土方 誠

最終更新日時: 2019/09/30 16:06:20

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
土方 誠/ヒジカタ マコト/Hijikata, Makoto
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/ウイルス感染研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
生命科学研究科 高次生命科学専攻 生体動態制御学 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町53 53 Kawaharacho, Shogoin, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8507, Japan
電子メールアドレス
メールアドレス
mhijikat @ infront.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本ウイルス学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
医学博士 信州大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
信州大学 大学院医学研究科博士課程生理系生化学専攻 修了
信州大学 大学院理学研究科修士課程生物学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
信州大学 理学部生物学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1988/04/01〜1991/03/31 財団法人がん研究新興財団 Foundation for promotion of Cancer Research リサーチレジデント Research Resident
1991/04/01〜1994/03/31 国立がんセンター研究所 National Cancer Center Research Institute 研究員 Research Stuff
1994/5〜1996/6 1994-1996 米国ロックフェラー大学博士研究員 1994-1996 Postdoctoral Fellow, The Rockefeller University, NY, USA
1994/04/01〜1997/02/28 国立がんセンター研究所 National Cancer Center Research Institute 室長 General Manager
プロフィール
(日本語)
肝炎ウイルスの研究をしている。学術研究の成果を患者さんの治療に活かせるよう日々邁進している。各種委員会にも参加し、大学の環境改善に勤しんでいる。教育に関しては、研究室の大学院生との共同研究の中で、実践的に研究能力を身につけさせることを目指している。
(英語)
I am conducting research on hepatitis viruese. I strive continuously to contribute to development of new anti-virus strategies for the patients with hepatitis. Furthermore, I take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university. As for education, one of my goals is to help graduate students acquire the practical skills needed to conduct joint research.
使用言語
言語名
英語
個人ホームページ
URL
https://www2.infront.kyoto-u.ac.jp/HCV/
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0051951
研究テーマ
(日本語)
肝炎ウイルスの生活環と抗ウイルス薬開発
(英語)
life cycles of hepatitis viruses and development of anti-viral drugs
研究概要
(日本語)
C型肝炎ウイルス(HCV)とB型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって引き起こされる肝炎、肝硬変、肝がんなどの慢性肝疾患の根絶を目指し研究を始めた。分子生物学、細胞生物学、生化学などの様々な手法を用いて解析を進めている。ヒト肝細胞由来の新たな細胞を樹立して、立体培養法など種々の培養法を用いて、患者由来の肝炎ウイルスが感染し、増殖することが可能な培養系の構築を試みている。この培養法を用いてHCVの感染増殖機構を解析し、その一部を明らかにして、抗HCV薬開発に役立てている。
(英語)
In order to eliminate the chronic liver diseases, such as chronic hepatitis, liver cirrhosis, and hepatocellular carcinoma, caused by infection of hepatitis C virus (HCV) and hepatitis B virus (HBV), I started to study those viruses. I have analyzed those viruses by using many various methods of molecular and cellular biologies as well as biochemistry. Recently, we have focused on the development of in vitro system for culturing hepatitis viruses, which permits the viral infection and proliferation, by using various cell culture systems, including three dimensional culture system, after establishment of new human hepatocyte-derived cells. I have clarified the part of HCV life cycle by this strategy and reported some candidates for new anti-HCV drug.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ウイルス学、分子生物学、細胞生物学 Virology, Molecular Biology, Cell Biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Nio Y, Sasai M, Akahori Y, Okamura H, Hasegawa H, Oshima M, Watashi K, Wakita T, Ryo A, Tanaka Y, Hijikata M Nio Y, Sasai M, Akahori Y, Okamura H, Hasegawa H, Oshima M, Watashi K, Wakita T, Ryo A, Tanaka Y, Hijikata M Nio Y, Sasai M, Akahori Y, Okamura H, Hasegawa H, Oshima M, Watashi K, Wakita T, Ryo A, Tanaka Y, Hijikata M Bardoxolone methyl as a novel potent antiviral agent against hepatitis B and C viruses in human hepatocyte cell culture systems. Bardoxolone methyl as a novel potent antiviral agent against hepatitis B and C viruses in human hepatocyte cell culture systems. Bardoxolone methyl as a novel potent antiviral agent against hepatitis B and C viruses in human hepatocyte cell culture systems. Antiviral research, 169, 104537 Antiviral research, 169, 104537 Antiviral research, 169, 104537 2019/09 公開
Osawa M, Uchida T, Imamura M, Teraoka Y, Fujino H, Nakahara T, Ono A, Murakami E, Kawaoka T, Miki D, Tsuge M, Hiramatsu A, Abe-Chayama H, Hayes CN, Makokha GN, Aikata H, Ishida Y, Tateno C, Miyayama Y, Hijikata M, Chayama K Osawa M, Uchida T, Imamura M, Teraoka Y, Fujino H, Nakahara T, Ono A, Murakami E, Kawaoka T, Miki D, Tsuge M, Hiramatsu A, Abe-Chayama H, Hayes CN, Makokha GN, Aikata H, Ishida Y, Tateno C, Miyayama Y, Hijikata M, Chayama K Osawa M, Uchida T, Imamura M, Teraoka Y, Fujino H, Nakahara T, Ono A, Murakami E, Kawaoka T, Miki D, Tsuge M, Hiramatsu A, Abe-Chayama H, Hayes CN, Makokha GN, Aikata H, Ishida Y, Tateno C, Miyayama Y, Hijikata M, Chayama K Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice. The Journal of general virology, 100, 7, 1123-1131 The Journal of general virology, 100, 7, 1123-1131 The Journal of general virology, 100, 7, 1123-1131 2019/07 公開
Hishiki T, Kato F, Nio Y, Watanabe S, Wen Tan NW, Yamane D, Miyazaki Y, Lin CC, Suzuki R, Tajima S, Lim CK, Saijo M, Hijikata M, Vasudevan SG, Takasaki T Hishiki T, Kato F, Nio Y, Watanabe S, Wen Tan NW, Yamane D, Miyazaki Y, Lin CC, Suzuki R, Tajima S, Lim CK, Saijo M, Hijikata M, Vasudevan SG, Takasaki T Hishiki T, Kato F, Nio Y, Watanabe S, Wen Tan NW, Yamane D, Miyazaki Y, Lin CC, Suzuki R, Tajima S, Lim CK, Saijo M, Hijikata M, Vasudevan SG, Takasaki T Stearoyl-CoA desaturase-1 is required for flavivirus RNA replication. Stearoyl-CoA desaturase-1 is required for flavivirus RNA replication. Stearoyl-CoA desaturase-1 is required for flavivirus RNA replication. Antiviral research, 165, 42-46 Antiviral research, 165, 42-46 Antiviral research, 165, 42-46 2019/05 公開
Takeuchi F, Ikeda S, Tsukamoto Y, Iwasawa Y, Qihao C, Otakaki Y, Ryota O, Yao WL, Narita R, Makoto H, Watashi K, Wakita T, Takeuchi K, Chayama K, Kogure A, Kato H, Fujita T Takeuchi F, Ikeda S, Tsukamoto Y, Iwasawa Y, Qihao C, Otakaki Y, Ryota O, Yao WL, Narita R, Makoto H, Watashi K, Wakita T, Takeuchi K, Chayama K, Kogure A, Kato H, Fujita T Takeuchi F, Ikeda S, Tsukamoto Y, Iwasawa Y, Qihao C, Otakaki Y, Ryota O, Yao WL, Narita R, Makoto H, Watashi K, Wakita T, Takeuchi K, Chayama K, Kogure A, Kato H, Fujita T Screening for inhibitor of episomal DNA identified dicumarol as a hepatitis B virus inhibitor. Screening for inhibitor of episomal DNA identified dicumarol as a hepatitis B virus inhibitor. Screening for inhibitor of episomal DNA identified dicumarol as a hepatitis B virus inhibitor. PloS one, 14, 2, e0212233 PloS one, 14, 2, e0212233 PloS one, 14, 2, e0212233 2019 公開
