服部 高宏

Last Update: 2021/05/28 12:47:55

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
服部 高宏/ハツトリ タカヒロ/Hattori, Takahiro
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Concurrent Affiliation
Org1 Job title
Graduate Schools Law Professor
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区吉田本町 京都大学大学院法学研究科
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本法哲学会 Japan Association of Legal Philosophy
日独法学会 Japanisch-Deutschen Gesellschaft für Rechtswissenschaft
比較法学会 Japan Society ofComparative Law
法哲学社会哲学国際学会連合日本支部 Japanese Section of IVR
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
法学修士 京都大学
Academic Resume (Graduate Schools)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Completion Status
京都大学 大学院法学研究科(修士課程) 修了
High School
Highschool Kana
三重県立四日市南高等学校 みえけんりつ よっかいちみなみ こうとうがっこう
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1988/04/01-1989/03/31 京都大学 Kyoto University 法学部助手 Faculty of Law, Assistant
1989/04/01-1992/03/31 國學院大學 Kokugakuin University 法学部専任講師 Faculty of Law, Lecturer
1992/04/01-1994/03/31 國學院大學 Kokugakuin University 法学部助教授 Faculty of Law,Associate Professor
1994/04/01-1999/08/31 岡山大学 Okayama University 法学部助教授 Faculty of Law, Associate Professor
1999/09/01-2003/03/31 岡山大学 Okayama University 法学部教授 Faculty of Law, Professor
2003/04/01- 京都大学 Kyoto University 大学院法学研究科教授 Graduate School of Law, Professor
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
英語 English eng
ドイツ語 German deu
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008351
Research Topics
(Japanese)
現代ドイツの統治の仕組みとその特徴 ケアの制度化の諸相
(English)
Modern German Government System and Its Character Phases of Institutionalization of Care
Overview of the research
(Japanese)
ドイツ法分野では、連邦制とのかかわりにおける連邦レベルでの立法過程、二院制の政治的動態の特徴の解明に取り組んでいる。 法哲学分野に関しては、引続き、主として応用倫理と法の関連領域で研究を進め、法と倫理の関係の現代的再編の課題に取り組む他、とくにケアの制度化における種々の問題点について、ドイツ法の現代的動向とも関連付けつつ、検討を加えている。
(English)
German law: process of legislation in relation with federal system; political dynamics of the bicameral system. Philosophy of Law: applied ethics and law, especially modern reorganization of the relationship between law and ethics; institutionalization of care.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
ドイツ Germany
ケア Care
連邦制 federal system
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
服部高宏 服部高宏 発題 統一テーマ「ケアの法 ケアからの法」について (ケアの法 ケアからの法) 発題 統一テーマ「ケアの法 ケアからの法」について (ケアの法 ケアからの法) 『ケアの法 ケアからの法 法哲学年報 2016』, 1-7 『ケアの法 ケアからの法 法哲学年報 2016』, 1-7 , 1-7 2016/10 Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 連邦法律に対する州の離反立法(1)――ドイツ連邦制改革による大綱的立法の廃止とその帰結―― 連邦法律に対する州の離反立法(1)――ドイツ連邦制改革による大綱的立法の廃止とその帰結―― 法学論叢, 178, 4, 1-19 法学論叢, 178, 4, 1-19 , 178, 4, 1-19 2016/01 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツにおける患者の権利の定め方 ドイツにおける患者の権利の定め方 法学論叢, 172, 4・5・6, 255-290 法学論叢, 172, 4・5・6, 255-290 , 172, 4・5・6, 255-290 2013/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツ連邦制改革 ドイツ連邦制改革 ドイツ研究, 107-118 ドイツ研究, 107-118 , 107-118 2008 Japanese Disclose to all
服部高宏 服部高宏 ドイツにおける政権交代と憲法 ドイツにおける政権交代と憲法 比較憲法学研究, 18/19, 107-118 比較憲法学研究, 18/19, 107-118 , 18/19, 107-118 2007/03 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 連邦法律の制定と州の関与―ドイツ連邦制改革後の同意法律― 連邦法律の制定と州の関与―ドイツ連邦制改革後の同意法律― 法学論叢, 160, 3・4, 134-168 法学論叢, 160, 3・4, 134-168 , 160, 3・4, 134-168 2007/03 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツにおける「二院制」 ドイツにおける「二院制」 比較憲法学研究, 18・19, 55-83 比較憲法学研究, 18・19, 55-83 , 18・19, 55-83 2007 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 看護専門職とアドボカシー―アドボカシーの諸相と看護の可能性― 看護専門職とアドボカシー―アドボカシーの諸相と看護の可能性― 臨牀看護, 32, 14, 2050-2055 臨牀看護, 32, 14, 2050-2055 , 32, 14, 2050-2055 2006/12 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツの連邦制改革―連邦の立法に関する基本法改正を中心に― ドイツの連邦制改革―連邦の立法に関する基本法改正を中心に― 書斎の窓, 558, 35-39 書斎の窓, 558, 35-39 , 558, 35-39 2006/09 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 