池田 公博

Last Update: 2021/05/28 15:57:05

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
池田 公博/イケダ キミヒロ/Ikeda, Kimihiro
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate School of Law/Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本刑法学会 The Criminal Law Society of Japan
Academic Resume (Undergraduate School/Majors)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Completion Status
東京大学 法学部第1類(私法コース) 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1998/04/01-2001/09/30 東京大学大学院法学政治学研究科 助手
2001/10/01-2007/03/31 神戸大学大学院法学研究科 助教授
2007/04/01-2014/03/31 神戸大学大学院法学研究科 准教授
2014/04/01-2018/09/30 神戸大学大学院法学研究科 教授
2018/10/01- 京都大学大学院法学研究科 教授
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0102044
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
刑事法学 Criminal Law
刑事訴訟法 Criminal Procedure
捜査法 Investigation
公判手続 Criminal Trial
証拠法 Evidence Law
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
池田 公博 池田 公博 捜査に対する被処分者の同意の意義と有効性 捜査に対する被処分者の同意の意義と有効性 研修, 863, 3-16 研修, 863, 3-16 , 863, 3-16 2020/05 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田公博 IKEDA KIMIHIRO Legal Basis of Compulsory Measures and its Scope 「強制処分法定」の根拠と適用基準 Legal Basis of Compulsory Measures and its Scope JOURNAL OF CRIMINAL LAW, 58, 3, 378-397 刑法雑誌, 58, 3, 378-397 JOURNAL OF CRIMINAL LAW, 58, 3, 378-397 2020/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 証拠の整理・採否 証拠の整理・採否 論究ジュリスト, 31, 107-114 論究ジュリスト, 31, 107-114 , 31, 107-114 2019/11 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 捜査対象者の同意と捜査手法の適否 捜査対象者の同意と捜査手法の適否 井上正仁先生古稀祝賀論文集, 233-251 井上正仁先生古稀祝賀論文集, 233-251 , 233-251 2019/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田 公博 IKEDA KIMIHIRO Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im japanischen Recht Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im japanischen Recht Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im japanischen Recht Zeitschrift für die gesamte Strafrechtswissenschaft, 130, 2, 438-446 Zeitschrift für die gesamte Strafrechtswissenschaft, 130, 2, 438-446 Zeitschrift für die gesamte Strafrechtswissenschaft, 130, 2, 438-446 2018/07 German Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 性犯罪の非親告罪化・公訴時効の撤廃またはその進行の停止 (小特集 性犯罪に関する刑法の一部改正) 性犯罪の非親告罪化・公訴時効の撤廃またはその進行の停止 (小特集 性犯罪に関する刑法の一部改正) 法律時報, 90, 4, 73-76 法律時報, 90, 4, 73-76 , 90, 4, 73-76 2018/04 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 性犯罪における被害者保護 (特集 犯罪被害者保護の最新動向) 性犯罪における被害者保護 (特集 犯罪被害者保護の最新動向) 刑事法ジャーナル, 54, 39-45 刑事法ジャーナル, 54, 39-45 , 54, 39-45 2017/11 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 無令状捜索における証拠存在の蓋然性の意義 無令状捜索における証拠存在の蓋然性の意義 研修, 825, 3-12 研修, 825, 3-12 , 825, 3-12 2017/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 ドイツにおけるサイバー犯罪の捜査 ドイツにおけるサイバー犯罪の捜査 刑事法ジャーナル, 51, 42-47 刑事法ジャーナル, 51, 42-47 , 51, 42-47 2017/02 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田 公博 IKEDA KIMIHIRO Investigative