竹見 哲也

最終更新日時:2017/10/26 12:47:55

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
竹見 哲也/タケミ テツヤ/Tetsuya Takemi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
防災研究所/気象・水象災害研究部門/准教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 地球惑星科学専攻 応用気象・海洋学講座 准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都府宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji, Kyoto
電子メールアドレス
メールアドレス
takemi @ storm.dpri.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本気象学会 Meteorological Society of Japan
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineering
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union
土木学会 Japan Society of Civil Engineers
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Meteorological Society United States of America
American Geophysical Union United States of America
Asia Oceania Geosciences Society Singapore
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士後期課程 修了
京都大学 大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/04/01〜2003/05/31 大阪大学大学院工学研究科 Osaka University, Graduate School of Engineering 助手 Research Associate
2003/06/01〜2004/04/30 大阪大学大学院工学研究科 Osaka University, Graduate School of Engineering 学内講師 Assistant Professor
2004/05/01〜2007/02/28 東京工業大学大学院総合理工学研究科 Tokyo Institute of Technology, Interdisciplinary Gradute School of Science and Engineering 講師 Lecturer
2007/03/01〜 京都大学防災研究所 Kyoto University, Disaster Prevention Research Institute 准教授 Associate Professor
プロフィール
(日本語)
気象学の分野において、豪雨・突風・竜巻・台風などの暴風雨現象、都市や複雑地形上の乱流、黄砂などの大気輸送過程について研究をしています。研究のキーワードは「対流」「乱流」「移流」です。環境流体中の流体力学と熱力学を基礎において、気象学および関連分野の研究を進めています。理学のみならず関連分野との連携により、境界領域を開拓するような研究も目指しています。主として大学院教育に携わり、ひとつの分野だけでなく多様な分野において活躍できる人材の育成を目指しています。また、大学人として、教育を通して学術の深化に貢献するとともに、小中高教育にも貢献したいと考えています。さらに、学会活動を通して学術の発展に貢献したいと考えています。
(英語)
I am an atmospheric scientist, and my research interests extend to severe storms including heavy rains, gusty winds, tornadoes, and tropical cyclones, turbulent flows over urban districts and complex terrains, and atmospheric transport processes such as Asian dust. The key words in my research topics are convection, turbulence, and advection. Based on the fluid dynamics and thermodynamics of the environmental fluids, I am working in the areas of meteorology and the related fields. In addition, I am interested in exploring interdisciplinary areas between atmospheric sciences and the related engineering fields. I am teaching mainly graduate students in division of earth and planetary sciences. My motivation for teaching is to develop technical experts who have sufficient potential to actively work in various fields including meteorology and the related disciplines. As a university teacher, I am interested in deepening our scientific knowledge and extending them to pre-university education. I am going to advance our knowledge and techniques through contributing to the activities in the academic societies.
個人ホームページ
URL
http://ssrs.dpri.kyoto-u.ac.jp/takemi/
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-7596-2373
研究テーマ
(日本語)
気象学、メソスケール気象学、環境流体力学、工学気象学、暴風雨、集中豪雨、局地豪雨、突風、竜巻、台風、大気対流、乱流、輸送、数値モデリング
(英語)
meteorology, mesoscale meteorology, environmental fluid dynamics, engineering meteorology, severe storm, heavy rain, gusty wind, tropical cyclone, atmospheric convection, turbulence, transport, numerical modeling
研究概要
(日本語)
対流・乱流・移流の諸過程が重要な中小規模の大気現象を対象に研究を進めている。局地豪雨をもたらす積乱雲の発達と組織化過程およびその発生条件の解明、集中豪雨や突風を引き起こすメソ気象擾乱や台風の物理機構の解明、対流や乱流のモデリング、複雑地形・複雑粗度上の乱流のシミュレーション、黄砂などの物質輸送の機構解明とシミュレーションを行っている。さらに地球温暖化時の局地豪雨に関する研究をしている。また、気象学を応用するための研究も行っている。
(英語)
I am studying mesoscale and microscale meteorological phenomena in which convection, turbulence, and advection play important roles. The research topics are the mechanisms and the environmental factors for the development and organization of precipitating convection, the physical processes of mesoscale disturbances and tropical cyclones that spawn heavy rainfalls and gusty winds, numerical modeling of convection and turbulence, numerical simulations of turbulence over complex terrains and roughness surfaces, and numerical simulations of atmospheric transport processes such as Asian dust. I am also interested in the local-scale cumulonimbus and heavy rain under global warming. The research interests extend to the application of meteorology to engineering fields.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
メソスケール気象学 mesoscale meteorology
微細気象学 microscale meteorology
工学気象学 engineering meteorology
環境流体力学 environmental fluid dynamics
メソ気象モデリング mesoscale meteorological modeling
大気乱流モデリング atmospheric turbulence modeling
暴風雨現象、豪雨、突風 severe local storms, heavy rain, wind gust
台風・熱帯低気圧 tropical cyclones, typhoons
大気乱流 atmospheric turbulence
大気対流 atmospheric convection
大気輸送 atmospheric transport
境界層乱流 boundary-layer turbulence
都市気象 urban meteorology
都市大気モデル urban atmospheric model
黄砂 Asian dust

  • <<
  • >>
  • 表示
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
気象・海洋物理・陸水学
自然災害科学
環境動態解析
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Okada, Y., T. Takemi, H. Ishikawa, S. Kusunoki, R. Mizuta Future changes in atmospheric conditions for the seasonal evolution of the Baiu as revealed from projected AGCM experiments Journal of the Meteorological Society of Japan,95,239-260 2017/08 英語
Kanada, S., T. Takemi, M. Kato, S. Yamasaki, H. Fudeyasu, K. Tsuboki, O. Arakawa, I. Takayabu A multi-model intercomparison of an intense typhoon in future, warmer climates by four 5-km-mesh models Journal of Climate,30,6017-6036 2017/08 英語
竹見 哲也 地球温暖化と台風災害 農業および園芸,92,3,194-204 2017/03 日本語
Poulidis, A.-P., T. Takemi A 1998-2013 climatology of Kyushu, Japan: Seasonal variation of stability and rainfall International Journal of Climatology,37,1843-1858 2017/03 英語
Shimura, T., N. Mori, T. Takemi, R. Mizuta Long term impacts of ocean wave-dependent roughness on global climate systems Journal of Geophysical Research: Oceans,122,1995-2011 2017/03 英語
Poulidis, A.-P., T. Takemi, M. Iguchi, I. A. Renfrew Orographic effects on the transport and deposition of volcanic ash: A case study of Mt. Sakurajima, Japan Journal of Geophysical Research: Atmosphere,122,9332-9350 2017 英語
三隅良平,岩崎杉紀,道端拓朗,竹見哲也,山下克也,佐藤陽祐,富房豊,大畑祥,橋本明弘,折笠成宏,田尻拓也,村上正隆 第17回国際雲・降水会議(ICCP2016)の報告 天気,63,11,862-868 2016/11 日本語
斉藤和雄,瀬古弘,露木義,中村晃三,青梨和正,竹見哲也 第6回超高精度メソスケール気象予測研究会報告 天気,63,11,869-878 2016/11 日本語
林悠平,竹見哲也,宮本佳明 非静力学軸対称モデルによる竜巻様渦の遷移に関する数値実験 日本風工学会論文集,41,4,125-135 2016/10 日本語
加藤輝之,上田博,篠田太郎,津口裕茂,山田広幸,南雲信宏,大東忠保,竹見哲也 第11回「メソ対流系と顕著気象に関する国際会議(ICMCS-XI)」参加報告 天気,63,9,719-725 2016/09 日本語
Nakayama, H., T. Takemi, H. Nagai Development of local-scale high-resolution atmospheric dispersion model using large-eddy simulation. Part 5: Detailed simulation of turbulent flows and plume dispersion in an actual urban area under real meteorological conditions Journal of Nuclear Science and Technology,53,887-908 2016/06 英語
Takashi Unuma, Tetsuya Takemi A role of environmental shear on the organization mode of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan Scientific Online Letters on the Atmosphere,12,111-115 2016/05 英語
Aya Tsuboi, Tetsuya Takemi, Kunio Yoneyama Seasonal environmental characteristics for the tropical cyclone genesis in the Indian Ocean during the CINDY2011/DYNAMO field experiment Atmosphere,7,66 2016/05 英語
Takashi Unuma, Tetsuya Takemi Characteristics and environmental conditions of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society,142,1232-1249 2016/04 英語
Ito, R., T. Takemi, O. Arakawa, A possible reduction in the severity of typhoon wind in the northern part of Japan under global warming: A case study SOLA,12,100-105 2016/04 英語
Spiga, A., E. Barth, Z. Gu, F. Hoffmann, J. Ito, B. Jemmett-Smith, M. Klose, S. Nishizawa, S. Raasch, S. Rafkin, T. Takemi, D. Tyker, W. Wei Large-eddy simulations of dust devils and convective vortices Space Science Reviews,203,245-275 2016 英語
Nobuhito Mori, Tetsuya Takemi Impact assessment of coastal hazards due to future changes of tropical cyclones in the North Pacific Ocean Weather and Climate Extremes,11,53-69 2016 英語
Lorenz, R. D., M. R. Balme, Z. Gu, H. Kahanpaa, M. Klose, M. V. Kurgansky, M. R. Patel, D. Reiss, A. P. Rossi, A. Spiga, T. Takemi, W. Wei History and applications of dust devil studies Space Science Reviews,203,5-37 2016 英語
Vanderbauwhede, W., T. Takemi An Analysis of the feasibility and benefits of GPU/multicore acceleration of the Weather Research and Forecasting model Concurrency and Computation: Practice and Experience,28,2052-2072 2016 英語
宮脇航平,立川康人,田中智大,石井大貴,市川温,萬和明,竹見哲也 最大クラス台風を想定した淀川流域における洪水流出シミュレーション 土木学会論文集B1(水工学),72,4,I_31-I_36 2016 日本語
二宮順一,森信人,竹見哲也,荒川理 伊勢湾台風の擬似温暖化実験による将来高潮の予測 土木学会論文集B2(海岸工学),72,2,I_1501-I_1506 2016 日本語
志村智也,森信人,竹見哲也,水田亮 全球大気気候-波浪結合モデルによる海面粗度を通した波浪の気候への影響評価 土木学会論文集B2(海岸工学),72,2,I_1507-I_1512 2016 日本語
Takemi, T., R. Ito, O. Arakawa Effects of global warming on the impacts of Typhoon Mireille (1991) in the Kyushu and Tohoku regions Hydrological Research Letters,10,81-87 2016 英語
TAKEMI Tetsuya, R. Ito, O. Arakawa Robustness and uncertainty of projected changes in the impacts of Typhoon Vera (1959) under global warming Hydrological Research Letters,10,88-94 2016 英語
Takemi, T., Y. Okada, R. Ito, H. Ishikawa, E. Nakakita Assessing the impacts of global warming on meteorological hazards and risks in Japan: Philosophy and achievements of the SOUSEI program Hydrological Research Letters,10,119-125 2016 英語
Rafkin, S., B. Jemmett-Smith, L. Fenton, R. Lorenz, T. Takemi, J. Ito, D. Tyler Dust devil formation Space Science Reviews,203,183-207 2016 英語
Takano, K. T., K. Nakagawa, M. Aiba, M. Oguro, J. Morimoto, Y. Furukawa, Y. Mishima, K. Ogawa, R. Ito, T. Takemi Projection of impacts of climate change on windthrows and evaluation of potential silvicultural adaptation measures: A case study from empirical modelling of windthrows in Hokkaido, Japan, by Typhoon Songda (2004) Hydrological Research Letters,10,138-144 2016 英語
Kurgansky, M. V., R. D. Lorenz, N. O. Renno, T. Takemi, Z. Gu, W. Wei Dust devil steady-state structure from a fluid dynamics perspective Space Science Reviews,203,209-244 2016 英語
Tetsuya Takemi Relationship between cumulus activity and environmental moisture during the CINDY2011/DYNAMO field experiment as revealed from convection-resolving simulations Journal of the Meteorological Society of Japan,93A,41-58 2015/12 英語
二宮順一,竹見哲也,森信人 伊勢湾台風を対象とした高潮追算のためのJRA55再解析データの力学的ダウンスケール 土木学会論文集B2(海岸工学),71,2,I_1699-I_1704 2015/11 日本語
竹見 哲也 地球温暖化に伴う気象災害の影響評価 日本風工学会誌,40,4,399-406 2015/10 日本語
Miyamoto, Y., T. Takemi A triggering mechanism for rapid intensification of tropical cyclones Journal of the Atmospheric Sciences,72,7,2666-2681 2015/07 英語
松本幸大,折池雄太,鈴木久紀,竹見哲也,中北英一 台風時の降雨量推定手法に関する研究 河川技術論文集,21 2015/06 日本語
Takayabu, I., K. Hibino, H. Sasaki, H. Shiogama, N. Mori, Y. Shibutani, T. Takemi On the effetct of climate change on the development of Typhoon Haiyan Environmental Research Letters,10,064011 2015/06 英語
Nakayama, H., T. Takemi, H. Nagai Large-eddy simulation of turbulent winds during the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident by coupling with a meso-scale meteorological simulation model Advances in Science and Research,12,127-133 2015/06 英語
藤部文昭,小林文明,竹見哲也,菅原広史 「第23回風工学シンポジウム」の報告 天気,62,4,313-314 2015/04 日本語
竹見 哲也 WMO/IOC JCOMMデータブイ協力パネル第3回北太平洋地区ワークショップ「海洋観測の利用による台風の理解と予測精度向上」の開催報告 天気,62,2,105-109 2015/02 日本語
藤部文昭,小林文明,竹見哲也,菅原広史 第23回風工学シンポジウム報告 日本風工学会誌,40,1,39-40 2015/01 日本語
森信人,中北英一,竹見哲也,立川康人 気候変動にともなう風水害の将来予測の現状について 環境情報科学,44,1,12-17 2015 日本語
竹見哲也,草川敬之 濃尾平野における夏期局地降水発生前の地上風系の特徴 風工学シンポジウム論文集,23,91-96 2014/12 日本語
竹見 哲也 都市のモデル化と都市大気乱流の数値シミュレーション 天気,61,5,343-349 2014/05 日本語
岩崎俊樹,石原正仁,江守正多,鬼頭昭雄,隈健一,近藤裕昭,近藤豊,斉藤和雄,酒井重典,笹野泰弘,佐藤薫,佐藤正樹,高谷康太郎,竹見哲也,田中博,藤吉康志,三上正男,余田成男 日本の気象学の現状と展望 天気,61,3,159-195 2014/03 日本語
森 信人, 澁谷容子, 竹見哲也, 金 洙列, 安田誠宏, 丹羽竜也, 辻尾大樹, 間瀬 肇 2013年台風30号Haiyanによる高潮の予測可能性と再解析精度 土木学会論文集B2(海岸工学),70,2,246-250 2014 日本語
加藤輝之;上田博;竹見哲也;佐野哲也;纐纈丈晴;山田広幸 第9回「東アジア域でのメソ対流系と顕著気象に関する国際会議(ICMCS‐IX)」参加報告 天気,60,7,539-546 2013/07 日本語
三隅良平;下瀬健一;岩崎杉紀;大東忠保;佐藤陽祐;鵜沼昂;大竹秀明;古関俊也;斎藤篤思;橋本明弘;山下克也;田尻拓也;竹見哲也;藤吉康志;村上正隆;中井専人;LEE Keun‐Ok 第16回国際雲・降水会議(ICCP2012)の報告 天気,60,3,177-185 2013/03 日本語
竹見哲也 ダウンバーストとガストフロント : 積乱雲による突風現象 JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering,132,172-177 2012/07 日本語
竹見哲也,石川裕彦 2011年3月の福島県東部地域における風速特性・拡散特性のモデル解析 天気,59,4,243-244 2012/04 日本語
