鈴木 裕輔

最終更新日時: 2019/06/19 17:55:45

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
鈴木 裕輔/スズキ ユウスケ/Suzuki, Yusuke
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/高次生命科学専攻システム生物学講座/助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) Master of Science 奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology
博士(工学) Ph. D. (engineering) 奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology 情報科学研究科情報生命科学専攻博士前期課程 Graduate School of Information Science Department of Bioinformatics and Genomics, Master's Course 修了
奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology 情報科学研究科情報科学専攻博士後期課程 Graduate School of Information Science Department of Information Systems, Doctor's Cource 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
立教大学 Rikkyo University 文学部心理学科 Undergraduate School of Arts Department of Psychology 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2013/07/01〜2018/03/31 京都大学大学院医研究科・メディカルイノベーションセンター・ SK プロジェクト Kyoto University, Graduate School of Medicine, Medical Innovation Center, SK project 特定助教(産官学連携) Program-Specific Assistant Professor
2018/04/01〜 京都大学大学院生命科学研究科・高次生命科学専攻・システム生物学講座・脳機能発達再生制御学分野, (兼務) 附属生命動態研究センター・生体機能操作研究部門 Kyoto University, Graduate School of Biostudies, Division of Systemic Life Science, Laboratory of Brain Development and Regeneration, Research Center for Dynamic Living Systems 特定助教 Program-Specific Assistant Professor
個人ホームページ
URL
https://brainnetworks.jimdofree.com
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5379-4030
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009448
研究テーマ
(日本語)
微細行動パタンの抽出・可視化手法の開発と,その神経基盤の検証
(英語)
(1) To develop methodologies for extraction and visualization of microscopic behavioral phenotypes. (2) To seek neuronal expression of microscopic behavioral phenotypes.
研究概要
(日本語)
神経活動と行動の関数を明らかにするためには,神経活動のみならず,その最終出力としての行動もまた高い“解像度”で捉えることが求められます.近年,神経活動の高い時空間分解能での計測や制御が可能になり,これによって捉えられた微細な神経活動のパターンが,それまで知られていなかった微細な動作や複雑な行動パターンを表現している可能性が考えられるためです.研究では,生物の複雑な微細行動パターンの抽出・可視化を可能にする実験的・解析的手法を開発することで冒頭のニーズに応えるとともに,発見された微細行動パターンに新たな生物学的意義をもたらすことを目指します.
(英語)
In order to unveil functions between behavioral and neural phenotype, precise high-throughput measurements of behaviors are indispensable. As recently developed cutting-edge techniques have enabled to measure or control finer neural processing with high spatio-temporal resolution, now we can expect that such micro neural processing would cause unforeknown behaviors as final outputs. For this issue, I have studied about experimental and analytical methods interdisciplinary combining psychology, information science, data-mining and so on, to extract and visualize finer and complex behavior patterns with biological significance.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
システム神経科学,認知神経科学,嗅覚,ナビゲーション,学習,記憶,イメージング,光遺伝学,成体脳ニューロン新生 Systems neuroscience, Cognitive neuroscience, Olfaction, Navigation, Learning, Memory, Imaging, Optogenetics, Adult Neurogenesis
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yamada M, Suzuki Y, Nagasaki SC, Okuno H, Imayoshi I Yamada M, Suzuki Y, Nagasaki SC, Okuno H, Imayoshi I Yamada M, Suzuki Y, Nagasaki SC, Okuno H, Imayoshi I Light Control of the Tet Gene Expression System in Mammalian Cells. Light Control of the Tet Gene Expression System in Mammalian Cells. Light Control of the Tet Gene Expression System in Mammalian Cells. Cell reports, 25, 2, 487-500.e6 Cell reports, 25, 2, 487-500.e6 Cell reports, 25, 2, 487-500.e6 2018/10 公開
Li WL, Chu MW, Wu A, Suzuki Y, Imayoshi I, Komiyama T Li WL, Chu MW, Wu A, Suzuki Y, Imayoshi I, Komiyama T Li WL, Chu MW, Wu A, Suzuki Y, Imayoshi I, Komiyama T Adult-born neurons facilitate olfactory bulb pattern separation during task engagement. Adult-born neurons facilitate olfactory bulb pattern separation during task engagement. Adult-born neurons facilitate olfactory bulb pattern separation during task engagement. eLife, 7 eLife, 7 eLife, 7 2018/03 公開
Yokota S, Suzuki Y, Hamami K, Harada A, Komai S Yokota S, Suzuki Y, Hamami K, Harada A, Komai S Yokota S, Suzuki Y, Hamami K, Harada A, Komai S Sex differences in avoidance behavior after perceiving potential risk in mice. Sex differences in avoidance behavior after perceiving potential risk in mice. Sex differences in avoidance behavior after perceiving potential risk in mice. Behavioral and brain functions : BBF, 13, 1, 9 Behavioral and brain functions : BBF, 13, 1, 9 Behavioral and brain functions : BBF, 13, 1, 9 2017/05 公開
Suzuki Y, Imayoshi I Suzuki Y, Imayoshi I Suzuki Y, Imayoshi I Network analysis of exploratory behaviors of mice in a spatial learning and memory task. Network analysis of exploratory behaviors of mice in a spatial learning and memory task. Network analysis of exploratory behaviors of mice in a spatial learning and memory task. PloS one, 12, 7, e0180789 PloS one, 12, 7, e0180789 PloS one, 12, 7, e0180789 2017 公開
