米澤 淳

最終更新日時: 2020/10/29 16:11:28

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
米澤 淳/ヨネザワ アツシ/Yonezawa, Atsushi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
薬学研究科/薬学専攻薬品動態医療薬学講座/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
薬学研究科 薬学専攻 医療薬剤学講座 講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
薬学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学研究科 医学専攻
薬学研究科 薬学研究科
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本医療薬学会 Japanese Society of Pharmaceutical Health Care and Sciences
日本薬学会 Pharmaceutical Society of Japan
日本薬物動態学会 Japanese Society for the Study of Xenobiotics
日本薬剤学会 Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan
日本臨床薬理学会 Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(薬学) 京都大学
博士(薬学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院薬学研究科修士課程医療薬科学専攻 修了
京都大学 大学院薬学研究科博士後期課程医療薬科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 薬学部総合薬学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
神奈川県立生田高校 かながわけんりついくたこうこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2007/04/01〜2013/05/31 京都大学医学部附属病院薬剤部 Kyoto University Hospital 助教 Assistant Professor
2013/06/01〜2016/06/30 京都大学医学部附属病院薬剤部 Kyoto University Hospital 講師 Senior Lecturer
プロフィール
(日本語)
より効果が高く、より安全に薬が使えるようなることを目指して、 教育、研究、薬剤師業務を行っています。
(英語)
The purpose of my work is to enhance the efficacy and to prevent the adverse effects of clinical drugs.
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語 English eng
日本語 Japanese jpn
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-8057-6768
researchmap URL
https://researchmap.jp/ayone
研究テーマ
(日本語)
薬物の体内動態と効果・副作用発現に関する研究
(英語)
Pharmacokinetics, Pharmacodynamics and Toxicodynamics of Clinical Drugs
研究概要
(日本語)
①抗体医薬品の薬物動態および薬効/副作用に関する研究  ②新規リボフラビントランスポータRFVTの機能解析と遺伝子疾患に関する研究  ③有機カチオントランスポータOCTおよびMATEを介した薬物の効果・副作用発現に関する研究
(英語)
I. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Therapeutic Antibodies  II. Molecular Characterization and Genetic Disease of Novel Riboflavin Transporters RFVTs III. Efficacy and Adverse Effect of Clinical Drugs via Organic Cation Transporters OCTs and MATEs
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
薬物動態、薬理学、毒性学 Pharmacokinetics, Pharmacology, Toxicology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yoshinao Ozaki, Hirotaka Imamaki, Aki Ikeda, Mitsuaki Oura, Shunsaku Nakagawa, Taro Funakoshi, Shigeki Kataoka, Yoshitaka Nishikawa, Takahiro Horimatsu, Atsushi Yonezawa, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Manabu Muto, Norihiko Watanabe Yoshinao Ozaki, Hirotaka Imamaki, Aki Ikeda, Mitsuaki Oura, Shunsaku Nakagawa, Taro Funakoshi, Shigeki Kataoka, Yoshitaka Nishikawa, Takahiro Horimatsu, Atsushi Yonezawa, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Manabu Muto, Norihiko Watanabe Yoshinao Ozaki, Hirotaka Imamaki, Aki Ikeda, Mitsuaki Oura, Shunsaku Nakagawa, Taro Funakoshi, Shigeki Kataoka, Yoshitaka Nishikawa, Takahiro Horimatsu, Atsushi Yonezawa, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Manabu Muto, Norihiko Watanabe Successful management of hyperammonemia with hemodialysis on day 2 during 5-fluorouracil treatment in a patient with gastric cancer: a case report with 5-fluorouracil metabolite analyses. Successful management of hyperammonemia with hemodialysis on day 2 during 5-fluorouracil treatment in a patient with gastric cancer: a case report with 5-fluorouracil metabolite analyses. Successful management of hyperammonemia with hemodialysis on day 2 during 5-fluorouracil treatment in a patient with gastric cancer: a case report with 5-fluorouracil metabolite analyses. Cancer chemotherapy and pharmacology, 86, 5, 693-699 Cancer chemotherapy and pharmacology, 86, 5, 693-699 Cancer chemotherapy and pharmacology, 86, 5, 693-699 2020/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Kaori Yamanishi, Shunsaku Nakagawa, Kotaro Itohara, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Junya Nagai, Kazuo Matsubara Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice Effect of riboflavin deficiency on development of the cerebral cortex in Slc52a3 knockout mice Scientific Reports, 10, 18443 Scientific Reports, 10, 18443 Scientific Reports, 10, 18443 2020/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
片田佳希, 米澤 淳, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 糸原光太郎, 中川俊作, 北田徳昭, 今井哲司, 池見泰明, 深津祥央, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 片田佳希, 米澤 淳, 杉本充弘, 木全柾典, 吉田優子, 糸原光太郎, 中川俊作, 北田徳昭, 今井哲司, 池見泰明, 深津祥央, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 Yoshiki Katada, Atsushi Yonezawa, Mitsuhiro Sugimoto, Masanori Kimata, Yuko Yoshida, Kotaro Itohara, Syunsaku Nakagawa, Noriaki Kitada, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Sachio Fukatsu, Takayuki Nakagawa, Yasufumi Matsumura, Miki Nagao, Kazuo Matsubara 抗インフルエンザ薬の適正使用指針(フォーミュラリ)導入のアウトカム評価 抗インフルエンザ薬の適正使用指針(フォーミュラリ)導入のアウトカム評価 Outcomes of Hospital Formulary System in Antiviral Drugs for Influenza 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 10, 1155-1160 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 10, 1155-1160 Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 56, 10, 1155-1160 2020/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
鋒山香苗, 杉本充弘, 米澤 淳, 寺尾真琴, 山本浩貴, 吉田優子, 朝倉佳代子, 深津祥央, 谷村和哉, 佐藤 晋, 松本久子, 中川俊作, 北田徳昭, 平井豊博, 松原和夫 鋒山香苗, 杉本充弘, 米澤 淳, 寺尾真琴, 山本浩貴, 吉田優子, 朝倉佳代子, 深津祥央, 谷村和哉, 佐藤 晋, 松本久子, 中川俊作, 北田徳昭, 平井豊博, 松原和夫 Kanae Hokoyama, Mitsuhiro Sugimoto, Atsushi Yonezawa, Makoto Terao, Hiroki Yamamoto, Yuko Yoshida, Kayoko Asakura, Sachio Fukatsu, Kazuya Tanimura, Susumu Sato, Hisako Matsumoto, Shunsaku Nakagawa, Noriaki Kitada, Toyohiro Hirai, Kazuo Matsubara 病診薬連携で行う吸入支援のアウトカムの評価 病診薬連携で行う吸入支援のアウトカムの評価 Therapeutic outcome of inhalation-support team collaborated with hospital and community pharmacists 医療薬学, 46, 8, 405-413 医療薬学, 46, 8, 405-413 Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 46, 8, 405-413 2020/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mpumelelo Ntogwa, Satoshi Imai, Ren Hiraiwa, Madoka Koyanagi, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Mpumelelo Ntogwa, Satoshi Imai, Ren Hiraiwa, Madoka Koyanagi, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Mpumelelo Ntogwa, Satoshi Imai, Ren Hiraiwa, Madoka Koyanagi, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Schwann cell-derived CXCL1 contributes to human immunodeficiency virus type 1 gp120-induced neuropathic pain by modulating macrophage infiltration in mice. Schwann cell-derived CXCL1 contributes to human immunodeficiency virus type 1 gp120-induced neuropathic pain by modulating macrophage infiltration in mice. Schwann cell-derived CXCL1 contributes to human immunodeficiency virus type 1 gp120-induced neuropathic pain by modulating macrophage infiltration in mice. Brain, behavior, and immunity, 88, 325-339 Brain, behavior, and immunity, 88, 325-339 Brain, behavior, and immunity, 88, 325-339 2020/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsuko Shiraki, Wataru Goto, Hiroshi Fukagawa, Yoshiki Arakawa, Takayuki Kikuchi, Yohei Mineharu, Yukihiro Yamao, Takayuki Yasuda, Etsuko Hattori, Ayaka Fukui, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Keiko Furukawa, Toshiyuki Mizota Atsuko Shiraki, Wataru Goto, Hiroshi Fukagawa, Yoshiki Arakawa, Takayuki Kikuchi, Yohei Mineharu, Yukihiro Yamao, Takayuki Yasuda, Etsuko Hattori, Ayaka Fukui, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Keiko Furukawa, Toshiyuki Mizota Atsuko Shiraki, Wataru Goto, Hiroshi Fukagawa, Yoshiki Arakawa, Takayuki Kikuchi, Yohei Mineharu, Yukihiro Yamao, Takayuki Yasuda, Etsuko Hattori, Ayaka Fukui, Yoshihiro Matsui, Atsushi Yonezawa, Keiko Furukawa, Toshiyuki Mizota Effects of low-dose remifentanil infusion on analgesic or antiemetic requirement during brain function mapping: A retrospective cohort study. Effects of low-dose remifentanil infusion on analgesic or antiemetic requirement during brain function mapping: A retrospective cohort study. Effects of low-dose remifentanil infusion on analgesic or antiemetic requirement during brain function mapping: A retrospective cohort study. Acta anaesthesiologica Scandinavica, 64, 6, 735-741 Acta anaesthesiologica Scandinavica, 64, 6, 735-741 Acta anaesthesiologica Scandinavica, 64, 6, 735-741 2020/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yunpeng Zhang, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Masaya Denda, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Yunpeng Zhang, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Masaya Denda, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Yunpeng Zhang, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Masaya Denda, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Cisplatin, rather than oxaliplatin, increases paracellular permeability of LLC-PK1 cells via activating protein kinase C. Cisplatin, rather than oxaliplatin, increases paracellular permeability of LLC-PK1 cells via activating protein kinase C. Cisplatin, rather than oxaliplatin, increases paracellular permeability of LLC-PK1 cells via activating protein kinase C. Drug metabolism and pharmacokinetics, 35, 1, 111-116 Drug metabolism and pharmacokinetics, 35, 1, 111-116 Drug metabolism and pharmacokinetics, 35, 1, 111-116 2020/02 英語 公開
Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Miko Kondo, Shunsaku Nakagawa, Satoru Orii, Kotaro Itohara, Mitsuhiro Sugimoto, Tomohiro Omura, Yuki Sato, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Association of Initial Trough Concentrations of Vancomycin with Outcomes in Pediatric Patients with Gram-Positive Bacterial Infection. Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 Biological & pharmaceutical bulletin, 43, 10, 1463-1468 2020 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hirohisa Imai, Takuya Hirai, Ryosuke Kumazawa, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Hiroyuki Nakao Hirohisa Imai, Takuya Hirai, Ryosuke Kumazawa, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Hiroyuki Nakao Hirohisa Imai, Takuya Hirai, Ryosuke Kumazawa, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Hiroyuki Nakao Prevalence of and risk factors for adverse events in Alzheimer's patients receiving anti-dementia drugs in at-home care. Prevalence of and risk factors for adverse events in Alzheimer's patients receiving anti-dementia drugs in at-home care. Prevalence of and risk factors for adverse events in Alzheimer's patients receiving anti-dementia drugs in at-home care. PloS one, 15, 4, e0231226 PloS one, 15, 4, e0231226 PloS one, 15, 4, e0231226 2020 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
吉田優子, 佐藤夕紀, 傳田将也, 池見泰明, 杉本充弘, 山際岳朗, 中川俊作, 今井哲司, 大村友博, 尾崎淳子, 深津祥央, 矢野育子, 北田徳昭, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 吉田優子, 佐藤夕紀, 傳田将也, 池見泰明, 杉本充弘, 山際岳朗, 中川俊作, 今井哲司, 大村友博, 尾崎淳子, 深津祥央, 矢野育子, 北田徳昭, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 京都大学医学部附属病院における2012-2018年の病棟薬剤師業務の質的変化〜リファンピシン処方に対する介入を指標として 京都大学医学部附属病院における2012-2018年の病棟薬剤師業務の質的変化〜リファンピシン処方に対する介入を指標として 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 6, 643-650 日本病院薬剤師会雑誌, 56, 6, 643-650 , 56, 6, 643-650 2020 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiromitsu Negoro, Takayuki Goto, Shusuke Akamatsu, Naoki Terada, Takashi Kobayashi, Yoshiyuki Matsui, Takashi Yamamoto, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Osamu Ogawa Hiromitsu Negoro, Takayuki Goto, Shusuke Akamatsu, Naoki Terada, Takashi Kobayashi, Yoshiyuki Matsui, Takashi Yamamoto, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Osamu Ogawa Hiromitsu Negoro, Takayuki Goto, Shusuke Akamatsu, Naoki Terada, Takashi Kobayashi, Yoshiyuki Matsui, Takashi Yamamoto, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Osamu Ogawa Add-on effects of tadalafil in tamsulosin-treated patients with small benign prostatic enlargement: A randomized, placebo-controlled, double-blind, crossover study. Add-on effects of tadalafil in tamsulosin-treated patients with small benign prostatic enlargement: A randomized, placebo-controlled, double-blind, crossover study. Add-on effects of tadalafil in tamsulosin-treated patients with small benign prostatic enlargement: A randomized, placebo-controlled, double-blind, crossover study. Neurourology and urodynamics, 39, 1, 237-242 Neurourology and urodynamics, 39, 1, 237-242 Neurourology and urodynamics, 39, 1, 237-242 2020/01 英語 公開
Takashi Ogihara, Takayuki Nakagawa, Maho Hayashi, Madoka Koyanagi, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Noriaki Kitada, Satoshi Imai, Kazuo Matsubara Takashi Ogihara, Takayuki Nakagawa, Maho Hayashi, Madoka Koyanagi, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Noriaki Kitada, Satoshi Imai, Kazuo Matsubara Takashi Ogihara, Takayuki Nakagawa, Maho Hayashi, Madoka Koyanagi, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Noriaki Kitada, Satoshi Imai, Kazuo Matsubara Improvement of peripheral vascular impairment by a phosphodiesterase type 5 inhibitor tadalafil prevents oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice. Improvement of peripheral vascular impairment by a phosphodiesterase type 5 inhibitor tadalafil prevents oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice. Improvement of peripheral vascular impairment by a phosphodiesterase type 5 inhibitor tadalafil prevents oxaliplatin-induced peripheral neuropathy in mice. Journal of pharmacological sciences, 141, 4, 131-138 Journal of pharmacological sciences, 141, 4, 131-138 Journal of pharmacological sciences, 141, 4, 131-138 2019/12 英語 公開
Noriko Iwamoto, Megumi Takanashi, Kotoko Yokoyama, Atsushi Yonezawa, Masaya Denda, Motomu Hashimoto, Masao Tanaka, Hiromu Ito, Minoru Matsuura, Shuji Yamamoto, Yusuke Honzawa, Kazuo Matsubara, Takashi Shimada Noriko Iwamoto, Megumi Takanashi, Kotoko Yokoyama, Atsushi Yonezawa, Masaya Denda, Motomu Hashimoto, Masao Tanaka, Hiromu Ito, Minoru Matsuura, Shuji Yamamoto, Yusuke Honzawa, Kazuo Matsubara, Takashi Shimada Noriko Iwamoto, Megumi Takanashi, Kotoko Yokoyama, Atsushi Yonezawa, Masaya Denda, Motomu Hashimoto, Masao Tanaka, Hiromu Ito, Minoru Matsuura, Shuji Yamamoto, Yusuke Honzawa, Kazuo Matsubara, Takashi Shimada Multiplexed monitoring of therapeutic antibodies for inflammatory diseases using Fab-selective proteolysis nSMOL coupled with LC-MS. Multiplexed monitoring of therapeutic antibodies for inflammatory diseases using Fab-selective proteolysis nSMOL coupled with LC-MS. Multiplexed monitoring of therapeutic antibodies for inflammatory diseases using Fab-selective proteolysis nSMOL coupled with LC-MS. Journal of immunological methods, 472, 44-54 Journal of immunological methods, 472, 44-54 Journal of immunological methods, 472, 44-54 2019/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Itohara K, Yano I, Tsuzuki T, Uesugi M, Nakagawa S, Yonezawa A, Okajima H, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K Itohara K, Yano I, Tsuzuki T, Uesugi M, Nakagawa S, Yonezawa A, Okajima H, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K Kotaro Itohara, Ikuko Yano, Tetsunori Tsuzuki, Miwa Uesugi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hideaki Okajima, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara A Minimal PBPK Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives related to Liver Regeneration and CYP3A5 Genotype. A Minimal PBPK Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives related to Liver Regeneration and CYP3A5 Genotype. A Minimal Physiologically-Based Pharmacokinetic Model for Tacrolimus in Living-Donor Liver Transplantation: Perspectives Related to Liver Regeneration and the cytochrome P450 3A5 (CYP3A5) Genotype. CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 CPT: pharmacometrics & systems pharmacology, 8, 8, 587-595 2019/08 英語 公開
Atushi Yonezawa, Yuki Otani, Toshiyuki Kitano, Mayuko Mori, Sho Masui, Yui Isomoto, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Masaya Denda, Yuki Sato, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Makoto Hayakari, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Atushi Yonezawa, Yuki Otani, Toshiyuki Kitano, Mayuko Mori, Sho Masui, Yui Isomoto, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Masaya Denda, Yuki Sato, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Makoto Hayakari, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Atushi Yonezawa, Yuki Otani, Toshiyuki Kitano, Mayuko Mori, Sho Masui, Yui Isomoto, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Masaya Denda, Yuki Sato, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Makoto Hayakari, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Concentration and Glycoform of Rituximab in Plasma of Patients with B Cell Non-Hodgkin's Lymphoma. Pharmaceutical research, 36, 6, 82-82 Pharmaceutical research, 36, 6, 82-82 Pharmaceutical research, 36, 6, 82-82 2019/04/15 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiki Katada, Shunsaku Nakagawa, Akiko Nishimura, Yu-Ki Sato, Hiromi Taue, Katsuyuki Matsumura, Kazuhiro Yamazaki, Kenji Minakata, Ikuko Yano, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Yuki Sato, Takayuki Nakagawa, Kenji Minatoya, Kazuo Matsubara Yoshiki Katada, Shunsaku Nakagawa, Akiko Nishimura, Yu-Ki Sato, Hiromi Taue, Katsuyuki Matsumura, Kazuhiro Yamazaki, Kenji Minakata, Ikuko Yano, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Yuki Sato, Takayuki Nakagawa, Kenji Minatoya, Kazuo Matsubara Yoshiki Katada, Shunsaku Nakagawa, Akiko Nishimura, Yu-Ki Sato, Hiromi Taue, Katsuyuki Matsumura, Kazuhiro Yamazaki, Kenji Minakata, Ikuko Yano, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Atsushi Yonezawa, Yuki Sato, Takayuki Nakagawa, Kenji Minatoya, Kazuo Matsubara Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. Effects of fasting on warfarin sensitivity index in patients undergoing cardiovascular surgery. European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 European journal of clinical pharmacology, 75, 4, 561-568 2019/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iwamoto N, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Acceleration of nano-surface and molecular-orientation limited (nSMOL) proteolysis with acidified reduction pretreatment for quantification of Tocilizumab. Acceleration of nano-surface and molecular-orientation limited (nSMOL) proteolysis with acidified reduction pretreatment for quantification of Tocilizumab. Acceleration of nano-surface and molecular-orientation limited (nSMOL) proteolysis with acidified reduction pretreatment for quantification of Tocilizumab. Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, 164, 467-474 Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, 164, 467-474 Journal of pharmaceutical and biomedical analysis, 164, 467-474 2019/02 公開
Masui S, Yonezawa A, Izawa K, Hayakari M, Asakura K, Taniguchi R, Isa M, Shibata H, Yasumi T, Nishikomori R, Takita J, Matsubara K Masui S, Yonezawa A, Izawa K, Hayakari M, Asakura K, Taniguchi R, Isa M, Shibata H, Yasumi T, Nishikomori R, Takita J, Matsubara K Sho Masui, Atsushi Yonezawa, Kazushi Izawa, Makoto Hayakari, Kayoko Asakura, Risa Taniguchi, Masahiko Isa, Hirofumi Shibata, Takahiro Yasumi, Ryuta Nishikomori, Junko Takita, Kazuo Matsubara Plasma infliximab monitoring contributes to optimize Takayasu arteritis treatment: a case report. Plasma infliximab monitoring contributes to optimize Takayasu arteritis treatment: a case report. Plasma infliximab monitoring contributes to optimize Takayasu arteritis treatment: a case report. Journal of pharmaceutical health care and sciences, 5, 9-9 Journal of pharmaceutical health care and sciences, 5, 9-9 Journal of pharmaceutical health care and sciences, 5, 9-9 2019 英語 公開
大野 能之, 樋坂 章博, 岩本 卓也, 木村 丈司, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 大野 能之, 樋坂 章博, 岩本 卓也, 木村 丈司, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 大野 能之, 樋坂 章博, 岩本 卓也, 木村 丈司, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 新しいガイドラインと医療現場でのマネジメント 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 新しいガイドラインと医療現場でのマネジメント 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 新しいガイドラインと医療現場でのマネジメント 医療薬学, 44, 11, 537-545 医療薬学, 44, 11, 537-545 医療薬学, 44, 11, 537-545 2018/11 日本語 公開
木村 丈司, 岩本 卓也, 大野 能之, 樋坂 章博, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 木村 丈司, 岩本 卓也, 大野 能之, 樋坂 章博, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 木村 丈司, 岩本 卓也, 大野 能之, 樋坂 章博, 百 賢二, 米澤 淳, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 対応事例・問題点に関するこれまでの報告と特別な背景をもつ患者における薬物相互作用の考え方 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 対応事例・問題点に関するこれまでの報告と特別な背景をもつ患者における薬物相互作用の考え方 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 対応事例・問題点に関するこれまでの報告と特別な背景をもつ患者における薬物相互作用の考え方 医療薬学, 44, 11, 546-558 医療薬学, 44, 11, 546-558 医療薬学, 44, 11, 546-558 2018/11 日本語 公開
百 賢二, 米澤 淳, 岩本 卓也, 大野 能之, 木村 丈司, 樋坂 章博, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 百 賢二, 米澤 淳, 岩本 卓也, 大野 能之, 木村 丈司, 樋坂 章博, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 百 賢二, 米澤 淳, 岩本 卓也, 大野 能之, 木村 丈司, 樋坂 章博, 伊藤 清美, 日本医療薬学会学術第一小委員会 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 実験研究および調査研究事例 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 実験研究および調査研究事例 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方 実験研究および調査研究事例 医療薬学, 44, 11, 559-567 医療薬学, 44, 11, 559-567 医療薬学, 44, 11, 559-567 2018/11 日本語 公開
Sumi E, Nomura T, Asada R, Uozumi R, Tada H, Amino Y, Sawada T, Yonezawa A, Hagiwara M, Kabashima K Sumi E, Nomura T, Asada R, Uozumi R, Tada H, Amino Y, Sawada T, Yonezawa A, Hagiwara M, Kabashima K Sumi E, Nomura T, Asada R, Uozumi R, Tada H, Amino Y, Sawada T, Yonezawa A, Hagiwara M, Kabashima K Safety and Plasma Concentrations of a Cyclin-dependent Kinase 9 (CDK9) Inhibitor, FIT039, Administered by a Single Adhesive Skin Patch Applied on Normal Skin and Cutaneous Warts. Safety and Plasma Concentrations of a Cyclin-dependent Kinase 9 (CDK9) Inhibitor, FIT039, Administered by a Single Adhesive Skin Patch Applied on Normal Skin and Cutaneous Warts. Safety and Plasma Concentrations of a Cyclin-dependent Kinase 9 (CDK9) Inhibitor, FIT039, Administered by a Single Adhesive Skin Patch Applied on Normal Skin and Cutaneous Warts. Clinical drug investigation Clinical drug investigation Clinical drug investigation 2018/10 公開
