梅野 健

最終更新日時:2017/09/11 18:50:42

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
梅野 健/ウメノ ケン/Ken Umeno
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/数理工学専攻数理物理学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
工学部 工学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府京都市左京区吉田本町
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本応用数理学会 JSIAM
電子情報通信学会 IEICE
レーザー学会 The Laser Society of Japan
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) USA
The American Geophysical Union (AGU) USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 東京大学
博士(理学) 東京大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京大学 大学院理学系研究科物理学専攻修士課程 修了
東京大学 大学院理学系研究科物理学専攻博士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
早稲田大学 理工学部電子通信学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
東海高等学校 とうかいこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1995/04/01〜1998/03/31 理化学研究所 The Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN) 基礎科学特別研究員 Special PD
1998/04/01〜1998/09/39 郵政省 通信総合研究所 Communications Research Laboratory (CRL), Ministry of Posts and Telecommunications 郵政技官 Technical Official
1998/10/01〜2000/06/30 郵政省 通信総合研究所 Communications Research Laboratory (CRL), Ministry of Posts and Telecommunications 研究官 Research Official
2000/07/01〜2000/12/31 郵政省 通信総合研究所 Communications Research Laboratory, Ministry of Post and Telecommunications 主任研究官 Senior Research Official
2001/01/01〜2001/03/31 総務省 通信総合研究所 Communications Research Laboratory, Ministry of Internal Affairs and Communications 主任研究官 Senior Research Official
2001/04/01〜2004/03/31 独立行政法人 通信総合研究所 Communications Research Laboratory 主任研究員 Senior Researcher
2004/04/01〜2012/03/31 独立行政法人 情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology 主任研究員 Senior Researcher
2005/11/01〜2010/03/31 独立行政法人 理化学研究所 The Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN) チームリーダー Laboratory Head
2012/04/01〜 京都大学 Kyoto University 教授 Professor
2003/08/26〜2012/03/31 株式会社カオスウェア ChaosWare, Inc. 代表取締役 CEO and President
2000/08/01〜2003/07/31 科学技術振興事業団 プレベンチャー事業 Japan Science and Technology Corporation, Preventure 研究代表者 Leader
2016/04/01〜2016/09/30 東京大学 物性研究所 Institute for Solid State Physics, The University of Tokyo 客員教授 Visiting Professor

  • <<
  • >>
  • 表示
プロフィール
(日本語)
理化学研究所を経て1998年4月1日郵政省入省。2003年8月26日に株式会社カオスウェア設立同取締役。2005年理化学研究所次世代移動体通信研究チームチームリーダー(兼務)。2004年4月1日―2012年3月31日独立行政法人情報通信研究機構主任研究員を経て、2012年4月1日京都大学院情報学研究科数理工学専攻教授。
(英語)
Ken Umeno received his BSc degree in electronic communication from Waseda University, Japan, in 1990. He received his MSc and PhD degrees in physics from the University of Tokyo, Japan, in 1992 and 1995, respectively. From 1998 until he joined Kyoto University as Professor in 2012, he worked for Japan’s Ministry of Posts and Telecommunications in its Communications Research Laboratory (currently National Institute of Information and Communications Technology). From 2004 to 2012, he was CEO and President of ChaosWare, Inc. He received the LSI IP Award in 2003 and the Telecom-System Award in 2008. He holds 46 registered Japanese patents, 23 registered United States patents and more than 5 international patents in the fields of telecommunications, security, and financial engineering. His research interests include ergodic theory, statistical computing, coding theory, chaos theory, information security, and social systems.
個人ホームページ
URL
http://chaosken.amp.i.kyoto-u.ac.jp/chaosken.html
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-9162-1261
研究テーマ
(日本語)
エルゴード理論、可解カオス、応用カオス、統計力学、モンテカルロ計算のSuperefficiency、全く新しい通信方式(CDMAとOFDMを統合するカオスOFDM)、原始根符号、カオス通信システム、カオス解析、カオス最適化、標準時決定アルゴリズムの研究, 5G, 地震予測(GPS衛星TEC解析による電離圏異常検知)
(英語)
Ergodic Theory, Solvable Chaos, Applied Chaos, Statistical Mechanics, Superefficiency in Monte Carlo computing, Truly new communication systems integrating CDMA and OFDM in a unified manner, Primitive Root Codes for Analysis, Computing and Communications, Chaotic Communications Systems, Chaotic Analysis, Chaotic Optimization, Generation and Applications of the Standard Time, 5G and Earthquake Prediction (via anomaly analysis of GPS TEC Data)
研究概要
(日本語)
カオス性に基づく情報システム、カオス性に基づく計算、べき分布を生成するカオスメカニズム、カオス解析、カオスモンテカルロ計算、カオス暗号、カオス通信システム、市場のカオス仮説の検証、脳におけるカオスの役割、可解カオスの数理、カオス最適化などカオスに関係のある全てを研究対象としてます。
(英語)
Chaotic Nature of Brain, Computation, Communication and Financial Markets. Origin of Randomness and Harnessing Chaos. Quasar Encryption. Ergodic Theory. 5G. General Uncertain Relation between Synchronization Time Precision and Security. Chaotic Mechanism Generating Power Law.
