斉藤 康己

Last Update: 2017/06/28 15:49:24

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
斉藤 康己/サイトウ ヤスキ/Yasuki Saitou
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
情報環境機構/IT企画室/教授
Secondary departments to which you belong
Org1 Org2 Org3 Job title
学術情報メディアセンター 連携研究部門 情報システム分野(情報環境機構連携) 教授
E-mail address
saitou.yasuki.5x @ kyoto-u.ac.jp
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
M.S. University of Essex
工学修士 東京大学
博士(工学) 東京大学
Personal Profile
(Japanese)
実践的で役に立つ情報セキュリティの研究を目指しています。情報環境機構のセキュリティ対策室と密接な連携をとりながら京都大学全体のセキュリティを守る業務も実施しています。ともすれば、「仕事の邪魔」と思われがちなセキュリティ対策を仕事の効率を上げるメリットと結びつけ、知らず知らずの内にセキュリティも向上し、仕事の効率も上がるという一挙両得を狙い、その成果を企業や社会に生かしたいと思います。
(English)
Our aim is to do research on practical and effective security solutions. In collaboration with security office we also operate daily incident response, security auditing and security education. We hope to elevate security measures not only to protect your data but also to promote your productivity as well.
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-4833-1402
Research Topics
(Japanese)
インターネットのセキュリティ 仕事の効率を向上させるセキュリティ対策 セキュリティ対策の認知科学
(English)
Internet Security Security measures that enhance productivity Cognitive Scientific study of Security measures
Overview of your research
(Japanese)
セキュリティとインターネットの仕組み、さらにその背後にあるSelf Helpというような基本的な考え方は密接不可分なため、両者を十分に理解しないと話が始まらない。しかし、一般の人々の両分野の知識ははなはだ不十分で、セキュリティについて自ら考え、正しく行動できる人は少ない。このような状況の中でも、インターネットによる利便性は損なわずにセキュリティをきちんと担保するためには技術的、運用的、そして人間の認知的特性に根ざした様々な工夫が必要である。それを総合的に研究しようというのが我々の目論見である。
(English)
Security and the Internet are inseparable. It is necessary to understand both in order to fully utilize the merit of the Internet. But general public lacks enough knowledge for both. Thus giving full benefits of the Internet to everyone requires careful and ingenious design of various systems from technical, operational and human cognitive perspectives. Here is our research field and target.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
セキュリティ Security
仕事の効率化 productivity enhancement
ビッグデータ分析 big data analysis
セキュリティ対策の認知科学 Cognitive Scientific study of security measures
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Computer system network
Cognitive science
Communication/network engineering
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
斉藤康己 インターネットの新しい世界 : IPv6 電気設備学会誌,24,8,610-615 2004/08/10 Refereed Japanese
斉藤康己 囲碁の認知科学的研究 東京大学工学部学位論文(第12838号) 1996/04/17 Refereed Japanese
斉藤康己 社会分散認知と人間の認知―それらはどのように違うのか?― 認知科学の発展、Vol.7, pp.81-88 1994/03/20 Refereed Japanese
斉藤康己 日本語TeX:JTeX コンピュータソフトウェア,5,4,352-365 1988/10/14 Refereed Japanese
M. Maeda, Yoshio Miyake, Jurg Nievergelt, Yasuki Saito A Comparative Study of Man-Machine Interfaces in Interactive Systems SIGCHI bulletin, Vol.16, No.2, pp.44-61. 1984/10 Refereed English
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
斉藤康己 コンピュータ囲碁研究(解説) 人工知能学会誌、Vol.10, No.6, pp.860-869. 1995/11 Refereed Japanese
吉川厚、斉藤康己 囲碁における盤面認識の研究 日本認知科学会大会論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society,12,100-101 1995/06/15 Japanese
吉川厚、斉藤康己 候補手のすばやい認識について Proc. of the 2nd Game Programming Workshop, pp.105-112. 1995 Refereed Japanese
斉藤康己 囲碁を題材にした記号化過程の研究 記号とパターンの統合処理ワークショップ論文集、pp.1-8. 1994 Japanese
吉川厚、斉藤康己 囲碁プログラムを強くするにはどうしたらよいか? 情報処理学会研究報告. 人工知能研究会報告,93,103,55-64 1993/11/24 Japanese
吉川厚、斉藤康己 囲碁における盤面状況の認知 情報処理学会研究報告. 人工知能研究会報告,93,103,41-53 1993/11/24 Japanese
斉藤康己 数を数えるロボットのためのSymbol Grounding Problem 日本認知科学会第10回大会論文集、PA5.5, pp.74-75. 1993/05 Japanese
竹内郁夫、後藤滋樹、尾内理紀夫、斉藤康己、奥乃博 コネクティクス構想(Connectics Plan) ソフトウェア科学会第8回大会論文集、B3-1, pp.233-236. 1991/09 Japanese
斉藤康己 プログラムの概要理解について ソフトウェア科学会第8回大会論文集、C6-3, pp.521-524. 1991/09 Japanese
斉藤康己 文書整形システムの現状と将来(解説) 情報処理、Vol.31, No.11, pp.1543-1562 1990/11 Refereed Japanese
Yasuki Saito 日本語TeX: jTeX 8th Annual Meeting, Conference Proc., TUG VIII, pp.57-68. 1988 Refereed Japanese
斉藤康己 日本語TeX 情報処理学会日本語文書処理研究会 1987 Japanese
斉藤康己 METAFONTの話 第3回TeXユーザ会配布資料 1986/11 Japanese
斉藤康己 キーボード入力だけから何がわかるか? 日本認知科学会第3回大会発表論文集、D-1, p.32. 1986/06 Japanese
斉藤康己 拡張可能な画面エディタEMACS(解説) 情報処理、Vol.25, No.8, pp.777-789. 1984/08 Refereed Japanese
斉藤康己、野村浩郷 日本語スクリーン・エディタJMACSの機能 情報処理学会自然言語処理研究会、31-4 1982/05 Japanese
斉藤康己、野村浩郷 日本語スクリーン・エディタJMACSの概要 情報処理学会第24回全国大会、3G-3, pp.1031-1032. 1982 Japanese
斉藤康己 グラフィック・ディスプレイを多用したLispプログラミング環境 情報処理学会人工知能と対話技法研究会、21-1 1981/06 Japanese
斉藤康己 ディスプレイ上の複数領域を利用した知的プログラミング環境 情報処理学会第22回全国大会、4C-1. 1981 Japanese
Atsushi Yoshikawa and Yasuki Saito Relations between Skill and the Use of Terms - An Analysis of Protocols of the Game of Go 1st International Conference on Computers and Games (Tsukuba, Japan), pp.282-299 1998 Refereed English
Atsushi Yoshikawa and Yasuki Saito A Protocol Study of Problem Solving in the Game of Go 18th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (San Diego) 1996 Refereed English
Atsushi Yoshikawa and Yasuki Saito Do Go Players think in words? Proc. of the 2nd Game Programming Workshop, pp.118-127. 1995 Refereed English
Atsushi Yoshikawa and Yasuki Saito Cognitive Studies for the game of Go Proc. of the Game Programming Workshop in Japan, pp.44-55. 1994/10/21 Refereed English
Yasuki Saito Free Software, Free Information: Can they be really free? Proc. of the 5th international workshop -- distributed environment and network -- era of mobility -- 1992/12/01 Refereed English
斉藤康己 Symbolizer Hypothesis 情報処理学会人工知能研究会 1990/07/12 English
Yasuki Saito Report on jTeX: A Japanese TeX TUGBoat、Vol.8, No.2, pp.103-116. 1987 English
Yasuki Saito and Hirosato Nomura JMACS: Screen Editor for Japanese and English and Programs -- A Kernel for unified research environment Proc. of ICTP'83, pp.91-96. 1983/10 Refereed English

