永尾 雅哉

最終更新日時: 2019/06/22 13:50:22

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
永尾 雅哉/ナガオ マサヤ/Nagao, Masaya
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/統合生命科学専攻応用生物機構学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院生命科学研究科統合生命科学専攻 生体情報応答学分野 Laboratory of Biosignals and Response, Division of Integrated Life Science, Graduate School of Biostudies, Kyoto University, Kitashirakawa-Oiwake-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6271
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 The Agricultural Chemical Society of Japan
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
日本動物細胞工学会 The Japanese Assosiation for Animal Cell Technology
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程食品工学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部食品工学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
兵庫県 六甲高等学校 ろっこうこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1987/04/01〜1990/12/31 雪印乳業株式会社 Snow Brand Milk Products Co.Ltd. 研究員 Researcher
1991/01/01〜1997/03/31 京都大学農学部  Faculty of Agriculture, Kyoto University 助手 Assistant Professor
1997/04/01〜1999/03/31 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助教授 Associate Professor
1999/04/01〜2001/04/30 京都大学大学院生命科学研究科 助教授 Graduate School of Biostudies, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2001/05/01〜 京都大学大学院生命科学研究科 教授 Graduate School of Biostudies, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
疾患の予防・治療に繋がる天然由来の成分に興味を持って研究を進めている。
(英語)
I am interested in natural compounds that are useful for preventing or curing diseases.
使用言語
言語名
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0013116
研究テーマ
(日本語)
天然物からの有用な生理活性物質の探索とその作用機構の解明
(英語)
Screening for discovery of bioactive natural products
研究概要
(日本語)
疾患の予防・治療に繋がる天然由来の成分に興味を持って研究を進めている。
(英語)
I am interested in natural compounds that are useful for preventing or curing diseases.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
エリスロポエチン erythropoietin
天然物 natural products
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Higashiyama T, Umekawa M, Nagao M, Katoh T, Ashida H, Yamamoto K Higashiyama T, Umekawa M, Nagao M, Katoh T, Ashida H, Yamamoto K Higashiyama T, Umekawa M, Nagao M, Katoh T, Ashida H, Yamamoto K Chemo-enzymatic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization. Chemo-enzymatic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization. Chemo-enzymatic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization. Carbohydrate research, 455, 92-96 Carbohydrate research, 455, 92-96 Carbohydrate research, 455, 92-96 2018/01 公開
Okamura M, Yamanaka Y, Shigemoto M, Kitadani Y, Kobayashi Y, Kambe T, Nagao M, Kobayashi I, Okumura K, Masuda S Okamura M, Yamanaka Y, Shigemoto M, Kitadani Y, Kobayashi Y, Kambe T, Nagao M, Kobayashi I, Okumura K, Masuda S Okamura M, Yamanaka Y, Shigemoto M, Kitadani Y, Kobayashi Y, Kambe T, Nagao M, Kobayashi I, Okumura K, Masuda S Depletion of mRNA export regulator DBP5/DDX19, GLE1 or IPPK that is a key enzyme for the production of IP6, resulting in differentially altered cytoplasmic mRNA expression and specific cell defect. Depletion of mRNA export regulator DBP5/DDX19, GLE1 or IPPK that is a key enzyme for the production of IP6, resulting in differentially altered cytoplasmic mRNA expression and specific cell defect. Depletion of mRNA export regulator DBP5/DDX19, GLE1 or IPPK that is a key enzyme for the production of IP6, resulting in differentially altered cytoplasmic mRNA expression and specific cell defect. PloS one, 13, 5, e0197165 PloS one, 13, 5, e0197165 PloS one, 13, 5, e0197165 2018 公開
