田中 利幸

Last Update: 2019/05/29 10:33:02

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
田中 利幸/タナカ トシユキ/Tanaka, Toshiyuki
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Informatics/Professor
Faculty
Org1 Job title
工学部
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office
Phone
Type Number
Office
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
電子情報通信学会 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
日本音響学会 The Acoustical Society of Japan
日本神経回路学会 The Japanese Neural Network Society
日本物理学会 The Physical Society of Japan
日本建築学会 The Architectural Institute of Japan
人工知能学会 The Japanese Society for Artificial Intelligence
Academic Organizations Overaseas You are Affiliated to
Organization name Country
The Institute of Electrical and Electronics Engineers United States of America
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(工学) 東京大学 University of Tokyo
博士(工学) 東京大学 University of Tokyo
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
東京大学 University of Tokyo 大学院工学系研究科博士課程電子工学専攻 修了
東京大学 University of Tokyo 大学院工学系研究科修士課程電子工学専攻 修了
Undergraduate School / Major(s)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
東京大学 University of Tokyo 工学部電子工学科 Faculty of Engineering 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1993/04/01-1997/03/31 東京都立大学工学部電子・情報工学科 Department of Electronics and Information Engineering, Faculty of Technology, Tokyo Metropolitan University 助手 Assistant
1997/04/01-2000/03/31 東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻 Department of Electronic Engineering, Graduate School of Technology, Tokyo Metropolitan University 助手 Assistant
2000/04/01-2001/12/31 東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻 Department of Electronic Engineering, Graduate School of Technology, Tokyo Metropolitan University 講師 Lecturer
2002/01/01-2005/03/31 東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻 Department of Electronic Engineering, Graduate School of Technology, Tokyo Metropolitan University 助教授 Assistant Professor
2005/04/01-2005/09/30 首都大学東京システムデザイン学部システムデザイン学科情報通信システム工学コース Division of Information and Communications Systems, Faculty of System Design, Tokyo Metropolitan University 助教授 Assistant Professor
Personal Profile
(Japanese)
確率モデルにもとづく情報処理に関する研究に従事している. 近年は,無線通信方式に対応する高次元ベクトル通信路の情報伝送能力の理論的解析, 低い計算複雑度で理論限界に迫る性能を示す通信路符号化法の解析, 疎表現を活用した効率のよい情報処理を実現する圧縮センシングの数理などに関する研究を行っている. また,統計的学習理論にもとづいてデータ解析を行う機械学習に関する研究も手掛けている.
(English)
Professor Tanaka has been engaged in studying information processing on the basis of probability models. In recent years, his research activities are in the areas of theoretical analysis on information transmission capability of large-dimensional vector communication channels corresponding to wireless communication, analysis of error-correcting codes which saturate the theoretical limit with low computational complexity, and mathematics of compressed sensing which utilizes sparse representation to achieve efficient information processing. He is also interested in machine learning for data analysis on the basis of statistical learning theory.
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
英語
Personal Website(s) (URL(s))
URL
http://www-adsys.sys.i.kyoto-u.ac.jp/tt/Tanaka-j.html
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-5962-9119
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0043782
Research Topics
(Japanese)
確率モデリングにもとづく情報処理,情報統計力学,確率推論,機械学習
(English)
Information processing using probability modeling, statistical mechanics of informatics, probability-baed inference, machine learning
Overview of the research
(Japanese)
わかることと知りたいこととの間には往々にして深い溝があり,我々はその溝を埋めるために情報処理を行う.溝を構成する多様な要因のなかで,とくに確率的な不確実さに注目して研究を行ってきた.具体的には,大規模な確率的ニューラルネットワークにおける近似推論の問題とその統計力学的定式化,その応用としての符号分割多元接続(CDMA)に代表される各種の無線通信方式の性能評価,また近年は,圧縮センシングなどの疎表現を活用した情報処理に関する研究を行っている.
