深沢 圭一郎

最終更新日時:2017/10/30 14:48:04

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
深沢 圭一郎/フカザワ ケイイチロウ/Keiichiro Fukazawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
学術情報メディアセンター/コンピューティング研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
情報学研究科 システム科学専攻 応用情報学講座 准教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
情報処理学会 Information Processing Society of Japan
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union
地球電磁気・地球惑星圏学会 Society of Geomagnetism,Planetary and Space Scienses
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Geophysical Union USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(工学) 名古屋大学
博士(工学) 名古屋大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
名古屋大学 大学院工学研究科電子情報システム専攻博士前期課程 修了
名古屋大学 大学院工学研究科電子情報システム専攻博士後期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
名古屋大学 工学部電気電子・情報工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
福岡県立門司高等学校 ふくおかけんりつもじこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2011/04/01〜2014/08/15 九州大学情報基盤研究開発センター Research Institute for Infrmation Technology、Kyushu University 助教 Assistant Professor
2009/04/01〜2011/03/31 九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門 Department of Earth and Planetary Sciences, Faculty of Sciences, Kyushu University 日本学術振興会特別研究員PD JSPS Research Fellow
2007/04/01〜2009/03/31 情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology 専攻研究員 Expert Researcher
個人ホームページ
URL
http://ais.sys.i.kyoto-u.ac.jp/~fukazawa/index.html
研究テーマ
(日本語)
HPC(超並列、高効率計算)、惑星磁気圏(宇宙天気)のMHDシミュレーション、ステンシル計算向け通信ライブラリ開発、HPCアプリのPower capping最適化、シミュレーションテクニック探求、シミュレーションに役立つツールの作成、自前の可視化アプリ、GPGPU、MIC
(英語)
High performance computing, Massively parallel computing, MHD simulation of planetary magnetosphere, Internode communication for stencil calculation, Optimization of HPC application under power capping
研究概要
(日本語)
宇宙空間は真空と思われているが, その99%はプラズマで満たされている. プラズマとは電離した気体のことであり, 帯電している電子とイオンが分かれて存在する状態である. しばしば物質の第4の状態とも呼ばれている. 宇宙空間, 特に我々の暮らす太陽系においては太陽から太陽風と呼ばれるプラズマの風が常時吹き出しており, 太陽系全体にそのプラズマが充満している. 宇宙プラズマ研究において, 私は主に太陽から吹いてくる磁場を伴ったプラズマの風(太陽風)と惑星の磁場が相互作用して形成される磁気圏, そこで起こる様々な現象を研究ターゲットにしている. 特に地球, 木星, 土星磁気圏の研究を行っている. これらは宇宙空間で起きる現象であるため探査機を打ち上げて観測を行うが, 基本的に”その場”の観測しか行えない. そのため, 宇宙プラズマ計算機シミュレーションがこの分野の理論の発展, また観測結果の理解の促進に非常に重要な役割を果たしてきている. 惑星磁気圏は非常に巨大であり, 一方でそこで起こる現象は小規模なものから大規模のものがあり, さらにそれらが相互作用している. そのため磁気圏という広大な領域を(時空間で)高精度に解く必要があり, スーパーコンピュータのような大規模並列計算機を使用している. このような高価な計算機を使用する場合, 最大限に計算機の性能を出さなければ, 非常にコストパフォーマンスが悪くなり, 計算自体にも時間がかかる. そのため超並列化や高効率計算についても研究を行っている.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
超並列計算、高効率計算、省電力計算、電磁流体シミュレーション、惑星磁気圏 Massively parallel computing, High performance computing, low power computing, MHD simulation, planetary magnetosphere
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
計算機システム・ネットワーク
超高層物理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Walker, R. J., and K. Fukazaw Simulation Studies of Magnetosphere and Ionosphere Coupling in Saturn's Magnetosphere Magnetosphere-Ionosphere Coupling in the Solar System, Geophysical Monograph,222,335-344 2016/10 英語
Umeda Takayuki, Fukazawa Keiichiro A high-resolution global Vlasov simulation of a small dielectric body with a weak intrinsic magnetic field on the K computer Earth, Planets and Space,67 2015/04 英語
村田 健史, 渡邉 英伸, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 磯田 総子, 山本 和憲, 久保田 康文, 長妻 努, 坂口 歌織, 津川 卓也, 西岡 未知, 建部 修見, 田中 昌宏, 深沢 圭一郎, 才田 聡子, 海老原 祐輔, 藤田 茂, 木村 映善, 黒澤 隆, 村山 泰啓, 永井 亨, 水原 隆道 科学研究用クラウドシステム(NICTサイエンスクラウド)の提案(宇宙科学情報解析論文誌 第三号) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告,13,39-56 2014/03 日本語
村田 健史, 磯田 総子, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 建部 修見, 田中 昌宏, 木村 映善 NICTサイエンスクラウドによる大規模シミュレーションデータ分散可視化処理(宇宙科学情報解析論文誌 第三号) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告,13,57-70 2014/03 日本語
久保田 康文, 村田 健史, 山本 和憲, 深沢 圭一郎, 坪内 健 地球磁気圏 3次元グローバル MHDシミュレーションの磁力線追尾可視化技術(宇宙科学情報解析論文誌 第三号) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告,13,129-135 2014/03 日本語
Takayuki Umeda,Keiichiro Fukazawa Performance Tuning of Vlasov Code for Space Plasma on the K Computer. AsiaSim 2014 - 14th International Conference on Systems Simulation, Kitakyushu, Japan, October 26-30, 2014. Proceedings,127-138 2014 英語
Keiichiro Fukazawa,Masatsugu Ueda,Mutsumi Aoyagi,Tomonori Tsuhata,Kyohei Yoshida,Aruta Uehara,Masakazu Kuze,Yuichi Inadomi,Koji Inoue Power Consumption Evaluation of an MHD Simulation with CPU Power Capping. 2014 14th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing, Chicago, IL, USA, May 26-29, 2014,612-617 2014 英語