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
情報学基礎
数理物理・物性基礎
通信・ネットワーク工学
航空宇宙工学
固体地球惑星物理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
IWASAKI Atsushi and UMENO Ken Further improving security of Vector Stream Cipher Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,8,3,215-223 2017/07 英語
Ken-ichi Okubo and Ken Umeno New Chaos Indicators for Systems with Extremely Small Lyapunov Exponents Chaos, Complexity and Transport, edited by Xavier Leoncini, Crhistophe Eloly and Gwenn Boedec,185-203 2017/03 英語
T. Iwata, and K. Umeno Preseismic ionospheric anomalies detected before the 2016 Kumamoto earthquake Journal of Geophysical Research: Space Physics,122, DOI: 10.1002/2017JA023921 2017/03 英語
A. Iwasaki and K. Umeno One-stroke polynomials over a ring of modulo 2^w JSIAM Letters,9,5-8 2017/02 英語
OKADA Hiroki and UMENO Ken Randomness Evaluation with the Discrete Fourier Transform Test Based on Exact Analysis of the Reference Distribution IEEE Transactions on Information Forensics and Security,12,5,1218-1226 2017/01 英語
Tsuda Hirofumi UMENO Ken Orthogonal basis spreading sequence for optimal CDMA JSIAM Letters,8,77-88 2016/12 英語
T. Iwata and K. Umeno Correlation Analysis for Preseismic Total Electron Content Anomalies around the 2011 Tohoku-Oki Earthquake Journal of Geophysical Research: Space Physics,121,8969-8984 2016/09 英語
K. Umeno and K. Okubo Exact Lyapunov exponents of the generalized Boole transformations Prog.Theor. Exp. Phys.,021A01,1-10 2016/02 英語
A. Iwasaki, K. Umeno Improving security of Vector Stream Cipher Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,7,1,30-37 2016/01 英語
K. Umeno Ergodic transformatons on R preserving Cauchy laws Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,7,1,14-20 2016/01 英語
H. OKADA, K. Umeno, D. Handoko, M. Ihsan, R. Maharani, P. Nursetia, H. Rosyad, Warsito Brain Electrical Capacitance Volume Tomography Signals Analysis with Moving Maximum Lyapunov Exponents Advanced Science, Engineering and Medicine,7,10,897-899 2015/10 英語
大久保 健一 梅野 健 弱カオス系のカオス性判定について 日本応用数理学会論文誌,25,3,165-190 2015/09 日本語
岡田大樹、梅野 健 新たな非線形時系列解析の手法 —移動最大リアプノフ指数線によるカオス解析ー レーザー研究,43,6 2015/06 日本語
Chen-An Yang, Kung Yao, Ken Umeno, and Ezio Biglieri Superefficient Monte Carlo Simulations Simulation Technologies in Networking and Communications Selecting the Best Tool for Test,69-91 2015/03 英語
Takahashi Ryo, UMENO Ken Performance Evaluation of CDMA Using Chaotic Spreading Sequence with Constant Power in Indoor Power Line Fading Channels IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E67-A,7,1619-1622 2014/07 英語
梅野健 情報の統計力学 数理科学 2013/05/20 日本語
梅野健 混合カオス信号の独立成分分析とカオス解析 レーザー研究,39,7,488-494 2011/07/15 日本語
K. Umeno; A.-H. Sato Chaotic method for generating q-gaussian random variables IEEE Transactions on Information Theory,59,5,3199-3209 2013/05 英語
C.-A. Yang; K. Yao; K. Umeno; E. Biglieri Using deterministic chaos for superefficient monte carlo simulations IEEE Circuits and Systems Magazine,13,4,26-35 2013 英語
K. Umeno; M. Kao Chaos theory as the answer to limited spectrum? ITU News,10,43-46 2013 英語
R. Takahashi; K. Umeno Performance evaluation of band-limited baseband synchronous CDMA using orthogonal ICA sequences IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E93A,3,577-582 2010/03 英語
Ryo Takahashi, Etsushi Nameda, Ken Umeno Inner angle of triangle on unit circle made of consecutive three points generated by chaotic map JSIAM Letters,2,0,9-12 2010 英語
R. Takahashi; K. Umeno Performance analysis of complex CDMA using complex chaotic spreading sequence with constant power IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E92A,12,3394-3397 2009/12 英語
Etsushi Nameda, Hideaki Terai, Minghui Kao and Ken Umeno Application of Asynchronous Channels Method to the W-CDMA Systems The Open Cybernetics and Systemics Journal Vol. 3, pp.79-84 2009/09/01 英語
Agung Budiyono and Ken Umeno Madelung fluid model for the most likely wave function of a single free particle in a two-dimensional space with a given average energy Physical Review A, Vol. 79, pp.042104-1-042104-8 2009/04/01 英語
A. Budiyono; K. Umeno Madelung fluid model for the most likely wave function of a single free particle in a two-dimensional space with a given average energy Physical Review A - Atomic, Molecular, and Optical Physics,79,4 2009 英語
M. Kuraya; A. Uchida; S. Yoshimori; K. Umeno Blind source separation of chaotic laser signals by independent component analysis Optics Express,16,2,725-730 2008 英語
M. Kuraya; A. Uchida; S. Sano; S. Yoshimori; K. Umeno Independent component analysis of mixed chaos in electronic circuits Electronics Letters,44,3,248-250 2008 英語
S.-J. Kim; K. Umeno Chaos-based communication systems using on-line ICA algorithm IEICE Electronics Express,5,14,510-515 2008 英語
M. Hasegawa; K. Umeno Solvable performances of optimization neural networks with chaotic noise and stochastic noise with negative autocorrelation Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),4984 LNCS,PART 1,693-702 2008 英語
M. Yukawa; K. Umeno; G. Hori Employing LSF at transmitter eases MMSE adaptation at receiver in asynchronous CDMA systems Eurasip Journal on Wireless Communications and Networking,2008 2008 英語
S.-J. Kim; K. Umeno; R. Takahashi FPGA implementation of EASI algorithm IEICE Electronics Express,4,22,707-711 2007 英語
K. Yoshimura; K. Umeno Nonintegrability of nonhomogeneous nonlinear lattices Journal of Mathematical Physics,45,12,4628-4639 2004 英語
K. Umeno Optical chaos CDMA Journal of the National Institute of Information and Communications Technology,51,1-2,163-166 2004 英語
K. Umeno; A. Yamaguchi Construction of optimal chaotic spreading sequence using Lebesgue spectrum filter IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E85A,4,849-852 2002/04 英語
C.-C. Chen; K. Yao; K. Umeno; E. Biglieri Design of spread-spectrum sequences using chaotic dynamical systems and ergodic theory IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Fundamental Theory and Applications,48,9,1110-1114 2001/09 英語
