吉田 万里子

Last Update: 2021/06/30 14:58:41

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
吉田 万里子/ヨシダ マリコ/Yoshida, Mariko
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Institute for Liberal Arts and Sciences (ILAS)/Professor
Concurrent Affiliation
Org1 Job title
Institute for Liberal Arts and Sciences (ILAS) Professor
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
Mag.iur.(法学修士) Mag. iur. ウィーン大学 University of Vienna
Dr. iur.(法学博士) Dr. iur. ウィーン大学 University of Vienna
Academic Resume (Graduate Schools)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Completion Status
ウィーン大学 University of Vienna 法学部法律学科 Faculty of Law 卒業
ウィーン大学 University of Vienna 法学部博士課程労社会保障法・行政法専攻 Doctoral Course at the University of Vienna Labour and Social Security Law 修了
Personal Profile
(Japanese)
教育や研究において、「常に誰のために行うのか」を大切にして活動している。
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
ドイツ語 German deu
日本語 Japanese jpn
英語 English eng
Research Topics
(Japanese)
欧州及びドイツ・オーストリアと日本における労働法および社会保障法比較。特に、個別労働契約法、男女機会均等、非正規雇用問題の契約法からのアプローチ。さらに100歳時代における労働と社会保障の在り方。女性と子どもの権利。子どもの貧困。薬事法(日本、EU)、GMP、コミュニケーションと外国語教育
(English)
Legal comparison between EU, Germany, Austria and Japan in labor and social security laws; especially individual labor contract laws, gender equality, non-standard employment etc. as well as the labor and social security law in the age of a 100-year life and AI, rights of women and children, poverty of children. Pharmaceutical Affairs Law; Communication and foreign language education
Overview of the research
(Japanese)
日本の労働契約法及び判例における法教義の特殊性を国際比較の中で浮き彫りにし、是正の必要性を説いてゆきたい。また差別や非正規雇用の問題を契約論と絡めて特定し、解決案を提供したい。さらに、人生100年およびAI時代の労働法と社会保障法の在り方と役割を新たに定義し直したい。女性とこどもの権利を法制度にどのように定着させるか、また子供の貧困に法的にどのように対処すべきかを検討する。 日本及び欧州における薬事法の比較、手続きの改善。日本で対話の技法を定着させ、外国語教育に生かすことはできないか?
(English)
The particularity of the dogmatics in the Japanese labor contract law and precedents to be clarified through the international comparison and the necessity and possibilities of reforms be suggested. At the same time, the issues on discrimination or non-standard employment to be identified in relation with the contract law and solutions be concretely suggested. Also the new vision and missions of the labor law and the social security law shall be re-defined for the time of 100-year life. How the rights of women and children can be established in the Japanese law order, how the poverty of children can be mitigated by legal measures. Compare and seek possibilities to improve the pharmaceutical affairs laws in Japan and EU. Can the foreign language education be improved by learning dialog communication skills?
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
労働契約法 Labor Contract law
社会保障法 Social Security
法社会学 Sociological Jurisprudence
薬事法 Pharmaceutical Affairs Law
ジェンダー Gender
コミュニケーション理論 Communication Theory
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
吉田 万里子 吉田 万里子 中小企業の法務と理論 中小企業の法務と理論 中央経済社 中央経済社 2018/11 Joint Work Disclose to all
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
レオポルド・クンシャク社会学術賞 Leopold Kunschak Prize in Social Science オーストリア国民党同賞選考委員会 Austrian Volks Party, Prize Nomination Commitee   2007/03/10
School management (title, position)
Title Period
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員 2017/04/01-2018/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会交換留学小委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2019/04/01-2021/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会受入れ小委員会 委員 2019/04/01-2020/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員 2020/04/01-2021/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2021/04/01-2023/03/31
高等教育研究開発推進センター協議員会 委員 2021/04/01-2023/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
国際学術言語教育センター運営委員会委員 2016/12/08-2018/12/07
国際学術言語教育センター運営委員会委員 2018/12/08-2020/12/07
国際高等教育院 ハラスメント窓口相談員 2018/04/01-2021/03/31
国際高等教育院 ハラスメント窓口相談員 2021/04/01-2022/03/31