吉川 裕

最終更新日時:2017/09/04 11:58:26

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
吉川 裕/ヨシカワ ユタカ/Yutaka Yoshikawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
理学研究科/地球惑星科学専攻水圏地球物理学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
理学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学理学研究科地球惑星科学専攻 Division of Earth and Planetary Sciences, Graduate School of Science, Kyoto University, Kitashirakawa, Sakyo, Kyoto, 606-8502, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
yosikawa @ kugi.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本海洋学会 The Oceanographic Society of Japan
日本流体力学会 The Japan Society of Fluid Mechanics
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Geophysical Union United States of America
American Meteorological Society United States of America
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 Kyoto University 大学院理学研究科修士課程 Graduate School of Science 地球惑星科学専攻 Division of Earth and Planetary Sciences 修了
京都大学 Kyoto University 大学院理学研究科博士後期課程 Graduate School of Science 地球惑星科学専攻 Division of Earth and Planetary Sciences 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 Kyoto University 理学部 Faculty of Science 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1997/04/01〜2000/03/31 日本学術振興会 The Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員 Research Fellowship for Young Scientists
2002/04/01〜2013/05/31 九州大学応用力学研究所 Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
地球の気候変動に重要な役割を果たす海洋を力学の側面から研究している。現場観測や数値シミュレーションなど、実験から普遍的な海洋力学を帰納することを得意としている。教育に関しては、研究者や地球物理学の素養を備えた社会人の養成を目指している。これらの活動を通じて、京都のそして日本の海洋学が進展すれば幸いである。
(英語)
I am studying fluid dynamics of oceans, playing vital roles in earth climate sytem, based primarily on field and numerical experiments. In graduate school, I am trying to develop students abilities (especially in geophysics) so that they can be a good researcher or make good jobs in future. I am very happy if oceanography in Kyoto and Japan promotes further by these activities.
個人ホームページ
URL
http://www-ocea.kugi.kyoto-u.ac.jp/yosikawa/
研究テーマ
(日本語)
海洋力学(とりわけ海流や乱流の力学)
(英語)
Ocean Dynamics (especially dynamics in currents and turbulences)
研究概要
(日本語)
地球気候の変動機構を明かにするため、海洋にみられる様々な海水運動の仕組み(力学)の解明に取り組んでいる。観測や数値シミュレーションなど実験的手法を主とし、実験結果から海洋(あるいは地球流体の)普遍的な力学を帰納することを試みている。最近では海洋表層における境界層乱流や、大気海洋相互作用に着目している。
(英語)
Dynamics of various flows in oceans and seas are investigated to clarify mechanism of the earth climate system. Field and numerical experiments are performed to induce fundamental dynamics in oceans (and earth fluids) from experimental results. Recent topics include turbulence in surface marine boundary layer and consequent air-sea interaction.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
海洋物理 Physical Oceanography
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
気象・海洋物理・陸水学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉川 裕、遠藤 貴洋 海洋表層混合層における乱流混合に関する研究 海の研究,26,5,239-250 2017/09 日本語
John Philip Matthews, Lev Ostrovsky, Yutaka Yoshikawa, Satoru Komori and Hitoshi Tamura Dynamis and early post-tsunami evolution of floating marine debris near Fukushima Daiichi Nature Geoscience,10,598-603 2017/07 英語
