安部 浩

最終更新日時: 2021/07/17 11:14:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
安部 浩/アベ ヒロシ/Abe, Hiroshi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
人間・環境学研究科/共生人間学専攻思想文化論講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
総合人間学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本現象学会
関西哲学会
実存思想協会 Japanese Society of Existential Thought
ハイデッガー・フォーラム Heidegger-Forumin in Japan
日本ライプニッツ協会 Societas Leibnitiana Japonica
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(人間・環境学) M. A. 京都大学 Kyoto University
博士(人間・環境学) Ph. D. 京都大学 Kyoto University
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院人間・環境学研究科博士後期課程人間・環境学専攻 Graduate School of Human and Environmental Studies 修了
京都大学 Kyoto University 大学院人間・環境学研究科修士課程人間・環境学専攻 Graduate School of Human and Environmental Studies 修了
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1996/04/〜1998/03/ 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員 Research Fellow
2000/04〜2003/03 京都大学大学院人間・環境学研究科 Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University 助手 Assistant
2003/04〜2006/03 総合地球環境学研究所研究部 Research Department, Research Institute for Humanity and Nature 助手 Assistant
2006/04〜2007/03 京都大学大学院人間・環境学研究科 Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University 助教授 Assistant professor
2007/04〜2016/03/31 京都大学大学院人間・環境学研究科 Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University 准教授 Associate professor
2011/04/〜2012/07/ アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 Alexander von Humboldt Foundation 奨学研究員 Research Fellow
2018/04/01〜2018/07/31 ミュンヘン大学(LMU) Ludwig Maximilians University Munich 客員教授 Guest Professor
2016/04/01〜 京都大学大学院人間・環境学研究科 Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University 教授 Professor
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語 English eng
ドイツ語 German deu
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0070068
研究テーマ
(日本語)
存在論、形而上学、環境哲学、現象学、日本哲学
(英語)
ontology, metaphysics, environmental philosophy, phenomenology, japanese philosophy
研究概要
(日本語)
「世界と自己との関わり」という根本的な問題意識に基づき、環境問題の原理的考察に従事している。目下の研究の主眼は、「将来世代に関する現在世代の責任」を実存論的に基礎づけることにある。人類の存続を可能にする新たな倫理論的な基礎づけ、及びその作業の基盤を成す、存在論と倫理学の再構築が今後私のライフ・ワークとなるであろう。
(英語)
My main research interest is the relationship between world and self. On the basis of this, I am engaged in theoretically considering environmental issues. The topic of my present research is to lay an existential groundwork for present generation's responsibility for future generations. A new ethical groundwork for human being's existence, which presupposes an attempt to reconstruct ontology and ethics, will be my lifework.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
存在論 Ontology
形而上学史 History of Metaphysics
環境思想 Environmental Philosophy
論理学 Logic
日本哲学 Japanese Philosophy
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit Schellings Freiheitsschrift. Methode, System, Kritik, edited by Thomas Buchheim et. al, Mohr Siebeck, Tübingen, 313-321 Schellings Freiheitsschrift. Methode, System, Kritik, edited by Thomas Buchheim et. al, Mohr Siebeck, Tübingen, 313-321 Schellings Freiheitsschrift. Methode, System, Kritik, edited by Thomas Buchheim et. al, Mohr Siebeck, Tübingen, 313-321 2021/04 ドイツ語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe Ontologie / Metaphysik Ontologie / Metaphysik Ontologie / Metaphysik Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt, et. al, J. B. Metzler, Stuttgart Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt, et. al, J. B. Metzler, Stuttgart Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt, et. al, J. B. Metzler, Stuttgart 2021/02 ドイツ語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe Japan Japan Japan Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt et al., J. B. Metzler, Stuttgart, 280-283 Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt et al., J. B. Metzler, Stuttgart, 280-283 Hans Jonas-Handbuch, edited by Michael Bongardt et al., J. B. Metzler, Stuttgart, 280-283 2021/02 ドイツ語 公開
安部浩 安部浩 「私」の探求―私小説私論 「私」の探求―私小説私論 『共同研究・共生―そのエトス、パトス、ロゴス』日独文化研究所編、こぶし書房, 393-411 『共同研究・共生―そのエトス、パトス、ロゴス』日独文化研究所編、こぶし書房, 393-411 , 393-411 2020/09 日本語 公開
安部浩 安部浩 日本哲学の水脈 日本哲学の水脈 『アルケー』, 28, 46-51 『アルケー』, 28, 46-51 , 28, 46-51 2020/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 和辻倫理学の初心―道心から慈悲の行へ(二) 和辻倫理学の初心―道心から慈悲の行へ(二) 『文明と哲学』, 12, 112-123 『文明と哲学』, 12, 112-123 , 12, 112-123 2020/03 日本語 公開
安部浩 安部浩 和辻倫理学の初心―道心から慈悲の行へ(一) 和辻倫理学の初心―道心から慈悲の行へ(一) 『文明と哲学』, 11, 87-99 『文明と哲学』, 11, 87-99 , 11, 87-99 2019/03 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 「私」の探求―私小説私論 「私」の探求―私小説私論 文明と哲学, 10, 64-74 文明と哲学, 10, 64-74 , 10, 64-74 2018/03 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 「組み立て」の時代の芸術―ハイデガー・西田・山頭火 「組み立て」の時代の芸術―ハイデガー・西田・山頭火 現代思想, 46, 3, 164-175 現代思想, 46, 3, 164-175 , 46, 3, 164-175 2018/02 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe Apel and Locke on our Duty to Future Generations Apel and Locke on our Duty to Future Generations Apel and Locke on our Duty to Future Generations Metodo. International Studies in Phenomenology and Philosophy, 5, 2, 47-56 Metodo. International Studies in Phenomenology and Philosophy, 5, 2, 47-56 Metodo. International Studies in Phenomenology and Philosophy, 5, 2, 47-56 2017/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部 浩 安部 浩 ABE Hiroshi Madame la métaphysique se meurt, madame la métaphysique est morte? Madame la métaphysique se meurt, madame la métaphysique est morte? Madame la métaphysique se meurt, madame la métaphysique est morte? Wozu Metaphysik? Historisch-systematische Perspektiven, edited by Ch. Erhard et. al, Karl Alber, Freiburg / Munich, 69-78 Wozu Metaphysik? Historisch-systematische Perspektiven, edited by Ch. Erhard et. al, Karl Alber, Freiburg / Munich, 69-78 Wozu Metaphysik? Historisch-systematische Perspektiven, edited by Ch. Erhard et. al, Karl Alber, Freiburg / Munich, 69-78 2017/10 ドイツ語 公開