Measures that Require Legal Basis - In Comparison with German Law 法的根拠を要する捜査手法―ドイツ法との比較を中心に Investigative Measures that Require Legal Basis - In Comparison with German Law KEIHO ZASSHI (JOURNAL OF CRIMINAL LAW), 55, 3, 410-422 刑法雑誌, 55, 3, 410-422 KEIHO ZASSHI (JOURNAL OF CRIMINAL LAW), 55, 3, 410-422 2016/05 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑訴法改正案における協議・合意 (小特集 司法取引の多角的検討 : 比較法研究を踏まえて) 刑訴法改正案における協議・合意 (小特集 司法取引の多角的検討 : 比較法研究を踏まえて) 法律時報, 88, 4, 68-73 法律時報, 88, 4, 68-73 , 88, 4, 68-73 2016/04 Japanese Disclose to all
加藤 克佳, 青木 孝之, 辻本 典央, 池田 公博 加藤 克佳, 青木 孝之, 辻本 典央, 池田 公博 「司法取引」(Ⅳ「司法取引・免責」―法案の内容と課題・展望) 「司法取引」(Ⅳ「司法取引・免責」―法案の内容と課題・展望) 名城法学, 65, 4, 85-100 名城法学, 65, 4, 85-100 , 65, 4, 85-100 2016/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田 公博 IKEDA KIMIHIRO Regelungen zu Cybercrime im Strafprozessrecht in Japan Regelungen zu Cybercrime im Strafprozessrecht in Japan Regelungen zu Cybercrime im Strafprozessrecht in Japan Cybercrime im Rechtsvergleich : Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013, 113-121 Cybercrime im Rechtsvergleich : Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013, 113-121 Cybercrime im Rechtsvergleich : Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013, 113-121 2015/09 German Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田 公博 IKEDA KIMIHIRO Der Schutz der Informationsquelle im Strafverfahren 刑事裁判における取材源の秘匿 Der Schutz der Informationsquelle im Strafverfahren Die Normative Kraft der Verfassung und Medienrecht, 135-153 憲法の規範力とメディア法(講座・憲法の規範力第4巻), 135-153 Die Normative Kraft der Verfassung und Medienrecht, 135-153 2015/03 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 証拠の真正性を担保する方策 (特集 「新たな刑事司法制度」の構築) -- (法整備の課題) 証拠の真正性を担保する方策 (特集 「新たな刑事司法制度」の構築) -- (法整備の課題) 論究ジュリスト = Quarterly jurist, 12, 96-103 論究ジュリスト = Quarterly jurist, 12, 96-103 , 12, 96-103 2015/02 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 裁判員制度の運用状況 (特集 裁判員制度 施行5年を迎えて) 裁判員制度の運用状況 (特集 裁判員制度 施行5年を迎えて) 法律のひろば, 67, 4, 4-11 法律のひろば, 67, 4, 4-11 , 67, 4, 4-11 2014/04 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 コンピュータ犯罪と捜査 コンピュータ犯罪と捜査 刑事訴訟法の争点(新・法律学の争点シリーズ6), 96-97 刑事訴訟法の争点(新・法律学の争点シリーズ6), 96-97 , 96-97 2013/12 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 取引的刑事司法 取引的刑事司法 刑事訴訟法の争点(新・法律学の争点シリーズ6), 36-37 刑事訴訟法の争点(新・法律学の争点シリーズ6), 36-37 , 36-37 2013/12 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 供述証拠の獲得手法 : 協議および合意,刑の減免と刑事免責 (特集 「新たな刑事司法制度」と刑事訴訟法) 供述証拠の獲得手法 : 協議および合意,刑の減免と刑事免責 (特集 「新たな刑事司法制度」と刑事訴訟法) 法学教室, 398, 12-19 法学教室, 398, 12-19 , 398, 12-19 2013/11 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 補強法則の意義と妥当範囲 補強法則の意義と妥当範囲 研修, 785, 3-14 研修, 785, 3-14 , 785, 3-14 2013/11 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 The Admissibility of Illegally Obtained Confession and of Evidence Derived from Inadmissible Confession 自白の証拠能力 : 違法排除のあり方・派生証拠の取扱い (特集 自白の証拠能力) The Admissibility of Illegally Obtained Confession and of Evidence Derived from Inadmissible Confession Keiho Zasshi (Journal of Criminal Law), 52, 1, 95-116 刑法雑誌, 52, 1, 95-116 Keiho Zasshi (Journal of Criminal Law), 52, 1, 95-116 2013/03 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 共犯者の供述による立証 共犯者の供述による立証 三井誠先生古稀祝賀論文集, 629-658 三井誠先生古稀祝賀論文集, 629-658 , 629-658 2012/01 Japanese Disclose to all