Yasufumi Kubota,Kazunori Yamamoto,Keiichiro Fukazawa,Ken T. Murata Visualization of the Flux Rope Generation Process Using Large Quantities of MHD Simulation Data. Data Science Journal,12,WDS134-WDS138 2013 英語
Ken T. Murata,Shinichi Watari,Tsutomu Nagatsuma,Manabu Kunitake,Hidenobu Watanabe,Kazunori Yamamoto,Yasufumi Kubota,Hisao Kato,Takuya Tsugawa,Kentaro Ukawa,Kazuya Muranaga,Eizen Kimura,Osamu Tatebe,Keiichiro Fukazawa,Yasuhiro Murayama A Science Cloud for Data Intensive Sciences. Data Science Journal,12,WDS139-WDS146 2013 英語
Takayuki Umeda,Keiichiro Fukazawa Performance Measurement of Parallel Vlasov Code for Space Plasma on Scalar-Type Supercomputer Systems with Large Number of Cores. AsiaSim 2013 - 13th International Conference on Systems Simulation, Singapore, November 6-8, 2013. Proceedings,561-569 2013 英語
Keiichiro Fukazawa,Takeshi Nanri,Takayuki Umeda Performance Evaluation of Magnetohydrodynamics Simulation for Magnetosphere on K Computer. AsiaSim 2013 - 13th International Conference on Systems Simulation, Singapore, November 6-8, 2013. Proceedings,570-576 2013 英語
Keiichiro Fukazawa,Takeshi Nanri,Takayuki Umeda Performance Measurements of MHD Simulation for Planetary Magnetosphere on Peta-Scale Computer FX10. Parallel Computing: Accelerating Computational Science and Engineering (CSE), Proceedings of the International Conference on Parallel Computing, ParCo 2013, 10-13 September 2013, Garching (near Munich), Germany,387-394 2013 英語
Umeda, T., Y. Ito and K. Fukazawa Vlasov simulation on magnetospheres of astronomical objects Journal of Physics,454 2013 英語
渡邉 英伸, 山本 和憲, 村田 健史, 木村 映善, 亘 慎一, 村山 泰啓, 宮地 英生, 荻野 瀧樹, 深沢 圭一郎 三次元可視化パラメータ共有による多地点遠隔ボリュームコミュニケーションシステム(ネットワーク技術,<特集>インターネット技術とその応用論文) 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム,95,5,1160-1171 2012/05 日本語
Keiichiro Fukazawa,Takayuki Umeda Performance measurement of magnetohydrodynamic code for space plasma on typical scalar-type supercomputer systems with a large number of cores. IJHPCA,26,3,310-318 2012 英語
Keiichiro Fukazawa,Takeshi Nanri Performance of Large Scale MHD Simulation of Global Planetary Magnetosphere with Massively Parallel Scalar Type Supercomputer Including Post Processing. 14th IEEE International Conference on High Performance Computing and Communication & 9th IEEE International Conference on Embedded Software and Systems, HPCC-ICESS 2012, Liverpool, United Kingdom, June 25-27, 2012,976-982 2012 英語
Takayuki Umeda,Keiichiro Fukazawa Performance Measurement of Parallel Vlasov Code for Space Plasma on Various Scalar-Type Supercomputer Systems. Algorithms and Architectures for Parallel Processing - 12th International Conference, ICA3PP 2012, Fukuoka, Japan, September 4-7, 2012, Proceedings, Part I,233-240 2012 英語
Keiichiro Fukazawa, T. Ogino, and R. J. Walker A magnetohydrodynamic simulation study of Kronian field-aligned currents and auroras Journal of Geophysical Research,117 2012 英語
Umeda, T., K. Fukazawa, Y. Nariyuki, and T. Ogino A scalable full electromagnetic Vlasov solver for cross-scale coupling in space plasma IEEE Transactions on Plasma Science,40,5 2012 英語
Umeda, T., T. Kimura, K. Togano, K. Fukazawa, Y. Matsumoto, T. Miyoshi, N. Terada, T. K. M. Nakamura, and T. Ogino Vlasov simulation of the interaction between the solar wind and a dielectric body Physics of Plasmas,18 2011 英語
Walker, R. J., K. Fukazawa, T. Ogino, and D. Morozoff A Simulation Study of Kelvin-Helmholtz Waves at Saturn's Magnetopause Journal of Geophysical Research,116 2011 英語
Suzuki, J., H. Shimazu, K. Fukazawa, M. Den Acceleration of PIC simulation with GPU Plasma and Fusion Research,6,2401075 2011 英語
Keiichiro Fukazawa Global Simulation of the Magnetosphere Using Nested Grids Model with Inner Boundary of 1Re Advances in Geosciences,21,97-108 2010 英語
Umeda, T., J. Miwa, Y. Matsumoto, T. K. M. Nakamura, K. Togano, K. Fukazawa Full electromagnetic Vlasov code simulation of the Kelvin-Helmholtz instability Physics of Plasmas,17 2010 英語
Keiichiro Fukazawa., Y. Aoyama, T. Ogino and K. Yumoto Response of Cross Polar Cap Potential to IMF and Velocity of Solar Wind Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics,72 2010 英語
