今井 宏彦

最終更新日時:2017/11/14 21:42:57

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
今井 宏彦/イマイ ヒロヒコ/Hirohiko Imai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/システム科学専攻システム情報論講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区吉田本町 Yoshida-Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-3397
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本物理学会 The Physical Society of Japan
日本磁気共鳴医学会 Japanease Society for Magnetic Resonance in Medicine
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
International Society for Magnetic Resonance in Medicine 米国
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 姫路工業大学
博士(保健学) 大阪大学
プロフィール
(日本語)
2002年姫路工業大学理学部物質科学科卒業。2004年同大学院理学研究科物質科学専攻修士過程修了。2008年大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了。博士(保健学)。大阪大学大学院薬学研究科(同医学系研究科保健学専攻兼任)、京都大学大学院情報学研究科、京都大学学祭融合教育研究推進センターを経て、2017年より京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 助教。専門は医用磁気共鳴。日本物理学会、日本磁気共鳴医学会、国際磁気共鳴医学会(ISMRM)各会員。
(英語)
2002 Department of Material Science, School of Science, Himeji Institute of Technology, 2004 Department of Material Science, Graduate School of Science, Himeji Institute of Technology, 2008 Division of Health Sciences, Graduate School of Medicine, Osaka University, Ph.D. After working at Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University, and concurrently at Division of Health Sciences, Graduate School of Medicine, Osaka University, Graduate School of Informatics, Kyoto University, and Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research, Kyoto University, he served as Assistant Professor, Department of Systems Science, Graduate School of Informatics, Kyoto University from 2017. His research interest is medical applications of nuclear magnetic resonance. He is a member of The Physical Society of Japan, Japanese Society of Magnetic Resonance in Medicine, and International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM).
研究テーマ
(日本語)
医用磁気共鳴
(英語)
Medical applications of nuclear magnetic resonance
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
磁気共鳴イメージング Magnetic Resonance Imaging
核磁気共鳴 Nuclear Magnetic Resonance
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
医用生体工学・生体材料学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
石川 潔, 今井 宏彦, 高木 芳弘 レーザー核スピン偏極した表面Xe原子の低周波核磁気共鳴 レーザー研究,31,5,337-341 2003 日本語
M. Osaka; A. Ishikawa; S. Yamada; C. Uwabe; H. Imai; T. Matsuda; A. Yoneyama; T. Takeda; T. Takakuwa Positional changes of the ocular organs during craniofacial development The Anatomical Record,300,12,2107-2114 2017/12 英語
M. Katsube; S. Yamada; R. Miyazaki; Y. Yamaguchi; H. Makishima; T. Takakuwa; A. Yamamoto; Y. Fujii; N. Morimoto; T. Ito; H. Imai; S. Suzuki Quantitation of nasal development in the early prenatal period using geometric morphometrics and MRI: a new insight into the critical period of Binder phenotype Prenatal Diagnosis,37,9,907-915 2017/09 英語
A. Kimura; Y. Yamauchi; S. Hodono; N.J. Stewart; O. Hosokawa; Y. Hagiwara; H. Imai; H. Fujiwara Treatment response of ethyl pyruvate in a mouse model of chronic obstructive pulmonary disease studied by hyperpolarized 129Xe MRI Magnetic Resonance in Medicine,78,2,721-729 2017/08 英語
H. Imai; H. Yoshimura; A. Kimura; H. Fujiwara Continuous flow production of concentrated hyperpolarized xenon gas from a dilute xenon gas mixture by buffer gas condensation Scientific Reports,7,1,7352 2017/08 英語
T. Higashino; H. Nakatsuji; R. Fukuda; H. Okamoto; H. Imai; T. Matsuda; H. Tochio; M. Shirakawa; N.V. Tkachenko; M. Hashida; T. Murakami; H. Imahori Hexaphyrin as a potential theranostic dye for photothermal therapy and 19F magnetic resonance imaging Chembiochem,18,10,951-959 2017/05 英語
Y. Yamaguchi; R. Miyazaki; M. Kamatani; C. Uwabe; H. Makishima; M. Nagai; M. Katsube; A. Yamamoto; H. Imai; K. Kose; K. Togashi; S. Yamada Three-dimensional models of the segmented human fetal brain generated by magnetic resonance imaging Congenital Anomalies,in press-Epub: 2017/05 英語
M. Okumura; A. Ishikawa; T. Aoyama; S. Yamada; C. Uwabe; H. Imai; T. Matsuda; A. Yoneyama; T. Takeda; T. Takakuwa Cartilage formation in the pelvic skeleton during the embryonic and early-fetal period PLoS One,12,4,e0173852 2017/04 英語
S. Hodono; H. Imai; Y. Yamauchi; A. Kawamura; H. Matsumoto; S. Okumura; H. Fujiwara; A. Kimura Hyperpolarized 129Xe MRI using isobutane as a new quenching gas NMR in Biomedicine,29,10,1414-1419 2016/10 英語
