野田 岳志

最終更新日時: 2019/06/21 18:48:29

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
野田 岳志/ノダ タケシ/Noda, Takeshi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/ウイルス感染研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
生命科学研究科 統合生命科学専攻 微細構造ウイルス学 教授
電子メールアドレス
メールアドレス
t-noda @ infront.kyoto-u.ac.jp
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(獣医学) 北海道大学
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-0658-4663
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0074053
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Yamasoba D, Sato K, Ichinose T, Imamura T, Koepke L, Joas S, Reith E, Hotter D, Misawa N, Akaki K, Uehata T, Mino T, Miyamoto S, Noda T, Yamashita A, Standley DM, Kirchhoff F, Sauter D, Koyanagi Y, Takeuchi O Yamasoba D, Sato K, Ichinose T, Imamura T, Koepke L, Joas S, Reith E, Hotter D, Misawa N, Akaki K, Uehata T, Mino T, Miyamoto S, Noda T, Yamashita A, Standley DM, Kirchhoff F, Sauter D, Koyanagi Y, Takeuchi O Yamasoba D, Sato K, Ichinose T, Imamura T, Koepke L, Joas S, Reith E, Hotter D, Misawa N, Akaki K, Uehata T, Mino T, Miyamoto S, Noda T, Yamashita A, Standley DM, Kirchhoff F, Sauter D, Koyanagi Y, Takeuchi O N4BP1 restricts HIV-1 and its inactivation by MALT1 promotes viral reactivation. N4BP1 restricts HIV-1 and its inactivation by MALT1 promotes viral reactivation. N4BP1 restricts HIV-1 and its inactivation by MALT1 promotes viral reactivation. Nature microbiology Nature microbiology Nature microbiology 2019/05 公開
Yamagata Y, Muramoto Y, Miyamoto S, Shindo K, Nakano M, Noda T Yamagata Y, Muramoto Y, Miyamoto S, Shindo K, Nakano M, Noda T Yamagata Y, Muramoto Y, Miyamoto S, Shindo K, Nakano M, Noda T Generation of a purely clonal defective interfering influenza virus. Generation of a purely clonal defective interfering influenza virus. Generation of a purely clonal defective interfering influenza virus. Microbiology and immunology, 63, 5, 164-171 Microbiology and immunology, 63, 5, 164-171 Microbiology and immunology, 63, 5, 164-171 2019/05 公開
Takizawa N, Ogura Y, Fujita Y, Noda T, Shigematsu H, Hayashi T, Kurokawa K Takizawa N, Ogura Y, Fujita Y, Noda T, Shigematsu H, Hayashi T, Kurokawa K Takizawa N, Ogura Y, Fujita Y, Noda T, Shigematsu H, Hayashi T, Kurokawa K Local structural changes of the influenza A virus ribonucleoprotein complex by single mutations in the specific residues involved in efficient genome packaging. Local structural changes of the influenza A virus ribonucleoprotein complex by single mutations in the specific residues involved in efficient genome packaging. Local structural changes of the influenza A virus ribonucleoprotein complex by single mutations in the specific residues involved in efficient genome packaging. Virology, 531, 126-140 Virology, 531, 126-140 Virology, 531, 126-140 2019/05 公開
Sugita Y, Matsunami H, Kawaoka Y, Noda T, Wolf M Sugita Y, Matsunami H, Kawaoka Y, Noda T, Wolf M Sugita Y, Matsunami H, Kawaoka Y, Noda T, Wolf M Cryo-EM structure of the Ebola virus nucleoprotein-RNA complex at 3.6 Å resolution. Cryo-EM structure of the Ebola virus nucleoprotein-RNA complex at 3.6 Å resolution. Cryo-EM structure of the Ebola virus nucleoprotein-RNA complex at 3.6 Å resolution. Nature, 563, 7729, 137-140 Nature, 563, 7729, 137-140 Nature, 563, 7729, 137-140 2018/11 公開