Omura T, Matsuda H, Nomura L, Imai S, Denda M, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K Omura T, Matsuda H, Nomura L, Imai S, Denda M, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K Omura T, Matsuda H, Nomura L, Imai S, Denda M, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Matsubara K Ubiquitin ligase HMG-CoA reductase degradation 1 (HRD1) prevents cell death in a cellular model of Parkinson's disease. Ubiquitin ligase HMG-CoA reductase degradation 1 (HRD1) prevents cell death in a cellular model of Parkinson's disease. Ubiquitin ligase HMG-CoA reductase degradation 1 (HRD1) prevents cell death in a cellular model of Parkinson's disease. Biochemical and biophysical research communications Biochemical and biophysical research communications Biochemical and biophysical research communications 2018/10 公開
Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Omura T, Sasaoka M, Hashimoto G, Imai S, Yamamoto J, Sato Y, Nakagawa S, Yonezawa A, Nakagawa T, Yano I, Tasaki Y, Matsubara K Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Oxicam-derived non-steroidal anti-inflammatory drugs suppress 1-methyl-4-phenyl pyridinium-induced cell death via repression of endoplasmic reticulum stress response and mitochondrial dysfunction in SH-SY5Y cells. Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 Biochemical and biophysical research communications, 503, 4, 2963-2969 2018/09 公開
Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Tsuda M, Otani Y, Yonezawa A, Masui S, Ikemi Y, Denda M, Sato Y, Nakagawa S, Omura T, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Analysis of Glycoforms and Amino Acids in Infliximab and a Biosimilar Product using New Method with LC/TOF-MS. Biological & pharmaceutical bulletin Biological & pharmaceutical bulletin Biological & pharmaceutical bulletin 2018/08 公開
Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Application of nSMOL coupled with LC-MS bioanalysis for monitoring the Fc-fusion biopharmaceuticals Etanercept and Abatacept in human serum. Application of nSMOL coupled with LC-MS bioanalysis for monitoring the Fc-fusion biopharmaceuticals Etanercept and Abatacept in human serum. Application of nSMOL coupled with LC-MS bioanalysis for monitoring the Fc-fusion biopharmaceuticals Etanercept and Abatacept in human serum. Pharmacology research & perspectives, 6, 4, e00422 Pharmacology research & perspectives, 6, 4, e00422 Pharmacology research & perspectives, 6, 4, e00422 2018/07 公開
Iwasaki M, Yano I, Fukatsu S, Hashi S, Yamamoto Y, Sugimoto M, Fukudo M, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K Iwasaki M, Yano I, Fukatsu S, Hashi S, Yamamoto Y, Sugimoto M, Fukudo M, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K Iwasaki M, Yano I, Fukatsu S, Hashi S, Yamamoto Y, Sugimoto M, Fukudo M, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Kaido T, Uemoto S, Matsubara K Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Once-Daily Tacrolimus Compared with Twice-Daily Tacrolimus in the Early Stage After Living Donor Liver Transplantation. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Once-Daily Tacrolimus Compared with Twice-Daily Tacrolimus in the Early Stage After Living Donor Liver Transplantation. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Once-Daily Tacrolimus Compared with Twice-Daily Tacrolimus in the Early Stage After Living Donor Liver Transplantation. Therapeutic drug monitoring Therapeutic drug monitoring Therapeutic drug monitoring 2018/06 公開
Motoyuki Kumagai, Kenji Minakata, Hidetoshi Masumoto, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Takafumi Ikeda, Kyokun Uehara, Kazuhiro Yamazaki, Tadashi Ikeda, Kazuo Matsubara, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Ryuzo Sakata, Kenji Minatoya Motoyuki Kumagai, Kenji Minakata, Hidetoshi Masumoto, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Takafumi Ikeda, Kyokun Uehara, Kazuhiro Yamazaki, Tadashi Ikeda, Kazuo Matsubara, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Ryuzo Sakata, Kenji Minatoya Motoyuki Kumagai, Kenji Minakata, Hidetoshi Masumoto, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Takafumi Ikeda, Kyokun Uehara, Kazuhiro Yamazaki, Tadashi Ikeda, Kazuo Matsubara, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Ryuzo Sakata, Kenji Minatoya A therapeutic angiogenesis of sustained release of basic fibroblast growth factor using biodegradable gelatin hydrogel sheets in a canine chronic myocardial infarction model A therapeutic angiogenesis of sustained release of basic fibroblast growth factor using biodegradable gelatin hydrogel sheets in a canine chronic myocardial infarction model A therapeutic angiogenesis of sustained release of basic fibroblast growth factor using biodegradable gelatin hydrogel sheets in a canine chronic myocardial infarction model Heart and Vessels, 1-7 Heart and Vessels, 1-7 Heart and Vessels, 1-7 2018/05/14 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
深津 祥央, 池見 泰明, 米澤 淳, 山本浩貴, 尾崎 淳子, 淺野 理子, 櫻井 香織, 上杉 美和, 吉田 優子, 傳田 将也, 大谷 祐基, 大村 友博, 今井 哲司, 中川 俊作, 中川 貴之, 今井 博久, 松原 和夫 深津 祥央, 池見 泰明, 米澤 淳, 山本浩貴, 尾崎 淳子, 淺野 理子, 櫻井 香織, 上杉 美和, 吉田 優子, 傳田 将也, 大谷 祐基, 大村 友博, 今井 哲司, 中川 俊作, 中川 貴之, 今井 博久, 松原 和夫 深津 祥央, 池見 泰明, 米澤 淳, 山本浩貴, 尾崎 淳子, 淺野 理子, 櫻井 香織, 上杉 美和, 吉田 優子, 傳田 将也, 大谷 祐基, 大村 友博, 今井 哲司, 中川 俊作, 中川 貴之, 今井 博久, 松原 和夫 医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果 医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果 医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果 日本病院薬剤師会雑誌, 54, 3, 307-312 日本病院薬剤師会雑誌, 54, 3, 307-312 日本病院薬剤師会雑誌, 54, 3, 307-312 2018/03 日本語 公開
Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Takashi Yamamoto, Tadakazu Kondo, Misaki Kawanishi, Yui Isomoto, Atsushi Yonezawa, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Takashi Yamamoto, Tadakazu Kondo, Misaki Kawanishi, Yui Isomoto, Atsushi Yonezawa, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Takashi Yamamoto, Tadakazu Kondo, Misaki Kawanishi, Yui Isomoto, Atsushi Yonezawa, Akifumi Takaori-Kondo, Kazuo Matsubara Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Markers of Mycophenolic Acid Associated with Effective Prophylaxis for Acute Graft-Versus-Host Disease and Neutrophil Engraftment in Cord Blood Transplant Patients Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Markers of Mycophenolic Acid Associated with Effective Prophylaxis for Acute Graft-Versus-Host Disease and Neutrophil Engraftment in Cord Blood Transplant Patients Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Markers of Mycophenolic Acid Associated with Effective Prophylaxis for Acute Graft-Versus-Host Disease and Neutrophil Engraftment in Cord Blood Transplant Patients Biology of Blood and Marrow Transplantation Biology of Blood and Marrow Transplantation Biology of Blood and Marrow Transplantation 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shunsaku Nakagawa, Mayumi Nakaishi, Motomu Hashimoto, Hiromu Ito, Wataru Yamamoto, Ran Nakashima, Masao Tanaka, Takao Fujii, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hirohisa Imai, Tsuneyo Mimori, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Mayumi Nakaishi, Motomu Hashimoto, Hiromu Ito, Wataru Yamamoto, Ran Nakashima, Masao Tanaka, Takao Fujii, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hirohisa Imai, Tsuneyo Mimori, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Mayumi Nakaishi, Motomu Hashimoto, Hiromu Ito, Wataru Yamamoto, Ran Nakashima, Masao Tanaka, Takao Fujii, Tomohiro Omura, Satoshi Imai, Takayuki Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Hirohisa Imai, Tsuneyo Mimori, Kazuo Matsubara Effect of medication adherence on disease activity among Japanese patients with rheumatoid arthritis. Effect of medication adherence on disease activity among Japanese patients with rheumatoid arthritis. Effect of medication adherence on disease activity among Japanese patients with rheumatoid arthritis. PloS one, 13, 11, e0206943 PloS one, 13, 11, e0206943 PloS one, 13, 11, e0206943 2018 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Iwamoto N, Yokoyama K, Takanashi M, Yonezawa A, Matsubara K, Shimada T Verification between Original and Biosimilar Therapeutic Antibody Infliximab Using nSMOL Coupled LC-MS Bioanalysis in Human Serum. Verification between Original and Biosimilar Therapeutic Antibody Infliximab Using nSMOL Coupled LC-MS Bioanalysis in Human Serum. Verification between Original and Biosimilar Therapeutic Antibody Infliximab Using nSMOL Coupled LC-MS Bioanalysis in Human Serum. Current pharmaceutical biotechnology, 19, 6, 495-505 Current pharmaceutical biotechnology, 19, 6, 495-505 Current pharmaceutical biotechnology, 19, 6, 495-505 2018 公開
Congyun Jin, Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Hiroki Yoshimatsu, Yuki Otani, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Hiroki Yoshimatsu, Yuki Otani, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Congyun Jin, Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Hiroki Yoshimatsu, Yuki Otani, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Riboflavin Transporters RFVT/SLC52A Mediate Translocation of Riboflavin, Rather than FMN or FAD, across Plasma Membrane Riboflavin Transporters RFVT/SLC52A Mediate Translocation of Riboflavin, Rather than FMN or FAD, across Plasma Membrane Riboflavin Transporters RFVT/SLC52A Mediate Translocation of Riboflavin, Rather than FMN or FAD, across Plasma Membrane BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40, 11, 1990-1995 BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40, 11, 1990-1995 BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 40, 11, 1990-1995 2017/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y. Katada, S. Nakagawa, K. Minakata, M. Odaka, H. Taue, Y. Sato, A. Yonezawa, Y. Kayano, I. Yano, T. Nakatsu, K. Sakamoto, K. Uehara, H. Sakaguchi, K. Yamazaki, K. Minatoya, R. Sakata, K. Matsubara Y. Katada, S. Nakagawa, K. Minakata, M. Odaka, H. Taue, Y. Sato, A. Yonezawa, Y. Kayano, I. Yano, T. Nakatsu, K. Sakamoto, K. Uehara, H. Sakaguchi, K. Yamazaki, K. Minatoya, R. Sakata, K. Matsubara Y. Katada, S. Nakagawa, K. Minakata, M. Odaka, H. Taue, Y. Sato, A. Yonezawa, Y. Kayano, I. Yano, T. Nakatsu, K. Sakamoto, K. Uehara, H. Sakaguchi, K. Yamazaki, K. Minatoya, R. Sakata, K. Matsubara Efficacy of protocol-based pharmacotherapy management on anticoagulation with warfarin for patients with cardiovascular surgery Efficacy of protocol-based pharmacotherapy management on anticoagulation with warfarin for patients with cardiovascular surgery Efficacy of protocol-based pharmacotherapy management on anticoagulation with warfarin for patients with cardiovascular surgery JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 42, 5, 591-597 JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 42, 5, 591-597 JOURNAL OF CLINICAL PHARMACY AND THERAPEUTICS, 42, 5, 591-597 2017/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
中山 佳代子, 米澤 淳, 杉本 充弘, 櫻井 香織, 野口 葉子, 山本 将太, 吉田 優子, 池見 泰明, 深津 祥央, 萱野 勇一郎, 松原 和夫 中山 佳代子, 米澤 淳, 杉本 充弘, 櫻井 香織, 野口 葉子, 山本 将太, 吉田 優子, 池見 泰明, 深津 祥央, 萱野 勇一郎, 松原 和夫 中山 佳代子, 米澤 淳, 杉本 充弘, 櫻井 香織, 野口 葉子, 山本 将太, 吉田 優子, 池見 泰明, 深津 祥央, 萱野 勇一郎, 松原 和夫 病棟薬剤師の持参薬服薬計画提案によるポリファーマシー改善と医療者負担軽減効果 病棟薬剤師の持参薬服薬計画提案によるポリファーマシー改善と医療者負担軽減効果 病棟薬剤師の持参薬服薬計画提案によるポリファーマシー改善と医療者負担軽減効果 日本病院薬剤師会雑誌, 53, 9, 1109-1114 日本病院薬剤師会雑誌, 53, 9, 1109-1114 日本病院薬剤師会雑誌, 53, 9, 1109-1114 2017/09 日本語 公開
Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Taxanes and platinum derivatives impair Schwann cells via distinct mechanisms Taxanes and platinum derivatives impair Schwann cells via distinct mechanisms Taxanes and platinum derivatives impair Schwann cells via distinct mechanisms SCIENTIFIC REPORTS, 7, 1, 5947 SCIENTIFIC REPORTS, 7, 1, 5947 SCIENTIFIC REPORTS, 7, 1, 5947 2017/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Masato Takeuchi, Ikuko Yano, Satoko Ito, Mitsuhiro Sugimoto, Shota Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Masato Takeuchi, Ikuko Yano, Satoko Ito, Mitsuhiro Sugimoto, Shota Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Masato Takeuchi, Ikuko Yano, Satoko Ito, Mitsuhiro Sugimoto, Shota Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Population Pharmacokinetics of Topiramate in Japanese Pediatric and Adult Patients With Epilepsy Using Routinely Monitored Data Population Pharmacokinetics of Topiramate in Japanese Pediatric and Adult Patients With Epilepsy Using Routinely Monitored Data Population Pharmacokinetics of Topiramate in Japanese Pediatric and Adult Patients With Epilepsy Using Routinely Monitored Data THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 39, 2, 124-131 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 39, 2, 124-131 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 39, 2, 124-131 2017/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshitaka Nishikawa, Taro Funakoshi, Takahiro Horimatsu, Shin'ichi Miyamoto, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Manabu Muto Yoshitaka Nishikawa, Taro Funakoshi, Takahiro Horimatsu, Shin'ichi Miyamoto, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Manabu Muto Yoshitaka Nishikawa, Taro Funakoshi, Takahiro Horimatsu, Shin'ichi Miyamoto, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Manabu Muto Accumulation of alpha-fluoro-beta-alanine and fluoro mono acetate in a patient with 5-fluorouracil-associated hyperammonemia Accumulation of alpha-fluoro-beta-alanine and fluoro mono acetate in a patient with 5-fluorouracil-associated hyperammonemia Accumulation of alpha-fluoro-beta-alanine and fluoro mono acetate in a patient with 5-fluorouracil-associated hyperammonemia CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79, 3, 629-633 CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79, 3, 629-633 CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 79, 3, 629-633 2017/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Yui Nakazato, Mayuna Matsumoto, Takashi Ogihara, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Differential effects of taxanes and platinum derivatives on cultured Schwann cells Differential effects of taxanes and platinum derivatives on cultured Schwann cells Differential effects of taxanes and platinum derivatives on cultured Schwann cells Sci Rep, In press Sci Rep, In press Sci Rep, In press 2017 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yuki Otani, Atushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Yuki Otani, Atushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Yuki Otani, Atushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satoshi Imai, Yasuaki Ikemi, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Time-Dependent Structural Alteration of Rituximab Analyzed by LC/TOF-MS after a Systemic Administration to Rats Time-Dependent Structural Alteration of Rituximab Analyzed by LC/TOF-MS after a Systemic Administration to Rats Time-Dependent Structural Alteration of Rituximab Analyzed by LC/TOF-MS after a Systemic Administration to Rats PLOS ONE, 12, 1 PLOS ONE, 12, 1 PLOS ONE, 12, 1 2017/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yonezawa A Yonezawa A Yonezawa A Clinical pharmacology of therapeutic antibodies for precision medicine Clinical pharmacology of therapeutic antibodies for precision medicine Clinical pharmacology of therapeutic antibodies for precision medicine Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 48, 3, 99-103 Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 48, 3, 99-103 Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 48, 3, 99-103 2017 公開
松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 中川貴之, 矢野育子, 吉貴達寛, 松原和夫 松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 中川貴之, 矢野育子, 吉貴達寛, 松原和夫 松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 中川貴之, 矢野育子, 吉貴達寛, 松原和夫 LC/QTOF‐MSによるフィルグラスチムバイオ後続品の定性・成分分析 LC/QTOF‐MSによるフィルグラスチムバイオ後続品の定性・成分分析 Qualitative Component Analysis of Filgrastim Biosimilars by LC/QTOF-MS 医療薬学, 42, 9, 613‐619 医療薬学, 42, 9, 613‐619 医療薬学, 42, 9, 613‐619 2016/09/10 日本語 公開
Yutaka Kuroda, Ryuta Asada, Kazutaka So, Atsushi Yonezawa, Manabu Nankaku, Kumi Mukai, Toshiko Ito-Ihara, Harue Tada, Michio Yamamoto, Toshinori Murayama, Satoshi Morita, Yasuhiko Tabata, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama Yutaka Kuroda, Ryuta Asada, Kazutaka So, Atsushi Yonezawa, Manabu Nankaku, Kumi Mukai, Toshiko Ito-Ihara, Harue Tada, Michio Yamamoto, Toshinori Murayama, Satoshi Morita, Yasuhiko Tabata, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama Yutaka Kuroda, Ryuta Asada, Kazutaka So, Atsushi Yonezawa, Manabu Nankaku, Kumi Mukai, Toshiko Ito-Ihara, Harue Tada, Michio Yamamoto, Toshinori Murayama, Satoshi Morita, Yasuhiko Tabata, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Shuichi Matsuda, Haruhiko Akiyama A pilot study of regenerative therapy using controlled release of recombinant human fibroblast growth factor for patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head A pilot study of regenerative therapy using controlled release of recombinant human fibroblast growth factor for patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head A pilot study of regenerative therapy using controlled release of recombinant human fibroblast growth factor for patients with pre-collapse osteonecrosis of the femoral head INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS, 40, 8, 1747-1754 INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS, 40, 8, 1747-1754 INTERNATIONAL ORTHOPAEDICS, 40, 8, 1747-1754 2016/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Kaori Yamanishi, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Kazuo Matsubara Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Kaori Yamanishi, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Kazuo Matsubara Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Kaori Yamanishi, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Satoshi Imai, Tomohiro Omura, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Kazuo Matsubara Disruption of Slc52a3 gene causes neonatal lethality with riboflavin deficiency in mice Disruption of Slc52a3 gene causes neonatal lethality with riboflavin deficiency in mice Disruption of Slc52a3 gene causes neonatal lethality with riboflavin deficiency in mice SCIENTIFIC REPORTS, 6 SCIENTIFIC REPORTS, 6 SCIENTIFIC REPORTS, 6 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Satoko Ito, Ikuko Yano, Sachiyo Hashi, Masahiro Tsuda, Mitsuhiro Sugimoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Satoko Ito, Ikuko Yano, Sachiyo Hashi, Masahiro Tsuda, Mitsuhiro Sugimoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Satoko Ito, Ikuko Yano, Sachiyo Hashi, Masahiro Tsuda, Mitsuhiro Sugimoto, Atsushi Yonezawa, Akio Ikeda, Kazuo Matsubara Population Pharmacokinetic Modeling of Levetiracetam in Pediatric and Adult Patients With Epilepsy by Using Routinely Monitored Data Population Pharmacokinetic Modeling of Levetiracetam in Pediatric and Adult Patients With Epilepsy by Using Routinely Monitored Data Population Pharmacokinetic Modeling of Levetiracetam in Pediatric and Adult Patients With Epilepsy by Using Routinely Monitored Data THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 38, 3, 371-378 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 38, 3, 371-378 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 38, 3, 371-378 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
櫻井香織, 尾崎淳子, 矢野育子, 安達昂一郎, 木村嘉彦, 松村勝之, 西脇布貴, 吉田優子, 池見泰明, 萱野勇一郎, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 櫻井香織, 尾崎淳子, 矢野育子, 安達昂一郎, 木村嘉彦, 松村勝之, 西脇布貴, 吉田優子, 池見泰明, 萱野勇一郎, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 櫻井香織, 尾崎淳子, 矢野育子, 安達昂一郎, 木村嘉彦, 松村勝之, 西脇布貴, 吉田優子, 池見泰明, 萱野勇一郎, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 病院と薬局の合意に基づく院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコルとその効果 病院と薬局の合意に基づく院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコルとその効果 Protocol for Unrequired Inquiries about the Prescription to Doctors under the Agreement between the Hospital and Community Pharmacies 医療薬学, 42, 5, 336‐342 医療薬学, 42, 5, 336‐342 医療薬学, 42, 5, 336‐342 2016/05/10 日本語 公開
片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 端幸代, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 端幸代, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 KATADA YOSHIKI, NAKAGAWA SHUNSAKU, TAUE HIROMI, TSUDA MASAHIRO, TSUZUKI TETSUNORI, HATA SACHIYO, ODAKA MIZUHO, YONEZAWA ATSUSHI, KAYANO YUICHIRO, YANO IKUKO, MINAKATA KENJI, SAKATA RYUZO, MATSUBARA KAZUO プロトコルに基づいた薬物治療管理の臨床アウトカム評価~TDMオーダを含めたバンコマイシン処方設計支援~ プロトコルに基づいた薬物治療管理の臨床アウトカム評価~TDMオーダを含めたバンコマイシン処方設計支援~ Clinical Outcomes of Vancomycin Therapy by the Protocol-Based Pharmacotherapy Management (PBPM) including TDM-Order 医療薬学, 42, 1, 14-22 医療薬学, 42, 1, 14-22 医療薬学, 42, 1, 14-22 2016/01/10 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Cariad Chester, Narendiran Rajasekaran, Holbrook E. Kohrt Atsushi Yonezawa, Cariad Chester, Narendiran Rajasekaran, Holbrook E. Kohrt Atsushi Yonezawa, Cariad Chester, Narendiran Rajasekaran, Holbrook E. Kohrt Harnessing the innate immune system to treat cancer: Enhancement of antibody-dependent cellular cytotoxicity with anti-CD137 Ab Harnessing the innate immune system to treat cancer: Enhancement of antibody-dependent cellular cytotoxicity with anti-CD137 Ab Harnessing the innate immune system to treat cancer: Enhancement of antibody-dependent cellular cytotoxicity with anti-CD137 Ab Chinese Clinical Oncology, 5, 1 Chinese Clinical Oncology, 5, 1 Chinese Clinical Oncology, 5, 1 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Misaki Kawanishi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Misaki Kawanishi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara Kazuaki Yoshimura, Ikuko Yano, Misaki Kawanishi, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara Pharmacokinetics and pharmacodynamics of mycophenolic acid in Nagase analbuminemic rats: Evaluation of protein binding effects using the modeling and simulation approach Pharmacokinetics and pharmacodynamics of mycophenolic acid in Nagase analbuminemic rats: Evaluation of protein binding effects using the modeling and simulation approach Pharmacokinetics and pharmacodynamics of mycophenolic acid in Nagase analbuminemic rats: Evaluation of protein binding effects using the modeling and simulation approach DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30, 6, 441-448 DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30, 6, 441-448 DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 30, 6, 441-448 2015/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mizuho Odaka, Kenji Minakata, Hideaki Toyokuni, Kazuhiro Yamazaki, Atsushi Yonezawa, Ryuzo Sakata, Kazuo Matsubara Mizuho Odaka, Kenji Minakata, Hideaki Toyokuni, Kazuhiro Yamazaki, Atsushi Yonezawa, Ryuzo Sakata, Kazuo Matsubara Mizuho Odaka, Kenji Minakata, Hideaki Toyokuni, Kazuhiro Yamazaki, Atsushi Yonezawa, Ryuzo Sakata, Kazuo Matsubara A novel protocol for antibiotic prophylaxis based on preoperative kidney function in patients undergoing open heart surgery under cardiopulmonary bypass A novel protocol for antibiotic prophylaxis based on preoperative kidney function in patients undergoing open heart surgery under cardiopulmonary bypass A novel protocol for antibiotic prophylaxis based on preoperative kidney function in patients undergoing open heart surgery under cardiopulmonary bypass General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 63, 8, 446-452 General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 63, 8, 446-452 General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 63, 8, 446-452 2015/08/18 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa, Moto Kajiwara, Ikuko Minami, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Kazuo Matsubara Atsushi Yonezawa, Moto Kajiwara, Ikuko Minami, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Kazuo Matsubara Atsushi Yonezawa, Moto Kajiwara, Ikuko Minami, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Kazuo Matsubara The Contribution of GMP-grade Hospital Preparation to Translational Research The Contribution of GMP-grade Hospital Preparation to Translational Research The Contribution of GMP-grade Hospital Preparation to Translational Research YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 135, 8, 943-947 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 135, 8, 943-947 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 135, 8, 943-947 2015/08 日本語 公開