井上 正仁, 川出 敏裕, 佐藤 隆之, 池田 公博, 成瀬 剛 井上 正仁, 川出 敏裕, 佐藤 隆之, 池田 公博, 成瀬 剛 韓国の国民参与裁判の実情 韓国の国民参与裁判の実情 ジュリスト, 1435, 98-105 ジュリスト, 1435, 98-105 , 1435, 98-105 2011/12 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 電磁的記録を含む証拠の収集・保全に向けた手続の整備 (特集 情報処理の高度化等に対処するための刑法等の改正) 電磁的記録を含む証拠の収集・保全に向けた手続の整備 (特集 情報処理の高度化等に対処するための刑法等の改正) ジュリスト, 1431, 78-84 ジュリスト, 1431, 78-84 , 1431, 78-84 2011/10/15 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 写真・ビデオ撮影 (特集 つまずきのもと 刑事訴訟法) 写真・ビデオ撮影 (特集 つまずきのもと 刑事訴訟法) 法学教室, 364, 10-14 法学教室, 364, 10-14 , 364, 10-14 2011/01 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 ドイツの刑事裁判と合意手続 (特集 刑事裁判と合意手続) ドイツの刑事裁判と合意手続 (特集 刑事裁判と合意手続) 刑事法ジャーナル, 22, 23-31 刑事法ジャーナル, 22, 23-31 , 22, 23-31 2010/05 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 裁判員制度と報道の在り方--刑事手続の視点から (特集 報道と刑事裁判) 裁判員制度と報道の在り方--刑事手続の視点から (特集 報道と刑事裁判) 刑事法ジャーナル, 15, 30-37 刑事法ジャーナル, 15, 30-37 , 15, 30-37 2009/03 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 新たな捜査手段--いわゆる「司法取引」との関係を中心に (特集 刑事訴訟法60年・裁判員法元年) -- (刑事訴訟法の課題) 新たな捜査手段--いわゆる「司法取引」との関係を中心に (特集 刑事訴訟法60年・裁判員法元年) -- (刑事訴訟法の課題) ジュリスト, 1370, 93-101 ジュリスト, 1370, 93-101 , 1370, 93-101 2009/01/01 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 身柄拘束に伴い無令状で捜索を行い得る範囲 身柄拘束に伴い無令状で捜索を行い得る範囲 研修, 721, 3-14 研修, 721, 3-14 , 721, 3-14 2008/07 Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事訴訟法の基本問題(3)逮捕・勾留に関する諸原則 刑事訴訟法の基本問題(3)逮捕・勾留に関する諸原則 月刊法学教室, 262, 91-96 月刊法学教室, 262, 91-96 , 262, 91-96 2002/07 Japanese Disclose to all
井上 正仁, 池田 公博 井上 正仁, 池田 公博 コンピュータ犯罪と捜査 コンピュータ犯罪と捜査 刑事訴訟法の争点 〔第三版〕, 88-91 刑事訴訟法の争点 〔第三版〕, 88-91 , 88-91 2002/04 Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
池田 公博 池田 公博 第11講 違法収集証拠排除法則ー判断基準と判断要素(下) 第11講 違法収集証拠排除法則ー判断基準と判断要素(下) 法学教室, 488, 113-120 法学教室, 488, 113-120 , 488, 113-120 2021/05 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 第11講 違法収集証拠排除法則ー判断基準と判断要素(上) 第11講 違法収集証拠排除法則ー判断基準と判断要素(上) 法学教室, 487, 124-132 法学教室, 487, 124-132 , 487, 124-132 2021/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 第7講 同種前科・類似事実による立証 第7講 同種前科・類似事実による立証 法学教室, 482, 109-117 法学教室, 482, 109-117 , 482, 109-117 2020/11 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 併合罪関係にある被疑事実に関する捜査の同時処理義務の有無 併合罪関係にある被疑事実に関する捜査の同時処理義務の有無 ジュリスト 令和元年度重要判例解説, 1544, 166-167 ジュリスト 令和元年度重要判例解説, 1544, 166-167 , 1544, 166-167 2020/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 第3講 検察官面前調書(2号後段)に関する問題 第3講 検察官面前調書(2号後段)に関する問題 法学教室, 474, 100-107 法学教室, 474, 100-107 , 474, 100-107 2020/03 