守屋 和幸

最終更新日時:2017/06/13 14:45:30

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
守屋 和幸/モリヤ カズユキ/Kazuyuki Moriya
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/社会情報学専攻生物圏情報学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部 農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida Honmachi Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8501 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-3399
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本畜産学会 Japanese Society of Animal Science
肉用牛研究会 Society of Beef Cattle Science
システム農学会 The Japanese Agricultural Systems Society
日本動物遺伝育種学会 Japanese Society of Animal Breeding and Genetics
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程畜産学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部畜産学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
山口県立岩国高等学校 やまぐちけんりついわくにこうとうがっこう
プロフィール
(日本語)
動物遺伝育種学、特に集団遺伝学に基づく肉用牛の育種・改良に関する研究に従事。フィールド情報に基づく肉用牛の遺伝的能力評価システムや繁殖雌牛管理システムなどの構築を行った。近年は、GPS等の測器で取得した放牧牛の行動情報を活用した林内放牧管理技術に関する研究も行っている。また、京都府、京都市などの小学校と連携し、情報機器を活用した環境教育の実践授業に関する研究等も行っている。
(英語)
His major is animal genetics and breeding. Especially, he has studied genetic improvement and breeding of beef cattle based on population genetics theory. He has developed genetic evaluation system of beef cattle and management system of breeding cows based on their field information. Recently, He has studied grazing management system of cattle in forest using GPS logging data. He has also studied the practical environmental education using information technology with teachers of elementary schools in Kyoto prefecture and Kyoto city.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
動物遺伝育種学,生物資源情報学,環境教育 Animal Breeding and Genetics,Bioresource Informatics, Environmental Education
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Gervais O, Nirasawa K, Vincenot CE, Nagamine Y, Moriya K Long-term selection using a single trait criterion, non-destructive deformation, in White Leghorns: Effect over time on genetic parameters for traits related to egg production. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho 2016/06
Wei Chen,Kazuyuki Moriya,Tetsuro Sakai,Lina Koyama,Chunxiang Cao Temporal and spatial monitoring of post-fire forest dynamics using time-series MODIS data. 2014 IEEE Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2014, Quebec City, QC, Canada, July 13-18, 2014,772-775 2014
M. Kolahi; T. Sakai; K. Moriya; M. Yoshikawa; R. Esmaili From paper parks to real conservations: Case study of social capital in iran\\'s biodiversity conservation International Journal of Environmental Research,8,1,101-114 2014 英語
Kolahi, M., Moriya, K., Sakai T., Khosrojerdi, E. and Etemad, V. Introduction of Participatory Conservation in Iran: Case Study of the Rural Communities’ Perspectives in Khojir National Park International Journal of Environmental Research,6,4,913-930 2014 英語
W. Chen; T. Sakai; K. Moriya; L. Koyama; C. Cao Estimation of Vegetation Coverage in Semi-arid Sandy Land Based on Multivariate Statistical Modeling Using Remote Sensing Data Environmental Modeling and Assessment,18,5,547-558 2013/10 英語
M. Kolahi; T. Sakai; K. Moriya; M.F. Makhdoum; L. Koyama Assessment of the effectiveness of protected areas management in iran: Case study in khojir national park Environmental Management,52,2,514-530 2013/08 英語
Mahdi Kolahi, Tetsuro Sakai, Kazuyuki Moriya and Mohammad Aminpour Ecotourism Potentials for Financing Parks and Protected Areas:A Perspective From Iran's Parks Journal of Modern Accounting and Auditing,Vol. 9, No. 1, 144-152 2013/01 英語
M. Kolahi; T. Sakai; K. Moriya; M.F. Makhdoum Challenges to the future development of Iran\\'s protected areas system Environmental Management,50,4,750-765 2012/10 英語
C.E. Vincenot; K. Moriya Impact of the topology of metapopulations on the resurgence of epidemics rendered by a new multiscale hybrid modeling approach Ecological Informatics,6,3-4,177-186 2011/07 英語
C.E. Vincenot; F. Giannino; M. Rietkerk; K. Moriya; S. Mazzoleni Theoretical considerations on the combined use of System Dynamics and individual-based modeling in ecology Ecological Modelling,222,1,210-218 2011/01/10 英語
Due Tung NGO, Testuro SAKAI, Kazuyuki Moriya and Kei MIZUNO Estimation of Net Timber Benefits for Community Forest Management Model: An Application of system dynamics in a Case Study of Central Vietnam. システム農学, 27(3),103-113 2011 英語
兒嶋朋貴、大石風人、太田典宏、吉岡正行、熊谷元、守屋和幸、広岡博之 GPSおよびGISを用いた放牧牛の耕作放棄地における空間的利用パターンとそのエネルギー消費量との関係 システム農学,26,4,141-149 2010/10 日本語
兒嶋朋貴;大石風人;太田典宏;吉岡正行;熊谷元;守屋和幸;広岡博之 佇立時に対する水平および傾斜歩行時のエネルギー消費量比の推定式作成とそれを用いた耕作放棄地放牧牛のエネルギー消費量の推定 日本畜産学会報,81,2,189-197 2010/05/25 日本語
