野田 実希

Last Update: 2021/08/18 17:51:01

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
野田 実希/ノダ ミキ/Noda, Miki
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate School of Education/Assistant Professor
Faculty
Org1 Job title
教育学部
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本心理臨床学会 The Association of Japanese Clinical Psychology
日本産業カウンセリング学会 Japanese Association of Industrial Counseling
日本カウンセリング学会 The Japanese Association of Counseling Science
日本箱庭療法学会 The Japan Association of Sandplay Therapy
日本糖尿病医療学学会 Japanese Society for the art and Science of Diabetes Care
日本精神神経学会 The Japanese Society of Psychiatry and Neurology
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(文学) 同志社大学 Doshisha University
修士(教育学) 京都大学 Kyoto University
博士(教育学) 京都大学 Kyoto University
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-5899-5387
researchmap URL
https://researchmap.jp/30882641
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
臨床心理学
心理療法
職業人のメンタルヘルス
質的研究
ナラティヴ
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
Miki Noda, Yasuhiro Oyama Miki Noda, Yasuhiro Oyama Miki Noda, Yasuhiro Oyama How Can We Understand and Describe “Non-Narrative” Narratives?: A Qualitative Study of Workers with Recurring Sick Leave How Can We Understand and Describe “Non-Narrative” Narratives?: A Qualitative Study of Workers with Recurring Sick Leave How Can We Understand and Describe “Non-Narrative” Narratives?: A Qualitative Study of Workers with Recurring Sick Leave Japanese Psychological Research Japanese Psychological Research Japanese Psychological Research 2021/01/20 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
Miki Noda, Yu Sakagami 野田 実希, 阪上 優 Miki Noda, Yu Sakagami Clinical Significance of the Dialogical Narrative Analysis : Examining the Narrative Analysis through Chaos Narratives of Workers with Recurring Sick Leave 対話的ナラティヴ分析の臨床的意義に関する考察:頻回病休者の混沌の語りからナラティヴ分析を考える Clinical Significance of the Dialogical Narrative Analysis : Examining the Narrative Analysis through Chaos Narratives of Workers with Recurring Sick Leave Japanese journal of clinical psychology, 20, 6, 755-764 臨床心理学, 20, 6, 755-764 Japanese journal of clinical psychology, 20, 6, 755-764 2020/11 Refereed Research paper(scientific journal) Disclose to all
Miki Noda 野田実希 Miki Noda Clinical Significance of Qualitative Research as a Field of Narrative Generation: Differences and Overlap of Narrative in Qualitative Research and Psychotherapy 語りの生成の場としての質的研究の臨床的意義:臨床心理学における質的研究と心理臨床の差異と重なりに着目して Clinical Significance of Qualitative Research as a Field of Narrative Generation: Differences and Overlap of Narrative in Qualitative Research and Psychotherapy 京都大学教育学研究科紀要, 66, 151-164 京都大学教育学研究科紀要, 66, 151-164 , 66, 151-164 2020/03 Refereed Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
Noda, M., Sakagami, Y., Tsujimoto, H. Noda, M., Sakagami, Y., Tsujimoto, H. Noda, M., Sakagami, Y., Tsujimoto, H. The psychological process of workers who access mental health services: A qualitative study focused on workers’ sense of ‘me as a worker’ The psychological process of workers who access mental health services: A qualitative study focused on workers’ sense of ‘me as a worker’ The psychological process of workers who access mental health services: A qualitative study focused on workers’ sense of ‘me as a worker’ Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy, 10, 2, 111-124 Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy, 10, 2, 111-124 Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy, 10, 2, 111-124 2019/06 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