安部 浩 安部 浩 実存主義再考―「最高に厳粛な学」の再興 実存主義再考―「最高に厳粛な学」の再興 近世哲学研究, 20, 128-138 近世哲学研究, 20, 128-138 , 20, 128-138 2017/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部 浩 安部 浩 ABE Hiroshi A ‘Cosmopolis’ as the Foundation for Understanding Cultural Differences A ‘Cosmopolis’ as the Foundation for Understanding Cultural Differences A ‘Cosmopolis’ as the Foundation for Understanding Cultural Differences Neuroscience and Biomedical Engineering, 4, 3, 169-173 Neuroscience and Biomedical Engineering, 4, 3, 169-173 Neuroscience and Biomedical Engineering, 4, 3, 169-173 2017/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部 浩 安部 浩 「我あり(sum)」の確実性―フッサールとハイデガー 「我あり(sum)」の確実性―フッサールとハイデガー 人間存在論, 22, 63-76 人間存在論, 22, 63-76 , 22, 63-76 2016/07 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 ヨーナス―グノーシス、自然哲学、科学技術倫理 ヨーナス―グノーシス、自然哲学、科学技術倫理 『続・ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 195-202 『続・ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 195-202 , 195-202 2016/05 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 ABE Hiroshi Ist die Welt sinnlos? –– Leibniz und Jonas Ist die Welt sinnlos? –– Leibniz und Jonas Ist die Welt sinnlos? –– Leibniz und Jonas Giornale Critico di Storia delle Idee, 14, 113-122 Giornale Critico di Storia delle Idee, 14, 113-122 Giornale Critico di Storia delle Idee, 14, 113-122 2016/01 ドイツ語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 神は存在論にたずさわるか 神は存在論にたずさわるか 『ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 110-112 『ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 110-112 , 110-112 2014/11 日本語 公開
安部浩 安部浩 基礎存在論の成立と理念 基礎存在論の成立と理念 『ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 47-56 『ハイデガー読本』秋富克哉他編、法政大学出版局, 47-56 , 47-56 2014/11 日本語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe From Symbiosis (kyôsei) to the Ontology of ‘Arising Both from Oneself and from Another’ (gûshô) From Symbiosis (kyôsei) to the Ontology of ‘Arising Both from Oneself and from Another’ (gûshô) From Symbiosis (kyôsei) to the Ontology of ‘Arising Both from Oneself and from Another’ (gûshô) Environmental Philosophy in Asian Tradition of Thought, edited by Baird Callicott and James McRae, SUNY Press, Albany, 315-336 Environmental Philosophy in Asian Tradition of Thought, edited by Baird Callicott and James McRae, SUNY Press, Albany, 315-336 Environmental Philosophy in Asian Tradition of Thought, edited by Baird Callicott and James McRae, SUNY Press, Albany, 315-336 2014/03 英語 公開
安部 浩 安部 浩 Hirohshi Abe Umweltethik im modernen Japan Umweltethik im modernen Japan Umweltethik im modernen Japan Begriff und Bild der modernen japanischen Philosophie, ed. by R. C. Steineck et al., frommen-holzboog, Stuttgart-Bad Cannstatt, 299-315 Begriff und Bild der modernen japanischen Philosophie, ed. by R. C. Steineck et al., frommen-holzboog, Stuttgart-Bad Cannstatt, 299-315 Begriff und Bild der modernen japanischen Philosophie, ed. by R. C. Steineck et al., frommen-holzboog, Stuttgart-Bad Cannstatt, 299-315 2014/03 ドイツ語 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe Nishida und Heidegger über das Selbstsein Nishida und Heidegger über das Selbstsein Nishida und Heidegger über das Selbstsein Kitaro Nishida in der Philosophie des 20. Jahrhundert, ed. by R. Elberfeld and Y. Arisaka, Karl Alber, Freiburg / München, 294-312 Kitaro Nishida in der Philosophie des 20. Jahrhundert, ed. by R. Elberfeld and Y. Arisaka, Karl Alber, Freiburg / München, 294-312 Kitaro Nishida in der Philosophie des 20. Jahrhundert, ed. by R. Elberfeld and Y. Arisaka, Karl Alber, Freiburg / München, 294-312 2014 ドイツ語 公開
安部浩 安部浩 『死霊』の考究 (2) 『死霊』の考究 (2) 『Becoming』, 31, 61-97 『Becoming』, 31, 61-97 , 31, 61-97 2013/03 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 責任から科学技術へ 責任から科学技術へ 「Heidegger-Forum」, 7, 22-39 「Heidegger-Forum」, 7, 22-39 , 7, 22-39 2013 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部 浩 安部 浩 時間性ーハイデガーとカント 時間性ーハイデガーとカント 『『存在と時間』を学ぶ人のために』宮原勇編、世界思想社, 84-105 『『存在と時間』を学ぶ人のために』宮原勇編、世界思想社, 84-105 , 84-105 2012/12 日本語 公開
安部浩 安部浩 『死霊』の考究 (1) 『死霊』の考究 (1) 『Becoming』, 30, 34-54 『Becoming』, 30, 34-54 , 30, 34-54 2012/09 日本語 公開
安部浩 安部浩 賢明な利用と環境倫理学 賢明な利用と環境倫理学 『シリーズ『日本列島の35,000年・人と自然の環境史』第一巻・環境史とは何か』松田裕之、矢原徹一編、文一総合出版, 159-175 『シリーズ『日本列島の35,000年・人と自然の環境史』第一巻・環境史とは何か』松田裕之、矢原徹一編、文一総合出版, 159-175 , 159-175 2011/01 日本語 公開
安部浩 安部浩 地球環境学の構想と予防原則の形而上学的基礎づけ一Hヨナスの 「未来の倫理学」の一解釈 地球環境学の構想と予防原則の形而上学的基礎づけ一Hヨナスの 「未来の倫理学」の一解釈 『文明と哲学』, 1, 138-152 『文明と哲学』, 1, 138-152 , 1, 138-152 2008/11 日本語 公開
安部浩 安部浩 現代日本において「共生」は何故かくも流行しているのか―にも拘らず環境保護運動は何故かくも低調なのか 現代日本において「共生」は何故かくも流行しているのか―にも拘らず環境保護運動は何故かくも低調なのか 『京都学派の遺産―生と死と環境』小川侃編、晃洋書房, 71-119 『京都学派の遺産―生と死と環境』小川侃編、晃洋書房, 71-119 , 71-119 2008/06 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe Global Environmental Studies, Precautionary Principle and Homo Respondens Global Environmental Studies, Precautionary Principle and Homo Respondens Global Environmental Studies, Precautionary Principle and Homo Respondens SANSAI (Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies), 3, 105-115 SANSAI (Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies), 3, 105-115 SANSAI (Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies), 3, 105-115 2008/03 英語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe From Symbiosis (kyosei) to the Ontology of 'Arising both from Onself and from Another' (gusho) From Symbiosis (kyosei) to the Ontology of 'Arising both from Onself and from Another' (gusho) From Symbiosis (kyosei) to the Ontology of 'Arising both from Onself and from Another' (gusho) Interdisziplinäre Phänomenologie, 4, 109-129 Interdisziplinäre Phänomenologie, 4, 109-129 Interdisziplinäre Phänomenologie, 4, 109-129 2007/03 英語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 共生(きょうせい)から共生(ぐうしょう)の存在論へ 共生(きょうせい)から共生(ぐうしょう)の存在論へ 『哲学は何を問うべきか』竹市明弘他編、晃洋書房, 63-89 『哲学は何を問うべきか』竹市明弘他編、晃洋書房, 63-89 , 63-89 2005/10 日本語 公開
安部 浩 安部 浩 天台本覚論と神―「草木国土悉皆成仏思想の成立根拠に関する私論 天台本覚論と神―「草木国土悉皆成仏思想の成立根拠に関する私論 『人間存在論』, 11, 53-70 『人間存在論』, 11, 53-70 , 11, 53-70 2005/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 「本来的自己存在」とはいかなるものか―『存在と時間』の自己論 「本来的自己存在」とはいかなるものか―『存在と時間』の自己論 『人間存在論』, 9, 361-373 『人間存在論』, 9, 361-373 , 9, 361-373 2003/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 「自然との共生」について考える 「自然との共生」について考える 『知の21世紀的課題―倫理的視点からの知の組み替え』石崎嘉彦他編、ナカニシヤ出版, 210-224 『知の21世紀的課題―倫理的視点からの知の組み替え』石崎嘉彦他編、ナカニシヤ出版, 210-224 , 210-224 2001/05 日本語 公開
安部浩 安部浩 「現」へのアンキバシエー 「現」へのアンキバシエー 『龍谷哲学論集』, 15, 1-31 『龍谷哲学論集』, 15, 1-31 , 15, 1-31 2001/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 哲学教育の将来について 哲学教育の将来について 関西哲学会編『アルケー』第9 号、121-131頁 関西哲学会編『アルケー』第9 号、121-131頁 2001 日本語 公開