Kurata M, Murata Y, Momma K, Fouad Ali Mursi I, Takahashi M, Miyamae Y, Kambe T, Nagao M, Narita H, Shibuya Y, Masuda S Kurata M, Murata Y, Momma K, Fouad Ali Mursi I, Takahashi M, Miyamae Y, Kambe T, Nagao M, Narita H, Shibuya Y, Masuda S Kurata M, Murata Y, Momma K, Fouad Ali Mursi I, Takahashi M, Miyamae Y, Kambe T, Nagao M, Narita H, Shibuya Y, Masuda S The isoflavone fraction from soybean presents mRNA maturation inhibition activity. The isoflavone fraction from soybean presents mRNA maturation inhibition activity. The isoflavone fraction from soybean presents mRNA maturation inhibition activity. Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 3, 551-554 Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 3, 551-554 Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 3, 551-554 2017/03 英語 公開
Tsuji T, Kurokawa Y, Chiche J, Pouysségur J, Sato H, Fukuzawa H, Nagao M, Kambe T Tsuji T, Kurokawa Y, Chiche J, Pouysségur J, Sato H, Fukuzawa H, Nagao M, Kambe T Tsuji T, Kurokawa Y, Chiche J, Pouysségur J, Sato H, Fukuzawa H, Nagao M, Kambe T Dissecting the Process of Activation of Cancer-promoting Zinc-requiring Ectoenzymes by Zinc Metalation Mediated by ZNT Transporters. Dissecting the Process of Activation of Cancer-promoting Zinc-requiring Ectoenzymes by Zinc Metalation Mediated by ZNT Transporters. Dissecting the Process of Activation of Cancer-promoting Zinc-requiring Ectoenzymes by Zinc Metalation Mediated by ZNT Transporters. The Journal of biological chemistry, 292, 6, 2159-2173 The Journal of biological chemistry, 292, 6, 2159-2173 The Journal of biological chemistry, 292, 6, 2159-2173 2017/02 英語 公開
Fujimoto S, Tsuji T, Fujiwara T, Takeda TA, Merriman C, Fukunaka A, Nishito Y, Fu D, Hoch E, Sekler I, Fukue K, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe T Fujimoto S, Tsuji T, Fujiwara T, Takeda TA, Merriman C, Fukunaka A, Nishito Y, Fu D, Hoch E, Sekler I, Fukue K, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe T Fujimoto S, Tsuji T, Fujiwara T, Takeda TA, Merriman C, Fukunaka A, Nishito Y, Fu D, Hoch E, Sekler I, Fukue K, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe T The PP-motif in luminal loop 2 of ZnT transporters plays a pivotal role in TNAP activation. The PP-motif in luminal loop 2 of ZnT transporters plays a pivotal role in TNAP activation. The PP-motif in luminal loop 2 of ZnT transporters plays a pivotal role in TNAP activation. The Biochemical journal, 473, 17, 2611-2621 The Biochemical journal, 473, 17, 2611-2621 The Biochemical journal, 473, 17, 2611-2621 2016/09 英語 公開
