岡村 均

Last Update: 2015/12/21 12:33:02

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
岡村 均/オカムラ ヒトシ/Hitoshi Okamura
Primary department(Org1/Job title)
Graduate Schools Pharmaceutical Sciences/Professor
Faculty
Org1 Job title
薬学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区吉田下阿達町46-29 Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, Japan
Phone
Type Number
Office 075-753-9552
E-mail address
メールアドレス
okamurah @ pharm.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本時間生物学会 Japanese Society for Chronobiology
日本内分泌学会 The Japan Endocrine Society
日本解剖学会 The Japanese Association of Anatomists
日本神経科学学会 The Japan Neuroscience Society
日本睡眠学会 The Japanese Society of Sleep Research
日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
The Society for Research on Biological Rhythms 米国
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
医学博士 京都府立医科大学
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都府立医科大学 卒業
Personal Profile
(Japanese)
「同じ川に二度入ることはできない」は、古代ギリシアの哲人ヘラクレイトスのことばとして知られている。この川の流れは時間の比喩であり、我々はただ単にそこにいるだけでなく、来し過去からまだ来ぬ未来に向かってただよう時間的な存在である。生体リズムの規則正しいリズムは時間の枠組を構築するためではないだろうか。自分の未来を投機し得る、厳密な周期を持つ回帰する物理現象として、生物は地球の自転サイクルを選択し、これを正確に真似たシステムを体内に作り出したのではないだろうか。今やっている研究も授業も、何度も繰り返す、一回きりのかけがえのない時間である。
(English)
“Water in the river goes on and never the same as before” is known as an epigram of Hērakleitos. River is the metaphor of time. We are present here, but are floating on the time-axis from past to future. Biological rhythm seems to have a role to keep time-scale on this axis. For the prediction of unseen future, life makes a clock machinery mimicking light-dark cycle, a very strict a time-scale caused by the rotation of earth. I do lectures and research works repeatedly, but it really happens only at one chance.
Personal website address
URL
http://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/system-biology/
Research Topics
(Japanese)
健康と疾病における生体時計の分子機構の解明
(English)
Molecular mechanisms of the biological clock in health and diseases
Overview of your research
(Japanese)
生体時計Biological Clockは、地球の自転にともなう昼夜の規則正しい変動に基づき形成された、生命にとって最も根源的な「時間」の仕組みである。我々は、我々は哺乳類時計遺伝子のクローニング(Naure 1997, Cell 1997)からリズム生成の分子レベルの解明(Science 1999, 2001)を先導し、生体内で時計が実際動いている事を明らかにした(Nature 2001)。この後、我々は個体レベルのリズム研究に着手し、脳からの時計情報が副腎でホルモンに変換され、それが全身の時計を調律することを明らかにした(Cell Metabolism 2005)。脳の時計中枢では時計細胞が整然と位置特異的に時を刻んでおり(Science 2003a)、朝には早起き物質が発現していた(Nature Communs 2011)。近年は、生体時計異常が慢性疾患の原因になるのではないかと考え、リズム異常マウスを用いて、肝臓切除後の細胞再生が遅れること(Science 2003b)、膀胱の拡張能が時計遺伝子によるギャップ結合の制御によること(Nature Communs 2012)、さらに副腎に新規ステロイド合成酵素HSD3Bが誘導され、高アルドステロン血症による高血圧を来たすことを明らかにした(Nature Medicine, 2010)。最近では、生体時計のリズム産生機能のさらに分子レベルでの探求とともに、新しい時計の分子機構の疾患のトランスレーショナルリサーチも行なっている。その成果として、メッセンジャーRNAのメチル化修飾がリズム周期を変動させること(Cell 2013)、時差の分子機構は、脳の時計中枢におけるバソプレッシン神経伝達が担っていることを明らかにした(Science 2013)。
(English)
