村瀬 雅俊

最終更新日時:2016/07/14 15:07:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
村瀬 雅俊/ムラセ マサトシ/Masatoshi Murase
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
基礎物理学研究所/物質構造研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 基礎物理学講座 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 Oiwake-Cho, Kitashirakawa, Sakyo-Ku, Kyoto City
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-7013
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
国際教育学会 International society for education
日本臨床環境医学会 The Japanese society of clinical ecology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
薬学修士 東京大学
薬学博士 東京大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京大学 大学院薬学系研究科製薬化学専攻修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京大学 薬学部薬学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
石川県立金沢泉丘高等学校 いしかわけんりつかなざわいずみおかこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1985/04/〜1992/03 東京都老人総合研究所 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology 主任研究員 chair researcher
1992/04/〜 京都大学基礎物理学研究所 Yukawa Institute for Theoretical Physics 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
生命基礎理論の研究をしている。教育に関しては、全学共通講義や全学共通ゼミを実施するとともに、留学生を受け入れるなど多角的な活動を行っている。各種委員会にも参加し、大学の環境改善に努力している。
(英語)
I am conducting research on life theory. Concerning education, I give several lectures for students including foregin students. Furthermore, I take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university
個人ホームページ
URL
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~murase/
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~future/
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~future/?lang=en
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~future/nics/
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~future/icis/english.html
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~future/icis/
研究テーマ
(日本語)
生命基礎理論、生命の進化、メタ生物学
(英語)
Life theory, evolution of life, metabiology
研究概要
(日本語)
生命とは何か?この古くて新しい問題はシュレーディンガーの名著『生命とは何か』(1944)の出版以来、多くの物理学者の関心を惹いてきた。しかし、未解決のままのこされている問題である。従来までの要素還元論では、物質と生命の違いを捉えることはできない。そこで、要素過程にも着目することによって、生命と非生命の違い、あるいは病的状態と正常状態の違いなどを解明する取り組みを行っている。
(英語)
What is life? This long standing problem has attracted many physicists especially since Erwin Schrodinger published the famous book in 1944. Nevertheless, this problem has not been solved yet. Indeed, we have been too much familiar with the traditional reductionists’ view that requires identifying the elements at different levels of biological organization and understanding the relations between the different levels. On the basis of this traditional reductionism, however, we cannot understand how living things are different from nonliving things, because we cannot understand how living things different from nonliving things, because both are equally made of material molecules. To understand life itself, we must identity not only the elements but also the elementary processes within the organism. Only then, normal states and disease states and even senescent states can be clearly understood in terms of dynamic changes in the elementary processes as well as plastic changes in the elements. Along this line, I am constructing a theory of life.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
メタ生物学 metabiology
理論生物学 theoretical biology
未来創成学 Advanced Future Studies
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
生物物理・化学物理
科学教育
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
村瀬 雅俊 京都大学複雑系科学「複雑システムにおける創造的破壊現象の原理に迫る」・ 2015
村瀬 雅俊、村瀬 智子 芸術と科学の共鳴 クオリテイ・エデユケーション,7,50-80 2015 日本語
村瀬 智子、村瀬 雅俊 教育過程におけるメタ認識的学習の意義-教育過程と病気の回復過程の同型性- クオリテイ・エデユケーション,6,51-68 2014 日本語
村瀬 雅俊、村瀬智子 構造主義再考-自己・非自己循環理論の視点から クオテイ・エヂュケーション,6,27-49 2014 日本語
村瀬 雅俊、村瀬 智子 構造主義から汚染環境適応病の実態に迫る:統一生命理論としての自己・非自己循環理論の視点 環境臨床医学,22,2,80-91 2013 日本語