中井専人;沢田雅洋;津口裕茂;中村晃三;村田昭彦;篠田太郎;原旅人;竹見哲也;相澤拓郎;ROH Woosub;藤田学斗;板戸昌子;石島伯紀;熊倉俊郎;石塚翔大;小林麻耶;後藤研;本田明治 第13回非静力学モデルに関するワークショップの報告 天気,59,4,251-259 2012/04 日本語
竹見哲也 気象擾乱に伴う突風災害の数値シミュレーション 計算工学,17,1,2692-2695 2012/01 日本語
竹見哲也 台風経路の違いによる風水害への影響について 京都大学防災研究所年報,56,285-290 2012 日本語
坪井彩,竹見哲也 インド洋における熱帯低気圧の発生と環境場へのMJOの影響 京都大学防災研究所年報,56,335-347 2012 日本語
竹見哲也 境界層・雲微物理過程のモデル化に対する局地豪雨の感度実験 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,54,0,293-301 2011/10/20 日本語
篠田 太郎;加藤 輝之;勝俣 昌己;山田 広幸;津口 裕茂;竹見 哲也;出世 ゆかり;耿 驃 第8回「東アジア域でのメソ対流系とハイインパクトな気象に関する国際会議(ICMCS-VIII)」参加報告 天気,58,9,785-792 2011/09 日本語
竹見 哲也;新野 宏;三上 正男 日本地球惑星科学連合2011年大会「最新の大気科学:大気・海洋・地球環境における乱流の数値解析」セッションの報告(研究会報告) 天気,58,8,721-723 2011/08 日本語
里村 雄彦;竹見 哲也;野田 暁;三好 建正;富田 浩之;斉藤 和雄;日下 博幸;重 尚一 第1回非静力学数値モデルに関する国際ワークショップの報告(研究会報告) 天気,58,3,249-256 2011/03/31 日本語
竹見哲也 高分解能気象モデルによる2011年3月福島県東部の局所的な気流の解析 京都大学防災研究所年報,55,279-287 2011 日本語
竹見哲也 詳細地形表現による局地豪雨の100 mメッシュ高解像度計算 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,53,0,337-344 2010/06/01 日本語
奥勇一郎 吉野純 石川裕彦 竹見哲也 中北英一 将来の極端台風の複数経路計算による可能最大被害予測 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,53,0,371-376 2010/06/01 日本語
楠 研一;新野 宏;小林 文明;竹見 哲也;渡邊 明;道本 光一郎;宇田 英史;益子 渉;海老原 智;加藤 亘;佐藤 威 第31回メソ気象研究会の報告 : 突風(研究会報告) 天気,57,3,171-178 2010/03 日本語
内田孝紀 丸山 敬 竹見哲也 奥 勇一郎 大屋裕二 李 貫行 気象モデルと流体工学モデルを用いた風車設置地点における設計風速評価手法の提案 風力エネルギー,34,2,118-124 2010 日本語
野村昇平、竹見哲也 関東平野において夏期の午後に発生する局地降水の発生環境場に関する研究 京都大学防災研究所年報,54,327-332 2010 日本語
楠研一 今井俊昭 保野聡裕 竹見哲也 小型ドップラー気象レーダーによる鉄道安全運行のための突風探知システムの基礎的研究  運輸分野における基礎的研究推進制度 平成21年度研究終了課題研究成果報告書 II-1-II-43 2010 日本語
藤部文昭;青柳曉典;竹見哲也;中山浩成 第8回都市環境シンポジウム参加報告 天気,56,10,799-806 2009/10/31 日本語
竹見哲也 積乱雲の発達と集団化のメカニズム 日本気象学会関西支部夏季大学テキスト,31st,3-14 2009/08/20 日本語
中道啓輔 竹見哲也 多角形眼を伴った台風SONGDA(2004)のエネルギー解析 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,52,0,453-464 2009/06/01 日本語
竹見哲也 2008年7月28日に近畿・北陸地方で発生した局所的豪雨の高解像度気象シミュレーション 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,52,0,421-430 2009/06/01 日本語
大野洋 竹見哲也 数値計算パラメータによって変化する塵旋風の構造の感度実験 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,52,0,465-470 2009/06/01 日本語
荒木啓司 楠研一 保野聡裕 竹見哲也 今井俊昭 福原隆彰 別所康太郎 星野俊介 日本海に面した平野の地表面における風速変動特性 JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering,119,109-110 2009/04/30 日本語
藤吉康志 久芳奈遠美 橋本明弘 三隅良平 河本和明 三井達也 井口亨道 村上正隆 斎藤篤思 田尻拓也 山下克也 折笠成宏 竹見哲也 尾上万里子 吉原經太郎 第15回雲・降水国際学会参加報告 天気,56,4,223-232 2009/04/30 日本語
竹見 哲也;中山 浩成 微細規模大気流れの気象モデルとCFDモデルの融合解析(<特集>次世代気象モデルの開発事例と気象シミュレーションの最先端) ながれ : 日本流体力学会誌,28,1,13-20 2009/02/25 日本語
余田 成男;斉藤 和雄;竹見 哲也;西澤 誠也 東南アジア地域の気象災害軽減に資する国際共同研究の新展開(最近の学術動向) 天気,55,8,705-708 2008/08/31 日本語
山田均 石原孟 奥田泰雄 北嶋知樹 竹見哲也 富永禎秀 松井正宏 八木知己 若原敏裕 日本風工学会の課題と行動計画に関する検討報告書 JWE : 日本風工学研究会誌 : Journal of Wind Engineering,116,238-250 2008/07/31 日本語
辰己, 賢一 WRFモデルを用いた高解像度気象シミュレーションシステムの構築:豪雨の事例解析 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B,51,B,437-448 2008/06/01 日本語
里村 雄彦;國井 勝;安永 数明;竹見 哲也;野田 暁;重 尚一 第9回非静力学モデルに関するワークショップの報告(研究会報告) 天気,55,2,111-115 2008/02/29 日本語
竹見 哲也 5.安定度の違いによる積乱雲の組織化や発達高度への影響(第28回メソ気象研究会の報告-積乱雲の発達高度-,研究会報告) 天気,54,9,813-814 2007/09/30 日本語
加藤輝之;上田博;牛山朋来;竹見哲也;金田幸恵;金田幸恵 第28回メソ気象研究会の報告―積乱雲の発達高度― 天気,54,9,811-816 2007/09/30 日本語
竹見哲也 気象モデルによる風工学研究への展開と展望 : はじめに JWE : 日本風工学研究会誌,112,335-336 2007/07/31 日本語
日野雄太 岸田岳士 田村哲郎 竹見哲也 中村修 奥田泰雄 実在都市での風環境評価のための最大瞬間風速空間構造LES解析 JWE : 日本風工学研究会誌,111,129-130 2007/04/30 日本語
永山順一 田村哲郎 竹見哲也 奥田泰雄 三上岳彦 田中博春 佐藤充 都市形態を再現したモデルによる乱流場・温度場のLES解析 JWE : 日本風工学研究会誌,111,133-134 2007/04/30 日本語
竹見哲也 小林文明 野澤剛二郎 雪野昭寛 石川智巳 植松康 谷池義人 神田亮 野田稔 西村宏昭 大竹和夫 風間浩二 平井滋登 丸川比佐夫 北川徹哉 第19回風工学シンポジウム報告 JWE : 日本風工学研究会誌,111,273-284 2007/04/30 日本語
飯島遼太 田村哲郎 竹見哲也 自然対流時に生じる鉛直旋回流の時空間構造のLES解析 JWE : 日本風工学研究会誌,111,101-102 2007/04/30 日本語
畑村 真一;竹見 哲也;田村 哲郎 半島上の風況の微細構造に関する高解像度気象解析 JWE : 日本風工学研究会誌,111,141-142 2007/04/30 日本語
竹見哲也 メソ降水系の構造と強度に及ぼす静的安定度の影響 京都大学防災研究所年報,51,427-436 2007 日本語
竹見哲也 本だな「豪雨・豪雪の気象学」吉崎正憲・加藤輝之著  天気 No.8, Vol.54, pp.726 2007 日本語
日下博幸 竹見哲也 原政之 稻田愛 坂本晃平 第7回WRFユーザー会議(7th WRF User’s Workhop)報告  天気 No.3, Vol.53, pp.225-232 2007 日本語
野田暁 竹見哲也 若月泰孝 日下博幸 富田浩文 本田有機 永戸久喜 岩崎俊樹 第6回非静力学モデルに関するワークショップの報告 天気,52,5,369-372 2005/05/31 日本語
竹見哲也 田村哲郎 今泉一宣 奥田泰雄 LESとメソ気象モデルによる都市キャノピー内部の強風の解析 JWE : 日本風工学研究会誌,103,131-132 2005/04/30 日本語
蔵治光一郎 津田敏隆 山本哲 大楽浩司 南川敦宣 伊賀啓太 笠井康子 竹見哲也 千葉長 谷本浩志 金谷有剛 小田昌人 今村剛 一柳錦平 平井雅之 アジア-オセアニア地球科学会(AOGS)第1回大会・アジア太平洋水文水資源協会(APHW)第2回国際会議合同大会報告 天気,52,3,171-185 2005/03/31 日本語
竹見哲也 有光剛 玉井昌宏 大阪都市圏における風系の解析 電力土木 = Electric power civil engineering,316,18-24 2005/03/05 日本語
Takemi, T., R. Rotunno CORRIGENDUM Monthly Weather Review,133,339-341 2005 英語
竹見哲也,柴山健一 衛星による赤外スプリットウィンドウ計測を用いた熱帯海域における可降水量の導出法 海と空,79,2,21-27 2004/01/23 日本語
鈴木敏夫, 竹見哲也, 緒方輝久 対流圏下層における水蒸気量分布の移動速度と海上風の相関に関する研究 関西造船協会誌,234,303-308 2000/09/25 日本語
竹見哲也 The 5 May 1993 Dust Storm over the Northwestern China and the Environmental Condition of Its Development. 沙漠研究,7,2,87-96 1997/12 日本語
竹見哲也 1993年5月5日の中国北西部に発生したダストストームとその発生環境 沙漠研究,7,2,87-96 1997 日本語
TAKEMI Tetsuya Convection and precipitation under various stability and shear conditions: Squall lines in tropical versus midlatitude environment Atmospheric Research,142,111-123 2014 英語
TSUBOI Aya, TAKEMI Tetsuya The interannual relationship between MJO activity and tropical cyclone genesis in the Indian Ocean Geoscience Letters,1,9 2014 英語
Oku, Y., J. Yoshino, T. Takemi, and H. Ishikawa Assessment of heavy rainfall-induced disaster potential based on an ensemble simulation of Typhoon Talas (2011) with controlled track and intensity Natural Hazards and Earth System Sciences,14,2699-2709 2014 英語
TAKEMI Tetsuya Characteristics of summertime afternoon rainfall and its environmental conditions in and around the Nobi Plain SOLA,10,158-162 2014 英語
Ito, R., T. Satomura, and T. Takemi Comparison of temperature increases with urban surface cover for different geographical conditions in Japan Geographical Review of Japan Series B,87,65-73 2014 英語
Nakayama, H., T. Takemi, and H. Nagai Large-eddy simulation of plume dispersion under various thermally stratified boundary layers Advances in Science and Research,11,75-81 2014 英語
Mori, N., M. Kato, S. Kim, H. Mase, Y. Shibutani, T. Takemi, K. Tsuboki, T. Yasuda Local amplification of storm surge by Super Typhoon Haiyan in Leyte Gulf Geophysical Research Letters,41,5106-5113 2014 英語
Y. Miyamoto; T. Takemi A transition mechanism for the spontaneous axisymmetric intensification of tropical cyclones Journal of the Atmospheric Sciences,70,1,112-129 2013/01 英語
T. Takemi High-resolution meteorological simulations of local-scale wind fields over complex terrain: A case study for the eastern area of Fukushima in march 2011 Theoretical and Applied Mechanics Japan,61,3-10 2013 英語
H. Ishikawa; Y. Oku; S. Kim; T. Takemi; J. Yoshino Estimation of a possible maximum flood event in the Tone River basin, Japan caused by a tropical cyclone Hydrological Processes,27,23,3292-3300 2013 英語
T. Takemi; S. Nomura; Y. Oku; H. Ishikawa A regional-scale evaluation of changes in environmental stability for summertime afternoon precipitation under global warming from super-high-resolution GCM simulations: A study for the case in the kanto plain Journal of the Meteorological Society of Japan,90A,189-212 2012/02 英語
Arnold, D., D. Morton, L. Schicker, P. Seibert, M. W. Rotach, K. Horvath, J. Dudhia, T. Satomura, M. Müller, G. Zängl, T. Takemi, S. Serafin, J. Schmidli, S. Schneider Issues in high-resolution atmospheric modeling in complex topography - The HiRCoT workshop Croatian Meteorological Journal,47,3-11 2012 英語
T. Takemi Importance of the numerical representation of shallow and deep convection for simulations of dust transport over a desert region Advances in Meteorology,2012,413584 2012 英語
Tetsuya Takemi Projected regional-scale changes in atmospheric stability condition for the development of summertime convective precipitation in the Tokyo metropolitan area under global warming Hydrological Research Letters,6,17-22 2012 英語
H. Nakayama; T. Takemi; H. Nagai Large-eddy simulation of urban boundary-layer flows by generating turbulent inflows from mesoscale meteorological simulations Atmospheric Science Letters,13,3,180-186 2012 英語
H. Nakayama; T. Takemi; H. Nagai LES analysis of the aerodynamic surface properties for turbulent flows over building arrays with various geometries Journal of Applied Meteorology and Climatology,50,8,1692-1712 2011/08 英語
H.Y. Inoue; K. Kusunoki; W. Kato; H. Suzuki; T. Imai; T. Takemi; K. Bessho; M. Nakazato; S. Hoshino; W. Mashiko; S. Hayash; T. Fukuhara; T. Shibata; H. Yamauchi; O. Suzuki Finescale doppler radar observation of a tornado and low-level misocyclones within a winter storm in the Japan Sea coastal region Monthly Weather Review,139,2,351-369 2011/02 英語
Nomura, Syohei; Takemi, Tetsuya Environmental Stability for Afternoon Rain Events in the Kanto Plain in Summer SOLA,7,9-12 2011 英語
Y. Miyamoto; T. Takemi Effects of surface exchange coefficients for high wind speeds on intensity and structure of tropical cyclones: Numerical simulations for typhoon IOKE(2006) Theoretical and Applied Mechanics Japan,59,275-283 2011 英語
Y. Miyamoto; T. Takemi An effective radius of the sea surface enthalpy flux for the maintenance of a tropical cyclone Atmospheric Science Letters,11,4,278-282 2010/10 英語
T. Takemi Dependence of the precipitation intensity in mesoscale convective systems to temperature lapse rate Atmospheric Research,96,2-3,273-285 2010/05 英語
H. Ohno; T. Takemi Mechanisms for intensification and maintenance of numerically simulated dust devils Atmospheric Science Letters,11,1,27-32 2010/01 英語
H. Ohno; T. Takemi Numerical study for the effects of mean wind on the intensity and evolution of dust devils Scientific Online Letters on the Atmosphere,6A,5-8 2010 英語
T. Takemi; K. Kusunoki; K. Araki; T. Imai; K. Bessho; S. Hoshino; S. Hayashi Representation and localization of gusty winds induced by misocyclones with a high-resolution meteorological modeling Theoretical and Applied Mechanics Japan,58,121-130 2010 英語
Oku Yuichiro Takemi Tetsuya Ishikawa Hirohiko Kanada Sachie Nakano Masuo Representation of Extreme Weather during a Typhoon Landfall in Regional Meteorological Simulations: A Model Intercomparison Study for Typhoon Songda (2004) Hydrological Research Letters,4,1-5 2010 英語
T. Takemi High-resolution numerical simulations of surface wind variability by resolving small-scale terrain features Theoretical and Applied Mechanics Japan,57,421-428 2009 英語
Takemi Tetsuya A high-resolution simulation of convective-scale transport of dust aerosol and its representation in cloud-resolving simulations Advances in Geosciences ISBN-13 978-981-283-611-3, Vol.10, pp.161-175 2009 英語
T. Takemi An eddy-resolving simulation of the diurnal variation of fair-weather convection and tracer transport Atmospheric Research,89,3,270-282 2008/08 英語
T. Takemi Environmental stability control of the intensity of squall lines under low-level shear conditions Journal of Geophysical Research D: Atmospheres,112,D24 2007/12/28 英語
T. Takemi A sensitivity of squall-line intensity to environmental static stability under various shear and moisture conditions Atmospheric Research,84,4,374-389 2007/06 英語
T. Takemi Impacts of moisture profile on the evolution and organization of midlatitude squall lines under various shear conditions Atmospheric Research,82,1-2,37-54 2006/11 英語
M. Mikami; G.Y. Shi; I. Uno; S. Yabuki; Y. Iwasaka; M. Yasui; T. Aoki; T.Y. Tanaka; Y. Kurosaki; K. Masuda; A. Uchiyama; A. Matsuki; T. Sakai; T. Takemi; M. Nakawo; N. Seino; M. Ishizuka; S. Satake; K. Fujita; Y. Hara; K. Kai; S. Kanayama; M. Hayashi; M. Du; Y. Kanai; Y. Yamada; X.Y. Zhang; Z. Shen; H. Zhou; O. Abe; T. Nagai; Y. Tsutsumi; M. Chiba; J. Suzuki Aeolian dust experiment on climate impact: An overview of Japan-China joint project ADEC Global and Planetary Change,52,1-4,142-172 2006/07 英語
T. Takemi; M. Yasui; J. Zhou; L. Liu Role of boundary layer and cumulus convection on dust emission and transport over a midlatitude desert area Journal of Geophysical Research D: Atmospheres,111,11 2006 英語
T. Takemi Explicit simulations of convective-scale transport of mineral dust in severe convective weather Journal of the Meteorological Society of Japan,83A,187-203 2005/03 英語
Takemi, Tetsuya; Yasui, Motoaki; Zhou, Jixia; Liu, Lichao Modeling Study of Diurnally Varying Convective Boundary Layer and Dust Transport over Desert Regions SOLA,1,157-160 2005 英語
T. Takemi; N. Seino Duststorms and mesoscale cloud systems over the east asian deserts in spring Water, Air, and Soil Pollution: Focus,5,3-6,159-174 2005 英語