Miyamae Y, Nishito Y, Nakai N, Nagumo Y, Usui T, Masuda S, Kambe T, Nagao M Miyamae Y, Nishito Y, Nakai N, Nagumo Y, Usui T, Masuda S, Kambe T, Nagao M Miyamae Y, Nishito Y, Nakai N, Nagumo Y, Usui T, Masuda S, Kambe T, Nagao M Tetrandrine induces lipid accumulation through blockade of autophagy in a hepatic stellate cell line. Tetrandrine induces lipid accumulation through blockade of autophagy in a hepatic stellate cell line. Tetrandrine induces lipid accumulation through blockade of autophagy in a hepatic stellate cell line. Biochemical and biophysical research communications, 477, 1, 40-46 Biochemical and biophysical research communications, 477, 1, 40-46 Biochemical and biophysical research communications, 477, 1, 40-46 2016/08 英語 公開
Ohtera A, Miyamae Y, Yoshida K, Maejima K, Akita T, Kakizuka A, Irie K, Masuda S, Kambe T, Nagao M Ohtera A, Miyamae Y, Yoshida K, Maejima K, Akita T, Kakizuka A, Irie K, Masuda S, Kambe T, Nagao M Ohtera A, Miyamae Y, Yoshida K, Maejima K, Akita T, Kakizuka A, Irie K, Masuda S, Kambe T, Nagao M Identification of a New Type of Covalent PPARγ Agonist using a Ligand-Linking Strategy. Identification of a New Type of Covalent PPARγ Agonist using a Ligand-Linking Strategy. Identification of a New Type of Covalent PPARγ Agonist using a Ligand-Linking Strategy. ACS chemical biology, 10, 12, 2794-2804 ACS chemical biology, 10, 12, 2794-2804 ACS chemical biology, 10, 12, 2794-2804 2015/12 英語 公開
Hashimoto A, Ohkura K, Takahashi M, Kizu K, Narita H, Enomoto S, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Irie K, Ohigashi H, Andrews GK, Kambe T Hashimoto A, Ohkura K, Takahashi M, Kizu K, Narita H, Enomoto S, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Irie K, Ohigashi H, Andrews GK, Kambe T Hashimoto A, Ohkura K, Takahashi M, Kizu K, Narita H, Enomoto S, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Irie K, Ohigashi H, Andrews GK, Kambe T Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4 targeting. Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4 targeting. Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4 targeting. The Biochemical journal, 472, 2, 183-193 The Biochemical journal, 472, 2, 183-193 The Biochemical journal, 472, 2, 183-193 2015/12 英語 公開
Park SL, Won SY, Song JH, Kambe T, Nagao M, Kim WJ, Moon SK Park SL, Won SY, Song JH, Kambe T, Nagao M, Kim WJ, Moon SK Park SL, Won SY, Song JH, Kambe T, Nagao M, Kim WJ, Moon SK EPO gene expression promotes proliferation, migration and invasion via the p38MAPK/AP-1/MMP-9 pathway by p21WAF1 expression in vascular smooth muscle cells. EPO gene expression promotes proliferation, migration and invasion via the p38MAPK/AP-1/MMP-9 pathway by p21WAF1 expression in vascular smooth muscle cells. EPO gene expression promotes proliferation, migration and invasion via the p38MAPK/AP-1/MMP-9 pathway by p21WAF1 expression in vascular smooth muscle cells. Cellular signalling, 27, 3, 470-478 Cellular signalling, 27, 3, 470-478 Cellular signalling, 27, 3, 470-478 2015/03 英語 公開
Fujimoto S, Itsumura N, Tsuji T, Anan Y, Tsuji N, Ogra Y, Kimura T, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe T Fujimoto S, Itsumura N, Tsuji T, Anan Y, Tsuji N, Ogra Y, Kimura T, Miyamae Y, Masuda S, Nagao M, Kambe T S. Fujimoto; N. Itsumura; T. Tsuji; Y. Anan; N. Tsuji; Y. Ogra; T. Kimura; Y. Miyamae; S. Masuda; M. Nagao; T. Kambe Cooperative functions of ZnT1, metallothionein and ZnT4 in the cytoplasm are required for full activation of TNAP in the early secretory pathway. Cooperative functions of ZnT1, metallothionein and ZnT4 in the cytoplasm are required for full activation of TNAP in the early secretory pathway. Cooperative Functions of ZnT1, Metallothionein and ZnT4 in the Cytoplasm Are Required for Full Activation of TNAP in the Early Secretory Pathway PloS one, 8, 10, e77445 PloS one, 8, 10, e77445 PLoS ONE, 8, 10, e77445 2013 英語 公開