Hirano Y, Ihara K, Masuda T, Yamamoto T, Iwata I, Takahashi A, Awata H, Nakamura N, Takakura M, Suzuki Y, Horiuchi J, Okuno H, Saitoe M Hirano Y, Ihara K, Masuda T, Yamamoto T, Iwata I, Takahashi A, Awata H, Nakamura N, Takakura M, Suzuki Y, Horiuchi J, Okuno H, Saitoe M Hirano Y, Ihara K, Masuda T, Yamamoto T, Iwata I, Takahashi A, Awata H, Nakamura N, Takakura M, Suzuki Y, Horiuchi J, Okuno H, Saitoe M Shifting transcriptional machinery is required for long-term memory maintenance and modification in Drosophila mushroom bodies. Shifting transcriptional machinery is required for long-term memory maintenance and modification in Drosophila mushroom bodies. Shifting transcriptional machinery is required for long-term memory maintenance and modification in Drosophila mushroom bodies. Nature communications, 7, 13471 Nature communications, 7, 13471 Nature communications, 7, 13471 2016/11 公開
Suzuki Y, Naito E Suzuki Y, Naito E Suzuki Y, Naito E Neuro-modulation in dorsal premotor cortex facilitates human multi-task ability. Neuro-modulation in dorsal premotor cortex facilitates human multi-task ability. Neuro-modulation in dorsal premotor cortex facilitates human multi-task ability. Journal of Behavioral and Brain Science, 2, 3, 372-379 Journal of Behavioral and Brain Science, 2, 3, 372-379 Journal of Behavioral and Brain Science, 2, 3, 372-379 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
今吉格, 鈴木裕輔 今吉格, 鈴木裕輔 今吉格, 鈴木裕輔 脳発達と再編の仕組みを研究するための最新技術・モデル 4.遺伝子発現の光制御技術と神経幹細胞研究への応用 脳発達と再編の仕組みを研究するための最新技術・モデル 4.遺伝子発現の光制御技術と神経幹細胞研究への応用 脳発達と再編の仕組みを研究するための最新技術・モデル 4.遺伝子発現の光制御技術と神経幹細胞研究への応用 実験医学, 36, 12, 2127‐2132 実験医学, 36, 12, 2127‐2132 実験医学, 36, 12, 2127‐2132 2018/08/01 日本語 公開
今吉 格, 鈴木 裕輔 今吉 格, 鈴木 裕輔 今吉 格, 鈴木 裕輔 生後脳・成体脳ニューロン新生と嗅覚機能 (特集 嗅覚の可能性を探る) 生後脳・成体脳ニューロン新生と嗅覚機能 (特集 嗅覚の可能性を探る) The functional significance of postnatal and adult neurogenesis in olfaction and memory Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety, 17, 3, 217-223 Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety, 17, 3, 217-223 Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety, 17, 3, 217-223 2016 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
空間探索行動のネットワーク構造 空間探索行動のネットワーク構造 Network structures in spatial exploration behavior 第 20 回生命科学研究科シンポジウム 第 20 回生命科学研究科シンポジウム 2018/07/13 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Network analysis of exploratory behaviors of mice in the spatial learning and memory task Network analysis of exploratory behaviors of mice in the spatial learning and memory task Network analysis of exploratory behaviors of mice in the spatial learning and memory task 平成29年度 発生・細胞生物学・システム生物学コース 平成29年度 発生・細胞生物学・システム生物学コース 2017/05/19 英語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Segmentation of a gap-crossing action into fine motions under an emergency situation in rats. Segmentation of a gap-crossing action into fine motions under an emergency situation in rats. Segmentation of a gap-crossing action into fine motions under an emergency situation in rats. 北米神経科学学会 北米神経科学学会 Society for Neuroscience 2012/10/13 英語 ポスター発表 公開
Transcranial direct current stimulation to human dorsal premotor cortex facilitates processing of dual reaction time tasks requiring response selection. Transcranial direct current stimulation to human dorsal premotor cortex facilitates processing of dual reaction time tasks requiring response selection. Transcranial direct current stimulation to human dorsal premotor cortex facilitates processing of dual reaction time tasks requiring response selection. Neuro2010 & International Social for Young Researchers. Neuro2010 & International Social for Young Researchers. Neuro2010 & International Social for Young Researchers. 2010/09/02 英語 ポスター発表 公開
2 つの右手を感じる: ラバーハンドイリュージョンを用いて. 2 つの右手を感じる: ラバーハンドイリュージョンを用いて. 日本認知心理学会 第6回大会 日本認知心理学会 第6回大会 2008/05/31 日本語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
特許
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
今吉格,山田真弓,鈴木裕輔 今吉格,山田真弓,鈴木裕輔 光活性化可能なTet発現制御システム 光活性化可能なTet発現制御システム 特許出願 特願2018-163617 2018/08/31 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 場所のネットワーク表現に関わる脳情報処理過程の同定 2019/04/01〜2023/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学 Mathematical, Statistical and Computational Biology for Experimental Biologists 通年 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
産業競争力懇談会 COCN(Council on Competitiveness-Nippon) メンバー 安全・安心・快適を実現する空間ソリューション 2015/04/01〜2016/03/31
産業競争力懇談会 COCN(Council on Competitiveness-Nippon) メンバー 新しい価値を創出する機能的空間ソリューション ~Society5.0 を実現する空間価値創造ビジネス~ 2016/04/01〜2017/03/31