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 保護室に収容されている未決拘禁者と弁護人等との面会 保護室に収容されている未決拘禁者と弁護人等との面会 民商法雑誌, 155, 4, 819-831 民商法雑誌, 155, 4, 819-831 , 155, 4, 819-831 2019/10 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 警察によるイスラム教徒の個人情報の収集・保管・利用の合憲性-公安テロ情報流出事件 警察によるイスラム教徒の個人情報の収集・保管・利用の合憲性-公安テロ情報流出事件 メディア判例百選〔第2版〕, 別冊ジュリスト241, 92-93 メディア判例百選〔第2版〕, 別冊ジュリスト241, 92-93 , 別冊ジュリスト241, 92-93 2018/12 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 判例クローズアップ 車両位置情報の把握に向けたGPS端末装着の強制処分該当性[最高裁大法廷平成29.3.15判決] 判例クローズアップ 車両位置情報の把握に向けたGPS端末装着の強制処分該当性[最高裁大法廷平成29.3.15判決] 法学教室, 444, 72-79 法学教室, 444, 72-79 , 444, 72-79 2017/09 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
IKEDA KIMIHIRO 池田 公博 IKEDA KIMIHIRO Warrantless Search 令状によらない捜索 Warrantless Search Keiho Zasshi (Journal of Criminal Law), 56, 3, 476-481 刑法雑誌, 56, 3, 476-481 Keiho Zasshi (Journal of Criminal Law), 56, 3, 476-481 2017/07 Japanese Meeting report Disclose to all
池田 公博 池田 公博 約束による自白 約束による自白 刑事訴訟法判例百選〔第10版〕, 別冊ジュリスト232, 162-163 刑事訴訟法判例百選〔第10版〕, 別冊ジュリスト232, 162-163 , 別冊ジュリスト232, 162-163 2017/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 公訴時効廃止の適用関係を定めた経過措置規定の合憲性 公訴時効廃止の適用関係を定めた経過措置規定の合憲性 ジュリスト 平成28年度重要判例解説, 1505, 194-195 ジュリスト 平成28年度重要判例解説, 1505, 194-195 , 1505, 194-195 2017/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 414, 152-153 法学教室, 414, 152-153 , 414, 152-153 2015/03 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 413, 146-147 法学教室, 413, 146-147 , 413, 146-147 2015/02 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 412, 176-177 法学教室, 412, 176-177 , 412, 176-177 2015/01 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 411, 162-163 法学教室, 411, 162-163 , 411, 162-163 2014/12 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 410, 180-181 法学教室, 410, 180-181 , 410, 180-181 2014/11 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 409, 154-155 法学教室, 409, 154-155 , 409, 154-155 2014/10 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 408, 160-161 法学教室, 408, 160-161 , 408, 160-161 2014/09 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 407, 146-147 法学教室, 407, 146-147 , 407, 146-147 2014/08 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 406, 152-153 法学教室, 406, 152-153 , 406, 152-153 2014/07 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 405, 148-149 法学教室, 405, 148-149 , 405, 148-149 2014/06 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 404, 136-137 法学教室, 404, 136-137 , 404, 136-137 2014/05 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 演習 刑事訴訟法 演習 刑事訴訟法 法学教室, 403, 160-161 法学教室, 403, 160-161 , 403, 160-161 2014/04 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 控訴審による職権調査の範囲 控訴審による職権調査の範囲 ジュリスト, 平成25年度重要判例解説, 1466, 198-199 ジュリスト, 平成25年度重要判例解説, 1466, 198-199 , 平成25年度重要判例解説, 1466, 198-199 2014/04 Japanese Article, review, commentary, editorial, etc.(scientific journal) Disclose to all
