池口 良輔

Last Update: 2017/07/06 18:11:40

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
池口 良輔/イケグチ リョウスケ/Ryosuke Ikeguchi
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
医学部附属病院/リハビリテーション科/准教授
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区聖護院川原町54 54 Shogoin-Kawahara-cho, Sakyo-ku, Kyoto, Japan
Phone
Type Number
Office 0753667722
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本整形外科学会
日本リハビリテーション医学会
日本手外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本骨折治療学会
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
American Society for Surgery of the Hand USA
American Association of Orthopaedic Surgeons USA
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
博士(医学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院医学研究科博士課程外科系専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 医学部 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1993/05/01-1994/05/31 京都大学医学部附属病院整形外科
1994/06/01-1996/05/31 静岡県立総合病院整形外科
1996/06/01-1999/06/30 公立高島総合病院整形外科
1999/07/01-2001/03/31 京都逓信病院整形外科
2006/04/01-2010/03/31 京都大学医学部附属病院整形外科 助教
2010/04/01-2014/03/31 神戸市立医療センター中央市民病院整形科 医長
2104/04/01- 京都大学医学部附属病院リハビリテーション科 准教授
Personal Profile
(English)
Ryosuke Ikeguchi is a hand surgeon and the consultant of the Department of Orthopedic Surgery, Kyoto University Hospital, Kyoto, Japan. His specialities are hand surgery and microsurgery. He performs three hundred surgeries for hand diseases, thirty replantation surgeries for amputated fingers and forty neurorrhaphy of peripheral nerve injuries every year. He graduated from Medical School of Kyoto University and studied peripheral nerve regeneration in Graduated School of Medicine, Kyoto University. He also studied composite tissue allotransplantation in University of Pittsburgh, Pennsylvania. His research interests are peripheral nerve regeneration through artificial material and peripheral nerve allotransplantation. His clinical interests include trauma, hand surgery, microsurgery and functional reconstruction of severely injured extremity. He is a Councilor of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery.
Research Topics
(Japanese)
手外科 マイクロサージャリー 外傷 骨折 骨髄炎 同種移植 神経再生
(English)
Hand Surgery, Microsurgery, Reconstruction, Fracture repair, Composite Tissue Allotransplantation, Periperal nerve regeneration
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
手外科
マイクロ
再生
移植
整形外科
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Orthopaedic surgery
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Nankaku M, Ikeguchi R, Goto K, So K, Kuroda Y, Matsuda S Hip external rotator exercise contributes to improving physical functions in the early stage after total hip arthroplasty using an anterolateral approach: a randomized controlled trial. Disability and rehabilitation,1-6 2016/01 Refereed
