鈴木 啓太

最終更新日時: 2021/06/24 15:28:56

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
鈴木 啓太/スズキ ケイタ/Suzuki, Keita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
フィールド科学教育研究センター/里域生態系部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生物科学専攻 海洋生物資源学講座 助教
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒625-0086 京都府舞鶴市長浜番外地 Nagahama, Maizuru-shi, Kyoto 625-0086
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0773-62-9094
全学電子メールアドレス
suzuki.keita.3r @ kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science
水産海洋学会 The Japanese Society of Fisheries Oceanography
日本プランクトン学会 The Plankton Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程応用生物科学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程応用生物科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部生物生産科学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
成蹊高校 せいけいこうこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2005/04/01〜2008/03/31 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員DC1 Research Fellowship for Young Scientist (DC1)
2008/04/01〜2009/03/31 京都大学フィールド科学教育研究センター Field Science Education and Research Center, Kyoto University オフィス・アシスタント Office assistant
2010/04/01〜2010/06/30 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 教務補佐員 Part-time academic affairs staff
2010/07/01〜2013/03/31 ラヴァル大学 (カナダ,ケベック州) Universite Laval (Quebec, Canada) 博士研究員 Postdoctoral fellow
researchmap URL
https://researchmap.jp/Suzuki_Keita
研究テーマ
(日本語)
沿岸・河口域生態学,魚類と動物プランクトンの生活史
(英語)
Coastal and Estuarine Ecology, Life histories of fish and zooplankton
研究概要
(日本語)
沿岸・河口域は生物生産が活発であると同時に人間活動の影響を受けやすい水域です.水質汚濁や護岸,干拓,浚渫などにより沿岸・河口域に生息する生物が脅かされています.私は魚類や動物プランクトンを対象とし,特に環境変化に弱い発育初期の分布や食性,成長,生残を調べています.沿岸・河口域の生物の生活史を理解し,人がそれらの生物と共に生きてゆく方法を見出すことが目標です.
(英語)
Coastal and estuarine areas are characterized by many anthropogenic modifications as well as high natural productivity. Water pollution, shore protection, land reclamation, dredging, etc. are threatening the survival of coastal and estuarine organisms. I study the ecology of fish and zooplankton, specifically their distribution, feeding habits, growth, and survival during the early life stages when they are vulnerable to environmental changes. I aim at finding our way of living with coastal and estuarine organisms on the basis of the understanding of their life histories.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
魚類生態学 Fish Ecology
動物プランクトン生態学 Zooplankton Ecology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Suzuki KS, Suzuki KW, Kumakura E, Sato K, Oe Y, Sato T, Sawada H, Masuda R, Nogata Y Suzuki KS, Suzuki KW, Kumakura E, Sato K, Oe Y, Sato T, Sawada H, Masuda R, Nogata Y Suzuki KS, Suzuki KW, Kumakura E, Sato K, Oe Y, Sato T, Sawada H, Masuda R, Nogata Y Seasonal alternation of the ontogenetic development of the moon jellyfish Aurelia coerulea in Maizuru Bay, Japan. Seasonal alternation of the ontogenetic development of the moon jellyfish Aurelia coerulea in Maizuru Bay, Japan. Seasonal alternation of the ontogenetic development of the moon jellyfish Aurelia coerulea in Maizuru Bay, Japan. PLOS ONE PLOS ONE PLOS ONE 2019/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mizutani K, Yamada T, Suzuki KW, Masuda R, Nakata K, Tagawa M Mizutani K, Yamada T, Suzuki KW, Masuda R, Nakata K, Tagawa M Mizutani K, Yamada T, Suzuki KW, Masuda R, Nakata K, Tagawa M Prevention of hypermelanosis by rearing Japanese flounder Paralichthys olivaceus in net-lined tanks. Prevention of hypermelanosis by rearing Japanese flounder Paralichthys olivaceus in net-lined tanks. Prevention of hypermelanosis by rearing Japanese flounder Paralichthys olivaceus in net-lined tanks. Fisheries Science Fisheries Science Fisheries Science 2019/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Suzuki KW, Fuji T, Kasai A, Itoh S, Kimura S, Yamashita Y Suzuki KW, Fuji T, Kasai A, Itoh S, Kimura S, Yamashita Y Suzuki KW, Fuji T, Kasai A, Itoh S, Kimura S, Yamashita Y Winter monsoon promotes the transport of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus eggs and larvae toward the innermost part of Tango Bay, the Sea of Japan Winter monsoon promotes the transport of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus eggs and larvae toward the innermost part of Tango Bay, the Sea of Japan Winter monsoon promotes the transport of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus eggs and larvae toward the innermost part of Tango Bay, the Sea of Japan Fisheries Oceanography Fisheries Oceanography Fisheries Oceanography 2019/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hoshiba Y, Matsumura Y, Hasumi H, Itoh S, Nakada S, Suzuki KW Hoshiba Y, Matsumura Y, Hasumi H, Itoh S, Nakada S, Suzuki KW A simulation study on effects of suspended sediment through high riverine discharge on surface river plume and vertical water exchange A simulation study on effects of suspended sediment through high riverine discharge on surface river plume and vertical water exchange A simulation study on effects of suspended sediment through high riverine discharge on surface river plume and vertical water exchange Estuarine, Coastal and Shelf Science, 228, 106352 Estuarine, Coastal and Shelf Science, 228, 106352 Estuarine, Coastal and Shelf Science, 228, 106352 2019/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Akihide Kasai, Taiki Fuji, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Akihide Kasai, Taiki Fuji, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Akihide Kasai, Taiki Fuji, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Partial migration of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a versatile survival strategy Partial migration of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a versatile survival strategy Partial migration of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a versatile survival strategy Fisheries Science, 84, 2, 153-162 Fisheries Science, 84, 2, 153-162 Fisheries Science, 84, 2, 153-162 2018/03/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Omweri JO, Suzuki KW, Edouard L, Yokoyama H, Yamashita Y Omweri JO, Suzuki KW, Edouard L, Yokoyama H, Yamashita Y Seasonality and occurrence of the dominant mysid Neomysis awatschensis (Brandt, 1851) in the Yura River estuary, central Sea of Japan Seasonality and occurrence of the dominant mysid Neomysis awatschensis (Brandt, 1851) in the Yura River estuary, central Sea of Japan Seasonality and occurrence of the dominant mysid Neomysis awatschensis (Brandt, 1851) in the Yura River estuary, central Sea of Japan Estuarine, Coastal and Shelf Science Estuarine, Coastal and Shelf Science Estuarine, Coastal and Shelf Science 2017/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
