大寺 祥佑

Last Update: 2019/06/26 16:12:14

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
大寺 祥佑/オオテラ シヨウスケ/Ohtera, Shosuke
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Kyoto University Hospital/Assistant Professor
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本公衆衛生学会 Japanese Society of Public Health
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(人間健康科学) 京都大学
博士(社会健康医学) 京都大学
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
2018/04/01- 京都大学医学部附属病院医療情報企画部 Division of Medical Information Technology and Administration Planning, Kyoto University Hospital 助教 Assistant Professor
2017/04/01-2018/03/31 京都大学医学部附属病院医療情報企画部 Division of Medical Information Technology and Administration Planning, Kyoto University Hospital 特定研究員 Program-Specific Researcher
2016/04/01-2017/03/31 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野 Department of Health Informatics Kyoto University School of Public Health 特定研究員 Program-Specific Researcher
2016/02/01-2016/03/31 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野 Department of Health Informatics Kyoto University School of Public Health 研究員 Researcher
2013/04/01-2016/01/31 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院、亀田リハビリテーション病院、医療管理本部 Kameda Medical Center 理学療法士 Physical Therapist
researchmap URL
https://researchmap.jp/sohtera
Research Topics
(Japanese)
エビデンス診療ギャップの改善に関する研究
(English)
Research for improvement of evidence-practice gaps
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
Kensuke Morris,Goshiro Yamamoto,Shusuke Hiragi,Shosuke Ohtera,Michi Sakai,Osamu Sugiyama,Kazuya Okamoto,Masayuki Nambu,Tomohiro Kuroda Kensuke Morris,Goshiro Yamamoto,Shusuke Hiragi,Shosuke Ohtera,Michi Sakai,Osamu Sugiyama,Kazuya Okamoto,Masayuki Nambu,Tomohiro Kuroda Kensuke Morris,Goshiro Yamamoto,Shusuke Hiragi,Shosuke Ohtera,Michi Sakai,Osamu Sugiyama,Kazuya Okamoto,Masayuki Nambu,Tomohiro Kuroda Designing an Authorization System Based on Patient Privacy Preferences in Japan. Designing an Authorization System Based on Patient Privacy Preferences in Japan. Designing an Authorization System Based on Patient Privacy Preferences in Japan. Building Continents of Knowledge in Oceans of Data: The Future of Co-Created eHealth - Proceedings of MIE 2018, Medical Informatics Europe, Gothenburg, Sweden, April 24-26, 2018, 71-75 Building Continents of Knowledge in Oceans of Data: The Future of Co-Created eHealth - Proceedings of MIE 2018, Medical Informatics Europe, Gothenburg, Sweden, April 24-26, 2018, 71-75 Building Continents of Knowledge in Oceans of Data: The Future of Co-Created eHealth - Proceedings of MIE 2018, Medical Informatics Europe, Gothenburg, Sweden, April 24-26, 2018, 71-75 2018 Refereed Disclose to all
