石川 裕彦

最終更新日時:2017/08/23 14:25:37

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
石川 裕彦/イシカワ ヒロヒコ/Hirohiko Ishikawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
防災研究所/気象・水象災害研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 応用気象・海洋学講座 教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
学際融合教育研究推進センター グルーバル生存学大学院連携ユニット
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011 宇治市五ヶ庄官有地 京都大学防災研究所 Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-4159
電子メールアドレス
メールアドレス
ishikawa @ storm.dpri.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本気象学会 Meteorological society of Japan
日本原子力学会 Atomic energy society of Japan
自然災害学会 Japan Society for Natural Disaster Science
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Geophysical Union United States
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学修士 京都大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2005/11/01〜2021/03/31 京都大学防災研究所 Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University 教授 Professor
1994/04/01〜2005/10/31 京都大学防災研究所 Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University 助教授 Associate Professor
1981/04/01〜1994/03/31 日本原子力研究所 Japan Atomic Energy Research Institute 研究員 Research Scientist
プロフィール
(日本語)
これまで、竜巻様渦の室内実験や安定性理論解析、放射性物質移流拡散モデル開発や数値モデルを用いた気象災害の研究、大気大循環のデータ解析や衛星データ解析、強風被害調査や野外拡散実験、さらにはチベット高原や西アフリカでの乱流観測と大気陸面相互作用研究…と、紙と鉛筆の研究から計算機相手の仕事、さらには体力勝負の観測まで、一通りの経験を積んできました。気象災害はもとより、気象学の幅広い応用を展望して研究を進めています。
(英語)
I have been engaged in a variety of research topics, laboratory experiment and theoretical study of tornado-like vortices, development of numerical atmospheric dispersion model, study of disastrous storms using numerical weather model, analytical study of general circulation, satellite data analysis and field observation for turbulence and land-atmosphere interaction in Tibet and African countries. Not only the research in ‘meteorological hazards’, I am exploring new applications of meteorology for the benefit of human future.
個人ホームページ
URL
http://ssrs.dpri.kyoto-u.ac.jp/ishikawa
研究テーマ
(日本語)
(1) 気象災害に関する研究 (2) 大気拡散に関する研究 (3) 衛星データ利用に関する研究 (4) 大気陸面相互作用の観測的研究
(英語)
(1) Meteorological Disaster (2) Atmospheric diffusion of toxic materials (3) Satellite remote sensing (4) Observational study on land surface/atmosphere interaction
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
大気災害,局地気象 Atmospheric disaster,Local meteorology
大気拡散 Atmospheric Diffusion/Dispersion
気象衛星利用 Satellite Remote sensing of the earth
大気陸面相互作用の観測的研究 Observational Study of land surface/atmosphere interaction
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
気象・海洋物理・陸水学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Okada, Y., T. Takemi, H. Ishikawa, S. Kusunoki, and R. Mizuta Future changes in atmospheric conditions for the seasonal evolution of the Baiu as revealed from projected AGCM experiments Journal of Meteorological Society of Japan,95,239-260 2017 英語
Takemi, T., Y. Okada, R. Ito, H. Ishikawa, E. Nakakita Assessing the impacts of global warming on meteorological hazards and risks in Japan: Philosophy and achievement of the SOUSEI program Hydrological Research Letters,10,119-125 2016/12 英語
Shaibu Abdul-Ganiyu, Ishikawa Hirohiko, Thomas Apusiga Adongo, Gordana Kranjac-Berisavljevic Effect of Different Planting Methods on Soil Moisture Content and Yield of Paddy Rice Under Rain-fed Condition in Wa West District of Upper West Region of Ghana International Journal of Science and Technology,6,10 2016/10 英語
Shaibu Abdul-Ganiyu, Benjamin Osei-Mensah, Thomas A. Apusiga, Hirohiko Ishikawa, Gordana Kranjac-Berisavljevic Effects of Different Planting Distance on Soil moisture content and Yield of Maize (Zea mays L.) in Tolon District of Northern Region, Ghana Greener Journal of Agricultural Sciences,5,7,265-277 2015/12 英語
Georg Steinhauser, Tamon Niisoe, Kouji H. Harada, Katsumi Shozugawa, Stephanie Schneider, Hans-Arno Synal, Clemens Walther, Marcus Christl, Kenji Nanba, Hirohiko Ishikawa, and Akio Koizumi Post-Accident Sporadic Releases of Airborne Radionuclides from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Site Environmental Science &Technology,49,24,14028-14035 2015/10 英語
Subhajyoti Samaddar, Muneta Yokomatsu, Frederick Dayour, Martin Oteng-Ababio, Togbiga Dzivenu, Mujeeb Adams and Hirohiko Ishikawa Evaluating Effective Public Participation in Disaster management and Climate Change Adaptation: Insights From Northern Ghana Trough a User-Based Approach Risk, Hazards & Crisis in Public Policy,6,1,117-143 2015/03 英語
Fatima Akter, Hirohiko Ishikawa Synoptic features and Environment conditions of the tornado outbreak on March 22, 2013 at Brahmanbaria in the east-central region of Bangladesh Natural Hazard.,74,3,1309-1326 2014/12 英語
Yuichiro Oku, Jun Yoshino, Tetsuya Takemi and Hirohiko Ishikawa Assessment of heavy rainfall-induced disaster potential based on an ensemble simulation of Typhoon Talas (2011) with controlled track and intensity Natural Hazards and Earth System Sciences,14,2699-2709 2014/10 英語