Satoshi Koyama, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Satoshi Koyama, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Satoshi Koyama, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Satoshi Imai, Shunsaku Nakagawa, Takayuki Nakagawa, Ikuko Yano, Kazuo Matsubara Gefitinib and Erlotinib Lead to Phosphorylation of Eukaryotic Initiation Factor 2 Alpha Independent of Epidermal Growth Factor Receptor in A549 Cells Gefitinib and Erlotinib Lead to Phosphorylation of Eukaryotic Initiation Factor 2 Alpha Independent of Epidermal Growth Factor Receptor in A549 Cells Gefitinib and Erlotinib Lead to Phosphorylation of Eukaryotic Initiation Factor 2 Alpha Independent of Epidermal Growth Factor Receptor in A549 Cells PLOS ONE, 10, 8 PLOS ONE, 10, 8 PLOS ONE, 10, 8 2015/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Cariad Chester, Jeewon Kim, Holbrook E. Kohrt Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Cariad Chester, Jeewon Kim, Holbrook E. Kohrt Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Cariad Chester, Jeewon Kim, Holbrook E. Kohrt Boosting Cancer Immunotherapy with Anti-CD137 Antibody Therapy Boosting Cancer Immunotherapy with Anti-CD137 Antibody Therapy Boosting Cancer Immunotherapy with Anti-CD137 Antibody Therapy CLINICAL CANCER RESEARCH, 21, 14, 3113-3120 CLINICAL CANCER RESEARCH, 21, 14, 3113-3120 CLINICAL CANCER RESEARCH, 21, 14, 3113-3120 2015/07 英語 公開
Kazuhiko Nakano, Hitoshi Ando, Shinsuke Kurokawa, Keiko Hosohata, Kentarou Ushijima, Makoto Takada, Masato Tateishi, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Ken-ichi Inui, Tatsuo Morita, Akio Fujimura Kazuhiko Nakano, Hitoshi Ando, Shinsuke Kurokawa, Keiko Hosohata, Kentarou Ushijima, Makoto Takada, Masato Tateishi, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Ken-ichi Inui, Tatsuo Morita, Akio Fujimura Kazuhiko Nakano, Hitoshi Ando, Shinsuke Kurokawa, Keiko Hosohata, Kentarou Ushijima, Makoto Takada, Masato Tateishi, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Ken-ichi Inui, Tatsuo Morita, Akio Fujimura Association of decreased mRNA expression of multidrug and toxin extrusion protein 1 in peripheral blood cells with the development of flutamide-induced liver injury Association of decreased mRNA expression of multidrug and toxin extrusion protein 1 in peripheral blood cells with the development of flutamide-induced liver injury Association of decreased mRNA expression of multidrug and toxin extrusion protein 1 in peripheral blood cells with the development of flutamide-induced liver injury CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 75, 6, 1191-1197 CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 75, 6, 1191-1197 CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 75, 6, 1191-1197 2015/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kumagai M, Marui A, Tabata Y, Takeda T, Yamamoto M, Yonezawa A, Tanaka S, Yanagi S, Ito-Ihara T, Ikeda T, Murayama T, Teramukai S, Katsura T, Matsubara K, Kawakami K, Yokode M, Shimizu A, Sakata R Kumagai M, Marui A, Tabata Y, Takeda T, Yamamoto M, Yonezawa A, Tanaka S, Yanagi S, Ito-Ihara T, Ikeda T, Murayama T, Teramukai S, Katsura T, Matsubara K, Kawakami K, Yokode M, Shimizu A, Sakata R Kumagai M, Marui A, Tabata Y, Takeda T, Yamamoto M, Yonezawa A, Tanaka S, Yanagi S, Ito-Ihara T, Ikeda T, Murayama T, Teramukai S, Katsura T, Matsubara K, Kawakami K, Yokode M, Shimizu A, Sakata R Safety and efficacy of sustained release of basic fibroblast growth factor using gelatin hydrogel in patients with critical limb ischemia. Safety and efficacy of sustained release of basic fibroblast growth factor using gelatin hydrogel in patients with critical limb ischemia. Safety and efficacy of sustained release of basic fibroblast growth factor using gelatin hydrogel in patients with critical limb ischemia. Heart and vessels, 31, 5, 721-721 Heart and vessels, 31, 5, 721-721 Heart and vessels, 31, 5, 721-721 2015/04 公開
Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury American Journal of Physiology - Renal Physiology, 307, 12, F1404-F1411 American Journal of Physiology - Renal Physiology, 307, 12, F1404-F1411 American Journal of Physiology - Renal Physiology, 307, 12, F1404-F1411 2014/12/15 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Ikuko Yano, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury Extracellular nucleotides from dying cells act as molecular signals to promote wound repair in renal tubular injury AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 307, 12, F1404-F1411 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 307, 12, F1404-F1411 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 307, 12, F1404-F1411 2014/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takayuki Nakagawa, Kozo Kumakawa, Shin-ichi Usami, Naohito Hato, Keiji Tabuchi, Mariko Takahashi, Keizo Fujiwara, Akira Sasaki, Shizuo Komune, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Norio Yamamoto, Shiro Tanaka, Harue Tada, Michio Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Juichi Ito Takayuki Nakagawa, Kozo Kumakawa, Shin-ichi Usami, Naohito Hato, Keiji Tabuchi, Mariko Takahashi, Keizo Fujiwara, Akira Sasaki, Shizuo Komune, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Norio Yamamoto, Shiro Tanaka, Harue Tada, Michio Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Juichi Ito Takayuki Nakagawa, Kozo Kumakawa, Shin-ichi Usami, Naohito Hato, Keiji Tabuchi, Mariko Takahashi, Keizo Fujiwara, Akira Sasaki, Shizuo Komune, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Norio Yamamoto, Shiro Tanaka, Harue Tada, Michio Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Akira Shimizu, Yasuhiko Tabata, Juichi Ito A randomized controlled clinical trial of topical insulin-like growth factor-1 therapy for sudden deafness refractory to systemic corticosteroid treatment A randomized controlled clinical trial of topical insulin-like growth factor-1 therapy for sudden deafness refractory to systemic corticosteroid treatment A randomized controlled clinical trial of topical insulin-like growth factor-1 therapy for sudden deafness refractory to systemic corticosteroid treatment BMC MEDICINE, 12, 1 BMC MEDICINE, 12, 1 BMC MEDICINE, 12, 1 2014/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis ENDOCRINE JOURNAL, 61, 7, 735-742 ENDOCRINE JOURNAL, 61, 7, 735-742 ENDOCRINE JOURNAL, 61, 7, 735-742 2014/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Miwa Uesugi, Mio Kikuchi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Yasuhiro Fujimoto, Shinya Okamoto, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Satohiro Masuda Miwa Uesugi, Mio Kikuchi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Yasuhiro Fujimoto, Shinya Okamoto, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Satohiro Masuda Miwa Uesugi, Mio Kikuchi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Yasuhiro Fujimoto, Shinya Okamoto, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Satohiro Masuda Impact of cytochrome P450 3A5 polymorphism in graft livers on the frequency of acute cellular rejection in living-donor liver transplantation Impact of cytochrome P450 3A5 polymorphism in graft livers on the frequency of acute cellular rejection in living-donor liver transplantation Impact of cytochrome P450 3A5 polymorphism in graft livers on the frequency of acute cellular rejection in living-donor liver transplantation PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 24, 7, 356-366 PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 24, 7, 356-366 PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 24, 7, 356-366 2014/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
S. Hashi, S. Masuda, M. Kikuchi, M. Uesugi, I. Yano, T. Omura, A. Yonezawa, Y. Fujimoto, K. Ogawa, T. Kaido, S. Uemoto, K. Matsubara S. Hashi, S. Masuda, M. Kikuchi, M. Uesugi, I. Yano, T. Omura, A. Yonezawa, Y. Fujimoto, K. Ogawa, T. Kaido, S. Uemoto, K. Matsubara S. Hashi, S. Masuda, M. Kikuchi, M. Uesugi, I. Yano, T. Omura, A. Yonezawa, Y. Fujimoto, K. Ogawa, T. Kaido, S. Uemoto, K. Matsubara Assessment of Four Methodologies (Microparticle Enzyme Immunoassay, Chemiluminescent Enzyme Immunoassay, Affinity Column-Mediated Immunoassay, and Flow Injection Assay-Tandem Mass Spectrometry) for Measuring Tacrolimus Blood Concentration in Japanese Liver Transplant Recipients Assessment of Four Methodologies (Microparticle Enzyme Immunoassay, Chemiluminescent Enzyme Immunoassay, Affinity Column-Mediated Immunoassay, and Flow Injection Assay-Tandem Mass Spectrometry) for Measuring Tacrolimus Blood Concentration in Japanese Liver Transplant Recipients Assessment of Four Methodologies (Microparticle Enzyme Immunoassay, Chemiluminescent Enzyme Immunoassay, Affinity Column-Mediated Immunoassay, and Flow Injection Assay-Tandem Mass Spectrometry) for Measuring Tacrolimus Blood Concentration in Japanese Liver Transplant Recipients TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 46, 3, 758-760 TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 46, 3, 758-760 TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 46, 3, 758-760 2014/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mio Kikuchi, Yuki Okuda, Yoshihide Ueda, Yuki Nishioka, Miwa Uesugi, Emina Hashimoto, Tamotsu Takahashi, Tomoki Kawai, Sachiyo Hashi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takashi Ito, Yasuhiro Fujimoto, Toshimi Kaido, Tsutomu Chiba, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara, Satohiro Masuda Mio Kikuchi, Yuki Okuda, Yoshihide Ueda, Yuki Nishioka, Miwa Uesugi, Emina Hashimoto, Tamotsu Takahashi, Tomoki Kawai, Sachiyo Hashi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takashi Ito, Yasuhiro Fujimoto, Toshimi Kaido, Tsutomu Chiba, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara, Satohiro Masuda Mio Kikuchi, Yuki Okuda, Yoshihide Ueda, Yuki Nishioka, Miwa Uesugi, Emina Hashimoto, Tamotsu Takahashi, Tomoki Kawai, Sachiyo Hashi, Haruka Shinke, Tomohiro Omura, Atsushi Yonezawa, Takashi Ito, Yasuhiro Fujimoto, Toshimi Kaido, Tsutomu Chiba, Shinji Uemoto, Kazuo Matsubara, Satohiro Masuda Successful Telaprevir Treatment in Combination of Cyclosporine against Recurrence of Hepatitis C in the Japanese Liver Transplant Patients Successful Telaprevir Treatment in Combination of Cyclosporine against Recurrence of Hepatitis C in the Japanese Liver Transplant Patients Successful Telaprevir Treatment in Combination of Cyclosporine against Recurrence of Hepatitis C in the Japanese Liver Transplant Patients BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 37, 3, 417-423 BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 37, 3, 417-423 BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 37, 3, 417-423 2014/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
A. Reghan Foley, Manoj P. Menezes, Amelie Pandraud, Michael A. Gonzalez, Ahmad Al-Odaib, Alexander J. Abrams, Kumiko Sugano, Atsushi Yonezawa, Adnan Y. Manzur, Joshua Burns, Imelda Hughes, B. Gary McCullagh, Heinz Jungbluth, Ming J. Lim, Jean-Pierre Lin, Andre Megarbane, J. Andoni Urtizberea, Ayaz H. Shah, Jayne Antony, Richard Webster, Alexander Broomfield, Joanne Ng, Ann A. Mathew, James J. O'Byrne, Eva Forman, Mariacristina Scoto, Manish Prasad, Katherine O'Brien, Simon Olpin, Marcus Oppenheim, Iain Hargreaves, John M. Land, Min X. Wang, Kevin Carpenter, Rita Horvath, Volker Straub, Monkol Lek, Wendy Gold, Michael O. Farrell, Sebastian Brandner, Rahul Phadke, Kazuo Matsubara, Michael L. McGarvey, Steven S. Scherer, Peter S. Baxter, Mary D. King, Peter Clayton, Shamima Rahman, Mary M. Reilly, Robert A. Ouvrier, John Christodoulou, Stephan Zuechner, Francesco Muntoni, Henry Houlden A. Reghan Foley, Manoj P. Menezes, Amelie Pandraud, Michael A. Gonzalez, Ahmad Al-Odaib, Alexander J. Abrams, Kumiko Sugano, Atsushi Yonezawa, Adnan Y. Manzur, Joshua Burns, Imelda Hughes, B. Gary McCullagh, Heinz Jungbluth, Ming J. Lim, Jean-Pierre Lin, Andre Megarbane, J. Andoni Urtizberea, Ayaz H. Shah, Jayne Antony, Richard Webster, Alexander Broomfield, Joanne Ng, Ann A. Mathew, James J. O'Byrne, Eva Forman, Mariacristina Scoto, Manish Prasad, Katherine O'Brien, Simon Olpin, Marcus Oppenheim, Iain Hargreaves, John M. Land, Min X. Wang, Kevin Carpenter, Rita Horvath, Volker Straub, Monkol Lek, Wendy Gold, Michael O. Farrell, Sebastian Brandner, Rahul Phadke, Kazuo Matsubara, Michael L. McGarvey, Steven S. Scherer, Peter S. Baxter, Mary D. King, Peter Clayton, Shamima Rahman, Mary M. Reilly, Robert A. Ouvrier, John Christodoulou, Stephan Zuechner, Francesco Muntoni, Henry Houlden A. Reghan Foley, Manoj P. Menezes, Amelie Pandraud, Michael A. Gonzalez, Ahmad Al-Odaib, Alexander J. Abrams, Kumiko Sugano, Atsushi Yonezawa, Adnan Y. Manzur, Joshua Burns, Imelda Hughes, B. Gary McCullagh, Heinz Jungbluth, Ming J. Lim, Jean-Pierre Lin, Andre Megarbane, J. Andoni Urtizberea, Ayaz H. Shah, Jayne Antony, Richard Webster, Alexander Broomfield, Joanne Ng, Ann A. Mathew, James J. O'Byrne, Eva Forman, Mariacristina Scoto, Manish Prasad, Katherine O'Brien, Simon Olpin, Marcus Oppenheim, Iain Hargreaves, John M. Land, Min X. Wang, Kevin Carpenter, Rita Horvath, Volker Straub, Monkol Lek, Wendy Gold, Michael O. Farrell, Sebastian Brandner, Rahul Phadke, Kazuo Matsubara, Michael L. McGarvey, Steven S. Scherer, Peter S. Baxter, Mary D. King, Peter Clayton, Shamima Rahman, Mary M. Reilly, Robert A. Ouvrier, John Christodoulou, Stephan Zuechner, Francesco Muntoni, Henry Houlden Treatable childhood neuronopathy caused by mutations in riboflavin transporter RFVT2 Treatable childhood neuronopathy caused by mutations in riboflavin transporter RFVT2 Treatable childhood neuronopathy caused by mutations in riboflavin transporter RFVT2 BRAIN, 137, 1, 44-56 BRAIN, 137, 1, 44-56 BRAIN, 137, 1, 44-56 2014/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Kazuo Matsubara Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Kazuo Matsubara Hiroki Yoshimatsu, Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Kumiko Sugano, Shunsaku Nakagawa, Tomohiro Omura, Kazuo Matsubara Functional involvement of RFVT3/SLC52A3 in intestinal riboflavin absorption Functional involvement of RFVT3/SLC52A3 in intestinal riboflavin absorption Functional involvement of RFVT3/SLC52A3 in intestinal riboflavin absorption AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 306, 2, G102-G110 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 306, 2, G102-G110 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY, 306, 2, G102-G110 2014/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koji Kato, Haruyuki Mori, Tomoko Kito, Miyu Yokochi, Sumito Ito, Katsuhisa Inoue, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Yuji Kumagai, Hiroaki Yuasa, Yoshinori Moriyama, Ken-ichi Inui, Hiroyuki Kusuhara, Yuichi Sugiyama Koji Kato, Haruyuki Mori, Tomoko Kito, Miyu Yokochi, Sumito Ito, Katsuhisa Inoue, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Yuji Kumagai, Hiroaki Yuasa, Yoshinori Moriyama, Ken-ichi Inui, Hiroyuki Kusuhara, Yuichi Sugiyama Koji Kato, Haruyuki Mori, Tomoko Kito, Miyu Yokochi, Sumito Ito, Katsuhisa Inoue, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Yuji Kumagai, Hiroaki Yuasa, Yoshinori Moriyama, Ken-ichi Inui, Hiroyuki Kusuhara, Yuichi Sugiyama Investigation of Endogenous Compounds for Assessing the Drug Interactions in the Urinary Excretion Involving Multidrug and Toxin Extrusion Proteins Investigation of Endogenous Compounds for Assessing the Drug Interactions in the Urinary Excretion Involving Multidrug and Toxin Extrusion Proteins Investigation of Endogenous Compounds for Assessing the Drug Interactions in the Urinary Excretion Involving Multidrug and Toxin Extrusion Proteins PHARMACEUTICAL RESEARCH, 31, 1, 136-147 PHARMACEUTICAL RESEARCH, 31, 1, 136-147 PHARMACEUTICAL RESEARCH, 31, 1, 136-147 2014/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Takahide Takeda, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Shigeki Yanagi, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Toshinori Murayama, Satoshi Teramukai, Toshiya Katsura, Kazuo Matsubara, Koji Kawakami, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Takahide Takeda, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Shigeki Yanagi, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Toshinori Murayama, Satoshi Teramukai, Toshiya Katsura, Kazuo Matsubara, Koji Kawakami, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Takahide Takeda, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Shigeki Yanagi, Toshiko Ito-Ihara, Takafumi Ikeda, Toshinori Murayama, Satoshi Teramukai, Toshiya Katsura, Kazuo Matsubara, Koji Kawakami, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata Safety and Efficacy of Sustained Release of Basic Fibroblast growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel in Patients With Critical Limb Ischemia Safety and Efficacy of Sustained Release of Basic Fibroblast growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel in Patients With Critical Limb Ischemia Safety and Efficacy of Sustained Release of Basic Fibroblast growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel in Patients With Critical Limb Ischemia CIRCULATION, 128, 22, 16154.0 CIRCULATION, 128, 22, 16154.0 CIRCULATION, 128, 22, 16154.0 2013/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Tomohiro Omura, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Tomohiro Omura, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Tomohiro Omura, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara Involvement of riboflavin transporter RFVT2/Slc52a2 in hepatic homeostasis of riboflavin in mice Involvement of riboflavin transporter RFVT2/Slc52a2 in hepatic homeostasis of riboflavin in mice Involvement of riboflavin transporter RFVT2/Slc52a2 in hepatic homeostasis of riboflavin in mice EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 714, 1-3, 281-287 EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 714, 1-3, 281-287 EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 714, 1-3, 281-287 2013/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Haruka Nakanishi, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Ikuko Yano Haruka Nakanishi, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Ikuko Yano Haruka Nakanishi, Atsushi Yonezawa, Kazuo Matsubara, Ikuko Yano Impact of P-glycoprotein and breast cancer resistance protein on the brain distribution of antiepileptic drugs in knockout mouse models Impact of P-glycoprotein and breast cancer resistance protein on the brain distribution of antiepileptic drugs in knockout mouse models Impact of P-glycoprotein and breast cancer resistance protein on the brain distribution of antiepileptic drugs in knockout mouse models European Journal of Pharmacology, 710, 1-3, 20-28 European Journal of Pharmacology, 710, 1-3, 20-28 European Journal of Pharmacology, 710, 1-3, 20-28 2013/06/15 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Novel riboflavin transporter family RFVT/SLC52: Identification, nomenclature, functional characterization and genetic diseases of RFVT/SLC52 Novel riboflavin transporter family RFVT/SLC52: Identification, nomenclature, functional characterization and genetic diseases of RFVT/SLC52 Novel riboflavin transporter family RFVT/SLC52: Identification, nomenclature, functional characterization and genetic diseases of RFVT/SLC52 MOLECULAR ASPECTS OF MEDICINE, 34, 2-3, 693-701 MOLECULAR ASPECTS OF MEDICINE, 34, 2-3, 693-701 MOLECULAR ASPECTS OF MEDICINE, 34, 2-3, 693-701 2013/04 英語 公開
Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui MATE (SLC47) Family MATE (SLC47) Family MATE (SLC47) Family Pharmacogenomics of Human Drug Transporters: Clinical Impacts, 209-222 Pharmacogenomics of Human Drug Transporters: Clinical Impacts, 209-222 Pharmacogenomics of Human Drug Transporters: Clinical Impacts, 209-222 2013/03/15 英語 公開