村瀬 雅俊、村瀬 智子 構造主義再考-自己・非自己循環理論の視点から クオリテイ・エデユケーション,5,29-51 2013 日本語
宮田英威,石澤賢一,石堂正美,菅原研,村瀬雅俊,本堂 毅 ヒト臍帯静脈血管内皮細胞の一酸化窒素産生に及ぼす50Hz磁場の影響の検討 臨床環境医学 vo. 20 (1) p. 23-31, (2011) 2011 日本語
H.Miyata, K. Ishizawa, M. Ishido, K. Sugawara, M. Murase, T. Hondo Biological Effects of Electromagnetic Fields Japanese Journal of Clinical Ecology 20 (1) 23-31 (2011). 2011 英語
Masatoshi Murase “A New Synthesis of Knowledge Kyoto University International Forum “Towards a New Synthesis of Knowledge,” Kyoto, Japan, October 2011. 2011 英語
村瀬 雅俊 進化ダイナミックスにおける自己・非自己循環原理の探求 : 構成的認識の理論と実践(<シリーズ>超伝導・超流動研究の接点) 物性研究,95,3,270-300 2010/12/05 日本語
Kokubu Hiroshi A method for constructing databases of global dynamics of multi-parameter systems(International 物性研究,94,1,121-122 2010/04/05 日本語
村瀬雅俊(編) 創造性とは何か? ─複雑適応系における創発現象─ 物性研究91-4 , 402 2009 日本語
M. Murase Environmental pollution and health: an interdisciplinary study of the bioeffects of electromagnetic fields SANSAI : An Environmental Journal for the Global Community,3,1-35 2008/03 英語
M. Murase Endo-exo circulation as a paradigm of life: Towards a new synthesis of eastern philosophy and Western science Progress of Theoretical Physics Supplement,173,1-10 2008 英語
村瀬,雅俊 進化ダイナミックスにおける自己・非自己循環原理の探求-構成的認識の理論と実践- 国際高等研究所報告書0820, 241-267 2008 日本語
Masatoshi Murase and Ichiro Tsuda (editors) What is Life? The Next 100 Years of Yukawa’s Dream Progress of Theoretical Physics Supplement No.173, 1-370 2008 日本語
M. Murase Proceedings: What is Life? [ed.]The Next 100 Years of Yukawa’s Dream,Progr. Theor. Phys. Suppl. 173 (2008) 370pp. 2008 英語
蛯名邦禎、村瀬雅俊(編集) 環境物理学-先端境界領域の創出に向けて- 科学・社会・人間 88, 37-51 2007/07 日本語
Takao Ohta and Masatoshi Murase (editors) Physics of non-equilibrium systems: self-organized structures and dynamics far from equilibrium 物性研究86-5, 621-730 2006 英語
T. Ohta; M. Murase Progress of Theoritical Physics Supplement: Preface Progress of Theoretical Physics Supplement,165,i 2006 英語
村瀬雅俊 (編著) 電磁場と生体への影響-作用機序の解明に向けて-  物性研究84-2, 223-362 2005/05 日本語
村瀬雅俊(編著) 電磁場と生体への影響 Progress of Theoretical Physics, Supplement No.165, 1-370 2004/04 日本語
村瀬雅俊 電磁場と生体への影響-作用機序解明をめざす統合生命科学- 物性研究82-1, 45-192 2004 日本語
M. Murase Alzheimer\\'s disease as subcellular \\'cancer\\': The scale-invariant principles underlying the mechanisms of aging Progress of Theoretical Physics,95,1,1-36 1996/01 英語
村瀬 雅俊 細胞下の'がん'としてのアルツハイマー病 -老化機構における普遍原理- 理論生物学の進歩,95/1,1-36 1996 日本語
村瀬 雅俊 物理学の新たな挑戦 : 「起源」を生む質的飛躍をいかにして記述することができるか(生命現象のパラドックス : 自己組織過程と自己崩壊過程の接点を探る,研究会報告) 物性研究,64,1 1995/04/20 日本語
村瀬雅俊 生命社会における”完全なる不完全性原理”の探求 物性研究 64-1 (1995), 94 1995 日本語
村瀬 雅俊 はじめに(研究会「生物システムにおける認識機能の自己組織過程と自己崩壊過程」,研究会報告) 物性研究,62,3 1994/06/20 日本語
村瀬 雅俊 生命過程における"完全なる不完全性原理"の探究 (偶然・必然,そして起源の多様性--全体の論理を探る<特集>) 数理科学,32,2,44-47 1994/02 日本語
村瀬 雅俊 興奮・振動モデル-神経興奮現象と筋収縮現象に焦点をあてて- 生物物理,/34, 1994 日本語
村瀬雅俊 真核生物の鞭毛・繊毛における非線形現象の数理 日本物理学会誌,48,12,949-957 1993/12 日本語
高畑, 尚之 主要組織適合性抗原(Mhc)と人類の進化(生物システムにおける機能の自己組織過程と自己崩壊過程,研究会報告) 物性研究,60,1,38-40 1993/04/20 日本語
村瀬 雅俊 Mechanical Approach toward Flagellar Motility Contemporary Mathematics,141,103 1993 英語
村瀬 雅俊 べん毛運動への力学的アプローチ ,141,103 1993 日本語
M. Murase Hyperoscillations of dynein cross-bridge systems Journal of Theoretical Biology,154,1,27-33 1992/01/07 英語
村瀬 雅俊 ダイニンクロスブリッジシステムの超振動 ,154 1992 日本語
村瀬雅俊 平成2年度研究奨励費報告 老人総合研究情報127、1-12 (1991) 1991/09 日本語
M. Murase Excitable dynein model with multiple active sites for large-amplitude oscillations and bend propagation in flagella Journal of Theoretical Biology,149,2,181-202 1991 英語
村瀬 雅俊 Mathematical Modeling to the aging Process : Normal Abnormal and self-thrminotiy Phenomena in Spatio-emporal organization Mech. Agoiz and dor.,60 1991 英語
村瀬 雅俊 べん毛における大振幅振動と屈曲伝括の多重アクティブサイトをもった興奮ダイニンモデル ,149 1991 日本語
村瀬 雅俊 老化の数学モデル:正常.異常.自己終了的現象 ,60 1991 日本語
