, 6, 739-743 Cytokine & Growth Factor Reviews, 25, 6, 739-743 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
應田涼太, 藤田尚志 應田涼太, 藤田尚志 應田涼太, 藤田尚志 RLRs によるRNA ウイルス認識 RLRs によるRNA ウイルス認識 RLRs によるRNA ウイルス認識 医学のあゆみ243, 12-17: 2012 医学のあゆみ243, 12-17: 2012 医学のあゆみ243, 12-17: 2012 2012 日本語 公開
船曳正英, 藤田尚志 船曳正英, 藤田尚志 船曳正英, 藤田尚志 ウイルス感染における細胞内センシング機構 ウイルス感染における細胞内センシング機構 ウイルス感染における細胞内センシング機構 2012 免疫学 Update ―分子病態の解明と治療への展開― 審良静男他編 南山堂10-17 2012 免疫学 Update ―分子病態の解明と治療への展開― 審良静男他編 南山堂10-17 2012 免疫学 Update ―分子病態の解明と治療への展開― 審良静男他編 南山堂10-17 2012 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫応答-明らかになってきた非自己核酸認識システム「基礎の基礎」 抗ウイルス自然免疫応答-明らかになってきた非自己核酸認識システム「基礎の基礎」 抗ウイルス自然免疫応答-明らかになってきた非自己核酸認識システム「基礎の基礎」 細胞工学 29(10):970-975 : 2010 細胞工学 29(10):970-975 : 2010 細胞工学 29(10):970-975 : 2010 2010 日本語 公開
小野口和英, 藤田尚志 小野口和英, 藤田尚志 小野口和英, 藤田尚志 ミトコンドリアと抗ウイルス自然免疫 ミトコンドリアと抗ウイルス自然免疫 ミトコンドリアと抗ウイルス自然免疫 細胞工学 29(10): 983-987 : 2010 細胞工学 29(10): 983-987 : 2010 細胞工学 29(10): 983-987 : 2010 2010 日本語 公開
高松詩穂理, 藤田尚志 高松詩穂理, 藤田尚志 高松詩穂理, 藤田尚志 RLR はC 型肝炎の形成にどのようにかかわるのか RLR はC 型肝炎の形成にどのようにかかわるのか RLR はC 型肝炎の形成にどのようにかかわるのか 分子消化器病7 (3):53-58 : 2010 分子消化器病7 (3):53-58 : 2010 分子消化器病7 (3):53-58 : 2010 2010 日本語 公開
尾野本浩司;藤田尚志 尾野本浩司;藤田尚志 尾野本浩司;藤田尚志 ウイルスと宿主の相互作用  ウイルス感染における細胞内センサーの機能解析 ウイルスと宿主の相互作用  ウイルス感染における細胞内センサーの機能解析 ウイルスと宿主の相互作用  ウイルス感染における細胞内センサーの機能解析 蛋白質 核酸 酵素, 54, 8, 901-907 蛋白質 核酸 酵素, 54, 8, 901-907 蛋白質 核酸 酵素, 54, 8, 901-907 2009/06/10 日本語 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 T. Shigemoto; M. Kageyama; R. Hirai; J.P. Zheng; M. Yoneyama; T. Fujita Identification of loss of function mutations in human genes encoding RIG-I and mda5: Implications for resistance to type I diabetes. Identification of loss of function mutations in human genes encoding RIG-I and mda5: Implications for resistance to type I diabetes. Identification of loss of function mutations in human genes encoding RIG-I and MDA5: Implications for resistance to type I diabetes J. Biol. Chem., 284, 20, 13348-13354 J. Biol. Chem., 284, 20, 13348-13354 Journal of Biological Chemistry, 284, 20, 13348-13354 2009/05/15 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
成田亮,米山光悛,藤田尚志 成田亮,米山光悛,藤田尚志 成田亮,米山光悛,藤田尚志 自然免疫におけるウイルス核酸認識機構 自然免疫におけるウイルス核酸認識機構 自然免疫におけるウイルス核酸認識機構 Medical Science Digest 35(6):6-9: 2009 Medical Science Digest 35(6):6-9: 2009 Medical Science Digest 35(6):6-9: 2009 2009 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさぐる はじめに 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさぐる はじめに 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさぐる はじめに 医学のあゆみ 229 (11): 1045-1046 : 2009 医学のあゆみ 229 (11): 1045-1046 : 2009 医学のあゆみ 229 (11): 1045-1046 : 2009 2009 日本語 公開
小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさ ぐる ウイルス核酸の認識と抗ウイルス自然免疫反応 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさ ぐる ウイルス核酸の認識と抗ウイルス自然免疫反応 細胞内ウイルスセンサー ウイルス感染認識機構をさ ぐる ウイルス核酸の認識と抗ウイルス自然免疫反応 医学のあゆみ 229 (11):1047-1050 : 2009 医学のあゆみ 229 (11):1047-1050 : 2009 医学のあゆみ 229 (11):1047-1050 : 2009 2009 日本語 公開
小野囗和英,藤田尚志 小野囗和英,藤田尚志 小野囗和英,藤田尚志 自己・非自己RNA の識別を基盤とした抗ウイルス免疫機構 自己・非自己RNA の識別を基盤とした抗ウイルス免疫機構 自己・非自己RNA の識別を基盤とした抗ウイルス免疫機構 蛋白質核酸酵素 増刊54(16):2226-2232: 2009 蛋白質核酸酵素 増刊54(16):2226-2232: 2009 蛋白質核酸酵素 増刊54(16):2226-2232: 2009 2009 日本語 公開
米山光悛,藤田尚志 米山光悛,藤田尚志 米山光悛,藤田尚志 ウイルスRNA センサーRTG-Tによる非自己RNA 認識機構 ウイルスRNA センサーRTG-Tによる非自己RNA 認識機構 ウイルスRNA センサーRTG-Tによる非自己RNA 認識機構 ニレビ ュー 生化学 80(9): 838-843、2008 ニレビ ュー 生化学 80(9): 838-843、2008 ニレビ ュー 生化学 80(9): 838-843、2008 2008 日本語 公開
成田亮,藤田尚志 成田亮,藤田尚志 成田亮,藤田尚志 非自己RNA を認識するRTG-T の立体構造と機能 非自己RNA を認識するRTG-T の立体構造と機能 非自己RNA を認識するRTG-T の立体構造と機能 蛋白 核酸 酵素 53(↓4): 1832-11840: 2008 蛋白 核酸 酵素 53(↓4): 1832-11840: 2008 蛋白 核酸 酵素 53(↓4): 1832-11840: 2008 2008 日本語 公開