平島和雄、綿越貴久、坂本英房、安川直樹、守屋和幸、酒井徹朗 屋外型社会施設でのPDAを用いた観察授業の提案 教育システム情報学会誌、24(4)、343-351、2007 2007 日本語
奥山隼一;CHARUCHINDA Mickmin;荒井修亮;守屋和幸 タイ国ラヨーン県におけるシステムダイナミックスを用いた沿岸域管理政策の提言 海洋理工学会誌,11,2,7-19 2006/04/30 日本語
K. Uchida; N. Arai; K. Moriya; Y. Miyamoto; T. Kakihara; T. Tokai Development of automatic system for monitoring fishing effort in conger-eel tube fishery using radio frequency identification and global positioning system Fisheries Science,71,5,992-1002 2005/10 英語
安川直樹;松尾佳秀;阿部光敏;守屋和幸;酒井徹朗 還流型学習コンテンツを用いた野外体験学習支援 教育システム情報学会誌,22,3,197-205 2005/07/01 日本語
M. Abe; T. Yoshimura; S. Koizumi; N. Hasegawa; T. Osaki; N. Yasukawa; K. Koba; K. Moriya; T. Sakai Virtual forest: Design and evaluation of a walk-through system for forest education Journal of Forest Research,10,3,189-197 2005/06 英語
M. Abe; T. Yoshimura; N. Yasukawa; K. Koba; K. Moriya; T. Sakai Development and evaluation of a support system for forest education Journal of Forest Research,10,1,43-50 2005 英語
守屋和幸 GIS環境教育 : GPSとPDAによる環境教育支援システム システム農学,20,2,146-152 2004/10/10 日本語
阿部光敏,長谷川直人,木庭啓介,守屋和幸,酒井徹朗 GPS・PDAによる自然観察のための資料提示システム 日本教育工学会論文誌,28,1,39-47 2004/06/20 日本語
守屋 和幸 「総合的な学習の時間」における学習課題決定支援 ヒューマンインタフェース学会論文誌,6,2,195-201 2004/05/25 日本語
安川直樹,大崎智弘,阿部光敏,守屋和幸,酒井徹朗 自然・環境学習における観察記録の作成・共有支援 ヒューマンインタフェース学会論文誌,6,2,213-220 2004/05/25 日本語
岡田昌也;山田暁通;吉田瑞紀;垂水浩幸;粥川隆信;守屋和幸 現実・仮想経験拡張型システムDigitalEE IIによる協調型環境学習 情報処理学会論文誌,45,1,229-243 2004/01/15 英語
守屋 和幸 自然・環境学習における観察記録の生成・共有支援 ヒューマンインターフェイス学会論文誌,Vol.6(2),213-220 2004 日本語
三澤尚明,小山田正幸,守屋和幸,杉本安寛 RAPD-PCRを用いた林内放牧牛由来大腸菌汚染の新しい評価法の検討 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,74,4,531-536 2003/11/25 日本語
守屋和幸,吉村哲彦,北川政幸,小山田正幸,杉本安寛 GPS測位記録を利用したスギ (Cryptomeria japonica D Don) 幼齢林内における放牧牛の行動 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,74,2,229-234 2003/05/25 日本語
守屋 和幸 システムダイナミックスによる肉用肥育・水稲稲作複合生産のシミュレーション 肉用牛研究会報,72,59-66 2002/01/22 日本語
M. Okada; T. Yoshimura; H. Tarumi; K. Moriya; T. Sakai DigitalEE: A support system for collaborative environmental education using distributed virtual space Systems and Computers in Japan,33,8,51-63 2002 英語
守屋 和幸 A simulation of beef cattle production integrated with rice cultivation using system dynamics. Bulletin of Beef Cattle Science,72, 59-66 2002 英語
守屋 和幸 Statistical genetic studies on cattle breeding for dairy productivity in Bangladesh:I. Genetic improvement for milk production of local cattle populations Asian-Australsian Journal of Animal Sciences,15, 627-632 2002 英語
劉晨,吉村哲彦,守屋和幸,酒井徹朗 :システムダイナミックスによる肉牛肥育・水稲稲作複合生産のシミュレーション. 肉用牛研究会報72:59-66,2002 2002 日本語
A.B. Karnuah; K. Moriya; N. Nakanishi; T. Nade; T. Mitsuhashi; Y. Sasaki Computer image analysis for prediction of carcass composition from cross-sections of Japanese Black steers Journal of Animal Science,79,11,2851-2856 2001/11 英語
岡田昌也;吉村哲彦;垂水浩幸;守屋和幸;酒井徹朗 DigitalEE  分散仮想空間による協調型環境教育支援システム 電子情報通信学会論文誌 D-1,J84-D-1,6,936-946 2001/06/01 英語
Masaya Okada,Hiroyuki Tarumi,Tetsuhiko Yoshimura,Kazuyuki Moriya,Tetsuro Sakai Realization of Digital Environmental Education - A Future Style of Environmental Education in Dynamically Changing Virtual Environment. Digital Cities II, Computational and Sociological Approaches, Second Kyoto Workshop on Digital Cities, Kyoto, Japan, October 18-20, 2001, Revised Papers,292-304 2001
守屋 和幸 Digital EE:分散仮想空間における協調型環境教育支援システム 電子情報通信学会論文誌D-(]G0001[),J84-D-I/6,936-946 2001 日本語
岡田昌也,吉村哲彦,垂水浩幸,守屋和幸,酒井徹朗 DigitalEE:分散仮想空間による協調型環境教育支援システム 電子情報通信学会論文誌,D-I,vol.J84-D-I 2001 日本語
守屋 和幸 エネルギー消費モデルによる肉牛生産システムの評価 肉用牛研究会報,70,51-57 2000/12/25 日本語
守屋 和幸 中国の牛肉消費性向に関する事例的分析 システム農学,16,2,163-172 2000/10/10 日本語
守屋 和幸 A Case Study on the Propensity for Beef Consumption in Chaina. Journal of the Japanese AGRICULTURAL SYSTEMS SOCIETY,16, 163-172 2000 英語
守屋 和幸 Resource and Environmental Problem in Beef Cattle Production China Population, Resource and Environment,10/1,38-41 2000 英語
劉晨,吉村哲彦,守屋和幸,酒井徹朗 エネルギー消費モデルによる牛肉生産システムの評価 肉用牛研究会報,vol. 70,pp. 51--57 2000 日本語
A.B. Karnuah; K. Moriya; Y. Sasaki Extraction of Computer Image Analysis Information by Desk Top Computer from Beef Carcass Cross Sections Asian-Australasian Journal of Animal Sciences,12,8,1171-1176 1999/12 英語
守屋 和幸 Binarization for Cross-section Imaging of M. Longissimus Using Dynamic Thresholding Method Bioimages,7,3,105-111 1999/10 英語
T. Miyake; C. Gaillard; K. Moriya; Y. Sasaki Accuracy of detection of major genes segregating in outbred population by Gibbs sampling using phenotypic values of quantitative traits Journal of Animal Breeding and Genetics,116,4,281-288 1999/08 英語
T. Miyake; T. Dogo; K. Moriya; Y. Sasaki Bayesian analysis for existence of segregation of major genes affecting carcass traits in Japanese Black cattle population Journal of Animal Breeding and Genetics,116,3,207-215 1999/06 英語