Masatoshi Murase Fluctuations in Cellular Motility Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations (Eds. T. Musha, S. Sato and M. Yamamoto), Ohmusha, Ltd 673-676 1991 英語
村瀬 雅俊 Excitable Dynein Model with Multiple Active Sites for Large-Amplitude Oscillations and Bend Propagation in Flagella J. Theor. Biol.,149 1991 英語
M. Murase Simulation of ciliary beating by an excitable dynein model: Oscillations, quiescence and mechano-sensitivity Journal of Theoretical Biology,146,2,209-231 1990/09/21 英語
村瀬 雅俊 興奮ダイニンモデルによるセン毛のシミュレーション:振動,停止,そして力学的応答性 ,146 1990 日本語
M. Murase; M. Hines; J.J. Blum Properties of an excitable dynein model for bend propagation in cilia and flagella Journal of Theoretical Biology,139,3,413-430 1989/08/09 英語
松尾光芳、村瀬雅俊 老化研究における理論の重要性 基礎老化学会サーキュラー 7-9 1989/06/10 日本語
村瀬 雅俊 A Model of Flagellar Movement Based on Cooperative Dynamics of Dynein-Tubulin Choss-bridges J. Theor. Biol.,119 1989/02 英語
村瀬 雅俊 階属的非線形制御系としての藪毛・繊毛 数理科学,308 1989/02 日本語
村瀬 雅俊 セン毛・ベン毛における屈曲伝括の興奮ダイニンモデルの特性 ,139 1989 日本語
M. Murase; H. Tanaka; K. Nishiyama; H. Shimizu A three-state model for oscillation in muscle: Sinusoidal analysis Journal of Muscle Research and Cell Motility,7,1,2-10 1986/02 英語
村瀬 雅俊 べん毛・せん毛運動の分子的観察-理論生物学的アプローチー 遺伝,40/7 1986 日本語
村瀬 雅俊 ダイニン・チューブリンクロスブリッジの協力ダイナミックスにもとづくべん毛のモデル ,119 1986 日本語
村瀬 雅俊 筋肉の振動の3状態モデル:正弦現解析 ,7/1 1986 日本語
M. Murase Biological effects of electromagnetic fields (in Japanese) Bussei Kenkyu 86 no.5, 621-730. 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
MURASE Masatoshi Introduction to New Integrated Creative Studies Journal of Integrated Creative Studies, 01503001 2015 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
村瀬 雅俊 生命と全体性 かぜたび舎,113-116 2015 日本語
MURASE Tomoko, MURASE Masatoshi Construction of Self-nonself Circulation Nursing Theory Toyota Red-Cross College,10,69-85 2015 英語
村瀬智子、村瀬 雅俊 熟練看護師のライフヒストリーにおける学習意欲を保持する過程-自己・非自己循環理論の視点から- クオリテイ・エデユケーション,5,53-69 2013 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
H. Miyata; K.-I. Ishizawa; M. Ishido; K. Sugawara; M. Murase; T. Hondou The effect of a 50-Hz sinusoidal magnetic field on nitric oxide (NO) production by human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) Journal of Physics: Conference Series,344,1 2012 英語
M. Ishido; H. Miyata; K.-I. Ishizawa; M. Murase; T. Hondou Transcriptional effects of 50 Hz magnetic fields at 1.2 μt and 100 μt on human breast cancer MCF-7 cells Journal of Physics: Conference Series,344,1 2012 英語
K. Yoshimura, H. Ohta, M. Murase, K. Nishimura Novel Phenomena in Integrated Complex ciences Jouranl of Physics, Conference Series 344 011001(2012). 2012 英語
Masatoshi MURASE Living organisms: Evolution, development and diseases (Series Lecture) Department of Physics, Ritsumeikan University \nSeptember 2010 2010 日本語
Masatoshi Murase Life as compatible contradiction - Towards integrated studies of complex living systems Invited talk, in 2010 International and Interdisciplinary Workshop on “Novel Phenomena in Integrated Complex Sciences: from Non-living to Living Systems” at Kyoto October, 11-14, 2010. 2010 英語
Masatoshi Murase A New Synthesis: Are Health and Disease Compatible? Invited talk, 4th International TRI Tinnitus Conference at Dallas U.S.A., June 8-11, 2010. 2010 英語
Masatoshi Murase Endo-exo circulation as an elementary process of life The 5th International Conference on Nonlinear Science,Nara-Japan, Sep.9–12, 2008 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
おどろきと楽しみにみちた学びの世界 [招待あり] GSEE/Kyoto 京都大学基礎物理学研究所 2015/12/02 日本語
京都大学基礎物理学研究所研究会「複雑システムにおける創造的破壊現象の原理に迫る」 [招待あり] 京都大学基礎物理学研究所研究会 2015/08/06 日本語
京都大学研究連携基盤・未来創成学学際シンポジウム「未来創成学の展望」 [招待あり] 京都大学研究連携基盤 2015/08/06 日本語
International Workshop on Advanced Future Studies [Invited] 2015/03/14 英語
知の越境 クオリアAGORA 2015/02/26 日本語
生命の本質 風天塾 2014/10/19 日本語
