山口 幸三

最終更新日時:2017/07/05 16:26:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
山口 幸三/ヤマグチ コウゾウ/Kozo Yamaguchi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農林水産統計デジタルアーカイブ講座(寄附)/特定准教授
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本統計学会 The Japan Statistics Society
経済統計学会 The Society of Economics Statistics,Japan
日本人口学会 Population Association of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(経済学) 京都大学
研究テーマ
(日本語)
農林水産統計調査結果の高度利用に向けた基盤の整備
研究概要
(日本語)
農林水産統計の分野において、質の高い統計情報提供の基盤をデジタルアーカイブとして構築すること
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
統計調査
経済統計
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
山口 幸三 副標本による標本誤差の計測 統計学 2016/09
山口 幸三 標本交代方式を採る統計調査の標本バイアス 統計学 2014/09
山口 幸三・伊藤伸介・秋山博裕美 教育用擬似ミクロデータの作成-平成16年全国消費実態調査を例として- 統計学 2013/03
山口 幸三 政府統計の個票利用と統計法改正 経済研究 2008/04
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
山口 幸三 戦前と戦後の失業に関する統計調査 経済統計学会 2016/09
山口 幸三 副標本による標本誤差の計測 経済統計学会 2015/09
山口 幸三 労働力調査におけるデータリンケージによる公的パネル統計作成の可能性 経済統計学会 2014/09
山口 幸三 標本交代方式を採る統計調査の標本バイアス 経済統計学会 2013/09
山口 幸三・後藤武彦・堀川顕子・星野なおみ・伊藤伸介 教育用擬似ミクロデータの提供における現状と課題-アンケート結果を踏まえて- 統計関連学会連合大会 2012/09
秋山裕美・後藤武彦・星野なおみ・伊藤伸介・山口幸三 教育用ミクロデータの試行提供について 統計関連学会連合大会 2011/09
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
山口 幸三 失われし20年における世帯変動と就業異動:1991年~2010年のミクロ統計データの静態・動態リンケージにもとづく分析 日本統計協会 2014/11
山口 幸三 現代日本の世帯構造と就業形態の変動解析:公的統計のミクロ統計活用序説 日本統計協会 2011/02
安田聖・山口 幸三・横内宏至 政府統計ミクロデータの試行的提供(統計資料シリーズNo.64) 一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センター 2009/03
山口 幸三・横内宏至 世帯主の年齢各歳別の家計収支(統計資料シリーズNo.62) 一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センター 2008/07
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
農林水産統計調査特論 Advanced Statistical Survey on Agriculture, Forestry and Fisheries 後期 農学研究科 2017/04〜2018/03
農林水産統計調査論 Statistical Survey on Agriculture, Forestry and Fisheries 後期 農学部 2017/04〜2018/03