田城文人, 鈴木啓太, 上野陽一郎, 船越裕紀, 池口新一郎, 宮津エネルギー研究所水族館, 甲斐嘉晃 田城文人, 鈴木啓太, 上野陽一郎, 船越裕紀, 池口新一郎, 宮津エネルギー研究所水族館, 甲斐嘉晃 近年日本海南西部海域で得られた魚類に関する 生物地理学的・分類学的新知見 ―再現性を担保した日本海産魚類相の解明に向けた取り組み― 近年日本海南西部海域で得られた魚類に関する 生物地理学的・分類学的新知見 ―再現性を担保した日本海産魚類相の解明に向けた取り組み― Biogeographic and taxonomic notes regarding the diversity of fish in the Sea of Japan タクサ 日本動物分類学会誌, 42, 22-40 タクサ 日本動物分類学会誌, 42, 22-40 TAXA Proceedings of the Japanese Society of Systematic Zoology, 42, 22-40 2017 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sachihiko Itoh, Akihide Kasai, Aigo Takeshige, Kei Zenimoto, Shingo Kimura, Keita W. Suzuki, Yoichi Miyake, Tatsuhiro Funahashi, Yoh Yamashita, Yoshiro Watanabe Sachihiko Itoh, Akihide Kasai, Aigo Takeshige, Kei Zenimoto, Shingo Kimura, Keita W. Suzuki, Yoichi Miyake, Tatsuhiro Funahashi, Yoh Yamashita, Yoshiro Watanabe Sachihiko Itoh, Akihide Kasai, Aigo Takeshige, Kei Zenimoto, Shingo Kimura, Keita W. Suzuki, Yoichi Miyake, Tatsuhiro Funahashi, Yoh Yamashita, Yoshiro Watanabe Circulation and haline structure of a microtidal bay in the Sea of Japan influenced by the winter monsoon and the Tsushima Warm Current Circulation and haline structure of a microtidal bay in the Sea of Japan influenced by the winter monsoon and the Tsushima Warm Current Circulation and haline structure of a microtidal bay in the Sea of Japan influenced by the winter monsoon and the Tsushima Warm Current JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS, 121, 8, 6331-6350 JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS, 121, 8, 6331-6350 JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-OCEANS, 121, 8, 6331-6350 2016/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea POLAR BIOLOGY, 39, 6, 1005-1022 POLAR BIOLOGY, 39, 6, 1005-1022 POLAR BIOLOGY, 39, 6, 1005-1022 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yamamoto Y, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M Yamamoto Y, Minami K, Fukaya K, Takahashi K, Sawada H, Tsuji S, Hashizume H, Kubonaga S, Horiuchi T, Hongo M, Nishida J, Okugawa Y, Fujiwara A, Fukuda M, Hidaka S, Suzuki KW, Miya M, Araki H, Yamanaka H, Maruyama A, Miyashita K, Masuda R, Minamoto T, Kondoh M Satoshi Yamamoto, Kenji Minami, Keiichi Fukaya, Kohji Takahashi, Hideki Sawada, Hiroaki Murakami, Satsuki Tsuji, Hiroki Hashizume, Shou Kubonaga, Tomoya Horiuchi, Masamichi Hongo, Jo Nishida, Yuta Okugawa, Ayaka Fujiwara, Miho Fukuda, Shunsuke Hidaka, Keita W. Suzuki, Masaki Miya, Hitoshi Araki, Hiroki Yamanaka, Atsushi Maruyama, Kazushi Miyashita, Reiji Masuda, Toshifumi Minamoto, Michio Kondoh Environmental DNA provides a ‘snapshot’ of fish distribution: a case study of Japanese jack mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan Environmental DNA provides a ‘snapshot’ of fish distribution: a case study of Japanese jack mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan Environmental DNA as a 'snapshot' of fish distribution: A case study of Japanese jack mackerel in Maizuru Bay, Sea of Japan PLoS ONE, 11, 3, e0149786 PLoS ONE, 11, 3, e0149786 PLoS ONE, 11, 3, e0149786 2016/03/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Caroline Bouchard, Dominique Robert, Louis Fortier Keita W. Suzuki, Caroline Bouchard, Dominique Robert, Louis Fortier Keita W. Suzuki, Caroline Bouchard, Dominique Robert, Louis Fortier Spatiotemporal occurrence of summer ichthyoplankton in the southeast Beaufort Sea Spatiotemporal occurrence of summer ichthyoplankton in the southeast Beaufort Sea Spatiotemporal occurrence of summer ichthyoplankton in the southeast Beaufort Sea POLAR BIOLOGY, 38, 9, 1379-1389 POLAR BIOLOGY, 38, 9, 1379-1389 POLAR BIOLOGY, 38, 9, 1379-1389 2015/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Spatiotemporal dynamics of stable carbon isotope ratios in two sympatric oligohaline copepods in relation to the estuarine turbidity maximum (Chikugo River, Japan): implications for food sources Spatiotemporal dynamics of stable carbon isotope ratios in two sympatric oligohaline copepods in relation to the estuarine turbidity maximum (Chikugo River, Japan): implications for food sources Spatiotemporal dynamics of stable carbon isotope ratios in two sympatric oligohaline copepods in relation to the estuarine turbidity maximum (Chikugo River, Japan): implications for food sources JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 36, 2, 461-474 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 36, 2, 461-474 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 36, 2, 461-474 2014/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Youta Kanematsu, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Youta Kanematsu, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Youta Kanematsu, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Microdistribution and feeding dynamics of Coilia nasus (Engraulidae) larvae and juveniles in relation to the estuarine turbidity maximum of the macrotidal Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan Microdistribution and feeding dynamics of Coilia nasus (Engraulidae) larvae and juveniles in relation to the estuarine turbidity maximum of the macrotidal Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan Microdistribution and feeding dynamics of Coilia nasus (Engraulidae) larvae and juveniles in relation to the estuarine turbidity maximum of the macrotidal Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan FISHERIES OCEANOGRAPHY, 23, 2, 157-171 FISHERIES OCEANOGRAPHY, 23, 2, 157-171 FISHERIES OCEANOGRAPHY, 23, 2, 157-171 2014/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Wada T, Suzuki KW Wada T, Suzuki KW Wada T, Suzuki KW Collection record and feeding habits of larval spotted halibut and stone flounder in coastal shallow waters off Fukushima, the Pacific coast of eastern Japan Collection record and feeding habits of