小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 小野囗和英,米山光悛,藤田尚志 自然免疫によるウイルス感染防御機構 自然免疫によるウイルス感染防御機構 自然免疫によるウイルス感染防御機構 自然免疫によるウイルス感染防御機構 自然免疫によるウイルス感染防御機構 自然免疫によるウイルス感染防御機構 2008 日本語 公開
成田亮;米山光俊;藤田尚志 成田亮;米山光俊;藤田尚志 成田亮;米山光俊;藤田尚志 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  ウイルス感染に対するインターフェロン応答機構 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  ウイルス感染に対するインターフェロン応答機構 ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御  ウイルス感染に対するインターフェロン応答機構 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1187-1193 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1187-1193 蛋白質 核酸 酵素, 52, 10, 1187-1193 2007/08/10 日本語 公開
小野口和英,米山光俊,藤田尚志 小野口和英,米山光俊,藤田尚志 小野口和英,米山光俊,藤田尚志 細胞内ウイルスセンサーによるインターフェロン誘導機構 細胞内ウイルスセンサーによるインターフェロン誘導機構 細胞内ウイルスセンサーによるインターフェロン誘導機構 炎症と免疫 15(2): 167-172: 2007 炎症と免疫 15(2): 167-172: 2007 炎症と免疫 15(2): 167-172: 2007 2007 日本語 公開
尾野本浩司;米山光俊;藤田尚志 尾野本浩司;米山光俊;藤田尚志 尾野本浩司;米山光俊;藤田尚志 基礎研究の進歩―自然免疫とI型IFN―ウイルス感染認識とI型IFN発現誘導機構 基礎研究の進歩―自然免疫とI型IFN―ウイルス感染認識とI型IFN発現誘導機構 基礎研究の進歩―自然免疫とI型IFN―ウイルス感染認識とI型IFN発現誘導機構 日本臨床, 64, 7, 1236-1243 日本臨床, 64, 7, 1236-1243 日本臨床, 64, 7, 1236-1243 2006/07/01 日本語 公開
M. Yoneyama; T. Fujita M. Yoneyama; T. Fujita M. Yoneyama; T. Fujita Induction and Evasion of Innate Immunity by hepatitis C virus Induction and Evasion of Innate Immunity by hepatitis C virus Induction and Evasion of Innate Immunity by hepatitis C virus Acta Hepatologica Japonica, 47, 11, 491-498 Acta Hepatologica Japonica, 47, 11, 491-498 Acta Hepatologica Japonica, 47, 11, 491-498 2006 日本語 公開
渡辺 伸昌;藤田 尚志 渡辺 伸昌;藤田 尚志 渡辺 伸昌;藤田 尚志 ウイルス感染を検知する細胞内受容体RIG-1 (自然免疫) ウイルス感染を検知する細胞内受容体RIG-1 (自然免疫) ウイルス感染を検知する細胞内受容体RIG-1 (自然免疫) 免疫, 2006, 212-221 免疫, 2006, 212-221 免疫, 2006, 212-221 2006 日本語 公開
小野囗和英,藤田尚志 小野囗和英,藤田尚志 小野囗和英,藤田尚志 インターフェロンレセプター インターフェロンレセプター インターフェロンレセプター 臨床免疫 45(4):381-385 臨床免疫 45(4):381-385 臨床免疫 45(4):381-385 2006 日本語 公開
小野口和英;藤田尚志 小野口和英;藤田尚志 小野口和英;藤田尚志 病原体感染に対する免疫応答メカニズム  3.細胞内受容体によるウイルス感染の認識機構 病原体感染に対する免疫応答メカニズム  3.細胞内受容体によるウイルス感染の認識機構 病原体感染に対する免疫応答メカニズム  3.細胞内受容体によるウイルス感染の認識機構 実験医学, 23, 17, 2673-2680 実験医学, 23, 17, 2673-2680 実験医学, 23, 17, 2673-2680 2005/10/15 日本語 公開
米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 細胞内ウイルス認識に関与するRIG-I ヘリカーゼファミリー 細胞内ウイルス認識に関与するRIG-I ヘリカーゼファミリー 細胞内ウイルス認識に関与するRIG-I ヘリカーゼファミリー 実験医学, 23: 1519-1524, 羊土社 実験医学, 23: 1519-1524, 羊土社 実験医学, 23: 1519-1524, 羊土社 2005 日本語 公開
尾野本浩司,米山光俊,藤田尚志 尾野本浩司,米山光俊,藤田尚志 尾野本浩司,米山光俊,藤田尚志 RNA ヘリカーゼRIG-I によるインターフェロン系の制御 RNA ヘリカーゼRIG-I によるインターフェロン系の制御 RNA ヘリカーゼRIG-I によるインターフェロン系の制御 実験医学増刊, 23: 3061-3066, 羊土社 実験医学増刊, 23: 3061-3066, 羊土社 実験医学増刊, 23: 3061-3066, 羊土社 2005 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス感染のセンサーRIG-Iとその臨床応用の可能性 ウイルス感染のセンサーRIG-Iとその臨床応用の可能性 ウイルス感染のセンサーRIG-Iとその臨床応用の可能性 国際BIOエキスポ, 2005.5.20, 東京 国際BIOエキスポ, 2005.5.20, 東京 国際BIOエキスポ, 2005.5.20, 東京 2005 日本語 公開
米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Eileen Foy Yueh-Ming Loo,Michael Gale, Jr.,審良静男,米原 伸,加藤 篤,藤田尚志 米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Eileen Foy Yueh-Ming Loo,Michael Gale, Jr.,審良静男,米原 伸,加藤 篤,藤田尚志 米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Eileen Foy Yueh-Ming Loo,Michael Gale, Jr.,審良静男,米原 伸,加藤 篤,藤田尚志 ウイルス感染に応 答した自然免疫誘導に関与するRNA ヘリカーゼファミリー. ウイルス感染に応 答した自然免疫誘導に関与するRNA ヘリカーゼファミリー. ウイルス感染に応 答した自然免疫誘導に関与するRNA ヘリカーゼファミリー. 2005 日本語 公開
米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 ウイルス感染に応答した自然免疫誘導のメカニズム ウイルス感染に応答した自然免疫誘導のメカニズム ウイルス感染に応答した自然免疫誘導のメカニズム Annual Review 免疫2006, 182-189, 中外医学社, 2005 Annual Review 免疫2006, 182-189, 中外医学社, 2005 Annual Review 免疫2006, 182-189, 中外医学社, 2005 2005 日本語 公開
T. Fujita; N. Watanabe T. Fujita; N. Watanabe T. Fujita; N. Watanabe Physiological function of BCL-3 Physiological function of BCL-3 Physiological function of BCL-3 Seikagaku, 71, 2, 115-118 Seikagaku, 71, 2, 115-118 Seikagaku, 71, 2, 115-118 1999 日本語 公開