Nio Y, Akahori Y, Okamura H, Watashi K, Wakita T, Hijikata M Nio Y, Akahori Y, Okamura H, Watashi K, Wakita T, Hijikata M Nio Y, Akahori Y, Okamura H, Watashi K, Wakita T, Hijikata M Inhibitory effect of fasiglifam on hepatitis B virus infections through suppression of the sodium taurocholate cotransporting polypeptide. Inhibitory effect of fasiglifam on hepatitis B virus infections through suppression of the sodium taurocholate cotransporting polypeptide. Inhibitory effect of fasiglifam on hepatitis B virus infections through suppression of the sodium taurocholate cotransporting polypeptide. Biochemical and biophysical research communications, 501, 3, 820-825 Biochemical and biophysical research communications, 501, 3, 820-825 Biochemical and biophysical research communications, 501, 3, 820-825 2018/06 公開
Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A<sub>2</sub> targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Scientific reports, 7, 1, 15931 Scientific reports, 7, 1, 15931 Scientific reports, 7, 1, 15931 2017/11 公開
Nio Y, Hasegawa H, Okamura H, Miyayama Y, Akahori Y, Hijikata M Nio Y, Hasegawa H, Okamura H, Miyayama Y, Akahori Y, Hijikata M NIO Yasunori, HASEGAWA Hikari, OKAMURA Hitomi., MIYAYAMA Yohei, AKAHORI Yuichi, HIJIKATA Makoto Liver-specific mono-unsaturated fatty acid synthase-1 inhibitor for anti-hepatitis C treatment. Liver-specific mono-unsaturated fatty acid synthase-1 inhibitor for anti-hepatitis C treatment. Liver-specific mono-unsaturated fatty acid synthase-1 inhibitor as one option for anti-hepatitis C treatment. Antiviral research, 132, 262-267 Antiviral research, 132, 262-267 Antiviral Research, 132, 262-267 2016/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Aly HH, Suzuki J, Watashi K, Chayama K, Hoshino S, Hijikata M, Kato T, Wakita T Aly HH, Suzuki J, Watashi K, Chayama K, Hoshino S, Hijikata M, Kato T, Wakita T ALY Hassan Hussein, SUZUKI Junya, WATASHI Koich, CHAYAMA Kazuaki, HOSHINO Shin-ichi, HIJIKATA Makoto, KATO Takanobu, WAKITA Takaji RNA Exosome Complex Regulates Stability of the Hepatitis B Virus X-mRNA Transcript in a Non-stop-mediated (NSD) RNA Quality Control Mechanism. RNA Exosome Complex Regulates Stability of the Hepatitis B Virus X-mRNA Transcript in a Non-stop-mediated (NSD) RNA Quality Control Mechanism. RNA exosome complex regulates stability of hepatitis B virus's X-mRNA transcript in a non-stop mediated (NSD) RNA quality control mechanism The Journal of biological chemistry, 291, 31, 15958-15974 The Journal of biological chemistry, 291, 31, 15958-15974 Journal of Biological Chemistry, 291, 31, 15958-15974 2016/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Okamura H, Nio Y, Akahori Y, Kim S, Watashi K, Wakita T, Hijikata M Okamura H, Nio Y, Akahori Y, Kim S, Watashi K, Wakita T, Hijikata M OKAMURA Hitomi., NIO Yasunori, AKAHORI, Yuichi, KiIM Sulyi, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto Fatty acid biosynthesis is involved in the production of hepatitis B virus particles. Fatty acid biosynthesis is involved in the production of hepatitis B virus particles. Fatty acid biosynthesis is involved in the production of hepatitis B virus particles. Biochemical and biophysical research communications, 475, 1, 87-92 Biochemical and biophysical research communications, 475, 1, 87-92 Biochemical and Biophysical Research Communications, 475, 1, 87-92 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hijikata M, Abe Y, Chayama K Hijikata M, Abe Y, Chayama K Hijikata M, Abe Y, Chayama K [Molecular mechanism of infectious HCV particle production]. [Molecular mechanism of infectious HCV particle production]. [Molecular mechanism of infectious HCV particle production]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73 Suppl 9, 98-103 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73 Suppl 9, 98-103 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 73 Suppl 9, 98-103 2015/12 公開
土方 誠、阿部雄一、茶山一彰 土方 誠、阿部雄一、茶山一彰 土方 誠、阿部雄一、茶山一彰 HCV感染性粒子産生機構 HCV感染性粒子産生機構 HCV感染性粒子産生機構 日本臨床, 73, 9, 98-103 日本臨床, 73, 9, 98-103 日本臨床, 73, 9, 98-103 2015 日本語 公開
Tsugawa Y, Kato H, Fujita T, Shimotohno K, Hijikata M Tsugawa Y, Kato H, Fujita T, Shimotohno K, Hijikata M Y. Tsugawa; H. Kato; T. Fujita; K. Shimotohno; M. Hijikata Critical role of interferon-α constitutively produced in human hepatocytes in response to RNA virus infection. Critical role of interferon-α constitutively produced in human hepatocytes in response to RNA virus infection. Critical role of interferon-α constitutively produced in human hepatocytes in response to RNA virus infection PloS one, 9, 2, e89869 PloS one, 9, 2, e89869 PLoS ONE, 9, 2, e89869 2014 英語 公開
Abe Y, Aly HH, Hiraga N, Imamura M, Wakita T, Shimotohno K, Chayama K, Hijikata M Abe Y, Aly HH, Hiraga N, Imamura M, Wakita T, Shimotohno K, Chayama K, Hijikata M Y. Abe; H.H. Aly; N. Hiraga; M. Imamura; T. Wakita; K. Shimotohno; K. Chayama; M. Hijikata Thromboxane A2 synthase inhibitors prevent production of infectious hepatitis C virus in mice with humanized livers. Thromboxane A2 synthase inhibitors prevent production of infectious hepatitis C virus in mice with humanized livers. Thromboxane A<sub>2</sub> synthase inhibitors prevent production of infectious hepatitis c virus in mice with humanized livers Gastroenterology, 145, 3, 658-67.e11 Gastroenterology, 145, 3, 658-67.e11 Gastroenterology, 145, 3, 658-67.e11 2013/09 英語 公開
Kuroki M, Ariumi Y, Hijikata M, Ikeda M, Dansako H, Wakita T, Shimotohno K, Kato N Kuroki M, Ariumi Y, Hijikata M, Ikeda M, Dansako H, Wakita T, Shimotohno K, Kato N M. Kuroki; Y. Ariumi; M. Hijikata; M. Ikeda; H. Dansako; T. Wakita; K. Shimotohno; N. Kato PML tumor suppressor protein is required for HCV production. PML tumor suppressor protein is required for HCV production. PML tumor suppressor protein is required for HCV production Biochemical and biophysical research communications, 430, 2, 592-597 Biochemical and biophysical research communications, 430, 2, 592-597 Biochemical and Biophysical Research Communications, 430, 2, 592-597 2013/01 英語 公開
Aly HH, Shimotohno K, Hijikata M, Seya T Aly HH, Shimotohno K, Hijikata M, Seya T H.H. Aly; K. Shimotohno; M. Hijikata; T. Seya In vitro models for analysis of the hepatitis C virus life cycle. In vitro models for analysis of the hepatitis C virus life cycle. In vitro models for analysis of the hepatitis C virus life cycle Microbiology and immunology, 56, 1, 1-9 Microbiology and immunology, 56, 1, 1-9 Microbiology and Immunology, 56, 1, 1-9 2012/01 英語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 B:克服へのロードマップ: 培養細胞によるHBV 感染増殖系の構築とその応用 B:克服へのロードマップ: 培養細胞によるHBV 感染増殖系の構築とその応用 B:克服へのロードマップ: 培養細胞によるHBV 感染増殖系の構築とその応用 胆肝膵.65:571-579. 2012 胆肝膵.65:571-579. 2012 胆肝膵.65:571-579. 2012 2012 日本語 公開