T. Takemi; N. Seino Dust storms and cyclone tracks over the arid regions in east Asia in spring Journal of Geophysical Research D: Atmospheres,110,18,1-11 2005 英語
T. Takemi; O. Hirayama; C. Liu Factors responsible for the vertical development of tropical oceanic cumulus convection Geophysical Research Letters,31,11,L11109 1-4 2004 英語
T. Takemi The importance of moisture profile with vertical wind shear in the dynamics of mid-latitude squall lines Bulletin of the American Meteorological Society,2683-2687 2004 英語
T. Takemi; R. Rotunno The effects of subgrid model mixing and numerical filtering in simulations of mesoscale cloud systems Monthly Weather Review,131,9,2085-2101 2003/09 英語
T. Takemi; T. Satomura Numerical experiments on the mechanisms for the development and maintenance of long-lived squall lines in dry environments Journal of the Atmospheric Sciences,57,11,1718-1740 2000/06/01 英語
Takemi, T. Diurnal variability of the fair weather boundary layer over the western equatorial Pacific. Umi To Sora, Vol. 76, pp. 15-20. 2000 英語
Takahashi, S., M. Nabekura, O. Tsukamoto, T. Iwata, T. Takemi, and H. Ishida Sea surface heat flux evaluation by on-board technique over tropical western Pacific Umi To Sora, Vol. 76, pp. 21-26. 2000 英語
T. Takemi Structure and evolution of a severe squall line over the arid region in Northwest China Monthly Weather Review,127,6,1301-1309 1999/06 英語
T. Takemi Evaporation of rain falling below a cloud base through a deep atmospheric boundary layer over an arid region Journal of the Meteorological Society of Japan,77,2,387-397 1999/04 英語
Y. Mitsuta; T. Hayashi; T. Takemi; Y. Hu; J. Wang; M. Chen Two severe local storms as observed in the arid area of northwest China Journal of the Meteorological Society of Japan,73,6,1269-1284 1995/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Vanderbauwhede, W., T. Takemi Twinned buffering: A simple and highly effective scheme for parallelization of Successive Over-Relaxation on GPUs and other accelerators High Performance Computing and Simulation (HPCS), 2015 International Conference on,436-443 2015 英語
Nakayama, H., T. Takemi, H. Nagai The numerical analysis of the capping inversion effect in a convective boundary layer flow on the contaminant gas dispersion Procedia Earth and Planetary Science,15,560-565 2015 英語
Kusagawa, T., T.Takemi Characteristics of summertime rainfall and its environment conditions in the Nobi Plain Conference on Mesoscale Convective Systems and High-Impact Weather in East Asia (ICMCS-IX), Chinese Academy of Meteorological Sciences, Beijing, China, 27-30 March 2013 2013 英語
Takemi Tetsuya Tamura Tetsuro Takei Yasuyuki Okuda Yasuo Microscale analysis of severe winds within the urban canopy during a period of explosive cyclogenesis by coupling large-eddy simulation and mesoscale meteorological models JWE : 日本風工学研究会誌,108,165-168 2006/07 英語
Takemi Tetsuya Arimitsu Tsuyoshi Tamai Masahiro Mesoscale circulation induced by the coupled effects of urban heat island and land-sea contrast and its response to land use change JWE : 日本風工学研究会誌,108,219-222 2006/07 英語
Yasui Motoaki, Li Lichao, Itabe Toshikazu, Takemi Tetsuya, Uchiyama Akihiro, Yamazaki Akihiro, Zhou Jixia, Mizutani Kohei Dust profiles of the atmospheric boundary layer observed by a laser ceilometer at Shapotou, China in 2004 Proc. of SPIE, Lidar Remote Sensing for Environmental Monitoring VII,6409 2006 英語
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
橋本佳貴,安永数明,竹見哲也 モデル解像度の違いによる富山県の熱的局地循環の表現性 風工学シンポジウム論文集,24,7-12 2016/12 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 日本の暖候期における停滞性降水システムの特徴 2013年度日本気象学会関西支部第2回例会講演予稿集 2013/12 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉田敏哉,竹見哲也 実在都市における中立大気境界層内の乱流組織構造 京都大学防災研究所年報,59,B,211-216 2016 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦,楠 昌司,水田 亮 地球温暖化予測における梅雨期の降水および大気場の変化 京都大学防災研究所年報,58,B,157-161 2015 日本語
鵜沼 昂,竹見哲也 湿潤な環境下で発生する停滞性降水系の理想化数値実験 京都大学防災研究所年報,58,B,167-174 2015 日本語
林 悠平,竹見哲也,宮本佳明 竜巻様渦の遷移に関する数値実験 京都大学防災研究所年報,58,B,175-195 2015 日本語
鵜沼 昂,竹見哲也 日本の暖候期における停滞性降水システムの特徴とその環境条件 京都大学防災研究所年報,57,B,196-210 2014 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦 革新プロ温暖化実験データによる梅雨期の降水の将来変化 京都大学防災研究所年報,57,B,211-215 2014 日本語
竹見哲也,土田真也 近畿地方における夏季の降水現象に関する統計解析 京都大学防災研究所年報,57,B,216-238 2014 日本語
小林健一郎;奥勇一郎;寳馨;石川裕彦;竹見哲也;中北英一 物理ダウンスケール法による極端台風を用いた淀川流域の洪水評価 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),55,ROMBUNNO.55B,2 2012/09 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Tetsuya Takemi, Kunio Yoneyama Environmental conditions for tropical cyclone genesis in the Indian Ocean and implications for the MC influences JpGU-AGU Joint Meeting 2017, Makuhari Messe, Chiba, Japan, 20-25 May 2017, AAS03-P11 2017/05 英語
Tetsuya Takemi, Takashi Unuma Characteristics and environmental properties of warm-season, quasi-stationary mesoscale convective systems in Japan JpGU-AGU Joint Meeting 2017, Makuhari Messe, Chiba, Japan, 20-25 May 2017, AAS08-13 2017/05 英語
竹見 哲也 積雲対流の発達と環境の安定度・水蒸気量との関係 第10回気象庁数値モデル研究会・第47回メソ気象研究会,東京都千代田区大手町 気象庁,2017年5月24日 2017/05 日本語
Alexandros-Panagiotis Poulidis,竹見哲也,井口正人 火山灰の大気輸送に及ぼす地形効果:桜島噴火の事例解析 日本気象学会2017年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2017年5月26日,D203 2017/05 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 日本の暖候期における停滞性降水システムの特徴 2013年度日本気象学会関西支部第2回例会,大阪市中央区大阪合同庁舎第4号館,2013年12月18日 2013/12/18 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦 革新プロ温暖化実験データによる梅雨期の降水について 日本気象学会2013年度秋季大会,仙台市青葉区仙台国際センター,2013年11月20日,B207 2013/11/20 日本語
竹見哲也,奥勇一郎,石川裕彦 台風の経路の違いによる風水害影響に関する数値実験 日本気象学会2013年度秋季大会,仙台市青葉区仙台国際センター,2013年11月19日,D173 2013/11/19 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦 新プロ温暖化実験データによる梅雨期の降水の将来変化 2013年度日本気象学会関西支部第1回例会,岡山市北区岡山大学教育学部,2013年11月9日 2013/11/09 日本語
竹見哲也 熱帯大気の水蒸気変動と積雲対流の発達との多重スケール相互作用 日本流体力学会年会2013,東京都小金井市東京農工大学小金井キャンパス,2013年9月12日.論文番号114 2013/09/12 日本語
竹見哲也,草川敬之 局地降水現象の環境条件の診断における現業気象データの有用性 日本地球惑星科学連合2013年大会,千葉市美浜区幕張メッセ国際会議場,2013年5月19日,ACG40-P01 2013/05/19 日本語
竹見哲也,中山浩成 気象場を考慮した都市大気流れの建物解像LESモデリング 日本気象学会2013年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2013年5月18日,B455 2013/05/18 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 集中豪雨をもたらす降水システムの時空間特性 日本気象学会2013年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2013年5月16日,P205 2013/05/16 日本語
竹見哲也 熱帯海上における積雲活動と環境場との相互作用 日本気象学会大会講演予稿集,103,192 2013/04/30 日本語
竹見哲也 熱帯低気圧の構造および強度に及ぼす乱流粘性の影響に関する数値実験 第26回数値流体力学シンポジウム,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2012年12月19日,A07-1 2012/12/19 日本語
草川敬之,竹見哲也 濃尾平野に降水をもたらす大気場の特性 日本気象学会2012年度秋季大会,北海道札幌市北区北海道大学,2012年10月5日,A308 2012/10/05 日本語
竹見哲也 CINDY2011での水蒸気変動と積雲活動との関連性に関する高分解能数値実験 日本気象学会2012年度秋季大会,北海道札幌市北区北海道大学,2012年10月3日,B160 2012/10/03 日本語
坪井彩,竹見哲也 インド洋の熱帯低気圧の発生に及ぼすMJOの影響の統計解析とCINDY2011期間中の特徴 日本気象学会2012年度秋季大会,北海道札幌市北区北海道大学,2012年10月3日,B164 2012/10/03 日本語
竹見哲也 熱帯低気圧の発達過程に及ぼす乱流粘性の影響について 日本気象学会2012年度秋季大会,北海道札幌市北区北海道大学,2012年10月3日,D168 2012/10/03 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 日本における降水の風向依存性 日本気象学会2012年度秋季大会,北海道札幌市北区北海道大学,2012年10月3日,P120 2012/10/03 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 高分解能気象計算による2012年5月6日につくば市付近で発生した竜巻の再現実験 日本流体力学会年会2012,高知県高知市高知大学,2012年9月16日 2012/09/16 日本語
草川敬之、竹見哲也 濃尾平野における夏期の降水特性 日本気象学会2012年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2012年5月28日,P354 2012/05/28 日本語
竹見哲也 地球温暖化時の夏期静穏時における東京での局地降雨発生時の静的安定度 日本気象学会2012年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2012年5月27日,A209 2012/05/27 日本語
坪井彩、竹見哲也 熱帯低気圧の発生数と発生ポテンシャルの年々変動 日本気象学会2012年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2012年5月27日,P205 2012/05/27 日本語
竹見哲也 東京における夏期対流性降雨の環境安定度の地球温暖化時将来変化 日本地球惑星科学連合2012年大会,千葉市美浜区幕張メッセ国際会議場,2012年5月21日,AAS24-P14 2012/05/21 日本語
宮本佳明;竹見哲也 熱帯低気圧の自己励起的発達過程のトリガー 日本気象学会大会講演予稿集,101,477 2012/04/30 日本語
竹見哲也 高分解能気象シミュレーションによる複雑地形上の局地規模風速場の解析:2011年3月福島県東部地域を対象とした事例研究 第61回理論応用力学講演会,東京都目黒区東京大学生産技術研究所,OS07-02 2012/03/09 日本語
竹見哲也 雑地形上における極端現象の100 mメッシュ高解像度気象シミュレーション 第25回数値流体力学シンポジウム,大阪府吹田市 大阪大学コンベンションセンター,B08-3 2011/12/20 日本語
竹見哲也 2011年3月の福島県東部地域における風速特性・拡散特性のモデル解析 日本気象学会2011年度秋季大会,名古屋市千種区名古屋大学東山キャンパス,2011年11月17日,A206. 2011/11/17 日本語
竹見哲也 熱帯低気圧の発達における乱流混合の役割に関する数値実験 第13回非静力学モデルに関するワークショップ講演予稿集,新潟県長岡市 長岡技術科学大学 2011/10 日本語
竹見哲也 野村昇平 気象庁メソ客観解析値を利用した局地豪雨の環境場の解析  日本気象学会関西支部年会講演予稿集 pp.17-20 2011 日本語
草川敬之 川村隆一 竹見哲也 中部山岳域における夏季静穏日の対流性降水の発生環境場に関する研究  日本気象学会関西支部年会講演予稿集 pp.5-8 2011 日本語
宮本佳明 竹見哲也 熱帯低気圧の自己励起的発達過程への遷移メカニズム  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 C304 2011 日本語
竹見哲也 中山浩成 永井晴康 気象モデルとLESモデルの融合による都市域での強風変動の乱流解析  日本地球惑星科学連合2011年大会 AAS022-01 2011 日本語
竹見哲也 野村昇平 客観解析値を利用した局地豪雨の発生環境場の解析  日本地球惑星科学連合2011年大会 2011 日本語
竹見哲也 野村昇平 奥勇一郎 石川裕彦 夏期局地降水の環境条件の将来変化  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 A102 2011 日本語
中山浩成 竹見哲也 永井晴康 乱流流入生成手法を用いたLESモデルと気象モデルによる都市域強風変動の融合解析  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 C203 2011 日本語
楠研一 新井健一郎 下瀬健一 猪上華子 益子渉 林修吾 別所康太郎 星野俊介 西橋政秀 保野聡裕 足立啓二 今井俊昭 荒木啓司 鈴木修 竹見哲也 庄内平野で観測された突風と気象じょう乱-渦および渦内部の地上風について-  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 A303 2011 日本語
楠研一 猪上華子 林修吾 星野俊介 新井健一郎 下瀬健一 益子渉 楠目雅子 西橋政秀 別所康太郎 保野聡裕 足立啓二 今井俊昭 荒木啓司 竹見哲也 渦列ともつ降水帯周辺の高頻度高層ゾンデ観測-2010年12月7日の事例-  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 A305 2011 日本語
新井健一郎 楠研一 鈴木修 猪上華子 下瀬健一 西橋政秀 益子渉 林修吾 別所康太郎 星野俊介 足立啓二 保野聡裕 加藤亘 今井俊昭 竹見哲也 庄内平野において小型ドップラーレーダーデータから自動検出された下層の渦の特徴  日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 A306 2011 日本語
竹見哲也 石川裕彦 東北地方太平洋沖地震後の福島県沿岸地域の局地循環に関する高解像度気象モデル計算  日本流体力学会年会2011拡張要旨集 2F14 2011 日本語
中山浩成 竹見哲也 永井晴康 各種形状を有する建物配列群での空力的粗度特性に関するLESと実在都市への適用  日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集 C453 2010 日本語
宮本佳明 竹見哲也 発達した熱帯低気圧の海面フラックス有効半径  日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集 C206 2010 日本語
竹見哲也 中山浩成 気象モデルとLESモデルの結合による都市域強風変動の融合解析:突風の予測に向けて  日本気象学会2010年度春季大会講演予稿集 C454 2010 日本語
竹見哲也 辰己賢一 石川裕彦 高分解能領域気象モデルによる気象擾乱に伴う風速の極値の解析  風工学シンポジウム論文集 Vol.21, pp.19-24 2010 日本語
楠研一,新井健一郎,下瀬健一,益子渉,別所康太郎,猪上華子,林修吾,星野俊介,西橋政秀,保野聡裕,足立啓二,今井俊昭,荒木啓司,鈴木修,中里真久,山内洋,竹見哲也 小型ドップラー気象レーダーを用いた突風探知システムの開発へ向けて-探知手法開発における問題点と今後の取り組み- 日本気象学会2010年度春季大会,東京都渋谷区,2010年5月26日,A405. 2010 日本語
楠研一,猪上華子,別所康太郎,星野俊介,林修吾,保野聡裕,今井俊昭,足立啓二,鈴木博人,加藤亘,竹見哲也,中里真久,益子渉,山内洋,福原隆彰,荒木啓司,柴田徹 庄内平野に直進性の突風をもたらした気象じょう乱 日本気象学会2010年度春季大会,東京都渋谷区,2010年5月26日,A406. 2010 日本語
竹見哲也 ダストの鉛直輸送に係る境界層の構造と発達高度 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月27日,A157. 2010 日本語
竹見哲也 様々な力学的・熱力学的環境場におけるスコールラインの発達強度 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月29日,C362. 2010 日本語
野村昇平,竹見哲也 関東平野南部において夏期の午後に発生する局地豪雨の発生環境場に関する研究 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月29日,C353 2010 日本語
楠研一,下瀬健一,新井健一郎,猪上華子,益子渉,林修吾,別所康太郎,星野俊介,西橋政秀,保野聡裕,足立啓二,今井俊昭,荒木啓司,鈴木修,中里真久,山内洋,竹見哲也 庄内平野で観測された突風と気象じょう乱-2009~2010年冬季- 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月28日,D212. 2010 日本語
新井健一郎,楠研一,鈴木修,猪上華子,林修吾,別所康太郎,星野俊介,足立啓二,保野聡裕,加藤亘,今井俊昭,荒木啓司,竹見哲也,下瀬健一,西橋政秀,中里真久,益子渉,山内洋 小型ドップラー気象レーダーを用いた突風探知システムのプロトタイプ開発-地上突風事例における渦パラメータ特性の把握- 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月28日,D215 2010 日本語
奥勇一郎,吉野純,石川裕彦,竹見哲也,中北英一 既往台風による可能最大風速・降水量の推定とその妥当性の検証 日本気象学会2010年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2010年10月28日,C212 2010 日本語
竹見哲也 熱帯の対流系と中緯度の対流系:構造・組織化・環 境場の影響 日本気象学会第34回メソ気象研究会,京都大学宇治おうばくプラザ,2010年10月26日 2010 日本語
奥, 勇一郎/吉野, 純/石川, 裕彦/竹見, 哲也/中北, 英一 P169 可能最大被害予測を目的とした渦位逆変換法による台風ボーガシング 大会講演予講集,96,401 2009 日本語
別所康太郎 楠研一 星野俊介 中里真久 荒木啓司 益子渉 山内洋 猪上華子 林修吾 今井俊昭 保野聡裕 足立啓二 加藤亘 竹見哲也 柴田徹 冬季日本海側における突風の大気環境について  日本気象学会2009年度秋季大会 B359, Vol.96 2009 日本語
楠研一 新井健一郎 猪上華子 益子渉 林修吾 山内洋 加藤亘 荒木啓司 別所康太郎 星野俊介 中里真久 今井俊昭 保野聡裕 竹見哲也 福原隆彰 2008年1月25日庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱(III)-上陸前後の竜巻渦の立体構造の変化-  日本気象学会2009年度秋季大会 B355, Vol.96 2009 日本語
新井健一郎 楠研一 林修吾 別所康太郎 星野俊介 猪上華子 保野聡裕 足立啓二 加藤亘 今井俊昭 荒木啓司 竹見哲也 中里真久 益子渉 山内洋 小型ドップラー気象レーダーを用いた突風探知システムのプロトタイプの開発  日本気象学会2009年度秋季大会 B356, Vol.96 2009 日本語
下瀬健一 楠研一 林修吾 別所康太郎 星野俊介 新井健一郎 猪上華子 保野聡裕 足立啓二 加藤亘 今井俊昭 荒木啓司 竹見哲也 鈴木修 中里真久 冬季に庄内平野で観測された突風と気象じょう乱について  日本気象学会2009年度秋季大会 B357, Vol.96 2009 日本語
竹見哲也 辰己賢一 石川裕彦 高分解能地形表現による局所的強雨のモデル解析:2008年7月28日兵庫県南部豪雨の事例  日本気象学会2009年度春季大会 B162, Vol.95, pp.100 2009 日本語
楠研一 猪上華子 益子渉 林修吾 山内洋 加藤亘 荒木啓司 別所康太郎 星野俊介 中里真久 今井俊昭 保野聡裕 竹見哲也 福原隆章 柴田徹 2007年12月5日庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱  日本気象学会2009年度春季大会 B201, Vol.95, pp.103 2009 日本語
別所康太郎 星野俊介 中里真久 楠研一 荒木啓司 益子渉 山内洋 猪上華子 林修吾 今井俊昭 保野聡裕 加藤亘 竹見哲也 柴田徹 突風環境下における高層ゾンデ連続観測-概要-  日本気象学会2009年度春季大会 B204, Vol.95, pp.106 2009 日本語