Effah K. Antwi, Kei Otsuki, Osamu Saito, Francis Kwabena Obeng, Kwabena Awere Gyekye, John Boakye-Danquah, Yaw Agyeman Boafo, Yasuko Kusakari, G.A.B. Yiran, Alex Barima Owusu, Kwabena O.Asubonteng, Togbiga Dzivenu, Vincent Kodjo Avornyo, Felix K. Abagale, Godfred Seidu Jasaw, Victor Lolig, Shaibu Ganiyu, Samuel A. Donkoh, Richard Yeboah, Gordana Kranjac-Berisavljevic, Edwin A. Gyasi, Zinedeme Minia, Elias T. Ayuk, Hirotaka Matsuda, Hirohiko Ishikawa, Osamu Ito, Kazuhiko Takeuchi Developing a Community-Based Resilience Assessment Model with reference to Northern Ghana Journal of Integrated Disaster Risk Management,4,1,73-92 2014/09 英語
Subhajyoti Samaddar, Muneta Yokomatsu, Togbiga Dzivenu, Martin Oteng-Ababio, Mujeeb Rahaman Adams, Frederick Dayour, and Hirohiko Ishikawa Assessing Rural Communities Concerns for Improved Climate Change Adaptation Strategies in Northern Ghana Journal of Disaster Research,9,4,529-541 2014/08 英語
Nobuhiko Sawai, Kenichiro Kobayashi, Apip, Kaoru Takara, Hirohiko Ishikawa, Muneta Yokomatsu, Subhajyoti Samaddar, Ayilari-Naa Juati, and Gordana Kranjac-Berisavljevic Impact of Climate Change on River Flows in the Black Volta River Journal of Disaster Research,9,4,432-442 2014/08 英語
W. Ma; Y. Ma; H. Ishikawa Evaluation of the SEBS for upscaling the evapotranspiration based on in-situ observations over the Tibetan Plateau Atmospheric Research,138,91-97 2014/03 英語
Kouji H. Harada, Tamon Niisoe, Mie Imanaka, Tomoyuki Takahashi, Katsumi Amako, Yukiko Fujii, Masatoshi Kanameishi, Kenji Ohse, Yasumichi Nakai, Tamami Nishikawa, Yuuichi Saito, Hiroko Sakamoto, Keiko Ueyama, Kumiko Hisaki, Eiji Ohara, Tokiko Inoue, Kanako Yamamoto, Yukiyo Matsuoka, Hitomi Ohata, Kazue Toshima, Ayumi Okada, Hitomi Sato, Toyomi Kuwamori, Hiroko Tani, Reiko Suzuki, Mai Kashikura, Michiko Nezu, Yoko Miyachi, Fusako Arai, Masanori Kuwamori, Sumiko Harada, Akira Ohmori, Hirohiko Ishikawa and Akio Koizumi Radiation dose rates now and in the future for residents neighboring restricted areas of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Proceedings of National Academy of Sciences of United States of America,111,E914-E923 2014/02 英語
Ryuji Yoshida, Yoshiyuki Kajikawa, Hirohiko Ishikawa Impact of Boreal Summer Intraseasonal Oscillation on Environment of Tropical Cyclone Genesis over the Western North Pacific SOLA,14,15-18 2014/01 英語
H. Ishikawa; Y. Oku; S. Kim; T. Takemi; J. Yoshino Estimation of a possible maximum flood event in the Tone River basin, Japan caused by a tropical cyclone Hydrological Processes,27,23,3292-3300 2013/11 英語
A. Koizumi; T. Niisoe; K.H. Harada; Y. Fujii; A. Adachi; T. Hitomi; H. Ishikawa Cs137 trapped by biomass within 20 km of the fukushima daiichi nuclear power plant Environmental Science and Technology,47,17,9612-9618 2013/09 英語
R. Yoshida; H. Ishikawa Environmental factors contributing to tropical cyclone genesis over the western north pacific Monthly Weather Review,141,2,451-467 2013/02 英語
W. Ma; M. Hafeez; H. Ishikawa; Y. Ma Evaluation of SEBS for estimation of actual evapotranspiration using ASTER satellite data for irrigation areas of Australia Theoretical and Applied Climatology,112,609-616 2013 英語
W. Ma; M. Hafeez; U. Rabbani; H. Ishikawa; Y. Ma Retrieved actual ET using SEBS model from Landsat-5 TM data for irrigation area of Australia Atmospheric Environment,59,4,408-414 2012/11 英語
A. Koizumi; K.H. Harada; T. Niisoe; A. Adachi; Y. Fujii; T. Hitomi; H. Kobayashi; Y. Wada; T. Watanabe; H. Ishikawa Preliminary assessment of ecological exposure of adult residents in Fukushima Prefecture to radioactive cesium through ingestion and inhalation Environmental Health and Preventive Medicine,17,4,292-298 2012/07 英語
K. Hibino; H. Ishikawa; K. Ishioka Effect of a capping inversion on the stability of an Ekman boundary layer Journal of the Meteorological Society of Japan,90,2,311-319 2012/04 英語
T. Takemi; S. Nomura; Y. Oku; H. Ishikawa A regional-scale evaluation of changes in environmental stability for summertime afternoon precipitation under global warming from super-high-resolution GCM simulations: A study for the case in the kanto plain Journal of the Meteorological Society of Japan,90A,189-212 2012/02 英語
W. Ma; Y. Ma; Z. Hu; Z. Su; J. Wang; H. Ishikawa Estimating surface fluxes over middle and upper streams of the Heihe River Basin with ASTER imagery Hydrology and Earth System Sciences,15,5,1403-1413 2011/05 英語
T. Niisoe; K.H. Harada; T. Hitomi; T. Watanabe; N.N. Hung; H. Ishikawa; Z. Wang; A. Koizumi Environmental ecological modeling of human blood lead levels in East Asia Environmental Science and Technology,45,7,2856-2862 2011/04 英語