Tomohiro Omura, Masaru Asari, Joe Yamamoto, Kumiko Oka, Chisato Hoshina, Chikatoshi Maseda, Toshio Awaya, Yoshikazu Tasaki, Hiroshi Shiono, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Keiko Shimizu Tomohiro Omura, Masaru Asari, Joe Yamamoto, Kumiko Oka, Chisato Hoshina, Chikatoshi Maseda, Toshio Awaya, Yoshikazu Tasaki, Hiroshi Shiono, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Keiko Shimizu Tomohiro Omura, Masaru Asari, Joe Yamamoto, Kumiko Oka, Chisato Hoshina, Chikatoshi Maseda, Toshio Awaya, Yoshikazu Tasaki, Hiroshi Shiono, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Kazuo Matsubara, Keiko Shimizu Sodium tauroursodeoxycholate prevents paraquat-induced cell death by suppressing endoplasmic reticulum stress responses in human lung epithelial A549 cells Sodium tauroursodeoxycholate prevents paraquat-induced cell death by suppressing endoplasmic reticulum stress responses in human lung epithelial A549 cells Sodium tauroursodeoxycholate prevents paraquat-induced cell death by suppressing endoplasmic reticulum stress responses in human lung epithelial A549 cells BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 432, 4, 689-694 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 432, 4, 689-694 BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 432, 4, 689-694 2013/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Haruka Shinke, Aiko Ozawa, Takaharu Ichimura, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Ken-ichi Inui, Joseph V. Bonventre, Kazuo Matsubara Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Haruka Shinke, Aiko Ozawa, Takaharu Ichimura, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Ken-ichi Inui, Joseph V. Bonventre, Kazuo Matsubara Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Haruka Shinke, Aiko Ozawa, Takaharu Ichimura, Atsushi Yonezawa, Shunsaku Nakagawa, Ken-ichi Inui, Joseph V. Bonventre, Kazuo Matsubara Urinary chemokine (C-C motif) ligand 2 (monocyte chemotactic protein-1) as a tubular injury marker for early detection of cisplatin-induced nephrotoxicity Urinary chemokine (C-C motif) ligand 2 (monocyte chemotactic protein-1) as a tubular injury marker for early detection of cisplatin-induced nephrotoxicity Urinary chemokine (C-C motif) ligand 2 (monocyte chemotactic protein-1) as a tubular injury marker for early detection of cisplatin-induced nephrotoxicity BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 85, 4, 570-582 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 85, 4, 570-582 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 85, 4, 570-582 2013/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tobias B. Haack, Christine Makowski, Yoshiaki Yao, Elisabeth Graf, Maja Hempel, Thomas Wieland, Ulrike Tauer, Uwe Ahting, Johannes A. Mayr, Peter Freisinger, Hiroki Yoshimatsu, Ken Inui, Tim M. Strom, Thomas Meitinger, Atsushi Yonezawa, Holger Prokisch Tobias B. Haack, Christine Makowski, Yoshiaki Yao, Elisabeth Graf, Maja Hempel, Thomas Wieland, Ulrike Tauer, Uwe Ahting, Johannes A. Mayr, Peter Freisinger, Hiroki Yoshimatsu, Ken Inui, Tim M. Strom, Thomas Meitinger, Atsushi Yonezawa, Holger Prokisch Tobias B. Haack, Christine Makowski, Yoshiaki Yao, Elisabeth Graf, Maja Hempel, Thomas Wieland, Ulrike Tauer, Uwe Ahting, Johannes A. Mayr, Peter Freisinger, Hiroki Yoshimatsu, Ken Inui, Tim M. Strom, Thomas Meitinger, Atsushi Yonezawa, Holger Prokisch Impaired riboflavin transport due to missense mutations in SLC52A2 causes Brown-Vialetto-Van Laere syndrome Impaired riboflavin transport due to missense mutations in SLC52A2 causes Brown-Vialetto-Van Laere syndrome Impaired riboflavin transport due to missense mutations in SLC52A2 causes Brown-Vialetto-Van Laere syndrome JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE, 35, 6, 943-948 JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE, 35, 6, 943-948 JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE, 35, 6, 943-948 2012/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
K. Toyama, A. Yonezawa, S. Masuda, R. Osawa, M. Hosokawa, S. Fujimoto, N. Inagaki, K. Inui, T. Katsura K. Toyama, A. Yonezawa, S. Masuda, R. Osawa, M. Hosokawa, S. Fujimoto, N. Inagaki, K. Inui, T. Katsura K. Toyama, A. Yonezawa, S. Masuda, R. Osawa, M. Hosokawa, S. Fujimoto, N. Inagaki, K. Inui, T. Katsura Loss of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) is associated with metformin-induced lactic acidosis Loss of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) is associated with metformin-induced lactic acidosis Loss of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) is associated with metformin-induced lactic acidosis BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 166, 3, 1183-1191 BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 166, 3, 1183-1191 BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 166, 3, 1183-1191 2012/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa Atsushi Yonezawa Atsushi Yonezawa Molecular mechanism underlying delivery of platinum agents to the cancer and kidney Molecular mechanism underlying delivery of platinum agents to the cancer and kidney Molecular mechanism underlying delivery of platinum agents to the cancer and kidney Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
A. Yonezawa A. Yonezawa Platinum agent-induced nephrotoxicity via organic cation transport System Platinum agent-induced nephrotoxicity via organic cation transport System Yakugaku Zasshi, 132, 11, 1281-1285 Yakugaku Zasshi, 132, 11, 1281-1285 , 132, 11, 1281-1285 2012 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Importance of the multidrug and toxin extrusion MATE/SLC47A family to pharmacokinetics, pharmacodynamics/toxicodynamics and pharmacogenomics Importance of the multidrug and toxin extrusion MATE/SLC47A family to pharmacokinetics, pharmacodynamics/toxicodynamics and pharmacogenomics Importance of the multidrug and toxin extrusion MATE/SLC47A family to pharmacokinetics, pharmacodynamics/toxicodynamics and pharmacogenomics BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 164, 7, 1817-1825 BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 164, 7, 1817-1825 BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 164, 7, 1817-1825 2011/12 英語 公開
Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui Organic cation transporter OCT/SLC22A and H+/organic cation antiporter MATE/SLC47A are key molecules for nephrotoxicity of platinum agents Organic cation transporter OCT/SLC22A and H+/organic cation antiporter MATE/SLC47A are key molecules for nephrotoxicity of platinum agents Organic cation transporter OCT/SLC22A and H+/organic cation antiporter MATE/SLC47A are key molecules for nephrotoxicity of platinum agents BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 81, 5, 563-568 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 81, 5, 563-568 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 81, 5, 563-568 2011/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Gladys Ho, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Keow G. Sim, Kevin Carpenter, Rikke K. J. Olsen, John J. Mitchell, William J. Rhead, Gregory Peters, John Christodoulou Gladys Ho, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Keow G. Sim, Kevin Carpenter, Rikke K. J. Olsen, John J. Mitchell, William J. Rhead, Gregory Peters, John Christodoulou Gladys Ho, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Ken-ichi Inui, Keow G. Sim, Kevin Carpenter, Rikke K. J. Olsen, John J. Mitchell, William J. Rhead, Gregory Peters, John Christodoulou Maternal Riboflavin Deficiency, Resulting in Transient Neonatal-Onset Glutaric Aciduria Type 2, Is Caused by a Microdeletion in the Riboflavin Transporter Gene GPR172B Maternal Riboflavin Deficiency, Resulting in Transient Neonatal-Onset Glutaric Aciduria Type 2, Is Caused by a Microdeletion in the Riboflavin Transporter Gene GPR172B Maternal Riboflavin Deficiency, Resulting in Transient Neonatal-Onset Glutaric Aciduria Type 2, Is Caused by a Microdeletion in the Riboflavin Transporter Gene GPR172B HUMAN MUTATION, 32, 1, E1976-E1984 HUMAN MUTATION, 32, 1, E1976-E1984 HUMAN MUTATION, 32, 1, E1976-E1984 2011/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takanori Nakamura, Atsushi Yonezawa, Shinya Hashimoto, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Takanori Nakamura, Atsushi Yonezawa, Shinya Hashimoto, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Takanori Nakamura, Atsushi Yonezawa, Shinya Hashimoto, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Disruption of multidrug and toxin extrusion MATE1 potentiates cisplatin-induced nephrotoxicity Disruption of multidrug and toxin extrusion MATE1 potentiates cisplatin-induced nephrotoxicity Disruption of multidrug and toxin extrusion MATE1 potentiates cisplatin-induced nephrotoxicity BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 80, 11, 1762-1767 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 80, 11, 1762-1767 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 80, 11, 1762-1767 2010/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takayuki Nakagawa, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Yayoi S. Kikkawa, Norio Yamamoto, Kiyomi Hamaguchi, Kazuya Ono, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Satoshi Teramukai, Shiro Tanaka, Harue Tada, Rie Onodera, Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui, Juichi Ito Takayuki Nakagawa, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Yayoi S. Kikkawa, Norio Yamamoto, Kiyomi Hamaguchi, Kazuya Ono, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Satoshi Teramukai, Shiro Tanaka, Harue Tada, Rie Onodera, Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui, Juichi Ito Takayuki Nakagawa, Tatsunori Sakamoto, Harukazu Hiraumi, Yayoi S. Kikkawa, Norio Yamamoto, Kiyomi Hamaguchi, Kazuya Ono, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Satoshi Teramukai, Shiro Tanaka, Harue Tada, Rie Onodera, Atsushi Yonezawa, Ken-ichi Inui, Juichi Ito Topical insulin-like growth factor 1 treatment using gelatin hydrogels for glucocorticoid-resistant sudden sensorineural hearing loss: a prospective clinical trial Topical insulin-like growth factor 1 treatment using gelatin hydrogels for glucocorticoid-resistant sudden sensorineural hearing loss: a prospective clinical trial Topical insulin-like growth factor 1 treatment using gelatin hydrogels for glucocorticoid-resistant sudden sensorineural hearing loss: a prospective clinical trial BMC MEDICINE, 8 BMC MEDICINE, 8 BMC MEDICINE, 8 2010/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Yoshiaki Yao, Atsushi Yonezawa, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Identification and Comparative Functional Characterization of a New Human Riboflavin Transporter hRFT3 Expressed in the Brain Identification and Comparative Functional Characterization of a New Human Riboflavin Transporter hRFT3 Expressed in the Brain Identification and Comparative Functional Characterization of a New Human Riboflavin Transporter hRFT3 Expressed in the Brain JOURNAL OF NUTRITION, 140, 7, 1220-1226 JOURNAL OF NUTRITION, 140, 7, 1220-1226 JOURNAL OF NUTRITION, 140, 7, 1220-1226 2010/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-ichi Inui Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-ichi Inui Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-ichi Inui Impact of Cyclin B2 and Cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats Impact of Cyclin B2 and Cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats Impact of Cyclin B2 and Cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 298, 4, F923-F934 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 298, 4, F923-F934 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 298, 4, F923-F934 2010/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-Ichi Inui Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-Ichi Inui Kumiko Nishihara, Satohiro Masuda, Shunsaku Nakagawa, Atsushi Yonezawa, Takaharu Ichimura, Joseph V. Bonventre, Ken-Ichi Inui Impact of cyclin B2 and cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats Impact of cyclin B2 and cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats Impact of cyclin B2 and cell division cycle 2 on tubular hyperplasia in progressive chronic renal failure rats American Journal of Physiology - Renal Physiology, 298, 4, F923-F934 American Journal of Physiology - Renal Physiology, 298, 4, F923-F934 American Journal of Physiology - Renal Physiology, 298, 4, F923-F934 2010/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satohiro Masuda, Ikuko Yano, Tomohiro Terada, Riyo Osawa, Toshiya Katsura, Masaya Hosokawa, Shimpei Fujimoto, Nobuya Inagaki, Ken-Ichi Inui Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satohiro Masuda, Ikuko Yano, Tomohiro Terada, Riyo Osawa, Toshiya Katsura, Masaya Hosokawa, Shimpei Fujimoto, Nobuya Inagaki, Ken-Ichi Inui Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satohiro Masuda, Ikuko Yano, Tomohiro Terada, Riyo Osawa, Toshiya Katsura, Masaya Hosokawa, Shimpei Fujimoto, Nobuya Inagaki, Ken-Ichi Inui Heterozygous variants of multidrug and toxin extrusions (MATE1 and MATE2-K) have little influence on the disposition of metformin in diabetic patients Heterozygous variants of multidrug and toxin extrusions (MATE1 and MATE2-K) have little influence on the disposition of metformin in diabetic patients Heterozygous variants of multidrug and toxin extrusions (MATE1 and MATE2-K) have little influence on the disposition of metformin in diabetic patients PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 20, 2, 135-138 PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 20, 2, 135-138 PHARMACOGENETICS AND GENOMICS, 20, 2, 135-138 2010/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Fumitaka Oike, Yasuhiro Ogura, Yasutsugu Takada, Hiroto Egawa, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Fumitaka Oike, Yasuhiro Ogura, Yasutsugu Takada, Hiroto Egawa, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Toshiya Katsura, Fumitaka Oike, Yasuhiro Ogura, Yasutsugu Takada, Hiroto Egawa, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui MDR1 Haplotypes Conferring an Increased Expression of Intestinal CYP3A4 Rather than MDR1 in Female Living-Donor Liver Transplant Patients MDR1 Haplotypes Conferring an Increased Expression of Intestinal CYP3A4 Rather than MDR1 in Female Living-Donor Liver Transplant Patients MDR1 Haplotypes Conferring an Increased Expression of Intestinal CYP3A4 Rather than MDR1 in Female Living-Donor Liver Transplant Patients PHARMACEUTICAL RESEARCH, 26, 7, 1590-1595 PHARMACEUTICAL RESEARCH, 26, 7, 1590-1595 PHARMACEUTICAL RESEARCH, 26, 7, 1590-1595 2009/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroto Egawa, Kaoru Taira, Satoshi Teramukai, Hironori Haga, Yoshihide Ueda, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Hiroaki Tsuji, Eishi Ashihara, Yasutsugu Takada, Shinji Uemoto Hiroto Egawa, Kaoru Taira, Satoshi Teramukai, Hironori Haga, Yoshihide Ueda, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Hiroaki Tsuji, Eishi Ashihara, Yasutsugu Takada, Shinji Uemoto Hiroto Egawa, Kaoru Taira, Satoshi Teramukai, Hironori Haga, Yoshihide Ueda, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Hiroaki Tsuji, Eishi Ashihara, Yasutsugu Takada, Shinji Uemoto Risk Factors for Recurrence of Primary Sclerosing Cholangitis After Living Donor Liver Transplantation: A Single Center Experience Risk Factors for Recurrence of Primary Sclerosing Cholangitis After Living Donor Liver Transplantation: A Single Center Experience Risk Factors for Recurrence of Primary Sclerosing Cholangitis After Living Donor Liver Transplantation: A Single Center Experience DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 54, 6, 1347-1354 DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 54, 6, 1347-1354 DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 54, 6, 1347-1354 2009/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Mitsuhiro Sugimoto, Yasutsugu Takada, Toshimi Kaido, Yasuhiro Ogura, Fumitaka Oike, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Mitsuhiro Sugimoto, Yasutsugu Takada, Toshimi Kaido, Yasuhiro Ogura, Fumitaka Oike, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui Keiko Hosohata, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Mitsuhiro Sugimoto, Yasutsugu Takada, Toshimi Kaido, Yasuhiro Ogura, Fumitaka Oike, Shinji Uemoto, Ken-ichi Inui Absence of Influence of Concomitant Administration of Rabeprazole on the Pharmacokinetics of Tacrolimus in Adult Living-donor Liver Transplant Patients: A Case-Control Study Absence of Influence of Concomitant Administration of Rabeprazole on the Pharmacokinetics of Tacrolimus in Adult Living-donor Liver Transplant Patients: A Case-Control Study Absence of Influence of Concomitant Administration of Rabeprazole on the Pharmacokinetics of Tacrolimus in Adult Living-donor Liver Transplant Patients: A Case-Control Study DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 24, 5, 458-463 DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 24, 5, 458-463 DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS, 24, 5, 458-463 2009 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Significance of Organic Cation Transporter 3 (SLC22A3) Expression for the Cytotoxic Effect of Oxaliplatin in Colorectal Cancer Significance of Organic Cation Transporter 3 (SLC22A3) Expression for the Cytotoxic Effect of Oxaliplatin in Colorectal Cancer Significance of Organic Cation Transporter 3 (SLC22A3) Expression for the Cytotoxic Effect of Oxaliplatin in Colorectal Cancer DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 36, 11, 2299-2306 DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 36, 11, 2299-2306 DRUG METABOLISM AND DISPOSITION, 36, 11, 2299-2306 2008/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tomoko Sato, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Tomoko Sato, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Tomoko Sato, Satohiro Masuda, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Transcellular transport of organic cations in double-transfected MDCK cells expressing human organic cation transporters hOCT1/hMATE1 and hOCT2/hMATE1 Transcellular transport of organic cations in double-transfected MDCK cells expressing human organic cation transporters hOCT1/hMATE1 and hOCT2/hMATE1 Transcellular transport of organic cations in double-transfected MDCK cells expressing human organic cation transporters hOCT1/hMATE1 and hOCT2/hMATE1 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 76, 7, 894-903 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 76, 7, 894-903 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 76, 7, 894-903 2008/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Identification and functional characterization of a novel human and rat riboflavin transporter, RFT1 Identification and functional characterization of a novel human and rat riboflavin transporter, RFT1 Identification and functional characterization of a novel human and rat riboflavin transporter, RFT1 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY, 295, 3, C632-C641 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY, 295, 3, C632-C641 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY, 295, 3, C632-C641 2008/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sachiko Yokoo, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Atsushi Fukatsu, Toshiya Katsura, Ken-Ichi Inui Sachiko Yokoo, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Atsushi Fukatsu, Toshiya Katsura, Ken-Ichi Inui Sachiko Yokoo, Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Atsushi Fukatsu, Toshiya Katsura, Ken-Ichi Inui Differential contribution of organic cation transporters, OCT2 and MATE1, in platinum agent-induced nephrotoxicity Differential contribution of organic cation transporters, OCT2 and MATE1, in platinum agent-induced nephrotoxicity Differential contribution of organic cation transporters, OCT2 and MATE1, in platinum agent-induced nephrotoxicity BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 74, 3, 477-487 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 74, 3, 477-487 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 74, 3, 477-487 2007/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
深津祥央, 池見泰明, 米澤淳, 山本浩貴, 尾崎淳子, 淺野理子, 櫻井香織, 上杉美和, 吉田優子, 傳田将也, 大谷祐基, 大村友博, 今井哲司, 中川俊作, 中川貴之, 今井博久, 松原和夫 深津祥央, 池見泰明, 米澤淳, 山本浩貴, 尾崎淳子, 淺野理子, 櫻井香織, 上杉美和, 吉田優子, 傳田将也, 大谷祐基, 大村友博, 今井哲司, 中川俊作, 中川貴之, 今井博久, 松原和夫 医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果 医師からの指示として「残薬調整」をプレ印字した処方せんの医療経済効果 日本病院薬剤師会雑誌 54: 307-312 (2018), 54, 307-312 日本病院薬剤師会雑誌 54: 307-312 (2018), 54, 307-312 , 54, 307-312 2007 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Sachiko Yokoo, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Sachiko Yokoo, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Sachiko Yokoo, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Cisplatin and oxaliplatin, but not carboplatin and nedaplatin, are substrates for human organic cation transporters (SLC22A1-3 and multidrug and toxin extrusion family) Cisplatin and oxaliplatin, but not carboplatin and nedaplatin, are substrates for human organic cation transporters (SLC22A1-3 and multidrug and toxin extrusion family) Cisplatin and oxaliplatin, but not carboplatin and nedaplatin, are substrates for human organic cation transporters (SLC22A1-3 and multidrug and toxin extrusion family) JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 319, 2, 879-886 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 319, 2, 879-886 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 319, 2, 879-886 2006/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Satohiro Masuda, Tomohiro Terada, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Koshiro Kishimoto, Toshiya Katsura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui Satohiro Masuda, Tomohiro Terada, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Koshiro Kishimoto, Toshiya Katsura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui Satohiro Masuda, Tomohiro Terada, Atsushi Yonezawa, Yuko Tanihara, Koshiro Kishimoto, Toshiya Katsura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui Identification and functional characterization of a new human kidney-specific H+/organic cation antiporter, kidney-specific multidrug and toxin extrusion 2 Identification and functional characterization of a new human kidney-specific H+/organic cation antiporter, kidney-specific multidrug and toxin extrusion 2 Identification and functional characterization of a new human kidney-specific H+/organic cation antiporter, kidney-specific multidrug and toxin extrusion 2 JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 17, 8, 2127-2135 JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 17, 8, 2127-2135 JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY, 17, 8, 2127-2135 2006/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