Keiichiro Fukazawa, T. Ogino, and R.J. Walker A Simulation Study of Dynamics in the Distant Jovian Magnetotail Journal of Geophysical Research,115,A09219 2010 英語
Keiichiro Fukazawa,T. Umeda, T. Miyoshi, N. Terada, Y. Matsumoto, and T. Ogino Performance measurement of magneto-hydro-dynamic code for space plasma on the various scalar type supercomputer systems IEEE Transactions on Plasma Science,38,9,2254 2010 英語
Matsumoto, Y., N. Terada, T. Miyoshi, K. Fukazawa, T. Umeda, T. Ogino, and K. Seki Comparative study of global MHD simulations of the terrestrial magnetosphere with different numerical schemes IEEE Transactions on Plasma Science,38,9,2229 2010 英語
Miyoshi, T., N. Terada, Y. Matsumoto, K. Fukazawa, T. Umeda, and K. Kusano The HLLD approximate Riemann solver for magnetospheric simulation IEEE Transactions on Plasma Science,38,9,2236 2010 英語
Keiichiro Fukazawa, S. Ogi, T. Ogino, and R.J. Walker Magnetospheric Convection at Saturn as a Function of IMF Bz Geophysical Research Letters,34,L01105 2007 英語
T. Ogino, Y. Kajiwara, M. Nakao, K. S. Park, K. Fukazawa, and Y. Yi, MHD simulation of the shock wave event on October 24, 2003 Acta Astronautica,61,923-931 2007 英語
Keiichiro Fukazawa, T. Ogino, and R.J. Walker Vortex-associated reconnection for northward IMF in the Kronian magnetosphere Geophysical Research Letters,34,L23201 2007 英語
Keiichiro Fukazawa, T. Ogino, and R.J. Walker The Configuration and Dynamics of the Jovian Magnetosphere Journal of Geophysical Research,111,A10207 2006 英語
Keiichiro Fukazawa, T. Ogino, and R.J. Walker Dynamics of the Jovian magnetosphere for northward interplanetary magnetic field (IMF) Geophysical Research Letters,32 2005 英語
Walker, R. J., S. P. Joy, M. G. Kivelson, K. Khurana, T. Ogino and Keiichiro Fukazawa The locations and shapes of Jupiter's bow shock and magnetopause The Physics of Collisionless Shocks,95-108 2005 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Umeda T., and K. Fukazawa Performance comparison of Eulerian kinetic Vlasov code between flat-MPI parallelism and hybrid parallelism on Fujitsu FX100 supercomputer In Proceedings of the 23rd European MPI Users' Group Meeting (EuroMPI 2016),218-221 2016/09 英語
Fukazawa, K., T. Takami, T. Soga, Y. Morie, and T. Nanri Effective Calculation with Halo communication using Halo Functions In Proceedings of the 23rd European MPI Users' Group Meeting (EuroMPI 2016),215-216 2016/09 英語
KATOH Yuto, OMURA Yoshiharu, MIYAKE Yohei, NAKASHIMA Hiroshi, USUI Hideyuki, FUKAZAWA Keiichiro Electron hybrid code simulations with OhHelp load balancer for the study of relativistic electron acceleration in planetary magnetospheres International Conference on Simulation Technology (CD-ROM),2016,184‐187 2016 英語
NANRI Takeshi, NANRI Takeshi, FUKAZAWA Keiichiro, FUKAZAWA Keiichiro Effect of Overlapping Halo Exchange with One-Sided Communication International Conference on Simulation Technology (CD-ROM),2016,239‐248 2016 英語
FUKAZAWA Keiichiro, FUKAZAWA Keiichiro, UMEDA Takayuki, NANRI Takeshi, NANRI Takeshi Performance Evaluation of MHD Simulation Code with X86 CPUs and Manycore Systems International Conference on Simulation Technology (CD-ROM),2016,196‐204 2016 英語
Imamura Satoshi, Oka Keitaro, Yasui Yuichiro, Inadomi Yuichi, Fujisawa Katsuki, Endo Toshio, Ueno Koji, Fukazawa Keiichiro, Hata Nozomi, Kakibuka Yuta, Inoue Koji, Ono Takatsugu Evaluating the impacts of code-level performance tunings on power efficiency IEEE Conference Proceedings,2016,Big Data,362‐369 2016 英語
Y. Inadomi, T. Patki, K. Inoue, M. Aoyagi, B. Rountree, M. Schulz, D. Lowenthal, Y. Wada, K. Fukazawa, M. Ueda, M. Kondo, I. Miyoshi Analyzing and mitigating the impact of manufacturing variability in power-constrained supercomputing Proceedings of the International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC '15) 2015/12 英語
Umeda, T., Y. Matsumoto, T. K. M. Nakamura, K. Fukazawa, and T. Ogino Vlasov code simulation of cross-scale coupling in space plasmas ASTRONUM-2010, ASP Conference Series,444,182-187 2011 英語
K. T. Murata, E. Kimura, K. Yamamoto, D. Matsuoka, H. Shimazu, Y. Kitamura, K. Fukazawa, J. Tanaka, T. Ikeda, and Y. Kurokawa A Bandwidth Challenge at Super Computing (SC) Conference: Large-Scale Data Transfer Using 10Gbps Network OSA Technical Digest 2009 英語
