高原 和彦

最終更新日時: 2019/12/23 17:38:17

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
高原 和彦/タカハラ カズヒコ/Takahara, Kazuhiko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/高次生命科学専攻体制統御学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
理学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田近衛町 Yoshida-Konoe, Sakyo, Kyoto, Kyoto 606-8501, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-4106
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本生化学会 Japanese Biochemical Society
日本免疫学会 Japanese Society for Immunology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
工学修士 広島大学
博士(工学) 広島大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
広島大学 大学院工学研究科博士課程(前期)工業化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
広島大学 工学部第三類(化学系) 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1986〜1993 1986-1993 宝酒造(株) 1986-1993 Researcher, Takara shuzo 研究員
1987〜1988 1987-1988 大阪大学細胞工学センター 1987-1988 Institute for Molecular and cellular Biology, Osaka University 派遣研究員
1988〜1990 国立ガンセンター研究所 1988-1990 National Cancer Center Research Institute. 派遣研究員
1993〜1997 1993-1997 米国ウィスコンシン大学医学部病理学 1993-1997 Post doctoral fellow, Dep. of Pathology. University of Wisconsin ポストドクトラルフェロー
1997〜1999 1997-1999 京都大学理学部 1997-1999 Graduate School of Science, Kyoto University. Instructor 助手 Instructor
1999〜2002 1999-2002 京都大学大学院生命科学研究科 1999-2002 Graduate School of Bio studies, Kyoto University. Instructor 助手 Instructor
2002〜2015/11/30 2002- 京都大学大学院生命科学研究科 2002- Graduate School of Biostudies, Kyoto University 講師 Lecturer
2015/12/01〜 京都大学大学院生命科学研究科 Graduate School of Biostudies, Kyoto University 准教授 Associate Professor
使用言語
言語名
英語
ORCID ID
https://orcid.org/https://orcid.org/0000-0003-4730-8187
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0057493
研究テーマ
(日本語)
高次生命体の非自己認識機構を分子・細胞・個体レベルで解析し誘導される応答の制御機構を明らかにする。さらに、それを基にして新たな免疫制御法の開発を目指す。
(英語)
Development of new methods to control immune reactions though understanding immune system.
研究概要
(日本語)
1. ヒトV型コラーゲン遺伝子のクローニングとEhlers-Danlos症候群における変異の同定  V型コラーゲンは他の繊維状コラーゲンの径・強度を制御すると考えられていた。そこで、当該cDNAをクローニングし、さらに遺伝子(Exon-Intron)構造を明らかにした。その結果、V型コラーゲンにはN末端非コラーゲン領域が存在し、これが繊維の径・強度に影響を与えるものと考えられた。さらに、皮膚、関節、血管等の脆弱性を示すEhlers-Danlos症候群の患者で、V型コラーゲン遺伝子の転座およびN末端非コラーゲン領域にてExon skipが生じる変異を同定した。 2. コラーゲンの不溶化に働く酵素の同定  コラーゲン前駆体は可溶性で、細胞外でC末端非コラーゲン領域が切断され不溶化する。しかし、その切断部位は非特異的分解を受けやすく、切断酵素の同定が困難であった。そこで始めに、当該切断活性を促進する因子PCOLCEをクローニングした。PCOLCEは蛋白間結合に働くCUBドメイン有していた。そこで、同ドメインを有するハエ胚背腹軸形成因子BMP-1を上記切断酵素であると予想し、これを証明した。以上の研究より、長年課題であったコラーゲンの不溶化機構を明らかにした。 3. 免疫系細胞に発現するレクチンの同定と糖鎖認識に関する研究  樹状細胞 (dendritic cell, DC)やマクロファージ(macrophage, Mf)は、多様なpattern recognition receptor(PRR)により病原体を認識する。このPRRの一つであるレクチンの機能を解析するために、マウスDC/Mfに発現するランゲリンおよび5個のSIGNRファミリー遺伝子を新規に同定し機能を解析した。続いて、その中のSIGNR1がサルモネラやキャンディダ等を認識し、サイトカイン産生を昂進する事を示した。また、それら病原体表面のSIGNR1認識糖鎖構造を明らかにした。 4. 病原体認識における異なるPRRの共同作用に関する研究  実際の免疫細胞による病原体認識は、多様なPRRにより同時に起こる。そこで、SIGNR1を中心に他のPRRとの共同作用を検討した。その結果、SIGNR1が同じくレクチンであるDectin-1や、タイプの異なるtoll-like receptor (TLR)2および4と物理的に会合し、殺菌性酸素種および炎症性サイトカインの産生を昂進する事を見出した。 5. レクチンを介した免疫抑制機構に関する研究  C. albicans表面の可溶性糖蛋白はヒトを免疫抑制状態に導く。そこでヒトレクチンDC-SIGNの同機構への関与を検討した。先ず、糖鎖アレイ解析でDC-SIGNは病原性C. albicans N-glycanには結合するが、非病原性のS. cerevisiae のそれには結合しないことを示した。また、DC-SIGN発現RAW264.7細胞株は、S. cerevisiaeよりもC. albicansのN-glycanに対して多くの免疫抑制性サイトカインIL-10を産生した。よって、C. albicansは当該N-glycanおよび宿主DC-SIGNを介して免疫応答を抑制すると思われる。 6. 微細粒子に対するサイズ依存的な細胞応答経路の解析  シリカやアスベスト等の微細粒子はDC/MfからのIL-1bの産生を誘導する。しかし、これ迄は被検粒子が様々サイズの混合物であった為、粒子のサイズに依存する細胞応答が存在するかは不明であった。そこで、骨髄由来Mfを様々な大きさのラッテクスビーズ(LxB)で刺激したところ、1,000および20 nm径LxBはIL-1bの産生を誘導するが、100 nm径LxBはしないことを見出した。さらに1,000 nm径LxBはミトコンドリアからの活性酸素種依存的、20 nm径LxBは食胞からのcathepsin Bの漏出依存的に、独立してIL-1b産生に働くことが示された。これらの結果は、粒子サイズ依存的な応答経路の存在を示し、また、微細粒子の生体毒性機構の解明と新たな治療法の開発に寄与するものと考える。