Pflege の専門職化―ケアの制度構築の一側面― Pflege の専門職化―ケアの制度構築の一側面― 法学論叢156巻5・6号(京都大学法学会) 法学論叢156巻5・6号(京都大学法学会) 2005/03 Japanese Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツの議院内閣制における連邦政府と与党 ドイツの議院内閣制における連邦政府と与党 改革者, 43, 10, 32-35 改革者, 43, 10, 32-35 , 43, 10, 32-35 2002 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 社会福祉における法・正義の可能性と課題――法哲学の視点から―― 社会福祉における法・正義の可能性と課題――法哲学の視点から―― 月刊福祉, 84, 13, 81-83 月刊福祉, 84, 13, 81-83 , 84, 13, 81-83 2001/11 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 「自律」概念とパターナリズム――ジェラルド・ドゥオーキンの見解を手がかりに―― 「自律」概念とパターナリズム――ジェラルド・ドゥオーキンの見解を手がかりに―― 岡山大学法学会雑誌, 49, 3・4, 345-389 岡山大学法学会雑誌, 49, 3・4, 345-389 , 49, 3・4, 345-389 2000 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 高度情報社会における規範形成の特質と課題――法システムとのかかわりで―― 高度情報社会における規範形成の特質と課題――法システムとのかかわりで―― 岡山大学総合情報処理センター年報, 27, 3-10 岡山大学総合情報処理センター年報, 27, 3-10 , 27, 3-10 2000 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 現代ドイツ政治における演説の意義 現代ドイツ政治における演説の意義 議会政治研究, 42, 45-54 議会政治研究, 42, 45-54 , 42, 45-54 1997 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツ連邦議会改革とその課題――議会弁論の活性化を目指して―― ドイツ連邦議会改革とその課題――議会弁論の活性化を目指して―― 議会政治研究, 40, 37-45 議会政治研究, 40, 37-45 , 40, 37-45 1996 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツの立法過程にみる政党と官僚 ドイツの立法過程にみる政党と官僚 議会政治研究, 34, 50-58 議会政治研究, 34, 50-58 , 34, 50-58 1995 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 システム理論と法・法的思考――「法の射程」研究序説――(2) システム理論と法・法的思考――「法の射程」研究序説――(2) 国学院法学, 20, 4, 1-51 国学院法学, 20, 4, 1-51 , 20, 4, 1-51 1993 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 システム理論と法・法的思考――「法の射程」研究序説――(1) システム理論と法・法的思考――「法の射程」研究序説――(1) 国学院法学, 29, 1, 1-45 国学院法学, 29, 1, 1-45 , 29, 1, 1-45 1991 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 F・ミュラーの法律学的方法論――「法律学的方法」の再構成――(1) F・ミュラーの法律学的方法論――「法律学的方法」の再構成――(1) 法学論叢, 123, 3, 45-70 法学論叢, 123, 3, 45-70 , 123, 3, 45-70 1988 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 F・ミュラーの法律学的方法論――「法律学的方法」の再構成――(2・完) F・ミュラーの法律学的方法論――「法律学的方法」の再構成――(2・完) 法学論叢, 123, 6, 49-76 法学論叢, 123, 6, 49-76 , 123, 6, 49-76 1988 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
服部 高宏 服部 高宏 <書評>「関谷昇著「アルトジウスの人民主権論とその思想的源流」(『獨協法学』一〇二) <書評>「関谷昇著「アルトジウスの人民主権論とその思想的源流」(『獨協法学』一〇二) 法制史研究, 68, 341-343 法制史研究, 68, 341-343 , 68, 341-343 2019/03 Japanese Book review, literature introduction, etc. Disclose to all
服部 高宏, 横山 美夏 服部 高宏, 横山 美夏 大陸法のススメ――他国の法の実相を知り、自国の法を問い直す 大陸法のススメ――他国の法の実相を知り、自国の法を問い直す 法学教室, 462, 4-7 法学教室, 462, 4-7 , 462, 4-7 2019/03 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(trade magazine, newspaper, online media) Disclose to all
服部高宏 服部高宏 シンポジウムの概要 シンポジウムの概要 『ケアの法 ケアからの法 法哲学年報 2016』(日本法哲学会編), 108-118 『ケアの法 ケアからの法 法哲学年報 2016』(日本法哲学会編), 108-118 , 108-118 2016/10 Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 講演録 統治のあり方と補完性原理――ドイツの経験から 講演録 統治のあり方と補完性原理――ドイツの経験から 東北学院大学法学政治学研究所紀要, 22, 1-30 東北学院大学法学政治学研究所紀要, 22, 1-30 , 22, 1-30 2014/03 Japanese Meeting report Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 法体系論の展開――フラー、ハート、ドゥオーキン 法体系論の展開――フラー、ハート、ドゥオーキン 法学教室, 390, 34-36 法学教室, 390, 34-36 , 390, 34-36 2013/03 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 システム論と討議理論―ルーマンとハーバーマス システム論と討議理論―ルーマンとハーバーマス 法学教室, 389, 38-40 法学教室, 389, 38-40 , 389, 38-40 2013/02 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 法と道徳―デヴリンとその批判者たち 法と道徳―デヴリンとその批判者たち 法学教室, 388, 33-35 法学教室, 388, 33-35 , 388, 33-35 2013/01 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ドイツ法学方法論の展開―利益法学から評価法学へ ドイツ法学方法論の展開―利益法学から評価法学へ 法学教室, 387, 24-26 法学教室, 387, 24-26 , 387, 24-26 2012/12 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 プラグマティズム法学の系譜―社会学的法学とリアリズム法学 プラグマティズム法学の系譜―社会学的法学とリアリズム法学 法学教室, 386, 24-26 法学教室, 386, 24-26 , 386, 24-26 2012/11 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(trade magazine, newspaper, online media) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ワイマール期の法と法学―ラートブルフ、ケルゼン、シュミット