Ueda K, Ohtera S, Kaso M, Nakayama T Ueda K, Ohtera S, Kaso M, Nakayama T Ueda K, Ohtera S, Kaso M, Nakayama T Development of quality indicators for low-risk labor care provided by midwives using a RAND-modified Delphi method. Development of quality indicators for low-risk labor care provided by midwives using a RAND-modified Delphi method. Development of quality indicators for low-risk labor care provided by midwives using a RAND-modified Delphi method. BMC pregnancy and childbirth, 17, 1, 315 BMC pregnancy and childbirth, 17, 1, 315 BMC pregnancy and childbirth, 17, 1, 315 2017/09 Refereed Disclose to all
Ohtera S, Kanazawa N, Ozasa N, Ueshima K, Nakayama T Ohtera S, Kanazawa N, Ozasa N, Ueshima K, Nakayama T Ohtera S, Kanazawa N, Ozasa N, Ueshima K, Nakayama T Proposal of quality indicators for cardiac rehabilitation after acute coronary syndrome in Japan: a modified Delphi method and practice test. Proposal of quality indicators for cardiac rehabilitation after acute coronary syndrome in Japan: a modified Delphi method and practice test. Proposal of quality indicators for cardiac rehabilitation after acute coronary syndrome in Japan: a modified Delphi method and practice test. BMJ open, 7, 1, e013036 BMJ open, 7, 1, e013036 BMJ open, 7, 1, e013036 2017/01 Refereed Disclose to all
Ohtera Shosuke, Kanazawa Hoshinori, Kanazawa Natsuko, Kinai Takahiro, Nakayama Takeo 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 金沢 奈津子, 木内 隆裕, 中山 健夫 Ohtera Shosuke, Kanazawa Hoshinori, Kanazawa Natsuko, Kinai Takahiro, Nakayama Takeo Appraisal of the First Edition of the Japanese Guidelines for the Physical Therapy Using the AGREE II Instrument ガイドラインの研究・評価用チェックリストAGREE II による理学療法診療ガイドライン第1版の質評価 Appraisal of the First Edition of the Japanese Guidelines for the Physical Therapy Using the AGREE II Instrument Physical Therapy Japan, 42, 7, 596-603 理学療法学, 42, 7, 596-603 Physical Therapy Japan, 42, 7, 596-603 2015/12 Refereed Japanese Disclose to all
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
趙 晃済, 中谷 友香, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 大鶴 繁, 南 丈也, 桑原 佳宏, 加藤 源太 趙 晃済, 中谷 友香, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 大鶴 繁, 南 丈也, 桑原 佳宏, 加藤 源太 趙 晃済, 中谷 友香, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 大鶴 繁, 南 丈也, 桑原 佳宏, 加藤 源太 Anticoagulant Use for Atrial Fibrillation in Patients on Hemodialysis: A Nationwide Cross-sectional Study in Japan(和訳中) Anticoagulant Use for Atrial Fibrillation in Patients on Hemodialysis: A Nationwide Cross-sectional Study in Japan(和訳中) Anticoagulant Use for Atrial Fibrillation in Patients on Hemodialysis: A Nationwide Cross-sectional Study in Japan(和訳中) 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回, PJ021-6 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回, PJ021-6 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回, PJ021-6 2018/03 English Disclose to all