Walker, R.J., Fukazawa, K., Ogino Magnetohydrodynamic simulations of the magnetopauses of Saturn, Jupiter and the Earth General Assembly and Scientific Symposium, 2011 XXXth URSI,1-4 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
深沢圭一郎 HPCにおける技術とその応用 HPCにおけるCPU,アクセラレータの動向 シミュレーション,36,2,76‐78 2017/06/15 日本語
梅田隆行, 深沢圭一郎 KNL Xeon Phiにおけるブラソフコードの性能評価 情報処理学会研究報告(Web),2016,HPC-157,Vol.2016‐HPC‐157,No.15,1‐5 (WEB ONLY) 2016/12/14 日本語
梅田隆行, 深沢圭一郎 スーパーコンピュータFX100におけるブラソフコードの性能評価 情報処理学会研究報告(Web),2016,HPC-156,Vol.2016‐HPC‐156,No.1,1‐5 (WEB ONLY) 2016/09/08 日本語
深沢圭一郎, 江川隆輔, 磯部洋子, 三吉郁夫 SX‐ACEとFX100におけるMHDシミュレーションコードの性能評価と最適化 情報処理学会研究報告(Web),2016,HPC-156,Vol.2016‐HPC‐156,No.3,1‐6 (WEB ONLY) 2016/09/08 日本語
坂本龍一, 坂本龍一, カオ タン, カオ タン, 和遠, 和遠, 近藤正章, 近藤正章, 深沢圭一郎, 上田将嗣, 稲富雄一, 稲富雄一, 井上弘士, 井上弘士 電力制約を考慮した資源管理ツールによるHPCシステムの電力性能解析 情報処理学会研究報告(Web),2016,HPC-155,Vol.2016‐HPC‐155,No.20,1‐8 (WEB ONLY) 2016/08/01 日本語
深沢 圭一郎 MHD近似限界に迫る地球磁気圏MHDシミュレーション (特集 HPCIを利用した研究成果) Cybermedia HPC journal,6,13-16 2016/08 日本語
深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 森江善之, 森江善之, 曽我武史, 曽我武史, 高見利也, 高見利也, 南里豪志, 南里豪志 ステンシル計算における効率的なHalo通信・計算モデルの開発 情報処理学会研究報告(Web),2016,HPC-153,VOL.2016-HPC-153,NO.7 (WEB ONLY) 2016/02/23 日本語
深沢圭一郎, 森江善之, 曽我武史, 高見利也, 南里豪志, 深沢圭一郎, 森江善之, 曽我武史, 高見利也, 南里豪志 エクサスケールコンピューティングに向けたHaloスレッドの電磁流体シミュレーションに対する効果 情報処理学会研究報告(Web),2015,HPC-151,VOL.2015-HPC-151,NO.23 (WEB ONLY) 2015/09/23 日本語
坂本龍一, 坂本龍一, カオ タン, カオ タン, 和遠, 和遠, 近藤正章, 近藤正章, 深沢圭一郎, 上田将嗣, 稲富雄一, 稲富雄一, 井上弘士, 井上弘士 電力制約を考慮した資源管理を行うリソースマネージャの実装と評価 情報処理学会研究報告(Web),2015,HPC-151,VOL.2015-HPC-151,NO.1 (WEB ONLY)-8 2015/09/23 日本語
稲富雄一, 稲富雄一, 井上弘士, 井上弘士, 和田康孝, 深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 上田将嗣, 上田将嗣, 近藤正章, 近藤正章, 三吉郁夫, 三吉郁夫, ROUNTREE Barry, SCHULZ Martin, PATKI Tapasya, LOWENTHAL David, 青柳睦 電力制約スーパーコンピューティングにおける製造ばらつき問題とその対策~大規模計算機システムを対象とした電力バジェット配分法の提案~ 情報処理学会研究報告(Web),2015,HPC-150,VOL.2015-HPC-150,NO.27 (WEB ONLY) 2015/07/28 日本語
稲富 雄一, 和田 康孝, 深沢 圭一郎, 青柳 睦, 近藤 正章, 三吉 郁夫, 井上 弘士 電力性能特性ばらつきを考慮したMPI並列アプリケーションの性能最適化 情報処理学会研究報告. 計算機アーキテクチャ研究会報告,2014,6,1-8 2014/12/02 日本語
稲富 雄一, 和田 康孝, 深沢 圭一郎, 青柳 睦, 近藤 正章, 三吉 郁夫, 井上 弘士 電力性能特性ばらつきを考慮したMPI並列アプリケーションの性能最適化 研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC),2014,6,1-8 2014/12/02 日本語
梅田 隆行, 深沢 圭一郎 OpenMPとMPIを用いたハイブリッド並列ブラソフコードの性能測定 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2014,20,1-5 2014/09/25 日本語
深沢 圭一郎, 青柳 睦, 津秦 伴紀, 吉田 匡平, 稲富 雄一, 井上 弘士 CPUとDRAMの消費電力制限下でのMHDシミュレーションコードの電力特性 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2014,5,1-8 2014/09/25 日本語
稲富雄一, 和田康孝, 深沢圭一郎, 青柳睦, 近藤正章, 三吉郁夫, 井上弘士 MPI並列アプリケーションの電力最適化 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2014,6,1-8 2014/09/25 日本語
阿部祐希, 稗田拓路, 稗田拓路, 稲富雄一, 稲富雄一, 柴村英智, 眞木淳, 小林泰三, 深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 井上弘士, 井上弘士 大規模インターコネクトを対象とした消費電力解析環境NsimPowerの構築 情報処理学会研究報告(Web),2014,HPC-145,WEB ONLY VOL.2014-HPC-145,NO.9-6 2014/07/21 日本語
村田健史, 磯田総子, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善 NICTサイエンスクラウドによる大規模シミュレーションデータ分散可視化処理 宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-,13-010,57-70 2014/03/31 日本語
久保田康文, 村田健史, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健 地球磁気圏3次元グローバルMHDシミュレーションの磁力線追尾可視化技術 宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-,13-010,129-135 2014/03/31 日本語
村田健史, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 磯田総子, 山本和憲, 久保田康文, 長妻努, 坂口歌織, 津川卓也, 西岡未知, 建部修見, 田中昌宏, 深沢圭一郎, 才田聡子, 海老原祐輔, 藤田茂, 木村映善, 黒澤隆, 村山泰啓, 永井亨, 水原隆道 科学研究用クラウドシステム(NICTサイエンスクラウド)の提案 宇宙航空研究開発機構研究開発報告 JAXA-RR-,13-010,39-56 2014/03 日本語
稲富雄一, 深沢圭一郎, 井上弘士 電力制約下における分子積分プログラムの性能最適化 日本コンピュータ化学会年会講演予稿集,2014,84 2014 日本語
稲富雄一, 稲富雄一, 吉田匡兵, 深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 上田将嗣, 上田将嗣, 青柳睦, 井上弘士, 井上弘士 電力指向型次世代スーパーコンピュータを想定したHPCアプリケーションの性能最適化~量子化学計算の場合~ 情報処理学会研究報告(Web),2013,ARC-207,WEB ONLY VOL.2013-ARC-207,NO.30-6 2013/12/09 日本語
深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 片桐孝洋, 大宮学, 江川隆輔, 大島聡史, 青木尊之, 下川辺隆史, 荻野正雄, 岩下武史, 東田学 実アプリを用いたさまざまなアーキテクチャからなる計算機システムの性能評価 情報処理学会研究報告(Web),2013,ARC-207,WEB ONLY VOL.2013-ARC-207,NO.16-7 2013/12/09 日本語
稲富 雄一, 吉田 匡兵, 深沢 圭一郎, 上田 将嗣, 青柳 睦, 井上 弘士 電力指向型次世代スーパーコンピュータを想定したHPCアプリケーションの性能最適化 ~量子化学計算の場合~ 研究報告計算機アーキテクチャ(ARC),2013,30,1-6 2013/12/09 日本語
磯田総子, 村田健史, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 久保田康文, 笠井康子, 佐藤晋介, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 黒澤隆, 木村映善, 建部修見, 田中昌宏 NICTサイエンスクラウド―地球科学・宇宙科学ビッグデータ分散処理技術― 電子情報通信学会技術研究報告,113,230(PRMU2013 56-67),29-34 2013/09/26 日本語