K. Umeno SNR analysis for orthogonal chaotic spreading sequences Nonlinear Analysis, Theory, Methods and Applications,47,9,5753-5763 2001 英語
K. Umeno Chaotic Monte Carlo computation: A dynamical effect of random-number generations Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers,39,3 A,1442-1456 2000 英語
K. Umeno; K. Kitayama Spreading sequences using periodic orbits of chaos for CDMA Electronics Letters,35,7,545-546 1999/04/01 英語
K. Umeno Superposition of chaotic processes with convergence to Lévy\\'s stable law Physical Review E - Statistical Physics, Plasmas, Fluids, and Related Interdisciplinary Topics,58,2,2644-2647 1998/08 英語
K. Umeno Method of constructing exactly solvable chaos Physical Review E - Statistical Physics, Plasmas, Fluids, and Related Interdisciplinary Topics,55,5,5280-5284 1997/05 英語
U. Ken Variational symmetry in non-integrable Hamiltonian systems Journal of Nonlinear Mathematical Physics,4,1-2,69-77 1997 英語
K. Umeno Non-perturbative non-integrability of non-homogeneous nonlinear lattices induced by non-resonance hypothesis Physica D: Nonlinear Phenomena,94,3,116-134 1996/07/01 英語
K. Umeno Non-integrable character of Hamiltonian systems with global and symmetric coupling Physica D: Nonlinear Phenomena,82,1-2,11-35 1995/04/01 英語
K. Umeno Galois extensions in Kowalevski exponents and nonintegrability of nonlinear lattices Physics Letters A,190,1,85-89 1994 英語
K. Umeno; M. Suzuki A singular zeta function at the onset of chaos Physics Letters A,177,4-5,311-315 1993 英語
K. Umeno; M. Suzuki Symplectic and intermittent behaviour of Hamiltonian flow Physics Letters A,181,5,387-392 1993 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
梅野 健 巻頭言:学会の三権分立論 応用数理,24,3,1-1 2014/09 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
中澤勇夫, 梅野健 概周期周波数配置を用いた衛星通信方式の性能評価 電子情報通信学会技術研究報告,115,300(CCS2015 45-65),75-79 2015/11/02 日本語
大久保健一, 梅野健 弱カオス系のカオス性判定について 日本応用数理学会論文誌,25,3,165-190 2015/09/25 日本語
原裕介, 梅野健 カオスダイナミクスを用いたSAT解探索アルゴリズムの高速化 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU9NICHI,13:30,B,4 2015/09/02 日本語
岩崎淳, 梅野健 2冪剰余環上で一筆書きとなる置換多項式の条件 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU9NICHI,09:30,B,3 2015/09/02 日本語
大久保健一, 梅野健 シンプレクティック写像におけるKSエントロピーと時間の矢 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU9NICHI,11:00,B,4 2015/09/02 日本語
梅野健 コーシー分布に関する新しい法則 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,3 2015/09/02 日本語
中澤勇夫, 梅野健 概周期周波数配列によるインパルス通信方式 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,1 2015/09/02 日本語
津田宏史, 梅野健 最適なCDMA用Weyl符号の構成と評価 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM),2015,ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,2 2015/09/02 日本語
岡田大樹, 梅野健 複数の系列を同時に使用する離散フーリエ変換検定法について 電子情報通信学会技術研究報告,115,178(CCS2015 29-44),73-78 2015/07/30 日本語
中澤勇夫, 梅野健 概周期周波数配置と衛星通信方式への適用 電子情報通信学会技術研究報告,115,178(CCS2015 29-44),23-26 2015/07/30 日本語
梅野 健 カオス通信と統計力学(第47回物性若手夏の学校(2002年度)サブゼミ) 物性研究,80,4 2003/07/20 日本語
吉村 和之, 梅野 健 30pWB-12 非同次非線形格子の積分不可能性 日本物理学会講演概要集,58,1 2003/03/06 日本語
梅野 健 決定論的拡散のルベーグスペクトル解析 : 「力学系理論,可積分系,および,まとめ」 (近可積分ハミルトン系の数理と応用) 数理解析研究所講究録,1282,179-183 2002/09 日本語
梅野 健 セッション説明 : 「力学系理論,可積分系,および,まとめ」 (近可積分ハミルトン系の数理と応用) 数理解析研究所講究録,1282,153-155 2002/09 日本語
Umeno Ken, Shih Shenghung Evaluation of W-CDMA Systems with LSF(Lebesgue Spectrum Filter) Technical report of IEICE. RCS,101,682,27-30 2002/02/27 英語
梅野 健 ベクターストリーム暗号の提案 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ,101,402 2001/11/01 日本語
UMENO Ken Randomness Property of Skew Product Induced Pseudo Random Number Generators Technical report of IEICE. ISEC,101,402,29-31 2001/11/01 英語
梅野 健 B-12-1 3コアー非線形方向性結合器の解析解 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,2000,2 2000/09/07 日本語
梅野 健 SA-2-2 カオス公開鍵配送方式 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,1999,0,210-211 1999/08/16 日本語
Umeno Ken Exactly Solvable Chaos and Addition Theorems of Elliptic Functions (Applied Mathematics of Discrete Integrable Systems) RIMS Kokyuroku,1098,104-117 1999/04 英語
梅野 健, 北山 研一 SAB-1-3 カオス符号を用いたCDMAの理論解析 : 最良2値PN系列との比較 電子情報通信学会総合大会講演論文集,1999,2,676-677 1999/03/08 日本語
梅野 健, 北山 研一 SAB-1-3 カオス符号を用いたCDMAの理論解析 : 最良2値PN系列との比較 電子情報通信学会総合大会講演論文集,1999,508-509 1999/03/08 日本語
梅野 健, 北山 研一 光カオス写像の構成方法 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,1998 1998/09/07 日本語
梅野 健, グスタフソン ケネース, 北山 研一 双対カオス写像を用いた光符号分割多重通信システム 電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム,98,187,7-12 1998/07/23 日本語
梅野 健, グスタフソン ケネース, 北山 研一 双対カオス写像を用いた光符号分割多重通信システム 電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング,98,188,7-12 1998/07/23 日本語
梅野 健 7p-K-14 カオスによるモンテカルロ計算は有効か? : アルゴリズムと評価 日本物理学会講演概要集,52,2 1997/09/16 日本語
梅野 健 7p-K-13 カオスと非ガウス的統計 : 非ガウス的カオス 日本物理学会講演概要集,52,2 1997/09/16 日本語
梅野 健 積分不可能系の離散化 : 非平衡統計力学的側面と計算論的側面 数理解析研究所講究録,1005,119-131 1997/06 日本語
UMENO KEN NONINTEGRABILITY INDUCED BY NON-RESONANCE CHECKING RIMS Kokyuroku,938,123-132 1996/02 英語
梅野 健, 鈴木 増雄 カオス力学系の軌道追跡逆問題における計算論的複雑さと一方向関数 : ハミルトン力学系を例として 人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI,8,187-190 1994/06/20 日本語
梅野 健 30p-YD-9 非可積分性の証明とガロア理論 日本物理学会講演概要集. 年会,49,4 1994/03/16 日本語
梅野 健 式部マップII : Information Flowの再検討(基研長期研究会「複雑系2」〜物理から生物・進化・ゲームへ〜,研究会報告) 物性研究,61,5,560-566 1994/02/20 日本語
梅野 健 14a-Q-11 任意自由度非可積分性の構成的証明 日本物理学会講演概要集. 秋の分科会,1993,4 1993/09/20 日本語
梅野 健 1p-F-3 全結合型相互作用ハミルトニアン系の問題 日本物理学会講演概要集. 年会,48,3 1993/03/16 日本語
梅野 健, 鈴木 増雄 26p-ZA-9 高次元カオスとゼータ関数 秋の分科会講演予稿集,1992,3 1992/09/14 日本語
梅野 健, 鈴木 増雄 28a-T-13 リペラー&harr;アトラクター変換と周期軌道展開 年会講演予稿集,46,3 1991/09/12 日本語
K. Umeno Performance of chaotic Monte Carlo computation and chaos codes for communications: Theory and experiments AIP Conference Proceedings,1339,197-209 2011 英語
A. Uchida; M. Kuraya; S. Yoshimori; K. Umeno Separation of mixed chaotic signals in microchip lasers by independent component analysis Conference on Lasers and Electro-Optics Europe - Technical Digest 2007 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