安部浩 安部浩 現象学と気分―ハイデガーの「現」の究明 現象学と気分―ハイデガーの「現」の究明 理想社編『理想』第667号、79-91 頁 理想社編『理想』第667号、79-91 頁 2001 日本語 公開
安部浩 安部浩 「死して生きる」ということ 「死して生きる」ということ 『あうろーら』, 17, 73-81 『あうろーら』, 17, 73-81 , 17, 73-81 1999/10 日本語 公開
安部浩 安部浩 対話の本質 対話の本質 『比較思想研究』, 別冊25, 69-72 『比較思想研究』, 別冊25, 69-72 , 別冊25, 69-72 1999/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 ハイデガーの他者論 ハイデガーの他者論 『近世哲学研究』, 5, 47-63 『近世哲学研究』, 5, 47-63 , 5, 47-63 1999/02 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 「放下」とは物へのいかなる関わり方か 「放下」とは物へのいかなる関わり方か 『現象学年報』, 14, 169-180 『現象学年報』, 14, 169-180 , 14, 169-180 1998/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 物との本来的な関わり―ハイデガーの思索を手がかりに 物との本来的な関わり―ハイデガーの思索を手がかりに 『アルケー』, 6, 27-37 『アルケー』, 6, 27-37 , 6, 27-37 1998/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 「世界内存在」―その意義と限界 「世界内存在」―その意義と限界 『倫理学研究』, 28, 86-97 『倫理学研究』, 28, 86-97 , 28, 86-97 1998/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
安部浩 安部浩 ハイデガーの「存在史的思惟」の前提 ハイデガーの「存在史的思惟」の前提 『人間・環境学』, 6, 17-27 『人間・環境学』, 6, 17-27 , 6, 17-27 1997/12 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 日常的実存の時間的分析 日常的実存の時間的分析 『人間存在論』, 3, 427-438 『人間存在論』, 3, 427-438 , 3, 427-438 1997/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開
安部浩 安部浩 「存在理解の地平への問」について、そしてそれを超えて 「存在理解の地平への問」について、そしてそれを超えて 『人間存在論』, 2, 225-235 『人間存在論』, 2, 225-235 , 2, 225-235 1996/03 日本語 研究論文(大学、研究機関等紀要) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
安部浩 安部浩 (事典項目解説)「ハイデガーの思想形成」、「世界:同じ器に別の意味を盛る」、「開顕可能性」、「開性」、「現」、「根源」、「周囲世界・環境世界」、「世界」、「世界性」、「世界内存在」、「世界内部的」、「執存」、「像」、「そこへと向かう先」、「哲学/哲学すること」、「内存在」、「野の道」、「ヒューマニズム・人間主義」、「目的であるもの」、「有意義性」、「岡倉天心」、「荘子」、「老子」 (事典項目解説)「ハイデガーの思想形成」、「世界:同じ器に別の意味を盛る」、「開顕可能性」、「開性」、「現」、「根源」、「周囲世界・環境世界」、「世界」、「世界性」、「世界内存在」、「世界内部的」、「執存」、「像」、「そこへと向かう先」、「哲学/哲学すること」、「内存在」、「野の道」、「ヒューマニズム・人間主義」、「目的であるもの」、「有意義性」、「岡倉天心」、「荘子」、「老子」 『ハイデガー事典』ハイデガー・フォーラム編、昭和堂, 3、82-85、298、300、322、333-334、346-347、350、364、366-367、371-372、374-375、398、406、411-412、423、441、442、462、478-479-524-525 『ハイデガー事典』ハイデガー・フォーラム編、昭和堂, 3、82-85、298、300、322、333-334、346-347、350、364、366-367、371-372、374-375、398、406、411-412、423、441、442、462、478-479-524-525 , 3、82-85、298、300、322、333-334、346-347、350、364、366-367、371-372、374-375、398、406、411-412、423、441、442、462、478-479-524-525 2021/06 日本語 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
安部浩 安部浩 (小論文)共生ということ (小論文)共生ということ 『世界思想』世界思想社編, 48, 2-6 『世界思想』世界思想社編, 48, 2-6 , 48, 2-6 2021/04 日本語 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe Keiji Nishitani, Nietzsche’s Zarathustra and Meister Eckhart (joint translation) Keiji Nishitani, Nietzsche’s Zarathustra and Meister Eckhart (joint translation) Keiji Nishitani, Nietzsche’s Zarathustra and Meister Eckhart (joint translation) Ian Alexander Moore, Eckhart, Heidegger, and the Imperative of Releasement, SUNY Press, Albany, 195-218 Ian Alexander Moore, Eckhart, Heidegger, and the Imperative of Releasement, SUNY Press, Albany, 195-218 Ian Alexander Moore, Eckhart, Heidegger, and the Imperative of Releasement, SUNY Press, Albany, 195-218 2019/11 英語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (翻訳)Th. ブフハイム、「人格とは何ぞや―人格の関係論的存在論をめぐる省察」 (翻訳)Th. ブフハイム、「人格とは何ぞや―人格の関係論的存在論をめぐる省察」 (翻訳)Th. ブフハイム、「人格とは何ぞや―人格の関係論的存在論をめぐる省察」 『ハイデガー・フォーラム』, 12, 127-144 『ハイデガー・フォーラム』, 12, 127-144 , 12, 127-144 2018/08 日本語 公開
安部浩 安部浩 (インタヴュー)この人・環境哲学でシーボルト賞受賞の京都大学大学院教授 (インタヴュー)この人・環境哲学でシーボルト賞受賞の京都大学大学院教授 『中日新聞』中日新聞社編, 8月8日朝刊, 3 『中日新聞』中日新聞社編, 8月8日朝刊, 3 , 8月8日朝刊, 3 2017/08 日本語 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
安部浩 安部浩 (書評)ペーター・トラヴニー、中田光雄、齋藤元紀共編『ハイデガー哲学は反ユダヤ主義か―『黒ノート』をめぐる討議』 (書評)ペーター・トラヴニー、中田光雄、齋藤元紀共編『ハイデガー哲学は反ユダヤ主義か―『黒ノート』をめぐる討議』 『図書新聞』図書新聞社編, 3241, 3 『図書新聞』図書新聞社編, 3241, 3 , 3241, 3 2016/02 日本語 書評論文、書評、文献紹介等 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (共訳)P・トラヴニー、「ハイデガーと『世界ユダヤ人組織』」 (共訳)P・トラヴニー、「ハイデガーと『世界ユダヤ人組織』」 (共訳)P・トラヴニー、「ハイデガーと『世界ユダヤ人組織』」 『ハイデガー読本』(秋富克哉他編)、法政大学出版局, 315-331 『ハイデガー読本』(秋富克哉他編)、法政大学出版局, 315-331 『ハイデガー読本』(秋富克哉他編)、法政大学出版局, 315-331 2014/11 日本語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (共訳)Th. ブフハイム、「ニューロンに決定されていても人間は自由か―脳神経決定論論駁」 (共訳)Th. ブフハイム、「ニューロンに決定されていても人間は自由か―脳神経決定論論駁」 (共訳)Th. ブフハイム、「ニューロンに決定されていても人間は自由か―脳神経決定論論駁」 『人間存在論』, 20, 29-44 『人間存在論』, 20, 29-44 , 20, 29-44 2014/07 日本語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (インタヴュー)Japanese scholar: Children’s green awareness can spread and change society (インタヴュー)Japanese scholar: Children’s green awareness can spread and change society Interview: Japanese scholar: Children’s green awareness can spread and change society Macau Daily Times, edited by Macau Daily Times, April 15, 4 Macau Daily Times, edited by Macau Daily Times, April 15, 4 Macau Daily Times, edited by Macau Daily Times, April 15, 4 2013/04 英語 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe Legyen olyan mély a gondolkodás, amilyen mély a hallgatás (Thinking as intense as Silence. Spivak wins Kyoto Prize 2012, tr. in Hungarian by K. Fenyvesi) Legyen olyan mély a gondolkodás, amilyen mély a hallgatás (Thinking as intense as Silence. Spivak wins Kyoto Prize 2012, tr. in Hungarian by K. Fenyvesi) Legyen olyan mély a gondolkodás, amilyen mély a hallgatás (Thinking as intense as Silence. Spivak wins Kyoto Prize 2012, tr. in Hungarian by K. Fenyvesi Kalligram Journal (Kalligram), November 2012, 56-57 Kalligram Journal (Kalligram), November 2012, 56-57 Kalligram Journal (Kalligram), November 2012, 56-57 2012/11 その他外国語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (翻訳)Th. ブフハイム、「自由の基礎―心身問題序説」 (翻訳)Th. ブフハイム、「自由の基礎―心身問題序説」 (翻訳)Th. ブフハイム、「自由の基礎―心身問題序説」 『人間存在論』, 18, 1-22 『人間存在論』, 18, 1-22 , 18, 1-22 2012/07 日本語 公開
安部浩 安部浩 (事典項目解説)「日本の共生概念」 (事典項目解説)「日本の共生概念」 『地球環境学事典』総合地球環境学研究所編、弘文堂, 570-571 『地球環境学事典』総合地球環境学研究所編、弘文堂, 570-571 , 570-571 2010/10 日本語 公開
安部浩 安部浩 (書評)秋富克哉、関口浩、的場哲郎共編『ハイデッガー『存在と時間』の現在』 (書評)秋富克哉、関口浩、的場哲郎共編『ハイデッガー『存在と時間』の現在』 『図書新聞』図書新聞社編、図書新聞社, 2870, 6 『図書新聞』図書新聞社編、図書新聞社, 2870, 6 , 2870, 6 2008/05 日本語 書評論文、書評、文献紹介等 公開
安部浩 安部浩 (小論文)ハイデガーからヨナスへ (小論文)ハイデガーからヨナスへ 『創文』創文社編、創文社, 508, 1-5 『創文』創文社編、創文社, 508, 1-5 , 508, 1-5 2008/05 日本語 公開
安部浩 安部浩 (事典項目解説)「共生」、「循環型社会」 (事典項目解説)「共生」、「循環型社会」 『応用倫理学事典』(加藤尚武編、丸善), 166-167-186-187 『応用倫理学事典』(加藤尚武編、丸善), 166-167-186-187 , 166-167-186-187 2008/01 日本語 公開