Miki Noda 野田実希 Miki Noda Discussions on Qualitative Research in Clinical Psychology : Perspectives on Clinical Possibility in the Epistemology of Qualitative Research 臨床心理学において質的研究はどのように語られてきたか:質的研究の認識論における臨床的可能性に向けて Discussions on Qualitative Research in Clinical Psychology : Perspectives on Clinical Possibility in the Epistemology of Qualitative Research Kyoto University Research Studies in Education, 65, 137-149 京都大学教育学研究科紀要, 65, 137-149 Kyoto University Research Studies in Education, 65, 137-149 2019/03 Refereed Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
Miki Noda 野田実希 Miki Noda Perspective of Workers on Sick Leave on the Psychological Support Method in Return-to-Work Process : A Review of Mental Health and "Self as a Worker" 休職者の視点から職場復帰過程における心理的支援を考える:メンタルヘルスと職業的自己に関する文献検討 Perspective of Workers on Sick Leave on the Psychological Support Method in Return-to-Work Process : A Review of Mental Health and "Self as a Worker" Japanese Journal of Clinical Psychology, 19, 2, 233-243 臨床心理学, 19, 2, 233-243 Japanese Journal of Clinical Psychology, 19, 2, 233-243 2019/03 Refereed Research paper(scientific journal) Disclose to all
野田実希, 阪上優 野田実希, 阪上優 Work-life-shift and occupational mental health ワーク・ライフ・シフトと産業精神保健 Work-life-shift and occupational mental health Japanese Journal of Clinical Psychiatry, 47, 2, 163-168 臨床精神医学, 47, 2, 163-168 Japanese Journal of Clinical Psychiatry, 47, 2, 163-168 2018/02 Research paper(scientific journal) Disclose to all
Miki Noda Miki Noda Miki Noda The verbal and visual manipulation in W.M. Thackeray's Vanity Fair The verbal and visual manipulation in W.M. Thackeray's Vanity Fair The verbal and visual manipulation in W.M. Thackeray's Vanity Fair Core, 36・37, 43-72 Core, 36・37, 43-72 Core, 36・37, 43-72 2008/03 English Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
野田実希 野田実希 海外文献抄録 :現代の心理療法研究、力動的心理療法ならびにユング派心理療法について 海外文献抄録 :現代の心理療法研究、力動的心理療法ならびにユング派心理療法について 精神療法, 47, 3, 134-134 精神療法, 47, 3, 134-134 , 47, 3, 134-134 2021/06 Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 大澤尚也, 清水亜紀子, 清水恒広, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 山﨑基嗣, 山本喜晴 大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 大澤尚也, 清水亜紀子, 清水恒広, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 山﨑基嗣, 山本喜晴 HIV陽性者へのカウンセリング効果の検証 HIV陽性者へのカウンセリング効果の検証 厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業)HIV陽性者に対する精神・心理的支援方策および連携体制構築に資する研究 令和2年度総括・分担研究報告書, 18-24 厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業)HIV陽性者に対する精神・心理的支援方策および連携体制構築に資する研究 令和2年度総括・分担研究報告書, 18-24 , 18-24 2021/03 Meeting report Disclose to all