Dr. Hitoshi Okamura is a Professor of Department of Systems Biology in Kyoto University Graduate School of Pharmaceutical Sciences. He received BA, MD and PhD in Kyoto Prfectural University of Medicine. Before the present status, he was the Professor of Brain Sciences in Kobe University Graduate School of Medicine between 1995-2008. Dr. Okamura begins his circadian study from 1982 by the peptide work in the suprachiasmatic nucleus (SCN) using the technique of histochemistry. He established quantitative histochemistry in 80’s, and in vitro slice culture of SCN in early 90’s. In Kobe, Dr. Okamura had his own laboratory, and he and his team discovered a number of important molecular mechanisms in mammals including cloning clock genes, cell rhythm at single cell level, clock-regulation of cell cycle timing, and transduction of rhythm signals in the body. After moving to Kyoto in 2007, Dr. Okamura and his team widened their works not only in the basic molecular mechanisms of circadian clocks but also the translational research linking molecular clock and life-style related diseases. They discovered that methylation of messenger RNA alters the period length of circadian rhythms, and also isolated a critical novel steroid synthetic enzyme in salt-induced hypertension from mice with dyregulated clock. They also found a molecular mechanism of jet-lag. Dr. Okamura received Medal with Purple Ribbon from Emperor of Japan for his contribution to the study on circadian rhythms.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
時間生物学 Chronobiology
神経科学 Neuroscience
時間医学 Chronomedicine
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第13回塚原仲晃記念賞 1999/07/
第17回井上学術賞 2001/02/
日本医師会医学賞 2003/11/
井植記念賞 2004/10/
紫綬褒章 2007/06/
Aschoff-Ruler Prize 2009/05/
Newspaper articles
Title Media name Column name Date
紫綬褒章 京都新聞 2007/04/28
体内時計の異常で疾患に 京都新聞 2007/09/20
生体時計の働く仕組みは 光で調律、「分子機械」説も 日本経済新聞 2008/06/08
生体リズム乱れが高血圧に マウスで解明、治療に期待 共同通信 2009/12/14
体内時計狂うと高血圧に、不規則生活が原因 京大 日本経済新聞 2009/12/14
高血圧、生活リズムつくる遺伝子関与? 京大教授ら実験 朝日新聞 2009/12/14
不規則生活+塩分=高血圧 塩分調整に 京大チーム解明 産経新聞 2009/12/14
体内時計が乱れ高血圧症に 京大グループが解明 京都新聞 2009/12/14
体内時計の乱れ→血圧調整ホルモン過剰に=高血圧 読売新聞 2009/12/14
体内時計壊れ高血圧 マウスから原因遺伝子-京大発見 毎日新聞 2009/12/14
体内時計異常にともなう高血圧:原因遺伝子を発見 日刊工業新聞 2009/12/15
体内時計を調律タンパク質発見 睡眠障害治療に道 京都新聞 2011/05/25
体内時計 調節たんぱく質 京大チームが発見 時差ぼけ治療に役立つ可能性 読売新聞 2011/05/25
目覚まし遺伝子 発現 マウス脳内、崩すと朝寝坊 京大教授ら 中日新聞 2011/05/25
“体内時計”司るタンパク質 産経新聞 2011/05/25
朝寝坊させないたんぱく質発見 京大、新薬開発に一役 日本経済新聞 2011/05/25
目覚ましたんぱく質 発見 京大院教授ら治療薬に期待 朝日新聞 2011/05/26
Body clock link to heart disease. Body clock disturbances linked to heart disease. BBC BBC News 2009/12/13
Body clock disturbance linked to heart disease. Times of India 2010/01/30
Body clock 'reset button' found. BBC BBC News 2013/10/03
Jet Lag Curefor Mice Illuminates Inner Workings of Circadian Clocks. National Geographic National Geographic Daily News 2013/10/03
Meet The Mice That Are Immune To Jet Lag. National Geaographic National Geographic Phenomena 2013/10/03
Blocking a hormone helps mice beat lengthy jet lag. Science Science News 2013/10/03
Why We Get Jet Lag: Blame Your Vassopressin. Livescience 2013/10/03
CNBC Scientific study boosts hope of cure to jet lag. CNBC 2013/10/04
A cure for jet lag? Scientists discover body clock 'rest botton'. The Independent 2013/10/04
Blutdruckhormon verschlimmert den Jetlag. Die Welt 2013/10/04