T. Niisoe; K.H. Harada; H. Ishikawa; A. Koizumi Long-term simulation of human exposure to atmospheric perfluorooctanoic acid (PFOA) and perfluorooctanoate (PFO) in the Osaka Urban Area, Japan Environmental Science and Technology,44,20,7852-7857 2010/10 英語
Y. Oku; M. Kajino; H. Ishikawa Estimation of the cloud effective particle radius using MTSAT-1R data International Journal of Remote Sensing,31,20,5439-5447 2010/10 英語
T. Niisoe; E. Nakamura; K. Harada; H. Ishikawa; T. Hitomi; T. Watanabe; Z. Wang; A. Koizumi A global transport model of lead in the atmosphere Atmospheric Environment,44,14,1806-1814 2010/05 英語
J. Hong; J. Kim; H. Ishikawa; Y. Ma Surface layer similarity in the nocturnal boundary layer: The application of Hilbert-Huang transform Biogeosciences,7,4,1271-1278 2010/04 英語
Oku Yuichiro, Takemi Tetsuya, Ishikawa Hirohiko, Kanada Sachie, Nakano Masuo Representation of Extreme Weather during a Typhoon Landfall in Regional Meteorological Simulations: A Model Intercomparison Study for Typhoon Songda (2004) Hydrological Research Letters,4,1-5 2010/01 英語
M. Li; Y. Ma; Z. Hu; H. Ishikawa; Y. Oku Snow distribution over the Namco lake area of the Tibetan Plateau Hydrology and Earth System Sciences,13,11,2023-2030 2009/11 英語
W. Ma; Y. Ma; M. Li; Z. Hu; L. Zhong; Z. Su; H. Ishikawa; J. Wang Estimating surface fluxes over the north Tibetan Plateau area with ASTER imagery Hydrology and Earth System Sciences,13,1,57-67 2009/01 英語
Y. Ma, Y. Wang, R. Wu, Z. Hu, K. Yang, M. Li, W. Ma, L. Zhong, F. Sun, X. Chen, Z. Zhu, S. Wang, H. Ishikawa Recent advances on the study of atmosphere-land interaction observations on the Tibetan Plateau Hydrology and Earth System Sciences,13,7,1103-1111 2009 英語
Ma Yaoming, Ma Weiqiang, Wang Yongie, Zhong Lei, Li Maoshan, Ishikawa Hirohiko Study of the energy and water cycle over the heterogeneous landscape of the northern Tibetan Plateau IAHS Publication,335 2009 英語
K. Yang; T. Koike; H. Ishikawa; J. Kim; X. Li; H. Liu; S. Liu; Y. Ma; J. Wang Turbulent flux transfer over bare-soil surfaces: Characteristics and parameterization Journal of Applied Meteorology and Climatology,47,1,276-290 2008 英語
Oku, Y. and H. Ishikawa Land Surface Energy Budget over the Tibetan Plateau based on Satellite Remote Sensing Data Advances in Geosciences,16,Atmospheric Science,147-153 2008 英語
吉野純、石川裕彦、植田洋匡、安田孝志 台風に伴う竜巻発生の成因とその環境場の解析 日本風工学研究会誌,112,347-356 2007/07 日本語
Y. Ma; H. Tian; H. Ishikawa; R. Ohba; H. Ueda; J. Wen Determination of regional land surface heat fluxes over a heterogeneous landscape of the Jiddah area of Saudi Arabia by using Landsat-7 ETM data Hydrological Processes,21,14,1892-1900 2007/06 英語
Kawai, H., Iwashima, T., Ishikawa H., Maruyama T., Mukougawa H. , Horiguchi M., Iguchi T., Araki T. Analysis and Prediction of Anomalous Weather and Atmospheric Hazards Annuals of Disaster Prevention Research Istitute,50,C,77-88 2007/04/01 英語
Yang Kun;Watanabe Takahiro;Koike Toshio;v Xin;FUJII Hideyuki;TAMAGAWA Katsunori;MA Yaoming;ISHIKAWA Hirohiko Auto-calibration System Developed to Assimilate AMSR-E Data into a Land Surface Model for Estimating Soil Moisture and the Surface Energy Budget Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II,85,229-242 2007/02 英語
Y. Ma; M. Song; H. Ishikawa; K. Yang; T. Koike; L. Jia; M. Meneti; Z. Su Estimation of the regional evaporative fraction over the Tibetan Plateau area by using landsat-7 ETM data and the field observations Journal of the Meteorological Society of Japan,85A,295-309 2007/02 英語
Oku Yuichiro, Ishikawa Hirohiko, Su Zhongbo Estimation of Land Surface Energy Fluxes over the Tibetan Plateau using GMS Data J. Appl. Meteorol. Climatol, Vol.46 ,No. 2 , pp. 183-195,46,2,183-195 2007/02 英語
J. Asanuma; I. Tamagawa; H. Ishikawa; Y. Ma; T. Hayashi; Y. Qi; J. Wang Spectral similarity between scalars at very low frequencies in the unstable atmospheric surface layer over the Tibetan plateau Boundary-Layer Meteorology,122,1,85-103 2007/01 英語
Y. Ma; T. Yao; H. Ishikawa; T. Koike Study of land surface heat fluxes and water cycle over the Tibetan plateau Developments in Earth Surface Processes,10,313-328 2007 英語
篠原 瑞生;石川 裕彦 熱帯低気圧の強度変化と海洋貯熱量の関係 (総特集 台風研究--最近の展開) 月刊海洋,38,10,740-746 2006/10 日本語
丸山敬、石川裕彦、内田孝紀、河井宏允、大屋裕二 台風0418 号通過時の宮島周辺の強風場に関する数値シミュレーション 日本風工学会誌,108,95-104 2006/07 日本語
M. Li; Y. Ma; W. Ma; Z. Hu; H. Ishikawa; Z. Su; F. Sun Analysis of turbulence characteristics over the northern Tibetan Plateau area Advances in Atmospheric Sciences,23,4,579-585 2006/07 英語
Y. Ma; L. Zhong; Z. Su; H. Ishikawa; M. Menenti; T. Koike Determination of regional distributions and seasonal variations of land surface heat fluxes from Landsat-7 Enhanced Thematic Mapper data over the central Tibetan Plateau area Journal of Geophysical Research D: Atmospheres,111,10 2006/07 英語
Y. Oku; H. Ishikawa; S. Haginoya; Y. Ma Recent trends in land surface temperature on the Tibetan Plateau Journal of Climate,19,12,2995-3003 2006/06 英語