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
Stallman流オープンソースの思想と実際 電気通信大学オープンセミナー 電気通信大学 2004/05/23 Japanese
IT関連の最近の話題から 大宮ライオンズクラブに於ける講演 大宮ライオンズクラブ 2004/01/20 Japanese
IPv6最近の話題から CIAJ会員向け講演会 CIAJ(情報通信ネットワーク産業協会) 2003/12/15 Japanese
NTTコムのIPv6サービスとアプリケーションの可能性 NORTHシンポジウム(NPO法人化記念フォーラム)於札幌 北海道地域ネットワーク協議会(NORTH) 2003/03/14 Japanese
日本のインターネットはなぜなかなか普及しないのか? 岡山市情報水道実験推進協議会設立総会記念講演 岡山市 2000/10/20 Japanese
インターネットとは何か? 吉祥寺ロータリークラブに於ける講演 吉祥寺ロータリークラブ 1998/01/13 Japanese
Pioneering Worldwide IPv6 deployment by NTT Communications 3G Mobile World Forum (Tokyo) 2005/01/11 English
Next Generation Internet (IPv6) - NTTCom's strategresultsy and three years' Chinese Next Generation Internet (CNGI) Conference in Beijing 2004/09/01 English
Carrier's current view of IPv6 IPv6 Summit in Beijing IPv6 Forum 2004/04/14 English
NTT Communications' IPv6 activities Global IPv6 Summit in Beijing IPv6 Forum 2003/11/26 English
IPv6 and new security paradigm 29th Asia Info-Communications Council Conference (Tokyo) Asia Info-communications Council (AIC) 2002/12/02 English