ワイマール期の法と法学―ラートブルフ、ケルゼン、シュミット 法学教室, 385, 46-48 法学教室, 385, 46-48 , 385, 46-48 2012/10 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ンデクテン法学批判―イェーリングから自由法論へ ンデクテン法学批判―イェーリングから自由法論へ 法学教室, 384, 37-39 法学教室, 384, 37-39 , 384, 37-39 2012/09 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 歴史法学とその展開―パンデクテン法学への道 歴史法学とその展開―パンデクテン法学への道 法学教室, 383, 34-36 法学教室, 383, 34-36 , 383, 34-36 2012/08 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 分析法学と歴史法学―オースティンとメイン 分析法学と歴史法学―オースティンとメイン 法学教室, 382, 37-39 法学教室, 382, 37-39 , 382, 37-39 2012/07 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 近代イギリスの自由主義―J.S.ミルの思想とその時代 近代イギリスの自由主義―J.S.ミルの思想とその時代 法学教室, 381, 26-28 法学教室, 381, 26-28 , 381, 26-28 2012/06 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 草創期アメリカの法思想―ジェファソン、マディソン、ハミルトン 草創期アメリカの法思想―ジェファソン、マディソン、ハミルトン 法学教室, 380, 34-37 法学教室, 380, 34-37 , 380, 34-37 2012/05 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 近代ドイツの理性法論―カントとヘーゲル 近代ドイツの理性法論―カントとヘーゲル 法学教室, 379, 31-33 法学教室, 379, 31-33 , 379, 31-33 2012/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 コモン・ローの伝統と功利主義―ブラックストンとベンサム コモン・ローの伝統と功利主義―ブラックストンとベンサム 法学教室, 378, 38-40 法学教室, 378, 38-40 , 378, 38-40 2012/03 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 フランス啓蒙思想家と法―モンテスキューとルソー フランス啓蒙思想家と法―モンテスキューとルソー 法学教室, 377, 33-35 法学教室, 377, 33-35 , 377, 33-35 2012/02 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 イングランド市民革命期の法思想―ホッブズからロックへ イングランド市民革命期の法思想―ホッブズからロックへ 法学教室, 376, 38-40 法学教室, 376, 38-40 , 376, 38-40 2012/01 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 近世ドイツの自然法思想―プーフェンドルフ、トマジウス、ヴォルフ 近世ドイツの自然法思想―プーフェンドルフ、トマジウス、ヴォルフ 法学教室, 375, 38-40 法学教室, 375, 38-40 , 375, 38-40 2011/12 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 絶対王政から近代自然法へ―ルター、カルヴァン、アルトゥジウス、グロティウス 絶対王政から近代自然法へ―ルター、カルヴァン、アルトゥジウス、グロティウス 法学教室, 374, 38-40 法学教室, 374, 38-40 , 374, 38-40 2011/11 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 絶対君主と国家―マキアヴェリとボダン 絶対君主と国家―マキアヴェリとボダン 法学教室, 373, 42-44 法学教室, 373, 42-44 , 373, 42-44 2011/10 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 キリスト教と法思想(3)―ドゥンス・スコトゥスとオッカム キリスト教と法思想(3)―ドゥンス・スコトゥスとオッカム 法学教室, 372, 45-47 法学教室, 372, 45-47 , 372, 45-47 2011/09 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 キリスト教と法思想(2)―トマス・アクィナスの法と正義 キリスト教と法思想(2)―トマス・アクィナスの法と正義 法学教室, 371, 39-41 法学教室, 371, 39-41 , 371, 39-41 2011/08 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 キリスト教と法思想(1)―原始キリスト教から教父時代まで キリスト教と法思想(1)―原始キリスト教から教父時代まで 法学教室, 370, 35-37 法学教室, 370, 35-37 , 370, 35-37 2011/07 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 古代ローマの法思想―ローマ的なるものとギリシアの影響 古代ローマの法思想―ローマ的なるものとギリシアの影響 法学教室, 369, 43-45 法学教室, 369, 43-45 , 369, 43-45 2011/06 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 古代ギリシア法思想(2)―アリストテレスとヘレニズム哲学 古代ギリシア法思想(2)―アリストテレスとヘレニズム哲学 法学教室, 368, 44-46 法学教室, 368, 44-46 , 368, 44-46 2011/05 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 古代ギリシア法思想(1)―初期の思想からプラトンへ 古代ギリシア法思想(1)―初期の思想からプラトンへ 法学教室, 367, 44-46 法学教室, 367, 44-46 , 367, 44-46 2011/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 京都大学法科大学院教育改善活動資料集2号 \n『ヨーロッパにおける法曹養成の制度と実態の調査-イタ リア・フランス編-』 京都大学法科大学院教育改善活動資料集2号 \n『ヨーロッパにおける法曹養成の制度と実態の調査-イタ リア・フランス編-』 シンポジウムの成果として:編集・製作(一部分担執筆も含む)も担当) \n教育高度化推進プログラム「実践的理論教育高度化プロジェクト」(平成16 年度~平成18 年度) シンポジウムの成果として:編集・製作(一部分担執筆も含む)も担当) \n教育高度化推進プログラム「実践的理論教育高度化プロジェクト」(平成16 年度~平成18 年度) 2006 Refereed Japanese Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.) Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 服部 高宏 Das parlamentarische Zweikammersystem im Kontext der Diskussion zur japanischen und deutschen Verfassungsreform Das parlamentarische Zweikammersystem im Kontext der Diskussion zur japanischen und deutschen Verfassungsreform Das parlamentarische Zweikammersystem im Kontext der Diskussion zur japanischen und deutschen Verfassungsreform フランクフルト・アム・マイン大学刑事法・法哲学研究所と京都大学法学研究科21 世紀COE プロジェクト 共催コロキウム[憲法改正の法理論・国家理論的諸問題] フランクフルト・アム・マイン大学刑事法・法哲学研究所と京都大学法学研究科21 世紀COE プロジェクト 共催コロキウム[憲法改正の法理論・国家理論的諸問題] フランクフルト・アム・マイン大学刑事法・法哲学研究所と京都大学法学研究科21 世紀COE プロジェクト 共催コロキウム[憲法改正の法理論・国家理論的諸問題] 2006 Refereed German Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 服部 高宏 Verwandlung der Wertstruktur in der postindustriellen Gesellschaft Verwandlung der Wertstruktur in der postindustriellen Gesellschaft Verwandlung der Wertstruktur in der postindustriellen Gesellschaft 京都大学21 世紀COE21世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「脱工業化社会」 京都大学21 世紀COE21世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「脱工業化社会」 京都大学21 世紀COE21世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「脱工業化社会」 2006 Refereed German Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 服部 高宏 Eine Facette der Aufgaben des modernen Rechts, Probleme der Wohlfahrt aus rechtsphilosophischer Perspektive Eine Facette der Aufgaben des modernen Rechts, Probleme der Wohlfahrt aus rechtsphilosophischer Perspektive Eine Facette der Aufgaben des modernen Rechts, Probleme der Wohlfahrt aus rechtsphilosophischer Perspektive 京都大学21 世紀COE21 世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「現代社会の変容と法秩序形成」 京都大学21 世紀COE21 世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「現代社会の変容と法秩序形成」 京都大学21 世紀COE21 世紀型法秩序形成プログラム」日墺比較法セミナー「現代社会の変容と法秩序形成」 2004 Refereed German Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
権利擁護(アドボカシー)について 権利擁護(アドボカシー)について 第5回地域共生社会理論研究会 第5回地域共生社会理論研究会 2020/02/23 Disclose to all
統一テーマ「ケアの法 ケアからの法」について 統一テーマ「ケアの法 ケアからの法」について 2016年度日本法哲学会学術大会 2016年度日本法哲学会学術大会 2016/11/13 Disclose to all
ケアと正義―専門職と法・倫理 ケアと正義―専門職と法・倫理 第8回倉敷権利擁護支援フォーラム 第8回倉敷権利擁護支援フォーラム 2016/09/17 Disclose to all
統治のあり方と補完性原理―ドイツの経験から― 統治のあり方と補完性原理―ドイツの経験から― 東北学院大学法学政治学研究所第21回学術講演会 東北学院大学法学政治学研究所第21回学術講演会 2013/05/30 Disclose to all
ドイツにおける政権交代と憲法―連邦制との関連を中心に― ドイツにおける政権交代と憲法―連邦制との関連を中心に― 全国憲法研究会 春期研究集会 全国憲法研究会 春期研究集会 2010/05/08 Disclose to all
ドイツにおける立法過程の特質と連邦制 ドイツにおける立法過程の特質と連邦制 京都大学法学会春季講演会 京都大学法学会春季講演会 2006/04/27 Japanese Disclose to all
「ドイツにおける「二院制」」 「ドイツにおける「二院制」」 比較憲法学会学術大会 比較憲法学会学術大会 2006 Japanese Disclose to all
法治国家原理の展開 法治国家原理の展開 日本法哲学会学術大会 日本法哲学会学術大会 2005/11/13 Disclose to all
「ケアの専門職の法と倫理」 「ケアの専門職の法と倫理」 神戸大学大学院法学研究科21 世紀COE プログラム「市場化社会の法動態学JCDAMS 主催研究会 神戸大学大学院法学研究科21 世紀COE プログラム「市場化社会の法動態学JCDAMS 主催研究会 2004/02/27 Japanese Disclose to all
「電子民主主義の可能性と諸問題」 「電子民主主義の可能性と諸問題」 平成15年度 ・日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「電子社会システム」研究推進委員会主催公開シンポジウム「電子社会における政府の役割」東京大学山上会館 平成15年度 ・日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「電子社会システム」研究推進委員会主催公開シンポジウム「電子社会における政府の役割」東京大学山上会館 2003/02/01 Japanese Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
服部高宏 服部高宏 『法理論をめぐる現代的諸問題―法・道徳・文化の重層性―』(共著) 『法理論をめぐる現代的諸問題―法・道徳・文化の重層性―』(共著) 成文堂 成文堂 2016/11 Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『現代法の変容』(共著) 『現代法の変容』(共著) 有斐閣 有斐閣 2013/02 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法と倫理のコラボレーション――活気ある社会への規範形成――〔高等研報告書301〕』(研究代表者) 『法と倫理のコラボレーション――活気ある社会への規範形成――〔高等研報告書301〕』(研究代表者) 国際高等研究所 国際高等研究所 2013/02 Japanese Joint Work Disclose to all
Takahiro Hattori 服部 高宏 Takahiro Hattori Muranaka/Mazal (Hg.), Österreich – Japan : Gesellschaft und Recht im Wandel Muranaka/Mazal (Hg.), Österreich – Japan : Gesellschaft und Recht im Wandel Muranaka/Mazal (Hg.), Österreich – Japan : Gesellschaft und Recht im Wandel Neuer Wisschenschaftlicher Verlag Neuer Wisschenschaftlicher Verlag Neuer Wisschenschaftlicher Verlag 2012 German Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『立法学講義〔増補〕』(共著) 『立法学講義〔増補〕』(共著) 有斐閣 有斐閣 2011/04 Japanese Contributor Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法の理論30』(共著) 『法の理論30』(共著) 成文堂 成文堂 2011 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 特定非営利活動法人 PACガーディアンズ『自己決定/後見支援研究会報告書 障害のある人の生涯を支え合う社会づくりのために』(講演録所収) 特定非営利活動法人 PACガーディアンズ『自己決定/後見支援研究会報告書 障害のある人の生涯を支え合う社会づくりのために』(講演録所収) 2009 Japanese Joint Work Disclose to all