Ishikawa Hirohiko, Tanaka Kenji, Oku Yuichiro, Ma Yaoming, Hu Zeyong, Li Maoshang, Ma Weiqiang Surface Flux Estimation Using in Situ Measurement Advances in Earth Science,21,12,29-36 2006 英語
Ma Yaoming, Yao Tandon, Wang Jiemin, Hu Zeyong, Ishikawa Hirohiko, Ma Weiqiang, Menenti Massimo, Su Zongbo The Study on the Land Surface Fluxes over Heterogeneous Landscape of the Tibetan Plateau Advances in Earth Science,21,12,1215-1223 2006 英語
J. Asanuma; H. Ishikawa; I. Tamagawa; Y. Ma; T. Hayashi; Y. Qi; J. Wang Application of the band-pass covariance technique to portable flux measurements over the Tibetan Plateau Water Resources Research,41,9 2005/09/10 英語
Y. Ma; S. Fan; H. Ishikawa; O. Tsukamoto; T. Yao; T. Koike; H. Zuo; Z. Hu; Z. Su Diurnal and inter-monthly variation of land surface heat fluxes over the central Tibetan Plateau area Theoretical and Applied Climatology,80,259-273 2005/04 英語
Choi, Taejin, Hong, Jinkyu, Kim, Joon, Lee, H., Asanuma, Jun, Ishikawa, Hirohiko, Tsukamoto, Osamu, Gao, Ziqiu, Ma, Yaoming, Ueno, Ken'ichi, Wang, Jiemin, Koike, Toshio, Yasunari, Tetsuzo、 Turbulent Exchange of Heat, Water Vapor and Momentum over a Tibetan Prairie by Eddy Covariance and Flux-Variance Measurement Journal of Geophysical Research , Vol.109, D21106, doi:10.1029/2004JD004767,109,D21106,47-56 2004/11 英語
Y.-M. Ma; M. Menenti; O. Tsukamoto; H. Ishikawa; J.-M. Wang; Q.-Z. Gao Remote sensing parameterization of regional land surface heat fluxes over arid area in northwestern China Journal of Arid Environments,57,2,257-273 2004/04 英語
Y. Oku; H. Ishikawa Estimation of land surface temperature over the Tibetan Plateau using GMS data Journal of Applied Meteorology,43,4,548-561 2004/04 英語
K. Yang; T. Koike; H. Ishikawa; Y. Ma Analysis of the surface energy budget at a site of GAME/Tibet using a single-source model Journal of the Meteorological Society of Japan,82,1,131-153 2004/02 英語
Y. Ma; W. Ma; M. Li; Z. Su; M. Menenti; O. Tsukamoto; H. Ishikawa; T. Koike; J. Wen Determination of regional heat fluxes over heterogeneous land surfaces IAHS-AISH Publication,289,206-214 2004 英語
Hong, J., T. Choi, H. Ishikawa and J. Kim Turbulence Structure in the Near Neutral Surface Layer on the Tibetan Plateau Geophysical Research Letter,31,15 2004 英語
K. Tanaka; I. Tamagawa; H. Ishikawa; Y. Ma; Z. Hu Surface energy budget and closure of the eastern Tibetan Plateau during the GAME-Tibet IOP 1998 Journal of Hydrology,283,169-183 2003/12/10 英語
Y. Ma; H. Ishikawa; O. Tsukamoto; M. Menenti; Z. Su; T. Yao; T. Koike; T. Yasunari Regionalization of surface fluxes over heterogeneous landscape of the Tibetan Plateau by using satellite remote sensing data Journal of the Meteorological Society of Japan,81,2,277-293 2003/04 英語
河井宏允、丸山 敬、石川裕彦、荒木時彦 2001年6月から7月にかけて発生した強風被害について 日本風工学会論文集,94,99-105 2003/01/31 日本語
Ma, Yaoming, Ma, Weiwiang, Li, Maoshan, Tsukamoto, Osamu, Ishikawa, Hirohiko, Wang, Jiemin, Hu, Zeyong, Gao, Feng The Comparative Analysis of Characteristics of Energy Transfer in Near Syrface Layer over the Area of GAME/Tibet, HEIFE and AECMP’95 CHINESE Journal of Atmospheric Sciences,27,1,1-14 2003 英語
Y. Ma; Z. Su; T. Koike; T. Yao; H. Ishikawa; K. Ueno; M. Menenti On measuring and remote sensing surface energy partitioning over the Tibetan Plateau-from GAME/Tibet to CAMP/Tibet Physics and Chemistry of the Earth,28,63-74 2003 英語
Ma, YM; Osamu, T; Hirohiko, I Remote sensing parameterization of the processes of energy and water cycle over desertification areas SCIENCE IN CHINA SERIES D-EARTH SCIENCES,45,47-53 2002/12 英語
T. Itano; H. Ishikawa Effect of negative vorticity on the formation of multiple structure of natural vortices Journal of the Atmospheric Sciences,59,22,3254-3262 2002/11 英語
Y. Ma; O. Tsukamoto; H. Ishikawa; Z. Su; M. Menenti; J. Wang; J. Wen Determination of regional land surface heat flux densities over heterogeneous landscape of HEIFE integrating satellite remote sensing with field observations Journal of the Meteorological Society of Japan,80,3,485-501 2002/06 英語
Ma, YM; Tsukamoto, O; Wang, JM; Ishikawa, H; Tamagawa, I Analysis of aerodynamic and thermodynamic parameters on the grassy marshland surface of Tibetan Plateau PROGRESS IN NATURAL SCIENCE,12,1,36-40 2002/01 英語
K. Tanaka; H. Ishikawa; T. Hayashi; I. Tamagawa; M. Yaoming Surface energy budget at Amdo on the Tibetan plateau using GAME/Tibet IOP98 data Journal of the Meteorological Society of Japan,79,1B,505-517 2001/03 英語
林 泰一、滝川 清、石川裕彦 台風9918号にともなう高潮災害・竜巻害 自然災害科学,18,4,441-448 2000/02/29 日本語
Ma, Y., Tsukamoto, O., X.Wu, Tamagawa, I., Wang, J., Ishikawa, H., Hu, Z., Gao, H Characteristics of energy transfer and micrometeorology in the surface layer of the atmosphere above grassy marshland of the Tibetan Plateau Chinese Journal of Atmospheric Sciences,14,5,715-722 2000 英語
H. Ishikawa Evaluation of the effect of horizontal diffusion on the long-range atmospheric transport simulation with Chernobyl data Journal of Applied Meteorology,34,7,1653-1665 1995/07 英語