T Kume, M Sugimoto, Y Takada, T Yamaguchi, A Yonezawa, H Katsuki, H Sugimoto, A Akaike T Kume, M Sugimoto, Y Takada, T Yamaguchi, A Yonezawa, H Katsuki, H Sugimoto, A Akaike T Kume, M Sugimoto, Y Takada, T Yamaguchi, A Yonezawa, H Katsuki, H Sugimoto, A Akaike Up-regulation of nicotinic acetylcholine receptors by central-type acetylcholinesterase inhibitors in rat cortical neurons Up-regulation of nicotinic acetylcholine receptors by central-type acetylcholinesterase inhibitors in rat cortical neurons Up-regulation of nicotinic acetylcholine receptors by central-type acetylcholinesterase inhibitors in rat cortical neurons EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 527, 1-3, 77-85 EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 527, 1-3, 77-85 EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 527, 1-3, 77-85 2005/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Yano, I, T Katsura, K Inui A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Yano, I, T Katsura, K Inui A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Yano, I, T Katsura, K Inui Association between tubular toxicity of cisplatin and expression of organic cation transporter rOCT2 (Slc22a2) in the rat Association between tubular toxicity of cisplatin and expression of organic cation transporter rOCT2 (Slc22a2) in the rat Association between tubular toxicity of cisplatin and expression of organic cation transporter rOCT2 (Slc22a2) in the rat BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 70, 12, 1823-1831 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 70, 12, 1823-1831 BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 70, 12, 1823-1831 2005/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Y Ikuko, T Katsura, K Inui A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Y Ikuko, T Katsura, K Inui A Yonezawa, S Masuda, K Nishihara, Y Ikuko, T Katsura, K Inui Organic cation transporter OCT2 (Slc22a2) as a determinant of the cisplatin-induced nephrotoxicity in the rat Organic cation transporter OCT2 (Slc22a2) as a determinant of the cisplatin-induced nephrotoxicity in the rat Organic cation transporter OCT2 (Slc22a2) as a determinant of the cisplatin-induced nephrotoxicity in the rat YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 125, 46-47 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 125, 46-47 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 125, 46-47 2005 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
K Takahashi, H Motohashi, A Yonezawa, M Okuda, N Ito, S Yamamoto, O Ogawa, K Inui K Takahashi, H Motohashi, A Yonezawa, M Okuda, N Ito, S Yamamoto, O Ogawa, K Inui K Takahashi, H Motohashi, A Yonezawa, M Okuda, N Ito, S Yamamoto, O Ogawa, K Inui Lansoprazole-tacrolimus interaction in Japanese transplant recipient with CYP2C19 polymorphism Lansoprazole-tacrolimus interaction in Japanese transplant recipient with CYP2C19 polymorphism Lansoprazole-tacrolimus interaction in Japanese transplant recipient with CYP2C19 polymorphism ANNALS OF PHARMACOTHERAPY, 38, 5, 791-794 ANNALS OF PHARMACOTHERAPY, 38, 5, 791-794 ANNALS OF PHARMACOTHERAPY, 38, 5, 791-794 2004/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y Takada, A Yonezawa, T Kume, H Katsuki, S Kaneko, H Sugimoto, A Akaike Y Takada, A Yonezawa, T Kume, H Katsuki, S Kaneko, H Sugimoto, A Akaike Y Takada, A Yonezawa, T Kume, H Katsuki, S Kaneko, H Sugimoto, A Akaike Nicotinic acetylcholine receptor-mediated neuroprotection by donepezil against glutamate neurotoxicity in rat cortical neurons Nicotinic acetylcholine receptor-mediated neuroprotection by donepezil against glutamate neurotoxicity in rat cortical neurons Nicotinic acetylcholine receptor-mediated neuroprotection by donepezil against glutamate neurotoxicity in rat cortical neurons JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 306, 2, 772-777 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 306, 2, 772-777 JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 306, 2, 772-777 2003/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
米澤 淳, 松原 和夫 米澤 淳, 松原 和夫 バイオ医薬品の「創」と「療」、これからのバイオ創薬と臨床を考える バイオ医薬品の個別化医療に向けて 抗体医薬品のTDM バイオ医薬品の「創」と「療」、これからのバイオ創薬と臨床を考える バイオ医薬品の個別化医療に向けて 抗体医薬品のTDM 日本薬学会年会要旨集, 140年会, S19-5 日本薬学会年会要旨集, 140年会, S19-5 , 140年会, S19-5 2020/03 日本語 公開
金 叢芸, 米澤 淳, 吉松 宏樹, 今井 哲司, 小柳 円花, 山西 香里, 中川 俊作, 大村 友博, 中川 貴之, 永井 純也, 松原 和夫 金 叢芸, 米澤 淳, 吉松 宏樹, 今井 哲司, 小柳 円花, 山西 香里, 中川 俊作, 大村 友博, 中川 貴之, 永井 純也, 松原 和夫 Slc52a3遺伝子欠損がマウス大脳皮質の形成に及ぼす影響 Slc52a3遺伝子欠損がマウス大脳皮質の形成に及ぼす影響 日本薬学会年会要旨集, 140年会, 27K-am12S 日本薬学会年会要旨集, 140年会, 27K-am12S , 140年会, 27K-am12S 2020/03 日本語 公開
荻原 孝史, 香川 雅登, 佐藤 夕紀, 中川 俊作, 米澤 淳, 今井 哲司, 伊藤 美千穂, 中川 貴之, 松原 和夫 荻原 孝史, 香川 雅登, 佐藤 夕紀, 中川 俊作, 米澤 淳, 今井 哲司, 伊藤 美千穂, 中川 貴之, 松原 和夫 5-フルオロウラシル誘発口内炎モデルハムスターに対する半夏瀉心湯軟膏の有効性の検討 5-フルオロウラシル誘発口内炎モデルハムスターに対する半夏瀉心湯軟膏の有効性の検討 日本薬学会年会要旨集, 140年会, 27Y-am06S 日本薬学会年会要旨集, 140年会, 27Y-am06S , 140年会, 27Y-am06S 2020/03 日本語 公開
助石有沙美, 北田徳昭, 赤澤麻衣子, 池見泰明, 米澤淳, 中川貴之, 加藤貴雄, 木村剛, 恒藤暁, 松原和夫 助石有沙美, 北田徳昭, 赤澤麻衣子, 池見泰明, 米澤淳, 中川貴之, 加藤貴雄, 木村剛, 恒藤暁, 松原和夫 末期心不全患者に対する緩和ケアの現状と課題 末期心不全患者に対する緩和ケアの現状と課題 日本病院薬剤師会近畿学術大会, 41st 日本病院薬剤師会近畿学術大会, 41st , 41st 2020/02/16 公開
川田 将義, 片田 佳希, 糸原 光太郎, 木全 征典, 吉田 優子, 別所 和久, 長尾 美紀, 杉本 充弘, 中川 俊作, 北田 徳昭, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 松原 和夫, 三島 清香 川田 将義, 片田 佳希, 糸原 光太郎, 木全 征典, 吉田 優子, 別所 和久, 長尾 美紀, 杉本 充弘, 中川 俊作, 北田 徳昭, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 松原 和夫, 三島 清香 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 歯科口腔外科における経口抗菌薬適正化の取り組みとその効果 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集, 35回, O39-2 日本環境感染学会総会プログラム・抄録集, 35回, O39-2 , 35回, O39-2 2020/02 日本語 公開
吉田優子, 米澤淳, 眞貝萌, 北田徳昭, 磯和賢秀, 豊洋次郎, 伊達洋至, 中川貴之, 松原和夫 吉田優子, 米澤淳, 眞貝萌, 北田徳昭, 磯和賢秀, 豊洋次郎, 伊達洋至, 中川貴之, 松原和夫 プレドニゾロンからメチルプレドニゾロンへの変更により血糖コントロールが不安定となったイトラコナゾール投与中の脳死肺移植後の1症例 プレドニゾロンからメチルプレドニゾロンへの変更により血糖コントロールが不安定となったイトラコナゾール投与中の脳死肺移植後の1症例 第36回日本肺および心肺移植研究会 第36回日本肺および心肺移植研究会 2020/01/25 公開
髙橋悠, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 吉田優子, 木全柾典, 糸原光太郎, 北田徳昭, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 髙橋悠, 片田佳希, 中川俊作, 杉本充弘, 吉田優子, 木全柾典, 糸原光太郎, 北田徳昭, 深津祥央, 米澤淳, 中川貴之, 松村康史, 長尾美紀, 松原和夫 Liposomal amphotericin Bによる腎機能障害発現に関連する因子の探索 Liposomal amphotericin Bによる腎機能障害発現に関連する因子の探索 日本医療薬学会年会講演要旨集, 29th 日本医療薬学会年会講演要旨集, 29th , 29th 2019/11/04 公開
増井 翔, 米澤 淳, 傳田 将也, 中江 一統, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 岩本 典子, 嶋田 崇史, 中川 俊作, 早狩 誠, 松原 和夫 増井 翔, 米澤 淳, 傳田 将也, 中江 一統, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 岩本 典子, 嶋田 崇史, 中川 俊作, 早狩 誠, 松原 和夫 Real World Data解析に基づく関節リウマチ患者における血中インフリキシマブ濃度と疾患活動性との関連 Real World Data解析に基づく関節リウマチ患者における血中インフリキシマブ濃度と疾患活動性との関連 臨床薬理, 50, Suppl., S243-S243 臨床薬理, 50, Suppl., S243-S243 , 50, Suppl., S243-S243 2019/11 日本語 公開
米澤 淳, 岩本 典子, 横山 琴子, 嶋田 崇史, 傳田 将也, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 松浦 稔, 山本 修司, 本澤 有介, 松原 和夫 米澤 淳, 岩本 典子, 横山 琴子, 嶋田 崇史, 傳田 将也, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 松浦 稔, 山本 修司, 本澤 有介, 松原 和夫 炎症性免疫疾患治療用バイオ医薬の治療薬物モニタリング実現化を目的としたLC-MS/MS一斉定量法の開発 炎症性免疫疾患治療用バイオ医薬の治療薬物モニタリング実現化を目的としたLC-MS/MS一斉定量法の開発 臨床薬理, 50, Suppl., S302-S302 臨床薬理, 50, Suppl., S302-S302 , 50, Suppl., S302-S302 2019/11 日本語 公開
尾崎 淳子, 松村 勝之, 櫻井 香織, 米澤 淳, 白川 康太郎, 高折 晃史, 松原 和夫 尾崎 淳子, 松村 勝之, 櫻井 香織, 米澤 淳, 白川 康太郎, 高折 晃史, 松原 和夫 ワルファリン服用患者におけるダルナビル/リトナビルからラルテグラビルに変更した際のワルファリン投与量とPT(INR)の推移 ワルファリン服用患者におけるダルナビル/リトナビルからラルテグラビルに変更した際のワルファリン投与量とPT(INR)の推移 日本エイズ学会誌, 21, 4, 407-407 日本エイズ学会誌, 21, 4, 407-407 , 21, 4, 407-407 2019/11 日本語 公開
根来 宏光, 後藤 崇之, 赤松 秀輔, 寺田 直樹, 小林 恭, 松井 喜之, 山本 崇, 大村 友博, 米澤 淳, 松原 和夫, 小川 修 根来 宏光, 後藤 崇之, 赤松 秀輔, 寺田 直樹, 小林 恭, 松井 喜之, 山本 崇, 大村 友博, 米澤 淳, 松原 和夫, 小川 修 塩酸タムスロシン使用後も下部尿路症状が残存する40mL以下の前立腺肥大症患者に対するタダラフィルの上乗せ効果 プラセボ二重盲検クロスオーバー試験 塩酸タムスロシン使用後も下部尿路症状が残存する40mL以下の前立腺肥大症患者に対するタダラフィルの上乗せ効果 プラセボ二重盲検クロスオーバー試験 日本排尿機能学会誌, 30, 1, 272-272 日本排尿機能学会誌, 30, 1, 272-272 , 30, 1, 272-272 2019/09 日本語 公開
梅山遥, 北田徳昭, 片田佳希, 櫻井香織, 野口葉子, 石橋直哉, 家永嘉子, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 米澤淳, 中川貴之, 菱澤方勝, 高折晃史, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 梅山遥, 北田徳昭, 片田佳希, 櫻井香織, 野口葉子, 石橋直哉, 家永嘉子, 池見泰明, 中川俊作, 今井哲司, 米澤淳, 中川貴之, 菱澤方勝, 高折晃史, 陳豊史, 伊達洋至, 松原和夫 肺移植後造血器腫瘍患者における多剤併用がん化学療法でボリコナゾールとの相互作用を回避した一例 肺移植後造血器腫瘍患者における多剤併用がん化学療法でボリコナゾールとの相互作用を回避した一例 医療薬学フォーラム講演要旨集, 27th, 120 医療薬学フォーラム講演要旨集, 27th, 120 , 27th, 120 2019/07/13 公開
片田 佳希, 木全 征典, 福井 彩香, 川本 雄士, 糸原 光太郎, 長尾 美紀, 中川 俊作, 松田 裕也, 杉本 充弘, 山本 由貴, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 陳 豊史, 伊達 洋至, 松原 和夫 片田 佳希, 木全 征典, 福井 彩香, 川本 雄士, 糸原 光太郎, 長尾 美紀, 中川 俊作, 松田 裕也, 杉本 充弘, 山本 由貴, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 陳 豊史, 伊達 洋至, 松原 和夫 片田 佳希, 木全 征典, 福井 彩香, 川本 雄士, 糸原 光太郎, 長尾 美紀, 中川 俊作, 松田 裕也, 杉本 充弘, 山本 由貴, 深津 祥央, 米澤 淳, 中川 貴之, 陳 豊史, 伊達 洋至, 松原 和夫 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 イトラコナゾールが投与された肺移植患者のアスペルギルス感染に関連する因子の探索 日本化学療法学会雑誌, 67, 2, 252-252 日本化学療法学会雑誌, 67, 2, 252-252 日本化学療法学会雑誌, 67, 2, 252-252 2019/03 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 多様化するバイオ医薬品の選択 バイオシミラーの正しい理解 多様化するバイオ医薬品の選択 バイオシミラーの正しい理解 多様化するバイオ医薬品の選択 バイオシミラーの正しい理解 国立病院総合医学会講演抄録集, 72回, 1968-1968 国立病院総合医学会講演抄録集, 72回, 1968-1968 国立病院総合医学会講演抄録集, 72回, 1968-1968 2018/11 日本語 公開
服部悦子, 荒川芳輝, 菊池隆幸, 峰晴陽平, 山尾幸広, 安田崇之, 溝田敏幸, 白木敦子, 米澤淳, 福井彩香, 古川恵子 服部悦子, 荒川芳輝, 菊池隆幸, 峰晴陽平, 山尾幸広, 安田崇之, 溝田敏幸, 白木敦子, 米澤淳, 福井彩香, 古川恵子 服部悦子, 荒川芳輝, 菊池隆幸, 峰晴陽平, 山尾幸広, 安田崇之, 溝田敏幸, 白木敦子, 米澤淳, 福井彩香, 古川恵子 捕捉運動野の可塑性を同側上前頭回に認めた退形成性星細胞腫再発の1例 捕捉運動野の可塑性を同側上前頭回に認めた退形成性星細胞腫再発の1例 捕捉運動野の可塑性を同側上前頭回に認めた退形成性星細胞腫再発の1例 日本Awake Surgery学会プログラム・抄録集, 16th, 31 日本Awake Surgery学会プログラム・抄録集, 16th, 31 日本Awake Surgery学会プログラム・抄録集, 16th, 31 2018/08/24 日本語 公開
大谷祐基, 米澤淳, 森万優子, 磯本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 中川俊作, 大村友博, 中川貴之, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 大谷祐基, 米澤淳, 森万優子, 磯本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 中川俊作, 大村友博, 中川貴之, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 大谷祐基, 米澤淳, 森万優子, 磯本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 中川俊作, 大村友博, 中川貴之, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 非ホジキンリンパ腫患者におけるリツキシマブの体内動態と臨床効果の相関 非ホジキンリンパ腫患者におけるリツキシマブの体内動態と臨床効果の相関 非ホジキンリンパ腫患者におけるリツキシマブの体内動態と臨床効果の相関 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 194 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 194 医療薬学フォーラム講演要旨集, 26th, 194 2018/06 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 臨床における薬物間相互作用と個別化医療 臨床における薬物間相互作用と個別化医療 臨床における薬物間相互作用と個別化医療 日本薬剤学会年会講演要旨集, 33年会, 81-81 日本薬剤学会年会講演要旨集, 33年会, 81-81 日本薬剤学会年会講演要旨集, 33年会, 81-81 2018/05 日本語 公開
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 質量分析技術を利用した抗体医薬品の血中濃度測定および構造解析 第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 質量分析技術を利用した抗体医薬品の血中濃度測定および構造解析 第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 質量分析技術を利用した抗体医薬品の血中濃度測定および構造解析 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 1, 175-175 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 1, 175-175 日本薬学会年会要旨集, 138年会, 1, 175-175 2018/03 日本語 公開
平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 平岩怜, 今井哲司, NTOGWA Mpumelelo, 小柳円花, 佐藤夕紀, 中川俊作, 大村友博, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 マクロファージに着目したHIV誘発末梢神経障害性疼痛の機序解明 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集, 38th, 43 2018 日本語 公開
鋒山 香苗, 米澤 淳 鋒山 香苗, 米澤 淳 鋒山 香苗, 米澤 淳 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え) キイトルーダ点滴静注20mg,同100mg 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え) キイトルーダ点滴静注20mg,同100mg 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報 一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え) キイトルーダ点滴静注20mg,同100mg 医薬ジャーナル, 54, 1, 159-162 医薬ジャーナル, 54, 1, 159-162 医薬ジャーナル, 54, 1, 159-162 2018/01 日本語 公開
森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 2017/11 日本語 公開
森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 森 万優子, 米澤 淳, 大谷 祐基, 磯本 唯, 津田 真弘, 池見 泰明, 今井 哲司, 大村 友博, 北野 俊行, 高折 晃史, 矢野 育子, 松原 和夫 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブのPK/PD解析 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 臨床薬理, 48, Suppl., S278-S278 2017/11 日本語 公開
大谷 祐基, 米澤 淳, 津田 真弘, 今井 哲司, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 大谷 祐基, 米澤 淳, 津田 真弘, 今井 哲司, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 大谷 祐基, 米澤 淳, 津田 真弘, 今井 哲司, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 質量分析法を駆使した最新薬物動態研究 LC/TOF-MSを用いた抗体医薬品の体内動態解析 質量分析法を駆使した最新薬物動態研究 LC/TOF-MSを用いた抗体医薬品の体内動態解析 質量分析法を駆使した最新薬物動態研究 LC/TOF-MSを用いた抗体医薬品の体内動態解析 JSBMS Letters, 42, Suppl., 43-43 JSBMS Letters, 42, Suppl., 43-43 JSBMS Letters, 42, Suppl., 43-43 2017/08 日本語 公開
大谷祐基, 米澤淳, 礒本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 矢野育子, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 大谷祐基, 米澤淳, 礒本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 矢野育子, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 大谷祐基, 米澤淳, 礒本唯, 津田真弘, 池見泰明, 今井哲司, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 矢野育子, 北野俊行, 高折晃史, 松原和夫 リツキシマブの体内動態とその変動因子の考察 リツキシマブの体内動態とその変動因子の考察 リツキシマブの体内動態とその変動因子の考察 医療薬学フォーラム講演要旨集, 25th, 233 医療薬学フォーラム講演要旨集, 25th, 233 医療薬学フォーラム講演要旨集, 25th, 233 2017/06 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 個別化療法を目指した抗体医薬の臨床薬理学的研究 個別化療法を目指した抗体医薬の臨床薬理学的研究 個別化療法を目指した抗体医薬の臨床薬理学的研究 臨床薬理, 48, 3, 99-103 臨床薬理, 48, 3, 99-103 臨床薬理, 48, 3, 99-103 2017/05 日本語 公開
松本 真有奈, 今井 哲司, 小柳 円花, 中里 唯, Ziauddin Azimi, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 金子 周司, 中川 貴之, 松原 和夫 松本 真有奈, 今井 哲司, 小柳 円花, 中里 唯, Ziauddin Azimi, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 金子 周司, 中川 貴之, 松原 和夫 松本 真有奈, 今井 哲司, 小柳 円花, 中里 唯, Ziauddin Azimi, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 金子 周司, 中川 貴之, 松原 和夫 微小管阻害薬によるシュワン細胞の脱分化を伴った脱髄が抗がん剤誘発末梢神経障害の発症に関与する 微小管阻害薬によるシュワン細胞の脱分化を伴った脱髄が抗がん剤誘発末梢神経障害の発症に関与する 微小管阻害薬によるシュワン細胞の脱分化を伴った脱髄が抗がん剤誘発末梢神経障害の発症に関与する 第90回 日本薬理学会年会 第90回 日本薬理学会年会 2017/03 公開
松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 2017/03 日本語 公開
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 2017/03 日本語 公開
米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 米澤 淳, 大谷 祐基, 松原 和夫 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線 抗体医薬の個別化療法を目指したリバース・トランスレーショナルリサーチ 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 1, 155-155 2017/03 日本語 公開
松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 松尾 研志, 近藤 美貴, 吉村 和晃, 中川 俊作, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 小児におけるテイコプラニンの薬物動態解析 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 日本薬学会年会要旨集, 137年会, 4, 74-74 2017/03 日本語 公開
清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 2017/01 日本語 公開
清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 清水 倫子, 山際 岳朗, 中川 俊作, 池見 泰明, 米澤 淳, 中川 貴之, 京面 ももこ, 幣 憲一郎, 長嶋 一昭, 稲垣 暢也, 松原 和夫 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 抗がん薬併用放射線治療における胃瘻造設の有用性に関する検討 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, Suppl., 612-612 2017/01 日本語 公開
片田 佳希, 中川 俊作, 佐藤 裕紀, 田上 裕美, 米澤 淳, 中津 太郎, 南方 謙二, 内海 桃絵, 野本 愼一, 松原 和夫 片田 佳希, 中川 俊作, 佐藤 裕紀, 田上 裕美, 米澤 淳, 中津 太郎, 南方 謙二, 内海 桃絵, 野本 愼一, 松原 和夫 片田 佳希, 中川 俊作, 佐藤 裕紀, 田上 裕美, 米澤 淳, 中津 太郎, 南方 謙二, 内海 桃絵, 野本 愼一, 松原 和夫 植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理 植込型左室補助人工心臓装着患者に対する在宅管理アプリを利用した医師と薬剤師の協働による在宅抗凝固療法マネージメント 植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理 植込型左室補助人工心臓装着患者に対する在宅管理アプリを利用した医師と薬剤師の協働による在宅抗凝固療法マネージメント 植込み型補助人工心臓装着患者の在宅管理 植込型左室補助人工心臓装着患者に対する在宅管理アプリを利用した医師と薬剤師の協働による在宅抗凝固療法マネージメント 人工臓器, 45, 2, S-57 人工臓器, 45, 2, S-57 人工臓器, 45, 2, S-57 2016/10 日本語 公開
岩崎 真実, 矢野 育子, 端 幸代, 山本 由貴, 杉本 充弘, 福土 将秀, 増田 智先, 中川 俊作, 米澤 淳, 海道 利実, 上本 伸二, 松原 和夫 岩崎 真実, 矢野 育子, 端 幸代, 山本 由貴, 杉本 充弘, 福土 将秀, 増田 智先, 中川 俊作, 米澤 淳, 海道 利実, 上本 伸二, 松原 和夫 岩崎 真実, 矢野 育子, 端 幸代, 山本 由貴, 杉本 充弘, 福土 将秀, 増田 智先, 中川 俊作, 米澤 淳, 海道 利実, 上本 伸二, 松原 和夫 生体肝移植術後における1日1回製剤のタクロリムス薬物動態と薬効 生体肝移植術後における1日1回製剤のタクロリムス薬物動態と薬効 生体肝移植術後における1日1回製剤のタクロリムス薬物動態と薬効 臨床薬理, 47, Suppl., S214-S214 臨床薬理, 47, Suppl., S214-S214 臨床薬理, 47, Suppl., S214-S214 2016/10 日本語 公開
吉村 和晃, 矢野 育子, 山本 崇, 川西 美咲, 磯本 唯, 米澤 淳, 近藤 忠一, 高折 晃史, 松原 和夫 吉村 和晃, 矢野 育子, 山本 崇, 川西 美咲, 磯本 唯, 米澤 淳, 近藤 忠一, 高折 晃史, 松原 和夫 吉村 和晃, 矢野 育子, 山本 崇, 川西 美咲, 磯本 唯, 米澤 淳, 近藤 忠一, 高折 晃史, 松原 和夫 臍帯血移植患者におけるミコフェノール酸血中濃度と急性GVHD発症との関連 臍帯血移植患者におけるミコフェノール酸血中濃度と急性GVHD発症との関連 臍帯血移植患者におけるミコフェノール酸血中濃度と急性GVHD発症との関連 臨床薬理, 47, Suppl., S252-S252 臨床薬理, 47, Suppl., S252-S252 臨床薬理, 47, Suppl., S252-S252 2016/10 日本語 公開
松原 和夫, 粟屋 敏雄, 米澤 淳 松原 和夫, 粟屋 敏雄, 米澤 淳 松原 和夫, 粟屋 敏雄, 米澤 淳 【処方箋検査値トレーシングレポート活用術 地域医療連携に薬立つ「知恵」と「コツ」】 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ! 京都大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例 【処方箋検査値トレーシングレポート活用術 地域医療連携に薬立つ「知恵」と「コツ」】 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ! 京都大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例 【処方箋検査値トレーシングレポート活用術 地域医療連携に薬立つ「知恵」と「コツ」】 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ! 京都大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例 薬局, 67, 10, 2906-2912 薬局, 67, 10, 2906-2912 薬局, 67, 10, 2906-2912 2016/09 日本語 公開
中川 俊作, 米澤 淳, 松原 和夫 中川 俊作, 米澤 淳, 松原 和夫 中川 俊作, 米澤 淳, 松原 和夫 【Onco-nephrology〜腫瘍学と腎臓病学の融合〜】 腎機能に応じた抗がん薬の調節 【Onco-nephrology〜腫瘍学と腎臓病学の融合〜】 腎機能に応じた抗がん薬の調節 【Onco-nephrology〜腫瘍学と腎臓病学の融合〜】 腎機能に応じた抗がん薬の調節 医薬ジャーナル, 52, 9, 2101-2104 医薬ジャーナル, 52, 9, 2101-2104 医薬ジャーナル, 52, 9, 2101-2104 2016/09 日本語 公開
松原 和夫, 米澤 淳, 池見 泰明, 矢野 育子 松原 和夫, 米澤 淳, 池見 泰明, 矢野 育子 松原 和夫, 米澤 淳, 池見 泰明, 矢野 育子 待ったなし!求められるエビデンス 薬剤師が関わるチーム医療のアウトカム 待ったなし!求められるエビデンス 薬剤師が関わるチーム医療のアウトカム 待ったなし!求められるエビデンス 薬剤師が関わるチーム医療のアウトカム 東京都病院薬剤師会雑誌, 65, 4, 287-294 東京都病院薬剤師会雑誌, 65, 4, 287-294 東京都病院薬剤師会雑誌, 65, 4, 287-294 2016/07 日本語 公開
宮山 大, 今井哲司, 辻 光貴, 重面雄紀, 米澤 淳, 大村友博, 中川俊作, 矢野育子, 中川貴之, 松原和夫 宮山 大, 今井哲司, 辻 光貴, 重面雄紀, 米澤 淳, 大村友博, 中川俊作, 矢野育子, 中川貴之, 松原和夫 社会的敗北ストレス負荷によるうつ病モデルマウスにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化に関する行動薬理学的研究 社会的敗北ストレス負荷によるうつ病モデルマウスにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化に関する行動薬理学的研究 医療薬学フォーラム2016 医療薬学フォーラム2016 2016/06 公開
辻 光貴, 今井哲司, 宮山 大, 西谷直哉, 米澤 淳, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 金子周司, 松原和夫 辻 光貴, 今井哲司, 宮山 大, 西谷直哉, 米澤 淳, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 金子周司, 松原和夫 Social defeat モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化に関する行動薬理学的研究 Social defeat モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化に関する行動薬理学的研究 日本薬学会第136年会 日本薬学会第136年会 2016/03 公開
Yui Nakazato, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Ikuko Yano, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Yui Nakazato, Satoshi Imai, Madoka Koyanagi, Ziauddin Azimi, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Omura, Shunsaku Nakagawa, Ikuko Yano, Shuji Kaneko, Takayuki Nakagawa, Kazuo Matsubara Satoshi Imai シュワン細胞に着目したタキサン系あるいは白金系抗がん剤誘発末梢神経障害の発症機序の相違 シュワン細胞に着目したタキサン系あるいは白金系抗がん剤誘発末梢神経障害の発症機序の相違 Differential mechanisms of Schwann cells impairment depending on classes of anti-cancer agents participate in the chemotherapy-induced peripheral neuropathy pathogenesis 第89回日本薬理学会 第89回日本薬理学会 2016/03 公開
辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 2016/03 日本語 公開
岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 2016/03 日本語 公開
竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 2016/03 日本語 公開
津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 2016/03 日本語 公開
辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 辻 光貴, 今井 哲司, 宮山 大, 西谷 直也, 米澤 淳, 大村 友博, 中川 俊作, 中川 貴之, 金子 周司, 松原 和夫 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 3, 165-165 2016/03 日本語 公開
岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 岩上 智香, 津田 真弘, 杉本 充弘, 米澤 淳, 都築 徹教, 松原 惇起, 中川 俊作, 矢野 育子, 中川 貴之, 松原 和夫 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 シクロスポリンおよびタクロリムスの血中濃度測定系に対するアゾール系抗真菌薬の影響 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 2016/03 日本語 公開
竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 竹内 理人, 伊藤 聡子, 矢野 育子, 杉本 充弘, 米澤 淳, 池田 昭夫, 松原 和夫 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者におけるトピラマートの母集団薬物動態解析 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 79-79 2016/03 日本語 公開
津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 津田 真弘, 大谷 祐基, 米澤 淳, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 今井 哲司, 中川 貴之, 矢野 育子, 松原 和夫 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 インフリキシマブ先行品と後続品における糖鎖構造の比較 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 日本薬学会年会要旨集, 136年会, 4, 82-82 2016/03 日本語 公開
Xing Zhao, Narendiran Rajasekaran, Cariad Chester, Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Matt Coffey, Zhixu He, Holbrook E. Kohrt Xing Zhao, Narendiran Rajasekaran, Cariad Chester, Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Matt Coffey, Zhixu He, Holbrook E. Kohrt Xing Zhao, Narendiran Rajasekaran, Cariad Chester, Atsushi Yonezawa, Suparna Dutt, Matt Coffey, Zhixu He, Holbrook E. Kohrt Natural Killer Cells Activated By Oncolytic Reovirus Enhance Cetuximab Mediated Antibody Dependent Cellular Cytotoxicity in an in Vitro and In Vivo Model of Colorectal Cancer Natural Killer Cells Activated By Oncolytic Reovirus Enhance Cetuximab Mediated Antibody Dependent Cellular Cytotoxicity in an in Vitro and In Vivo Model of Colorectal Cancer Natural Killer Cells Activated By Oncolytic Reovirus Enhance Cetuximab Mediated Antibody Dependent Cellular Cytotoxicity in an in Vitro and In Vivo Model of Colorectal Cancer BLOOD, 126, 23 BLOOD, 126, 23 BLOOD, 126, 23 2015/12 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 山本崇, 兼吉真千子, 米澤淳, 近藤忠一, 高折晃史, 松原和夫 吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 吉村和晃, 矢野育子, 川西美咲, 山本崇, 兼吉真千子, 米澤淳, 近藤忠一, 高折晃史, 松原和夫 YOSHIMURA KAZUAKI, YANO IKUKO, KAWANISHI MISAKI, YOSHIMURA KAZUAKI, YANO IKUKO, KAWANISHI MISAKI, YAMAMOTO TAKASHI, KANEYOSHI MACHIKO, YONEZAWA ATSUSHI, KONDO TADAKAZU, TAKAORI AKIFUMI, MATSUBARA KAZUO 造血幹細胞移植患者におけるミコフェノール酸の母集団PK‐PDモデル解析 造血幹細胞移植患者におけるミコフェノール酸の母集団PK‐PDモデル解析 造血幹細胞移植患者におけるミコフェノール酸の母集団PK‐PDモデル解析 臨床薬理, 46, Supplement, S144-S144 臨床薬理, 46, Supplement, S144-S144 臨床薬理, 46, Supplement, S144-S144 2015/11/16 日本語 公開
緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫, 緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫, 緒方奈津紀, 老本名津子, 鳥口尚子, 佐藤栄里子, 神山ゆかり, 松山倫子, 因藤伊織, 吉田詩織, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 OGATA NATSUKI, OIMOTO NATSUKO, SHIRIGUCHI NAOKO, SATO ERIKO, KAMIYAMA YUKARI, MATSUYAMA MICHIKO, INDO IORI, YOSHIDA SHIORI, YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO, OGATA NATSUKI, OIMOTO NATSUKO, SHIRIGUCHI NAOKO, SATO ERIKO, KAMIYAMA YUKARI, MATSUYAMA MICHIKO, INDO IORI, YOSHIDA SHIORI, YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO 京大病院における臨床研究中核病院としてのCRC業務強化と効果 京大病院における臨床研究中核病院としてのCRC業務強化と効果 京大病院における臨床研究中核病院としてのCRC業務強化と効果 臨床薬理, 46, Supplement, S257-S257 臨床薬理, 46, Supplement, S257-S257 臨床薬理, 46, Supplement, S257-S257 2015/11/16 日本語 公開
熊谷基之, 南方謙二, 山本雅哉, 大村友博, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造 熊谷基之, 南方謙二, 山本雅哉, 大村友博, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造 KUMAGAI MOTOYUKI, MINAKATA KENJI, YAMAMOTO MASAYA, OMURA TOMOHIRO, YONEZAWA ATSUSHI, SAKAMOTO KAZUHISA, NISHIO HIROOMI, NAKATA TOMOHIRO, UEHARA AKIHIRO, SAKAGUCHI HITOHISA, YAMAZAKI KAZUHIRO, IKEDA TADASHI, MATSUBARA KAZUO, TABATA YASUHIKO, SAKATA RYUZO 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37th, 344-344 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37th, 344-344 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37th, 344-344 2015/11/09 日本語 公開