レジリエンス 三重大学・京都大学共催プロジェクト 2014/10 日本語
新規環境病の理解に向けて-自己・非自己循環理論の視点から 第22回 臨床環境医学会 シンポジウム3, 2013 2013/10 日本語
Towards an Integrated Perspective of Life itself Collaborative Conference on 3D & Materials Research, Ramada Jeju, Korea, 2013 2013/06 英語
A New Synthesis: Are Health and Disease Compatible? 4th International TRI Tinnitus Conference 4th International TRI Tinnitus Conference 2010/06/11 英語
電磁場の生体への影響 日本物理学会第60年次大会 領域13環境物理学招待講演 日本物理学会 2005/03/25 日本語
International Symposium on Advanced Future Studies [Invited] International Symposium on Advanced Future Studies 英語
“Astonishingly Interesting World of Science and Education: Knowing How We Know” [Invited] Gsee/Kyoto 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
第三講 環境と生命-環境の認識から未来の創成へ- [招待あり] 環境講座【失敗や想定外事態から学ぶ-新たな学問創成に向けて-】 2015/10/15 日本語
第二講 環境を巡る成功と失敗-その思いがけない展開- [招待あり] 環境講座【失敗や想定外事態から学ぶ-新たな学問創成に向けて-】 2015/10/08 日本語
第一講 環境とは何か-環境と人とのつながりについて- [招待あり] 環境講座【失敗や想定外事態から学ぶ-新たな学問創成に向けて-】 2015/10/01 日本語
複雑系思考-未来適応から未来創成へのパラダイム転換- [招待あり] 京都経営者セミナー 2015/06/04 日本語
What Is Evolution? Towards A New Synthesis Workshop on Evolution: Foundations, Fundamentals, and Disease The Hong Kong University of Science and Technology 2009/12/08 英語
Endo-exo circulation as an elementary process of life: towards a new synthesis of Western science and Eastern Philosophy The 5th International Conference on Nonlinear Science The 5th International Conference on Nonlinear Science, Dynamics Days Asia-Pacific 5 2008/09/11 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
おどろきとたのしみに満ちた学びの世界-奇跡をおこす科学教育- 第10回 国際教育学会 2015/08/08 日本語
レジリエンスとアドホクラシー臨床文化生態学への挑戦 第24回 日本臨床環境医学会学術集会 2015/06/07 日本語
科学と哲学 思修館 ミニシンポジウム 2014/11/13 日本語
構造主義と自己・非自己循環理論-心の本質と教育の課題- 国際教育学会 第9回年次大会 2014.8.9. 2014/08/09 日本語
暗黙知の次元と構造主義 第23回 日本臨床環境医学会学術集会, 2014. 6. 14. 2014/06/14 日本語
International Workshop on "Sceince of Complexity" International Workshop on "Sceince of Complexity" 2014/01/21 英語
構造主義再考 国際教育学会 第8回年次大会 2013,9,4 2013/09/04 日本語
新たな知の統合に向けて 京都大学国際フォーラム 京都大学国際フォーラム 2011/10/15 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
村瀬 雅俊 生命と全体性 かぜたび舎 2015/05
村瀬 雅俊 こころの老化としての「分裂病」―創造性と破壊性の起源と進化― 河合文化教育研究所,「講座 生命」Vol.5 2001 日本語
村瀬 雅俊 Life as History-Self・nonself circulation theory- Kyoto University Press, 2000 日本語
村瀬 雅俊 歴史としての生命-自己・非自己循環理論の構築- 京都大学学術出版会, 2000 日本語
村瀬 雅俊 Dynamics of Cellular Motility John Wiley & Sons, 1992 英語
村瀬 雅俊 細胞運動動力学 , 1992 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第19回日本臨床環境医学会学術集会・会長賞受賞 The Japanese Society of Clinical Ecology 日本臨床環境医学会 The Japanese Society of Clinical Ecology 2011
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
京都大で新入生向けゼミ 京都新聞 朝刊 科学面 2011/08/16
携帯電話で“発がん“!?総務省が説明会 日本テレビ news every 16:53 - 19:00 2011/08/01
汚染環境の生体影響 京都FMラジオカフェ(FM797) 京都FMラジオカフェ(FM797) 2010/09/21
生命現象の法則解明へ 京都新聞 朝刊 科学面  さぐる 2010/08/17
京大統合創造学創成へ 京都新聞 朝刊 第一面 2015/02/08
社会人教育 教養を重視 日経新聞朝刊 科学 2015/12/16
単純な原理で解き明かす 東京新聞朝刊 文化 2016/05/29
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
生物システムにおける機能の自己組織過程と自己崩壊過程 京都大学基礎物理学研究所研究会 1992/11/18
1993 生物システムにおける認識機能の自己組織過程と自己崩壊過程 京都大学基礎物理学研究所研究会 1993/11/24
1994 生命社会における”完全なる不完全性原理”の探求 京都大学基礎物理学研究所研究会 1994/08/29
1994 生命現象のパラドックス:自己組織過程と自己崩壊過程の接点を探る 京都大学基礎物理学研究所研究会 1994/11/16
2000 京都大学総合博物館研究会「人間とは何か-創造性と破壊性の起源に迫る-」 京都大学総合博物館研究会 2000/12/07
2003 第 1 回 京都大学基礎物理学研究所研究会 『電磁場と生体への影響』 京都大学基礎物理学研究所研究会 2003/05/30
2004 第 2 回 京都大学基礎物理学研究所研究会 『電磁場と生体への影響-作用機序の解明に向けて-』 京都大学基礎物理学研究所研究会 2004/06/24
2005 第 3 回 京都大学基礎物理学研究所研究会 『電磁場と生体への影響-分子機構と総合評価の検討-』 京都大学基礎物理学研究所研究会 2005/07/07
2006 京都大学基礎物理学研究所研究会 『環境物理学-先端境界領域の創出に向けて-』 京都大学基礎物理学研究所研究会 2006/06/12
2007 Nishinomiya-Yukawa Memorial International Symposium on “What is Life? The Next 100 Years of Yukawa's Dream” 2007 Nishinomiya-Yukawa Memorial International Symposium 2007/10/15