磯田 総子, 村田 健史, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 久保田 康文, 笠井 康子, 佐藤 晋介, 鵜川 健太郎, 村永 和哉, 鈴木 豊, 黒澤 隆, 木村 映善, 建部 修見, 田中 昌宏 NICTサイエンスクラウド : 地球科学・宇宙科学ビッグデータ分散処理技術(テーマセッション,大規模データとパターン認識・メディア理解,地球をとらえる,CEATEC連携) 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,113,230,29-34 2013/09/26 日本語
吉田匡兵, 佐々木広, 深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 稲富雄一, 稲富雄一, 上田将嗣, 井上弘士, 井上弘士, 青柳睦 CPUと主記憶への電力バジェット配分を考慮したHPCアプリケーションの性能評価 情報処理学会研究報告(Web),2013,HPC-141,WEB ONLY VOL.2013-HPC-141,NO.21-8 2013/09/23 日本語
深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 深沢圭一郎, 岡慶太郎 電磁流体コードを用いたXeon Phiの性能評価 情報処理学会研究報告(Web),2013,HPC-141,WEB ONLY VOL.2013-HPC-141,NO.5-6 2013/09/23 日本語
梅田隆行, 深沢圭一郎 京,FX10及びCX400におけるブラソフコードの性能チューニング 情報処理学会研究報告(Web),2013,HPC-141,WEB ONLY VOL.2013-HPC-141,NO.4-6 2013/09/23 日本語
磯田総子, 村田健史, 渡邉英伸, 深沢圭一郎, 山本和憲, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善 NICTサイエンスクラウド―ビッグデータ分散処理性能検証― 電子情報通信学会技術研究報告,113,86(SC2013 1-8),19-24 2013/06/10 日本語
磯田 総子, 村田 健史, 渡邉 英伸, 深沢 圭一郎, 山本 和憲, 建部 修見, 田中 昌宏, 木村 映善 NICTサイエンスクラウド : ビッグデータ分散処理性能検証(セッション1:ビッグデータ・サイエンスクラウド,「Webサービス及びクラウドの構築・運用・管理」及び一般) 電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング,113,86,19-24 2013/06/10 日本語
村田健史, 渡邉英伸, 山本和憲, 久保田康文, 建部修見, 田中昌宏, 深沢圭一郎, 木村映善, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 磯田総子 Gfarm/PwrakeによるNICTサイエンスクラウドの並列分散処理技法 情報処理学会研究報告(Web),2013,HPC-139,WEB ONLY VOL.2013-HPC-139,NO.9-6 2013/05/22 日本語
磯田総子, 村田健史, 深沢圭一郎, 久保田康文, 山本和憲, 海老原祐輔, 才田聡子, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善 グローバルMHDシミュレーションの3次元可視化技術の改良 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),134th,ROMBUNNO.R008-04 2013 日本語
磯田総子, 村田健史, 深沢圭一郎, 久保田康文, 山本和憲, 海老原祐輔, 才田聡子, 渡邉英伸, 鵜川健太郎, 村永和哉, 鈴木豊, 建部修見, 田中昌宏, 木村映善 グローバルMHDシミュレーションの3次元可視化技術の紹介 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),134th,ROMBUNNO.R008-P018 2013 日本語
南里豪志, 深沢圭一郎 Tofuネットワークにおけるプロセス配置形状による集団通信アルゴリズムの性能解析 情報処理学会研究報告(CD-ROM),2012,4,ROMBUNNO.HPC-136,NO.25 2012/12/15 日本語
梅田隆行, 伊藤陽介, 深沢圭一郎 超並列ブラソフコードによる宇宙プラズマの第一原理シミュレーション 情報処理学会研究報告(CD-ROM),2012,4,ROMBUNNO.HPC-136,NO.8 2012/12/15 日本語
深沢圭一郎, 南里豪志, 高見利也 異なるスカラアーキテクチャ(x86,SPARC64)の電磁流体コードによる性能評価 情報処理学会研究報告(CD-ROM),2012,4,ROMBUNNO.HPC-136,NO.5 2012/12/15 日本語
梅田 隆行, 伊藤 陽介, 深沢 圭一郎 超並列ブラソフコードによる宇宙プラズマの第一原理シミュレーション 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2012,8,1-5 2012/09/26 日本語
深沢 圭一郎, 南里 豪志, 高見 利也 異なるスカラアーキテクチャ(x86,SPARC64)の電磁流体コードによる性能評価 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2012,5,1-6 2012/09/26 日本語
南里豪志, 深沢圭一郎 Tofuネットワークにおけるプロセス配置形状による集団通信アルゴリズムの性能解析 情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング],2012,25,1-12 2012/09/26 日本語
渡邉英伸, 山本和憲, 村田健史, 木村映善, 亘慎一, 村山泰啓, 宮地英生, 荻野瀧樹, 深沢圭一郎 三次元可視化パラメータ共有による多地点遠隔ボリュームコミュニケーションシステム 電子情報通信学会論文誌 D,J95-D,5,1160-1171 2012/05/01 日本語
深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 南里 豪志 超並列惑星磁気圏電磁流体シミュレーションに向けた隣接通信の効率化 ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集,2012,101-106 2012/01/17 日本語
村田健史, 久保田康文, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健 グローバルMHDシミュレーションの流体要素追跡による,太陽風プラズマの磁気圏への侵入過程の研究 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),132nd,ROMBUNNO.B006-17 2012 日本語
久保田康文, 村田健史, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健 グローバルMHDシミュレーション磁力線追尾システムによる,磁束拡散領域の評価 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),132nd,ROMBUNNO.B008-21 2012 日本語
深沢 圭一郎, 梅田 隆行, RaymondJ.Walker, 荻野 瀧樹, 湯元 清文 HA8000を用いた土星磁気圏の高解像度電磁流体シミュレーション ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集,2011,157-162 2011/01/11 日本語
梅田隆行, 深沢圭一郎, 成行泰裕 無衝突プラズマの超並列ブラソフシミュレーション ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集,2011,57-57 2011/01/11 日本語
久保田康文, 村田健史, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健 グローバルMHDシミュレーション磁力線追尾システムによる,太陽風磁場の磁気圏への侵入過程の研究 極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),2011,ROMBUNNO.UO10.KUBOTAYASUBUMI 2011 日本語
村田健史, 久保田康文, 山本和憲, 渡邉英伸, 亘慎一, 深沢圭一郎, 坪内健, 村山泰啓, 鵜川健太郎, 村永和哉, 田中高史, 藤田茂 グローバルMHDシミュレーション磁力線追尾システムの基盤技術検証 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),130th,ROMBUNNO.B006-35 2011 日本語
村田健史, 品川裕之, 亘慎一, 村山泰啓, 山本和憲, 渡邉英伸, 井上諭, 鵜川健太郎, 村永和哉, 木村映善, 深沢圭一郎, 荻野竜樹, 東田学, 建部修見 JGN‐XとGfarmによる広域分散ストレージシステムとスパコン仮想化 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),130th,ROMBUNNO.B010-P012 2011 日本語
久保田康文, 村田健史, 山本和憲, 深沢圭一郎, 坪内健 グローバルMHDシミュレーション磁力線追尾システムによる,太陽風磁場の磁気圏への侵入過程の研究 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),130th,ROMBUNNO.B006-36 2011 日本語