Yoshinobu Wakata, Takahiro Endoh and Yutaka Yoshikawa LES study of near-seabed tide-induced turbulence in the East China Sea Continental Shelf Research,145,21-31 2017/07 英語
T. Shikata, G. Onitsuka, K. Abe, S. Kitatsuji, K. Yufu, Y. Yoshikawa, T. Honjo and K. Miyamura Relationships between light environment and subsurface accumulation during the daytime in the red-tide dinoflagellate Karenia mikimotoi Marine Biology,164:18 2017/01 英語
M. A. Warren, G.D. Quartly, J.D.Shutler, P.I. Miller and Y. Yoshikawaaka Estimation of ocean surface currents from maximum cross correlation applied to GOCI geostationary satellite remote sensing data over the Tsushima (Korea) Strats Journal of Geophysical Research: Oceans,121,6993-7009 2016/09 英語
Wei Zhang, Naoto Ebuchi, Yasushi Fukamachi and Yutaka Yoshikawa Estimation of wind drift current in the Soya Strait Journal of Oceanography,72,2,299-311 2016/03 英語
Yoshihiko Ide and Yutaka Yoshikawa Effects of diurnal cycle of surface heat flux on wind-driven flow Journal of Oceanography,72,2,263-280 2016/03 英語
Yumi Park, Hong-Ryeol Shin, Jong-Hwan Yoon, Choel-Ho Kim and Yutaka Yoshikawa Simulation of eddy-driven deep circulation in the East/Japan Sea by using a three-layer model with wind, throughflow and deep water formation forcings Journal of Marine System,150,41-55 2015/05 英語
Yutaka Yoshikawa and Takahiro Endoh Estimating the Eddy Viscosity Profile from Velocity Spirals in the Ekman Boundary Layer Journal of Atmospheric and Oceanic Technology,32,4,793-804 2015/04 英語
Yutaka Yoshikawa Scaling Surface Mixing/Mixed Layer Depth Under Stabilizing Buoyancy Flux Journal of Physical Oceanography,45,1,247-258 2015/01 英語
Takahiro Endoh, Takeshi Matsuno, Yutaka Yoshikawa and Eisuke Tsutsumi Estimates of the turbulent kinetic energy budget in the oceanic convective boundary layer Journal of Oceanography,70,1,81-90 2014/02 英語
中村 昌彦、伊藤 譲、小寺山 亘、稲田 勝、野田 穣士朗、青島 隆、吉川 裕、織田 博行 バーチャルモアリング用円盤型水中グライダーの開発 ーその3 実用機の建造と実海域試験 ー 日本船舶海洋工学会論文集,18,157-166 2013/12 日本語
Kaoru Ichikawa, Wen Chang Yang, Akihiko Morimoto, Yutaka Yoshikawa, Shigeo Sugitani, Wen-Shan Chiang, Jian-Wu Lai, En Yu Liang, Cho-Teng Liu, Chang-Wei Lee, Kei Yufu, Moeto Kyushima, Satoshi Fujii, Tomoharu Senju and Yoshihiko Ide Preliminary results of the Japan-Taiwan joint survey on combining ocean radar data in the Kuroshio upstream region Ocean Science Journal,48,1,141-148 2013/03 英語
吉川 裕、鬼塚 剛 前線近傍で発生する上昇流と下降流 沿岸海洋,50,2,95-101 2013/02 日本語
Yutaka Yoshikawa, Takeshi Matsuno, Taku Wagawa, Toru Hasegawa, Kou Nishiuchi, Kazumaro Okamura, Hiroshi Yoshimura and Yasuhiro Morii Tidal and low-frequency currents along the CK Line (31deg 45min N) over the East China Sea shelf Continental Shelf Research,50-51,41-53 2012/12 英語
Yutaka Yoshikawa An eddy-driven abyssal circulation in a bowl-shaped basin due to deep water formation Journal of Oceanography,68,6,971-983 2012/12 英語
John P. Matthews and Yutaka Yoshikawa Synergistic surface current mapping by spaceborne stereo imaging and coastal HF radar Geophysical Research Letters,39,17 2012/09 英語