豊原響子, 清重英矩, 野田実希, 鎌田依里, 西岡真由美, 平子侑里絵, 藤本航平, 三田桂子, 上田裕也, 西岡小春, 橋本由布子, 山﨑基嗣 豊原響子, 清重英矩, 野田実希, 鎌田依里, 西岡真由美, 平子侑里絵, 藤本航平, 三田桂子, 上田裕也, 西岡小春, 橋本由布子, 山﨑基嗣 <特集>糖尿病者への心理的支援に関する探索的研究 (特集II: 平成31年度京都大学教育研究振興財団研究活動推進助成報告書) <特集>糖尿病者への心理的支援に関する探索的研究 (特集II: 平成31年度京都大学教育研究振興財団研究活動推進助成報告書) 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 24, 50-54 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 24, 50-54 , 24, 50-54 2021/03 Japanese Rapid communication, short report, research note, etc.(bulletin of university, research institution) Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 井上洋士, 大澤尚也, 清水亜紀子, 髙橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 井上洋士, 大澤尚也, 清水亜紀子, 髙橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 カウンセリング等心理支援の評価 カウンセリング等心理支援の評価 厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)HIV陽性者に対する精神・心理的支援方策および連携体制構築に資する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書, 18-22 厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業)HIV陽性者に対する精神・心理的支援方策および連携体制構築に資する研究 令和元年度 総括・分担研究報告書, 18-22 , 18-22 2020/03 Meeting report Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業) HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成27-29年度 総合研究報告書, 48-57 厚生労働行政推進調査事業費補助金(エイズ対策政策研究事業) HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成27-29年度 総合研究報告書, 48-57 , 48-57 2018/03 Meeting report Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山﨑基嗣, 山本喜晴 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成29年度研究報告書, 38-43 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成29年度研究報告書, 38-43 , 38-43 2018/03 Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山本喜晴 大山泰宏, 荒木浩子, 市原有希子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子, 山本喜晴 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成28年度研究報告書, 34-40 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究 平成28年度研究報告書, 34-40 , 34-40 2017/03 Disclose to all
大山泰宏, 荒木浩子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子 大山泰宏, 荒木浩子, 清水亜紀子, 高橋紗也子, 田中史子, 仲倉高広, 野田実希, 古野裕子 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 HIV 陽性者の心理的支援の重要性に関する検討 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究. 平成27年度研究報告書, 26-34 厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究事業. HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究. 平成27年度研究報告書, 26-34 , 26-34 2016/03 Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
HIV陽性者に対する心理カウンセリングでの課題に関する研究 HIV陽性者に対する心理カウンセリングでの課題に関する研究 日本心理臨床学会 第39回大会(WEB開催) 日本心理臨床学会 第39回大会(WEB開催) 2020/11 Poster presentation Disclose to all
糖尿病を生きることの主観的体験に関する質的研究:追跡調査による糖尿病者の語りから 糖尿病を生きることの主観的体験に関する質的研究:追跡調査による糖尿病者の語りから 第63回日本糖尿病学会年次学術集会(WEB開催) 第63回日本糖尿病学会年次学術集会(WEB開催) 2020/10 Poster presentation Disclose to all
入門講座1「糖尿病医療学をこう学んでいる」[Invited] 入門講座1「糖尿病医療学をこう学んでいる」 [Invited] 日本糖尿病医療学学会第6回大会 日本糖尿病医療学学会第6回大会 2019/10 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
HIV陽性者に対するカウンセリング効果の実証的研究――薬物依存男性の事例を通して HIV陽性者に対するカウンセリング効果の実証的研究――薬物依存男性の事例を通して 日本心理臨床学会第38回大会 日本心理臨床学会第38回大会 2019/06 Oral presentation(general) Disclose to all
糖尿病を抱えて生きることの主観的体験に関する質的研究:糖尿病者の語りと描画を手がかりに 糖尿病を抱えて生きることの主観的体験に関する質的研究:糖尿病者の語りと描画を手がかりに 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 2019/05 Poster presentation Disclose to all
意識障害患者に対する音楽療法が奏功したと思われた一例 意識障害患者に対する音楽療法が奏功したと思われた一例 日本音楽医療研究会第12回学術集会 日本音楽医療研究会第12回学術集会 2018/12 Oral presentation(general) Disclose to all
HIV陽性者に対するカウンセリング効果の実証的研究:薬物依存男性の事例を通して HIV陽性者に対するカウンセリング効果の実証的研究:薬物依存男性の事例を通して 第32回日本エイズ学会学術集会 第32回日本エイズ学会学術集会 2018/11 Oral presentation(general) Disclose to all
日本糖尿病医療学会風景構成法体験ワークショップ 日本糖尿病医療学会風景構成法体験ワークショップ 日本糖尿病医療学学会第5回大会 日本糖尿病医療学学会第5回大会 2018/10 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
HIV陽性者への心理的支援に関する検討:HIV陽性者との25回の面接経過を通して HIV陽性者への心理的支援に関する検討:HIV陽性者との25回の面接経過を通して 日本心理臨床学会第37回大会 日本心理臨床学会第37回大会 2018/08 Oral presentation(general) Disclose to all
HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討(2) HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討(2) 第31回日本エイズ学会学術集会 第31回日本エイズ学会学術集会 2017/11 Oral presentation(general) Disclose to all
HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討(1) HIV陽性者の心理的支援の重要性に関する検討(1) 第31回日本エイズ学会学術集会 第31回日本エイズ学会学術集会 2017/11 Oral presentation(general) Disclose to all
糖尿病者と風景構成法(LMT):風景構成法(LMT)で何がわかるのか 糖尿病者と風景構成法(LMT):風景構成法(LMT)で何がわかるのか 第4回日本糖尿病医療学学会 第4回日本糖尿病医療学学会 2017/10 Oral presentation(general) Disclose to all
糖尿病者支援の課題と展望:糖尿病者の主観的体験に着目して 糖尿病者支援の課題と展望:糖尿病者の主観的体験に着目して 日本糖尿病学会第60回大会 日本糖尿病学会第60回大会 2017/05 Poster presentation Disclose to all
HIV陽性者のカウンセリングに何が求められているか:効果測定に関する多面的指標の探索 HIV陽性者のカウンセリングに何が求められているか:効果測定に関する多面的指標の探索 第30回エイズ学会学術集会・総会 第30回エイズ学会学術集会・総会 2016/11 Poster presentation Disclose to all
糖尿病イメージについての語り,風景構成法を通した糖尿病者の心理的理解 糖尿病イメージについての語り,風景構成法を通した糖尿病者の心理的理解 第3回日本糖尿病医療学学会 第3回日本糖尿病医療学学会 2016/11 Oral presentation(general) Disclose to all
糖尿病者の糖尿病イメージと治療に対する取り組み 糖尿病者の糖尿病イメージと治療に対する取り組み 日本糖尿病学会第59回大会 日本糖尿病学会第59回大会 2016/05 Poster presentation Disclose to all
A qualitative study on self-consciousness among workers in the process of receiving mental health services in Japan A qualitative study on self-consciousness among workers in the process of receiving mental health services in Japan A qualitative study on self-consciousness among workers in the process of receiving mental health services in Japan Regional Congress of the World Federation for Mental Health Regional Congress of the World Federation for Mental Health Regional Congress of the World Federation for Mental Health 2015/08 English Poster presentation Disclose to all
精神疾患を患った職業人の受療過程における自己意識をめぐる質的研究 精神疾患を患った職業人の受療過程における自己意識をめぐる質的研究 第111回日本精神神経学会学術総会 第111回日本精神神経学会学術総会 2015 Poster presentation Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
野田, 実希 野田, 実希 「働くわたし」を失うとき : 病休の語りを聴く臨床心理学 「働くわたし」を失うとき : 病休の語りを聴く臨床心理学 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2021/03 Japanese Single Work Disclose to all
Title language:
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
インテークカンファレンス Advanced Seminar on Intake and Terminated Cases 通年 教育学研究科 2020/04-2021/03
心理臨床学コロキアムI Colloquium on Clinical Psychology I 前期 教育学研究科 2020/04-2021/03
教育心理学コロキアムII Colloquium on Educational Psychology II 前期 教育学部 2020/04-2021/03
臨床心理学課題演習(心理的アセスメント) Seminar on Clinical Psychology(Psychological Assessment) 通年 教育学部 2020/04-2021/03
臨床心理面接特論II Advanced Studies : Psychotherapy II 後期 教育学研究科 2020/04-2021/03
臨床心理面接特論I(心理支援に関する理論と実践) Advanced Studies : Psychotherapy (Theory and Practice of Psychological Support) 前期 教育学研究科 2020/04-2021/03
インテークカンファレンス Advanced Seminar on Intake and Terminated Cases 通年 教育学研究科 2021/04-2022/03
心理学I Psychology I 後期 全学共通科目 2021/04-2022/03
心理臨床ケースカンファレンスIII Advanced Seminar on Case Studies III 前期 教育学研究科 2021/04-2022/03
心理臨床学コロキアムI Colloquium on Clinical Psychology I 前期 教育学研究科 2021/04-2022/03
教育心理学コロキアムII Colloquium on Educational Psychology II 前期 教育学部 2021/04-2022/03
臨床心理学課題演習(心理的アセスメント) Seminar on Clinical Psychology(Psychological Assessment) 通年 教育学部 2021/04-2022/03
臨床心理面接特論II Advanced Studies : Psychotherapy II 後期 教育学研究科 2021/04-2022/03
臨床心理面接特論I(心理支援に関する理論と実践) Advanced Studies : Psychotherapy (Theory and Practice of Psychological Support) 前期 教育学研究科 2021/04-2022/03

  • <<
  • >>