深沢圭一郎, 梅田隆行, 荻野瀧樹 高効率並列電磁流体コードによるHA8000クラスタシステムの性能評価 情報処理学会シンポジウム論文集,2010,1,133-140 2010/01/07 日本語
山元悠, 深沢圭一郎, 渡辺正和 木星磁気圏朝側におけるスーパーローテーション 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),128th,ROMBUNNO.B006-02 2010 日本語
深沢 圭一郎, 田中 高史 九州大学太陽地球系物理学研究室の紹介(ラボラトリー) 応用数理,19,3,200-202 2009/09/25 日本語
寺田直樹, 陣英克, 松本洋介, 梅田隆行, 深沢圭一郎, 三好隆博, 加藤雄人, 鈴木朋憲, 三好勉信, 藤原均, 品川裕之, 寺田香織, 村田健史, 吉川顕正, 三好由純, 中田裕之 数値計算プロジェクトの将来像と惑星電磁圏の理解の今後 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),126th,ROMBUNNO.B009-12 2009 日本語
三好 隆博, 草野 完也, 深沢 圭一郎, 松本 洋介, 梅田 隆行, 杉山 徹, 寺田 直樹, 加藤 雄人, 中村 琢磨, 篠原 育 次世代電磁流体計算法の開発 : 磁場発散除去法について(宇宙・惑星(4),一般講演) 日本流体力学会年会講演論文集,2008 2008/09/04 日本語
島津浩哲, 品川裕之, 久保勇樹, 陣英克, 寺田直樹, 深沢圭一郎, 坪内健, 国武学, 亘慎一, 小原隆博, 藤田茂, 中溝葵, 田中高史 NICTリアルタイム宇宙天気統合シミュレータ:現状と今後の展望 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),124th,ROMBUNNO.B008-29 2008 日本語
寺田直樹, 中田裕之, 松本洋介, 深沢圭一郎, 陣英克, 三好勉信, 篠原育, 杉山徹, 梅田隆行, 海老原祐輔, 荻野竜樹, 加藤雄人, 金田香織, 久保勇樹, 品川裕之, 島津浩哲, 関華奈子, 田中高史, 坪内健, 中野慎也, 中村琢磨, 藤田茂, 藤原均, 三好隆博, 三好由純, 村田健史, 吉川顕正 モデル結合・融合方法の標準化 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),124th,ROMBUNNO.B008-22 2008 日本語
梅田隆行, 寺田直樹, 杉山徹, 三好隆博, 松本洋介, 加藤雄人, 深沢圭一郎, 篠原育, 中村琢磨 STPシミュレーションコード開発の将来展望 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),124th,ROMBUNNO.B008-08 2008 日本語
品川裕之, 島津浩哲, 久保勇樹, 陣英克, 寺田直樹, 深沢圭一郎, 坪内健, 国武学, 亘慎一, 小原隆博, 藤田茂, 中溝葵, 田中高史, 三好勉信, 藤原均, 石井守, 大塚雄一, 齊藤昭則 太陽地球系統合シミュレータの開発 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),124th,ROMBUNNO.B008-21 2008 日本語
土屋史紀, 佐藤毅彦, 野澤宏大, 山崎敦, 笠羽康正, 寺田直樹, 垰千尋, 三澤浩昭, 鍵谷将人, 岡野章一, 森岡昭, 荻野竜樹, 深沢圭一郎, 今井一雅 小型宇宙望遠鏡TOPSによる惑星オーロラ・電磁圏観測の科学目標 日本天文学会年会講演予稿集,2007,286 2007/08/20 日本語
品川裕之, 島津浩哲, 寺田直樹, 陣英克, 藤田茂, 田中高史, 深沢圭一郎, 国武学, 小原隆博 NICTリアルタイム磁気圏―電離圏―熱圏シミュレータ:電離圏嵐の再現と予測 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),122nd,ROMBUNNO.B010-21 2007 日本語
土屋史紀, 寺田直樹, 山崎敦, 今井一雅, 深沢圭一郎, 二穴喜文, 鍵谷将人, 亀田真吾, 笠羽康正, 三澤浩昭, 森岡昭, 野澤宏大, 荻野竜樹, 佐藤毅彦, 垰千尋, 上野宗孝, 横田勝一郎, 吉川一朗, 渡部重十, 高橋幸弘 小型宇宙望遠鏡TOPSによる惑星電磁圏領域の科学目標 地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),122nd,ROMBUNNO.B009-P028 2007 日本語
梅田隆行, 寺田直樹, 杉山徹, 三好隆博, 松本洋介, 加藤雄人, 深沢圭一郎, 篠原育 ブラソフシミュレーションで拓く太陽地球惑星科学 数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM),21st,ROMBUNNO.A6-4 2007 日本語
尾木俊一, 深沢圭一郎, 荻野竜樹 共通並列計算電磁流体・粒子コードによる太陽風磁気圏電離圏ダイナミックスの研究 惑星間空間衝撃波衝突時における土星磁気圏構造の応答 共通並列計算電磁流体・粒子コードによる太陽風磁気圏電離圏ダイナミックスの研究 平成14-17年度 No.14204046,291-294 2006 日本語
深沢 圭一郎, 藤井 俊彰, 木本 伊彦, 谷本 正幸 バックプロジェクション法を用いた全周画像の高解像度化 映像情報メディア学会大会講演予稿集,2,0,142-142 2002 その他外国語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
深沢 圭一郎 MHD近似限界に迫る地球磁気圏MHDシミュレーション (特集 HPCIを利用した研究成果) Cybermedia HPC journal,6,13-16 2016/08 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
An MHD Simulation of the Dynamics of the Kronian Magnetosphere Driven by Solar Wind Observations [Invited] AOGS 12th Annual Meeting 2015/08/03 英語
Numerical Simulation of Jovian and Kronian Magnetospheric Configuration [Invited] Symposium on Planetary Science 2015 2015/02/16 英語
Massively Parallel Computation of Global Kronian Magnetosphere [Invited] AOGS 11th Annual Meeting 2014/07/28 英語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
惑星磁気圏でのホイッスラーモード・コーラス放射発生過程についての電子ハイブリッド・MHD連成計算 STEシミュレーション研究会 - 太陽地球惑星系複合システムのシミュレーション研究 - 2017/09/08 日本語
MHDシミュレーションコードのXeon Phi KNLでの性能評価 STEシミュレーション研究会 - 太陽地球惑星系複合システムのシミュレーション研究 - 2017/09/08 日本語
HPC基盤での計測・観測データの高効率転送と解析、保存 九州大学情報基盤研究開発センター シンポジウム HPCとIoT -観測・計測系IoTとHPCを繋ぐ- 2017/08/25 日本語
Database development of global Jovian magnetospheric simulation Symposium on Planetary Science 2016 2016/02/22 日本語
HPCにおけるビッグデータポスト処理環境実現のためのデータ伝送実験 京都大学-情報通信研究機構間 大学ICT推進協議会(AXIES)2015年度 年次大会 2015/12/02 日本語
HaloスレッドのMHDシミュレーションへの導入と性能評価" STEシミュレーション研究会 - エクサスケールに向けて - 2015/09/28 日本語
惑星磁気圏におけるコーラス放射励起過程についての電子ハイブリッド・MHD連成シミュレーション STEシミュレーション研究会 - エクサスケールに向けて - 2015/09/28 日本語
惑星磁気圏超並列高効率MHD シミュレーションの開発 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクトシンポジウム 2015/06/03 日本語
メニーコアプロセッサーに対する宇宙天気MHDシミュレーションの高度化 H26年度電磁圏物理学シンポジウム 2015/03/02 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
磁気圏グローバルモデルを用いた木星オーロラ増光時の磁気圏ダイナミクス 地球電磁気・地球惑星圏学会 第142回総会及び講演会 2017/10/17 日本語
Global MHDシミュレーションを用いた木星オーロラの太陽風応答に関する研究 地球電磁気・地球惑星圏学会 第142回総会及び講演会 2017/10/16 日本語
Solar wind influence on Jupiter's inner magnetosphere derived from the global MHD simulation 地球電磁気・地球惑星圏学会 第142回総会及び講演会 2017/10/16 日本語