H. Yamada; T. Kameda; Y. Kimura; H. Imai; T. Matsuda; S. Sando; A. Toshimitsu; Y. Aoyama; T. Kondo 13C/15N-enriched l-dopa as a triple-resonance NMR probe to monitor neurotransmitter dopamine in the brain and liver extracts of mice ChemistryOpen,5,2,125-128 2016/04 英語
H. Kishimoto; S. Yamada; T. Kanahashi; A. Yoneyama; H. Imai; T. Matsuda; T. Takeda; K. Kawai; S. Suzuki Three-dimensional imaging of palatal muscles in the human embryo and fetus: development of levator veli palatini and clinical importance of the lesser palatine nerve Developmental Dynamics,245,2,123-131 2016/02 英語
S. Toyoda; N. Shiraki; S. Yamada; C. Uwabe; H. Imai; T. Matsuda; A. Yoneyama; T. Takeda; T. Takakuwa Morphogenesis of the inner ear at different stages of normal human development The Anatomical Record,298,12,2081-2090 2015/12 英語
Y. Miyake; S. Ishikawa; Y. Kimura; A. Son; H. Imai; T. Matsuda; H. Yamada; A. Toshimitsu; T. Kondo Pharmacokinetics of chiral dendrimer-triamine-coordinated Gd-MRI contrast agents evaluated by in vivo MRI and estimated by in vitro QCM Sensors (Basel),15,12,31973-31986 2015/12 英語
H. Yamada; Y. Hasegawa; Y. Suzuki; H. Imai; T. Matsuda; Y. Kimura; A. Toshimitsu; Y. Aoyama; T. Kondo Magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable polymer conjugated with an antibody fragment Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters,25,13,2675-2678 2015/07 英語
H. Kobayashi; Y. Matsuda; T. Hitomi; H. Okuda; H. Shioi; T. Matsuda; H. Imai; M. Sone; D. Taura; K. H. Harada; T. Habu; Y. Takagi; S. Miyamoto; A. Koizumi Biochemical and functional characterization of RNF213 (Mysterin) R4810K, a susceptibility mutation of moyamoya disease, in angiogenesis in vitro and in vivo Journal of the American Heart Association,4,7,e002146 2015/06 英語
H. Yamada; Y. Hasegawa; H. Imai; Y. Takayama; F. Sugihara; T. Matsuda; H. Tochio; M. Shirakawa; S. Sando; Y. Kimura; A. Toshimitsu; Y. Aoyama; T. Kondo Magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable phosphorylcholine polymer Journal of the American Chemical Society,137,2,799-806 2015/01 英語
H. Imai; H. Matsumoto; E. Miyakoshi; S. Okumura; H. Fujiwara; A. Kimura Regional fractional ventilation mapping in spontaneously breathing mice using hyperpolarized 129Xe MRI NMR in Biomedicine,28,1,24-29 2015/01 英語
Y. Miyake; Y. Kimura; N. Orito; H. Imai; T. Matsuda; A. Toshimitsu; T. Kondo Synthesis and functional evaluation of chiral dendrimer-triamine-coordinated Gd complexes with polyaminoalcohol end groups as highly sensitive MRI contrast agents Tetrahedron,71,26-27,4438-4444 2015 英語
H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Small animal imaging with hyperpolarized 129Xe magnetic resonance Analytical Sciences,30,1,157-166 2014/01 英語
Y. Kimura; T. Kurimoto; Y. Imai; H. Sugii; A. Toshimitsu; T. Matsuda; H. Imai; H. Yamada; T. Kondo Novel biocompatible cobalt oxide nanoparticles for use in dual photoacoustic and magnetic resonance imaging JSM Biotechnology & Biomedical Engineering,2,2,1043 2014 英語
S. Tetsumoto; Y. Takeda; H. Imai; A. Kimura; Y. Jin; K. Nakanishi; Y. Maeda; H. Kuhara; K. Tsujino; T. Iwasaki; H. Shigeta; Y. Kondo; M. Ito; T. Minami; H. Hirata; R. Takahashi; S. Kohmo; I. Nagatomo; K. Inoue; H. Kida; T. Kijima; I. Tachibana; N. Maeda; T. Funahashi; I. Shimomura; H. Fujiwara; A. Kumanogoh Validation of noninvasive morphological and diffusion imaging in mouse emphysema by micro-computed tomography and hyperpolarized 129Xe magnetic resonance imaging American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology,49,4,592-600 2013/10 英語
K. Matsuo; R. Kamada; K. Mizusawa; H. Imai; Y. Takayama; M. Narazaki; T. Matsuda; Y. Takaoka; I. Hamachi Specific detection and imaging of enzyme activity by signal-amplifiable self-assembling 19F MRI probes Chemistry - A European Journal,19,38,12875-12883 2013/09 英語
S. Iguchi; H. Imai; Y. Hori; J. Nakajima; A. Kimura; H. Fujiwara Direct imaging of hyperpolarized 129Xe alveolar gas uptake in a mouse model of emphysema Magnetic Resonance in Medicine,70,1,207-215 2013/07 英語
H. Imai; A. Kimura; K. Akiyama; C. Ota; K. Okimoto; H. Fujiwara Development of a fast method for quantitative measurement of hyperpolarized 129Xe dynamics in mouse brain NMR in Biomedicine,25,2,210-217 2012/02 英語
H. Imai; A. Kimura; Y. Hori; S. Iguchi; T. Kitao; E. Okubo; T. Ito; T. Matsuzaki; H. Fujiwara Hyperpolarized 129Xe lung MRI in spontaneously breathing mice with respiratory gated fast imaging and its application to pulmonary functional imaging NMR in Biomedicine,24,10,1343-1352 2011/12 英語
