伏屋 康寛

最終更新日時: 2021/06/29 15:30:23

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
伏屋 康寛/フセヤ ヤスヒロ/Fuseya, Yasuhiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻生体制御医学講座細胞機能制御学/特定助教
電子メールアドレス
メールアドレス
fuseya.yasuhiro @ mcp.med.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経学会
日本内科学会
日本分子生物学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
東海高等学校
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2010/04/01〜2013/03/31 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント
2012/04/01〜2015/03/31 田附興風会医学研究所北野病院 後期レジデント
2019/04/01〜 京都大学大学院医学研究科細胞機能制御学 特定助教
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-3281-6074
researchmap URL
https://researchmap.jp/fuseya
研究テーマ
(日本語)
LUBACユビキチンリガーゼの制御機構の解明
(英語)
Regulatory mechanism of LUBAC ubiquitin ligase complex.
研究概要
(日本語)
LUBACユビキチンリガーゼの制御メカニズムを解析しております。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ユビキチン Ubiquitin
細胞死 cell death
NF-κB NF-κB
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yasuhiro Fuseya, Takeyo Sakurai, Jun-Ichi Miyahara, Kei Sato, Seiji Kaji, Yoshihiko Saito, Makio Takahashi, Ichizo Nishino, Tokiko Fukuda, Hideo Sugie, Hirofumi Yamashita Yasuhiro Fuseya, Takeyo Sakurai, Jun-Ichi Miyahara, Kei Sato, Seiji Kaji, Yoshihiko Saito, Makio Takahashi, Ichizo Nishino, Tokiko Fukuda, Hideo Sugie, Hirofumi Yamashita Yasuhiro Fuseya, Takeyo Sakurai, Jun-Ichi Miyahara, Kei Sato, Seiji Kaji, Yoshihiko Saito, Makio Takahashi, Ichizo Nishino, Tokiko Fukuda, Hideo Sugie, Hirofumi Yamashita A Case of Adult-onset Repeat Rhabdomyolysis with a Very Long-chain Acyl-CoA Dehydrogenase Deficiency Due to Compound Heterozygous ACADVL Mutations. A Case of Adult-onset Repeat Rhabdomyolysis with a Very Long-chain Acyl-CoA Dehydrogenase Deficiency Due to Compound Heterozygous ACADVL Mutations. A Case of Adult-onset Repeat Rhabdomyolysis with a Very Long-chain Acyl-CoA Dehydrogenase Deficiency Due to Compound Heterozygous ACADVL Mutations. Internal medicine (Tokyo, Japan) Internal medicine (Tokyo, Japan) Internal medicine (Tokyo, Japan) 2020/07/14 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi, Kazuhiro Iwai The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. Nature cell biology, 22, 6, 663-673 Nature cell biology, 22, 6, 663-673 Nature cell biology, 22, 6, 663-673 2020/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Satoshi Hamada, Yasuhiro Fuseya, Mitsuhiro Tsukino Satoshi Hamada, Yasuhiro Fuseya, Mitsuhiro Tsukino Satoshi Hamada, Yasuhiro Fuseya, Mitsuhiro Tsukino Pembrolizumab-Induced Rhabdomyolysis With Myositis in a Patient With Lung Adenocarcinoma Pembrolizumab-Induced Rhabdomyolysis With Myositis in a Patient With Lung Adenocarcinoma Pembrolizumab-Induced Rhabdomyolysis With Myositis in a Patient With Lung Adenocarcinoma Archivos de Bronconeumologia, 54, 6, 346-348 Archivos de Bronconeumologia, 54, 6, 346-348 Archivos de Bronconeumologia, 54, 6, 346-348 2018/06/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yasuhiro Fuseya, Miyuki Kawamura, Eri Matsuda, Kozue Takada, Kiwamu Watanabe, Junko Fujitake, Yoshifumi Nakaya Yasuhiro Fuseya, Miyuki Kawamura, Eri Matsuda, Kozue Takada, Kiwamu Watanabe, Junko Fujitake, Yoshifumi Nakaya Yasuhiro Fuseya, Miyuki Kawamura, Eri Matsuda, Kozue Takada, Kiwamu Watanabe, Junko Fujitake, Yoshifumi Nakaya rt-PA with Antithrombotic Therapies in a Case with Capsular Warning Syndrome rt-PA with Antithrombotic Therapies in a Case with Capsular Warning Syndrome rt-PA with Antithrombotic Therapies in a Case with Capsular Warning Syndrome INTERNAL MEDICINE, 56, 4, 441-444 INTERNAL MEDICINE, 56, 4, 441-444 INTERNAL MEDICINE, 56, 4, 441-444 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yasuhiro Fuseya, Kenichi Komatsu, Sadayuki Matsumoto Yasuhiro Fuseya, Kenichi Komatsu, Sadayuki Matsumoto Yasuhiro Fuseya, Kenichi Komatsu, Sadayuki Matsumoto Transient Splenial Lesion Following Abrupt Withdrawal of Carbamazepine Transient Splenial Lesion Following Abrupt Withdrawal of Carbamazepine Transient Splenial Lesion Following Abrupt Withdrawal of Carbamazepine INTERNAL MEDICINE, 56, 8, 989-990 INTERNAL MEDICINE, 56, 8, 989-990 INTERNAL MEDICINE, 56, 8, 989-990 2017 英語 公開