茅野 政道、石川 裕彦、山澤 弘実、永井 晴康 WSPEEDI によるヨーロッパ広域拡散実験のリアルタイムシミュレーション 日本原子力学会誌,37,312-315 1995 日本語
Hirohiko Ishikawa Development of worldwide version of system for prediction of environmental emergency dose information: WSPEEDI .3.Revised numerical-models, integrated software environment and verification Journal of Nuclear Science and Technology,31,9,969-978 1994/09 英語
H. Ishikawa Mass-consistent wind model as a meteorological preprocessor for tracer transport models Journal of Applied Meteorology,33,6,733-743 1994/06 英語
Chino Masamichi, Ishikawa Hirohiko, Yamazawa Hiromi Japanese emergency system to predict radiological impacts in local and worldwide areas due to nuclear accident Radiation Protection Dosimetry,50,2月4日,145-152 1993 英語
Hirohiko Ishikawa; Masamichi Chino Development of regionally extended worldwide version of System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information - WSPEEDI .2.Long-range transport model and its application to dispersion of cesium-137 from Chernobyl Journal of Nuclear Science and Technology,28,7,642-655 1991/07 英語
Hirohiko Ishikawa Development of regionally extended/worldwide version of system for prediction of environmental emergency dose information: WSPEEDI, (I) Application of mass-consistent wind field model to synoptic wind field Journal of Nuclear Science and Technology,28,535-546 1991/06 英語
Masamichi Chino; Hirohiko Ishikawa Experimental verification study for system for prediction of environmental emergency dose information: SPEEDI. (III). Simulation of field tracer experiments in mountain and valley area Journal of Nuclear Science and Technology,26,3,365-373 1989 英語
M. Chino; H. Ishikawa Experimental verification study for system for prediction of environmental emergency dose information: SPEEDI, (IV). Desirable meteorological network and summary of SPEEDI performance based on series of verification studies Journal of Nuclear Science and Technology,26,6,616-624 1989 英語
石川裕彦、茅野政道 小型計算機用3次元大気拡散簡略コードWINPRの開発 日本原子力学会誌,30,4,350-358 1988 日本語
Chino, M., H. Ishikawa Experimental Verification Study for System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information System: SPEEDI, (II) Simulation of field tracer experiment at isolated mountain Journal of Nuclear Science and Technology,25,805-815 1988 英語
M. Chino; H. Ishikawa Experimental verification study for system for prediction of environmental emergency dose information; SPEEDI, (I). Three-dimensional interpolation method for surface wind observations in complex terrain to produce gridded wind field Journal of Nuclear Science and Technology,25,9,721-730 1988 英語
石川裕彦、横川三津夫、浅井清 反復計算法の気流計算への応用 日本原子力学会誌,29,2,158-163 1987 日本語
Mitsuta, Y., N. Monji and H. Ishikawa On the Multiple Structure of Atmospheric Vortices Journal of Geophysical Research,92,14827-14831 1987 英語
茅野政道、石川裕彦、角田道生 3層モデルによる内部境界層存在時の拡散シミュレーション 大気汚染学会誌,20,3,158-167 1985 日本語
浅井清、茅野政道、石川裕彦、甲斐倫明、中村康夫、森内茂、今井和彦 緊急時環境線量情報予測システムSPEEDIの設計、構築と使用経験 Nippon Genshiryoku Gakkaishi/Journal of the Atomic Energy Society of Japan,27,9,839-850 1985 日本語
茅野政道、石川裕彦 3次元風速場を用いたパフモデルによる緊急時の被曝線量評価モデル 日本原子力学会誌,26,10,897-904 1984/10 日本語
茅野政道、石川裕彦 3次元風速場を用いた粒子拡散法による複雑地形上の被曝線量評価モデル 日本原子力学会誌,26,6,526-534 1984/06 日本語
石川裕彦、廣田勇 東西指数と波動による顕熱輸送 天気,26,11,693-696 1979 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
竹見哲也、辰己賢一、石川裕彦 高分解能領域気象モデルによる気象擾乱に伴う風速の極値の解析 風工学シンポジウム論文集,21,19-24 2010 日本語
奥田泰雄、石川裕彦、藤井健 台風9807号の中心後面に発生した強風 第16回風工学シンポジウム論文集,16,19-24 2000 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
鵜沼 昂・石川裕彦・Ayilari-Naa A. JUATI・Samuel O. ANSAH・Peter NUNEKPEKU・Richard Yao AGYEMAN・Caleb MENSAH ガーナ国周辺地域におけるWRFによる気象予報試行 京都大学防災研究所年報,59,B,192-199 2016/07 日本語
山本雄平・石川裕彦 ひまわり8号データを用いた地表面温度算出式の検討 京都大学防災研究所年報,59,B,200-210 2016/07 日本語
AKTER, Fatima/ISHIKAWA, Hirohiko Influence of Dry-line on the Formation of Severe Local Convective Storms of Bangladesh: A Case Study Annuals of Disaster Prevrntion Research Institute, Kyoto University,56,B,299-306 2013/09 英語
高村奈央、石川裕彦 台風が温帯低気圧化後急速に再発達するときの構造と環境場 京都大学防災研究所年報,56,B,323-334 2013/09 日本語
石川裕彦、遠藤,寛也、馬偉強 静止気象衛星MTSAT-2, Fengyun-2Eを用いた雲粒有効半径算出手法の開発 京都大学防災研究所年報,56,B,307-322 2013/09 日本語
小林 健一郎、奥 勇一郎、寶 馨、石川 裕彦、竹見 哲也、中北 英一 物理ダウンスケール法による極端台風を用いた淀川流域の洪水評価 京都大学防災研究所年報,55,B,9-14 2012 日本語
三浦 知博、石川 裕彦 Large Eddy Simulationを用いた層積雲の崩壊過程についての数値的研究 京都大学防災研究所年報,54,B,333-346 2011/10 日本語
吉田龍二、石川裕彦 台風Francisco (T0118) の初期渦形成過程 京都大学防災研究所年報,54,B,319-325 2011/10 日本語
Uchida Takanori , Maruyama Takashi, Ishikawa Hirohiko, Zako Masaru, Deguchi Akira Investigation of the Causes of Wind Turbine Blade Damage at Shiratakiyama Wind Farm in Japan Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University,141,13-25 2011 英語
奥勇一郎、吉野純、石川裕彦、竹見哲也、中北英一 将来の極端台風の複数経路計算による可能最大被害予測 京都大学防災研究所年報,53,B,371-376 2010/06 日本語
吉田 龍二、石川 裕彦 大規模流れ場とメソ対流併合からみた北西太平洋における熱帯低気圧発生の気候学的研究 京都大学防災研究所年報,53,B,345-376 2010 日本語