超効率的なカオスモンテカルロ計算ー相関の可制御性と、物理計算への応用についてー [招待あり] 理論セミナー(東京大学物性研究所) 2016/06/17 日本語
Chaos Approach to Ultra High Spectral Efficiency in 5G and Connectivity [Invited] Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity 2015/09/21 英語
カオスと情報—IoT(Internet of Things)からIoB(Internet of Brains)へ— 電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会 2015/05/22 日本語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Superefficient Chaos [Invited] International Conference on Smart-Green Technology and Information Systems 2016 2016/10/07 英語
Chaos Theory for Security Issues in IoT and 5G [Invited] International Conference on Chaos Revolution/ID-SIRTII Research Seminar 2014/11/03 英語
コミュニケーションの基本原理探求から誕生する新しいサイエンスの可能性 II [招待あり] 電子情報通信学会 第2回 NetSci/CCS研究会 合同ワークショップ 2013/08/10 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
コミュニケーションの基本原理探求から誕生する新しいサイエンスの可能性 複雑コミュニケーションサイエンス研究会キックオフ会議 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ CCS研究会 2011/09/05 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Chaotic Analysis with Primitive Root Codes and its Applications for Communications International Conference on Nonlinear Theory and its Applications IEICE NLP 2011/09/06 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
複雑系としての情報システム 共立出版 2007
視覚情報処理ハンドブック 朝倉書店 2000
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
独立行政法人情報通信研究機構 標準時刻配信装置、タイムスタンプ装置、タイムスタンプ利用者用装置、時刻認証システム、時刻認証方法、および時刻認証プログラム 特許登録 特許特許第5252539号 2013/04/26
株式会社カオスウェア 拡散符号計算装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム 特許登録 特許特許第5131550号 2012/11/16
梅野 健 拡散符号計算装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム 特許登録 特許第5131550号 2012/11/16
独立行政法人理化学研究所 Signal separating device, signal separating method, information recording medium, and program 特許登録 特許US Patent No. 8,285,773 2012/10/09
独立行政法人情報通信研究機構 Converter, encryption/decryption system, multi-stage converter, converting method, multi-stage converting method, program, and information recording medium 特許登録 特許US Patent No. 8,265,268 2012/09/11
独立行政法人情報通信研究機構 乱数列群生成装置、乱数列群生成方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許4963050号 2012/04/06
独立行政法人理化学研究所 信号分離装置、信号分離方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許4952979号 2012/03/23
株式会社カオスウェア 電子メール処理装置、電子メール処理方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許4918638号 2012/02/10
独立行政法人情報通信研究機構 受信方法および受信装置 特許登録 特許4836559号 2011/10/07
独立行政法人情報通信研究機構 Random number generating, encrypting, and decrypting apparatus, method thereof, program thereof, and recording medium thereof 特許登録 特許US Patent No. 7,925,014 2011/04/12
独立行政法人情報通信研究機構 DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR RANDOM NUMBER GENERATION, ENCRYPTION, AND DECRYPTION, AND RECORDING MEDIUM 特許登録 特許Korean Patent No. KR101010226 B1 2011/01/21
JST and NICT 7,697,590 特許登録 特許US Patent No. 2010/04/13
独立行政法人科学技術振興機構 Random Number String Output Apparatus 特許登録 特許European Patent No. 1,452,959 B1 2010/01/13
独立行政法人情報通信研究機構 通信装置および通信方法 特許登録 特許4406401号 2009/11/13
独立行政法人情報通信研究機構 乱数生成、暗号化および復号のための装置、方法、プログラム、並びに記録媒体 特許登録 特許4399602号 2009/11/06
独立行政法人情報通信研究機構 Transmitter apparatus, receiver apparatus, transmission method, reception method and program 特許登録 特許US Patent No. 7,577,182 2009/08/18
梅野健 通信システム、通信方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許4327842号 2009/06/19
梅野健 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許4313434号 2009/05/22
梅野 健 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許第4313434号 2009/05/22
独立行政法人科学技術振興機構 通信システム、受信装置、送信装置、受信方法、送信方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許4313154号 2009/05/22
梅野 健 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許第4276294号 2009/03/13
独立行政法人情報通信研究機構 Random number sequence sharing system, random number sequence sharing apparatus, codec system, coding apparatus, decoding apparatus, random number sequence sharing method, coding method, decoding method, and program product 特許登録 特許US Patent No. 7,471,714 2008/12/30
独立行政法人科学技術振興機構 Random number string output apparatus, random number string output method, program, and information recording medium 特許登録 特許US Patent No. 7,472,147 2008/12/30
独立行政法人情報通信研究機構 Pseudo-random number sequence filter, filtering method and data recording medium 特許登録 特許US Patent No. 7,466,780 2008/12/16
独立行政法人情報通信研究機構、パテネット株式会社 電子価格表サーバ、システムおよびプログラム 特許登録 特許4219629号 2008/11/21
独立行政法人科学技術振興機構、株式会社カオスウェア、他 送信装置、受信装置、送信方法、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許4210717号 2008/11/07
独立行政法人情報通信研究機構 変換装置、暗号化復号化システム、多段変換装置、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許4191915号 2008/09/26
独立行政法人情報通信研究機構 Random sequence generating apparatus, encryption/decryption apparatus, random sequence generating method, encryption/decryption method and program 特許登録 特許US Patent No. 7,421,463 2008/09/02
独立行政法人科学技術振興機構、株式会社カオスウェア、他 Apparatus and method for filtering a spectrum spread communication 特許登録 特許US Patent No. 7,411,997 2008/08/12
独立行政法人情報通信研究機構 DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR ENCRYPTION AND DECRYPTION AND RECORDING MEDIUM 特許登録 特許Korean Patent No. 2006000330 2008/02/26
独立行政法人情報通信研究機構 Pulse generator, pulse generating method, communicating apparatus, and communicating method 特許登録 特許US Patent No. 7,317,763 2008/01/08
独立行政法人情報通信研究機構 Apparatus and method for outputting sequence of vectors, data recording medium, and carrier wave signal 特許登録 特許7,257,608 2007/08/14
独立行政法人情報通信研究機構 Authentication system, authentication apparatus, authentication target apparatus, authentication method, method of being authenticated, program and information recording medium 特許登録 特許US Patent No. 7,237,110 2007/06/26
独立行政法人情報通信研究機構 Key sharing system, public key cryptosystem, signature system, key sharing apparatus, encryption apparatus, decryption apparatus, signature apparatus, authentication apparatus, key sharing method, encryption method, decryption method, signature method, authentication method, and programs 特許登録 特許US Patent No. 7,231,048 2007/06/12
