榎本 将人

最終更新日時: 2019/06/27 11:52:09

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
榎本 将人/エノモト マサト/Enomoto, Masato
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/高次生命科学専攻高次応答制御学講座/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
薬学研究科 薬科学専攻 生体機能薬学講座 助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
薬学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(医科学) 北里大学
博士(医学) 名古屋大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009441
研究テーマ
(日本語)
細胞間相互作用を介した生体恒常性維持機構とその破綻によるがん制御の解明
(英語)
Elucidating the molecular basis of tissue homeostasis and tumorigenesis by cell-cell interaction
研究概要
(日本語)
多細胞生物において組織中の細胞は互いに相互作用し合うことで恒常性維持を実現しており、その破綻はがんなどの疾患につながる。現在、ショウジョウバエ遺伝学とライブイメージング解析を駆使することで、上皮細胞・免疫細胞のコミュニケーションや組織間コミュニケーションを介した組織修復とがん進展制御の分子基盤の解明を試みている。
(英語)
Cell-cell interaction is important for maintenance of tissue homeostasis and its dysregulation links to cancer progression. However, the mechanisms of how individual cell interacts with each other and maintains tissue homeostasis is poorly understood yet. To elucidate this, I will analyze the mechanisms by which cell-cell communication among epithelial cell, dying cell and macrophage drives tissue repair and tumor progression.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
遺伝学 Genetics
細胞生物学 Cell Biology
腫瘍生物学 Cancer Biology
基礎医学 Medical Science
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Enomoto M, Siow C, Igaki T Enomoto M, Siow C, Igaki T Drosophila as a cancer model Drosophila as a cancer model Drosophila as a cancer model Advances in Experimental Medicine and Biology, 1076, 173-194 Advances in Experimental Medicine and Biology, 1076, 173-194 Advances in Experimental Medicine and Biology, 1076, 173-194 2018/06 公開
Enomoto M, Vaughen J, Igaki T Enomoto M, Vaughen J, Igaki T Enomoto M, Vaughen J, Igaki T Non-autonomous overgrowth by oncogenic niche cells: cellular cooperation and competition in tumorigenesis. Non-autonomous overgrowth by oncogenic niche cells: cellular cooperation and competition in tumorigenesis. Non-autonomous overgrowth by oncogenic niche cells: cellular cooperation and competition in tumorigenesis. Cancer science, 106, 1651-1658 Cancer science, 106, 1651-1658 Cancer science, 106, 1651-1658 2015/09 公開
Enomoto M, Kizawa D, Ohsawa S, Igaki T Enomoto M, Kizawa D, Ohsawa S, Igaki T Enomoto M, Kizawa D, Ohsawa S, Igaki T JNK signaling is converted from anti- to pro-tumor pathway by Ras-mediated switch of Warts activity. JNK signaling is converted from anti- to pro-tumor pathway by Ras-mediated switch of Warts activity. JNK signaling is converted from anti- to pro-tumor pathway by Ras-mediated switch of Warts activity. Developmental biology, 403, 2, 162-171 Developmental biology, 403, 2, 162-171 Developmental biology, 403, 2, 162-171 2015/05 公開
Enomoto M, Igaki T Enomoto M, Igaki T M. Enomoto; T. Igaki Src controls tumorigenesis via JNK-dependent regulation of the Hippo pathway in Drosophila. Src controls tumorigenesis via JNK-dependent regulation of the Hippo pathway in Drosophila. Src controls tumorigenesis via JNK-dependent regulation of the Hippo pathway in Drosophila EMBO reports, 14, 1, 65-72 EMBO reports, 14, 1, 65-72 EMBO Reports, 14, 1, 65-72 2013/01 英語 公開
Ohsawa S, Sato Y, Enomoto M, Nakamura M, Betsumiya A, Igaki T Ohsawa S, Sato Y, Enomoto M, Nakamura M, Betsumiya A, Igaki T S. Ohsawa; Y. Sato; M. Enomoto; M. Nakamura; A. Betsumiya; T. Igaki Mitochondrial defect drives non-autonomous tumour progression through Hippo signalling in Drosophila. Mitochondrial defect drives non-autonomous tumour progression through Hippo signalling in Drosophila. Mitochondrial defect drives non-autonomous tumour progression through Hippo signalling in Drosophila Nature, 490, 7421, 547-551 Nature, 490, 7421, 547-551 Nature, 490, 7421, 547-551 2012/10 英語 公開