佐藤 和歌子、石川 裕彦 台風8019号に伴い発生した竜巻に関する数値実験 京都大学防災研究所年報,51,417-426 2008/06 日本語
辰己賢一・竹見哲也・石川裕彦 WRFモデルを用いた高解像度気象シミュレーションシステムの構築:豪雨の事例解析 京都大学防災研究所年報,51,B,437-448 2008/06 日本語
奥 勇一郎・石川裕彦 MTSAT-1R中間赤外データを用いた雲反射率・雲粒有効半径の算出 京都大学防災研究所年報,51,B,409-415 2008/06 日本語
丸山敬・河井宏允・石川裕彦・林泰一・加茂正人 台風0613号による強風被害について 京都大学防災研究所年報,50,B,483-492 2007 日本語
石川裕彦・山根悠介・佐藤和歌子 佐呂間竜巻発生時の環境パラメター 京都大学防災研究所年報,50,B,447-454 2007 日本語
Kawai, Hiromasa, Tatsuya Iwashima, Hirohiko Ishikawa, Takashi Maruyama, Hitoshi Mukougawa, Mitsuaki Horiguchi, Takao Iguchi, Tokihiko Araki 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究 京都大学防災研究所年報,49,81-93 2006/04 日本語
丸山 敬、石川裕彦、内田孝紀、河井宏允、大屋裕二 台風0418号通過時の厳島神社周辺における地形性の強風を再現する試み 京都大学防災研究所年報,49,B,483-496 2006/04 日本語
吉野純、石川裕彦、植田洋匡 台風の温帯低気圧化時における上層・下層の渦位偏差間の相互作用に関する研究 京都大学防災研究所年報,47,B,465-484 2004/04 日本語
奥勇一郎, 石川裕彦 中国の気象衛星FY2Bによる大気観測 京都大学防災研究所年報,47,B,455-463 2004/04 日本語
吉野 純、石川裕彦、植田洋匡 台風9918号により東海地方にもたらされた竜巻に関する数値実験 京都大学防災研究所年報,45,B-1,369-368 2002/04 日本語
林 隆、茅野政道、山澤弘美、永井晴康、森内 茂、石川裕彦、安達隆史、小島啓美、岡野 博、小田川文明、大場良二、岡林一木 風洞および野外拡散試験から求めた放出源有効高さ JAERI-Tech,2001,34,1-137 2001 日本語
奥田泰雄、桂順治、藤井健、林泰一、石川裕彦、丸山敬 台風9807号による強風災害について、その1:消防署で観測された気象要素 京都大学防災研究所年報,42,B-1,267-273 1999 日本語
Chen Zhong, Chen Jiayi, Mitsuta Yasushi, Ishikawa Hirohiko Mesoscale Numerical Study over the HEIFE Area. Part 1: Three Dimensional Wind Field Bulletin of the Disaster Prevention Research Institute,45,2,39-60 1996/02 英語
光田 寧、石川 裕彦、上原 真一 軸対称渦の数値シミュレーション 京都大学防災研究所年報,39,B-1,119-128 1996 日本語
光田 寧、桂 順治、松本 勝、石川 裕彦、林 泰一、杉政 和光 1994年2月22日の低気圧による北日本の強風災害について 京都大学防災研究所年報,38,B-1,143-161 1995/04 日本語
Chino Masamichi, Ishikawa Hirohiko, Yamazawa Hiromi, Nagau Haruyasu WSPEEDI (Worldwide Version of SPEEDI ): Emergency Response System to Predict Radiological Impacts on the Japanese people due to a nuclear accident in Abroad JAERI-Report,1995,1-1334 1995 英語
石川裕彦、茅野政道、山澤弘美、森内茂 SPEEDIの広域・高層化とチェルノブイル拡散シミュレーション JAERI-M,89,12 1989 日本語
浅井清、横川三津夫、茅野政道、石川裕彦他 ベクトル・パラレル処理の原子力コードへの適応性 JAERI-M,87,136,1-107 1987 日本語
石川裕彦 風速場計算のベクトル化(原子力におけるソフトウェア開発研究会報告書) JAERI-M,85,17,171-182 1985 日本語
茅野政道、石川裕彦、甲斐倫明、本間俊充他 SPEEDI:緊急時環境線量情報予測システム JAERI-M,84,50 1984 日本語
茅野政道、石川裕彦、角田道生 緊急時環境線量情報予測システムSPEEDIによる野外実験シミュレーション JAERI-M,83,233,1-60 1984 日本語
石川裕彦 変分法を応用した3次元風速場計算コード(WIND04) JAERI-M,83,113,1-31 1983 日本語
浅井清、篠沢尚久、石川裕彦、茅野政道、林隆 放射性物質大気中移流・拡散・外部被曝計算コードのベクトル計算処理 JAERI-M,82,218 1982 日本語
高橋圀男、茅野政道、本間俊充、石川裕彦、甲斐倫明、今井和彦、浅井清 緊急時環境放射能予測計算コードARACのM200への変換 JAERI-M,82,40,1-77 1982 日本語
石川裕彦、光田寧 負渦度領域を持つ軸対称渦の安定性 京都大学防災研究所年報,24,B-1,345-356 1981 日本語
光田寧、文字信貴、石川裕彦 1979年に発生した台風に伴う竜巻 京都大学防災研究所年報,23,B-1,289-301 1980 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
竹見哲也、石川裕彦 2011年3月の福島県東部地域における風速特性・拡散特性のモデル解析 天気,59,4,243-244 2012 日本語
Miyamoto Yoshiaki, Ishikawa Hirohiko, Takemi Tetsuya Modeling the air-sea-wave interaction under typhoon conditions: model development and a preliminary result for Typhoon IOKE (2006) 8th Annual WRF User’s Workshop , pp. - , P3.11 2007 日本語
T. Maruyama, H. Ishikawa, H. Kawai Numerical simulation on strong wind fields and wind hazard prediction during Typhoon Songda the 12th International Conference on Wind Engineering, Conference preprints, Vol.2 , pp. 1999-2006 2007 日本語
石川裕彦 台風に伴う強風はモデルでどの程度再現できるか?―T9807(Vicki)の場合 日本風工学会誌 , Vol. 30, No.1, pp. 19-22,30,1,19-22 2005 日本語
宮崎 真、杉田倫明、安成哲三、鈴木力英、石川裕彦、田中賢治、山本 晋 各種プロジェクトにおけるフラックス測定 気象研究ノート,199,201-234 2001 日本語
石川裕彦 1999年9月24日の豊橋市の竜巻(多重渦) 天気,47,7,489-490 2000/07/31 日本語
石川裕彦 GAME/Tibet における接地層観測 1998年度 GAME 国内研究集会発表要旨集(GAME Publication No,a3 , pp. 39-40 1999 日本語
石川裕彦 大気境界層内水蒸気分布の朝夕差について(河西回廊の観測例) 1997年度GAME 国内研究集会発表要旨集(GAME Publication No.8) , pp. 68-69 1998 日本語
Takemi Tetsuya, Oku Yuichiro, Ishikawa Hirohiko Assessment of meteorological hazards by typhoons from downscaling track-ensemble simulations International Workshop on Downscaling 2013, International Congress Center, Tsukuba, Ibaraki, Japan, 1-3 October 2013 , pp. - , S1-9 2013 英語
Okada Yasuko, Takemi Tetsuya, Ishikawa Hirohiko Future climate change projections of the Okinawa Baiu and large-scale feature using a 60-km-mesh global climate model AGU 2013 Fall Meeting, San Francisco, California, 9-13 December 2013 , pp. - , A31B-0053 2013 英語
Takemi Tetsuya, Nomura Syohei, Oku Yuichiro, Ishikawa Hirohiko A regional-scale evaluation on environmental stability conditions for convective rain under climate change from super-high-resolution GCM simulations AGU 2011 Fall Meeting, San Francisco, California, 5-9 December 2011 , pp. - , PA13A-1746 2011 英語
Takemi Tetsuya, Tatsumi Kenichi, Ishikawa Hirohiko A high-resolution numerical analysis of the effects of complex topography to disastrous rainstorm development over an urban area: A case study of the 28 July 2008 severe local rain events in the Kinki Region The 7th International Conference on Urban Climate, Yokohama, Japan, 29 June-3 July 2009 , pp. - , B7-2 2009 英語