安部浩 安部浩 (シンポジウム代表質問記録)坂下先生への二つの質問 (シンポジウム代表質問記録)坂下先生への二つの質問 『アルケー』, 15, 52-56 『アルケー』, 15, 52-56 , 15, 52-56 2007/07 日本語 公開
安部浩 安部浩 (インタヴュー)日本人が使う「共生」の意味 (インタヴュー)日本人が使う「共生」の意味 「水の風土記」(ミツカン水の文化センター編)URL: http://www.mizu.gr.jp/fudoki/people/018_abe.html 「水の風土記」(ミツカン水の文化センター編)URL: http://www.mizu.gr.jp/fudoki/people/018_abe.html 2005/09 日本語 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア) 公開
安部浩 安部浩 (書評)竹田純郎著『生命の哲学』 (書評)竹田純郎著『生命の哲学』 『現象学年報』(日本現象学会編), 16, 253-259 『現象学年報』(日本現象学会編), 16, 253-259 , 16, 253-259 2000/11 日本語 書評論文、書評、文献紹介等 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (共訳)K. ヘルト、「天空と大地—自然的生活世界の不変なるもの」 (共訳)K. ヘルト、「天空と大地—自然的生活世界の不変なるもの」 (共訳)K. ヘルト、「天空と大地—自然的生活世界の不変なるもの」 『人間存在論』, 3, 29-41 『人間存在論』, 3, 29-41 , 3, 29-41 1997/03 日本語 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe (共訳)E. W. オルト、「文化の問題としての自然」 (共訳)E. W. オルト、「文化の問題としての自然」 (共訳)E. W. オルト、「文化の問題としての自然」 『人間存在論』, 2, 43-54 『人間存在論』, 2, 43-54 , 2, 43-54 1996/03 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
Der Mensch als politisches Wesen auf Basis der Natur? [Keynote lecture][招待あり] Der Mensch als politisches Wesen auf Basis der Natur? [Keynote lecture] [招待あり] Der Mensch als politisches Wesen auf Basis der Natur? [Keynote lecture] [招待あり] Tagung der Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie, Universität Tübingen (online) Tagung der Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie, Universität Tübingen (online) Tagung der Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie, Universität Tübingen (online) 2021/06/05 ドイツ語 口頭発表(基調) 公開
自由と自然(おのづから)―親鸞と西田[招待あり] 自由と自然(おのづから)―親鸞と西田 [招待あり] 自由と自然(おのづから)―親鸞と西田 [招待あり] 京大人文学教室「西田幾多郎生誕150年―西田幾多郎の哲学とは」、京都大学国際科学イノベーション棟(オンライン) 京大人文学教室「西田幾多郎生誕150年―西田幾多郎の哲学とは」、京都大学国際科学イノベーション棟(オンライン) 京大人文学教室「西田幾多郎生誕150年―西田幾多郎の哲学とは」、京都大学国際科学イノベーション棟(オンライン) 2021/02/16 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Heidegger and Watsuji on Community. A Philosophical Counterpoint of West and East[招待あり] Heidegger and Watsuji on Community. A Philosophical Counterpoint of West and East [招待あり] Heidegger and Watsuji on Community. A Philosophical Counterpoint of West and East [招待あり] International Conference: Receptions of Heidegger’s philosophy in China and Japan, The University of Macau (online) International Conference: Receptions of Heidegger’s philosophy in China and Japan, The University of Macau (online) International Conference: Receptions of Heidegger’s philosophy in China and Japan, The University of Macau (online) 2020/11/21 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
和辻・マルクス・アリストテレス―和辻倫理学の生成[招待あり] 和辻・マルクス・アリストテレス―和辻倫理学の生成 [招待あり] 和辻・マルクス・アリストテレス―和辻倫理学の生成 [招待あり] 第二回研究会「東アジアにおける哲学の生成と発展」、国際日本文化研究センター(オンライン) 第二回研究会「東アジアにおける哲学の生成と発展」、国際日本文化研究センター(オンライン) 2020/05/24 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
てつがくはでっかく―哲学と形而上学に関する六章(1. 哲学とは何か、2. 形而上学は死んだのか―アリストテレス、3. <われ思う>は確実な基礎か―デカルト、4. 我々は自由なのか―スピノザとシェリング、5. 世界は無意味なのか―ライプニッツとヨーナス、6. <西洋の存在>対<東洋の無>という常套句は適当か―ハイデガーと西田)[招待あり] てつがくはでっかく―哲学と形而上学に関する六章(1. 哲学とは何か、2. 形而上学は死んだのか―アリストテレス、3. <われ思う>は確実な基礎か―デカルト、4. 我々は自由なのか―スピノザとシェリング、5. 世界は無意味なのか―ライプニッツとヨーナス、6. <西洋の存在>対<東洋の無>という常套句は適当か―ハイデガーと西田) [招待あり] てつがくはでっかく―哲学と形而上学に関する六章(1. 哲学とは何か、2. 形而上学は死んだのか―アリストテレス、3. <われ思う>は確実な基礎か―デカルト、4. 我々は自由なのか―スピノザとシェリング、5. 世界は無意味なのか―ライプニッツとヨーナス、6. <西洋の存在>対<東洋の無>という常套句は適当か―ハイデガーと西田) [招待あり] 日独文化研究所哲学講座(2019年度錦秋講座)、日独文化研究所 日独文化研究所哲学講座(2019年度錦秋講座)、日独文化研究所 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
日本哲学の水脈[招待あり] 日本哲学の水脈 [招待あり] 日本哲学の水脈 [招待あり] 関西哲学会第72回大会ワークショップ「いま日本で哲学するということ」、同志社大学 関西哲学会第72回大会ワークショップ「いま日本で哲学するということ」、同志社大学 関西哲学会第72回大会ワークショップ「いま日本で哲学するということ」、同志社大学 2019/10/20 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
What is Oriental Liberalism? What is Oriental Liberalism? What is Oriental Liberalism? Intercultural Philosophy Workshop, Kyoto University Intercultural Philosophy Workshop, Kyoto University Intercultural Philosophy Workshop, Kyoto University 2019/10/05 英語 口頭発表(一般) 公開
Was ist unsere Wirklichkeit? Watsuji über Watsuji hinaus phänomenologisch denken [Plenary lecture][招待あり] Was ist unsere Wirklichkeit? Watsuji über Watsuji hinaus phänomenologisch denken [Plenary lecture] [招待あり] Was ist unsere Wirklichkeit? Watsuji über Watsuji hinaus phänomenologisch denken [Plenary lecture] [招待あり] Tagung der Deutschen Gesellschaft für Phänomenologische Forschung 2019, Universität Wien (Vienna, Austria) Tagung der Deutschen Gesellschaft für Phänomenologische Forschung 2019, Universität Wien (Vienna, Austria) Tagung der Deutschen Gesellschaft für Phänomenologische Forschung 2019, Universität Wien (Vienna, Austria) 2019/09/21 ドイツ語 口頭発表(基調) 公開
和辻哲郎に学ぶ[招待あり] 和辻哲郎に学ぶ [招待あり] 和辻哲郎に学ぶ [招待あり] 2019年夏季IIAS塾ジュニアセミナー、国際高等研究所 2019年夏季IIAS塾ジュニアセミナー、国際高等研究所 2019年夏季IIAS塾ジュニアセミナー、国際高等研究所 2019/08/07 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
世代間問題の哲学―近代の内破[招待あり] 世代間問題の哲学―近代の内破 [招待あり] 世代間問題の哲学―近代の内破 [招待あり] 第2回フューチャーデザイン研究会、東京財団政策研究所 第2回フューチャーデザイン研究会、東京財団政策研究所 第2回フューチャーデザイン研究会、東京財団政策研究所 2019/05/21 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
ハンス・ヨナスと世代間倫理[招待あり] ハンス・ヨナスと世代間倫理 [招待あり] ハンス・ヨナスと世代間倫理 [招待あり] フューチャー・デザイン+哲学ワークショップ、総合地球環境学研究所 フューチャー・デザイン+哲学ワークショップ、総合地球環境学研究所 2019/02/04 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Freedom and Onozukara: Freedom from a Japanese Point of View[招待あり] Freedom and Onozukara: Freedom from a Japanese Point of View [招待あり] Freedom and Onozukara: Freedom from a Japanese Point of View [招待あり] Routledge Series on Political Theories in East Asian Context, 2. International Workshop of 2018, Sun Yat-Sen University (Zhuhai, China) Routledge Series on Political Theories in East Asian Context, 2. International Workshop of 2018, Sun Yat-Sen University (Zhuhai, China) Routledge Series on Political Theories in East Asian Context, 2. International Workshop of 2018, Sun Yat-Sen University (Zhuhai, China) 2018/11/17 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Shuzo Kuki on Time[招待あり] Shuzo Kuki on Time [招待あり] Shuzo Kuki on Time [招待あり] The Kyoto School: Its Legacy and Contemporary Significance, University of Macau (Macau, China) The Kyoto School: Its Legacy and Contemporary Significance, University of Macau (Macau, China) The Kyoto School: Its Legacy and Contemporary Significance, , University of Macau (Macau, China) 2018/11/15 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Why Should We Protect Nature? From a Japanese Point of View[招待あり] Why Should We Protect Nature? From a Japanese Point of View [招待あり] Why Should We Protect Nature? From a Japanese Point of View [招待あり] 7. Treffen der Deutschen Gesellschaft der JSPS-Stipendiaten in Japan, Kyoto University 7. Treffen der Deutschen Gesellschaft der JSPS-Stipendiaten in Japan, Kyoto University 7. Treffen der Deutschen Gesellschaft der JSPS-Stipendiaten in Japan, Kyoto University 2018/11/03 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