熊谷 基之, 南方 謙二, 山本 雅哉, 大村 友博, 米澤 淳, 坂本 和久, 西尾 博臣, 中田 朋宏, 上原 京勲, 阪口 仁寿, 山崎 和裕, 池田 義, 松原 和夫, 田畑 泰彦, 坂田 隆造 熊谷 基之, 南方 謙二, 山本 雅哉, 大村 友博, 米澤 淳, 坂本 和久, 西尾 博臣, 中田 朋宏, 上原 京勲, 阪口 仁寿, 山崎 和裕, 池田 義, 松原 和夫, 田畑 泰彦, 坂田 隆造 熊谷 基之, 南方 謙二, 山本 雅哉, 大村 友博, 米澤 淳, 坂本 和久, 西尾 博臣, 中田 朋宏, 上原 京勲, 阪口 仁寿, 山崎 和裕, 池田 義, 松原 和夫, 田畑 泰彦, 坂田 隆造 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 虚血性心筋症に対する新たなオプションとしての血管新生療法の可能性 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37回, 344-344 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37回, 344-344 日本バイオマテリアル学会大会予稿集, 37回, 344-344 2015/11 日本語 公開
近藤美貴, 中川俊作, 米澤淳, 矢野育子, 中川貴之, 松原和夫 近藤美貴, 中川俊作, 米澤淳, 矢野育子, 中川貴之, 松原和夫 KONDO MIKI, NAKAGAWA SHUNSAKU, YONEZAWA ATSUSHI, YANO IKUKO, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO 小児におけるバンコマイシン血中濃度と治療効果の関連 小児におけるバンコマイシン血中濃度と治療効果の関連 小児におけるバンコマイシン血中濃度と治療効果の関連 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 330 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 330 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 330 2015/10/23 日本語 公開
吉田詩織, 吉田詩織, 老本名津子, 老本名津子, 松山倫子, 松山倫子, 神山ゆかり, 神山ゆかり, 緒方奈津紀, 緒方奈津紀, 因藤伊織, 因藤伊織, 佐藤栄里子, 佐藤栄里子, 松尾和美, 石橋茜, 猪熊容子, 石塚良子, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 中川貴之, 松原和夫, 松原和夫 吉田詩織, 吉田詩織, 老本名津子, 老本名津子, 松山倫子, 松山倫子, 神山ゆかり, 神山ゆかり, 緒方奈津紀, 緒方奈津紀, 因藤伊織, 因藤伊織, 佐藤栄里子, 佐藤栄里子, 松尾和美, 石橋茜, 猪熊容子, 石塚良子, 米澤淳, 米澤淳, 中川貴之, 中川貴之, 松原和夫, 松原和夫 YOSHIDA SHIORI, YOSHIDA SHIORI, OIMOTO NATSUKO, OIMOTO NATSUKO, MATSUYAMA MICHIKO, MATSUYAMA MICHIKO, KAMIYAMA YUKARI, KAMIYAMA YUKARI, OGATA NATSUKI, OGATA NATSUKI, INDO IORI, INDO IORI, SATO ERIKO, SATO ERIKO, MATSUO KAZUMI, ISHIBASHI AKANE, INOKUMA YOKO, ISHIZUKA YOSHIKO, YONEZAWA ATSUSHI, YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA TAKAYUKI, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO, MATSUBARA KAZUO 京都大学医学部附属病院における最近10年間の治験受託件数と業務内容の変遷 京都大学医学部附属病院における最近10年間の治験受託件数と業務内容の変遷 京都大学医学部附属病院における最近10年間の治験受託件数と業務内容の変遷 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 252 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 252 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25th, 252 2015/10/23 日本語 公開
大谷 祐基, 米澤 淳, 今井 哲司, 津田 真弘, 兼吉 真千子, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 矢野 育子, 北野 俊行, 高折 晃史, 松原 和夫 大谷 祐基, 米澤 淳, 今井 哲司, 津田 真弘, 兼吉 真千子, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 矢野 育子, 北野 俊行, 高折 晃史, 松原 和夫 大谷 祐基, 米澤 淳, 今井 哲司, 津田 真弘, 兼吉 真千子, 池見 泰明, 大村 友博, 中川 俊作, 矢野 育子, 北野 俊行, 高折 晃史, 松原 和夫 血液・リンパ リンパ腫治療の将来展望 生体内におけるリツキシマブの経時的構造変化の解析 血液・リンパ リンパ腫治療の将来展望 生体内におけるリツキシマブの経時的構造変化の解析 血液・リンパ リンパ腫治療の将来展望 生体内におけるリツキシマブの経時的構造変化の解析 日本癌治療学会誌, 50, 3, 2082-2082 日本癌治療学会誌, 50, 3, 2082-2082 日本癌治療学会誌, 50, 3, 2082-2082 2015/09 日本語 公開
米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 薬学雑誌, 135, 8, 943-947 薬学雑誌, 135, 8, 943-947 薬学雑誌, 135, 8, 943-947 2015/08 日本語 公開
片田佳希, 田上裕美, 中川俊作, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 片田佳希, 田上裕美, 中川俊作, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 KATADA YOSHIKI, TAGAMI YUMI, NAKAGAWA SHUNSAKU, ODAKA MIZUHO, YONEZAWA ATSUSHI, KAYANO YUICHIRO, YANO IKUKO, MINAKATA KENJI, SAKATA RYUZO, MATSUBARA KAZUO プロトコルに基づいた薬物治療管理の臨床アウトカム:心臓血管外科におけるワルファリンプロトコル プロトコルに基づいた薬物治療管理の臨床アウトカム:心臓血管外科におけるワルファリンプロトコル プロトコルに基づいた薬物治療管理の臨床アウトカム:心臓血管外科におけるワルファリンプロトコル 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 283 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 283 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 283 2015/06 日本語 公開
張いん鵬, 米澤淳, 中川俊作, 二村明憲, 吉松宏樹, 大村友博, 今井哲司, 中川貴之, 松原和夫 張いん鵬, 米澤淳, 中川俊作, 二村明憲, 吉松宏樹, 大村友博, 今井哲司, 中川貴之, 松原和夫 CHO INHO, YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA SHUNSAKU, NIMURA AKINORI, YOSHIMATSU HIROKI, OMURA TOMOHIRO, IMAI TETSUJI, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO 薬力学的特徴に基づくシスプラチンの腎毒性発現機序の解明 薬力学的特徴に基づくシスプラチンの腎毒性発現機序の解明 薬力学的特徴に基づくシスプラチンの腎毒性発現機序の解明 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 304 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 304 医療薬学フォーラム講演要旨集, 23rd, 304 2015/06 日本語 公開
清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子 清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子 SHIMIZU YOKO, MATSUBARA TAKESHI, TSUKAMOTO TATSUO, YONEZAWA ATSUSHI, MATSUBARA KAZUO, FUNAKOSHI TARO, HORIMATSU TAKAHIRO, MUTO MANABU, YANAGITA MOTOKO 透析患者におけるシスプラチン体内動態を探る~より安全で有効な化学療法をめざして~ 透析患者におけるシスプラチン体内動態を探る~より安全で有効な化学療法をめざして~ 透析患者におけるシスプラチン体内動態を探る~より安全で有効な化学療法をめざして~ 日本透析医学会雑誌, 48, Supplement 1, 418-418 日本透析医学会雑誌, 48, Supplement 1, 418-418 日本透析医学会雑誌, 48, Supplement 1, 418-418 2015/05/28 日本語 公開
大谷祐基, 米澤淳, 今井哲司, 津田真弘, 池見泰明, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 松原和夫 大谷祐基, 米澤淳, 今井哲司, 津田真弘, 池見泰明, 大村友博, 中川俊作, 中川貴之, 松原和夫 OTANI YUKI, YONEZAWA ATSUSHI, IMAI SATOSHI, TSUDA MASAHIRO, IKEMI YASUAKI, OMURA TOMOHIRO, NAKAGAWA SHUNSAKU, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO リツキシマブの生体内における構造変化の評価 リツキシマブの生体内における構造変化の評価 リツキシマブの生体内における構造変化の評価 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 30th, 21F1-2 (WEB ONLY)-137 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 30th, 21F1-2 (WEB ONLY)-137 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 30th, 21F1-2 (WEB ONLY)-137 2015/05 日本語 公開
清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子 清水葉子, 松原雄, 塚本達雄, 米澤淳, 松原和夫, 船越太郎, 堀松高博, 武藤学, 柳田素子 SHIMIZU YOKO, MATSUBARA TAKESHI, TSUKAMOTO TATSUO, YONEZAWA ATSUSHI, MATSUBARA KAZUO, FUNAKOSHI TARO, HORIMATSU TAKAHIRO, MUTO MANABU, YANAGITA MOTOKO 透析患者におけるシスプラチン(CDDP)体内動態~至適投与方法を探るためのpreliminary study~ 透析患者におけるシスプラチン(CDDP)体内動態~至適投与方法を探るためのpreliminary study~ 透析患者におけるシスプラチン(CDDP)体内動態~至適投与方法を探るためのpreliminary study~ 日本腎臓学会誌, 57, 3, 589 日本腎臓学会誌, 57, 3, 589 日本腎臓学会誌, 57, 3, 589 2015/04/30 日本語 公開
片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 片田佳希, 中川俊作, 田上裕美, 津田真弘, 都築徹教, 小高瑞穂, 米澤淳, 萱野勇一郎, 矢野育子, 南方謙二, 坂田隆造, 松原和夫 KATADA YOSHIKI, NAKAGAWA SHUNSAKU, TAGAMI YUMI, TSUDA MASAHIRO, TSUZUKI TETSUNORI, ODAKA MIZUHO, YONEZAWA ATSUSHI, KAYANO YUICHIRO, YANO IKUKO, MINAKATA KENJI, SAKATA RYUZO, MATSUBARA KAZUO プロトコルに基づいた薬物治療管理が臨床アウトカムに与える影響:TDMオーダを含めた処方設計支援 プロトコルに基づいた薬物治療管理が臨床アウトカムに与える影響:TDMオーダを含めた処方設計支援 プロトコルに基づいた薬物治療管理が臨床アウトカムに与える影響:TDMオーダを含めた処方設計支援 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.27G-PM08-56 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.27G-PM08-56 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.27G-PM08-56 2015/03 日本語 公開
小山智志, 大村友博, 中川俊作, 今井哲司, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 小山智志, 大村友博, 中川俊作, 今井哲司, 米澤淳, 中川貴之, 松原和夫 KOYAMA SATOSHI, OMURA TOMOHIRO, NAKAGAWA SHUNSAKU, IMAI TETSUJI, YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA TAKAYUKI, MATSUBARA KAZUO EGFR阻害薬による肺障害とeIF2αのリン酸化 EGFR阻害薬による肺障害とeIF2αのリン酸化 EGFR阻害薬による肺障害とeIF2αのリン酸化 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 3, ROMBUNNO.27U-PM04-85 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 3, ROMBUNNO.27U-PM04-85 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 3, ROMBUNNO.27U-PM04-85 2015/03 日本語 公開
中山佳代子, 櫻井香織, 杉本充弘, 米澤淳, 深津祥央, 萱野勇一郎, 松原和夫 中山佳代子, 櫻井香織, 杉本充弘, 米澤淳, 深津祥央, 萱野勇一郎, 松原和夫 NAKAYAMA KAYOKO, SAKURAI KAORI, SUGIMOTO MITSUHIRO, YONEZAWA ATSUSHI, FUKATSU YOSHIHIRO, KAYANO YUICHIRO, MATSUBARA KAZUO 病棟薬剤師の入院時持参薬確認と服薬計画立案によるポリファーマシー改善効果 病棟薬剤師の入院時持参薬確認と服薬計画立案によるポリファーマシー改善効果 病棟薬剤師の入院時持参薬確認と服薬計画立案によるポリファーマシー改善効果 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.28U-PM12-85 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.28U-PM12-85 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, 4, ROMBUNNO.28U-PM12-85 2015/03 日本語 公開
熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 山本雅哉, 米澤淳, 瀧本真也, 平尾慎吾, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 阪口仁寿, 南方謙二, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 坂田隆造 熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 山本雅哉, 米澤淳, 瀧本真也, 平尾慎吾, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 阪口仁寿, 南方謙二, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 坂田隆造 KUMAGAI MOTOYUKI, MARUI AKIRA, TABATA YASUHIKO, YAMAMOTO MASAYA, YONEZAWA ATSUSHI, TAKIMOTO SHIN'YA, HIRAO SHINGO, SAKAMOTO KAZUHISA, NISHIO HIROOMI, NAKATA TOMOHIRO, SAKAGUCHI HITOHISA, MINAKATA KENJI, YAMAZAKI KAZUHIRO, IKEDA TADASHI, MATSUBARA KAZUO, SAKATA RYUZO bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルシートによる慢性心筋梗塞大動物モデルでの血管新生療法の検討 bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルシートによる慢性心筋梗塞大動物モデルでの血管新生療法の検討 bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルシートによる慢性心筋梗塞大動物モデルでの血管新生療法の検討 再生医療, 14, 369 再生医療, 14, 369 再生医療, 14, 369 2015/02/01 日本語 公開
米澤淳, 中川俊作, 松原和夫 米澤淳, 中川俊作, 松原和夫 YONEZAWA ATSUSHI, NAKAGAWA SHUNSAKU, MATSUBARA KAZUO 血液透析における抗がん剤除去とTDMの必要性 血液透析における抗がん剤除去とTDMの必要性 血液透析における抗がん剤除去とTDMの必要性 月刊腎臓内科・泌尿器科, 1, 1, 80-83 月刊腎臓内科・泌尿器科, 1, 1, 80-83 月刊腎臓内科・泌尿器科, 1, 1, 80-83 2015/01/28 日本語 公開
熊谷基之, 南方謙二, 丸井晃, 山本雅哉, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造 熊谷基之, 南方謙二, 丸井晃, 山本雅哉, 米澤淳, 坂本和久, 西尾博臣, 中田朋宏, 上原京勲, 阪口仁寿, 山崎和裕, 池田義, 松原和夫, 田畑泰彦, 坂田隆造 KUMAGAI MOTOYUKI, MINAKATA KENJI, MARUI AKIRA, YAMAMOTO MASAYA, YONEZAWA ATSUSHI, SAKAMOTO KAZUHISA, NISHIO HIROOMI, NAKATA TOMOHIRO, UEHARA AKIHIRO, SAKAGUCHI HITOHISA, YAMAZAKI KAZUHIRO, IKEDA TADASHI, MATSUBARA KAZUO, TABATA YASUHIKO, SAKATA RYUZO 慢性心筋梗塞大動物モデルに対する生体材料DDSを用いた血管新生療法の検討 慢性心筋梗塞大動物モデルに対する生体材料DDSを用いた血管新生療法の検討 慢性心筋梗塞大動物モデルに対する生体材料DDSを用いた血管新生療法の検討 日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集, 20th, 112 日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集, 20th, 112 日本冠動脈外科学会学術大会講演抄録集, 20th, 112 2015 日本語 公開
Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Eiji Yoshikawa, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Takafumi Ikeda, Hidetoshi Masumoto, Tomohiro Nakata, Hisashi Sakaguchi, Kenji Minakata, Kazuhiro Yamazaki, Tadasi Ikeda, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Eiji Yoshikawa, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Takafumi Ikeda, Hidetoshi Masumoto, Tomohiro Nakata, Hisashi Sakaguchi, Kenji Minakata, Kazuhiro Yamazaki, Tadasi Ikeda, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata Motoyuki Kumagai, Akira Marui, Yasuhiko Tabata, Eiji Yoshikawa, Masaya Yamamoto, Atsushi Yonezawa, Shiro Tanaka, Takafumi Ikeda, Hidetoshi Masumoto, Tomohiro Nakata, Hisashi Sakaguchi, Kenji Minakata, Kazuhiro Yamazaki, Tadasi Ikeda, Masayuki Yokode, Akira Shimizu, Ryuzo Sakata A Novel Method to Therapeutic Angiogenesis by Sustained Release of Basic Fibroblast Growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel Sheet in a Canine Chronic Myocardial Infarction Model A Novel Method to Therapeutic Angiogenesis by Sustained Release of Basic Fibroblast Growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel Sheet in a Canine Chronic Myocardial Infarction Model A Novel Method to Therapeutic Angiogenesis by Sustained Release of Basic Fibroblast Growth Factor Using Biodegradable Gelatin Hydrogel Sheet in a Canine Chronic Myocardial Infarction Model CIRCULATION, 130 CIRCULATION, 130 CIRCULATION, 130 2014/11 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
尾上 晴香, 矢野 育子, 田中 惇子, 本橋 秀之, 中川 俊作, 米澤 淳, 石黒 洋, 松原 和夫 尾上 晴香, 矢野 育子, 田中 惇子, 本橋 秀之, 中川 俊作, 米澤 淳, 石黒 洋, 松原 和夫 尾上 晴香, 矢野 育子, 田中 惇子, 本橋 秀之, 中川 俊作, 米澤 淳, 石黒 洋, 松原 和夫 乳癌患者におけるドセタキセルの母集団薬物動態解析とファーマコゲノミクス 乳癌患者におけるドセタキセルの母集団薬物動態解析とファーマコゲノミクス 乳癌患者におけるドセタキセルの母集団薬物動態解析とファーマコゲノミクス 臨床薬理, 45, Suppl., S236-S236 臨床薬理, 45, Suppl., S236-S236 臨床薬理, 45, Suppl., S236-S236 2014/11 日本語 公開
松村 健吾, 大谷 祐基, 大村 友博, 米澤 淳, 津田 真弘, 吉貴 達寛, 松原 和夫 松村 健吾, 大谷 祐基, 大村 友博, 米澤 淳, 津田 真弘, 吉貴 達寛, 松原 和夫 28-P2PM-006 LC/TOF-MSによるG-CSFバイオ後続品の定性分析(薬物動態(臨床),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) 28-P2PM-006 LC/TOF-MSによるG-CSFバイオ後続品の定性分析(薬物動態(臨床),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24 , 24 2014/08/25 日本語 公開
礒本 唯, 萱野 勇一郎, 池見 泰明, 杉本 充弘, 大村 友博, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫 礒本 唯, 萱野 勇一郎, 池見 泰明, 杉本 充弘, 大村 友博, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫 27-O3PM-07 トレーシングレポート(服薬情報提供書)を利用した病診薬連携の推進(薬薬連携、その他,優秀演題候補セッション6,新時代を拓く医療薬学フロンティア) 27-O3PM-07 トレーシングレポート(服薬情報提供書)を利用した病診薬連携の推進(薬薬連携、その他,優秀演題候補セッション6,新時代を拓く医療薬学フロンティア) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24 , 24 2014/08/25 日本語 公開
石橋直哉, 津田真弘, 佐藤裕紀, 池見泰明, 松田裕也, 八田眞菜美, 小枝正吉, 高橋和也, 大原雄希, 志賀弘康, 中川俊作, 深津祥央, 米澤淳, 田崎嘉一, 宮本篤, 井関健, 白井正信, 松原和夫 石橋直哉, 津田真弘, 佐藤裕紀, 池見泰明, 松田裕也, 八田眞菜美, 小枝正吉, 高橋和也, 大原雄希, 志賀弘康, 中川俊作, 深津祥央, 米澤淳, 田崎嘉一, 宮本篤, 井関健, 白井正信, 松原和夫 石橋直哉, 津田真弘, 佐藤裕紀, 池見泰明, 松田裕也, 八田眞菜美, 小枝正吉, 高橋和也, 大原雄希, 志賀弘康, 中川俊作, 深津祥央, 米澤淳, 田崎嘉一, 宮本篤, 井関健, 白井正信, 松原和夫 薬剤師不在の過疎地域病院への薬剤師派遣による医療支援の試み 薬剤師不在の過疎地域病院への薬剤師派遣による医療支援の試み 薬剤師不在の過疎地域病院への薬剤師派遣による医療支援の試み 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 190 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 190 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 190 2014/08/25 日本語 公開
清水倫子, 津田真弘, 池見泰明, 深津祥央, 石塚良子, 米澤淳, 松村由美, 松原和夫 清水倫子, 津田真弘, 池見泰明, 深津祥央, 石塚良子, 米澤淳, 松村由美, 松原和夫 清水倫子, 津田真弘, 池見泰明, 深津祥央, 石塚良子, 米澤淳, 松村由美, 松原和夫 B型肝炎ウイルス再活性化初期スクリーニング検査の実施状況調査 B型肝炎ウイルス再活性化初期スクリーニング検査の実施状況調査 B型肝炎ウイルス再活性化初期スクリーニング検査の実施状況調査 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 192 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 192 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 192 2014/08/25 日本語 公開
大谷祐基, 松村健吾, 米澤淳, 大村友博, 津田真弘, 中川貴之, 松原和夫 大谷祐基, 松村健吾, 米澤淳, 大村友博, 津田真弘, 中川貴之, 松原和夫 大谷祐基, 松村健吾, 米澤淳, 大村友博, 津田真弘, 中川貴之, 松原和夫 LC/TOF‐MSを用いた抗体医薬品の糖鎖解析 LC/TOF‐MSを用いた抗体医薬品の糖鎖解析 LC/TOF‐MSを用いた抗体医薬品の糖鎖解析 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 2014/08/25 日本語 公開
松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 吉貴達寛, 松原和夫 松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 吉貴達寛, 松原和夫 松村健吾, 松村健吾, 大谷祐基, 大村友博, 米澤淳, 津田真弘, 吉貴達寛, 松原和夫 LC/TOF‐MSによるG‐CSFバイオ後続品の定性分析 LC/TOF‐MSによるG‐CSFバイオ後続品の定性分析 LC/TOF‐MSによるG‐CSFバイオ後続品の定性分析 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 420 2014/08/25 日本語 公開
礒本唯, 萱野勇一郎, 池見泰明, 杉本充弘, 大村友博, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 礒本唯, 萱野勇一郎, 池見泰明, 杉本充弘, 大村友博, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 礒本唯, 萱野勇一郎, 池見泰明, 杉本充弘, 大村友博, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 トレーシングレポート(服薬情報提供書)を利用した病診薬連携の推進 トレーシングレポート(服薬情報提供書)を利用した病診薬連携の推進 トレーシングレポート(服薬情報提供書)を利用した病診薬連携の推進 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 189 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 189 日本医療薬学会年会講演要旨集, 24th, 189 2014/08/25 日本語 公開
松原和夫, 粟屋敏雄, 杉本充弘, 米澤淳 松原和夫, 粟屋敏雄, 杉本充弘, 米澤淳 松原和夫, 粟屋敏雄, 杉本充弘, 米澤淳 プロトコルに基づく薬物治療管理 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の“見える化” プロトコルに基づく薬物治療管理 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の“見える化” プロトコルに基づく薬物治療管理 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の“見える化” 薬局, 65, 8, 2214-2218 薬局, 65, 8, 2214-2218 薬局, 65, 8, 2214-2218 2014/07/05 日本語 公開
松原 和夫, 粟屋 敏雄, 杉本 充弘, 米澤 淳 松原 和夫, 粟屋 敏雄, 杉本 充弘, 米澤 淳 松原 和夫, 粟屋 敏雄, 杉本 充弘, 米澤 淳 【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の"見える化" 【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の"見える化" 【プロトコルに基づく薬物治療管理 薬剤師による戦略的・継続的マネジメント】 プロトコルに基づく薬物治療管理「PBPM」業務の"見える化" 薬局, 65, 8, 2214-2218 薬局, 65, 8, 2214-2218 薬局, 65, 8, 2214-2218 2014/07 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 【これからの院内製剤のあり方】 医療現場における院内製剤の現状と展望 【これからの院内製剤のあり方】 医療現場における院内製剤の現状と展望 【これからの院内製剤のあり方】 医療現場における院内製剤の現状と展望 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 2014/06 日本語 公開
米澤淳 米澤淳 米澤淳 これからの院内製剤のあり方 2)医療現場における院内製剤の現状と展望 これからの院内製剤のあり方 2)医療現場における院内製剤の現状と展望 これからの院内製剤のあり方 2)医療現場における院内製剤の現状と展望 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 日本病院薬剤師会雑誌, 50, 6, 723-724 2014/06/01 日本語 公開
伊藤聡子, 矢野育子, 端幸代, 米澤淳, 池田昭夫, 松原和夫 伊藤聡子, 矢野育子, 端幸代, 米澤淳, 池田昭夫, 松原和夫 伊藤聡子, 矢野育子, 端幸代, 米澤淳, 池田昭夫, 松原和夫 小児及び成人てんかん患者の日常診療におけるレベチラセタム血中濃度データの評価と母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者の日常診療におけるレベチラセタム血中濃度データの評価と母集団薬物動態解析 小児及び成人てんかん患者の日常診療におけるレベチラセタム血中濃度データの評価と母集団薬物動態解析 TDM研究, 31, 3, 107-107 TDM研究, 31, 3, 107-107 TDM研究, 31, 3, 107-107 2014/05/15 日本語 公開
杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 森田洋亮, 吉田優子, 尾上雅英, 大村友博, 萱野勇一郎, 深津祥央, 矢野育子, 松原和夫 杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 森田洋亮, 吉田優子, 尾上雅英, 大村友博, 萱野勇一郎, 深津祥央, 矢野育子, 松原和夫 SUGIMOTO MITSUHIRO, YONEZAWA ATSUSHI, TADEHARA MASAMI, MORITA YOSUKE, YOSHIDA YUKO, ONOUE MASAHIDE, OMURA TOMOHIRO, KAYANO YUICHIRO, FUKATSU SACHIO, YANO IKUKO, MATSUBARA KAZUO プロトコルに基づいた薬物治療管理の実践~病棟専任薬剤師が参画したチーム医療による持参薬管理~ プロトコルに基づいた薬物治療管理の実践~病棟専任薬剤師が参画したチーム医療による持参薬管理~ Protocol-Based Pharmacotherapy Management (PBPM) Involving Ward-Pharmacists as a Member of Medical Team on Outpatient Prescriptions Brought to the Hospital 医療薬学, 40, 5, 297-303 医療薬学, 40, 5, 297-303 医療薬学, 40, 5, 297-303 2014/05/10 日本語 公開
米澤 淳, 松原 和夫 米澤 淳, 松原 和夫 米澤 淳, 松原 和夫 【がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応】 薬剤性腎障害 【がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応】 薬剤性腎障害 【がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応】 薬剤性腎障害 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 2014/04 日本語 公開
米澤淳, 松原和夫 米澤淳, 松原和夫 米澤淳, 松原和夫 がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応 6.薬剤性腎障害 がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応 6.薬剤性腎障害 がん領域における注意すべき医薬品副作用のメカニズムと対応 6.薬剤性腎障害 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 医薬ジャーナル, 50, 4, 1191-1195 2014/04/01 日本語 公開
米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 米澤 淳, 梶原 望渡, 南 いく子, 大村 友博, 中川 俊作, 松原 和夫 薬物治療を支援する院内製剤 現状と課題 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 薬物治療を支援する院内製剤 現状と課題 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 薬物治療を支援する院内製剤 現状と課題 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 1, 184-184 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 1, 184-184 日本薬学会年会要旨集, 134年会, 1, 184-184 2014/03 日本語 公開
吉松宏樹, 米澤淳, 山西香里, 八尾祉顕, 中川俊作, 大村友博, 松原和夫 吉松宏樹, 米澤淳, 山西香里, 八尾祉顕, 中川俊作, 大村友博, 松原和夫 吉松宏樹, 米澤淳, 山西香里, 八尾祉顕, 中川俊作, 大村友博, 松原和夫 RFVT3ノックアウトマウスにおけるリボフラビン恒常性の破綻 RFVT3ノックアウトマウスにおけるリボフラビン恒常性の破綻 RFVT3ノックアウトマウスにおけるリボフラビン恒常性の破綻 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, 4, ROMBUNNO.29V-PM06S-84 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, 4, ROMBUNNO.29V-PM06S-84 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, 4, ROMBUNNO.29V-PM06S-84 2014/03 日本語 公開
熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 吉川英治, 武田崇秀, 山本雅哉, 米澤淳, 池田隆文, 松原和夫, 川上浩司, 森田智視, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 吉川英治, 武田崇秀, 山本雅哉, 米澤淳, 池田隆文, 松原和夫, 川上浩司, 森田智視, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 熊谷基之, 丸井晃, 田畑泰彦, 吉川英治, 武田崇秀, 山本雅哉, 米澤淳, 池田隆文, 松原和夫, 川上浩司, 森田智視, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 ゼラチンハイドロゲルを用いたbFGF徐放投与による血管新生療法の可能性 ゼラチンハイドロゲルを用いたbFGF徐放投与による血管新生療法の可能性 ゼラチンハイドロゲルを用いたbFGF徐放投与による血管新生療法の可能性 再生医療, 13, 208 再生医療, 13, 208 再生医療, 13, 208 2014/01/27 日本語 公開
松原 和夫, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子 松原 和夫, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子 松原 和夫, 米澤 淳, 中川 貴之, 矢野 育子 【薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの】 薬剤師教育の充実とは 病院薬剤師の立場から 【薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの】 薬剤師教育の充実とは 病院薬剤師の立場から 【薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの】 薬剤師教育の充実とは 病院薬剤師の立場から 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 2014/01 日本語 公開
米澤淳, 梶原望渡, 南いく子, 大村友博, 中川俊作, 松原和夫 米澤淳, 梶原望渡, 南いく子, 大村友博, 中川俊作, 松原和夫 米澤淳, 梶原望渡, 南いく子, 大村友博, 中川俊作, 松原和夫 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 治験薬GMP基準の院内製剤製造によるトランスレーショナルリサーチへの貢献 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.S31-3 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.S31-3 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.S31-3 2014 日本語 公開
金井雅史, 古川恵子, 松本繁巳, 米澤淳, 志賀修一, 鶴山竜昭, 黒田知宏, 松原和夫, 千葉勉, 武藤学 金井雅史, 古川恵子, 松本繁巳, 米澤淳, 志賀修一, 鶴山竜昭, 黒田知宏, 松原和夫, 千葉勉, 武藤学 金井雅史, 古川恵子, 松本繁巳, 米澤淳, 志賀修一, 鶴山竜昭, 黒田知宏, 松原和夫, 千葉勉, 武藤学 京都大学がんセンターキャンサーバイオバンクプロジェクト 京都大学がんセンターキャンサーバイオバンクプロジェクト 京都大学がんセンターキャンサーバイオバンクプロジェクト 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.P1-24-1 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.P1-24-1 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 12th, ROMBUNNO.P1-24-1 2014 日本語 公開
松原和夫, 米澤淳, 中川貴之, 矢野育子 松原和夫, 米澤淳, 中川貴之, 矢野育子 松原和夫, 米澤淳, 中川貴之, 矢野育子 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの 2.薬剤師教育の充実とは 4)病院薬剤師の立場から 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの 2.薬剤師教育の充実とは 4)病院薬剤師の立場から 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂の目指すもの 2.薬剤師教育の充実とは 4)病院薬剤師の立場から 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 医薬ジャーナル, 50, 1, 77-81 2014/01/01 日本語 公開
米澤淳 米澤淳 米澤淳 薬剤性腎障害のとらえ方 腎障害を引き起こす薬剤の使い方・注意点 抗がん薬 薬剤性腎障害のとらえ方 腎障害を引き起こす薬剤の使い方・注意点 抗がん薬 薬剤性腎障害のとらえ方 腎障害を引き起こす薬剤の使い方・注意点 抗がん薬 月刊薬事, 55, 13, 2363-2366 月刊薬事, 55, 13, 2363-2366 月刊薬事, 55, 13, 2363-2366 2013/12/01 日本語 公開
池見泰明, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 池見泰明, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 池見泰明, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 六年制薬剤師誕生!薬学教育六年制は何を変えたか 第2回 六年制卒業生について・大学病院の立場から―初期研修プログラムの変更 六年制薬剤師誕生!薬学教育六年制は何を変えたか 第2回 六年制卒業生について・大学病院の立場から―初期研修プログラムの変更 六年制薬剤師誕生!薬学教育六年制は何を変えたか 第2回 六年制卒業生について・大学病院の立場から―初期研修プログラムの変更 日本病院薬剤師会雑誌, 49, 12, 1277-1279 日本病院薬剤師会雑誌, 49, 12, 1277-1279 日本病院薬剤師会雑誌, 49, 12, 1277-1279 2013/12/01 日本語 公開
Yano, I, H. Nakanishi, A. Yonezawa, K. Matsubara Yano, I, H. Nakanishi, A. Yonezawa, K. Matsubara Yano, I, H. Nakanishi, A. Yonezawa, K. Matsubara Impact of P-Glycoprotein and Breast Cancer Resistance Protein on the Brain Distribution of Antiepileptic Drugs Impact of P-Glycoprotein and Breast Cancer Resistance Protein on the Brain Distribution of Antiepileptic Drugs Impact of P-Glycoprotein and Breast Cancer Resistance Protein on the Brain Distribution of Antiepileptic Drugs THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 35, 5, 693-693 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 35, 5, 693-693 THERAPEUTIC DRUG MONITORING, 35, 5, 693-693 2013/10 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
大村友博, 山本譲, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 大村友博, 山本譲, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 大村友博, 山本譲, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 田崎嘉一, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 パラコート誘発細胞死におけるユビキチンリガーゼHRD1,Parkinの役割とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果の検討 パラコート誘発細胞死におけるユビキチンリガーゼHRD1,Parkinの役割とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果の検討 パラコート誘発細胞死におけるユビキチンリガーゼHRD1,Parkinの役割とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果の検討 中毒研究, 26, 3, 265-265 中毒研究, 26, 3, 265-265 中毒研究, 26, 3, 265-265 2013/09/10 日本語 公開
吉田 優子, 米澤 淳, 河合 知喜, 杉本 充弘, 山際 岳朗, 土生 康司, 矢野 育子, 松原 和夫 吉田 優子, 米澤 淳, 河合 知喜, 杉本 充弘, 山際 岳朗, 土生 康司, 矢野 育子, 松原 和夫 日-P3-457 リファンピシンの薬物相互作用に対する薬学的介入を指標とした病棟薬剤業務の質的評価(病棟薬剤業務,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 日-P3-457 リファンピシンの薬物相互作用に対する薬学的介入を指標とした病棟薬剤業務の質的評価(病棟薬剤業務,ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23 , 23 2013/08/28 日本語 公開