Yoshida Ryuji, Oku Yuichiro, Takemi Tetsuya, Ishikawa Hirohiko Satellite and modeling analysis of elliptical eye of devastating cyclone Nargis Fourth Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, Tsukuba, Japan, 8-10 November 2009 , pp. 151- , S5-28 2009 英語
Ishikawa Hirohiko, Yoshino Jun, Maruyama Takashi Studies on the Extra-Tropical Transition of Typhoons and the Associated Disasters Proc. the 6th Japan-Taiwan Joint seminar on Natural Hazard Mitigation, 9-11 October, Kyoto , pp. - 2006 英語
J. Hong; T. Choi; H. Ishikawa; J. Kim Turbulence structures in the near-neutral surface layer on the Tibetan Plateau Geophysical Research Letters,31,15 2004/08/07 英語
Oku, Yuichiro, Ishikawa, Hirohiko, Ueda, Hiromasa Estimation of land surface temperature on the Tibetan Plateau using GMS data Preprints of 83rd American Meteorological Society Annual Meeting, Feb., 2003, Long Beach, USA , pp. - 2003 英語
Yoshino, J., Ishikawa, H., Ueda, H. Characteristic parameters and formulative mechanism of the 24 September 1999 tornadic outbreaks in the outer rainband associated with Typhoon Bart(1999) International Conference on Mesoscale Convective Systems and Heavy Rainfall/snowfall in East Asia , pp. 6- 2002 英語
Yoshino, Jun, Ishikawa, Hirohiko, Ueda, Hiromasa Numerical study on the rapid decaying and re-intensification of the extratropical transition of Typhoon Bart(1999) over the western Pacific ocean Proc. Intl. Conf. on mesoscale convective systems and heavy rainfall/snowfall in east Asia, 29-31 Oct. 2002, Tokyo, Japan , pp. 234-244 2002 英語
Tamagawa, I., Ishikawa, H., Hayashi, T., Tanaka, K., et al Preliminary Analysis on the Turbulent Characteristics at Amdo PBL Site on Tibetan Plateau Preprint of the third international scientific conference on the global energy and water cycle, 16-19 June, 1999 Beijing, China , pp. 413-414 1999 英語
Tsukamoto, O., Fudeyasu, H., Miyazaki, S., Ueno, K., Ishikawa, H., Qi, Y., Ma, Y. Turbulent Surface Flux Measurements over Tibetan Plateau with Flux-PAM System Preprint of the third international scientific conference on the global energy and water cycle, 16-19 June, 1999 Beijing, China , pp. 411-412 1999 英語
Koike, T., Fujii, H., Shimo, C., Fujiharu, K., Ishikawa, H., Ueno, K. Passive Microwave Remote Sensing of Snow, Soil Moisture, Surface Temperrature and Rain in the Tibetan Plateau Preprint of the third international scientific conference on the global energy and water cycle, 16-19 June, 1999 Beijing, China , pp. 357-358 1999 英語
Ishikawa, H., et al. Summary of Planetary Boundary Layer Observation in GAME/Tibet Proceedings of the 1st International workshop on GAME-Tibet, 11-13 January,1999, Xi'an , pp. 69-72 1999 英語
Ma, Y., Tsukamoto, T., J. Wang, Ishikawa, H., Z. Hu,, Tamagawa, I., H. Gao Transfer and Micrometeorology Characteristics in the Surface Layer of the Amosphere above Tibetan Plateau Area Preprint of the third international scientific conference on the global energy and water cycle, 16-19 June, 1999 Beijing, China , pp. 55-56 1999 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
石川裕彦 巨大台風災害の可能性と極端気象現象 高圧ガス,49,9,24-29 2010 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
台風の経路の違いによる風水害影響に関する数値実験 日本気象学会2013年度秋季大会,仙台市青葉区仙台国際センター,2013年11月19日 , pp. - , D173 2013 日本語
革新プロ温暖化実験データによる梅雨期の降水について 日本気象学会2013年度秋季大会,仙台市青葉区仙台国際センター,2013年11月20日 , pp. - , B207 2013 日本語
東北地方太平洋沖地震後の福島県沿岸地域の局地循環に関する高解像度気象モデル計算 日本流体力学会年会2011拡張要旨集 , pp. - , 2F14 2011 日本語
夏期局地降水の環境条件の将来変化 日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 , pp. - , A102 2011 日本語
高分解能地形表現による局所的強雨のモデル解析:2008年7月28日兵庫県南部豪雨の事例 日本気象学会2009年度春季大会, Vol.95 , pp. 100- , B162 2009 日本語
P169 可能最大被害予測を目的とした渦位逆変換法による台風ボーガシング 大会講演予講集 2009 日本語
WRFモデルによるリアルタイム高分解能局地予報の試み:2009年梅雨期における降雨予測の精度検証 日本気象学会2009年度秋季大会, Vol.96 , pp. 284- , D168 2009 日本語
強風下の海面粗度変化を考慮した抵抗式による台風の強度への影響 日本気象学会2008年度春季大会, Vol.93 , pp. 221-221 , P221 2008 日本語
発達した台風の構造に対する海面抵抗の影響 日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集, Vol.92 , pp. 230-230 2007 日本語
砂漠域における乾燥・湿潤対流とダスト輸送の高解像度数値シミュレーション 日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集, Vol.89 , pp. 136-136 , B310 2006 日本語
複数の乱流計測器を用いた乱流熱輸送量空間分布観測の概要-琵琶湖プロジェクト2002年集中観測(CAPS)- 日本気象学会2003年度春季大会講演予稿集 , pp. 338- 2003 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
石川 裕彦 地形の辞典 朝倉書店 2017/02
石川裕彦 海は百面相(京都大学博物館企画展「海」実行委員会編) 京都通信社 2013/09 日本語
石川裕彦 全世界の河川事典 丸善出版 2013 日本語
Tetsuya Takemi and Hirohiko Ishikawa Studies on the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake - Chapter 12 High-Resolution Local-Scale Simulation of Meteorological Conditions and Wind Fields over Fukushima Region in March 2011 Springer 2013 英語
Weiqiang Ma, Yaoming Ma, Hirohiko Ishikawa, and Zhongbo Su Remote Sensing of Energy Fluxes and Soil Moisture Content (Edited by George Petropoulos):\nChapter 7 Estimation of Land Surface Energy Fluxes from Remote Sensing Using One-Layer Modeling Approaches CRC Press 2013 英語
石川裕彦(分担執筆) 自然災害と防災の事典 丸善出版 2011 日本語