Ikeguchi R, Sacks JM, Unadkat JV, Solari M, Horibe EK, Thomson AW, Lee AW, Feili-Hariri M Long-term survival of limb allografts induced by pharmacologically conditioned, donor alloantigen-pulsed dendritic cells without maintenance immunosuppression. Transplantation,85,2,237-246 2008/01 Refereed
Taieb A, Ikeguchi R, Yu VL, Rihs JD, Sharma M, Wolfe J, Wollstein R Mycobacterium monacense: a mycobacterial pathogen that causes infection of the hand. The Journal of hand surgery,33,1,94-96 2008/01 Refereed
Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T Successful storage of peripheral nerves using University of Wisconsin solution with polyphenol. Journal of neuroscience methods,159,1,57-65 2007/01 Refereed
Yamakawa T, Kakinoki R, Ikeguchi R, Nakayama K, Morimoto Y, Nakamura T Nerve regeneration promoted in a tube with vascularity containing bone marrow-derived cells. Cell transplantation,16,8,811-822 2007 Refereed
Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Yamakawa T, Nakayama K, Morimoto Y, Tsuji H, Ishikawa J, Nakamura T Basic fibroblast growth factor promotes nerve regeneration in a C- -ion-implanted silicon chamber. Brain research,1090,1,51-57 2006/05 Refereed
Ikeguchi R, Kakinoki R, Aoyama T, Shibata KR, Otsuka S, Fukiage K, Nishijo K, Ishibe T, Shima Y, Otsuki B, Azuma T, Tsutsumi S, Nakayama T, Otsuka T, Nakamura T, Toguchida J Regeneration of osteonecrosis of canine scapho-lunate using bone marrow stromal cells: possible therapeutic approach for Kienböck disease. Cell transplantation,15,5,411-422 2006 Refereed
Ikeguchi R., Kakinoki R., Matsumoto T., Hyon SH., Nakamura T. Peripheral nerve allografts stored in green tea polyphenol solution. The annual meeting of American Orthopedic Research Society(2005.2.19-22 Washington),79,6,688-695 2005/03 Refereed English
Ikeguchi R, Kakinoki R, Okamoto T, Matsumoto T, Hyon SH, Nakamura T Successful storage of peripheral nerve before transplantation using green tea polyphenol: an experimental study in rats. Experimental neurology,184,2,688-696 2003/12 Refereed
Ikeguchi R, Kakinoki R, Matsumoto T, Tsuji H, Ishikawa J, Nakamura T Rat nerve regeneration through a silicone chamber implanted with negative carbon ions. Brain research. Developmental brain research,140,1,127-131 2003/01 Refereed
Ryosuke Ikeguchi, Ryosuke Kakinoki, Tomoki Aoyama, Koji Goto, Taira Maekawa, Takashi Nakamura, Junya Toguchida Clinical application of bone marrow stromal cells to avascular necrosis of the femoral head combined with vascularized iliac bone graft Annual Scientific Meeting of American Society for Reconstructive Microsurgery (2009.1.10.Maui) 2009 Refereed English