Chikuma, M., Masuda, S., Kobayashi, T., Nagao, M., and Sasaki, R. Chikuma, M., Masuda, S., Kobayashi, T., Nagao, M., and Sasaki, R. Chikuma, M., Masuda, S., Kobayashi, T., Nagao, M., and Sasaki, R. Tissue-specific regulation of erythropoietin production in the murine kidney, brain and uterus Tissue-specific regulation of erythropoietin production in the murine kidney, brain and uterus Tissue-specific regulation of erythropoietin production in the murine kidney, brain and uterus American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 279, 6, E1242-E1248 American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 279, 6, E1242-E1248 American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 279, 6, E1242-E1248 2000 英語 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 Masuda, S., Kobayashi, T., Chikuma, M., Nagao, M., and Sasaki, R. The oviduct produces erythropoietin in an estrogen- and oxygen-dependent manner The oviduct produces erythropoietin in an estrogen- and oxygen-dependent manner The oviduct produces erythropoietin in an estrogen- and oxygen-dependent manner American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 278, 6, E1038-E1044 American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 278, 6, E1038-E1044 American Journal of Physiology- Endocrinology and Metabolism, 278, 6, E1038-E1044 2000 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Sakanaka, M., Wen, T-C., Matsuda, S., Masuda, S., Morishita, E., Nagao, M., and Sasaki, R. Sakanaka, M., Wen, T-C., Matsuda, S., Masuda, S., Morishita, E., Nagao, M., and Sasaki, R. Sakanaka, M., Wen, T-C., Matsuda, S., Masuda, S., Morishita, E., Nagao, M., and Sasaki, R. In vivo evidence that erythropoietin protects neurons from ischemic damage. In vivo evidence that erythropoietin protects neurons from ischemic damage. In vivo evidence that erythropoietin protects neurons from ischemic damage. Proceedings of National Academy of Science, USA, 95, 8, 4635-4640 Proceedings of National Academy of Science, USA, 95, 8, 4635-4640 Proceedings of National Academy of Science, USA, 95, 8, 4635-4640 1998 英語 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 転写制御因子の安定性調節というpost-transcriptional regulation : 低酸素発現誘導因子HIF-1(Hypoxia-inducible Factor 1)を例として 転写制御因子の安定性調節というpost-transcriptional regulation : 低酸素発現誘導因子HIF-1(Hypoxia-inducible Factor 1)を例として 転写制御因子の安定性調節というpost-transcriptional regulation : 低酸素発現誘導因子HIF-1(Hypoxia-inducible Factor 1)を例として 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 75, 5, 389 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 75, 5, 389 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 75, 5, 389 1997/09 日本語 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 低酸素による遺伝子発現誘導に関わる転写因子 HIF-1 低酸素による遺伝子発現誘導に関わる転写因子 HIF-1 低酸素による遺伝子発現誘導に関わる転写因子 HIF-1 化学と生物, 35, 6, 431-432 化学と生物, 35, 6, 431-432 化学と生物, 35, 6, 431-432 1997/06 日本語 公開
永尾雅哉 永尾雅哉 永尾雅哉 酸素による遺伝子発現制御現象の解明とその動物細胞工学への応用に関する研究 酸素による遺伝子発現制御現象の解明とその動物細胞工学への応用に関する研究 酸素による遺伝子発現制御現象の解明とその動物細胞工学への応用に関する研究 日本農芸化学会誌, 71, 12, 1253-1264 日本農芸化学会誌, 71, 12, 1253-1264 日本農芸化学会誌, 71, 12, 1253-1264 1997 日本語 公開