F. Imai; R. Kashiwagi; H. Imai; S. Iguchi; A. Kimura; H. Fujiwara Hyperpolarized 129Xe MR imaging with balanced steady-state free precession in spontaneously breathing mouse lungs Magnetic Resonance in Medical Sciences,10,1,33-40 2011 英語
M. Narazaki; A. Kimura; T. Wakayama; H. Imai; H. Fujiwara Origin of dissolved-phase hyperpolarized 129Xe signal in the mouse chest based on experimental evidence from extensive magnetic resonance measurements Magnetic Resonance in Medical Sciences,10,3,149-154 2011 英語
H. Imai; A. Kimura; S. Iguchi; Y. Hori; S. Masuda; H. Fujiwara Noninvasive detection of pulmonary tissue destruction in a mouse model of emphysema using hyperpolarized 129Xe MRS under spontaneous respiration Magnetic Resonance in Medicine,64,4,929-938 2010/10 英語
H. Imai; A. Kimura; T. Ito; H. Fujiwara Hyperpolarized 129Xe dynamic study in mouse lung under spontaneous respiration: Application to murine tumor B16BL6 melanoma European Journal of Radiology,73,1,196-205 2010/01 英語
Y. Hori; A. Kimura; T. Wakayama; M. Kitamoto; F. Imai; H. Imai; H. Fujiwara 3D hyperpolarized 129Xe MRI of mouse lung at low xenon concentration using a continuous flow-type hyperpolarizing system: Feasibility for quantitative measurement of regional ventilation Magnetic Resonance in Medical Sciences,8,2,73-79 2009 英語
T. Wakayama; M. Kitamoto; T. Ueyama; H. Imai; M. Narazaki; A. Kimura; H. Fujiwara Hyperpolarized 129Xe MRI of the mouse lung at a low xenon concentration using a continuous flow-type hyperpolarizing system Journal of Magnetic Resonance Imaging,27,4,777-784 2008/04 英語
H. Imai; J. Fukutomi; A. Kimura; H. Fujiwara Effect of reduced pressure on the polarization of <sup>129</sup>Xe in the production of hyperpolarized 129Xe gas: Development of a simple continuous flow mode hyperpolarizing system working at pressures as low as 0.15 atm Concepts in Magnetic Resonance Part B: Magnetic Resonance Engineering,33,3,192-200 2008 英語
A. Kimura; H. Imai; T. Wakayama; H. Fujiwara A simple method for quantitative measurement and analysis of hyperpolarized 129Xe uptake dynamics in mouse brain under controlled flow Magnetic Resonance in Medical Sciences,7,4,179-185 2008 英語
Y. Kawata; Y. Adachi; S. Haga; J. Fukutomi; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Analysis of the temperature and pressure dependence of the 129Xe NMR chemical shift and signal intensity for the derivation of basic parameters of adsorption as applied to zeolite ZSM-5 Analytical Sciences,23,12,1397-1402 2007/12 英語
M. Narazaki; T. Wakayama; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Analysis of hyperpolarized 129Xe dynamics in mouse lungs under spontaneous respiration for separate determination of lung functional parameters and relaxation time Magnetic Resonance in Medical Sciences,5,3,119-128 2006/10 英語
H. Imai; M. Narazaki; H. Inoshita; A. Kimura; H. Fujiwara MR imaging of mouse lung using hyperpolarized 3He: Image acquisition and T1 estimation under spontaneous respiration Magnetic Resonance in Medical Sciences,5,2,57-64 2006/07 英語
K. Ishikawa; H. Imai; Y. Takagi Magnetic resonance imaging of spin-polarization transfer of polarized Xe atoms dissolving into ethanol Journal of Chemical Physics,120,16,7602-7606 2004/04 英語
K. Ishikawa; H. Imai; Y. Takagi Spin relaxation of polarized Xe atoms stored in deuterated ethanol Physical Review A - Atomic, Molecular, and Optical Physics,70,4,042712-1-042712-7 2004 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
U. Yamamoto; H. Imai; K. Sano; M. Ohzeki; T. Matsuda; T. Tanaka Time-series reconstruction using compressed sensing with ADMM in 2D magnetic resonance spectroscopic imaging International Meeting on "High-Dimensional Data-Driven Science" (HD3-2017),Poster9 2017/09 英語
H. Imai; K. Miyake; T. Matsuda Simultaneous acquisition of multiple Z-spectra using since-modulated RF pulse trains in gradient encoded CEST MRI International Society for Magnetic Resonance in Medicine 25th Annual Meeting,#1983 2017/04 英語
M. Iima; T. Nobashi; H. Imai; S. Koyasu; A. Yamamoto; Y. Nakamoto; M. Kataoka; T. Matsuda; K. Togashi Changes of non-Gaussian diffusion MRI parameters at different diffusion times in a human breast carcinoma xenograft model International Society for Magnetic Resonance in Medicine 25th Annual Meeting,#1772 2017/04 英語
A. Kimura; A. Shimokawa; S. Hodono; Y. Ozaki; N. Miyazaki; H. Imai; H. Fujiwara Pulmonary functional imaging using quasi-completely hyperpolarized 129Xe MRI The 27th International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,Poster410-Tue 2016/08 英語
