熊田 孝恒

最終更新日時:2015/10/02 09:18:54

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
熊田 孝恒/クマダ タカツネ/Takatsune Kumada
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/知能情報学専攻脳認知科学講座/教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
教育学修士 筑波大学
教育学博士 筑波大学
プロフィール
(日本語)
人間の脳・認知行動特性の心理学的、脳科学的、人間工学的解明と、それに基づく認知的インタフェースの開発のための基盤的研究を目指している。立派な研究と本当に役に立つ研究の両立(理想的には相互作用による良い循環)が目標。異分野の研究者の言葉を理解し、自らの頭で考え、相手に伝わるように語れる研究者の育成をモットーとしている。
(英語)
My research aims psychological, neuroscientific, and ergonomic understanding of human cognition and behavior, and development of human-friendly cognitive interface on the basis of these basic findings. I am pursuing synergetic interaction between basic and applied studies in my research field. I expect graduate students in my lab to be a person who can understand researchers in a variety of research fields, think by oneself, and communicate one's belief to others.
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kumada T The effect of search mode on dimension weighting. Frontiers in psychology,5,1054 2014
Niki C, Maruyama T, Muragaki Y, Kumada T Perseveration found in a human drawing task: six-fingered hands drawn by patients with right anterior insula and operculum damage. Behavioural neurology,2014,405726 2014 英語
Nagai M, Bennett PJ, Rutherford MD, Gaspar CM, Kumada T, Sekuler AB Comparing face processing strategies between typically-developed observers and observers with autism using sub-sampled-pixels presentation in response classification technique. Vision research,79,27-35 2013/03
Shimomura T, Kumada T Spatial working memory load affects counting but not subitizing in enumeration. Attention, perception & psychophysics,73,6,1694-1709 2011/08
Kaneko R, Kumada T, Fukunaga Y [Effects of feature similarity and discrimination category in a flanker task]. Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology,82,141-149 2011/06
Osugi T, Kumada T, Kawahara J Visual marking survives graphical change if meaning is retained. Attention, perception & psychophysics,72,2144-2156 2010/11
Inukai T, Kumada T, Kawahara J Attentional capture decreases when distractors remain visible during rapid serial visual presentations. Attention, perception & psychophysics,72,4,939-950 2010/05
Inukai T, Kawahara J, Kumada T Nonspatial interdimensional attentional capture. Attention, perception & psychophysics,72,3,658-666 2010/04
Kumada T A search order lost effect: Ignoring a singleton distractor affects visual search efficiency. Vision research 2009/12/01
Niki C, Maruyama T, Muragaki Y, Kumada T Disinhibition of sequential actions following right frontal lobe damage. Cognitive neuropsychology,26,266-285 2009/05
Osugi T, Kumada T, Kawahara J The spatial distribution of inhibition in preview search. Vision research,49,851-861 2009/03
Ogawa H, Kumada T The encoding process of nonconfigural information in contextual cuing. Perception & psychophysics,70,329-336 2008/02
Hayashi M, Kumada T [Influence of attentional setting and priming on the inter-trial facilitation effect on pop-out] Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology,78,1,1-8 2007/04
Takeda Y, Phillips S, Kumada T A conjunctive feature similarity effect for visual search. Quarterly journal of experimental psychology (2006),60,186-190 2007/02
Kasai T, Morita H, Kumada T Attribute-invariant orientation discrimination at an early stage of processing in the human visual system. Vision research,47,203-209 2007/01
Masayoshi Nagai,Nobutaka Endo,Takatsune Kumada Measuring Brain Activities Related to Understanding Using Near-Infrared Spectroscopy (NIRS). Human Interface and the Management of Information. Methods, Techniques and Tools in Information Design, Symposium on Human Interface 2007, Held as Part of HCI International 2007, Beijing, China, July 22-27, 2007, Proceedings Part I,884-893 2007
Phillips S, Takeda Y, Kumada T An inter-item similarity model unifying feature and conjunction search. Vision research,46,3867-3880 2006/10
Kawahara J, Kumada T, Di Lollo V The attentional blink is governed by a temporary loss of control. Psychonomic bulletin & review,13,886-890 2006/10
Ogawa H, Kumada T Attentional prioritization to contextually new objects. Psychonomic bulletin & review,13,543-548 2006/06
Makino Y, Yokosawa K, Takeda Y, Kumada T Visual search and memory search engage extensive overlapping cerebral cortices: an fMRI study. NeuroImage,23,525-533 2004/10
Morita H, Kumada T Effects of pictorially-defined surfaces on visual search. Vision research,43,1869-1877 2003/08
Kasai T, Morotomi T, Katayama J, Kumada T Attending to a location in three-dimensional space modulates early ERPs. Brain research. Cognitive brain research,17,273-285 2003/07
Morita H, Morita M, Kumada T Integration process of contours defined by different attributes. Brain research. Cognitive brain research,15,324-327 2003/02
Kumada T, Humphreys GW Cross-dimensional interference and cross-trial inhibition. Perception & psychophysics,64,493-503 2002/04
Kumada T, Humphreys GW Early selection induced by perceptual load in a patient with frontal lobe damage: External vs. internal modulation of processing control. Cognitive neuropsychology,19,49-65 2002/02