(英語)
Our interest is the induction and control of immunity. We focus on dendritic cells (DC), which are a primary antigen-presenting cell in the immune system. We are especially interested in functions of lectin molecules expressed on DC and its relative, macrophage, that recognize polysaccharides on pathogenic agents. The study includes analyses of interaction between polysaccharides and lectins, and subsequent cellular and systemic responses in co-operation with TLR signaling. In this study, we found that certain lectin-polysaccharide interaction induced immune suppressive environment, ameliorating excessive and lethal inflammation. By these studies, we would like to develop new methods to control immune system.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
免疫学 Immunology
レクチン Lectin
樹状細胞 Dendritic Cells
マクロファージ Macrophage
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Cui G., Shimba A., Ma G, Takahara K., Tani-ichi S., Zhu Y., Asahi T., Abe A., Miyachi H., Kitano S., Hara T., Yasunaga J., Suwanai H., Yamada H., Matsuoka M., Ueki K., Yoshikai Y, and Ikuta K. Cui G., Shimba A., Ma G, Takahara K., Tani-ichi S., Zhu Y., Asahi T., Abe A., Miyachi H., Kitano S., Hara T., Yasunaga J., Suwanai H., Yamada H., Matsuoka M., Ueki K., Yoshikai Y, and Ikuta K. Cui G., Shimba A., Ma G, Takahara K., Tani-ichi S., Zhu Y., Asahi T., Abe A., Miyachi H., Kitano S., Hara T., Yasunaga J., Suwanai H., Yamada H., Matsuoka M., Ueki K., Yoshikai Y, and Ikuta K. IL-7R-dependent Phosphatidylinositol-3 Kinase Competes with STAT5 Signal to Modulate T Cell Development and Homeostasis. IL-7R-dependent Phosphatidylinositol-3 Kinase Competes with STAT5 Signal to Modulate T Cell Development and Homeostasis. IL-7R-dependent Phosphatidylinositol-3 Kinase Competes with STAT5 Signal to Modulate T Cell Development and Homeostasis. J. Immunol. J. Immunol. J. Immunol. 2020/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Goji, T., Takahara, K., Negishi, M. and Katoh, H. Goji, T., Takahara, K., Negishi, M. and Katoh, H. Goji, T., Takahara, K., Negishi, M. and Katoh, H. Glucose metabolism in glioblastoma cells protects against cell death triggered by cystine uptake through xCT Glucose metabolism in glioblastoma cells protects against cell death triggered by cystine uptake through xCT Glucose metabolism in glioblastoma cells protects against cell death triggered by cystine uptake through xCT J. Biol. Chem., 292, 19721-19732 J. Biol. Chem., 292, 19721-19732 J. Biol. Chem., 292, 19721-19732 2017/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ishiguro, T.*, Fukawa, T.*, Akaki, K., Nagaoka, K., Takeda, T., Iwakura, Y., Inaba, K., and Takahara, K. (*equal contribution) Ishiguro, T.*, Fukawa, T.*, Akaki, K., Nagaoka, K., Takeda, T., Iwakura, Y., Inaba, K., and Takahara, K. (*equal contribution) Ishiguro, T.*, Fukawa, T.*, Akaki, K., Nagaoka, K., Takeda, T., Iwakura, Y., Inaba, K., and Takahara, K. (*equal contribution) Absence of DCIR1 reduces the mortality rate of endotoxemic hepatitis in mice. Absence of DCIR1 reduces the mortality rate of endotoxemic hepatitis in mice. Absence of DCIR1 reduces the mortality rate of endotoxemic hepatitis in mice. European Journal of Immunology European Journal of Immunology European Journal of Immunology 2017/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
M. Ushida, T. Iyoda, M. Kanamori, H. Watarai, K. Takahara* and K. Inaba (*corresponding author) M. Ushida, T. Iyoda, M. Kanamori, H. Watarai, K. Takahara* and K. Inaba (*corresponding author) M. Ushida, T. Iyoda, M. Kanamori, H. Watarai, K. Takahara * and K. Inaba (*corresponding author) In vivo and in vitro analyses of α-galactosylceramide uptake by conventional dendritic cell subsets using its fluorescence-labeled derivative In vivo and in vitro analyses of α-galactosylceramide uptake by conventional dendritic cell subsets using its fluorescence-labeled derivative In vivo and in vitro analyses of α-galactosylceramide uptake by conventional dendritic cell subsets using its fluorescence-labeled derivative Immunology Letters Immunology Letters Immunology Letters 2015/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
S. Tokieda, M. Komori, T. Ishiguro, Y. Iwakura, K. Takahara* and K. Inaba (*corresponding author) S. Tokieda, M. Komori, T. Ishiguro, Y. Iwakura, K. Takahara* and K. Inaba (*corresponding author) S. Tokieda, M. Komori, T. Ishiguro, Y. Iwakura, K. Takahara* and K. Inaba (*corresponding author) Dendritic cell immunoreceptor 1 alters neutrophil responses in the development of experimental colitis Dendritic cell immunoreceptor 1 alters neutrophil responses in the development of experimental colitis Dendritic cell immunoreceptor 1 alters neutrophil responses in the development of experimental colitis BMC Immunology BMC Immunology BMC Immunology 2015/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
J. Taneo; T. Adachi; A. Yoshida; K. Takayasu; K. Takahara*; K. Inaba (*corresponding author) J. Taneo; T. Adachi; A. Yoshida; K. Takayasu; K. Takahara*; K. Inaba (*corresponding author) J. Taneo; T. Adachi; A. Yoshida; K. Takayasu; K. Takahara*; K. Inaba (*corresponding author) Amyloid β oligomers induce interleukin-1β production in primary microglia in a cathepsin B- and reactive oxygen species-dependent manner Amyloid β oligomers induce interleukin-1β production in primary microglia in a cathepsin B- and reactive oxygen species-dependent manner Amyloid β oligomers induce interleukin-1β production in primary microglia in a cathepsin B- and reactive oxygen species-dependent manner Biochemical and Biophysical Research Communications, 458, 561-567 Biochemical and Biophysical Research Communications, 458, 561-567 Biochemical and Biophysical Research Communications, 458, 561-567 2015/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
K. Takahara; S. Tokieda; K. Nagaoka; K. Inaba K. Takahara; S. Tokieda; K. Nagaoka; K. Inaba Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production[要修正] Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production[要修正] Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production International Immunology, 24, 2, 89-+ , 24, 2, 89-+ International Immunology, 24, 2, 89-+ 2012/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