池田 公博 池田 公博 訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる放火方法を認定したことが違法とされた事例 訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる放火方法を認定したことが違法とされた事例 新・判例解説Watch, 13, 159-162 新・判例解説Watch, 13, 159-162 , 13, 159-162 2013/10 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 国際捜査共助の要請に基づき作成された供述調書の証拠能力 国際捜査共助の要請に基づき作成された供述調書の証拠能力 ジュリスト, 平成23年度重要判例解説, 1440, 190-191 ジュリスト, 平成23年度重要判例解説, 1440, 190-191 , 平成23年度重要判例解説, 1440, 190-191 2012/04 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 犯行状況等の再現結果を記録した実況見分調書 犯行状況等の再現結果を記録した実況見分調書 刑事訴訟法判例百選〔第9版〕, 別冊ジュリスト203, 180-181 刑事訴訟法判例百選〔第9版〕, 別冊ジュリスト203, 180-181 , 別冊ジュリスト203, 180-181 2011/03 Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事判例研究(第130回)誤ってした併合罪関係にある事実についての訴因変更請求と公訴時効停止の効力[最高裁平成18.11.20第三小法廷決定] 刑事判例研究(第130回)誤ってした併合罪関係にある事実についての訴因変更請求と公訴時効停止の効力[最高裁平成18.11.20第三小法廷決定] ジュリスト, 1396, 171-175 ジュリスト, 1396, 171-175 , 1396, 171-175 2010/03/15 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 宅配便内容物のエックス線検査の適法性 宅配便内容物のエックス線検査の適法性 法学教室, 354, (別冊付録)39 法学教室, 354, (別冊付録)39 , 354, (別冊付録)39 2010/03 Disclose to all
Weigend T, 池田 公博 Weigend T, 池田 公博 ドイツにおける刑事手続の過去、現在、そして未来 (日本刑法学会創設60年記念号) -- (学会創設60年記念大会 記念講演・同シンポジウム) ドイツにおける刑事手続の過去、現在、そして未来 (日本刑法学会創設60年記念号) -- (学会創設60年記念大会 記念講演・同シンポジウム) 刑法雑誌, 49, 2, 288-314 刑法雑誌, 49, 2, 288-314 , 49, 2, 288-314 2010/03 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 いわゆる別件逮捕 いわゆる別件逮捕 警察基本判例・実務200, 別冊判例タイムズ26, 235-236 警察基本判例・実務200, 別冊判例タイムズ26, 235-236 , 別冊判例タイムズ26, 235-236 2010/02 Disclose to all
池田 公博 池田 公博 被疑者方居室を令状により捜索中に同人あてに配達された荷物について捜索することの可否 被疑者方居室を令状により捜索中に同人あてに配達された荷物について捜索することの可否 ジュリスト, 平成19年度重要判例解説, 1354, 200-202 ジュリスト, 平成19年度重要判例解説, 1354, 200-202 , 平成19年度重要判例解説, 1354, 200-202 2008/04 Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事裁判例批評(64)検察官不出席の公判期日における判決言渡しの効力--最(二小)決平成19.6.19裁判所時報1438号2頁、判時1977号159頁 刑事裁判例批評(64)検察官不出席の公判期日における判決言渡しの効力--最(二小)決平成19.6.19裁判所時報1438号2頁、判時1977号159頁 刑事法ジャーナル, 10, 10, 145-150 刑事法ジャーナル, 10, 10, 145-150 , 10, 10, 145-150 2008/01 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事判例研究(第106回)違法な手続または証拠能力のない証拠と関連性を有する証拠の証拠能力[最高裁平成15.2.14判決] 刑事判例研究(第106回)違法な手続または証拠能力のない証拠と関連性を有する証拠の証拠能力[最高裁平成15.2.14判決] ジュリスト, 1338, 212-216 ジュリスト, 1338, 212-216 , 1338, 212-216 2007/07/15 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事判例研究(34)準現行犯逮捕及び逮捕に伴う差押えの適法性--和光大学内ゲバ事件(最高裁決定平成8.1.29) 刑事判例研究(34)準現行犯逮捕及び逮捕に伴う差押えの適法性--和光大学内ゲバ事件(最高裁決定平成8.1.29) ジュリスト, 1169, 134-139 ジュリスト, 1169, 134-139 , 1169, 134-139 1999/12/15 Japanese Disclose to all
池田 公博 池田 公博 刑事手続関係年表 刑事手続関係年表 ジュリスト, 1148, 43-57 ジュリスト, 1148, 43-57 , 1148, 43-57 1999/01 Disclose to all
Reed Roark M, 池田 公博 Reed Roark M, 池田 公博 個人の法的権利保護の基礎としての刑事訴訟法典 (特集 刑事訴訟法五〇年) -- (第3部 外から見た刑事訴訟法) 個人の法的権利保護の基礎としての刑事訴訟法典 (特集 刑事訴訟法五〇年) -- (第3部 外から見た刑事訴訟法) ジュリスト, 1148, 190-192 ジュリスト, 1148, 190-192 , 1148, 190-192 1999/01/01 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
