三好 知一郎

最終更新日時: 2019/10/04 11:10:34

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
三好 知一郎/ミヨシ トモイチロウ/Miyoshi, Tomoichiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/統合生命科学専攻遺伝機構学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
理学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
日本癌学会 Japanese Cancer Association
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 東京工業大学
博士(理学) 東京工業大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京工業大学 大学院生命理工学研究科修士課程生命情報専攻 修了
東京工業大学 大学院生命理工学研究科博士後期課程生命情報専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京工業大学 生命理工学部生命理学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2004/04/〜2007/11/ 京都大学大学院生命科学研究科 Graduate School of Biostudies, Kyoto University 研究員 Post-doctoral Fellow
2007/11/〜2012/03/ 東京大学大学院 総合文化研究科 Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo 研究員 Post-doctoral Fellow
2009/04/〜2012/03/ 東京大学大学院 総合文化研究科 Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo 日本学術振興会特別研究員 (PD) Post-doctoral Fellow
2012/04/〜2015/10/ ミシガン大学人類遺伝学科 Department of Human Genetics, the University of Michigan Medical School 研究員 Post-doctoral Fellow
2015/11/〜 京都大学大学院 生命科学研究科 Graduate School of Biostudies, Kyoto University 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
生命の設計図に入り込んだ転移因子(トランスポゾン)の動態を明らかにすることで、生命のゲノムの可塑性や我々の細胞に備わっている転移因子への防御機構、そしてそれらの細胞機能恒常性への寄与を通して、生命への深い理解につなげたい。
(英語)
I would like to understand the molecular mechanisms that regulate transposable elements called "jumping genes". These elements give an impact on genome instability and tell us how our genome structure has been organized through evolution.
個人ホームページ
URL
http://www.fish.lif.kyoto-u.ac.jp/NewLabHP_EN/home_en.html
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000014131
研究テーマ
(日本語)
染色体テロメアの機能構造、ヒトレトロトランスポゾンLINE-1の転移機構
(英語)
Molecular Dissection of Telomere Functions、Mechanisms of human LINE-1 retrotransposition
研究概要
(日本語)
トランスポゾン(転移因子)は、ゲノム上を移動する可動性の因子であり、大きく分けてカット&ペーストで動くDNAトランスポゾンと、コピー&ペーストで移動するレトロトランスポゾンに大別される。我々はヒトゲノムで唯一自律的に転移することが可能なLong INterspersed Element-1 (LINE-1またはL1)と呼ばれる因子に着目し、どのようにゲノム上を伝播していくのか、その分子機構と細胞に与える影響について研究を行っている。
(英語)
Our group is interested in investigating transposable elements or "jumping genes" that comprise ~45% of the human genome. These elements can mobilize within the genome resulting in intra- and inter-genetic variation, and cause gene disruption associated with sporadic genetic diseases. Specifically, we are interested in uncovering the mechanisms that regulate LINE-1 retrotransposon.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
染色体、テロメア、レトロトランスポゾン chromosome, telomere, retrotransposon
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Tomoichiro Miyoshi, Takeshi Makino, John V. Moran Tomoichiro Miyoshi, Takeshi Makino, John V. Moran Poly(ADP-Ribose) Polymerase 2 Recruits Replication Protein A to Sites of LINE-1 Integration to Facilitate Retrotransposition Poly(ADP-Ribose) Polymerase 2 Recruits Replication Protein A to Sites of LINE-1 Integration to Facilitate Retrotransposition Poly(ADP-Ribose) Polymerase 2 Recruits Replication Protein A to Sites of LINE-1 Integration to Facilitate Retrotransposition Molecular Cell, 75, 1286-1298 Molecular Cell, 75, 1286-1298 Molecular Cell, 75, 1286-1298 2019/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takemata N., Oda A., Yamada T., Galipon J., Miyoshi T., Suzuki Y., Sugano S., Hoffman C.S., Hirota K., Ohta K. Takemata N., Oda A., Yamada T., Galipon J., Miyoshi T., Suzuki Y., Sugano S., Hoffman C.S., Hirota K., Ohta K. Local potentiation of stress-responsive genes by upstream noncoding transcription Local potentiation of stress-responsive genes by upstream noncoding transcription Local potentiation of stress-responsive genes by upstream noncoding transcription Nucleic Acids Res., 44, 5174-5189 Nucleic Acids Res., 44, 5174-5189 Nucleic Acids Res., 44, 5174-5189 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kopera H.C., Flasch D.A., Nakamura M., Miyoshi T., Doucet A.J., Moran J.V. Kopera H.C., Flasch D.A., Nakamura M., Miyoshi T., Doucet A.J., Moran J.V. LEAP: LINE-1 Element Amplification Protocol LEAP: LINE-1 Element Amplification Protocol LEAP: LINE-1 Element Amplification Protocol Methods Mol. Biol., 1400, 339-355 Methods Mol. Biol., 1400, 339-355 Methods