Wakita T, Suzuki T, Evans MJ, Shimotohno K, Chayama K, Matsuura Y, Hijikata M, Moriishi K, Seya T, Enomoto N, Koike K, Kato N, Kanto T, Hotta H Wakita T, Suzuki T, Evans MJ, Shimotohno K, Chayama K, Matsuura Y, Hijikata M, Moriishi K, Seya T, Enomoto N, Koike K, Kato N, Kanto T, Hotta H T. Wakita; T. Suzuki; M.J. Evans; K. Shimotohno; K. Chayama; Y. Matsuura; M. Hijikata; K. Moriishi; T. Seya; N. Enomoto; K. Koike; N. Kato; T. Kanto; H. Hotta Will there be an HCV meeting in 2020? Summary of the 17th international meeting on hepatitis C virus and related viruses. Will there be an HCV meeting in 2020? Summary of the 17th international meeting on hepatitis C virus and related viruses. Will there Be an HCV meeting in 2020? Summary of the 17th international meeting on hepatitis C virus and related viruses Gastroenterology, 141, 1, e1-5 Gastroenterology, 141, 1, e1-5 Gastroenterology, 141, 1, e1-5 2011/07 英語 公開
Ariumi Y, Kuroki M, Kushima Y, Osugi K, Hijikata M, Maki M, Ikeda M, Kato N Ariumi Y, Kuroki M, Kushima Y, Osugi K, Hijikata M, Maki M, Ikeda M, Kato N Y. Ariumi; M. Kuroki; Y. Kushima; K. Osugi; M. Hijikata; M. Maki; M. Ikeda; N. Kato Hepatitis C virus hijacks P-body and stress granule components around lipid droplets. Hepatitis C virus hijacks P-body and stress granule components around lipid droplets. Hepatitis C virus hijacks P-body and stress granule components around lipid droplets Journal of virology, 85, 14, 6882-6892 Journal of virology, 85, 14, 6882-6892 Journal of Virology, 85, 14, 6882-6892 2011/07 英語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 プロスタノイドによるHCV の感染性粒子産生制御 プロスタノイドによるHCV の感染性粒子産生制御 プロスタノイドによるHCV の感染性粒子産生制御 平成23 年度 北海道大学遺伝子病制御研究所研究集会『感染、免疫、炎症、発癌』、平成23 年12 月4-5 日、札 幌 2011 平成23 年度 北海道大学遺伝子病制御研究所研究集会『感染、免疫、炎症、発癌』、平成23 年12 月4-5 日、札 幌 2011 平成23 年度 北海道大学遺伝子病制御研究所研究集会『感染、免疫、炎症、発癌』、平成23 年12 月4-5 日、札 幌 2011 2011 日本語 公開
Kushima Y, Wakita T, Hijikata M Kushima Y, Wakita T, Hijikata M Y. Kushima; T. Wakita; M. Hijikata A disulfide-bonded dimer of the core protein of hepatitis C virus is important for virus-like particle production. A disulfide-bonded dimer of the core protein of hepatitis C virus is important for virus-like particle production. A disulfide-bonded dimer of the core protein of hepatitis C virus is important for virus-like particle production Journal of virology, 84, 18, 9118-9127 Journal of virology, 84, 18, 9118-9127 Journal of Virology, 84, 18, 9118-9127 2010/09/15 英語 公開
Goto K, Watashi K, Inoue D, Hijikata M, Shimotohno K Goto K, Watashi K, Inoue D, Hijikata M, Shimotohno K K. Goto; K. Watashi; D. Inoue; M. Hijikata; K. Shimotohno Identification of cellular and viral factors related to anti-hepatitis C virus activity of cyclophilin inhibitor. Identification of cellular and viral factors related to anti-hepatitis C virus activity of cyclophilin inhibitor. Identification of cellular and viral factors related to anti-hepatitis C virus activity of cyclophilin inhibitor Cancer science, 100, 10, 1943-1950 Cancer science, 100, 10, 1943-1950 Cancer Science, 100, 10, 1943-1950 2009/10 英語 公開
Aly HH, Qi Y, Atsuzawa K, Usuda N, Takada Y, Mizokami M, Shimotohno K, Hijikata M Aly HH, Qi Y, Atsuzawa K, Usuda N, Takada Y, Mizokami M, Shimotohno K, Hijikata M H.H. Aly; Y. Qi; K. Atsuzawa; N. Usuda; Y. Takada; M. Mizokami; K. Shimotohno; M. Hijikata Strain-dependent viral dynamics and virus-cell interactions in a novel in vitro system supporting the life cycle of blood-borne hepatitis C virus. Strain-dependent viral dynamics and virus-cell interactions in a novel in vitro system supporting the life cycle of blood-borne hepatitis C virus. Strain-dependent viral dynamics and virus-cell interactions in a novel in vitro system supporting the life cycle of blood-borne hepatitis C Virus Hepatology (Baltimore, Md.), 50, 3, 689-696 Hepatology (Baltimore, Md.), 50, 3, 689-696 Hepatology, 50, 3, 689-696 2009/09 英語 公開
Sugiyama K, Suzuki K, Nakazawa T, Funami K, Hishiki T, Ogawa K, Saito S, Shimotohno KW, Suzuki T, Shimizu Y, Tobita R, Hijikata M, Takaku H, Shimotohno K Sugiyama K, Suzuki K, Nakazawa T, Funami K, Hishiki T, Ogawa K, Saito S, Shimotohno KW, Suzuki T, Shimizu Y, Tobita R, Hijikata M, Takaku H, Shimotohno K K. Sugiyama; K. Suzuki; T. Nakazawa; K. Funami; T. Hishiki; K. Ogawa; S. Saito; K.W. Shimotohno; T. Suzuki; Y. Shimizu; R. Tobita; M. Hijikata; H. Takaku; K. Shimotohno Genetic analysis of hepatitis C virus with defective genome and its infectivity in vitro. Genetic analysis of hepatitis C virus with defective genome and its infectivity in vitro. Genetic analysis of hepatitis C virus with defective genome and its infectivity in vitro Journal of virology, 83, 13, 6922-6928 Journal of virology, 83, 13, 6922-6928 Journal of Virology, 83, 13, 6922-6928 2009/07 英語 公開
Murata T, Sato Y, Nakayama S, Kudoh A, Iwahori S, Isomura H, Tajima M, Hishiki T, Ohshima T, Hijikata M, Shimotohno K, Tsurumi T Murata T, Sato Y, Nakayama S, Kudoh A, Iwahori S, Isomura H, Tajima M, Hishiki T, Ohshima T, Hijikata M, Shimotohno K, Tsurumi T T. Murata; Y. Sato; S. Nakayama; A. Kudoh; S. Iwahori; H. Isomura; M. Tajima; T. Hishiki; T. Ohshima; M. Hijikata; K. Shimotohno; T. Tsurumi TORC2, a coactivator of cAMP-response element-binding protein, promotes Epstein-Barr virus reactivation from latency through interaction with viral BZLF1 protein. TORC2, a coactivator of cAMP-response element-binding protein, promotes Epstein-Barr virus reactivation from latency through interaction with viral BZLF1 protein. TORC2, a coactivator of cAMP-response element-binding protein, promotes Epstein-Barr virus reactivation from latency through interaction with viral BZLF1 protein The Journal of biological chemistry, 284, 12, 8033-8041 The Journal of biological chemistry, 284, 12, 8033-8041 Journal of Biological Chemistry, 284, 12, 8033-8041 2009/03 英語 公開
Aly HH, Shimotohno K, Hijikata M Aly HH, Shimotohno K, Hijikata M H.H. Aly; K. Shimotohno; M. Hijikata 3D cultured immortalized human hepatocytes useful to develop drugs for blood-borne HCV. 3D cultured immortalized human hepatocytes useful to develop drugs for blood-borne HCV. 3D cultured immortalized human hepatocytes useful to develop drugs for blood-borne HCV Biochemical and biophysical research communications, 379, 2, 330-334 Biochemical and biophysical research communications, 379, 2, 330-334 Biochemical and Biophysical Research Communications, 379, 2, 330-334 2009/02 英語 公開
宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 C型肝炎ウイルスの生活環と発がん C型肝炎ウイルスの生活環と発がん C型肝炎ウイルスの生活環と発がん 化学と生物, 46, 12, 826-831 化学と生物, 46, 12, 826-831 化学と生物, 46, 12, 826-831 2008/12/01 日本語 公開
Isono O, Ohshima T, Saeki Y, Matsumoto J, Hijikata M, Tanaka K, Shimotohno K Isono O, Ohshima T, Saeki Y, Matsumoto J, Hijikata M, Tanaka K, Shimotohno K Osamu Isono, Takayuki Ohshima,, Yasushi Saeki, Jun Matsumoto, Makoto Hijikata, Keiji Tanaka Kunitada Shimotohno Human T-cell leukemia virus type 1 HBZ protein bypasses the targeting function of ubiquitination. Human T-cell leukemia virus type 1 HBZ protein bypasses the targeting function of ubiquitination. HTLV-1 HBZ Protein bypasses the targeting function of ubiquitination The Journal of biological chemistry, 283, 49, 34273-34282 The Journal of biological chemistry, 283, 49, 34273-34282 J. Biol Chem. 283(49), 34273-34282, 283, 49, 34273-34282 2008/12 英語 公開