2008 International and Interdisciplinary workshop on “What is Creativity? Emergent Phenomena in Complex Adaptive Systems” 2008 International and Interdisciplinary workshop 2008/10/20
2009 International workshop on what is evolution 2009 International and Interdisciplinary workshop 2009/10/15
2011 kyoto University International Forum on Towards a new synthesis of knowledge 2011 Kyoto University International Forum 2011/10/15
2015 International workshop on Life, Matter and Society 2015国際ワークショップ 京都大学 2015/05/26
International Symposium on Advanced Future Studies International Symposium on Advanced Future Studies 2016/02/11
International Workshop on Advanced Future Studies International Workshop on Advanced Future Studies 2016/03/14
京都大学基礎物理学研究所研究会「複雑システムにおける創造的破壊現象の原理に迫る」 京都大学基礎物理学研究所研究会「複雑システムにおける創造的破壊現象の原理に迫る」 2015/08/06
京都大学研究連携基盤・未来創成学学際シンポジウム「未来創成学の展望」 京都大学研究連携基盤・未来創成学学際シンポジウム「未来創成学の展望」 2015/08/06

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
新学術領域研究(研究課題提案型 分担 市民と科学者の協働的研究:電磁場過敏症の検証 Cooperative research with citizens: confirmation of hypersensitivity 2009/06/01〜2011/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 統合科学の創造と統一生命理論の構築 (平成26年度分) Creation of Integrated Science and Construction of Unifying Theory of Life 2014/04/01〜2015/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 統合科学の創造と統一生命理論の構築 (平成27年度分) Creation of Integrated Science and Construction of Unifying Theory of Life 2015/04/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
本田奨励制度 村瀬雅俊 生物システムにおける自己組織化現象と自己崩壊現象 Self-organization and Self-disorganization in living Systems 1994/06/〜1995/03/
京都大学教育研究振興財団学術研究活動推進事業助成 村瀬雅俊 生命とは何か? 湯川のこれから100年の夢 What is Life? The Next 100 Years of Yukawa’s Dream 2007/10/14〜2007/10/21
研究大学強化促進事業 学際・国際・人際融合事業「知の越境」 融合チーム研究プログラム-SPIRITS- 村瀬雅俊 統合創造学の創成-市民とともに京都からの発信- Engaging Kyoto Citizens in Creating New Integrated Creative Sciences 2013/12/28〜2015/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
京都大学統合複雑系科学研究国際ユニット 連携推進委員 京都大学統合複雑系科学研究国際ユニット 京都大学統合複雑系科学研究国際ユニットの運営・連絡 2011/04/01〜
京都大学統合複雑系科学研究国際ユニット ニュースレター編集委員 京都大学統合複雑系科学研究国際ユニット ニュースレター編集委員 2011/04/01〜
京都大学宇宙総合学研究ユニット メンバー 京都大学宇宙総合学研究ユニット 京都大学宇宙総合学研究ユニット 2011/04/01〜
物性研究・電子版 編集長 基礎物理学研究所 2013/04/01〜
物性研究 編集長 基礎物理学研究所 2005/04/01〜2012/03/31
Journal of Integrated Creative Studies, Editor 基礎物理学研究所 統合創造学創成プロジェクトの成果による国際学術誌創刊 2015/03/15〜
京都大学未来創成学国際研究ユニット 連携推進委員 京都大学基礎物理学研究所 2015/07/28〜
京都大学未来創成学国際研究ユニット 研究推進戦略室長 京都大学基礎物理学研究所 2015/07/28〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
メタ生物学への招待(A群) Invitation to Metabiology -Toward Integrated Understanding 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
メタ生物学への招待(B群) Invitation to Metabiology -Toward Integrated Understanding 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
細胞運動基礎論 Dynamics of Cellular Motility 後期 理学研究科大学院物理学専攻 留学生向け 特別講義 2010/10〜2011/03
生命基礎論 Theory of Life 前期 理学研究科大学院物理学専攻 基幹講義 2008/04〜2008/09
生命とは何か(A, B群) What is Life? 前期 全学共通科目 2007/04〜2007/09
創造性とは何か(A, B群) What is Creativity? 前期 全学共通科目 2008/04〜2008/09
進化とは何か(A, B群) What is Evolution? 前期 全学共通科目 2009/04〜2009/09
統合科学への招待(A, B群) Introduction of Integrated Science 前期 全学共通科目 2010/04〜2010/09
統合科学の展望(A, B群) Perspectives of Integrated Science 前期 全学共通科目 2010/04〜2010/09
文系のための現在物理学入門(A, B群) Introduction of Modern Physics 前期 全学共通科目 2009/04〜2009/09
統合複雑系科学への招待(A, B群) Introduction of Integrated Complex System Science 前期 全学共通科目 2011/04〜2011/09
人間とは何か? What are human beings?The scientific and philosophical foundation of life phenomena 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
自然科学探訪:現代科学の課題 Inquiring into the nature: Problems of modern science 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