E. Ichikawa, S. Hida, Y. Omatsu, S. Shimoyama, K. Takahara, S. Miyagawa, K. Inaba and S.Taki E. Ichikawa, S. Hida, Y. Omatsu, S. Shimoyama, K. Takahara, S. Miyagawa, K. Inaba and S.Taki Defective development of splenic and epidermal CD4+ dendritic cells in mice deficient for IFN regulatory factor-2 Defective development of splenic and epidermal CD4+ dendritic cells in mice deficient for IFN regulatory factor-2 Defective development of splenic and epidermal CD4+ dendritic cells in mice deficient for IFN regulatory factor-2 Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A, 101, 3909-3914 Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A, 101, 3909-3914 Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A, 101, 3909-3914 2004 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takahara K, Schwarze U, Imamura Y, Hoffman GG, Toriello H, Smith LT, Byers PH, Greenspan DS Takahara K, Schwarze U, Imamura Y, Hoffman GG, Toriello H, Smith LT, Byers PH, Greenspan DS K. Takahara; U. Schwarze; Y. Imamura; G.G. Hoffman; H. Toriello; L.T. Smith; P.H. Byers; D.S. Greenspan Order of intron removal influences multiple splice outcomes, including a two-exon skip, in a COL5A1 acceptor-site mutation that results in abnormal pro-alpha1(V) N-propeptides and Ehlers-Danlos syndrome type I. Order of intron removal influences multiple splice outcomes, including a two-exon skip, in a COL5A1 acceptor-site mutation that results in abnormal pro-alpha1(V) N-propeptides and Ehlers-Danlos syndrome type I. Order of intron removal influences multiple splice outcomes, including a two-exon skip, in a COL5A1 acceptor-site mutation that results in abnormal pro-α1(V) N-propeptides and Ehlers-Danlos syndrome type I American journal of human genetics, 71, 3, 451-465 American journal of human genetics, 71, 3, 451-465 American Journal of Human Genetics, 71, 3, 451-465 2002/09 英語 公開
Iyoda T, Shimoyama S, Liu K, Omatsu Y, Akiyama Y, Maeda Y, Takahara K, Steinman RM, Inaba K Iyoda T, Shimoyama S, Liu K, Omatsu Y, Akiyama Y, Maeda Y, Takahara K, Steinman RM, Inaba K T. Iyoda; S. Shimoyama; K. Liu; Y. Omatsu; Y. Akiyama; Y. Maeda; K. Takahara; R.M. Steinman; K. Inaba The CD8+ dendritic cell subset selectively endocytoses dying cells in culture and in vivo. The CD8+ dendritic cell subset selectively endocytoses dying cells in culture and in vivo. The CD8<sup>+</sup> dendritic cell subset selectively endocytoses dying cells in culture and in vivo The Journal of experimental medicine, 195, 10, 1289-1302 The Journal of experimental medicine, 195, 10, 1289-1302 Journal of Experimental Medicine, 195, 10, 1289-1302 2002/05 英語 公開
Takahara K, Omatsu Y, Yashima Y, Maeda Y, Tanaka S, Iyoda T, Clausen BE, Matsubara K, Letterio J, Steinman RM, Matsuda Y, Inaba K Takahara K, Omatsu Y, Yashima Y, Maeda Y, Tanaka S, Iyoda T, Clausen BE, Matsubara K, Letterio J, Steinman RM, Matsuda Y, Inaba K K. Takahara; Y. Omatsu; Y. Yashima; Y. Maeda; S. Tanaka; T. Iyoda; B. Clusen; K. Matsubara; J. Letterio; R.M. Steinman; Y. Matsuda; K. Inaba Identification and expression of mouse Langerin (CD207) in dendritic cells. Identification and expression of mouse Langerin (CD207) in dendritic cells. Identification and expression of mouse Langerin (CD207) in dendritic cells International immunology, 14, 5, 433-444 International immunology, 14, 5, 433-444 International Immunology, 14, 5, 433-444 2002/05 英語 公開