M. Iima; T. Nobashi; H. Imai; S. Koyasu; A. Yamamoto; Y. Nakamoto; M. Kataoka; T. Matsuda; K. Togashi Investigation of diffusion signal behavior at different diffusion times in a human hepatocellular carcinoma xenograft model International Society for Magnetic Resonance in Medicine 24th Annual Meeting,#3448 2016/05 英語
T. Nishimura; H. Imai; T. Matsuda Comparative morphology of the glottis in the hylobatids using a high-resolution MRI American Association of Physical Anthropologists 85th Annual Meeting,S29-5 2016/04 英語
A. Shimokawa; H. Matsumoto; Y. Yamaguchi; S. Hodono; S. Okumura; N.J. Stewart; H. Imai; H. Fujiwara; A. Kimura Relationship between brain and pulmonary function studied by hyperpolarized 129Xe MRI/MRS 1st Asia Oceania Workshop of Pulmonary Functional Imaging combined with 8th Japanese Society of Pulmonary Functional Imaging,P3-4-3 2016/01 英語
S. Hodono; A. Shimokawa; H. Fujiwara; H. Imai; A. Kimura Evaluation of drug efficacy of ethyl pyruvate on the pulmonary fibrosis in mice with hyperpolarized 129Xe MRI pulmonary function diagnosis 1st Asia Oceania Workshop of Pulmonary Functional Imaging combined with 8th Japanese Society of Pulmonary Functional Imaging,CS5-SP1 2016/01 英語
H. Yamada; Y. Hasegawa; H. Imai; T. Matsuda; Y. Uto; Y. Aoyama; T. Kondo Probe-targeted magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable 1H-13C polymeric nano probe Pacifichem 2015 2015/12 英語
H. Yamada; Y. Hasegawa; H. Imai; Y. Takayama; F. Sugihara; T. Matsuda; H. Tochio; M. Shirakawa; S. Sando; Y. Kimura; A. Toshimitsu; Y. Aoyama; T. Kondo Magnetic resonance imaging of tumor with a self-traceable phosphorylcholine polymer 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13) 2015/11 英語
H. Imai; K. Sano; S. Momma; T. Tanaka; T. Matsuda Imaging of tumor glycolysis with 2D heteronuclear multiple quantum coherence: Accelerated acquisitions using compressed sensing International Society for Magnetic Resonance in Medicine 23rd Annual Meeting,#4721 2015/06 英語
H. Imai; Y. Takayama; T. Matsuda Time course study on glucose metabolism in mice by spectroscopic imaging with 2D heteronuclear multiple quantum coherence Joint Annual Meeting ISMRM - ESMRMB,#2918 2014/05 英語
Y. Kimura; H. Sugii; T. Matsuda; H. Imai; Y. Tabata; A. Toshimitsu; T. Kondo Synthesis and functional evaluation of size-controlled manganese oxide nanoparticles for dual photoacoustic and magnetic resonance imaging The 6th Annual Meeting of the World Molecular Imaging Congress,#459 2013/09 英語
Y. Miyake; Y. Kimura; T. Matsuda; H. Imai; T. Yano; A. Toshimitsu; T. Kondo Synthesis and functional evaluation of novel dendrimer-triamine-coordinated Gd-MRI contrast agent with aminoalcohol end groups The 6th Annual Meeting of the World Molecular Imaging Congress,#301 2013/09 英語
H. Imai; Y. Takayama; T. Matsuda Spectroscopic imaging of metabolites with 2D heteronuclear multiple quantum coherence in mouse International Society for Magnetic Resonance in Medicine 21st Annual Meeting,#1962 2013/04 英語
H. Imai; H. Matsumoto; Y. Miyakoshi; D. Takemori; S. Nakasone; S. Yamamoto; H. Fujiwara; A. Kimura Imaging of pulmonary ventilation and gas exchange with hyperpolarized 129Xe in mouse models of chronic obstructive pulmonary disease induced by cigarette smoke solution and lipopolysaccharide International Society for Magnetic Resonance in Medicine 20th Annual Meeting,#3999 2012/05 英語
H. Fujiwara; Y. Ishikawa; T. Sakuma; N. Yamada; M. Sasagawa; Y. Hori; F. Imai; H. Imai; A. Kimura Simultaneous T1 and T2 mapping from inversion recovery TrueFISP experiments for the robust assessment of cardiac functions International Union of Pure and Applied Chemistry International Congress on Analytical Sciences 2011,23pJ-08 2011/05 英語
H. Imai; A. Kimura; S. Iguchi; H. Fujiwara Quantitative assessment of emphysema with dissolved-phase and gas-phase hyperpolarized 129Xe MRI in mice International Society for Magnetic Resonance in Medicine 19th Annual Meeting,#880 2011/05 英語
H. Imai; S. Iguchi; H. Fujiwara; A. Kimura Development of a novel method for evaluating pulmonary disease using hyperpolarized 129Xe ultrashort echo-time MRI Joint Meeting Combining The 3<sup>rd</sup> meeting of the Japanese Society of Pulmonary Functional Imaging and 5<sup>th</sup> International Workshop for Pulmonary Functional Imaging,P5-3 2011/01 英語