竹見哲也 荒木啓司 今井俊昭 柴田徹 楠研一 別所康太郎 中里真久 益子渉 林修吾 星野俊介 猪上華子 保野聡裕 メソ気象擾乱による強風変動のSGSモデルを用いた高解像度気象解析  日本気象学会2009年度秋季大会 D305, Vol.96, pp.305 2009 日本語
辰己賢一 竹見哲也 石川裕彦 WRFモデルによるリアルタイム高分解能局地予報の試み:2009年梅雨期における降雨予測の精度検証  日本気象学会2009年度秋季大会 D168, Vol.96, pp.284 2009 日本語
楠研一 今井俊昭 保野聡裕 鈴木博人 竹見哲也 別所康太郎 中里真久 益子渉 山内洋 林修吾 星野俊介 猪上華子 福原隆彰 荒木啓司 柴田徹 小型ドップラー気象レーダーによる鉄道安全運行のための突風探知システムの基礎的研究-最終年度を迎えて-  日本気象学会2009年度秋季大会 B354, Vol.96 2009 日本語
宮本佳明 竹見哲也 軸対称モデルを用いた熱帯低気圧の発達速度に対する海面交換係数の感度実験  日本気象学会2009年度秋季大会 C161, Vol.96, pp.198 2009 日本語
竹見哲也 スコールラインの強度に及ぼす浮力プロファイルの影響  日本気象学会2009年度春季大会 B302, Vol.95, pp.112 2009 日本語
宮本佳明 竹見哲也 非断熱加熱による熱帯低気圧の強化過程のエネルギー収支解析  日本流体力学会年会2009拡張要旨集 pp.27045 2009 日本語
竹見哲也 楠研一 荒木啓司 今井俊昭 別所康太郎 星野俊介 林修吾 日本海冬季沿岸地域における竜巻状渦の発生機構と突風の高解像度モデル解析  日本流体力学会年会2009拡張要旨集 pp.27044 2009 日本語
大野洋 竹見哲也 自然対流時に生じる下層の微細渦の強化・維持メカニズムの解析  日本気象学会2009年度春季大会 C203, Vol.95, pp.159 2009 日本語
内田孝紀;丸山敬;竹見哲也;大屋裕二;道下和明 複雑地形上の風車ハブ高さ風速に与える流入気流性状と標高データの影響 風工学シンポジウム論文集,20th,139-144 2008/12 日本語
宮本佳明 石川裕彦 竹見哲也 P221 強風下の海面粗度変化を考慮した抵抗式による台風の強度への影響 大会講演予講集,93 2008/04/30 日本語
楠研一 猪上華子 益子渉 林修吾 加藤亘 荒木啓司 別所康太郎 星野俊介 中里真久 今井俊明 鈴木博人 竹見哲也 福原隆彰 柴田徹 庄内平野で観測された冬季突風と気象じょう乱について-概要-  日本気象学会2008年度秋季大会 B164 2008 日本語
猪上華子 楠研一 加藤亘 鈴木博人 今井俊明 竹見哲也 別所康太郎 中里真久 益子渉 林修吾 星野俊介 福原隆彰 柴田徹 山内洋 鈴木修 庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱-2007年12月2日にXバンドドップラーレーダーで観測されたmisocycloneの特徴-  日本気象学会2008年度春季大会 B206 2008 日本語
楠研一 猪上華子 中里真久 加藤亘 鈴木博人 今井俊明 竹見哲也 別所康太郎 星野俊介 益子渉 林修吾 福原隆彰 柴田徹 庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱-事例解析080108(序報)-  日本気象学会2008年度春季大会 B205 2008 日本語
竹見哲也 猪上華子 楠研一 加藤亘 鈴木博人 今井俊昭 別所康太郎 中里真久 星野俊介 益子渉 林修吾 福原隆彰 柴田徹 メソ気象擾乱に伴う地上近傍の強風変動に関する高解像度気象モデル解析  風工学シンポジウム論文集 Vol.20, pp.25-30 2008 日本語
今井俊明 荒木啓司 福原隆彰 柴田徹 楠研一 別所康太郎 中里真久 星野俊介 益子渉 林修吾 猪上華子 鈴木博人 加藤亘 竹見哲也 高密度地上気象観測でとらえた庄内平野の風速変動の特性  日本気象学会2008年度秋季大会 P160 2008 日本語
竹見哲也 楠研一 今井俊明 鈴木博人 別所康太郎 中里真久 益子渉 林修吾 星野俊介 猪上華子 福原隆彰 柴田徹 加藤亘 冬季気象擾乱に伴う地上近傍での強風変動の高解像度モデル解析  日本気象学会2008年度秋季大会 B167 2008 日本語
楠研一 加藤亘 猪上華子 鈴木修 今井俊明 保野聡裕 竹見哲也 別所康太郎 中里真久 益子渉 林修吾 星野俊介 山内洋 荒木啓司 柴田徹 2008年8月14日庄内平野付近で観測されたマイソサイクロン  日本気象学会2008年度秋季大会 B165 2008 日本語
竹見哲也 メソ降水系内部の渦構造の形成過程と地上付近の強風について  第10回非静力学モデルに関するワークショップ講演予稿集 pp.15-16 2008 日本語
竹見哲也 微細地形の影響による風の変動性に関する高解像度数値シミュレーション  第57回理論応用力学講演会講演論文集 pp.257-258 2008 日本語
竹見哲也 メソ気象擾乱通過時の地上近傍の強風の構造・変動に関する高分解能気象シミュレーション  日本流体力学会年会2008拡張要旨集 pp.15031 2008 日本語
大野洋 竹見哲也 セル状対流とそれに伴う鉛直旋回流の構造への格子幅の影響  日本気象学会2008年度秋季大会講演予稿集 P155 2008 日本語
竹見哲也 高分解能標高データを用いた局所風の数値シミュレーション  日本気象学会2008年度春季大会 D305 2008 日本語
竹見哲也 畑村真一 田村哲郎 微細地形の影響を受ける風の局所性に関する超高解像度計算  日本気象学会2007年度春季大会講演予稿集 Vol.91, A305 2007 日本語
宮本佳明 石川裕彦 竹見哲也 発達した台風の構造に対する海面抵抗の影響  日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集 Vol.92, pp.230-230 2007 日本語
竹見哲也 超高解像度モデルによる局所的な風の解析と予測  日本気象学会関西支部例会講演要旨集 Vol.112, pp.94-97 2007 日本語
竹見哲也 益田精治 北陸地方における梅雨期の集中豪雨と環境の安定度  日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集 Vol.92, pp.214-214 2007 日本語
竹見哲也 晴天時の乾燥・湿潤対流および物質輸送の高解像度シミュレーション  第9回非静力学モデルに関するワークショップ講演予稿集 pp.55-56 2007 日本語
安井元昭 劉立超 板部敏和 竹見哲也 周紀侠 水谷耕平 中国内陸部砂漠上空境界層におけるダスト輸送-2004年6月のシーロメーター観測結果-  日本気象学会2007年度春季大会講演予稿集 Vol.91, C301 2007 日本語
竹見哲也 乾燥地における乾燥・湿潤対流とダスト輸送  日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集 Vol.92, pp.170-170 2007 日本語
竹見哲也 安定度の違いによる積乱雲の組織化や発達高度への影響 日本気象学会第28回メソ気象研究会,東京都千代田区気象庁,2007年5月12日 2007 日本語
畑村真一 竹見哲也 田村哲郎 尾上令時 P329 根室半島における風況の局地性・季節性に関する解析 大会講演予講集,89 2006/04/30 日本語
山田洋平 竹見哲也 田村哲郎 P150 台風T0422通過時に生じた強風の局所性・突発性のメソ気象モデルによる再現性について 大会講演予講集,89 2006/04/30 日本語
竹見哲也 有光剛 玉井昌宏 大阪平野における夏季の海陸風循環の時空間構造:上空風観測および数値シミュレーション  第52回風に関するシンポジウム講演予稿集 pp.30-33 2006 日本語
竹見哲也 湿潤大気における降水対流の組織化に及ぼす環境条件  日本流体力学会年会2006講演論文集 AM06-13-010 2006 日本語
畑村真一 竹見哲也 田村哲郎 根室半島における風況の局所性に関する高解像度シミュレーション  第20回数値流体シンポジウム講演論文集 F4-2 2006 日本語
太田健一 田村哲郎 竹見哲也 種々の大気安定境界層における物質拡散挙動のLES解析  第20回数値流体シンポジウム講演論文集 F4-3 2006 日本語
竹見哲也 有光剛 玉井昌宏 大阪平野における夏季晴天時の海風の時空間構造  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集 B303 2006 日本語
竹見哲也 石川裕彦 砂漠域における乾燥・湿潤対流とダスト輸送の高解像度数値シミュレーション  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集 B310 2006 日本語
益田精治 竹見哲也 田村哲郎 2004年7月新潟・福島豪雨時の降水セルの構造と組織化  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集 C105 2006 日本語
武井泰之 田村哲郎 竹見哲也 奥田泰雄 メソ気象モデルとLESの融合による都市域強風解析の精緻化  日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集 B307 2006 日本語
野澤剛二郎 竹見哲也 田村哲郎 大スケールラフネス上を発達する乱流境界層のLES  日本流体力学会年会2005講演論文集 AM05-02-005 2005 日本語
八色純男 竹見哲也 みらい「MR02-K06」航海データに基づく太平洋赤道海域における積雲対流活動の解析  第8回みらいシンポジウム講演予稿集 pp.74-75 2005 日本語
竹見哲也 安井元昭 周紀侠 劉立超 乾燥地における境界層対流によるダストの輸送過程  日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集 B206 2005 日本語
竹見哲也 異なる静的安定度の環境におけるメソ対流系の水蒸気プロファイルに対するインパクト  日本気象学会2005年度春季大会講演予稿集 C255 2005 日本語
竹見哲也 砂漠域における境界層対流とダスト輸送の格子解像度依存性  日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集 C163 2005 日本語
竹見哲也 有光剛 玉井昌宏 三尾谷雅俊 佐伯文葉 大阪都市圏における都市化が局地気候に及ぼす影響  日本気象学会2005年度秋季大会講演予稿集 D112 2005 日本語
竹見哲也 乾燥地におけるメソ対流系によるダスト輸送の雲解像シミュレーション  第6回非静力学モデルに関するワークショップ講演予稿集 pp.74-75 2004 日本語
Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa Future climate change projections of the Okinawa Baiu and large-scale feature using a 60-km-mesh global climate model AGU 2013 Fall Meeting, San Francisco, California, 9-13 December 2013, Abstract A31B-0053. 2013/12/11 英語
Tetsuya Takemi Multi-scale interaction between cumulus convection and its environment in the topical Indian Ocean during CINDY/DYNAMO as revealed by high-resolution numerical simulations AGU 2013 Fall Meeting, San Francisco, California, 9-13 December 2013, Abstract A21E-0099. 2013/12/10 英語
Tetsuya Takemi, Yuichiro Oku, Hirohiko Ishikawa Assessment of typhoon hazards from downscaling track-ensemble simulations International Conference on Regional Climate CORDEX2013, Charlemagne Building, European Commision, Brussels, Belgium, 4-7 November 2013. Po-P2-67 2013/11/06 英語
Tetsuya Takemi, Hiromasa Nakayama Downscaling simulations from mesoscales to district-scales by merging NWP and CFD models International Symposium on Earth-Science Challenges 2013, Obaku Plaza, Kyoto University, Uji, Kyoto, Japan, 3-5 October 2013. O41 2013/10/04 英語
Tetsuya Takemi, Yuichiro Oku, Hirohiko Ishikawa Assessment of meteorological hazards by typhoons from downscaling track-ensemble simulations International Workshop on Downscaling 2013, International Congress Center, Tsukuba, Ibaraki, Japan, 1-3 October 2013. S1-9 2013/10/01 英語
Wim Vanderbauwhede, Tetsuya Takemi An investigation into the feasibility and benefits of hardware acceleration of the Weather Research and Forecasting model The 2013 International Conference on High Performance Computing & Simulation, Helsinki, Finland, 1-5 July 2013 2013/07 英語
Tetsuya Takemi The interaction between cumulus convection and its environment in the tropical ocean from a turbulence mixing perspective Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Brisbane, Australia, 24-28 June 2013, AS06-D1-AM1-P8-003. #AS06-A005 2013/06/24 英語
Tetsuya Takemi Sensitivity of orographically induced precipitation to the track and intensity of typhoons for the assessment of meteorological hazards in complex terrain Conference on Mesoscale Convective Systems and High-Impact Weather in East Asia (ICMCS-iX), Chinese Academy of Meteorological Sciences, Beijing, China, 27-30 March 2013 2013/03/27 英語
Takayuki Kusagawa, Tetsuya Takemi Characteristics of summertime rainfall and its environment conditions in the Nobi Plain, Japan Conference on Mesoscale Convective Systems and High-Impact Weather in East Asia (ICMCS-IX), Chinese Academy of Meteorological Sciences, Beijing, China, 27-30 March 2013 2013/03/27 英語
Tetsuya Takemi The interaction between cumulus convection and its environment over the Indian Ocean during the CINDY2011/DYNAMO period as revealed by 100-m-mesh convection-resolving simulations MJO Field Data and Science Workshop, Hapuna Beach Resort, Kohala Coast, Hawaii, USA, 4-8 March 2013 2013/03/04 英語
Aya Tsuboi, Tetsuya Takemi, and Kunio Yoneyama Influence of MJO activity on the genesis and environment of tropical cyclones in the Indian Ocean: Climatological analysis and a case study for CINDY2011 MJO Field Data and Science Workshop, Hapuna Beach Resort, Kohala Coast, Hawaii, USA, 4-8 March 2013 2013/03/04 英語
W. Vanderbauwhede; T. Takemi An investigation into the feasibility and benefits of GPU/multicore acceleration of the weather research and forecasting model Proceedings of the 2013 International Conference on High Performance Computing and Simulation, HPCS 2013,482-489 2013 英語
Yoshiaki Miyamoto, Tetsuya Takemi A transition mechanism for the spontaneous axisymmetric intensification of tropical cyclones AGU 2012 Fall Meeting, San Francisco, California, 3-7 December 2012, Abstract OS31F-1799 2012/12/05 英語
Tetsuya Takemi, Takayuki Kusagawa, Syohei Nomura Environmental condition and morphology of local-scale afternoon rainfall in summer as revealed by operational meteorological data International Symposium on Heavy Rainfall over East Asia: Observation and modeling at Cloud-resolving Scales, Seogwipo KAL Hotel, Jeju, Korea, 6-7 September 2012, Jointly organized by AERI/SNU and KIAPS 2012/09/06 英語
Tetsuya Takemi Sensitivity of Heavy Precipitation Over Complex Topography to Parameterizations of Boundary-Layer Mixing and Cloud Microphysics in Cloud-Resolving Simulations AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly 2012, Resort World Convention Center, Singapore, 13-17 August 2012, AS32-A017 2012/08/15 英語
Tetsuya Takemi Effects of Moisture Variability on the Development and Evolution of Cumulus Convection Over the Tropical Indian Ocean AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly 2012, Resort World Convention Center, Singapore, 13-17 August 2012, AS19-A017 2012/08/14 英語
Aya Tsuboi, Tetsuya Takemi The Relationships Between MJO Activity and Tropical Cyclone Genesis Over the Indian and the Pacific Ocean : Climatological Analysis and a Case Study for CINDY2011 AOGS-AGU(WPGM) Joint Assembly 2012, Resort World Convention Center, Singapore, 13-17 August 2012, AS19-A028 2012/08/14 英語
Tetsuya Takemi Convection and precipitation under various stability and shear conditions: numerical experiments for mesoscale convective systems The 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, 30 July-3 August 2012, Paper# 7.1.6 2012/07/31 英語
Takashi Unuma, Fumie Murata, Tetsuya Takemi The Role of Topography and Cold pool - Shear Interaction in Quasi-stationary Line-shaped Rainfall Systems over Shikoku Island Japan The 16th International Conference on Clouds and Precipitation, Leipzig, Germany, 30 July-3 August 2012, Paper# P7.7 2012/07/31 英語
Tetsuya Takemi, Syohei Nomura, Yuichiro Oku, and Hirohiko Ishiakwa A regional-scale evaluation on environmental stability conditions for convective rain under climate change from super-high-resolution GCM simulations AGU 2011 Fall Meeting, San Francisco, California, 5-9 December 2011, Abstract PA13A-1746 2011/12/05 英語
Tetsuya Takemi High-resolution meteorological modeling of wind extremes associated with weather disturbances The 6th Korea-Japan Joint Workshop on Wind Engineering, Kyoto University Obaku Plaza, Uji, Kyoto, Japan, 31 October 2011 2011/10/31 英語
Tetsuya Takemi, and Hiromasa Nakayama Large-eddy simulations of turbulent boundary-layer flow over urban areas with complex roughness elements by coupling mesoscale meteorological and CFD models The Fifth Korea-Japan-China Joint Conference on Meteorology, Busan, Korea, 24-26 October 2011 2011/10 英語
Tetsuya Takemi Environmental stability control of convective precipitation: Implications for convection under global warming International Conference on MCSs and High-Impact Weather in East Asia (ICMCS-VIII), Nagoya University, Nagoya, Japan, 7-9 March 2011 pp.212-215 2011 英語
Hiromasa Nakayama, Tetsuya Takemi, and Haruyasu Nagai Coupling of WRF and building-resolving urban CFD models for analysis of strong winds over an urban area 14th Conf. on Mesoscale Processes, Los Angeles, California, 1-4 August 2011, American Meteorological Society 1.6 2011 英語
Takemi Tetsuya Nakayama Hiromasa An approach for quantitative forecasting of turbulent flow over an urban area by coupling numerical weather prediction and large-eddy simulation models AGU 2010 Fall Meeting, San Francisco, California, 13-17 December 2010 A41F-0161 2010 英語
K. Shimose, S. Hayashi, W. Mashiko, K. Kusunoki, K. Bessho, S. Hoshino, Araki K., Inoue H. Y., Nakazato M., Hono Y., Imai T., Adachi K., Yamauchi H., Tetsuya Takemi Numerical simulation of low-level misocyclones associated with winter convective cells: a case study from the Shonai area railroad weather project 25th Conf. on Severe Local Storms, Denver, Colorado, 11-14 October 2010, American Meteorological Society P10.15 2010 英語