Yutaka Yoshikawa, Craig M. Lee and Leif N. Thomas The Subpolar Front of the Japan/East Sea. Part III: Competing Roles of Frontal Dynamics and Atmospheric Forcing in Driving Ageostrophic Vertical Circulation and Subduction Journal of Physical Oceanography,42,6,991-1011 2012/06 英語
Taku Wagawa, Yutaka Yoshikawa, Yutaka Isoda, Eitaro Oka, Kazuyuki Uehara, Toshiya Nakano, Kenshi Kuma and Shogo Takagi Flow fields around the Emperor Seamounts detected from current data Journal of Geophysical Research C: Oceans,117,6 2012 英語
T. Shiozaki; K. Furuya; H. Kurotori; T. Kodama; S. Takeda; T. Endoh; Y. Yoshikawa; J. Ishizaka; T. Matsuno Imbalance between vertical nitrate flux and nitrate assimilation on a continental shelf: Implications of nitrification Journal of Geophysical Research C: Oceans,116,10 2011/10 英語
鬼塚 剛、滝川 哲太郎、小針 統、杢 雅利、森本 昭彦、渡辺 敦、吉川 裕、柳 哲雄 2007年11月に対馬東部海域で観測された低気圧性渦周辺の栄養塩・プランクトン分布 海と空,87,1,11-19 2011/10 日本語
S. Nakada; Y.-I. Sasajima; N. Hirose; Y. Yoshikawa; J.-H. Yoon A study of the dynamic factors of the summer-time upwelling in the Tsushima Warm Current region Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography,57,19-20,1799-1808 2010/10 英語
遠藤 貴洋、松野 健、吉川 裕、吉村 浩、森井 康宏 東シナ海陸棚域における乱流微細構造の時系列観測 月刊海洋,42,9,495-500 2010/09 日本語
吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳 対馬海峡における表層海流変動 月刊海洋,42,9,534-541 2010/09 日本語
Y. Yoshikawa; T. Endoh; T. Matsuno; T. Wagawa; E. Tsutsumi; H. Yoshimura; Y. Morii Turbulent bottom Ekman boundary layer measured over a continental shelf Geophysical Research Letters,37,15 2010/08 英語
T. Wagawa; Y. Yoshikawa; A. Masuda Bathymetric influences of the Emperor Seamounts upon the subarctic gyre of the North Pacific: Examining boundary current dynamics along the eastern side of the mountain ridge with an idealized numerical model Journal of Oceanography,66,2,259-271 2010/04 英語
Y. Yoshikawa; A. Masuda; K. Marubayashi; M. Ishibashi Seasonal variations of the surface currents in the Tsushima Strait Journal of Oceanography,66,2,223-232 2010/04 英語
L.N. Thomas; C.M. Lee; Y. Yoshikawa The subpolar front of the Japan/east sea. Part II: Inverse method for determining the frontal vertical circulation Journal of Physical Oceanography,40,1,3-25 2010/01 英語
Y. Yoshikawa; A. Masuda Seasonal variations in the speed factor and deflection angle of the wind-driven surface flow in the Tsushima Strait Journal of Geophysical Research C: Oceans,114,12 2009/12 英語
T. Endoh; T. Matsuno; Y. Yoshikawa; Y. Tatsuyama; J. Ishizaka Observations of wind-driven deepening of the surface mixing layer in the Tsushima strait Journal of Oceanography,65,2,273-279 2009/04 英語
G. Onitsuka; A. Morimoto; T. Takikawa; A. Watanabe; M. Moku; Y. Yoshikawa; T. Yanagi Enhanced chlorophyll associated with island-induced cyclonic eddies in the eastern channel of the Tsushima Straits Estuarine, Coastal and Shelf Science,81,3,401-408 2009/02 英語
吉川 裕 海表面の流れと漂着物移動のメカニズム 沿岸海洋研究,45,2,91-96 2008/02 日本語
Y. Yoshikawa; T. Matsuno; K. Marubayashi; K. Fukudome A surface velocity spiral observed with ADCP and HF radar in the Tsushima Strait Journal of Geophysical Research C: Oceans,112,6 2007/06 英語
石井 大輔、柳 哲雄、吉川 裕、増田 章 漂流ブイと海洋レーダーを用いた対馬海峡における表層収束・発散場の評価 海の研究,16,3,237-251 2007/05 日本語