土方誠 土方誠 土方誠 感染症と発癌UPDATE  HCVと肝発癌―HCVの感染性ウイルス粒子産生と細胞内環境 感染症と発癌UPDATE  HCVと肝発癌―HCVの感染性ウイルス粒子産生と細胞内環境 感染症と発癌UPDATE  HCVと肝発癌―HCVの感染性ウイルス粒子産生と細胞内環境 医学のあゆみ, 224, 9, 693-698 医学のあゆみ, 224, 9, 693-698 医学のあゆみ, 224, 9, 693-698 2008/03/01 日本語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 肝・胆・膵, 57, 5, 679-687 肝・胆・膵, 57, 5, 679-687 肝・胆・膵, 57, 5, 679-687 2008 公開
Watashi K, Inoue D, Hijikata M, Goto K, Aly HH, Shimotohno K Watashi K, Inoue D, Hijikata M, Goto K, Aly HH, Shimotohno K K. Watashi; D. Inoue; M. Hijikata; K. Goto; H.H. Aly; K. Shimotohno Anti-hepatitis C virus activity of tamoxifen reveals the functional association of estrogen receptor with viral RNA polymerase NS5B. Anti-hepatitis C virus activity of tamoxifen reveals the functional association of estrogen receptor with viral RNA polymerase NS5B. Anti-hepatitis C virus activity of tamoxifen reveals the functional association of estrogen receptor with viral RNA polymerase NS5B The Journal of biological chemistry, 282, 45, 32765-32772 The Journal of biological chemistry, 282, 45, 32765-32772 Journal of Biological Chemistry, 282, 45, 32765-32772 2007/11 英語 公開
Miyanari Y, Atsuzawa K, Usuda N, Watashi K, Hishiki T, Zayas M, Bartenschlager R, Wakita T, Hijikata M, Shimotohno K Miyanari Y, Atsuzawa K, Usuda N, Watashi K, Hishiki T, Zayas M, Bartenschlager R, Wakita T, Hijikata M, Shimotohno K Y. Miyanari; K. Atsuzawa; N. Usuda; K. Watashi; T. Hishiki; M. Zayas; R. Bartenschlager; T. Wakita; M. Hijikata; K. Shimotohno The lipid droplet is an important organelle for hepatitis C virus production. The lipid droplet is an important organelle for hepatitis C virus production. The lipid droplet is an important organelle for hepatitis C virus production Nature cell biology, 9, 9, 1089-1097 Nature cell biology, 9, 9, 1089-1097 Nature Cell Biology, 9, 9, 1089-1097 2007/09 英語 公開
Ishida T, Iwai A, Hijikata M, Shimotohno K Ishida T, Iwai A, Hijikata M, Shimotohno K T. Ishida; A. Iwai; M. Hijikata; K. Shimotohno The expression of phosphatidic acid phosphatase 2a, which hydrolyzes lipids to generate diacylglycerol, is regulated by p73, a member of the p53 family. The expression of phosphatidic acid phosphatase 2a, which hydrolyzes lipids to generate diacylglycerol, is regulated by p73, a member of the p53 family. The expression of phosphatidic acid phosphatase 2a, which hydrolyzes lipids to generate diacylglycerol, is regulated by p73, a member of the p53 family Biochemical and biophysical research communications, 353, 1, 74-79 Biochemical and biophysical research communications, 353, 1, 74-79 Biochemical and Biophysical Research Communications, 353, 1, 74-79 2007/02 英語 公開
Aly HH, Watashi K, Hijikata M, Kaneko H, Takada Y, Egawa H, Uemoto S, Shimotohno K Aly HH, Watashi K, Hijikata M, Kaneko H, Takada Y, Egawa H, Uemoto S, Shimotohno K H.H. Aly; K. Watashi; M. Hijikata; H. Kaneko; Y. Takada; H. Egawa; S. Uemoto; K. Shimotohno Serum-derived hepatitis C virus infectivity in interferon regulatory factor-7-suppressed human primary hepatocytes. Serum-derived hepatitis C virus infectivity in interferon regulatory factor-7-suppressed human primary hepatocytes. Serum-derived hepatitis C virus infectivity in interferon regulatory factor-7-suppressed human primary hepatocytes Journal of hepatology, 46, 1, 26-36 Journal of hepatology, 46, 1, 26-36 Journal of Hepatology, 46, 1, 26-36 2007/01 英語 公開
El-Farrash MA, Aly HH, Watashi K, Hijikata M, Egawa H, Shimotohno K El-Farrash MA, Aly HH, Watashi K, Hijikata M, Egawa H, Shimotohno K M.A. El-Farrash; H.H. Aly; K. Watashi; M. Hijikata; H. Egawa; K. Shimotohno In vitro infection of immortalized primary hepatocytes by HCV genotype 4a and inhibition of virus replication by cyclosporin. In vitro infection of immortalized primary hepatocytes by HCV genotype 4a and inhibition of virus replication by cyclosporin. In vitro infection of immortalized primary hepatocytes by HCV genotype 4a and inhibition of virus replication by cyclosporin Microbiology and immunology, 51, 1, 127-133 Microbiology and immunology, 51, 1, 127-133 Microbiology and Immunology, 51, 1, 127-133 2007 英語 公開
Hijikata M Hijikata M M. Hijikata [Pathogenesis of the hepatocellular carcinoma associated with hepatitis C virus]. [Pathogenesis of the hepatocellular carcinoma associated with hepatitis C virus]. Pathogenesis of the hepatocellular carcinoma associated with hepatitis C virus Uirusu, 56, 2, 231-239 Uirusu, 56, 2, 231-239 Uirusu. Journal of virology, 56, 2, 231-239 2006/12 英語 公開
Ishii N, Watashi K, Hishiki T, Goto K, Inoue D, Hijikata M, Wakita T, Kato N, Shimotohno K Ishii N, Watashi K, Hishiki T, Goto K, Inoue D, Hijikata M, Wakita T, Kato N, Shimotohno K N. Ishii; K. Watashi; T. Hishiki; K. Goto; D. Inoue; M. Hijikata; T. Wakita; N. Kato; K. Shimotohno Diverse effects of cyclosporine on hepatitis C virus strain replication. Diverse effects of cyclosporine on hepatitis C virus strain replication. Diverse effects of cyclosporine on hepatitis C virus strain replication Journal of virology, 80, 9, 4510-4520 Journal of virology, 80, 9, 4510-4520 Journal of Virology, 80, 9, 4510-4520 2006/05 英語 公開
Goto K, Watashi K, Murata T, Hishiki T, Hijikata M, Shimotohno K Goto K, Watashi K, Murata T, Hishiki T, Hijikata M, Shimotohno K K. Goto; K. Watashi; T. Murata; T. Hishiki; M. Hijikata; K. Shimotohno Evaluation of the anti-hepatitis C virus effects of cyclophilin inhibitors, cyclosporin A, and NIM811. Evaluation of the anti-hepatitis C virus effects of cyclophilin inhibitors, cyclosporin A, and NIM811. Evaluation of the anti-hepatitis C virus effects of cyclophilin inhibitors, cyclosporin A, and NIM811 Biochemical and biophysical research communications, 343, 3, 879-884 Biochemical and biophysical research communications, 343, 3, 879-884 Biochemical and Biophysical Research Communications, 343, 3, 879-884 2006/05 英語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 HCV による肝癌発疱機序 HCV による肝癌発疱機序 HCV による肝癌発疱機序 ウイルス, 56, 231-240 ウイルス, 56, 231-240 ウイルス, 56, 231-240 2006 日本語 公開
Murata T, Hijikata M, Shimotohno K Murata T, Hijikata M, Shimotohno K T. Murata; M. Hijikata; K. Shimotohno Enhancement of internal ribosome entry site-mediated translation and replication of hepatitis C virus by PD98059. Enhancement of internal ribosome entry site-mediated translation and replication of hepatitis C virus by PD98059. Enhancement of internal ribosome entry site-mediated translation and replication of hepatitis C virus by PD98059 Virology, 340, 1, 105-115 Virology, 340, 1, 105-115 Virology, 340, 1, 105-115 2005/09 英語 公開