T. Miyake; K. Moriya; Y. Sasaki Influence of initial values on estimates by mixed inheritance model with Gibbs sampling Journal of Animal Breeding and Genetics,116,1,39-46 1999/02 英語
三宅武;守屋和幸;佐々木義之;犬飼史郎;西田清;小野寺勉;伊藤盛徳;桜庭記与士;LIU Q 日本短角種の発育性および飼料利用性に関する遺伝率並びに遺伝および環境相関のREML推定 肉用牛研究会報,66,48-51 1998/12 日本語
Kenichi Uchida,Nobuaki Arai,Kazuyuki Moriya,Yoshinori Miyamoto,Toshiharu Kakihara,Tadashi Tokai Development of automatic system for monitoring fishing effort in conger-eel tube fishery using radio frequency identification and global positioning system Fisheries Science,71,992-1002 1998 英語
牛垣徹;守屋和幸;佐々木義之 牛枝肉の脂肪交雑の評価におけるBMSナンバーの妥当性 Anim Sci Technol,68,12,1146-1153 1997/12 英語
N. Yokoi; K. Moriya; Y. Sasaki A measure for predicting genetic merit for milking and nursing ability in beef cattle Animal Science,65,39-43 1997/08 英語
T. Ibi; K. Moriya; M. Matsumoto; S. Koba; Y. Sasaki Population structure of the Japanese Brown breed Journal of Animal Breeding and Genetics,114,1,43-48 1997/02 英語
A.B. Karnuah; K. Moriya; K. Mitani; T. Yamazaki; Y. Sasaki Estimation of carcass composition by computer image analysis in the cross sections of cross-bred steers Canadian Journal of Animal Science,76,4,497-506 1996/12 英語
高柳誠二;守屋和幸;野村哲郎;道後泰治;佐々木義之 兵庫県における黒毛和種の集団構造 Anim Sci Technol,67,3,286-290 1996/03 日本語
高柳誠二;守屋和幸;野村哲郎;道後泰治;佐々木義之 Population Structure of Subpopulations of Japanese Black Cattle Divided by the Local Districts in Hyogo Prefecture. Anim Sci Technol,67,3,291-296 1996/03 英語
守屋和幸;道後泰治;佐々木義之 黒毛和種の基礎集団ならびに現集団における屠肉性形質間の遺伝および表型相関係数の多形質REML推定 Anim Sci Technol,67,1,53-57 1996/01 英語
KARNUAH A B;MORIYA K;SASAKI Y;MITSUMOTO M;MITSUHASHI T;OZAWA S Estimation of Carcass Composition by Computer Image Analysis in the Cross Sections of Japanese Black Steers. Anim Sci Technol,66,12,987-993 1995/12 英語
西村健;守屋和幸;佐々木義之 旧牛枝肉取引規格における脂肪交雑評点のBMSへの変換式に関する検討 Anim Sci Technol,66,6,527-532 1995/06 英語
LEJUKOLE H Y;MORIYA K;SASAKI Y Estimation of Genetic and Environmental Correlations among Growth and Feed Utilization Traits using REML in Japanese Black Cattle. Anim Sci Technol,66,4,313-322 1995/04 英語
KARNUAH A B;MORIYA K;MITANI K;SASAKI Y Estimation of Beef Carcass Composition from the Cross Section around the Longissimus Muscle Area in Holstein Steers by Computer Image Analysis. Anim Sci Technol,66,4,323-329 1995/04 英語
三宅武;守屋和幸;佐々木義之 有限遺伝子座を仮定した選抜シミュレーション集団におけるBLUP法による育種価予測 Anim Sci Technol,66,3,253-258 1995/03 英語
三宅武;守屋和幸;佐々木義之 BLUP法による屠肉性に関する種雄牛評価のための最適モデルの選択 Anim Sci Technol,66,3,259-266 1995/03 日本語
守屋 和幸 有限遺伝子座を仮定した選抜シミュレーション集団におけるBLUP本による育種価予測 日本畜産学会報,66/3,253-258 1995 日本語
横井伯英;松尾秀彦;守屋和幸;佐々木義之 子牛の離乳前発育記録を用いた発育性とほ育能力の分散共分散推定に関する検討 Anim Sci Technol,65,11,1057-1063 1994/11 英語
守屋和幸;道後泰治;佐々木義之 黒毛和種の基礎集団並びに現集団における屠肉性に関する遺伝率のREML推定 Anim Sci Technol,65,8,720-725 1994/08 英語
KARNUAH B;MORIYA K;SASAKI Y Computer Image Analysis Information Extracted from Beef Carcass Cross Section and its Precision. Anim Sci Technol,65,6,515-524 1994/06 英語
佐々木義之;守屋和幸 フィールド記録に基づく肉用種種雄牛評価における肥育農家および枝肉市場情報の必要性 Anim Sci Technol,65,3,265-270 1994/03 英語
守屋 和幸 子牛の離乳前発育記録を用いた発育性と哺育能力の分散共分散推定に関する検討 日本畜産学会報,65,11,1057-1063 1994 日本語
守屋 和幸 Extracting information from beef carcass cross-section by computer image analysis and its relationship to muscle weight Bioimages,2/2,125-131 1994 英語
LEJUKOLE H;SAKUMA R;MORIYA K;SASAKI Y Restricted Maximum Likelihood Estimation of Heritabilities for Growth and Feed Utilization Traits in Japanese Black using Performance-Test Records. Anim Sci Technol,64,7,659-668 1993/07 英語
守屋 和幸 黒毛和種雌牛の繁殖諸形質に関するフィ-ルド記録の解析 日本畜産学会報,62,4,357-361 1991 日本語
守屋 和幸 Analysis of Field Records on the Reproductive Traits of Japanese Black Cows ,62/4, pp357-361 1991 英語
守屋 和幸 The use of real-time ultrasound for estimating carcass traits in live pigs. Anim.Sci.Technol.(Jap.).,62(6), 533-539 1991 英語
守屋 和幸 リアルタイム超音波診断装置による豚生体での屠体形質の推定 日本畜産学会報,62(6), 533-539 1991 日本語
守屋 和幸;藤田 和男;原田 宏;福原 利一 子牛におけるインスリン投与後の血糖値の反応(短報) 日本畜産学会報,61,12,1121-1124 1990 日本語
守屋 和幸 Response of Plasma Glucose Level after Insulin Injection into Young Cattle Japanese Journal of Zootechnical Science,61/12, pp1121-1124 1990 英語
守屋 和幸 子牛のセリ市出荷時日齢体重による母牛の子育て能力の評価 日本畜産学会報,60,6,548-553 1989 日本語
守屋 和幸 新牛枝肉取引規格の歩留等級形質に関する遺伝的パラメ-タの推定と種雄牛評価 日本畜産学会報,60,12,1128-1134 1989 日本語
守屋 和幸 黒毛和種子牛のセリ市場出荷体重による種雄牛評価 日本畜産学会報,60,6,534-541 1989 日本語
原田 宏;守屋 和幸;福原 利一 黒毛和種雄牛の産肉形質の経時的変化〔英文〕 日本畜産学会報,60,2,185-191 1989 日本語
守屋 和幸 Beef Sire Evaluation of the Calf Market Weight Records Japanese Journal of Zootechnical Science,60/6, pp534-541 1989 英語