Takemi Tetsuya High-resolution modeling study for the vertical transport of dust aerosols due to microscale boundary-layer processes International Symposium on Asian Dust/Aerosol and Its Impact on the Global Climate Change. Fudan University, Shaghai, China, 8-11 August 2010 pp.22-23 2010 英語
Takemi Tetsuya Nakayama Hiromasa High-resolution numerical analysis of turbulent flow in an urban area by merging numerical weather prediction model and large-eddy simulation model First International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Kyoto University, Kyoto, Japan, 29 September-1 October 2010 pp.13-14 2010 英語
Tetsuya Takemi Representation of extreme weather events in convection-resolving simulations at 100-m resolution The Third International Workshop on Prevention and Mitigation of Meteorological Disasters in Southeast Asia, Beppu, Japan, 1-4 March 2010 pp.38-40 2010 英語
Takemi Tetsuya Inoue H Kusunoki K Kato W Araki K Bessho K Nakazato M Hoshino S Mashiko W Hayashi S Hono Y Imai T Shibata T Microscale vortices in convective bands over warm ocean in winter Fourth Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, Tsukuba, Japan, 8-10 November 2009 S7-04, pp.185 2009 英語
Ohno Hiroshi Takemi Tetsuya The merger of multiple vortices in dust devil generation Fourth Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, Tsukuba, Japan, 8-10 November 2009 S7-03, pp.184 2009 英語
Yoshida Ryuji Oku Yuichiro Takemi Tetsuya Ishikawa Hirohiko Satellite and modeling analysis of elliptical eye of devastating cyclone Nargis Fourth Japan-China-Korea Joint Conference on Meteorology, Tsukuba, Japan, 8-10 November 2009 S5-28, pp.151 2009 英語
Takemi Tetsuya High-resolution weather modeling in urban area International Symposium on Radar and Modeling Studies of the Atmosphere, Kyoto University Uji Campus, Kyoto, Japan, 10-13 November 2009 pp.37 2009 英語
Nakayama Hiromasa Takemi Tetsuya Nagai Haruyasu LES analysis of turbulent boundary-layer flow over urban-like building arrays with various spatial arrangement and height distribution AMS 89th Annual Meeting Symposium on Urban High Impact Weather, Phoenix, Arizona, 11-15 January 2009, American Meteorological Society J11.4 2009 英語
Takemi Tetsuya High-resolution modeling analysis of hazardous winds associated with mesoscale disturbances for the safety of railway transportation system in a coastal area AMS 89th Annual Meeting Symposium on Urban High Impact Weather, Phoenix, Arizona, 11-15 January 2009, American Meteorological Society P1.1 2009 英語
Tetsuya Takemi High-resolution modeling study of an extreme rainfall event in a complex terrain under the influence of Typhoon Fung-Wong (2008) The Second International Workshop on Prevention and Mitigation of Meteorological Disasters in Southeast Asia, Bandung, Indonesia, 2-5 March 2009 pp.25-26 2009 英語
Tetsuya Takemi, Kenichi Tatsumi, Hirohiko Ishikawa A high-resolution numerical analysis of the effects of complex topography to disastrous rainstorm development over an urban area: A case study of the 28 July 2008 severe local rain events in the Kinki Region The 7th International Conference on Urban Climate, Yokohama, Japan, 29 June-3 July 2009 B7-2 2009 英語
Nakayama Hiromasa Takemi Tetsuya Nagai Haruyasu LES analysis of plume dispersion through urban-like building arrays The 7th International Conference on Urban Climate, Yokohama, Japan, 29 June-3 July 2009 A14-7 2009 英語
Takemi Tetsuya Inoue Hanako Kusunoki Kenichi Bessho Kotaro The development and intensification of multiple misocyclones in shallow cumulus convection over the warm ocean during winter cold outbreak 13th Conf. on Mesoscale Processes, Salt Lake City, Utah, 17-20 August 2009, American Meteorological Society pp.16.3 2009 英語
T. Imai; K. Kusunoki; Y. Hono; T. Takemi; K. Araki; T. Fukuhara; K. Bessho; S. Hoshino; T. Shibata Spatial correlation and temporal fluctuations of wind velocities observed on a plain field 7th Asia-Pacific Conference on Wind Engineering, APCWE-VII 2009 英語
Kusunoki Kenichi Imai T. Suzuki H. Takemi Tetsuya Bessho K. Nakazato M. Mashiko W. Hayashi S. Inoue H. Fukuhara T. Shibata T. Kato W. The Shonai area railroad weather project: scientific objectives and experimental design The 13th Conference on Aviation, Range and Aerospace Meteorology P2.16 2008 英語
Takemi Tetsuya Environmental stability control of the precipitation structure and intensity within mesoscale convective systems The First International Workshop on Prevention and Mitigation of Meteorological Disasters in Southeast Asia, Kyoto, Japan, 3-5 March 2008 Vol.2008, pp.74-75 2008 英語
Takemi Tetsuya Environmental stability control of the precipitation structure and intensity in convective systems 15th International Conference on Clouds and Precipitation, Cancun, Mexico, 7-11 July 2008 7.2 2008 英語
Miyamoto Yoshiaki Takemi Tetsuya Effects of surface exchange coefficients for high wind speeds on typhoon structure Proc of The 28th Conference on Hurricanes and Tropical Meteorology, , Orlando, Florida, 28 April-2 May 2008, American Meteorological Society P2F.7 2008 英語
Takemi Tetsuya Hatamura Shinichi Microscale analysis of surface wind variability by resolving small-scale terrain features in high-resolution simulations AGU 2007 Fall Meeting A41E-07 2007 英語
Miyamoto Yoshiaki Ishikawa Hirohiko Takemi Tetsuya Modeling the air-sea-wave interaction under typhoon conditions: model development and a preliminary result for Typhoon IOKE (2006) 8th Annual WRF User’s Workshop P3.11 2007 英語
Tetsuya Takemi A high-resolution simulation of shallow and deep convection and its role on dust aerosol transport over a desert area Proceedings of Asia Oceania Geosciences Society 4th Annual Meeting AS11, A0022 2007 英語
T. Tamura; J. Nagayama; K. Ohta; T. Takemi; Y. Okuda Les estimation of environmental degradation at the urban heat island due to densely-arrayed tall buildings 17th Symposium on Boundary Layers and Turbulence, 27th Conference on Agricultural and Forest Meteorology, 17th Conference on Biometeorology and Aerobiology 2006 英語
M. Yasui; L. Liu; T. Itabe; T. Takemi; A. Uchiyama; A. Yamazaki; J. Zhou; K. Mizutani Dust profiles of the atmospheric boundary layer observed by a laser Ceilometer at Shapatou, China in 2004 Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,6409 2006 英語
Tetsuya Takemi A sensitivity of squall-line structure and intensity to environmental stability and shear Proc. of The 7th Annual WRF User’s Workshop 2.5 2006 英語
Takemi Tetsuya High-resolution mesoscale simulations on the role of shallow and deep convection on dust emission and transport in a desert area Proc. of The 12th Conference on Cloud Physics P1.65 2006 英語
Takemi Tetsuya Tamura Tetsuro Takei Yasuyuki Okuda Yasuo Mesoscale and microscale analysis of cyclone-induced high winds in the urban canopy by merging large-eddy simulation and mesoscale models Proc. of The 4th U.S.-Japan Workshop on Wind Engineering pp.127-132 2006 英語
Takemi Tetsuya Toward an eddy-resolving simulation of moist convection Proc. of The International Workshop on High-Resolution & Cloud Modeling: Fusion of Satellite Observations & High-Resolution Modeling pp.15 2006 英語
Takemi Tetsuya A high-resolution mesoscale simulation of boundary-layer and cumulus convection and dust transport over a desert area AGU 2006 Fall Meeting A32C-03 2006 英語
Takemi Tetsuya Yasui Motoaki Zhou Jixia Liu Lichao The role of boundary-layer convection on the vertical transport of sand dust over arid regions Proc of IAMAS2005 A114-A115 2005 英語
Takemi Tetsuya Yasui Motoaki The role of boundary-layer and cumulus convection on dust emission, mixing, and transport over desert regions AGU Fall Meeting 2005, Eos Trans. AGU No.52, Vol.86, P22B-06 2005 英語
Takemi Tetsuya Yasui Motoaki Zhou Jixia Liu Lichao Itabe Toshikazu Mizutani Kohei Aoki Tetsuo The role of convection on the vertical transport of mineral dust over arid regions Proc. of The 4th Workshop on Aeolian Dust Experiment on Climate Impact pp.341-344 2005 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
TAKEMI Tetsuya Assessing the impacts of extreme typhoons by downscaling meteorological simulations 2017 APEC Typhoon Symposium -The Challenges and Opportunities for typhoon and flood forecasting, GIS NTU Convention Center, Taipei, Taiwan, 2-4 May 2017 2017/05 英語
Tetsuya Takemi Environmental stability control of the organization of atmospheric moist convection 2nd International Workshop on Cloud Turbulence, Nagoya Institute of Technology, Nagoya, Japan, 8-10 March 2017 2017/03 英語
Tetsuya Takemi, Takashi Unuma Use of operational data to reveal the morphology and environmental properties of warm-season mesoscale convective systems in Japan 28th Conference on Weather Analysis and Forecasting / 24th Conference on Numerical Weather Prediction, 97th AMS Annual Meeting, Seattle, Washington, 22-26 January 2017 2017/01 英語
TAKEMI Tetsuya Regional climate modeling of the changes in environmental stability and heavy rainfall under global warming 29th Conference on Climate Variability and Change, 97th AMS Annual Meeting, Seattle, Washington, 22-26 January 2017 2017/01 英語
Toshiya Yoshida, Tetsuya Takemi Influences of complex roughness over an actual urban area on turbulent flows as revealed by large-eddy simulations 13th Symposium of the Urban Environment, 97th AMS Annual Meeting, Seattle, Washington, USA, 22-26 January 2017 2017/01 英語
Kanada, S., T. Takemi, M. Kato, S. Yamasaki, H. Fudeyasu, K. Tsuboki, I. Takayabu A multi-model inter-comparison of a Category-5 typhoon in future, warmer climate by four 5-km mesh models AGU 2016 Fall Meeting, San Francisco, California, 12-16 December 2016,A11O-06 2016/12 英語
Hiromasa Nakayama, and Tetsuya Takemi Large-eddy simulation of a diurnal cycle of atmospheric turbulent boundary layer flows over an urban area by coupling with a meso-scale meteorological simulation model The 4th International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, The Prince Hakone Lake Ashinoko, Hakone, Japan, 30 November-2 December 2016 2016/11 英語
Hiromasa Nakayama, Tetsuya Takemi, Haruyasu Nagai Large-eddy simulation of plume dispersion during the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident by coupling with a meso-scale meteorological simulation model 35th International Technical Meeting on Air Pollution Modelling and Its Application, Minoa Palace Resort & Spa, Chania, Crete, Greece, 3-7 October 2016 2016/10 英語
TAKEMI Tetsuya Use of operational meteorological data to diagnose the environmental conditions and morphology of mesoscale convective systems The 2nd International Workshop on Extreme Weather in Changing Climate in the Maritime Continent, Hanoi University of Science, Hanoi, Vietnam, 24-25 August 2016 2016/08 英語
TAKEMI Tetsuya LES analysis on the relationship between roughness parameters and turbulent flow over actual urban area The 2nd International Workshop on Extreme Weather in Changing Climate in the Maritime Continent, Hanoi University of Science, Hanoi, Vietnam, 24-25 August 2016 2016/08 英語
TAKEMI Tetsuya Effects of microphysical processes on the aggregation of convective clouds and the evolution to a tropical cyclone The 17th International Conference on Clouds and Precipitation, Renold Building, The University of Manchester, Manchester, The United Kingdom, 25-29 July 2016,S9.5 2016/07 英語
TAKEMI Tetsuya Climatological study on the morphology and environmental properties of quasi-stationary convective clusters during the warm season in Japan The 17th International Conference on Clouds and Precipitation, Renold Building, The University of Manchester, Manchester, The United Kingdom, 25-29 July 2016,P3.6 2016/07 英語
Tetsuya Takemi, Rui Ito, Osamu Arakawa Assessment of natural hazards due to a category-5 extreme typhoon under global warming by dynamical downscaling experiments The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016), Kyoto TERUSA, Kyoto, Japan, 5-9 June 2016,S01-01 2016/06 英語
Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa, Shoji Kusunoki, Ryo Mizuta Future changes in the summer mean precipitation variation and extreme precipitation frequency under global warming The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016), Kyoto TERUSA, Kyoto, Japan, 5-9 June 2016,S01-02 2016/06 英語