C.M. Lee; L.N. Thomas; Y. Yoshikawa Intermediate water formation at the Japan/East sea Subpolar front Oceanography,19,SPL.ISS. 3,110-121 2006/09 英語
Y. Yoshikawa; A. Masuda; K. Marubayashi; M. Ishibashi; A. Okuno On the accuracy of HF radar measurement in the Tsushima Strait Journal of Geophysical Research C: Oceans,111,4 2006/04 英語
吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳、奥野 章 対馬海峡に設置されたHFレーダーの計測精度再検証 沿岸海洋研究,43,1,69-75 2005/08 日本語
吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳、奥野 章、山下 義幸 HFレーダーによる対馬海峡表層海流観測 : 計測精度の検証 沿岸海洋研究,41,2,109-117 2004/02 日本語
Y. Yoshikawa; K. Akitomo Transverse roll convection in horizontal plane Couette flow Journal of Fluid Mechanics,493,191-208 2003/10 英語
吉川裕、淡路敏之、秋友和典、石川洋一、豊田隆寛、尹宗煥 縁辺海の海洋環境モニタリング  縁辺海混合層モデルの開発 月刊海洋,34,1,49-56 2002/01 日本語
Y. Yoshikawa; K. Akitomo; T. Awaji Formation process of intermediate water in baroclinic current under cooling Journal of Geophysical Research C: Oceans,106,C1,1033-1051 2001/01 英語
Y. Yoshikawa; T. Awaji; K. Akitomo Formation and circulation processes of intermediate water in the Japan Sea Journal of Physical Oceanography,29,8,1701-1722 1999/08 英語
Yutaka Yoshikawa, Akira Masuda, Akira Okuno, and Yoshiyuki Yamashita Current and Eddies in the Tsushima/Korea Strait measured by HF Radar Systems Proceedings of International Symposium for PEACE, pp.25-26 2003/07 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Yoshikawa; T. Awaji; K. Akitomo Convection in the Stratified Ocean with Background Geostrophic Current Proceedings of CREAMS'99 International Symposium 1999/09 英語
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉川 裕、鬼塚 剛、紫加田 知幸、油布 圭、萬年 隆裕 海洋表層の乱流混合と植物プランクトン動態 水産海洋研究,80,3,234-235 2016 日本語
吉川 裕 日本海深層流の形成機構に関する数値実験 日本流体力学会 年会2005講演論文集、AM05-13-006 2005/09 日本語
吉川 裕、酒井 良介 日本海における反時計回りの深層流形成機構 第54回 理論応用力学講演会 講演論文集,139-140 2005/01 日本語
吉川 裕 対馬海峡における海流変動 第54回 理論応用力学講演会 講演論文集,21-24 2005/01 日本語
増田 章、吉川 裕 回転系における一様成層一様剪流の安定性および乱流状態に関する考察 (乱流による輸送,拡散,混合の数理) 数理解析研究所講究録,1339,120-128 2003/09 日本語
吉川 裕、秋友 和典 水平シアー流中での対流 数理解析研究所講究録,1339,111-119 2003/09 日本語
吉川裕、秋友和典、淡路敏之 中・深層水形成に対する対流現象の役割 第49回理論応用力学講演会講演論文集,299-300 2000/01 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
窪田 雅也、吉川 裕 短波放射の日周変動に対する大気・海洋結合境界層の応答に関する研究 九州大学応用力学研究所所報,146,123-127 2014/03 日本語
吉川 裕 傾圧不安定波の特性に関するいくつかの考察 九州大学応用力学研究所所報,146,109-114 2014/03 日本語
吉川 裕、青山 皓介 エクマン境界層方程式に基づく渦粘性係数推定手法の検討 九州大学応用力学研究所所報,146,99-107 2014/03 日本語
福留 研一、吉川 裕、広瀬 直毅、尹 宗煥 海底設置型ADCPによる対馬海峡の夏季流速観測 九州大学応用力学研究所所報,143,141-145 2012/09 日本語
和川 拓、吉川 裕 北太平洋亜寒帯循環に及ぼす天皇海列の影響―天皇海山東側境界流量機構― 九州大学応用力学研究所所報,134,17-27 2008/03 日本語
中園 隆司、吉川 裕、増田 章、丸林 賢二、石橋 道芳 対馬海峡東水道に見られる反時計回り渦の変動特性 九州大学応用力学研究所所報,134,47-52 2008/03 日本語
吉川 裕 海洋深層水形成に伴う熱塩深層循環と渦成深層循環 九州大学応用力学研究所所報,134,53-59 2008/03 日本語
奥野 章、吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳 短波レーダーにより観測された対馬海峡の潮流 九州大学大学院総合理工学報告,27,1,9-17 2005/07 日本語
酒井 良介、吉川 裕 日本海深層流の形成機構に関する数値実験 九州大学大学院総合理工学報告,26,4,423-430 2005/03 日本語
遙山 誠、増田 章、吉川 裕、奥野 章 日本沿岸域におけるM_2潮汐振幅の季節変動および経年変動 九州大学大学院総合理工学報告,26,3,365-372 2004/12 日本語
奥野 章、吉川 裕、増田 章、丸林 賢次、石橋 道芳 対馬海峡表層海況監視海洋レーダーシステム 九州大学応用力学研究所所報,126,57-67 2004/03 日本語
Y. Yoshikawa; J-H Yoon; K. Akitomo Numerical Experiments on Frontal Subduction in the Japan Sea Reports of Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University,121,59-67 2001/09 英語