T. Fujita T. Fujita T. Fujita Regulatory mechanism of gene expression in interferon system Regulatory mechanism of gene expression in interferon system Regulatory mechanism of gene expression in interferon system Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 62, 3, 157-168 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 62, 3, 157-168 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 62, 3, 157-168 1990 日本語 公開
船曵正英, 藤田尚志 船曵正英, 藤田尚志 船曵正英, 藤田尚志 第3 章免疫不全モデル 第4 節自然免疫欠損マウス 第3 項 核酸 受容体 第3 章免疫不全モデル 第4 節自然免疫欠損マウス 第3 項 核酸 受容体 第3 章免疫不全モデル 第4 節自然免疫欠損マウス 第3 項 核酸 受容体 497-502: 20H 「疾患モデルの作製と利用一免疫疾患」< series モデル動物 利用マニュアル> 岩倉洋一郎編 株エルs ・アイ・シー 497-502: 20H 「疾患モデルの作製と利用一免疫疾患」< series モデル動物 利用マニュアル> 岩倉洋一郎編 株エルs ・アイ・シー 497-502: 20H 「疾患モデルの作製と利用一免疫疾患」< series モデル動物 利用マニュアル> 岩倉洋一郎編 株エルs ・アイ・シー 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-Like Receptors Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-Like Receptors Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-Like Receptors EMBO Workshop Human RNA Viruses, Istanbul, Turkey EMBO Workshop Human RNA Viruses, Istanbul, Turkey EMBO Workshop Human RNA Viruses, Istanbul, Turkey 2014/10 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Dysregulation of MDA5-dependent signaling causes autoimmune disorder. Dysregulation of MDA5-dependent signaling causes autoimmune disorder. Dysregulation of MDA5-dependent signaling causes autoimmune disorder. NHRI/IBMS Joint International Conference on Inflammation & Disease NHRI/IBMS Joint International Conference on Inflammation & Disease NHRI/IBMS Joint International Conference on Inflammation & Disease 2014/10 英語 会議報告等 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Antiviral innate immunity in health and disease. Antiviral innate immunity in health and disease. Antiviral innate immunity in health and disease. NIH-Japan-JSPS Symposium-Highlights from the frontier of biomedical science from NIH and Japan NIH-Japan-JSPS Symposium-Highlights from the frontier of biomedical science from NIH and Japan NIH-Japan-JSPS Symposium-Highlights from the frontier of biomedical science from NIH and Japan 2014/10 英語 会議報告等 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Narita, R., Takahasi, K., Yoneyama, M. and Fujita, T. A Novel Function of Human Pumilio Proteins in Cytoplasmic Sensing of Viral Infection. A Novel Function of Human Pumilio Proteins in Cytoplasmic Sensing of Viral Infection. A Novel Function of Human Pumilio Proteins in Cytoplasmic Sensing of Viral Infection. The 13th Awaji International Forum on Infection and Immunity, 10, 10 The 13th Awaji International Forum on Infection and Immunity, 10, 10 The 13th Awaji International Forum on Infection and Immunity, 10, 10 2014/09 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Yao, W-L., Kaname, Y., Ikeda, S., Kato, H. and Fujita, T. Innate Immune Responses Against Hepatitis B Virus in ES2. Innate Immune Responses Against Hepatitis B Virus in ES2. Innate Immune Responses Against Hepatitis B Virus in ES2. International Meeting on Molecular Mechanism of Hepatitis B Viruses, UCLA, USA International Meeting on Molecular Mechanism of Hepatitis B Viruses, UCLA, USA International Meeting on Molecular Mechanism of Hepatitis B Viruses, UCLA, USA 2014/09 会議報告等 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Blocking innate immune responses enhanced HBV replication. Blocking innate immune responses enhanced HBV replication. Blocking innate immune responses enhanced HBV replication. 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop 2014/04 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-like receptors. Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-like receptors. Regulation of antiviral innate immunity by RIG-I-like receptors. The NF-κB system in health and disease, Keystone Symposia The NF-κB system in health and disease, Keystone Symposia The NF-κB system in health and disease, Keystone Symposia 2014/02 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Narita, R., Kato, H., Yoneyama, M. and Fujita, T. Functional role of Pumilio in IFN induction mediated by RLRs. Functional role of Pumilio in IFN induction mediated by RLRs. Functional role of Pumilio in IFN induction mediated by RLRs. The 2nd Meeting on RNA and Biofunctions-Asia Study "RNA Biofunctions and Viruses" The 2nd Meeting on RNA and Biofunctions-Asia Study "RNA Biofunctions and Viruses" The 2nd Meeting on RNA and Biofunctions-Asia Study "RNA Biofunctions and Viruses" 2013/01 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Ng c-s, Kato H, Fujita T. Inhibition of virus-induced interferon gene activation through modulation of cytoplasmic stress granules by a viral protease. Inhibition of virus-induced interferon gene activation through modulation of cytoplasmic stress granules by a viral protease. Inhibition of virus-induced interferon gene activation through modulation of cytoplasmic stress granules by a viral protease. The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine 16-19 2012 The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine, Sapporo 2012/10 英語 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Funabiki M, Kato H, FujitaT. Autoimmunity and nephritis caused by MDA5 mutation depend on IPS-1. Autoimmunity and nephritis caused by MDA5 mutation depend on IPS-1. Autoimmunity and nephritis caused by MDA5 mutation depend on IPS-1. The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine, The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine, The 34th Naito Conference on Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine, 2012/10 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Go S, Onomoto K, Ishidate F, Kato H, Fujita T Mechanism and Physiological Role of Granules Formed by Viral Nucleocapsid Protein. Mechanism and Physiological Role of Granules Formed by Viral Nucleocapsid Protein. Mechanism and Physiological Role of Granules Formed by Viral Nucleocapsid Protein. The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity 2012/09 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Vo DN, Kato H, Fujita T. The anti-tumor agent DMXAA induces IFN-β response via STING. 9. The anti-tumor agent DMXAA induces IFN-β response via STING. 9. The anti-tumor agent DMXAA induces IFN-β response via STING. 9. The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity 2012/09 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Watanabe T, Miyata N, Go S, Kato H, Fujita T. Recognition of Green Pepper dsRNA by Viral RNA Sensor. Recognition of Green Pepper dsRNA by Viral RNA Sensor. Recognition of Green Pepper dsRNA by Viral RNA Sensor. 10th NTU-KU Joint Symposium on Molecular and Cell Biology 10th NTU-KU Joint Symposium on Molecular and Cell Biology 2012.6.21 第77 回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 神戸 2012/01 英語 会議報告等 公開
高松詩穂里, 尾野本浩司, 小野口和英, 米山光悛, 加藤博己, 藤田尚志 高松詩穂里, 尾野本浩司, 小野口和英, 米山光悛, 加藤博己, 藤田尚志 高松詩穂里, 尾野本浩司, 小野口和英, 米山光悛, 加藤博己, 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫応答におけるアダプター分子IPS-1 のシグナル伝達機構の解析 抗ウイルス自然免疫応答におけるアダプター分子IPS-1 のシグナル伝達機構の解析 抗ウイルス自然免疫応答におけるアダプター分子IPS-1 のシグナル伝達機構の解析 2012 6.21 第77回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 神戸 2012 6.21 第77回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 神戸 2012 6.21 第77回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 神戸 2012 日本語 公開