「証拠の関連性」と「証拠調べの必要性」[Invited] 「証拠の関連性」と「証拠調べの必要性」 [Invited] 司法研修所教官セミナー 司法研修所教官セミナー 2021/03/17 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
刑事手続とその周辺 刑事手続とその周辺 京都大学法学会秋季学術講演会 京都大学法学会秋季学術講演会 2020/12/03 Oral presentation(general) Disclose to all
共同研究「『強制処分』の概念とその規律」(分科会II) 共同研究「『強制処分』の概念とその規律」(分科会II) 日本刑法学会第96回大会 日本刑法学会第96回大会 2018/05/26 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
求刑合意時の量刑評価のあり方 求刑合意時の量刑評価のあり方 平成30年度刑事専門研究会2 平成30年度刑事専門研究会2 2018/05/24 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
捜査協力を理由とする刑の減免―ドイツにおける王冠証人規定 捜査協力を理由とする刑の減免―ドイツにおける王冠証人規定 平成30年度刑事専門研究会2 平成30年度刑事専門研究会2 2018/05/24 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im Japanischen Recht[Invited] Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im Japanischen Recht [Invited] Zur Erledigung von Strafverfahren ohne Hauptverhandlung im Japanischen Recht [Invited] 36. TAGUNG FÜR RECHTSVERGLEICHUNG "Das Recht und seine Durchsetzung" 36. TAGUNG FÜR RECHTSVERGLEICHUNG "Das Recht und seine Durchsetzung" 36. TAGUNG FÜR RECHTSVERGLEICHUNG "Das Recht und seine Durchsetzung" 2017/09/15 German Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
ワークショップ「令状によらない捜索」 ワークショップ「令状によらない捜索」 日本刑法学会第94回大会 日本刑法学会第94回大会 2016/05/22 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
ワークショップ「司法取引」 ワークショップ「司法取引」 日本刑法学会第93回大会 日本刑法学会第93回大会 2015/05/24 Disclose to all
共同研究「監視型捜査とその規律」(分科会II) 共同研究「監視型捜査とその規律」(分科会II) 日本刑法学会第93回大会 日本刑法学会第93回大会 2015/05/23 Japanese Disclose to all
Regelungen zur Cybercrime im Strafprozessrecht in Japan[Invited] Regelungen zur Cybercrime im Strafprozessrecht in Japan [Invited] 1.Deutsch-japanisch-koreanisches Strafrechtssymposium zu Cybercrime ・Freiheit– Sicherheit–Strafrecht 1.Deutsch-japanisch-koreanisches Strafrechtssymposium zu Cybercrime ・Freiheit– Sicherheit–Strafrecht 2013/09/03 German Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
訴因変更の要否に関する判例の検討 訴因変更の要否に関する判例の検討 現行刑事法研究会 現行刑事法研究会 2012/09 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ミニシンポジウム「市民の司法参加の正統性基盤―西欧陪参審員調査中間報告―」 ミニシンポジウム「市民の司法参加の正統性基盤―西欧陪参審員調査中間報告―」 日本法社会学会学術大会 日本法社会学会学術大会 2012/05 Japanese Symposium workshop panel(public) Disclose to all
共同研究「自白の証拠能力」 共同研究「自白の証拠能力」 日本刑法学会関西部会冬季例会 日本刑法学会関西部会冬季例会 2012/01 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
プレスの自由と取材源秘匿-コメント プレスの自由と取材源秘匿-コメント ドイツ憲法判例研究会 ドイツ憲法判例研究会 2011/12 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
裁判情報の公開とメディアの役割―コメント 裁判情報の公開とメディアの役割―コメント シンポジウム「裁判情報の公開とメディアの役割」 シンポジウム「裁判情報の公開とメディアの役割」 2009/08 Disclose to all
刑事手続における証言拒絶権・押収拒絶権―報道の自由との関連において 刑事手続における証言拒絶権・押収拒絶権―報道の自由との関連において 北海道大学公法研究会 北海道大学公法研究会 2008/08 Disclose to all
公共空間としての裁判所―コメント 公共空間としての裁判所―コメント 21世紀COEプログラム「市場化社会の法動態学」公共空間研究会第7回 21世紀COEプログラム「市場化社会の法動態学」公共空間研究会第7回 2007/11 Disclose to all
報道の自由と刑事手続 報道の自由と刑事手続 日本刑法学会第81回大会 日本刑法学会第81回大会 2003/05 Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