H. Imai; A. Kimura; T. Kitao; E. Okubo; Y. Hori; S. Iguchi; H. Fujiwara Comprehensive pulmonary evaluation of emphysematous mice using hyperpolarized 129Xe MRI/MRS under spontaneous breathing mode Joint Annual Meeting ISMRM - ESMRMB,#4604 2010/05 英語
H. Imai; S. Masuda; T. Ito; Y. Hori; A. Kimura; H. Fujiwara Detection of parameters related to lung function and structure as applied to emphysema model mice with hyperpolarized 129Xe MRS observed under spontaneous respiration International Society for Magnetic Resonance in Medicine 17th Scientific Meeting,#2212 2009/04 英語
H. Imai; F. Imai; T. Ito; R. Kashiwagi; T. Kadobayashi; A. Kimura; H. Fujiwara Hyperpolarized 129Xe lung MRI with trueFISP on spontaneous breathing mice by means of continuous delivery of Xe gas polarized at low pressure International Society for Magnetic Resonance in Medicine 17th Scientific Meeting,#2209 2009/04 英語
Y. Ishikawa; T. Sakuma; N. Yamada; M. Sasagawa; F. Imai; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Magnetic resonance imaging as a means of estimating cardiac functions: Simultaneous T1 and T2 mapping of human heart by trueFISP sequence 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development,P15 2008/11 英語
M. Sasagawa; T. Sakuma; N. Yamada; Y. Ishikawa; F. Imai; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Magnetic resonance imaging as a means of estimating brain functions: Simultaneous T1 and T2 mapping of human brain by trueFISP sequence 8th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development,P14 2008/11 英語
H. Imai; J. Fukutomi; A. Kimura; H. Fujiwara Effect of reduced pressure on the polarization of Xe-129 in the production of hyperpolarized 129Xe gas: Development of a simple continuous flow mode hyperpolarizing system working at pressures as low as 0.15 atm International Society for Magnetic Resonance in Medicine 16th Scientific Meeting,#2676 2008/05 英語
H. Imai; T. Ito; A. Kimura; S. Nakagawa; H. Fujiwara Development of novel parameter that reflects Xe transfer rate in mouse lung from hyperpolarized 129Xe dynamic study Joint Annual Meeting ISMRM - ESMRMB,#1273 2007/05 英語
H. Fujiwara; T. Masutani; M. Narazaki; H. Imai; T. Wakayama; A. Kimura Simultaneous observation of lungs and brain to enhance versatility of 129Xe washout curve analysis in mouse brain International Society for Magnetic Resonance in Medicine 14th Scientific Meeting,#593 2006/05 英語
H. Imai; M. Narazaki; H. Inoshita; A. Kimura; H. Fujiwara 3He T1 in mouse lung estimated from washout curve analysis under spontaneous respiration. Use of SF6 gas at thermal equilibrium to evaluate respiratory term International Society for Magnetic Resonance in Medicine 14th Scientific Meeting,#2548 2006/05 英語
J. Fukutomi; Y. Adachi; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Two-dimensional 129Xe-1H heteronuclear overhauser spectroscopy (HOESY) using laser-polarized <sup>129</sup>Xe 1st Asia-Pacific NMR Symposium,AP4 2005/11 英語
M. Narazaki; H. Imai; T. Wakayama; T. Ueyama; A. Kimura; H. Fujiwara Development of diagnostic agents for lung functions considering the effect of partition coefficient 7th China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development,60-62 2005/09 英語
H. Imai; M. Narazaki; H. Inoshita; A. Kimura; H. Fujiwara Handy production of hyperpolarized 3He and MRI of mouse lung 8th International Conference on Magnetic Resonance Microscopy,O21 2005/08 英語
M. Narazaki; H. Imai; T. Wakayama; A. Kimura; H. Fujiwara Estimation of the true relaxation time T1 of hyperpolarized 129Xe gas in mouse lung: Calculation on a ventilation model with the aid of normal gas at thermal equilibrium 8th International Conference on Magnetic Resonance Microscopy,P36 2005/08 英語
K. Ishikawa; H. Imai; Y. Takagi Sensitive detection of polarized atoms on liquid surface Kobe International Symposium 2002: Molecular Structure and Dynamics 2002 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
勝部元紀、山田重人、巻島美幸、宮崎伶菜、山口豊、山本憲、斉藤篤、清水昭伸、今井宏彦、鈴木茂彦 ヒト胎児における頭蓋顔面骨格の形態変化:Geometric morphometricsによる成長の解析と可視化 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,41 2017/11 日本語
今井宏彦、三宅清隆、松田哲也 Gradient encoded CEST MRIにおける複数のZ-スペクトルの同時計測 第45回日本磁気共鳴医学会大会,P2-A1-025 2017/09 日本語
山本詩子、今井宏彦、佐野圭、大関真之、松田哲也、田中利幸 2次元1H-13C異核種多量子コヒーレンスMRSIにおける圧縮センシングを用いた時系列再構成 第45回日本磁気共鳴医学会大会,LBP-33 2017/09 日本語
磯田裕義、中神龍太朗、藤田義人、池田香織、今井宏彦、栗林秀人 3T MRIを用いたヒト肝臓31P MR Spectroscopyにおけるポジショニング最適化の検討 45回日本磁気共鳴医学会大会,LBP-32 2017/09 日本語
山口豊、宮崎伶菜、上部千賀子、巻島美幸、勝部元紀、山本憲、今井宏彦、米山明男、巨瀬勝美、富樫かおり、山田重人 ヒト胎児脳の三次元立体化像の作成における機械学習とマニュアル抽出の比較検討 第57回日本先天異常学会学術集会,P-35 2017/08 日本語