Ikeguchi R.,. Kakinoki R, Okamoto T., Matsumoto T., Hyon SH., Nakamura T., Successful Storage of Peripheral \nNerves using Green Tea Polyphenol : an Experimental Study in Rats. Experimental neurology 184 : 688-696 (2004) 2004 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
竹内 久貴, 池口 良輔, 藤田 俊史, 山本 博史 指尖部切断に対して神経縫合を実施しない再接着手術に対する術後調査 日本手外科学会雑誌,32,3,247-250 2015/12 Japanese
池口 良輔, 松田 秀一, 竹内 久貴, 奥谷 祐希, 安田 義 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術後に発生した腱断裂 骨折,37,4,891-894 2015/10 Japanese
池口 良輔, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 中山 富貴, 安田 義, 松田 秀一 【整形外科領域における移植医療】 総論 骨関節感染症に対する移植医療 脛骨感染性偽関節に対する血管柄付き腓骨移植の工夫 別冊整形外科,68,69-72 2015/10 Japanese
池口 良輔, 松田 秀一, 竹内 久貴, 奥谷 祐希, 安田 義 大理石骨病に発生した大腿骨骨幹部骨折の1例 骨折,37,3,742-744 2015/06 Japanese
織田 宏基, 山川 知之, 丸尾 陽平, 池口 良輔, 松田 秀一, 西島 直城 橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートを使用した骨接合術後の長母指屈筋腱断裂症例の検討 日本手外科学会雑誌,31,6,820-824 2015/04 Japanese
池口 良輔, 太田 壮一, 貝澤 幸俊, 織田 宏基, 松田 秀一 尺骨神経断裂に対する神経縫合の3例 日本手外科学会雑誌,32,1,1-6 2015/04 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 奥谷 祐希, 安田 義, 松田 秀一 上腕骨遠位端関節内骨折(AO/OTA type C)に対するdouble plate固定法による骨接合術の治療成績 骨折,37,1,44-47 2015/02 Japanese
中川 正秀, 野口 貴志, 織田 宏基, 太田 壮一, 池口 良輔, 松田 秀一 全身性エリテマトーデスに合併した手指伸筋腱断裂の1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,58,1,187-188 2015/01 Japanese
池口 良輔 肘頭部に生じた外傷性軟部組織欠損に対し、逆行性外側上腕皮弁にて再建を行った1例 日本肘関節学会雑誌,21,2,303-305 2014/12 Japanese
織田 宏基, 山川 知之, 丸尾 陽平, 池口 良輔, 松田 秀一, 西島 直城 手根管開放術後の正中神経損傷に対する有茎脂肪移植術による治療経験 日本手外科学会雑誌,31,3,260-263 2014/12 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 奥谷 祐希, 安田 義 上腕骨々幹部骨折に伴う橈骨神経麻痺について 骨折,36,3,515-518 2014/06 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 渡邉 睦, 奥谷 祐希, 安田 義 前外側大腿皮弁による上肢軟部組織欠損の再建 日本手外科学会雑誌,31,1,1-4 2014/04 Japanese
奥谷 祐希, 池口 良輔, 竹内 久貴, 安田 義 感染を生じた前腕開放骨折に伴う軟部組織欠損を前外側大腿皮弁で修復した1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,57,2,363-364 2014/03 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 渡邊 睦, 奥谷 祐希, 金村 卓, 京 英紀, 木村 豪太, 太田 悟司, 大西 英次郎, 岩城 公一, 川那辺 圭一, 安田 義 前外側大腿皮弁による手部軟部組織欠損の再建 日本外傷学会雑誌,28,1,1-5 2014/01 Japanese
竹内 久貴, 池口 良輔, 松本 真一, 吉川 拓宏, 川那辺 圭一, 安田 義 橈骨遠位端骨折に対するDVR Anatomic Plate Systemの治療成績 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,56,6,1389-1390 2013/11 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 金村 卓, 奥谷 祐希, 川那辺 圭一, 安田 義 母指CM関節症に対する関節形成術について 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,56,6,1381-1382 2013/11 Japanese
金村 卓, 竹内 久貴, 池口 良輔 母趾軟部組織欠損にて逆行性短趾伸筋弁を行った1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,56,5,1155-1156 2013/09 Japanese
平尾 明日香, 高岡 亜紀, 今村 裕子, 星野 達二, 北 正人, 池口 良輔 骨盤リンパ節郭清時の閉鎖神経損傷に対し卵巣静脈を用いて修復した一例 日本婦人科腫瘍学会雑誌,31,1,44-48 2013/01 Japanese