呉成旭, 尾野本浩司, 高橋清大, 石館文善, 加藤博己, 藤田尚志 呉成旭, 尾野本浩司, 高橋清大, 石館文善, 加藤博己, 藤田尚志 呉成旭, 尾野本浩司, 高橋清大, 石館文善, 加藤博己, 藤田尚志 ウイルスNP による顆粒形成の機構と生理的機能の解析 ウイルスNP による顆粒形成の機構と生理的機能の解析 ウイルスNP による顆粒形成の機構と生理的機能の解析 2012 6.21 第77 回日本インターフェロン・サイトカ イン学会学術集会 神戸 2012 6.21 第77 回日本インターフェロン・サイトカ イン学会学術集会 神戸 2012 6.21 第77 回日本インターフェロン・サイトカ イン学会学術集会 神戸 2012 日本語 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Ouda, R., Onomoto, K., Takahasi, K., Edwards, M.R., Kato, H., Yoneyama, M. and Fujita, T. RIG-I-inducible miR-23b inhibits infections by minor group rhinoviruses through down-regulation of the receptor VLDL. RIG-I-inducible miR-23b inhibits infections by minor group rhinoviruses through down-regulation of the receptor VLDL. RIG-I-inducible miR-23b inhibits infections by minor group rhinoviruses through down-regulation of the receptor VLDL. The 18th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research The 18th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research The 18th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research 2011/12 英語 会議報告等 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 FUJITA Takashi Viral replication and its detection by RIG-I-Like Receptors: Formation of RIG-I granules and signal transduction through mitochondrion. Viral replication and its detection by RIG-I-Like Receptors: Formation of RIG-I granules and signal transduction through mitochondrion. Viral replication and its detection by RIG-I-Like Receptors: Formation of RIG-I granules and signal transduction through mitochondrion. 2011 International Symposium on Infectious Disease and Signal Transduction 2011 International Symposium on Infectious Disease and Signal Transduction 2011 International Symposium on Infectious Disease and Signal Transduction 2011/11 英語 会議報告等 公開
Fujita, T. Fujita, T. Fujita, T. Virus-infection or 5´ppp-RNA activates antiviral signal through redistribution of IPS-1 mediated by MFN1 Virus-infection or 5´ppp-RNA activates antiviral signal through redistribution of IPS-1 mediated by MFN1 Virus-infection or 5´ppp-RNA activates antiviral signal through redistribution of IPS-1 mediated by MFN1 Cytokines 2010: Cancer in Infectious Diseases, Autoimmune Disorders and Cancer. October 3-7, 2010 Chicago, USA Cytokines 2010: Cancer in Infectious Diseases, Autoimmune Disorders and Cancer. October 3-7, 2010 Chicago, USA Cytokines 2010: Cancer in Infectious Diseases, Autoimmune Disorders and Cancer. October 3-7, 2010 Chicago, USA 2010/10/03 日本語 公開
吉田涼太, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 吉田涼太, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 吉田涼太, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 ウイルスセンサーRTG-T によって誘導され るmiRNA の機能解析 ウイルスセンサーRTG-T によって誘導され るmiRNA の機能解析 ウイルスセンサーRTG-T によって誘導され るmiRNA の機能解析 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 2010 日本語 公開
尾野本浩司, 西川千紘, 米山光悛, 藤田尚志 尾野本浩司, 西川千紘, 米山光悛, 藤田尚志 尾野本浩司, 西川千紘, 米山光悛, 藤田尚志 血球系細胞活性化時におけるRTG-T シグナ ルの機能解析 血球系細胞活性化時におけるRTG-T シグナ ルの機能解析 血球系細胞活性化時におけるRTG-T シグナ ルの機能解析 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州 2010. 6. 25-26 2010 日本語 公開
常喜儒彦, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 常喜儒彦, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 常喜儒彦, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 ウイルス感染時におけるRLRs の細胞内局在 の解析 ウイルス感染時におけるRLRs の細胞内局在 の解析 ウイルス感染時におけるRLRs の細胞内局在 の解析 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州,2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州,2010. 6. 25-26 第75 回日本インターフェロン・サイトカイン学会, 北九州,2010. 6. 25-26 2010 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス増殖の感知と抗ウイルス自然免疫応答 ウイルス増殖の感知と抗ウイルス自然免疫応答 ウイルス増殖の感知と抗ウイルス自然免疫応答 蛋白質研究所セミナー「疾患と 膜動態の蛋白質科学」大阪,2010. 9.17-18 蛋白質研究所セミナー「疾患と 膜動態の蛋白質科学」大阪,2010. 9.17-18 蛋白質研究所セミナー「疾患と 膜動態の蛋白質科学」大阪,2010. 9.17-18 2010 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫応答: ウイルスRNA の感知と細胞内シグナル伝達機構 抗ウイルス自然免疫応答: ウイルスRNA の感知と細胞内シグナル伝達機構 抗ウイルス自然免疫応答: ウイルスRNA の感知と細胞内シグナル伝達機構 第11回桜山感染症研究会、名古屋市立大、名古屋、20 10. 12. 22 第11回桜山感染症研究会、名古屋市立大、名古屋、20 10. 12. 22 第11回桜山感染症研究会、名古屋市立大、名古屋、20 10. 12. 22 2010 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス増殖を感知する細胞内センサー・RIG-I ファミリー ウイルス増殖を感知する細胞内センサー・RIG-I ファミリー ウイルス増殖を感知する細胞内センサー・RIG-I ファミリー 2009. 7.18 第7 回肝臓病研究会シンポジウム 特別講演 品川 2009. 7.18 第7 回肝臓病研究会シンポジウム 特別講演 品川 2009. 7.18 第7 回肝臓病研究会シンポジウム 特別講演 品川 2009 日本語 公開