larval spotted halibut and stone flounder in coastal shallow waters off Fukushima, the Pacific coast of eastern Japan Collection record and feeding habits of larval spotted halibut and stone flounder in coastal shallow waters off Fukushima, the Pacific coast of eastern Japan Aquaculture Science, 61, 127-131 Aquaculture Science, 61, 127-131 Aquaculture Science, 61, 127-131 2013/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Distinctive copepod community of the estuarine turbidity maximum: Comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan Distinctive copepod community of the estuarine turbidity maximum: Comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan Distinctive copepod community of the estuarine turbidity maximum: Comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan Journal of Oceanography, 69, 1, 15-33 Journal of Oceanography, 69, 1, 15-33 Journal of Oceanography, 69, 1, 15-33 2013 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Hiroshi Ueda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Different patterns of stage-specific horizontal distribution between two sympatric oligohaline copepods along a macrotidal estuary (Chikugo River, Japan): implications for life-history strategies Different patterns of stage-specific horizontal distribution between two sympatric oligohaline copepods along a macrotidal estuary (Chikugo River, Japan): implications for life-history strategies Different patterns of stage-specific horizontal distribution between two sympatric oligohaline copepods along a macrotidal estuary (Chikugo River, Japan): implications for life-history strategies JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 34, 12, 1042-1057 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 34, 12, 1042-1057 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 34, 12, 1042-1057 2012/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Toshihiro Wada, Naoki Mitsunaga, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita, Masaru Tanaka Toshihiro Wada, Naoki Mitsunaga, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita, Masaru Tanaka Toshihiro Wada, Naoki Mitsunaga, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita, Masaru Tanaka Occurrence and distribution of settling and newly settled spotted halibut Verasper variegatus and Japanese flounder Paralichthys olivaceus in shallow nursery grounds around Shimabara Peninsula, western Japan Occurrence and distribution of settling and newly settled spotted halibut Verasper variegatus and Japanese flounder Paralichthys olivaceus in shallow nursery grounds around Shimabara Peninsula, western Japan Occurrence and distribution of settling and newly settled spotted halibut Verasper variegatus and Japanese flounder Paralichthys olivaceus in shallow nursery grounds around Shimabara Peninsula, western Japan Fisheries Science, 78, 4, 819-831 Fisheries Science, 78, 4, 819-831 Fisheries Science, 78, 4, 819-831 2012/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Year-round accumulation of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum: comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan Year-round accumulation of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum: comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan Year-round accumulation of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum: comparative observations in three macrotidal estuaries (Chikugo, Midori, and Kuma Rivers), southwestern Japan JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 68, 3, 453-471 JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 68, 3, 453-471 JOURNAL OF OCEANOGRAPHY, 68, 3, 453-471 2012/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
T. Fuji, A. Kasai, K. W. Suzuki, M. Ueno, Y. Yamashita T. Fuji, A. Kasai, K. W. Suzuki, M. Ueno, Y. Yamashita T. Fuji, A. Kasai, K. W. Suzuki, M. Ueno, Y. Yamashita Migration ecology of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a carbon stable-isotope approach Migration ecology of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a carbon stable-isotope approach Migration ecology of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a carbon stable-isotope approach JOURNAL OF FISH BIOLOGY, 78, 7, 2010-2025 JOURNAL OF FISH BIOLOGY, 78, 7, 2010-2025 JOURNAL OF FISH BIOLOGY, 78, 7, 2010-2025 2011/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Woo-Seok Gwak, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Woo-Seok Gwak, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Woo-Seok Gwak, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Instability of the turbidity maximum in the macrotidal Geum River estuary, western Korea Instability of the turbidity maximum in the macrotidal Geum River estuary, western Korea Instability of the turbidity maximum in the macrotidal Geum River estuary, western Korea LIMNOLOGY, 11, 3, 197-205 LIMNOLOGY, 11, 3, 197-205 LIMNOLOGY, 11, 3, 197-205 2010/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroshi Ueda, Megumi Kuwatani, Keita W. Suzuki Hiroshi Ueda, Megumi Kuwatani, Keita W. Suzuki Hiroshi Ueda, Megumi Kuwatani, Keita W. Suzuki Tidal vertical migration of two estuarine copepods: naupliar migration and position-dependent migration Tidal vertical migration of two estuarine copepods: naupliar migration and position-dependent migration Tidal vertical migration of two estuarine copepods: naupliar migration and position-dependent migration JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 32, 11, 1557-1572 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 32, 11, 1557-1572 JOURNAL OF PLANKTON RESEARCH, 32, 11, 1557-1572 2010/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Taiki Fuji, Akihide Kasai, Keita W. Suzuki, Masahiro Ueno, Yoh Yamashita Taiki Fuji, Akihide Kasai, Keita W. Suzuki, Masahiro Ueno, Yoh Yamashita Taiki Fuji, Akihide Kasai, Keita W. Suzuki, Masahiro Ueno, Yoh Yamashita Freshwater migration and feeding habits of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, the Sea of Japan Freshwater migration and feeding habits of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, the Sea of Japan Freshwater migration and feeding habits of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, the Sea of Japan FISHERIES SCIENCE, 76, 4, 643-652 FISHERIES SCIENCE, 76, 4, 643-652 FISHERIES SCIENCE, 76, 4, 643-652 2010/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Md. Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Md. Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Md. Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan AQUATIC ECOLOGY, 44, 1, 309-316 AQUATIC ECOLOGY, 44, 1, 309-316 AQUATIC ECOLOGY, 44, 1, 309-316 2010/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Md.Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Md.Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Md.Shahidul Islam, Keita W. Suzuki, Yoh Yamashita Erratum to Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan(10.1007/s10452-009-9271-6) Erratum to Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan(10.1007/s10452-009-9271-6) Erratum to Selective mortality of larval Japanese seabass in Ariake Bay, Japan(10.1007/s10452-009-9271-6) Aquatic Ecology, 44, 1, 317-324 Aquatic Ecology, 44, 1, 317-324 Aquatic Ecology, 44, 1, 317-324 2010/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
鈴木 啓太, 杉本 亮, 笠井 亮秀, 中山 耕至, 田中 克 鈴木 啓太, 杉本 亮, 笠井 亮秀, 中山 耕至, 田中 克 夏季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態-河川流量の変動にともなう変化 夏季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態-河川流量の変動にともなう変化 水産海洋研究, 73, 3, 149-160 水産海洋研究, 73, 3, 149-160 , 73, 3, 149-160 2009/08/28 日本語 公開
Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Horizontal distribution and population dynamics of the dominant mysid Hyperacanthomysis longirostris along a temperate macrotidal estuary (Chikugo River estuary, Japan) Horizontal distribution and population dynamics of the dominant mysid Hyperacanthomysis longirostris along a temperate macrotidal estuary (Chikugo River estuary, Japan) Horizontal distribution and population dynamics of the dominant mysid Hyperacanthomysis longirostris along a temperate macrotidal estuary (Chikugo River estuary, Japan) ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 83, 4, 516-528 ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 83, 4, 516-528 ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 83, 4, 516-528 2009/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Takane Isoda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Takane Isoda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Takane Isoda, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Distinctive stable isotope ratios in important zooplankton species in relation to estuarine salinity gradients: Potential tracer of fish migration Distinctive stable isotope ratios in important zooplankton species in relation to estuarine salinity gradients: Potential tracer of fish migration Distinctive stable isotope ratios in important zooplankton species in relation to estuarine salinity gradients: Potential tracer of fish migration ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 78, 3, 541-550 ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 78, 3, 541-550 ESTUARINE COASTAL AND SHELF SCIENCE, 78, 3, 541-550 2008/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Suzuki KW, Kasai A, Ohta T, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Kasai A, Ohta T, Nakayama K, Tanaka M Keita W. Suzuki, Akihide Kasai, Taro Ohta, Kouji Nakayama, Masaru Tanaka Migration of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus juveniles within the Chikugo River estuary revealed by δ<sup>13</sup>C analysis Migration of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus juveniles within the Chikugo River estuary revealed by δ<sup>13</sup>C analysis Migration of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus juveniles within the Chikugo River estuary revealed by delta C-13 analysis Marine Ecology Progress Series, 358, 245-256 Marine Ecology Progress Series, 358, 245-256 MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES, 358, 245-256 2008 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
鈴木啓太, 杉本亮, 笠井亮秀, 小路淳, 中山耕至, 田中克 鈴木啓太, 杉本亮, 笠井亮秀, 小路淳, 中山耕至, 田中克 春季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態 春季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態 水産海洋研究, 71, 3, 190-198 水産海洋研究, 71, 3, 190-198 , 71, 3, 190-198 2007/08/28 日本語 公開
小路 淳, 鈴木啓太, 田中 克 小路 淳, 鈴木啓太, 田中 克 2005年春期の筑後川河口域高濁度水塊における物理・生物環境に対する潮汐および河川流量の影響 : スズキ成育場としての評価 2005年春期の筑後川河口域高濁度水塊における物理・生物環境に対する潮汐および河川流量の影響 : スズキ成育場としての評価 水産海洋研究, 70, 1, 31-38 水産海洋研究, 70, 1, 31-38 , 70, 1, 31-38 2006/02/28 日本語 公開
KW Suzuki, A Kasai, K Nakayama, M Tanaka KW Suzuki, A Kasai, K Nakayama, M Tanaka KW Suzuki, A Kasai, K Nakayama, M Tanaka Differential isotopic enrichment and half-life among tissues in Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles: implications for analyzing migration Differential isotopic enrichment and half-life among tissues in Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles: implications for analyzing migration Differential isotopic enrichment and half-life among tissues in Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles: implications for analyzing migration CANADIAN JOURNAL OF FISHERIES AND AQUATIC SCIENCES, 62, 3, 671-678 CANADIAN JOURNAL OF FISHERIES AND AQUATIC SCIENCES, 62, 3, 671-678 CANADIAN JOURNAL OF FISHERIES AND AQUATIC SCIENCES, 62, 3, 671-678 2005/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
岡田 恵治, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 岡田 恵治, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 丹後海におけるヒラメ仔稚魚の出生地の推定-耳石安定同位体比と日齢査定によるアプローチ- 口頭 丹後海におけるヒラメ仔稚魚の出生地の推定-耳石安定同位体比と日齢査定によるアプローチ- 口頭 2018年度水産海洋学会研究発表大会 2018年度水産海洋学会研究発表大会 2018/11/17 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
笹野 祥愛, 村上 弘章, 鈴木 啓太, 源利 文, 山下 洋, 益田 玲爾 笹野 祥愛, 村上 弘章, 鈴木 啓太, 源利 文, 山下 洋, 益田 玲爾 環境DNAから推測されるクロダイの分布様式:海洋および河川域での季節変化 ポスター 環境DNAから推測されるクロダイの分布様式:海洋および河川域での季節変化 ポスター 第1回環境DNA学会 第1回環境DNA学会 2018/09/29 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
岡田 恵治, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 岡田 恵治, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 丹後海におけるヒラメ仔稚魚の出生地の推定-耳石安定同位体比(δ18O, δ13C)の応用 丹後海におけるヒラメ仔稚魚の出生地の推定-耳石安定同位体比(δ18O, δ13C)の応用 平成30年度日本水産学会秋季大会 平成30年度日本水産学会秋季大会 2018/09 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