服部高宏 服部高宏 『現代社会における国家と法―阿部照哉先生喜寿記念論文集』(編集代表、共著) 『現代社会における国家と法―阿部照哉先生喜寿記念論文集』(編集代表、共著) 成文堂 成文堂 2007/05 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『地域社会とリーガル・ネットワーク』(共著) 『地域社会とリーガル・ネットワーク』(共著) 商事法務 商事法務 2006/12 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『現代日本社会における法の支配――理念・現実・展望――(法哲学年報2005)』(共著) 『現代日本社会における法の支配――理念・現実・展望――(法哲学年報2005)』(共著) 有斐閣 有斐閣 2006/11 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『立法学講義』(共著) 『立法学講義』(共著) 商事法務 商事法務 2006/05 Japanese Contributor Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『岩波応用倫理学講義3 情報』(共著) 『岩波応用倫理学講義3 情報』(共著) 岩波書店 岩波書店 2005/03 Japanese Joint Work Disclose to all
Takahiro Hattori 服部 高宏 Takahiro Hattori Wolfgang Mazal u. Takashi Muranaka (hrsg.), Sozialer Schutz für atypisch Beschäftigte Wolfgang Mazal u. Takashi Muranaka (hrsg.), Sozialer Schutz für atypisch Beschäftigte Wolfgang Mazal u. Takashi Muranaka (hrsg.), Sozialer Schutz für atypisch Beschäftigte Manz Manz 2005 German Joint Work Disclose to all
服部高宏 服部高宏 『正義―現代社会の公共哲学を求めて―』(共著) 『正義―現代社会の公共哲学を求めて―』(共著) 嵯峨野書院 嵯峨野書院 2004/12 Japanese Contributor Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『現代法の展望―自己決定の諸相』(共著) 『現代法の展望―自己決定の諸相』(共著) 有斐閣 有斐閣 2004/05 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『自由と正義の法理念 三島淑臣教授古稀祝賀』(共著) 『自由と正義の法理念 三島淑臣教授古稀祝賀』(共著) 成文堂 成文堂 2003 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法哲学』(共著) 『法哲学』(共著) 有斐閣 有斐閣 2002/04 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ステファン・エルフェンバイン著『ニューヨークタイムズ―あるメディアの権力と神話』(共訳) ステファン・エルフェンバイン著『ニューヨークタイムズ―あるメディアの権力と神話』(共訳) 木鐸社 木鐸社 2001/04 Joint Translation Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『中小企業における法と法意識――日欧比較研究』(共著) 『中小企業における法と法意識――日欧比較研究』(共著) 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2000/08 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『人間の尊厳と現代法理論 ホセ・ヨンパルト教授古稀祝賀論文集 (共著) 『人間の尊厳と現代法理論 ホセ・ヨンパルト教授古稀祝賀論文集 (共著) 成文堂 成文堂 2000/06 Japanese Joint Work Disclose to all
Takahiro Hattori 服部 高宏 Takahiro Hattori Theodor Tomandl u. Wolfgang Aigner (hrgs.), Arbeits- und sozialrechtliche Probleme in Klein- und Mittelbetrieben. Ein Vergleich zwischen Japan und Österreich Theodor Tomandl u. Wolfgang Aigner (hrgs.), Arbeits- und sozialrechtliche Probleme in Klein- und Mittelbetrieben. Ein Vergleich zwischen Japan und Österreich Theodor Tomandl u. Wolfgang Aigner (hrgs.), Arbeits- und sozialrechtliche Probleme in Klein- und Mittelbetrieben. Ein Vergleich zwischen Japan und Österreich Wilhelm Braumeller Wilhelm Braumeller Wilhelm Braumeller 2000 German Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『掘り出された術・レトリック』(共著) 『掘り出された術・レトリック』(共著) 木鐸社 木鐸社 1999/05 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法の臨界 [1]法的思考の再定位』(共著) 『法の臨界 [1]法的思考の再定位』(共著) 東京大学出版会 東京大学出版会 1999/02 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 三島淑臣教授退官記念論集委員会編『法思想の伝統と現在』(共著) 三島淑臣教授退官記念論集委員会編『法思想の伝統と現在』(共著) 九州大学出版会 九州大学出版会 1998/11 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 ウルフリット・ノイマン著『法的議論の理論』(共訳) ウルフリット・ノイマン著『法的議論の理論』(共訳) 法律文化社 法律文化社 1997/11 Japanese Joint Translation Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 T・エックホフ=N.K.ズンドビー著『法システム――法理論へのアプローチ――』(共訳) T・エックホフ=N.K.ズンドビー著『法システム――法理論へのアプローチ――』(共訳) ミネルヴァ書房 ミネルヴァ書房 1997/08 Japanese Joint Translation Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法の理論17』(共著) 『法の理論17』(共著) 成文堂 成文堂 1997 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『立法に関する総合的研究:平成7年度特定研究経費研究報告書(京都大学法学部)』(共著) 『立法に関する総合的研究:平成7年度特定研究経費研究報告書(京都大学法学部)』(共著) 1996 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『生と死の法理:法哲学年報 1993』(共著) 『生と死の法理:法哲学年報 1993』(共著) 有斐閣 有斐閣 1994/11 Japanese Joint Work Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『現代理論法学入門』(共著) 『現代理論法学入門』(共著) 法律文化社 法律文化社 1993/11 Japanese Contributor Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 フリチョフ・ハフト著『レトリック流交渉術――法律家の「構造的思考」を手本に――』(共訳) フリチョフ・ハフト著『レトリック流交渉術――法律家の「構造的思考」を手本に――』(共訳) 木鐸社 木鐸社 1993/09 Japanese Single Translation Disclose to all