永尾雅哉;増田誠司;神戸大朋;佐々木隆造 永尾雅哉;増田誠司;神戸大朋;佐々木隆造 永尾雅哉;増田誠司;神戸大朋;佐々木隆造 酸素による遺伝子発現の制御 酸素による遺伝子発現の制御 酸素による遺伝子発現の制御 蛋白質 核酸 酵素, 41, 16, 2522-2531 蛋白質 核酸 酵素, 41, 16, 2522-2531 蛋白質 核酸 酵素, 41, 16, 2522-2531 1996/12 日本語 公開
増田誠司;永尾雅哉;佐々木隆造 増田誠司;永尾雅哉;佐々木隆造 増田誠司;永尾雅哉;佐々木隆造 神経系に作用するサイトカインとそのレセプター 神経系に作用するサイトカインとそのレセプター 神経系に作用するサイトカインとそのレセプター 化学と生物, 33, 7, 437-446 化学と生物, 33, 7, 437-446 化学と生物, 33, 7, 437-446 1995/07 日本語 公開
永尾 雅哉、佐々木隆造 永尾 雅哉、佐々木隆造 永尾 雅哉、佐々木隆造 神経系におけるサイトカインの作用 神経系におけるサイトカインの作用 神経系におけるサイトカインの作用 Molecular Medicine 中山書店,31/,106-107 Molecular Medicine 中山書店,31/,106-107 Molecular Medicine 中山書店,31/,106-107 1994 日本語 公開
永尾雅哉 永尾雅哉 永尾雅哉 サイトカインとそのレセプター系における糖鎖の機能 サイトカインとそのレセプター系における糖鎖の機能 サイトカインとそのレセプター系における糖鎖の機能 日本農芸化学会誌, 67, 12, 1741-1745 日本農芸化学会誌, 67, 12, 1741-1745 日本農芸化学会誌, 67, 12, 1741-1745 1993/12 日本語 公開
佐々木隆造;永尾雅哉 佐々木隆造;永尾雅哉 佐々木隆造;永尾雅哉 赤血球造血因子とその可溶型受容体の生産 赤血球造血因子とその可溶型受容体の生産 赤血球造血因子とその可溶型受容体の生産 化学と生物, 31, 4, 270-274 化学と生物, 31, 4, 270-274 化学と生物, 31, 4, 270-274 1993/04 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 味噌による免疫系の活性化を介したがん予防 味噌による免疫系の活性化を介したがん予防 Cancer prevention through activation of innate immunity by compounds in Miso 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 39, 83-86 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 39, 83-86 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 39, 83-86 2018/03 日本語 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 大豆ペプチドによる自然免疫系活性化機構の解明 (第19回研究報告会記録) 大豆ペプチドによる自然免疫系活性化機構の解明 (第19回研究報告会記録) Stimulation of Natural Killer Activity by a Soy Peptide 大豆たん白質研究, 19, 37, 74-77 大豆たん白質研究, 19, 37, 74-77 大豆たん白質研究, 19, 37, 74-77 2017/06 日本語 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 味噌による自然免疫系活性化を介したがん予防 味噌による自然免疫系活性化を介したがん予防 Possibility of cancer prevention by innate immunity regulated by miso ingredients 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 38, 108-111 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 38, 108-111 中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 38, 108-111 2017/03 日本語 公開
宮前 友策, 永尾 雅哉 宮前 友策, 永尾 雅哉 宮前 友策, 永尾 雅哉 核内受容体PPARγのユニークな特性と新奇リガンド開発への新展開 核内受容体PPARγのユニークな特性と新奇リガンド開発への新展開 核内受容体PPARγのユニークな特性と新奇リガンド開発への新展開 化学と生物, 54, 11, 791-793 化学と生物, 54, 11, 791-793 化学と生物, 54, 11, 791-793 2016 日本語 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
永尾 雅哉 永尾 雅哉 永尾 雅哉 EPO(エリスロポイエチン)受容体 EPO(エリスロポイエチン)受容体 EPO(エリスロポイエチン)受容体 廣川書店 廣川タンパク質化学 第2巻 受容体タンパク質I,201-209 廣川書店 廣川タンパク質化学 第2巻 受容体タンパク質I,201-209 廣川書店 廣川タンパク質化学 第2巻 受容体タンパク質I,201-209 1993 日本語 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
農芸化学奨励賞(1996年度)The Japan Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry Society Award for the encouragement of young scientists The Japan Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry Society Award for the encouragement of young scientists 日本農芸化学会 The Japan Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry Society 1997
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
科学研究費助成事業学術助成基金助成金・挑戦的萌芽研究(日本学術振興会) 代表 珍奇三重結合含有脂肪酸に着目したバイオロジーの新展開 A novel study on rare fatty acids that contain a triple bond 2013/04/10〜2015/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
公益財団法人不二たん白質研究振興財団 永尾雅哉 大豆ペプチドによる自然免疫系活性化機構 2015/04/01〜2015/03/31