Y. Yoshikawa; K. Akitomo; J-H Yoon Effects of Baroclinicity and Cooling on Frontal Subduction Reports of Research Institute for Applied Mechanics Kyushu University,120,41-46 2001/02 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
牛島 悠介、吉川 裕 The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the ocean mixed layer 9th International Workshop on Modeling the Ocean 2017/07
Yutaka Yoshikawa Large eddy simulations of wind- and wave-driven turbulence; implication from in-situ observations 9th International Workshop on Modeling the Ocean 2017/07 英語
吉川 裕 海洋表層の混合過程 「オホーツク海と相互に影響を及ぼしあうグローカル大気海洋諸現象」に関するミニワークショップ 2017/03 日本語
牛島 悠介、吉川 裕 熱フラックスの日周変動が海面加熱期の海洋混合層に与える影響 「オホーツク海と相互に影響を及ぼしあうグローカル大気海洋諸現象」に関するミニワークショップ 2017/03
吉川 裕・馬場 康之・水谷 英朗・久保 輝広 ラングミュア乱流の観測 平成28年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2017/02 日本語
牛島 悠介、吉川 裕 熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響に関する研究 2016年度海洋乱流研究会 2017/01 日本語
萬年 隆裕、吉川 裕 海洋混合層における粒子の平均沈降速度に関する数値実験 2016年度海洋乱流研究会 2017/01
吉川 裕 海洋の乱流と赤潮 赤潮の予測に向けた観測とモデリング 2016/11 日本語
吉川 裕 浅海乱流中の懸濁粒子の振る舞いに関する数値実験(その2) 東シナ海の循環と混合に関する研究 2016/06 日本語
吉川 裕 対馬海峡における鉛直混合過程 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム 2016/06 日本語
井手 喜彦、吉川 裕 熱フラックスの日変化と海面吹送流速の風速依存性 2016年度日本海洋学会春季大会 2016/03
藤原 泰、吉川 裕 深水波の直接数値計算:深水波が表層流に及ぼす影 2016年度日本海洋学会春季大会 2016/03
吉川 裕 浅海乱流中の懸濁粒子の振る舞いに関する数値実験 東シナ海の循環と混合に関する研究 2016/02 日本語
吉川 裕 5ビーム ADCP を用いた表層乱流構造観測 2015年度海洋乱流研究会 2016/01 日本語
藤原 泰・吉川 裕・松村 義正 エクマン・ストークス流の数値シミュレーション 2015年度海洋乱流研究会 2016/01
牛島 悠介・吉川 裕 熱フラックスの日周変動が海洋内部構造に与える影響 2015年度海洋乱流研究会 2016/01 日本語
吉川 裕・鬼塚 剛・紫加田 知幸・油布 圭・萬年 隆裕 海洋表層の乱流混合と植物プランクトン動態 2015 年度 九州沖縄地区合同シンポジウム 2015/12 日本語
吉川 裕・馬場 康之・水谷 英明・久保 輝広 表層乱流の観測とその生成要因の考察(風か波か?) 日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会 2015/12 日本語
藤原 泰・吉川 裕・松村 義正 エクマン・ストークス流のシミュレーション 日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会 2015/12
牛島 悠介、吉川 裕 短波放射の日周変動が大気海洋結合系における海洋混合層に与える影響 2015年度日本海洋学会秋季大会 2015/09
吉川 裕・油布 圭・鬼塚 剛・馬場 康之・木元 克則 表層境界層における流動構造の観測 2015年度日本海洋学会秋季大会 2015/09 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Yutaka Yoshikawa Observed Scaling and Energetics of Langmuir Turbulence in Shallow Coastal Sea Joint Assembly 2017 IAPSO-IAMAS-IAGA 2017/08 英語
Yasushi Fujiwara and Yutaka Yoshikawa Direct numerical simulation of deep-water waves in rotating frame Japan geoscience Union Meeting 2016 2016/05 英語
Yutaka Yoshikawa and Takahiro Mannen Numerical investigation on effects of ocean surface turbulence on particle's sinking Japan geoscience Union Meeting 2016 2016/05 英語
牛島 悠介、吉川 裕 The effect of diurnal cycle of surface heat flux on the temperature structure in the ocean surface boundary layer Japan geoscience Union Meeting 2016 2016/05
Yutaka Yoshikawa and Takahiro Endoh Estimating Eddy Viscosity Profile From Ekman Spirals in the Bottom Boundary Layer IUGG 2015 2015/07 英語
YOSHIKAWA Yutaka Competing roles of winds, heating and earth rotation in scaling ocean surface mixing layer depth Kyoto University & National Taiwan University Symposium 2014 2014/09 英語
Yutaka Yoshikawa Competing Roles of Surface Stabilizing Buoyancy Flux and Earth Rotation in Scaling Wind-Driven Mixing 2014 Ocean Sciences meeting 2014/02 英語