Alexandros-Panagiotis Poulidis, Tetsuya Takemi, Masato Iguchi Source parameter sensitivity in volcanic ash transport models: A case study of the Sakurajima Volcano, Japan using the WRF Model The 26th Goldschmidt Conference, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, 26 June-1 July 2016 2016/06 英語
Takashi Unuma, Tetsuya Takemi Statistical analyses on the morphology and environmental properties of warm-season quasi-stationary convective clusters in Japan International Conference on Mesoscale Convective System and High-Impact Weather (ICMCS-XI), BEXCO, Busan, Korea, 25-28 April 2016,53 2016/04 英語
Tetsuya Takemi Regional-scale downscaling of typhoon hazards under changing climate The 4th KU-NTU Student Exchange Program and Workshop on Severe Weather and Climate Research, Department of Atmospheric Sciences, National Taiwan University, Taipei, 16-19 March 2016. 2016/03 英語
TAKEMI Tetsuya Projected changes in meteorological hazards under global warming The 4th DPRI-NCDR Workshop, National Science and Technology Center for Disaster Reduction, Taipei, Taiwan, 21-22 January 2016. 2016/01 英語
Tetsuya Takemi, Yasuko Okada, Takashi Unuma Characteristics, environmental properties, and future changes of warm-season convective precipitation in Japan The 8th Japan-Taiwan Joint Seminar on Natural Hazard Mitigation in 2015, Uji, Kyoto, Japan, 7-8 December 2015 2015/12 英語
TAKEMI Tetsuya Evolution and Intensification of Cyclone Pam (2015) from Active Convective Populations within a Madden-Julian Oscillation Event in March 2015 AGU 2015 Fall Meeting, San Francisco, California, 14-18 December 2015, Abstract A22E-02 2015/12 英語
Junichi Ninomiya, Tetsuya Takemi, Nobuhito Mori, Yoko Shibutani, Sooyoul Kim Dynamical downscaling of Typhoon Vera (1959) and related storm surge based on JRA-55 reanalysis AGU 2015 Fall Meeting, San Francisco, California, 14-18 December 2015, Abstract NH51C-1906 2015/12 英語
Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa Future changes in atmospheric condition for the baiu under RCP scenarios AGU 2015 Fall Meeting, San Francisco, California, 14-18 December 2015, Abstract A13A-0303 2015/12 英語
Rui Ito, Tetsuya Takemi Sensitivity of severe storm over a complex terrain to model resolution for Typhoon Songda in 2004 AGU 2015 Fall Meeting, San Francisco, California, 14-18 December 2015, Abstract A41G-0140 2015/12 英語
TAKEMI Tetsuya The assessment of typhoon hazards at regional-scales in the Pacific regions with downscaling numerical experiments The Fourth apacity Building Workshop of the WMO/IOC Data Buoy Cooperation Panel (DBCP) for the North Pacific Ocean and Its Marginal Seas (NPOMS-4) - Application of Regional Ocean Observations for Increasing Society’s Understanding and Forecasting of Typho 2015/11 英語
Toshiya Yoshida, Tetsuya Takemi Large-eddy simulation of turbulent flow structure over urban area The 13th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality (ASAAQ13). Kobe International Conference Center, Kobe, Japan, 11-13 November 2015 2015/11 英語
Tetsuya Takemi, Toshiya Yoshida, Wim Vanderbauwhede Bridging the gap between the atmospheric scales: Atmospheric modeling by coupling NWP and CDF models NII Shonan Meeting Seminar 075 “Putting Heterogeneous High-Performance Computing at the Fingertips of Domain Experts”, Shonan Village Center, Hayama, Kanagawa, Japan, 17-20 November 2015 2015/11 英語
Tetsuya Takemi, Rui Ito, Osamu Arakawa Assessment of typhoon hazards under global warming: Case studies on severe typhoons with downscaling experiments International Workshop on Issues in Downscaling of Climate Change Projection. International Congress Center EPOCHAL Tsukuba, Tsukuba, Ibaraki, Japan, 5-7 October 2015, 4_7 2015/10 英語
Tetsuya Takemi, Hiromasa Nakayama Numerical simulations of turbulent flow and dispersion over urban and complex terrain by coupling WRF and LES models Meteorology And Climate Modeling for Air Quality (MAC-MAQ), Sacramento, California, The United States of America, 16-19 September 2015 2015/09 英語
2Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa, Shoji Kusunoki, Ryo Mizuta Future changes of the baiu and mean atmospheric fields by a global warming 12th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Singapore, 2-7 August 2015, AS01-D3-AM1-330-001 2015/08 英語
Kosuke Nakagawa, Junko Morimoto, Yasuto Furukawa, Yoshio Mishima, Kenta Ogawa, Tetsuya Takemi, Kohei Takano, Masahiro Aiba, Michio Oguro Developing windthrow risk model for plantation management strategy under climate change The 9th International Association of Landscape Ecology World Congress, Hilton Portland & Executive Tower, Portland, Oregon, 5-10 July 2015,P04-12 2015/07 英語
Rui Ito, Takehiko Satomura, Tetsuya Takemi Idealized experiments on the development of urban warming under various geographical conditions using a meso-scale meteorological model The 9th International Conference on Urban Climate, Centre de Congrès Pierre Baudis, Toulouse, France, 20-24 July 2015, POSTER 10: UCP 2015/07 英語
Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa Future changes in precipitation and atmospheric fields during the baiu season under RCP scenarios 26th IUGG General Assembly 2015, Prague Congress Centre, Prague, Czeck Republic, 22 June-2 July 2015,M10p-222 2015/06 英語
TAKEMI Tetsuya Relationship between cumulus activity and environmental moisture during the CINDY2011/DYNAMO field experiment as revealed from convection-resolving simulations 26th IUGG General Assembly 2015, Prague Congress Centre, Prague, Czeck Republic, 22 June-2 July 2015,IUGG-4901 2015/06 英語
Tetsuya Takemi Numerical experiments on dust devils, atmospheric vortices, and dust transport on Earth Japanese-French Model Studies of Planetary Atmospheres, Center for Planetary Sciences, Kobe University, Kobe, 11-15 May 2015 2015/05 英語
TAKEMI Tetsuya Characteristics and environmental properties of the intensification and evolution of Typhoon Haiyan (2013) AGU 2014 Fall Meeting, San Francisco, California, 15-19 December 2014,A13R-03 2014/12 英語
Yasuko Okada, Tetsuya Takemi, Hirohiko Ishikawa Future changes in precipitation of the baiu season under RCP scenarios AGU 2014 Fall Meeting, San Francisco, California, 15-19 December 2014,A41D-3069 2014/12 英語
Rui Ito, Takehiko Satomura, Tetsuya Takemi Numerical experiments on the formation of urban climate under various geographical conditions AGU 2014 Fall Meeting, San Francisco, California, 15-19 December 2014,B13I-0312 2014/12 英語
TAKEMI Tetsuya Regional-scale simulations of high-impact tropical cyclones for the assessment of meteorological hazards from a worst-case scenario 13th International Regional Spectral Model Workshop, JAMSTEC, Yokohama, Japan, 25-29 November 2014,36 2014/11 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
竹見哲也,伊東瑠衣,荒川理 伊勢湾台風の強さは地球温暖化時にどのように変わるのか? 日本気象学会2016年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2016年5月20日,C303 2016/05 日本語
山崎聖太,筆保弘徳,加藤雅也,竹見哲也,清原康友 台風アンサンブルシミュレーションを用いた新たな台風防災情報 日本気象学会2016年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2016年5月19日,C205 2016/05 日本語
金田幸恵,竹見哲也,山崎聖太,筆保弘徳,加藤雅也,坪木和久 21世紀末を想定した擬似温暖化実験による伊勢湾台風の将来最大強度推定 日本気象学会2016年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2016年5月20日,C302 2016/05 日本語
伊東瑠衣,竹見哲也,荒川理 高緯度地域まで北上する台風がもたらす強風ハザードへの温暖化の影響 日本気象学会2016年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2016年5月20日,C304 2016/05 日本語
吉田敏哉,竹見哲也 実在都市における境界層乱流の時空間構造の解析 日本気象学会2016年度春季大会,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター,2016年5月21日,D457 2016/05 日本語
佐々木ありな,竹見哲也,古田泰子,宮島亜希子 冬季、山形県庄内平野における強風の解析 第17回非静力学モデルに関するワークショップ,沖縄県那覇市那覇第一地方合同庁舎,2015年12月1~2日 2015/12 日本語
竹見哲也,中山浩成 現実気象条件での複雑地表面上の大気乱流・拡散LES解析 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月28日,A106 2015/10 日本語
竹見 哲也 2015年3月に南太平洋・バヌアツを襲ったサイクロン・パムの再現実験 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月30日,A303 2015/10 日本語
伊東瑠衣,里村雄彦,竹見哲也 盆地都市でみられる気温の急低下と停滞の様相 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月28日,A107 2015/10 日本語
伊東瑠衣,竹見哲也 2004年18号台風による強風の再現に対するモデル解像度の影響 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月29日,D211 2015/10 日本語
松本幸大,折池雄太,鈴木久紀,竹見哲也,中北英一 台風時の降雨量推定手法に関する手法 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月29日,A215 2015/10 日本語
吉田敏哉,竹見哲也 京都市街地における大気境界層乱流の組織構造についてのLES解析 日本気象学会2015年度秋季大会,京都市南区京都テルサ,2015年10月30日,P308 2015/10 日本語
佐々木ありな,竹見哲也,古田泰子,宮島亜希子 庄内平野における風速変動の空間分布特性 日本気象学会2015年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2015年5月21日,P123 2015/05 日本語
伊東瑠衣,里村雄彦,竹見哲也 都市における気候形成の地理特性への依存性 日本気象学会2015年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2015年5月22日,D205 2015/05 日本語
林悠平,竹見哲也 非静力学圧縮性気象モデルによる竜巻様渦に関する数値実験 日本気象学会2015年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2015年5月23日,C311 2015/05 日本語
井岡佑介,竹見哲也 高解像度レーダーデータおよび数値実験による局地豪雨の発生機構に関する研究 日本気象学会2015年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2015年5月24日,B454 2015/05 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦,楠昌司,水田亮 温暖化に伴う梅雨後期の平均場の特徴 日本気象学会2015年度春季大会,茨城県つくば市つくば国際会議場,2015年5月24日,C458 2015/05 日本語
井岡佑介,竹見哲也 高解像度レーダーデータおよび数値実験による局地豪雨の発生機構に関する研究 2014年度日本気象学会関西支部第1回例会,大阪市中央区大阪合同庁舎第4号館,2014年12月17日 2014/12 日本語
林 悠平,竹見哲也 竜巻様渦の遷移に関する数値実験 2014年度日本気象学会関西支部第1回例会,大阪市中央区大阪合同庁舎第4号館,2014年12月17日 2014/12 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
竹見 哲也 気象モデルとLESモデルを用いた局所スケールの大気乱流・拡散モデリング 大気環境学会近畿支部気象拡散部会講演会,大阪市浪速区 大阪府立大学I-siteなんば,2017年5月16日 2017/05 日本語
TAKEMI Tetsuya Environmental stability control of the intensity of mesoscale convective systems: Diagnosis, numerical modeling, and implications for future climate conditions The 5th KU-NTU Atmospheric Science Students/Young Scientists Exchange Program in 2016, Kyoto University, Faculty of Science, Kyoto, Japan, 11-14 November 2016 2016/11 英語
Haotian Dong, Tetsuya Takemi WRF study of wind characteristics in high latitude terrain The 5th KU-NTU Atmospheric Science Students/Young Scientists Exchange Program in 2016, Kyoto University, Faculty of Science, Kyoto, Japan, 11-14 November 2016,G2-3 2016/11 英語
TAKEMI Tetsuya Convective organization and environmental control The 2nd South-East Asia School on Tropical Atmospheric Science (SEASTAS), Hanoi University of Science, Hanoi, Vietnam, 23-26 August 2016 2016/08 英語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦 RCPシナリオにおける梅雨期の降水の将来変化 日本気象学会2014年度秋季大会,福岡市博多区福岡国際会議場 2014/10 日本語
奥勇一郎,吉野純,竹見哲也,石川裕彦 台風1112号を対象とした経路アンサンブル実験 日本気象学会2014年度秋季大会,福岡市博多区福岡国際会議場,A117 2014/10 日本語
竹見 哲也、草川 敬之 濃尾平野における夏期局地降水の出現特性と環境場 日本気象学会2014年度秋季大会,福岡市博多区福岡国際会議場,B206 2014/10 日本語
TAKEMI Tetsuya Representation of the evolution and intensity of Typhoon Haiyan (2013) in numerical simulations at O(1 km) resolutions for the assessment of typhoon hazards The Third Capacity Building Workshop of the WMO/IOC Data Buoy Cooperation Panel (DBCP) for the North Pacific Ocean and Its Marginal Seas (NPOMS-3) - Application of Regional Ocean Observations for Increasing Society’s Understanding and Forecasting of Typho 2014/10 英語
TAKEMI Tetsuya Evaluation of the coupling approach between mesoscale-WRF and LES-based CFD models for simulating turbulent flows and plume dispersion in urban area 6th International Workshop on Global Cloud Resolving Modeling/3rd International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, RIKEN AICS, Kobe, Japan, 24-26 September 2014,P01 2014/09 英語
TAKEMI Tetsuya Representation of the evolution and intensity of Typhoon Haiyan (2013) in numerical simulations at O(1 km) resolutions 6th International Workshop on Global Cloud Resolving Modeling/3rd International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models, Kobe, Japan, 24-26 September 2014 2014/09 英語
林悠平,竹見哲也,宮本佳明 非静力学軸対称モデルによる竜巻様渦の遷移に関する数値実験 日本流体力学会年会2014,仙台市青葉区東北大学川内北キャンパス 2014/09 日本語
岡田靖子,竹見哲也,石川裕彦 温暖化実験データを用いた梅雨期大気場の解析 日本気象学会2014年度春季大会,横浜市中区開港記念会館,C408 2014/05 日本語
鵜沼昂,竹見哲也 日本の暖候期における停滞性降水システム発生前の環境条件 日本気象学会2014年度春季大会,横浜市中区開港記念会館,A104 2014/05 日本語
竹見 哲也 2013年台風30号の最大強度895 hPaの再現シミュレーション 日本気象学会2014年度春季大会,横浜市中区開港記念会館,A309 2014/05 日本語
竹見 哲也 超高分解能数値モデルによる複雑地表面上の局所的な気流変動の解析 日本地球惑星科学連合2014年大会,横浜市西区パシフィコ横浜会議センター,AAS23-18 2014/04 日本語
山田広幸,竹見哲也,那須野智江,宮川知己,林修吾,増永浩彦 第34回メソ気象研究会の報告 天気,58,9,813-818 2011 日本語
楠研一,新井健一郎,下瀬健一,猪上華子,益子渉,林修吾,別所康太郎,星野俊介,西橋政秀,保野聡裕,足立啓二,今井俊昭,荒木啓司,鈴木修,竹見哲也 庄内平野で観測された突風と気象じょう乱−渦および渦内部の地上風について− 日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 2011 日本語
楠研一,猪上華子,林修吾,星野俊介,新井健一郎,下瀬健一,益子渉,楠目雅子,西橋政秀,別所康太郎,保野聡裕,足立啓二,今井俊昭,荒木啓司,竹見哲也 渦列ともつ降水帯周辺の高頻度高層ゾンデ観測−2010年12月7日の事例− 日本気象学会2011年度春季大会講演予稿集 2011 日本語