  • <<
  • >>
Lectures > Keynote Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
IPv6 Services in Japan - Our two years' experience ICOIN2003, Cheju island, Korea Korean Information Science Society 2003/02/10 English
Lectures > Panels
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
BA (Building Automation)とインターネットについて IPv6センサー総合展パネルディスカッション 2005/02/22 Japanese
IPv6新ビジネスの可能性と今後のIPv6発展のためにすべきこと 毎日IPv6シンポジウム、パネルディスカッション 毎日新聞社 2002/07/22 Japanese
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
NTTコムのIPv6戦略 NTTグループセミナー NTT 2002/12/06 Japanese
IPv6(ブロードバンドアクセス)サービスに最新動向と適用事例および今後の展開 日本技術情報センターセミナー 日本技術情報センター 2002/10/23 Japanese
IPv6の現状と動向について インターネットテクニカルセミナー(於広島) NTTコミュニケーションズ 2002/07/31 Japanese
IPv6で変わる生活・ビジネス Interop2002、NTTコム遠隔セミナー NTTコミュニケーションズ 2002/07/03 Japanese
IPv6移行へのシナリオと個人・家庭・企業への普及予測 日本計画研究所講演会 日本計画研究所 2002/03/27 Japanese
次世代インターネットプロトコルIPv6その現状と展望 通信機械工業会講演 通信機械工業会 2002/01/25 Japanese
IPv6の現状と展望 電信電話ユーザ協会企業情報通信高度化委員会講演 電信電話ユーザ協会 2002/01/24 Japanese
IPv6は社会の役に立つか? 2001/12/11 Japanese
m2m-x: a platform service that may boosts IPv6 deployment 32nd Asia Info-Communications Council Conference (in Vietnam) Working Group 2 Asia Info-Communications Council 2005/05/19 English
Open Source Software (and contents) play a central role in rural ICT development 32nd Asia Info-Communications Council Conference (in Vietnam) Special Session Asia Info-Communications Council 2005/05/17 English
Next Generation Internet (IPv6) -- Carrier's View -- ICT Business Forum in Beijing 2004/08/18 English