服部 高宏 服部 高宏 『法的思考の研究』(共著) 『法的思考の研究』(共著) 1993/01 Japanese Joint Work Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
21世紀COEプログラム Assignment 21世紀型法秩序形成プログラム 2006/04/01-2008/03/31
科学研究費補助金・学術創成研究費 Assignment ポスト構造改革における市場と社会の新たな秩序形成―自由と共生の法システム― 2007/04/01-2013/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 高齢社会の法理論―高齢社会における法現象に対する法理論的省察の可能性― 2005/04/01-2008/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 生命科学・医学の発展に対応した社会規範の形成―生命倫理基本法の構築」 2005/04/01-2009/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 「21世紀公衆衛生法システムに関する公法学的実証的研究」 2009/04/01-2012/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(A)(一般) Assignment 「国家による「非営利型移転」の支援と公共サービスの設計」 2012/04/01-2016/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(C) Representative 法的思考における原則主義と決議論-法におけるケアの契機とその位置- 2006/04/01-2008/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(C) Representative ケアの制度構築における法・正義の射程と職業倫理の意義に関する研究 2004/04/01-2006/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 地域的リーガルネットワーク構築に関する総合的研究 2000/04/01-2004/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(C) Assignment 公企業の民営化に伴い生じる法的諸問題の比較法的研究 2000/04/01-2003/03/31
科学研究費補助金・奨励研究(A) Representative 議会弁論と立法過程に関する法哲学研究 1999/04/01-2001/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(A) Assignment 法とレトリック―その歴史・理論・応用― 1993/04/01-1996/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(A)(一般) Assignment 国家による「非営利型移転」の支援と公共サービスの設計 2012/04/01-2016/03/31
科学研究費補助金・基盤研究(A)(一般) Assignment 持続可能な公共財としての原子力システムの可能性 2016/04/01-2020/03/31
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B) Assignment 東アジアにおける終末期医療の倫理的・法的問題に関する国際共同研究 2018/10/09-2024/03/31

  • <<
  • >>
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業 (倫理的法的社会的課題研究事業)) 小杉 眞司 国民が安心してゲノム医療を受けるための社会実現に向けた倫理社会的課題抽出と社会環境整備 2020/07/-2023
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
ドイツ法 前期 法学部 2011/04-2012/03
外国文献研究(独) 後期 法学部 2011/04-2012/03
現代ドイツ法政理論 前期 法学研究科 2011/04-2012/03
生命倫理と法 後期 法学研究科 2011/04-2012/03
演習(ドイツ法) 前期 法学部 2011/04-2012/03
〔現代ドイツ法政理論 リサーチ・ペーパー〕 前期 法学研究科 2011/04-2012/03
〔生命倫理と法 リサーチ・ペーパー〕 前期 法学研究科 2011/04-2012/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2012/04-2013/03
ドイツ法概論 German Law 前期 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2012/04-2013/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2012/04-2013/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2012/04-2013/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科 2012/04-2013/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科 2012/04-2013/03
法学入門II Introduction to Law I 後期 法学部 2013/04-2014/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2013/04-2014/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2013/04-2014/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法概論 German Law 前期 法学研究科 2013/04-2014/03
ドイツ法文献読解1 Research on Foreign Literature [German Law1] 前期 法学研究科 2013/04-2014/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2013/04-2014/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2013/04-2014/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2014/04-2015/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2014/04-2015/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2014/04-2015/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2014/04-2015/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2014/04-2015/03
〔生命倫理と法 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Bioethics and Law 前期 法学研究科(法科大学院) 2014/04-2015/03
〔生命倫理と法 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2014/04-2015/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2015/04-2016/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2015/04-2016/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