楠研一,新野宏,小林文明,竹見哲也,渡邊明,道本光一郎,宇田英史,益子渉,海老原智,加藤亘,佐藤威 第31回メソ気象研究会の報告−突風− 天気,57,3,171-178 2010 日本語
竹見哲也,中山浩成 微細規模大気流れの気象モデルとCFDモデルの融合解析 日本流体力学会誌「ながれ」,28,1,13-20 2009 日本語
益子渉,林修吾,楠研一,猪上華子,加藤亘,荒木啓司,別所康太郎,星野俊介,中里真久,山内洋,今井俊昭,保野聡裕,福原隆章,柴田徹,竹見哲也 2008年1月25日庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱(I)−数値シミュレーションによる解析(序報)− 日本気象学会2009年度春季大会,95,104 2009 日本語
別所康太郎,星野俊介,中里真久,楠研一,荒木啓司,益子渉,山内洋,猪上華子,林修吾,今井俊昭,保野聡裕,加藤亘,竹見哲也,柴田徹 突風環境下における高層ゾンデ連続観測−概要− 日本気象学会2009年度春季大会,95,106 2009 日本語
猪上華子,楠研一,加藤亘,鈴木博人,今井俊明,竹見哲也,別所康太郎,中里真久,益子渉,林修吾,星野俊介,福原隆彰,柴田徹,山内洋,鈴木修 2007年12月2日にドップラーレーダーで観測されたmisocycloneの構造 日本気象学会2008年度秋季大会,94,142-142 2008 日本語
楠研一,猪上華子,益子渉,林修吾,加藤亘,荒木啓司,別所康太郎,星野俊介,中里真久,今井俊明,鈴木博人,竹見哲也,福原隆彰,柴田徹 庄内平野で観測された冬季突風と気象じょう乱について−概要− 日本気象学会2008年度秋季大会,94,139-139 2008 日本語
楠研一,猪上華子,中里真久,加藤亘,鈴木博人,今井俊明,竹見哲也,別所康太郎,星野俊介,益子渉,林修吾,福原隆彰,柴田徹 庄内平野に突風をもたらした気象じょう乱−事例解析080108(序報)− 日本気象学会2008年度春季大会,93,137-137 2008 日本語
加藤輝之,上田博,牛山朋来,竹見哲也,金田幸恵 第28回メソ気象研究会の報告−積乱雲の発達高度− 天気,54,9,811-816 2007 日本語
楠研一,今井俊明,鈴木博人,竹見哲也,別所康太郎,中里真久,益子渉,林修吾,星野俊介,猪上華子,福原隆彰,柴田徹,加藤亘 小型ドップラー気象レーダーによる鉄道安全運行のための突風探知システムの基礎的研究−研究の概要− 日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集,92,228-228 2007 日本語
畑村真一,竹見哲也,田村哲郎,尾上令時 根室半島における風況の局地性・季節性に関する解析 日本気象学会2006年度春季大会講演予稿集,89,396-396 2006 日本語
竹見哲也 熱帯スコールラインの発達・組織化に及ぼす湿度プロファイルの影響 日本気象学会2004年度春季大会講演予稿集,85,215-215 2004 日本語
竹見哲也 乾燥地における雲対流によるダスト輸送過程の数値シミュレーション解析 日本気象学会2004年度秋季大会講演予稿集,86,187-187 2004 日本語
竹見哲也,清野直子 東アジア春季に頻発するダストストームと低気圧活動との関連性 日本気象学会2004年度秋季大会講演予稿集,86,204-204 2004 日本語
竹見哲也 地球規模の大気の流れ 関西造船協会誌,60 2003 日本語
竹見哲也 雲解像モデルにおける乱流パラメタリゼーションについて 日本流体力学会年会2003講演論文集,312-313 2003 日本語
Arnold D., Morton D., Seibert P., Rotach M. W., Horvath K., Dudhia J., Satomura T., Muller M., Zangl G., Takemi Tetsuya, Serafin S., Schmidli J., Schneider S. High Resolution Modelling in Complex Terrain. Report on the HiRCoT 2012 Workshop, Vienna, 21-23 February 2012 BOKU-Met Report,21,1-42 2012 英語
Takemi Tetsuya Effects of moisture profile on the dynamics and organization of squall lines Proc. of 14th International Conference on Clouds and Precipitation,1963-1966 2004 英語
Takemi Tetsuya Numerical simulations of convectively-driven duststorms in severe weather Proc. of International Symposium on Sand and Dust Storm,142 2004 英語
Takemi Tetsuya, Hirayama Osamu, Liu Changhai Effects of moisture profiles on the mode of cumulus convection 10th Conference on Mesoscale Processes, Portland, Oregon, 23-27 June 2003 2003 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
気象における対流と輸送の数値シミュレーション 核融合科学研究所一般共同研究「物理シミュレーションにおける数理モデルと数値解析法の研究会」 核融合科学研究所 2011/07/29 日本語
超高解像度モデルによる局所的な風の解析と予測 日本気象学会関西支部例会 日本気象学会関西支部 2007/11/10 日本語
乾燥地における乾燥・湿潤対流とダスト輸送 日本気象学会2007年度秋季大会 日本気象学会 2007/10/16 日本語
Numerical experiments on the formation and evolution of dust devils and tornadoes [Invited] ISSI Workshop on Dust Devils on Earth and Mars, International Space Science Institute, Bern, Switzerland 2015/02/19 英語
Interaction between environmental humidity and cumulus convection over the tropical Indian Ocean during the CINDY/DYNAMO period [Invited] 11th Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Sapporo, Japan, 27 July-1 August 2014 2014/07/28 英語
Sensitivity of the evolution and intensity of simulated tropical cyclones to turbulent mixing parameterization [Invited] Annual Meeting Asia Oceania Geosciences Society, Brisbane, Australia, 24-28 June 2013 2013/06/25 英語
Environmental condition and morphology of local-scale afternoon rainfall in summer as revealed by operational meteorological data [Invited] International Symposium on Heavy Rainfall over East Asia: Observation and modeling at Cloud-resolving Scales, Seogwipo KAL Hotel, Jeju, Korea, 6-7 September 2012 2012/09/07 英語
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
都市のモデル化と都市大気乱流の数値シミュレーション 日本気象学会2011年度秋季大会シンポジウム「理学と工学の融合が切り開く新しい都市環境学」,名古屋市千種区名古屋大学東山キャンパス 日本気象学会 2011/11/17 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
数値実験と統計解析による湿潤対流とその環境条件の研究 [招待あり] 第3回メソ気象セミナー,静岡市・静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 2016/07/09 日本語
気象情報から災害リスク情報へ [招待あり] 日本気象学会公開気象講演会「台風災害~台風列島でどう生き延びるか?~」,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター 2016/05/21 日本語
豪雨災害の現状と今後のゆくえ [招待あり] 第27回(平成27年度)砂防研究報告会 特別講演,東京都千代田区 砂防会館 2015/10/08 日本語
防災・減災対策について [招待あり] 京都府議会府民生活・厚生常任委員会参考人,京都府議会府民生活・厚生常任委員会 2015/08/25 日本語
台風や豪雨による身近な気象災害に備える [招待あり] 京都市防災協会・平成27年度災害に強いまちづくり講座I「水災害から身を守る正しい知識と行動」 2015/07/05 日本語
地球温暖化はどうして起こるのか?台風や豪雨はどうなるのか? [招待あり] 京都新聞ジュニアタイムズ「ソフィアがやってきた!」 2014/10/16 日本語
近年多発する豪雨災害 ~豪雨の発生メカニズムをひもとく~ [招待あり] 平成25年度近畿農政局防災講習会 2014/03/10 日本語
豪雨の発生メカニズムをひもとく『豪雨の局地化と集中化の仕組み』 [招待あり] 京都大学防災研究所第24回公開講座 2013/09/19 日本語
雨はなぜ集中化するのか [招待あり] 京都大学総合博物館レクチャーシリーズno. 97(ジュニアレクチャー) 2012/01/21 日本語
積乱雲の発達とその前兆 [招待あり] 一般社団法人日本気象予報士会関西支部第3回総会記念講演 2011/07/02 日本語
高分解能気象シミュレーションによる地上付近の突風の予測 [招待あり] 「鉄道における突風災害防止のためのセンシング・予測技術」に関するシンポジウム 2010/02/26 日本語
積乱雲の発達と集団化のメカニズム [招待あり] 日本気象学会関西支部第31回夏季大学 2009/08/29 日本語
気象予報モデルによる基礎研究と応用研究への展開 [招待あり] Weathernews Round Table Discussion「誰でも気象予測モデルを持てる時代へ」 2007/11/09 日本語
黄砂に見る地球環境問題 [招待あり] 東京都大田区区民大学・東京工業大学連携講座 2005/06/29 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
竹見 哲也 異常気象災害 ぎょうせい 2015
竹見 哲也 「低温科学第72巻 雲とエアロゾルをつなぐ観測とモデリング」,藤吉康志編 北海道大学低温科学研究所 2014/03
Takemi Tetsuya, Ishikawa Hirohiko Natural Disaster Science and Mitigation Engineering: DPRI Reports, Studies on the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Springer 2014 英語
竹見 哲也 海は百面相」(京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会編) 京都通信社 2013/12
竹見哲也 地球シミュレータ.小惑星と彗星の衝突.「自然災害と防災の事典」(京都大学防災研究所監修,寶馨,戸田圭一,橋本学編) 丸善出版 2011/12/25 日本語
竹見哲也 ダストストーム.「風の事典」(真木太一,新野宏,野村卓史,林陽生,山川修治 編) 丸善出版 2011/11/30 日本語
竹見哲也 『災害対策全書 1:災害概論』「積乱雲に伴う気象災害」 ぎょうせい 2011/05/30 日本語
Arnold, D., D. Morton, I. Schicker, P. Seibert, M. W. Rotach, K. Horvath, J. Dudhia, T. Satomura, M. Müller, G. Zängl, T. Takemi, S. Serafin, J. Schmidli, S. Schneider High Resolution Modelling in Complex Terrain. Report on the HiRCoT 2012 Workshop, Vienna, 21-23 February 2012 BOKU-Met 2012/12 英語
Tetsuya Takemi, Syohei Nomura and Yuichiro Oku Environmental Stability for Convective Precipitation Under Global Warming, In Planet Earth 2011 - Global Warming Challenges and Opportunities for Policy and Practice InTech, ISBN: 978-953-307-733-8 2011 英語
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
今井明子(著),河宮未知夫,立入郁,鈴木立郎,塩竈秀夫,竹見哲也,阿部彩子,羽島知洋,高橋潔,芦名秀一(監修) 異常気象と温暖化がわかる どうなる?気候変動による未来 技術評論社 2016/06 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
辰己賢一ほか 環境状態予測システム及び環境状態予測情報の表示方法 特許出願 特願特願2011-100621 2011/04/28
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本風力エネルギー学会論文賞 Japan Wind Energy Association Paper Award 日本風力エネルギー学会 Japan Wind Energy Association 2011/11/30
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
台風災害を防ぐ -気象学・風工学・土木学・災害情報学の間に橋を架ける- 京都大学防災研究所共同利用研究集会「台風研究会」 2008/12/17
台風災害の歴史と教訓 -伊勢湾台風から50年- 京都大学防災研究所共同利用研究集会「台風研究会」 2009/09/17
台風災害の発生メカニズム解明と減災に関する研究集会 -気象学・風工学・土木工学・情報学・報道を交えて- 京都大学防災研究所共同利用研究集会「台風研究会」 2013/09/09
Putting Heterogeneous High-Performance Computing at the Fingertips of Domain Experts NII Shonan Meeting Seminar 075 2015/11/17
複合系台風災害のメカニズムに関する研究集会-気象学・海洋学・海岸工学・土木工学・建築工学・生態学を交えて- 京都大学防災研究所一般共同利用研究集会「台風研究会」 2015/10/31
熱帯気象研究会2016 日本気象学会 2016/09/29
台風研究会-複合要因により巨大化する台風災害の実態解明と減災に向けて- 平成28年度 京都大学防災研究所 一般研究集会 2016/11/26
台風研究会―激甚化する台風災害の要因解明と減災へ向けて― 平成29年度 京都大学防災研究所一般研究集会 2017/09/28
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 スコールラインの力学的研究 Study on the dynamics of squall lines 1996〜1998
若手研究(B) 代表 東アジア砂漠におけるダストの乱流・対流による輸送過程の微細数値解析 High-resolution modeling study of dust transport due to turbulence and convection over the East Asian desert 2005〜2006
基盤研究(B) 分担 タクラマカン砂漠上の局地循環と黄砂の発生機構の解明 Study on the mechanisms of the local circulation and the emission of yellow sand over the Taklamakan Desert 2008〜2010
若手研究(B) 代表 複雑地形の影響を受けるメソ擾乱の極値予報に関する超高解像度モデリング High-resolution modeling on extreme weather prediction of mesoscale disturbances over complex terrain 2007〜2008
若手研究(B) 代表 西太平洋熱帯海域の遍在する小規模積雲の構造及び出現特性・日変化特性の解明 Study on the characteristics of small-scale cumulus convection over the tropical western Pacific 2002〜2003
基盤研究(C) 代表 気象モデルとLES乱流計算モデルの融合による都市域での突風の定量予測手法の構築 Development of the quantitative wind forecasting approach by coupling meteorological model and LES model 2009〜2011
挑戦的萌芽研究 代表 台風はどこまで強くなれるのか?-想定される最大強度とその風水害- How strong can typhoons become? -Their maximum possible intensity and induced meteorological disasters- 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 原子力災害リスク評価のための大気乱流・拡散マルチスケール予測モデルの確立 Development of multi-scale atmospheric turbulence and dispersion prediction model for the assessment of nuclear disasters 2014/04/01〜2017/03/31
基盤研究(A) 分担 爆弾低気圧がもたらす気象・海象災害の軽減に関する総合的研究 Intedisciplinary study on the mitigation of meteorological and oceanographical disasters by explosively developing cyclones 2013/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 分担 黄砂とサハラダストの比較研究-ダストフラックスの推定と気候への影響 Comparative study on Asian dust and Saharan dust: Assessment of dust flux and its impact on climate 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 原子力災害リスク評価のための大気乱流・拡散マルチスケール予測モデルの確立 (平成27年度分) Development of multi-scale turbulence and diffusion predicition model for use in assessing risks of nuclear disasters 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 原子力災害リスク評価のための大気乱流・拡散マルチスケール予測モデルの確立 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
建設技術研究開発助成制度 間瀬肇 災害気象のリアルタイム予測技術の開発 Development of real-time forecasting systems of disastrous weather 2008〜2010
運輸分野における基礎的研究推進制度 竹見哲也 小型ドップラー気象レーダーによる鉄道安全運行のための突風探知システムの基礎的研究 Study on wind gust detecting system by Doppler weather radar for the safety of railroad transport 2007/04/01〜2009/03/31
科学技術振興調整費による総合研究 三上正男 風送ダストの大気中への供給量評価と気候への影響に関する研究 aeolian dust experiment on climate impact 2000〜2004
京都大学コアステージバックアップ研究費 竹見哲也 複雑地形・複雑粗度上での大気乱流・拡散に関する数値解析手法の構築 Development of numerical approach for the analysis of atmospheric turbulence and dispersion over complex terrain and roughness elements 2012〜2013/03/31
文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム「課題対応型の精密な影響評価」 中北英一 気候変動に伴う気象災害リスクの評価 Risk assessment of meteorological disasters under climate change 2012/11/01〜2017/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
熱帯域における大気-海洋相互作用に係る観測研究国際集中観測Nauru99 西太平洋赤道海域 海洋地球研究船による海洋気象観測 1999/06/08〜1999/07/06
大気-海洋相互作用に係る観測研究 西太平洋赤道海域 海洋地球研究船「みらい」による停船海洋気象観測 2000/06/13〜2000/07/06
大気-海洋相互作用に係る観測研究 西太平洋赤道海域 海洋地球研究船「みらい」による停船海洋気象観測 2002/11/13〜2002/12/16
Collaborative Research between Germany, Japan and Korea on Dust Storm Modeling in North Africa and Asia University of Cologne ケルン大学Yaping Shao教授と共同研究 2009/04/〜2011/03/
熱帯域における大気海洋相互作用に係る観測研究 西太平洋赤道海域 海洋地球研究船「みらい」観測航海MR08-02 2008/05/26〜2008/06/30
西部熱帯太平洋における季節内変動に伴う降水システムの観測研究 西太平洋赤道海域 海洋地球研究船「みらい」観測航海MR10-03 2010/05/05〜2010/06/28
Cooperative Indian Ocean experiment on intraseasonal variability in the Year 2011 インド洋熱帯海域 海洋地球研究船「みらい」観測航海MR11-07 2011/09/23〜2011/10/27
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
活地球流体圏特論A Active Geosphere (Fluid)A
応用気象学IIA, IIB Applied Meteorology IIA, IIB
応用気象学ゼミナールIIA, IIB, IIC, IID Seminar on Applied Meteorology IIA, IIB, IIC, IID
自然災害科学I Natural Disaster Science I
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
応用気象学IIA Applied Meteorology IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
応用気象学IIB Applied Meteorology IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIA Seminar on Applied Meteorology IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIB Seminar on Applied Meteorology IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIIC Seminar on Applied Meteorology IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
応用気象学ゼミナールIID Seminar on Applied Meteorology IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
宮本佳明 ROLES OF SEA SURFACE FLUXES ON THE MAINTENANCE AND INTENSIFICATION OF TROPICAL CYCLONES 主査 2011/03/
山崎弘惠 直交格子に基づく超高解像度大気モデルの開発 副査 2012/03/
伊東瑠衣 地理特性がもたらす都市気候形成過程の変化とメカニズムの解明 主査 2015/03/
鵜沼 昂 日本の暖候期に発生する準停滞性降水系の特徴・形態と環境条件に関する統計的 主査 2017/03/
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
大野洋 平成21年度日本風工学会優秀修士論文賞 日本風工学会 2010/03/02
林悠平 平成26年度地球惑星科学専攻修士論文賞 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻 2015/02/20
林悠平 平成26年度日本風工学会優秀修士論文賞 日本風工学会 2015/02/23
佐々木ありな 平成27年度日本風工学会優秀修士論文賞 日本風工学会 2016/02/20
吉田敏哉 Best Poster Presentation Award, 97th American Meteorological Society Annual Meeting アメリカ気象学会 2017/01/23