Researchers find hormone vassopressin involved in jet lag. Medical Express 2013/10/04
Apill to cure jet lag? New study shows Promise. The Sun daily 2013/10/07
Scientists on verge of cure for jet-lag after findng brain's 'rest button'. Telegraph 2013/10/09
The science of jetlag... and how best to beat it. BBC BBC Future 2014/05/23
「目覚ましたんぱく」脳内に 京大大学院研究 朝日新聞 2011/06/02
肝臓の働き24時間周期 核酸供給激減 抗がん剤応用も 京大教授ら解明 京都新聞 2012/04/14
抗がん剤 投与時間帯で効果に差 京大、マウス実験で解明 読売新聞 2012/04/15
夜尿症治療 時計遺伝子カギ 膀胱にたまる尿の量を調節 京大グループ解明 読売新聞 2012/05/02
体内時計が尿量調整 京大チーム解明 夜間頻尿治療も 産経新聞 2012/05/02
ぼうこうの活動 体内時計が制御 ネズミ使い京大発見 日本経済新聞 2012/05/02
おねしょ、頻尿治療に光 ためる量をふやし睡眠確保 膀胱「時計」夜の排尿抑える 京大など確認 京都新聞 2012/05/02
時計遺伝子の働き 可視化 時間生物学 岡村均氏(59) 読売新聞 2012/11/08
時をはかる 社会的時差ボケを診断します 朝日新聞 The Globe 2013/09/15
時差ぼけ 薬で治るかも 京大チームがメカニズム解明 産経新聞 2013/10/04
時差ボケしないマウスつくる 京大 遺伝子操作で 日本経済新聞 2013/10/04
「時差ボケしない」マウス京大生成 神経物質の機能停止で 毎日新聞 2013/10/04
体内時計機能止めると時差ぼけ解消できた 京大グループ、マウスで 海外旅行などの不眠 治療薬開発に期待 京都新聞 2013/10/04
化学物質で時差ぼけ軽減 京大チームマウスで実験 読売新聞 2013/10/06
京大、時差ボケのメカニズム解明-モデルマウス開発 日本工業新聞 2013/10/04
時差ぼけしないマウス、京大 防止薬開発に期待 共同通信 2013/10/04
時差ぼけの仕組み解明=治療薬開発に期待ー京大 時事通信 2013/10/04
京大、メチル化RNA概日リズム周期に関与していることをマウスで実証 日刊工業新聞 2013/11/08
夜勤で時差ボケ改善のススメ 高血圧・がんのリスク上昇 日本経済新聞 2014/02/21
青い光とどう向き合う~検証 健康へのリスク~ NHK かんさい熱視線 2013/06/07
ブルーライト 健康への影響は?  NHK おはよう日本 2013/06/12
Clock Genes and the Body Clock NHK国際放送 2013/03/01
体内時計と健康 エフエム京都 Kyoto University Academic Talk 2013/06/26
京大、時差ボケしないマウスを開発 毎日放送 Voice 2013/10/04
「体内時計を整え健康に」⑴体内時計とは何か ⑵体内時計を乱すもの ⑶体内時計の乱れと病気 ⑷体内時計を整える薬の開発 ⑸体内時計を乱さないために   NHKラジオ第一 健康ライフ 2014/08/22
どこまでわかったのか時計遺伝子 ラジオNIKKEI 「小児科診療Up-toDATE」 2014/10/21

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特別推進研究 Representative 分子時計による体内リズムの統合機構の解明 2006/04/01-2011/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 時差症候群の分子機構の解明とその治療に関する研究 2012/04/01-2014/03/31
特別研究員奨励費 Representative 生体時計の発生分化制御に関わる遺伝子機構の解明 2011/11/30-2013/11/29
基盤研究(A) Representative SCNジーンプロジェクトによる生体リズムの分子機構の解明 2012/04/01-2015/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 高齢疾患早期診断の為の微量末梢血シングルセルPCRを用いた概日リズム診断法の開発 2012/04/01-2013/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 時差消失マウスを用いた時差環境下での生活習慣病の発症機構の解明と治療法の開発 2013/04/01-2014/03/31
特別研究員奨励費 Representative ステロイド合成細胞のクロノメタボリズム:細胞代謝と生理の概日時計による制御機構 2013/10/01-2015/09/30
挑戦的萌芽研究 Representative 発達期の生育環境による生体リズム異常のエピジェネティックス (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
特別研究員奨励費 Representative ステロイド合成細胞のクロノメタボリズム:細胞代謝と生理の概日時計による制御機構 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(A) Representative SCNジーンプロジェクトによる生体リズムの分子機構の解明 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(A) Representative 細胞から個体までのリズム遺伝子発現の統合システムの解析 2005/04/01-2007/03/31
基盤研究(A) Representative SCNにおける時間発振機構の解明 2015/04/01-
特定領域研究(がん特性) Representative 細胞時計による生死決定とがん化の研究 2005/04/01-2006/03/31
特定領域研究(分子脳科学) Representative 脳における時間シグナルの構築 2005/04/01-2006/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 時計異常による乳癌発症モデルの開発 2015/04/01-2016/03/31

  • <<
  • >>
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
厚生労働科学研究費 岡村均 ゲノム解析による原発性アルドステロン症の原因診断学の再構築 2010/04/01-2013/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