石川裕彦 災害対策全書 ぎょうせい 2011 日本語
石川裕彦(分担執筆) 川の百科事典 丸善(東京) 2009 日本語
石川裕彦 森をとりもどすために 海青社 2008 日本語
石川裕彦 風工学ハンドブック 朝倉書店(東京) 2007 日本語
石川裕彦 プロフェッショナル英和辞典SPED EOS(生命科学編) 小学館 2004 日本語
石川裕彦(編集・分担執筆) 風水害論(防災額講座1) 山海堂(東京) 2003 日本語
石川裕彦 防災事典(日本自然災害学会監修) 築地書館(東京) 2002 日本語
石川裕彦 地表面フラックス測定法 日本気象学会 2001 日本語
石川裕彦 防災学ハンドブック(京都大学防災研究所編集) 朝倉書店(東京) 2001 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本原子力学会賞(技術賞) 日本原子力学会 1986
気象集誌論文賞 JMSJ Award 日本気象学会 Meteorological Society of Japan 2013/01/08
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B)(海外学術) 分担 人口増加は砂漠化を引き起こすか・ー人口に応じた砂漠化対処技術の開発と普及 2014〜2018/03/31
基盤研究(B) 分担 社会変化や気候変動を考慮できる年・建物強風被害リスク評価プラットホームの構築 2014〜2017/03/31
基盤研究(A) 分担 インド亜大陸北東部の洪水の原因である多重時空間スケールの降水過程に関する研究(代表:林泰一) 2011〜2016/03/31
基盤研究(A) 分担 国際重要インフラのリスクガバナンス戦略(代表:多々納裕一) 2008〜2014/03/31
基盤研究(B) 代表 IPCC温暖化予測数値情報による極端気象現象と災害発現特性の研究 2008〜2012/03/31
基盤研究(C) 代表 中国静止気象衛星データを用いた広域アジアの実時間災害監視と情報発信 2006〜2008/03/31
基盤研究(1) 分担 東アジアの水害生起と異常気象現象の遠隔影響及び将来予測に関する調査研究(代表:寶馨) 2004〜2007/03/31
基盤研究(1) 分担 韓国台風災害の学術調査と日韓における水害発生機構の比較調査研究(代表:立川康人) 2004〜2007/03/31
特定領域 研究 代表 噴煙及び火山性ガスの拡散シミュレーションとその火山防災への応用 2003〜2005/03/31
基盤研究(A) 分担 高波浪時の大気海洋相互作用の解明とそれに基づく気象海象統合モデルの構築(代表:植田洋匡) 2003〜2005/03/31
基盤研究(B) 代表 台風の温帯低気圧化とこれに伴うメソ擾乱発達による気象災害の研究 2002〜2005/03/31
基盤研究(B) 分担 低層建物に加わる非定常空気力の解明と耐風設計用風荷重の予測手法に関する研究(代表:丸山敬) 2002〜2005/03/
基盤研究(B) 分担 波浪浅水変形海域における大気乱流・波浪。広域海浜流相互作用系に関する研究(代表:山下隆男) 2002〜2005/03/31
地域連携 分担 有明・八代海域における高潮ハザードマップ形成と干潟環境変化予測システムの構築(代表:滝川清) 2001〜2005/03/31
基盤研究(A) 分担 車載型音波探査装置の開発施策とその気象学的応用に関する研究(代表:林泰一) 2000〜2003/03/31
基盤研究(B) 分担 バングラデシュ国における洪水災害発生の原因となる降雨特性の調査研究(代表:林泰一) 2000〜2003/03/31
基盤研究(B) 分担 大気境界層全層観測システムの開発と大気乱流の組織構造に関する研究(代表:植田洋匡) 2000〜2004/03/31
基盤研究(B) 分担 市街地火災に於ける風下側の熱気流性状の予測に関する研究 1999〜2002/03/
特定研究 代表 チベット高原大気エネルギー・水循環 1999〜2002/03/31
基盤研究(B) 分担 エアロゾルによるグローバル大気環境変動の予測モデルと高速演算手法の開発(代表:植田洋匡) 1997〜2000/03/31
基盤研究(B) 分担 極端に強い安定成層下での乱流の極限現象に関する研究(代表:植田洋匡) 1997〜2000/03/31
国際学術研究 分担 チベット高原におけるエネルギー・水循環過程の研究(代表:安成哲三) 1996〜1999/03/31
一般研究A 分担 実時間的な台風災害予測法の研究(代表:光田寧) 1995〜1999/03/31
一般研究C 代表 発達した温帯低気圧にともなう強風の予測に関する研究 1995〜1998/03/31
国際学術研究 分担 日中共同乾燥地域自然環境総合モニタリング計画(代表:光田寧) 1994〜1996/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
科学技術振興機構「地球規模課題対応国際科学技術協力」 石川裕彦 衛星技術・現地観測網を用いた異常気象予測・リスク評価と水資源管理技術プロトタイプ提示 2012/04/01〜2017/03/31
環境省「環境研究総合推進費」 小泉昭夫 福島原発近隣に於ける里山生態系を含めた除染の評価と住民の中期曝露評価(サブテーマ:里山動態モデリング) 2012/08/01〜2014/03/31
国土交通省河川技術研究開発制度 石川裕彦 メソ気象モデルを用いた仮想現実降雨の生成と これを用いた河川流況予測 2010/08/31〜2012/03/10
文部科学省「地球観測システム構築推進プラン」 石川裕彦 チベット高原におけるエネルギー水循環の統合観測研究の推進 2005/10/01〜2008/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
応用気象学IIA Applied Meteorology IIA 前期 理学研究科 2011/04〜2018/03
応用気象学IIB Applied Meteorology IIB 後期 理学研究科 2011/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIA Seminar on Applied Meteorology IIA 前期 理学研究科 2011/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIB Seminar on Applied Meteorology IIB 後期 理学研究科 2011/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIC Seminar on Applied Meteorology IIC 前期 理学研究科 2011/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIID Seminar on Applied Meteorology IID 後期 理学研究科 2011/04〜2018/03
自然災害科学I Natural Disaster Science I 前期 全学共通科目 2011/04〜2016/03
地球惑星科学課題演習DD Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DD 後期 理学部 2011/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2018/03
統合自然災害科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2016/04〜2018/03
全学運営(役職等)
役職名 期間
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2011/04/01〜2012/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2012/04/01〜2013/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員長 2013/04/01〜2014/09/30
大学評価委員会 副委員長 2013/04/01〜2014/09/30
大学評価小委員会 副委員長 2013/04/01〜2014/09/30
企画委員会 委員 2013/04/01〜2014/09/30
大学評価小委員会 委員長 2013/04/01〜2014/09/30
理事補 2013/04/01〜2014/09/30
企画委員会 委員 2014/10/01〜2016/09/30
教育制度委員会 委員 2015/04/01〜2016/03/31
教育制度委員会WG3 委員 2015/04/01〜2016/03/31
企画委員会 委員 2016/10/01〜2018/09/30

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
宇治事業場衛生委員会副委員長 2006/04/01〜2007/03/31
宇治事業場総括安全衛生管理者 2007/04/01〜2008/03/31
宇治事業場総合環境安全管理センター長 2008/04/01〜2012/03/31
京都大学宇治キャンパス公開2011実行委員会委員 2011/01/01〜2011/12/31
防災研究所自己点検・評価委員会委員長 2011/04/01〜2013/03/31
学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員 2011/04/01〜2017/03/31
防災研究所自己点検・評価委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所教育専門委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所研究・教育委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
学際融合教育研究推進センター生存基盤科学研究ユニット連携推進委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所DPRIシリーズ出版編集専門委員会 2017/04/01〜2019/03/31
防災研究所広報国際委員会 2017/04/01〜2019/03/31
防災研究所国際交流専門委員会委員長 2017/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
京都市防災会議 専門委員 京都市 2012/06/13〜2018/03/31
環境学委員会地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会MAHASRI小委員会 委員 日本学術会議 2012/01/10〜2014/09/30
平成23年度科学技術戦略推進費及び科学技術振興調整費評価作業部会 委員 文部科学省 2011/10/01〜2012/03/31