Yutaka Yoshikawa Competing roles of surface heating and the earth rotation in scaling wind-induced mixing layer depth Joint Assembly IAHS-IAPSO-IAPSEI 2013/07 英語
Yutaka Yoshikawa; Akira Masuda A Surface Current Measurement and Interior Current Estimation Using HF radar in the Tsushima Strait Ocean Sciences Meeting 2008/03 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉川 裕 海面加熱期の混合層深度のスケーリング 第64回理論応用力学講演会 2017/08 日本語
牛島 悠介、吉川 裕 熱フラックスの日周変動が海面加熱期の混合層深度に与える影響ー緯度依存性に着目してー 日本海洋学会2016年度秋季大会 2016/09 日本語
萬年 隆裕、吉川 裕 海洋混合層における粒子の沈降速度に関する数値実験 日本海洋学会2016年度秋季大会,157-157 2016/09 日本語
藤原 泰、吉川 裕、松村 義正 深水波の直接数値計算:CL2機構によるLangmuir循環 日本海洋学会2016年度秋季大会 2016/09 日本語
吉川 裕、松野 健、長谷川 徹 東シナ海CKライン上における水質分布と流動構造の季節変化 平成25年度九州沖縄地区合同シンポジウム 2013/12/13 日本語
吉川 裕 海面加熱時の風成流・風成乱流のスケーリング則 2013年度日本海洋学会秋季大会 2013/09/19 日本語
吉川 裕 乱流混合パラメタリゼーションの現状と課題 2013年度日本海洋学会秋季大会シンポジウム 2013/09/17 日本語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉川 裕 海面加熱時の混合層深度と風成流のスケーリング則 海洋大循環の力学(中深層循環)研究会 2014/11 日本語
窪田 雅也; 吉川 裕 短波放射の日周変動に対する大気・海洋結合境界層の応答 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム 2014/07 日本語
吉川 裕、油布 圭、鬼塚 剛、紫加田 知幸、木元 克則 海洋表層境界層における水平流動構造観測の試み 2013年度 海洋乱流研究会 2014/03 日本語
吉川 裕、油布 圭、鬼塚 剛、紫加田 知幸、木元 克則 海洋表層境界層における流動場の水平構造の観測 日本海及び日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会 2013/12 日本語
吉川 裕 海面加熱時の混合層深度に関する考察 研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」 2013/07 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
日本海洋学会 沿岸海洋研究会 編 詳論 沿岸海洋学 恒星社厚生閣 2014/01 日本語
京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会 編 海は百面相 京都通信社 2013/09 日本語
Yutaka Yoshikawa and Akira Masuda Monitoring and Prediction of Marine and Atmospheric Environmental Changes in the East Sea TERRAPUB 2010/06 英語
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
海洋乱流の観測およびモデリング研究 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会 2016/01/07
Ocean Mixing Processes: Impact on Biogeochemistry, Climate and Ecosystem Japan Geosciences Meeting 2016 2016/05/22
海洋乱流の観測およびモデリング研究 九州大学応用力学研究所共同利用研究集会 2017/01/05
乱流混合と物理、化学、生物過程 2016年度日本海洋学会春季大会 2016/03/15
縁辺海周辺で起こる混合と西部北太平洋の物理・化学・生物過程 2016年度日本海洋学会秋季大会 2016/09/14
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 海洋前線域における不安定力学と中層水形成に及ぼす急峻な海底地形の影響 2003/04/01〜2004/03/31
萌芽研究 分担 海の渦による海水輸送・物質輸送を平均海流・平均物質輸送場で表す方法の研究 2005/04/01〜2006/03/31
基盤研究(B) 分担 海洋レーダーを中心として沿岸部・海峡部の表層海況を監視するシステムの開発研究 2005/04/01〜2007/03/31
若手研究(B) 代表 縁辺海における深層流の力学−渦成深層循環の力学機構− 2005/04/01〜2007/03/31
基盤研究(B) 分担 基礎生産に寄与する東中国海大陸棚域の陸起源水と黒潮の相互作用 2006/04/01〜2008/03/31
若手研究(B) 代表 吹送流の季節変動機構・特性に関する数値実験 2010/04/01〜2012/03/31
基盤研究(B) 分担 LES 乱流計算と微細構造観測による海洋乱流過程の解明 2010/04/01〜2013/03/31
基盤研究(B) 代表 ラングミュア循環に伴う運動量の乱流混合:現場観測と数値実験 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 分担 有害鞭毛藻の日周鉛直移動と乱流混合が赤潮形成に及ぼす影響 2013/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 ラングミュア循環に伴う運動量の乱流混合:現場観測と数値実験 2013〜2015
基盤研究(B) 代表 ラングミュア循環に伴う運動量の乱流混合:現場観測と数値実験 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 ラングミュア循環に伴う運動量の乱流混合:現場観測と数値実験 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 ラングミュア循環に伴う運動量の乱流混合:現場観測と数値実験 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