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 ルーティング方法およびフォトニックルータ 特許登録 特許3952278号 2007/05/11
独立行政法人情報通信研究機構 乱数列共有システム、乱数列共有装置、暗号復号システム、暗号装置、復号装置、乱数列共有方法、暗号方法、復号方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3876324号 2006/11/10
独立行政法人情報通信研究機構 Pseudo-random number sequence output unit, transmitter, receiver, communication system and filter unit 特許登録 特許US Patent No. 7,099,366 2006/08/29
独立行政法人情報通信研究機構 送信装置、受信装置、送信方法、およびプログラム 特許登録 特許3820453号 2006/06/30
独立行政法人情報通信研究機構 乱数発生装置、乱数発生方法およびプログラム 特許登録 特許3806762号 2006/05/26
独立行政法人科学技術振興機構、山口明宏、梅野健 通信システム、送信装置、受信装置、位相拡散符号生成装置、送信方法、受信方法、位相拡散符号生成方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3799355号 2006/04/28
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 送信装置および送信方法、受信装置および受信方法、並びに送受信装置および送受信方法 特許登録 特許3749151号 2005/12/09
独立行政法人情報通信研究機構 パルス生成器、パルス生成方法、通信装置および通信方法 特許登録 特許3740540号 2005/11/18
独立行政法人情報通信研究機構 乱数列生成装置、暗号化復号化装置、乱数列生成方法、暗号化復号化方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3735670号 2005/11/04
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 数値積分装置、数値積分方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3711270号 2005/08/19
独立行政法人情報通信研究機構 乱数列生成装置、乱数列生成方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3700002号 2005/07/22
独立行政法人情報通信研究機構 認証システム、認証装置、認証方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3660985号 2005/04/01
独立行政法人情報通信研究機構 送信装置、受信装置、送信方法、受信方法、ならびに、プログラム 特許登録 特許3650821号 2005/03/04
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 鍵共有システム、鍵共有装置、鍵共有方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3633886号 2005/01/07
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 Apparatus and method for computing multiple integral, and recording medium 特許登録 特許US Patent No. 6,832,233 2004/12/14
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 光信号発生装置および方法、送信装置および送信方法、受信装置および受信方法、並びに送受信装置および送受信方法 特許登録 特許3606835号 2004/10/05
独立行政法人科学技術振興機構、梅野健 拡散変調装置、拡散変調方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3556190号 2004/05/21
独立行政法人科学技術振興機構、梅野健 受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3531869号 2004/03/12
独立行政法人科学技術振興機構、梅野健 乱数列出力装置、乱数列出力方法、プログラムならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3525146号 2004/02/27
独立行政法人情報通信研究機構 OUTPUT APPARATUS, TRANSMITTER, RECEIVER, COMMUNICATIONS SYSTEM FOR OUTPUTTING, TRANSMITTING AND RECEIVING A PSEUDORANDOM NOISE SEQUENCE, AND METHODS FOR OUTPUTTING, TRANSMITTING RECEIVING PSEUDORANDOM NOISE SEQUENCES AND DATA RECORDING MEDIUM 特許登録 特許US Patent No. 6,661,831 2003/12/09
梅野健 System, apparatus, and method for outputting pseudorandom noise sequences, and data recording medium 特許登録 特許US Patent No. 6,654,404 2003/11/25
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 擬似雑音系列の出力システム、出力装置、出力方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3486133号 2003/10/24
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 光信号演算回路、および、光信号演算方法 特許登録 特許3466980号 2003/08/29
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 ベクトル列の出力装置、出力方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3455748号 2003/08/01
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 確率過程の出力装置、出力方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3455469号 2003/07/25
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 公開鍵暗号システム、暗号化装置、復号化装置、暗号化方法、復号化方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3455483号 2003/07/25
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 光カオス乱数発生装置 特許登録 特許3396883号 2003/02/14
独立行政法人情報通信研究機構 Device and method for outputting stochastic processes, and data recording medium 特許登録 特許US Patent No. 6,477,481 2002/11/05
独立行政法人理化学研究所、株式会社カオスウェア 統計的シミュレーション方法及びこのプログラムを記録した記憶媒体 特許登録 特許3357263号 2002/10/04
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 擬似乱数列の出力装置、送信装置、受信装置、通信システム、フィルタ装置、擬似乱数列の出力方法、送信方法、受信方法、フィルタ方法、ならびに、情報記録媒体 特許登録 特許3314181号 2002/06/07
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 擬似雑音系列の出力装置、送信装置、受信装置、通信システム、擬似雑音系列の出力方法、送信方法、受信方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3234202号 2001/09/21
独立行政法人理化学研究所、梅野健 Statistical simulation method and corresponding simulation system responsive to a storing medium in which statistical simulation program is recorded 特許登録 特許US Patent No. 6,289,296 2001/09/11
独立行政法人情報通信研究機構 Apparatus for optically generating chaotic random numbers 特許登録 特許US Patent No. 6,263,146 2001/07/17
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 光信号変調装置、および、光信号変調方法 特許登録 特許3096703号 2000/08/11
独立行政法人情報通信研究機構、梅野健 光信号増幅器、光信号増幅方法、および、情報記録媒体 特許登録 特許3074310号 2000/06/09
梅野 健, 大浦佑次 データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバ 特許公開 特開2017-5682 2017/01/05
梅野健, 津田宏史、児嶋 一登 通信方法及び通信機 特許公開 特開2017-121007 2017/07/06
梅野 健  津田宏史 通信方法及び通信機 特許公開 特開2017-88512 2017/05/18
梅野 健, 大浦佑次 データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバー 特許公開 特開2017-5412 2017/01/05
梅野 健, 大浦 佑次 データ暗号化装置、データ復元装置、データ暗号化方法、データ復元方法、データ暗号化プログラムおよびデータ復元プログラム 特許公開 特開2015-114771 2015/06/22
大浦 佑次, 梅野 健 電子価格提示システム、電子価格提示装置、及び電子価格提示方法 特許公開 特開2011-035800 2011/02/17
行田 悦資, 梅野 健 フィルタ装置、送信装置、受信装置、通信システム、フィルタ方法、送信方法、受信方法、ならびに、プログラム 特許公開 特開2010-166536 2010/07/29
堀 玄, 梅野 健 拡散符号生成装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム 特許公開 特開2010-130623 2010/06/10
梅野 健 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体 特許公開 WO2010-007674 2010/01/21

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第18回テレコムシステム技術賞 電気通信普及財団 2003/03/
第23回テレコムシステム技術賞 電気通信普及財団 2008/03/
第5回LSI IP アワード IP賞 LSI IP デザインアワード運営委員会 2003/06/
応用物理学会講演奨励賞 応用物理学会 2000/05/
電気学会論文発表賞 (社)電気学会 1998/09/
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
Your secrets are safe with quasar encryption NewScientist TECH 2006/03/29
Totally Random One Time Pads Slashdot 2006/03/30
天体観測で暗号鍵共有 Slashdot.jp 2006/04/01
カオスCDMAとセキュリティ技術の研究 サイエンスチャネル(JST) Message from Scientists 2005/03/31
SBTとカオスウェア, VSC暗号アプリ開発用キットを開発 ITmedia セキュリティ 2004/07/12