吉田優子, 米澤淳, 河合知喜, 杉本充弘, 山際岳朗, 土生康司, 矢野育子, 松原和夫 吉田優子, 米澤淳, 河合知喜, 杉本充弘, 山際岳朗, 土生康司, 矢野育子, 松原和夫 吉田優子, 米澤淳, 河合知喜, 杉本充弘, 山際岳朗, 土生康司, 矢野育子, 松原和夫 リファンピシンの薬物相互作用に対する薬学的介入を指標とした病棟薬剤業務の質的評価 リファンピシンの薬物相互作用に対する薬学的介入を指標とした病棟薬剤業務の質的評価 リファンピシンの薬物相互作用に対する薬学的介入を指標とした病棟薬剤業務の質的評価 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 427 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 427 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 427 2013/08/28 日本語 公開
河合知喜, 橋本恵美奈, 高橋有, 吉田優子, 尾上雅英, 米澤淳, 藤本康弘, 上本伸二, 松原和夫 河合知喜, 橋本恵美奈, 高橋有, 吉田優子, 尾上雅英, 米澤淳, 藤本康弘, 上本伸二, 松原和夫 河合知喜, 橋本恵美奈, 高橋有, 吉田優子, 尾上雅英, 米澤淳, 藤本康弘, 上本伸二, 松原和夫 医師の業務負担軽減と安全性向上を目的とした病棟専任薬剤師によるDo処方入力の試み 医師の業務負担軽減と安全性向上を目的とした病棟専任薬剤師によるDo処方入力の試み 医師の業務負担軽減と安全性向上を目的とした病棟専任薬剤師によるDo処方入力の試み 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 419 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 419 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 419 2013/08/28 日本語 公開
森田真樹子, 米澤淳, 森美奈子, 田崎嘉一, 長屋健, 千石一雄, 松原和夫 森田真樹子, 米澤淳, 森美奈子, 田崎嘉一, 長屋健, 千石一雄, 松原和夫 MORITA MAKIKO, YONEZAWA ATSUSHI, MORI MINAKO, TASAKI YOSHIKAZU, NAGAYA KEN, SENGOKU KAZUO, MATSUBARA KAZUO ラモトリギン服用患者の母乳育児の2症例―母乳を介した乳児への移行性― ラモトリギン服用患者の母乳育児の2症例―母乳を介した乳児への移行性― Two Cases of Breast-Feeding in Infancy-Transfer of Lamotrigine to Infancy via Breast Milk- 医療薬学, 39, 8, 504-509 医療薬学, 39, 8, 504-509 医療薬学, 39, 8, 504-509 2013/08/10 日本語 公開
小山智志, 大村友博, 笹岡美和, 米澤淳, 福土将秀, 増田智先, 松原和夫 小山智志, 大村友博, 笹岡美和, 米澤淳, 福土将秀, 増田智先, 松原和夫 小山智志, 大村友博, 笹岡美和, 米澤淳, 福土将秀, 増田智先, 松原和夫 EGFR阻害薬の毒性発現と小胞体ストレスの関与 EGFR阻害薬の毒性発現と小胞体ストレスの関与 EGFR阻害薬の毒性発現と小胞体ストレスの関与 医療薬学フォーラム講演要旨集, 21st, 231 医療薬学フォーラム講演要旨集, 21st, 231 医療薬学フォーラム講演要旨集, 21st, 231 2013/07 日本語 公開
増田智先, 米澤淳, 大村友博, 松原和夫 増田智先, 米澤淳, 大村友博, 松原和夫 増田智先, 米澤淳, 大村友博, 松原和夫 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29th, 110 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29th, 110 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29th, 110 2013/06/05 日本語 公開
増田 智先, 米澤 淳, 大村 友博, 松原 和夫 増田 智先, 米澤 淳, 大村 友博, 松原 和夫 増田 智先, 米澤 淳, 大村 友博, 松原 和夫 トランスポーターと薬物治療・DDS 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 トランスポーターと薬物治療・DDS 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 トランスポーターと薬物治療・DDS 薬物性腎障害とトランスポータ機能との関連 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29回, 110-110 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29回, 110-110 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 29回, 110-110 2013/06 日本語 公開
大村友博, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 大村友博, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 大村友博, 浅利優, 岡久美子, 保科千里, 米澤淳, 増田智先, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 パラコート毒性における小胞体ストレスの関与とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果 パラコート毒性における小胞体ストレスの関与とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果 パラコート毒性における小胞体ストレスの関与とケミカルシャペロンによる細胞死抑制効果 日本法医学雑誌, 67, 1, 89-89 日本法医学雑誌, 67, 1, 89-89 日本法医学雑誌, 67, 1, 89-89 2013/05/20 日本語 公開
山本譲, 大村友博, 田崎嘉一, 浅利優, 岡久美子, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 山本譲, 大村友博, 田崎嘉一, 浅利優, 岡久美子, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 山本譲, 大村友博, 田崎嘉一, 浅利優, 岡久美子, 米澤淳, 増田智先, 粟屋敏雄, 間瀬田千香暁, 塩野寛, 清水惠子, 松原和夫 Real‐time PCRを用いたCYP3A5及びCYP2C19の遺伝子多型迅速判定法の開発と生体肝移植におけるタクロリムスTDM業務への応用 Real‐time PCRを用いたCYP3A5及びCYP2C19の遺伝子多型迅速判定法の開発と生体肝移植におけるタクロリムスTDM業務への応用 Real‐time PCRを用いたCYP3A5及びCYP2C19の遺伝子多型迅速判定法の開発と生体肝移植におけるタクロリムスTDM業務への応用 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29AMF-313-141 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29AMF-313-141 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.29AMF-313-141 2013/03 日本語 公開
吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 桂敏也, 松原和夫 吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 桂敏也, 松原和夫 吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 桂敏也, 松原和夫 リボフラビンの腸管吸収におけるRFVT3/SLC52A3の役割 リボフラビンの腸管吸収におけるRFVT3/SLC52A3の役割 リボフラビンの腸管吸収におけるRFVT3/SLC52A3の役割 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM14S-78 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM14S-78 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30P-AM14S-78 2013/03 日本語 公開
杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 吉田優子, 丸山志穂子, 谷口理沙, 松田裕也, 森田洋亮, 尾上雅英, 深津祥央, 矢野育子, 園田ゆい, 塚本優子, 合野由香, 佐藤晋, 平井豊博, 松原和夫 杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 吉田優子, 丸山志穂子, 谷口理沙, 松田裕也, 森田洋亮, 尾上雅英, 深津祥央, 矢野育子, 園田ゆい, 塚本優子, 合野由香, 佐藤晋, 平井豊博, 松原和夫 杉本充弘, 米澤淳, 蓼原昌美, 吉田優子, 丸山志穂子, 谷口理沙, 松田裕也, 森田洋亮, 尾上雅英, 深津祥央, 矢野育子, 園田ゆい, 塚本優子, 合野由香, 佐藤晋, 平井豊博, 松原和夫 病棟専任薬剤師が参画したチーム医療による持参薬管理の実践~安全性向上と業務負担軽減~ 病棟専任薬剤師が参画したチーム医療による持参薬管理の実践~安全性向上と業務負担軽減~ 病棟専任薬剤師が参画したチーム医療による持参薬管理の実践~安全性向上と業務負担軽減~ 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30PMF-716-208 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30PMF-716-208 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, 4, ROMBUNNO.30PMF-716-208 2013/03 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 医療の現場から トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 医療の現場から トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 医療の現場から トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 ファルマシア, 49, 2, 103-105 ファルマシア, 49, 2, 103-105 ファルマシア, 49, 2, 103-105 2013/02 日本語 公開
松原和夫, 米澤淳, 増田智先 松原和夫, 米澤淳, 増田智先 松原和夫, 米澤淳, 増田智先 変革期にある医療職に対する基礎教育・継続教育―チーム医療を推進するための今後の展望―臨床薬剤師を目指した薬学教育6年制化のアウトカムは 変革期にある医療職に対する基礎教育・継続教育―チーム医療を推進するための今後の展望―臨床薬剤師を目指した薬学教育6年制化のアウトカムは 変革期にある医療職に対する基礎教育・継続教育―チーム医療を推進するための今後の展望―臨床薬剤師を目指した薬学教育6年制化のアウトカムは 保健の科学, 55, 2, 101-105 保健の科学, 55, 2, 101-105 保健の科学, 55, 2, 101-105 2013/02/01 日本語 公開
米澤淳 米澤淳 米澤淳 トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 トランスレーショナルリサーチへの薬剤師の新たなかかわり 治験薬GMP基準の特殊無菌製剤室の設置 ファルマシア, 49, 2, 103-105 ファルマシア, 49, 2, 103-105 ファルマシア, 49, 2, 103-105 2013/02/01 日本語 公開
八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 松原和夫 八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 松原和夫 八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 松原和夫 リボフラビンの肝取り込みにおけるRFVT/SLC52Aの関与 リボフラビンの肝取り込みにおけるRFVT/SLC52Aの関与 リボフラビンの肝取り込みにおけるRFVT/SLC52Aの関与 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 34th, 140-141 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 34th, 140-141 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 34th, 140-141 2012/11/15 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 【トランスポーターを利用したドラッグデリバリー】 プラチナ系抗がん剤のがん・腎臓移行を決定する分子機構 【トランスポーターを利用したドラッグデリバリー】 プラチナ系抗がん剤のがん・腎臓移行を決定する分子機構 【トランスポーターを利用したドラッグデリバリー】 プラチナ系抗がん剤のがん・腎臓移行を決定する分子機構 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 2012/11 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 Yonezawa Atsushi 有機カチオン輸送系を介した白金系抗がん剤の腎毒性発現機構 有機カチオン輸送系を介した白金系抗がん剤の腎毒性発現機構 Platinum Agent-induced Nephrotoxicity via Organic Cation Transport System YAKUGAKU ZASSHI, 132, 11, 1281-1285 YAKUGAKU ZASSHI, 132, 11, 1281-1285 YAKUGAKU ZASSHI, 132, 11, 1281-1285 2012/11 日本語 公開
米澤淳 米澤淳 米澤淳 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 臨床薬理, 43, Supplement, S178 臨床薬理, 43, Supplement, S178 臨床薬理, 43, Supplement, S178 2012/10/31 日本語 公開
佐藤裕紀, 矢野育子, 中西晴香, 土生康司, 祝千佳子, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 佐藤裕紀, 矢野育子, 中西晴香, 土生康司, 祝千佳子, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 佐藤裕紀, 矢野育子, 中西晴香, 土生康司, 祝千佳子, 米澤淳, 深津祥央, 松原和夫 ベルテポルフィン使用後におけるLED照射の安全性に関する検討 ベルテポルフィン使用後におけるLED照射の安全性に関する検討 ベルテポルフィン使用後におけるLED照射の安全性に関する検討 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 269 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 269 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22nd, 269 2012/10/10 日本語 公開
佐藤 裕紀, 矢野 育子, 中西 晴香, 土生 康司, 祝 千佳子, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫 佐藤 裕紀, 矢野 育子, 中西 晴香, 土生 康司, 祝 千佳子, 米澤 淳, 深津 祥央, 松原 和夫 P1-018 ベルテポルフィン使用後におけるLED照射の安全性に関する検討(薬剤管理指導・病棟薬剤業務,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) P1-018 ベルテポルフィン使用後におけるLED照射の安全性に関する検討(薬剤管理指導・病棟薬剤業務,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22 日本医療薬学会年会講演要旨集, 22 , 22 2012/10/10 日本語 公開
米澤 淳 米澤 淳 米澤 淳 薬物相互作用の回避からコントロールへ 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 薬物相互作用の回避からコントロールへ 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 薬物相互作用の回避からコントロールへ 腎薬物トランスポータにおける薬物間相互作用と副作用回避 臨床薬理, 43, Suppl., S178-S178 臨床薬理, 43, Suppl., S178-S178 臨床薬理, 43, Suppl., S178-S178 2012/10 日本語 公開
岡真千子, 米澤淳, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 岡真千子, 米澤淳, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 OKA MACHIKO, YONEZAWA ATSUSHI, TOYOKUNI HIDEAKI, INUI KEN'ICHI, KATSURA TOSHIYA 治験薬GMPに基づいた臨床試験用院内無菌製剤室の設置と適合性評価 治験薬GMPに基づいた臨床試験用院内無菌製剤室の設置と適合性評価 Establishment and Suitability Evaluation of Manufacturing Facility for Investigational Sterile Drug Formulations Based on GMP for Investigational New Drugs 医療薬学, 38, 7, 423-434 医療薬学, 38, 7, 423-434 医療薬学, 38, 7, 423-434 2012/07/10 日本語 公開
増田智先, 米澤淳, 桂敏也 増田智先, 米澤淳, 桂敏也 増田智先, 米澤淳, 桂敏也 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200 2012/04/25 日本語 公開
米澤淳, 桂敏也 米澤淳, 桂敏也 米澤淳, 桂敏也 治験薬GMPに準拠した院内特殊無菌製剤室の設置とトランスレーショナルリサーチ 治験薬GMPに準拠した院内特殊無菌製剤室の設置とトランスレーショナルリサーチ 治験薬GMPに準拠した院内特殊無菌製剤室の設置とトランスレーショナルリサーチ 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 27th, WEB ONLY S5-03 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 27th, WEB ONLY S5-03 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web), 27th, WEB ONLY S5-03 2012/04/25 日本語 公開
増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 水・電解質輸送Up to date 腎尿細管機能制御 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 水・電解質輸送Up to date 腎尿細管機能制御 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 水・電解質輸送Up to date 腎尿細管機能制御 有機カチオントランスポーターの機能変動と薬剤性腎障害 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200-200 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200-200 日本腎臓学会誌, 54, 3, 200-200 2012/04 日本語 公開
本山慎也, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 増田智先 本山慎也, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 増田智先 本山慎也, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 増田智先 ヒト腎H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2‐Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 ヒト腎H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2‐Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 ヒト腎H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2‐Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 224 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 224 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 4, 224 2012/03/05 日本語 公開
米澤淳, 増田智先, 桂敏也 米澤淳, 増田智先, 桂敏也 米澤淳, 増田智先, 桂敏也 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 1, 257 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 1, 257 日本薬学会年会要旨集, 132nd, 1, 257 2012/03/05 日本語 公開
米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也 米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也 米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也 第7回若手が拓く新しい薬剤学 代謝酵素・トランスポーター分子論に基づいた薬物間相互作用予測 H+/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 第7回若手が拓く新しい薬剤学 代謝酵素・トランスポーター分子論に基づいた薬物間相互作用予測 H+/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 第7回若手が拓く新しい薬剤学 代謝酵素・トランスポーター分子論に基づいた薬物間相互作用予測 H+/有機カチオンアンチポータMATE1の機能低下による副作用発現の増強 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 1, 257-257 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 1, 257-257 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 1, 257-257 2012/03 日本語 公開
本山 慎也, 佐藤 朋子, 米澤 淳, 桂 敏也, 増田 智先 本山 慎也, 佐藤 朋子, 米澤 淳, 桂 敏也, 増田 智先 本山 慎也, 佐藤 朋子, 米澤 淳, 桂 敏也, 増田 智先 ヒト腎H+/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2-Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 ヒト腎H+/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2-Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 ヒト腎H+/有機カチオンアンチポータhMATE1及びhMATE2-Kと相互作用を示す化合物の構造的特徴の検討 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 224-224 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 224-224 日本薬学会年会要旨集, 132年会, 4, 224-224 2012/03 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Kana Toyama, Toshiya Katsura Atsushi Yonezawa, Kana Toyama, Toshiya Katsura Atsushi Yonezawa, Kana Toyama, Toshiya Katsura Metformin-induced lactic acidosis in Mate1 knockout mice Metformin-induced lactic acidosis in Mate1 knockout mice Metformin-induced lactic acidosis in Mate1 knockout mice JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118, 82P-82P JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118, 82P-82P JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118, 82P-82P 2012 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
米澤 淳 米澤 淳 Yonezawa Atsushi プラチナ系抗がん剤のがん・腎臓移行を決定する分子機構 プラチナ系抗がん剤のがん・腎臓移行を決定する分子機構 Molecular mechanism underlying delivery of platinum agents to the cancer and kidney Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 Drug Delivery System, 27, 5, 381-388 2012 日本語 公開
遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一, 桂敏也 遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一, 桂敏也 遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一, 桂敏也 メトホルミンのPK/PDにおけるMATEの役割 メトホルミンのPK/PDにおけるMATEの役割 メトホルミンのPK/PDにおけるMATEの役割 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 33rd, 76-77 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 33rd, 76-77 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 33rd, 76-77 2011/11/24 日本語 公開
豊国秀昭, 米澤淳, 岡真千子, 桂敏也 豊国秀昭, 米澤淳, 岡真千子, 桂敏也 豊国秀昭, 米澤淳, 岡真千子, 桂敏也 滅菌バリデーションの実施による臨床試験用院内製剤の無菌性保証 滅菌バリデーションの実施による臨床試験用院内製剤の無菌性保証 滅菌バリデーションの実施による臨床試験用院内製剤の無菌性保証 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21st, 319 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21st, 319 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21st, 319 2011/09/09 日本語 公開
豊国 秀昭, 米澤 淳, 岡 真千子, 桂 敏也 豊国 秀昭, 米澤 淳, 岡 真千子, 桂 敏也 P-0825 滅菌バリデーションの実施による臨床試験用院内製剤の無菌性保証(一般演題 ポスター発表,院内製剤・薬局製剤,Enjoy Pharmacists' Lifestyles) P-0825 滅菌バリデーションの実施による臨床試験用院内製剤の無菌性保証(一般演題 ポスター発表,院内製剤・薬局製剤,Enjoy Pharmacists' Lifestyles) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21 , 21 2011/09/09 日本語 公開
増田智先, 米澤淳, 桂敏也 増田智先, 米澤淳, 桂敏也 増田智先, 米澤淳, 桂敏也 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325 2011/05/25 日本語 公開
米澤淳, 中村高規, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 中村高規, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 中村高規, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 シスプラチン腎症における腎排出型トランスポータMATE1の役割 シスプラチン腎症における腎排出型トランスポータMATE1の役割 シスプラチン腎症における腎排出型トランスポータMATE1の役割 日本腎臓学会誌, 53, 3, 366-366 日本腎臓学会誌, 53, 3, 366-366 日本腎臓学会誌, 53, 3, 366-366 2011/05/25 日本語 公開
Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Disruption of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) causes metformin-induced lactic acidosis Disruption of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) causes metformin-induced lactic acidosis Disruption of multidrug and toxin extrusion 1 (MATE1) causes metformin-induced lactic acidosis DRUG METABOLISM REVIEWS, 43, 84-85 DRUG METABOLISM REVIEWS, 43, 84-85 DRUG METABOLISM REVIEWS, 43, 84-85 2011/05 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也 腎疾患・病態の理解を目指すトランスポーター遺伝子改変動物の利用 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 腎疾患・病態の理解を目指すトランスポーター遺伝子改変動物の利用 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 腎疾患・病態の理解を目指すトランスポーター遺伝子改変動物の利用 シスプラチン誘発性腎障害における有機カチオントランスポータ群の役割 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325-325 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325-325 日本腎臓学会誌, 53, 3, 325-325 2011/05 日本語 公開
米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 治験薬GMP基準を満たす第3項先進医療(高度医療)用院内特殊無菌製剤の製造 治験薬GMP基準を満たす第3項先進医療(高度医療)用院内特殊無菌製剤の製造 治験薬GMP基準を満たす第3項先進医療(高度医療)用院内特殊無菌製剤の製造 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 233-233 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 233-233 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 233-233 2011/05/01 日本語 公開
吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 乾賢一, 桂敏也 吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 乾賢一, 桂敏也 吉松宏樹, 米澤淳, 八尾祉顕, 乾賢一, 桂敏也 腸由来T84細胞におけるヒトリボフラビントランスポータhRFTの役割 腸由来T84細胞におけるヒトリボフラビントランスポータhRFTの役割 腸由来T84細胞におけるヒトリボフラビントランスポータhRFTの役割 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 118-118 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 118-118 日本薬剤学会年会講演要旨集, 26th, 118-118 2011/05/01 日本語 公開
丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 横出正之, 清水章, 坂田隆造 bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法の長期成績および医薬品市販化・保険診療化の試み bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法の長期成績および医薬品市販化・保険診療化の試み bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法の長期成績および医薬品市販化・保険診療化の試み 日本血管外科学会雑誌, 20, 2, 363-363 日本血管外科学会雑誌, 20, 2, 363-363 日本血管外科学会雑誌, 20, 2, 363-363 2011/04/07 日本語 公開
米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 トランスポートソーム―生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎,臨床,創薬応用研究の最新成果 第4章 残されたトランスポーターへのアプローチ 3 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 トランスポートソーム―生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎,臨床,創薬応用研究の最新成果 第4章 残されたトランスポーターへのアプローチ 3 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 トランスポートソーム―生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎,臨床,創薬応用研究の最新成果 第4章 残されたトランスポーターへのアプローチ 3 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 2011/03/31 日本語 公開
米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 乾賢一, 桂敏也 治験薬GMP基準を満たす高度医療用院内製剤の製造 治験薬GMP基準を満たす高度医療用院内製剤の製造 治験薬GMP基準を満たす高度医療用院内製剤の製造 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 177-177 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 177-177 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 177-177 2011/03/05 日本語 公開
渡部辰悟, 米澤淳, 寺田智祐, 乾賢一, 桂敏也 渡部辰悟, 米澤淳, 寺田智祐, 乾賢一, 桂敏也 渡部辰悟, 米澤淳, 寺田智祐, 乾賢一, 桂敏也 レボフロキサシンの尿細管分泌におけるMATE1の役割 レボフロキサシンの尿細管分泌におけるMATE1の役割 レボフロキサシンの尿細管分泌におけるMATE1の役割 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 186-186 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 186-186 日本薬学会年会要旨集, 131st, 4, 186-186 2011/03/05 日本語 公開
米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 【トランスポートソーム 生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎、臨床、創薬応用研究の最新成果】 残されたトランスポーターへのアプローチ 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 【トランスポートソーム 生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎、臨床、創薬応用研究の最新成果】 残されたトランスポーターへのアプローチ 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 【トランスポートソーム 生体膜輸送機構の全体像に迫る 基礎、臨床、創薬応用研究の最新成果】 残されたトランスポーターへのアプローチ 腎mRNA発現データベースを用いた新規トランスポーターの同定 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 遺伝子医学MOOK, 19, 126-130 2011/03 日本語 公開
丸井 晃, 田畑 泰彦, 柳 茂樹, 山本 雅哉, 米澤 淳, 桂 敏也, 手良向 聡, 横出 正之, 清水 章, 中尾 一和, 坂田 隆造 丸井 晃, 田畑 泰彦, 柳 茂樹, 山本 雅哉, 米澤 淳, 桂 敏也, 手良向 聡, 横出 正之, 清水 章, 中尾 一和, 坂田 隆造 丸井 晃, 田畑 泰彦, 柳 茂樹, 山本 雅哉, 米澤 淳, 桂 敏也, 手良向 聡, 横出 正之, 清水 章, 中尾 一和, 坂田 隆造 患者での届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 患者での届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 患者での届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 再生医療, 10, 1, 37-44 再生医療, 10, 1, 37-44 再生医療, 10, 1, 37-44 2011/02 日本語 公開
丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 手良向聡, 横出正之, 清水章, 中尾一和, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 手良向聡, 横出正之, 清水章, 中尾一和, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 手良向聡, 横出正之, 清水章, 中尾一和, 坂田隆造 患者まで届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 患者まで届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 患者まで届く再生医療 生体吸収性担体を用いた重症下肢虚血に対する血管新生療法 再生医療, 10, 1, 37-44 再生医療, 10, 1, 37-44 再生医療, 10, 1, 37-44 2011/02/01 日本語 公開
丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲルによる血管新生療法~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ 再生医療, 10, 180 再生医療, 10, 180 再生医療, 10, 180 2011/02/01 日本語 公開
丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 丸井晃, 田畑泰彦, 柳茂樹, 山本雅哉, 米澤淳, 桂敏也, 清水章, 坂田隆造 心血管トランスレーショナルリサーチ(TR)~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ 心血管トランスレーショナルリサーチ(TR)~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ 心血管トランスレーショナルリサーチ(TR)~医薬品市販化・保険診療化を目指した試み~ 日本心臓血管外科学会雑誌, 40, Supplement, 397-397 日本心臓血管外科学会雑誌, 40, Supplement, 397-397 日本心臓血管外科学会雑誌, 40, Supplement, 397-397 2011/01/31 日本語 公開
中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 桂敏也, 乾賢一 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1ノックアウトマウスにおけるシスプラチン誘発腎毒性の増強 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1ノックアウトマウスにおけるシスプラチン誘発腎毒性の増強 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1ノックアウトマウスにおけるシスプラチン誘発腎毒性の増強 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 32nd, 75-76 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 32nd, 75-76 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 32nd, 75-76 2010/11/29 日本語 公開
遠山佳奈, 米澤淳, 津田真弘, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 桂敏也, 乾賢一 遠山佳奈, 米澤淳, 津田真弘, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 桂敏也, 乾賢一 遠山佳奈, 米澤淳, 津田真弘, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 桂敏也, 乾賢一 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 H<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 臨床薬理, 41, Supplement, S204 臨床薬理, 41, Supplement, S204 臨床薬理, 41, Supplement, S204 2010/11/10 日本語 公開
岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 治験薬GMPに基づいた高度医療評価制度用試験薬の院内製造 治験薬GMPに基づいた高度医療評価制度用試験薬の院内製造 治験薬GMPに基づいた高度医療評価制度用試験薬の院内製造 臨床薬理, 41, Supplement, S290-S290 臨床薬理, 41, Supplement, S290-S290 臨床薬理, 41, Supplement, S290-S290 2010/11/10 日本語 公開
遠山 佳奈, 米澤 淳, 津田 真弘, 増田 智先, 矢野 育子, 大澤 理代, 細川 雅也, 藤本 新平, 稲垣 暢也, 桂 敏也, 乾 賢一 遠山 佳奈, 米澤 淳, 津田 真弘, 増田 智先, 矢野 育子, 大澤 理代, 細川 雅也, 藤本 新平, 稲垣 暢也, 桂 敏也, 乾 賢一 遠山 佳奈, 米澤 淳, 津田 真弘, 増田 智先, 矢野 育子, 大澤 理代, 細川 雅也, 藤本 新平, 稲垣 暢也, 桂 敏也, 乾 賢一 H+/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 H+/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 H+/有機カチオンアンチポータMATEの遺伝子多型によるメトホルミンの体内動態変化 臨床薬理, 41, Suppl., S204-S204 臨床薬理, 41, Suppl., S204-S204 臨床薬理, 41, Suppl., S204-S204 2010/11 日本語 公開
河合 知喜, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 深津 祥央, 矢野 育子, 桂 敏也, 秦 浩一郎, 小倉 靖弘, 海道 利実, 上本 伸二 河合 知喜, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 深津 祥央, 矢野 育子, 桂 敏也, 秦 浩一郎, 小倉 靖弘, 海道 利実, 上本 伸二 河合知喜, 増田智先, 米澤淳, 杉本充弘, 深津祥央, 矢野育子, 桂敏也, 秦浩一郎, 小倉靖弘, 海道利実, 上本伸二 生体肝移植患者の術後経過に及ぼす遺伝的背景の影響 生体肝移植患者の術後経過に及ぼす遺伝的背景の影響 生体肝移植患者の術後経過に及ぼす遺伝的背景の影響 臨床薬理, 41, Suppl., S312-S312 臨床薬理, 41, Suppl., S312-S312 臨床薬理, 41, Suppl., S312-S312 2010/11 日本語 公開
上杉 美和, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 深津 祥央, 矢野 育子, 桂 敏也, 秦 浩一郎, 小倉 靖弘, 海道 利実, 上本 伸二 上杉 美和, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 深津 祥央, 矢野 育子, 桂 敏也, 秦 浩一郎, 小倉 靖弘, 海道 利実, 上本 伸二 上杉美和, 増田智先, 米澤淳, 杉本充弘, 深津祥央, 矢野育子, 桂敏也, 秦浩一郎, 小倉靖弘, 海道利実, 上本伸二 生体肝移植後のタクロリムス関連腎障害の発症におけるCYP3A5遺伝子多型の影響 生体肝移植後のタクロリムス関連腎障害の発症におけるCYP3A5遺伝子多型の影響 生体肝移植後のタクロリムス関連腎障害の発症におけるCYP3A5遺伝子多型の影響 臨床薬理, 41, Suppl., S205-S205 臨床薬理, 41, Suppl., S205-S205 臨床薬理, 41, Suppl., S205-S205 2010/11 日本語 公開
米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 YONEZAWA ATSUSHI, INUI KEN'ICHI ビタミン・バイオファクターのトランスポーター[II]リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能 ビタミン・バイオファクターのトランスポーター[II]リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能 Structure and Function of Riboflavin Transporter RFT1 ビタミン, 84, 10, 480-486 ビタミン, 84, 10, 480-486 ビタミン, 84, 10, 480-486 2010/10/25 日本語 公開