Inoko A, Matsuyama M, Goto H, Ohmuro-Matsuyama Y, Hayashi Y, Enomoto M, Ibi M, Urano T, Yonemura S, Kiyono T, Izawa I, Inagaki M Inoko A, Matsuyama M, Goto H, Ohmuro-Matsuyama Y, Hayashi Y, Enomoto M, Ibi M, Urano T, Yonemura S, Kiyono T, Izawa I, Inagaki M A. Inoko; M. Matsuyama; H. Goto; Y. Ohmuro-Matsuyama; Y. Hayashi; M. Enomoto; M. Ibi; T. Urano; S. Yonemura; T. Kiyono; I. Izawa; M. Inagaki Trichoplein and Aurora A block aberrant primary cilia assembly in proliferating cells. Trichoplein and Aurora A block aberrant primary cilia assembly in proliferating cells. Trichoplein and Aurora A block aberrant primary cilia assembly in proliferating cells The Journal of cell biology, 197, 3, 391-405 The Journal of cell biology, 197, 3, 391-405 Journal of Cell Biology, 197, 3, 391-405 2012/04 英語 公開
Enomoto M, Igaki T Enomoto M, Igaki T Enomoto M, Igaki T Deciphering tumor-suppressor signaling in flies: genetic link between Scribble/Dlg/Lgl and the Hippo pathways. Deciphering tumor-suppressor signaling in flies: genetic link between Scribble/Dlg/Lgl and the Hippo pathways. Deciphering tumor-suppressor signaling in flies: Genetic link between Scribble/Dlg/Lgl and the Hippo pathways. Journal of genetics and genomics = Yi chuan xue bao, 38, 10, 461-470 Journal of genetics and genomics = Yi chuan xue bao, 38, 10, 461-470 J. Genet. Genomics, 38, 10, 461-470 2011/10 英語 公開
Ibi M, Zou P, Inoko A, Shiromizu T, Matsuyama M, Hayashi Y, Enomoto M, Mori D, Hirotsune S, Kiyono T, Tsukita S, Goto H, Inagaki M Ibi M, Zou P, Inoko A, Shiromizu T, Matsuyama M, Hayashi Y, Enomoto M, Mori D, Hirotsune S, Kiyono T, Tsukita S, Goto H, Inagaki M M. Ibi; P. Zou; A. Inoko; T. Shiromizu; M. Matsuyama; Y. Hayashi; M. Enomoto; D. Mori; S. Hirotsune; T. Kiyono; S. Tsukita; H. Goto; M. Inagaki Trichoplein controls microtubule anchoring at the centrosome by binding to Odf2 and ninein. Trichoplein controls microtubule anchoring at the centrosome by binding to Odf2 and ninein. Trichoplein controls microtubule anchoring at the centrosome by binding to Odf2 and ninein Journal of cell science, 124, Pt 6, 857-864 Journal of cell science, 124, Pt 6, 857-864 Journal of Cell Science, 124, Pt 6, 857-864 2011/03 英語 公開
Kasahara K, Goto H, Enomoto M, Tomono Y, Kiyono T, Inagaki M Kasahara K, Goto H, Enomoto M, Tomono Y, Kiyono T, Inagaki M Kasahara K, Goto H, Enomoto M, Tomono Y, Kiyono T, Inagaki M 14-3-3gamma mediates Cdc25A proteolysis to block premature mitotic entry after DNA damage. 14-3-3gamma mediates Cdc25A proteolysis to block premature mitotic entry after DNA damage. 14-3-3gamma mediates Cdc25A proteolysis to block premature mitotic entry after DNA damage. The EMBO journal, 29, 16, 2802-2812 The EMBO journal, 29, 16, 2802-2812 EMBO J., 29, 16, 2802-2812 2010/08 英語 公開
Enomoto M, Goto H, Tomono Y, Kasahara K, Tsujimura K, Kiyono T, Inagaki M Enomoto M, Goto H, Tomono Y, Kasahara K, Tsujimura K, Kiyono T, Inagaki M M. Enomoto; H. Goto; Y. Tomoro; K. Kasahara; K. Tsujimura; T. Kiyono; M. Inagaki Novel positive feedback loop between Cdk1 and Chk1 in the nucleus during G2/M transition. Novel positive feedback loop between Cdk1 and Chk1 in the nucleus during G2/M transition. Novel positive feedback loop between Cdk1 and Chk1 in the nucleus during G<sub>2</sub>/M transition The Journal of biological chemistry, 284, 49, 34223-34230 The Journal of biological chemistry, 284, 49, 34223-34230 Journal of Biological Chemistry, 284, 49, 34223-34230 2009/12 英語 公開