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
災害科学特論 Special Lecture on Natural Disaster Science 2010年9月 高知大学 理学部 2010/09/01〜2010/09/30
地球惑星科学特別講義I Earth and Planetary Science Special Lecture I 2012年前期 九州大学 大学院理学府 2012/09/01〜2012/09/30
部局運営(役職等)
役職名 期間
防災研究所研究企画推進室会議委員 2015/04/01〜2017/03/31
防災研究所広報・出版専門委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所広報・出版専門委員会委員 2011/04/01〜2013/03/31
防災研究所行事推進専門委員会委員 2009/04/01〜2011/03/31
防災研究所情報セキュリティ委員会委員 2013/04/01〜2015/03/31
防災研究所研究企画推進室会議 2015/04/01〜2017/03/31
宇治キャンパス公開2008実行委員会委員 2008/01/01〜2008/12/31
理学研究科地球惑星科学専攻学事委員 2008/04/01〜2010/03/31
防災研究所行事推進専門委員会委員 2007/04/01〜2009/03/31
防災研究所安全衛生委員会委員 2010/04/01〜2011/03/31
宇治事業場衛生管理者会議委員 2010/04/01〜2011/03/31
5.宇治構内保安・交通対策委員会 2016/05/01〜2018/04/30
防災研究所共同利用・共同研究拠点委員会 2017/04/01〜2019/03/31
防災研究所自己点検・評価委員会 2017/04/01〜2019/03/31
防災研究所世界防災研究所連合(GADRI)事務局 2017/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期理事 member of the board of directors 2010/07/01〜2012/06/30
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineering 編集・広報委員会委員 Editorial committee 2004/07/01〜2008/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期電子情報委員会委員長 Committee on Web Management and Information Technology 2010/07/01〜2012/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期天気編集委員会副委員長 TENKI Editorial Committee 2010/07/01〜2012/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期講演企画委員会委員 Committee on the Spring and Autumn Meeting Oversight 2011/07/01〜2012/06/30
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union 2012年大会プログラム委員会委員 2012 Annual meering program panel member 2011/08/08〜2012/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第35期気象集誌編集委員会委員 Editor of JMSJ 2008/07/01〜2010/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期気象集誌編集委員会副委員長 Co-Chief Editor of JMSJ 2010/07/01〜2012/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第35期SOLA編集委員会運営委員 Editor of SOLA 2008/07/01〜2010/06/30
大気環境学会 Japan Society for Atmospheric Environment 近畿支部幹事 steering committee member of the Kinki local chapter 2011/08/〜2013/08/
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第19回風工学シンポジウム査読委員会委員 Review panel member, The 19th National Symposium on Wind Engineering 2006〜2006
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第20回風工学シンポジウム査読委員会委員 Review panel member, The 20th National Symposium on Wind Engineering 2008〜2008
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第21回風工学シンポジウム査読委員会委員 Review panel member, The 21st National Symposium on Wind Engineering 2010〜2010
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第22回風工学シンポジウム査読委員会 Review panel member, The 22nd National Symposium on Wind Engineering 2012〜2012
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineering 代表委員会委員 representative comittee member 2012/12/01〜2014/11/30
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union 2013年大会プログラム委員会委員 2013 Annual Meeting Program Committe member 2012/08/01〜2013/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 企画調整委員会委員 member of Planning and Coordination Committe 2013/05/〜2014/05/
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期SOLA編集委員長代行 Acting Chief Editor of SOLA 2014/02/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期SOLA編集委員長 Chief Editor of SOLA 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期電子情報委員会委員長 Committee on Web Management and Information Technology 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期電子情報委員会副委員長 Committee on Web Management and Information Technology 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期SOLA編集委員会運営委員 SOLA Editorial Committee 2012/07/01〜2014/01/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第36期SOLA編集委員会運営委員 SOLA Editorial Committee 2010/07/01〜2012/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期気象集誌編集委員会副委員長 Co-Chief Editor of JMSJ 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期気象集誌編集委員会副委員長 Co-Chief Editor of JMSJ 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期理事 member of the board of directors 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期理事 member of the board of directors 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期天気編集委員会副委員長 TENKI Editorial Committee 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期講演企画委員会委員 Committee on the Spring and Autumn Meeting Oversight 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期講演企画委員会委員 Committee on the Spring and Autumn Meeting Oversight 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期気象災害委員会副委員長 Committee on Meteorological Disaster Research 2012/07/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期気象災害委員会副委員長 Committee on Meteorological Disaster Research 2014/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第37期企画調整委員会委員 Committee on General Affairs 2013/05/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第38期企画調整委員会委員 Committee on General Affairs 2014/06/01〜2016/05/31
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union 2014年大会プログラム委員会委員 2014 Annual Meeting Program Committe member 2013/08/01〜2014/05/31
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union 2015年大会プログラム委員会委員 2015 Annual Meeting Program Committe member 2014/08/01〜2015/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第23回風工学シンポジウム運営委員会幹事 Organizing Committee of the 23rd National Symposium on Wind Engineering 2013/09/01〜2015/03/31
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union 2016年大会プログラム委員 2016 Annual Meeting Program Committe member 2015/09/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期SOLA編集委員会委員長 Chief Editor of SOLA 2016/06/01〜2018/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期理事 member of the board of the directors 2016/06/01〜2018/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期気象集誌編集委員会副委員長 Co-Chief Editor of JMSJ 2016/06/01〜2016/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期気象災害委員会副委員長 Committe of Meteorological Disaster Research 2016/06/01〜2018/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期講演企画委員会副委員長 Committee on the Spring and Autumn Meeting Oversight 2016/06/01〜2018/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第39期企画調整委員会委員 Committee on General Affairs 2016/06/01〜2018/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 第24回風工学シンポジウム査読委員会委員 Review panel member, The 24th National Symposium on Wind Engineering 2016〜2016
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineering 編集・広報委員会委員 Editorial Committee 2016/07/01〜2018/06/30
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineers 代表委員会委員 representative committee member 2016/12/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 気象集誌 Journal of the Meteorological Society of Japan Editor 2008/07/01〜2010/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 気象集誌 Journal of the Meteorological Society of Japan Co-Chief Editor 2010/07/01〜2018/05/31
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineering 日本風工学論文集 Journal of Wind Engineering, JAWE Editor 2004/07/01〜2008/06/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan SOLA Scientific Online Letters on the Atmosphere Editor 2008/07/01〜2014/01/30
日本気象学会 Meteorological Society of Japan SOLA Scientific Online Letters on the Atmosphere Acting Chief Editor 2014/02/01〜2014/05/31
日本気象学会 Meteorological Society of Japan SOLA Scientific Online Letters on the Atmosphere Chief Editor 2014/06/01〜2018/05/31
Frontiers Frontiers Frontiers in Built Environment: Wind Engineering and Science Frontiers in Built Environment: Wind Engineering and Science Review editor 2015/04/01〜2017/03/31
学会活動:査読委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 期間
日本気象学会 Meteorological Society of Japan 風工学シンポジウム論文集 National Symposium on Wind Engineering 2006〜2012
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
日本気象学会 2005年度春季大会 2005/05/
Asia Oceania Geosciences Society 4th Annual Meeting 2007/08/
日本気象学会 2008年度春季大会 2008/05/
日本流体力学会 年会2009 2009/09/
日本気象学会 First International Workshop on Nonhydrostatic Numerical Models 2010/09/
日本気象学会 2011年度春季大会 2011/05/
日本地球惑星科学連合 2011年大会 2011/05/
日本流体力学会 年会2011 2011/09/
日本流体力学会 年会2012 2012/09/
日本流体力学会 年会2013 2013/09/
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
日本造船学会 The Society of Naval Architects of Japan 海洋環境研究委員会海洋環境リモートセンシング専門委員会委員 Marine environment remote-sensing research comitte 2000/04/〜2003/04/
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineers 気象擾乱研究会委員 Meteorological disturbances research comitte 2005/07/〜2007/06/
日本風工学会 Japan Association for Wind Engineers 将来構想アクションプラン検討ワーキンググループ委員 working group member for developing the future plans of Japan Association for Wind Engineers 2008〜2008
WMO/IOC JCOMMデータブイ協力パネル第3回北太平洋地区ワークショップ Third Capacity Building Workshop of the WMO/IOC Data Buoy Cooperation Panel for the North Pacific Ocean and Its Marginal Seas (NPOMS-3) 現地実行委員会委員長 Local Organizing Committee, Chair 2014/03/01〜2015/01/31
第13回大気科学と大気質への応用に関する国際会議 The 13th International Conference on Atmospheric Sciences and Applications to Air Quality (ASAAQ13) 現地実行委員会委員 Local Executive Committee member 2014/06/01〜2015/12/31
国立情報学研究所湘南会議 NII Shonan Meeting on Putting Heterogeneous High-Performance Computing at the Fingertips of Domain Experts 実行委員会共同委員長 Organizing Committee, Co-Chair 2015/03/01〜2015/12/31
WMO/IOC JCOMMデータブイ協力パネル第4回北太平洋地区ワークショップ Fourth Capacity Building Workshop of the WMO/IOC Data Buoy Cooperation Panel (DBCP) for the North Pacific Ocean and Its Marginal Seas (NPOMS-4) 組織委員会委員 Organizing Committee 2015/04/15〜2015/12/31
WMO/IOC JCOMMデータブイ協力パネル第5回北太平洋地区ワークショップ Fifth Capacity Building Workshop of the WMO/IOC Data Buoy Cooperation Panel (DBCP) for the North Pacific Ocean and Its Marginal Seas (NPOMS-5) 組織委員会委員 Organizing Committee 2016/04/01〜2016/12/31
その他活動:講演歴
会合名 講演タイトル 年月
東京都大田区区民大学・東京工業大学連携講座 黄砂に見る地球環境問題 2005/06/29
Weathernews Round Table Discussion「誰でも気象予測モデルを持てる時代へ」 気象予報モデルによる基礎研究と応用研究への展開 2007/11/09
日本気象学会関西支部第31回夏季大学 積乱雲の発達と集団化のメカニズム 2009/08/29
鉄道における突風災害防止のためのセンシング・予測技術」に関するシンポジウム 高分解能気象シミュレーションによる地上付近の突風の予測 2010/02/26
一般社団法人日本気象予報士会関西支部第3回総会記念講演 積乱雲の発達とその前兆 2011/07/02
京都大学総合博物館レクチャーシリーズ(ジュニアレクチャー) 雨はなぜ集中化するのか 2012/01/21
京都大学防災研究所第24回公開講座 豪雨の発生メカニズムをひもとく「豪雨の局地化と集中化のしくみ」 2013/09/19
平成25年度近畿農政局防災講習会 近年多発する豪雨災害 ~豪雨の発生メカニズムをひもとく~ 2014/03/10
京都新聞ジュニアタイムズ「ソフィアがやってきた!」,宇治市立大開小学校 地球温暖化はどうして起こるのか?台風や豪雨はどうなるのか? 2014/10/16
京都市市民防災センター災害に強いまちづくり講座Ⅰ「水災害から身を守る正しい知識と行動」 台風や豪雨による身近な気象災害に備える 2015/07/05
第27回(平成27年度)砂防研究報告会 特別講演,東京都千代田区 砂防会館 豪雨災害の現状と今後のゆくえ 2015/10/08
京都府議会府民生活・厚生常任委員会参考人,京都府議会府民生活・厚生常任委員会 防災・減災対策について 2015/08/25
日本気象学会公開気象講演会「台風災害~台風列島でどう生き延びるか?~」,東京都渋谷区国立オリンピック記念青少年総合センター 気象情報から災害リスク情報へ 2016/05/21
平成28年度京都大学サマースクール「暑い夏の1日、京大生になろう!」 積乱雲の集団化と台風・豪雨の発生のしくみ 2016/08/19

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:初等・中等教育活動歴
活動名 活動内容 学校名 都道府県名 年月
大学説明会での講演 大学説明会において京都大学のアドミッションポリシー、大学全般についての講演をする 京都市立西京高等学校 京都府 2013/06/01
京都新聞ジュニアタイムズ「ソフィアがやってきた!」 「地球温暖化はどうして起こるのか?台風や豪雨はどうなるのか?」という表題で小学5年生向けに授業をする 宇治市立大開小学校 京都府 2014/10/16
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
大学入試センター教科科目第一委員会 National Center for University Entrance Examination 委員 独立行政法人大学入試センター 2010/04/01〜2012/03/31
京都市環境影響評価審査会 Kyoto City Environmental Assessment Committee 委員 京都市 2015/06/12〜
気象庁数値予報モデル開発懇談会 Japan Meteorological Agency Numerical Weather Prediction Model Development Committee 委員 気象庁 2017/04/01〜
その他活動:民間企業・NPO等の兼業
相手先名 兼業の内容 期間
損害保険料率算出機構 災害科学研究会 風水害部会 委員 2011/05/01〜2013/04/30
国際的機関での活動
活動内容(日本語) 活動内容(英語) 活動機関名 期間
北太平洋地区の海洋気象観測に係わる国際協力 International collaborations on oceaninc and marine meteorological observations The Joint WMO-IOC Technical Commission for Oceanography and Marine Meteorology Data Buoy Cooperation Panel 2014/03/01〜
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
National Center for Atmospheric Research Mesoscale and Microscale Meteorology Division メソ対流系の力学に関する研究 United States of America 2001/05/〜2002/04/
外国人滞在者受入れ
滞在者名 所属機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
Alexandros-Panagiotis Poulidis 日本学術振興会 外国人特別研究員 桜島の火山灰排出の高解像度気象シミュレーション ギリシャ共和国 2015/08/21〜2016/08/20
Haotian Dong Tongji University College of Civil Engineering メソ気象モデルとLESモデルの結合による複雑地形上での気流の数値解析 中華人民共和国 2015/12/01〜2016/11/30
外国人訪問者受入れ
訪問者名 所属機関名 国名 期間
Wim Vanderbauwhede University of Glasgow United Kingdom 2012/07/16〜2012/09/14
Wim Vanderbauwhede University of Glasgow United Kingdom 2014/08/04〜2014/09/30
Wim Vanderbauwhede University of Glasgow United Kingdom 2017/07/13〜2017/07/29