増田 太郎

最終更新日時:2017/07/18 12:49:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
増田 太郎/マスダ タロウ/Taro Masuda
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻品質科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3762
電子メールアドレス
メールアドレス
masutaro @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本蛋白質科学会
日本農芸化学会
日本水産学会
日本生化学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程応用生命科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部水産学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1999/04/01〜2003/06/15 平成11年4月 財団法人電力中央研究所生物科学部 常勤研究員
2003/06/16〜2006/09/15 平成15年6月 株式会社島津製作所ライフサイエンス研究所 主任
2006/09/16〜2007/03/31 平成18年9月 京都大学大学院農学研究科 助手
2007/04/01〜 平成19年4月 同大学助教
現在に至る
プロフィール
(日本語)
自己紹介 平成9年農学部水産学科卒業、平成11年農学研究科修士課程修了後、民間の研究機関、民間企業勤務を経て平成19年現職。生命と金属の関連に興味を持ち、金属代謝関連酵素、生命による金属利用機構に関する研究を手がける。
研究テーマ
(日本語)
生命と無機分子の関係に興味を持ち、金属含有蛋白質の構造機能解析を主たる研究テーマとする。具体的には、鉄代謝関連蛋白質、タイプ3銅蛋白質の構造・機能解析を行っている。
(英語)
Interaction between metals and proteins. Structure and function of metalloproteins.
研究概要
(日本語)
鉄はほぼ全ての生物にとって、必須の金属元素である。しかし、必須性の裏で、鉄は過剰に存在すると酸化ストレスを惹起し、生体分子に損傷を与える。必須と害毒という両刃の剣ともいえる鉄を安定に貯蔵するため、生命は鉄貯蔵蛋白質フェリチンを発達させた。24個の相同なサブユニットからなるこの蛋白質は、対称性に富んだ球状の多量体を形成する。この、美しくも奇妙な分子にどのようにして数千にも及ぶ鉄原子が貯蔵され、必要に応じて取り出されるのであろうか。現在、生化学、構造生物学的な手法を用いて、フェリチンの鉄貯蔵機構、鉄放出機構の解明を目指している。他にも、フェノールオキシダーゼ、チロシナーゼといった食品化学上、重要な反応を触媒する金属含有酵素群の構造・機能解析も研究対象とする。
(英語)
Metalloproteins play crucial roles in all living kingdoms. I am investigating the structure and function of these metalloproteins. My research candidates iron- and copper containing proteins such as ferritin and type 3 copper proteins.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生化学
フェリチン
蛋白質
酵素
立体構造
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
応用分子細胞生物学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Okuda A., Matsusaki M., Masuda T., Urade R. Identification and Characterization of GmPDIL7: A Novel Soybean Endoplasmic Reticulum Membrane-bound Protein Disulfide Isomerase Family Protein. FEBS J.,284,3,414-428 2017/03 英語
増田 太郎, 川端 浩 鉄代謝のキープレイヤー・フェリチンの鉄給源としての可能性について 化学と生物,in press 2017 日本語
2) 川端浩、坂本宗一郎、増田太郎、内山達樹、大森勝之、H. Phillip Koeffler、高折晃史 赤血球造血におけるトランスフェリン受容体の役割 臨床血液 ,57,7,951-958 2016/07 日本語
Matsusaki M, Okuda A, Masuda T, Koishihara K, Mita R, Iwasaki K, Hara K, Naruo Y, Hirose A, Tsuchi Y, Urade R Cooperative protein folding by two protein thiol disulfide oxidoreductases and Ero1 in soybean. Plant Physiology,170,774-789 2016 英語
Masuda T., Zhao G. & Mikami B. Crystal structure of class III chitinase from pomegranate provides the insight into its metal storage capacity. Biosci., Biotechnol. Biochem.,79,1,45-50 2015 英語
4) Shizuka Kimura, Yuki Higashino, Yuki Kitao, Taro Masuda & Reiko Urade Expression and characterization of protein disulfide isomerase family proteins in bread wheat. BMC Plant Biology,15,73 2015 英語
Sakamoto S, Kawabata H, Masuda T, Uchiyama T, Mizumoto C, Ohmori K, Koeffler HP, Kadowaki N, Takaori-Kondo A. H-Ferritin Is Preferentially Incorporated by Human Erythroid Cells through Transferrin Receptor 1 in a Threshold-Dependent Manner. PLoS One,10,10,e0139915 2015 英語
MASUDA Taro Soybean Ferritin Forms an Iron-Containing Oligomer in Tofu Even after Heat Treatment. J. Agric. Food. Chem.,63,40,8890-8895 2015 英語
Masuda T., Yamamoto A. & Toyohara H. The iron content and ferritin contribution in fresh, dried and toasted nori, Pyropia yezoensis. Biosci. Biotechnol. Biochem.,79,1,74-81 2015 英語