守屋 和幸 Estimation of Genetic Parameters and Sire Evaluation for Carcass Characteristics with Special Reference to Yield Grade of the New Beef Carcass Trading Standards Japanese Journal of Zootechnical Science,60/12, pp1128-1134 1989 英語
守屋 和幸 Evaluation of Nursing and/or Producing Ability of Dam using Market Weight per Day of Calves Japanese Journal of Zootechnical Science,60/6, pp548-553 1989 英語
守屋 和幸 The Changes with Passage of Time in Ultrasonic Estimates of Carcass Traits of Japanese Black Bulls Japanese Journal of Zootechnical Science,60/2, pp185-191 1989 英語
守屋 和幸 肥育牛の血糖値および血清中FFA濃度に対する父牛と母方祖父牛の影響 宮崎大学農学部研究報告,35,1,55-62 1988/10 日本語
MORIYA K;TSUIKI M;MURAYAMA S;SASAKI Y Factors affecting plasma glucose, insulin and cortisol levels and the reliability of their repeated measurements in cattle. Anim Sci Technol,59,1,61-66 1988/01 英語
守屋 和幸;築城 幹典;村山 真治;佐々木 義之 ウシの血糖値,血漿中インスリンおよびコルチゾ-ル濃度に影響する要因並びに反復測定値の信頼性について〔英文〕 日本畜産学会報,59,1,61-66 1988 日本語
守屋 和幸 Beef Cattle Breeding Based on Field Information in Miyazaki Prefecture 5. Relationship of size of withers height at registration to early calf production in Japanese Black Heifers Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,35/2, pp107-113 1988 英語
守屋 和幸 Effects of Sire and/or Maternal Grandsire on Serum Glucose and FFA Levels in Fattening Cattle Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,35/1, pp55-62 1988 英語
守屋 和幸 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-第5報-雌牛登録時の発育評価と初期牛生産性 宮崎大学農学部 研究報告,35/2, pp107-113 1988 日本語
守屋 和幸 Difference in Carcass Tissue Composition between the Left and Right Sides in Holstein Calves Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,34/2, pp305-310 1987 英語
守屋 和幸 子牛の枝肉組織構成の左右差について 宮崎大学農学部 研究報告,34/2, pp305-310 1987 日本語
MORIYA K;MURAYAMA S;SASAKI Y Effects of cortisol-treatment and/or adrenalectomy on plasma insulin and glucose levels in sheep. Anim Sci Technol,57,4,342-348 1986/04 英語
MURAYAMA S;MORIYA K;SASAKI Y Changing pattern of plasma cortisol level associated with feeding in sheep. Anim Sci Technol,57,4,317-323 1986/04 英語
守屋 和幸 副腎摘出およびコルチゾ-ル処理がメン羊の血漿中インスリン濃度と血糖値に及ぼす影響 日本畜産学会報,57,4,342-348 1986 日本語
村山 真治;守屋 和幸;佐々木 義之 ヒツジにおける給餌に伴う血漿中コルチゾ-ル濃度の変動〔英文〕 日本畜産学会報,57,4,317-323 1986 日本語
守屋 和幸 Beef Cattle Breeding Based on Field Infomation in Miyazaki Prefecture 1. Estimation of genetic parameters on growth and carcass traits Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,33/1, pp85-93 1986 英語
守屋 和幸 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-第1報-産肉形質に関する遺伝的パラメ-タの推定 宮崎大学農学部 研究報告,33/1, pp85-93 1986 日本語
守屋 和幸 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-第2報-種雄牛の育種価推定と推定育種価に基づく交配計画の検討 宮崎大学農学部 研究報告,33/1, pp95-110 1986 日本語
守屋 和幸 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-第3報-子牛及び育成雌牛の発育基準値の推定 宮崎大学農学部 研究報告,33/1, pp111-118 1986 日本語
守屋 和幸 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-第4報-平均世代間隔 宮崎大学農学部 研究報告,33/2, pp191-196 1986 日本語
原田 宏;守屋 和幸;福原 利一 肉用種雄牛の屠肉形質の早期推定〔英文〕 日本畜産学会報,56,3,250-256 1985 日本語
守屋 和幸 Early Prediction on Carcass Traits of Beef Bulls Japanese Journal of Zootechnical Science,56/3, pp250-256 1985 英語
守屋 和幸 Effect of Growth Rate on Muscle Growth and Fat Deposition in Dairy Male Calves Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,32/2, pp225-231 1985 英語
守屋 和幸 Growth Patterns of Carcass Tissues in Holstein Male Calves Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,32/2, pp217-223 1985 英語
守屋 和幸 Some factors Affecting on Perfomance Traits and Pre-test Growth Traits of Japanese Black Bulls Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University,32/2, pp251-259 1985 英語
守屋 和幸 乳用雄子牛の枝肉組織の成長 宮崎大学農学部 研究報告,32/2, pp217-223 1985 日本語
守屋 和幸 低成長が乳用雄子牛の筋肉成長および脂肪蓄積に及ぼす影響 宮崎大学農学部 研究報告,32/2, pp225-231 1985 日本語
守屋 和幸 黒毛和種産肉能力直接検定成績と検定開始前発育形質に及ぼす要因 宮崎大学農学部 研究報告,32/2, pp251-259 1985 日本語
MORIYA K;SASAKI Y Effects of simultaneous epinephrine and insulin injection on the changes of plasma glucose and NEFA levels in sheep. Anim Sci Technol,55,8,562-568 1984/08 英語
守屋 和幸;佐々木 義之 エピネフリンとインスリンの同時投与がメン羊の血糖値および血漿中NEFA濃度におよぼす影響〔英文〕 日本畜産学会報,55,8,562-568 1984 日本語
SASAKI Y;MORIYA K;HAMADA H Effects of glucocorticoid-treatment and/or adrenalectomy on the changes of plasma glucose and NEFA levels after insulin lnjection in sheep. Anim Sci Technol,52,11,780-788 1981/11 英語
守屋 和幸 ヒツジにおけるインシュリン投与後の血漿中糖及びNEFA濃度とグルココルチコイドとの関連性 日本畜産学会報,52,11,780-788 1981 日本語
守屋 和幸 兵庫県黒毛和種における産地別分集団の集団構造 日本畜産学会報,67/3,291-296 日本語
守屋 和幸 Population Structure of Subpopulations of Japanese Black Cattle Divided by the Local Districts in Hyogo Prefecture. Anim. Sci. Technol. (Jpn. ),67/3,291-296 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