麻田 義之, 柿木 良介, 池口 良輔 肩甲上・腋窩神経合併損傷に対する神経移行術の経験 日本マイクロサージャリー学会会誌,25,4,213-218 2012/12 Japanese
織田 宏基, 山川 知之, 神庭 悠介, 櫻木 淳史, 池口 良輔, 市川 耕一, 石原 芙紗子, 川那辺 圭一 外傷性の足部組織欠損に対し、肩甲皮弁もしくは広背筋皮弁にて再建した3例 日本マイクロサージャリー学会会誌,25,3,138-144 2012/09 Japanese
池口 良輔, 竹内 久貴, 石原 芙紗子, 織田 宏基, 吉川 拓宏, 川那辺 圭一 指尖部切断に対するgraft-on flap法を用いた治療について 日本手外科学会雑誌,28,5,511-514 2012/02 Japanese
藤田 俊史, 柿木 良介, 太田 壮一, 野口 貴志, 中村 孝志, 池口 良輔, 松本 泰一, 中山 憲 前腕回旋矯正骨切り術後の骨癒合に血管柄付き骨移植を要した橈側列欠損症の1症例 日本マイクロサージャリー学会会誌,24,4,448-451 2011/12 Japanese
池口 良輔, 柿木 良介, 三井 裕人, 青山 朋樹, 布留 守敏, 太田 壮一, 藤田 俊史, 野口 貴志, 川那辺 圭一, 戸口田 淳也, 中村 孝志 ラット四肢同種移植における骨髄間葉系幹細胞の拒絶反応抑制効果 日本マイクロサージャリー学会会誌,24,4,412-416 2011/12 Japanese
神庭 悠介, 池口 良輔, 桜木 淳史, 石原 芙紗子, 織田 宏基, 川那辺 圭一 小児上腕骨外側顆骨折に対する、肘関節後外側進入、K-wireを用いた観血的整復固定法の検討 日本肘関節学会雑誌,18,2,177-180 2011/11 Japanese
池口 良輔, 織田 宏基, 石原 芙紗子, 神庭 悠介, 川那辺 圭一 高齢者上腕骨遠位端偽関節に対して全人工肘関節置換術にて再建した1例 日本肘関節学会雑誌,18,2,214-216 2011/11 Japanese
神庭 悠介, 川那辺 圭一, 岩城 公一, 池口 良輔, 山川 知行, 桜木 淳史 軽油による手関節高圧注入損傷の1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,54,2,321-322 2011/03 Japanese
神庭 悠介, 川那辺 圭一, 岩城 公一, 池口 良輔, 大槻 文悟, 木村 豪太 大腿骨転子部骨折術後、結核性骨髄炎を発症した1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,54,2,313-314 2011/03 Japanese
池口 良輔, 柿木 良介, 玄 丞烋, 川那辺 圭一, 中村 孝志 ポリフェノールを用いた皮膚組織保存に関する研究 日本手外科学会雑誌,27,5,659-661 2011/02 Japanese
伊藤 宣, 柿木 良介, 池口 良輔, 吉富 啓之, 中村 孝志 関節リウマチにおける屈筋腱皮下断裂7例の術前画像評価 前向き調査 日本手外科学会雑誌,27,5,595-598 2011/02 Japanese
織田 宏基, 大槻 文悟, 池口 良輔, 岩城 公一, 川那辺 圭一 大腿部に発生した血管肉腫の1例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,54,1,57-58 2011/01 Japanese
松本 泰一, 柿木 良介, 池口 良輔, 中村 孝志 保存療法にて経過観察し得た特発性前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺 日本手外科学会雑誌,27,4,335-338 2011/01 Japanese
織田 宏基, 山川 知之, 池口 良輔, 櫻木 淳史, 市川 耕一, 川那辺 圭一 当院における手指末節部切断に対する再接着術の検討 日本手外科学会雑誌,27,3,275-278 2010/12 Japanese
柿木良介,池口良輔,中山憲,山川知之,青山朋樹,戸口田淳也,中村孝志 骨髄幹細胞移植した血管茎含有チュー ブでのイヌ尺骨神経30mm の架橋実験-自家神経移植との比較- 第24 回日本整形外科学会基礎学術集会 (2009.11.5.横浜) 2009 Refereed Japanese
大塚聖視,青山朋樹,柴田弘太郎,吹上謙一,池口良輔,柿木良介,中村孝志,大塚隆信,戸口田淳也 無腐性骨壊死病態に対する生体材料と間葉系幹細胞を用いた治療法の開発 第28 回日本バイオマテリアル学会 (2006.11.28. 東京) 2006 Refereed Japanese
松本泰一,柿木良介,池口良輔,玄丞烋 緑茶ポリフェノールを利用した抹消神経保存における至適処理条件の検討 (R)日本整形外科学会基礎学術集会(第19 回)(2004.10.21-22. 東京) 2004 Refereed Japanese
池口良輔,柿木良介,松本泰一,玄丞烋,中村孝志 ポリフェノール処理した保存抹消神経同種移植に関する研究 (R)日本整形外科学会基礎学術集会(第19 回)(2004.10.21-22. 東京) \n 2004 Refereed Japanese

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(C) 複合組織同種移植における間葉系幹細胞を用いた免疫抑制に関する研究 2008-2010
基盤研究(C) Representative 複合組織同種移植におけるレシビエント間葉系幹細胞による免疫制御に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(C) Representative 間葉系幹細胞由来三次元管腔組織を用いた神経再生 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
基盤研究(C) Representative 間葉系幹細胞由来三次元管腔組織を用いた神経再生 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31