Watashi K, Ishii N, Hijikata M, Inoue D, Murata T, Miyanari Y, Shimotohno K Watashi K, Ishii N, Hijikata M, Inoue D, Murata T, Miyanari Y, Shimotohno K K. Watashi; N. Ishii; M. Hijikata; D. Inoue; T. Murata; Y. Miyanari; K. Shimotohno Cyclophilin B is a functional regulator of hepatitis C virus RNA polymerase. Cyclophilin B is a functional regulator of hepatitis C virus RNA polymerase. Cyclophilin B is a functional regulator of hepatitis C virus RNA polymerase Molecular cell, 19, 1, 111-122 Molecular cell, 19, 1, 111-122 Molecular Cell, 19, 1, 111-122 2005/07 英語 公開
Murata T, Ohshima T, Yamaji M, Hosaka M, Miyanari Y, Hijikata M, Shimotohno K Murata T, Ohshima T, Yamaji M, Hosaka M, Miyanari Y, Hijikata M, Shimotohno K T. Murata; T. Ohshima; M. Yamaji; M. Hosaka; Y. Miyanari; M. Hijikata; K. Shimotohno Suppression of hepatitis C virus replicon by TGF-beta. Suppression of hepatitis C virus replicon by TGF-beta. Suppression of hepatitis C virus replicon by TGF-β Virology, 331, 2, 407-417 Virology, 331, 2, 407-417 Virology, 331, 2, 407-417 2005/01 英語 公開
Takahashi H, Yamaji M, Hosaka M, Kishine H, Hijikata M, Shimotohno K Takahashi H, Yamaji M, Hosaka M, Kishine H, Hijikata M, Shimotohno K H. Takahashi; M. Yamaji; M. Hosaka; H. Kishine; M. Hijikata; K. Shimotohno Analysis of the 5' end structure of HCV subgenomic RNA replicated in a Huh7 cell line. Analysis of the 5' end structure of HCV subgenomic RNA replicated in a Huh7 cell line. Analysis of the 5′ end structure of HCV subgenomic RNA replicated in a Huh7 cell line Intervirology, 48, 2-3, 104-111 Intervirology, 48, 2-3, 104-111 Intervirology, 48, 2-3, 104-111 2005 英語 公開
Kodama Y, Hijikata M, Kageyama R, Shimotohno K, Chiba T Kodama Y, Hijikata M, Kageyama R, Shimotohno K, Chiba T Y. Kodama; M. Hijikata; R. Kageyama; K. Shimotohno; T. Chiba The role of notch signaling in the development of intrahepatic bile ducts. The role of notch signaling in the development of intrahepatic bile ducts. The role of notch signaling in the development of intrahepatic bile ducts Gastroenterology, 127, 6, 1775-1786 Gastroenterology, 127, 6, 1775-1786 Gastroenterology, 127, 6, 1775-1786 2004/12 英語 公開
Iwai A, Marusawa H, Matsuzawa S, Fukushima T, Hijikata M, Reed JC, Shimotohno K, Chiba T Iwai A, Marusawa H, Matsuzawa S, Fukushima T, Hijikata M, Reed JC, Shimotohno K, Chiba T A. Iwai; H. Marusawa; S.-I. Matsuzawa; T. Fukushima; M. Hijikata; J.C. Reed; K. Shimotohno; T. Chiba Siah-1L, a novel transcript variant belonging to the human Siah family of proteins, regulates beta-catenin activity in a p53-dependent manner. Siah-1L, a novel transcript variant belonging to the human Siah family of proteins, regulates beta-catenin activity in a p53-dependent manner. Siah-1L, a novel transcript variant belonging to the human Siah family of proteins, regulates β-catenin activity in a p53-dependent manner Oncogene, 23, 45, 7593-7600 Oncogene, 23, 45, 7593-7600 Oncogene, 23, 45, 7593-7600 2004/09 英語 公開
Hijikata M, Shimotohno K Hijikata M, Shimotohno K M. Hijikata; K. Shimotohno [Processing of HCV precursor polyprotein]. [Processing of HCV precursor polyprotein]. Processing of HCV precursor polyprotein Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 7, Pt 1, 54-58 Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 7, Pt 1, 54-58 Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 62 Suppl 7, Pt 1, 54-58 2004/07 英語 公開
Shimakami T, Hijikata M, Luo H, Ma YY, Kaneko S, Shimotohno K, Murakami S Shimakami T, Hijikata M, Luo H, Ma YY, Kaneko S, Shimotohno K, Murakami S Shimakami T, Hijikata M, Luo H, Ma YY, Kaneko S, Shimotohno K, Murakami S Effect of interaction between hepatitis C virus NS5A and NS5B on hepatitis C virus RNA replication with the hepatitis C virus replicon. Effect of interaction between hepatitis C virus NS5A and NS5B on hepatitis C virus RNA replication with the hepatitis C virus replicon. Effect of interaction between hepatitis C virus NS5A and NS5B on hepatitis C virus RNA replication with the hepatitis C virus replicon. Journal of virology, 78, 6, 2738-2748 Journal of virology, 78, 6, 2738-2748 Journal of virology, 78, 6, 2738-2748 2004/03 公開
Miyanari Y, Hijikata M, Yamaji M, Hosaka M, Takahashi H, Shimotohno K Miyanari Y, Hijikata M, Yamaji M, Hosaka M, Takahashi H, Shimotohno K Y. Miyanari; M. Hijikata; M. Yamaji; M. Hosaka; H. Takahashi; K. Shimotohno Hepatitis C virus non-structural proteins in the probable membranous compartment function in viral genome replication. Hepatitis C virus non-structural proteins in the probable membranous compartment function in viral genome replication. Hepatitis C Virus Non-structural Proteins in the Probable Membranous Compartment Function in Viral Genome Replication The Journal of biological chemistry, 278, 50, 50301-50308 The Journal of biological chemistry, 278, 50, 50301-50308 Journal of Biological Chemistry, 278, 50, 50301-50308 2003/12 英語 公開
Watashi K, Hijikata M, Hosaka M, Yamaji M, Shimotohno K Watashi K, Hijikata M, Hosaka M, Yamaji M, Shimotohno K K. Watashi; M. Hijikata; M. Hosaka; M. Yamaji; K. Shimotohno Cyclosporin A suppresses replication of hepatitis C virus genome in cultured hepatocytes. Cyclosporin A suppresses replication of hepatitis C virus genome in cultured hepatocytes. Cyclosporin A Suppresses Replication of Hepatitis C Virus Genome in Cultured Hepatocytes Hepatology (Baltimore, Md.), 38, 5, 1282-1288 Hepatology (Baltimore, Md.), 38, 5, 1282-1288 Hepatology, 38, 5, 1282-1288 2003/11 英語 公開
Watashi K, Hijikata M, Tagawa A, Doi T, Marusawa H, Shimotohno K Watashi K, Hijikata M, Tagawa A, Doi T, Marusawa H, Shimotohno K Watashi K, Hijikata M, Tagawa A, Doi T, Marusawa H, Shimotohno K Modulation of retinoid signaling by a cytoplasmic viral protein via sequestration of Sp110b, a potent transcriptional corepressor of retinoic acid receptor, from the nucleus. Modulation of retinoid signaling by a cytoplasmic viral protein via sequestration of Sp110b, a potent transcriptional corepressor of retinoic acid receptor, from the nucleus. Modulation of retinoid signaling by a cytoplasmic viral protein via sequestration of Sp110b, a potent transcriptional corepressor of retinoic acid receptor, from the nucleus. Molecular and cellular biology, 23, 21, 7498-7509 Molecular and cellular biology, 23, 21, 7498-7509 Molecular and cellular biology, 23, 21, 7498-7509 2003/11 公開