Ikegami Y, Goto H, Kiyono T, Enomoto M, Kasahara K, Tomono Y, Tozawa K, Morita A, Kohri K, Inagaki M Ikegami Y, Goto H, Kiyono T, Enomoto M, Kasahara K, Tomono Y, Tozawa K, Morita A, Kohri K, Inagaki M Y. Ikegami; H. Goto; T. Kiyono; M. Enomoto; K. Kasahara; Y. Tomono; K. Tozawa; A. Morita; K. Kohri; M. Inagaki Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 occurs with both stalled DNA replication and damage checkpoint stimulation. Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 occurs with both stalled DNA replication and damage checkpoint stimulation. Chk1 phosphorylation at Ser286 and Ser301 occurs with both stalled DNA replication and damage checkpoint stimulation Biochemical and biophysical research communications, 377, 4, 1227-1231 Biochemical and biophysical research communications, 377, 4, 1227-1231 Biochemical and Biophysical Research Communications, 377, 4, 1227-1231 2008/12 英語 公開
Okabe M, Enomoto M, Maeda H, Kuroki K, Ohtsuki K Okabe M, Enomoto M, Maeda H, Kuroki K, Ohtsuki K Okabe M, Enomoto M, Maeda H, Kuroki K, Ohtsuki K Biochemical characterization of suramin as a selective inhibitor for the PKA-mediated phosphorylation of HBV core protein in vitro. Biochemical characterization of suramin as a selective inhibitor for the PKA-mediated phosphorylation of HBV core protein in vitro. Biochemical characterization of suramin as a selective inhibitor for the PKA-mediated phosphorylation of HBV core protein in vitro. Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 9, 1810-1814 Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 9, 1810-1814 Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 9, 1810-1814 2006/09 公開
Enomoto M, Sawano Y, Kosuge S, Yamano Y, Kuroki K, Ohtsuki K Enomoto M, Sawano Y, Kosuge S, Yamano Y, Kuroki K, Ohtsuki K Enomoto M, Sawano Y, Kosuge S, Yamano Y, Kuroki K, Ohtsuki K High phosphorylation of HBV core protein by two alpha-type CK2-activated cAMP-dependent protein kinases in vitro. High phosphorylation of HBV core protein by two alpha-type CK2-activated cAMP-dependent protein kinases in vitro. High phosphorylation of HBV core protein by two alpha-type CK2-activated cAMP-dependent protein kinases in vitro. FEBS letters, 580, 3, 894-899 FEBS letters, 580, 3, 894-899 FEBS letters, 580, 3, 894-899 2006/02 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue remodeling during wound healing Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue remodeling during wound healing 第13回日本ショウジョウバエ研究会(JDRC13) 第13回日本ショウジョウバエ研究会(JDRC13) 2018/09 公開
榎本 将人、井垣 達吏 榎本 将人、井垣 達吏 Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue repair and regeneration Cell-to-cell propagation of JNK signaling controls tissue repair and regeneration 第70回日本細胞生物学会大会 第70回日本細胞生物学会大会 2018/06 公開
Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Dying cells promote wound healing via cell-to-cell propagation of JNK signaling Dying cells promote wound healing via cell-to-cell propagation of JNK signaling Australia-Japan Meeting on Cell Death Australia-Japan Meeting on Cell Death 2018/05 公開
榎本 将人 榎本 将人 細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御 細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御 第3回京都皮膚基礎研究会 第3回京都皮膚基礎研究会 2018/03 公開
榎本 将人、本田 直樹、武本 花奈美、竹本 大策、井垣 達吏 榎本 将人、本田 直樹、武本 花奈美、竹本 大策、井垣 達吏 細胞間コミュニケーションによるがん進展制御 細胞間コミュニケーションによるがん進展制御 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017/12 公開
榎本 将人、井垣 達吏 榎本 将人、井垣 達吏 死細胞が発信する細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御 死細胞が発信する細胞間シグナルネットワークによる創傷治癒制御 第26回日本Cell Death学会学術集会 第26回日本Cell Death学会学術集会 2017/07 公開
榎本 将人 榎本 将人 Src drives cell-to-cell propagation of JNK signaling to control tumorigenesis and regeneration Src drives cell-to-cell propagation of JNK signaling to control tumorigenesis and regeneration 日本発生生物学会・秋季シンポジウム 日本発生生物学会・秋季シンポジウム 2016/10 公開
Enomoto M, Naoki H, Takemoto D, Igaki T Enomoto M, Naoki H, Takemoto D, Igaki T Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression 第12回日本ショウジョウバエ研究会 第12回日本ショウジョウバエ研究会 2016/09 公開