大寺 祥佑, 酒井 未知, 加藤 源太, 黒田 知宏 大寺 祥佑, 酒井 未知, 加藤 源太, 黒田 知宏 大寺 祥佑, 酒井 未知, 加藤 源太, 黒田 知宏 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターの現況および今後について-これまでの進捗の報告、および今後の第三者利用について- NBDオンサイトリサーチセンター(京都)における運用の報告 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターの現況および今後について-これまでの進捗の報告、および今後の第三者利用について- NBDオンサイトリサーチセンター(京都)における運用の報告 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターの現況および今後について-これまでの進捗の報告、および今後の第三者利用について- NBDオンサイトリサーチセンター(京都)における運用の報告 医療情報学連合大会論文集, 37回, 145-147 医療情報学連合大会論文集, 37回, 145-147 医療情報学連合大会論文集, 37回, 145-147 2017/11 Japanese Disclose to all
加藤 源太, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 下垣 徹, 松居 宏樹, 野田 龍也, 康永 秀生, 今村 知明, 黒田 知宏 加藤 源太, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 下垣 徹, 松居 宏樹, 野田 龍也, 康永 秀生, 今村 知明, 黒田 知宏 加藤 源太, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 下垣 徹, 松居 宏樹, 野田 龍也, 康永 秀生, 今村 知明, 黒田 知宏 新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究 概要報告 新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究 概要報告 新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究 概要報告 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 283-283 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 283-283 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 283-283 2017/10 Japanese Disclose to all
中谷 友香, 趙 晃済, 大鶴 繁, 岩尾 友秀, 大寺 祥佑, 加藤 源太 中谷 友香, 趙 晃済, 大鶴 繁, 岩尾 友秀, 大寺 祥佑, 加藤 源太 中谷 友香, 趙 晃済, 大鶴 繁, 岩尾 友秀, 大寺 祥佑, 加藤 源太 NDBを用いた心肺蘇生後患者に対する診療の実態調査 NDBを用いた心肺蘇生後患者に対する診療の実態調査 NDBを用いた心肺蘇生後患者に対する診療の実態調査 日本救急医学会雑誌, 28, 9, 549-549 日本救急医学会雑誌, 28, 9, 549-549 日本救急医学会雑誌, 28, 9, 549-549 2017/09 Japanese Disclose to all
大寺 祥佑, 金沢 奈津子, 小笹 寧子, 上嶋 健治, 中山 健夫 大寺 祥佑, 金沢 奈津子, 小笹 寧子, 上嶋 健治, 中山 健夫 大寺 祥佑, 金沢 奈津子, 小笹 寧子, 上嶋 健治, 中山 健夫 修正デルファイ法を用いた心臓リハビリテーション診療の質指標(クオリティ・インディケーター)の開発 修正デルファイ法を用いた心臓リハビリテーション診療の質指標(クオリティ・インディケーター)の開発 修正デルファイ法を用いた心臓リハビリテーション診療の質指標(クオリティ・インディケーター)の開発 日本循環器病予防学会誌, 52, 2, 190-190 日本循環器病予防学会誌, 52, 2, 190-190 日本循環器病予防学会誌, 52, 2, 190-190 2017/05 Japanese Disclose to all
高橋 由光, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 中山 健夫 高橋 由光, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 中山 健夫 高橋 由光, 酒井 未知, 大寺 祥佑, 中山 健夫 EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール RECORD声明 日常的に収集されるヘルスデータを用いた観察研究の報告(STROBE拡張版) EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール RECORD声明 日常的に収集されるヘルスデータを用いた観察研究の報告(STROBE拡張版) EQUATOR Networkから得られる、質の高い研究報告のための国際ルール RECORD声明 日常的に収集されるヘルスデータを用いた観察研究の報告(STROBE拡張版) 薬理と治療, 45, Suppl.1, s27-s33 薬理と治療, 45, Suppl.1, s27-s33 薬理と治療, 45, Suppl.1, s27-s33 2017/05 Japanese Disclose to all