西川千紘, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 西川千紘, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 西川千紘, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 血球系細胞活性化時におけるRIG-I シグナ ルの機能解析 血球系細胞活性化時におけるRIG-I シグナ ルの機能解析 血球系細胞活性化時におけるRIG-I シグナ ルの機能解析 2009. 10. 23 第82 回日本生化学会大会 神戸 2009. 10. 23 第82 回日本生化学会大会 神戸 2009. 10. 23 第82 回日本生化学会大会 神戸 2009 日本語 公開
影山麻衣子, 成田亮, 高橋清大, 米山光悛, 藤田尚志 影山麻衣子, 成田亮, 高橋清大, 米山光悛, 藤田尚志 影山麻衣子, 成田亮, 高橋清大, 米山光悛, 藤田尚志 ウイルスRNA センサータンパク質RIG-1 の活性化機構の解明The identification of the auto-repressor domain of RIG-I ウイルスRNA センサータンパク質RIG-1 の活性化機構の解明The identification of the auto-repressor domain of RIG-I ウイルスRNA センサータンパク質RIG-1 の活性化機構の解明The identification of the auto-repressor domain of RIG-I 2009. 12.9 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009. 12.9 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009. 12.9 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009 日本語 公開
高松詩穂理, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 高松詩穂理, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 高松詩穂理, 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 IPS-1 による抗ウイルス応答シグナル制御機構の解析 IPS-1 による抗ウイルス応答シグナル制御機構の解析 IPS-1 による抗ウイルス応答シグナル制御機構の解析 2009. 12.11 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009. 12.11 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009. 12.11 第32 回日本分子生物学会年会 横浜 2009 日本語 公開
尾野本浩司,米山光悛,藤田尚志 尾野本浩司,米山光悛,藤田尚志 尾野本浩司,米山光悛,藤田尚志 RIG-I CARDオリゴマー形成によるシグナル伝達機構の析 RIG-I CARDオリゴマー形成によるシグナル伝達機構の析 RIG-I CARDオリゴマー形成によるシグナル伝達機構の析 第73 回日本インターフェロン・サイトカイン学会、2008.7.10、札幌 第73 回日本インターフェロン・サイトカイン学会、2008.7.10、札幌 第73 回日本インターフェロン・サイトカイン学会、2008.7.10、札幌 2008 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス感染を感知するセンサー分子、RIG-I、と抗ウイルス自然免疫機構 ウイルス感染を感知するセンサー分子、RIG-I、と抗ウイルス自然免疫機構 ウイルス感染を感知するセンサー分子、RIG-I、と抗ウイルス自然免疫機構 彩都バイオサイエンスセミナー 2007. 1.31 彩都バイオヒルズセンター、大阪 彩都バイオサイエンスセミナー 2007. 1.31 彩都バイオヒルズセンター、大阪 彩都バイオサイエンスセミナー 2007. 1.31 彩都バイオヒルズセンター、大阪 2007 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス生体防御のセンサー、RIG-I like receptors 抗ウイルス生体防御のセンサー、RIG-I like receptors 抗ウイルス生体防御のセンサー、RIG-I like receptors 第31回阿蘇シンポジウム 2007.7.27 阿蘇 第31回阿蘇シンポジウム 2007.7.27 阿蘇 第31回阿蘇シンポジウム 2007.7.27 阿蘇 2007 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルスの複製を感知するCARD ヘリガーゼ, RIG-i ファミリー ウイルスの複製を感知するCARD ヘリガーゼ, RIG-i ファミリー ウイルスの複製を感知するCARD ヘリガーゼ, RIG-i ファミリー 第2 回肝免疫・ ウイルス・フロンティア 2006.4.15 名古屋( 招待講演) 第2 回肝免疫・ ウイルス・フロンティア 2006.4.15 名古屋( 招待講演) 第2 回肝免疫・ ウイルス・フロンティア 2006.4.15 名古屋( 招待講演) 2006 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス感染症とRIG-I ファイミリーによる防御反応 ウイルス感染症とRIG-I ファイミリーによる防御反応 ウイルス感染症とRIG-I ファイミリーによる防御反応 代71 回日本インターフェロ ン・サイトカイン学会学術集会 2006.7.8 西宮( シンポジウム) 代71 回日本インターフェロ ン・サイトカイン学会学術集会 2006.7.8 西宮( シンポジウム) 代71 回日本インターフェロ ン・サイトカイン学会学術集会 2006.7.8 西宮( シンポジウム) 2006 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫:RIG-like receptor によるウイルスRNA と自己RNA の識別 抗ウイルス自然免疫:RIG-like receptor によるウイルスRNA と自己RNA の識別 抗ウイルス自然免疫:RIG-like receptor によるウイルスRNA と自己RNA の識別 第 9 回リサーチフォーラム『ウイルスとヒト』 2006.12.2 京都( 招待講演) 第 9 回リサーチフォーラム『ウイルスとヒト』 2006.12.2 京都( 招待講演) 第 9 回リサーチフォーラム『ウイルスとヒト』 2006.12.2 京都( 招待講演) 2006 日本語 公開
尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 尾野本浩司, 米山光悛, 藤田尚志 RIG-I CARD のオリゴマー形成によるシグナル伝達とその生理機能 RIG-I CARD のオリゴマー形成によるシグナル伝達とその生理機能 RIG-I CARD のオリゴマー形成によるシグナル伝達とその生理機能 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6 名古屋 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6 名古屋 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6 名古屋 2006 日本語 公開