寺谷諒, 守屋和幸, 酒井徹朗 社会的要因を考慮した都市郊外部における農地変化の分析と予測シミュレーション―大阪府を事例として― システム農学,31,4,99-108 2015/11/30 日本語
寺谷 諒, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 社会的要因を考慮した都市郊外部における農地変化の分析と予測シミュレーション : 大阪府を事例として システム農学 = Journal of the Japanese Agricultural Systems Society,31,4,99-108 2015/11 日本語
川北哲史, 市川光太郎, 荒井修亮, 坂本文夫, 三田村啓理, 守屋和幸 ニホンミツバチの群れの警戒音に関する音響情報解析 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨,59th,176 2015/03/10 日本語
白井治彦, 三田村啓理, 野田琢嗣, 荒井修亮, 守屋和幸 強磁性粉体を用いたエネルギー・ハーベスティングに関する基礎的研究 海洋理工学会大会講演論文集,2015,85-88 2015 日本語
寺谷諒, 守屋和幸 GISを用いた自己保全管理農地に関する広域的な分析について システム農学会シンポジウム要旨集,2015,29-30 2015 日本語
納家寛人, 守屋和幸, VINCENOT Christian, 小山里奈, 廣岡博之 エージェントを用いた集落営農の経済的評価 システム農学会シンポジウム要旨集,2013,15-16 2013 日本語
W. Chen; T. Sakai; K. Moriya; L. Koyama; C. Cao Extraction of burned forest area in the Greater Hinggan Mountain of China based on Landsat TM data International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS),995-998 2013 英語
W. Chen; T. Sakai; C. Cao; K. Moriya; L. Koyama Detection of forest disturbance in the Greater Hinggan Mountain of China based on Landsat time-series data International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS),7232-7235 2012 英語
橋口岳史, 守屋和幸, 須藤一成, 須藤明子 野生ニホンザル加害群の集落利用と被害の発生 システム農学会シンポジウム要旨集,2011,21-22 2011 日本語
兒嶋朋貴, 大石風人, 熊谷元, 広岡博之, 太田典宏, 吉岡正行, 守屋和幸 GPSおよびGISを用いた放牧牛の耕作放棄地における空間的利用パターンとそのエネルギー消費量との関係 システム農学,26,4,141-149 2010/10/10 日本語
犬丸遥, 中川千種, 綿越貴久, 小寺裕, 杉山夏美, 中島繁雄, 守屋和幸 小学校における情報技術を用いた「総合的な学習の時間」の学習支援ツールの開発と評価 教育システム情報学会全国大会講演論文集,35th,297-298 2010/08/26 日本語
兒嶋 朋貴, 大石 風人, 太田 典宏, 吉岡 正行, 熊谷 元, 守屋 和幸, 広岡 博之 佇立時に対する水平および傾斜歩行時のエネルギー消費量比の推定式作成とそれを用いた耕作放棄地放牧牛のエネルギー消費量の推定 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,81,2,189-197 2010/05/25 日本語
兒嶋朋貴, 大石風人, 太田典宏, 吉岡正行, 熊谷元, 守屋和幸, 広岡博之 GPSおよびGISを用いた放牧牛の耕作放棄地における空間的利用パターンとそのエネルギー消費量との関係 システム農学会シンポジウム要旨集,2010,31-32 2010 日本語
H. Fadaei; T. Sakai; T. Yoshimura; K. Moriya A comparison pixel and object based method for tree extraction by ALOS data: (A case study in Juniper Forest in the Northeast of IRAN) ICCCE 2010 - 2010 International Conference on Chemistry and Chemical Engineering, Proceedings,265-268 2010 英語
H. Fadaei; T. Sakai; T. Yoshimura; M. Kazuyuki Transect-plot inventory, a method for arid and semi arid forest Case study Rahim Abad Pistachio forest 2009 International Association of Computer Science and Information Technology - Spring Conference, IACSIT-SC 2009,550-553 2009 英語
H. Fadaei; T. Sakai; T. Yoshimura; M. Kazuyuki Effect of temperature and gebrlic acid on dormancy and germination in specie wild edible pistachio (Pistacia. vera) (Case Study in Khajeh Kalat forest) 2009 International Association of Computer Science and Information Technology - Spring Conference, IACSIT-SC 2009,604-607 2009 英語
H. Fadaei; T. Sakai; T. Yoshimura; M. Kazuyuki; K. Torii Relationship between tree density and vegetation index of juniper forest in the Northeast of Iran 30th Asian Conference on Remote Sensing 2009, ACRS 2009,1,139-144 2009 英語
内田 圭一, 荒井 修亮, 守屋 和幸, 宮本 佳則, 柿原 利治, 東海 正 RFIDとGPSを用いたあなご筒漁業における漁獲努力量自動モニタリングシステムの開発(平成17年度日本水産学会論文賞受賞) 日本水産学会誌,72,4 2006/07/15 日本語
奥山 隼一, Charuchinda Mickmin, 荒井 修亮, 守屋 和幸 タイ国ラヨーン県におけるシステムダイナミックスを用いた沿岸域管理政策の提言 Journal of Advanced Marine Science and Technology Society = 海洋理工学会誌,11,2,7-19 2006/04/30 日本語
N. Yasukawa; K. Nishihara; M. Abe; K. Moriya; T. Sakai User evaluation of information presentation system for nature observation Proceedings - Fourth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing, C5 2006,240-245 2006 英語
Yasukawa N , Nishihara K , Abe M , Moriya K , Saka T User Evaluation of information Presentation System for Nature Observation.Fourth International Conference on Creating Presentation System for Nature Observation. Fourth International Conference on Creating, Connecting and Collaborating through Computing(C5 2006), IEEE Computer Society Press (2006) 2006 英語
伊藤 雅之, 守屋 和幸, 佐々木 義之 繁殖雌牛の年齢が後代牛の生産能力に及ぼす影響 肉用牛研究会報,80,63-68 2005/12/20 日本語
伊藤 雅之, 倉原 貴美, 佐々江 洋太郎, 岩倉 哲雄, 石橋 隆史, 太田 正樹, 井上 一之, 守屋 和幸, 佐々木 義之 フィールド情報に基づいたBLUP法による大分県黒毛和種の育種改良 肉用牛研究会報,80,10-11 2005/12/20 日本語
小邨 孝明, 広岡 博之, 守屋 和幸 肉牛肥育と飼料生産複合システムにおけるエネルギー消費モデルの Differential Evolution による最適化 システム農学,21,3,217-224 2005/12/10 日本語
杉本 安寛, 松岡 陽平, 守屋 和幸 水飲み場の移動が林内放牧牛の行動圏に及ぼす影響 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,76,1,39-49 2005/02/25 日本語
守屋 和幸 GIS環境教育 : GPSとPDAによる環境教育支援システム システム農学,20,2,146-152 2004/10/10 日本語
伊藤 雅之, 守屋 和幸, 佐々木 義之 種雄牛の年齢とそれらの後代の生産能力との関連性 肉用牛研究会報,77,3-10 2004/07/20 日本語
阿部 光敏, 長谷川 直人, 木庭 啓介, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 GPS・PDAによる自然観察のための資料提示システム 日本教育工学会論文誌,28,1,39-47 2004/06/20 日本語
守屋 和幸 GIS環境(教育)学--GPSとPDAによる環境教育支援システム (システム農学会2004年度春季シンポジウム・一般研究発表会 設立20周年記念大会) -- (シンポジウム 農業-生態系-環境のシステム思考) システム農学,20,1,39-44 2004/05/29 日本語