H. Komuro; M. Mori; Y. Hayashi; M. Fukagawa; S.-I. Makino; K. Takahara; D.S. Greenspan; M.Y. Momoi H. Komuro; M. Mori; Y. Hayashi; M. Fukagawa; S.-I. Makino; K. Takahara; D.S. Greenspan; M.Y. Momoi [要修正] [要修正] Mutational analysis of the BMP-1 gene in patients with gastroschisis Journal of Pediatric Surgery, 36, 6, 885-887 , 36, 6, 885-887 Journal of Pediatric Surgery, 36, 6, 885-887 2001 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
微細な粒子/蛋白凝集体はそのサイズ・形状により異なる細胞内応答経路を活性化する 微細な粒子/蛋白凝集体はそのサイズ・形状により異なる細胞内応答経路を活性化する 微細な粒子/蛋白凝集体はそのサイズ・形状により異なる細胞内応答経路を活性化する 広島醗酵会総会・公開講演会 広島醗酵会総会・公開講演会 広島醗酵会総会・公開講演会 広島醗酵会 広島醗酵会 2013/11/02 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
粒子サイズによる細胞応答性の差異 粒子サイズによる細胞応答性の差異 粒子サイズによる細胞応答性の差異 京都環境ナノクラスター主催「ナノ材料の安全性・社会受容に関するシンポジウム」 京都環境ナノクラスター主催「ナノ材料の安全性・社会受容に関するシンポジウム」 京都環境ナノクラスター主催「ナノ材料の安全性・社会受容に関するシンポジウム」 2012 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Role of SIGN-related molecules in innate immune responses Role of SIGN-related molecules in innate immune responses Role of SIGN-related molecules in innate immune responses CREST国際シンポジウム「獲得免疫と糖鎖生物学」 CREST国際シンポジウム「獲得免疫と糖鎖生物学」 CREST Symposium 2009 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 京大発 フロンティア生命科学 京大発 フロンティア生命科学 京大発 フロンティア生命科学 講談社 講談社 講談社 2018/03 日本語 分担執筆 公開
高原 和彦 高原 和彦 C型レクチンによる生体応答制御 -恒常性の維持と応用- C型レクチンによる生体応答制御 -恒常性の維持と応用- Immune regulation though C-type lectin: Their roles in homeostasis and application 臨床免疫・アレルギー科 臨床免疫・アレルギー科 Clinical Immunology & Allergology 2016/08 公開
高原 和彦、石黒 俊史 高原 和彦、石黒 俊史 高原 和彦、石黒 俊史 C-型レクチンDC-SIGNを介したIL-10産生と免疫制御. C-型レクチンDC-SIGNを介したIL-10産生と免疫制御. C-型レクチンDC-SIGNを介したIL-10産生と免疫制御. 臨床免疫・アレルギー科 臨床免疫・アレルギー科 臨床免疫・アレルギー科 2013/12 日本語 公開
足立 匠、高原 和彦、稲葉 カヨ 足立 匠、高原 和彦、稲葉 カヨ 足立 匠、高原 和彦、稲葉 カヨ 微細粒子物質による炎症惹起 微細粒子物質による炎症惹起 微細粒子物質による炎症惹起 臨床免疫・アレルギー科 臨床免疫・アレルギー科 臨床免疫・アレルギー科 2013/12 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞に発現するCタイプレクチンDCIR(Dendritic cell immunoreceptor)の機能と生体における働き) 樹状細胞に発現するCタイプレクチンDCIR(Dendritic cell immunoreceptor)の機能と生体における働き) 樹状細胞に発現するCタイプレクチンDCIR(Dendritic cell immunoreceptor)の機能と生体における働き) 臨床免疫アレルギー科 臨床免疫アレルギー科 臨床免疫アレルギー科 2009 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞み発現するC型レクチンの機能とシグナル伝達 樹状細胞み発現するC型レクチンの機能とシグナル伝達 樹状細胞み発現するC型レクチンの機能とシグナル伝達 実験医学 実験医学 実験医学 2008 日本語 公開
長岡 孝治 長岡 孝治 長岡 孝治 マウスC型レクチンSIGNR1とその免疫応答における役割 マウスC型レクチンSIGNR1とその免疫応答における役割 マウスC型レクチンSIGNR1とその免疫応答における役割 臨床免疫 臨床免疫 臨床免疫 2006 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞上のC-タイプレクチン群とそのリガンド 樹状細胞上のC-タイプレクチン群とそのリガンド 樹状細胞上のC-タイプレクチン群とそのリガンド 科学評論社 科学評論社 科学評論社 2005 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞におけるパターン認識レセプターとしてのレクチン 樹状細胞におけるパターン認識レセプターとしてのレクチン 樹状細胞におけるパターン認識レセプターとしてのレクチン 臨床免疫 臨床免疫 臨床免疫 2003 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞による免疫寛容の誘導と維持 樹状細胞による免疫寛容の誘導と維持 樹状細胞による免疫寛容の誘導と維持 細胞工学 細胞工学 細胞工学 2002 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞による抗原ペプチドの提示とその腫瘍免疫への応用 樹状細胞による抗原ペプチドの提示とその腫瘍免疫への応用 樹状細胞による抗原ペプチドの提示とその腫瘍免疫への応用 現代医学 現代医学 現代医学 2000 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 樹状細胞の抗原プロセッシングと腫瘍免疫 樹状細胞の抗原プロセッシングと腫瘍免疫 樹状細胞の抗原プロセッシングと腫瘍免疫 医学の歩み 医学の歩み 医学の歩み 2000 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 抗腫瘍免疫療法における樹状細胞 抗腫瘍免疫療法における樹状細胞 抗腫瘍免疫療法における樹状細胞 最新医学 最新医学 最新医学 1999 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 生体防御における樹状細胞の役割と応用 生体防御における樹状細胞の役割と応用 生体防御における樹状細胞の役割と応用 バイオインダストリ-協会 バイオインダストリ-協会 バイオインダストリ-協会 1998 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 BMP-1とI型プロコラーゲンC-プロテイナーゼ BMP-1とI型プロコラーゲンC-プロテイナーゼ BMP-1とI型プロコラーゲンC-プロテイナーゼ 実験医学 実験医学 実験医学 1996 日本語 公開