一般生理学 後期 薬学部 2011/04-2012/03
特別実習(システムバイオロジー) 通年 薬学部 2011/04-2012/03
生理学1(解剖生理学) 後期 薬学部 2011/04-2012/03
特別実習[システムバイオロジー] 通年 薬学部 2011/04-2012/03
生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences 前期不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
臨床研究スキル Skill Development for 通年不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
臨床研究スキル(秋入学用) Skill Development for 後期前期 薬学研究科 2011/04-2012/03
創薬リード探索理論 Bioinformatics II: Lead Discovery 前期不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems 通年不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作(秋入学) Advanced Methods in Systems 後期前期 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems 通年不定 薬学研究科 2011/04-2012/03
システム生物学・医薬創成系研究(秋入学用) Research in Systems 後期前期 薬学研究科 2011/04-2012/03
生理学4(病態ゲノム学) 前期 薬学部 2011/04-2012/03
生理学3(病態生理学) 後期 薬学部 2011/04-2012/03
病態生理学 後期 薬学部 2011/04-2012/03
薬学倫理・概論 An Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
一般生理学 General Physiology 後期 薬学部 2012/04-2013/03
創薬リード探索理論 Bioinformatics II: Lead Discovery 前期不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
博士後期課程特論 doctoral program 前期集中 薬学研究科 2012/04-2013/03
博士後期課程特論 doctoral program 後期集中 薬学研究科 2012/04-2013/03
特別実習(システムバイオロジー) Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2012/04-2013/03
特別実習[システムバイオロジー] Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2012/04-2013/03
生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences 前期不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
生理学4(病態ゲノム学) Physiology 4 (Genomic medicine) 前期 薬学部 2012/04-2013/03
生理学3(病態生理学) Physiology 3 (Pathophysiology for drug discovery and personalized medicine) 後期 薬学部 2012/04-2013/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2012/04-2013/03
病態生理学 Pathogenesis of major symptoms and signs 後期 薬学部 2012/04-2013/03
臨床研究スキル Skill Development for Clinical Researches 通年不定 薬学研究科 2012/04-2013/03
薬学倫理・概論 An Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
特別実習(システムバイオロジー) Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2013/04-2014/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2013/04-2014/03
生理学3(病態生理学) Physiology 3 (Pathophysiology for drug discovery and personalized medicine) 後期 薬学部 2013/04-2014/03
生理学4(病態ゲノム学) Physiology 4 (Genomic medicine) 前期 薬学部 2013/04-2014/03
特別実習[システムバイオロジー] Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2013/04-2014/03
生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences 前期不定 薬学研究科 2013/04-2014/03
臨床研究スキル Skill Development for Clinical Researches 通年不定 薬学研究科 2013/04-2014/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2013/04-2014/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2013/04-2014/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2013/04-2014/03
博士後期課程特論 doctoral program 前期集中 薬学研究科 2013/04-2014/03
博士後期課程特論 doctoral program 後期集中 薬学研究科 2013/04-2014/03
薬学倫理・概論 An Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
特別実習(システムバイオロジー) Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2014/04-2015/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2014/04-2015/03