ひさき衛星による木星磁気圏観測とグローバルMHDシミュレーションの連携解析の概要 地球電磁気・地球惑星圏学会 第142回総会及び講演会 2017/10/16 日本語
Global MHD simulation of Jovian magnetosphere for observations and micro scale simulations 地球電磁気・地球惑星圏学会 第142回総会及び講演会 2017/10/16 日本語
Performance Evaluation and Optimization of MagnetoHydroDynamic Simulation for Planetary Magnetosphere with Xeon Phi KNL ParCo2017 2017/09/12 英語
Electron-Hybrid and MHD Cross-Reference Simulations of Whistler-Mode Chorus in the Inner Magnetosphere of Earth, Jupiter and Mercury AOGS 14th Annual Meeting 2017/08/08 英語
Development of High Resolution Jovian Magnetospheric Simulation AOGS 14th Annual Meeting 2017/08/08 英語
HaloスレッドとHalo関数を用いたMHDシミュレーションの高効率並列化 2017年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム 2017/06/06 日本語
Advances and issues from the simulation of planetary magnetospheres with recent supercomputer systems AGU Fall Meeting 2016 2016/12/12 英語
電子ハイブリッド・MHD連成計算に基づく惑星磁気圏コーラス放射の発生条件 地球電磁気・地球惑星圏学会 第140回総会及び講演会 2016/11/19 日本語
ひさき衛星による木星磁気圏観測とグローバルMHDシミュレーションの連携解析 地球電磁気・地球惑星圏学会 第140回総会及び講演会 2016/11/19 日本語
Advances in planetary magnetospheric simulation with recent supercomputer systems 地球電磁気・地球惑星圏学会 第140回総会及び講演会 2016/11/19 日本語
並列ステンシル計算におけるHalo領域通信の高効率実装 STEシミュレーション研究会 - 太陽地球惑星系探査とシミュレーション研究 - 2016/08/31 日本語
惑星磁気圏におけるコーラス放射励起過程についての電子ハイブリッド・MHD連成シミュレーション STEシミュレーション研究会 - 太陽地球惑星系探査とシミュレーション研究 - 2016/08/31 日本語
木星磁気圏研究のためのシミュレーションデータシステム 日本地球惑星連合2016年大会 2016/05/22 日本語
惑星磁気圏におけるコーラス放射と相対論的高エネルギー電子との相互作用 日本天文学会年会講演予稿集 2016/02/20 日本語
A Simulation Study of the Dependence of the Vorticity in Saturn’s Magnetosphere on the IMF AGU Fall Meeting 2015 2015/12/14 英語
Dependence of the Vorticity in Kronian Magnetosphere on the IMF 地球電磁気・地球惑星圏学会 第138回総会及び講演会 2015/10/31 日本語
Performance Evaluation of MHD Simulation Adopting a Specific Thread for Halo Region Workshop on Information Technology, Applied Mathematics and Education 2015/08/19 英語
An MHD Simulation of Global Planetary Magnetosphere Using K-Computer AOGS 12th Annual Meeting 2015/08/03 英語
高解像度土星磁気圏シミュレーションにおける渦構造の形成 日本地球惑星連合2015年大会 2015/05/24 日本語
Performance Evaluation of MHD Simulation Code with Many Core Systems International Workshop on Information Technology, Applied Mathematics and Science 2015/03/27 英語
Optimization of MHD Simulation for Space Weather to Many Core Processor UN/Japan Workshop on Space Weather 2015/03/04 英語
A Magnetohydrodynamic Simulation Study of the Dynamic Variations in the Configuration, Convection and Auroral Emissions in Saturn’s Magnetosphere Driven by the Observed Solar Wind AGU Fall Meeting 2015 2015 英語
GPU,MIC,XeonにおけるMHDシミュレーションコードの性能評価 STEシミュレーション研究会 - 計算手法から結果公開まで - 2014/12/22 日本語
Massively parallel MHD simulation of convection and auroral emissions in Saturn’s magnetosphere driven by the observed solar wind AGU Fall Meeting 2014 2014/12/15 英語
Xeon PhiとGPUを利用したMHDシミュレーションコードの性能評価 [招待あり] 首都大学東京ミニ研究環ワークショップ「メニーコアシステムにおける格子アプリケーション -GPUとMICの実行性能比較-」 2014/12/12 日本語
大規模シミュレーションによる木星磁気圏の構造・ダイナミックスの研究 地球電磁気・地球惑星圏学会 第136回総会及び講演会 2014/10/31 日本語
カッシーニ探査機の太陽風データを利用したMHDシミュレーションによる磁気圏対流、オーロラ発光の関係 日本地球惑星連合2014年大会 2014/04/28 日本語
磁気圏MHDシミュレーションコードのXeon Phiに対する最適化 日本地球惑星連合2014年大会 2014/04/28 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
情報処理学会計算機アーキテクチャ研究会若手奨励賞 情報処理学会計算機アーキテクチャ研究会 2013/12/
大林奨励賞 地球電磁気・地球惑星圏学会 2014/11/
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
平成20年度STEシミュレーション研究会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2009/01/29
平成21年度太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション技法勉強会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2009/08/04
平成22年度太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション技法勉強会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2011/02/28
平成23年度太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション技法勉強会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2011/09/15
平成24年度太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション技法勉強会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2013/03/21
平成25年度太陽地球惑星系科学(STP)シミュレーション技法勉強会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2013/12/24
平成27年度STEシミュレーション研究会 地球電磁気・地球惑星圏学会 2015/09/28
Symposium on Technology and application in HPC The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology 2016/10/28
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 2流体プラズマを用いた次世代磁気圏シミュレーションモデルの開発 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究B 分担 電磁流体・粒子連結シミュレーションによる地球放射線帯ダイナミクスの研究 2012/04/01〜2015/03/31