一般社団法人中央味噌研究所 永尾雅哉 味噌による自然免疫系活性化を介したがん予防 2015/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生体情報応答学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生体情報応答学 Biosignals and Bioresponse 後期 農学部 2012/04〜2013/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
生体情報応答学 Biosignals and Bioresponse 後期 農学部 2013/04〜2014/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生体情報応答学 Biosignals and Bioresponse 後期 農学部 2014/04〜2015/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
生体情報応答学 Biosignals and Bioresponse 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生命科学概論II Study of Life Science II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
食品生物科学演習 Seminar on Food Science and Biotechnology 前期 農学部 2015/04〜2016/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
食品分子生物学II Food Molecular Biology II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
食品分子生物学II Food Molecular Biology II 後期 農学部 2017/04〜2018/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2018/04〜2019/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
食品分子生物学II Food Molecular Biology II 後期 農学部 2018/04〜2019/03
Life Science:From Basics to Applications Life Science: From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology 前期集中 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習A Experimental Course and Seminar A 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習B Experimental Course and Seminar B 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習C Experimental Course and Seminar C 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習D Experimental Course and Seminar D 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
統合生命科学特別演習 Advanced Experiments in Integrated Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2019/04〜2020/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
食品分子生物学II Food Molecular Biology II 後期 農学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
福井県立大学 2016/10/01〜2017/03/31
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
京都大学体育会準硬式野球部部長 2006/04/01〜
全学運営(役職等)
役職名 期間
学生部委員会 委員 2009/04/01〜2011/03/31
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2013/08/01〜2017/03/31
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
留学生担当教員連絡会構成員 2005/04/20〜2016/03/31
京都大学補導委員 1999/04/01〜
農学研究科建築委員会委員(オブザーバー) 2014/04/01〜2015/03/31
放射性同位元素総合センター共同利用検討委員会 委員 2012/06/01〜2020/03/31
企画評価専門委員会分野別部会委員会委員 2014/04/01〜2015/04/30
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
人権委員会 委員 2018/04/01〜2020/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 生物学部会 委員 2013/07/10〜2015/04/30
百二十五年史編集委員会委員 2017/04/01〜
人権委員会 委員 2019/04/01〜2021/03/31
統合生命科学専攻副専攻長 2019/04/01〜2020/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
中期目標・中期計画検討委員会 委員 2004/04/01〜2017/03/31
教務委員会 委員 2001/04/01〜2011/03/31
安全・環境保全委員会 委員 2004/04/01〜
制度・財政委員会 委員 2013/04/01〜2014/03/31
化学物質管理小委員会 委員 2011/04/01〜
統合生命科学専攻長 2013/04/01〜2014/03/31
生命科学研究科衛生管理者 2004/04/01〜
奨学金免除返還候補者審査委員会 委員 2014/10/01〜2015/09/30
RI委員会 委員 2015/04/01〜
統合生命科学副専攻長 2006/04/01〜2007/03/31
統合生命科学専攻長 2007/04/01〜2008/03/31
統合生命科学副専攻長 2012/04/01〜2013/03/31
人権委員会 委員 2018/04/01〜
改善委員会 委員 2018/04/01〜
男女共同参画推進アクションプラン推進委員会 委員 2019/04/01〜
生命科学研究科同窓会 委員 2019/04/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
農芸化学奨励賞 日本農芸化学会 1997