From the Temporality of the Eternal Return to Intergenerational Responsibility From the Temporality of the Eternal Return to Intergenerational Responsibility From the Temporality of the Eternal Return to Intergenerational Responsibility 24th World Congress of Philosophy, China National Convention Center (Beijing, China) 24th World Congress of Philosophy, China National Convention Center (Beijing, China) 24th World Congress of Philosophy, China National Convention Center (Beijing, China) 2018/08/19 英語 口頭発表(一般) 公開
Wissenschaft vom Menschen als Ethik? –– Tetsuro Watsujis Ethik wieder aufgreifen[招待あり] Wissenschaft vom Menschen als Ethik? –– Tetsuro Watsujis Ethik wieder aufgreifen [招待あり] Wissenschaft vom Menschen als Ethik? –– Tetsuro Watsujis Ethik wieder aufgreifen [招待あり] 10th Nichi-Doku Joint Lecture, Universität Heidelberg (Heidelberg, Germany) 10th Nichi-Doku Joint Lecture, Universität Heidelberg (Heidelberg, Germany) 10th Nichi-Doku Joint Lecture, Universität Heidelberg (Heidelberg, Germany) 2018/07/19 ドイツ語 口頭発表(基調) 公開
Tetsuro Watsujis Ethik[招待あり] Tetsuro Watsujis Ethik [招待あり] Tetsuro Watsujis Ethik [招待あり] Zweites Tübinger Phänomenologisches Kolloquium, Forum Scientiarum Universität Tübingen (Tübingen, Germany) Zweites Tübinger Phänomenologisches Kolloquium, Forum Scientiarum Universität Tübingen (Tübingen, Germany) Zweites Tübinger Phänomenologisches Kolloquium, Forum Scientiarum Universität Tübingen (Tübingen, Germany) 2018/07/17 ドイツ語 口頭発表(基調) 公開
Hans Jonas in Japan[招待あり] Hans Jonas in Japan [招待あり] Hans Jonas in Japan [招待あり] Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) 2018/06/09 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Hans Jonas on ontology / metaphysics[招待あり] Hans Jonas on ontology / metaphysics [招待あり] Hans Jonas on ontology / metaphysics [招待あり] Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) Internationale Hans Jonas Tagung, Universität Siegen (Siegen, Germany) 2018/06/07 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
Double Intergenerational Responsibility Double Intergenerational Responsibility Double Intergenerational Responsibility 2017 Annual Meeting of International Association for Environmental Philosophy, Sheraton Memphis Downtown Hotel (Memphis, USA) 2017 Annual Meeting of International Association for Environmental Philosophy, Sheraton Memphis Downtown Hotel (Memphis, USA) 2017 Annual Meeting of International Association for Environmental Philosophy, Sheraton Memphis Downtown Hotel (Memphis, USA) 2017/10/22 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
和辻哲郎の倫理学––日本の「悲壮な運命」への応答[招待あり] 和辻哲郎の倫理学––日本の「悲壮な運命」への応答 [招待あり] ゲーテの会(国際高等研究所) ゲーテの会(国際高等研究所) 2017/10/06 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Being Japanese in Light of the ‘I-Novel’ (Shishôsetsu)[招待あり] Being Japanese in Light of the ‘I-Novel’ (Shishôsetsu) [招待あり] Being Japanese in Light of the ‘I-Novel’ (Shishôsetsu) [招待あり] University of Macau, Macau, China University of Macau, Macau, China University of Macau, Macau, China 2017/04/28 英語 公開
私の授業[招待あり] 私の授業 [招待あり] 2016年度京都大学新任教員教育セミナー(京都大学) 2016年度京都大学新任教員教育セミナー(京都大学) 2016/09/01 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit[招待あり] Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit [招待あり] Schelling und Spinoza über menschliche Freiheit [招待あり] 1. Workshop des DFG-Projekts “Schellings Philosophie der menschlichen Freiheit”: Methode und System in Schellings Freiheitsschrift (Carl Friedrich von Siemens Foundation, Munich, Germany) 1. Workshop des DFG-Projekts “Schellings Philosophie der menschlichen Freiheit”: Methode und System in Schellings Freiheitsschrift (Carl Friedrich von Siemens Foundation, Munich, Germany) 1. Workshop des DFG-Projekts “Schellings Philosophie der menschlichen Freiheit”: Methode und System in Schellings Freiheitsschrift (Carl Friedrich von Siemens Foundation, Munich, Germany) 2016/07/21 ドイツ語 公開
Why do we owe a duty to future generations?[招待あり] Why do we owe a duty to future generations? [招待あり] Why do we owe a duty to future generations? [招待あり] The 7th Future Earth in Asia Seminar: Including Future Generations in Discussions on Sustainability (Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan) The 7th Future Earth in Asia Seminar: Including Future Generations in Discussions on Sustainability (Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan) The 7th Future Earth in Asia Seminar: Including Future Generations in Discussions on Sustainability (Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan) 2016/03/25 英語 公開
What is Intergenerational Responsibility? What is Intergenerational Responsibility? What is Intergenerational Responsibility? International Conference: Nature Time Responsibility 2 (Kyoto University, Kyoto, Japan) International Conference: Nature Time Responsibility 2 (Kyoto University, Kyoto, Japan) International Conference: Nature Time Responsibility 2 (Kyoto University, Kyoto) 2016/03/12 英語 公開
Santouka Taneda. Ein Künstler im Zeitalter des Ge-stells[招待あり] Santouka Taneda. Ein Künstler im Zeitalter des Ge-stells [招待あり] Santouka Taneda. Ein Künstler im Zeitalter des Ge-stells [招待あり] Deutsch-Japanisches Symposium zum 30. Jubiläumsjahr der Städtepartnerschaft Meßkirch-Kahokushi (Schloss Meßkirch, Meßkirch, Germany) Deutsch-Japanisches Symposium zum 30. Jubiläumsjahr der Städtepartnerschaft Meßkirch-Kahokushi (Schloss Meßkirch, Meßkirch, Germany) Deutsch-Japanisches Symposium zum 30. Jubiläumsjahr der Städtepartnerschaft Meßkirch-Kahokushi (Schloss Meßkirch, Meßkirch, Germany) 2015/09/05 ドイツ語 口頭発表(招待・特別) 公開