白石直樹、山中美希、岡本育恵、山田重人、上部千賀子、今井宏彦、松田哲也、高桑徹也 ヒトにおける胎児期の脳形態形成の解析 ,P-34 2017/08 日本語
西谷早織、山田重人、上部千賀子、原口亮、今井宏彦、松田哲也、高桑徹也 高解像度MRI・DTIを用いたヒト胎児心筋の走行 第57回日本先天異常学会学術集会,P-32 2017/08 日本語
金橋徹、奥村美咲、鈴木裕子、米山明男、武田徹、今井宏彦、松田哲也、上部千賀子、山田重人、高桑徹也 ヒト胎児期初期の骨盤形成 第57回日本先天異常学会学術集会,P-2 2017/08 日本語
鈴木裕子、山田重人、上部千賀子、米山明男、武田徹、今井宏彦、松田哲也、高桑徹也 ヒト胚子期〜胎児期初期における大腿骨の形態形成の解析 第57回日本先天異常学会学術集会,P-1 2017/08 日本語
,P214 2017/05 英語
木村祐、今井悠太、今井宏彦、松田哲也、孫安生、近藤輝幸 セラノスティクスを目指した抗癌剤複合化酸化ガドリニウムナノ粒子の合成 第12回日本分子イメージング学会学術集会,O-10 (P-77) 2017/05 日本語
藤原英明、木村敦臣、今井宏彦、宮脇仁、尹聖昊、池田基、吉鉉植、出田圭子、斎藤公児、金橋康二 超偏極キセノンガスを用いた二次元NMRによるカーボンナノチューブの細孔解析 第55回NMR討論会,L1-6 2016/11 日本語
斎藤公児、藤原英明、木村敦臣、程野祥太、今井宏彦、宮脇仁、尹聖昊、池田基、吉鉉植、出田圭子、金橋康二 循環型超偏極キセノンガスを利用したカーボンナノチューブのNMR分析 日本分析化学会第65年会,I1001 2016/09 日本語
西村 剛, 今井 宏彦, 松田 哲也 テナガザル類における声門の形態比較とその機能適応について 第32回日本霊長類学会大会,B16 2016/07
巻島 美幸, 勝部 元紀, 釜谷 美翔子, 宮崎 伶菜, 大坂 美穂, 小林 諭史, 上部 千賀子, 山本 憲, 今井 宏彦, 米山 明男, 森本 直記, 武田 徹, 中務 真人, 巨瀬 勝美, 高桑 徹也, 山田 重人 胚子・胎児標本の京都コレクションを使った様々なモダリティの三次元データとデータベース 第56回日本先天異常学会学術集会,P-1 2016/07
石山 華, 高桑 徹也, 山田 重人, 巻島 美幸, 上部 千賀子, 米山 明男, 武田 徹, 今井 宏彦, 松田 哲也 ヒト後腎形態形成の3次元的解析 第56回日本先天異常学会学術集会,P-3 2016/07
山口 豊, 宮崎 伶菜, 釜谷 美翔子, 上部 千賀子, 巻島 美幸, 長井 桃子, 勝部 元紀, 山本 憲, 今井 宏彦, 巨瀬 勝美, 富樫 かおり, 山田 重人 ヒト胎児脳の三次元イメージング 第56回日本先天異常学会学術集会,P-5 2016/07
勝部 元紀, 山田 重人, 上部 千賀子, 巻島 美幸, 石山 華, 大坂 美穂, 宮崎 伶菜, 山口 豊, 釜谷 美翔子, 山本 憲, 森本 直記, 西村 剛, 今井 宏彦, 松田 哲也, 伊藤 毅, 鈴木 茂彦 外鼻形態異常の感受期は他器官より延長している 第56回日本先天異常学会学術集会,P-33 2016/07
今井 悠太, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 セラノスティクスを指向した抗がん剤複合化酸化ガドリニウムナノ粒子の合成と機能評価 日本化学会第96回春季年会,1A4-10 2016/03
勝部 元紀, 山田 重人, 上部 千賀子, 巻島 美幸, 大坂 美穂, 釜谷 美翔子, 宮崎 伶菜, 山口 豊, 山本 憲, 森本 直記, 西村 剛, 今井 宏彦, 松田 哲也, 伊藤 毅, 鈴木 茂彦 ヒト胎児期初期において、鼻中隔の前方への成長が前鼻棘を形成する 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会,3OamF-7 2016/03
勝部 元紀, 山田 重人, 上部 千賀子, 巻島 美幸, 大坂 美穂, 釜谷 美翔子, 宮崎 伶菜, 山口 豊, 山本 憲, 森本 直記, 西村 剛, 今井 宏彦, 松田 哲也, 伊藤 毅, 鈴木 茂彦 7T MRIを用いたヒト胎児期初期における鼻中隔および前鼻棘成長過程の解析 医用画像研究会メディカルイメージング連合フォーラム,56 2016/01
西村 剛, 今井 宏彦, 松田 哲也 高解像度MRIによるテナガザル類の声門形態の比較分析 第69回日本人類学会大会,A-29 2015/10
程野 祥太, 今井 宏彦, 山内 紬起子, 下川 晃弘, 野田 雄哉, 上田 ひかり, 藤原 英明, 木村 敦臣 高沸点ガスをクエンチガスとする超偏極129XeMRIの感度増強と肺繊維症診断への応 用 第43回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-005 2015/09
下川 晃弘, 今井 宏彦, 山内 紬起子, 程野 祥太, 上田 ひかる, 野田 雄哉, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129XeMRI肺機能診断法によるピルビン酸エチルの薬効評価 第43回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-004 2015/09
市原 光基, 松田 哲也, 今井 宏彦 SLR変換に基づく2 次元RFパルス設計:ファントム実験とシミュレーションによる解析 第43回日本磁気共鳴医学会大会,P-2-056 2015/09
今井 宏彦, Jianchu Xu, 松田 哲也 CEST MRIによるドパミン検出に関する基礎的検討 第43回日本磁気共鳴医学会大会,P-2-003 2015/09
今井 宏彦 CEST/MTの基礎 第43回日本磁気共鳴医学会大会,EL-11-1 2015/09
大坂 美穂, 山田 重人, 上部 千賀子, 米山 明男, 武田 徹, 今井 宏彦, 松田 哲也, 高桑 徹也 ヒト器官形成期における視覚器の発達について 第55回日本先天異常学会学術集会,P-62 2015/07
三宅 由花, 木村 祐, 折戸 奈緒美, 松田 哲也, 今井 宏彦, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 PEG鎖の導入によるキラルデンドリマートリアミン配位Gd-MRI造影剤の高機能化 日本分子イメージング学会第10回学術集会,P-33 2015/05
木村 祐, 栗本 琢也, 今井 宏彦, 松田 哲也, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 二種類の金属を用いた水分散可能なナノ粒子の合成と光音響/磁気共鳴デュアルイメージングプローブとしての機能評価 日本分子イメージング学会第10回学術集会,P-39 2015/05
三宅 由花, 木村 祐, 松田 哲也, 今井 宏彦, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 PEG鎖を導入したキラルデンドリマートリアミン配位Gd-MRI造影剤の合成と機能評価 日本化学会第95回春季年会,2J8-31 2015/03
山田久嗣、長谷川嘉則、木村祐、今井宏彦、松田哲也、杤尾豪人、白川昌宏、山東信介、青山安宏、年光昭夫、近藤輝幸、宇都義浩 安定同位元素を集積した高分子ナノプローブによるがんの分子標的MRイメージング 第17回癌治療増感研究シンポジウム 2015/02 日本語
木村 敦臣, 山内 紬起子, 奥村 慎太郎, 今井 宏彦, 藤原 英明 超偏極Xe MRIによる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の前臨床評価 第42回構造活性相関シンポジウム,KO06 2014/11
李 真和, 榎園 能章, 猪股 晃介, 山田 久嗣, 今井 宏彦, 牧野 顕, 木村 俊作, 松田 哲也, 近藤 輝幸、白川 昌宏, 杤尾 豪人 タンパク質NMRの生態系への応用:新規MRI及びin-cell NMR法 第53回NMR討論会,SL1-9 2014/11
藤原 英明, 今井 宏彦, 武田 和行, 木村 敦臣 多孔質機能性物質の1粒子分析:超偏極129Xeを利用した1粒子スペクトロスコピーと1粒子イメージング 第53回NMR討論会,L1-2 2014/11
今井 宏彦, 佐野 圭, 門間 翔太, 田中 利幸, 松田 哲也 1H-13C HMQC MRSIによる代謝計測-圧縮センシングによる高速化と腫瘍における代謝動態追跡 第42回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-010 2014/09
藤原 英明, 今井 宏彦, 木村 敦臣 超偏極キセノンガス製造供給装置の開発と応用. 高沸点クエンチガスの利用による偏極装置の高性能化 日本分析化学会第74回分析化学討論会,C1009 2014/05
木村 祐, 杉井 浩晃, 年光 昭夫, 松田 哲也, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響-磁気共鳴デュアルイメージングプローブとしての糖修飾マンガン酸化物ナノ粒子の合成と機能評価 日本分子イメージング学会第9回学術集会,P-72 2014/05
三宅 由花, 木村 祐, 松田 哲也, 今井 宏彦, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 末端アミノアルコール型新規キラルデンドリマートリアミン配位Gd-MRI造影剤の合成と機能評価 日本分子イメージング学会第9回学術集会,P-79 2014/05
山田 久嗣, 長谷川 嘉則, 鈴木 祐貴, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 安定同位元素を集積したポリマーナノプローブによるがんの分子標的MRイメージング 日本分子イメージング学会第9回学術集会,P-80 2014/05
三宅 由花, 木村 祐, 松田 哲也, 今井 宏彦, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 キラルデンドリマーアミン配位Gd-MRI造影剤の合成と機能評価 日本化学会第94回春季年会,1G4-42 2014/03