〔生命倫理と法 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Bioethics and Law 前期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
〔生命倫理と法 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2016/04-2017/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2016/04-2017/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 前期 法学部 2016/04-2017/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2016/04-2017/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04-2017/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2016/04-2017/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2017/04-2018/03
法学 Jurisprudence 前期 全学共通科目 2017/04-2018/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 前期 法学部 2017/04-2018/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2017/04-2018/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2017/04-2018/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03
医療倫理・生命倫理概論 Introduction to Medical Ethics and Bioethics 前期前半 医学部(人間健康科学科) 2018/04-2019/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2018/04-2019/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法演習A German Law A -Seminar 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法演習B German Law B -Seminar 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
ドイツ法研究演習 German Law -Seminar 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 前期 法学部 2018/04-2019/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2018/04-2019/03
医療倫理・生命倫理概論 Introduction to Medical Ethics and Bioethics 前期前半 医学部(人間健康科学科) 2019/04-2020/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2019/04-2020/03
〔ドイツ法A リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law A 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
〔ドイツ法B リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law B 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2019/04-2020/03
ドイツ法概論 Introduction to German Law 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
ドイツ法研究 German Law 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 前期 法学部 2019/04-2020/03
現代ドイツ法政理論 Law and Politics in Contemporary Germany 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
生命倫理と法 Bioethics and Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
研究倫理・研究公正(人社系) Research Ethics and Integrity(Humanities and Social Sciences) 前期集中 全学共通科目 2019/04-2020/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2019/04-2020/03
看護倫理 Nursing Ethics 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2019/04-2020/03
看護倫理 Nursing Ethics 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2018/04-2019/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2020/04-2021/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2020/04-2021/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2020/04-2021/03
〔ドイツ法A リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law A 前期 法学研究科 2020/04-2021/03
〔ドイツ法B リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law B 後期 法学研究科 2020/04-2021/03
ドイツ法概論 Introduction to German law 前期 法学研究科 2020/04-2021/03
ドイツ法研究A German Law A 前期 法学研究科 2020/04-2021/03
ドイツ法研究B German Law B 後期 法学研究科 2020/04-2021/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2020/04-2021/03
〔現代ドイツ法政理論 RP〕 後期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
現代ドイツ法政理論 前期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
生命倫理と法 後期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
看護倫理 Nursing Ethics 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2020/04-2021/03
研究倫理・研究公正(人社系) Research Ethics and Integrity(Humanities and Social Sciences) 前期集中 全学共通科目 2020/04-2021/03
統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活) Interdisciplinary Sciences :Life and society (implications of the progress in life science on human life) 後期 全学共通科目 2020/04-2021/03