SBT、暗号化技術「VSC」の評価・実用化でカオスウェアと提携 ITmedia セキュリティ 2004/04/06
次世代無線 車や機械に 京写と京大実用研究 有線接続並み安定・安全性 日経産業新聞 全国版 2015/07/31
Pemerintah Dukung Teori Chaos Untuk Keamanan Nasional ANTRA NEWS(Indonesia) Bali Bureau 2016/09/23
Ilmuwan Indonesia Ramai-ramai Ingin Jadi Penentu Teknologi 5G LIPUTAN6(Indonesia) Web News (>Tekno>Telko) 2015/09/21
Indonesia-Jepang Sharing Riset Teknologi 5G INDRA DISHUB (Indonesia) Web Media 2015/09/22
Jaring para hacker muda, CodeBali gelar lomba ANTRA News (Indonesia) Web News (Edited by Hendra Gunawan) 2015/09/22
Banten scientists probe brain-to-brain communication Jakarta Post Sci-Tech 2014/05/21
类星体信号 开辟天文加密新技术 大紀元 科技新聞 Web news 2006/04/06
広告付きファイル暗号化ソフトを無償配布--凸版印刷とNICTが共同開発 ZDNet Japan ビジネスアプリケーション Web News 2006/11/17
凸版印刷、広告付きファイル暗号化ソフトを無償配布 ASCII.jp デジタル Web News 2006/11/17
凸版とNICT、広告付き「無償暗号化ソフト」を配布 Security NEXT Web News 2006/11/16
凸版印刷と NICT、広告付きファイル暗号化ソフトを共同開発 japan.internet.com Marketing 2006/11/16
CRL、カオス暗号でHDTV映像のリアルタイム暗号化通信に成功 ITmedia ニュース速報 2003/04/15
通総研, カオス理論によるデジタルハイビジョン暗号化通信に成功 マイナビニュース マーケティング>ネットニュース 2003/04/17
デジタルハイビジョン映像、暗号化通信にCRLが成功 知財情報局 IT 2003/05/23
日本-インドネシア間でカオス暗号を用いた長距離衛星通信実験に成功 NICT プレスリリース Web News 2003/11/27
脳の仕組みを応用して携帯電話の混合電波を高精度で分離- カオス理論に基づく電波干渉を起こさない通信方式を確立 - 理研 プレスリリース 2006/12/12
携帯、通信速度50倍 理研開発 電波「聞き分け」 読売新聞 2面 2006/12/13
Los mensajes pueden encriptarse en las ondas de radio que emiten los quasares TENDENCIAS TECNOLÓGICAS http://www.tendencias21.net/Los-mensajes-pueden-encriptarse-en-las-ondas-de-radio-que-emiten-los-quasares_a937.html 2006/03/30
C-Tech Labs Indonesia Penelitian Bersama Jepang Beritasore http://beritasore.com/2015/02/09/c-tech-labs-indonesia-penelitian-bersama-jepang/ 2015/02/09
Mahasiswa Jepang di C-Tech Labs Temukan Tingkat "Chaos" Otak Manusia Berita Satu http://www.beritasatu.com/pendidikan/247638-mahasiswa-jepang-di-ctech-labs-temukan-tingkat-chaos-otak-manusia.html 2015/02/09
理研、カオス理論に基づく通信方式を第4世代携帯向けに推進 スラド http://srad.jp/story/06/12/13/010202/ 2006/12/13
Universitas Kyoto akan lakukan riset aktivitas otak di Tangerang Banten News http://m.banten-news.com/universitas-kyoto-akan-lakukan-riset-aktivitas-otak-di-tangerang.html 2014/03/27
Dimungkinkan, Komunikasi Antara Otak Dengan Internet Tribune News http://m.tribunnews.com/iptek/2014/03/27/dimungkinkan-komunikasi-antara-otak-dengan-internet 2014/03/27
Joint Statement Riset dan Peningkatan Kapasitas SDM MCIT, Indonesia https://balitbang.kominfo.go.id/ppi/?p=346 2013/08/30
携帯の情報量100倍に 脳の働き応用し信号処理 日本経済新聞(全国版) 科学欄(19面) 2006/03/06
宇宙の電波で情報を暗号化 日本経済新聞 全国版 科学欄 (21面) 2006/03/27
所内支援制度でVB第1号発足 日本経済新聞(全国紙) テクノロジー欄(17面) 2003/08/29
京大、大容量データの高速暗号化技術ー高い乱数性で安全性確保 日刊工業新聞 科学技術・大学 2016/09/16
M7地震、1時間前に予知可能? 京大教授ら電離圏異常検知で 京都新聞 夕刊 2016/09/30
震災前に上空「電離圏」で異常 京大分析、地震予測に光 中日新聞 夕刊 1面 2016/09/30
震災前、上空の電離圏に異常 京大が検出、地震予測に道 共同通信 (47News) Web版 http://this.kiji.is/154441412968318456 2016/09/30
日本京都大学团队发布新发现 或可用于震前预测 新华网 http://japan.xinhuanet.com/2016-09/30/c_135725740.htm 2016/09/30
日本京都大學團隊發佈新發現 或可用於震前預測 北京新浪網 http://news.sina.com.tw/article/20160930/18854548.html 2016/09/30
M7以上も上空電子異常=震災直前の予測可能性期待-京大 時々ドットコムニュース http://www.jiji.com/jc/article?k=2016093000890&g=soc 2016/09/30
東日本大震災直前 震源地の上空の電子数が大幅変化 NHK おはよう日本、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161001/k10010713691000.html 2016/10/01
地震預測近了?京都大學發現震前1小時電子異常 自由時報電子版  生活 http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1843369 2016/10/02
大地震発生直前の電離圏異常を検出 -マグニチュード7以上の大地震の直前予測の可能性- 京都大学プレスリリース 研究成果 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160930_1.html 2016/10/03
京都大学の研究グループ 空の兆候で地震予知へ 関西テレビ放送  関西のニュース http://www.ktv.jp/news/date/20160930.html#0545676 2016/09/30
地震前 上空の電子数変化 NHK NHK関西NEWS (夕方) 2016/09/30
Scientists announce possible breakthrough in earthquake prediction Taipei Times http://www.taipeitimes.com/News/lang/archives/2016/10/06/2003656576 Bilingual Page 2016/10/06
電離圏の電子数の変化で巨大地震を1時間前に検知 ~京大が手法を開発 やじうまPC Watch http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1023174.html 2016/10/04
京大、公開データのみを用いて大地震発生直前の電離圏異常の検出に成功 マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/10/04/215/ テクノロジー>サイエンス 2016/10/04
京都大學發現大地震1小時前空中有異常 大紀元(EPOCH TIMES) http://www.epochtimes.com/b5/16/10/3/n8361521.htm / 科学新聞  2016/10/03
京都大學發現地震前電子異象 台湾日報電子版 http://www.taiwandaily.net/gp2.aspx?_p=kSF1c9zU9HRb3hyG9HaUIUQgtBbGMuZO 2016/10/01
M7地震 電離圏異常で予測 産経新聞 夕刊/1面 2016/09/30
M7直前上空に電子 東日本大震災1時間前電離圏で 京大チーム分析 予測に期待 毎日新聞 夕刊 2016/10/01
地震可預測? 京都大學發現震前20分電子異常 中時電子報 http://www.chinatimes.com/realtimenews/20161003001787-260412 2016/10/03
地震可預測?日研究:電離層濃度有變化 台視新聞台 http://www.ttv.com.tw/videocity/video_play.asp?id=236299 2016/10/02
日學者測出強震前電離圈異常 或有助地震預警 明報新聞網 http://news.mingpao.com/ins/instantnews/web_tc/article/20161003/s00005/1475460401744 2016/10/03
日新研究稱或可提前20分鐘以上預測大地震 國際日報(International Daily News) http://www.chinesetoday.com/big/article/1140371 2016/10/03
동일본대지진 직전 진원지 상공에 전자 수 급변현상 KBS NEWS http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3354401 2016/10/02
동일본대지진 직전 진원지 상공에 전자 수 급변현상 서비스 안내 http://www.yonhapnews.co.kr/international/2016/10/02/0601010000AKR20161002041100073.HTML 2016/10/02
京都大学、地震を予測できる可能性がある手法を開発 中国でも高い関心 livedoor News http://news.livedoor.com/article/detail/12102880/ 2016/10/04
或可提前20分钟以上预测大地震 新華網 http://news.xinhuanet.com/local/2016-10/12/c_129318474.htm 2016/10/12
京写は下値固め完了して割安感を見直し、LED照明市場拡大が収益に追い風 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20160926/328726.html 2016/09/26
大地震の発生前20~60分前に予兆を観測する新手法 スラド(slashdot) http://science.srad.jp/story/16/10/04/0653214/ 2016/10/05
日新研究称或可提前20分钟以上预测大地震 新蓝网(TV, 中国) http://n.cztv.com/news/12245248.html 2016/10/04
これは驚き…実はメッチャ進歩してた日本の「地震予知」 NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2147668613236466501 2016/10/07
地震前の電離圏異常を検出 ー京大が手法開発ー 日刊工業新聞 科学技術・大学News(全国版・電子版) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00403726 2016/10/20
京写は下値固め完了して基調転換の動き、LED照明市場拡大が追い風 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20161021/333120.html 2016/10/21