Ist die Welt sinnlos? ― Leibniz und Jonas[招待あり] Ist die Welt sinnlos? ― Leibniz und Jonas [招待あり] Ist die Welt sinnlos? ― Leibniz und Jonas [招待あり] Hans Jonas und die klassische Philosophie (Haus Erholung, Mönchengladbach, Germany) Hans Jonas und die klassische Philosophie (Haus Erholung, Mönchengladbach, Germany) Hans Jonas und die klassische Philosophie (Haus Erholung, Mönchengladbach, Germany) 2014/12/17 ドイツ語 公開
将来世代に関する責任について、そしてそれを超えてー人類存続の根拠への問:アーペル、パーフィット、ロック、ヨーナス[招待あり] 将来世代に関する責任について、そしてそれを超えてー人類存続の根拠への問:アーペル、パーフィット、ロック、ヨーナス [招待あり] 京都ヘーゲル読書会(於国際基督教大学) 京都ヘーゲル読書会(於国際基督教大学) 2014/01/13 日本語 公開
Ist Existenzphilosophie heute möglich? Ist Existenzphilosophie heute möglich? Ist Existenzphilosophie heute möglich? Swiss-Kyoto-Symposium, Session "Existentialismus heute" (Zurich University, Zurich, Switzerland) Swiss-Kyoto-Symposium, Session "Existentialismus heute" (Zurich University, Zurich, Switzerland) Swiss-Kyoto-Symposium, Session "Existentialismus heute" (Zurich University, Zurich, Switzerland) 2013/11/22 ドイツ語 公開
The Groundwork for Protecting Nature― From a Japanese Point of view The Groundwork for Protecting Nature― From a Japanese Point of view The Groundwork for Protecting Nature ― From a Japanese Point of view Humboldt-Kolleg "Nature Time Responsibility" (Macau University, Macau, China) Humboldt-Kolleg "Nature Time Responsibility" (Macau University, Macau, China) Humboldt-Kolleg "Nature Time Responsibility" (Macau University, Macau, China) 2013/04/14 英語 公開
<我あり(sum)>の確実性ーフッサールとハイデガー[招待あり] <我あり(sum)>の確実性ーフッサールとハイデガー [招待あり] 実存思想協会、フッサール研究会合同シンポジウム「フッサールとハイデガーの根本問題ー事実性をめぐって」(於大阪大学) 実存思想協会、フッサール研究会合同シンポジウム「フッサールとハイデガーの根本問題ー事実性をめぐって」(於大阪大学) 2013/03/22 日本語 公開
ドイツ講壇哲学現況瞥見[招待あり] ドイツ講壇哲学現況瞥見 [招待あり] 京都ヘーゲル読書会、京都教育文化センター 京都ヘーゲル読書会、京都教育文化センター 2013/01/13 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
責任から科学技術へーそして科学技術から責任へ 責任から科学技術へーそして科学技術から責任へ ハイデガー・フォーラム第7回大会、東北大学 ハイデガー・フォーラム第7回大会、東北大学 2012/09/15 日本語 口頭発表(一般) 公開
Über zukunftsorientierte Verantwortung (Ludwig-Maximilian University, Munich, Germany)[招待あり] Über zukunftsorientierte Verantwortung (Ludwig-Maximilian University, Munich, Germany) [招待あり] Über zukunftsorientierte Verantwortung (Ludwig-Maximilian University, Munich, Germany) [招待あり] 2012/07/16 ドイツ語 公開
Nishida und Heidegger über das Selbstsein[招待あり] Nishida und Heidegger über das Selbstsein [招待あり] Nishida und Heidegger über das Selbstsein [招待あり] Nishida Kitaro in der Philosophie des 20. Hundert (Hildesheim University, Hildesheim, Germany) Nishida Kitaro in der Philosophie des 20. Hundert (Hildesheim University, Hildesheim, Germany) Nishida Kitaro in der Philosophie des 20. Hundert (Hildesheim University, Hildesheim, Germany) 2011/09/07 ドイツ語 公開
A 'Cosmopolis' as the Foundation for Understanding Cultural Differences[招待あり] A 'Cosmopolis' as the Foundation for Understanding Cultural Differences [招待あり] A 'Cosmopolis' as the Foundation for Understanding Cultural Differences [招待あり] The Fourth Meeting at the Gateway of the Balkans Interdisciplinary Conference: Chances of Cultural Differnces-The Ethics, Petics, and Politics of Borderless Hospitality (Pecs Cultural Centre, Pecs, Hungary) The Fourth Meeting at the Gateway of the Balkans Interdisciplinary Conference: Chances of Cultural Differnces-The Ethics, Petics, and Politics of Borderless Hospitality (Pecs Cultural Centre, Pecs, Hungary) The Fourth Meeting at the Gateway of the Balkans Interdisciplinary Conference: Chances of Cultural Differnces-The Ethics, Petics, and Politics of Borderless Hospitality (Pecs Cultural Centre, Pecs, Hungary) 2010/11/05 英語 公開
総合地球環境学と予防原則[招待あり] 総合地球環境学と予防原則 [招待あり] 第3回EHE ゼミナール、総合地球環境学研究所 第3回EHE ゼミナール、総合地球環境学研究所 総合地球環境学研究所 総合地球環境学研究所 2010/08/05 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
マニュアルなき操縦ー「宇宙船地球号」における哲学の可能性[招待あり] マニュアルなき操縦ー「宇宙船地球号」における哲学の可能性 [招待あり] 京都大学東京フォーラム『宇宙船地球号の未来を考える-京都からの発信』(於東京會舘) 京都大学東京フォーラム『宇宙船地球号の未来を考える-京都からの発信』(於東京會舘) 京都大学 京都大学 2009/12/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
科学技術と責任[招待あり] 科学技術と責任 [招待あり] 京都ヘーゲル読書会、京大会館 京都ヘーゲル読書会、京大会館 2009/07/05 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
The Civilization of Science and Technology for an Integrated System of Global Environmental Studies: An Interpretation of Hans Jonas's The Imperative of Responsibility[招待あり] The Civilization of Science and Technology for an Integrated System of Global Environmental Studies: An Interpretation of Hans Jonas's The Imperative of Responsibility [招待あり] The Civilization of Science and Technology for an Integrated System of Global Environmental Studies: An Interpretation of Hans Jonas's The Imperative of Responsibility [招待あり] The 9th Kyoto University International Symposium: Integrating Global Environmental Studies towards Human Security The 9th Kyoto University International Symposium: Integrating Global Environmental Studies towards Human Security The 9th Kyoto University International Symposium: Integrating Global Environmental Studies towards Human Security 2007/06/23 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe ハイデガー事典 ハイデガー事典 ハイデガー事典 昭和堂 昭和堂 2021/06 共編者 公開
安部 浩 安部 浩 続・ハイデガー読本 続・ハイデガー読本 法政大学出版局 法政大学出版局 2016/05 共編者 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe ハイデガー読本 ハイデガー読本 Heidegger-Handbook 法政大学出版局 法政大学出版局 (in Japanese) Hosei University Press 2014/11 日本語 共編者 公開
安部 浩 安部 浩 Hiroshi Abe 知を愛する者と疑う心ー懐疑論八章 知を愛する者と疑う心ー懐疑論八章 Those Who Love Wisdom and Skeptical Mind 晃洋書房 晃洋書房 (in Japanese) Koyo-Shobo 2008/02 英語 共編者 公開
安部浩 安部浩 Hiroshi Abe 「現」/そのロゴスとエートス―ハイデガーヘの応答 「現」/そのロゴスとエートス―ハイデガーヘの応答 Das "Da": Its Logos and Ethos. "Ent-sprechung" to Heidegger 晃洋書房、 全228 頁 晃洋書房、 全228 頁 (in Japanese) Koyo-shobo 2002/07 日本語 単著 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞 Philipp Franz von Siebold-Award ドイツ連邦共和国 Federal Republic of Germany 2017/06/29
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
Japanese scholar: Children's green awareness can spread and change society Macau Daily Times Macau Daily Times 2013/04/15
環境哲学でシーボルト賞受賞の京都大学大学院教授 中日新聞 この人 2017/08/08
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
Nature Time Responsibility1 Humboldt Kolleg (at Macau University) 2013/04/12
Existenzialismus heute Swiss-Kyoto-Symposium 2013/11/22