小野口和英, 米山光悛, 竹村明澄, 審良静男, 谷口維紹, 藤田尚志 小野口和英, 米山光悛, 竹村明澄, 審良静男, 谷口維紹, 藤田尚志 小野口和英, 米山光悛, 竹村明澄, 審良静男, 谷口維紹, 藤田尚志 Ⅲ型インターフェロンはI 型インターフェロンと同じ転写制御を受ける Ⅲ型インターフェロンはI 型インターフェロンと同じ転写制御を受ける Ⅲ型インターフェロンはI 型インターフェロンと同じ転写制御を受ける 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6" 2006.12.8 名古屋 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6" 2006.12.8 名古屋 日本分子生物学会2006 フォーラム 2006.12.6" 2006.12.8 名古屋 2006 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 ウイルス感染のセンサーRIG-Iと抗ウイルス自然免疫 ウイルス感染のセンサーRIG-Iと抗ウイルス自然免疫 ウイルス感染のセンサーRIG-Iと抗ウイルス自然免疫 第8回肝臓分子生物学研 究会, 2005.1.18, 京都 第8回肝臓分子生物学研 究会, 2005.1.18, 京都 第8回肝臓分子生物学研 究会, 2005.1.18, 京都 2005 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫機構を制御する新規RNAヘリカーゼRIG-I ファミリー 抗ウイルス自然免疫機構を制御する新規RNAヘリカーゼRIG-I ファミリー 抗ウイルス自然免疫機構を制御する新規RNAヘリカーゼRIG-I ファミリー 第14回東京免疫フォーラム, 2005.5.10, 東京 第14回東京免疫フォーラム, 2005.5.10, 東京 第14回東京免疫フォーラム, 2005.5.10, 東京 2005 日本語 公開
藤田尚志 藤田尚志 藤田尚志 抗ウイルス自然免疫機構と細胞生理制御 抗ウイルス自然免疫機構と細胞生理制御 抗ウイルス自然免疫機構と細胞生理制御 第73回東京医科大学免疫アレルギー 研究会(特別講演), 2005.5.23, 東京 第73回東京医科大学免疫アレルギー 研究会(特別講演), 2005.5.23, 東京 第73回東京医科大学免疫アレルギー 研究会(特別講演), 2005.5.23, 東京 2005 日本語 公開
米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Foy, E., Loo, Y-M., Gale Jr.,米原伸,加藤篤,審良静男,藤田尚志 米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Foy, E., Loo, Y-M., Gale Jr.,米原伸,加藤篤,審良静男,藤田尚志 米山光俊,菊池美香,松本夏苗,今泉忠淳,宮岸 真,多比良和誠,Foy, E., Loo, Y-M., Gale Jr.,米原伸,加藤篤,審良静男,藤田尚志 ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘 導に関与するRNAヘリカーゼファミリー ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘 導に関与するRNAヘリカーゼファミリー ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘 導に関与するRNAヘリカーゼファミリー 第70回日本インターフェロン・サイトカイ ン学会学術集会(ワークショップ), 2005.7.20, 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイ ン学会学術集会(ワークショップ), 2005.7.20, 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイ ン学会学術集会(ワークショップ), 2005.7.20, 京都 2005 日本語 公開
小野口和英,米山光俊,審良静男,谷口維紹,藤田尚志 小野口和英,米山光俊,審良静男,谷口維紹,藤田尚志 小野口和英,米山光俊,審良静男,谷口維紹,藤田尚志 Interferon-lambda is regulated by IRF-3 and TBK-1. Interferon-lambda is regulated by IRF-3 and TBK-1. Interferon-lambda is regulated by IRF-3 and TBK-1. 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会, 2005.7.20, 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会, 2005.7.20, 京都 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会, 2005.7.20, 京都 2005 日本語 公開
米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 米山光俊,藤田尚志 ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘導に関与するRIG-Iヘリカ ーゼファミリー ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘導に関与するRIG-Iヘリカ ーゼファミリー ウイルス感染に応答したIFN遺伝子発現誘導に関与するRIG-Iヘリカ ーゼファミリー 第78回日本生化学会大会, 2005.10.19, 神戸 第78回日本生化学会大会, 2005.10.19, 神戸 第78回日本生化学会大会, 2005.10.19, 神戸 2005 日本語 公開
小池 智,吉河智城,細沼美樹,岩崎琢也,藤田尚志,米山光俊 小池 智,吉河智城,細沼美樹,岩崎琢也,藤田尚志,米山光俊 小池 智,吉河智城,細沼美樹,岩崎琢也,藤田尚志,米山光俊 ポリオウイルスの感染 特異性を支配する宿主因子 ポリオウイルスの感染 特異性を支配する宿主因子 ポリオウイルスの感染 特異性を支配する宿主因子 第28 回日本分子生物学会年会(ワークショップ), 2005.12.9, 福岡 第28 回日本分子生物学会年会(ワークショップ), 2005.12.9, 福岡 第28 回日本分子生物学会年会(ワークショップ), 2005.12.9, 福岡 2005 日本語 公開
成田亮, 平井玲子, 米山光悛, 藤田尚志 成田亮, 平井玲子, 米山光悛, 藤田尚志 成田亮, 平井玲子, 米山光悛, 藤田尚志 RIG-I ヘリガーゼの酵素活性の解析 RIG-I ヘリガーゼの酵素活性の解析 RIG-I ヘリガーゼの酵素活性の解析 代71 回日本イ ンターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2006.7 ダ2006.7.8 西宮 代71 回日本イ ンターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2006.7 ダ2006.7.8 西宮 代71 回日本イ ンターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2006.7 ダ2006.7.8 西宮 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Ouda R, Fujita T Antiviral MicroRNA Antiviral MicroRNA Antiviral MicroRNA Springer Springer Springer 2013 共著 公開