Fuseya Y, Takahashi R Fuseya Y, Takahashi R Yasuhiro Fuseya, Ryosuke Takahashi Interferon-β may ameliorate synucleinopathy. Interferon-β may ameliorate synucleinopathy. Interferon- may ameliorate synucleinopathy Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society, 31, 4, 497-497 Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society, 31, 4, 497-497 MOVEMENT DISORDERS, 31, 4, 497-497 2016/04 英語 公開
Mukaino A, Nakane S, Higuchi O, Nakamura H, Miyagi T, Shiroma K, Tokashiki T, Fuseya Y, Ochi K, Umeda M, Nakazato T, Akioka S, Maruoka H, Hayashi M, Igarashi S, Yokoi K, Maeda Y, Sakai W, Matsuo H, Kawakami A Mukaino A, Nakane S, Higuchi O, Nakamura H, Miyagi T, Shiroma K, Tokashiki T, Fuseya Y, Ochi K, Umeda M, Nakazato T, Akioka S, Maruoka H, Hayashi M, Igarashi S, Yokoi K, Maeda Y, Sakai W, Matsuo H, Kawakami A Akihiro Mukaino, Shunya Nakane, Osamu Higuchi, Hideki Nakamura, Tomo Miyagi, Kanako Shiroma, Takashi Tokashiki, Yasuhiro Fuseya, Kazuhide Ochi, Masataka Umeda, Tetsuya Nakazato, Shinji Akioka, Hiroyuki Maruoka, Masatoshi Hayashi, Shu-ichi Igarashi, Katsunori Yokoi, Yasuhiro Maeda, Waka Sakai, Hidenori Matsuo, Atsushi Kawakami Insights from the ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Sjögren's syndrome. Insights from the ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Sjögren's syndrome. Insights from the ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Sjogren's syndrome Modern rheumatology, 26, 5, 708-715 Modern rheumatology, 26, 5, 708-715 MODERN RHEUMATOLOGY, 26, 5, 708-715 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 発表年月日 記述言語 会議種別 公開
細胞死抑制機能を有するLUBACユビキチンリガーゼの新たな制御機構 細胞死抑制機能を有するLUBACユビキチンリガーゼの新たな制御機構 第27回日本CellDeath学会学術集会 第27回日本CellDeath学会学術集会 2018/07 公開
2つの活性中心を持つE3・LUBAC:副活性が主活性を制御する 2つの活性中心を持つE3・LUBAC:副活性が主活性を制御する 第1回ユビキチン研究会 第1回ユビキチン研究会 2018/01 公開
2つのユビキチンリガーゼ活性を持つLUBACリガーゼの副活性による主活性、生理機能の制御 2つのユビキチンリガーゼ活性を持つLUBACリガーゼの副活性による主活性、生理機能の制御 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017/12 公開
ユビキチンリガーゼ(E3)が E3の機能を制御する-LUBACの細胞死抑制機能におけるHOIL-1L E3機能の役割 ユビキチンリガーゼ(E3)が E3の機能を制御する-LUBACの細胞死抑制機能におけるHOIL-1L E3機能の役割 第9回シグナルネットワーク研究会 第9回シグナルネットワーク研究会 2016/07 公開
視床下核脳深部刺激療法(STN-DBS)導入後のパーキンソン病患者に対するinterleaving刺激の効果に関する検討 視床下核脳深部刺激療法(STN-DBS)導入後のパーキンソン病患者に対するinterleaving刺激の効果に関する検討 第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 第8回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2014/10 公開
1側STN-DBS数年後に両側GPi-DBSを併用した顕著な左右差を伴ったパーキンソン病の1例 1側STN-DBS数年後に両側GPi-DBSを併用した顕著な左右差を伴ったパーキンソン病の1例 日本神経学会第100回近畿地方会 日本神経学会第100回近畿地方会 2014/07 公開
脳深部刺激療法導入後のパーキンソン病患者に対するinterleaving療法の効果に関する検討 脳深部刺激療法導入後のパーキンソン病患者に対するinterleaving療法の効果に関する検討 第55回日本神経学会学術大会 第55回日本神経学会学術大会 2014/05 公開
A case of bilateral globus pallidus internus deep brain stimulation after treatment with unilateralsubthalamic nucleus deep brain stimulation. A case of bilateral globus pallidus internus deep brain stimulation after treatment with unilateralsubthalamic nucleus deep brain stimulation. A case of bilateral globus pallidus internus deep brain stimulation after treatment with unilateralsubthalamic nucleus deep brain stimulation. The 14th Asian & Oceanian Congress of Neurology The 14th Asian & Oceanian Congress of Neurology 2014/03 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究 代表 新規直鎖状ユビキチン鎖生成賦活法を用いた感染防御と新機能の探索 (2020年度分) 2020/04/01〜2021/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
藤原記念財団平成31年度少壮研究者奨励金 伏屋康寛 直鎖状ポリユビキチン鎖を生成するLUBACユビキチンリガーゼの新たな制御機構の解明とその応用 2019/07/01〜2020/03/31