笹野 祥愛, 村上 弘章, 鈴木 啓太, 源 利文, 山下 洋, 益田 玲爾 笹野 祥愛, 村上 弘章, 鈴木 啓太, 源 利文, 山下 洋, 益田 玲爾 環境DNAを用いて調査したクロダイの沿岸依存性と産卵期・仔魚期の分布特性 口頭 環境DNAを用いて調査したクロダイの沿岸依存性と産卵期・仔魚期の分布特性 口頭 平成30年度日本水産学会春季大会, p.47 平成30年度日本水産学会春季大会, p.47 , p.47 2018/03/29 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
村上 弘章, 山本 哲史, 源 利文, 南 憲吏, 宮下 和士, 深谷 肇一, 尹 錫鎭, 笠井 亮秀, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 益田 玲爾, 山下 洋, 近藤 倫生 村上 弘章, 山本 哲史, 源 利文, 南 憲吏, 宮下 和士, 深谷 肇一, 尹 錫鎭, 笠井 亮秀, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 益田 玲爾, 山下 洋, 近藤 倫生 舞鶴湾におけるマアジとカタクチイワシの環境DNAの水平・鉛直分布 口頭 舞鶴湾におけるマアジとカタクチイワシの環境DNAの水平・鉛直分布 口頭 平成30年度日本水産学会春季大会, p.28 平成30年度日本水産学会春季大会, p.28 , p.28 2018/03/27 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
澤田 英樹, 鈴木 啓太, 篠原 義昭, 山下 洋 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 篠原 義昭, 山下 洋 宮津湾における漁解禁前のマナマコの分布に関する考察 口頭 宮津湾における漁解禁前のマナマコの分布に関する考察 口頭 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会・合同大会, p.105 2017年日本プランクトン学会・日本ベントス学会・合同大会, p.105 , p.105 2017/09/05 日本語 研究発表ペーパー・要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
村上 弘章, 曽我部 共生, 鈴木 勇人, 源 利文, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋, 益田 玲爾 村上 弘章, 曽我部 共生, 鈴木 勇人, 源 利文, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋, 益田 玲爾 異なるハビタットにおけるスズキ稚魚の生息密度と環境DNAの関係 異なるハビタットにおけるスズキ稚魚の生息密度と環境DNAの関係 2017年日本水産学会春季大会, p.33 2017年日本水産学会春季大会, p.33 , p.33 2017/03/28 日本語 公開
Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Caroline Bouchard, Salome Mollard, Keita Suzuki, Dominique Robert, Louis Fortier Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea (vol 39, pg 1005, 2016) Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea (vol 39, pg 1005, 2016) Contrasting the early life histories of sympatric Arctic gadids Boreogadus saida and Arctogadus glacialis in the Canadian Beaufort Sea (vol 39, pg 1005, 2016) POLAR BIOLOGY, 40, 2, 487-487 POLAR BIOLOGY, 40, 2, 487-487 POLAR BIOLOGY, 40, 2, 487-487 2017/02 英語 その他記事 公開
筒井 舞, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 筒井 舞, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 丹後海におけるヒラメ個体群識別への耳石安定同位体比の利用 ポスター 丹後海におけるヒラメ個体群識別への耳石安定同位体比の利用 ポスター 2016年度水産海洋学会研究発表大会, p.28 2016年度水産海洋学会研究発表大会, p.28 , p.28 2016/11/27 日本語 公開
筒井 舞, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 筒井 舞, 木村 伸吾, 澤田 英樹, 鈴木 啓太, 山下 洋 ヒラメの個体群識別における耳石酸素安定同位体比( δ 18O) の利用可能性の評価 ポスター ヒラメの個体群識別における耳石酸素安定同位体比( δ 18O) の利用可能性の評価 ポスター 日本水産学会秋季大会, p.1009 日本水産学会秋季大会, p.1009 , p.1009 2016/09/09 日本語 公開
Omweri,JO, Suzuki,KW, Yokoyama,H, Yamashita,Y Omweri,JO, Suzuki,KW, Yokoyama,H, Yamashita,Y Omweri,JO, Suzuki,KW, Yokoyama,H, Yamashita,Y Influence of sea-water intrusion, salinity and temperature on the ecology of mysid Neomysis awatschensis in Yura river-estuary, Central Japan Influence of sea-water intrusion, salinity and temperature on the ecology of mysid Neomysis awatschensis in Yura river-estuary, Central Japan Influence of sea-water intrusion, salinity and temperature on the ecology of mysid Neomysis awatschensis in Yura river-estuary, Central Japan ECSA(Estuarine Coastal Shelf Association), GS3C O3-39 ECSA(Estuarine Coastal Shelf Association), GS3C O3-39 ECSA(Estuarine Coastal Shelf Association), GS3C O3-39 2016/09 英語 公開
笠井 亮秀, 曽我部 共生, 鈴木 勇人, 鈴木 啓太, 山下 洋 笠井 亮秀, 曽我部 共生, 鈴木 勇人, 鈴木 啓太, 山下 洋 スズキ稚魚の成長に伴う成育場利用の変化 スズキ稚魚の成長に伴う成育場利用の変化 平成28年度日本水産学会春季大会, p.40 平成28年度日本水産学会春季大会, p.40 , p.40 2016/03/27 日本語 公開
曽我部 共生, 鈴木 勇人, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋 曽我部 共生, 鈴木 勇人, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋 丹後海におけるスズキ仔稚魚の成育場の利用特性 ポスター 丹後海におけるスズキ仔稚魚の成育場の利用特性 ポスター 日本生態学会第63回仙台大会 日本生態学会第63回仙台大会 2016/03 日本語 公開
曽我部 共生, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋, 荒井 修亮, 鈴木 勇人 曽我部 共生, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 山下 洋, 荒井 修亮, 鈴木 勇人 丹後海舞鶴湾におけるスズキ稚魚の成育場の利用特性 丹後海舞鶴湾におけるスズキ稚魚の成育場の利用特性 2015年度日本水産学会近畿支部後期例会, p.13 2015年度日本水産学会近畿支部後期例会, p.13 , p.13 2015/12/13 日本語 公開
山? 哲也, 澤田 英樹, 上野 正博, 鈴木 啓太, 横山 壽, 山下 洋 山? 哲也, 澤田 英樹, 上野 正博, 鈴木 啓太, 横山 壽, 山下 洋 若狭湾西部丹後海の底生動物群集 若狭湾西部丹後海の底生動物群集 2015年度日本水産学会近畿支部後期例会, p.15 2015年度日本水産学会近畿支部後期例会, p.15 , p.15 2015/12/13 日本語 公開
笠井亮秀, 冨士泰期, 曽我部共生, 政友明秀, 鈴木啓太, 山下洋 笠井亮秀, 冨士泰期, 曽我部共生, 政友明秀, 鈴木啓太, 山下洋 丹後海におけるスズキの初期生活史 丹後海におけるスズキの初期生活史 東京大学大気海洋研究所共同利用集会「海洋における生物生産機構の多様性と連関−黒潮生態系から沿岸複合生態系まで−」 東京大学大気海洋研究所共同利用集会「海洋における生物生産機構の多様性と連関−黒潮生態系から沿岸複合生態系まで−」 2015/12/02 日本語 公開
木村 伸吾, 笠井 亮秀, 伊藤 幸彦, 銭本 慧, 竹茂 愛吾, 三宅 陽一, 鈴木 啓太, 山下 洋, 渡邊 良朗 木村 伸吾, 笠井 亮秀, 伊藤 幸彦, 銭本 慧, 竹茂 愛吾, 三宅 陽一, 鈴木 啓太, 山下 洋, 渡邊 良朗 複合生態研究における丹後海の流動環境 複合生態研究における丹後海の流動環境 東京大学大気海洋研究所共同利用集会「海洋における生物生産機構の多様性と連関−黒潮生態系から沿岸複合生態系まで−」 東京大学大気海洋研究所共同利用集会「海洋における生物生産機構の多様性と連関−黒潮生態系から沿岸複合生態系まで−」 2015/12/01 日本語 公開
山下洋, 笠井亮秀, 冨士泰期, 秋山諭, 渡辺謙太, 上野正博, 鈴木啓太 山下洋, 笠井亮秀, 冨士泰期, 秋山諭, 渡辺謙太, 上野正博, 鈴木啓太 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-4.スズキ稚魚による丹後海複合生態系の利用、口頭 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-4.スズキ稚魚による丹後海複合生態系の利用、口頭 平成32年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 平成32年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 , p.63 2015/03 日本語 公開
笠井亮秀, 安佛かおり, 尹錫鎭, 鈴木啓太, 山下洋, 渡辺謙太, 舟橋達宏 笠井亮秀, 安佛かおり, 尹錫鎭, 鈴木啓太, 山下洋, 渡辺謙太, 舟橋達宏 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-3.丹後海における基礎生産構造、口頭 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-3.丹後海における基礎生産構造、口頭 平成31年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 平成31年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 , p.63 2015/03 日本語 公開
木村伸吾, 笠井亮秀, 伊藤幸彦, 銭本慧, 竹茂愛吾, 三宅陽一, 鈴木啓太, 山下洋, 渡邊良朗 木村伸吾, 笠井亮秀, 伊藤幸彦, 銭本慧, 竹茂愛吾, 三宅陽一, 鈴木啓太, 山下洋, 渡邊良朗 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-2.丹後海の流れとスズキ仔魚の輸送・生残 口頭 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能-2.丹後海の流れとスズキ仔魚の輸送・生残 口頭 平成30年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 平成30年度日本水産学会春季大会講演要旨集, p.63 , p.63 2015/03 日本語 公開
曽我部共生, 高林長将, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋 曽我部共生, 高林長将, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋 生息環境ごとのスズキ仔稚魚の成長の差異とその要因、口頭 生息環境ごとのスズキ仔稚魚の成長の差異とその要因、口頭 2014年度水産学会近畿支部例会講演要旨集, p.8 2014年度水産学会近畿支部例会講演要旨集, p.8 , p.8 2014/11/22 日本語 公開
高林長将, 曽我部共生, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋, 栗田豊 高林長将, 曽我部共生, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋, 栗田豊 スズキ稚魚食性の海域間比較、口頭 スズキ稚魚食性の海域間比較、口頭 2014年度水産学会近畿支部例会講演要旨集, p.9 2014年度水産学会近畿支部例会講演要旨集, p.9 , p.9 2014/11/22 日本語 公開
田城文人, 佐藤崇, 鈴木啓太, 佐藤圭一 田城文人, 佐藤崇, 鈴木啓太, 佐藤圭一 田城文人, 佐藤崇, 鈴木啓太, 佐藤圭一 若狭湾で採集されたサケガシラ属魚類 若狭湾で採集されたサケガシラ属魚類 若狭湾で採集されたサケガシラ属魚類 日本魚類学会年会講演要旨, 47th, 66 日本魚類学会年会講演要旨, 47th, 66 日本魚類学会年会講演要旨, 47th, 66 2014/11/14 日本語 公開