酒井 未知, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 岡本 和也, 加藤 源太, 中山 健夫, 黒田 知宏 酒井 未知, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 岡本 和也, 加藤 源太, 中山 健夫, 黒田 知宏 酒井 未知, 大寺 祥佑, 岩尾 友秀, 岡本 和也, 加藤 源太, 中山 健夫, 黒田 知宏 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおける、今後の第三者提供の方向性について レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の試行的利用に基づく今後の活用可能性に関する検証 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおける、今後の第三者提供の方向性について レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の試行的利用に基づく今後の活用可能性に関する検証 レセプト情報等オンサイトリサーチセンターにおける、今後の第三者提供の方向性について レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の試行的利用に基づく今後の活用可能性に関する検証 医療情報学連合大会論文集, 36回, 1, 142-145 医療情報学連合大会論文集, 36回, 1, 142-145 医療情報学連合大会論文集, 36回, 1, 142-145 2016/11 Japanese Disclose to all
木内 隆裕, 大寺 祥佑, 金澤 星慶, 法田 奈津子, 中山 健夫 木内 隆裕, 大寺 祥佑, 金澤 星慶, 法田 奈津子, 中山 健夫 木内 隆裕, 大寺 祥佑, 金澤 星慶, 法田 奈津子, 中山 健夫 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究 評価用チェックリストAGREE IIを用いたガイドラインの質の評価 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究 評価用チェックリストAGREE IIを用いたガイドラインの質の評価 理学療法診療ガイドラインに関する調査研究 評価用チェックリストAGREE IIを用いたガイドラインの質の評価 理学療法学, 42, Suppl.2, P1-B 理学療法学, 42, Suppl.2, P1-B 理学療法学, 42, Suppl.2, P1-B 2015/04 Japanese Disclose to all
齋藤 洋, 池田 一樹, 大寺 祥佑, 田浦 智子, 小原 成美, 山田 実, 川間 健之介, 野守 裕明 齋藤 洋, 池田 一樹, 大寺 祥佑, 田浦 智子, 小原 成美, 山田 実, 川間 健之介, 野守 裕明 齋藤 洋, 池田 一樹, 大寺 祥佑, 田浦 智子, 小原 成美, 山田 実, 川間 健之介, 野守 裕明 肺癌開胸肺切除症例における術後運動耐容能と年代の影響 非高齢者群と高齢群と後期高齢群の比較 肺癌開胸肺切除症例における術後運動耐容能と年代の影響 非高齢者群と高齢群と後期高齢群の比較 肺癌開胸肺切除症例における術後運動耐容能と年代の影響 非高齢者群と高齢群と後期高齢群の比較 理学療法学, 42, Suppl.2, O-0289 理学療法学, 42, Suppl.2, O-0289 理学療法学, 42, Suppl.2, O-0289 2015/04 Japanese Disclose to all
上田 佳世, 大寺 祥佑, 家曽 美里, 中山 健夫 上田 佳世, 大寺 祥佑, 家曽 美里, 中山 健夫 上田 佳世, 大寺 祥佑, 家曽 美里, 中山 健夫 院内助産の低リスク出産に関する医療の質指標(Quality Indicator)開発 ガイドラインに基づくエビデンス・レビューと修正デルファイ法を用いて 院内助産の低リスク出産に関する医療の質指標(Quality Indicator)開発 ガイドラインに基づくエビデンス・レビューと修正デルファイ法を用いて 院内助産の低リスク出産に関する医療の質指標(Quality Indicator)開発 ガイドラインに基づくエビデンス・レビューと修正デルファイ法を用いて 日本助産学会誌, 28, 3, 391-391 日本助産学会誌, 28, 3, 391-391 日本助産学会誌, 28, 3, 391-391 2015/02 Japanese Disclose to all
長谷川 裕貴, 飯塚 裕美, 大寺 祥佑, 齋藤 洋, 田邉 大明 長谷川 裕貴, 飯塚 裕美, 大寺 祥佑, 齋藤 洋, 田邉 大明 長谷川 裕貴, 飯塚 裕美, 大寺 祥佑, 齋藤 洋, 田邉 大明 当院心臓血管外科術後患者におけるSBTクリア後の抜管遅延因子についての検証 当院心臓血管外科術後患者におけるSBTクリア後の抜管遅延因子についての検証 当院心臓血管外科術後患者におけるSBTクリア後の抜管遅延因子についての検証 日本集中治療医学会雑誌, 22, Suppl., [DP19-6] 日本集中治療医学会雑誌, 22, Suppl., [DP19-6] 日本集中治療医学会雑誌, 22, Suppl., [DP19-6] 2015/01 Japanese Disclose to all
石塚 寛和, 大寺 祥佑, 川上 太一, 永井 淳子, 元吉 喜信, 高橋 静子, アントニオ・シルバ・ペレス, 佐々木 忠徳, 夏目 隆史 石塚 寛和, 大寺 祥佑, 川上 太一, 永井 淳子, 元吉 喜信, 高橋 静子, アントニオ・シルバ・ペレス, 佐々木 忠徳, 夏目 隆史 石塚 寛和, 大寺 祥佑, 川上 太一, 永井 淳子, 元吉 喜信, 高橋 静子, アントニオ・シルバ・ペレス, 佐々木 忠徳, 夏目 隆史 インシデント、ニアミス、不適合、疑義照会集計の分析結果を用いたハイアラート薬選定の試み インシデント、ニアミス、不適合、疑義照会集計の分析結果を用いたハイアラート薬選定の試み インシデント、ニアミス、不適合、疑義照会集計の分析結果を用いたハイアラート薬選定の試み 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 271-271 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 271-271 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 271-271 2014/10 Japanese Disclose to all
高橋 静子, 大寺 祥佑, 川洲 朋美, 横山 亜希子, 吉元 喜信, 池谷 恭子, 夏目 隆史 高橋 静子, 大寺 祥佑, 川洲 朋美, 横山 亜希子, 吉元 喜信, 池谷 恭子, 夏目 隆史 高橋 静子, 大寺 祥佑, 川洲 朋美, 横山 亜希子, 吉元 喜信, 池谷 恭子, 夏目 隆史 ワークショップ型を重視した職員研修のあり方 ワークショップ型を重視した職員研修のあり方 ワークショップ型を重視した職員研修のあり方 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 267-267 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 267-267 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 267-267 2014/10 Japanese Disclose to all
大寺 祥佑, 押元 朋子, 高橋 静子, 川上 太一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 大寺 祥佑, 押元 朋子, 高橋 静子, 川上 太一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 大寺 祥佑, 押元 朋子, 高橋 静子, 川上 太一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 職種別にみたインシデント報告数の現状と分析 一人あたり報告数が最も多いのは放射線技師 職種別にみたインシデント報告数の現状と分析 一人あたり報告数が最も多いのは放射線技師 職種別にみたインシデント報告数の現状と分析 一人あたり報告数が最も多いのは放射線技師 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 226-226 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 226-226 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 226-226 2014/10 Japanese Disclose to all
大寺 祥佑, 佐野 元子, 高橋 静子, 横山 純子, 多田 みどり, 川上 太一, 宮越 浩一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 大寺 祥佑, 佐野 元子, 高橋 静子, 横山 純子, 多田 みどり, 川上 太一, 宮越 浩一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 大寺 祥佑, 佐野 元子, 高橋 静子, 横山 純子, 多田 みどり, 川上 太一, 宮越 浩一, アントニオ・シルバ・ペレス, 夏目 隆史 大規模総合病院における外来患者の転倒転落発生状況 大規模総合病院における外来患者の転倒転落発生状況 大規模総合病院における外来患者の転倒転落発生状況 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 210-210 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 210-210 医療の質・安全学会誌, 9, Suppl., 210-210 2014/10 Japanese Disclose to all
齋藤 洋, 川間 健之介, 大寺 祥佑, 池田 一樹, 田浦 智子, 小原 成美, 野守 裕明 齋藤 洋, 川間 健之介, 大寺 祥佑, 池田 一樹, 田浦 智子, 小原 成美, 野守 裕明 齋藤 洋, 川間 健之介, 大寺 祥佑, 池田 一樹, 田浦 智子, 小原 成美, 野守 裕明 肺癌開胸肺切除症例の術前6分間歩行距離と術後健康関連QOLの検討 肺癌開胸肺切除症例の術前6分間歩行距離と術後健康関連QOLの検討 肺癌開胸肺切除症例の術前6分間歩行距離と術後健康関連QOLの検討 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24, Suppl., 148s-148s 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24, Suppl., 148s-148s 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 24, Suppl., 148s-148s 2014/09 Japanese Disclose to all
當山 まゆみ, 大寺 祥佑, 富成 伸次郎 當山 まゆみ, 大寺 祥佑, 富成 伸次郎 當山 まゆみ, 大寺 祥佑, 富成 伸次郎 高齢者大腿骨近位部骨折患者における回復期リハビリテーション病棟退院時のADLと入院日数との検討 高齢者大腿骨近位部骨折患者における回復期リハビリテーション病棟退院時のADLと入院日数との検討 高齢者大腿骨近位部骨折患者における回復期リハビリテーション病棟退院時のADLと入院日数との検討 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 49, Suppl., S274-S274 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 49, Suppl., S274-S274 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 49, Suppl., S274-S274 2012/05 Japanese Disclose to all