Nature Time Responsibility 2 Nature Time Responsibility (at Kyoto University) 2016/03/16
Nature Time Responsibility 3 Nature Time Responsibility (at University of Munich) 2018/06/16
Nature Time Responsibility4 Nature Time Responsibility (Sun-Yat-Sen University, Zhuhai Campus ) 2018/11/17
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
Alexander von Humboldt財団研究奨学金 代表 将来世代に関する責任の実存論的根拠づけ Existential Groundwork for Future-oriented Responsibility 2011/04/01〜2012/07/31
Alexander von Humboldt財団Humboldt-Kolleg開催助成金 分担 自然・時間・責任 Nature Time Responsibility 2013/04/12〜2013/04/14
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
ハイデガーの哲学の研究 Study on Heidegger's philosophy
現象学的哲学の可能性の研究 Study on possibilities of phenomenological philosophy
環境問題の哲学的研究 Philosophical study on environmental problem
人間文化研究機構総合地球環境学研究所・研究プロジェクト 「日本列島における人間― 自然相互関係の歴史的・文化的検討」
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
出版プロジェクト modern japanese philosophy 出版プロジェクトに日本側コラボレイターとして参加 2009/05〜2011/12
(外国人研究員受入)Thomas Buchheimミュンヘン大学教授との共同研究「倫理学的・存在論的原理としての自由」 京都大学大学院人間・環境学研究科 2013/04/01〜2013/07/31
ドイツ学術振興会(DFG)助成研究プロジェクト「Schellings Philosophie der menschlichen Freiheit」(コアメンバー) ミュンヘン大学 2015/03/01〜2018/02/28
(外国人研究員受入)Matthias Fritschコンコーディア大学教授との共同研究「我々が将来世代に関して責任を負うべき所以は何か―世代間正義における非対称的相互性と世代交代」 京都大学大学院人間・環境学研究科 2015/11/23〜2016/03/31
出版プロジェクト Hans Jonas-Handbook ジーゲン大学
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
人間存在論基礎ゼミナールIIIB Proseminar on Human Ontology III B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2012/04〜2013/03
自己存在論B Ontology of Self B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
自己存在論B Ontology of Self B 後期 総合人間学部 2012/04〜2013/03
自己存在論演習B Seminar on Ontology of Self B 後期 総合人間学部 2012/04〜2013/03
論理学基礎論II Introduction to Logic II 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
論理学基礎論I Introduction to Logic I 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2013/04〜2014/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2013/04〜2014/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2013/04〜2014/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2013/04〜2014/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2013/04〜2014/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
自己存在論1 Ontology of Self 1 後期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2013/04〜2014/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
西洋思想史基礎ゼミナールI Proseminar on the History of Western Thought I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
西洋思想史基礎ゼミナールII Proseminar on the History of Western Thought II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2014/04〜2015/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2014/04〜2015/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2014/04〜2015/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2014/04〜2015/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2014/04〜2015/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2014/04〜2015/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
自己存在論2 Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2014/04〜2015/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
西洋思想史基礎ゼミナールI Proseminar on the History of Western Thought I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
西洋思想史基礎ゼミナールII Proseminar on the History of Western Thought II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
人間科学入門 Introduction to Human Sciences 前期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
自己存在論1 Ontology of Self 1 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2015/04〜2016/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2015/04〜2016/03
西洋思想史基礎ゼミナールII Proseminar on the History of Western Thought II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
西洋思想史基礎ゼミナールI Proseminar on the History of Western Thought I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2016/04〜2017/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
基礎演習:西洋思想史 Introductory Seminar: The History of Western Thought 前期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2016/04〜2017/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2016/04〜2017/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2016/04〜2017/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
自己存在論2 Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2016/04〜2017/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2016/04〜2017/03
西洋思想史基礎ゼミナール Proseminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2017/04〜2018/03
哲学(演習I) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2017/04〜2018/03
基礎演習:西洋思想史 Introductory Seminar: The History of Western Thought 前期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2017/04〜2018/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2017/04〜2018/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2017/04〜2018/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2017/04〜2018/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
自己存在論1 Ontology of Self 1 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2017/04〜2018/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2017/04〜2018/03
西洋思想史基礎ゼミナール Proseminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2018/04〜2019/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2018/04〜2019/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2018/04〜2019/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
自己存在論I Ontology of Self I 後期 総合人間学部 2018/04〜2019/03
自己存在論2 Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
自己存在論I Ontology of Self I 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2018/04〜2019/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2018/04〜2019/03
西洋思想史基礎ゼミナール Proseminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
論理学I Logic I 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
人間存在論特別演習1 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
人間存在論特別演習2 Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
共生人間学特別研究II Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
共生人間学特別研究I Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2019/04〜2020/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2019/04〜2020/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2019/04〜2020/03