観測地球物理学 Observational Geophysics 前期 理学部 2014/04〜2015/03
海洋物理学I Physical Oceanography I 後期 理学部 2014/04〜2015/03
地球惑星科学課題演習DB Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DB 前期 理学部 2014/04〜2015/03
地球惑星科学課題演習DD Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DD 後期 理学部 2014/04〜2015/03
地球惑星科学課題研究T2 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T2 通年 理学部 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学概論IB Introduction to Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学IA Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIA Seminar on Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIB Seminar on Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIC Seminar on Physical Hydrology IC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールID Seminar on Physical Hydrology ID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIIA Seminar on Physical Hydrology IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIIB Seminar on Physical Hydrology IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIIC Seminar on Physical Hydrology IIC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
水圏地球物理学ゼミナールIID Seminar on Physical Hydrology IID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
地球の物理 The state of the art in Geophysics 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
地球惑星科学課題演習DB Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DB 前期 理学部 2015/04〜2016/03
地球惑星科学課題演習DD Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DD 後期 理学部 2015/04〜2016/03
地球惑星科学課題研究T2 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T2 通年 理学部 2015/04〜2016/03
地球流体力学 Geophysical Fluid Dynamics 前期 理学部 2015/04〜2016/03
地球の物理 The state of the art in Geophysics 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学IA Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIA Seminar on Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIB Seminar on Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIC Seminar on Physical Hydrology IC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールID Seminar on Physical Hydrology ID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIIA Seminar on Physical Hydrology IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIIB Seminar on Physical Hydrology IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIIC Seminar on Physical Hydrology IIC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学ゼミナールIID Seminar on Physical Hydrology IID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
水圏地球物理学概論IB Introduction to Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
海洋物理学I Physical Oceanography I 後期 理学部 2015/04〜2016/03
観測地球物理学 Observational Geophysics 前期 理学部 2015/04〜2016/03
地球惑星科学課題演習DB Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DB 前期 理学部 2016/04〜2017/03
地球惑星科学課題演習DD Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DD 後期 理学部 2016/04〜2017/03
地球惑星科学課題研究T2 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T2 通年 理学部 2016/04〜2017/03
地球流体力学 Geophysical Fluid Dynamics 前期 理学部 2016/04〜2017/03