酒巻, 匡, 大澤, 裕, 川出, 敏裕 酒巻, 匡, 大澤, 裕, 川出, 敏裕 酒巻, 匡, 大澤, 裕, 川出, 敏裕 井上正仁先生古稀祝賀論文集 井上正仁先生古稀祝賀論文集 井上正仁先生古稀祝賀論文集 有斐閣 有斐閣 有斐閣 2019/02 Disclose to all
井上 正仁, 酒巻 匡, 大澤 裕, 川出 敏裕, 堀江 慎司, 池田 公博, 笹倉 宏紀 井上 正仁, 酒巻 匡, 大澤 裕, 川出 敏裕, 堀江 慎司, 池田 公博, 笹倉 宏紀 ケースブック刑事訴訟法 第5版 ケースブック刑事訴訟法 第5版 有斐閣 有斐閣 2018/03 Joint Work Disclose to all
Arndt Sinn Arndt Sinn Arndt Sinn Cybercrime im Rechtsvergleich: Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013 (Schriften des Zentrums für Europäische und Internationale Strafrechtsstudien) Cybercrime im Rechtsvergleich: Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013 (Schriften des Zentrums für Europäische und Internationale Strafrechtsstudien) Cybercrime im Rechtsvergleich: Beiträge zum deutsch-japanisch-koreanischen Strafrechtssymposium 2013 (Schriften des Zentrums für Europäische und Internationale Strafrechtsstudien) V&R unipress V&R unipress V&R unipress 2015/09/16 Joint Work Disclose to all
ドイツ憲法判例研究会, 鈴木 秀美, 戸波 江二, 小山 剛, 丸山 敦裕, 生貝 直人, 曽我部 真裕, カール=フリードリッヒ・レンツ, 池田 公博, 山田 健太, 杉原 周治, 西土 彰一郎, 實原 隆志, 棟居 快行 ドイツ憲法判例研究会, 鈴木 秀美, 戸波 江二, 小山 剛, 丸山 敦裕, 生貝 直人, 曽我部 真裕, カール=フリードリッヒ・レンツ, 池田 公博, 山田 健太, 杉原 周治, 西土 彰一郎, 實原 隆志, 棟居 快行 憲法の規範力とメディア法 (講座 憲法の規範力 【第4巻】) 憲法の規範力とメディア法 (講座 憲法の規範力 【第4巻】) 信山社 信山社 2015/04 Joint Work Disclose to all
井上 正仁, 酒巻 匡 井上 正仁, 酒巻 匡 三井誠先生古稀祝賀論文集 三井誠先生古稀祝賀論文集 有斐閣 有斐閣 2012/01 Joint Work Disclose to all
池田 公博 池田 公博 Freedom of the Press and Criminal Procedure 報道の自由と刑事手続 Freedom of the Press and Criminal Procedure 有斐閣 有斐閣 2008/05 Single Work Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(C) Representative 被処分者の同意に基づく捜査手法の規律 2020/04/01-2023/03/31
基盤研究(B) Assignment 特殊詐欺の多角的検討-刑事的介入の限界の分析と新たな刑事立法の提案 2020-
基盤研究(B) Assignment 相互監視と分散的制裁―情報ネットワーク社会の法意識の解明による国家法の再定位― 2019-
基盤研究(B) Assignment 犯罪の訴追・予防を目的とする情報の収集と利用に対する法的規制のあり方 2018-
基盤研究(B) Assignment 持続可能な経済発展と経済刑法理論-新たな社会への対応と「市場」「競争」概念 Sustainable economic development and criminal law 2016-
基盤研究(C) Representative 刑事手続におけるデータ分析の利活用と法的規律 2016/04/01-2020/03/31
基盤研究(A) Assignment 私人の権利行使を通じた法の実現-法目的の複層的実現手法の理論化と制度設計の提案 Multiple Means to a Policy 2015-
基盤研究(B) Assignment 法廷における異文化衝突の言語分析―法文化の変容と法批判をめぐって― Cultural Confrontations in Courtrooms: Linguistic Analysis 2014-
基盤研究(C) Representative 刑事手続における供述証拠の獲得・利用に対する法的規律 2013/04/01-2016/03/31
基盤研究(B) Assignment 刑事手続における新たな証拠収集手段に関する研究 Research on the new means of collecting evidence in criminal procedure 2012-
基盤研究(B) Assignment 組織縦断的・横断的過失の解釈論的検討とその総合的対策 Criminal negligence in organization/through organizations 2012-
基盤研究(B) Assignment 西欧の素人裁判官による陪参審制度評価の調査――市民の司法参加の正統性基盤―― How Do the Lay Judges in Europe Evaluate their Jury Systems? : on Legitimacy of Citizen Participation in Judicial Procedure 2010-
若手研究(B) Representative 刑事事件処理の多様化と被疑者・被告人の地位 2010/04/01-2013/03/31
基盤研究(B) Assignment 裁判員制度の下における証拠法のあり方 Evidence Law in the Saibanin System 2009-
基盤研究(B) Assignment 医療事故の原因究明と法律上の責任追及 Investigation of cause and pursuing criminal liability in case of medical accidents 2009-