高原 和彦 高原 和彦 高原 和彦 人染色体のソーティング 人染色体のソーティング 人染色体のソーティング 細胞工学 細胞工学 細胞工学 1988 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
産業財産権 (特許)
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
Mammalian Tolloid-Like Gene and Protein Mammalian Tolloid-Like Gene and Protein Mammalian Tolloid-Like Gene and Protein 特許登録 特許US Issued Patent No. 5939321 1999 公開
インスリン結合活性を有するポリペプチド インスリン結合活性を有するポリペプチド インスリン結合活性を有するポリペプチド 特許公開 特開特開平02-209899 1990 公開
機能性ポリペプチド 機能性ポリペプチド 機能性ポリペプチド 特許公開 特開特開平05-097698 1993 公開
ヒトコラーゲンV型遺伝子 ヒトコラーゲンV型遺伝子 ヒトコラーゲンV型遺伝子 特許公開 特開特開平06-105687 1994 公開
逆転写酵素遺伝子 逆転写酵素遺伝子 逆転写酵素遺伝子 特許公開 特開特開平07-039378 1995 公開
インスリン結合阻害剤 インスリン結合阻害剤 インスリン結合阻害剤 特許公開 特開特開平11-092396 インスリン結合阻害剤 1999 公開
インスリン結合用担体 インスリン結合用担体 インスリン結合用担体 特許公開 特開特開平11-092404 1999 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
Outstanding Merit Award from International ImmunologyOutstanding Merit Award from International Immunology Outstanding Merit Award from International ImmunologyOutstanding Merit Award from International Immunology 日本免疫学会発行誌 2004
Outstanding Merit Award from International ImmunologyOutstanding Merit Award from International Immunology Outstanding Merit Award from International ImmunologyOutstanding Merit Award from International Immunology 日本免疫学会発行誌 2006
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究 代表 炎症領域におけるTGF-β1のランゲルハンス細胞及び樹状細胞に対する影響 Effects of TGF-β1 on Langerhans cells and dendritics cells in inflammation 1998〜1999
特定領域研究C(一般)(2) 代表 マウス系統間における皮膚炎症応答の違いとアレルギー獲得性の相関 Allergy susceptibility and skin inflammatory responses in mouse strains 1999〜1999
基盤研究(B) 分担 ミエロイド系樹状細胞とリンパ球系樹状細胞 Myeloid dendritic cells and lymphoid dendritic cells 1999〜2001
基盤研究C 代表 皮膚ならび粘膜組織におけるマウスLangerin陽性細胞の動態と機能 Migration and function of Langerin-expressing cells in skin and mucosa 2001〜2002
基盤研究(B) 分担 免疫監視・制御細胞としての樹状細胞機能の解析 Function of Dendritic cells as Sentinel and Regulator 2001〜2003
特定領域研究(B) 分担 免疫寛容の誘導・維持と破綻における樹状細胞の機能と作用メカニズムの解析 2001〜2005
特定領域研究(A) 分担 抗原提示細胞によるT細胞活性化機構 2001〜2001
特定領域研究(C) 分担 抗腫瘍免疫応答における樹状細胞の役割 2001〜2001
基盤研究C 代表 Langerin分子による外来微生物等の糖鎖認識とその機構 Recognition of saccharides on microbes by Langerin 2003〜2004
特定領域研究(2) 代表 マウスレクチンSIGNR1の微生物認識およびTLR4との相互作用 Recognition of microbes by SIGNR1 and co-operation with TLR4 2004〜2005
基盤研究C 代表 免疫系細胞に発現するC-型レクチンによる微生物認識とTLR応答への関与 Effects of C-type lectin expressing in immune cells on TLR response during microbe recognition 2005〜2006
特定領域研究(2) 代表 微生物感染におけるSIGNR1の働き Functions of SIGNRI1 during microbe infection 2007〜2008
基盤研究C 代表 マウスレクチンSIGNRファミリーの機能解析 Functional analyses of mouse lectin SIGNR family 2007〜2008
CREST 分担 マウスマクロファージ/DCサブセットの応答における均衡維持機構 2008〜2013
萌芽研究 分担 ナノ物質に対する細胞応答性とその差異の検討 2008〜2009
基盤研究(C) 代表 レクチン分子の発現を指標としたマクロファージサブセットの生体内動態 Dynamics of macrophage subsets in vivo based on expression of lectin molecule 2009〜2011
特定領域研究 代表 糖鎖認識におけるSIGNR1と他のファミリー分子における差異の解析 Different properties of SIGNR family in recognition of saccharides 2009〜2010