Mol. Biol., 1400, 339-355 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Doucet A.J., Wilusz J.E., Miyoshi T., Liu Y., Moran J.V. Doucet A.J., Wilusz J.E., Miyoshi T., Liu Y., Moran J.V. A 3’ poly(A) tract is required for LINE-1 retrotransposition A 3’ poly(A) tract is required for LINE-1 retrotransposition A 3’ poly(A) tract is required for LINE-1 retrotransposition Molecular Cell, 60, 728-741 Molecular Cell, 60, 728-741 Molecular Cell, 60, 728-741 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Oda A., Takemata N., Hirata Y., Miyoshi T., Suzuki Y., Sugano S., Ohta K. Oda A., Takemata N., Hirata Y., Miyoshi T., Suzuki Y., Sugano S., Ohta K. Dynamic transition of transcription and chromatin landscape during fission yeast adaptation to glucose starvation Dynamic transition of transcription and chromatin landscape during fission yeast adaptation to glucose starvation Dynamic transition of transcription and chromatin landscape during fission yeast adaptation to glucose starvation Genes Cells, 20, 392-407 Genes Cells, 20, 392-407 Genes Cells, 20, 392-407 2015 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miyoshi T., Ito M., Ohta K. Miyoshi T., Ito M., Ohta K. Spatiotemporal regulation of meiotic recombination by Liaisonin Spatiotemporal regulation of meiotic recombination by Liaisonin Spatiotemporal regulation of meiotic recombination by Liaisonin Bioarchitecture, 3, 20-24 Bioarchitecture, 3, 20-24 Bioarchitecture, 3, 20-24 2013 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miyoshi T.,* Ito M.,* Kugou K., Yamada S., Furuichi M., Oda A., Yamada T., Hirota K., Masai H., Ohta K. Miyoshi T.,* Ito M.,* Kugou K., Yamada S., Furuichi M., Oda A., Yamada T., Hirota K., Masai H., Ohta K. A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S-phase checkpoint A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S-phase checkpoint A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S-phase checkpoint Molecular Cell, 47, 722-733 Molecular Cell, 47, 722-733 Molecular Cell, 47, 722-733 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
太田 邦史、小田 有沙、Josephine Galipon、竹俣 直道、三好 知一郎、廣田 耕志 太田 邦史、小田 有沙、Josephine Galipon、竹俣 直道、三好 知一郎、廣田 耕志 長鎖ncRNAによるクロマチン・転写活性化の制御 長鎖ncRNAによるクロマチン・転写活性化の制御 実験医学, 29, 1722-1726 実験医学, 29, 1722-1726 , 29, 1722-1726 2011 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miyoshi T., Kanoh J., Ishikawa F. Miyoshi T., Kanoh J., Ishikawa F. Fission yeast Ku protein is required for recovery from DNA replication stress Fission yeast Ku protein is required for recovery from DNA replication stress Fission yeast Ku protein is required for recovery from DNA replication stress Genes Cells, 14, 1091-1103 Genes Cells, 14, 1091-1103 Genes Cells, 14, 1091-1103 2009 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hirota K., Miyoshi T., Kugou K., Hoffman C.S., Shibata T., Ohta K. Hirota K., Miyoshi T., Kugou K., Hoffman C.S., Shibata T., Ohta K. Stepwise chromatin remodelling by a cascade of transcription initiation of non-coding RNAs Stepwise chromatin remodelling by a cascade of transcription initiation of non-coding RNAs Stepwise chromatin remodelling by a cascade of transcription initiation of non-coding RNAs Nature, 456, 130-134 Nature, 456, 130-134 Nature, 456, 130-134 2008 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miyoshi T., Kanoh J., Saito M., Ishikawa F. Miyoshi T., Kanoh J., Saito M., Ishikawa F. Fission yeast Pot1-Tpp1 protects telomeres and regulates telomere length Fission yeast Pot1-Tpp1 protects telomeres and regulates telomere length Fission yeast Pot1-Tpp1 protects telomeres and regulates telomere length Science, 320, 1341-1344 Science, 320, 1341-1344 Science, 320, 1341-1344 2008 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
三好 知一郎、石川 冬木 三好 知一郎、石川 冬木 ヒトと分裂酵母で保存されたテロメアの最末端構造 ヒトと分裂酵母で保存されたテロメアの最末端構造 蛋白質 核酸 酵素, 53, 1850-1857 蛋白質 核酸 酵素, 53, 1850-1857 , 53, 1850-1857 2008 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