安川 直樹, 大崎 智弘, 阿部 光敏, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 自然・環境学習における観察記録の作成・共有支援 ヒューマンインタフェース学会論文誌,6,2,213-220 2004/05/25 日本語
大崎 智弘, 安川 直樹, 阿部 光敏, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 「総合的な学習の時間」における学習課題決定支援 ヒューマンインタフェース学会論文誌,6,2,195-201 2004/05/25 日本語
岡田 昌也, 山田 暁通, 吉田 瑞紀, 垂水 浩幸, 粥川 隆信, 守屋 和幸 現実・仮想経験拡張型システムDigitalEE IIによる協調型環境学習 情報処理学会論文誌,45,1,229-243 2004/01/15 日本語
三澤 尚明, 小山田 正幸, 守屋 和幸, 杉本 安寛 RAPD-PCRを用いた林内放牧牛由来大腸菌汚染の新しい評価法の検討 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,74,4,531-536 2003/11/25 日本語
安川 直樹, 大崎 智弘, 阿部 光敏, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 PDA・GPS を用いた野外での観察記録の作成・共有環境 日本教育工学会大会講演論文集,19,1,183-184 2003/10/11 日本語
安川 直樹, 大崎 智弘, 長谷川 直人, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 小学校におけるPDA・GPSを用いた野外での教育実践(<特集>e-ラーニング/e-エデュケーション/一般) 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学,103,226,41-46 2003/07/19 日本語
守屋 和幸, 吉村 哲彦, 北川 政幸, 小山田 正幸, 杉本 安寛 GPS測位記録を利用したスギ (Cryptomeria japonica D Don) 幼齢林内における放牧牛の行動 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,74,2,229-234 2003/05/25 日本語
安川 直樹, 小泉 智史, 大崎 智弘, 長谷川 直人, 阿部 光敏, 木庭 啓介, 吉村 哲彦, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 D-15-2 画像ベースの仮想環境を用いた環境学習による心理的効果 電子情報通信学会総合大会講演論文集,2003,1 2003/03/03 日本語
守屋 和幸, 吉村 哲彦, 北川 政幸, 小山田 正幸, 杉本 安寛 GPS測位記録からみたスギ幼齢林内での放牧牛の行動 肉用牛研究会報,74,31-32 2003/01/22 日本語
岡田 昌也, 山田 暁通, 吉田 瑞紀, 垂水 浩幸, 守屋 和幸 オンライン協調型環境学習のためのサイバープラットフォームDigitalEE II 情報処理学会研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2003,1,77-82 2003/01/16 日本語
杉本 安寛, 吉村 哲彦, 守屋 和幸, 北川 政幸 3-19 スギ幼齢林地における放牧牛の行動 日本草地学会誌,48,0,166-167 2002/09/21 日本語
伊藤 雅之, 守屋 和幸, 佐々木 義之 種雄牛の年齢と産子の能力との関連性 肉用牛研究会報,72,15-16 2002/01/22 日本語
藤中 邦則, 道後 泰治, 太田 垣進, 佐々木 義之, 守屋 和幸 兵庫県黒毛和種集団における近交退化評価に及ぼす遡及世代数の影響 肉用牛研究会報,72,5-7 2002/01/22 日本語
守屋 和幸 Distributed Virtual Environment Realizing Collaborative Environmental Education Proc. of 16th ACM Symposium on Applied Computing(SAC2001),/,83-88 2001 英語
守屋 和幸 「情報ネットワークを活用した新たな環境教育」 京都大学大学院情報学研究科第4 回情報学シンポジウム 「情報学の未来:情報・システム・ネットワークが紡ぐ世界を探る」 平成 13 年12 月6 日 2001 日本語
劉 晨, 吉村 哲彦, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 エネルギー消費モデルによる肉牛生産システムの評価 肉用牛研究会報,70,51-57 2000/12/25 日本語
劉 晨, 吉村 哲彦, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 エントロピー概念を用いたエネルギー消費モデルによる肉牛生産システムの評価 肉用牛研究会報,70,45-47 2000/12/25 日本語
岡田 昌也, 吉村 哲彦, 垂水 浩幸, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 実世界と仮想世界から参加可能な分散仮想環境による環境教育支援 情報処理学会研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN),2000,97,31-36 2000/10/19 日本語
岡田 昌也, 吉村 哲彦, 垂水 浩幸, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 実世界と仮想世界から参加可能な分散仮想環境による環境教育支援 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,100,357,31-36 2000/10/12 日本語
劉 晨, 吉村 哲彦, 守屋 和幸, 酒井 徹朗 中国の牛肉消費性向に関する事例的分析 システム農学,16,2,163-172 2000/10/10 日本語
竹内 賢一, 星野 勉, 和田 裕文, 大嶌 幸一郎, 藤井 栄, 藤原 健史, 木下 知己, 今西 信嗣, 高月 紘, 守屋 和幸 ゼロエミッションを目指したヘリウム回収再生システム 低温工学・超電導学会講演概要集 = Meetings of Cryogenics and Superconductivity,62 2000/05/29 日本語
山田 宜永, 守屋 和幸 育種・遺伝に関するもの 肉用牛研究会報,67,29-31 1999/06/15 日本語
守屋和幸 「生物圏情報の活用に向けて」 京都大学大学院情報学研究科 第2回シンポジウム「情報学の拡がりを求めて」平成11年12月3日 1999 日本語
揖斐 隆之, 守田 智, 守屋 和幸, 佐々木 義之 熊本系褐毛和種における遺伝的評価システムの構築に伴なう集団の変遷 肉用牛研究会報,66,8-9 1998/12/25 日本語
西浦 明子, 守田 智, 守屋 和幸, 佐々木 義之 フィールド検定による肉用種若雄牛の後代検定に関する検討 肉用牛研究会報,66,4-5 1998/12/25 日本語
守屋 和幸, 松井 徹, 山田 雅保 平成9年度の日本畜産学会大会の発表から 肉用牛研究会報,65,39-46 1998/06/19 日本語
牛垣 徹, 守屋 和幸, 佐々木 義之 牛枝肉の脂肪交雑を数値的に取り扱う場合BMSナンバーがよいか脂肪交雑基準がよいか 肉用牛研究会報,64,13-14 1998/02/02 日本語
守屋 和幸 Bayesian analysis of existence of segregation of major genes affecting marbling in Japanese Black cattle population. Proc. 6th. World Congr. Genet. Appl. Livest. Prod. UNE,26/,389-392 1998 英語
守屋 和幸 GLMTEST-Programs for hypothesis test of fixed effects in mixed model. Proc. 6th. World Congr. Genet. Appl. Livest. Prod. UNE.,27/,469-470 1998 英語
牛垣 徹, 守屋 和幸, 佐々木 義之 牛枝肉の脂肪交雑の評価におけるBMSナンバーの妥当性 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,68,12,1146-1153 1997/12/25 日本語
守屋 和幸, 松井 徹, 山田 雅保 平成9年春の日本畜産学会大会の発表から 肉用牛研究会報,63,33-38 1997/07/01 日本語
守屋 和幸, 松井 徹, 山田 雅保 肉用牛に関する最近の研究動向 : 平成8年春の日本畜産学会大会の発表から 肉用牛研究会報,61,6-13 1996/08/08 日本語
高柳 誠二, 守屋 和幸, 野村 哲郎, 道後 泰治, 佐々木 義之 兵庫県における黒毛和種の集団構造 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,67,3,286-290 1996/03/25 日本語
守屋 和幸, 道後 泰治, 佐々木 義之 黒毛和種の基礎集団ならびに現集団における屠肉性形質間の遺伝および表型相関係数の多形質REML推定 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,67,1,53-57 1996/01/25 日本語
守屋 和幸 A study on population structure of the Japanese Brown Breed. (共著) Proc. 8th. AAAP Anim. Sci. Congr.,2/,366-367 1996 日本語
守屋 和幸 The population structure for pedigree and carcass traits in a closed herd of Japanese Black cattle. (共著) Proc. 8th. AAAP Anim. Sci. Congr.,2/,370-371 1996 日本語