基盤研究(C) 代表 C型レクチンを介した微生物多糖による免疫応答制御 2013〜2016
基盤研究(C) 代表 C型レクチンを介した微生物多糖による免疫応答制御 2013/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽 分担 生体内不溶物質によるサイズ依存的なIL-1beta産生経路の存在 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 微生物糖鎖を用いた免疫制御 2016/04/01〜2019/03/31
基盤研究(C) 代表 微生物糖鎖を用いた免疫制御 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 微生物糖鎖を用いた免疫制御 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 微生物糖鎖を用いた免疫制御 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
ホクト生物科学振興財団 高原 和彦 パターン認識受容体TLRとレクチンの微生物認識における共同作用 2006〜2007
京都大学コアステージバックアップ研究費 高原 和彦 C型レクチンによるC. albicansの認識と免疫制御 2012〜2012
清水免疫学・神経科学振興財団研究助成 高原 和彦 シリカ粒子によるサイズ依存的なIL-1β産生経路の存在 2013〜2014
GAPファンドプログラム 高原 和彦 免疫抑制性サイトカインIL-10産生を誘導する新規糖鎖の開発 2018/12/1〜2019/11/30
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
免疫生物学 前期 理学部 2011/04〜2012/03
生物学実習D (2) 後期 理学部 2011/04〜2012/03
生物学セミナ-B (5) 後期 理学部 2011/04〜2012/03
生物科学課題研究7 通年 理学部 2011/04〜2012/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2012/04〜2013/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2012/04〜2013/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2012/04〜2013/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2012/04〜2013/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2013/04〜2014/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生物学セミナ−B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2013/04〜2014/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2014/04〜2015/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2014/04〜2015/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2015/04〜2016/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2015/04〜2016/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2015/04〜2016/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2016/04〜2017/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2016/04〜2017/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期集中 理学部 2016/04〜2017/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2016/04〜2017/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2017/04〜2018/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2017/04〜2018/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期集中 理学部 2017/04〜2018/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2017/04〜2018/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2018/04〜2019/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2018/04〜2019/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期集中 理学部 2018/04〜2019/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2018/04〜2019/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2019/04〜2020/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2019/04〜2020/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期集中 理学部 2019/04〜2020/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2019/04〜2020/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2013/04/01〜2017/03/31
環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2014/10/01〜2016/09/30
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会委員 2017/04/01〜2019/03/31
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2019/04/01〜2021/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員会委員 2003/04/01〜
安全・環境保全委員会委員 2016/04/01〜
データ保全委員会委員 2015/10/01〜
化学物質管理小委員会委員 2017/04/01〜
特別管理産業廃棄物管理責任者 2007/02/08〜
SPFマウス実験室運営委員会委員 2019/04/01〜
SPFマウス実験室管理委員会委員 2019/04/01〜