日本の社会と法 Society and Law in Japan 後期 全学共通科目 2021/04-2022/03
ドイツ法A German Law A 前期 法学研究科 2021/04-2022/03
ドイツ法B German Law B 後期 法学研究科 2021/04-2022/03
ドイツ法 German Law 前期 法学部 2021/04-2022/03
〔ドイツ法A リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law A 前期 法学研究科 2021/04-2022/03
〔ドイツ法B リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - German Law B 後期 法学研究科 2021/04-2022/03
ドイツ法概論 Introduction to German law 前期集中 法学研究科 2021/04-2022/03
ドイツ法研究A German Law A 前期 法学研究科 2021/04-2022/03
ドイツ法研究B German Law B 後期 法学研究科 2021/04-2022/03
演習(ドイツ法) Seminar - German Law 後期 法学部 2021/04-2022/03
〔現代ドイツ法政理論 RP〕 後期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
現代ドイツ法政理論 前期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
生命倫理と法 後期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
看護倫理 Nursing Ethics 前期 医学研究科(人間健康科学系専攻) 2021/04-2022/03
研究倫理・研究公正(人社系) Research Ethics and Integrity(Humanities and Social Sciences) 前期集中 全学共通科目 2021/04-2022/03
統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活) Interdisciplinary Sciences :Life and society (implications of the progress in life science on human life) 後期 全学共通科目 2021/04-2022/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
国際教育プログラム委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2008/04/01-2009/03/31
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2011/04/01-2014/03/31
国際教育プログラム委員会 委員 2011/04/01-2012/03/31
学生生活委員会 委員 2012/04/01-2013/03/31
FD研究検討委員会 委員 2013/04/01-2015/03/31
京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員 2013/04/01-2014/03/31
人文・社会科学系部会2 部会長 2014/10/01-2016/04/30
企画評価専門委員会 2014/10/01-2016/09/30
統合科学系特別部会 2015/10/01-2016/04/30
企画評価専門委員会 2014/10/01-2016/09/30
人文・社会科学部会2 部会長 2016/05/01-2017/04/30
統合科学系特別部会 2014/10/01-2016/04/30
統合科学特別部会 2016/05/01-2017/04/30
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
人文・社会科学部会2 部会長 2016/05/01-2016/09/30
統合科学特別部会 委員 2016/05/01-2016/09/30
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2018/04/01-2019/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学部会1 委員 2018/04/01-2019/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 委員 2018/04/01-2018/09/30
国際高等教育院 企画評価専門委員会 統合科学部会 委員 2018/04/01-
国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 委員 2018/04/01-2018/09/30
国際高等教育院 大学院共通・横断教育基盤協議会 協議員 2018/04/01-2018/09/30
国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員 2018/04/01-2018/09/30
国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員 2018/10/01-2020/09/30
国際高等教育院 大学院共通・横断教育基盤協議会 協議員 2018/10/01-2020/09/30
国際高等教育院 企画評価専門委員会 委員 2018/10/01-2020/09/30
国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 委員 2018/10/01-2020/09/30
国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学部会1 部会長 2019/04/01-
国際高等教育院 企画評価専門委員会 健康・スポーツ部会 部会長 2019/04/01-
障害者入試委員会 委員 2020/04/01-2021/03/31
国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員 2020/10/01-2022/09/30
国際高等教育院 大学院共通・横断教育協議会 協議員 2020/10/01-2022/09/30
国際高等教育院 企画評価専門委員会 委員 2020/10/01-2022/09/30
国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 委員 2020/10/01-2022/09/30
組換えDNA実験安全委員会 委員 2021/04/01-2023/03/31
図書館協議会 協議員 2021/04/01-2022/09/30
学修・教育支援特別委員会 委員 2021/04/01-2022/09/30

  • <<
  • >>
Academic organizations (administrative history with title(s), position(s), etc.)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Title(Japanese) Title(English) Period
日本法哲学会 Japan Association of Legal Philosophy 理事 1999/11/-
日独法学会 Japanisch-Deutsche Gesellschaft fuer Rechtswissenschaft 理事 2006/11/-
Academic organizaions (conference administrator)
Organization name Group name Title Period
日本法哲学会 2016年日本法哲学会学術大会 大会委員長 2014/11/-2016/11/
Other activities
Meeting Title Date
京大病院看護師長対象倫理研修 看護におけるケアとチーム医療―法と倫理の観点から― 2018/03/27
京大病院看護師長対象倫理研修 医療従事者の守秘義務と患者の個人情報の取り扱い 2020/01/31
京都弁護士会憲法研究会 人生の最終段階における医療と法 2020/03/10