(English)
Oftentimes, there is a large gap between what we can see and what we want to know, and we perform information processing in order to fill in the gap. Among various factors constituting such gaps, I have been focusing on and studying probabilistic uncertainty. In particular, I have studied problems of approximate inference in large stochastic neural networks and their reformulation in terms of statistical mechanics, performance analysis of code-division multiple-access (CDMA) and various other wireless communication systems as its application, and in recent years, the information processing framework utilizing sparse representation, including compressed sensing.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
計算機科学,情報通信工学,工学基礎 Computer Science,Information and Communication Engineering,Fundamentals of Engineering
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
YAMASAKI Ryoya, TANAKA Toshiyuki 山﨑遼也,田中利幸 YAMASAKI Ryoya, TANAKA Toshiyuki Properties of mean shift Properties of mean shift Properties of mean shift IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence 2019/04 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
TANAKA Toshiyuki 田中利幸 TANAKA Toshiyuki Performance analysis of L1-norm minimization for compressed sensing with non-zero-mean matrix elements Performance analysis of L1-norm minimization for compressed sensing with non-zero-mean matrix elements Performance analysis of L1-norm minimization for compressed sensing with non-zero-mean matrix elements Proceedings of the 2018 IEEE International Symposium on Information Theory, 401-405 Proceedings of the 2018 IEEE International Symposium on Information Theory, 401-405 Proceedings of the 2018 IEEE International Symposium on Information Theory, 401-405 2018/07 Refereed English Research paper(international conference proceedings) Disclose to all
Yasutaka Fushimi, Koji Fujimoto, Tomohisa Okada, Akira Yamamoto, Toshiyuki Tanaka, Takayuki Kikuchi, Susumu Miyamoto, Kaori Togashi Yasutaka Fushimi, Koji Fujimoto, Tomohisa Okada, Akira Yamamoto, Toshiyuki Tanaka, Takayuki Kikuchi, Susumu Miyamoto, Kaori Togashi Compressed Sensing 3-Dimensional Time-of-Flight Magnetic Resonance Angiography for Cerebral Aneurysms: Optimization and Evaluation Compressed Sensing 3-Dimensional Time-of-Flight Magnetic Resonance Angiography for Cerebral Aneurysms: Optimization and Evaluation Compressed Sensing 3-Dimensional Time-of-Flight Magnetic Resonance Angiography for Cerebral Aneurysms: Optimization and Evaluation Investigative Radiology, 51, 4, 228-235 Investigative Radiology, 51, 4, 228-235 Investigative Radiology, 51, 4, 228-235 2016/04 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
Thai Akasaka, Koji Fujimoto, Takayuki Yamamoto, Tomohisa Okada, Yasutaka Fushumi, Akira Yamamoto, Toshiyuki Tanaka, Kaori Togashi Thai Akasaka, Koji Fujimoto, Takayuki Yamamoto, Tomohisa Okada, Yasutaka Fushumi, Akira Yamamoto, Toshiyuki Tanaka, Kaori Togashi Optimization of Regularization Parameters in Compressed Sensing of Magnetic Resonance Angiography: Can Statistical Image Metrics Mimic Radiologists' Perception? Optimization of Regularization Parameters in Compressed Sensing of Magnetic Resonance Angiography: Can Statistical Image Metrics Mimic Radiologists' Perception? Optimization of Regularization Parameters in Compressed Sensing of Magnetic Resonance Angiography: Can Statistical Image Metrics Mimic Radiologists' Perception? PloS One, 11, 1, e0146548 PloS One, 11, 1, e0146548 PloS One, 11, 1, e0146548 2016/01 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
TANAKA Toshiyuki TANAKA Toshiyuki TANAKA Toshiyuki Statistical-mechanics analysis of Gaussian labeled-unlabeled classification problems Statistical-mechanics analysis of Gaussian labeled-unlabeled classification problems Statistical-mechanics analysis of Gaussian labeled-unlabeled classification problems Journal of Physics: Conference Series, 473, 1, 012001 Journal of Physics: Conference Series, 473, 1, 012001 Journal of Physics: Conference Series, 473, 1, 012001 2013 Refereed English Research paper(international conference proceedings) Disclose to all
中村一尊;田中利幸 中村一尊;田中利幸 中村一尊;田中利幸 CDMAマルチユーザ検出における量子化の影響 CDMAマルチユーザ検出における量子化の影響 CDMAマルチユーザ検出における量子化の影響 電子情報通信学会論文誌 A, J91-A, 5, 550-558 電子情報通信学会論文誌 A, J91-A, 5, 550-558 電子情報通信学会論文誌 A, J91-A, 5, 550-558 2008/05/01 Refereed Japanese Disclose to all
矢野亨;中村一尊;田中利幸 矢野亨;中村一尊;田中利幸 矢野亨;中村一尊;田中利幸 確率伝搬法に基づくCDMAマルチユーザ検出方式における通信路パラメータ同時推定方式の基礎的検討 確率伝搬法に基づくCDMAマルチユーザ検出方式における通信路パラメータ同時推定方式の基礎的検討 確率伝搬法に基づくCDMAマルチユーザ検出方式における通信路パラメータ同時推定方式の基礎的検討 電子情報通信学会論文誌 A, J90-A, 11, 861-869 電子情報通信学会論文誌 A, J90-A, 11, 861-869 電子情報通信学会論文誌 A, J90-A, 11, 861-869 2007/11/01 Refereed Japanese Disclose to all
青木 琢哉,田中 利幸,多氣 昌生 青木 琢哉,田中 利幸,多氣 昌生 青木 琢哉,田中 利幸,多氣 昌生 離散リング音源を用いた回転騒音源の能動制御に関する理論的検討 離散リング音源を用いた回転騒音源の能動制御に関する理論的検討 離散リング音源を用いた回転騒音源の能動制御に関する理論的検討 日本音響学会誌, 60, 11, 639-645 日本音響学会誌, 60, 11, 639-645 日本音響学会誌, 60, 11, 639-645 2004/11/01 Refereed Japanese Disclose to all
水谷 智,田中 利幸,岡田 真人 水谷 智,田中 利幸,岡田 真人 水谷 智,田中 利幸,岡田 真人 並列干渉除去法によるマルチステージ検出器の性能改善 並列干渉除去法によるマルチステージ検出器の性能改善 並列干渉除去法によるマルチステージ検出器の性能改善 電子情報通信学会論文誌 A,J86-A/5, 661-671 電子情報通信学会論文誌 A,J86-A/5, 661-671 電子情報通信学会論文誌 A,J86-A/5, 661-671 2004 Refereed Japanese Disclose to all
青木 琢哉,森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生 青木 琢哉,森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生 青木 琢哉,森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生 球面調和関数展開に基づいた自由空間中でのファン騒音の能動制御 球面調和関数展開に基づいた自由空間中でのファン騒音の能動制御 球面調和関数展開に基づいた自由空間中でのファン騒音の能動制御 日本音響学会誌, 59, 7, 379-387 日本音響学会誌, 59, 7, 379-387 日本音響学会誌, 59, 7, 379-387 2003/07/01 Refereed Japanese Disclose to all
吉川 徹,田中 利幸 吉川 徹,田中 利幸 吉川 徹,田中 利幸 小規模地域における同辺率の挙動 : メッシュデータに立脚した土地利用の集塊性の把握手法 その3 小規模地域における同辺率の挙動 : メッシュデータに立脚した土地利用の集塊性の把握手法 その3 小規模地域における同辺率の挙動 : メッシュデータに立脚した土地利用の集塊性の把握手法 その3 日本建築学会計画系論文集, 556, 273-279 日本建築学会計画系論文集, 556, 273-279 日本建築学会計画系論文集, 556, 273-279 2002/06/30 Refereed Japanese Disclose to all
皆川 明洋,小林 幸彦,田川 憲男,田中 利幸 皆川 明洋,小林 幸彦,田川 憲男,田中 利幸 皆川 明洋,小林 幸彦,田川 憲男,田中 利幸 時間変動を有する消失点系列の検出法 時間変動を有する消失点系列の検出法 時間変動を有する消失点系列の検出法 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 85, 1, 23-35 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 85, 1, 23-35 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 85, 1, 23-35 2002/01/01 Refereed Japanese Disclose to all
池田 思朗,田中 利幸,甘利 俊一 池田 思朗,田中 利幸,甘利 俊一 池田 思朗,田中 利幸,甘利 俊一 ターボ復号の情報幾何 ターボ復号の情報幾何 ターボ復号の情報幾何 電子情報通信学会論文誌,J85-D-II/5, 758-765 電子情報通信学会論文誌,J85-D-II/5, 758-765 電子情報通信学会論文誌,J85-D-II/5, 758-765 2002 Refereed Japanese Disclose to all
田中 利幸 田中 利幸 田中 利幸 確率的に動作する多層フィードフォワード型ネットワークに対する平均場近似 確率的に動作する多層フィードフォワード型ネットワークに対する平均場近似 確率的に動作する多層フィードフォワード型ネットワークに対する平均場近似 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 82, 12, 2420-2422 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 82, 12, 2420-2422 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 82, 12, 2420-2422 1999/12/25 Refereed Japanese Disclose to all
田川 憲男;鳥生 隆;遠藤 利生;田中 利幸;守屋 正 田川 憲男;鳥生 隆;遠藤 利生;田中 利幸;守屋 正 田川 憲男;鳥生 隆;遠藤 利生;田中 利幸;守屋 正 奥行モデルに基づくオプティカルフローからの3次元推定方式(動画像処理論文特集) 奥行モデルに基づくオプティカルフローからの3次元推定方式(動画像処理論文特集) 奥行モデルに基づくオプティカルフローからの3次元推定方式(動画像処理論文特集) 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理, 81, 8, 1727-1735 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理, 81, 8, 1727-1735 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理, 81, 8, 1727-1735 1998/08/25 Refereed Japanese Disclose to all
和氣 加奈子,田中 利幸,川澄 正史,多氣 昌生 和氣 加奈子,田中 利幸,川澄 正史,多氣 昌生 和氣 加奈子,田中 利幸,川澄 正史,多氣 昌生 磁気閃光知覚時の人体頭部内における誘導電流密度分布 磁気閃光知覚時の人体頭部内における誘導電流密度分布 磁気閃光知覚時の人体頭部内における誘導電流密度分布 電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society, 118, 7, 806-811 電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society, 118, 7, 806-811 電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society, 118, 7, 806-811 1998/07/01 Refereed Japanese Disclose to all
新井 利幸,田中 利幸,藤森 偉恭 新井 利幸,田中 利幸,藤森 偉恭 新井 利幸,田中 利幸,藤森 偉恭 情報幾何学に基づく平均場ボルツマンマシン学習則の理論的検討 情報幾何学に基づく平均場ボルツマンマシン学習則の理論的検討 情報幾何学に基づく平均場ボルツマンマシン学習則の理論的検討 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, 81, 3, 336-345 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, 81, 3, 336-345 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, 81, 3, 336-345 1998/03/25 Refereed Japanese Disclose to all
和氣 加奈子,田中 利幸,多氣 昌生 和氣 加奈子,田中 利幸,多氣 昌生 和氣 加奈子,田中 利幸,多氣 昌生 マイクロ波の脂質膜透過性への影響に関する基礎的検討 マイクロ波の脂質膜透過性への影響に関する基礎的検討 マイクロ波の脂質膜透過性への影響に関する基礎的検討 電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用, 79, 10, 702-704 電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用, 79, 10, 702-704 電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用, 79, 10, 702-704 1996/10/25 Refereed Japanese Disclose to all
森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 負帰還路の補償要素の特性最適化によるダクト内密結合型能動騒音制御システムの消音効果改善法 負帰還路の補償要素の特性最適化によるダクト内密結合型能動騒音制御システムの消音効果改善法 負帰還路の補償要素の特性最適化によるダクト内密結合型能動騒音制御システムの消音効果改善法 日本音響学会誌, 52, 7, 489-496 日本音響学会誌, 52, 7, 489-496 日本音響学会誌, 52, 7, 489-496 1996/07/01 Refereed Japanese Disclose to all
佃 昌宣,田中 利幸,多氣 昌生 佃 昌宣,田中 利幸,多氣 昌生 佃 昌宣,田中 利幸,多氣 昌生 ダクト下流側での反射を考慮した2入力適応アクティブノイズコントロールシステム ダクト下流側での反射を考慮した2入力適応アクティブノイズコントロールシステム ダクト下流側での反射を考慮した2入力適応アクティブノイズコントロールシステム 日本音響学会誌, 52, 2, 118-124 日本音響学会誌, 52, 2, 118-124 日本音響学会誌, 52, 2, 118-124 1996/02/01 Refereed Japanese Disclose to all
森下 達哉,福島 実,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,福島 実,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,福島 実,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 ダクト系騒音に対する密結合型能動騒音制御システムの安定性改善法 ダクト系騒音に対する密結合型能動騒音制御システムの安定性改善法 ダクト系騒音に対する密結合型能動騒音制御システムの安定性改善法 日本音響学会誌, 51, 12, 948-956 日本音響学会誌, 51, 12, 948-956 日本音響学会誌, 51, 12, 948-956 1995/12/01 Refereed Japanese Disclose to all
森下 達哉,山口 千晶,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,山口 千晶,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 森下 達哉,山口 千晶,田中 利幸,多氣 昌生,森 卓支 モード分解・生成に基づく高次モード成分を含むダクト内騒音のアクティブコントロール モード分解・生成に基づく高次モード成分を含むダクト内騒音のアクティブコントロール モード分解・生成に基づく高次モード成分を含むダクト内騒音のアクティブコントロール 日本音響学会誌, 51, 4, 282-290 日本音響学会誌, 51, 4, 282-290 日本音響学会誌, 51, 4, 282-290 1995/04/01 Refereed Japanese Disclose to all
田中 利幸 田中 利幸 田中 利幸 手術室におけるモニタ-の操作性 (共著) 手術室におけるモニタ-の操作性 (共著) 手術室におけるモニタ-の操作性 (共著) 臨床モニター,4/1, 57-64 臨床モニター,4/1, 57-64 臨床モニター,4/1, 57-64 1993 Refereed Japanese Disclose to all
田中 利幸,斎藤 正男 田中 利幸,斎藤 正男 田中 利幸,斎藤 正男 適応的ベクトル量子化法としてのKohonenのモデルの定量的性質 適応的ベクトル量子化法としてのKohonenのモデルの定量的性質 適応的ベクトル量子化法としてのKohonenのモデルの定量的性質 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 75, 6, 1085-1092 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 75, 6, 1085-1092 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 75, 6, 1085-1092 1992/06/25 Refereed Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第一回ドコモ・モバイル・サイエンス賞基礎科学部門優秀賞 1st DoCoMo Mobile Science Awards, Excellence award in Fundamental science モバイル・コミュニケーション・ファンド Mobile Communication Fund 2002/10/20
科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞 Young Scientist Award of Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology 文部科学省 The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology 2005/04/
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特定領域研究 Representative 統計力学にもとづくCDMAマルチユーザ復調方式の解析 2002-2005
基盤研究(C) Representative 通信路分極の数理と応用に関する基礎的検討 2010-2012
特定領域研究 Representative 情報エントロピーの概念に基づいた情報統計力学の再構築と情報通信理論への展開 2006-2009
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 圧縮センシングにもとづくスパースモデリングへのアプローチ 2013-2017
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 圧縮センシングにもとづくスパースモデリングへのアプローチ (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 圧縮センシングにもとづくスパースモデリングへのアプローチ (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 圧縮センシングにもとづくスパースモデリングへのアプローチ (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) Representative 圧縮センシングにもとづくスパースモデリングへのアプローチ (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
神経回路網の学習と自己組織化に関する研究 Study on Learning and Self-Organization of Neural Networks -
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
情報と通信の数理(数理) 後期 工学部 2011/04-2012/03
特別研究1(16年以降入学者)(数理) 前期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究1(16年以降入学者)(数理) 後期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究2(16年以降入学者)(数理) 前期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究2(16年以降入学者)(数理) 後期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究1(15年以前入学者)(数理) 前期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究1(15年以前入学者)(数理) 後期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究2(15年以前入学者)(数理) 前期集中 工学部 2011/04-2012/03
特別研究2(15年以前入学者)(数理) 後期集中 工学部 2011/04-2012/03
適応システム論 前期 情報学研究科 2011/04-2012/03
計算知能システム論 通年集中 情報学研究科 2011/04-2012/03
システム科学特殊研究1 通年 情報学研究科 2011/04-2012/03
システム科学特殊研究2 通年 情報学研究科 2011/04-2012/03
システム科学特別セミナー 前期 情報学研究科 2011/04-2012/03
システム構成論特別セミナー 通年 情報学研究科 2011/04-2012/03
工学倫理 Engineering Ethics 後期 工学部 2012/04-2013/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2012/04-2013/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2012/04-2013/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2012/04-2013/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2012/04-2013/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2012/04-2013/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2012/04-2013/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2012/04-2013/03
工学倫理 Engineering Ethics 前期 工学部 2013/04-2014/03
確率と統計 Probability and Statistics 前期 工学部 2013/04-2014/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2013/04-2014/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2013/04-2014/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2013/04-2014/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2013/04-2014/03
システム科学通論 Systems Sciences Advanced 後期 情報学研究科 2013/04-2014/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2013/04-2014/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2013/04-2014/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2013/04-2014/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2013/04-2014/03
確率と統計 Probability and Statistics 前期 工学部 2014/04-2015/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2014/04-2015/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2014/04-2015/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2014/04-2015/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2014/04-2015/03
システム科学通論 Systems Sciences Advanced 後期 情報学研究科 2014/04-2015/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2014/04-2015/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2014/04-2015/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2014/04-2015/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2014/04-2015/03
計算知能システム論 Computational intelligence 前期集中 情報学研究科 2014/04-2015/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2015/04-2016/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2015/04-2016/03
楽器の音響学 Acoustics of musical instruments 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2015/04-2016/03
確率と統計 Probability and Statistics 前期 工学部 2015/04-2016/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2015/04-2016/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2015/04-2016/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2015/04-2016/03
システム科学通論 Systems Sciences Advanced 後期 情報学研究科 2015/04-2016/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2015/04-2016/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2015/04-2016/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2016/04-2017/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2016/04-2017/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2016/04-2017/03
確率と統計 Probability and Statistics 前期 工学部 2016/04-2017/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2016/04-2017/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2016/04-2017/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2016/04-2017/03
システム科学通論 II Systems Science, Advanced II 後期 情報学研究科 2016/04-2017/03
システム科学通論 I Systems Science, Advanced I 前期 情報学研究科 2016/04-2017/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2016/04-2017/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2016/04-2017/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2017/04-2018/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム構成論特別セミナー Seminar on Systems Synthesis, Advanced 通年 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム科学特別セミナー Seminar on Systems Science, Advanced 前期 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム科学特殊研究1 Advanced Study in Systems Science 1 通年 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム科学特殊研究2 Advanced Study in Systems Science 2 通年 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム科学通論 II Systems Science, Advanced II 後期 情報学研究科 2017/04-2018/03
システム科学通論 I Systems Science, Advanced I 前期 情報学研究科 2017/04-2018/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2017/04-2018/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2017/04-2018/03
情報と通信の数理 Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2018/04-2019/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 工学研究科 2018/04-2019/03
数理とデザイン Industrial Mathematics and Design 後期 情報学研究科 2018/04-2019/03
システム科学通論 II Systems Science, Advanced II 後期 情報学研究科 2018/04-2019/03
システム科学通論 I Systems Science, Advanced I 前期 情報学研究科 2018/04-2019/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2018/04-2019/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2018/04-2019/03
情報符号理論続論(数理) Mathematical theory of information and communications 後期 工学部 2019/04-2020/03
システム科学通論 II Systems Science, Advanced II 後期 情報学研究科 2019/04-2020/03
システム科学通論 I Systems Science, Advanced I 前期 情報学研究科 2019/04-2020/03
計算知能システム論 Computational intelligence 通年集中 情報学研究科 2019/04-2020/03
適応システム論 Adaptive Systems Theory 前期 情報学研究科 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
Participation in PhD Defense
Acquirer Title Position Date
杉浦 孔明 自律ロボットにおける身体に基づく解釈系の構築 Sub 2007/03/23
鹿島 久嗣 Machine Learning Approaches for Structured Data(構造データ解析のための機械学習法) Sub 2007/03/23
吉井 和佳 Studies on Hybrid Music Recommendation Using Timbral and Rhythmic Features(音色とリズムの特徴量を用いたハイブリッド型音楽推薦に関する研究) Sub 2008/03/24
岩田 具治 Probabilistic user behavior models in online stores for recommender systems(推薦システムのためのオンラインストアにおける確率的ユーザ行動モデル) Chief 2008/03/24
楊 俊美 Studies on Adaptive Filter Algorithms for System Identification Based on Independent Component Analysis(独立成分分析に基づくシステム同定のための適応フィルタアルゴリズムに関する研究) Sub 2008/09/24
BOCQUET WLADIMIR Computationally Efficient Power Allocation and Equalization Schemes for Multi-Carrier Systems(マルチキャリア変調システムのための低要求演算量の電力配分法及び等化法) Sub 2009/01/23
竹内 啓悟 Statistical Mechanical Informatics on MIMO DS-CDMA Systems: Design of Spreading Schemes and Performance of Multiuser Decoding(MIMO DS-CDMAに対する情報統計力学:拡散変調方式の設計およびマルチユーザ復号器の性能評価) Chief 2009/03/23
工藤 重樹 光の干渉による膜厚測定法と光弾性現象に基づく位相差測定法 Sub 2009/03/23
兼村 厚範 Inversive and Synthetical Bayesian Methods for Image Estimation(画像推定のための逆転・合成ベイズ的方法) Sub 2009/09/24
MATTHEW DE BRECHT Topological and Algebraic Aspects of Algorithmic Learning Theory(計算理論的学習理論の位相的及び代数的な性質) Sub 2010/03/23
DAVID E.COURNAPEAU Online Unsupervised Classification Applied to Voice Activity Detection(オンライン教師なし分類を用いた音声区間検出) Sub 2009/07/23
吉田 悠来 Signal Processing for Frequency Diversity and Compensation of Analog Imperfections in Wireless Communications(無線通信における周波数ダイバーシチ及びアナログ不完全性補償のための信号処理技術に関する研究) Sub 2009/09/24
植野 剛 General Approach to Policy Evaluation via Statistical Learning (統計学習による方策評価法の考察) Sub 2011/03/23
糸山 克寿 Source Separation of Musical Instrument Sounds in Polyphonic Musical Audio Signal and Its Application (多重奏音楽音響信号に対する楽器音の分離とその応用) Sub 2011/03/23
佐藤 幹 Noise-Robust Auditory Systems for Human-Robot Communication(ロボットにおける対話のための耐雑音聴覚システムに関する研究) Sub 2010/07/23
Graham NEUBIG Unsupervised Learning of Lexical Information for Language Processing Systems(言語処理システムのための語彙的情報の教師なし学習) Sub 2012/03/26
杉山 麿人 Studies on Computational Learning via Discretization (離散化に基づく計算論的学習に関する研究) Sub 2012/03/26
上田 健詞 STUDIES ON REGULARIZED NEWTON-TYPE METHODS FOR UNCONSTRAINED MINIMIZATION PROBLEMS AND THEIR GLOBAL COMPLEXITY BOUNDS(制約なし最小化問題に対する正則化ニュートン法とその大域的な反復回数の上限に関する研究) Sub 2012/03/26