Ueda Y, Hijikata M, Takagi S, Takada R, Takada S, Chiba T, Shimotohno K Ueda Y, Hijikata M, Takagi S, Takada R, Takada S, Chiba T, Shimotohno K Y. Ueda; M. Hijikata; S. Takagi; R. Takada; S. Takada; T. Chiba; K. Shimotohno Wnt/beta-catenin signaling suppresses apoptosis in low serum medium and induces morphologic change in rodent fibroblasts. Wnt/beta-catenin signaling suppresses apoptosis in low serum medium and induces morphologic change in rodent fibroblasts. Wnt/β-catenin signaling suppresses apoptosis in low serum medium and induces morphologic change in rodent fibroblasts International journal of cancer, 99, 5, 681-688 International journal of cancer, 99, 5, 681-688 International Journal of Cancer, 99, 5, 681-688 2002/06 英語 公開
Shimotohno K, Watashi K, Tsuchihara K, Fukuda K, Marusawa H, Hijikata M Shimotohno K, Watashi K, Tsuchihara K, Fukuda K, Marusawa H, Hijikata M K. Shimotohno; K. Watashi; K. Tsuchihara; K. Fukuda; H. Marusawa; M. Hijikata Hepatitis C virus and its roles in cell proliferation. Hepatitis C virus and its roles in cell proliferation. Hepatitis C virus and its roles in cell proliferation Journal of gastroenterology, 37 Suppl 13, 50-54 Journal of gastroenterology, 37 Suppl 13, 50-54 Journal of Gastroenterology, 37 Suppl 13, 50-54 2002/06 英語 公開
Kishine H, Sugiyama K, Hijikata M, Kato N, Takahashi H, Noshi T, Nio Y, Hosaka M, Miyanari Y, Shimotohno K Kishine H, Sugiyama K, Hijikata M, Kato N, Takahashi H, Noshi T, Nio Y, Hosaka M, Miyanari Y, Shimotohno K H. Kishine; K. Sugiyama; M. Hijikata; N. Kato; H. Takahashi; T. Noshi; Y. Nio; M. Hosaka; Y. Miyanari; K. Shimotohno Subgenomic replicon derived from a cell line infected with the hepatitis C virus. Subgenomic replicon derived from a cell line infected with the hepatitis C virus. Subgenomic replicon derived from a cell line infected with the hepatitis C virus Biochemical and biophysical research communications, 293, 3, 993-999 Biochemical and biophysical research communications, 293, 3, 993-999 Biochemical and Biophysical Research Communications, 293, 3, 993-999 2002/05 英語 公開
Masui O, Ueda Y, Tsumura A, Koyanagi M, Hijikata M, Shimotohno K Masui O, Ueda Y, Tsumura A, Koyanagi M, Hijikata M, Shimotohno K O. Masui; Y. Ueda; A. Tsumura; M. Koyanagi; M. Hijikata; K. Shimotohno RelA suppresses the Wnt/beta-catenin pathway without exerting trans-acting transcriptional ability. RelA suppresses the Wnt/beta-catenin pathway without exerting trans-acting transcriptional ability. RelA suppresses the Wnt/beta-catenin pathway without exerting trans-acting transcriptional ability. International journal of molecular medicine, 9, 5, 489-493 International journal of molecular medicine, 9, 5, 489-493 International journal of molecular medicine, 9, 5, 489-493 2002/05 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
AKAHORI Yuichi, KATO Hiroki, FUJITA Takashi, MORIISHI Koji, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto AKAHORI Yuichi, KATO Hiroki, FUJITA Takashi, MORIISHI Koji, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto Development of novel hepatitis B virus culture system using immortalized human hepatocytes. Development of novel hepatitis B virus culture system using immortalized human hepatocytes. Development of novel hepatitis B virus culture system using immortalized human hepatocytes. 第64回日本ウイルス学会学術集会.札幌 第64回日本ウイルス学会学術集会.札幌 2016/11 英語 公開
OKAMURA Hitomi, AKAHORI Yuichi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto OKAMURA Hitomi, AKAHORI Yuichi, NIO Yasunori, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto Fatty acid biosynthesis specifically regulates hepatitis B virus particle production. Fatty acid biosynthesis specifically regulates hepatitis B virus particle production. Fatty acid biosynthesis specifically regulates hepatitis B virus particle production. 第64回日本ウイルス学会学術集会.札幌 第64回日本ウイルス学会学術集会.札幌 2016/11 英語 公開
AKAHORI Yuichi, KATO Hiroki, FUJITA Takashi, MORIISHI Koji, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto AKAHORI Yuichi, KATO Hiroki, FUJITA Takashi, MORIISHI Koji, WATASHI Koichi, WAKITA Takaji, HIJIKATA Makoto A cell line derived from immortalized human hepatocytes was highly susceptible to blood-borne hepatitis B virus in the three-dimensional culture condition. A cell line derived from immortalized human hepatocytes was highly susceptible to blood-borne hepatitis B virus in the three-dimensional culture condition. A cell line derived from immortalized human hepatocytes was highly susceptible to blood-borne hepatitis B virus in the three-dimensional culture condition. 2016 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses 2016 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses 2016 International meeting on the molecular biology of hepatitis B viruses 2016/09 英語 公開
岡村 瞳、赤堀祐一、金ソルイ、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 岡村 瞳、赤堀祐一、金ソルイ、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 岡村 瞳、赤堀祐一、金ソルイ、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 脂肪酸生合成経路の阻害によるHBV粒子産生抑制機構の解析 脂肪酸生合成経路の阻害によるHBV粒子産生抑制機構の解析 脂肪酸生合成経路の阻害によるHBV粒子産生抑制機構の解析 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 2016/05 公開
赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、森石恆司、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、森石恆司、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、森石恆司、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 立体培養したHBV受容体hNTCP発現不死化ヒト肝細胞による新たなHBV培養系を用いた抗HBV薬評価系の構築 立体培養したHBV受容体hNTCP発現不死化ヒト肝細胞による新たなHBV培養系を用いた抗HBV薬評価系の構築 立体培養したHBV受容体hNTCP発現不死化ヒト肝細胞による新たなHBV培養系を用いた抗HBV薬評価系の構築 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 第26回抗ウイルス療法学会総会、2016年5月13日〜15日、名古屋 2016/05 公開
阿部雄一、土方 誠、朝長 毅 阿部雄一、土方 誠、朝長 毅 阿部雄一、土方 誠、朝長 毅 リン酸化プロテオミクス解析による C 型肝炎ウイルス増殖に重要な ウイルスタンパク質リン酸化修飾の網羅的探索 リン酸化プロテオミクス解析による C 型肝炎ウイルス増殖に重要な ウイルスタンパク質リン酸化修飾の網羅的探索 リン酸化プロテオミクス解析による C 型肝炎ウイルス増殖に重要な ウイルスタンパク質リン酸化修飾の網羅的探索 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014/11 公開
長谷川輝、岡村 瞳、赤堀祐一、津川陽司、仁尾泰徳、土方 誠 長谷川輝、岡村 瞳、赤堀祐一、津川陽司、仁尾泰徳、土方 誠 長谷川輝、岡村 瞳、赤堀祐一、津川陽司、仁尾泰徳、土方 誠 一価不飽和脂肪酸合成は HCV ゲノム複製に重要な役割を有する 一価不飽和脂肪酸合成は HCV ゲノム複製に重要な役割を有する 一価不飽和脂肪酸合成は HCV ゲノム複製に重要な役割を有する 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014/11 公開
岡村 瞳、赤堀祐一、田中靖人、土方 誠 岡村 瞳、赤堀祐一、田中靖人、土方 誠 岡村 瞳、赤堀祐一、田中靖人、土方 誠 不死化ヒト肝細胞を用いた HBV 培養細胞系の構築 不死化ヒト肝細胞を用いた HBV 培養細胞系の構築 不死化ヒト肝細胞を用いた HBV 培養細胞系の構築 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014/11 公開
赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 赤堀祐一、加藤博己、藤田尚志、渡士幸一、脇田隆字、土方 誠 ヒトNTCP恒常発現不死化ヒト肝細胞を用いたB型肝炎ウイルス培養細胞感染系の構築 ヒトNTCP恒常発現不死化ヒト肝細胞を用いたB型肝炎ウイルス培養細胞感染系の構築 ヒトNTCP恒常発現不死化ヒト肝細胞を用いたB型肝炎ウイルス培養細胞感染系の構築 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 第62回日本ウイルス学会学術集会 2014/11 公開
阿部雄一、長谷川輝、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 阿部雄一、長谷川輝、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 阿部雄一、長谷川輝、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 トロンボキサンA2合成酵素はC型肝炎ウイルスの感染性粒子形成を制御する トロンボキサンA2合成酵素はC型肝炎ウイルスの感染性粒子形成を制御する トロンボキサンA2合成酵素はC型肝炎ウイルスの感染性粒子形成を制御する 第36回日本分子生物学会年会 第36回日本分子生物学会年会 第36回日本分子生物学会年会 2013/12 公開
赤堀祐一、岡村瞳、久島透嘉・土方 誠 赤堀祐一、岡村瞳、久島透嘉・土方 誠 赤堀祐一、岡村瞳、久島透嘉・土方 誠 C型肝炎ウイルス感染検出培養細胞系の開発 C型肝炎ウイルス感染検出培養細胞系の開発 C型肝炎ウイルス感染検出培養細胞系の開発 第36回日本分子生物学会年会 第36回日本分子生物学会年会 第36回日本分子生物学会年会 2013/12 公開