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
佐藤稔久, 河原純一郎, 熊田孝恒, 赤松幹之 長時間運転疲労チェックシートの開発とドライバーの疲労タイプの分類 自動車技術会学術講演会前刷集,118-12,5-10 2012/10/03 日本語
竹中一平, 河原純一郎, 熊田孝恒 急性ストレスが選択的注意に及ぼす影響 基礎心理学研究,31,1,42-56 2012/09/30 日本語
緒方啓史, 上田一貴, 須藤智, 熊田孝恒, 伊福部達 加齢による認知機能の変化が高齢者のICT機器を用いた就労への意欲に及ぼす影響 情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM),53,7,1698-1710 2012/07/15 日本語
永井聖剛, 本間元康, 熊田孝恒, 長田佳久 足踏みの自発的同期と自閉性傾向 日本認知心理学会大会発表論文集,10th,21 2012/06/01 日本語
日比優子, 熊田孝恒, 山口真美, 金沢創 視覚探索課題を用いた発達障害児の注意機能に関する実験的検討 発達研究,26,121-130 2012/05/20 日本語
下村智斉, 熊田孝恒 サビタイジングと注意の空間的分布・知覚的負荷の関係 基礎心理学研究,30,2,229 2012/03/31 日本語
日比優子, 熊田孝恒, 山下雅子 注意欠陥多動性障害の自覚症状を訴える成人の視覚探索の特性 基礎心理学研究,30,2,229 2012/03/31 日本語
宇佐見恵, 簑下成子, 熊田孝恒, 村垣善浩, 丸山隆志 自閉傾向のある健常学生の表情認知・表情表出パターン比較研究 日本社会精神医学会プログラム・抄録集,31st,114 2012/02/10 日本語
Keiji Ogata,Kazutaka Ueda,Satoru Suto,Takatsune Kumada,Tohru Ifukube Relationship between age-related decline of cognitive functions and willingness to work using a computer. Proceedings of the Conference on Systems Engineering Research, CSER 2012, St. Louis, MO, USA, March 19-22, 2012,255-260 2012
永井聖剛, 本間元康, 熊田孝恒, 長田佳久 コミュニケーションスキルと足踏みの自発的同期 日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM),29th,ROMBUNNO.O1-3 2012 日本語
渡邊克巳, 本吉勇, 熊田孝恒 知覚アプローチの現実場面への適用 日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM),29th,ROMBUNNO.S2 2012 日本語
Keiji Ogata,Satoru Suto,Takatsune Kumada,Katsumi Watanabe,Tohru Ifukube Interface design of a central monitoring device taking cognitive aging into account. Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Anchorage, Alaska, USA, October 9-12, 2011,2455-2460 2011

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 前頭葉からのトップダウン・コントロールに関わる脳内ネットワーク機能の解明 2010〜2013
挑戦的萌芽研究 代表 実用性知能の脳内基盤に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生命情報学 Introduction to Computational Systems Bioinformatics 後期 工学部 2014/04〜2015/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
認知心理学特論VI Advanced Studies: Cognitive Psychology VI 前期 教育学研究科 2014/04〜2015/03
認知科学演習 Seminar on Cognitive Sciences 後期 教育学研究科 2014/04〜2015/03
知能情報学特殊研究 I Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
知能情報学特殊研究1 Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
知能情報学特殊研究2 Advanced Study in Intelligence Science and Technology II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
認知科学基礎論 Introduction to Cognitive Science 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
認知科学演習 Seminar on Cognitive Science 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
知能情報学特別セミナー Advanced Seminar on Intelligence Science and Technology 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
生体・認知情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biological and Cognitive Processing 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
心理学IA Psychology IA 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
生命情報学 Bioinformatics 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
Advanced Study in IST I Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in IST II Advanced Study in Intelligence Science and Technology II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in IST I Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in IST II Advanced Study in Intelligence Science and Technology II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
生体情報学の基礎ゼミ Seminar for Biological Information 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生体・認知情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biological and Cognitive Processing 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
生命情報学 Introduction to Computational Systems Bioinformatics 後期 工学部 2015/04〜2016/03
知能情報学特別セミナー Advanced Seminar on Intelligence Science and Technology 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
知能情報学特殊研究2 Advanced Study in Intelligence Science and Technology II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
知能情報学特殊研究1 Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
知能情報学特殊研究 I Advanced Study in Intelligence Science and Technology I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
計算論的認知神経科学特論 Computational and cognitive neuroscience 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
認知心理学特論VI Advanced Studies: Cognitive Psychology VI 前期 教育学研究科 2015/04〜2016/03
認知科学基礎論 Introduction to Cognitive Science 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
認知科学演習 Seminar on Cognitive Sciences 後期 教育学研究科 2015/04〜2016/03
認知科学演習 Seminar on Cognitive Science 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
制規委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31
情報セキュリティ委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31
教務委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31