守屋 和幸 Working up animal breeding and genetics home page in Japan. (共著) Proc. 8th. AAAP Anim. Sci. Congr.,1/,533-534 1996 日本語
KARNUAH Arthur Bob, MORIYA Kazuyuki, SASAKI Yoshiyuki, MITSUMOTO Mitsuru, MITSUHASHI Tadayoshi, OZAWA Shinobu Estimation of Carcass Composition by Computer Image Analysis in the Cross Sections of Japanese Black Steers Nihon Chikusan Gakkaiho,66,12,987-993 1995/12/25 英語
西村 健, 守屋 和幸, 佐々木 義之 旧牛枝肉取引規格における脂肪交雑評点のBMSへの変換式に関する検討 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,66,6,527-532 1995/06/25 日本語
KARNUAH Arthur Bob, MORIYA Kazuyuki, MITANI Katsunosuke, SASAKI Yoshiyuki Estimation of Beef Carcass Composition from the Cross Section around the Longissimus Muscle Area in Holstein Steers by Computer Image Analysis Nihon Chikusan Gakkaiho,66,4,323-329 1995/04/25 英語
LEJUKOLE Henry Y., MORIYA Kazuyuki, SASAKI Yoshiyuki Estimation of Genetic and Environmental Correlations among Growth and Feed Utilization Traits using REML in Japanese Black Cattle Nihon Chikusan Gakkaiho,66,4,313-322 1995/04/25 英語
三宅 武, 守屋 和幸, 佐々木 義之 BLUP法による屠肉性に関する種雄牛評価のための最適モデルの選択 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,66,3,259-266 1995/03/25 日本語
三宅 武, 守屋 和幸, 佐々木 義之 有限遺伝子座を仮定した選抜シミュレーション集団におけるBLUP法による育種価予測 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science,66,3,253-258 1995/03/25 日本語
Hammond Keith, 守屋 和幸 オ-ストラリアにおける牛肉の生産戦略 (これからの牛肉生産<特集>) 畜産の研究,48,1,p103-107 1994/01 日本語
Willham Richard L., 守屋 和幸 米国における牛肉の生産・消費の動向と肉牛育種 (これからの牛肉生産<特集>) 畜産の研究,48,1,p97-102 1994/01 日本語
守屋 和幸 Change of population structure of a completely closed sub-population in Japanese black cattle. Proc. 5th World Congr. Genet.Appl.Livest.Prod.,22, 144-147 1994 英語
守屋 和幸 Effect of inbreeding on carcass traits in highly inbred beef cattle. Proc. 5th World Congr. Genet.Appl.Livest.Prod.,19, 489-492 1994 英語
守屋 和幸 Effective use of field records for beef cow-calf producers with personal computer system. Proc 5th AAAP Anim.Sci.Congr.,3, 180 1990 英語
守屋 和幸 Role of ultrasound for selecting beef cattle. Proc. 5th AAAP Anim.Sci.Congr.,3, 276 1990 英語
守屋 和幸 Intensive data base system for beef cow management in local area using micro-computer. Proc. 6th World Conf. Anim.Prod.,272 1988 英語
福原 利一, 守屋 和幸, 早乙女 和弘, 原田 宏 登録時の発育評価と初期子牛生産性 肉用牛研究会報,44,8-9 1987/11 日本語
福原 利一, 守屋 和幸, 上森 克也, 原田 宏 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-4-平均世代間隔 宮崎大学農学部研究報告,33,2,p191-196 1986/12 日本語
守屋 和幸, 福原 利一, 原田 宏, 那須 清 パソコンによる繁殖牛群管理システムの作成 肉用牛研究会報,42,15-17 1986/11 日本語
福原 利一, 守屋 和幸, 八塚 糸美, 原田 宏 生産現場のデータにもとづく発育曲線の推定 肉用牛研究会報,42,7-9 1986/11 日本語
福原 利一, 柳橋 眞, 守屋 和幸, 原田 宏 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-2-種雄牛の育種価推定と推定育種価に基づく交配計画の検討 宮崎大学農学部研究報告,33,1,p95-110 1986/10 日本語
福原 利一, 柳橋 眞, 守屋 和幸, 原田 宏, 横山 文泰, 松尾 繁 生産現場の情報に基づく宮崎牛の育種に関する研究-1-産肉形質に関する遺伝的パラメ-タの推定 宮崎大学農学部研究報告,33,1,p85-93 1986/10 日本語
福原 利一, 守屋 和幸, 長友 明博, 原田 宏, 横山 文泰, 松尾 繁 1日増加額と枝肉市場出荷成績の関連性について 肉用牛研究会報,40,41-43 1985/11 日本語
守屋 和幸 Roles of adrenal hormones to maintain plasma glucose level after insulin injection in sheep. Proc. 3rd AAAP.Anim.Sci.Congr.,2, 820-822 1985 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
向井文雄 編 生物統計学 化学同人 2011 日本語
守屋和幸 耕畜連携をめざした環境保全型畜産システムの構築とその評価、第10章モデルの最適化手法としてのdifferential Evolution(DE)の利用 農林統計出版 2009 日本語
守屋和幸 フィールド情報学入門、第3章システムダイナミックス 京都大学フィールド情報学研究会編、41-55、共立出版、2009. 2009 日本語
守屋和幸 家畜生産の新たな挑戦、第7章古くて新しい近未来型家畜生産 今井裕編、217-244、京都大学出版会、2007 2007 日本語
守屋和幸 変量効果の推定とBLUP法、第6章計算手順とコンピュータプログラム 佐々木義之編著、170-191、京都大学出版会、2007. 2007 日本語
守屋和幸 動物遺伝育種学事典 動物遺伝育種シンポジウム組織委員会編 2001 日本語
守屋和幸 家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略 pp. 437--440,1999 1999 日本語
守屋 和幸 量的形質について遺伝的に評価する(分散共分散も未知である)(分担執筆) 家畜ゲノム解析と新たな家畜育種戦略 社団法人 畜産技術協会,/,437-440 1999 日本語
守屋 和幸 コンピュータシミュレーションによる量的形質の選抜実験(分担執筆) 動物遺伝育種学実験法 朝倉書店,/,95-103 1998 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
食肉の肉質判別方法
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
H17年度論文賞 日本水産学会
畜産学研究奨励賞 1986
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 生物圏情報の高度利用に関する基礎的研究 1999〜1999
基盤研究(B) 生物圏情報の高度利用に関する基礎的研究 2000〜2000
基盤研究(B) 生物圏情報の高度利用に関する基礎的研究 2001〜2001
GPS・PDAを用いた小学校の「総合的な学習の時間」支援システムの構築 Studies on Linear Models and Computer Strategied for Genetic Evaluation of Sire and Dam 2002〜
基盤研究(B) 授生物圏情報の高度利用に関する基礎的研究 2002〜2002
基盤研究(B) 情報技術を活用した環境教育システムの構築 2003〜2003
基盤研究(B) 情報技術を活用した環境教育システムの構築 2004〜2004
基盤研究(B) 情報技術を活用した環境教育システムの構築 2005〜2005
基盤研究(B) 情報技術を活用した環境教育システムの構築 2006〜2006
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
種牛評価のための計算アルゴリズム及び線形モデルの設定に関する研究 Estimation of Variance and Covariance of Beef Carcass and Growth Traits using Multiple Trait Restricted Maximum Likelihood Method.