巨大地震を事前察知 テレビ朝日 スーパーJ チャネル(土曜日 16:30-18:00) 2016/10/29
M7地震を1時間前に予知 京大教授が開発 実用化への壁 サンデー毎日 11月13日号 p.147 2016/11/01
京写は下値固め完了して基調転換、LED照明市場拡大で17年3月期営業増益予想 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20161216/342782.html 2016/12/16
京写はLED照明市場拡大が追い風で新規取引も拡大 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20170118/347779.html 2017/01/18
”知る”から始める防災?関西に迫る大地震? 関西テレビ みんなのニュース ワンダー SP 2017/01/09
京写は17年3月期第3四半期累計営業増益、通期大幅営業増益予想 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20170209/351776.html 2017/02/09
巨大地震発生の前兆か“大気に異変” 毎日放送 MBSニュース http://www.mbs.jp/news/kansai/20170228/00000065.shtml 2017/02/28
熊本地震直前に上空電離圏で異常 京大、地震予測目指す 産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170228/wst1702280092-n1.html 2017/02/28
M7超の内陸直下型地震、電離圏異常から予測−京大 日刊工業新聞 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00419149 25面(紙面) 2017/03/01
熊本地震発生直前にも電離圏異常が起きていたことを発見 京都大学プレスリリース http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170224_3.html 2017/03/01
熊本地震直前電離圏に異常 京大教授ら、上空で検出 京都新聞 25面(社会3) 2017/03/01
Ionospheric Anomalies Detected Before 2016 Kumamoto Quakes nippon.com http://www.nippon.com/en/behind/l10170/ 2017/03/01
強震前的預兆?熊本地震前1小時 上空300公里電子數異常增減 ETtoday新聞雲 http://www.ettoday.net/news/20170301/875376.htm 2017/03/01
大災有徵兆?研究發現熊本地震前上空電離層異常 北京新浪網 http://news.sina.com.tw/article/20170301/20866156.html 2017/03/01
大灾征兆? 研究发现熊本地震前上空电离层异常 中国新闻网 http://news.xinhuanet.com/world/2017-03/01/c_129498843.htm 2017/03/01
日, 구마모토 지진 직전 “상공서 이상 현상 발생”…지진 예측에 “응용 기대” Kyodo News Korean http://www.47news.jp/korean/medical_science/2017/02/155063.html 2017/02/28
熊本地震直前に上空で異常 京大、地震予測目指す 中日新聞 5面 2017/03/01
上空の電子数 熊本地震前にも乱れ「内陸直下型では初」京都大 ハザードラボ http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19271.html 2017/03/02
大災有徵兆?研究發現熊本地震前上空電離層異常 中央網路報 http://www.cdnews.com.tw/cdnews_site/docDetail.jsp?coluid=115&docid=104066367 2017/03/06
京大が発表・巨大地震前に上空に異変 テレビ朝日 <明快!まとめるパネル> 【グッド!モーニング】 2017/03/10
京写は安値圏モミ合いから上放れて戻り試す、17年3月期大幅営業増益予想 財経新聞 http://www.zaikei.co.jp/article/20170310/356934.html 2017/03/10
地震予知は本当に不可能なのか? BS-TBS (TV放送) 諸説あり! 2017/05/06
地震予知は本当に不可能なのか? BS-TBS(TV放送) 諸説あり!(再放送) 2017/06/24
地震先行現象検出技術の確立に向け、株式会社ケイ・オプティコムとの共同研究を開始しました。 京都大学プレスリリース http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/jyohogaku/news/2017/170601_1.html 2017/07/03
地震の予兆検出 京大と共同研究 ケイ•オプティコム 日本経済新聞 35面(関西経済•京滋) 2017/07/04
電子数増減で地震予測研究 関電子会社など 毎日新聞 7面(経済) 2017/07/04
地震前兆の現象検知 京大と共同研究へ ケイ•オプティコム 読売新聞 8面(経済) 2017/07/04
ケイ•オプ、大地震予測 京大と研究 産経新聞 10面(経済) 2017/07/04
「電離層」の電子数分析で地震予知−ケイ・オプティコムと京大、実用化へ共同研究 日刊工業新聞 9面 2017/07/04
暗号安全性評価テストの欠陥を克服し、証明可能な安全性を持つカオス暗号を提案 -今後の暗号安全性や乱数性評価に貢献- 京都大学プレスリリース http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170701_1.html 2017/07/04
京大、暗号安全性評価テストの欠陥を克服し証明可能な安全性を持つカオス暗号を提案 日本経済新聞(Web版) http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP450112_U7A700C1000000/ 2017/07/04
地震の予兆検知へ共同研究 NHK (TV, Web) http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170705/4822411.html 2017/07/05
電子数で大規模地震を予測 関電子会社と京大が研究 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170703000123 2017/07/03
電子数で大規模地震を予測 関電子会社と京大が研究 共同通信 https://this.kiji.is/254538851500852733?c=110564226228225532 2017/07/03
ケイ・オプティコム、大規模地震の検知技術確立で京大と共同研究 時事ドットコムニュース http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070300979&g=eco 2017/07/03
電子数増減で大規模地震予測 ケイ・オプティコムと京大が研究 産経West http://www.sankei.com/west/news/170703/wst1707030095-n1.html 2017/07/03
「電離層」の電子数分析で地震予知−ケイ・オプティコムと京大、実用化へ共同研究 日刊工業新聞(Web) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00434380 2017/07/04
GPSデータの解析で地震予知に挑む京大教授 週刊新潮 p.140 (7月20日文月増大号) タウンTEMPO 2017/07/12
Shh! Proven Security For Your Secrets SCIEMMAG https://scienmag.com/shh-proven-security-for-your-secrets/ 2017/07/14
Shh! Proven security for your secrets Science Daily https://www.sciencedaily.com/releases/2017/07/170714093814.htm 2017/07/14
Shh! Proven security for your secrets -Kyoto University demonstrates the strength of its new cipher- EurekaAlert! (by AAAS) https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-07/ku-sps071417.php 2017/07/14
Researchers prove the security of the Vector Stream Cipher Phys.Org https://phys.org/news/2017-07-vector-stream-cipher.html 2017/07/17
Chaos Theory Strengthens Digital Locks AsianScientist https://www.asianscientist.com/2017/07/tech/vector-stream-cipher-cybersecurity/ 2017/07/25
Shh! Proven security for your secrets Kyoto University Press Release (English) http://www.kyoto-u.ac.jp/en/research/research_results/2017/170701_1.html 2017/07/24
PRZESYŁ DANYCH SZYFROWANYCH Z UWZGLĘDNIENIEM TEORII CHAOSU? Katalog GSM (Poland) https://kataloggsm.pl/przesyl-danych-szyfrowanych-z-uwzglednieniem-teorii-chaosu/ 2017/07/31
M7以上の大地震が1時間前に予知可能!? 朝日放送 キャスト 2017/08/24
地震の予兆 衛星が捉える 日経産業新聞 10面 2017/08/30

  • <<
  • >>
  • 表示
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
Chaos Revolution in Science, Technology, and Society -From Discovery of Chaos to Innovation ICR2008 2008/09/16
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
物理統計学 Statistical Physics 前期 工学部 2013/04〜2014/03
非線形系の力学 Dynamics of Nonlinear Systems 前期 工学部 2013/04〜2014/03
物理統計学特論 Physical Statistics, Advanced 後期 情報学研究科 2013/04〜2014/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 通年 情報学研究科 2013/04〜2014/03
物理統計学特論 Physical Statistics, Advanced 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
応用数理工学特論A Topics in Applied Mathematics and Physics A 通年集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
数理工学特別セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics, Advanced 通年 情報学研究科 2014/04〜2015/03
数理物理学特別セミナー Seminar on Mathematical Physics, Advanced 前期 情報学研究科 2014/04〜2015/03
応用数理工学特論A Topics in Applied Mathematics and Physics A 前期集中 情報学研究科 2014/04〜2015/03
解析力学 Analytical Mechanics 後期 工学部 2014/04〜2015/03
数理工学特別セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics, Advanced 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 前期集中 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数理物理学特別セミナー Seminar on Mathematical Physics, Advanced 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