冨士泰期, 鈴木啓太, 上野正博, 笠井亮秀, 山下洋 冨士泰期, 鈴木啓太, 上野正博, 笠井亮秀, 山下洋 沿岸性魚類スズキにおける河川・河口域の重要性 沿岸性魚類スズキにおける河川・河口域の重要性 2014年度生物地球化学研究会講演要旨集 2014年度生物地球化学研究会講演要旨集 2014/10/24 日本語 公開
桑原卓哉, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下 洋, 岩本有司, 小路 淳 桑原卓哉, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下 洋, 岩本有司, 小路 淳 異なる河川におけるスズキ稚魚の摂餌生態と成長〜下流域におけるアミ類の分布と稚魚の摂餌〜 口頭 異なる河川におけるスズキ稚魚の摂餌生態と成長〜下流域におけるアミ類の分布と稚魚の摂餌〜 口頭 平成26年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.79 平成26年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.79 , p.79 2014/09/20 日本語 公開
井上博, 山崎哲也, 澤田英樹, 鈴木啓太, 上野正博, 山下洋 井上博, 山崎哲也, 澤田英樹, 鈴木啓太, 上野正博, 山下洋 丹後海におけるカニ類の群集構造について ポスター 丹後海におけるカニ類の群集構造について ポスター 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会講演要旨集, p.155 平成26年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会講演要旨集, p.155 , p.155 2014/09/04 日本語 公開
和田敏裕, 有瀧真人, 冨山毅, 中山耕至, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋, 田中克 和田敏裕, 有瀧真人, 冨山毅, 中山耕至, 鈴木啓太, 笠井亮秀, 山下洋, 田中克 東北海域におけるホシガレイ仔稚魚の採捕記録と成長 東北海域におけるホシガレイ仔稚魚の採捕記録と成長 平成26年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.80 平成26年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.80 , p.80 2014/09 日本語 公開
鈴木啓太, 中山耕至, 田中克 鈴木啓太, 中山耕至, 田中克 Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Nursery habitats for semi-endemic fish species in the Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan Nursery habitats for semi-endemic fish species in the Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan Nursery habitats for semi-endemic fish species in the Chikugo River estuary, Ariake Sea, Japan 39th Annual Larval Fish Conference 39th Annual Larval Fish Conference 39th Annual Larval Fish Conference 2014/08 英語 公開
桑原拓哉, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井明秀, 山下 洋, 岩本裕治, 小路淳 桑原拓哉, 冨士泰期, 鈴木啓太, 笠井明秀, 山下 洋, 岩本裕治, 小路淳 日本海と瀬戸内海に流入する河川におけるスズキの初期生態:特に栄養段階の違いについて(ポスター) 日本海と瀬戸内海に流入する河川におけるスズキの初期生態:特に栄養段階の違いについて(ポスター) 平成26年度日本水産学会春季大会, p.157 平成26年度日本水産学会春季大会, p.157 , p.157 2014/03/28 日本語 公開
舟橋達宏, 笠井亮秀, 鈴木啓太, 上野正博, 山下 洋 舟橋達宏, 笠井亮秀, 鈴木啓太, 上野正博, 山下 洋 若狭湾西部海域における一次生産構造の季節変化 (口頭発表) 若狭湾西部海域における一次生産構造の季節変化 (口頭発表) 平成26年度日本水産学会春季大会, p.137 平成26年度日本水産学会春季大会, p.137 , p.137 2014/03/28 日本語 公開
Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Food sources for oligohaline copepods in the estuarine turbidity maximum, Ariake Sea, southwestern Japan Food sources for oligohaline copepods in the estuarine turbidity maximum, Ariake Sea, southwestern Japan Food sources for oligohaline copepods in the estuarine turbidity maximum, Ariake Sea, southwestern Japan ASLO Aquatic Sciences Meeting 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting 2012 ASLO Aquatic Sciences Meeting 2012 2012/06 英語 公開
Suzuki KW, Robert D, Darnis G, Sampei M, Bélanger S, Fortier L Suzuki KW, Robert D, Darnis G, Sampei M, Bélanger S, Fortier L Suzuki KW, Robert D, Darnis G, Sampei M, Bélanger S, Fortier L Increase of small copepods with relation to shrinking sea ice in the southeastern Beaufort Sea, Canadian Arctic Increase of small copepods with relation to shrinking sea ice in the southeastern Beaufort Sea, Canadian Arctic Increase of small copepods with relation to shrinking sea ice in the southeastern Beaufort Sea, Canadian Arctic International Polar Year 2012 Conference International Polar Year 2012 Conference International Polar Year 2012 Conference 2012/04 英語 公開
Wada,T, Mitsunaga,N, Suzuki,KW, Tomiyama,T, Yamashita,Yoh, Tanaka,M Wada,T, Mitsunaga,N, Suzuki,KW, Tomiyama,T, Yamashita,Yoh, Tanaka,M Wada,T, Mitsunaga,N, Suzuki,KW, Tomiyama,T, Yamashita,Yoh, Tanaka,M Inter-Specific Comparisons of Recruitment Characteristics Explain the Rarity of the Pleuronectid Flatfish Verasper Variegatus Inter-Specific Comparisons of Recruitment Characteristics Explain the Rarity of the Pleuronectid Flatfish Verasper Variegatus Inter-Specific Comparisons of Recruitment Characteristics Explain the Rarity of the Pleuronectid Flatfish Verasper Variegatus The 8th Internationa Flatfish Symposium, p.89-90 The 8th Internationa Flatfish Symposium, p.89-90 The 8th Internationa Flatfish Symposium, p.89-90 2011 英語 公開
Suzuki KW, Kanematsu Y, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Kanematsu Y, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Kanematsu Y, Nakayama K, Tanaka M Micro-distribution and feeding habits of larvae and juveniles of long-tailed anchovy in relation to the estuarine turbidity maximum in the Ariake Sea, Japan Micro-distribution and feeding habits of larvae and juveniles of long-tailed anchovy in relation to the estuarine turbidity maximum in the Ariake Sea, Japan Micro-distribution and feeding habits of larvae and juveniles of long-tailed anchovy in relation to the estuarine turbidity maximum in the Ariake Sea, Japan 34th Annual Larval Fish Conference 34th Annual Larval Fish Conference 34th Annual Larval Fish Conference 2010/05 英語 公開
Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Early life of the temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, Japan Early life of the temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, Japan Early life of the temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, Japan Techno-Ocean 2010 A New Era of the Ocean Final Program, p.29 Techno-Ocean 2010 A New Era of the Ocean Final Program, p.29 Techno-Ocean 2010 A New Era of the Ocean Final Program, p.29 2010 英語 公開
Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Fuji,Taiki, Kasai,Akihide, Suzuki,Keita, Ueno,Masahiro, Yamashita,Yoh Food habits and migration pattern of the Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus in the Yura River Estuary Food habits and migration pattern of the Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus in the Yura River Estuary Food habits and migration pattern of the Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus in the Yura River Estuary International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia,講演要旨集, p.121 International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia,講演要旨集, p.121 International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia,講演要旨集, p.121 2010 英語 公開
鈴木啓太, 郭 又皙, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 郭 又皙, 中山耕至, 田中 克 韓国錦江河口域における粒状有機物の動態-ダムによる高濁度汽水域の消失- 韓国錦江河口域における粒状有機物の動態-ダムによる高濁度汽水域の消失- 2009年度日本水産学会秋季大会 2009年度日本水産学会秋季大会 2009/10 日本語 公開
