阪森 優一

最終更新日時: 2019/06/26 20:47:57

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
阪森 優一/サカモリ ユウイチ/Sakamori, Yuuichi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(腫瘍内科)/特定病院助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000010610
研究テーマ
(日本語)
肺癌におけるALDH7A1と抗癌剤耐性との関連性についての検討
(英語)
Association of ALDH7A1 overexpression with chemotherapy resistance and cancer stem cell in lung cancer
研究概要
(日本語)
ALDHは無毒化酵素で細胞内のアルデヒドの酸化に関与しているといわれている。肺癌においては癌幹細胞マーカーとしての重要性が示されている。ALDH7A1は、ヒトALDHスーパーファミリーのアイソザイムのひとつで、ALDH7A1がどのようにして肺癌の予後不良因子として関わっているのか、ALDH1のような癌幹細胞との関連性が存在するのかどうかは明らかにされていない。そのため、われわれのグループでは、肺癌におけるALDH7A1の臨床的意義、薬剤耐性との関連性について研究を行っている。
(英語)
Aldehyde dehydrogenases (ALDHs) play a major role in the oxidation of aldehydes. Certain isoforms of ALDH is related to cancer stem cells (CSCs) responsible for tumor initiating, drug resistance and metastasis. ALDH1A1 and ALDH3A1 has been known for CSC marker of lung cancer. Since these two isoforms and ALDH7A1 are involved in cellular structural and osmoregulatory function, we focused on function of ALDH7A1 in lung cancer.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
ALDH ALDH
肺癌 lung cancer
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
1. ドライバー変異陰性の非小細胞肺癌に対する2次治療としてのニボルマブとその他の抗癌剤との比較検討 1. ドライバー変異陰性の非小細胞肺癌に対する2次治療としてのニボルマブとその他の抗癌剤との比較検討 第59回日本肺癌学会学術集会 第59回日本肺癌学会学術集会 2018/11/30 日本語 ポスター発表 公開
ドライバー遺伝子変異陽性肺癌における免疫チェックポイント阻害剤の治療効果についての検討 ドライバー遺伝子変異陽性肺癌における免疫チェックポイント阻害剤の治療効果についての検討 第19回KTORG研究会 第19回KTORG研究会 2018/07/14 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
遺伝子変異陰性例における進行期非小細胞肺癌の治療戦略[招待あり] 遺伝子変異陰性例における進行期非小細胞肺癌の治療戦略 [招待あり] 豊岡毒性マネージメントセミナー 豊岡毒性マネージメントセミナー 2018/05/18 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
タイトル言語: