早瀬 篤

Last Update: 2019/09/23 07:35:16

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
早瀬 篤/ハヤセ アツシ/Hayase, Atsushi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Letters/Associate Professor
Faculty
Org1 Job title
文学部
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
博士(人文学) Doctor of Philosophy ダーラム大学 Durham University
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5273-4984
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0070035
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 発展主義解釈と新統一主義解釈—プラトン研究の最近の動向から 発展主義解釈と新統一主義解釈—プラトン研究の最近の動向から 発展主義解釈と新統一主義解釈—プラトン研究の最近の動向から 古代哲学研究 METHODOS, 51, 18-40 古代哲学研究 METHODOS, 51, 18-40 古代哲学研究 METHODOS, 51, 18-40 2019/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について ギリシャ哲学セミナー, 15, 29-43 ギリシャ哲学セミナー, 15, 29-43 ギリシャ哲学セミナー, 15, 29-43 2018/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 ソクラテスは諸事例にもとづいて定義を獲得すべきだと考えるか? ソクラテスは諸事例にもとづいて定義を獲得すべきだと考えるか? ソクラテスは諸事例にもとづいて定義を獲得すべきだと考えるか? 哲学研究, 601, 56-109 哲学研究, 601, 56-109 哲学研究, 601, 56-109 2017/01 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 関西哲学会年報アルケー, 24, 103-114 関西哲学会年報アルケー, 24, 103-114 関西哲学会年報アルケー, 24, 103-114 2016/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
HAYASE Atsushi 早瀬 篤 HAYASE Atsushi Dialectic in the /Phaedrus/ Dialectic in the /Phaedrus/ Dialectic in the /Phaedrus/ /Phronesis/, 61, 2, 111-141 /Phronesis/, 61, 2, 111-141 /Phronesis/, 61, 2, 111-141 2016/04 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 古代哲学研究 METHODOS, 46, 1-22 古代哲学研究 METHODOS, 46, 1-22 古代哲学研究 METHODOS, 46, 1-22 2014/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 全体の定義の優先性(『テアイテトス』146c-147c) 全体の定義の優先性(『テアイテトス』146c-147c) 全体の定義の優先性(『テアイテトス』146c-147c) 西洋古典学研究, 60, 50-62 西洋古典学研究, 60, 50-62 西洋古典学研究, 60, 50-62 2012/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
ROWE Christopher and HAYASE Atsushi クリストファー・ロウ、早瀬 篤 ROWE Christopher and HAYASE Atsushi Bodies and Affections in the Reception of Plato’s Timaeus: A Draft Bodies and Affections in the Reception of Plato’s /Timaeus/: A Draft Bodies and Affections in the Reception of Plato’s Timaeus: A Draft 京都エラスムス計画2012年度派遣成果論文集 京都エラスムス計画2012年度派遣成果論文集 2012 English Research paper(other science council materials etc.) Disclose to all
HAYASE Atsushi 早瀬 篤 HAYASE Atsushi Plato's Later Dialectic /Plato's Later Dialectic/ Plato's Later Dialectic Durham University Durham University Durham University 2010 English Doctoral Thesis Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 プラトン後期における認識と存在の理論 プラトン後期における認識と存在の理論 プラトン後期における認識と存在の理論 京都大学 京都大学 京都大学 2008 Japanese Doctoral Thesis Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 プラトン『ピレボス』における問答法 プラトン『ピレボス』における問答法 プラトン『ピレボス』における問答法 関西哲学会年報アルケー, 15, 139-149 関西哲学会年報アルケー, 15, 139-149 関西哲学会年報アルケー, 15, 139-149 2007/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 『パイドロス』における問答法 『パイドロス』における問答法 『パイドロス』における問答法 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 14, 1-25 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 14, 1-25 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 14, 1-25 2006/06 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 地球にやさしいプラトン—プラトン後期思想における自然の価値の理論 地球にやさしいプラトン—プラトン後期思想における自然の価値の理論 地球にやさしいプラトン—プラトン後期思想における自然の価値の理論 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 13, 44-73 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 13, 44-73 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 13, 44-73 2004/03 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 プラトンの虚偽論 (2) プラトンの虚偽論 (2) プラトンの虚偽論 (2) 古代哲学研究 METHODOS, 35, 35-49 古代哲学研究 METHODOS, 35, 35-49 古代哲学研究 METHODOS, 35, 35-49 2003/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d 古代哲学研究 METHODOS, 34, 42-62 古代哲学研究 METHODOS, 34, 42-62 古代哲学研究 METHODOS, 34, 42-62 2002/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 『ピレボス』における純粋な快楽 『ピレボス』における純粋な快楽 『ピレボス』における純粋な快楽 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 12, 18-42 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 12, 18-42 京都大学古代哲学研究室紀要 HYPOTHESIS, 12, 18-42 2002/03 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201C-206B 「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201C-206B 「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201C-206B 古代哲学研究 METHODOS, 32, 33-46 古代哲学研究 METHODOS, 32, 33-46 古代哲学研究 METHODOS, 32, 33-46 2000/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 学問の誕生を告知する『パイドロス』 学問の誕生を告知する『パイドロス』 学問の誕生を告知する『パイドロス』 西洋古典叢書 月報, 134, 2-5 西洋古典叢書 月報, 134, 2-5 西洋古典叢書 月報, 134, 2-5 2018/07 Japanese Introduction and explanation (others) Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 書評 Sarah Broadie, /Nature and Divinity in Plato’s Timaeus/ 書評 Sarah Broadie, /Nature and Divinity in Plato’s Timaeus/ 書評 Sarah Broadie, /Nature and Divinity in Plato’s Timaeus/ 西洋古典学研究, 63, 135-137 西洋古典学研究, 63, 135-137 西洋古典学研究, 63, 135-137 2015/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 書評 Verity Harte, /Plato on Parts and Wholes: the Metaphysics of Structure/ 書評 Verity Harte, /Plato on Parts and Wholes: the Metaphysics of Structure/ 書評 Verity Harte, /Plato on Parts and Wholes: the Metaphysics of Structure/ 西洋古典学研究, 53, 158-161 西洋古典学研究, 53, 158-161 西洋古典学研究, 53, 158-161 2005/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
Separation and the Ontological Status of eidos/idea[Invited] Separation and the Ontological Status of eidos/idea [Invited] Separation and the Ontological Status of eidos/idea [Invited] Workshop: Plato's Method of Collection and Division, Faculty of Philosophy, University of Oxford Workshop: Plato's Method of Collection and Division, Faculty of Philosophy, University of Oxford Workshop: Plato's Method of Collection and Division, Faculty of Philosophy, University of Oxford 2019/09/12 English Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
発展主義と新統一主義—プラトン研究の最近の動向から[Invited] 発展主義と新統一主義—プラトン研究の最近の動向から [Invited] 発展主義と新統一主義—プラトン研究の最近の動向から [Invited] 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 2019/08/03 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
プラトン哲学へのアプローチの最前線[Invited] プラトン哲学へのアプローチの最前線 [Invited] プラトン哲学へのアプローチの最前線 [Invited] 京大古代学の最前線—古代への誘い 京大古代学の最前線—古代への誘い 京大古代学の最前線—古代への誘い 2018/12/08 Japanese Oral presentation(keynote) Disclose to all
Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について[Invited] Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について [Invited] Εἶδοςとἰδέαの内在・離在について [Invited] ギリシャ哲学セミナー第21回共同研究セミナー ギリシャ哲学セミナー第21回共同研究セミナー ギリシャ哲学セミナー第21回共同研究セミナー 2017/09 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
脇條先生への応答 脇條先生への応答 脇條先生への応答 第46回古代哲学会フォーラム 第46回古代哲学会フォーラム 第46回古代哲学会フォーラム 2017/03 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 真実における類似性(プラトン『パイドロス』273d) 第68回関西哲学会 第68回関西哲学会 第68回関西哲学会 2015/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 『ティマイオス』受容史における素材・物体・様態 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 2014/06 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
『ティマイオス』受容史における物体と作用 『ティマイオス』受容史における物体と作用 『ティマイオス』受容史における物体と作用 第41回古代哲学フォーラム 第41回古代哲学フォーラム 第41回古代哲学フォーラム 2013/03 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
定義の優先性と事例による回答(『テアイテトス』146b-147c) 定義の優先性と事例による回答(『テアイテトス』146b-147c) 定義の優先性と事例による回答(『テアイテトス』146b-147c) 第62回西洋古典学会 第62回西洋古典学会 第62回西洋古典学会 2011/06 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
プラトン『ピレボス』における問答法 プラトン『ピレボス』における問答法 プラトン『ピレボス』における問答法 第59回関西哲学会 第59回関西哲学会 第59回関西哲学会 2006/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
プラトンの虚偽論 (2) プラトンの虚偽論 (2) プラトンの虚偽論 (2) 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 2003/08 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
「プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d」 「プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d」 「プラトンの虚偽論 (1)—『ソピステス』258d-263d」 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 2002/08 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
「「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201c-206b」 「「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201c-206b」 「「ソクラテスの夢」についての試論—プラトン『テアイテトス』201c-206b」 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 古代哲学会談話会 2000/08 Oral presentation(general) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 スクリブナー思想史大事典 スクリブナー思想史大事典 スクリブナー思想史大事典 丸善出版 丸善出版 丸善出版 2016/01 Joint Translation Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 大学からの外国語 大学からの外国語 大学からの外国語 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2015/04 Contributor Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 新版アリストテレス全集1 新版アリストテレス全集1 新版アリストテレス全集1 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2013/10 Joint Translation Disclose to all
早瀬 篤 早瀬 篤 早瀬 篤 岩波講座哲学 02 形而上学の現在 岩波講座哲学 02 形而上学の現在 岩波講座哲学 02 形而上学の現在 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2008/08 Contributor Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
研究活動スタート支援 Representative プラトンのidea/eidos概念の再検討--「イデア論」から「真実在説」へ (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
Introduction-Research Skills Introduction-Research Skills 前期 文学研究科 2018/04-2019/03
Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquim) Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquim) 後期 文学研究科 2018/04-2019/03
Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquium) Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquium) 後期 文学部 2018/04-2019/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2018/04-2019/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2018/04-2019/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2018/04-2019/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2018/04-2019/03
Introduction-Research Skills Introduction-Research Skills 前期 文学研究科 2019/04-2020/03
Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquim) Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquim) 後期 文学研究科 2019/04-2020/03
Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquium) Research 1~3-Seminar (KBR/VMC)(Colloquium) 後期 文学部 2019/04-2020/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2019/04-2020/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2019/04-2020/03
哲学I Philosophy I 後期 全学共通科目 2019/04-2020/03
哲学・西洋哲学史(卒論演習) Philosophy/History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学研究科 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 前期 文学部 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学研究科 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 後期 文学部 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(演習) History of Western Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 通年 文学研究科 2019/04-2020/03
西洋哲学史〔古代〕(特殊講義) History of Western Philosophy (Special Lectures) 通年 文学部 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
国際教育委員会国際学生交流委員会 委員 2019/04/01-2021/03/31
国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員 2019/04/01-2021/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
図書委員会委員 2019/04/01-2021/03/31