藤田 尚志 藤田 尚志 Seiji P. Yamamoto, Ryo Narita, Seigyoku Go, Kiyohiro Takahasi, Hiroki Kato and Takashi Fujita Nucleic Acid Sensors and Antiviral Immunity Nucleic Acid Sensors and Antiviral Immunity Nucleic Acid Sensors and Antiviral Immunity Landes Bioscience Landes Bioscience Landes Bioscience 2013 共編者 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
平成元年 日本生化学会奨励賞受賞 Young Scientist Award, Japanese Society of Biochemistry 日本生化学会 The Japanese Biochemical Society 1989
ミルスタイン賞 Milstein Award 国際インターフェロン・サイトカイン学会 The International Society for Interferon and Cytokine Research 2006/08/
小島三郎記念文化賞 黒住医学研究振興財団 2010/10/22
第57回野口英世記念医学賞 Hideyo Noguchi Memorial Medical Prize 公益財団法人 野口英世記念会 The Hideyo Noguchi Memorial Foundation 2014/11/08
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特定領域研究 代表 ウイルス感染における細胞内二本鎖RNA認識受容体の機能解析 2006〜2010
基盤研究(A) 代表 DExD/H RNAヘリカーゼファミリーの生理機能の研究 2006〜2008
基盤研究(A) 代表 ウイルスによるRNAファクトリーの形成誘導と自然免疫応答 2011〜2013
厚生科研費 代表 肝炎ウイルス感染における自然免疫応答の解析と新たな治療標的の探索に関する研究 2007〜2009
厚生科研費 代表 肝炎ウイルス感染における自然免疫応答の解析と新たな治療標的の探索に関する研究 2010〜2012
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞内ウイルス防御系とウイルスの攻防 2012/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞内ウイルス防御系とウイルスの攻防 2012〜2016
基盤研究(A) 代表 ウイルスによるRNAファクトリーの形成誘導と自然免疫応答 2011〜2013
B型肝炎創薬実用化等研究事業 代表 B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究 2012〜2016
B型肝炎創薬実用化等研究事業 代表 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞内ウイルス防御系とウイルスの攻防 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞内ウイルス防御系とウイルスの攻防 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 細胞内ウイルス防御系とウイルスの攻防 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
特別研究員奨励費 代表 細胞内ウイルスRNAセンサー、RLRの機能解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
上原記念生命科学財団(特定研究助成金) 藤田 尚志 細胞内ウイルスセンサーによる非自己RNA認識機構を基盤とした新規抗ウイルス薬剤の同定と解析 2009〜2011
内藤記念科学奨励金 藤田 尚志 インフルエンザウイルスが誘導する抗ウイルス自然免疫応答とその阻害機構の解明 2010〜2010
生命科学研究助成 武田科学振興財団 藤田 尚志 ウイルス核酸センサーMDA5と腎炎発症 2011/04/01〜2012/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
分子遺伝学II 前期 理学部 2011/04〜2012/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2012/04〜2013/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2013/04〜2014/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2014/04〜2015/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 後期前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 後期前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2015/04〜2016/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2016/04〜2017/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
Advanced Moleculer and Cell Biology II Advanced Moleculer and Cell Biology II 後期 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
吉田キャンパス整備専門委員会 委員 2010/04/01〜2010/09/30
組換えDNA実験安全委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
生命科学系キャリアパス形成ユニット運営協議会 委員(医学) 2011/04/01〜2013/03/31
生存圏研究所附属生存圏学際萌芽研究センター学内担当教員 2011/04/01〜2012/03/31
京都大学組換えDNA実験安全委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
京都大学組換えDNA実験安全委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
京都大学組み換えDNA実験安全委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
組換えDNA実験安全委員会 1号委員 2015/04/01〜2017/03/31
組換えDNA実験安全委員会 1号委員 2017/04/01〜2019/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
教育委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
部屋割検討委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
病原体安全管理委員会 委員 2016/10/01〜
生命科学研究科国際教育委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
研究データ保全委員会 2016/04/01〜2018/03/31
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
Milstein Award The International Society for Interferon and Cytokine Research 2006/08/
小島三郎記念文化賞 黒住医学研究振興財団 2010/10/22
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
吹田市環境安全審査会 委員 大阪府吹田市 2010〜
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
丁維俊 成都葯医大学 漢方成分による自然免疫活性化 中国 2007/10/〜2008/03/
Ji-Ping Zheng 海南大学 RLRの遺伝子多型とそれら生理活性の解析 中国 2008/10/〜2009/03/
Yinghui Liu 復旦大学 抗ウイルス自然免疫機構の解析 中国 2011/09/〜2011/11/