鈴木啓太, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 中山耕至, 田中 克 有明海流入河川の低塩分汽水域における浮遊性カイアシ類優占種の水平分布-特産種と非特産種の比較- 有明海流入河川の低塩分汽水域における浮遊性カイアシ類優占種の水平分布-特産種と非特産種の比較- 2009年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会 2009年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会 2009/10 日本語 公開
鈴木啓太, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 中山耕至, 田中 克 森と里と海のつながり4. 有明海特産ツノナガハマアミHyperacanthomysis longirostrisの水平分布と個体群動態 森と里と海のつながり4. 有明海特産ツノナガハマアミHyperacanthomysis longirostrisの水平分布と個体群動態 2009年度日本水産学会春季大会 2009年度日本水産学会春季大会 2009/03 日本語 公開
鈴木啓太, 笠井亮秀, 杉本 亮, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 笠井亮秀, 杉本 亮, 中山耕至, 田中 克 森と里と海のつながり3. 夏季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態-流量変動の影響- 森と里と海のつながり3. 夏季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態-流量変動の影響- 2009年度日本水産学会春季大会 2009年度日本水産学会春季大会 2009/03 日本語 公開
冨士 泰期, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 上野 正博, 山下 洋 冨士 泰期, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 上野 正博, 山下 洋 強成層型河口域におけるスズキ稚魚の淡水域への回遊 強成層型河口域におけるスズキ稚魚の淡水域への回遊 2009年度水産学会近畿支部後期例会講演要旨集, p.6 2009年度水産学会近畿支部後期例会講演要旨集, p.6 2009 日本語 公開
冨士 泰期, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 上野 正博, 山下 洋 冨士 泰期, 笠井 亮秀, 鈴木 啓太, 上野 正博, 山下 洋 安定同位体比を用いたスズキ仔稚魚の回遊推定 安定同位体比を用いたスズキ仔稚魚の回遊推定 2009年度水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, p.32 2009年度水産海洋学会研究発表大会講演要旨集, p.32 2009 日本語 公開
Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Suzuki KW, Nakayama K, Tanaka M Timing of upstream migration of Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles assessed at the level of individual specimens using stable carbon isotope ratios Timing of upstream migration of Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles assessed at the level of individual specimens using stable carbon isotope ratios Timing of upstream migration of Japanese temperate bass (Lateolabrax japonicus) juveniles assessed at the level of individual specimens using stable carbon isotope ratios 5th World Fisheries Congress 5th World Fisheries Congress 5th World Fisheries Congress 2008/10 英語 公開
鈴木啓太 鈴木啓太 有明海筑後川河口域におけるスズキの初期回遊生態 有明海筑後川河口域におけるスズキの初期回遊生態 2007年度日本水産学会秋季大会: 水産生物の生態研究における安定同位体比分析の現状と展望 (シンポジウム) 2007年度日本水産学会秋季大会: 水産生物の生態研究における安定同位体比分析の現状と展望 (シンポジウム) 2007/09 日本語 公開
鈴木啓太, 杉本 亮, 笠井亮秀, 小路 淳, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 杉本 亮, 笠井亮秀, 小路 淳, 中山耕至, 田中 克 春季の筑後川高濁度汽水域における粒状有機物の動態-炭素安定同位体比の応用- 春季の筑後川高濁度汽水域における粒状有機物の動態-炭素安定同位体比の応用- 2007年度日本水産学会春季大会 2007年度日本水産学会春季大会 2007/03 日本語 公開
和田 敏裕, 光永 直樹, 鈴木 啓太, 山下 洋, 田中 克 和田 敏裕, 光永 直樹, 鈴木 啓太, 山下 洋, 田中 克 ホシガレイとヒラメの加入機構比較−ホシガレイの希少性の原因を探る− ホシガレイとヒラメの加入機構比較−ホシガレイの希少性の原因を探る− 平成19年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.131 平成19年度日本水産学会秋季大会講演要旨集, p.131 2007 日本語 公開
鈴木啓太, 笠井亮秀, 太田太郎, 礒田能年, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 笠井亮秀, 太田太郎, 礒田能年, 中山耕至, 田中 克 有明海産スズキ稚魚の河川遡上生態-安定同位体比からのアプローチ- 有明海産スズキ稚魚の河川遡上生態-安定同位体比からのアプローチ- 2005年度日本水産学会春季大会 2005年度日本水産学会春季大会 2005/03 日本語 公開
鈴木啓太, 笠井亮秀, 太田太郎, 中山耕至, 田中 克 鈴木啓太, 笠井亮秀, 太田太郎, 中山耕至, 田中 克 有明海産スズキ稚魚の生態解明への安定同位体比の応用-基礎情報としての濃縮係数と半減期の決定- 有明海産スズキ稚魚の生態解明への安定同位体比の応用-基礎情報としての濃縮係数と半減期の決定- 2004年度日本水産学会春季大会 2004年度日本水産学会春季大会 2004/03 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
富永 修, 高井則之, 鈴木啓太 富永 修, 高井則之, 鈴木啓太 「安定同位体スコープで覗く海の動物たちの生態-シジミからクジラまで-」, 有明海筑後川河口域におけるスズキの初期回遊生態 「安定同位体スコープで覗く海の動物たちの生態-シジミからクジラまで-」, 有明海筑後川河口域におけるスズキの初期回遊生態 恒星社厚生閣. 水産学シリーズ 159 恒星社厚生閣. 水産学シリーズ 159 2008 日本語 公開
田中 克, 田川正朋, 中山耕至, 鈴木啓太 田中 克, 田川正朋, 中山耕至, 鈴木啓太 「稚魚学-多様な生理生態を探る」, 安定同位体比よりみたスズキ当歳魚の汽水域回遊 「稚魚学-多様な生理生態を探る」, 安定同位体比よりみたスズキ当歳魚の汽水域回遊 生物研究社 生物研究社 2008 日本語 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第5回世界水産会議優秀ポスター賞 The 5th World Fisheries Congress Best Poster Presentation 第5回世界水産会議組織委員会 The 5th World Fisheries Congress Organizing Committee 2006/10/24
水産海洋学会論文賞 Best Research Article of the Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 水産海洋学会 The Japanese Society of Fisheries Oceanography 2008/03/26
日本プランクトン学会学生優秀発表賞 Best Student Presentation at the Joint Meeting of the Japanese Association of Benthology and the Plankton Society of Japan 日本プランクトン学会 The Plankton Society of Japan 2009/10/26
水産海洋学会論文賞 Best Research Article of the Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 水産海洋学会 The Japanese Society of Fisheries Oceanography 2011/03/26
水産海洋学会奨励賞 Incentive Award of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 水産海洋学会 The Japanese Society of Fisheries Oceanography 2016/03/14
日本水産学会論文賞 日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science 2021/03/28
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
Dispatches from the International Polar Year Conference 2012: Part 2. Scientific Canadian (edited by Tyler Irving) URL: http://tylerirving.ca/?p=680 2012/04/27
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
日本学術振興会特別研究員 (DC1) 研究奨励金 代表 有明海「大陸沿岸遺存生態系」仮説: 主要河川間の比較と安定同位体比の応用による検証 'Continental relict coastal ecosystem' in the Ariake Sea: comparative studies among estuaries using stable isotopes 2005/04/01〜2008/03/31
日本学術振興会特別研究員 (DC1) 研究費 代表 有明海「大陸沿岸遺存生態系」仮説: 主要河川間の比較と安定同位体比の応用による検証 'Continental relict coastal ecosystem' in the Ariake Sea: comparative studies among estuaries using stable isotopes 2005/04/01〜2008/03/31
基盤研究(C) 代表 気候変動にともなう水循環の変化が日本海側沿岸域の低次生物生産に与える影響 2020/04/01〜2024/03/31
基盤研究(A) 分担 スズキ資源の安定性を支える柔軟な河川利用生態の解明 2020/04/01〜2023/03/31
基盤研究(B) 分担 沿岸浅海域における地下水湧出と低次生産過程の統合的研究 2021/04/01〜2025/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
FQRNT (ケベック自然科学・工学研究基金) 留学生奨学金 鈴木啓太 カナダ北極海域の動物プランクトン群集構造に対する気候変動の影響 Impacts of climate change on the zooplankton community structure in the Canadian Arctic Ocean 2011/05/01〜2012/04/30
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
里海生態保全学演習 Seminar in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
里海生態保全学専攻実験 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
里海生態保全学演習 Seminar in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
里海生態保全学専攻実験 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森里海連環学実習I Exercises in Ecological Interactions between Forests and Coastal Areas I 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