Bedi S, Noda T, Kawaoka Y, Ono A Bedi S, Noda T, Kawaoka Y, Ono A Bedi S, Noda T, Kawaoka Y, Ono A A Defect in Influenza A Virus Particle Assembly Specific to Primary Human Macrophages. A Defect in Influenza A Virus Particle Assembly Specific to Primary Human Macrophages. A Defect in Influenza A Virus Particle Assembly Specific to Primary Human Macrophages. mBio, 9, 5 mBio, 9, 5 mBio, 9, 5 2018/10 公開
Hatakeyama D, Shoji M, Yamayoshi S, Yoh R, Ohmi N, Takenaka S, Saitoh A, Arakaki Y, Masuda A, Komatsu T, Nagano R, Nakano M, Noda T, Kawaoka Y, Kuzuhara T. Hatakeyama D, Shoji M, Yamayoshi S, Yoh R, Ohmi N, Takenaka S, Saitoh A, Arakaki Y, Masuda A, Komatsu T, Nagano R, Nakano M, Noda T, Kawaoka Y, Kuzuhara T. インフルエンザウイルスのNPはPCAFおよびGCN5によりアセチル化される インフルエンザウイルスのNPはPCAFおよびGCN5によりアセチル化される Influenza A virus nucleoprotein is acetylated by histone acetyltransferases PCAF and GCN5. J Biol Chem., 293, 19, 7126-7138 J Biol Chem., 293, 19, 7126-7138 J Biol Chem., 293, 19, 7126-7138 2018/05 公開
Maemura T, Fukuyama S, Sugita Y, Lopes TJS, Nakao T, Noda T, Kawaoka Y Maemura T, Fukuyama S, Sugita Y, Lopes TJS, Nakao T, Noda T, Kawaoka Y インフルエンザウイルス感染に対する肺由来miR-483-3pの自然免疫応答の制御 インフルエンザウイルス感染に対する肺由来miR-483-3pの自然免疫応答の制御 Lung-Derived Exosomal miR-483-3p Regulates the Innate Immune Response to Influenza Virus Infection. J Infect Dis., 217, 9, 1372-82 J Infect Dis., 217, 9, 1372-82 J Infect Dis., 217, 9, 1372-82 2018/04 公開
Nanbo A, Noda T, Ohba Y Nanbo A, Noda T, Ohba Y Nanbo A, Noda T, Ohba Y. EBウイルスはゴルジ体膜でエンベロープを獲得する EBウイルスはゴルジ体膜でエンベロープを獲得する Epstein-Barr Virus Acquires Its Final Envelope on Intracellular Compartments With Golgi Markers. Front Microbiol., 9, 454 Front Microbiol., 9, 454 Front Microbiol., 9, 454 2018/03 公開
Nakatsu S, Murakami S, Shindo K, Horimoto T, Sagara H, Noda T, Kawaoka Y. Nakatsu S, Murakami S, Shindo K, Horimoto T, Sagara H, Noda T, Kawaoka Y. C型およびD型インフルエンザウイルスは8本のRNPを取り込む C型およびD型インフルエンザウイルスは8本のRNPを取り込む Influenza C and D Viruses Package Eight Organized Ribonucleoprotein Complexes. J Virol., 92, 6, e02084-17 J Virol., 92, 6, e02084-17 J Virol., 92, 6, e02084-17 2018/02 公開
Noda T, Murakami S, Nakatsu S, Imai H, Muramoto Y, Shindo K, Sagara H, Kawaoka Y. Noda T, Murakami S, Nakatsu S, Imai H, Muramoto Y, Shindo K, Sagara H, Kawaoka Y. インフルエンザウイルスのゲノムパッケージングにおけるRNPの1+7構造の重要性 インフルエンザウイルスのゲノムパッケージングにおけるRNPの1+7構造の重要性 Importance of the 1+7 configuration of ribonucleoprotein complexes for influenza A virus genome packaging. Nat Commun, 9, 1, 54 Nat Commun, 9, 1, 54 Nat Commun, 9, 1, 54 2018/01 公開
Iwatsuki-Horimoto K, Nakajima N, Ichiko Y, Sakai-Tagawa Y, Noda T, Hasegawa H, Kawaoka Y. Iwatsuki-Horimoto K, Nakajima N, Ichiko Y, Sakai-Tagawa Y, Noda T, Hasegawa H, Kawaoka Y. ヒトインフルエンザ感染のシリアンハムスターモデル ヒトインフルエンザ感染のシリアンハムスターモデル Syrian Hamster as an Animal Model for the Study of Human Influenza Virus Infection. J Virol, 92, 4, e01693-17 J Virol, 92, 4, e01693-17 , 92, 4, e01693-17 2018/01 公開
Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H Chen M, Aoki-Utsubo C, Kameoka M, Deng L, Terada Y, Kamitani W, Sato K, Koyanagi Y, Hijikata M, Shindo K, Noda T, Kohara M, Hotta H 分泌型ホスホリパーゼA2と広域抗ウイルス薬作用 分泌型ホスホリパーゼA2と広域抗ウイルス薬作用 Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A2 targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane. Sci Rep., 7, 1, 15931 Sci Rep., 7, 1, 15931 Sci Rep., 7, 1, 15931 2017/11 公開
Wan W, Kolesnikova L, Clarke M, Koehler A, Noda T, Becker S, Briggs JAG. Wan W, Kolesnikova L, Clarke M, Koehler A, Noda T, Becker S, Briggs JAG. エボラウイルスヌクレオカプシドの構造 エボラウイルスヌクレオカプシドの構造 Structure and assembly of the Ebola virus nucleocapsid. Nature, 551, 7680, 394-97 Nature, 551, 7680, 394-97 Nature, 551, 7680, 394-97 2017/11 公開
Saito H, Takeuchi H, Masuda T, Noda T, Yamaoka S. Saito H, Takeuchi H, Masuda T, Noda T, Yamaoka S. アミノ末端欠損POM121CはHIV-1の増殖を阻害する アミノ末端欠損POM121CはHIV-1の増殖を阻害する N-terminally truncated POM121C inhibits HIV-1 replication. PLoS One, 12, 9, 0182434 PLoS One, 12, 9, 0182434 PLoS One, 12, 9, 0182434 2017/09 公開
Takeuchi H, Saito H, Noda T, Miyamoto T, Yoshinaga T, Terahara K, Ishii H, Tsunetsugu-Yokota Y, Yamaoka S. Takeuchi H, Saito H, Noda T, Miyamoto T, Yoshinaga T, Terahara K, Ishii H, Tsunetsugu-Yokota Y, Yamaoka S. MELKによるHIV-1カプシドのリン酸化が脱殻を引き起こす MELKによるHIV-1カプシドのリン酸化が脱殻を引き起こす Phosphorylation of the HIV-1 capsid by MELK triggers uncoating to promote viral cDNA synthesis. PLoS Pathog., 13, 7, e1006441 PLoS Pathog., 13, 7, e1006441 PLoS Pathog., 13, 7, e1006441 2017/07 公開
NODA Takeshi NODA Takeshi エボラウイルス感染細胞の電子顕微鏡解析法 エボラウイルス感染細胞の電子顕微鏡解析法 Electron Microscopy of Ebola Virus-Infected Cells. Methods Mol Biol., 1628, 243-250 Methods Mol Biol., 1628, 243-250 Methods Mol Biol., 1628, 243-250 2017 公開
Yao WL, Ikeda S, Tsukamoto Y, Shindo K, Otakaki Y, Qin M, Iwasawa Y, Takeuchi F, Kaname Y, Chou YC, Chang C, Watashi K, Wakita T, Noda T, Kato H, Fujita T. Yao WL, Ikeda S, Tsukamoto Y, Shindo K, Otakaki Y, Qin M, Iwasawa Y, Takeuchi F, Kaname Y, Chou YC, Chang C, Watashi K, Wakita T, Noda T, Kato H, Fujita T. B型肝炎ウイルスの持続感染を維持する幹細胞株の樹立 B型肝炎ウイルスの持続感染を維持する幹細胞株の樹立 Establishment of a human hepatocellular cell line capable of maintaining long-term replication of hepatitis B virus. Int Immunol., 29, 3, 109-120 Int Immunol., 29, 3, 109-120 Int Immunol., 29, 3, 109-120 2016/11 公開
Martyushev A, Nakaoka S, Sato K, Noda T, Iwami S. Martyushev A, Nakaoka S, Sato K, Noda T, Iwami S. エボラウイルス感染の数理モデリング エボラウイルス感染の数理モデリング Modelling Ebola virus dynamics: Implications for therapy. Antiviral Res., 135, 62-73 Antiviral Res., 135, 62-73 Antiviral Res., 135, 62-73 2016/11 公開
Nakatsu S, Sagara H, Sakai-Tagawa Y, Sugaya N, Noda T, Kawaoka Y. Nakatsu S, Sagara H, Sakai-Tagawa Y, Sugaya N, Noda T, Kawaoka Y. A型およびB型インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構の完全性および不完全性 A型およびB型インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構の完全性および不完全性 Complete and incomplete geome packaging of influenza A and B viruses. mBio, 7, 5, e01248-16 mBio, 7, 5, e01248-16 mBio, 7, 5, e01248-16 2016/09 公開