構成的認識の理論と実践 Theory and practice of constructive cognition 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生きているとはどういうことか? What is life?The scientific and philosophical foundation of life,human and social phenomena 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールA Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics A 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールB Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics B 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールC Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics C 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールD Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics D 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
理論物理学特論Ⅱ-1 Advanced Theoretical Physics II-1 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
理論物理学特論Ⅱ-2 Advanced Theoretical Physics II-2 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
構成的認識の理論と実践 Theory and practice of constructive cognition 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
人間とは何か? What are human beings? The scientific and philosophical foundation of life phenomena 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
人間とは何か? What are human beings? The scientific and philosophical foundation of life phenomena 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
構成的認識の理論と実践 Theory and practice of constructive cognition 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールA Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics A 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールB Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics B 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールC Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics C 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールD Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics D 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
理論物理学特論Ⅱ-1 Advanced Theoretical Physics II-1 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
理論物理学特論Ⅱ-2 Advanced Theoretical Physics II-2 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールA Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールB Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールC Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
物性基礎論:統計動力学ゼミナールD Seminar on Fundamental Theory of Matter : Statistical Dynamics D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
理論物理学特論Ⅱ-1 Advanced Theoretical Physics II-1 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
理論物理学特論Ⅱ-2 Advanced Theoretical Physics II-2 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
歴史としての生命 Life as a history 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2002/09/17〜2002/09/20
構成的認識の理論と実践 Constructive Recognition - Theory and Experiments 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2003/09/16〜2003/09/19
統合生命科学への招待 Introduction of Integrated Complex System Science 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2004/09/13〜2004/09/17
構成的認識の理論と実践 Constructive Recognition - Theory and Experiments 集中講義 琉球大学 理学部物質地球科学物理系 2004/02/04〜2004/02/07
構成的認識の理論と実践 Constructive Recognition - Theory and Experiments 集中講義 東京都立大学 理学部物理学科 2005/06/05〜2005/06/09
統合科学への招待 Introduction of Integrated Science 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2005/09/12〜2005/09/16
統合生命科学への招待 Introduction of Integrated Complex System Science 集中講義 琉球大学 理学部物質地球科学物理系 2005/12/04〜2005/12/07
統合生命科学への招待 Introduction of Integrated Complex System Science 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2006/09/11〜2006/09/15
生命とは何か? What is Life? 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2007/09/10〜2007/09/14
歴史としての生命 Life as a history 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2008/09/08〜2008/09/12
構成的認識の理論と実践 Constructive Recognition - Theory and Experiments 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2009/09/07〜2009/09/12
