佐野 剛視

最終更新日時: 2021/06/14 17:27:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
佐野 剛視/サノ タケシ/Sano, Takeshi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/泌尿器科/助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/sanotake-shi
研究テーマ
(日本語)
生体二光子励起イメージングによる膀胱癌および腫瘍周囲環境の時空間的解析
研究概要
(日本語)
膀胱癌の発生・進展、抗腫瘍薬への反応などを生体内で「見る」ことができる実験系は存在しない。本研究の目的は、生体内の現象を顕微鏡レベルの解像度でリアルタイムに観察する「生体イメージング」を膀胱癌研究に用いる実験系を構築することである。具体的には、「膀胱癌細胞株をヌードマウスの膀胱に投与する膀胱癌モデルマウス」、「遺伝子改変膀胱癌モデルマウス」のそれぞれにFRETバイオセンサーや蛍光レポータータンパクを発現させ、二光子顕微鏡で生体イメージングする。そして、「癌の発生・生着や進展の過程」、「癌細胞と腫瘍周囲環境の相互作用」、「抗腫瘍薬に対する癌細胞や腫瘍周囲環境の反応」における各細胞型の運動や形態変化、特定分子の活性など、膀胱癌に関する多岐に亘る現象を生体内で時空間的に観察・評価する。
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 生体二光子励起イメージングによる膀胱癌および腫瘍微小環境の時空間的解析 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
2020年度GSKジャパン研究助成 佐野 剛視 二光子励起顕微鏡による生体イメージングを用いた膀胱出口閉塞モデルマウスの包括的解析 2021/04/01〜2022/03/31
第15回日本泌尿器科学会ヤングリサーチグラント 佐野 剛視 生体二光子励起イメージングによる膀胱癌と腫瘍微小環境の時空間的解析 2021/04/01〜
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
第108回日本泌尿器科学会総会 International Session Award 日本泌尿器科学会 2021/12/23