三好 知一郎、石川 冬木 三好 知一郎、石川 冬木 分裂酵母Pot1-Tpp1による染色体末端保護とテロメア長制御 分裂酵母Pot1-Tpp1による染色体末端保護とテロメア長制御 実験医学 , 26, 2601-2605 実験医学 , 26, 2601-2605 , 26, 2601-2605 2008 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miyoshi T., Sadaie M., Kanoh J., Ishikawa F. Miyoshi T., Sadaie M., Kanoh J., Ishikawa F. Telomeric DNA ends are essential for the localization of Ku at telomeres in fission yeast Telomeric DNA ends are essential for the localization of Ku at telomeres in fission yeast Telomeric DNA ends are essential for the localization of Ku at telomeres in fission yeast J. Biol. Chem., 278, 1924-1931 J. Biol. Chem., 278, 1924-1931 J. Biol. Chem., 278, 1924-1931 2003 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
ヒト転移因子LINE-1の転移機構の解析[招待あり] ヒト転移因子LINE-1の転移機構の解析 [招待あり] 染色体研究の最前線 染色体研究の最前線 2019/03 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
宿主DNA修復因子を介したヒトL1レトロトランスポゾンの転移機構[招待あり] 宿主DNA修復因子を介したヒトL1レトロトランスポゾンの転移機構 [招待あり] Human L1 retrotransposition via a host DNA repair system [招待あり] 第90回日本遺伝学会 第90回日本遺伝学会 2018/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
ヒトL1 レトロトランスポゾンの転移機構 ヒトL1 レトロトランスポゾンの転移機構 第35回 染色体ワークショップ 第16回 核ダイナミクス研究会 第35回 染色体ワークショップ 第16回 核ダイナミクス研究会 2017/11/20 日本語 口頭発表(一般) 公開
Identification and Characterization of Host Proteins that Regulate Human LINE-1 Retrotransposition[招待あり] Identification and Characterization of Host Proteins that Regulate Human LINE-1 Retrotransposition [招待あり] Identification and Characterization of Host Proteins that Regulate Human LINE-1 Retrotransposition [招待あり] 14th International Student Seminar 14th International Student Seminar 14th International Student Seminar 2016/03/09 英語 口頭発表(招待・特別) 公開
宿主因子による哺乳類レトロトランスポゾンLINE-1 の転移制御機構[招待あり] 宿主因子による哺乳類レトロトランスポゾンLINE-1 の転移制御機構 [招待あり] 国際高等研究所 研究プロジェクト 「クロマチン・デコーディング」 国際高等研究所 研究プロジェクト 「クロマチン・デコーディング」 2015/12/19 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
Identification and Characterization of Host Proteins that Interact with the Human LINE-1 ORF2-encoded Protein Identification and Characterization of Host Proteins that Interact with the Human LINE-1 ORF2-encoded Protein Identification and Characterization of Host Proteins that Interact with the Human LINE-1 ORF2-encoded Protein EMBL Symposium: The Mobile Genome: Genetic and Physiological Impacts of Transposable Elements EMBL Symposium: The Mobile Genome: Genetic and Physiological Impacts of Transposable Elements EMBL Symposium: The Mobile Genome: Genetic and Physiological Impacts of Transposable Elements 2015/09/16 英語 口頭発表(一般) 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
Brown T.A. Brown T.A. Brown T.A. ゲノム4 ゲノム4 Genome 4 メディカル・サイエンス・インターナショナル メディカル・サイエンス・インターナショナル 2018/08 共訳 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ヒト転移因子LINE-1のゲノム伝播機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 ヒト転移因子LINE-1のゲノム伝播機構の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒトLINE-1レトロトランスポゾンのゲノム伝播機構の解明 Mechanisms of human LINE-1 retrotransposition 2018/04/01〜2021/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒトLINE-1レトロトランスポゾンのゲノム伝播機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
染色体生命科学特論 Advanced Course in Chromosome Researches 後期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
生物科学課題研究21 Special Study CourseII(Biological Sciences) 21 通年 理学部 2016/04〜2017/03
染色体生命科学特論 Advanced Course in Chromosome Researches 前期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム生命科学特論 Advanced course of genome life sciences 通年集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
生物科学課題研究21 Special Study CourseII(Biological Sciences) 21 通年 理学部 2017/04〜2018/03
染色体生命科学特論 Advanced Course in Chromosome Researches 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム生命科学特論 Advanced course of genome life sciences 通年集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2018/04〜2019/03
生物学実習E Laboratory work in Biological Science E 後期集中 理学部 2018/04〜2019/03
生物科学課題研究21 Special Study CourseII(Biological Sciences) 21 通年 理学部 2018/04〜2019/03
基礎生物学実験I Experimental Course of Fundamental Biology I 後期集中 理学部 2019/04〜2020/03
基礎生物学実験III Experimental Course of Fundamental Biology III 後期集中 理学部 2019/04〜2020/03
染色体生命科学特論 Advanced Course in Chromosome Researches 後期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
ゲノム生命科学特論 Advanced course of genome life sciences 通年集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2019/04〜2020/03
生物学実習E Laboratory work in Biological Science E 後期集中 理学部 2019/04〜2020/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
生物科学課題研究21 Special Study CourseII(Biological Sciences) 21 通年 理学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示