GPSを用いた林内放牧牛の放牧管理技術 Studies on Population Structure of a Completoly Closed Sub-Population in Japanese Black Cattle 2002〜
平成15年度受託研究,全国農業協同組合連合会 飼料設計システムの構築 2003〜2003
平成17年度受託研究,放送大学学園 大学等開放推進事業実施委託「稲荷山自然探検隊」 2005〜2005
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2011/04〜2012/03
PワークショップⅠ(守屋ほか) Project Operation 前期 経営管理教育部 2011/04〜2012/03
社会情報学特殊研究1 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
社会情報学特殊研究2 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
生物圏情報学セミナー 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
社会情報学特別セミナー 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
生物圏情報学特別セミナー 通年 情報学研究科 2011/04〜2012/03
生物圏情報学I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Information System Analysis 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
Social Informatics 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
情報システム分析論 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2011/04〜2012/03
情報社会論 前期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
生物圏情報学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物圏情報学 後期 情報学研究科 2011/04〜2012/03
資源生物科学概論II 前期 農学部 2011/04〜2012/03
PワークショップⅡ(酒井ほか) Project Operation 後期 経営管理教育部 2011/04〜2012/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
Biosphere Informatics Seminar Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
Pワークショップ II (酒井ほか) Project Operation Management Workshop II (Sakai etc) 後期 経営管理教育部 2012/04〜2013/03
Information System Analysis Information System Analysis 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
Pワークショップ I (守屋ほか) Project Operation Management Workshop I (Moriya etc) 前期 経営管理教育部 2012/04〜2013/03
Social Informatics Social Informatics 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2012/04〜2013/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2012/04〜2013/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生物圏情報学セミナー Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2012/04〜2013/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2012/04〜2013/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2013/04〜2014/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2013/04〜2014/03
フィールド分析法 Methodology for Field Analysis 後期 教育学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 前期集中 情報学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
生物圏情報学セミナー Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
フィールド分析法 Field Analysis 後期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2013/04〜2014/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2013/04〜2014/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
フィールド分析法 Methodology for Field Analysis 後期 教育学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
生物圏情報学セミナー Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
フィールド分析法 Field Analysis 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2014/04〜2015/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2014/04〜2015/03
情報技術と社会 Information Technology and Society 前期 総合生存学館 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Biosphere Informatics Seminar Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Information System Analysis Information System Analysis 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Social Informatics Social Informatics 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 前期集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 後期前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Biosphere Informatics Seminar Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Information System Analysis Information System Analysis 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Social Informatics Social Informatics 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
フィールド分析法 Field Analysis 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2015/04〜2016/03
情報技術と社会 Information Technology and Society 前期 総合生存学館 2015/04〜2016/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2015/04〜2016/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生物圏情報学セミナー Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 前期集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 後期集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2015/04〜2016/03
農学研究者の倫理 Research Ethics for Agricultural Scientists 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Biosphere Informatics Seminar Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Information System Analysis Information System Analysis 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
Practice of Information Systems Practice of Information Systems 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
フィールド分析法 Field Analysis 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2016/04〜2017/03
情報技術と社会 Information Technology and Society 前期 総合生存学館 2016/04〜2017/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2016/04〜2017/03
情報システム論実習 Practice of Information Systems 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2016/04〜2017/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 前期集中 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2016/04〜2017/03
農学研究者の倫理 Research Ethics for Agricultural Scientists 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Biosphere Informatics Seminar Biosphere Informatics Seminar 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Information System Analysis Information System Analysis 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
Practice of Information Systems Practice of Information Systems 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
フィールド分析法 Field Analysis 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
情報システム分析論 Information System Analysis 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
情報システム分析論 Information system Analysis 前期 経営管理教育部 2017/04〜2018/03
情報技術と社会 Information Technology and Society 前期 総合生存学館 2017/04〜2018/03
情報社会論 Social Informatics 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
情報社会論 Social Informatics 前期 経営管理教育部 2017/04〜2018/03
情報システム論実習 Practice of Information Systems 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2017/04〜2018/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2017/04〜2018/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
社会情報学特別セミナー Advanced Seminar on Social Informatics 通年集中 情報学研究科 2017/04〜2018/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 前期集中 情報学研究科 2017/04〜2018/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
資源生物科学概論A Outline of Bioresource Science A 前期 農学部 2017/04〜2018/03
農学研究者の倫理 Research Ethics for Agricultural Scientists 前期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
京都大学応援団 2011/04/01〜
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学動物実験委員会 委員 2012/04/01〜2012/09/30
学生生活委員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
学生表彰選考委員会 委員 2014/01/01〜2014/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2014/10/01〜2016/09/30
人権委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
京都大学動物実験委員会 委員 2016/10/01〜2018/09/30
部局運営(役職等)
役職名 期間
教務委員会委員 2011/04/01〜2012/03/31
評価・広報委員会委員長 2011/04/01〜2012/03/31
G30WG委員 2011/04/01〜2012/03/31
動物実験小委員会委員 2011/04/01〜2014/03/31
専攻長会議 2012/04/01〜2013/03/31
制規委員会委員 2012/04/01〜2013/03/31
情報セキュリティ委員会委員 2012/04/01〜2013/03/31
評価・広報委員会委員 2013/04/01〜2014/03/31
基盤整備委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
動物実験委員会委員長 2014/04/01〜2015/03/31
教務委員会副委員長 2015/04/01〜2016/03/31
動物実験委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31
教務委員会委員 2016/04/01〜2017/03/31
動物実験委員会委員長 2016/04/01〜2017/03/31
動物実験委員会委員長 2017/04/01〜2018/03/31
専攻長会議 2017/04/01〜2018/03/31
制規等専門委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
情報セキュリティ委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
動物実験委員会委員長 2017/04/01〜2018/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示