木村 祐, 沖塚 真珠美, 三宅 由花, 雉鳥 弘樹, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 矢野 哲哉, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 HER2部分抗体を結合した新規キラルデンドリマーアミン配位Gd-MRI造影剤の合成と機能評価 日本化学会第94回春季年会,1G4-44 2014/03
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 生体適合性ホスホリルコリンポリマープローブを用いた生体磁気共鳴イメージング 日本化学会第94回春季年会,3G4-53 2014/03
亀田 哲郎, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 安定同位元素ラベル化L-DOPAの合成と多重共鳴NMR法によるその代謝反応追跡 日本化学会第94回春季年会,3G4-54 2014/03
木村 祐, 栗本 琢也, 杉井 浩晃, 年光 昭夫, 松田 哲也, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響-磁気共鳴デュアルイメージングのための生体適合性CoOナノ粒子プローブの合成と機能評価 日本化学会第94回春季年会,3G4-55 2014/03
木村 祐, 杉井 浩晃, 年光 昭夫, 松田 哲也, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響-磁気共鳴デュアルイメージングのための生体適合性MnOナノ粒子プローブの合成と機能評価 日本化学会第94回春季年会,3G4-56 2014/03
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 多重磁気共鳴イメージングのための安定同位元素集積化高分子プローブ 第7回バイオ関連化学シンポジウム,1B-06 2013/09
今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也 1H-13C多量子コヒーレンスMRSIによる代謝計測 第41回日本磁気共鳴医学会大会,P-3-253 2013/09
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 今井 宏彦, 高山 裕生, 杉原 文徳, 松田 哲也, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 分子標的MRイメージングのための新手法 日本分子イメージング学会第8回学術集会,MS-11(P-46) 2013/05
三宅 由花, 木村 祐, 矢野 哲哉, 松田 哲也, 今井 宏彦, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 末端アミノアルコール型新規デンドリマートリアミン配位Gd-MRI造影剤の合成と機能評価 日本分子イメージング学会第8回学術集会,P-45 2013/05
松尾 和哉, 福山 嘉晃, 鎌田 瑠泉, 水澤 圭吾, 今井 宏彦, 高山 裕生, 楢崎 美智子, 松田 哲也, 高岡 洋輔, 浜地 格 革新的ケミカルプローブによるバイオセンシング 1: 自己会合性ナノプローブによる酵素活性Turn-Onイメージング 日本化学会第93回春季年会,1E3-04 2013/03
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 高感度多重共鳴NMR解析のための安定同位元素ラベル化生体適合性高分子プローブ 日本化学会第93回春季年会,1E-3-28 2013/03
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 安定同位元素ラベル化生体適合性高分子プローブの開発と磁気共鳴イメージングへの応用 日本化学会第93回春季年会,1E3-29 2013/03
木村 祐, 杉井 浩晃, 年光 昭夫, 松田 哲也, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響-磁気共鳴デュアルイメージングのためのMnOナノ粒子の合成と機能評価 日本化学会第93回春季年会,2E3-47 2013/03
松本 浩伸, 奥村 慎太郎, 宮越 友梨佳, 今井 宏彦, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129Xe MRIによる肺換気及び血流量の同時評価 第5回呼吸機能イメージング研究会学術集会,O1-5 2013/01
杉井 浩晃, 木村 祐, 楢崎 美智子, 今井 宏彦, 松田 哲也, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 光音響―磁気共鳴デュアルイメージングに有効なMnOナノ粒子の合成と機能評価 第2回CSJ化学フェスタ,P5-78 2012/10
長谷川 嘉則, 山田 久嗣, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 今井 宏彦, 高山 裕生, 松田 哲也, 矢野 哲哉, 山東 信介, 青山 安宏, 年光 昭夫, 近藤 輝幸 安定同位体元素を集積化した生体適合性高分子プローブの合成と多重共鳴NMR法による機能評価 第2回CSJ化学フェスタ,P5-79 2012/10
奥村 慎太郎, 松本 浩伸, 宮越 友梨佳, 今井 宏彦, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129Xe MRIによる肺換気及び拡散の同時評価 第40回日本磁気共鳴医学会大会,P-2-125 2012/09
松本 浩伸, 宮越 友梨佳, 奥村 慎太郎, 今井 宏彦, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129Xe MRI/MRSを用いた肺・脳機能同時測定 第40回日本磁気共鳴医学会大会,P-2-126 2012/09
木村 祐, 神杉 遼太, 年光 昭夫, 田畑 泰彦, 松田 哲也, 楢崎 美智子, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響―磁気共鳴デュアルイメージングに有効な抗体修飾したGd2O3ナノ粒子の合成と機能評価 日本分子イメージング学会第7回学術集会,P-070 2012/05
木村 祐, 杉井 浩晃, 神杉 遼太, 年光 昭夫, 松田 哲也, 楢崎 美智子, 今井 宏彦, 近藤 輝幸 光音響―磁気共鳴デュアルイメージングに有効なマンガン酸化物ナノ粒子の合成と機能評価 日本分子イメージング学会第7回学術集会,P-071 2012/02
今井 宏彦, 松本 浩伸, 宮越 友梨佳, 竹森 大智, 仲宗根 進也, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129Xe MRIによる呼吸機能イメージングの高精細化と病態評価への応用 第4回呼吸機能イメージング研究会学術集会,P1-7 2012/02
鉄本 訓史, 今井 宏彦, 木村 敦臣, 中西 香織, 武田 吉人 新たな肺機能診断法としての129Xe MRI 第20回Pneumo Forum 2011/11
今井 宏彦, 松本 浩伸, 宮越 友梨佳, 竹森 大智, 仲宗根 進也, 藤原 英明, 木村 敦臣 呼吸同期による超偏極129Xe MRIの高精細化と肺機能評価への応用 第39回日本磁気共鳴医学会大会,P-2-194 2011/09
今井 宏彦, 井口 智史, 藤原 英明, 木村 敦臣 超偏極129Xe Ultrashort TE MRIによる新規肺疾患診断法の開発 第38回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-23 2010/09
今井 宏彦, 木村 敦臣, 北尾 拓也, 大久保 絵美, 堀 祐樹, 井口 智史, 藤原 英明 超偏極129Xe MRI/MRS を用いた肺気腫の包括的な評価 第2回呼吸機能イメージング研究会学術集会,P2-7 2010/01
藤原 英明, 井口 智史, 今井 宏彦, 木村 敦臣 MR を用いた気道評価: He-3 から Xe-129へ 第2回呼吸機能イメージング研究会学術集会,CK3-3 2010/01
佐治 修吾, 河田 陽子, 今井 宏彦, 木村 敦臣, 藤原 英明 129Xe NMRによるゼオライトの吸着特性評価. 銀ゼオライトについて 第48回NMR討論会,P084 2009/11
今井 宏彦, 伊藤 豪, 門林 敏生, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極129Xe MRIによるマウス肺の高速撮像と機能診断 第37回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-112 2009/10
井口 智史, 今井 宏彦, 堀 祐樹, 木村 敦臣, 藤原 英明 マウス肺超偏極129Xeガス相・溶解相イメージングによる肺機能評価 第37回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-108 2009/10
今井 宏彦, 増田 祥子, 伊藤 豪, 井口 智史, 堀 祐樹, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極129Xe 磁気共鳴法を用いた肺の構造と機能評価 -肺気腫モデル動物への適用- 第1回呼吸機能イメージング研究会学術集会 2009/01
今井 宏彦, 増田 祥子, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極129Xe MRS を用いたマウス肺の構造と機能評価 第36回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-105 2008/09