物理学基礎論A Fundamental Physics A 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
物理統計学 Statistical Physics 前期 工学部 2015/04〜2016/03
物理統計学特論 Physical Statistics, Advanced 前期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
数理工学概論 Introduction to Applied Mathematics and Physics 前期 工学部 2016/04〜2017/03
数理工学特別セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics, Advanced 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 後期集中 情報学研究科 2016/04〜2017/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 通年 情報学研究科 2016/04〜2017/03
数理物理学特別セミナー Seminar on Mathematical Physics, Advanced 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
物理統計学特論 Physical Statistics, Advanced 前期 情報学研究科 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
数理工学概論 Introduction to Applied Mathematics and Physics 前期 工学部 2017/04〜2018/03
数理工学特別セミナー Seminar on Applied Mathematics and Physics, Advanced 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 後期集中 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理工学特別研究2 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics II 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理工学特別研究1 Advanced Study in Applied Mathematics and Physics I 通年 情報学研究科 2017/04〜2018/03
数理物理学特別セミナー Seminar on Mathematical Physics, Advanced 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03
物理学基礎論A Fundamental Physics A 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
物理統計学 Statistical Physics 前期 工学部 2017/04〜2018/03
物理統計学特論 Physical Statistics, Advanced 前期 情報学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
關戸 啓人 Construction of D-optimal Designs for Linear Regression with Prior Information Using Discrete Integrable Systems(事前情報付き線形回帰モデルにおけるD-optimal designの離散可積分系を用いた構成) 副査 2012/11/26
小川 駿 Study on non-equilibrium quasi-stationary states for Hamiltonian systems with long-range interaction(長距離相互作用を有するハミルトン系の非平衡準定常状態に関する研究) 主査 2013/09/24
前田 一貴 Theory of Discrete and Ultradiscrete Integrable Finite Lattices Associated with Orthogonal Polynomials and Its Applications(直交多項式に付随する離散・超離散可積分有限格子の理論とその応用) 副査 2014/03/24
佐藤 一宏 An Algebraic Analysis Approach to Trajectory Tracking Control(軌道追従制御への代数解析アプローチ) 副査 2014/03/24
KIBRIA MIRZA GOLAM Radio Resource Allocation Optimization for Cellular Wireless Networks(セルラワイヤレスネットワークにおける無線資源割当最適化) 副査 2014/07/23
布 房夫 Quality-of-Service Control Scheme for Wireless Local Area Networks(無線ローカルエリアネットワークにおける通信品質制御方式の研究) 副査 2014/09/24
LIU WEI Cooperative Resource Sharing in Mobile Cloud Computing(モバイルクラウドコンピューティングにおける協調的資源共有) 副査 2015/03/23
井上 保彦 Efficient Access Control Techniques for Distributed Wireless Communication Networks(分散型無線通信ネットワークのための高効率アクセス制御技術) 副査 2015/03/23
石上 裕之 Studies on Parallel Solvers Based on Bisection and Inverse Iterationfor Subsets of Eigenpairs and Singular Triplets(2分法と逆反復法を基礎とした部分固有対および部分特異対のための並列ソルバについての研究) 副査 2016/03/23
岩崎 淳 Study on permutation polynomials over a ring of modulo 2w and their applications to cryptography(2冪剰余環上置換多項式とその暗号技術への応用に関する研究) 主査 2017/03/23
福園 隼人 Spatial Signal Processing on Distributed MIMO Systems(分散MIMOシステムにおける空間信号処理) 副査 2016/09/23
縄田 信哉 Design of Electrical Energy Network Based on Power Packetization(電力のパケット化による電気エネルギーネットワークの設計) 副査 2017/03/23
趙 欧 Sum Rate Analysis and Dynamic Clustering for Multi-user MIMO Distributed Antenna Systems(マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおける総和レート及びダイナミッククラスタリングに関する研究) 副査 2016/09/23

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
猶原僚也 NLP奨励賞 電子情報通信学会NOLTAソサイエティ 2015/06/13
岩崎淳 岡田大樹 津田宏史 The best single person team CodeBali CTF 2015/09/21
岩崎淳 若手優秀講演賞 日本応用数理学会 2016/06/
岡田大樹 平成27年度CCS(複雑コミュニケーションサイエンス研究会)奨励賞 電子情報通信学会 2016/06/12
部局運営(役職等)
役職名 期間
制規委員会委員 2012/04/01〜2014/03/31
連携推進WG委員 2012/04/01〜2017/03/31
専攻長会議 2013/04/01〜2014/03/31
情報セキュリティ委員会委員 2013/04/01〜2014/03/31
連携推進WG 2017/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本応用数理学会 JSIAM 理事 Director 2013/05/24〜2015/06/19
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本応用数理学会 JSIAM JSIAM Letters JSIAM Letters Editor 2013/04/01〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
CodeBali Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity オーガナイザー 2015/09/21〜2015/09/23
電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会 委員長 2011/04/01〜2012/03/31
電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会 顧問 2012/04/01〜
日本応用数理学会 応用カオス研究部会 主査 2006/04/01〜
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
日本応用数理学会 JSIAM 主査(応用カオス研究部会) Leader (Applied Chaos Research Group) 2006/04/01〜
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
台湾科学技術協会 ICT分野の研究開発とその国際標準化ー日本と台湾の役割について 2015/06/07
Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity, CodeBali 2015 Chaos Approach to Ultra High Spectrum Efficiency for 5G and Connectivity 2015/09/21
京都大学新技術説明会(JST) IoTのセキュリティ?カオスでしょ! 2016/05/24
日本知財学会 第4回年次学術研究発表会 先端科学技術と企業戦略-研究開発・知的財産・事業展開の総合的戦略の構築に向けて- 2006/06/17
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
第15回中小企業新技術新製品賞(ソフトウェア部門) りそな中小企業振興財団•日刊工業新聞 2003/04/
オルガテクノ2007新技術部門賞 オルガテクノ2007 2007/07/20
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
物性研究所 客員所員 Visiting Members of Collaborative Research at the Institute of Solid State Physics 客員教授 東京大学 2016/04/01〜2016/09/30
その他活動:その他
活動名 内容 期間
第5世代モバイル推進フォーラム 個人会員 2014/11/01〜
IoT推進コンソーシアム 有識者会員 2016/06/01〜
次世代安心・安全ICTフォーラム 個人会員 2014/04/01〜
けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 個人会員 2014/10/1〜
国際的機関での活動
活動内容(日本語) 活動内容(英語) 活動機関名 期間
国際電気通信連合(ITU) International Telecommunication Union Focal Point for ITU-R 2013/03/01〜
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Prof. Kung Yao UCLA EECS Superefficient Monte Carlo Computation USA 2013/06/01〜2013/06/28
Prof. Homer Chen National Taiwan University EE Chaos CDMA for Secure Sensing Networks Taiwan 2015/07/15〜2015/07/28