武山 博文

最終更新日時: 2019/06/26 09:39:39

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
武山 博文/タケヤマ ヒロフミ/Takeyama, Hirofumi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/呼吸管理睡眠制御学講座/特定助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000019861
研究テーマ
(日本語)
脳電気刺激の新たな挑戦:微小電流による記憶ニューロモデュレーション法の開発
(英語)
New challenge of brain electrical stimulation: Development of memory neuromodulation method by small current electrical stimulation
研究概要
(日本語)
近年、頭皮上からの微小交流電流刺激が、逆説的に脳律動を制御し、脳機能を操作・促進する可能性が報告され、このような刺激はニューロモデュレーションとよばれる。頭蓋内深部電極を用いたマウス嗅内野皮質への微小電流・高頻度の刺激では、記憶機能の促進(Stone et al., J Neurosci. 2011)が、側頭葉てんかん患者においては記銘力の改善(Suthana et al., NEJM 2012)が報告された。しかし、これらの先行研究において、脳律動制御の作動原理は未だ明らかでなく、記憶機能がどのような機序で促進されるのか、またそのための至適刺激条件を模索中の段階である。このような背景から、本研究は、マウス・ヒトを対象として、動物実験と臨床研究を交えながら両者を比較して進めることで、記憶機能促進を目的とした海馬・海馬傍回を中心とする記憶系への直接の微小電気刺激の安全性や作動原理とそれに基づく至適条件を包括的に明らかにする。これらの解明によって、将来、難治性てんかん、アルツハイマー病、脳炎後遺症、頭部外傷などの脳機能障害に基づく疾患治療への応用が期待される。
(英語)
Recently, some researchers reported that the electrical stimulation paradoxically enhanced the brain memory function (Stone et al., J Neurosci. 2011; Suthana et al., NEJM 2012). Such stimulation is called "neuromodulation". However, these previous researches could not reveal the mechanism of neuromodulation or optimal stimulus parameters for memory enhancement. The objective of our study is to clarify the mechanism, optimal stimulus parameters, and safety for memory neuromodulation by the method of direct electrical stimulation to the entorhinal cortex in human and animal brain via the intracranial electrodes.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
神経生理、記憶、認知脳科学、臨床神経科学、神経内科学 Neurophysiology, Memory, Cognitive neuroscience, Neurology, Clinical neuroscience
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
武山博文, 田口周馬, 麓直浩, 岡本洋子, 猪原匡史, 川又純, 東城加奈, 岡伸幸, 高橋良輔. 武山博文, 田口周馬, 麓直浩, 岡本洋子, 猪原匡史, 川又純, 東城加奈, 岡伸幸, 高橋良輔. 水頭症を呈したトランスサイレチン Val30Met 変異型 familial amyloid polyneuropathy の兄弟例. 水頭症を呈したトランスサイレチン Val30Met 変異型 familial amyloid polyneuropathy の兄弟例. 臨床神経学, 52, 4, 257-260 臨床神経学, 52, 4, 257-260 , 52, 4, 257-260 2012 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Active engagement of higher-order motor cortices in motor inhibition: Evidence from direct neural recording and stimulation during Go/No-Go paradigm. Active engagement of higher-order motor cortices in motor inhibition: Evidence from direct neural recording and stimulation during Go/No-Go paradigm. Active engagement of higher-order motor cortices in motor inhibition: Evidence from direct neural recording and stimulation during Go/No-Go paradigm. 北米神経科学学会 2017年学術集会 北米神経科学学会 2017年学術集会 Society for Neuroscience, Annual meeting 2017 2017/11 英語 ポスター発表 公開
Higher-order motor cortices actively engage in motor inhibition: cortical stimulation and event-related potentials as an evidence from subdural grid electrodes Higher-order motor cortices actively engage in motor inhibition: cortical stimulation and event-related potentials as an evidence from subdural grid electrodes Higher-order motor cortices actively engage in motor inhibition: cortical stimulation and event-related potentials as an evidence from subdural grid electrodes 世界神経学会 第23回学術集会 世界神経学会 第23回学術集会 XXⅢ World Congress of Neurology 2017/09 英語 口頭発表(一般) 公開
Functional connectivity of the human entorhinal cortex: a cortico-cortical evoked potential study. Functional connectivity of the human entorhinal cortex: a cortico-cortical evoked potential study. Functional connectivity of the human entorhinal cortex: a cortico-cortical evoked potential study. 北米神経科学学会 2014年学術集会 北米神経科学学会 2014年学術集会 Society for Neuroscience, Annual meeting 2014 2014/11 英語 ポスター発表 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
武山 博文 武山 博文 神経内科 神経内科 科学評論社 科学評論社 2016 共著 公開
武山 博文 武山 博文 Hirofumi Takeyama Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience 中外医学社 中外医学社 2014 共著 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第49回日本てんかん学会学術集会 English Session賞(口演) English Session Award (Oral presentation) in 49the annual meeting of Japan Epilepsy Society 日本てんかん学会 Japan Epilepsy Society 2015/10/31
第50回日本てんかん学会学術集会 English Session賞(口演) English Session Award (Oral presentation) in 50th annual meeting of Japan Epilepsy Society 日本てんかん学会 Japan Epilepsy Society 2016/10/08
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 脳電気刺激の新たな挑戦:微小電流による記憶ニューロモデュレーション法の開発 New challenge of brain electrical stimulation: Development of memory neuromodulation by small current electrical brain stimulation 2019/04/01〜2022/03/31