統合生命科学への招待 Introduction of Integrated Complex System Science 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2010/09/13〜2010/09/17
構成的認識の理論と実践 Constructive Recognition - Theory and Experiments 夏季集中 立命館大学 理工学部物理学科 2011/09/05〜2011/09/09

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2008/04/01〜2011/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2011/04/01〜2012/03/31
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2012/04/01〜2013/03/31
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2013/04/01〜
点検・評価実行委員会 委員 2006/07/01〜2015/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2006/07/01〜
部局運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員長 2015/04/01〜2016/03/31
安全衛生委員会 委員長 2015/04/01〜2017/03/31
共同利用運営委員会 委員 2013/08/01〜2017/07/31
予算委員会 委員 2015/04/01〜2016/03/31
北部構内交通委員会 委員 2005/04/01〜
広報委員会 委員 2016/04/01〜2017/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
国際教育学会 International society for education 理事 director 2010/04〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
物性研究刊行会 Bussei kenkyu 物性研究 Bussei kenkyu 編集長 1994/04〜1998/03
物性研究刊行会 Bussei Kenkyu 物性研究 Bussei Kenkyu 編集長 2006/04/〜
Journal of Integrated Creative Studies Journal of Integrated Creative Studies Journal of Integrated Creative Studies Journal of Integrated Creative Studies 編集長 2014/03/01〜
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
2006 Nishinomiya-Yukawa International Symposium Physics of Non-equilibrium systems: Self-organized Structures and Dynamics far from Equilibrium 組織委員 2005/10/5〜2005/10/6
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
2007 Nishinomiya-Yukawa Memorial International Symposium on “What is Life? The Next 100 Years of Yukawa's Dream” 2007 Nishinomiya-Yukawa Memorial International Symposium 2007/10/15
2008 International and Interdisciplinary workshop on “What is Creativity? Emergent Phenomena in Complex Adaptive Systems” 2008 International and Interdisciplinary workshop 2008/10/20
2009 International and Interdisciplinary workshop on “What is Evolution? Bicentennial of Charles Darwin's Birth” 2009 International and Interdisciplinary workshop 2009/10/15
2010 International and Interdisciplinary Workshop on “Novel Phenomena in Integrated Complex Sciences: from Non-living to Living Systems” 2010 International and Interdisciplinary Workshop 2010/10/11
京都大学国際フォーラム 京都大学国際フォーラム 2011/10/15
その他活動:啓蒙書
著者名 タイトル 出版社 年月
村瀬雅俊 生命とは何か 京都大学共通教育通信 2008/04/01
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
特別講演 環境教育 京都市立大枝小学校 京都市 2002/12/06
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2003
公開講座 講義 西大和学園 奈良県 2003
特別講演 京都市立小学校西京区教員研修 京都市立大枝小学校 京都市 2003/08/19
特別講演 出張講義 京都市立大枝小学校 京都市 2003/12/04
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2004
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2005
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2006
出張講義 SSH事業 石川県立金沢泉丘高等学校 石川県 2007
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2007
受け入れ講義 講義 千葉県立千葉高等学校 千葉県 2007
出張講義 SSH事業 石川県立金沢泉丘高等学校 石川県 2008
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2008
出張講義 SSH事業 石川県立金沢泉丘高等学校 石川県 2009
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2009
京都大学ジュニアキャンパス 講義 全国中学校 全国 2009/09/
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2010
出張講義 SSH事業 石川県立金沢泉丘高等学校 石川県 2010
受け入れ講義 講演 金沢大学付属中学校 石川県 2010/03/03
京都大学ジュニアキャンパス 講義 全国中学校 全国中学校 2010/09/
出張講義 特別講演 金沢大学付属中学校 石川県 2010/11/01
公開講座 高大連携事業 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2011
京都大学ジュニアキャンパス 講義 全国中学校 全国 2011
受け入れ講義    SSH事業 石川県立金沢泉丘高等学校 石川県 2011/10/20
京都大学高大連携講座 「統合科学への招待」 滋賀県立膳所高等学校 滋賀県 2015/10/02
公開講座「生命の基礎物理学」 公開講座「生命の基礎物理学」 鳥取県立鳥取東高等学校 鳥取県 2015/10/15

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:新聞・雑誌等
タイトル 内容 メディア名 掲載欄 年月日
生命とは何か 生命とは何かに関するインタビュー収録 京都大学生協らいふすてーじ アカデミック 2008/01/
特集 さぐる 生命現象の法則解明へ 京都新聞 朝刊 2010年8月17日 2010/08/17