Okuda A., Matsusaki M., Higashino Y., Masuda T. & Urade R. Disulfide bond-formation activity of soybean quiescin sulfhydryl oxidase. FEBS Journal,281,23,5341-5355 2014/11 英語
矢田雄也、石田貴之、久保田光俊、増田太郎、豊原治彦 サーマルシフトアッセイを用いた魚肉アクトミオシンの熱変性過程における疎水性構造の動態解析 日本水産学会誌,80,4,594-600 2014 日本語
Cerrone Cabanos, Naoki Kato, Yoshiki Amari, Keigo Fujiwara, Tomoki Ohno, Kousuke Shimizu, Tsuyoshi Goto, Masaya Shimada, Masaharu Kuroda, Taro Masuda, Fumio Takaiwa, Shigeru Utsumi, Satoshi Nagaoka, Nobuyuki Maruyama Development of the novel transgenic rice with hypocholesterolemic activity via high-level accumulation of the a’ subunit of soybean b-conglycinin. Transgenic Res.,23,4,609-620 2014 英語
Masuda T., Momoji K. HIrata T., Mikami B. Crystal structure of a crustacean prophenoloxidase provides a clue to understanding the functionality of the type 3 copper proteins. FEBS J.,281,2659-2673 2014 英語
H. Yang; T. Zhang; T. Masuda; C. Lv; L. Sun; G. Qu; G. Zhao Chitinase III in pomegranate seeds (Punica granatum Linn.): A high-capacity calcium-binding protein in amyloplasts Plant Journal,68,5,765-776 2011/12 日本語
Yang, H., Zhang, T., Masuda, T., Lv, C., Sun, L., Qu, G., Zhao, G. Chitinase III in pomegranate seeds (Punica granatum Linn.) – a high capacity calcium-binding protein in amyloplasts. Plant Journal,68,765-776 2011 英語
J. Deng; X. Liao; H. Yang; X. Zhang; Z. Hua; T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara; G. Zhao Role of H-1 and H-2 subunits of soybean seed ferritin in oxidative deposition of iron in protein Journal of Biological Chemistry,285,42,32075-32086 2010/10 英語
Deng, J., Liao, X., Yang, H., Hua, Z., Masuda, T., Goto, F., Yoshihara, T., Zhao, G. Role of H-1 and H-2 subunits of soybean seed ferritin in oxidative deposition of iron in protein. J. Biol. Chem.,285,32075-32086 2010 英語
Matsuo, E., Toda, C., Watanabe, M., Iida, T., Masuda, T., Minohata, T., Ando, E., Tsunasawa, S. & Nishimura, O. Improved 2-nitrobenzenesulfenyl method: optimization of the protocol and improved enrichment for labeled peptides. Rapid Commun. Mass Spectrom.,20,31-38 2006 英語
Adachi, M., Kanamori, J., Masuda, T., Yagasaki, K., Kitamura, K., Mikami, B. & Utsumi, S. Crystal structure of soybean 11S globulin: Glycinin A3B4 homohexamer. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,100,7395-7400 2003 英語
Yoshihara, T., Kobayashi, T., Goto, F., Masuda, T., Higuchi, K., Nakanishi, H., Nishizawa, N.K. & Mori, S. Regulation of the iron deficiency responsive gene, Ids2, of barley in tobacco. Plant Biotechnol.,20,33-41 2003 英語
Yoshihara, T. Masuda, T. & Goto, F. A genetic approach for phytoremediation of heavy metals. An approach for increasing the accumulation capacity within plants. Recent Res. Plant Biol.,1,163-181 2001 英語
H. Kuyama; T. Masuda; C. Nakajima; K. Momoji; T. Sugawara; O. Nishimura; T. Hirata Mass spectrometry based N- and C-terminal sequence determination of a hepatopancreas-type prophenoloxidase from the kuruma prawn, Marsupenaeus japonicus Analytical and Bioanalytical Chemistry,405,7,2333-2340 2013/03 英語
S.-I. Morimoto; T. Masuda; I. Sugihara; H. Toyohara Identification and characterization of a ferritin gene and its product from the multicellular green alga Ulva pertusa Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,76,10,1913-1919 2012/10 英語