特別研究員奨励費 代表 MHDシミュレーションによる衛星の影響を含めた木星と土星磁気圏ダイナミクスの研究 2009/04/01〜2011/03/31
基盤研究B 分担 電子ハイブリッド・MHD連成計算機実験による惑星放射線帯電子加速過程の研究, 2015/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 2流体プラズマを用いた次世代磁気圏シミュレーションモデルの開発 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的研究(萌芽) 分担 スケーラブル通信ライブラリを用いた次世代惑星電磁気圏連成計算技術の創出 2017/09/01〜2020/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
平成26年度 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト(代表) 2014/04/01〜2015/03/31
平成25年度 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト(代表) 2013/04/01〜2014/03/31
平成24年度 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト(代表) 2012/04/01〜2013/03/31
平成23年度 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト(代表) 2011/04/01〜2012/03/31
平成22年度 名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト(代表) 2010/04/01〜2011/03/31
平成26年度 HPCIシステム利用研究課題 「京」一般利用  「地球磁気圏におけるマクロ-メソ・ミクロスケール遷移領域のシミュレーション」(代表) 2014/04/01〜2015/03/31
平成24年度~平成25年度 HPCIシステム利用研究課題 「京」一般利用(条件付き) 「地球磁気圏におけるマクロ-メソ・ミクロスケール遷移領域のシミュレーション」(代表) 2012/09/28〜2014/03/31
平成25年度 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 公募型共同研究 「さまざまなアーキテクチャからなる計算機システムの性能評価と最適化」(代表) 2013/04/01〜2014/03/31
平成27年度 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点 公募型共同研究「Xeon Phi・ベクトル計算機へのFDTDコードと電磁流体コードの最適化手法の研究」(代表) 2015/04/01〜2016/03/31
平成27年度 HPCIシステム利用研究課題  「地球磁気圏におけるマクロ-メソ・ミクロスケール遷移領域のシミュレーション」採択(代表) 2015/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
スーパーコンピューティング特論 Supercomputing, Advanced 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
計算科学演習B Computational Science, Exercise B 前期集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
応用情報学特別セミナー Seminar on Applied Informatics, Advanced 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
スーパーコンピューティング特論 Supercomputing, Advanced 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
計算科学演習B Computational Science, Exercise B 前期集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
応用情報学特別セミナー Seminar on Applied Informatics, Advanced 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
スーパーコンピューティング特論 Supercomputing, Advanced 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
応用情報学特別セミナー Seminar on Applied Informatics, Advanced 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
スーパーコンピューティング特論 Supercomputing, Advanced 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
計算科学演習B Computational Science, Exercise B 前期集中 情報学研究科 2017/04〜2018/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
学術情報メディアセンター情報セキュリティ委員会委員 2015/04/01〜
学術情報メディアセンタースーパーコンピュータシステム共同研究企画委員会 委員 2016/04/01〜
学術情報メディアセンター全国共同利用運営委員会 委員 2016/04/01〜
情報環境機構スーパーコンピュータシステム運用委員会 委員 2017/04/01〜
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
情報処理学会 HPCS2017論文誌 2016/09/01〜2017/06/30
情報処理学会 ACS論文誌 2016/02/01〜2018/03/31
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2015年大会 惑星大気圏・電磁圏セッションコンビーナ 2015/04/01〜2016/03/31
日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2016年大会 惑星大気圏・電磁圏セッションコンビーナ 2016/04/01〜2017/03/31
日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2017年大会 惑星大気圏・電磁圏セッションコンビーナ 2017/04/01〜2018/03/31
日本シミュレーション学会 The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology Symposium Chair 2016/10/27〜2016/10/29
情報処理学会 HPCS2017 プログラム委員会副委員長 2016/09/01〜2017/06/30
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
地球電磁気・地球惑星圏学会 STEシミュレーション研究会 2014/12/22
日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2015年大会 2015/05/24
地球電磁気・地球惑星圏学会 STEシミュレーション研究会 2016/08/31
情報処理学会 第156回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 2016/09/15
情報処理学会 第151回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 2015/10/01
情報処理学会 第158回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会 2017/03/08
地球電磁気・地球惑星圏学会 STEシミュレーション研究会 2015/09/28
日本シミュレーション学会 JSST2016 2016/10/28
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
地球電磁気・地球惑星圏学会 アウトリーチ部会メンバー 2009/04/01〜2018/03/31
地球電磁気・地球惑星圏学会 太陽地球惑星系科学シミュレーション分科会幹事会 2007/04/01〜2018/03/31
情報処理学会 HPC研究会運営委員 2014/04/01〜2018/03/31
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
JLUG2016 京都大学新スーパーコンピュータシステムの初期性能評価 2016/10/18
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
サイエンティフィック・システム研究会 科学技術計算分科会企画委員 2013/04/01〜2018/03/31
サイエンティフィック・システム研究会 ポストペタアプリ性能WG推進委員 2014/04/01〜2016/09/30
情報通信研究機構 協力研究員 2015/04/01〜2018/03/31
九州大学情報基盤研究開発センター 計算委員会委員 2015/04/01〜2018/03/31
北海道大学情報基盤センター 共同利用・共同研究委員会委員 2015/04/01〜2018/03/31