基盤研究(B) Assignment 犯罪被害者の刑事手続への参加 Victim Participation in the Criminal Procedure 2006-
基盤研究(B) Assignment 国際化時代における刑事法解釈論・政策論の総合的研究 Comprehensive study of criminal law interpretation and policy in the age of globalization 2006-
若手研究(B) Representative 裁判員による公判審理への実質的参加の保障 2006/04/01-2009/03/31
基盤研究(B) Assignment 現代の交通事犯に対する刑事実体法・手続法的対応 Criminal Law Measures Towards Contemporary Traffic Offenses 2003-
基盤研究(B) Assignment 刑事訴訟法の生成と発展 Enactment and Reform of Code of Criminal Procedure : From a historical Perspective. 2002-
基盤研究(B) Assignment 刑事手続における証人の保護 Protection of Witness in Criminal Justice System 2000-
基盤研究(C) Assignment コンピュータ・ネットワークと犯罪捜査 Investigation of Crimes Related to the Computer Network 2000-

  • <<
  • >>
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
刑事法特別演習 Criminal Justice -Special Seminar 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
刑事訴訟法の基礎 Criminal Procedure (Basic) 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
刑事訴訟法総合2 Criminal Procedure (Advanced) II 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
演習(刑事訴訟法) Seminar-Criminal Procedure 前期 法学部 2019/04-2020/03
刑事法特別演習 Criminal Justice -Special Seminar 通年 法学研究科 2020/04-2021/03
刑事訴訟法 Criminal Procedure 後期 法学部 2020/04-2021/03
刑事訴訟法総合1-③ 前期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
刑事訴訟法総合1-② 前期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
刑事訴訟法総合1-① 前期 法学研究科(法科大学院) 2020/04-2021/03
刑事法特別演習 Criminal Justice -Special Seminar 通年 法学研究科 2021/04-2022/03
刑事訴訟法 Criminal Procedure 後期 法学部 2021/04-2022/03
刑事訴訟法総合1-③ 前期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
刑事訴訟法総合1-② 前期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
刑事訴訟法総合1-① 前期 法学研究科(法科大学院) 2021/04-2022/03
外国文献研究(英) Research on Foreign Literature (English) 前期 法学部 2021/04-2022/03
法学入門 Introduction to Law 前期 法学部 2021/04-2022/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 英語部会 委員 2021/04/01-2022/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 英語部会 委員 2021/04/01-2022/03/31
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
刑事手続における情報通信技術の活用に関する検討会 委員 法務省 2021/03/-
家庭規則制定諮問委員会 幹事 最高裁判所 2021/02/-
令和3年司法試験・司法試験予備試験考査委員会議 考査委員 法務省 2020/11/-
性犯罪に関する刑事法検討会 委員 法務省 2020/06/-
令和2年司法試験考査委員会議 考査委員 法務省 2020/09/-2021/03/
法制審議会少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会 幹事 法務省 2017/03/-2020/10/
令和元年司法試験考査委員会議 考査委員 法務省 2019/06/-2019/11/
平成30年司法試験・司法試験予備試験考査委員会議 考査委員 法務省 2017/11/-2018/11/
平成29年司法試験考査委員会議 考査委員 法務省 2016/12/-2017/11/
平成28年司法試験考査委員会議 考査委員 法務省 2016/06/-2016/11/
法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会 幹事 法務省 2015/11/-2016/09/
平成27年司法試験考査委員会議 考査委員 法務省 2015/06/-2015/10/
文部科学省研究振興局 学術調査官 文部科学省 2012/08/01-2014/07/31

  • <<
  • >>
Experience of living abroad
Organization Department Research theme Country Period
ケルン大学 外国・国際刑事法研究所 ドイツ刑事司法制度における実務運用と立法による統制 ドイツ連邦共和国 2003/08/01-2005/07/31