津川陽司、加藤博己、藤田尚志、下遠野邦忠、土方誠 津川陽司、加藤博己、藤田尚志、下遠野邦忠、土方誠 津川陽司、加藤博己、藤田尚志、下遠野邦忠、土方誠 ヒト肝細胞の抗ウイルス初期応答においてⅠ型およびⅢ型インターフェロンは協調的に作用する ヒト肝細胞の抗ウイルス初期応答においてⅠ型およびⅢ型インターフェロンは協調的に作用する ヒト肝細胞の抗ウイルス初期応答においてⅠ型およびⅢ型インターフェロンは協調的に作用する 第61回日本ウイルス学会学術集会 第61回日本ウイルス学会学術集会 第61回日本ウイルス学会学術集会 2013/11 公開
阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、平賀伸彦、今村道雄、脇田隆字、下遠野邦忠、茶山一彰、土方 誠 トロンボキサンA2合成酵素は感染性HCV粒子形成を制御する トロンボキサンA2合成酵素は感染性HCV粒子形成を制御する トロンボキサンA2合成酵素は感染性HCV粒子形成を制御する 第9回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 第9回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 第9回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 2013/06 公開
津川 陽司, 土方 誠 津川 陽司, 土方 誠 津川 陽司, 土方 誠 ヒト肝細胞における抗ウイルス自然免疫応答機構の解析 ヒト肝細胞における抗ウイルス自然免疫応答機構の解析 ヒト肝細胞における抗ウイルス自然免疫応答機構の解析 第8 回 広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 平成24 年7 月6日, 広島, 2012 年 第8 回 広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 平成24 年7 月6日, 広島, 2012 年 第8 回 広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 平成24 年7 月6日, 広島, 2012 年 2012 日本語 公開
阿部雄一, アリ・ハッサン・フセイン, 今村道雄, 脇田隆字, 下遠野邦忠, 茶山一彰, 土方誠 阿部雄一, アリ・ハッサン・フセイン, 今村道雄, 脇田隆字, 下遠野邦忠, 茶山一彰, 土方誠 阿部雄一, アリ・ハッサン・フセイン, 今村道雄, 脇田隆字, 下遠野邦忠, 茶山一彰, 土方誠 C 型肝炎ウイルス(HCV) の感染性粒子形成において重要な宿主因子, トロンボキサンA2(TXA2) 合成酵素の同定と機能解析 C 型肝炎ウイルス(HCV) の感染性粒子形成において重要な宿主因子, トロンボキサンA2(TXA2) 合成酵素の同定と機能解析 C 型肝炎ウイルス(HCV) の感染性粒子形成において重要な宿主因子, トロンボキサンA2(TXA2) 合成酵素の同定と機能解析 第60 回日本ウイルス学会学術集会、 大阪 2012 年11 月13-15 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、 大阪 2012 年11 月13-15 日 第60 回日本ウイルス学会学術集会、 大阪 2012 年11 月13-15 日 2012 日本語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 C 型肝炎ウイルス培養系開発過程で最近わかったこと C 型肝炎ウイルス培養系開発過程で最近わかったこと C 型肝炎ウイルス培養系開発過程で最近わかったこと 国立感染症研究所肝炎 セミナー。国立感染症研究所。東京 2012 年10 月31 日 国立感染症研究所肝炎 セミナー。国立感染症研究所。東京 2012 年10 月31 日 国立感染症研究所肝炎 セミナー。国立感染症研究所。東京 2012 年10 月31 日 2012 日本語 公開
阿部雄一、下遠野邦忠、脇田隆字、土方 誠 阿部雄一、下遠野邦忠、脇田隆字、土方 誠 阿部雄一、下遠野邦忠、脇田隆字、土方 誠 HCV粒子の感染性獲得に関与する肝細胞内シグナルの解析 HCV粒子の感染性獲得に関与する肝細胞内シグナルの解析 HCV粒子の感染性獲得に関与する肝細胞内シグナルの解析 第7回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 広島市 第7回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 広島市 第7回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 広島市 2011/07/01 日本語 公開
久島透嘉、脇田隆字、土方誠 久島透嘉、脇田隆字、土方誠 久島透嘉、脇田隆字、土方誠 CoreによるS-S結合型二量体はC型肝炎ウイルスの粒子形成に必須である CoreによるS-S結合型二量体はC型肝炎ウイルスの粒子形成に必須である CoreによるS-S結合型二量体はC型肝炎ウイルスの粒子形成に必須である 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 2010/11/07 日本語 公開
阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、脇田隆字、下遠野邦忠、土方誠 阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、脇田隆字、下遠野邦忠、土方誠 阿部雄一、アリ・ハッサン・フセイン、脇田隆字、下遠野邦忠、土方誠 感染性HCV粒子産生に関わる新規細胞内シグナル経路の探索 感染性HCV粒子産生に関わる新規細胞内シグナル経路の探索 感染性HCV粒子産生に関わる新規細胞内シグナル経路の探索 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島市 2010/11/07 日本語 公開
久島透嘉,脇田隆字,土方誠 久島透嘉,脇田隆字,土方誠 久島透嘉,脇田隆字,土方誠 C 型肝炎ウイルス粒子形成とコアタンパク質の動態 C 型肝炎ウイルス粒子形成とコアタンパク質の動態 C 型肝炎ウイルス粒子形成とコアタンパク質の動態 第6 回広島肝臓研究センターシンポジウム、広島、2010年6 月4 日 第6 回広島肝臓研究センターシンポジウム、広島、2010年6 月4 日 第6 回広島肝臓研究センターシンポジウム、広島、2010年6 月4 日 2010 日本語 公開
土方誠,阿部雄一,アリ・ハッサン・フセイン,斉月,脇田隆字,下遠野邦忠,土方誠 土方誠,阿部雄一,アリ・ハッサン・フセイン,斉月,脇田隆字,下遠野邦忠,土方誠 土方誠,阿部雄一,アリ・ハッサン・フセイン,斉月,脇田隆字,下遠野邦忠,土方誠 シンポジウム06 ウイルス培養系を用いたC 型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV 株の培養と性状 シンポジウム06 ウイルス培養系を用いたC 型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV 株の培養と性状 シンポジウム06 ウイルス培養系を用いたC 型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV 株の培養と性状 第58 回日本ウイルス学会学術総会、徳島、平成22 年11 月7-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術総会、徳島、平成22 年11 月7-9 日 第58 回日本ウイルス学会学術総会、徳島、平成22 年11 月7-9 日 2010 日本語 公開
阿部雄一、脇田隆字、土方誠 阿部雄一、脇田隆字、土方誠 阿部雄一、脇田隆字、土方誠 ケミカルバイオロジー手法を用いたC型肝炎ウイルス感染性粒子形成機構解明の試み ケミカルバイオロジー手法を用いたC型肝炎ウイルス感染性粒子形成機構解明の試み ケミカルバイオロジー手法を用いたC型肝炎ウイルス感染性粒子形成機構解明の試み 第32回日本分子生物学会年会 横浜 第32回日本分子生物学会年会 横浜 第32回日本分子生物学会年会 横浜 2009/12/09 日本語 公開
筒井智恵子、アリ・ハッサン・フセイン・久島透嘉、土方誠 筒井智恵子、アリ・ハッサン・フセイン・久島透嘉、土方誠 筒井智恵子、アリ・ハッサン・フセイン・久島透嘉、土方誠 C型肝炎ウイルスを抑制する転写因子IRF7の肝特異的発現制御機構の解析 C型肝炎ウイルスを抑制する転写因子IRF7の肝特異的発現制御機構の解析 C型肝炎ウイルスを抑制する転写因子IRF7の肝特異的発現制御機構の解析 第32回日本分子生物学会年会 横浜 第32回日本分子生物学会年会 横浜 第32回日本分子生物学会年会 横浜 2009/12/09 日本語 公開
久島透嘉、脇田隆字、土方誠 久島透嘉、脇田隆字、土方誠 久島透嘉、脇田隆字、土方誠 coreの変異体を用いたC型肝炎ウイルスの粒子形成機構の解析 coreの変異体を用いたC型肝炎ウイルスの粒子形成機構の解析 coreの変異体を用いたC型肝炎ウイルスの粒子形成機構の解析 第57回日本ウイルス学会学術総会 東京 第57回日本ウイルス学会学術総会 東京 第57回日本ウイルス学会学術総会 東京 2009/10/26 日本語 公開
アリ・フセイン、斉月、下遠野邦忠、土方誠 アリ・フセイン、斉月、下遠野邦忠、土方誠 アリ・フセイン、斉月、下遠野邦忠、土方誠 不死化肝細胞の中空糸培養によって再現した患者血清由来天然HCVの感染増殖 不死化肝細胞の中空糸培養によって再現した患者血清由来天然HCVの感染増殖 不死化肝細胞の中空糸培養によって再現した患者血清由来天然HCVの感染増殖 第56回日本ウイルス学会学術総会 岡山市 第56回日本ウイルス学会学術総会 岡山市 第56回日本ウイルス学会学術総会 岡山市 2008/10 日本語 公開
磯野修、大島隆幸、佐伯泰、土方誠、田中啓二、下遠野邦忠 磯野修、大島隆幸、佐伯泰、土方誠、田中啓二、下遠野邦忠 磯野修、大島隆幸、佐伯泰、土方誠、田中啓二、下遠野邦忠 HTLV-1 HBZ蛋白質によるユビキチン非依存的なc-Jun分解促進機構 HTLV-1 HBZ蛋白質によるユビキチン非依存的なc-Jun分解促進機構 HTLV-1 HBZ蛋白質によるユビキチン非依存的なc-Jun分解促進機構 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 2007/12 日本語 公開
宮成悠介、厚沢季美江、臼田信光、土方誠、下遠野邦忠 宮成悠介、厚沢季美江、臼田信光、土方誠、下遠野邦忠 宮成悠介、厚沢季美江、臼田信光、土方誠、下遠野邦忠 C型肝炎ウイルス(HCV)粒子産生と脂肪小滴 C型肝炎ウイルス(HCV)粒子産生と脂肪小滴 C型肝炎ウイルス(HCV)粒子産生と脂肪小滴 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 第30回日本分子生物学会年会/第80回日本生化学会大会(合同大会) 横浜 2007/12 日本語 公開
村上善基、土方誠、下遠野邦忠 村上善基、土方誠、下遠野邦忠 村上善基、土方誠、下遠野邦忠 マイクロRNAを用いた新規HCV治療法の確立 マイクロRNAを用いた新規HCV治療法の確立 マイクロRNAを用いた新規HCV治療法の確立 第66回日本癌学会学術総会 横浜市 第66回日本癌学会学術総会 横浜市 第66回日本癌学会学術総会 横浜市 2007/09 日本語 公開
後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 シクロフィリン阻害剤によるC型肝炎ウイルス ゲノム複製阻害効果の解析 シクロフィリン阻害剤によるC型肝炎ウイルス ゲノム複製阻害効果の解析 シクロフィリン阻害剤によるC型肝炎ウイルス ゲノム複製阻害効果の解析 第7 回抗ウイルス療法研究会、平成19 年5月25日、高松、 2007 第7 回抗ウイルス療法研究会、平成19 年5月25日、高松、 2007 第7 回抗ウイルス療法研究会、平成19 年5月25日、高松、 2007 2007 日本語 公開
渡士幸一,後藤覚,土方誠,脇田隆字,加藤宣之,下遠野邦忠 渡士幸一,後藤覚,土方誠,脇田隆字,加藤宣之,下遠野邦忠 渡士幸一,後藤覚,土方誠,脇田隆字,加藤宣之,下遠野邦忠 シクロフィリン阻害剤によるC 型肝炎ウイルス複製の抑制 シクロフィリン阻害剤によるC 型肝炎ウイルス複製の抑制 シクロフィリン阻害剤によるC 型肝炎ウイルス複製の抑制 第65 回日本癌学会学術総会 平成18年9月28日横浜 第65 回日本癌学会学術総会 平成18年9月28日横浜 第65 回日本癌学会学術総会 平成18年9月28日横浜 日本語 公開
渡士幸一,後藤覚,土方誠,下遠野邦忠 渡士幸一,後藤覚,土方誠,下遠野邦忠 渡士幸一,後藤覚,土方誠,下遠野邦忠 抗C型肝炎ウイルス化合物をバイオグローブに用いた ウイルス複製機構の解析 抗C型肝炎ウイルス化合物をバイオグローブに用いた ウイルス複製機構の解析 抗C型肝炎ウイルス化合物をバイオグローブに用いた ウイルス複製機構の解析 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 日本語 公開
後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 後藤覚,渡士幸一,土方誠,下遠野邦忠 シクロフィリン阻害剤のC型肝炎ウイルス複製阻害とその薬剤耐腫ウイルス株樹立 シクロフィリン阻害剤のC型肝炎ウイルス複製阻害とその薬剤耐腫ウイルス株樹立 シクロフィリン阻害剤のC型肝炎ウイルス複製阻害とその薬剤耐腫ウイルス株樹立 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 第54 回日本ウイルス学会学術集会 平成18年11月21日名古屋 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
肝炎ウイルス培養系の開発とその応用[招待あり] 肝炎ウイルス培養系の開発とその応用 [招待あり] Development and application of hepatitis virus culture system [招待あり] Meet the expert Meet the expert Meet the expert 2016/09/01 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的[招待あり] HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的 [招待あり] HCV培養系開発から見出された新たなHCV薬の標的 [招待あり] 第27回広島肝臓研究会学術講演会 第27回広島肝臓研究会学術講演会 第27回広島肝臓研究会学術講演会 2014/05/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索[招待あり] C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索 [招待あり] C型肝炎治療薬の新たな分子標的の探索 [招待あり] 第13回肝疾患フォーラム学術集会 第13回肝疾患フォーラム学術集会 第13回肝疾患フォーラム学術集会 2013/11/09 日本語 口頭発表(基調) 公開
ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状[招待あり] ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状 [招待あり] ウイルス培養系を用いたC型肝炎ウイルスの性状と病原性の解明、 臨床分離HCV株の培養と性状 [招待あり] 第58回日本ウイルス学会学術総会 第58回日本ウイルス学会学術総会 第58回日本ウイルス学会学術総会 徳島 2010/11/07 口頭発表(招待・特別) 公開
血液由来HCVの感染増殖を再現する新しい培養細胞系の構築[招待あり] 血液由来HCVの感染増殖を再現する新しい培養細胞系の構築 [招待あり] 血液由来HCVの感染増殖を再現する新しい培養細胞系の構築 [招待あり] 第18回広島肝臓研究会 第18回広島肝臓研究会 第18回広島肝臓研究会 2009/11 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 宮成 悠介、臼田 信光、土方 誠、下遠野 邦忠 C型肝炎ウイルスの生活環と発がん C型肝炎ウイルスの生活環と発がん C型肝炎ウイルスの生活環と発がん 公益社団法人 日本農芸化学会 公益社団法人 日本農芸化学会 公益社団法人 日本農芸化学会 2008 日本語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 HCVと肝発癌 HCVと肝発癌 HCVと肝発癌 医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 医学のあゆみ 224 (9), 693-698 2008 2008 日本語 公開
土方 誠、アリ・ハッサン・フセイン、下遠野邦忠 土方 誠、アリ・ハッサン・フセイン、下遠野邦忠 土方 誠、アリ・ハッサン・フセイン、下遠野邦忠 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 3D細胞培養系を用いた患者血液由来HCV培養 肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 肝・胆・膵 57 (5), 679-687 2008 2008 日本語 公開
土方 誠 土方 誠 土方 誠 C型肝炎ウイルス(共著) C型肝炎ウイルス(共著) C型肝炎ウイルス(共著) アイピーシー, アイピーシー, アイピーシー, 2000 日本語 公開
タイトル言語:
産業財産権 (特許)
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
HIJIKATA Makoto, ALY Hussein Hassan, YAMAGUCHI Tatsuya HIJIKATA Makoto, ALY Hussein Hassan, YAMAGUCHI Tatsuya 上皮系体制幹細胞の作成方法 上皮系体制幹細胞の作成方法 Method for Producing Epithelial Stem Cells 特許登録 US 9,249,394B2 2016/02/02 公開
山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン 山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン 山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用 感染性C型肝炎ウイルス粒子の製造方法、およびその利用 特許登録 特許第5692688号 2014/02/13 公開
山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方 誠 山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方 誠 山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方 誠 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用 肝炎ウイルスの増殖方法、及びその利用 特許登録 特許第5327793号 2013/08/02 公開
下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠 下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠 下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠 ポリヌクレオチドおよびC型肝炎ウイルス遺伝子の検出方法 ポリヌクレオチドおよびC型肝炎ウイルス遺伝子の検出方法 ポリヌクレオチドおよびC型肝炎ウイルス遺伝子の検出方法 特許登録 特許第3253612号 2001/11/22 公開
下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠、九内健志、菊池匡芳 下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠、九内健志、菊池匡芳 下遠野邦忠、加藤宣之、土方 誠、九内健志、菊池匡芳 構造蛋白質遺伝子、組換えベクター、組換えウイルス、ポリペプチドおよびポリペプチドの製造方法 構造蛋白質遺伝子、組換えベクター、組換えウイルス、ポリペプチドおよびポリペプチドの製造方法 構造蛋白質遺伝子、組換えベクター、組換えウイルス、ポリペプチドおよびポリペプチドの製造方法 特許登録 特許第3029272 2000/02/04 公開
土方 誠、阿部雄一、山口達哉 土方 誠、阿部雄一、山口達哉 土方 誠、阿部雄一、山口達哉 内胚葉性幹細胞の製造方法 内胚葉性幹細胞の製造方法 内胚葉性幹細胞の製造方法 特許出願 特願2014-121780 2014/06/12 公開
土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 上皮系体性幹細胞の製造方法 上皮系体性幹細胞の製造方法 上皮系体性幹細胞の製造方法 特許出願 PTC/JP2012/057368 2012/03/25 公開
土方 誠、阿部雄一、脇田隆字、茶山一彰 土方 誠、阿部雄一、脇田隆字、茶山一彰 土方 誠、阿部雄一、脇田隆字、茶山一彰 C型肝炎ウイルスの感染抑制剤 C型肝炎ウイルスの感染抑制剤 C型肝炎ウイルスの感染抑制剤 特許出願 PTC/JP2011/072682 2011/09/30 公開
土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 土方 誠、アリ ハサン フセイン、山口達哉 上皮性体性肝細胞の製造方法 上皮性体性肝細胞の製造方法 上皮性体性肝細胞の製造方法 特許出願 特願2011-67112 2011/03/25 公開
土方 誠、阿部雄一、脇田隆字 土方 誠、阿部雄一、脇田隆字 土方 誠、阿部雄一、脇田隆字 プロスタグランジンI2のアゴニストを含む、C型肝炎ウイルスの感染抑制剤、発明者 プロスタグランジンI2のアゴニストを含む、C型肝炎ウイルスの感染抑制剤、発明者 プロスタグランジンI2のアゴニストを含む、C型肝炎ウイルスの感染抑制剤、発明者 特許出願 特願2010-222045 2010/09/30 公開
山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン 山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン 山口達哉、土方誠、アリ ハッサン フセイン C型肝炎ウイルスの感染増殖性の評価方法、およびその利用 C型肝炎ウイルスの感染増殖性の評価方法、およびその利用 C型肝炎ウイルスの感染増殖性の評価方法、およびその利用 特許出願 特願2008-167943 2008/06/26 公開
山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方誠 山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方誠 山口達哉、瀬川昌也、溝上雅史、田中靖人、下遠野邦忠、土方誠 肝炎ウイルスの増殖方法、及び肝炎ウイルス感染細胞を培養するための中空糸並びにその利用 肝炎ウイルスの増殖方法、及び肝炎ウイルス感染細胞を培養するための中空糸並びにその利用 肝炎ウイルスの増殖方法、及び肝炎ウイルス感染細胞を培養するための中空糸並びにその利用 特許出願 PCT/JP2007/068611 2007/09/26 公開
下遠野邦忠、土方 誠、渡士幸一、阿部健司 下遠野邦忠、土方 誠、渡士幸一、阿部健司 下遠野邦忠、土方 誠、渡士幸一、阿部健司 サイクロフィリンを用いた抗HCV剤のアッセイ法 サイクロフィリンを用いた抗HCV剤のアッセイ法 サイクロフィリンを用いた抗HCV剤のアッセイ法 特許出願 特願2004-275715 2004/09/22 公開
Makoto Hijikata, Kunitada Shimotohno, Koichi Watashi Makoto Hijikata, Kunitada Shimotohno, Koichi Watashi A method for preventing or treating hepatitis C infections or HCV induced disorders A method for preventing or treating hepatitis C infections or HCV induced disorders A method for preventing or treating hepatitis C infections or HCV induced disorders 特許出願 British Application No. 0320638.0 2003/09/03 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 C型肝炎ウイルスの粒子産生機構の解析 2015/04/01〜2018/03/31
厚生労働科研費 分担 肝炎ウイルス感染複製増殖過程の解明と新規治療法開発に関ずる研究 2010〜2010
厚生労働科研費 分担 肝炎ウイルス感染における自然免疫応答の解析と新たな治療標的の探索に関ずる研究 2010〜2010
厚生労働科研費 分担 C 型肝炎ウイルス感染防止が可能なヒト型感染中和抗体の開発 2010〜2010
厚生労働科研費 分担 創薬と新規治療法開発に資するヒト肝細胞キメラマウスを用いた肝炎ウイルス制御に関する研究 2011〜2011
挑戦的萌芽研究 代表 ヒト肝幹細胞分化過程におけるHCV感染増殖の解析 2012〜2013
厚生労働科研費 分担 創薬と新規治療法開発に質するヒト肝細胞キメラマウスを用いた肝炎ウイルス制御に関する研究 2012〜2012
厚生労働科研費 分担 肝炎ウイルス感染複製増殖過程の解明と新規治療法開発に関する研究 2012〜2012
厚生労働科研費 分担 B型肝炎ウイルスの持続感染を再現する効率的な培養細胞評価系の開発に関する研究 2012〜2012
厚生労働科研費 分担 B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究 2012〜2012
基盤研究(C) 代表 アラキドン酸カスケードによる感染性C型肝炎ウイルス粒子形成制御機構の解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 アラキドン酸カスケードによる感染性C型肝炎ウイルス粒子形成制御機構の解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 アラキドン酸カスケードによる感染性C型肝炎ウイルス粒子形成制御機構の解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
C型肝炎ウイルスの増殖機構に関する研究 Study on mechamism of proliferation of hepatitis C virus 1990〜
C型肝炎ウイルスによる発がん機構に関する研究 Study on mechanism of carcinogenesis caused by hepatitis C virus 1990〜
がん抑制遺伝子p53関連遺伝子p73の機能解析 Functional analysis of p73 gene related with tumor suppressor gene, p53 1997〜
肝発がんにおけるβカテニンの機能解析 Functional Analysis of β-catenin in Hepato Cellular Carcinogenesis 1999〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2015/04〜2016/03
生命科学研究の第一線に立つI The Front Line of Life Science Research I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2016/04〜2017/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2017/04〜2018/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 楽友編集専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 楽友編集専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 楽友編集専門部会 2013/04/01〜2015/03/31
広報委員会 委員 2016/10/01〜
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員会 委員 2010/04/01〜2012/03/31
共同利用機器等委員会 委員 2011/04/01〜2012/03/31
予算委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
共同利用機器等委員会 委員長 2014/04/01〜2015/03/31
自己点検・評価委員会 委員 2013/04/01〜2015/03/31
共同利用機器等委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
広報委員会 委員 2016/04/01〜2020/03/31
研究データ保全委員会 2016/04/01〜2018/03/31
(旧ウイルス研)予算委員会 委員 2016/10/01〜2019/03/31
(旧ウイルス研)共同利用機器等委員会 委員 2016/10/01〜
共同利用機器等委員会 2018/04/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示