基礎演習:西洋思想史 Introductory Seminar: The History of Western Thought 前期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2019/04〜2020/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2019/04〜2020/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2019/04〜2020/03
思想文化論特別セミナー Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
自己存在論1 Ontology of Self 1 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2019/04〜2020/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2019/04〜2020/03
西洋思想史基礎ゼミナール Introductory Seminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2020/04〜2021/03
人間存在論特別演習1(博士科目) Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
人間存在論特別演習2(博士科目) Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
共生人間学特別研究II(博士科目) Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
共生人間学特別研究I(博士科目) Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2020/04〜2021/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2020/04〜2021/03
思想文化論特別セミナー(博士科目) Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2020/04〜2021/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2020/04〜2021/03
自己存在論2 Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2020/04〜2021/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2020/04〜2021/03
西洋思想史基礎ゼミナール Introductory Seminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
論理学I Logic I 前期集中 全学共通科目 2020/04〜2021/03
ILASセミナー:西洋思想史 ILAS Seminar :The History of Western Thought 前期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
人間存在論演習1 Seminar in Theory of Human Ontology 1 後期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
人間存在論演習2 Seminar in Theory of Human Ontology 2 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
人間存在論特別演習 Special Seminar on Human Ontology 後期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
人間存在論特別演習1(博士科目) Advances Seminar in Theory of Human Ontology 1 前期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
人間存在論特別演習2(博士科目) Advances Seminar in Theory of Human Ontology 2 後期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
人間科学系入門B Introduction to Human Sciences B 後期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
共生人間学特別研究II(博士科目) Advanced Studies of Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
共生人間学特別研究I(博士科目) Advanced Studies of Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
共生人間学研究I Human Coexistence I 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
共生人間学研究II Human Coexistence II 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2021/04〜2022/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2021/04〜2022/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2021/04〜2022/03
哲学(演習) Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2021/04〜2022/03
基礎演習:西洋思想史 Introductory Seminar: The History of Western Thought 前期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学研究科 2021/04〜2022/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 前期 文学部 2021/04〜2022/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学研究科 2021/04〜2022/03
宗教学(演習) Philosophy of Religion (Seminars) 後期 文学部 2021/04〜2022/03
思想文化論特別セミナー(博士科目) Special Seminar in Thought and Culture 通年 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy(Special Lectures) 後期 文学研究科 2021/04〜2022/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
自己存在論II Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
自己存在論1 Ontology of Self 1 後期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
自己存在論I Ontology of Self I 前期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
自己存在論演習II Seminar on Ontology of Self II 後期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
自己存在論演習I Seminar on Ontology of Self I 前期 総合人間学部 2021/04〜2022/03
自己存在論演習1 Seminar on Ontology of Self 1 前期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
自己存在論演習2 Seminar on Ontology of Self 2 後期 人間・環境学研究科 2021/04〜2022/03
西洋思想史基礎ゼミナール Introductory Seminar on the History of Western Thought 後期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
論理学II Logic II 後期 全学共通科目 2021/04〜2022/03
論理学I Logic I 前期 全学共通科目 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学同窓会 幹事 2009〜2012
部局運営(役職等)
役職名 期間
人環フォーラム編集委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
建築委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
学生生活委員 2013/04/01〜2014/03/31
講座分野責任者 2014/04/01〜2015/03/31
学生生活委員会委員 2013/04/01〜2014/03/31
建築委員会委員 2016/04/01〜2017/03/31
公開講座委員会委員 2016/04/01〜2017/03/31
研究科・学部運営会議員 2017/04/01〜2018/03/31
大学院入試委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
広報誌パンフレット小委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
公開講座小委員会副委員長 2017/04/01〜2018/03/31
建築委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
庶務委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
講座主任 2017/04/01〜2018/03/31
副専攻長 2017/04/01〜2018/03/31
公開講座小委員会副委員長 2018/04/01〜2019/03/31
建築委員会委員 2018/04/01〜2019/03/31
公開講座小委員会副委員長 2019/04/01〜2020/03/31
施設整備委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31
将来構想検討委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31
大学院教務委員会副委員長 2019/04/01〜2020/03/31
財務委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31
公開講座小委員会副委員長 2020/04/01〜2021/03/31
施設整備委員会委員 2020/04/01〜2021/03/31
人間存在論分野講座分野責任者 2020/04/01〜2021/03/31
公開講座小委員会副委員長 2021/04/01〜2022/03/31
施設整備委員会委員 2021/04/01〜2022/03/31
財務委員会委員 2021/04/01〜2022/03/31
人間存在論分野講座分野責任者 2021/04/01〜2022/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
ハイデガーフォーラム Heidegger Forum Japan 代表 President 2012/09/〜2017/09/
日本現象学会 The Phenomenological Association of Japan 委員・国際交流委員長 Member of committee 2013/11/〜
関西哲学会 Kansai Association of Philosophy 委員 Member of committee 2013/10/〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
Humboldt-Kolleg Nature Time Responsibility Co-organiser 2013/04/12〜2013/04/14
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
Kyoto-Swiss-Symposium Exisistentialismus heute 2013/11/22
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
平成21年度人間環境学研究科公開講座『虚実の世界』 「われあり」の確実性?-超デカルト的省察 2010/02/17
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
人間文化研究機構総合地球環境学研究所 共同研究員 2008〜2010
研究倫理委員会 委員 人間文化研究機構総合地球環境学研究所 2009〜2010
研究発表会プロジェクト レビュー委員 人間文化研究機構総合地球環境学研究所 2010〜
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
公益法人日独文化研究所 評議員 2017/06/〜