X. Liao; C. Lv; X. Zhang; T. Masuda; M. Li; G. Zhao A novel strategy of natural plant ferritin to protect DNA from oxidative damage during iron oxidation Free Radical Biology and Medicine,53,2,375-382 2012/07/15 英語
T. Masuda; S.-I. Morimoto; B. Mikami; H. Toyohara The extension peptide of plant ferritin from sea lettuce contributes to shell stability and surface hydrophobicity Protein Science,21,6,786-796 2012/06 英語
T. Masuda; R. Otomo; H. Kuyama; K. Momoji; M. Tonomoto; S. Sakai; O. Nishimura; T. Sugawara; T. Hirata A novel type of prophenoloxidase from the kuruma prawn Marsupenaeus japonicus contributes to the melanization of plasma in crustaceans Fish and Shellfish Immunology,32,1,61-68 2012/01 英語
C. Lv; T. Masuda; H. Yang; L. Sun; G. Zhao High-capacity calcium-binding chitinase III from pomegranate seeds (Punica granatum Linn.) is located in amyloplasts Plant Signaling and Behavior,6,12,1963-1965 2011 英語
T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara; B. Mikami The universal mechanism for iron translocation to the ferroxidase site in ferritin, which is mediated by the well conserved transit site Biochemical and Biophysical Research Communications,400,1,94-99 2010/09/10 英語
C. Cabanos; H. Urabe; T. Masuda; M.R. Tandang-Silvas; S. Utsumi; B. Mikami; N. Maruyama Crystallization and preliminary X-ray analysis of the major peanut allergen Ara h 1 core region Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications,66,1071-1073 2010/09 英語
X. Fu; J. Deng; H. Yang; T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara; G. Zhao A novel EP-involved pathway for iron release from soya bean seed ferritin Biochemical Journal,427,313-321 2010/04/15 英語
T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara; B. Mikami Crystal structure of plant ferritin reveals a novel metal binding site that functions as a transit site for metal transfer in ferritin Journal of Biological Chemistry,285,6,4049-4059 2010/02/05 英語
N. Okamura; T. Masuda; A. Gotoh; T. Shirakawa; S. Terao; N. Kaneko; K. Suganuma; M. Watanabe; T. Matsubara; R. Seto; J. Matsumoto; M. Kawakami; M. Yamamori; T. Nakamura; T. Yagami; T. Sakaeda; M. Fujisawa; O. Nishimura; K. Okumura Quantitative proteomic analysis to discover potential diagnostic markers and therapeutic targets in human renal cell carcinoma Proteomics,8,15,3194-3203 2008/08 英語
T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara; T. Ezure; T. Suzuki; S. Kobayashi; M. Shikata; S. Utsumi Construction of homo- and heteropolymers of plant ferritin subunits using an in vitro protein expression system Protein Expression and Purification,56,2,237-246 2007 英語
T. Masuda; B. Mikami; F. Goto; T. Yoshihara; S. Utsumi Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of plant ferritin from Glycine max Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics,1645,1,113-115 2003 英語
T. Yoshihara; T. Masuda; T. Jiang; F. Goto; S. Mori; N.K. Nishizawa Analysis of some divalent metal contents in tobacco expressing the exogenous soybean ferritin gene Journal of Plant Nutrition,26,10-11,2253-2265 2003 英語
T. Masuda; F. Goto; T. Yoshihara A Novel Plant Ferritin Subunit from Soybean That is Related to a Mechanism in Iron Release Journal of Biological Chemistry,276,22,19575-19579 2001/06/01 英語