米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 Yonezawa Atsushi, Inui Ken-ichi リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能(<特集>ビタミン・バイオファクターのトランスポーター[II]) リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能(<特集>ビタミン・バイオファクターのトランスポーター[II]) Structure and Function of Riboflavin Transporter RFT1 ビタミン, 84, 10, 480-486 ビタミン, 84, 10, 480-486 Vitamins, 84, 10, 480-486 2010/10/25 日本語 公開
米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 【ビタミン・バイオファクターのトランスポーター】 リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能 【ビタミン・バイオファクターのトランスポーター】 リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能 【ビタミン・バイオファクターのトランスポーター】 リボフラビントランスポータ(RFT1)の構造と機能 ビタミン, 84, 10, 480-486 ビタミン, 84, 10, 480-486 ビタミン, 84, 10, 480-486 2010/10 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Yoshiaki Yao, Hiroki Yoshimatsu, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Molecular Cloning and Comparative Functional Characterization of Human Riboflavin Transporters RFTs Molecular Cloning and Comparative Functional Characterization of Human Riboflavin Transporters RFTs Molecular Cloning and Comparative Functional Characterization of Human Riboflavin Transporters RFTs DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 305-305 DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 305-305 DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 305-305 2010/08 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
Masahiro Tsuda, Shingo Watanabe, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Masahiro Tsuda, Shingo Watanabe, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Masahiro Tsuda, Shingo Watanabe, Atsushi Yonezawa, Tomohiro Terada, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Role of H+/Organic Cation Antiporter MATE1/SLC47A1 in the Renal Tubular Secretion of Metformin and Cephalexin Role of H+/Organic Cation Antiporter MATE1/SLC47A1 in the Renal Tubular Secretion of Metformin and Cephalexin Role of H+/Organic Cation Antiporter MATE1/SLC47A1 in the Renal Tubular Secretion of Metformin and Cephalexin DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 306-306 DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 306-306 DRUG METABOLISM REVIEWS, 42, 306-306 2010/08 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 小澤愛子, 乾賢一 西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 小澤愛子, 乾賢一 西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 小澤愛子, 乾賢一 近位尿細管遺伝子発現解析によるシスプラチン腎症のマーカー探索 近位尿細管遺伝子発現解析によるシスプラチン腎症のマーカー探索 近位尿細管遺伝子発現解析によるシスプラチン腎症のマーカー探索 日本腎臓学会誌, 52, 3, 381-381 日本腎臓学会誌, 52, 3, 381-381 日本腎臓学会誌, 52, 3, 381-381 2010/05/25 日本語 公開
中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 中村高規, 米澤淳, 橋本真弥, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 シスプラチンの腎毒性発現におけるH<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 シスプラチンの腎毒性発現におけるH<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 シスプラチンの腎毒性発現におけるH<sup>+</sup>/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 薬剤学, 70, Supplement, 131 薬剤学, 70, Supplement, 131 薬剤学, 70, Supplement, 131 2010/04/20 日本語 公開
中村 高規, 米澤 淳, 橋本 真弥, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 中村 高規, 米澤 淳, 橋本 真弥, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 中村 高規, 米澤 淳, 橋本 真弥, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 シスプラチンの腎毒性発現におけるH+/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 シスプラチンの腎毒性発現におけるH+/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 シスプラチンの腎毒性発現におけるH+/有機カチオンアンチポータMATE1の役割 薬剤学: 生命とくすり, 70, Suppl., 131-131 薬剤学: 生命とくすり, 70, Suppl., 131-131 薬剤学: 生命とくすり, 70, Suppl., 131-131 2010/04 日本語 公開
八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 八尾祉顕, 米澤淳, 吉松宏樹, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 脳に発現するリボフラビントランスポータRFT3の同定と機能解析 脳に発現するリボフラビントランスポータRFT3の同定と機能解析 脳に発現するリボフラビントランスポータRFT3の同定と機能解析 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 161-161 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 161-161 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 161-161 2010/03/05 日本語 公開
小澤愛子, 西原久美子, 米澤淳, 増田智先, 乾賢一 小澤愛子, 西原久美子, 米澤淳, 増田智先, 乾賢一 小澤愛子, 西原久美子, 米澤淳, 増田智先, 乾賢一 単離近位尿細管を用いたマイクロアレイ解析:シスプラチン腎症増悪を反映する分子の探索 単離近位尿細管を用いたマイクロアレイ解析:シスプラチン腎症増悪を反映する分子の探索 単離近位尿細管を用いたマイクロアレイ解析:シスプラチン腎症増悪を反映する分子の探索 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 180-180 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 180-180 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 180-180 2010/03/05 日本語 公開
豊国秀昭, 岡真千子, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 豊国秀昭, 岡真千子, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 豊国秀昭, 岡真千子, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 治験薬GMPに準拠した院内注射製剤製造における無菌バリデーション 治験薬GMPに準拠した院内注射製剤製造における無菌バリデーション 治験薬GMPに準拠した院内注射製剤製造における無菌バリデーション 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 171-171 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 171-171 日本薬学会年会要旨集, 130th, 4, 171-171 2010/03/05 日本語 公開
米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 岡真千子, 豊国秀昭, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 治験薬GMPに準拠した無菌製剤製造体制の確立 治験薬GMPに準拠した無菌製剤製造体制の確立 治験薬GMPに準拠した無菌製剤製造体制の確立 臨床薬理, 40, Supplement, S255-S255 臨床薬理, 40, Supplement, S255-S255 臨床薬理, 40, Supplement, S255-S255 2009/11/18 日本語 公開
岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 岡真千子, 豊国秀昭, 米澤淳, 寺田智祐, 桂敏也, 乾賢一 治験薬GMPに準拠した特殊無菌製剤室の設置とその運用 治験薬GMPに準拠した特殊無菌製剤室の設置とその運用 治験薬GMPに準拠した特殊無菌製剤室の設置とその運用 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19th, 384 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19th, 384 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19th, 384 2009/09/15 日本語 公開
岡 真千子, 豊国 秀昭, 米澤 淳, 寺田 智祐, 桂 敏也, 乾 賢一 岡 真千子, 豊国 秀昭, 米澤 淳, 寺田 智祐, 桂 敏也, 乾 賢一 P1-547 治験薬GMPに準拠した特殊無菌製剤室の設置とその運用(一般演題 ポスター発表,治験・臨床試験,医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合) P1-547 治験薬GMPに準拠した特殊無菌製剤室の設置とその運用(一般演題 ポスター発表,治験・臨床試験,医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19 日本医療薬学会年会講演要旨集, 19 , 19 2009/09/15 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Identification and Functional Characterization of Novel Mammalian Riboflavin Transporter RFT1 Identification and Functional Characterization of Novel Mammalian Riboflavin Transporter RFT1 Identification and Functional Characterization of Novel Mammalian Riboflavin Transporter RFT1 DRUG METABOLISM REVIEWS, 41, 61-61 DRUG METABOLISM REVIEWS, 41, 61-61 DRUG METABOLISM REVIEWS, 41, 61-61 2009/08 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 薬事, 51, 5, 725-729 薬事, 51, 5, 725-729 薬事, 51, 5, 725-729 2009/05 日本語 公開
米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス 第5回 プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス 第5回 プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 薬剤師が発信するがん薬物療法のエビデンス 第5回 プラチナ系抗がん剤の腎毒性に迫る 月刊薬事, 51, 5, 725-729 月刊薬事, 51, 5, 725-729 月刊薬事, 51, 5, 725-729 2009/05/01 日本語 公開
遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 木村尚子, 谷原悠子, 桂敏也, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一 遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 木村尚子, 谷原悠子, 桂敏也, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一 遠山佳奈, 米澤淳, 増田智先, 矢野育子, 大澤理代, 木村尚子, 谷原悠子, 桂敏也, 細川雅也, 藤本新平, 稲垣暢也, 乾賢一 腎排泄型カチオン性薬物メトホルミンのクリアランス予測因子の探索 腎排泄型カチオン性薬物メトホルミンのクリアランス予測因子の探索 腎排泄型カチオン性薬物メトホルミンのクリアランス予測因子の探索 薬剤学, 69, Supplement, 111-111 薬剤学, 69, Supplement, 111-111 薬剤学, 69, Supplement, 111-111 2009/04/30 日本語 公開
米澤淳, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224 2009/04/25 日本語 公開
米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 米澤 淳, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 尿細管輸送体調節と疾病 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 尿細管輸送体調節と疾病 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 尿細管輸送体調節と疾病 腎mRNA発現データベースを活用した新規リボフラビントランスポータRFT1の同定 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224-224 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224-224 日本腎臓学会誌, 51, 3, 224-224 2009/04 日本語 公開
橋本真弥, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 橋本真弥, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 橋本真弥, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 腎有機カチオン輸送系におけるメトホルミンとシメチジンの薬物間相互作用機構の解明 腎有機カチオン輸送系におけるメトホルミンとシメチジンの薬物間相互作用機構の解明 腎有機カチオン輸送系におけるメトホルミンとシメチジンの薬物間相互作用機構の解明 日本薬学会年会要旨集, 129th, 4, 174-174 日本薬学会年会要旨集, 129th, 4, 174-174 日本薬学会年会要旨集, 129th, 4, 174-174 2009/03/05 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui PHYSIOLOGICAL ROLE OF NOVEL RIBOFLAVIN TRANSPORTER RFT1 PHYSIOLOGICAL ROLE OF NOVEL RIBOFLAVIN TRANSPORTER RFT1 PHYSIOLOGICAL ROLE OF NOVEL RIBOFLAVIN TRANSPORTER RFT1 JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 59, 248-248 JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 59, 248-248 JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 59, 248-248 2009 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
細畑 圭子, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 高田 泰次, 海道 利実, 小倉 靖弘, 尾池 文隆, 上本 伸二, 乾 賢一 細畑 圭子, 増田 智先, 米澤 淳, 杉本 充弘, 高田 泰次, 海道 利実, 小倉 靖弘, 尾池 文隆, 上本 伸二, 乾 賢一 Hosohata Keiko, Masuda Satohiro, Yonezawa Atsushi, Sugimoto Mitsuhiro, Takada Yasutsugu, Kaido Toshimi, Ogura Yasuhiro, Oike Fumitaka, Uemoto Shinji, Inui Ken-ichi 成人生体肝移植患者におけるプロトンポンプ阻害薬が及ぼすタクロリムス血中濃度への影響 成人生体肝移植患者におけるプロトンポンプ阻害薬が及ぼすタクロリムス血中濃度への影響 INFLUENCE OF PROTON PUMP INHIBITORS ON THE PHARMACOKINETICS OF TACROLIMUS IN ADULT LIVING-DONOR LIVER TRANSPLANT PATIENTS: A COMPARATIVE STUDY 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24, 0, 63-63 日本薬物動態学会年会講演要旨集, 24, 0, 63-63 Abstracts of JSSX meeting, 24, 0, 63-63 2009 日本語 公開
西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 中川俊作, 桂敏也, 乾賢一 西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 中川俊作, 桂敏也, 乾賢一 西原久美子, 増田智先, 米澤淳, 中川俊作, 桂敏也, 乾賢一 腎不全進行に伴う尿細管局所の遺伝子発現変動プロファイル 腎不全進行に伴う尿細管局所の遺伝子発現変動プロファイル 腎不全進行に伴う尿細管局所の遺伝子発現変動プロファイル 日本腎臓学会誌, 50, 3, 390-390 日本腎臓学会誌, 50, 3, 390-390 日本腎臓学会誌, 50, 3, 390-390 2008/04/25 日本語 公開
米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 米澤淳, 乾賢一 これだけは知っておきたい分子腎臓学2007 H<sup>+</sup>/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) これだけは知っておきたい分子腎臓学2007 H<sup>+</sup>/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) これだけは知っておきたい分子腎臓学2007 H<sup>+</sup>/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) 腎と透析, 63, 4, 466-469 腎と透析, 63, 4, 466-469 腎と透析, 63, 4, 466-469 2007/10/25 日本語 公開
米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 米澤 淳, 乾 賢一 【これだけは知っておきたい分子腎臓学2007】 H+/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) 【これだけは知っておきたい分子腎臓学2007】 H+/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) 【これだけは知っておきたい分子腎臓学2007】 H+/organic cation antiporter(MATE/SLC47A) 腎と透析, 63, 4, 466-469 腎と透析, 63, 4, 466-469 腎と透析, 63, 4, 466-469 2007/10 日本語 公開
佐藤朋子, 米澤淳, 谷原悠子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 佐藤朋子, 米澤淳, 谷原悠子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 佐藤朋子, 米澤淳, 谷原悠子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 hOCT/hMATE1ダブルトランスフェクタントの構築と経細胞輸送解析 hOCT/hMATE1ダブルトランスフェクタントの構築と経細胞輸送解析 hOCT/hMATE1ダブルトランスフェクタントの構築と経細胞輸送解析 薬剤学, 67, Supplement, 247-247 薬剤学, 67, Supplement, 247-247 薬剤学, 67, Supplement, 247-247 2007/05/10 日本語 公開
谷原悠子, 増田智先, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 谷原悠子, 増田智先, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 谷原悠子, 増田智先, 佐藤朋子, 米澤淳, 桂敏也, 乾賢一 ヒト腎尿細管の有機カチオン輸送系における薬物輸送機構の解明 ヒト腎尿細管の有機カチオン輸送系における薬物輸送機構の解明 ヒト腎尿細管の有機カチオン輸送系における薬物輸送機構の解明 日本腎臓学会誌, 49, 3, 232-232 日本腎臓学会誌, 49, 3, 232-232 日本腎臓学会誌, 49, 3, 232-232 2007/04/25 日本語 公開
Atsushi Yonezawa, Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Atsushi Yonezawa, Sachiko Yokoo, Satohiro Masuda, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui Renal handling and toxicity of platinum agents determined by organic cation transporters, hOCT2, hMATE1 and hMATE2-K Renal handling and toxicity of platinum agents determined by organic cation transporters, hOCT2, hMATE1 and hMATE2-K Renal handling and toxicity of platinum agents determined by organic cation transporters, hOCT2, hMATE1 and hMATE2-K YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127, 53-54 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127, 53-54 YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 127, 53-54 2007 英語 研究発表ペーパー要旨(国際会議) 公開
米澤淳, 横尾幸子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 横尾幸子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 横尾幸子, 増田智先, 桂敏也, 乾賢一 白金系抗癌剤による腎毒性発現機構:有機カチオントランスポータの関与と基質認識特性 白金系抗癌剤による腎毒性発現機構:有機カチオントランスポータの関与と基質認識特性 白金系抗癌剤による腎毒性発現機構:有機カチオントランスポータの関与と基質認識特性 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16th, 332 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16th, 332 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16th, 332 2006/09/01 日本語 公開
米澤 淳, 横尾 幸子, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 米澤 淳, 横尾 幸子, 増田 智先, 桂 敏也, 乾 賢一 01-C-04 白金系抗癌剤による腎毒性発現機構 : 有機カチオントランスポータの関与と基質認識特性(薬物療法(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた) 01-C-04 白金系抗癌剤による腎毒性発現機構 : 有機カチオントランスポータの関与と基質認識特性(薬物療法(基礎と臨床),医療薬学の扉は開かれた) 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16 日本医療薬学会年会講演要旨集, 16 , 16 2006/09/01 日本語 公開
米澤淳, 増田智先, 横尾幸子, 西原久美子, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 増田智先, 横尾幸子, 西原久美子, 桂敏也, 乾賢一 米澤淳, 増田智先, 横尾幸子, 西原久美子, 桂敏也, 乾賢一 白金系抗癌剤による尿細管選択的な毒性発現 白金系抗癌剤による尿細管選択的な毒性発現 白金系抗癌剤による尿細管選択的な毒性発現 日本腎臓学会誌, 48, 3, 205-205 日本腎臓学会誌, 48, 3, 205-205 日本腎臓学会誌, 48, 3, 205-205 2006/04/25 日本語 公開
西原 久美子, 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也, 乾 賢一 西原 久美子, 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也, 乾 賢一 西原 久美子, 増田 智先, 米澤 淳, 桂 敏也, 乾 賢一 腎不全状態が及ぼす小腸の機能変動に関連する因子の探索 腎不全状態が及ぼす小腸の機能変動に関連する因子の探索 腎不全状態が及ぼす小腸の機能変動に関連する因子の探索 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 2, 81-81 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 2, 81-81 日本薬学会年会要旨集, 126年会, 2, 81-81 2006/03 日本語 公開
久米 利明, 杉本 充弘, 米澤 淳, 高田 悠記, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 久米 利明, 杉本 充弘, 米澤 淳, 高田 悠記, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 KUME Toshiaki, SUGIMOTO Mitsuhiro, YONEZAWA Atsushi, TAKADA Yuki, KATSUKI Hiroshi, SUGIMOTO Hachiro, AKAIKE Akinori 中枢性アセチルコリンエステラーゼ阻害薬は大脳皮質のニコチン受容体をアップレギュレーションさせる 中枢性アセチルコリンエステラーゼ阻害薬は大脳皮質のニコチン受容体をアップレギュレーションさせる Up-regulation of nAChRs by acetylcholine esterase inhibitors 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 25, 6, 305-305 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 25, 6, 305-305 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 25, 6, 305-305 2005/12/25 日本語 公開
山口 俊明, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 山口 俊明, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 山口 俊明, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 培養大脳皮質ニューロンにおけるグルタミン酸誘発細胞内Ca2+濃度上昇に対するドネペジルの抑制作用 培養大脳皮質ニューロンにおけるグルタミン酸誘発細胞内Ca2+濃度上昇に対するドネペジルの抑制作用 培養大脳皮質ニューロンにおけるグルタミン酸誘発細胞内Ca2+濃度上昇に対するドネペジルの抑制作用 日本薬理学雑誌, 126, 4, 12P-12P 日本薬理学雑誌, 126, 4, 12P-12P 日本薬理学雑誌, 126, 4, 12P-12P 2005/10 日本語 公開
米澤 淳, 増田 智先, 西原 久美子, 矢野 育子, 桂 敏也, 乾 賢一 米澤 淳, 増田 智先, 西原 久美子, 矢野 育子, 桂 敏也, 乾 賢一 米澤 淳, 増田 智先, 西原 久美子, 矢野 育子, 桂 敏也, 乾 賢一 rOCT2(Slc22a2)に焦点を合わせたシスプラチンの腎毒性(Nephrotoxicity of cisplatin focusing on rOCT2 (Slc22a2)) rOCT2(Slc22a2)に焦点を合わせたシスプラチンの腎毒性(Nephrotoxicity of cisplatin focusing on rOCT2 (Slc22a2)) rOCT2(Slc22a2)に焦点を合わせたシスプラチンの腎毒性(Nephrotoxicity of cisplatin focusing on rOCT2 (Slc22a2)) 日本腎臓学会誌, 47, 3, 298-298 日本腎臓学会誌, 47, 3, 298-298 日本腎臓学会誌, 47, 3, 298-298 2005/05 英語 公開
高田 悠記, 杉本 充弘, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 高田 悠記, 杉本 充弘, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 高田 悠記, 杉本 充弘, 米澤 淳, 久米 利明, 香月 博志, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の神経保護作用におけるPI3Kシグナル経路の役割 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の神経保護作用におけるPI3Kシグナル経路の役割 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の神経保護作用におけるPI3Kシグナル経路の役割 日本薬理学雑誌, 124, 2, 18P-18P 日本薬理学雑誌, 124, 2, 18P-18P 日本薬理学雑誌, 124, 2, 18P-18P 2004/08 日本語 公開
杉本 充弘, 米澤 淳, 高田 悠記, 久米 利明, 香月 博志, 金子 周司, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 杉本 充弘, 米澤 淳, 高田 悠記, 久米 利明, 香月 博志, 金子 周司, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 杉本 充弘, 米澤 淳, 高田 悠記, 久米 利明, 香月 博志, 金子 周司, 杉本 八郎, 赤池 昭紀 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬による大脳皮質ニコチン受容体のアップレギュレーション 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬による大脳皮質ニコチン受容体のアップレギュレーション 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬による大脳皮質ニコチン受容体のアップレギュレーション 日本薬学会年会要旨集, 124年会, 4, 35-35 日本薬学会年会要旨集, 124年会, 4, 35-35 日本薬学会年会要旨集, 124年会, 4, 35-35 2004/03 日本語 公開
米澤 淳, 高橋 一栄, 本橋 秀之, 矢野 育子, 奥田 真弘, 吉田 浩士, 伊藤 哲之, 山本 新吾, 小川 修, 乾 賢一 米澤 淳, 高橋 一栄, 本橋 秀之, 矢野 育子, 奥田 真弘, 吉田 浩士, 伊藤 哲之, 山本 新吾, 小川 修, 乾 賢一 米澤 淳, 高橋 一栄, 本橋 秀之, 矢野 育子, 奥田 真弘, 吉田 浩士, 伊藤 哲之, 山本 新吾, 小川 修, 乾 賢一 ランソプラゾール併用がタクロリムス血中濃度に影響したと考えられた症例 ランソプラゾール併用がタクロリムス血中濃度に影響したと考えられた症例 ランソプラゾール併用がタクロリムス血中濃度に影響したと考えられた症例 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 4, 179-179 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 4, 179-179 日本薬学会年会要旨集, 123年会, 4, 179-179 2003/03 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 治療薬開発を目指したリボフラビントランスポータ機能欠損の病態生理に関する研究 2012/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 臨床症例に基づく新規リボフラビントランスポータRFTの病態生理的役割の解明 2010/04/01〜2012/03/31
若手研究(B) 代表 尿細管セグメントの網羅的遺伝子発現解析によるシスプラチン腎症規定因子の同定 2008/04/01〜2010/03/31
若手研究(スタートアップ) 代表 局所尿細管の遺伝子発現変動に着目したシスプラチン腎症進展の分子機序解明 2007/04/01〜2008/03/31
基盤研究(C) 代表 治療薬開発を目指したリボフラビントランスポータ機能欠損の病態生理に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 RFVTノックアウトマウスを用いた病態メカニズム解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 RFVTノックアウトマウスを用いた病態メカニズム解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 RFVTノックアウトマウスを用いた病態メカニズム解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 抗体医薬品に対する抗薬物抗体の実態解明と臨床疫学解析 (2019年度分) 2019/04/01〜2020/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
薬剤・薬理学総論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2013/04〜2014/03
薬剤・薬理学概論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2013/04〜2014/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
薬剤・薬理学総論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2014/04〜2015/03
薬剤・薬理学概論 Clinical Pharmacy and Pharmacology 前期後半 医学部(人間健康科学科) 2014/04〜2015/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2014/04〜2015/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学特論 Advanced Clinical Pharmacy 後期不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤医療薬科学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Pharmacy and Biomedicinal Sciences 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2016/04〜2017/03
医療薬剤学2 Clinical Pharmacy 2 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
基盤医療薬剤学実習 Laboratory Practice in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤医療薬剤学実験 Research in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤医療薬剤学演習 Seminar in Basic Clinical Pharmacy 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤医療薬科学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Pharmacy and Biomedicinal Sciences 前期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
病院実務実習 Clinical Clerkship in Hospital Pharmacy 通年 薬学部 2016/04〜2017/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2017/04〜2018/03
医療薬剤学2 Clinical Pharmacy 2 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
特別実習[臨床薬学教育] Research Training(Clinical Pharmacy and Education) 通年 薬学部 2017/04〜2018/03
病院実務実習 Clinical Clerkship in Hospital Pharmacy 通年 薬学部 2017/04〜2018/03
病院薬学特論 Advanced Hospital Pharmacy 後期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学概論 Introduction to Clinical Pharmacy 前期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2018/04〜2019/03
医療薬剤学2 Clinical Pharmacy 2 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
実務実習 通年 薬学部 2018/04〜2019/03
特別実習[臨床薬学教育] Research Training(Clinical Pharmacy and Education) 通年 薬学部 2018/04〜2019/03
病院実務実習 Clinical Clerkship in Hospital Pharmacy 通年 薬学部 2018/04〜2019/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 後期前期 薬学研究科 2018/04〜2019/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 後期前期 薬学研究科 2018/04〜2019/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2019/04〜2020/03
医療薬剤学2 Clinical Pharmacy 2 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
実務実習 通年 薬学部 2019/04〜2020/03
特別実習[臨床薬学教育] Research Training(Clinical Pharmacy and Education) 通年 薬学部 2019/04〜2020/03
病院実務実習 Clinical Clerkship in Hospital Pharmacy 通年 薬学部 2019/04〜2020/03
病院薬学特論 Advanced Hospital Pharmacy 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学実習Ⅱ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学実習Ⅰ Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学概論 Introduction to Clinical Pharmacy 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅲ Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅱ Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
臨床薬学演習Ⅰ Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅲ Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅱ Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
薬学研究実験Ⅰ Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
医療薬剤学1 Clinical Pharmacy 1 前期 薬学部 2020/04〜2021/03
医療薬剤学2 Clinical Pharmacy 2 後期 薬学部 2020/04〜2021/03
実務実習(病3薬2) 通年 薬学部 2020/04〜2021/03
実務実習(病2薬1) 通年 薬学部 2020/04〜2021/03
実務実習(病4薬3) 通年 薬学部 2020/04〜2021/03
特別実習[臨床薬学教育] Research Training(Clinical Pharmacy and Education) 通年 薬学部 2020/04〜2021/03
病院実務実習 Clinical Clerkship in Hospital Pharmacy 通年 薬学部 2020/04〜2021/03
臨床薬学実習II Laboratory Practice in Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
臨床薬学実習I Laboratory Practice in Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
臨床薬学概論 Introduction to Clinical Pharmacy 前期不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
臨床薬学演習III Seminar for Clinical Pharmacy III 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
臨床薬学演習II Seminar for Clinical Pharmacy II 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
臨床薬学演習I Seminar for Clinical Pharmacy I 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
「薬の世界」入門 Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2020/04〜2021/03
薬学研究実験III Research in Pharmaceutical Sciences III 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
薬学研究実験III(秋入学用) Research in Pharmaceutical Sciences III 前期不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
薬学研究実験II Research in Pharmaceutical Sciences II 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
薬学研究実験II(秋入学用) Research in Pharmaceutical Sciences II 前期不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03
薬学研究実験I Research in Pharmaceutical Sciences I 通年不定 薬学研究科 2020/04〜2021/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験施設運営委員会 2013/04/01〜2014/03/31
医学図書館図書連絡委員 2013/04/01〜2015/03/31
教務委員会 2017/04/01〜
建物・設備・機器管理運営委員会 2017/04/01〜
環境・安全衛生委員会 2017/04/01〜
図書委員会委員 2017/02/28〜
情報システム委員会委員 2017/04/01〜
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Stanford University Division of Oncology, Department of Medicine Control of immunomodulators enhances antitumor efficacy of therapeutic antibody USA 2014/10/〜2015/10/