生理学3(病態生理学) Physiology 3 (Pathophysiology for drug discovery and personalized medicine) 後期 薬学部 2014/04-2015/03
生理学4(病態ゲノム学) Physiology 4 (Genomic medicine) 前期 薬学部 2014/04-2015/03
特別実習[システムバイオロジー] Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2014/04-2015/03
生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences 前期不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
創薬リード探索理論 Bioinformatics II: Lead Discovery 前期不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
臨床研究スキル Skill Development for Clinical Researches 通年不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2014/04-2015/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 後期前期 薬学研究科 2014/04-2015/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 後期前期 薬学研究科 2014/04-2015/03
薬学倫理・概論 An Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
Global Frontier in Life Science A Global Frontier in Life Science A 前期 生命科学研究科 2015/04-2016/03
情報科学技術 Introduction to Information Sciences 前期不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
特別実習(システムバイオロジー) Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2015/04-2016/03
特別実習[システムバイオロジー] Research Training(Systems Biology) 通年 薬学部 2015/04-2016/03
生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences 前期不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 後期前期 薬学研究科 2015/04-2016/03
システム生物学・医薬創成系コンテンツ制作 Advanced Methods in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Dicovery 通年不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 後期前期 薬学研究科 2015/04-2016/03
システム生物学・医薬創成系研究 Research in Systems Biology & Drug Discovery 通年不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
生理学4(病態ゲノム学) Physiology 4 (Genomic medicine) 前期 薬学部 2015/04-2016/03
生理学3(病態生理学) Physiology 3 (Pathophysiology for drug discovery and personalized medicine) 後期 薬学部 2015/04-2016/03
生理学1(解剖生理学) Physiology 1 (Anatomical Physiology) 後期 薬学部 2015/04-2016/03
臨床研究スキル Skill Development for Clinical Researches 通年不定 薬学研究科 2015/04-2016/03
薬学倫理・概論 An Introduction to Pharmaceutical Sciences and Ethics 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
国際教育プログラム委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
FD研究検討委員会 委員 2009/04/01-2011/03/31
国際教育プログラム委員会 委員 2011/04/01-2012/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
薬学研究科医薬創成情報科学専攻長 2015/04/01-2017/03/31
情報システム委員会 委員 2011/04/01-2012/03/31
入試等問題検討委員会 委員 2013/04/01-2014/03/31
入試等問題検討委員会 委員長 2015/04/01-
将来計画委員会 委員 2015/04/01-
予算委員会 委員 2015/04/01-
自己評価等調査検討委員会 委員 2015/04/01-
薬用植物園管理委員会 委員 2015/04/01-
エネルギー管理委員会 委員 2015/04/01-
国際交流委員会 委員 2015/04/01-
寄附講座検討委員会 委員 2015/04/01-
教務委員会 委員 2011/04/01-2012/09/30

  • <<
  • >>
The number of times you have accepted foreign long-term visitors
Visitor name Organization Department Research theme Country Period
FUSTIN Jean-Michel JSPS 外国人特別研究員 神経による分子時計の制御機構 ベルギー 2008/04/14-2009/03/31
FUSTIN Jean-Michel JSPS 外国人特別研究員 生物時計における制御複合体の解明 ベルギー 2009/11/01-2011/10/31
CHAO Hsu-Wen JSPS 外国人特別研究員 生体時計の発生分化生業に関わる遺伝子機構の解明 台湾 2011/11/30-2013/11/29
CHEN Hua-Tao JSPS  外国人特別研究員 ステロイド合成細胞のクロノメタボリズム:細胞代謝と生理の概日時計による制御機構 中国 2013/10/01-2015/09/30