Enomoto M, Naoki H, Takemoto D, Igaki T Enomoto M, Naoki H, Takemoto D, Igaki T Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression Genetic and mathematical dissection of tumor heterogeneity that triggers cancer progression The Allied Genetics Conference 2016 The Allied Genetics Conference 2016 2016/07 公開
榎本 将人、竹本 大策、井垣 達吏 榎本 将人、竹本 大策、井垣 達吏 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化 第68回日本細胞生物学会・第11回日本ケミカルバイオロジー学会 合同大会 第68回日本細胞生物学会・第11回日本ケミカルバイオロジー学会 合同大会 2016/06 公開
榎本 将人、竹本 大策、井垣 達吏 榎本 将人、竹本 大策、井垣 達吏 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化の分子基盤 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍悪性化の分子基盤 第67回日本細胞生物学会大会 第67回日本細胞生物学会大会 2015/06 公開
Enomoto M, Takemoto D, Igaki T Enomoto M, Takemoto D, Igaki T Tumor progression by a genetic heterogeneity of clones with distinct oncogenic activities Tumor progression by a genetic heterogeneity of clones with distinct oncogenic activities Barcelona BioMed Conference Drosophila as a model in cancer Barcelona BioMed Conference Drosophila as a model in cancer 2015/06 公開
Masato Enomoto, Daisaku Takemoto, Tatsushi Igaki Masato Enomoto, Daisaku Takemoto, Tatsushi Igaki Tumor progression by a genetic heterogeneity of cell clones with distinct oncogenic activities Tumor progression by a genetic heterogeneity of cell clones with distinct oncogenic activities 56th Drosophila Research Conference 56th Drosophila Research Conference 2015/03 公開
榎本 将人、井垣 達吏 榎本 将人、井垣 達吏 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍形成・悪性化 がん遺伝子活性の不均一性による腫瘍形成・悪性化 :生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO合同シンポジウム「生命動態の分子メカニズムと数理 :生命動態システム科学四拠点・CREST・PRESTO合同シンポジウム「生命動態の分子メカニズムと数理 2015/01 公開
榎本 将人、木澤 大輔、井垣 達吏 榎本 将人、木澤 大輔、井垣 達吏 Tumor growth regulation by JNK-dependent switching of the Hippo pathway activity Tumor growth regulation by JNK-dependent switching of the Hippo pathway activity 第11回日本ショウジョウバエ研究会 第11回日本ショウジョウバエ研究会 2014/06 公開
榎本 将人, 木澤大介, 井垣達吏 榎本 将人, 木澤大介, 井垣達吏 JNK依存的なHippo経路活性のスイッチ機構 JNK依存的なHippo経路活性のスイッチ機構 第36回日本分子生物学会年会 第36回日本分子生物学会年会 2013/12 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構 SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構 第65回日本細胞生物学会大会 第65回日本細胞生物学会大会 2013/06 公開
Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Src controls tumorigenesis through JNK-dependent regulation of the Hippo pathway Src controls tumorigenesis through JNK-dependent regulation of the Hippo pathway 54th Drosophila Research Conference 54th Drosophila Research Conference 2013/04 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構 SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構 第35回日本分子生物学会年会 第35回日本分子生物学会年会 2012/12 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 Src controls tumorigenesis through JNK-dependent Hippo pathway regulation in Drosophila Src controls tumorigenesis through JNK-dependent Hippo pathway regulation in Drosophila 第10回日本ショウジョウバエ研究 第10回日本ショウジョウバエ研究 2012/10 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 Src activation triggers non-cell autonomous apoptosis through endocytic activation of TNF-JNK signaling Src activation triggers non-cell autonomous apoptosis through endocytic activation of TNF-JNK signaling Exiting Biology Series “Cellular development: Biology at the interface” Exiting Biology Series “Cellular development: Biology at the interface” 2012/09 公開
Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Masato Enomoto, Tatsushi Igaki Src controls tumorigenesis through JNK-dependent tissue growth regulation in Drosophila Src controls tumorigenesis through JNK-dependent tissue growth regulation in Drosophila The 4th EMBO meeting The 4th EMBO meeting 2012/09 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 Src, a novel super-competitor in Drosophila Src, a novel super-competitor in Drosophila 第34回日本分子生物学会年会 第34回日本分子生物学会年会 2011/12 公開