F. Goto; T. Yoshihara; T. Masuda; F. Takaiwa Genetic improvement of iron content and stress adaptation in plants using ferritin gene Biotechnology and Genetic Engineering Reviews,18,351-371 2001 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Masuda, T., Momoji, K., Hirata, T., Mikami, B. Crystal structure of a crustacean prophenoloxidase elucidates the functional difference of the type 3 copper proteins Journal of Biological Inorganic Chemistry,19,Sup. 2,S772-S772 2014/08 英語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
増田 太郎 ダイズ加工食品における鉄成分 ―その形態と食品加工への影響に関する研究― 大豆たん白質研究,18,58-63 2016/07 日本語
増田太郎、後藤文之、吉原利一 ダイズ種子登熟期におけるフェリチン遺伝子の発現挙動と鉄含有量の関係 大豆たん白質研究,15,140-144 2012 日本語
松尾 英一、渡辺 真、増田 太郎、西村 紀 NBS試薬を用いた疾患関連マーカタンパク質の探索 島津評論,63,37-48 2006 日本語
吉原 利一、増田 太郎、後藤 文之、宮坂 均、泉谷 進、奥畑 博史、今村 智弘、程島裕貴、草野博彰、奥田知弘 RAPD法を用いた植林地と自然林におけるマングローブの遺伝的多様性の比較 電力中央研究所報告,U03027 2003 日本語
吉原 利一、増田 太郎、後藤 文之 植物による環境修復(2) -遺伝子組換えタバコにおけるカドミウム蓄積量の増加- 電力中央研究所報告,U02001 2002 日本語
増田 太郎、後藤 文之、吉原 利一 新規フェリチン遺伝子を用いた形質転換植物における鉄貯蔵能 電力中央研究所報告,U02041 2002 日本語
後藤 文之、吉原 利一、増田 太郎、村田 伸夫、遠山 操、池田 浩明、松本 直行 分子育種法による高鉄含有量レタスの作出(その5) -フェリチン遺伝子を導入した組換えレタスの環境に対する安全性評価- 電力中央研究所報告,U01017 2001 日本語
吉原 利一、後藤 文之、増田 太郎 植物による環境修復(1) -現状と遺伝子工学の適用に関する調査- 電力中央研究所報告,U00022 2000 日本語
吉原 利一、後藤 文之、増田 太郎 ダイズフェリチンの細胞内輸送を担うトランジットペプチド領域の解析 電力中央研究所報告,U99053 1999 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
増田 太郎 立体構造からみたフェリチンの機能と多様性 鉄バイオサイエンス学会第37回学術集会,シンポジウム 2013/09 日本語
Taro Masuda The universal pathway of iron traffic in ferritin 4th Congress of International BioIron Society 2011 英語
Mikami, B., Moriya, T, Tandang, M., Masuda, T., Utsumi S. X-Ray crystallographic analysis of mung bean 8S globulin. SPring-8 User Experiment Report 2010A1309, 2010. 2010 英語
Masuda, T., Goto, F., Yoshihara, T., Yoshimura, T., Mikami, B. X-ray crystallographic analysis of phytoferritin subunit from soybean SPring-8 User Experiment Report 2009A1249, 2009. 2009 英語
M. Adachi; J. Kanamori; T. Masuda; K. Yagasaki; K. Kitamura; B. Mikami; S. Utsumi Crystal structure of soybean 11S globulin: Glycinin A3B4 homohexamer Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,100,12,7395-7400 2003 英語
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Taro Masuda, Pam Smith, Olga Protchenko and Caroline Philpott The molecular basis of the recognition of ferritin by poly (C) binding protein 1. FASEB Meeting, Trace Elements in Biology and Medicine 2016/06 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
増田 太郎、百次恭祐、平田孝、三上文三 立体構造が示唆する甲殻類フェノールオキシダーゼとヘモシアニンの機能的差異 日本水産学会2014年度秋期大会 2014/09 日本語
坂本 宗一郎、川端 浩、増田 太郎、内山 達、水本 智咲、大森 勝之、門脇 則光、高折 晃史 Hフェリチンは赤芽球系細胞に特異的に取り込まれて赤血球造血を抑制する 鉄バイオサイエンス学会第38回学術集会 2014/09 日本語
増田 太郎、百次恭祐、平田孝、三上文三 甲殻類由来新規フェノールオキシダーゼの立体構造が示唆するタイプ3銅蛋白質の機能的差異に関する分子基盤 日本蛋白質科学会2014年度大会 2014/06 日本語
増田太郎、九山浩樹、大友良祐、中島ちひろ、百次恭祐、菅原達也、西村紀、平田孝 クルマエビ血漿から見出した新規フェノールオキシダーゼはヘモシアニン的な特徴を有する 日本水産学会2013年度秋期大会 2013/09 日本語
増田太郎、九山浩樹、大友良祐、中島ちひろ、百次恭祐、菅原達也、西村紀、平田孝 クルマエビより見出した新規フェノールオキシダーゼはヘモシアニンとの過渡的分子である 日本蛋白質科学会2013年度大会 2013/06 日本語
増田 太郎、杉原 格 、森本 晋一郎、三上 文三、豊原 治彦 N-末端ドメインが関与する植物型フェリチンの鉄放出機構 日本農芸化学会2013年度大会 2013/03 日本語
増田太郎、森本晋一郎、三上文三、豊原治彦 高等植物型フェリチンのN-末端領域の構造と機能 日本蛋白質科学会2012年度年会 2012/06 日本語
増田 太郎、森本 晋一郎、三上 文三、豊原 治彦 高等植物型フェリチンのN-末端領域はフェリチン多量体の会合に関与する 日本農芸化学会2012年度大会 2012/03 日本語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