大寺 祥佑, 玉木 彰 大寺 祥佑, 玉木 彰 大寺 祥佑, 玉木 彰 遠心性収縮ペダリング負荷時の呼吸循環応答 遠心性収縮ペダリング負荷時の呼吸循環応答 遠心性収縮ペダリング負荷時の呼吸循環応答 理学療法学, 36, Suppl.2, 1649-1649 理学療法学, 36, Suppl.2, 1649-1649 理学療法学, 36, Suppl.2, 1649-1649 2009/03 Japanese Disclose to all
解良 武士, 大島 洋平, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 玉木 彰 解良 武士, 大島 洋平, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 玉木 彰 解良 武士, 大島 洋平, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 玉木 彰 呼吸運動同調現象(LRC)の誘発タイミングの違いによる影響 呼吸運動同調現象(LRC)の誘発タイミングの違いによる影響 呼吸運動同調現象(LRC)の誘発タイミングの違いによる影響 理学療法学, 36, Suppl.2, 1120-1120 理学療法学, 36, Suppl.2, 1120-1120 理学療法学, 36, Suppl.2, 1120-1120 2009/03 Japanese Disclose to all
大島 洋平, 玉木 彰, 解良 武士, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 長谷川 聡, 越久 仁敬 大島 洋平, 玉木 彰, 解良 武士, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 長谷川 聡, 越久 仁敬 大島 洋平, 玉木 彰, 解良 武士, 立松 典篤, 大寺 祥佑, 金沢 星慶, 長谷川 聡, 越久 仁敬 ペダリング運動における運動-呼吸同調現象の発生状況 誘発角度の違いによる検討 ペダリング運動における運動-呼吸同調現象の発生状況 誘発角度の違いによる検討 ペダリング運動における運動-呼吸同調現象の発生状況 誘発角度の違いによる検討 理学療法学, 36, Suppl.2, 176-176 理学療法学, 36, Suppl.2, 176-176 理学療法学, 36, Suppl.2, 176-176 2009/03 Japanese Disclose to all
金沢 星慶, 大島 洋平, 大寺 祥佑, 立松 典篤, 玉木 彰 金沢 星慶, 大島 洋平, 大寺 祥佑, 立松 典篤, 玉木 彰 金沢 星慶, 大島 洋平, 大寺 祥佑, 立松 典篤, 玉木 彰 肺気量位の違いが呼吸筋酸素消費量および呼吸困難感に及ぼす影響 肺気量位の違いが呼吸筋酸素消費量および呼吸困難感に及ぼす影響 肺気量位の違いが呼吸筋酸素消費量および呼吸困難感に及ぼす影響 理学療法京都, 38, 96-97 理学療法京都, 38, 96-97 理学療法京都, 38, 96-97 2009/03 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
Apache Spark によるレセプト DWH の構築と活用の第一歩 ~AMED臨床研究等ICT基盤構築研究事業「新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究」より~[Invited] Apache Spark によるレセプト DWH の構築と活用の第一歩 ~AMED臨床研究等ICT基盤構築研究事業「新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究」より~ [Invited] NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2018 NTTデータ テクノロジーカンファレンス 2018 2018/10/31 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
心臓リハビリテーションの診療の質指標[Invited] 心臓リハビリテーションの診療の質指標 [Invited] 第20回心臓リハビリテーション学会学術集会 第20回心臓リハビリテーション学会学術集会 2014/07/19 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
厚生労働行政推進調査事業費補助金 Assignment 医療・介護のデータの利活用の推進のための、NDB・介護DBの連結可能性および活用可能性の評価に関する研究 2019/04/01-2021/03/31
厚生労働科学研究費補助金 Assignment NDBデータから患者調査各項目及びOECD医療の質指標を導くためのアルゴリズム開発にかかる研究 2019/04/01-2020/03/31
医療研究開発推進事業費補助金 Assignment NDBデータによる理想的な健康医療ビッグデータ活用モデルの確立に関する研究 2018/09/28-2019/03/31
若手研究 Representative 大規模データを用いた高齢者リハビリテーションにおけるエビデンス診療ギャップの解明 2018/04/01-2020/03/31
基盤研究(A) Assignment レセプトデータベース(NDB)の利用を容易にするための包括的支援システムの開発 2018/04/01-2023/03/31
厚生労働科学研究費補助金 Assignment 患者調査等、各種基幹統計調査におけるNDBデータの利用可能性に関する評価 2017/04/01-2018/03/31
医療研究開発推進事業費補助金 Assignment 新たなエビデンス創出のための次世代NDBデータ研究基盤構築に関する研究 2017/01/01-2018/03/31