堀 祐樹, 若山 哲也, 北本 正和, 今井 文人, 今井 宏彦, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極129Xe 3D MRI を用いたマウス肺における換気能評価 第36回日本磁気共鳴医学会大会,P-1-104 2008/09
今井 宏彦, 伊藤 豪, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極キセノンの肺機能診断薬としての利用:肺癌モデルマウスへの適用 第35回構造活性相関シンポジウム,KP33 2007/11
伊藤 豪, 今井 宏彦, 木村 敦臣, 藤原 英明 マウス胸部における超偏極129Xe スペクトルダイナミクスの解析 - 肺癌モデルマウスへの適応 - 第35回日本磁気共鳴医学会大会,LW2-4 2007/09
今井 宏彦, 福富 淳子, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極129Xe 生成における減圧の効果 - 連続フロー型低圧偏極装置の開発 - 第35回日本磁気共鳴医学会大会,EP-1-152 2007/09
楢崎 美智子, 今井 宏彦, 若山 哲也, 上山 毅, 木村 敦臣, 藤原 英明 分配係数の差を利用した診断薬・検査薬の開発 (1). 超偏極希ガスの肺機能診断薬としての特性の検討 第33回構造活性相関シンポジウム,KP18 2005/11
楢崎 美智子, 今井 宏彦, 井下 裕行, 若山 哲也, 上山 毅, 木村 敦臣, 藤原 英明 超偏極 He-3 のMRI/MRS - マウス肺画像の取得と洗い出し曲線からのT<sub>1</sub>評価 第33回日本磁気共鳴医学会大会,O85A 2005/09
山本 貴子, 今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 エタノール溶液に保存した偏極キセノン原子の核スピン緩和 日本物理学会 2004年秋季大会,14aTF-7 2004/09
石川 潔, 山本 貴子, 今井 宏彦, 高木 芳弘 偏極溶液分子の核スピンダイナミクス 分子構造総合討論会 2004,2A14 2004/09
石川 潔, 山本 貴子, 今井 宏彦, 高木 芳弘 偏極キセノン原子の溶液保存法の開発 第9回NMRマイクロイメージング研究会,L1 2004/07
今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 偏極キセノンによる液体分子の核スピン偏極 第42回NMR討論会,1L5 2003/11
今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 高偏極液体分子の低磁場核磁気共鳴II 日本物理学会 2003年秋季大会,22pTF-7 2003/09
今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 光偏極キセノンによる液体分子の核スピン偏極 第13回光物性研究会 2002/12
今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 光偏極キセノンと偏極分子液体の生成 第41回NMR討論会,P138 2002/11
石川 潔, 今井 宏彦, 高木 芳弘 偏極液体分子の偏極移行と低周波磁気共鳴 分子構造総合討論会 2002,2D16 2002/10
今井 宏彦, 石川 潔, 高木 芳弘 高偏極液体分子の低磁場核磁気共鳴 日本物理学会 2002年秋季大会,7aXF-12 2002/09
石川 潔, 今井 宏彦, 高木 芳弘 光偏極キセノンの低周波磁気共鳴 第7回NMRマイクロイメージング研究会,L4 2002/07

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara Hyperpolarized and Inert Gas MRI - From Technology to Application in Research and Medicine. Chap.8 Elsevier, Amsterdam, Netherlands 2016/11 英語
F.T. Hane; H. Imai; A. Kimura; H. Fujiwara; M. Rao; J.M. Wild; M.S. Albert Hyperpolarized and Inert Gas MRI - From Technology to Application in Research and Medicine. Chap.16 Elsevier, Amsterdam, Netherlands 2016/11 英語
A. Kimura; H. Imai; H. Fujiwara New Developments in NMR No.4 - Hyperpolarized Xenon-129 Magnetic Resonance: Concepts, Production, Techniques and Applications. Chap.17 The Royal Society of Chemistry, London 2015/04 英語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
近藤 輝幸, 杉井 浩晃, 木村 祐, 松田 哲也, 今井 宏彦 デュアルイメージング用プローブ 特許登録 特許5924668 2016/04/28
藤原 英明, 今井 宏彦, 井口 智史, 吉村 弘伸, 木村 敦臣 偏極キセノンガスの濃縮方法及び偏極キセノンガスの製造供給装置 特許登録 特許5191543 2013/02/08
H. Fujiwara; H. Imai; S. Iguchi; H. Yoshimura; A. Kimura Polarized xenon gas concentration method, polarized xenon gas manufacturing supply device, and MRI system 特許登録 EP 2,309,283; US 8,624,594 2012/09/19
藤原 英明, 福富 淳子, 今井 宏彦 偏極希ガスの製造方法 特許登録 特許5013907 2012/06/15
近藤 輝幸, 青山 安宏, 山田 久嗣, 今井 宏彦, 高山 裕生, 長谷川 嘉則, 木村 祐, 杤尾 豪人, 白川 昌宏, 杉原 文徳, 年光 昭夫, 松田 哲也, 山東 信介 多核多重核磁気共鳴画像化方法 特許出願 特願2013-45724
T. Kondo; Y. Aoyama; H. Yamada; H. Imai; Y. Takayama; Y. Hasegawa; Y. Kimura; H. Tochio; M. Shirakawa; F. Sugihara; A. Toshimitsu; T. Matsuda; S. Sando Polynuclear and multiple magnetic resonance imaging method and imaging device 特許出願 PCT/JP2014/55848
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第45回日本磁気共鳴医学会大会ー学術奨励賞 日本磁気共鳴医学会 2017/09/15
第42回日本磁気共鳴医学会大会-学術奨励賞 日本磁気共鳴医学会 2014/09/19
3rd JSPFI - 5th IWPFI Joint Meeting - Scientific Presentation Award JSPFI & IWPFI 2011/01/28
バイエル学術奨励賞国際飛躍賞 日本磁気共鳴医学会 2010/12/16
第2回呼吸機能イメージング研究会学術集会-優秀演題賞 呼吸機能イメージング研究会 2010/01/31
優秀論文賞 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 2009/02/19
第1回呼吸機能イメージング研究会学術集会-優秀演題 cum laude award 呼吸機能イメージング研究会 2009/01/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 分子イメージングにおけるMRIの高感度化を目指した要素技術の確立 2015/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 超偏極キセノン磁気共鳴イメージングによる新規生体情報計測法の開発 Development of a novel method for detecting biological information using hyperpolarized xenon magnetic resonance imaging 2013/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 超偏極キセノン磁気共鳴イメージングによる包括的な肺機能診断法の開発 Comprehensive assessment of pulmonary functions using hyperpolarized xenon-129 magnetic resonance imaging 2011/04/01〜2013/03/31
若手研究(スタートアップ) 代表 超偏極キセノン磁気共鳴法による新規心肺機能診断法に関する研究 Development of a novel method for evaluating cardiopulmonary functions using hyperpolarized xenon-129 magnetic resonance 2008/04/01〜2010/03/31
基盤研究(C) 代表 分子イメージングにおけるMRIの高感度化を目指した要素技術の確立 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 分子イメージングにおけるMRIの高感度化を目指した要素技術の確立 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
挑戦的萌芽研究 分担 拡散テンソルイメージング法を応用したヒト心筋の形成と走行の解析 2016/04/01〜2018/03/31