増田 太郎、百次恭介、平田孝、三上文三 甲殻類由来新規フェノールオキシダーゼの立体構造解析による触媒反応機構の解明 SPring8利用報告書,2012B1953 2012
増田 太郎、森本晋一郎、三上文三、豊原治彦 鉄貯蔵蛋白質フェリチンの構造機能解析(その3 植物フェリチンに特有なエクステンションペプチド(EP)の鉄貯蔵と多量体安定性への寄与) SPring8利用報告書,2011B1327 2011 日本語
増田 太郎、後藤文之、吉原利一、三上文三 植物フェリチンの立体構造解析を基にした生物種を超えて共通するフェリチンの金属貯蔵機構の解明 SPring8利用報告書,2010A1234 2010 日本語
増田 太郎、後藤文之、吉原利一、三上文三 植物フェリチンの立体構造解析と部位特異的改変による他種重金属蓄積分子の設計 SPring8利用報告書,2009A1249 2009 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Crystal structure of a crustacean prophenoloxidase elucidates the functional difference of the type 3 copper proteins 12th European Biological Inorganic Chemistry Conference (EuroBIC12) 2014/08/27 英語
立体構造からみたフェリチンの機能と多様性 [招待あり] 鉄バイオサイエンス学会第37回学術集会 2013/09/07 日本語
The universal pathway of iron traffic in ferritin Fourth Congress of International BioIron Society (IBIS) BioIron2011 2011/05/23 英語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
増田 太郎 Structure, Function, and Nutrition of Ferritin from Foodstuffs. Springer 2017/01
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 植物フェリチンを基盤とした新規金属蓄積分子の創出 2010〜2011
若手研究(B) 代表 ピーナッツ主要アレルゲンの立体構造解析と重篤症状を引き起こす構造要因の解析 
挑戦的萌芽研究 代表 新規金属集積蛋白質の分子設計と環境浄化への応用 2012/04/01〜2015/03/31
基盤研究(A) 分担 不活性ガスによる甲殻類黒変酵素の選択的不活性化機構の解明と黒変防止技術の開発 2007/04/01〜
挑戦的萌芽研究 代表 新規金属集積蛋白質の分子設計と環境浄化への応用 2012〜2014
挑戦的萌芽研究 代表 新規金属集積蛋白質の分子設計と環境浄化への応用 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 甲殻類における銅蛋白質群の黒変現象への寄与とその反応機構について (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 甲殻類における銅蛋白質群の黒変現象への寄与とその反応機構について (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
東和食品研究振興会 増田太郎 食用エビの黒変現象の主因となる新規フェノールオキシダーゼの構造、機能解析 2013/06/01〜2014/03/31
タカノ農芸化学研究助成財団 増田太郎 種々の大豆加工食品における鉄含有量と鉄の存在様式の解明 2013/06/01〜2013/03/31
海苔増殖振興会 増田太郎 海苔とその加工品における鉄成分の定量と存在様式の解明 2012/08/01〜2013/03/31
不二たん白質研究振興財団 増田太郎 ダイズ種子登熟期におけるフェリチン遺伝子の発現挙動と鉄含有量の関係 2011/04/01〜2012/03/31
松籟科学技術振興財団 増田太郎 植物フェリチンの金属特異性改変による新規重金属蓄積タンパク質の創出 2009/04/01〜2010/03/31
不二たん白質研究振興財団 増田太郎 ダイズ加工食品における鉄成分 –その形態と食品加工への影響に関する研究- 2013/04/01〜2014/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
品質科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
品質設計開発学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
品質設計開発学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
品質設計開発学専攻実験1 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学演習1 Food Quality Design and Development Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2016/04〜2017/03
品質設計開発学専攻実験1 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質設計開発学専攻実験2 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質設計開発学演習1 Food Quality Design and Development Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質設計開発学演習2 Food Quality Design and Development Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
品質科学演習 Seminar in Food Quality Science 通年 農学部 2017/04〜2018/03
品質設計開発学専攻実験1 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
品質設計開発学専攻実験2 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
品質設計開発学専攻実験 Special Laboratory Work in Food Quality Design and Development 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
品質設計開発学演習1 Food Quality Design and Development Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
品質設計開発学演習2 Food Quality Design and Development Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
品質設計開発学演習 Food Quality Design and Development Seminar 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示