榎本 将人, 井垣 達吏 榎本 将人, 井垣 達吏 がん遺伝子Srcが引き起こす細胞競合の分子機構 がん遺伝子Srcが引き起こす細胞競合の分子機構 第23回高遠シンポジウム 第23回高遠シンポジウム 2011/08 日本語 公開
Enomoto M, Sato Y, Nakamura M, Ohsawa S, Igaki T Enomoto M, Sato Y, Nakamura M, Ohsawa S, Igaki T RNA processing defects cooperates with oncogenic Ras to stimulate non-cell autonomous growth in Drosophila RNA processing defects cooperates with oncogenic Ras to stimulate non-cell autonomous growth in Drosophila 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会 2010/12 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構[招待あり] SrcによるJNK依存的なHippo経路制御を介した腫瘍形成機構 [招待あり] 大阪大学蛋白研セミナー「キナーゼ・シグナリング研究の進展」 大阪大学蛋白研セミナー「キナーゼ・シグナリング研究の進展」 2013/03/15 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
榎本 将人、 井垣 達吏 榎本 将人、 井垣 達吏 細胞周期とがん 細胞周期とがん 京大発!フロンティア生命科学 pp.157-168, 講談社 京大発!フロンティア生命科学 pp.157-168, 講談社 2018/03 公開
辻椋矢、榎本 将人 辻椋矢、榎本 将人 がんの発生・進展機構の解明と治療薬開発への応用 がんの発生・進展機構の解明と治療薬開発への応用 物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法 pp.147-153, 技術情報協会 物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法 pp.147-153, 技術情報協会 2017/08 公開
榎本 将人 榎本 将人 細胞競合と代償性増殖におけるJNKシグナルの役割 細胞競合と代償性増殖におけるJNKシグナルの役割 生体の科学 67 (2) pp101-106, 医学書院 生体の科学 67 (2) pp101-106, 医学書院 2016/04 公開
榎本 将人、井垣 達吏 榎本 将人、井垣 達吏 Masato Enomoto, Tatsushi Igaki 細胞の協調と競合におけるHippo経路の役割 細胞の協調と競合におけるHippo経路の役割 Role of Hippo signaling in cell-cell cooperation and competition 医学のあゆみ 251(5) pp.389-396, 医歯薬出版 医学のあゆみ 251(5) pp.389-396, 医歯薬出版 2014/11 公開
榎本 将人、井垣 達吏 榎本 将人、井垣 達吏 Masato Enomoto, Tatsushi Igaki がんの発生・進展を促すニッチ細胞 がんの発生・進展を促すニッチ細胞 Tumor progression by oncogenic niche cell 実験医学 32(16) pp.2575-2581, 羊土社 実験医学 32(16) pp.2575-2581, 羊土社 2014/10 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第67回日本細胞生物学会 若手優秀発表賞 日本細胞生物学会 2015/07/
第9回森脇大五郎賞 The 9th Daigoro Moriwaki Award 日本ショウジョウバエ研究会 2018/09/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 細胞間コミュニケーションを介した細胞非自律的な腫瘍悪性化機構の分子基盤 2011〜2012
特別研究員奨励費 代表 腫瘍悪性化を制御するJNKシグナルスイッチ機構の解明 2012〜2014
特別研究員奨励費 代表 腫瘍悪性化を制御するJNKシグナルスイッチ機構の解明 2012〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 細胞競合を駆動する「適応度」の同定とそれによるがん制御機構の解明 2014/04/02〜
挑戦的萌芽研究 代表 細胞競合を駆動する「細胞適応度」の同定とそれによるがん制御機構の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 細胞競合を駆動する「細胞適応度」の同定とそれによるがん制御機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(A) 代表 死にゆくがん細胞が発信するがん制御ネットワーク機構の遺伝的基盤 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術研究 研究領域提案型 ダイイングコード(公募研究) 代表 死細胞が残した細胞間シグナルネットワークを介した創傷治癒制御 2017/04/01〜
挑戦的研究(萌芽) 代表 Cancer-fusion cellによるがん細胞の新たな進化機構 2017/07/01〜
挑戦的研究(萌芽) 代表 Cancer-fusion cellによるがん細胞の新たな進化機構 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 死細胞が残した細胞間シグナルネットワークを介した創傷治癒制御 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
若手研究(A) 代表 死にゆくがん細胞が発信するがん制御ネットワーク機構の遺伝的基盤 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
挑戦的研究(萌芽) 代表 Cancer-fusion cellによるがん細胞の新たな進化機構 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 死細胞が残した細胞間シグナルネットワークを介した創傷治癒制御 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
若手研究(A) 代表 死にゆくがん細胞が発信するがん制御ネットワーク機構の遺伝的基盤 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 細胞死の時空間伝播による生体損傷チェックポイントの分子基盤 2019/04/01〜2022/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2014/04〜2015/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2014/04〜2015/03
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2015/04〜2016/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2015/04〜2016/03
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
生物化学V(細胞生物学) Biological Chemistry V (Cell Biology) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
生物化学5(細胞生物学) Biological Chemistry 5 (Cell Biology) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示