森里海連環学実習I Exercises in Ecological Interactions between Forests and Coastal Areas I 前期集中 全学共通科目 2015/04〜2016/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2015/04〜2016/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期 農学部 2015/04〜2016/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
里海生態保全学専攻実験 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
里海生態保全学演習 Seminar in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森里海連環学実習I Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I 前期集中 全学共通科目 2016/04〜2017/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2016/04〜2017/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期 農学部 2016/04〜2017/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期 農学部 2016/04〜2017/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期 農学部 2016/04〜2017/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
里海生態保全学専攻実験 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
里海生態保全学演習 Seminar in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森里海連環学実習I Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I 前期集中 全学共通科目 2017/04〜2018/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2017/04〜2018/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期集中 農学部 2017/04〜2018/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2017/04〜2018/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期集中 農学部 2017/04〜2018/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
里海生態保全学専攻実験 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
里海生態保全学演習 Seminar in Coastal Marine Ecology 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
森里海連環学実習I Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I 前期集中 全学共通科目 2018/04〜2019/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2018/04〜2019/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期集中 農学部 2018/04〜2019/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2018/04〜2019/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期集中 農学部 2018/04〜2019/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
森里海連環学実習I Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I 前期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2019/04〜2020/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期集中 農学部 2019/04〜2020/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2019/04〜2020/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期集中 農学部 2019/04〜2020/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2019/04〜2020/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2019/04〜2020/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2019/04〜2020/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2019/04〜2020/03
森里海連環学実習I:芦生研究林-由良川-丹後海のつな … Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I : Field Study on Connectivity of Ashiu Research Forest, ... 前期集中 全学共通科目 2020/04〜2021/03
海洋生態学特論 Ecology of Marine Living Resources 前期集中 農学研究科 2020/04〜2021/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2020/04〜2021/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期集中 農学部 2020/04〜2021/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2020/04〜2021/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期集中 農学部 2020/04〜2021/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2020/04〜2021/03
森里海統合管理学 Integrated Forest to Coastal Management 前期 地球環境学舎 2021/04〜2022/03
森里海連環学実習I:芦生研究林-由良川-丹後海のつな … Field Study on Connectivity of Hills, Humans and Oceans I : Field Study on Connectivity of Ashiu Research Forest, ... 前期集中 全学共通科目 2021/04〜2022/03
海洋生物生態学 Ecology of Marine Organisms 前期 農学部 2021/04〜2022/03
海洋生物科学技術論と実習II Practical Course in Marine Bioscience and Technology II 前期集中 農学部 2021/04〜2022/03
海洋生物科学技術論と実習I Practical Course in Marine Bioscience and Technology I 前期集中 農学部 2021/04〜2022/03
海洋生物科学技術論と実習IV Practical Course in Marine Bioscience and Technology IV 後期集中 農学部 2021/04〜2022/03
里海生態保全学専攻実験1 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
里海生態保全学専攻実験2 Laboratory Course in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
里海生態保全学演習1 Seminar in Coastal Marine Ecology1 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03
里海生態保全学演習2 Seminar in Coastal Marine Ecology2 通年 農学研究科 2021/04〜2022/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティ委員会 委員、部局情報セキュリティ技術責任者 2015/04/01〜
広報委員会 委員 2015/04/01〜
研究プログラム委員会 2014/04/01〜2017/03/31
図書委員会 委員 2017/04/01〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
水産海洋学会 The Japanese Society of Fisheries Oceanography 水産海洋研究 Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 編集委員 2015/04/01〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
水産海洋学会 日本海研究集会 事業委員 2021/04/01〜
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
サイエンスツアー 環境観測と生物採集 兵庫県立神戸高等学校 兵庫県 2013/06/15
野外実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2013/07/23
フィールド科学実習 環境観測と生物採集 兵庫県立西宮今津高等学校 兵庫県 2013/07/26
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2013/07/29
サイエンスキャンプ 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2013/07/31
サイエンスツアー 環境観測と生物採集 兵庫県立神戸高等学校 兵庫県 2013/08/03
サイエンスツアー 環境観測と生物採集 兵庫県立神戸高等学校 兵庫県 2014/06/14
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2014/07/22
野外実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2014/07/24
フィールド科学実習 環境観測と生物採集 兵庫県立西宮今津高等学校 兵庫県 2014/07/30
サイエンスキャンプ 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2014/07/31
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2015/07/23
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2015/07/27
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2015/07/29
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2016/07/21
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2016/07/27
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2016/08/01
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2017/07/24
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2017/07/26
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2017/07/31
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2018/07/23
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2018/07/25
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立南陽高等学校 京都府 2018/07/30
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2019/07/22
臨海実習 シュノーケリング 京都教育大学附属高等学校 京都府 2019/07/24
夏季実習 環境観測と生物採集 京都府立西舞鶴高等学校 京都府 2020/08/04

  • <<
  • >>
  • 表示
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Université Laval Department of Biology Community ecology of zooplankton and fish in the Arctic Ocean Canada 2010/07/01〜2013/03/31