原田 耕自 Studies on Parameter Estimation of Multipath Channels without Utilizing Pilot Signals (パイロット信号を利用しないマルチパス通信路のパラメータ推定に関する研究) Sub 2012/03/26
森岡 博史 Analysis Methods toward Brain-Machine Interfaces in Real Environments(実環境BMIに向けた解析法に関する研究) Sub 2015/03/23
花 小琴 Studies on block coordinate gradient methods for nonlinear optimization problems with separable structure(分離可能な構造をもつ非線形最適化問題に対するブロック座標勾配法の研究) Sub 2015/03/23
前澤 陽 Bayesian Music Alignment(ベイス推定に基づく音楽アライメント) Sub 2015/03/23
森 立平 New Understanding of the Bethe Approximation and the Replica Method (ベーテ近似とレプリカ法の新しい理解) Chief 2013/03/08
Nguyen Thanh Studies on Algorithms for Tag Identification and Tag Set Cardinality Estimation in Radio Frequency Identification Systems (RFIDシステムにおけるタグ識別およびタグ数推定に関する研究) Sub 2013/03/08
奥野 伸吾 Parallelization of Graph Mining using Backtrack Search Algorithm(バックトラック探索アルゴリズムを用いるグラフマイニングの並列化) Sub 2017/03/23
坂東 宜昭 Robust Audio Scene Analysis for Rescue Robots(レスキューロボットのための頑健な音環境理解) Sub 2018/03/26
平井 嗣人 Performance Modeling of Large-Scale Parallel-Distributed Processing for Cloud Environment(クラウド環境における大規模並列分散処理の性能モデル) Chief 2018/05/23
SEGUY VIVIEN Measure Transport Approaches for Data Visualization and Learning(データの可視化と機械学習に対する測度変換によるアプローチ) Sub 2018/07/23
藤野 正寛 洞察瞑想による情動調整の心理・神経メカニズムの研究 Sub 2019/03/25
田中 佑典 Probabilistic Models for Spatially Aggregated Data(空間集約データのための確率モデル) Chief 2020/03/23
早川 諒 Studies on Discrete-Valued Vector Reconstruction from Underdetermined Linear Measurements(劣決定線形観測に基づく離散値ベクトル再構成に関する研究) Sub 2020/03/23

  • <<
  • >>
Participation in PhD Defenses (other than KU)
Acquirer Title University Country Position Date
渡辺有祐 総合研究大学院大学 日本 Sub 2009
Rodrigo de Miguel Norwegian University of Science and Technology Norway Sub 2008
矢野亨 慶應大学 日本 Sub
Awards received by supervised students
Student name Award title Giver Date
竹内啓悟 情報理論とその応用学会奨励賞 情報理論とその応用学会 2008
松井秀往 第11回情報論的学習理論ワークショップ奨励賞 情報論的学習理論ワークショップ組織委員会 2008
竹内啓悟 第5回IEEE関西支部学生研究奨励賞 IEEE関西支部 2009
森立平 情報理論とその応用学会奨励賞 情報理論とその応用学会 2010/12/
森立平 第14回エリクソン・ベスト・スチューデント・アワード エリクソン・ジャパン株式会社 2012/11/19
School management (title, position)
Title Period
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2009/04/01-2011/03/31
教育制度委員会 委員 2012/04/01-2014/03/31
教育研究評議会 評議員 2014/04/01-2016/03/31
教育制度委員会:研究科横断型教育企画実施委員会 委員 2012/04/01-2013/03/31
教育制度委員会:研究科横断型教育企画実施委員会 委員 2013/04/01-2014/03/31
吉田キャンパス整備専門委員会 3号委員 2014/10/01-2016/09/30
人権委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
教務委員会委員 2011/04/01-2014/03/31
専攻長会議 2012/04/01-2015/03/31
評価・広報委員会委員長 2012/04/01-2014/03/31
連携推進WG委員 2012/04/01-2016/03/31
情報公開・個人情報保護WG委員 2012/04/01-2013/03/31
基盤整備委員会委員(図書WG) 2013/04/01-2014/03/31
図書WG委員長(図書館協議会協議員) 2013/04/01-2014/03/31
企画委員会委員長 2014/04/01-2016/03/31
財務委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
評価・広報委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
情報セキュリティ委員会委員 2014/04/01-2017/03/31
制規委員会委員 2016/04/01-2017/03/31
専攻長会議 2016/04/01-2017/03/31
企画委員会院 2018/04/01-2019/03/31

  • <<
  • >>
Other activities (private companies, NPOs, etc.)
Company name Activity Period
稲盛財団 京都賞専門委員会委員 2007-2008
稲盛財団 京都賞専門委員会委員 2011-2012
稲盛財団 京都賞専門委員会委員 2016-2017
稲盛財団 京都賞専門委員会委員 2015-2016
Experience of living abroad
Organization Department Research theme Country Period
Aston University Neural Computing Research Unit United Kingdom 2002/02/01-2002/09/28