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
斉藤康己(監修) ユビキタスオフィスのテクノロジー―ブロードバンド&セキュリティが企業を変える 電気通信協会 2005 Japanese
斉藤康己 インターネットの新しい世界 - IPv6 電気設備学会 2004/06/24 Japanese
斉藤康己 IPv6の概要と普及予測 企業はIPv6をどう使おうとしているのか? CIAJ CIAJ Journal 2004/05/31 Japanese
斉藤康己 IPv6デュアルサービスで個人利用の拡大を ビジネスコミュニケーション社 月刊ビジネスコミュニケーション9月号 2002/07/29 Japanese
斉藤康己 IPv6の概要と普及予測 CIAJ CIAJ Journal 2002/05/30 Japanese
斉藤康己 NTTコムのグローバルIPv6サービス展開 電気通信協会 NTT技術ジャーナル(月刊)日本電信電話株式会社編集 2002 Japanese
斉藤康己 NTTコミュニケーションズのIPv6サービス戦略 ビジネスコミュニケーション社 月刊ビジネスコミュニケーション 2001/11/30 Japanese
斉藤康己 インターネットの新しい世界―IPv6― 電気通信協会(編)電気通信 64(658)、pp.24-37. 2001/10/01 Japanese
都筑薫、斉藤康己 SBS4.5で中小規模オフィスをすばやくインターネット化の第8章 リックテレコム 1999/12 Japanese
鷲坂光一、斉藤康己 インターネットは図書館か? 明治書院 日本語学、Vol.15, No.11 1996/11 Japanese
斉藤康己 情報ただ論 共立出版 bit, Vol.26, No.10, pp.8-12. 1994/10 Japanese
竹内郁雄、斉藤康己 リテラリー・マシン―ハイパーテキスト原論 ASCII出版 1994/08 Japanese
斉藤康己 シンボル・グラウンディング問題 大修館書店 月刊言語 8月号、Vol.23, No.8, pp.58-65. 1994/07 Japanese
竹内郁雄編 AI奇想曲、第4章の中の「電子図書館から情報市場へ」 NTT出版 1992 Japanese
橋田浩一、波多野誼余夫、郡司隆男、安西祐一郎、田中啓治、中島秀之 認知科学の基礎1 概念と方法 第3章 産業図書 1991/08 Japanese
島田禎晋(翻訳) 人間の脳と人工知能―心理・生理・計算機科学からのアプローチ、序章後半 丸善 1991/04 Japanese
竹内郁雄、片桐恭弘、斉藤康己 メタマジック・ゲーム―科学と芸術のジグソーパズル 白揚社 1990/10 Japanese
斉藤康己 日本語文書清書システム:jTeX 岩波書店 1988/09 Japanese
斉藤康己 日本語TeXの試み 共立出版 bit, Vol.20, No.5, pp.100-110. 1988 Japanese
斉藤康己 座談会 リチャード・ストールマン氏を囲んで―True Hackerの独白 共立出版 bit, vol.19, no.9, 1987/08 Japanese
斉藤康己 AIとは何か? 青土社 現代思想 1987 Japanese
AIUEO(翻訳) エキスパート・システム 産業図書 1985/06 Japanese
片桐恭弘、黒崎政男、斉藤康己? 徹底討論:人間はどこまで機械か 青土社 現代思想「特集=機械じかけの心―人工知能の現象学」pp.166-188. 1984/04 Japanese
Yasuki Saito Ask not what IPv6 can do for you - ask what you can do with the next generation Internet Expert Monograph, 中国の商業誌? 2003 English

  • <<
  • >>
Patents
Right holders Title Stage Patent number Date
天野成昭、斉藤康己 語彙数推定方法ならびにそのための装置 特許公開 特開特願平07-297955 特開平09-138638 1997/05/27
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第1回ASTEMソフトウェア文化賞(日本語文書清書プログラムjTeXに対して) First ASTEM Software Culture Award (Japanese Typesetting Program jTeX) 京都高度技術研究所ASTEM Advanced Scientific Technology & Management Research Institute of KYOTO (ASTEM) 1994/11/22
第2回CGF賞(囲碁プログラムの発展に寄与した人に贈られる賞) Second CGF Award (Awarded to a person who contributed to advance Computer Go Programming) コンピュータ碁フォーラム Computer Go Forum 1998/04/11
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
人が支えるインターネットとセキュリティ People support the Internet and security 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
人が支えるインターネットとセキュリティ People support the Internet and security 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04-2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04-2018/03
School management (title, position)
Title Period
情報セキュリティ委員会 委員 2013/06/03-2014/09/30
情報セキュリティ常置委員会 委員 2013/06/03-2014/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2013/06/03-2014/09/30
全学情報セキュリティ委員会常置委員会 委員 2014/04/01-2015/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31
全学情報セキュリティ委員会常置委員会 委員 2015/04/01-2016/03/31
全学情報セキュリティ委員会常置委員会 委員 2016/04/01-2017/03/31
全学情報セキュリティ委員会常置委員会 委員 2017/04/01-2018/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
情報環境機構KUINS利用負担金運用委員会 委員 2014/04/01-
情報セキュリティ対策室運営委員会 委員長 -
次期基盤コン仕様策定委員会 委員 -
学術情報メディアセンター及び情報環境機構安全衛生委員会委員 委員 -
情報環境機構情報セキュリティ委員会 委員 -
情報環境機構将来構想委員会 委員 2014/04/01-
情報環境機構基盤システム運用委員会 委員長 2014/05/09-
情報環境機構運営委員会 委員 2013/06/02-
情報環境機構運営検討委員会 委員 2014/04/01-
情報環境機構管理委員会 委員 2013/06/02-
情報環境機構評価委員会 委員 2015/04/01-

  • <<
  • >>