地球の物理 The state of the art in Geophysics 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学IA Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIA Seminar on Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIB Seminar on Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIC Seminar on Physical Hydrology IC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールID Seminar on Physical Hydrology ID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIIA Seminar on Physical Hydrology IIA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIIB Seminar on Physical Hydrology IIB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIIC Seminar on Physical Hydrology IIC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学ゼミナールIID Seminar on Physical Hydrology IID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
水圏地球物理学概論IB Introduction to Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
海洋物理学I Physical Oceanography I 後期 理学部 2016/04〜2017/03
観測地球物理学 Observational Geophysics 前期 理学部 2016/04〜2017/03
地球惑星科学課題演習DB Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DB 前期 理学部 2017/04〜2018/03
地球惑星科学課題演習DD Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DD 後期 理学部 2017/04〜2018/03
地球惑星科学課題研究T2 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T2 通年 理学部 2017/04〜2018/03
地球流体力学 Geophysical Fluid Dynamics 前期 理学部 2017/04〜2018/03
地球の物理 The state of the art in Geophysics 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学IA Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIA Seminar on Physical Hydrology IA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIB Seminar on Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIC Seminar on Physical Hydrology IC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールID Seminar on Physical Hydrology ID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIIA Seminar on Physical Hydrology IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIIB Seminar on Physical Hydrology IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIIC Seminar on Physical Hydrology IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学ゼミナールIID Seminar on Physical Hydrology IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
水圏地球物理学概論IB Introduction to Physical Hydrology IB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
海洋物理学I Physical Oceanography I 後期 理学部 2017/04〜2018/03
観測地球物理学 Observational Geophysics 前期 理学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
藤原 泰 日本海洋学会2016年度秋季大会 若手優秀発表賞 日本海洋学会2016年度秋季大会実行委員会 2016/10/03
牛島 悠介 Outstanding Young Scientist Awards the Organaizing Comettie of the International Workshop of Modelin the Oceans 2017/07/06
部局運営(役職等)
役職名 期間
理学研究科国際・社会交流委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
理学研究科セミナーハウス管理運営委員会委員 2017/04/01〜2019/03/31
理学研究科セミナーハウス管理運営委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本海洋学会 沿岸海洋研究部会 事業部会員 2010/04/01〜2012/03/31
日本海洋学会 Oceanographic Society of Japan 評議委員 councilor 2015/04/01〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本海洋学会 The Oceanographic Society of Japan Journal of Oceanography 編集委員 2012/01/20〜
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
伊丹北高校サイエンスレクチャー 海と地球環境 2014/09/29
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
航空・海上無線通信委員会短波帯等海洋レーダー作業班 作業班メンバー 総務省 総合通信基盤局 電波部 衛星移動通信課 2012/04/01〜2013/03/31
対馬市海洋保護区科学委員会 委員 対馬市 2012/07/01〜2014/03/31