Oda S, Noda T, Wijesinghe KJ, Halfmann P, Bornholdt ZA, Abelson DM, Armbrust T, Stahelin RV, Kawaoka Y, Saphire EO. Oda S, Noda T, Wijesinghe KJ, Halfmann P, Bornholdt ZA, Abelson DM, Armbrust T, Stahelin RV, Kawaoka Y, Saphire EO. マールブルクウイルスVP40の結晶構造解析 マールブルクウイルスVP40の結晶構造解析 Crystal Structure of Marburg Virus VP40 Reveals a Broad, Basic Patch for Matrix Assembly and a Requirement of the N-Terminal Domain for Immunosuppression. J Virol., 90, 4, 1839-48 J Virol., 90, 4, 1839-48 J Virol., 90, 4, 1839-48 2015/12 公開
Koga R, Sugita Y, Noda T, Yanagi Y, Ohno S. Koga R, Sugita Y, Noda T, Yanagi Y, Ohno S. コフィリンは麻疹ウイルスのヌクレオカプシド形成に関与する コフィリンは麻疹ウイルスのヌクレオカプシド形成に関与する Actin-Modulating Protein Cofilin Is Involved in the Formation of Measles Virus Ribonucleoprotein Complex at the Perinuclear Region. J Virol., 89, 20, 10524-31 J Virol., 89, 20, 10524-31 J Virol., 89, 20, 10524-31 2015/10 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Formation and packaging of influenza virus ribonucleoprotein complexes[招待あり] Formation and packaging of influenza virus ribonucleoprotein complexes [招待あり] Formation and packaging of influenza virus ribonucleoprotein complexes [招待あり] Influenaza and other infections Influenaza and other infections Influenaza and other infections 2019/02/20 公開
Packaging of segmented genome in influenza virus[招待あり] Packaging of segmented genome in influenza virus [招待あり] Packaging of segmented genome in influenza virus [招待あり] 6th International Influenza Meeting 6th International Influenza Meeting 6th International Influenza Meeting 2018/09/03 英語 口頭発表(基調) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ウイルスアセンブリー機構の動的イメージング解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 インフルエンザウイルスのゲノム動態解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 転写反応中のインフルエンザウイルスRNP複合体のクライオ電子顕微鏡解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 転写反応中のインフルエンザウイルスRNP複合体のクライオ電子顕微鏡解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 システムウイルス感染症学:感染ダイナミズムに基づいた病態機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 ウイルスアセンブリー機構の動的イメージング解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
特別研究員奨励費 代表 原子間力顕微鏡によるC型肝炎ウイルス増殖機構の分子基盤の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(B) 代表 システムウイルス感染症学:感染ダイナミズムに基づいた病態機構の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 インフルエンザウイルスゲノムの転写・複製機構の分子構造基盤 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
特別研究員奨励費 代表 原子間力顕微鏡によるC型肝炎ウイルス増殖機構の分子基盤の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 システムウイルス感染症学:感染ダイナミズムに基づいた病態機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(B) 代表 インフルエンザウイルスゲノムの転写・複製機構の分子構造基盤 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
特別研究員奨励費 代表 原子間力顕微鏡によるC型肝炎ウイルス増殖機構の分子基盤の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
分子遺伝学II Molecular Genetics II 前期 理学部 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
(旧ウイルス研)予算委員会 委員 2016/10/01〜2018/03/31
安全衛生委員会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
病原体安全管理委員会 委員長 2018/04/01〜2020/03/31
ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点運営委員会 2016/04/01〜
ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点専門委員会 2016/04/01〜
(旧ウイルス研)予算委員会 委員長 2018/04/01〜2019/03/31