環境の生物物理学 環境因子の生体影響に関する講演45分 京都FM放送 ラジオカフェ(FM797 ) 京都FM放送 ラジオカフェ(FM797 ) 2010/09/21
村瀬雅俊准教授 携帯電話で“発がん“!?総務省が説明会 日本テレビ news every 8月1日放送 16:53 - 19:00 2011/08/01
京都大で新入生向けゼミ 京都大で新入生向けゼミの現状についての報告 京都新聞 朝刊 2011年8月16日 2011/08/16
京都大学国際フォーラム 京都大学国際フォーラムの広報 京都FMαステーション 京都FMαステーション 2011/10/13
国際的機関での活動
活動内容(日本語) 活動内容(英語) 活動機関名 期間
国際複雑適応系研究所 学術委員 International Institute for Complex Adaptive Matter, Member 国際複雑適応系研究所 2007/04/01〜
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Univerisity of California, Davis Mathematics & Institute for Theoretical Dynamics Theory of Life U.S.A. 1989/10/01〜1990/07/31
Duke Univerisity Medical Center Theoretical Biology U.S.A. 1987/11/01〜1988/07/31
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Olivia Margret Viessmann University Heidelberg Physics Theory of Life Germany 2010/10/01〜2011/03/31
Martin Blank コロンビア大学 生物学部 電磁場の生体影響 アメリカ 2005/07/07〜2005/07/09
Pan Zhang Institute of Theoretical Physics, Chinese Academy of Sciences, China physics complex systems china 2016/03/01〜2016/03/31
外国人訪問者受入れ
訪問者名 所属機関名 国名 期間
Gerald H. Pollack University of Washington アメリカ 2011/10/13〜2011/10/16
Olivia Margret Viessmann University Heidelberg Germany 2010/10/01〜2011/03/31
Kelly Reavis University of California, Irvine U.S.A. 2010/10/11〜2010/10/14
Janice Chang University of California, Ivine U.S.A. 2010/10/11〜2010/10/14
Jevin West University of Washington U.S.A. 2009/10/15〜2009/10/18
Carl Bergstrom University of Washington U.S.A. 2009/10/15〜2009/10/18
Dirk DeRidder University Hospital, Antwerp Belgium 2009/10/15〜2009/10/18
Ryohei Nakatsu National University of Singapore Singapore 2009/10/15〜2009/10/18
Massimo Di Giulio Institute of Genetics and Biophysics Italy 2009/10/15〜2009/10/18
Mikhail A. Fedonkin Russian Academy of Science Russia 2009/10/15〜2009/10/18
Matthias Rauterberg Technical University of Eindhoven Netherland 2009/10/15〜2009/10/18
Marta Ortega Llebaria The University of Texas at Austin U.S.A. 2009/10/15〜2009/10/18
Cynthia Trevisan California State University U.S.A. 2009/10/15〜2009/10/18
Seung Kee Han The University of Chicago U.S.A. 2009/10/15〜2009/10/18
Seung Kee Han Chungbuk National University Korea 2009/10/15〜2009/10/18
Myoung Won Cho KIAS Korea 2009/10/15〜2009/10/18
Ludwik Leibler Centre National de Recherche Scientifique (CNRS) France 2008/10/20〜2008/10/22
Shigeru Miyagawa Massachusetts Institute of Technology U.S.A. 2008/10/20〜2008/10/22
Adrian David Cheok Interactive and Digital Media Institute Singapore 2008/10/20〜2008/10/22
Harald Atmanspacher Institut fuer Grenzgebiete der Psychologie und Psychohygiene Germany 2008/10/20〜2008/10/22
Mark S. Blumberg University of Iowa U.S.A. 2008/10/20〜2008/10/22
Alex Mogilner U. C. Davis U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Luciano Floridi Oxford Univ. England 2007/10/15〜2007/10/20
Seunghwan Kim APCTP Korea 2007/10/15〜2007/10/20
Vidyanand Indian Institute of Science India 2007/10/15〜2007/10/20
John Evans Cambridge University England 2007/10/15〜2007/10/20
Rudy Rucker San Jose State Univ. U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Franz Halberg University of Minnesota U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Aage R.Moller Univ. Texas U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
David Deamer U. C. Santa Cruz U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Robert Arking Wayne State Univ. U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Leif G. Salford Lund Univ. Sweden 2007/10/15〜2007/10/20
Donald W. Pfaff Rockefeller Univ. U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Raphael Raphael Rochester U.S.A. 2007/10/15〜2007/10/20
Jevin West University of Washington u.s.a. 2016/02/08〜2016/02/13
Cynthia Trevisan California State University u.s.a. 2015/05/10〜2015/05/17

  • <<
  • >>
  • 表示